平成22年度版 (生産と消費における環境影響評価)

yc.tcu.ac.jp

平成22年度版 (生産と消費における環境影響評価)

謝 辞

編 集 者 : 持 続 可 能 な 資 源 管 理 のための 国 際 パネル、 制 品 、 材 料 の 環 境 影 響 に 関 する 作 業 部 会 : 優 先 順 位 付 けと 改 善 オプション

執 筆 者 :International Panel for Sustainable Resource Management, Working Group on the Environmental Impacts of Products and

Materials: Prioritization and Improvement Options

Lead authors: Edgar G. Hertwich, Norwegian University of Science and Technology, Ester van der Voet, Leiden University,

SangwonSuh, University of California, Santa Barbara, Arnold Tukker, TNO and NTNU

Contributing authors: Mark Huijbregts, Radboud University Nijmegen, PawelKazmierczyk, EEA, Manfred Lenzen, University of

Sydney, Jeff McNeely, IUCN, Yuichi Moriguchi, National Institute of Environmental Sciences Japan

Janet Salem and Guido Sonnemann, UNEP, together with FransVollenbroek, provided valuable input and comments; the

Resource Panel’s Secretariat coordinated the preparation of this report.

The full report should be referenced as follows:

UNEP (2010) Assessing the Environmental Impacts of Consumption and Production: Priority Products and Materials,

A Report of the Working Group on the Environmental Impacts of Products and Materials to the International Panel for

Sustainable Resource Management. Hertwich, E., van der Voet, E., Suh, S., Tukker, A., Huijbregts M., Kazmierczyk, P.,

Lenzen, M., McNeely, J., Moriguchi, Y.

デザイン/レイアウト:Thad Mermer

写 真 :PawelKazmierczyk (cover background, p.8, p. 10, p.12, p.19, p.21, p.30, p.36, p.44, p.62, p.73, p.79, p.97, p.102, p.107);

Frédéric Boyer (p. 76); Thad Mermer (p.13, p.82)

おかげで、 持 続 可 能 な 資 源 管 理 の 共 同 議 長 、 実 りある 議 論 のための 持 続 可 能 な 資 源 管 理 および 運 営 委 員 会 のメンバーとして Ernst

Ulrich von Weizsäcker and Ashok Khosla さんを 参 照 してください。 技 術 的 な 性 質 の 追 加 コメントは、 運 営 委 員 会 に 参 加 してい

るいくつかの 政 府 から 回 答 を 得 ました。

参 考 のコメントは、 持 続 可 能 な 資 源 管 理 の 事 務 局 と 共 に Patricia Romero Lankao さんによって 効 率 的 かつ 建 設 的 な 方 法 で 貴 族 の

レビュープロセスの 数 名 の 匿 名 の 評 論 家 から 回 答 を 得 ました。このレポートの 準 備 もいろいろな 会 議 で 多 くの 同 僚 との 議 論 から

利 益 を 得 ました、しかし、エラーの 主 な 責 任 は 著 者 に 残 されています。

著 作 権 国 連 環 境 計 画 、2010

このマニュアルでは、その 全 部 又 は 一 部 を、 著 作 権 所 有 者 から 特 別 な 許 可 なし

に、 教 育 、 非 営 利 目 的 のために、いかなる 形 態 においても 禁 止 することができ

る 情 報 源 の 確 認 を 提 供 しました。 UNEP は、この 文 書 を 使 用 するすべての 文

書 のコピーを 受 信 いただければ 幸 いです。

本 書 の 内 容 の 使 用 は、 国 連 環 境 計 画 からの 書 面 による 事 前 の 許 可 なしに 転 売 ま

たはその 他 の 商 業 目 的 で 行 うことができます。

免 責 事 項

名 称 は、 採 用 、この 文 書 に 資 料 の 提 示 はご 意 見 の 発 現 を 意 味 するものではあり

ません。いかなる 国 、 領 土 、 都 市 または 地 域 、あるいはその 当 局 の 法 的 地 位 に

関 する 国 連 環 境 プログラムの 一 環 一 切 に 関 するその 国 境 や 境 界 線 の 画 定 です。

また、 表 は、 必 ずしも 意 思 決 定 や 国 連 環 境 計 画 の 資 本 政 策 を 表 すものではあり

ません。 表 明 是 認 するもので 商 号 や 商 業 プロセスの 理 由 はありません。

ISBN: 978-92-807-3084-5


序 論

" 私 は 初 めに 何 をするのか?"それは 簡 単 な 質

問 ですが、 持 続 可 能 な 消 費 と 生 産 に 対 する 答

えは、 複 雑 だが 意 義 のある 意 思 決 定 者 を 決 め

られる 方 法 です。 今 日 の 環 境 の 議 論 は、 多 く

の 優 先 課 題 を 強 調 表 示 します。 気 候 変 動 の 議

論 では、エネルギー 生 産 と 移 動 が 注 目 されて

いることは、 生 物 多 様 性 、 農 業 、 都 市 開 発 の

懸 念 が 焦 点 とされます。 意 思 決 定 者 は、どこ

から 始 めても 知 らずに 許 される 可 能 性 があり

ます。

21 世 紀 の 地 球 上 での 大 きな 課 題 である 環 境 問

題 の 科 学 的 評 価 のジレンマを 解 決 するには、

様 々な 経 済 活 動 の 影 響 からの 科 学 的 な 負 担 、

体 系 的 な 視 点 で 始 まり、 様 々な 産 業 分 野 を 見

るだけでなく、 消 費 者 の 需 要 の 観 点 でも 考 え

ます。

2007 年 の 発 足 から、 持 続 可 能 な 資 源 経 営 陣 の

一 団 の 国 際 的 に 認 められた 専 門 家 は、UNEPに

よって 会 合 して、 意 思 決 定 者 が 優 先 順 位 を 確

認 するのを 援 助 する 必 要 があると 理 解 して、

組 織 的 で 科 学 的 な 方 向 でライフサイクルの 展

望 からこの 援 助 を 提 供 しようとしました。

このレポートの 持 続 可 能 な 資 源 管 理 からの 最

新 の 目 的 は、 産 業 部 門 、 消 費 の 種 類 や 材 料 間

の 優 先 順 位 を 識 別 するために、 国 際 的 な 視 点

から 最 適 な 利 用 可 能 な 科 学 を 評 価 することで

す。 初 めての 場 合 、この 評 価 における 先 進 国

と 途 上 国 の 優 先 順 位 の 識 別 は、 世 界 レベルで

行 われていました。これは、 注 意 が 本 当 に 必

要 とされる 場 所 を 強 調 することによって 持 続

可 能 な 消 費 と 生 産 の 国 際 、 国 内 およびセクタ

ー 別 の 取 り 組 みをサポートしています。

もし 私 たちが、 生 物 の 喪 失 、 気 候 変 動 について 深 刻

に 考 えるのであれば、 食 物 、 保 護 の 可 能 性 が 持 続 可

能 性 につながることを 理 解 しなくてはなりません。

多 くの 地 域 で、 生 活 の 中 のサービスの60%が 家 庭

消 費 です。

我 々は、 以 前 の 研 究 から、 富 の 増 加 によりCO2 排

出 量 が80%を 上 回 っていることを 理 解 しました。

なので2050 年 までに 人 口 は 急 速 に 増 加 すると 予 言

されています。

地 方 のレベルだけでなく、より 持 続 可 能 な 消 費 と 産

生 が 世 界 的 なレベルで 起 こらなければなりません。

現 在 、 国 際 的 に 交 換 された 商 品 ( 経 済 成 長 に 不 可 欠

な)の 生 産 は、 世 界 的 な 二 酸 化 炭 素 の 排 出 のおよそ

30%を 占 めます。また、 物 質 とエネルギーの 間 の 接

続 を 考 慮 する 必 要 があります。 鉱 業 部 門 は 世 界 のエ

ネルギー 使 用 の 7%を 占 めます。そして、 使 用 量 が

国 際 的 な 政 策 に 大 きな 影 響 に 伴 って 増 加 すると 予

測 されています。 世 界 的 な 淡 水 量 の 驚 異 的 な 70%、

総 土 地 利 用 の 38%、 世 界 の 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の

14%を 農 業 生 産 が 占 めている。

我 々が 真 に 環 境 に 優 しい 経 済 を 目 指 す 場 合 は、 私 た

ちの 日 常 活 動 から 見 直 す 必 要 があります。

- 先 進 国 と 発 展 途 上 国

多 くの 行 動 は、 科 学 的 データを 提 供 するために 収 集

し、 優 先 順 位 を 評 価 することができるのは、グロー

バルレベルで 決 定 されたので、それを 処 理 する 一 般

的 な 方 法 を 見 つけるために 明 確 にする 必 要 はあり

ません。

私 はこの 難 しい 作 業 を 行 い、 我 々はグリーン 経 済 に

向 かって 移 動 するために 必 要 な 科 学 的 な 洞 察 を 提

供 するための 持 続 可 能 な 資 源 管 理 を 祝 福 します。

2

Steiner 事 務

総 国 連 事 務 次 官 と 専 務 取 締 役 の 国 連 環 境 計 画


序 論

経 済 活 動 は 環 境 へ 影 響 する 不 要 な 副 産 物 です。

不 注 意 に、 人 間 は、 食 物 連 鎖 において、 土 地 の

酸 性 度 などの 環 境 条 件 、 地 表 水 の 栄 養 になって

いる 内 容 、 大 気 の 放 出 バランス、および 跡 素 材

の 集 中 を 変 更 します。 人 間 は 森 林 を 牧 草 地 に 変

換 し、 農 耕 地 への 草 原 または 区 域 を 意 図 的 に 駐

車 するが、 結 果 として 生 じている 生 息 地 変 化 と

生 物 の 多 様 性 損 失 はまだ 望 まれていません。

環 境 と 健 康 科 学 は、 重 要 な 洞 察 を 環 境 圧 と 生 態

系 損 害 の 接 続 に 至 らせました。 有 名 な 評 価 は、

生 息 地 変 化 、 更 新 できる 資 源 、 気 候 変 化 、およ

び 微 粒 子 の 問 題 排 出 の 過 剰 開 発 が 最 も 重 要 な

環 境 問 題 を 持 っていることを 示 します。 生 物 の

多 様 性 損 失 および 悪 い 健 康 は、 見 積 もられて 評

価 されました。

従 って、 気 候 変 動 を 起 こす 最 も 重 要 な 産 業 は 何

ですか? 製 品 の 生 産 が 考 慮 される 時 には、 種 々

の 消 費 活 動 はどのくらいのエネルギーを 必 要 と

2 しますか? 環 境 の 問 題 に 最 も 寄 与 している 素 材

は 何 ですか?3つの 視 点 は、 産 業 用 および 素 材

の 過 程 として 相 互 に 関 連 され、 消 費 者 向 け 製 品

の 生 産 に 貢 献 しています。

たぶん 驚 くことではないが、 我 々は 化 石 燃 料 の

使 用 、 主 要 な 問 題 領 域 として 農 業 生 産 を 識 別 し

ます。 我 々は、3つの 観 点 から、これらを 解 明

します。 我 々の 評 価 が 示 すように 産 業 、 消 費 の

種 類 と 材 料 の 相 対 的 な 重 要 性 は、 世 界 中 で 異 な

ります。

このレポートは 環 境 圧 の 効 果 ではなく、その 原

因 に 関 して 集 中 して 考 えます。それは、 圧 力 を、

経 済 活 動 に 起 因 していると 評 価 します。これら

の 活 動 は、 消 費 を 満 たすように、 目 的 のために

続 行 されます。 環 境 圧 は 一 般 的 に 素 材 の 変 化 と

エネルギーの 抽 出 に 関 連 づけられています。こ

のレポートは 生 産 素 材 消 費 関 連 を 調 査 します。

この 評 価 は、 詳 細 な 問 題 の 説 明 と 分 析 環 境 圧 の

因 果 関 係 の 提 供 をしていますので、 環 境 への 影

響 を 低 減 するために 必 要 な 知 識 を 提 供 していま

す。これは、 改 善 が 必 要 であることを 指 示 しま

すが、それは 変 更 する 必 要 が 何 であるか、そし

てどのくらいの 改 善 に 寄 与 することを 教 えてく

れない。それは、 資 源 パネルの 両 方 の、より 広

い 科 学 界 の 将 来 の 仕 事 の 作 業 になります。

教 授 Edgar Hertwich

椅 子 、 製 品 と 素 材 の 環 境 影 響 ワーキンググルー

プです。

3


目 次

謝 辞 2

序 論 2

序 論 3

図 、 表 のリスト、およびボックス 6

エグゼクティブサマリー 3

9

はじめに 9

関 連 への 影 響 と 圧 力 9

生 産 の 観 点 : 優 先 度 の 工 業 生 産 プロセス 10

消 費 の 視 点 : 優 先 消 費 クラスター 11

材 料 の 展 望 : 優 先 度 材 料 を 使 用 12

結 論 と 展 望 13

1 はじめに 15

1.1 目 標 と 研 究 の 範 囲 15

1.2 概 念 枠 組 み 17

1.3このレポートの 構 造 への 影 響 20

2 評 価 や 環 境 への 影 響 や 資 源 の 希 尐 性 の 優 先 順 位 付 け 23

2.1 はじめに 23

2.2 生 態 系 の 健 全 23

2.2.1 観 測 への 影 響 23

2.2.2 影 響 と 圧 力 の 関 係 を 定 量 化 する 25

2.3 人 の 健 康 26

2.3.1 観 測 への 影 響 26

2.3.2 影 響 と 圧 力 の 関 係 を 定 量 化 する 28

2.4 資 源 の 提 供 能 力 29

2.4.1 はじめに 29

2.4.2 非 生 物 資 源 29

2.4.3 生 物 資 源 33

2.5 要 約 と 結 論 35

3 生 産 の 視 点 : 生 産 活 動 の 直 接 の 環 境 圧 37

3.1はじめに 37

3.2 温 室 効 果 ガスの 排 出 量 37

3.3 生 態 学 と 酸 性 化 物 質 の 排 出 量 39

3.4 有 害 物 質 の 排 出 量 40

3.5 非 生 物 資 源 の 抽 出 41

3.6 生 物 資 源 の 抽 出 41

3.7 土 地 と 真 水 の 使 用 42

4

3.8 要 約 と 結 論 43


4 最 終 消 費 の 視 点 :ライフサイクル 環 境 負 荷 消 費 量 45

4.1 はじめに 45

4.2 方 法 45

4.3 最 終 需 要 部 門 46

4.4 家 計 消 費 48

4.4.1 はじめに 48

4.4.2 最 終 消 費 の 影 響 49

4.5 政 府 消 費 4

56

4.6 資 本 財 の 支 出 57

4.7 輸 出 と 輸 入 59

4.8 要 約 と 結 論 60

5 材 使 用 の 観 点 : 材 料 のライフサイクル 環 境 への 影 響 63

5.1 はじめに 63

5.2 環 境 は、 材 料 に 関 連 する 影 響 65

5.2.1 生 物 材 料 : 食 品 、 繊 維 、バイオ 燃 料 65

5.2.2 化 石 材 料 : 燃 料 や 化 学 物 質 66

5.2.3 鉱 物 性 材 料 : 金 属 、 建 設 資 材 67

5.3 統 合 アプローチと 優 先 順 位 付 け 69

5.4 要 約 と 結 論 74

6 調 査 結 果 と 結 論 77

6.1 はじめに 77

6.2 利 用 可 能 な 科 学 の 制 限 77

6.3 生 産 の 視 点 : 優 先 度 の 経 済 活 動 78

6.4 消 費 の 視 点 : 優 先 的 な 消 費 集 団 78

6.5 材 料 の 視 点 : 優 先 度 の 材 料 79

6.6 統 合 の 結 論 と 今 後 の 展 望 80

6.6.1 統 合 80

6.6.2 将 来 展 望 81

6.7さらなる 調 査 のための 推 奨 事 項 82

7 引 用 84

世 界 経 済 のライフサイクルへの 影 響 研 究 の 附 属 書 Iストレッサー 固 有 の 貢 献 98

附 属 書 Ⅱ。 方 法 102

環 境 への 圧 力 を 定 量 化 102

経 済 環 境 の 境 界 103

環 境 への 影 響 104

略 語 、 頭 字 語 と 単 位 108

5


図 、 表 、ボックスの 一 覧

図 1.1 経 済 と 自 然 のシステムとの 関 係 15

図 1.2 拡 張 DPSIR 枠 組 み 17

図 1.3 の 概 要 と 本 報 告 書 の 構 造 20

図 2.1 前 世 紀 中 に 別 の 生 物 群 系 の 生 物 多 様 性 上 のドライバインパクト 24

図 2.2 2000 年 に、 地 球 生 態 系 の 健 康 への 影 響 と 環 境 への 圧 力 ( 潜 在 的

に 種 の 割 合 を 消 えた)の 相 対 的 な 貢 献 25

図 2.3 重 要 なリスク 要 因 に 起 因 する 疾 患 のグローバル 負 担 26

図 2.4 人 間 の 健 康 に 生 態 系 の 変 化 の 影 響 27

図 2.5 2000 年 に 世 界 的 な 健 康 への 影 響 ( 障 害 調 整 生 命 年 )、 環 境 圧 の

相 対 的 な 貢 献 34

図 2.6 相 対 的 な 寄 与 資 源 領 域 が 2000 年 に 世 界 の 資 源 不 足 の 影 響 32

図 3.1 土 地 利 用 と 土 地 被 覆 変 化 を 含 む 世 界 の 温 室 効 果 ガス 排 出 への 主 要 な 貢 献 者 37

図 3.2 主 な 直 接 的 な 温 室 効 果 ガス 排 出 源 とシンクアメリカ 合 衆 国 38

図 3.3 2002 年 の 中 国 の 温 室 効 果 ガス 排 出 量 を 部 門 別 の 貢 献 39

図 3.4 米 国 では 富 栄 養 化 への 直 接 排 出 による 貢 献 39

図 3.5 米 国 の 酸 性 化 への 直 接 排 出 による 貢 献 39

図 3.6 米 国 では 人 間 の 毒 性 への 直 接 排 出 による 貢 献 40

図 3.7 直 接 エミッタからの 出 資 は、 米 国 で 生 態 毒 性 を 淡 水 40

図 3.8 非 生 物 資 源 の 枯 渇 に 米 国 の 年 間 天 然 資 源 の 抽 出 の 貢 献 41

図 4.1 異 世 界 の 地 域 では 家 計 消 費 、 政 府 消 費 と 投 資 に 起 因 する

温 室 効 果 ガスの 排 出 48

図 4.2 さまざまな 研 究 で 識 別 される 直 接 的 および 間 接 的 な

家 庭 のエネルギー 使 用 のセクター 別 分 布 49

図 4.3 国 のセットの 世 帯 CO2/GHG 排 出 量 50

図 4.4 目 的 に 応 じて、 原 点 の 領 域 で 米 国 の 家 計 消 費 に 伴 う CO2 排 出 量 51

図 4.5 家 計 支 出 の 関 数 としてのエネルギー 強 度 の 比 較 54

図 4.6 87 カ 国 / 地 域 で 異 なる 消 費 領 域 の 炭 素 排 出 量 55

図 4.7 八 EU 加 盟 国 の 一 人 当 たりトンの 温 室 効 果 ガスの 排 出 量 は、

公 共 サービスを 提 供 することによって 発 生 します 56

図 4.8 国 内 は、 公 共 サービスの 提 供 による 八 EU 加 盟 国 で

一 人 当 たりのトンで 使 用 される 素 材 を 抽 出 57

図 4.9 八 EU 加 盟 国 での 資 本 財 ( 投 資 )への 支 出 からトン CO2-eq./capita の

温 室 効 果 ガス 排 出 量 58

6


図 4.10 八 EU 加 盟 国 での 資 本 財 ( 投 資 )への 支 出 から SO2-eq./capita を 58

投 与 中 の 物 質 を 酸 性 の 排 出 量

図 4.11 国 内 は、8 つの EU 加 盟 国 での 資 本 財 ( 投 資 )への 支 出 から 一 人 当 たりの 59

トンで 使 用 される 素 材 を 抽 出

図 4.12 国 際 貿 易 の 量 の 増 加 は、 他 のマクロ 変 数 をしのぐ 59

図 4.13 国 際 的 に 貿 易 財 に 伴 う CO2 排 出 量 60

図 5.1 材 料 のライフサイクル 65

図 5.2 バイオエネルギーの 合 計 の 加 重 世 界 の 平 均 水 使 用 量 66

図 5.3 正 規 化 されたデータ - 地 上 エコ 毒 性 や 一 次 金 属 の 1 キロの 67

地 球 温 暖 化 への 貢 献

図 5.4 材 料 の 種 類 28 のヨーロッパ 諸 国 の 年 間 国 内 資 材 消 費 70

図 5.5 2000 年 に 工 業 国 と 途 上 国 の 国 内 資 材 消 費 70

図 5.6 終 了 材 料 のグループの 相 対 的 な 貢 献 は、 環 境 問 題 (100%に 設 定 され 71

10 物 質 群 の 合 計 )は、EU - 27 +トルコ、2000 年 の 合 計

図 5.7 生 産 された 財 の 位 の 貢 献 環 境 への 影 響 を 合 計 する 74

Tables

表 4.1 フィンランド、1999 年 に 別 の 環 境 への 圧 力 を 引 き 起 こす 最 終 需 要 部 門 の 46

相 対 的 な 役 割 (%)

表 4.2 メタン、 亜 酸 化 窒 素 のリリースを 含 む 家 計 消 費 の 領 域 から 50

世 界 の 温 室 効 果 ガスの 放 出 では、 分 布 が、 除 く 土 地 利 用 の 変 化

表 4.3 酸 性 化 とは 異 なる 消 費 領 域 の 貢 献 52

表 4.4 環 境 への 影 響 とは 異 なる 消 費 領 域 の 貢 献 53

表 4.5 農 産 品 やその 他 の 財 の 消 費 による 地 球 の 水 使 用 量 54

表 5.1 環 境 への 影 響 に 基 づいて 金 属 の 優 先 順 位 リスト 68

Boxes

ボックス 1-1 持 続 可 能 な 資 源 管 理 の 作 業 部 会 の 仕 事 の 関 係 16

ボックス 1-2 DPSIR 枠 組 みの 要 素 は、 実 際 にモデル 化 される 方 法 の 18

いくつかの 例

ボックス 2-1 このセクションの 関 係 と 持 続 可 能 な 資 源 管 理 の 他 の 作 業 29

ボックス 4-1 投 資 と 産 業 連 関 分 析 の 貿 易 47

ボックス 5-1 資 源 、 材 料 、 土 地 、 水 - 定 義 の 問 題 は 再 訪 64

7


7

8


序 論

持 続 可 能 な 資 源 の 管 理 における 国 連 環 境 計 画 の この 観 点 は 消 費 者 に 気 づかせることや 持 続 可 能

目 的 は 以 下 のとおりです:

な 生 産 に 焦 点 をあてた 政 策 にとって 妥 当 です。

3. 素 材 使 用 の 観 点 :どの 素 材 がこれらのライフサ

・ 天 然 資 源 の 完 全 なライフサイクル 上 の 特 定 の 環 イクルを 通 して 優 れた 影 響 を 持 っていますか?

境 に 与 える 影 響 の 持 続 可 能 な 利 用 に 関 する 政 策 この 観 点 は 素 材 の 選 択 や、 持 続 可 能 な 素 材 や 資 源

の 関 連 性 、 一 貫 性 、 独 立 した 正 式 な 科 学 的 評 価 を に 焦 点 をあてた 政 策 にとって 妥 当 です。

提 供 します;

・どのように 環 境 の 悪 化 から 経 済 成 長 を 分 離 する したがって、このレポートの 評 価 は 幅 広 い 批 評 、

より 良 い 方 法 の 理 解 に 貢 献 します。

存 続 している 研 究 の 比 較 、 資 源 要 求 を 分 析 する 文

学 、そして 生 産 による 環 境 的 影 響 、 消 費 量 、また

すべての 経 済 活 動 は、 自 然 の 物 理 的 な 世 界 で 発 生 は 国 々、 国 グループ、 世 界 全 体 としての 資 源 使 用

します。これは、 天 然 資 源 、 素 材 、エネルギーの が 元 になっています。 作 業 部 会 は 次 の 重 要 な 問 題

ような 資 源 を 必 要 とします。

を 焦 点 に 合 せて 評 価 しています。

経 済 活 動 は 消 費 や 汚 染 放 出 として 環 境 に 入 り 込 関 連 への 影 響 と 圧 力

む 重 要 な 残 差 を 不 変 的 に 発 生 させます。 地 球 は、 第 2 章 は 優 先 順 位 の 製 品 や、 素 材 を 評 価 する 時 に

有 限 の 惑 星 であり、 資 源 を 提 供 して 汚 染 を 吸 収 す 考 慮 されるべき 環 境 圧 を 識 別 するために、 環 境 影

るために 制 限 された 容 量 を 持 っています。したが 響 評 価 を 再 検 討 します。 生 態 上 の 健 康 にとって、

って 答 えなければならない 基 本 的 な 質 問 は、 異 な ミレニアム 生 態 系 評 価 (MA)は 権 威 があると 考 え

る 経 済 活 動 がどのように 天 然 資 源 の 使 用 と 汚 染 られています。ミレニアム 生 態 系 評 価 で 認 識 され

の 発 生 に 影 響 を 及 ぼすかということです。このレ た 環 境 圧 の 優 先 事 項 は、 生 息 地 の 変 更 は、 窒 素 や

ポートには、 主 に 2 つの 手 順 でこの 基 本 的 な 質 問 リンによる 汚 染 、 漁 業 、 森 林 のような 生 態 活 動 で

に 答 えます。まず、 観 測 された 圧 力 と 地 球 の 自 然 生 じる 資 源 の 過 度 の 開 発 、 気 候 変 動 、そして 侵 入

システムへの 影 響 ( 通 常 は 生 態 系 の 健 康 、 人 間 の 種 です。 人 の 健 康 について、WHO の 疾 患 の 評 価 は

健 康 、および 資 源 の 提 供 能 力 に 分 割 )の 重 要 性 を 権 威 があると 考 えられています。それは 今 日 の 病

評 価 する 作 業 を 前 段 階 として 検 討 する 必 要 があ 気 の 重 荷 に 重 要 な 貢 献 をしているものとして、 職

ります。 第 二 に、 報 告 書 はさまざまな 経 済 活 動 に 業 被 曝 、 大 気 汚 染 された 街 に 住 むこと、 気 候 変 動 、

よって、これらの 圧 力 の 因 果 関 係 を 調 査 する 必 要 鉛 汚 染 、ありふれた 固 形 燃 料 の 燃 焼 、 衛 生 設 備 、

があります。 - また 3 つの 主 要 な 視 点 を 介 して 水 を 飲 むことは 安 全 でないと 認 識 することです。

行 うことができます:

1. 工 業 生 産 の 観 点 :

第 2 章 もまた、 鉱 物 、 化 石 、そして 生 体 活 動 で 生

どの 生 産 工 程 の 圧 力 と 影 響 に 最 も 貢 献 して じる 資 源 の 不 足 についての 課 題 を 再 検 討 すしま

いますか?この 観 点 は 生 産 者 に 気 づかせる す。この 領 域 の 信 頼 できる 評 価 は、 資 源 不 足 であ

ことや 持 続 可 能 な 生 産 に 焦 点 をあてた 政 策 ろうと 基 本 的 な 問 題 を 提 案 する、あるいは 市 場 に

にとって 妥 当 です。

より 簡 単 に 解 決 された 不 十 分 な 資 源 による 競 争

2. 最 終 的 な 消 費 の 観 点 :

9 であろうと 反 対 された 教 育 文 学 が 可 決 していま

どの 製 品 と 消 費 の 種 類 は、ライフサイクル 全 す。

体 最 も 大 きな 影 響 がありますか?

9


しかし、 需 要 予 測 はいくつかの 金 属 、 石 油 、ガス

の 消 費 が 供 給 を 追 い 越 してしまい、 今 世 紀 を 含 み

- 生 息 地 の 変 化 と 資 源 の 競 合 - 水 と 土 地 を

使 用 しているためです。

利 用 できる 資 源 をも 使 い 切 ってしまう 可 能 性 が

あります。 生 命 活 動 で 生 じる 資 源 にとって、 過 度

の 開 発 は 特 に 漁 場 の 場 合 において 資 源 の 蓄 えの

崩 壊 を 導 いてきました。それに 加 え、 国 を 超 えた

競 争 や、 新 鮮 な 水 を 入 手 できる 可 能 性 は 深 刻 な 心

理 想 は 侵 略 的 種 族 の 脅 迫 のような 問 題 もまた 処 理

されるべきです。しかしそのような 課 題 にとって、

原 因 や 圧 力 、 影 響 の 関 係 の 中 で、 定 量 的 な 見 識 は

ほとんどないです。

配 事 です。より 良 いデータ、 資 源 の 質 や 入 手 でき

る 可 能 性 、 経 済 的 不 足 の 影 響 についての 分 析 が 緊

急 に 必 要 です。

これらの 調 査 結 果 は、 以 下 の 圧 力 と 衝 撃 がこのレ

ポートの 残 りで 考 えられるべきであると 強 く 示

唆 します、 保 護 地 区 の 生 態 系 の 健 全 性 、 人 の 健 康 、

および 資 源 の 1 つ 以 上 に 影 響 します:

・ 影 響 は 放 出 物 から 引 き 起 こります:

生 産 の 観 点 : 優 先 する 工 業 生 産 物 の 過 程

3 章 から 5 章 まで、 製 品 、 消 費 、および 物 質 的 な

使 用 観 点 から、2 番 目 のステップ、 設 定 優 先 事 項

を 扱 います。 生 産 観 点 (3 章 )は 重 要 なので、 以

下 の 工 業 生 産 プロセスを 識 別 します:

1. 化 石 燃 料 の 燃 焼 を 含 むプロセス

化 石 燃 料 〈 電 気 のユーティリティでの、および 居

- 気 候 変 動 ( 温 室 効 果 によって 引 き 起 こされ

た - ガス(GHG)の 排 出 量 )

住 用 の 加 熱 、 交 通 、 金 属 精 製 、およびエネルギー

集 中 的 産 業 のための〉の 燃 焼 に 関 係 する 活 動 が 一

- 富 栄 養 化 ( 過 受 精 - 窒 素 とリンと 汚 染 によ

る)

番 上 の 貢 献 者 の 間 に 気 候 変 化 、 抗 生 の 資 源 枯 渇 に

あること、および 時 々 富 栄 養 化 、 酸 性 化 、および

- 人 間 による 生 態 毒 性 効 果 - 都 市 地 域 の 大

気 汚 染 、 室 内 空 気 汚 染 などの 有 毒 排 出 。

毒 性 があります。

2. 農 業 とバイオマスの 活 動 を 使 用 します

・ 影 響 は 資 源 使 用 に 関 係 があります:

農 業 活 動 やバイオマスはアクティビティを 使 用 し

- 非 生 物 資 源 の 枯 渇 ( - 化 石 燃 料 運 搬 装 置 、

金 属 )

て、 気 候 変 動 、 富 栄 養 化 、 土 地 利 用 、 水 利 用 と 毒

性 に 重 要 な 貢 献 をしています。

- 生 物 資 源 の 枯 渇 ( 最 も - 特 に 魚 や 木 材 ) 3. 漁 業

漁 業 資 源 の 乱 獲 や 崩 壊 が 明 確 に 工 業 漁 業 から 相 対

的 に 高 い 排 出 量 と 同 様 に、この 分 野 に 関 連 付 けら

れています。

生 産 の 観 点 は、

( 第 3 章 )の 住

宅 暖 房 、 輸 送 、

金 属 精 錬 、 重 要

な、エネルギー

集 約 型 産 業 用

電 気 ユーティ

リティで 化 石

燃 料 の 燃 焼 を、

関 連 する 活 動

を 識 別 します。

10

10


消 費 の 観 点 : 優 先 的 な 消 費 集 団

消 費 の 観 点 は、 第 4 章 の 中 心 となります。それは、

通 常 資 本 財 の 家 庭 の 消 費 、 政 府 消 費 、および 支 出 に

分 けられた 製 品 とサービスのための 最 終 需 要 と 関 連

した 影 響 を 評 価 します。 我 々は、ほとんどの 研 究 が

発 展 途 上 国 と 新 興 経 済 に 利 用 可 能 であることがわか

ります。 より 広 い 範 囲 の 研 究 は 新 興 国 に 利 用 可 能 で

す。 それでも、 大 部 分 はエネルギーか 地 球 温 暖 化 ガ10

ス 放 出 に 焦 点 を 合 わせます。 欧 州 諸 国 に 関 するいく

つかの 研 究 を 除 いて、ほとんどより 広 い 範 囲 の 環 境

圧 を 含 んでいない 仕 事 が、 存 在 しています。そのよ

うな 制 限 にもかかわらず、 批 評 されたほとんどすべ

ての 研 究 で 支 持 して、 強 健 であるとみなすことがで

きるいくつかの 結 論 に 達 せられることができます。

優 先 製 品 グループと 最 終 消 費 の 種 類 :

a.ほとんどの 国 では、 家 庭 の 消 費 により、 最 終

消 費 のライフサイクル 影 響 の60% 以 上 が 決

定 されます。 家 庭 の 消 費 内 です:

ⅰ. 発 展 と 開 発 途 上 国 において、 食 物 と 住 宅 は、

温 室 効 果 ガス 排 出 を 支 配 します。

ⅱ. 先 進 国 のために、すべての 研 究 により、 一 般

に 住 宅 、 可 動 性 、 食 物 、および 電 気 の 器 具 が

家 庭 の 消 費 の 影 響 の70%より 多 くを 決 定

することが 示 されます。

b. インフラストラクチャーと 資 本 財 の 政 府 消 費

と 投 資 からの 影 響 は、 通 常 それらより 家 庭 の

消 費 から 低 いです。しかし、 非 アジアの 発 展

途 上 国 において、 公 共 部 門 は、しばしば 経 済

の 比 較 的 なかなりの 部 分 であり、したがって、

環 境 圧 に 関 してもそうです。アジアの 多 くの

新 興 経 済 が、 現 在 この 最 終 的 な 費 用 領 域 を 有

力 にするそれらのインフラストラクチャーを

確 立 することへの 多 額 の 投 資 をしています。

2. 輸 出 入 品 の 役 割 。 新 生 の 経 済 ( 特 にアジアで)

は、 先 進 諸 国 への 大 量 の 製 品 の 輸 出 者 として、

彼 ら 自 身 を 発 育 させました。 結 果 として、あ

る 程 度 先 進 諸 国 で 消 費 によって 動 かされる 影

響 は、 生 産 が 起 こる 国 に 転 位 します。

個 々の 国 の 中 の 国 際 比 較 と 家 庭 の 断 面 調 査 の 両

方 では、 私 たちは 最 終 消 費 からの 地 球 温 暖 化 ガス

放 出 と 同 様 に 富 とエネルギー 使 用 の 間 で 強 い 相

関 関 係 を 見 ます。CO2 排 出 の 全 体 的 な 支 出 弾 力 性

は 0.81(すなわち、 所 得 倍 増 は 81%より 多 くの 二

酸 化 炭 素 排 出 につながる)です。

個 々の 国 の 中

の 国 際 比 較 と

家 庭 の 断 面 調

査 の 両 方 では、

私 たちは 最 終

消 費 からの 富

と 地 球 温 暖 化

ガス 放 出 との

強 い 相 関 関 係

を 見 ます。

11

11


化 石 燃 料 の

燃 焼 は、ほと

んどの 排 出

量 に 関 連 す

る 影 響 の 種

類 の 中 で 最

も 重 要 な 源

であり、プラ

スチックは

材 料 間 の 影

響 の 観 点 か

ら 重 要 であ

る。

材 料 の 展 望 : 優 先 度 材 料 を 使 用

材 料 の 観 点 は、 第 5 章 で 説 明 しています。

それはその 構 造 特 性 ( 例 えば、 鉄 鋼 、セメ

ント)と、それらの 人 間 へのエネルギー 担

体 として 重 要 であるものも 含 めて、 材 料 の

広 い 定 義 を 使 用 します( 食 品 、 機 械 、 燃 料 )。

国 際 的 な 材 料 の 流 通 は、 全 体 の 正 確 な 期 間 11 、

国 際 的 な 人 口 密 度 の 発 展 、 一 人 当 たりの 高

い 質 量 流 通 を 引 き 起 こしての 低 密 度 開 発 の

両 方 に 依 存 しています。 先 進 国 での、 最 大

の 質 量 流 通 は、バイオマスや 化 石 燃 料 が 続

く、 無 機 物 に 関 連 付 けられています。 発 展

途 上 国 は、 多 くの 先 進 国 に 比 べて 鉱 物 と 化

石 燃 料 の 流 れが 小 さくなり、 一 人 当 たりの

鉱 物 、バイオマスの 流 れが 同 等 でありそれ

ゆえ 相 対 的 でより 重 要 です 。

しかし、 優 先 順 位 は、フローの 重 量 が 判 別

基 準 とされていることを 意 味 するだけでこ

のような 質 量 ベースの 指 標 に 基 づいて 設 定

します。

12

質 量 ベースの 指 標 にしめされているように、それ

自 体 で 重 量 は 材 料 の 環 境 への 影 響 に 十 分 なもの

ではありません。

従 って、 試 みは、 排 出 についての 情 報 およびそれ

の 資 源 使 用 、 例 えば 金 属 についての 採 掘 、 溶 解 と

処 理 、および 燃 焼 化 石 燃 料 を 含 んでいるライフサ

イクル 研 究 とデータベースの 助 けによって 物 質

的 な 使 用 の 影 響 を 計 算 するために 行 われました。

両 方 の 総 物 質 フローと 単 位 質 量 あたりの 影 響 は、

総 質 量 kg あたりの 影 響 が 関 連 していることを 示

唆 し、 大 きさの 約 12 桁 の 材 料 の 間 で 変 化 してい

るようです。しかし、 総 質 量 の 流 れの 環 境 への 影

響 を 考 慮 した 研 究 はヨーロッパだけが 見 つかり

ませんでした。 固 まりのベース、そして、 影 響 ベ

ースの 指 標 を 使 用 する 研 究 が、 以 下 に 集 中 しま

す:

1. 農 業 品 や 生 物 材 料

その 重 要 性 に 関 する 研 究 に 収 束 します。 特 に

影 響 ベースの 研 究 はさらに、そのための 世 界

の 穀 物 の 間 接 的 に 大 部 分 が 製 造 する 必 要 があ

る 動 物 製 品 の 相 対 的 な 重 要 性 を 強 調 結 果 とし

て 高 い 土 地 利 用 をしました。

2. 化 石 燃 料

その 重 要 性 に 関 する 研 究 に 収 束 します。それ

らは、さらに 支 配 重 要 であると 出 てきます。

化 石 燃 料 の 燃 焼 は、ほとんどの 排 出 量 に 関 連

する 影 響 の 種 類 の 中 で 最 も 重 要 な 源 であり、

プラスチックは 材 料 間 の 影 響 の 点 で 重 要 で

す。

3. 金 属

多 くの 金 属 は、 他 の 材 料 と 比 較 して kg 当 た

りの 影 響 を 持 っているが、その 流 れだけ、 鉄

鋼 、アルミニウムの 優 先 順 位 のリストを 入 力

しての 比 較 サイズの 観 点 に 表 示 されます。

研 究 では、 建 設 資 材 の 問 題 について 一 致 していま

せん。 彼 らは、 国 内 資 材 消 費 量 (DMC)のような

大 容 量 ベースの 指 標 を 使 用 するなどの 研 究 に 重

要 に 表 示 されないが、 材 料 1kg 当 たりの 影 響 の 措

置 を 含 むすべての 研 究 をしたことはありません。

12


結 論 と 展 望

研 究 の 豊 富 な 生 産 、 消 費 、 材 料 の 観 点 から 環 境 負 荷

の 最 も 重 要 な 原 因 を 評 価 するために 貢 献 しているこ

とが 可 能 です。これらのさまざまな 研 究 は、 異 なる

視 点 ポイント、 一 貫 性 のある 全 体 像 を 描 いています。

・ 農 業 と 食 品 消 費 量 は 環 境 への 圧 力 、 特 に 生 息 地 の

変 化 、 気 候 変 動 、 水 の 使 用 や 有 害 排 出 量 の 最 も 重

要 な 要 因 の 一 つとして 識 別 されます。

・ 加 熱 、 交 通 、 金 属 精 製 、および 製 品 の 生 産 のた

めの 時 代 遅 れのエネルギーキャリアの 使 用 は、 同

等 の 重 要 性 をもち、 時 代 遅 れのエネルギー 資 源 、

気 候 変 動 、および 様 々な 排 出 関 連 の 影 響 の 枯 渇 を

起 こします。

未 来 のための 通 常 のシナリオとしてのビジネスで、

これらの 活 動 と 関 連 した 影 響 が 減 らされるが、むし

ろ 強 化 されることがありそうにないです。 この 研 究

により、CO2 排 出 が 収 入 と 高 く 関 係 づけられているこ

とが 示 されました。 生 産 と 消 費 のパターンが 変 更 で

きない 限 り、 人 口 と 経 済 成 長 は、それゆえより 高 い

影 響 をもたらします。

さらに、 未 来 にそれらを 悪 化 できる 問 題 の 間 に 一 定

の 鎖 交 があります。 例 えば、エネルギー 供 給 と 可 動

性 のための 多 くの 提 案 された 持 続 可 能 な 技 術 は、 金

属 の 使 用 ( 電 池 、 燃 料 電 池 や 太 陽 電 池 などで)の 大

部 分 を 依 存 しています。

金 属 精 製 は 通 常 集 中 的 なエネルギーです。 その

ような 斬 新 なインフラストラクチャーの 生 産 は、

それゆえエネルギー 集 約 型 で、 一 定 の 素 材 、まだ

十 分 に 調 査 されていなかった 問 題 の 不 足 を 作 成

できます。それゆえ 傾 向 を 評 価 するためのシナリ

オを 開 発 し、 時 には 複 雑 なトレードオフを 識 別 、

分 析 する 必 要 性 があります。

再 検 討 したほとんどの 研 究 は、 個 々の 国 や 国 のブ

ロックのために 行 われました。 彼 らはしばしばい

くつか 異 なったアプローチとデータ 分 類 システ

ムを 適 用 しました。そのような 違 いにもかかわら

ず、 結 果 における 明 確 な 集 合 があります。それは、

この 再 検 討 の 結 末 がかなり 体 力 を 要 するのを 示

します。しかし、すべての 分 野 ( 鉱 工 業 生 産 、 消

費 、 材 料 )で 定 期 的 に 国 際 的 に 一 貫 性 のある 形 式

で 詳 細 に 分 析 し、より 良 いデータを 提 供 すること

により、 洞 察 力 を 向 上 させるために 重 要 な 機 会 が

あります。これは、 進 歩 を 探 ることや、 国 を 横 断

し 区 域 を 横 断 する 分 析 をつくることや、 政 策 やほ

かの 応 答 の 成 功 を 決 定 する 影 響 や 要 因 を 決 定 す

る 経 済 運 行 者 をさらに 詳 細 に 定 義 することがは

るかに 簡 単 になります。 持 続 可 能 な 資 源 管 理 は、

多 くの 継 続 的 な 実 用 的 なデータ 収 集 の 努 力 を 調

和 させるための 国 間 で 実 用 的 な 共 同 の 努 力 を 探

るための UNEP やその 他 の 政 府 機 関 をお 勧 めしま

す。

農 業 と 食 品 消

費 量 は 環 境 圧 、

特 に 生 息 地 の

変 化 、 気 候 変

動 、 水 の 使 用 や

有 害 排 出 量 の

最 も 重 要 な 要

因 の 一 つとし

て 識 別 されま

す。

13

13


13

14


1 はじめに

1.1 目 標 と 研 究 の 範 囲

UNEPインターナショナルの 目 的 持 続 可 能 な

資 源 のためのパネル 経 営 陣 ( 資 パネルl)は、

存 在 します;

・ ライフサイクルの 間 天 然 資 源 と 特 に 彼 ら

の 環 境 影 響 の 持 続 可 能 な 使 用 に 関 して、

方 針 関 連 を 独 立 して、 首 尾 一 貫 して、 威

厳 がある 科 学 的 な 評 価 を 提 供 します;

・ 経 済 成 長 を 環 境 务 化 から 分 離 する 方 法 の

より 良 い 理 解 に 関 与 します;

すべての 経 済 活 動 は、 自 然 の、 物 質 的 な 世 界

( 図 1.1)で 起 こります。 経 済 活 動 は、 資 源

( 例 えばエネルギー、 材 料 と 土 地 )を 必 要 と

します。さらに、 経 済 活 動 は 常 に 具 体 的 な 残

りを 生 み 出 します。そして、それは 不 用 であ

るか 汚 染 している 放 射 物 として 環 境 に 入 り

ます。

地 球 ( 有 限 惑 星 であること)には、 資 源 を 供 給

して、 汚 染 (Ayres and Kneese 1969)を 吸 収 す

る 限 られた 能 力 があります。したがって、パネ

ルが 答 えなければならないという 基 本 的 な 質 問

は 異 なった 経 済 活 動 がどう 天 然 資 源 の 使 用 と 汚

染 の 世 代 に 影 響 を 及 ぼすかということです。 特

に、 具 体 的 な 資 源 制 限 および 環 境 問 題 、 環 境 、

資 源 、および 生 産 と 消 費 活 動 が、この 点 で 最 も

重 要 に 生 産 と 消 費 が 影 響 する 方 法 の 相 対 的 な 重

要 性 を 理 解 していることが 重 要 です。

これらの 基 本 的 な 質 問 に 答 えるために、 持 続 可

能 な 資 源 管 理 は、 作 業 確 立 しているグループの

環 境 への 影 響 に 関 する 製 品 と 材 料 です( 図 1.1

を 参 照 してください)。

図 1.1: 経 済 、 自 然 システムとの 関 係

15

15


作 業 部 会 の 仕 事 は、 主 要 な 研 究 またはデータを

集 めるということよりも、 既 存 の 入 手 可 能 な 科

学 仕 事 を 再 検 討 し、 要 約 することでした。 本 報

告 では 評 価 がそれゆえ 幅 広 いレビューと、 既 存

の 研 究 と 文 学 の 資 源 の 需 要 と 生 産 、 消 費 、また

は 国 、 国 グループの 資 源 利 用 や、 世 界 全 体 が 環

15

境 に 与 える 影 響 を 分 析 の 比 較 に 基 づきます。

作 業 部 会 は、 次 のキーの 質 問 に 対 応 すること

で、その 評 価 を 行 ました:

・ 天 然 資 源 と 彼 らの 影 響 で 最 も 重 大 な 用 途 の 識

別 :どの 鍵 となる 環 境 および 資 源 圧 力 が、 製

品 と 材 料 の 評 価 において 考 慮 される 必 要 が

ありますか?

・ 工 業 生 産 展 望 からの 評 価 : 主 要 な 産 業 は、 何

を 環 境 および 資 源 圧 力 に 貢 献 させています

か?

・ 評 価 最 終 消 費 の 観 点 から: 消 費 のカテゴリ

と 製 品 群 は、ライフサイクル 全 体 の 最 大 の 環

境 への 影 響 がありますか?

・ 評 価 資 源 の 使 用 や 材 料 の 使 用 の 観 点 から:

材 料 のライフサイクル 全 体 の 最 大 の 環 境 へ

の 影 響 がありますか?

・ 展 望 と 結 論 : 期 待 される 社 会 経 済 傾 向 と 情

勢 は、そのような 優 先 順 位 をより 関 連 して 重

要 にしますか?それらの 資 源 使 用 と 影 響 を

考 慮 して 最 も 関 連 した 経 済 活 動 に 関 する 全

体 的 な 結 論 は 何 ですか?

この 導 入 章 では、さらに 報 告 書 の 概 念 的 アプ

ローチを 説 明 します。この 後 、 報 告 書 は、5

章 以 降 、 上 記 の 5 つのコアの 質 問 について 説

明 します。

Box 1-1: 持 続 可 能 な 資 源 管 理 の 作 業 部 会 の 仕 事 の 関 係

持 続 可 能 な 資 源 管 理 ( 資 源 パネル)のための 国 際 パネルは 正 式 に2007 年 11 月 に 国

連 環 境 計 画 (UNEP)で 発 表 されました。2010 年 から2007 年 の 期 間 を 定 めてその 作

業 計 画 については、パネルデカップリング、バイオ 燃 料 、 水 、 金 属 株 とフローと

環 境 への 影 響 という 問 題 に 対 処 する 五 作 業 部 会 を 設 立 しました。 次 のように、こ

れらのグループの 作 業 が 関 連 しています:

その1. 製 品 の 環 境 負 荷 材 料 の 作 業 部 会 は、 生 産 、 消 費 、 材 料 の 観 点 資 源 の 使 用

からの 最 大 の 資 源 の 使 用 や 環 境 への 影 響 と 経 済 活 動 を 識 別 します。

その 2.グローバル 金 属 の 流 れに 関 する 作 業 部 会 は、 特 定 の 資 源 、すなわち、 金

属 の 提 供 に 焦 点 を 当 てて 人 為 的 なフローと 株 式 とその 潜 在 的 な 希 尐 性 のより

詳 細 な 理 解 です。

その 3. バイオ 燃 料 に 関 する 作 業 部 会 は、 気 候 変 動 の 問 題 の 解 決 に 貢 献 し、 土 地

利 用 や 他 の 圧 力 でその 具 体 的 な 影 響 や、バイオ 燃 料 の 特 定 のトピックに 焦 点

を 当 てます。

その 4.デカップリングの 作 業 部 会 は、 根 拠 と 資 源 投 入 と 環 境 への 影 響 からデカ

ップリング 経 済 活 動 のためのオプションを 提 供 しています。これは、 製 品 お

よび 資 源 の 環 境 影 響 に 関 するワーキンググループの 優 先 順 位 の 評 価 に 部 分 的

に 構 築 し、 経 済 発 展 は、 資 源 の 利 用 と 環 境 への 影 響 (ダブルデカップリング)

の 生 成 から 分 離 する 方 法 についての 質 問 、そこから 対 処 しています。それは4

つの 国 のデカップリング 政 策 のケーススタディが

16

含 まれています。

その 5. 水 効 率 化 に 関 する 作 業 部 会 は、 収 穫 、 使 用 、 水 の 再 利 用 、 水 の 効 率 的 な

利 用 に 関 する 意 思 決 定 のための 分 析 に 基 づいた 水 効 率 の 評 価 を 提 供 していま

す。

16


1.2 概 念 の 枠 組

それらの 環 境 と 資 源 影 響 に 従 って 製 品 、 活 動 、

および 材 料 を 格 付 けすると、それらの 本 当 に

重 要 な 領 域 に 対 して 直 接 的 な 政 策 を 助 けま

す。この 優 先 順 位 づけは、2 つの 質 問 に 答 える

ことを 伴 います:

1. 資 源 と 公 害 のどちらが 考 えるべき 問 題 で

あろうか( ここで 提 出 さ れ た 最 初 の 質

問 )?

2. 選 択 された 製 品 と 材 料 に 関 連 している 汚

染 と 資 源 利 用 の 量 はどのくらい( 上 で 提 出

された 2 番 目 ,5 番 目 の 問 題 )ですか?

続 いて、 人 間 の 活 動 の 資 源 強 度 と 環 境 影 響 を

評 価 するためにこれらの 2 つの 要 素 を 一 緒 に

結 合 できます。 現 在 のレポートにおける 分 析

はトップダウン 査 定 に 基 づいています。それ

は 異 なった 環 境 影 響 の 潜 在 的 重 要 性 の 評 価 か

ら 始 まります。

それは、どの 環 境 圧 がこれらの 影 響 に 貢 献 する

か、そして、だれがこれらの 環 境 圧 を 引 き 起 こ

すかを 調 査 します。 原 因 を 分 析 する 際 に、 私 た

ちは 緊 急 の 発 令 、 資 源 抽 出 器 、およびそれらが

発 生 させる 材 料 と 製 品 の 需 要 を 見 ます。この 手

順 で、 私 たちはそれらが 消 費 者 に 提 供 する 利 益

のために 経 済 活 動 の 環 境 コストを 結 び 付 ける

ことができる。

経 済 活 動 と 環 境 に 与 える 影 響 との 関 係 につい

て 説 明 するために、いわゆる DPSIR で 作 られて

いる( 駆 動 力 - 圧 力 - 状 態 - 影 響 - 応 答 )

枠 組 。DPSIR の 枠 組 はヨーロッパ 環 境 庁

(1999)、 他 の 環 境 指 標 の 枠 組 み 圧 力 状 態 など

の 組 織 、OECD のレスポンス 方 式 (1991 年 、1994

年 )などのような 他 の 組 織 の 環 境 指 標 枠 組 みに

関 する 考 えに 沿 って 提 案 されました。

図 1.2: 拡 張 DPSIR 枠 組

17


BOX 1-2 DPSIR 枠 組 みにおける 要 素 が 実 際 にはどうモデル 化 されるかのいくつかの 例

ライフサイクル 枠 組 みの 目 的 は、 資 源 がどのように 利 用 されているか、そして、 材 料 が 製 品 と

どのように 合 併 し、 使 用 され、 処 理 されたのか、あるいは 汚 染 がどのような 経 緯 で 生 み 出 され

たかの 解 決 を 与 えるためにあります。このライフサイクルの 何 らかのポイントでは、 製 品 は 最

17

終 使 用 者 に 対 する 役 に 立 つサービスを 提 供 します。ライフサイクルの 評 価 は 資 源 利 用 と 排 出 を

資 源 抽 出 から、 材 料 ・ 製 品 または 供 給 されたサービスのユニットあたりの 処 理 までをライフサ

イクルに 沿 って 算 出 します。このアプローチで、 私 たちは 資 源 利 用 と 汚 染 を 最 終 消 費 に 関 連 づ

けることができます。

最 終 的 な 消 費 は 国 内 の 経 済 で 最 終 的 な 消 費 を 説 明 する 国 内 総 生 産 としての 経 済 用 語 、もしくは

大 多 数 の 国 内 の 経 済 の 集 合 物 質 的 な 流 れを 説 明 する 自 然 科 学 用 語 のどちらかで 会 計 を 説 明 でき

ます。しかしながら、 経 済 活 動 か 物 質 的 な 取 引 高 の 集 合 基 準 は、 限 られた 価 値 があります。 最

終 消 費 と 生 産 の、より 詳 細 な 記 述 とこの 消 費 を 満 たすのに 必 要 である 廃 棄 処 理 が、 異 なった 消

費 活 性 、 製 品 、および 材 料 の 環 境 影 響 に 関 する 洞 察 を 提 供 するのに 必 要 です。

経 済 システムは、マテリアルフローコスト 会 計 (MFAの)やライフサイクルで 使 用 されている

などの 詳 細 なプロセスツリーの 説 明 を 使 用 して、 物 理 的 に、 入 出 力 テーブル( 生 産 部 門 間 の 貨

物 の 流 れを 説 明 )を 使 用 して、 例 えば、 金 融 面 でモデル 化 することができます 物 理 的 な 入 力 お

よび 出 力 の 観 点 から 技 術 的 な 生 産 プロセスのアセスメントの(LCA) 詳 細 について 説 明 します。

『 圧 力 』( 経 済 環 境 の 境 界 面 )は、 物 質 的 な 用 語 、すなわち 絞 り 出 された 資 源 、 排 出 において、

通 常 、 一 定 の 目 的 のために 使 われた 環 境 または 土 地 に 説 明 されます。LCAの 用 語 では、これの

環 境 介 入 と 呼 ばれています。

影 響 評 価 は、(' 圧 力 から 状 態 、‘' 影 響 、‘' 翻 訳 、‘)、 広 く 変 化 します。いくつかの 指 標 は 健 康 、

生 態 系 、 生 物 多 様 性 、 社 会 の 構 造 または 価 値 への 損 害 のような、LCAにより 名 づけられた“ 最

終 レベル”においての 影 響 を 説 明 します。“ 影 響 ”もまた 地 球 温 暖 化 、 酸 性 化 、または 資 源 の 枯

渇 (Goedkoop et al. 2008)のような 既 成 された 環 境 問 題 (もしくは 影 響 の 分 野 )の 意 味 である

中 間 レベルにおいて 説 明 されます。

大 きな 課 題 は、すべての 異 なったタイプの 介 入 か 影 響 を 1 つの 影 響 と 統 合 することです。 集 め

られた 指 標 は 影 響 を 一 般 的 な 単 位 に 言 い 換 えます。 LCA では、 影 響 評 価 は、 環 境 構 造 ( 付 録 I)

への 言 及 とともに 特 徴 付 けられた 環 境 影 響 を 通 して 成 されます。 実 際 には、 放 出 または 資 源 利

用 は、 例 えば 外 交 的 な 赤 外 線 ( 付 録 1の 更 なる 方 法 論 的 問 題 点 を 対 処 する 現 在 までのレポート)

を 吸 収 するための 異 なった 温 室 効 果 ガスの 能 力 を 表 わすような 特 徴 づけられた 真 実 により 増 や

されます。 大 規 模 な 指 標 は 環 境 影 響 への 接 近 となるようにトン 単 位 で 測 定 された 入 力 か 出 力 を

取 ります。エコロジカル・フットプリントのような 指 標 は、 地 域 に 関 してすべての 影 響 を 表 現

して、ある 領 域 において 利 用 可 能 な 限 られた 豊 かな 土 地 の 地 域 とそれを 比 較 します。

(Wackernagel and Rees 1996)。(HANPP)の 指 標 は、 尐 量 のバイオマスの 第 一 の 生 産 をどのよ

うに 平 静 な 自 然 のために 利 用 可 能 なままで 残 しているのかを 18

指 示 しているその 関 連 性 のような

人 間 によって 利 用 されたか、または 変 更 されたバイオマスの( 自 然 に 起 こる) 第 一 の 生 産 の 一

部 分 を 使 用 します。

18


そして、 持 続 可 能 な 開 発 のための 国 連 環 境 計 画 委

員 会 より 提 案 されました(UN 1997)。DPSIR 枠 組

みは、 経 済 活 動 (Driver)と 自 然 か 生 物 多 様 性 の 損

失 のような 影 響 の 間 、もしくは 減 尐 している 人 の

健 康 か、 福 祉 か 幸 福 のような 圧 力 の 間 で 段 階 を 踏

んだ 因 果 連 鎖 の 記 述 を 提 供 することを 目 指 しま

す。このレポートの 目 的 のために、 私 たちは、さ

らに 詳 細 に 原 因 ブロックについて 説 明 することを

選 びました。 図 1.2は 図 1.1と 関 連 してこのレポー

トに 適 用 されるものとしてのDPSIR 枠 組 みの 概 観

を 与 えます。

図 1.2での 拡 張 ‘ 原 因 'ブロックは 経 済 活 動 のライ

フサイクルを 区 別 します: 製 品 を 資 源 の 抽 出 、 材

料 と 製 品 の 中 への 彼 らの 処 理 、その 後 の 使 用 、お

よび 捨 てること。 図 は 生 産 消 費 チェーンの 一 貫 性

を 強 調 して、 資 源 抽 出 、 製 品 生 産 、サービス、お

よび 廃 棄 物 処 理 がすべて 同 じシステムの 一 部 であ

ることを 例 証 します。また、 拡 張 された 原 因 ブロ

ックもまた、 生 産 消 費 で 経 済 活 動 に 影 響 を 及 ぼす

間 接 的 な 原 因 を 示 しています。

それは、ライフスタイル、 人 口 統 計 学 、および 貨 幣

の 富 に 関 係 します( 通 常 、 国 内 総 生 産 (GDP)として

表 現 されます)。GDP は、 最 終 消 費 者 によって 購 入 さ

れて、 使 用 されたすべての 商 品 の 価 値 総 額 です。 図

1.2 は、 生 産 、 関 連 資 源 抽 出 、および 汚 染 が 製 品 から

得 られたサービスで 動 機 づけられていて、したがっ

て、 接 続 は 幸 福 を 引 きよせると 強 調 します。 同 時 に、

経 済 活 動 は、 製 品 の、そして、サービスの 最 終 消 費

を 可 能 にする 雇 用 と 収 入 を 提 供 します。 本 質 では、

したがって、 拡 張 されたドライバーブロックはまさ

に 人 間 のニーズを 満 たす( 経 済 )のシステムについて

説 明 します。 図 1.2 は、また 人 間 のニーズを 満 たす

ことの 隣 で 製 品 や、サービスのライフサイクルのす

べてのステージもまた 環 境 圧 ( 放 出 、 最 終 的 な 浪 費 の

堆 積 、 資 源 の 抽 出 、および 陸 の 変 化 )を 引 き 起 こすの

を 示 しています。

製 品 やサービ

スのライフサ

イクルのすべ

ての 段 階 は、

環 境 への 圧 力

( 排 出 量 、 最

終 廃 棄 物 の 堆

積 、 資 源 、 土

地 変 換 の 抽

出 )を 引 き 起

こします。

19


環 境 圧 は 直 接 か 生 態 系 サービスの 損 失 を 通 してエネ

ルギーバランスか、 科 学 組 成 、 自 然 の 損 失 を 引 き 起 こ

すこと、 幸 福 における 変 化 で 環 境 状 況 を 変 えます。

影 響 は、DPSIR チェーンの 端 に 起 こって、 自 然 か 生 物

の 多 様 性 と、 減 尐 している 人 の 健 康 か、 福 祉 か 幸 福 の

損 失 の 形 を 取 ります。 図 は 放 出 か 抽 出 で 引 き 起 こされ

19

た 衝 撃 が、 私 たちの 経 済 活 動 の 結 果 であるという 事 実

を 強 調 します。

そのような 影 響 が 問 題 の 多 いとみなされるなら、これ

は 政 策 立 案 者 による 応 答 に 通 じることができます。 明

らかに、 知 的 な 応 答 は 必 要 性 から 影 響 までを 導 き 出 す

全 体 の 繋 がりの 理 解 に 依 存 しています。これは 異 なっ

た 科 学 分 野 からの 知 識 の 統 合 を 必 要 とします。 例 えば

環 境 科 学 ( 影 響 への 圧 力 の 原 因 となる 関 係 の 理 解 を 与

えることに 焦 点 を 当 てること)、そして 工 業 生 態 学 ( 生

産 と 消 費 の 我 々の 制 度 が 必 要 性 を 満 たすことの 副 作

用 として 環 境 影 響 をどれだけ 引 き 起 こすかの 理 解 に

焦 点 をあてること)です。

この 枠 組 みは、まだかなり 一 般 的 であり、 異 なった 方

法 で 操 作 できるようにすることができます。

本 当 に、 私 たちは 研 究 もまた、ここで 使 用 される

ように、 異 なった 用 語 を 使 用 するのを 好 むことが

わかります。さらに、このレポートで 批 評 された

研 究 は 時 に、 経 済 用 語 で 原 因 を 説 明 し、 時 には 異

なった 項 目 を 含 み、そして 異 なった 方 法 で 最 終 的

な 影 響 を 定 義 する 物 理 的 な 用 語 で 説 明 します。し

かしながら、 彼 らは 皆 、 限 られた 数 のオプション

の 異 なった 組 み 合 わせから 引 き 出 します。

私 たちは、もっと ANNEXES とこのレポートをより

関 連 付 け、いくつかの 例 を Box1-2 に 提 供 します。

1.3 このレポートの 構 造 への 影 響

1.2 節 から 概 念 的 構 成 は、 現 在 、このレポートの 構

造 に 原 理 を 与 えることができます( 図 1.3を 見 てく

ださい)。

まず、 最 初 に 洞 察 力 は 現 在 、 生 態 系 特 性 、 人 の 健

康 、および 資 源 供 給 能 力 への 観 測 された 影 響 の 何

が 最 も 重 要 であるのか、そして、それらがどのよ

うに 圧 力 に 関 連 するのかということを 与 えられて

いる 必 要 があります。これは 第 2 章 でなされます。

図 1.3: 本 報 告 書 ( 数 字 は 章 を 参 照 してください)の 構 造 の 概 要

20

20


第 二 に、 報 告 書 はさまざまな 経 済 活 動 によっ

て、これらの 圧 力 の 因 果 関 係 を 調 査 する 必 要

があります。 図 1.2 および 図 1.3 に 示 すよう

に、それは 3 つの 主 要 な 視 点 を 介 して、 生 産

と 消 費 活 動 のライフサイクルをアプローチす

ることが 可 能 です:

・ 工 業 生 産 の 視 点 :どの 産 業 が、ほとんどを

圧 力 と 影 響 に 貢 献 させますか?この 展 望 は、

第 3 章 で 論 じられます。それは、 生 産 に 集 中

している 製 作 者 と 持 続 性 方 針 に 知 らせるた

めに 関 連 します。

・ 最 終 消 費 の 視 点 : 製 品 と 消 費 分 野 のどちら

がそれらのライフサイクルの 向 こう 側 に 最

も 大 きい 影 響 を 与 えますか?4 章 で 議 論 し

ました。 生 産 者 と 生 産 物 や 消 費 に 焦 点 をあ

てた 持 続 可 能 な 政 策 を 知 らせることは 関 連

性 があります。

・ 材 料 使 用 の 観 点 :どの 材 料 が 彼 らのライフ

サイクルの 向 こう 側 に 最 も 大 きい 影 響 を 与

えますか?

第 5 章 でこの 見 解 について 議 論 します。 材 料 と

資 源 に 焦 点 を 合 わせる 材 料 の 選 定 と 持 続 性 政

策 は、 関 連 性 があります。

現 在 の 論 評 の 目 的 の 1 つは、これらの 異 なる

アプローチが 実 際 に 優 先 順 位 づけの 違 いにつ

ながるかどうかわかることです。これは 第 6

章 の 対 象 です。そこでは、 試 みは 調 査 結 果 を

統 合 するため、いくつかの 一 般 的 な 結 論 を 引

き 起 こして、そして 将 来 の 見 通 しを 与 えるた

めにつくられます。

すべての 章 が 各 章 で 引 き 起 こされた 重 要 な 問

題 に 答 える 幅 広 い 研 究 の 論 評 に 基 づいていま

す。 明 らかに、 異 なった 研 究 は 異 なったアプ

ローチをしてきました。すべてのものは、 拡

張 された DPSIR 枠 組 みに 言 い 換 えることがで

きたので、 相 対 的 な 分 析 が 可 能 になりました。

この 多 様 性 の 利 点 は、アプローチにおけるそ

れらの 不 一 致 に 関 わらず、 研 究 を 通 してある

結 論 の 高 いレベルの 協 定 があるとき、そのよ

うな 結 論 はかなり 強 権 であるとみなすことが

できるということです。

これは 業 界 の 圧

力 や 衝 撃 に 最 も

寄 与 する?

どの 製 品 と 消 費

の 種 類 は、ライ

フサイクル 全 体

最 も 大 きな 影 響

がありますか?

これは 材 料 のラ

イフサイクル 全

体 最 も 大 きな 影

響 があります

か?

21


2 環 境 影 響 と 資 源 不 足 の 査 定 と 優 先 順 位 づけ

2.1 序 論

本 章 はこのレポートで 答 えられるべき 最 初 の

質 問 に 焦 点 を 合 わせます: 環 境 と 資 源 圧 力 の

どちらが、 製 品 と 材 料 の 優 先 順 位 づけにおい

て 考 えられる 必 要 がありますか?

この 質 問 に 答 えることは 環 境 システムの 主 な

機 能 が 経 済 体 制 によって 引 き 起 こされた 影 響

から 保 護 される 必 要 がある 考 えを 必 要 としま

す。そのような‘ 保 護 の 部 門 'を 特 定 して、 分

類 するために、 様 々な 見 解 があります。

例 えば、 生 態 系 サービスアプローチは 多 くの

食 糧 を 供 給 し、 規 制 し、 与 えることや、 自 然

システムが 人 間 や 経 済 システムに 与 える 文 化

的 サービスを 見 分 けます。(MOONEY 他 200

5)。このレポートは、ライフサイクルの 影

響 評 価 の 伝 統 に 従 って、 以 下 の 保 護 の 部 門 を

区 別 します:

・ 生 態 系 の 健 全 性 。

・ 人 の 健 康 。

・そして、 人 間 の 福 祉 のための 資 源 供 給 能 力 。

この 分 割 を 使 用 する 利 点 は 持 続 可 能 な 資 源 運

営 の 国 際 委 員 会 の 本 質 的 な 関 心 事 である 資 源

供 給 能 力 の 問 題 と 同 じような 環 境 応 答 政 策 を

開 始 するための 歴 史 的 に 重 要 な 理 由 とされて

きた 人 間 の 健 康 への 影 響 を 明 らかにするとい

うことです。わずかに 不 都 合 なことは 生 態 系

の 健 全 性 はこの 分 割 が 生 態 系 の 特 性 や 資 源 の

有 用 性 の 観 点 から 同 じ 問 題 の 議 論 へと 導 くか

もしれないとほのめかす( 特 に 生 態 活 動 で 生

じる) 資 源 の 有 用 性 と 密 接 に 関 係 があるとい

うことです。 次 の 3 つのセクションはこれら

の 話 題 について 論 じます。セクション 2.2 と

2.3 では、 私 たちは 生 態 系 と 人 の 健 康 における

( 観 測 された) 影 響 の 地 球 規 模 の 再 検 討 をしま

す。

私 たちはどの 圧 力 ( 放 出 と 資 源 抽 出 の 過 程 )が

それらの 衝 撃 に 最 も 貢 献 するかもしれないか

を 示 す 研 究 と 観 測 された 衝 撃 のこれらの 地 球

的 評 価 を 比 べます。セクション 2.4 は 資 源 の

有 用 性 の 話 題 について 論 じます、そして、セ

クション 2.5 は、 結 論 をまとめながら、 要 約

します。

2.2 生 態 系 の 健 全 性

2.2.1 観 測 された 影 響

2005 ミレニアム 生 態 系 評 価 (MA)は、おそら

く 世 界 的 な 生 態 系 の 状 況 について 最 も 権 威 の

分 析 です。 世 界 のすべての 部 分 から 1,300 以

上 の 科 学 者 たちは、MA に 貢 献 しています。MA

は、 人 間 の 幸 福 と 生 態 系 の 貢 献 を 脅 かす 要 因

を 特 定 しました。(Mooney et al. 2005)。 MA

は、 過 去 50 年 間 に、 人 間 が 主 に 食 料 、 淡 水 、

木 材 、 繊 維 、 燃 料 、 急 速 に 需 要 を 満 たすため

に、 人 間 の 歴 史 の 中 でどの 程 度 の 時 間 よりも

より 迅 速 かつ 広 範 囲 の 生 態 系 が 変 化 している

ことが 分 かった。これは、 地 球 上 の 生 物 多 様

性 の 大 部 分 は 不 可 逆 的 な 実 質 的 な 損 失 をもた

らしました。 ; 空 気 の 質 、 気 候 、 水 、 自 然 災

害 、 受 粉 、 害 虫 や 病 気 の 規 制 、 主 に 由 来 する

援 助 食 品 、 繊 維 、 遺 伝 資 源 、バイオケミカル、

新 鮮 な 水 の 供 給 :MA は、 人 間 と 生 態 系 サービ

スの 供 給 を 検 討 生 産 、 物 質 循 環 、 土 壌 形 成 、

水 循 環 、そして 精 神 的 、 美 的 価 値 観 、レクリ

エーションなどの 文 化 的 サービスです。

生 態 系 の 务 化 の 一 つ 重 要 な 要 因 は、 人 口 母 集

団 の 拡 大 であり、 食 事 で 変 化 します。かなり

の 生 息 地 の 喪 失 が 農 業 と 牧 草 を 食 う 陸 を 求 め

る 需 要 増 のため 起 こり、そして、ゲームの 重

要 な 衰 退 と 魚 類 個 体 群 は 過 剰 収 穫 から 生 じま

した。その 上 、 増 加 する 汚 染 、 生 息 域 変 化 、

および 種 の 分 配 変 化 は 生 態 系 が 提 供 するサー

ビスを 損 ないました。

23


MA は 生 態 系 をかなり 下 がらせる 5 つの 主

な 圧 力 を 特 定 しました:

・ 生 息 地 の 変 化 。

・ 汚 染 ( 特 に 窒 素 とリンと)。

・ 乱 開 発 。

・ 侵 入 生 物 種 。

・ 気 候 変 動 。

主 要 型 式 の 生 態 系 に 関 するこれらの 要 素 の 影 響

を 評 価 して、 生 態 系 サービスを 評 価 した24のう

ち15のMAレポートは 減 尐 してきています。あ

るいは 非 持 続 可 能 に 使 われています( 図 2.1を

見 てください)。

図 2.1: 前 世 紀 中 に 別 の 生 物 群 系 の 生 物 多 様 性 上 のドライバの 影 響

注 :セルの 色 は、 過 去 50から100 年 間 の 生 態 系 の 各 タイプでの 生 物 多 様 性 に 対 する

各 影 響 の 影 響 を 示 しています。" 高 い" 影 響 は、 前 世 紀 の 上 の 特 定 の 原 因 が 有 意 に

オームの 生 物 多 様 性 を 変 更 していることを 意 味 します。" 低 い" 影 響 は、オームの

生 物 多 様 性 にはほとんど 影 響 を 与 えていることを 示 しています。

矢 印 は、 原 因 の 傾 向 を 示 しています。 水 平 方 向 の 矢 印 は、 影 響 の 現 在 のレベルの

継 続 を 示 しています。 角 および 垂 直 方 向 の 矢 印 は、 徐 々に 与 える 影 響 の 傾 向 の 増

加 を 示 しています。したがって、 生 態 系 が 過 去 一 世 紀 ( 島 の 外 来 種 の 影 響 など)

で 特 定 の 原 因 の 非 常 に 高 い 影 響 を 経 験 して、 水 平 方 向 の 矢 印 は、この 非 常 に 高 い

影 響 が 継 続 する 可 能 性 が 高 いことを 示 しています。 図 2.1は、 専 門 家 の 意 見 と 一

致 し、 評 価 報 告 書 の 様 々な 章 で 変 化 の 要 因 の 分 析 に 基 づいています。 図 2.1は、

世 界 的 な 影 響 や 傾 向 を 特 定 の 地 域 のものと 異 なる 場 合 があります。(Mooney et

al. 2005)。

24


Wegener Sleeswijk et al., 2008, and Goedkoop et

al., 2008)。 汚 染 、 気 候 変 動 、および 生 息 域 変 化 は、

いくつかの 生 態 系 タイプで 上 昇 傾 向 を 示 している 乱

開 発 と 侵 入 生 物 種 とともに 生 態 系 タイプの 向 こう 側

に 影 響 の 原 因 を 最 も 急 速 に 増 加 させています。( 図 2.1

を 見 てください); これらの 影 響 は 百 ページ 以 上 詳

細 に 記 録 されます、そして、 原 因 の 範 囲 と 進 化 は 将 来

のために 歴 史 的 にシナリオを 通 して 調 査 されます。シ

ナリオは、 規 制 していて 文 化 的 な 生 態 系 サービスを 維

持 して、 改 良 している 間 、 十 分 な 栄 養 や 水 などの 基 本

的 必 需 品 を 増 加 している 人 口 に 提 供 することはやり

がいがあることを 示 します。

MA はすべての 生 態 系 に 脅 威 の 詳 細 を 明 らかにしま

せんが、 尐 なくともいくつかのタイプの 生 態 系 にとっ

て、5 人 の 特 定 された 原 因 は 皆 、 重 要 であることに 気

がつくことは、 重 要 です。 現 在 の 評 価 のために、 重 要

な 課 題 は 生 態 系 への 影 響 の 程 度 を 主 に 原 因 の 大 きさ

に 依 存 するかどうか、または 資 源 管 理 練 習 が 影 響 でき

るかどうかということです。 確 かに、 周 辺 の 土 地 の 生

息 域 変 化 などのいくつかの 原 因 の 影 響 は 主 に 大 きさ

の 問 題 で、そして、 資 源 管 理 プログラムには、 控 え 目

な 影 響 しかないかもしれません。 地 球 温 暖 化 ガスかリ

ンと 窒 素 による 汚 染 などの 他 の 場 合 では、 活 動 が 気 候

変 動 か 富 栄 養 化 ( 窒 素 かリン 汚 染 によるもの)の 原 因 と

なる 方 法 を 評 価 して 管 理 するのは 可 能 です。

また、 取 引 高 に 依 存 している 間 、 侵 入 生 物 種 の 普 及 は

対 処 されることができます( 潜 在 的 に 侵 略 的 な 種 を 輸

送 できるかどうかに 関 する 規 則 、 船 のバラスト 水 がど

う 処 理 されるかなどを 通 して)。 生 息 域 変 化 と 生 物 的

な 資 源 抽 出 のために、 資 源 管 理 練 習 は 影 響 の 程 度 を 決

定 します。 多 くの 場 合 尐 なくともいくつかの 緩 和 動 作

が 利 用 可 能 です。 影 響 が 管 理 練 習 、 原 因 の 量 、および

管 理 者 がほとんどない、もしくは 全 くコントロールを

持 っていない 異 質 な 要 素 の 組 み 合 わせに 頼 っている

とき、 特 定 の 人 間 の 活 動 の 影 響 を 評 価 するのは、より

難 しいです。

2.2.2 影 響 と 圧 力 との 関 係 を 定 量 化 するのを 試 みま

す。

MA から 得 られた 洞 察 に 加 えて、 世 界 経 済 の 圧 力 の 貢

献 を 評 価 する 研 究 をしました、 放 出 や、 土 地 利 用 変 化

や 資 源 抽 出 などのように、

25

生 態 系 の 健 全 性 への 影 響 、 人 の 健 康 、および 資 源

の 有 用 性 (ヴェゲナー、Sleeswijk 他 (2008)と

Goedkoop 他 (2008)。

これらの 研 究 は 2000 年 の 間 に 総 環 境 圧 から 生 じ

る 生 態 系 健 康 への 影 響 をモデル 化 します、 同 年 に

予 想 された 圧 力 と 後 で 起 こると 予 想 されたもの

の 両 方 を 含 んでいます、 例 えば、 環 境 における、

汚 染 物 質 の 継 続 的 な 存 在 から。アプローチは 本

来 、 環 境 の 現 在 の 状 況 のため 過 去 と 現 在 の 相 対 的

な 重 要 性 を 評 価 するMAとは 異 なっています。ラ

イフサイクル 影 響 評 価 において、『 生 態 系 健 康 』

は、 一 般 的 に、 保 護 のエリアへの 損 害 の 指 標 『 種

の、 潜 在 的 に 消 えた 小 数 部 』を 通 して 評 価 されま

した。 潜 在 的 に 減 尐 された 種 の 一 部 はある 領 域 に

おいて 好 ましくない 状 況 により 発 生 しない 高 い

確 率 を 持 った 一 部 の 種 として 解 釈 されることが

できます。2000 年 に 行 われた 最 新 の 世 界 経 済 影

響 研 究 に 基 づいている、(Wegener Sleeswijk et

al. 2008)、 土 地 の 変 化 と

図 2.2 ライフサイクルアセスメントメソッドの

レシピに 基 づいて 2000 年 に、 地 球 生 態 系 の 健 康

への 影 響 と 環 境 への 圧 力 ( 潜 在 的 に 種 の 割 合 を 消

えた)の 相 対 的 な 貢 献 - 階 層 的 視 点

注 : 由 来 (Goedkoop et al. 2008; Wegener

Sleeswijk et al. 2008)。これらの 研 究 に 含 ま

れる 生 態 系 品 質 への 影 響 は 温 室 効 果 ガス、 化 学 発

光 、 土 地 占 領 、 土 地 変 化 の 放 出 に 関 するものです。

そして、 富 栄 養 状 態 にして、 放 射 物 を 酸 性 化 しま

す。

25


占 領 と 気 候 変 動 は、 生 態 系 健 康 への 影 響 の 中 で 最 も 重

要 な 決 定 因 子 であるようです( 図 2.2 を 見 てくださ

い)。 例 えば 継 続 的 な 農 業 を 通 して 土 地 占 領 は 土 地 を

修 復 することから 自 然 の 状 態 へと 維 持 し 続 けること

を 意 味 しますが、 土 地 の 変 化 は 例 えば 森 林 伐 採 や 農 地

で 覆 われることのような 土 地 の 利 用 においての 変 化

を 意 味 します。 現 在 のレポートまでで、Annex に 示

されているように、 熱 帯 林 の 変 化 、 耕 地 による 占 領 、

温 室 効 果 による 二 酸 化 炭 素 の 放 出 、 亜 酸 化 窒 素 、およ

びメタンなどは、 地 球 的 規 模 でとても 大 きな 影 響 を 与

えるように 見 えます。 本 研 究 で 考 えられていた 生 態 系

特 性 への 影 響 は 温 室 効 果 ガスや 化 学 物 質 、 土 地 の 占

領 、 土 地 の 変 化 、 富 栄 養 化 や 排 出 物 の 酸 性 化 に 関 連 し

ます。

2.3 人 の 健 康

2.3.1 観 測 への 影 響

排 出 量 は、 他 の 環 境 への 圧 力 と 人 間 の 健 康 上 の 資 源 の

競 合 の 影 響 は 多 くの 国 において、 個 人 の 関 心 の 重 要 な

分 野 です。しかし 環 境 問 題 や 人 間 の 健 康 との 間 の 関 係

は、 時 には 測 定 が 困 難 な 複 雑 なものです。

我 々の 理 解 は、ここ 数 10 年 の 科 学 の 進 歩 に、 個 々

の 危 険 要 因 に 病 気 の 負 担 を 結 ぶため、 実 質 的 に 進

化 しています(Ezzati et al. 2004b)。このセク

ションでは、 世 界 保 健 機 関 の 後 援 の 下 に’ 病 の 世

界 的 負 担 ’(GBD)の 研 究 にかなりの 程 度 に 依 存 し

ています(Ezzati et al. 2004b; Murray and Lopez

1996)。GBD 分 析 は、 死 亡 率 の 広 範 囲 で 相 当 する 評

価 と 病 気 、 怪 我 と 世 界 のすべての 地 域 の 危 険 因 子

による 健 康 の 損 失 を 提 供 しています。 病 気 の 全 体

的 な 負 担 は、 障 害 調 整 生 存 年 (DALY)、 尚 早 の 死

亡 率 のために 生 命 損 失 年 を 結 合 する 時 系 列 処 置 と

尐 しも 完 全 でない 健 康 の 状 態 で 過 ごされる 時 間 の

ために 失 われる 生 命 品 質 を 働 かせて 評 価 されま

す。 本 研 究 の 最 も 重 要 な 結 果 は、 図 2.3 に 反 映 さ

れます。

現 在 の 前 後 関 係 では、 金 利 が 病 気 の 負 担 に 環 境 危

険 要 因 の 寄 与 である 疾 病 負 担 の 総 量 ではありませ

ん。 図 2.3 は、 最 も 重 要 な 要 因 は、 環 境 されてい

ないことを 確 認 します。

図 2.3 重 要 なリスク 要 因 に 起 因 する 疾 患 のグローバル 負 担

注 : 図 2.3 は、 個 々に 考 慮 される 危 険 因 子 ごとに、 病 気 の 推 定 された 負 担 を 表 します。

これらの 危 険 は、 一 つには 他 の 危 険 を 通 して、そして、 共 同 で 他 の 危 険 で 行 います。 従

って、 危 険 因 子 のグループのための 重 荷 は、 通 常 個 々のリスクの 合 計 より 尐 ないです。

26


(Ezzati et al. 2004a). 児 童 と 母 の 重 量 不 足 、 鉄 、

亜 鉛 、およびビタミン A の 不 足 は 地 球 の 病 気

負 担 ( 図 2.3)におよそ 16% 貢 献 します。 危 険 な

性 行 為 は 最 も 重 要 な 危 険 行 動 の 要 素 であり、ほ

とんどは 喫 煙 とタバコ(4%)とアルコール

(4%)のわずかな 利 用 以 上 で、 病 気 の 負 担 に

6% 貢 献 しているエイズによるものです。 余 分

な 重 量 、および 物 質 的 な 活 動 (1.3%)の 肥 満

(2.3%)と 不 足 は、 果 実 、および 植 物 の 消 費

(1.8%)がすべての 社 会 に 影 響 する 間 先 進 国

でより 流 行 した 重 要 な 行 動 要 因 です。また、 高

血 圧 (4%)と 高 いコレステロール 値 (3%)は 栄 養

と 身 体 的 活 動 に 関 連 する 要 素 として 記 載 され

ています。

環 境 健 康 危 険 要 因 はまだ 病 気 の 世 界 的 な 負 担

に 多 大 な 貢 献 をしているといわれています。 安

全 でない 水 、 公 衆 衛 生 と 衛 生 は、3.7%を 病 気 の

世 界 的 な 負 担 に 貢 献 させます。 下 痢 による 死 亡

率 は 最 近 、 治 療 の 成 功 の 努 力 によって 低 減 され

ています。 固 形 燃 料 の 家 庭 での 使 用 から 室 内 空

気 汚 染 は 2.7%を 占 めています。 木 、 糞 、 木 炭

やまたは 暖 炉 で 使 用 されている 石 炭 などの 燃

料 は、 女 性 や 子 供 、 主 に 呼 吸 器 系 の 感 染 症 を 引

き 起 こす 物 質 の 濃 度 を 高 くします。

その 他 の 要 因 としては 鉛 暴 露 (0.9%)と 都 市 の

大 気 汚 染 (0.4%)です。 気 候 変 動 (0.4%)と

微 粒 子 (0.3%)と 発 がん 性 物 質 (0.06%)への

職 業 暴 露 は、 定 量 的 な 健 康 への 影 響 を 持 ってい

ます(Ezzati et al. 2004a)。

放 射 能 水 毒 性 物 質 から 他 の 環 境 要 因 の 健 康 リス

クは、 上 記 よりも 小 さい。

発 育 不 全 がライフスタイルによって 起 きたとい

うことは 結 論 出 され、そして、 行 動 に 関 する 要

因 は 病 気 の 世 界 的 な 負 担 への 最 も 高 い 貢 献 をし

ます。 環 境 の 要 因 はまだ 重 要 であるが、 主 に、

家 庭 で 使 われた 固 体 の 燃 料 から、 危 険 な 水 、 衛

生 設 備 、 衛 生 と 屋 内 大 気 汚 染 により 起 こされま

す。これらの 環 境 要 因 は、 主 に 高 い 死 亡 率 、 開

発 途 上 国 に 適 合 しています。 狭 義 の 環 境 要 因 が

相 対 的 に 病 気 の 世 界 的 な 負 担 への 貢 献 は 限 られ

ています( 例 えば、 有 毒 な 物 質 の 排 出 への 露 出 )。

一 つは、WHO 評 価 がはっきり 人 間 の 健 康 に 影 響

を 与 えるために 証 明 された 危 険 因 子 だけを 含 ん

でいますが、 人 はそれらの 要 因 を 怠 ることに 用

心 深 くなければなりません。 多 くの 環 境 健 康 リ

スクについては、 因 果 関 係 が 争 われた 困 難 な 結

果 への 影 響 が 大 きすぎたり 小 さすぎる 均 一 疫 学

調 査 で 検 出 され 配 布 されて、 証 明 することです。

図 2.4 人 間 の 健 康 に 生 態 系 の 変 化 の 影 響

27

27


屋 内 および 屋 外 の 空 気 の 粒 子 状 物 質 の 重 要 性 は、こ

の 20 年 の 間 重 要 な 危 険 因 子 と 認 められるだけでし

た。 新 しい 因 果 関 係 は 証 明 されるかもしれません。

私 たちの 環 境 貢 献 の 絵 は 病 気 の 人 のために 変 えてい

くべきです。

いくつかの 疾 病 の 仕 事 の 世 界 的 負 担 での 環 境 影 響 間

の 重 複 の 健 康 はミレニアム 生 態 系 評 価 で 評 価 に 影 響

ありません。MA は、 環 境 や 人 間 の 幸 福 との 間 の 接 続

の 広 い 視 野 を 持 っています(Corvalan et al. 2005)。

直 接 健 康 への 影 響 の 下 では、 汚 染 や 気 候 変 動 の 影 響

だけでなく、 洪 水 、 熱 波 、 水 の 不 足 やその 他 の 自 然

災 害 が 含 まれています。 生 態 系 の 媒 介 者 の 健 康 への

影 響 の 下 では、 伝 染 病 の 危 険 が 減 尐 し、 食 品 の 収 率

と 審 美 的 あるいは 文 化 的 な 貧 困 の 影 響 の 変 化 に 対 応

しています。これは、 生 態 系 の 変 化 が 再 び 人 々の 生

活 、 紛 争 や 災 害 の 損 失 のための 変 位 につながる 生 態

系 サービスの 損 失 につながると 指 摘 しています。こ

れらの 問 題 のいくつかは 2030 年 までの 気 候 変 動 から

これらの 疾 患 の 負 担 の 大 幅 な 増 加 が 予 想 を 示 して

GBD の 作 業 の 気 候 変 動 のセクションで 検 討 されてい

ます(McMichael et al. 2004)。また、その 一 方 で

MA が、 影 響 の 変 化 をカバーするこれらの 影 響 を 定 量

化 しない 务 化 、 湿 地 と 生 物 多 様 性 の 損 失 や 土 地 を 上

陸 させるために 含 まれています。 MA はこのように

GBD を 作 業 における 貧 困 と 低 開 発 の 効 果 として 定 量

化 される 生 態 系 の 変 化 、 特 に 利 用 の 変 化 、 気 候 変 動

と 水 の 不 足 に 着 陸 から 生 じる 可 能 性 のある 人 間 の 健

康 への 影 響 の 指 標 として 提 供 しています。

研 究 はまた、 狭 い 意 味 での 環 境 への 圧 力 のために 健

康 への 影 響 に 焦 点 を 当 てる 行 動 、 生 活 スタイル、 水

や 衛 生 、 室 内 空 気 汚 染 などの 清 掃 へのアクセスの 欠

如 の 健 康 への 影 響 に 対 処 していません。

2000 年 にストレッサーの 影 響 を 評 価 して 行 われる

最 近 のグローバル 経 済 影 響 研 究 に 基 づいて、 一 次 お

よび 二 次 エアゾールに 起 因 する 気 候 変 動 と 呼 吸 影

響 は、 将 来 潜 在 的 人 間 の 健 康 影 響 を 含 んで、 人 間 の

健 康 影 響 の 大 部 分 の 重 要 な 決 定 要 素 であるように

思 えます。(WegenarSleeswijk ら 2008)。 附 属 書 に

示 すように、 私 は 本 報 告 書 には、これらの 影 響 に 関

連 する 主 要 な 排 出 量 は 二 酸 化 炭 素 、 亜 酸 化 窒 素 、メ

タン、 微 細 な 粒 子 状 物 質 (ホコリ)、 窒 素 酸 化 物 、

二 酸 化 硫 黄 、アンモニアです。 人 間 の 健 康 への 影 響

は、 温 室 効 果 ガス、 優 先 度 の 大 気 汚 染 、 化 学 物 質 の

排 出 量 、オゾン 量 、 放 射 性 排 出 量 をオゾンの 排 出 量

に 関 連 して 含 まれています。これらの 要 因 は GBD

の 研 究 で 特 定 されるように 相 当 します。Goedkoop

などのグローバルな 経 済 研 究 において 使 われる 単

位 に 注 意 してください (2008) WHO により 実 行 され

た GBD 研 究 の 中 の 同 じという DALYs でもあります。

図 2.5 世 界 的 な 健 康 への 影 響 、 環 境 圧 の 相 対 的 な

貢 献 ( 障 害 調 整 生 命 年 )(2000)、ライフサイクル

の 影 響 メソッドのレシピに 基 づいて - 階 層 的 視 点

2.3.2 影 響 と 圧 力 の 関 係 を 定 量 化 する

GBD と MA から 得 られた 洞 察 に 加 えて 放 出 などのよう

に、 人 の 健 康 への 影 響 貢 献 や、 世 界 経 済 の 環 境 圧 を

格 付 けする 研 究 が 行 われている。 (Goedkoop et al.

2008; Wegener Sleeswijk et al. 2008)。これらの

研 究 は、2000 年 の 総 圧 による 累 積 的 影 響 を 評 価 しま

す。 結 果 は 時 間 をかけて 世 界 全 体 の 排 出 量 の 人 間 の

健 康 への 影 響 の 指 標 として 解 釈 されるべきです。こ

のアプローチは、 本 質 的 に WHO の GBD を、 現 時 点 で

現 在 と 過 去 の 圧 力 の 重 要 性 を 評 価 する MA とは 異 なっ

ています。

28

注 :これらの 研 究 に 含 まれる 人 間 の 健 康 影 響

は、 温 室 効 果 ガス、 優 先 順 位 空 気 汚 染 物 質 、 化

学 発 光 、オゾンを 減 尐 させている 放 出 と 放 射 性

放 射 物 の 放 出 に 関 するものです。

28


2.4 資 源 の 提 供 能 力

2.4.1 はじめに

有 限 の 惑 星 では、 食 料 、 水 、エネルギー、 土 地 や 資

材 の 供 給 は 制 限 されていて、それは 利 用 と 利 用 者 の

間 に 競 争 を 生 み 出 します。 環 境 資 源 は、2 つの 幅 広

い 分 野 に 分 けることができます: 生 活 ( 生 命 )と 非

生 活 ( 非 生 物 的 )。 水 はまた、しばしば 自 身 の 権 利

の 資 源 分 野 と 見 られていますが、 水 は、 非 生 物 資 源

の 分 野 に 含 めることができます。(Hoekstra と

Chapagan、2008 WegenarSleeswijk ら、2008;。

Goedkoop ら、2008;。Pfister ら 2009)。

(WegenarSleeswijk ら、2008 年 Goedkoop ら、2008)。

お 互 いに、その 非 生 物 環 境 との 相 互 作 用 、 植 物 、 動

物 、 微 生 物 のコレクション: 農 作 物 、 木 材 や 魚 など

の 生 物 資 源 は、 生 態 系 の 一 部 です。 設 備 または 動 物

の 種 は、それが 見 つかる 生 態 系 と 独 立 して 存 在 しま

せん。それゆえに、 生 きた 資 源 を 管 理 する 大 部 分 の

取 り 組 みは、ますます 全 生 態 系 を 考 慮 しています。

残 らない 資 源 は、 水 、 鉱 物 、 日 光 、 風 、および 適 切

に 管 理 される( 例 えば 水 ) 時 に 更 新 できるかもしれ

ないが、 本 質 的 に 更 新 できる( 例 えば、 太 陽 からの

エネルギー)か、リサイクルされる(いくつかの 鉱

物 など)か、または 更 新 できず、 再 利 用 できない 他

のシステムを 含 みます(それらが 使 われると 燃 やさ

れる 化 石 燃 料 など)。 資 源 不 足 および 環 境 影 響 は、

これらのタイプの 資 源 のうち、それぞれに 多 尐 違 っ

たように 影 響 をあたえることができます。

資 源 不 足 と 競 争 は 常 に 真 の 環 境 負 荷 としては 見 ら

れていません。しかし、 世 界 経 済 は、 環 境 から 抽

出 された 資 源 の 入 力 に 依 存 していることは 明 らか

です。BOX2 1 は、 持 続 可 能 な 資 源 管 理 の 話 題 と、

資 源 についてのレポートの 部 門 が 持 続 可 能 な 資 源

管 理 で、 以 下 のセクションはより 多 く 議 論 します。

セクション 2.4.2 で 議 論 された 抗 生 の 資 源 、およ

びセクション 2.4.3 で 議 論 された 生 命 に 関 した 資

源 によって 資 源 の 両 方 のタイプの 枯 渇 と 不 足 の 関

連 性 を 詳 説 します。 水 使 用 と 土 地 利 用 はさらに 詳

細 に 議 論 されません。 多 くの 研 究 が(water, see

e.g. Hoekstra and Chapagain, 2008)ここで、 資

源 の 可 用 性 の 問 題 が 既 に 存 在 していることを 明 ら

かにしました(land; see e.g. UNEP, 2009)。

2.4.2 非 生 物 資 源

化 石 エネルギー 資 源 、 金 属 、 非 金 属 鉱 物 などの 非

生 物 資 源 は 自 分 で 生 成 することはできません。し

たがって、よく 非 再 生 可 能 な 資 源 と 呼 ばれていま

す。これらの 資 源 およびその 使 用 方 法 をめぐる 競

争 の 潜 在 的 な 不 足 は、 一 世 紀 以 上 の 論 争 を 引 き 起

こしています。これらの 資 源 への 容 易 なアクセス

が 頻 繁 に 経 済 発 展 のための 前 提 条 件 と 見 られてい

ます。 資 源 有 効 性 に 対 する 基 本 的 な 懸 念 は、 人 類

が 限 られた 資 源 に 依 存 しているということです。

この 懸 念 自 身 はいくつかの 要 因 に 基 づきます。 第

一 に、 素 材 はそれらの 消 費 の 結 果 として 人 により

使 い 果 たされます。

BOX1 から 2 持 続 可 能 な 資 源 管 理 の 他 の 作 品 で、このセクションの 関 係

資 源 不 足 と 競 争 の 問 題 は、 資 源 パネルの 基 本 的 な 重 要 性 は 目 立 つように 資 源 パネルを 設 立 する

過 程 で 言 及 されました。これは、 製 品 と 資 源 パネルの 代 わりに 非 生 物 的 資 源 の 問 題 に 対 処 する

ために 材 料 の 環 境 影 響 に 関 する 作 業 部 会 の 主 な 作 業 ではありません。むしろ、 資 源 パネル 自 体

がより 詳 細 に 金 属 不 足 を 見 て、これらの 問 題 や 金 属 の 作 業 部 会 に 対 処 する 必 要 があります。 製

品 と 材 料 の 環 境 影 響 上 の 作 業 部 会 は、これらの 問 題 の 用 心 深 く 予 備 議 論 を 提 示 します。また、

調 査 は、 基 準 として 資 源 不 足 を 含 んでいる 製 品 および 材 料 の 環 境 アセスメントを 公 表 しました。

私 たちはこの 不 足 を 評 価 するために 使 用 されるそれぞれの 展 望 あるいは 方 法 を 支 持 せずにそう

29

します。

29


化 石 燃 料 は 酸 化 し、 従 ってエネルギー 内 容 を 奪 わ

れます。 燐 ・ 他 の 材 料 はそれらの 使 用 の 間 に 分 散

します。これは、 原 子 が 惑 星 の 表 面 から 失 われて

いるが、その( 例 えば 海 洋 の 燐 ) 希 薄 になるか、

その 化 学 形 態 を 変 更 するそれらはもはや、 必 要 な

機 能 を 果 たすことができるようにされていませ

ん。

第 二 に、 私 たちが 使 用 中 か、またはアクセスの 内

の 資 源 を 保 つための 管 理 の 場 合 でも、 資 源 の 量 が

利 用 可 能 であり、ますます 豊 かな 成 長 社 会

(Andersson and Råde 2002)の 潜 在 的 な 需 要 に 比

べて 制 限 されています。この 懸 念 は、 主 に 触 媒 と

して、 宝 飾 品 で 使 用 される 白 金 族 金 属 のような' 特

殊 金 属 '、いくつかの 希 土 類 金 属 、 銅 、 亜 鉛 などの

卑 金 属 に 関 連 します。

第 三 に、 鉱 物 及 び 化 石 燃 料 の 地 理 的 分 布 ( 長 坂 ら

2008 年 )は 非 常 に 均 一 ではありません。 資 源 への

アクセスは、したがって、 政 治 的 に 敏 感 であり、

供 給 の 安 全 が 懸 念 されます。

一 般 的 には 、 物 理 資 源 の 可 能 性 は、 人 口 自 体

(Malthus 1798)の 両 面 で、 人 間 の 物 質 的 な 所 有

物 とその 売 上 高 の 面 では、 人 間 活 動 の 物 理 的 な 規

模 を 制 限 されています。

あるいは、 優 秀 な 鉱 石 重 要 な 懸 念 の 理 由 と 工 業 生 産

の 将 来 の 崩 壊 の シ ナ リ オ で す ( Jevons 1965;

Deffeyes 2001)。

そのような 懸 念 が、すべてによって 共 有 されるとい

うわけではありません。 経 済 学 者 (『 不 十 分 な 資 源

の 配 置 』のアカデミックな 専 門 家 )は、 不 足 が 我 々

の 社 会 に 基 本 的 な 問 題 を 提 示 しないで、 予 見 できる

将 来 のためにそうすることになっていないと 主 に

主 張 しました(Barnett and Morse 1963; Smith

1979; Simpson et al. 2005)。 理 論 的 な 原 則 で、 経

済 学 者 は 不 足 がより 高 い 価 格 に 現 れると 主 張 しま

した。そして、 経 済 は 不 十 分 な 資 源 の 尐 ないものを

使 用 して、より 大 量 の 資 源 に 代 理 をすることによっ

て 反 応 します。 不 足 は 革 新 の 原 因 とみなされること

ができます。そして、より 効 率 的 に(Ayres 2002)

不 十 分 な 資 源 を 使 用 するテクノロジー( 組 織 的 形 )

の 開 発 に 至 ります。

経 験 的 に、 経 済 学 者 は 資 源 の 本 当 の 価 格 を 分 析 し

て、その 減 尐 の 不 足 がないことを 時 間 とともに 意 味

すると 主 張 しました(Barnett and Morse 1963;

Krautkraemer 2005)。 不 足 があるならば、 不 足 使 用

料 が 資 源 を 地 面 に 置 いておくか、それらを 引 き 抜 く

ことに 無 関 源 のオーナーのために 金 利 で 増 加 しな

ければならないので、それは 資 源 の 増 加 している 価

格 になるでしょう。

我 2050 々が 年 化 ま石 でに 燃 料 のような 再 生 不 能 資 源 保 証 金 を 使

っているという 現 在 の 米 国 レベ事 実 (Jevons 1965;Deffeyes 2001)

ルと 等 しい 一 人

当 たりの 銅 のス

トックを 全 体 の

世 界 人 口 に 提 供

するのに 必 要 で

あ る 銅 の 総 量

は、2050 年

(1,600Tg) まで

に 映 し 出 された

銅 の 資 源 発 見 と

ほぼ 同 じくらい

になるように 計

算 されます。

30

30


不 足 使 用 料 は、 資 源 の 所 有 者 が 資 源 をグラウンドに Gordon et al。 (2007)また、 銅 の 生 産 設 備 の 技

保 持 する、またはそれらを 取 り 出 すことに 無 関 心 で 術 的 な 効 率 性 は、 銅 の 生 産 技 術 の 進 歩 のための 減 尐

あるように 利 率 で 増 大 するべきです(Hotelling の 機 会 を 示 す 熱 力 学 的 限 界 に 近 づいていることを

1931)。 資 源 の 希 尐 性 に 関 する 情 報 は、 資 源 が 示 しています。さらに、 彼 らは 水 の 使 用 、エネルギ

(Norgaard 1995) 不 足 していたかどうかをこれら ー 需 要 の 面 で 生 産 コスト、 汚 染 処 理 鉱 石 の 量 に 比 例

の 俳 優 たちが 知 っているならば 市 場 の 関 係 者 の 行 して 増 加 を 指 しています。 技 術 的 に 可 能 であれば、

動 から 推 測 されるいくつかは、Barnett の 引 数 と 円 低 品 位 鉱 を 希 望 使 用 してほとんど 許 容 されます。

形 の Morse を 見 ることができます。また、ほとんど

の 資 源 については、 希 尐 性 の 賃 料 は 時 間 の 経 過 とと 従 来 の 石 油 と 天 然 ガスの 埋 蔵 量 が 限 られれば 広 く

もに 物 価 動 向 は、おそらく 生 産 コスト 賃 (Norgaard 受 け 入 れられて 格 納 され 化 石 エネルギーの 総 量 は

and Leu 1986) 以 上 を 反 映 するように、 抽 出 処 理 の 膨 大 であり、 技 術 の 進 歩 はそのアクセスの 詳 細 にな

コストに 比 べて 小 さいです。 現 在 の 市 場 価 格 は、 証 ります。 気 候 懸 念 は 我 々がこのエネルギーの 多 くを

明 書 または 将 来 の 希 尐 性 の 反 証 として 使 用 するこ 利 用 するのを 防 ぐか、 我 々に 結 果 として 生 じる 二 酸

とはできません。

化 炭 素 を 地 下 で(IPCC 2005) 捕 獲 して、 保 存 する

ために 高 価 なテクノロジーを 使 用 することを 強 制

鉱 石 は、 現 在 の 株 式 や 廃 棄 物 (Gordon et al. 2006) します。 土 地 と 水 の 上 のより 高 価 なエネルギーと 競

に 存 在 するように 資 源 の 制 限 の 関 連 、 物 議 の 議 論 の 争 は、 鉱 物 (Skinner 1979)を 採 掘 して、 加 工 して、

一 例 としては、 銅 の 分 析 によって 引 き 起 こされまし リサイクルする 我 々の 能 力 を 制 限 します。Simpson

た。この 分 析 は、 米 国 の 銅 の 現 在 使 用 中 の 在 庫 を 調 et al。(2005)は 資 源 アクセス『タイプ II』 資 源

べました。これは、 全 体 に 世 界 人 口 を 提 供 するため 不 足 へのこの 制 限 を 呼 びました。そして、『タイプ

に 必 要 とされる 銅 の 合 計 金 額 を 計 算 するための 基 I』 資 源 不 足 を 悪 化 させる 汚 染 吸 収 能 力 の 不 足 を 反

礎 として 使 用 されて 人 当 り 銅 在 庫 は 2050 年 までに 映 しました、 – 鉱 物 と 化 石 燃 料 の 限 られた 入 手 可

現 在 の 米 国 のレベルに 等 しいです。その 結 果 、 銅 の 能 性 があります。

要 件 は、1700 テラグラム(Tg; 万 トンに 相 当 )、2050

年 (1,600 Tg)が 発 見 投 影 銅 資 源 とほぼ 同 じでした。 UNEP のために、 日 本 で 材 料 科 学 のための 国 立 研 究

所 が 発 表 された 研 究 は、(Nagasaka et al. 2008)

Tilton and Lagos(2007)は、 地 球 の 地 殻 が『 巨 大 金 属 の 世 界 的 な 流 れと 燐 などの 他 の 化 合 物 の 数 を

な 量 の 銅 』を 含 み、 下 の 品 質 銅 が、 価 格 増 加 および まとめたものです。 現 在 の 需 要 と 供 給 の 地 理 的 分 布

改 善 されたテクノロジーが、 採 掘 、 機 械 にかけるこ は 対 比 されます。 多 くの 鉱 物 のために、3 つの 最 も

と、および 溶 解 のコストを 下 げることとして 取 り 出 大 きい 生 産 国 は、 世 界 的 な 生 産 の 50%より 多 くを 採

すためにより 経 済 的 になると 主 張 します。 見 積 もら 掘 します。 不 足 は、 現 在 の 年 間 抽 出 率 による 埋 蔵 量

れている 準 備 サイズでの 一 定 の 調 整 により 技 術 進 の 見 積 もりを 分 割 することによって 静 的 な 資 源 の

歩 の 役 割 が 示 されます。それらの 反 応 , Gordon et 枯 渇 の 時 間 に 基 づいて 予 測 されます。 埋 蔵 量 は、 今

al.(2007 年 )。より 高 い 集 中 で 利 用 できるごくわ 日 の 価 格 で、および 今 日 の 技 術 でアクセス 可 能 な 地

ずかな 全 金 属 だけで、 鉱 石 等 級 の 仮 定 された 二 峰 性 の 資 源 の 既 知 量 です。 埋 蔵 量 は、 資 源 や 資 源 のベー

配 布 の 一 般 の 承 認 を 示 しています。それは 一 般 的 スも 利 益 与 え、 今 日 の 技 術 を 抽 出 することができな

に、いわゆる 鉱 物 障 壁 は 簡 単 にアクセスできる 鉱 物 い 資 料 が 含 まれていますが、まだ 発 見 されていない

の 形 で 高 濃 度 かつ 尐 量 の、より 強 固 に 結 合 している 堆 積 物 中 に 存 在 すると 推 定 アクセス 量 が 含 まれて

鉱 物 の 形 の 低 濃 度 で 金 属 の 量 が 増 加 (Skinner 1979) います。Buchert et al。(2008) 4 つの 具 体 的 なア

分 離 と 考 えられています。

プリケーションのための 別 の UNEP 研 究 金 属 の 評

論 :

31

31


電 子 工 学 は、PV - 太 陽 電 池 、 電 池 、 触 媒 です。そ

れらは 達 成 機 能 のための 重 要 な 金 属 を 特 定 しま

す。

これは、データ 品 質 、 情 報 、 鉱 業 低 品 質 の 鉄 鉱 石

の 等 級 に 対 する 障 壁 の 可 用 性 などの 問 題 に 対 処

する 研 究 、これらの 研 究 はいずれも 準 備 や 材 料 の

資 源 で 入 手 可 能 な 情 報 を 評 価 することを 強 調 す

る 必 要 があります。 誰 も 材 料 を 探 しさえしなかっ

たので、あるいは、 我 々は 材 料 が 本 当 に 尽 きてい

るので、 蓄 えがそれほど 尐 ないかどうかは、 明 白

でありません。また、 材 料 の 将 来 の 使 用 に 関 する

実 質 的 な 不 確 実 性 があります。 不 足 が 予 測 される

素 材 は、 高 い 機 能 的 な 重 要 性 の 主 として 低 容 量 素

材 があります。 両 方 の 将 来 の 需 要 や 潜 在 的 な 他 の

用 途 を 投 写 することは 困 難 です。それにもかかわ

らず、ミネラル 不 足 が 深 刻 な 問 題 であることは 明

らかである。しかし、 既 知 の 準 備 が 不 確 実 な 需 要

予 測 将 来 の 用 途 のために 十 分 でないかもしれま

せん。したがって、 非 常 に 異 なる 鉱 物 の 資 源 の 制

限 や 産 業 活 動 と 人 間 の 幸 福 のためのこれらの 制

限 の 潜 在 的 な 影 響 の 理 解 を 得 ることが 重 要 です。

様 々な 環 境 影 響 評 価 手 法 は、 資 源 の 不 足 を 評 価 する

ために 開 発 されています。これらは、 減 らされた 品

位 のため 株 比 率 、 静 的 な 枯 渇 時 間 、エクセルギー 消

費 、または 未 来 の 生 産 のための 追 加 のエネルギー 要

件 、またはコストに 基 づきます。これらの 方 法 のい

ずれも、 現 在 または 将 来 の 使 用 、 製 品 設 計 やリサイ

クル 技 術 、または 全 体 の 鉄 鉱 石 の 濃 度 分 布 とリサイ

クルのしやすさ、( 重 要 な 用 途 のための 代 替 が 知 ら

れているかどうか)を 考 慮 して 金 属 の 本 質 を 取 りま

す。

Wegener Sleeswijk et al などにより 実 行 されるよ

うなグローバルな 経 済 のライフサイクル 影 響 研 究

(2008) and Goedkoop et al. (2008)、それにおい

て 化 石 の 枯 渇 が 燃 料 を 補 給 する2 段 階 アプローチ

を 取 り、 鉱 物 は 別 々に 評 価 されます。わずかに 低 い

鉱 石 品 位 による 金 属 のユニットの 抽 出 がはっきり

していない 今 後 の 抽 出 の 別 途 費 用 は、 資 源 抽 出 率 に

重 みを 加 えるための 基 礎 です。 原 油 や 天 然 ガスの 枯

渇 はより 多 くの 石 炭 の 枯 渇 よりも 深 刻 であると 図

2.6 を 見 てもらえばわかります。 金 属 は、プラチナ、

金 、ロジウムの 枯 渇 が、ほとんどすべての 不 足 を 引

き 起 こすことが 評 価 されます。 2 つは 結 合 されて

いる 場 合 、 化 石 燃 料 の 不 足 は、はるかに 深 刻 な 金 属

不 足 よりも 評 価 されています。

図 2.6 相 対 的 な 寄 与 ライフサイクル 影 響 方 法 のレシピに 基 づいて 中 間 レベルでの 資 源 領 域 が 2000

年 に 世 界 の 資 源 不 足 の 影 響 - 階 層 的 視 点

注 : 値 は、 化 石 エネルギーのキャリアオイル、ガス、 32 最 も 不 足 していること、および 金 属 プ

ラチナ、 金 、ロジウム、 最 も 不 足 している 勧 め

32


ミレニアム 生 態

系 評 価 は、 生 物

多 様 性 の 最 も 重

要 な 圧 力 の 一 つ

として、 生 物 資

源 の 乱 獲 を 確 認

しています。 海

洋 環 境 と 熱 帯 草

原 やサバンナの

乱 獲 が 特 に 深 刻

な 影 響 を 引 き 起

こします。

2.4.3 生 物 資 源

自 然 からの 生 物 資 源 領 域 内 の 主 要 な 構 成 要 素

は、 魚 、ゲーム、 森 林 バイオマスと 牧 草 地 の

バイオマスです。ミレニアム 生 態 系 評 価 は、

生 物 多 様 性 の 最 も 重 要 な 圧 力 の 一 つとしてこ

れらの 資 源 の 乱 獲 を 特 定 しています(Mooney

et al. 2005)。 海 洋 環 境 と 熱 帯 草 原 やサバン

ナの 乱 獲 が 特 に 深 刻 な 影 響 を 引 き 起 こしま

す。

重 要 な 問 題 は、 資 源 の 再 生 産 を 危 険 にさらして、

持 続 可 能 なレベル 以 上 の 収 穫 です。これらの 資 源

は 再 生 されていますが、 一 度 、 枯 渇 または 絶 滅 す

ると 永 遠 に 失 われます。 多 くの 魚 種 のために、 人

口 は 減 尐 しました、そして、 収 穫 は 消 えました。

また、これは 特 に、いくつかの 樹 種 、いくつかの

成 長 の 遅 い 広 葉 樹 についても 同 じです。 一 定 の 木

種 の 魚 株 と 収 穫 完 了 のより 一 層 の 枯 渇 を 避 ける

ために、 私 達 は、 養 魚 場 および 管 理 された 生 産 森

林 への 傾 向 を 見 ることができます。

熱 帯 林 や 沿 岸 地 域 の 開 発 はかなり 増 加 してい

ます。 山 林 学 を 拡 張 し、 牧 場 と、さらに 生 息 種 内 の 多 様 性 は、 通 常 、 遺 伝 的 多 様 性 は、 対 立 遺

地 変 更 を 引 き 起 こします。それは 土 地 に 基 づ 伝 子 の 多 様 性 と 対 立 遺 伝 子 の 組 み 合 わせ( 遺 伝 子

いた 生 態 系 に 対 する 最 も 重 大 な 圧 力 です。 生 型 )、その 種 での 発 見 を 参 照 して 遺 伝 子 レベルで

物 資 源 は、 資 源 の 唯 一 の 特 定 のフローが 利 用 測 定 されます。この 遺 伝 的 多 様 性 は、 新 しい 病 気 、

可 能 です。つまりこの 流 れは 潜 在 的 な 用 途 の 気 候 変 動 に 至 るまでの 状 況 変 化 に 適 応 する 種 を

間 で 分 割 する 必 要 がありフロー 制 限 されてい 可 能 にする 進 化 の 原 料 を 提 供 しています。それら

ます。これらの 用 途 には、 捕 食 種 の 食 品 の 空 は 農 薬 や 抗 生 物 質 に 耐 性 を 開 発 することができ

室 状 況 を、 例 えば、 自 然 の 保 全 が 含 まれてい るように 害 虫 の 遺 伝 的 多 様 性 は、 問 題 になりま

ます。

す。 個 体 数 が 減 尐 すると 多 くの 種 は、おそらく、

資 源 採 取 の 影 響 は、 健 康 、 生 態 系 、これらに 遺 伝 的 多 様 性 を 失 っています。そして 状 況 を 変 え

限 定 されないため、 生 物 資 源 は、 別 の 領 域 と ることに 適 応 のチャンスを 失 っています。しか

してここに 記 載 されています。むしろ、 資 源 し、 歴 史 的 、 遺 伝 的 多 様 性 は、 魅 力 的 な 特 性 を 有

の 競 合 は、 生 物 資 源 の 重 要 な 課 題 ですが、 尐 していた 種 を 飼 い 慣 らそうとしていた 人 間 に 有

なくともそれらは 人 類 全 体 の 人 口 に 食 料 源 と 益 された 特 性 を 持 ついくつかの 種 を 提 供 しまし

して 不 可 欠 であるためです。

た。

33


栽 培 植 物 や 今 日 の 動 物 は、 特 定 のローカルの 生 息 地

にそれらを 適 応 特 性 として 持 つ 遺 伝 子 を 選 択 して

私 たちの 遠 い 祖 先 で 遺 伝 子 の 選 択 に 基 づいていま

す。

最 近 では、 農 業 や 林 業 への 新 たなアプローチは、 新

しい 遺 伝 的 課 題 を 提 起 しました。 高 生 産 品 種 の 在 来

種 、 数 千 万 ではなく、 厳 選 された'エリート' 株 はこ

れらの 品 種 の 高 い 化 学 肥 料 や( 生 態 系 への 有 害 な 副

作 用 があるかもしれません) 農 薬 依 存 の 多 くは、 比

較 的 大 きな 範 囲 をカバーしています。インドでは、

たとえば、 米 の 42000 種 類 以 上 前 に 緑 の 革 命 に 成 長

していましたが、 今 は、ほんの 数 百 品 種 が 栽 培 され

ています。

種 内 の 遺 伝 的 多 様 性 は、 減 尐 すると 思 われると 同 時

に、 多 種 多 様 な 種 を 維 持 するために、 均 一 な 遺 伝 子

銀 行 が 奮 闘 すると 同 時 に、 新 しいテクノロジーは、

すっかり 無 関 係 な 種 からの 遺 伝 子 が 目 標 種 のゲノ

ムに 人 工 的 に 挿 入 されることを 可 能 にします。 例 え

ば 塩 沢 で 成 長 している 草 からの 遺 伝 子 は、 塩 水 湖 潅

漑 水 を 許 容 していることができるかもしれないさ

まざまな 米 を 産 出 して 米 ゲノムに 挿 入 できます。ま

た、 可 能 な 遺 伝 子 の 転 送 は、 魚 の 遺 伝 子 を 可 能 にし、

さらに 移 動 し、 例 えば、 植 物 に 挿 入 されます。この

ような 遺 伝 的 転 送 が 作 業 に 関 与 している 科 学 者 も

含 め、 多 くの 人 に 邪 魔 されます。

農 業 や 林 業 、 拡 大 した 人 口 、ますます 洗 練 されたバ

イオテクノロジーの 需 要 拡 大 に 伴 い、 遺 伝 的 多 様 性

は、 予 測 不 可 能 な 将 来 に 直 面 しています。 撮 影 方 針

の 決 定 をする 部 分 的 でしか 科 学 によって 影 響 を 受

けない 可 能 性 があります。

地 球 上 の 生 物 資 源 は 太 陽 エネルギーが 光 合 成 によ

って 化 学 エネルギーに 変 換 され、 一 次 生 産 に 遡 るこ

とができます。 呼 吸 の 後 に 光 合 成 によって 生 産 され

るエネルギーの 量 に 使 用 される 指 標 である 純 一 次

生 産 量 は(NPP)、 人 間 によって 抽 出 された 生 物 資

源 を 定 量 化 するための 便 利 なツールです。

世 界 の 年 間 地 上 原 子 力 発 電 所 は 56 と 推 定 される -

66 Pg の C を(1015 グラム= 億 トン)1 年 間 、およ

び 原 子 力 発 電 所 の 人 間 の 処 分 が 15.6 Pg の C / 年 (ハ

ーベルルら 2007 年 )と 推 定 される。 人 間 が 充 当 主

な 項 目 は、バイオマス 放 牧 など。

(1.92 Pg の C / 年 、 世 界 の 原 子 力 発 電 所 の 予 測 の

上 限 の 2.9%に 相 当 する)、 収 穫 主 作 物 (1.72 Pg

の C / 年 、2.6%)、 収 穫 作 物 残 渣 (1.47 Pg の C /

年 、2.2%)、 人 間 誘 導 される 火 災 (1.21 Pg の C /

年 、1.8%)、 木 材 吸 収 (0.97 Pg の C / 年 、1.5%)。

要 約 すると、 食 品 、 飼 料 の 製 造 と 繊 維 は、 地 上 生 物

資 源 抽 出 の 主 な 原 因 が 考 えられます。

水 生 生 物 生 産

量 の 70% 以 上

は、 人 間 の 直 接

的 な 消 費 のた

めに 使 用 され、

残 りは 魚 油 と

魚 粉 に 使 用 さ

れます。 要 約 す

ると、 食 品 、 飼

料 、 石 油 の 用 途

は 水 生 生 物 資

源 抽 出 の 主 な

原 因 です。

34

34


海 が 合 計 水 生 原 子 力 発 電 所 (De Vooys 1997)の 約 95%

を 占 めています。 合 計 水 生 原 子 力 発 電 所 は 45.8 から

48.5 Pg の 総 務 (De Vooys 1997) 前 後 になると 推 定 さ

れています。 水 のシステムからの 現 在 のグローバルな

生 産 は、 魚 および 水 のプラントの 捕 獲 物 と 養 殖 を 含 む

約 1 億 6000 万 トンです(Brander, 2007)。 捕 獲 と 水

産 養 殖 の 漁 業 のうち、68%は 水 産 養 殖 から、 捕 獲 漁 業

および 残 りの 32%から 来 ます(Brander 2007)。 水 生 生

物 生 産 量 の 70% 以 上 は、 人 間 の 直 接 的 な 消 費 のために

使 用 され、 残 りは 魚 油 と 魚 粉 に 使 用 されます。 要 約 す

ると、 食 品 、 飼 料 、 石 油 の 用 途 は 水 生 生 物 資 源 抽 出 の

主 な 原 因 が 考 えられます。

2.5 要 約 と 結 論

この 章 は、このレポートが 答 えたい 最 初 の 鍵 となる 問

題 に 集 中 しました:どの 鍵 となる 環 境 および 資 源 圧 力

が、 製 品 と 材 料 の 優 先 順 位 で 考 慮 される 必 要 がありま

すか? 生 態 系 の 健 全 性 、 人 間 の 健 康 や 資 源 の 可 能 性 、

私 たちは 保 護 の 3 つの 分 野 に 係 る 影 響 を 洞 察 しこの 質

問 に 答 えます。 質 問 は 広 範 な 文 献 評 論 によって 答 えら

れました。 重 要 な 結 論 は:

・ 生 態 系 の 健 康 のために、ミレニアム• 生 態 系 評 価

(MA)が 信 頼 できると 考 えられています。MA で 識

別 される 優 先 環 境 への 圧 力 があります:

- 気 候 変 動

- 生 物 資 源 の 乱 獲 - 魚 や 森 林 などの

- 窒 素 および 汚 染 - リン

- 生 息 地 の 変 化 ( 中 で 他 の - 関 係 利 用 の 変 化 を

上 陸 させる)

- 侵 入 生 物 種

ヒトの 健 康 について、 疾 患 評 価 の WHO の 負 担 は、 権 限

があると 見 なされます。 病 気 の 負 担 に 最 も 重 要 な 環 境

貢 献 が 安 全 な 飲 料 水 、 衛 生 、 固 形 燃 料 の 家 庭 用 燃 焼 の

欠 如 、 主 に 発 展 途 上 国 で 関 連 しています。 狭 い 意 味 で

の 環 境 要 因 がそれほど 重 要 な 役 割 を 果 たしますが、 有

害 物 質 ( 都 市 の 大 気 汚 染 を 引 き 起 こす)、 気 候 変 動 、

35

および 職 業 被 曝 の 排 出 量 はまだ 病 気 の 負 担 が 今

日 までに 1%をそれぞれ 最 大 貢 献 しています。

・ 資 源 の 可 能 性 については、 正 式 な 評 価 が 不 足

しています。 学 究 的 な 文 学 は、それが 根 本 的 な

問 題 を 示 すか、 市 場 により 容 易 に 解 決 されるか

に 食 い 違 っています。しかし、 需 要 投 影 は、い

くつかの 抗 生 の 資 源 (いくつかの 金 属 とオイル

とガス)の 消 費 によって 現 在 の 世 紀 以 内 に 入 手

可 能 な 準 備 が 尽 きることを 示 します。 生 命 に 関

した 資 源 過 剰 開 発 のために 漁 場 について 資 源 株

の 崩 壊 を 特 にもたらしていました。また、 土 地

をめぐる 競 争 は、 世 界 の 様 々な 部 分 の 淡 水 資 源

の 明 確 な 過 剰 搾 取 が 深 刻 な 問 題 です。 資 源 の 入

手 可 能 性 と 品 質 および 不 足 の 経 済 の 効 果 のより

よいデータと 分 析 に 至 急 の 必 要 性 があります。

それら 1 つまたは 保 護 地 区 の 生 態 系 の 健 全 性 、

人 間 の 健 康 および 資 源 の 詳 細 に 影 響 を 与 えるの

で、これらの 知 見 は、 次 の 圧 力 および 影 響 は、

この 報 告 書 の 残 りの 部 分 で 考 慮 されるべきであ

ることを 強 く 示 唆 します:

・ 排 出 量 による 影 響

- ( 温 室 効 果 によって 引 き 起 こされる -

ガス(GHG)の 排 出 量 ) 気 候 変 動 ;

- 富 栄 養 化 ( 肥 料 の 投 与 - 窒 素 とリン 汚 染

による);

- 人 間 と 発 生 生 態 毒 性 効 果 - 都 市 地 域 の

大 気 汚 染 、 室 内 空 気 汚 染 などの 有 毒 排 出

量 。

・ 資 源 の 使 用 に 関 連 する 影 響

- 非 生 物 資 源 の 枯 渇 ( 化 石 - エネルギー 事

業 、 金 属 );

- 生 物 資 源 の 枯 渇 ( 最 も - 特 に 魚 や 木 材 );

- 生 息 地 の 変 化 と 資 源 の 競 合 - 水 と 土 地

を 使 用 しているためです。

理 想 的 には、 生 息 地 の 変 化 などの 問 題 は、 外 来

種 、 労 働 衛 生 上 の 問 題 の 脅 威 にも 対 処 する 必 要

があります。しかし、 最 初 の 2 つの 問 題 や、ほ

とんどの 原 因 は、 圧 力 と 影 響 の 関 係 の 定 量 的 洞

察 力 があります。 後 者 は、 通 常 の 環 境 政 策 の 問

題 として 見 られていません。

35


3 生 産 の 視 点 : 生 産 活 動 の 直 接 の 環 境 圧

3.1 はじめに

この 章 の 目 的 は、このレポートの 中 で 見 られる 主

要 産 業 は、 人 間 の 健 康 、 生 態 系 健 康 および 資 源 利

用 性 に 関 する、 圧 力 及 び 衝 撃 に 何 を 提 供 している

か?という 第 2 の 重 要 な 質 問 に 答 えることです。

この 展 望 は、 生 産 に 注 目 する 生 産 者 及 び 持 続 可 能

性 政 策 への 提 言 に 適 切 です。

2 章 の 調 査 結 果 に 従 って、 調 査 ( 既 存 のデータおよ

び 文 学 に 基 づいた)は 以 下 の 圧 力 に 注 目 します。

・ 温 室 効 果 ガス(GHG)の 排 出

・ 富 栄 養 性 物 質 の 排 出 (さらに、 私 たちはこの 利

用 可 能 である 分 析 用 データから、 物 質 を 酸 性

化 することについて 実 利 的 に 議 論 します。)

・ 有 害 物 質 の 放 射

・ 非 生 物 的 資 源 の 抽 出

・ 生 命 的 資 源 の 抽 出

・ 土 地 と 真 水 の 使 用

このリストが 侵 略 的 な 種 、 生 息 地 変 化 ( 卖 に 部 分 的

に 土 地 利 用 によって 反 響 された)、 労 働 衛 生 及 び 光

化 学 のオゾン 構 成 を 除 外 することに 注 意 してくだ

さい。これは、 主 に 資 料 不 足 あるいはそのような

圧 力 および 衝 撃 の 時 間 と 位 置 、 特 有 の 性 質 により

ます。 侵 略 的 な 種 及 び 生 息 地 変 化 は、 特 により 進

んだ 研 究 の 話 題 かもしれません。これらの 話 題 上

の 付 加 的 な 洞 察 が 生 成 した 優 先 リスト※2 に 影 響

を 及 ぼすだろうかどうかは、この 段 階 で 不 明 瞭 で

す。

実 体 のある 広 い 配 列 の 放 射 上 のデータが 収 集 され

た 時 であり、 私 たちは 米 国 の 場 合 をここで 注 目 し

ました。そのような 衝 撃 については、 本 章 の 中 で

描 写 された 全 体 像 は、 必 ずしも 正 確 に 他 の 国 々の

ものと 一 致 するとは 限 らないかもしれません。

3.2 温 室 効 果 ガスの 排 出 量

図 3.1 は、 気 象 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC)

の 中 で 4 番 目 のアセスメントレポート (IPCC

2007)を 報 告 したと 共 に、グローバルな 合 計 の

GHG 放 射 に 寄 与 する 主 な 分 野 を 示 します。

化 石 燃 料 燃 焼 からの 二 酸 化 炭 素 排 出 は、バイオマ

スの 森 林 破 壊 及 び 腐 食 からの 二 酸 化 炭 素 排 出 を 後

続 させて、 合 計 の 人 類 発 生 の GHG 放 射 の 半 分 以

上 を 占 めます。 二 酸 化 炭 素 を 除 いて、メタンと 亜

酸 化 窒 素 は、 組 み 合 わせられた 時 、わずかに 合 計

の GHG 放 射 の 4 分 の 1 未 満 を 構 成 する 最 も 重 要

な GHG です。エネルギー 分 野 は、セメント 生 産

および 鉄 および 鉄 鋼 生 産 のような 工 業 プロセスを

後 続 させて、 合 計 の GHG 放 射 の 4 分 の 1 を 越 え

るものを 与 えます。 林 業 、 農 業 および 輸 送 は 各 々

10% 以 上 を 寄 与 します。

図 3.1: 土 地 利 用 および 土 地 の 被 覆 変 化 (100 年 の 地

球 温 暖 化 係 数 を 使 用 して、CO 2 相 当 物 の 中 で 測 定

された)を 含 む 世 界 的 な GHG 放 射 への 主 要 な 貢 献 。

本 章 を 書 くことにおいての 問 題 は、 良 い 質 のグロ

ーバル・データ・セットは GHG 放 射 にのみ 利 用

可 能 な 傾 向 があるということでした。そのような

データの 入 手 可 能 性 あるいは 入 手 容 易 さは、 一 般

に 工 業 国 でより 制 限 されています。 工 業 先 進 国 で

さえ、 産 業 と 物 質 に 関 する 取 材 範 囲 は 国 々 間 で 変

わります、また、その 事 は 世 界 的 な 規 模 での 有 毒

衝 撃 の 主 な 工 業 原 料 の 一 貫 性 のある 評 価 を 提 供 す

ることを 困 難 にします。したがって、 温 室 効 果 ガ

スによって 引 き 起 こされた 以 外 の 衝 撃 については、

37

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※2 不 法 な 狩 猟 のような 不 法 の 生 産 活 動 は 重 要 な 環 境 上 の 意 味 合 いを 持 つことができますが、この 評

価 の 範 囲 外 です。


全 国 GHG 放 射 財 産 目 録 は、 放 射 の 起 源 について

のより 多 くの 詳 細 を 提 供 しています。 米 国 環 境 保

護 局 (EPA)は、 米 国 温 室 効 果 ガス 排 出 の 財 産 目 録

を 生 産 し、 衰 えます。(EPA 2008)さらに、エネル

ギー 情 報 局 (EIA)はさらに GHG 財 産 目 録 (EIA、

2008 年 )を 編 集 します。 産 業 活 動 は 2 つの 報 告 書

によってわずかに 異 なって 分 類 されますが、2 つ

の 報 告 書 からの 評 価 がよい 合 意 の 中 に 一 般 的 にあ

ると 報 告 しました。 一 貫 性 のために、EPA 分 類 は

現 在 の 調 査 の 中 で 使 用 されます。

これらの 根 元 からの 放 射 が 含 まれ 合 計 の 正 味 放 射

である 場 合 、CO 2 相 当 物 の 6,511Tg です。この

値 は 基 本 として 図 3.2 に 使 用 されます。 図 3.2 が

示 すように、 発 電 は 2006 年 に 合 計 の 正 味 放 射 に

36%を 寄 付 して、 米 国 の GHG 放 射 の 最 大 の 源 で

す。2007 年 に、4,156 の TWh(テラワット; 100 万

メガワット)の 合 計 の 48%、 石 炭 発 電 所 (EIA 2009)

から 供 給 されました。 石 炭 、 天 然 ガスおよび 石 油

を 組 み 合 わせた 生 産 量 は、 米 国 (EIA 2009)で 発 生

した 電 気 の 71.6%を 生 産 します。

図 3.2 は 主 な GHG 放 射 出 所 を 示 し、 米 国 で 沈 み

ます。EPA(2008)によれば、 米 国 は、CO2 相 当 物

の 7,054Tg(100 万 メートルトン)を 放 射 しました。

その 一 方 で 土 地 利 用 、 土 地 利 用 変 化 および 林 業 は、

2006 年 に CO2 の 884Tg を 吸 収 しました。したが

って、2006 年 の 正 味 の GHG 放 射 は CO2 相 当 物

の 6,170Tg でした。しかしながら、EPA(2008)が

これらの 出 所 からの GHG 放 射 評 価 を 提 供 してい

る 一 方 、 木 質 のバイオマスおよび 生 物 燃 料 のよう

な 有 機 物 から 生 じた 根 元 からの 放 射 も 国 際 的 なバ

ンカー 燃 料 からの 放 射 も、UNFCCC ガイドライ

ンに 続 くこの 図 に 含 まれていません。

次 に 最 大 の GHG 放 射 の 根 元 は、2006 年 に 合 計 の

GHG 放 射 の 正 味 29%を 寄 付 する 輸 送 での 化 石 燃

料 燃 焼 です。 第 3 番 目 、 第 4 番 目 、そして 第 6 番

目 最 大 に 大 きい 根 元 はそれぞれ 産 業 、 居 住 および

商 業 部 門 です。 図 3.3 は、 非 化 石 燃 料 燃 焼 放 射 が

合 計 に 著 しく 寄 与 することを 示 します。 農 業 の 土

壌 管 理 、バイオマス 森 、 天 然 ガスシステム、 非 エ

ネルギー 消 費 燃 料 、 腸 の 発 酵 および 採 炭 は、とも

に 2006 年 米 国 で、 合 計 の GHG 放 射 の 17%に 相

当 します。

他 の 工 業 先 進 国 では、 直 接 GHG 放 射 を 与 える 主

な 分 野 は、 合 計 の GHG 放 射 ( 例 えば KIKO 2008

参 照 )を 支 配 する 発 電 と 輸 送 と 共 に、 米 国 で 類 似 し

た 様 式 に 従 います。

図 3.2:: 主 な 直 接 的 な 温 室 効 果 ガスの 排 出 源 およびアメリカ 合 衆 国 を 沈 める 排 出 量 は、 木 質 バイオマス、バイ

オ 燃 料 、 国 際 バンカー 燃 料 からの 排 出 量 を 含 む 純 排 出 量 ( 排 出 量 - 吸 収 量 )である。

38

注 : 上 記 は(EPA 2008) 基 づいて 計 算 しました。


開 発 途 上 国 において、 土 地 利 用 の 変 化 は 放 射 への

重 要 な 寄 与 者 です。

さらに 輸 送 が 米 国 ( 図 3.2)において 合 計 の GHG 放

射 の 25% 以 上 が 原 因 で、その 一 方 で 全 体 的 に、 輸

送 が 13%だけ( 図 3.1)を 占 めていることに 注 目 し

てください。

3.3 生 態 学 と 酸 性 化 物 質 の 排 出 量

図 3.3 は、2002 年 (Yang and Suh 2009)に 中 国 で

GHG 放 射 に 寄 与 する 主 な 分 野 を 示 します。

また、その 電 力 生 産 は 中 国 でも 最 も 重 要 な 直 接 的

な 温 室 効 果 ガスの 排 出 者 、および、 農 業 、セメン

トおよび 石 灰 、 鉱 業 、 牧 畜 業 、 鉄 鋼 の 製 造 にも 温

室 効 果 ガス 排 出 量 の 合 計 に 大 きく 寄 与 することを

示 しています。

3.3 Guinee et al(2002)の 方 法 、そして CEDA デー

タベース(Suh 2004)を 使 用 して、 富 栄 養 性 化 ・ 酸

性 化 する 物 質 の 放 射 、 及 び 富 栄 養 化 への 米 国 の 主

な 寄 与 者 および 酸 性 化 は、 図 3.4 および 図 3.5 の

中 で 計 算 され 示 されます。

図 3.4 は、 発 電 量 および 様 々な 農 業 生 産 が 富 栄 養

化 への 最 大 の 寄 与 者 であることを 示 します。

発 電 所 からの NOx 排 出 は 地 球 上 の 富 栄 養 化 を 引

き 起 こします。また、 全 くの 量 の 純 然 たる 排 出 に

より、 電 気 的 効 用 は 方 法 ・データによって 最 初 に

分 類 されます。

トラック 輸 送 と 国 際 宅 配 便 からの 空 気 放 射 は、こ

の 分 野 を 6 番 目 に 大 きな 排 出 量 にしました。

図 3.5 は 米 国 (Suh、2005 年 )で 酸 性 化 問 題 の 主 な

直 接 の 寄 与 者 を 示 します。

電 気 的 な 効 用 は、 溶 鉱 炉 と 製 鋼 所 が 後 続 する 断 然

最 大 の 寄 与 者 、および 石 油 精 製 です。

図 3.4: 米 国 の 富 栄 養 化 への 直 接 の 排 出 による 貢 献

図 3.3: 中 国 の 2002 年 の GHG 放 射 分 野 による 貢 献

図 3.5: 米 国 の 酸 性 化 への 直 接 の 排 出 による 貢 献

39


3.4 有 害 物 質 の 排 出 量

イントロダクションで 示 されるように、 有 害 物 質 の

広 い 配 列 の 放 射 上 のデータが 収 集 された 場 合 、 多 く

の 非 温 室 効 果 ガス 衝 撃 については、 私 たちは 米 国 の

場 合 に 注 目 しなければなりませんでした。

したがって、このセクションにおいて 描 写 された 全

体 像 は、 正 確 に 他 の 国 々のものと 一 致 しないかもし

れません。

米 国 EPA は 有 毒 リリース 財 産 目 録 (TRI)を 編 集 しま

す。それは、 設 備 レベルの 有 毒 放 射 データ(EPA 2007)

の 包 括 的 なレコードを 表 わします。しかしながら、

TRI は 大 型 施 設 から 報 告 することに 基 づきます。ま

た、 報 告 するしきい 値 より 下 の 施 設 からの 有 毒 放 射

はデータベースに 含 まれていません。

CEDA データベースは、 補 足 的 与 件 根 元 および 農 薬

の 用 途 を 使 用 する 報 告 されない 部 分 、および 危 険 な

大 気 汚 染 物 質 (HAP)データ(Suh 2004)を 概 算 しまし

た。 人 間 の 毒 性 および 地 球 上 の 生 態 毒 性 (Huijbregts

ら、2000b)のための LCA 方 法 を 使 用 すると、 主 な 直

接 の 排 出 を 識 別 することができます。( 図 3.6 および

図 3.7)

使 用 されるデータおよび 方 法 に 基 づいた 人 間 の 毒 性

への 最 大 の 直 接 の 寄 与 者 は、 電 気 的 な 効 用 、パルプ

および 製 紙 業 、および 金 属 および 鉱 物 の 産 業 です。

個 別 の 研 究 は、 人 間 の 有 毒 衝 撃 (Suh、2008 年 )に 著

しく 寄 与 する 産 業 からの 汚 染 物 質 を 分 析 しました。

図 3.6: 米 国 の 人 間 の 毒 性 への 直 接 の 排 出 による 貢 献

例 えば、 人 間 の 毒 性 衝 撃 に 大 部 分 を 寄 付 する 電 気 的

な 効 用 からの 物 質 は、フッ 化 水 素 、 二 酸 化 窒 素 およ

びタリウムです。また、 紙 および 厚 紙 で 作 ったミル

用 のものは、 水 銀 (II)イオン、ベリリウムおよびフッ

化 水 素 でした。

それらが 方 法 論 の 制 限 によって 結 ばれ、 不 確 実 なデ

ータが 使 用 されたように、 結 果 は 用 心 深 く 解 釈 され

るべきです。 分 析 において 使 用 されるインパクト・

アセスメント 方 法 は 総 括 的 な 運 命 および 接 触 モデル

を 使 用 します。それは、 放 射 が 実 際 に 起 こる 局 部 的

な 環 境 と 一 致 しないかもしれません。

生 態 毒 性 の 衝 撃 、 方 法 によって 最 大 の 寄 与 者 である

綿 、およびデータの 主 な 寄 与 者 が 判 明 したとともに、

農 業 の 活 動 が 識 別 されました。

農 薬 の 使 用 は 農 業 の 活 動 が 高 く 分 類 される 主 な 理 由

でした。 綿 生 産 ( 例 えばアルジカブ)において、メトラ

クロール、アトラジンおよびシアナジンが、 飼 料 用

穀 物 (Suh 2008)のための 主 な 寄 与 者 であると 確 認 さ

れた 一 方 、シペルメトリンおよびパラチオン・メチ

ルは 主 要 な 問 題 であると 確 認 されました。

この 分 析 が、 規 則 的 な 放 射 だけを 考 慮 に 入 れること

に 注 意 してください。 偶 然 の 放 射 、 不 法 投 棄 および

流 出 は、 私 たちの 調 査 が 基 づいた 規 則 的 な 統 計 に 含

まれていません。 歴 史 は、そのような 付 帯 的 な 放 射

と 関 係 する 衝 撃 を 必 ずしも 無 視 することができると

は 限 らないことを 示 しました。 研 究 の 明 瞭 な 制 限 が

この 報 告 書 において、それを 評 価 しました。

図 3.7: 米 国 の 真 水 の 生 態 毒 性 への 直 接 の 排 出 による 貢


40


3.5 非 生 物 資 源 の 抽 出

非 生 物 的 な 資 源 の 直 接 抽 出 に 含 まれる 人 類 の、 主

な 発 生 の 活 動 は、 油 およびガス 調 査 、 採 鉱 と 採 石

です。

全 国 レベルでは、 包 括 的 な 環 境 データアーカイブ

(CEDA)3.0 は、アメリカ 合 衆 国 (Suh 2004 年 )に 採

鉱 と 調 査 産 業 による、 原 油 、 天 然 ガス、 銅 、 鉄 お

よび 石 炭 の 抽 出 についての 情 報 を 含 んでいます。

Guinee et al.(2002)によって 開 発 された、 非 生 物

的 な 資 源 消 耗 可 能 性 (ADP)が、 非 生 物 的 な 天 然 資

源 抽 出 上 の CEDA 3.0 データベースに 適 用 される

場 合 、 原 油 および 天 然 ガス 調 査 は 採 炭 ( 図 3.8)を 後

続 させて、 総 合 的 な 影 響 の 約 60%を 寄 付 していま

す。しかしながら、 結 果 は 熟 慮 した 天 然 資 源 の 数

によって 制 限 されています。さらに、 大 きな 変 化

が、 非 生 物 的 な 資 源 消 耗 のための 様 々なライフ・

サイクル・アセスメント 方 法 間 にあることは 顕 著

です。

上 記 の 結 果 は、 米 国 データから 取 り 出 され、この

ように 必 ずしもアメリカ 以 外 の 状 況 を 意 味 してい

ません。

3.6 生 命 資 源 の 抽 出

農 業 は、2008 年 (USDA 2009)に 穀 物 に 21 億 2160

万 メートルトンを 全 体 的 に 生 産 し、 脂 肪 種 子 に 3

億 9160 万 メートルトンおよび 1 億 2050 万 メート

ルトンの 綿 を 生 産 する、 地 球 上 の 生 命 の 資 源 抽 出

の 原 因 である 最 も 重 要 な 人 類 の 発 生 活 動 です。

木 材 伐 採 は、 森 の 15 億 5000 万 m の 3 を 毎 年 (FAO、

2008 年 ) 占 める 地 球 上 の 生 命 の 資 源 抽 出 のための

もう 一 つの 重 要 な 活 動 です。 重 要 な 地 球 上 の 生 命

の 資 源 抽 出 を 意 味 する 別 の 活 動 は、 牧 草 地 とエネ

ルギー 生 産 を 含 んでいます、 前 2 つのカテゴリー

と 比 較 して、 比 較 的 小 規 模 である。さらに、 比 較

的 尐 ない 量 の 地 球 上 の 生 物 資 源 は、レクリエーシ

ョンスポーツ( 主 に 狩 猟 )および 製 薬 の 使 用 を 通 じ

て 抽 出 されます。

鉄 が 抽 出 された、はるかに 最 大 の 金 属 の 資 源 であ

るとすれば、 結 果 は 化 石 資 源 の 使 用 方 法 による 非

生 物 的 な 資 源 消 耗 への 主 要 な 寄 与 者 であることを

示 します。

化 石 エネルギー 資 源 の 中 で 最 大 の 利 用 者 は、 産 業

用 途 、 商 用 用 途 および 居 住 の 用 途 が 後 続 する 発 電

と 輸 送 です。

図 3.8: 非 生 物 的 な 資 源 消 耗 への 米 国 の 毎 年 の 自 然

な 資 源 抽 出 の 貢 献

生 態 毒 性 影 響 、 方 法

によってはるかに

最 大 の 寄 与 者 であ

る 綿 、およびデータ

の 主 要 な 寄 与 者 が

使 用 されたことに

よって、 農 業 の 活 動

が 識 別 されました。

41


魚 捕 獲 は、2005 年 に 9300 万 メートルトンの 魚 を

捕 獲 する 人 間 による、 水 生 生 物 の 資 源 抽 出 の 大 多

数 の 原 因 です。 大 多 数 の 世 界 的 な 魚 生 産 は 海 洋

(FAO 2009)で 起 こりました。

生 物 資 源 の 使 用 は、 問 題 になりません。また、 持

続 可 能 な 数 水 準 以 上 収 穫 された 時 、これは 資 源 の

再 生 を 危 険 にさらす 可 能 性 があります。2 章 にお

いて 示 されるように、 漁 獲 資 源 の 抽 出 は 様 々な 漁

場 の 魚 種 資 源 の 崩 壊 をもたらしました。また、こ

れは 特 に、いくつかの 樹 種 、 成 長 の 遅 い 広 葉 樹 に

ついても 同 様 です。

3.7 土 地 と 真 水 の 使 用

水 使 用 は 世 界 の 様 々な 部 分 の 重 要 な 環 境 圧 です。

農 業 は、 主 要 な 水 利 用 です。: 世 界 的 な 真 水 の 消 費

の 70% 以 上 はその 分 野 ( 例 えばフックストラ 参 照 、

Chapagain 2008 年 ;Koehler 2009 年 )で 使 用 され

ます。 生 産 工 程 による 水 質 汚 濁 問 題 が、 有 害 物 質

についての 部 分 で 議 論 されることに 注 意 してくだ

さい。

農 業 はさらに 土 地 の 最 も 主 要 な 利 用 者 です。

FAO データベースによれば、 世 界 の 合 計 のランド

エリアの 約 38%は 2007 年 において 農 業 に 使 用 さ

れます※3

※3 FAOSTAT 資 源 データベース http://faostat.fao.org/site/377/default.aspx にアクセス 可 能 な 土 地 利

用 データは、2010 年 4 月 10 日 にアクセスしました。

水 利 用 は 世

界 の 様 々な

部 分 の 主 要

な 環 境 圧 で

す。

42


3.8 要 約 と 結 論

本 章 は、この 報 告 書 において 主 張 した 第 2 番 目 の

重 要 な 質 問 に 答 えることを 目 標 としました:

主 要 産 業 は 環 境 に 対 する 圧 力 に 何 を 与 えています

か。 私 たちの 分 析 は、 以 下 の 生 産 工 程 が 高 い 重 要

性 を 持 っていることを 示 します:。

1. 化 石 燃 料 燃 焼 に 関 する 過 程 。

全 体 として、 電 気 的 な 効 用 、 居 住 の 暖 房 、 金 属

精 製 、 輸 送 およびエネルギー 集 約 的 な 産 業 のよ

うな 大 量 の 化 石 燃 料 の 燃 焼 に 関 する 活 動 は、 有

害 な 衝 撃 への 主 要 な 寄 与 者 であると 繰 り 返 し 証

明 されました。これらの 活 動 は、 気 候 変 化 、 非

生 物 的 資 源 の 消 耗 、 富 栄 養 化 、 酸 性 化 および 毒

性 への 上 位 の 寄 与 の 一 つです。

2. 農 業 とバイオマス 使 用 する 活 動 。

農 業 の 活 動 およびバイオマスを 使 用 する 活 動 は、

気 候 変 化 、 富 栄 養 化 、 土 地 利 用 、 水 利 用 および

毒 性 にかなりの 寄 与 をします。

3. 漁 業

資 源 の 乱 獲 が 明 確 に 工 業 漁 業 から 相 対 的 に 高 い

排 出 量 と 同 様 に、この 分 野 に 関 連 付 けられてい

ます。この 分 野 は、 確 実 に 環 境 影 響 の 視 点 から

見 て 注 意 する 価 値 があります。

4. 化 学 工 業 と 製 紙 工 場

化 学 工 業 と 製 紙 工 場 は、 有 毒 影 響 への 主 要 な 寄 与

者 です。 特 に、 頻 度 及 びこれらの 産 業 による 化 石

燃 料 燃 焼 活 動 による 衝 撃 の 大 きさは、 環 境 影 響 の

最 大 の 直 接 原 因 です。

現 在 の 調 査 は、 産 業 分 野 によってもたらされた 環

境 圧 上 のデータの 有 効 性 、 及 び 質 によって 抑 制 さ

れます。 多 くの 圧 力 については、 米 国 はグローバ

ル・データ・セットが 欠 けている 例 として、 使 用

されなければなりませんでした、 更 に、 非 生 物 的

消 耗 および 毒 作 用 のようなあるタイプの 影 響 につ

いては、 影 響 評 価 モデルはまだかなりの 不 確 実 性

を 持 っています。しかしながら、エネルギー 消 費 、

地 球 温 暖 化 、 土 地 利 用 および 水 利 用 に 関 する 情 報

は 非 常 に 強 壮 です。また、 選 択 された 活 動 は、そ

のような 影 響 で 明 瞭 な 優 先 事 項 を 形 成 します。

農 業 は は る か

に 重 要 な 水 の

利 用 です:

世 界 的 な 真 水

の 消 費 の 70%

以 上 は そ の 分

野 で 使 用 さ れ

ます。

43


4 最 終 消 費 の 見 通 し: 消 費 のライフ・サイクル 環 境 影 響

4.1 はじめに

3 章 は、 経 済 活 動 によってもたらされた 直 接 の 環

境 圧 を 調 査 しました。その 概 観 は、 家 庭 の 活 動 か

らその 排 出 、および 主 としてエネルギー 転 換 、 農

業 および 鉱 工 業 生 産 からの、および 尐 ない 方 のみ

の 土 地 利 用 変 化 の 結 果 を 直 接 示 します。しかしな

がら、ライフ・サイクル 観 点 から 見 て、すべて 生

産 は 結 局 、 消 費 目 的 に 役 立 ちます。 最 終 消 費 見 通

しにおいて、 生 産 の 間 の 排 出 および 資 源 利 用 は、

すべて 生 産 物 やサービスを 消 費 した 最 終 消 費 に 割

り 当 てられます。 異 なる 消 費 活 動 の 資 源 および 排

出 強 度 は、 大 規 模 に 消 費 された 財 貨 ・サービスを

生 産 するために 使 用 された 方 法 に 左 右 されます。

本 章 では、 従 ってこの 報 告 書 で 提 起 される 第 三 番

目 に 重 要 な 問 題 に 対 処 する。:どの 消 費 カテゴリー

および 製 品 グループが 最 も 大 きな 環 境 影 響 を 持 っ

ていますか?

本 章 は、 最 終 消 費 (セクション 4.2)の 影 響 を 評 価 す

る 研 究 において 使 用 される 方 法 について 最 初 に 議

論 します。その 後 、それは、 異 なる 主 な 最 終 消 費

カテゴリーがどんなに( 投 資 《セクション 4.3》と

しての 家 族 、 政 府 および 最 終 利 用 による 消 費 のよ

うなもの) 重 要 かの 概 観 を 提 示 します。この 後 、こ

れらの 最 終 消 費 カテゴリーは、2 章 ( 生 物 の 資 源 、

非 生 物 的 資 源 、 水 および 土 地 の 抽 出 / 利 用 と 同 様 に

物 質 と 有 害 物 質 を 富 栄 養 性 し、 酸 性 化 する 温 室 効

果 ガスの 排 出 も)において 圧 力 と 影 響 が 識 別 した

ことを 考 慮 に 入 れて、より 詳 細 にできるだけ 論 じ

られます。

4.2 方 法

消 費 のライフ・サイクル 環 境 影 響 の 中 への 研 究 は、

常 に 以 下 の 2 つの 方 法 論 のうちの 1 つを 適 用 しま

す: 環 境 上 、 投 入 産 出 分 析 、あるいは LCA(Hertwich

2005)を 拡 張 しました。 投 入 産 出 表 は、 経 済 にすべ

ての 生 産 および 消 費 活 動 の 相 互 依 存 について 記 述

します。

入 出 力 のモデルにおいて、 経 済 は 産 業 分 野 および

最 終 需 要 カテゴリーで 表 わされます。

排 出 および 資 源 利 用 についての 統 合 する 情 報 、 全

国 民 の 環 境 アカウントに 割 り 切 れられているよう

に、 産 業 分 野 及 び 最 終 需 要 によってもたらされた、

労 働 のような 付 加 価 値 の 要 素 には 共 通 のものとし

て、 私 たちが 類 似 した 方 法 で 最 終 需 要 に 環 境 圧 を

設 けることを 可 能 にします。 環 境 のアカウントに

含 まれた 排 出 および 資 源 利 用 はすべて、 財 貨 ・サ

ービスに 使 用 された「 最 終 需 要 カテゴリー」に 従

って 再 分 配 することができます。ストック( 国 連 の

1993)への 家 計 、 政 府 、 投 資 、 輸 出 、 市 民 組 織 およ

び 調 節 。 家 計 の 最 終 需 要 には、 全 ての 世 帯 の 購 入

が 含 まれます。 政 府 による 最 終 需 要 は、 教 育 とヘ

ルスケアのようなサービスのための 地 域 の 機 能

( 防 御 、 法 と 秩 序 )および 政 府 支 出 の 両 方 を 含 んでい

ます。 投 資 は、 家 計 ( 家 )、 政 府 ( 道 、 学 校 など)およ

び 産 業 ( 工 場 、 設 備 )によって 行 うことができます。

この 包 括 的 なアプローチは、 最 終 需 要 の 変 化 のす

べての 上 流 の 影 響 の 総 合 担 保 を 可 能 にします。

しかしながら、 投 入 産 出 表 が 本 質 的 な 時 間 遅 れお

よびある 不 確 実 性 と 一 緒 に 総 計 の 産 業 のために 全

国 レベルで 編 集 されるので、いくつかの 欠 点 があ

ります。

LCA は、 個 々の 製 品 を 投 入 産 出 表 より 非 常 に 明 確

に 示 します。ライフ・サイクル 在 庫 分 析 は、 製 品

システム(ISO 14040 2006)の 適 切 な 入 力 および 出

力 の 量 を 計 るためにデータ 収 集 、 及 び 計 算 手 続 き

を 含 んでいます。 製 品 システムでの 生 産 、 利 用 お

よび 処 分 と 関 係 する 個 々の 過 程 は、それらの 入 力

と 出 力 の 点 から 記 述 されます。 中 間 流 ( 中 間 生 成 物 )

が 物 理 的 貨 幣 の 用 語 にモデル 化 されている 一 方 、

要 素 の 流 れ( 資 源 入 力 および 汚 染 物 質 / 浪 費 出 力 )は

物 理 的 な 用 語 にモデル 化 されます。 過 程 について

記 述 するデータは、 測 定 ( 経 験 的 な 症 例 分 析 あるい

は 作 業 統 計 機 構 )、エンジニアリングモデルあるい

は 経 済 モデルに 由 来 する 場 合 があります。

45


比 較 分 析 、さらに 異 なる LCA に 起 因 する 消 費 から

合 計 環 境 負 荷 への 集 合 は、 異 なる LCA において 使

用 されるシステム 境 界 及 び、 割 付 け 手 続 きの 差 の

問 題 になりえます。

文 学 において 文 書 化 された 研 究 は、さらに 環 境 圧

の 点 から 異 なります。また、 影 響 カテゴリーは 包

含 しました。1970 年 代 と 1980 年 代 からの 研 究 は、

エネルギー 消 費 のみの 形 をしている 非 生 物 的 消 耗

に 注 目 する 傾 向 がありました。 多 くの 研 究 が 今 日 、

温 室 効 果 ガスあるいは、CO2 排 出 だけに 注 目 しま

す。いくつかの 研 究 はエコロジカル・フットプリ

ント(bioproductive な 土 地 の 利 用 を 測 定 する 指 標 )

を 提 案 します。この 報 告 書 に 観 念 的 に 含 まれてい

るように 私 たちが 2 章 において 識 別 したか、それ

は 通 常 LCA に 含 まれている 環 境 影 響 の 全 体 の 組

を 包 含 する 研 究 は 不 運 にもほとんどありません。

製 品 の 環 境 影 響 に 関 する 多 くの 研 究 のもう 一 つの

制 限 は、 家 計 だけによって 消 費 された 財 貨 ・サー

ビスに 注 目 するということです。

しかしながら、そこには 政 府 消 費 、 投 資 及 び、 貿

易 から 発 生 する 最 終 需 要 を 考 慮 に 入 れる 研 究 であ

ることが 分 かります。 特 に、 貿 易 と 投 資 について

は、Box4-1 で 議 論 されるように、 全 く 異 なる 方 法

論 を 適 用 することができます。 次 のセクションは、

影 響 に 異 なる 最 終 需 要 カテゴリーの 相 対 的 重 要 度

の 表 示 例 を 挙 げます。: 家 庭 の 消 費 、 政 府 消 費 、 資

本 財 上 の 消 費 および 輸 出 品

4.3 最 終 需 要 部 門

フィンランドのために、Maenpaa(2005)は、 世 帯

と 政 府 消 費 の 責 任 、 輸 出 品 および 多 くの 環 境 影 響

カテゴリー(テーブル 4.1) 用 資 本 支 出 を 計 算 しまし

た。 非 生 物 的 および 生 物 の 抽 出 については、テー

ブルはいくつかの 総 計 なられた 指 標 を 示 します。

それは 一 次 エネルギー 利 用 ( 石 油 、ガス、 石 炭 およ

び 再 生 可 能 エネルギーのカロリー 値 の 合 計 )およ

び 完 全 な 資 料 要 求 ( 生 物 および 非 生 物 資 源 の 合 計

は、 質 量 に 基 づいて 表 現 する)に 関 係 があります。

民 間 消 費 は、 最 終 需 要 の 39%を 占 めます。しかし、

環 境 圧 へのその 貢 献 は 富 栄 養 化 のために 浪 費 のた

めに 55% 廃 棄 物 の 17%から 異 なります。 政 府 消 費

は、 最 終 需 要 の 17%だが 環 境 影 響 の 4-7%だけに

相 当 します。 資 本 支 出 は、 最 終 需 要 の 15%、 完 全

な 資 材 要 件 の 23%だが、 放 射 に 基 づいた 影 響 の

8-11%だけを 占 めます。 輸 出 品 は、 最 終 需 要 の 29%

だが 完 全 な 資 材 要 求 事 項 (TMR)の 50%、 浪 費 の

64%および 放 射 に 基 づいた 影 響 の 31-43%を 占 め

ます。 明 白 に、 要 求 カテゴリーを 横 切 った 影 響 の

分 配 は、ある 影 響 カテゴリーからもう 一 つのカテ

ゴリーまで 著 しく 変 わります。フィンランドは 林

業 に 重 要 な 資 源 に 基 づいた 産 業 を 関 連 させます、

それは 紙 パルプ 工 業 のような 強 固 な 輸 出 者 です。

フィンランドからの 輸 出 品 が 高 い 資 料 強 度 を 示 す

のは 驚 くべきことではありません。

恐 らく、 食 物 と 流 動 性 のような 影 響 集 約 的 な 消 費

カテゴリー 上 で 比 較 的 尐 ない 世 帯 と 比 較 して、 消

費 したので、 政 府 消 費 の 影 響 は 消 費 と 低 く 比 較 さ

れます。その 他 の、 普 遍 化 は 不 可 能 です。

テーブル 4.1:フィンランド、1999 年 で 異 なる 環 境 圧 をもたらす 最 終 需 要 カテゴリーの 相 対 的 な 役 割 (%)

46


Box4-1 投 入 産 出 分 析 への 投 資 および 貿 易

投 資 、 輸 出 品 及 び 輸 入 品 は、 全 ての 入 出 力 の 研 究 と 同 じ 方 法 で 論 じられません。

ライフ・サイクルの 見 通 しから、 製 造 設 備 ( 機 械 類 のような) 及 びインフラストラクチャー( 道

のような)への 投 資 は、 消 費 者 ( 道 の 時 )で、 最 終 財 ( 機 械 類 の 時 )の 生 産 で、あるいは 最 終 利 用

として 数 えられます。それらは、 中 間 あるいは 最 終 消 費 への 寄 与 と 従 ってみなされている

べきです。また、 関 連 する 影 響 は 従 って 割 り 当 てられるべきです。ここの 問 題 は、 特 定 の

年 に 得 られた 投 資 が、 卖 に 現 在 の 生 産 ・ 最 終 需 要 ではなく、 将 来 の 生 産 ・ 最 終 需 要 を 寄 付

するということです。 理 想 的 には、 私 たちは、 現 在 の 生 産 ・ 最 終 需 要 に 使 用 された 資 本 を

占 めるべきです。 私 たちは 従 って 資 本 を 指 定 し、その 年 のその 生 産 の 環 境 影 響 をモデル 化

し、 現 在 の 生 産 に 割 り 当 てられるべき 影 響 のシェアを 決 定 するために、 減 価 償 却 率 を 使 用

する 必 要 があるでしょう。いくつかの 国 々は、 私 たちはそれが 与 えられた 年 に 完 全 に 利 用

され、その 分 野 が 運 送 したすべての 品 物 の 生 産 に 使 用 されたかどうかについての 情 報 を 常

に 不 足 しますが、 異 なる 分 野 で 資 本 金 の 軌 跡 を 所 有 しておく 国 民 資 本 勘 定 を 持 っています。

資 本 循 環 勘 定 が 全 く 構 築 されないので、そのようなアプローチはめったに 可 能 ではありま

せん、 社 会 ではなく、 尐 なくとも 国 家 を 通 して 標 準 化 されませんでした。その 後 、1 つの

選 択 権 は、 与 えられた 年 の 資 本 投 資 が 与 えられた 年 に 生 産 に 使 用 された 資 本 金 を 維 持 し、

かつこの 1 年 でその 資 本 を 生 産 することから 消 費 に 影 響 を 設 けるのに 必 要 で 十 分 である、

と 仮 定 することです。

すべての 投 入 産 出 表 は、 総 固 定 資 本 形 成 と 消 費 の 扇 形 のデータを 含 んでいます。また、 近

似 方 法 はこれらの 2 つのベクトル(Lenten と Treloar2004)からの 十 分 なキャピタル・フロ

ー・テーブルを 構 築 するために 存 在 します。 何 人 かのアナリストは 定 常 状 態 仮 定 を 採 用 し

ました。それによって 1 年 の 投 資 は、その 与 えられた 年 (Lenzen 2001;Peters および

Hertwich 2006 年 c)に 生 産 と 消 費 を 保 持 するのに 必 要 十 分 です。しかしながら、 別 の 著 者

は、 個 別 の 最 終 需 要 カテゴリーとして 資 本 支 出 を 維 持 することを 好 みます。 資 本 的 支 出 の

現 在 の 速 度 は 出 力 の 定 常 レベル(Peters さんら 2007) 維 持 するのに 必 要 なことよりも 大 き

くされている。これは 非 常 に 急 速 な 発 展 途 上 国 の 場 合 には 賢 明 であることがいえます。

入 出 力 の 基 づいた 環 境 影 響 研 究 の 国 際 貿 易 の 取 り 扱 いは、 活 発 な 討 論 の 主 題 でした。

しばしば 言 及 された 問 題 は、 分 析 において、それが 1 つの 全 国 民 のテーブルを 使 用 して、

輸 入 品 が 国 内 技 術 (Lenzen 2001; Herendeen と Tanaka の 1976 年 )を 使 用 して 生 まれると

仮 定 するのが 一 般 的 であるという 事 です。いくつかの 国 々がある 金 属 を 採 掘 しないか、 自

動 車 または 油 を 生 産 しないか、 熱 帯 生 産 物 を 育 てないので、この 処 理 に 関 する 1 つの 問 題

は 競 争 がない 輸 入 品 です。 別 の 問 題 はその 国 内 の 技 術 です。 従 って、 排 出 強 度 は、 輸 出 国

のものと 著 しく 異 なるかもしれません。 考 慮 に 入 れる 多 重 地 方 投 入 産 出 分 析 (Peters と

Hertwich 2009)の 系 統 的 な 開 発 がしたがってありました、 技 術 および 特 定 の 貿 易 パターン

(Wier、2001;Peters および Hertwich 2006 年 c;Weber、Matthews2007;Munksgaard、

2005;Nijdam、2005;Davis と Caldeira)の 全 国 民 の 差 。しかしながら、 多 重 地 方 の 入 出 力

のフレームワークは、 高 い 分 野 集 合 でだけ 主 として 利 用 可 能 です。それは 潜 在 的 にライフ・

サイクル 計 算 (Lenzen、2004)へ 集 合 誤 差 を 導 入 します。

47


世 界 的 な 多 重 地 方 の 入 出 力 のモデル、Hertwich 及

び Peters(2009)の 使 用 は、 世 界 的 な 水 準 では、 投

資 に 家 庭 の 消 費 、 政 府 消 費 への 10%および 18%と

温 室 効 果 ガス 排 出 の 72%に 関 係 あることが 分 かり

ます。

図 4.1 は、 地 域 による 最 終 需 要 カテゴリーの 貢 献

を 表 示 します。

適 切 な 家 庭 のからの 直 接 の 家 庭 の 関 係 排 出 ( 例 え

ば、 料 理 と 自 動 車 への 使 用 );

間 接 的 な 排 出 は、 購 入 された 生 産 物 ( 例 えば 電 気 )

のライフ・サイクルにもたらされます。

4.4 家 計 消 費

4.4.1 はじめに

多 くの 研 究 が、この 最 終 需 要 カテゴリーの 全 面 的

な 重 要 性 のために 家 庭 の 消 費 の 環 境 影 響 を 提 示 し

ます。※4

(Hertwich 2005; Tukker と Jansen の 2006 年 ) 方

法 。

2 章 において 識 別 された 圧 力 と 影 響 から、 初 期 の

研 究 が 指 標 としてエネルギーを 使 用 して、 非 生 物

的 消 耗 の 1 つの 形 式 に 卖 に 注 目 したように 見 えま

す。 最 近 、CO2 あるいは 温 室 効 果 ガス(GHG) 排 出

はとても 一 般 的 です。 私 たちは、 特 にこれらの 圧

力 について 論 じます。

最 近 の 研 究 で は 、 ラ イ フ ・ サ イ ク ル 指 標

(Nijdam2005;Huppes2006;Moll2006)、

エ コ ロ ジ カ ル ・ フ ッ ト プ リ ン ト (Lenzen

Murray2001;Wiedmann2007) および 原 料 投 入

(Moll,2006)に 基 づいた 環 境 影 響 の 幅 広 いくくり

として 公 表 されました。

図 4.1: 温 室 効 果 ガス 排 出 は、 異 なった 地 方 の 家 庭 の 消 費 、 政 府 消 費 および 投 資 から 発 生 しています。

注 : 適 切 な 家 庭 ( 例 えば、 料 理 と 自 動 車 での 使 用 )のからの 直 接 の 家 庭 の 関 係 排 出 ; 間 接 的 な 排 出 は、 購 入

された 生 産 物 ( 例 えば 電 気 )のライフ・サイクルにもたらされます。

※4See, for instance, (Bullard III and Herendeen 1975; Herendeen 1978; Herendeen et al. 1981; Herendeen and Tanaka 1976; Hertwich

2005; Cohen et al. 2005; Lenzen 1998b, 1998a; Lenzen and Murray 2001; Munksgaard et al. 2005; Wiedmann et al. 2007; Nijdam et al.

これらの 研 究 は、 詳 細 の 程 度 、および 輸 入 品 、 輸

2005; Tukker 2006; Tukker et al. 2006a; Tukker and Jansen 2006; Reinders et al. 2003; Vringer and Blok 1995; Weber and Perrels 2000;

送 および 貿 易 マージンをモデル 化 する 正 確 な 方 法

Pachauri and Spreng 2002; Spreng 1988; Munksgaard et al. 2000; Wier et al. 2001; Liu et al. 2005; Peters and Hertwich 2006c; Takase et

において 異 なります、 消 費 、 外 国 へ( 例 えば 休 暇 )

そして 結 果 が 総 計 カテゴリーになられ、 示 される

48

私 たちは、 別 の 圧 力 に 注 意 を 払 うためにこれらを

al. 2005; Kim 2002; Morioka and Yoshida 1995, 1997; Peet et al. 1985; Duchin and Hubacek 2003; Ornetzeder et al. 2008;

Gerbens-Leenes and Nonhebel 2002; Kramer et al. 1999; Wilting 1996; Wilting and Biesiot 1998; Carlsson-Kanyama et al. 2005; Kok et

al. 2006; Moll et al. 2005; Bin and Dowlatabadi 2005; Biesiot and Noorman 1999; Jalas 2005).


使 用 するでしょう。 私 たちは、 最 初 に 環 境 圧 (セク

ション 4.4.2)への 食 料 消 費 、 流 動 性 およびレクリ

エーションのような 最 終 的 な 家 庭 消 費 カテゴリー

の 貢 献 について 論 じるでしょう。しかし、 国 々と

異 なる 消 費 パターンを 持 ったグループの 人 々の 間

の 影 響 の 差 に 注 目 することはさらに 面 白 い。この

問 題 はセクション 4.4.3 で 論 じられます。

4.4.2 最 終 消 費 の 影 響

4.4.2.1 一 次 エネルギー 利 用

Hertwich(2005)で、 家 庭 消 費 の 環 境 影 響 の 調 査 以

来 エネルギー 上 で 公 表 された 比 較 的 小 さな 仕 事 が

ありました。

図 4.2 の 中 の 比 較 は、 家 庭 のエネルギー 消 費 、 乗

り 物 燃 料 および 食 物 の 支 配 を 示 します。

Kok (2003)、Moll(2004)は、 図 4.2 の 中 の 表 示 さ

れた 研 究 のサンプル 中 の 平 均 においては、 保 護 が

完 全 なエネルギー 消 費 の 44%( 標 準 偏 差 の±9 パー

センテージ・ポイント)を 占 めることが 分 かります。

これは、 構 築 、メンテナンスおよび 家 の 供 給 に 接

続 された 家 計 および 間 接 のエネルギー 消 費 に 直 接

のエネルギー 消 費 を 含 んでいます。 燃 料 利 用 、 乗

り 物 購 入 および 公 共 輸 送 を 含 む 流 動 性 は 23%(±8

パーセンテージ・ポイント)を 占 めます。

また、 食 物 は 15%(±4 パーセンテージ・ポイント)

を 占 めます。

パッケージ・ツアーの 一 部 として、あるいは 教 育

とヘルスケア 機 関 でレストラン(ホテル)で 消 費 さ

れたいくらかの 食 物 は、 食 物 カテゴリーに 正 確 に

割 り 付 けられませんが、「 別 のレクリエーション 輸

送 」あるいは「 政 府 消 費 」(つまり、それは 図 4.2

に 現 われません)の 下 で 一 覧 にしました。レクリエ

ーションは、4%(±1 パーセンテージ・ポイント)、

健 康 が 3%(±2 パーセンテージ・ポイント)で、 完

全 なエネルギー 消 費 の 7%(±3 パーセンテージ・

ポイント)の 平 均 より 上 であることを 説 明 します。

それらが 卖 に 家 計 支 出 を 含 んでいるので、 健 康 の

ための 数 は 非 常 に 低 くく、ほとんどの 評 価 された

国 々において、 健 康 上 の 利 益 が 政 府 プログラムあ

るいは 雇 用 者 が 後 援 する 健 康 保 険 構 想 を 通 じて 提

供 される 大 規 模 な 段 階 にあります。

要 約 すると、 図 4.2 は、 家 庭 のエネルギー 消 費 お

よび 保 護 の 支 配 を 示 します。より 貧 しい 国 々にお

いて、 食 物 は 比 例 してより 重 要 です、そして 流 動

性 、それほど 重 要 でない

図 4.2: 異 なる 研 究 で 識 別 された 直 接 ・ 間 接 の 家 庭 のエネルギー 消 費 の 扇 形 の 分 布


注 : 北 京 の 間 の 数 (Arvesen、2010)は 市 街 地 だけを 表 します。カテゴリー「 家 庭 のエネルギー」および

「 乗 り 物 燃 料 」は、 直 接 のエネルギー 消 費 を 表 わします; 49 別 のカテゴリーは 投 入 産 出 分 析 において 識 別

されるような 間 接 のエネルギー 消 費 を 表 わします。


4.4.2.2 温 室 効 果 ガス

温 室 効 果 ガスに 注 目 する 研 究 は、 化 石 燃 料 燃 焼 お

よび 工 業 プロセスからの CO2 排 出 あるいは、さら

に 土 地 利 用 からのもののみが 変 化 することをそれ

らが 考 慮 に 入 れるかどうかの 点 から 異 なります。

それらは、さらに、メタン、 亜 酸 化 窒 素 および 様 々

なハロゲン 化 されたガス(HFC、PFC、SF6、CFC、

CCl4 など)のような 他 の 温 室 効 果 ガスを 含 んでい

ることにおいて 異 なります。

テーブル 4.2: 家 庭 の 消 費 カテゴリー( 土 地 利 用 変

化 以 外 の、メタン、 亜 酸 化 窒 素 のリリースを 含 ん

でいる)からの 世 界 的 な GHG リリースの 配 分

開 発 途 上 国 からの 公 表 された 研 究 の 欠 如 が 同 様 に

あります。ここでは、 土 地 利 用 変 化 、 農 業 および

牧 場 による 排 出 が 主 要 です。オーストラリアの 場

合 は、 土 地 利 用 変 化 が 農 業 (Lenzen and Dey 2002)

のカーボン・フットプリントに 著 しく 貢 献 するこ

とができることを 実 証 します。

食 糧 生 産 からのメタンおよび 亜 酸 化 窒 素 は、 非

CO2 温 室 効 果 ガスの 排 出 のおよそ 半 分 を 占 めます。

家 計 からの 全 面 的 な 温 室 効 果 ガス 排 出 中 の 食 糧 生

産 の 重 要 性 は、メタンと 亜 酸 化 窒 素 の 土 地 利 用 変

化 および 排 出 が 評 価 に 含 まれているかどうかによ

って 決 定 的 に 左 右 されます。 密 着 させる※5 土 地

利 用 以 外 に、 食 物 は、 約 14 分 の 1 の 家 庭 の 温 室 効

果 ガス 排 出 ( 燃 料 の 燃 焼 ( 暖 房 と 料 理 のための)およ

びカテゴリーを 越 えるもの「 流 動 性 」(テーブル 4.2)

を 含 んでいるカテゴリー「 保 護 」と 等 しい)を 表 し

ます。GHG リリースの 7%、サービス 9%および

4%(Hertwich and Peters 2009)を 覆 うことだけの

製 品 アカウントの 購 入 を 表 しています。

長 年 にわたる 1 セットの 国 々 間 の 家 庭 の CO2/GHG 排 出 (ノートを 参 照 )

Note: Includes countries reviewed in (Druckman and Jackson 2009) Hertwich (2005) and for Beijing (Arvesen et

al. 2010), Switzerland (Girod and de Haan 2009), Norway (Peters et al. 2006), the US in 2004 (Weber and

Matthews2008), Spain in 2000 (Roca and Serrano 2008), the EU-25 (Huppes et al. 2006), the UK in 2004,

Germany, Denmark, the Netherlands and Sweden in 2000, and Spain and the UK in 1995 (Moll et al. 2006).

不 十 分 なデータが、 経 済 の 異 なる 分 野 でもたらされた 50 土 地 利 用 変 化 で 利 用 可 能 であるので、 土 地 利 用 排 出

は 含 まれていません。オーストラリアの 実 例 は、これらが 非 常 に 本 質 的 な 影 響 を 持 つことができることを

例 証 し、 食 物 (Lenzen 2001)の GHG 排 出 を 増 加 させます。


この 分 析 において、 投 資 ( 物 理 的 な 社 会 資 本 あるい

は 機 械 類 において)が 個 別 の 最 終 需 要 カテゴリー

として 扱 われたことに 注 意 してください。

調 査 された 全 国 レベル 研 究 (それらは OECD の 国

にほとんど 排 他 的 に 注 目 する)は、 明 らかに 異 なる

絵 ( 例 えば 図 4.4 において 示 された 米 国 家 庭 の 消 費

からの 排 出 についての 研 究 )を 示 します。 食 物 は、

多 尐 低 い 重 要 性 および 流 動 性 をより 高 く 持 ってい

ます。 保 護 の 重 要 性 は、 気 候 およびエネルギー 資

源 の 混 合 に 左 右 されます。

全 国 レベル 研 究 はしばしば 著 しくより 高 いレベル

の 詳 細 を 提 示 します。ヴェーバーおよびマシュー

ズ(2008)は、 両 方 を、 米 国 投 入 産 出 表 および 選 ば

れた 輸 出 国 のものにリンクして、 米 国 家 計 で 490

の 商 品 グループの 消 費 を 研 究 しました。

生 産 物 (EIPRO) 研 究 の EU の 環 境 影 響 は 類 似 した

レベルの 詳 細 (Huppes et al. 2006; Tukker et al.

2006b) 示 しています。

対 照 的 に、 世 界 的 なモデルは、57 の 異 なる 商 品 グ

ループ(Hertwich と Peters2009)に 現 在 制 限 され

ます。 国 家 研 究 は 卖 一 のアイテムを 従 ってよく 識

別 することができます。そのような 詳 細 な 研 究 か

ら、 自 家 用 車 ( 流 動 性 内 の)、 肉 の 消 費 および 乳 製 品

( 食 料 消 費 内 の)の 利 用 および 電 気 器 具 が、 環 境 影 響

(Tukker and Jansen2006)の 不 釣 り 合 いに 大 規 模

なシェアをもたらすことは 明 白 になります。まだ

移 動 の 影 響 が 比 較 的 小 さい 航 空 からの 排 出 量 は、

比 較 的 ユーロ 高 やドル(Tukker、2006b)にこの

サービスを 費 やされています。これらの 影 響 は、

同 様 に 増 大 する 富 につれて 急 速 に 増 加 し、 他 の 排

出 の 影 を 薄 くする 可 能 性 があります。さらに、そ

れらが 排 出 時 に、 特 に 弱 い 大 気 のより 高 い 層 に 生

じます。

図 4.4: 米 国 家 計 消 費 、 目 的 、および 起 源 の 領 域 で 関 連 している CO2 の 排 出

注 : 伝 説 は 国 内 で 生 産 された 生 産 物 を 示 し、 国 連 気 候 変 動 枠 組 条 約 で 付 属 書 I 国 から 輸 入 された 生 産 物 、

および 付 属 書 I 国 において 述 べられない 国 々を 示 しています。 付 属 書 I は、 工 業 先 進 国 を 含 んでいます。

51


いくつかの 国 家 研 究 は、 選 ばれた 貿 易 相 手 (ウィア

ら、2001;Peters および Hertwich 2006 年 c;Weber

と Matthews2008)から 輸 入 された 生 産 物 の 排 出

強 度 を 含 めるように 多 重 地 方 の 入 出 力 のモデルを

示 しました。これらの 研 究 は、 世 界 的 な 生 産 の 中

心 である 経 済 に 出 現 するより 高 い 汚 染 強 度 がより

高 いレベルの 家 庭 の 環 境 影 響 に 他 のところに 結 び

つくことを 示 します。 米 国 については、 家 庭 のカ

ーボン・フットプリントの 3 分 の 1 は 外 国 へ(ヴェ

ーバーとマシューズ 2008)( 図 4.4) 排 出 によります。

この 仕 事 はそれが 輸 出 することを 示 す 経 済 を 輸 出

する 研 究 で 確 認 されます、 排 出 (ヴェーバー、2008)

の 主 要 な 原 因 です。

これらの 異 なるアプローチおよび 協 定 が 個 々の 研

究 には、それらは 結 果 の 比 較 および 解 釈 を 制 限 し

ます。これらの 制 限 を 覚 えておくことは 重 要 です。

4.4.2.3 他 の 環 境 圧 および 影 響

エ ネ ル ギ ー 消 費 お よ び 温 室 効 果 ガ ス 排 出

(Maenpaa 2005;Nijdam、2005;ビートマン、2007;

フリン、2006) 以 外 の 影 響 を 提 出 した 研 究 はほとん

どありません。

最 も 包 括 的 な 仕 事 がライフ・サイクル・インパク

ト・アセスメント 指 標 を 使 用 して 導 かれました。

研 究 はエコロジカル・フットプリントおよび 国 内

の 資 料 抽 出 (モルら、2006)を 同 様 に 提 出 しました。

異 なる 排 出 データ、 投 入 産 出 表 および 消 費 分 類 を

使 用 すると 結 果 の 矛 盾 をもたらします。アメリカ、

デンマーク、ドイツおよびオランダに 向 かって、

時 間 にわたる 温 室 効 果 ガス 排 出 ( 図 4.3)の 明 白 な 削

減 は、 卖 に 実 際 の 開 発 でではなく 算 定 方 式 におい

て 違 いで 説 明 することができる 逆 説 として 生 じて

きます。 同 様 に、 異 なる 最 終 用 途 カテゴリーへの

帰 着 の 差 はいくつかの 例 において 著 しい。

物 質 を 酸 性 化 する 分 析 は 常 に SO2 を 含 んでいま

すが、いくらかにおいて 同 様 に NOx および NH3

排 出 をケースに 入 れます。

硫 黄 はそうです、1 つの、 跡 汚 染 物 質 化 石 燃 料 お

よびいくつかの 鉱 石 の 要 素 、したがって、SO2 は

燃 焼 および 金 属 精 製 において 放 射 されます。

テーブル 4.3: 酸 性 化 への 異 なる 消 費 カテゴリーの 貢 献 。

注 :データは、(モル、2006 年 ;ロカ、2008 年 およびセラノ;Huppes、2006 年 ;ヴェーバー、2008 年 およ

びマシューズ)。スペイン(*)がいなかったならば、 最 多 の 卖 純 な 酸 性 化 可 能 性 (AP)を 使 用 して、 総 計 常

になられた 場 合 、 排 出 を 酸 性 化 して、 国 に 特 有 の 可 能 性 は 利 用 されました(Huijbregts らおよび 2000a)。

52


NOx は、 高 温 燃 焼 過 程 の 間 にほとんど 常 に 生 産 さ

れます。また、 自 動 車 は、 重 要 な 根 元 である 傾 向

があります。アンモニアは 肥 料 として 製 造 される

だけでなく、いくつかの 工 業 プロセスで 放 射 され

ます。 農 業 での 補 足 根 元 とは 別 に、 消 費 カテゴリ

ーを 横 切 った 配 分 は、エネルギー 資 源 および 地 球

温 暖 化 係 数 (テーブル 4.3)に 続 くように 見 えます。

例 は、テーブル 4.5 において 反 射 されるようなフ

ックストラおよび Chapagain(2008)の 仕 事 です。

3 章 ( 真 水 の 主 な 利 用 者 として 農 業 を 確 認 した)の

中 の 調 査 結 果 に 従 って、この 仕 事 は、 消 費 から 遠

近 法 の 農 産 物 が 支 配 することを 示 します。 工 業 製

品 の 直 接 の 使 用 水 量 および 消 費 は、 使 用 水 量 の 卖

なる 小 さな 部 分 を 示 します。

EIPRO 研 究 で 包 含 された 影 響 カテゴリーは、ある 4.4.3 消 費 者 団 体 と 国 々の 間 の 相 違

変 化 がカテゴリー(テーブル 4.4)を 通 してあること 計 量 経 済 学 の 方 法 は、 直 接 ・ 間 接 である 家 計 の 配

を 示 します。 富 栄 養 化 は、 最 も 明 白 に、 主 に 肥 料 分 を 研 究 するために 使 用 された 国 内 のエネルギー

および 動 物 肥 料 の 利 用 により、 食 糧 生 産 に 関 係 し 必 要 量 。

ています。 他 の 影 響 カテゴリーについては、 異 な 収 入 、 家 庭 のサイズ、 教 育 レベル、 都 市 化 および

る 消 費 エリアの 相 対 的 寄 与 率 は、 消 費 支 出 でのそ 他 の 要 因 の 影 響 が 調 査 されました。Lenzen ら

れらのシェアにおよそ(2 の 因 数 内 に) 相 当 します。 (2006)オーストラリア、ブラジル、デンマーク、

水 利 用 に 関 して、 近 年 、 興 味 は 最 終 消 費 と 関 係 す インドおよび 日 本 の 比 較 研 究 を 示 してあります。

る 水 フットプリントを 計 算 する 際 に 発 展 しました。

テーブル 4.4:EIPRO 研 究 で 評 価 された 影 響 への 異 なる 消 費 カテゴリーの 貢 献

53


それらの 分 析 は、 同 様 にオランダ、ニュージーラ

ンド、ノルウェー、 英 国 および 米 国 からの 他 のデ

ータを 指 します。

Lenzen(2006) 多 くの 他 の 変 数 を 備 えた 相 関 物 エ

ネルギー 消 費 : 家 保 持 者 の 家 計 支 出 、サイズ、 教 育 、

都 市 化 、 家 タイプ、 雇 用 地 位 および 年 齢 。ある 場

合 には、 複 合 の 共 線 に 関 する 問 題 があります、つ

まり、 従 属 変 数 に 対 する 影 響 が 卖 一 のものに 明 白

に 帰 することができないように、 多 くの 説 明 変 数

が 関 連 させられます。 研 究 で、エネルギー 必 要 量

の 支 出 弾 力 性 がブラジルで 日 本 と 1 に 0.64 の 間 に

あることが 分 かります。インドにおいて、 都 市 の

家 計 は、 田 舎 の 家 計 より 高 いエネルギー 必 要 量 を

持 つ 傾 向 があります; 中 国 (Peters ら、2007)におい

てさらに 強 固 な 効 力 を 持 っています。

しかしながら、 先 進 国 において 都 市 の 家 計 は、 同

様 な 所 得 水 準 で 田 舎 の 家 計 より 低 いエネルギー 必

要 量 を 持 つ 傾 向 があります。さらに、 大 規 模 な 家

計 は 低 く、 一 人 当 たりのエネルギー 消 費 をする 傾

向 があります。

図 4.5 は、 消 費 の 機 能 として 家 庭 のグループのエ

ネルギー 資 源 強 度 の 関 係 を 示 します。 多 数 の 研 究 、

Lenzen からの 結 果 の 共 同 出 資 (2006)それらのデ

ータがエネルギー 必 要 量 と 家 計 支 出 の 卖 一 の 一 定

のクロスカウントリーの 関 係 の 存 在 を 支 援 しない

と 理 解 して 下 さい。: 社 会 経 済 的 ・ 人 口 分 析 の 変 数

のために 操 作 した 後 でさえ、 弾 力 は 国 々を 通 して

変 わります。この 結 果 は、 各 国 にエネルギー 消 費

の 特 性 が 特 有 で 資 源 寄 付 、 歴 史 上 の 出 来 事 (エネル

ギー 供 給 不 足 あるいは 税 の 導 入 のような)、 社 会 文

化 的 な 規 準 のような 弁 別 的 素 性 で 決 定 される 際 に

前 の 調 査 結 果 を 確 認 します。

テーブル 4.5: 他 の 品 物 の 農 産 品 および 消 費 による 世 界 的 なウォーター・フットプリント

図 4.5: 家 計 支 出 の 機 能 としてのエネルギー 資 源 強 度 (MJ/$PPP)の 比 較

54


振 る 舞 いと 市 場 は、エネルギー 資 源 と 環 境 政 策 の

手 段 と 同 様 に 条 件 付 けます。 従 って、エネルギー

資 源 縮 小 を 計 画 するための 卖 一 の 作 成 方 法 はあり

ません。

しかしながら、 一 般 的 な 1 つの 結 果 は 明 白 です:

すべての 国 々にとって、ブラジルを 例 外 として、

支 出 弾 力 性 は、エネルギー 資 源 が 必 需 品 であるこ

とを 収 入 が 成 長 するとともに 減 尐 する 予 算 シェア

を 構 成 して 示 して、1 未 満 です。ブラジルの 高 感

度 は 増 大 する 収 入 を 備 えた 移 動 性 の 増 大 する 需 要

によります。

エネルギー 資 源 強 度 が 家 計 支 出 とともに 減 尐 して

も、 絶 対 的 なエネルギー 必 要 量 は 常 に 消 費 につれ

て 一 様 に 増 加 します。

環 境 上 のクズネツ・カーブ 仮 説 、それは 汚 染 が 最

初 にすることを 提 案 する、 増 加 、ピーク、そして

次 に、 増 大 する 富 とともに 減 尐 する( 従 ってエネル

ギー 資 源 のために 確 認 されない。)

Lenzen ら(2006) 等 しい 所 得 水 準 ででさえ、 平 均 エ

ネルギー 必 要 条 件 のかなりの 差 を 観 察 してくださ

い。これらの 違 いは、 立 地 条 件 および 人 口 密 度 、

省 エネルギー、 技 術 および 消 費 者 ライフスタイル

によります。 気 候 条 件 は、 小 さな 役 割 を 果 たすよ

うに 見 えます。

図 4.6: 消 費 ( 一 人 当 たりの$)の 機 能 としての 87 か 国 / 地 方 の 異 なる 消 費 カテゴリーのカーボン・フット

プリント(2001 年 において 一 人 当 たりの CO2 相 当 物 のメートルトン)

2

equivalents per capita in 2001) of different

consumption categories in 87 countries/regions as a function of expenditure ($ per capita)

注 : 北 西 の OECD、OECD の「 新 世 界 」 国 を 表 わす。つまりオーストラリア、カナダ、メキシコ、

ニュージーランドおよび 米 国 。「RoW」は 様 々な 総 計 の 地 方 を 表 わします。

55


最 後 に、 人 口 分 析 の 要 因 は、 一 般 に 一 人 当 たりの

エネルギー 需 要 と 関 連 して 居 住 する 時 代 、サイズ、

および 否 定 的 に 関 連 家 庭 のサイズおよび 都 市 化 で、

異 なる 国 々で 一 人 当 たりのエネルギー 必 要 量 に 類

似 した 影 響 があります。しかしながら、ブラジル、

日 本 およびインドは、これらの 一 般 的 な 結 果 から

のいくつかの 例 外 を 提 供 します。 重 要 なことは、

最 高 位 の 可 変 消 費 とは 別 に、 国 はそれぞれ、かな

りの 駆 動 の 要 因 の 異 なる 選 択 および 系 列 をしてい

ることです。それは、エネルギー 必 要 量 について

説 明 するための 全 国 民 の 状 況 の 重 要 性 を 実 証 しま

す。

これらの 調 査 結 果 は、 他 の 研 究 (Vringer とブロー

ク 1995;Herendeen と 田 中 の 1976 年 ;Peters、

2006)で 広 く 確 認 されます。 要 因 の 運 転 に 取 り 組 む

他 の 研 究 はシナリオと 最 適 化 の 方 法 (Nansai ら、

2008;Nansai ら、2007)を 使 用 します。これらの 研

究 はあまりよく 開 発 されていませんが、 面 白 い 政

策 洞 察 を 今 後 提 供 してもよいはずです。

異 なる 国 々、 一 人 当 たりのカーボン・フットプリ

ントの 明 瞭 な 関 係 および 一 人 当 たりの 支 出 の

GHG 排 出 の 比 較 が 識 別 されるかもしれません。

CO2 の 支 出 弾 力 性 は 0.81(Hertwich と

Peters2009)です。

それは 国 々(Lenzen、2006) 内 のエネルギー 消 費 の

配 分 のために 見 つかった 平 均 弾 力 に 驚 くほど 接 近

しています。 総 計 100 年 の GWP でなられた 合 計

の GHG 排 出 について、 弾 力 は、メタンと 亜 酸 化

窒 素 の 排 出 用 食 糧 生 産 の 重 要 性 のために 0.57 だ

けです。 図 4.6 は、 様 々なカントリーグループの

中 の 異 なる 消 費 カテゴリーのカーボン・フットプ

リントおよび 世 界 の 地 方 を 表 示 します。

4.5 政 府 消 費

世 界 的 な 水 準 では、 政 府 消 費 は、 温 室 効 果 ガス 排

出 (Hertwich とピーターズ 2009)の 10%を 占 めま

す。より 多 くの 詳 細 なヨーロッパ 研 究 がこれらの

結 果 (モルら、2006;Maenpaa 2005)を 確 認 します。

調 査 されたヨーロッパ 諸 国 において、これらの 排

出 は、 管 理 、 防 御 および 初 老 ・ 病 気 の 人 々(モルら、

2006)のために 教 育 、ヘルス・サービスおよび 注 意

を 与 えることに 結 合 されます。 常 に、そのような

政 府 消 費 は、 転 送 された 収 入 ( 例 えば 引 退 した、 病

気 あるいは 身 体 障 害 者 への 社 会 保 障 給 付 費 の 支 払

い) 上 の 消 費 を 除 外 します。 英 国 (ビートマンら、

2007)において、 政 府 消 費 がエコロジカル・フット

プリントのほぼ 14%の 原 因 であることが 分 かる、

そのうちのほとんどは 指 示 によっての 消 費 、また

間 接 的 なエネルギー 消 費 。

図 4.7: 公 共 事 業 の 提 供 でもたらされた、8 つの EU の 国 において 一 人 当 たりのトンで 温 室 効 果 ガス 排 出

仕 事 の

56


(モル、2006) 異 なる 公 共 事 業 ( 図 4.7 および 図 4.8)

で 課 された 環 境 上 の 負 荷 においてそうでなければ

類 似 した EU の 国 家 を 横 切 って 本 質 的 な 違 いを 示

します。 特 に 相 対 的 な 見 通 しに、 公 共 事 業 からの

環 境 影 響 について 説 明 するか 理 解 する 試 みはあり

ませんでした。 状 態 の 役 割 、および 公 共 事 業 の 間

の 国 民 計 算 の 差 は、 実 際 に 基 礎 となる 技 術 の 差 に

加 えて、ここで 役 割 を 果 たすかもしれません( 特 に

電 気 混 合 の 差 )。

4.6 資 本 財 の 支 出

経 済 アカウント( 例 えば 投 入 産 出 表 )において、 資 本

財 上 の 消 費 は、 最 終 需 要 の 特 定 のカテゴリーを 形

成 します。それは 特 定 の 年 に 消 費 に 関 係 がある 上

で、 例 えば 社 会 資 本 、 建 物 、 機 械 など、そのよう

な 消 費 も「 投 資 」あるいは「 総 固 定 資 本 形 成 」と

呼 ばれます。Box4-1 において 示 されるように、 何

人 かの 著 者 は、 中 間 需 要 の 中 への 資 本 財 上 の 生 産 、

そしてその 結 果 内 部 に 生 じる 消 費 のために 先 行 条

件 として 投 資 を 扱 います。

これは、 品 物 を 生 産 するためにそれらを 使 用 する

産 業 への 工 場 および 機 械 の 建 造 に 結 合 された 排 出

を 割 り 当 てることを 示 唆 します。そのような 研 究

において、 資 本 財 の 生 産 および 利 用 と 関 係 する 影

響 は、 家 計 と 政 府 消 費 からの 圧 力 および 影 響 上 の

図 に 含 まれています。

資 本 支 出 が 個 別 にしておかれる 場 合 、それは 政 府

消 費 より 重 要 であることが 判 明 します。 全 体 的 に、

資 本 財 は、 温 室 効 果 ガス 排 出 (Hertwich とピータ

ーズ 2009)の 18%を 占 めます。 構 築 は 10%に 相 当

します、 残 りの 大 部 分 は 機 械 類 です、しかし 輸 送

する、 同 様 に 役 割 を 果 たします。 経 済 に 出 現 する

際 に、 構 築 は 環 境 上 の 負 荷 (ピーターズら、2007)

への 主 要 な 寄 与 者 です。

モルによって 提 供 される 環 境 指 標 は、(2006)との

違 いが、 排 出 および 国 中 の 資 料 要 求 を 酸 化 して、

温 室 効 果 ガスのような 影 響 カテゴリーに 重 要 性 が

あることを 示 します。 例 えば、スウェーデンは、

政 府 消 費 に 使 用 された 高 い 国 内 の 抽 出 だが、 低 い

排 出 を 持 っています。オランダ、イタリアおよび

ドイツは、 温 室 効 果 ガス( 図 4.11 への 4.9)ではな

くガスを 酸 化 する 比 較 的 低 い 排 出 を 持 っています。

図 4.8: 国 内 の 抽 出 された 資 料 は、 公 共 事 業 の 提 供 でもたらされた、8 つの EU の 国 において 一 人 当 たりのトンで 使 用 されました。

57


それが 自 然 から 抽 出 された 鉱 物 およびいくつかの 4.7 輸 出 と 輸 入

国 々でバイオマスの 重 要 な 部 分 を 使 用 するので、 貿 易 量 が GDP、 人 口 あるいは 他 のマクロ 変 数 (ピ

材 料 の 国 内 の 抽 出 については、 建 設 部 門 が 不 釣 り ーターズおよび Hertwich 2008a)より 速 く 成 長 し

合 いに 重 要 であるということは 驚 きではありませ たので、 国 際 貿 易 の 重 要 性 は 2008 中 頃 まで 着 実

ん。

に 増 大 しました。 貿 易 で 具 体 化 された 汚 染 は、 従

って 影 響 ( 参 照 、 同 様 に 41 を 箱 に 入 れる)の 会 計 の

間 の(だけでなく)あまり 重 要 でない 問 題 として 出

現 しています、また、それが 重 要 な 政 策 的 含 意

(Peters および Hertwich 2008b)を 持 つ。

図 4.9 8 つの EU の 国 の 資 本 財 ( 投 資 ) 上 の 消 費 からのトン CO 2 ― 同 等 物 / 人 の 中 の 温 室 効 果 ガス 排 出

図 4.9 8 つの EU の 国 の 資 本 財 ( 投 資 ) 上 の 消 費 からのトン CO 2 ― 同 等 物 / 人 の 中 の 温 室 効 果 ガス 排 出

58


輸 出 のために 予 定 された 商 品 の 生 産 は、 汚 染 (ヴェ

ーバーとマシューズ 2008;ヴェーバー、2008)の 増

大 するシェアの 原 因 です。

2001 年 には、 世 界 的 な CO2 排 出 ( 土 地 利 用 変 化 以

外 の)の 22%が 生 産 に 関 係 していました、 国 際 的 に、

貿 易 財 (ピーターズおよび Hertwich 2008b)。

図 4.12 において 識 別 された 傾 向 を 与 えられて、こ

の 数 は 約 30%まで 恐 らく 増 大 しました。

貿 易 、そしてその 結 果 国 のこの 重 要 性 にもかかわ

らず、 生 産 での 特 定 の 影 響 強 度 、まだ、1 カ 国 の

みの 最 終 消 費 利 用 LCA あるいは 経 済 ・ 環 境 上 の

入 出 力 のデータのライフ・サイクル 影 響 に 関 する

多 くの 研 究 。 貿 易 の 増 大 するボリュームは、それ

と 一 緒 に 清 潔 か 汚 い 産 業 を 専 門 とする、 国 々の 可

能 性 をもたらします。

図 4.13 は、 中 国 、インド、ロシア、 单 アフリカお

よびオーストラリアがより 高 い 排 出 にそれらの 輸

入 品 よりそれらの 輸 出 品 に 関 係 している 一 方 、 米

国 、 日 本 およびほとんどのヨーロッパ 諸 国 がより

多 くの CO2 排 出 に、 輸 出 品 よりそれらの 輸 入 品 に

関 係 していることを 示 します。

図 4.11 8 つの EU の 国 で、 資 本 財 ( 投 資 ) 上 の 消 費 から 一 人 当 たりのトンで 使 用 される、 国 内 の 抽 出 された 資 料

図 4.12: 国 際 貿 易 のボリュームの 増 加 は 他 のマクロ 変 数 を 追 い 越 します。

59


そのような 特 殊 化 は、 必 ずしも 差 異 の 環 境 規 制 の

結 果 でありませんが、2 つの 傾 向 の 自 然 な 結 果 で

ありえます: 安 価 であるが、よく 教 育 された 労 働 力

(つまり 新 興 の 経 済 )(ピーターズおよび Hertwich

2008a)で 国 々へ 移 動 する( 存 続 する) 資 源 とメーカ

ーに 接 近 して 移 動 する、 資 源 に 基 づいた 産 業 です。

生 産 物 と 最 終 消 費 のランキングの 商 売 を 含 んでい

る 重 要 性 は 、 多 く の 研 究 ( ピ ー タ ー ズ お よ び

Hertwich 2006 年 c;ピーターズおよび Hertwich

2006b;ピーターズおよび Hertwich 2006a;ピータ

ーズおよび Hertwich 2008b;ヴェーバーとマシュ

ーズ 2007 および 2008 年 ;Nijdam、2005;ワイコッ

フと Roop 1994;リーとチョン 2006;デイビスと

Caldeira 2010)で 確 認 されました。

4.8 要 約 と 結 論

本 章 は、この 報 告 書 での 3 番 目 の 重 要 な 質 問 に 答

えることを 目 標 とします:どの 消 費 カテゴリーお

よび 製 品 グループが、 最 も 大 きな 環 境 影 響 を 持 っ

ていますか。 利 用 可 能 な 知 識 ベースに 関 しては、

私 たちが、 低 開 発 国 に 利 用 可 能 で、 経 済 に 出 現 し

ている 研 究 はほとんどないことを 理 解 します。

広 範 囲 の 研 究 は、 工 業 先 進 国 に 利 用 可 能 です。ま

だエネルギー 資 源 または 温 室 効 果 ガスの 排 出 への

ほとんどの 焦 点 。ヨーロッパ 諸 国 に 関 する 尐 数 の

研 究 を 例 外 として、 合 成 物 、 有 毒 化 学 物 質 および

鉱 物 資 源 消 費 を 酸 性 化 して、 窒 素 および 燐 汚 染 の

ような 広 範 囲 の 環 境 圧 を 含 んでいる 仕 事 は、ほと

んど 存 在 しません。 消 費 と、 生 息 地 変 化 、 資 源 の

過 剰 開 発 および 侵 略 的 な 種 のような 生 態 系 圧 力 の

間 の 接 続 のほとんどない 分 析 があります。そのよ

うな 制 限 にもかかわらず、 事 実 上 調 査 されたすべ

ての 研 究 で 支 援 され、 強 壮 であると 見 なすことが

できるいくつかの 結 論 は 引 き 出 すことができます。

1. 利 用 可 能 な 知 識 ベースに 関 しては、 私 たちが、

低 開 発 国 に 利 用 可 能 で、 経 済 に 出 現 している 研

究 はほとんどないことを 理 解 します。

a. 優 先 製 品 グループおよび 最 終 消 費 カテゴリー:

ほとんどの 国 々において、 家 庭 の 消 費 は、 最 終 消

費 のライフ・サイクル 影 響 に 60% 以 上 を 決 定 しま

す。

図 4.13:CO2 排 出 は 国 際 的 に 交 換 された 商 品 に 関 連 していた。

60


家 庭 の 消 費 内 に:

ⅰ. 発 展 と 新 興 国 において、 食 物 と 住 宅 は 温 室 効 果

ガス 排 出 を 支 配 します。

ⅱ. 工 業 先 進 国 については、 研 究 はすべて、 典 型 的

には 住 宅 、 移 動 性 、 食 物 および 製 作 品 が 家 庭 の 消

費 のインパクトの 70% 以 上 を 決 定 することを 示 し

ます。ともに、 典 型 的 には 家 庭 の 消 費 のインパク

トの 70% 以 上 を 決 定 します。 社 会 資 本 において、

政 府 消 費 および 投 資 は 家 庭 の 消 費 のように、それ

ほど 適 切 ではありません。

a.アジア 以 外 の 開 発 途 上 国 にとって、 公 共 部 門 は

多 くの 場 合 経 済 の 大 部 分 です。 従 って、そのよう

な 国 々において、 政 府 調 達 は、 最 終 消 費 のライフ・

サイクル・インパクトにとって 重 要 になりえます。

アジアの 多 くの 新 興 経 済 が、それらの 社 会 資 本 を

構 築 する 大 型 投 資 を 現 在 行 います。それはこの 最

終 の 消 費 カテゴリーを 有 力 にします。

2. 輸 入 品 と 輸 出 品 の 役 割 。

速 い 開 発 途 上 国 ( 特 にアジアで)は「 世 界 のワークシ

ョップ」としてそれら 自 身 を 開 発 しており、 先 進

国 へ 大 量 の 生 産 物 を 輸 出 します。 結 果 として、こ

れは、 生 産 が 起 こる 国 々への 消 費 の 環 境 影 響 の 転

置 に 結 びつきます。ほとんどの 経 済 協 力 開 発 機 構

(OECD)の 国 にとって、 輸 入 品 で 具 体 化 された

CO2 排 出 は 輸 出 品 で 具 体 化 されたものより 大 規 模

です( 時 々 著 しく)、そして 反 対 に、 開 発 途 上 国 の 輸

出 で 具 体 化 された 排 出 、それらの 輸 入 品 より 高 い

傾 向 があります。

3. 消 費 からの 環 境 圧 の 決 定 的 要 因 としての 富 お

よび 所 得 水 準 。

b. 所 得 水 準 は、 同 様 に 製 造 されて、 購 入 すること

および 国 際 的 に 貿 易 財 からの 圧 力 に 影 響 を 及 ぼし

ます。そのような 生 産 物 は、 余 暇 ( 電 子 機 器 、 玩 具 )

および 住 宅 ( 家 具 、 白 物 家 電 )のような 消 費 カテゴリ

ーにしばしば 割 り 当 てられます。 集 団 的 に、 生 産

最 終 消 費 商 品 の 環 境 圧 は、ほとんどの 工 業 先 進 国

の 食 物 より 重 要 です。

最 後 のポイントは、より 高 い 所 得 が 国 々 内 に、お

よびその 国 々を 横 切 って、 一 般 に 消 費 からのより

大 きな 環 境 圧 を 意 味 することを 示 します。しかし、

ここで 明 瞭 な 区 別 を 作 らなければなりません。

・ 水 質 汚 濁 および 従 来 の 大 気 汚 染 は、 汚 染 物 質 の

比 較 的 小 さな 多 量 流 れで 典 型 的 にもたらされます。

これらは 改 善 された 過 程 およびパイプの 端 の 汚 染

制 御 、およびより 豊 富 なによって 防 ぐことができ

ます、 国 はそうです、より 多 くの 物 、それは、そ

のような 改 良 を 実 行 する 傾 向 があります。これは、

これらの 圧 力 については、 転 機 ( 環 境 汚 染 はそれを

越 えて 増 加 した 富 で 環 境 上 のクズネツ・カーブを

断 わる)が 存 在 することを 示 唆 します。

・まだ、エネルギー 消 費 および 温 室 効 果 ガス 排 出

のような 高 い 多 量 流 れと 関 係 する 環 境 問 題 につい

ては、クリーナ・プロダクションおよびパイプの

端 はより 尐 ない 効 果 があります。そのような 問 題

については、 富 の 2 倍 になることは、60-80%ずつ、

および 経 済 に 出 現 する 際 に 環 境 圧 の 増 加 に 典 型 的

に 結 びつきます、これは 時 に 多 くなることがあり

ます。

a. 所 得 水 準 は、 移 動 性 に 起 因 する 環 境 圧 に 最 も 強

く 影 響 を 及 ぼし、 食 物 から 発 生 するものに 最 も 弱

くリンクされます。

61


62

5.1 はじめに


5 資 料 利 用 見 通 し: 材 料 のライフ・サイクル 環 境 影 響

1 章 において 述 べられるように、「 材 料 」は 生 産 消 費

システムの 中 へのもう 一 つの 入 り 口 を 表 わします。

本 章 は、この 報 告 書 での 4 番 目 の 中 央 の 質 問 に 答 え

ることを 目 標 とします:どの 材 料 がそれらのライフ・

サイクルを 通 って、 最 も 大 きな 環 境 影 響 を 持 ってい

ますか。

物 質 はある 物 理 的 性 質 を 備 えた、 物 質 あるいはコン

ポーネントです。それらは 生 産 への 入 力 として 使 用

されるか、あるいはこれらの 特 性 のために 製 造 して

います。 材 料 はライフ・サイクルに 異 なる 段 階 で 定

義 することができます: 加 工 されていない 原 料 、 中 間

物 および 製 品 原 材 料 ( 中 村 ら、2007)。 例 えば、 鉄 鉱

石 は 粗 鉄 へ 採 掘 され 処 理 されます。それは 鋼 へ 次 に

は 洗 練 され 処 理 されます。これらの 各 々は 材 料 と 呼

ぶことができます。その 後 、 鋼 は 完 成 品 を 作 るため

に 他 の 多 くの 産 業 において 入 力 として 使 用 されます。

伝 統 的 に、 材 料 と 関 係 する 政 策 アプローチは、 物 質

( 化 学 薬 品 、 要 素 )およびそれらの 有 害 な 特 性 に 注 目 し

ました。これはまだ 物 質 指 向 の 政 策 の 重 要 な 部 分 で

す: 危 険 に 基 づいたアプローチ、のように、EU ※6

のために REACH システムで 例 えば 得 られました。

考 慮 に 入 れるだけでなく、 材 料 自 体 のインパクト、

また、 上 流 に 下 流 に、 採 鉱 、 生 産 および 廃 棄 物 管 理

と 関 係 するインパクト、より 広 くより 完 全 な 見 通 し

を 与 えます。 特 定 生 産 品 のコンテキストにおいて、

およびそれらの 代 案 の 考 慮 においてそのようなライ

フ・サイクル・アプローチを 典 型 的 に 行 う 必 要 があ

ります。それもより 最 近 の 政 策 で 予 知 されます。

材 料 が 様 々な 生 産 物 にしばしば 適 用 され、 関 連 する

インパクトが 材 料 の 固 有 の 特 性 ではないがそうであ

るので、 危 険 に 基 づいた 政 策 アプローチにライフ・

サイクル 見 通 しを 加 えることは、その 複 雑 を 持 って

います。

5 資 料 利 用 見 通 し:

過 程 の 技 術 的 な 仕 様 書 に 高 度 に 依 存 する 材 料 のライ

フ・サイクル 環 境 影 響 、 含 まれていました。そのよ

うなアプローチは、 同 様 に、 資 料 自 体 の 固 有 の 特 性

に 加 えてインパクトのより 広 い 範 囲 を 含 めることを

可 能 にし、 代 案 の 考 察 を 可 能 にする 際 にその 長 所 を

持 っています。

それらの 十 分 なライフ・サイクルを 通 ってそれらの

環 境 影 響 を 評 価 する 時 、 最 多 の 総 計 の 水 準 の 図 は 観

念 的 に「 生 産 物 」 観 点 とは 異 なっていません: 生 産 物

はすべて 材 料 で 作 られています。また、 生 産 物 観 点

からインパクトを 数 えることは、 従 って 資 料 観 点 か

ら 数 えるインパクトと 同 様 な 結 果 を 与 えるべきです。

「 材 料 」 見 通 しがこの 報 告 書 において 高 度 に 適 切 な

様 々な 理 由 があります。「 天 然 資 源 」とのリンクはは

るかに 明 らかです: 材 料 としての 銅 は、 資 源 として 銅

鉱 石 との 綿 密 な 接 続 をしています、コンピューター

のような 完 成 品 ですか?それとも、 他 の 多 くの 材 料 に

加 えて 銅 を 含 んでいること? 非 常 に 細 い 接 続 をして

います。 結 果 として、 天 然 資 源 とのリンクは 材 料 指

向 のアプローチにおいて 確 立 するのがより 簡 卖 です。

銅 は、 多 くの 応 用 での 生 産 物 指 向 の 包 括 的 なアプロ

ーチにおいて 目 に 見 えさえしないかもしれません。

4 章 に 記 述 されたほとんどの 研 究 は、 投 入 産 出 分 析

に 基 づきます: 商 品 の 流 れは、 各 産 業 分 野 に 向 かって

加 えられたエミッション・ファクタと 一 緒 に 貨 幣 の

用 語 に 表 示 されます。そのようなアプローチは 資 源

抽 出 の 経 済 動 機 をたどることを 促 進 しますが、 資 源

流 れの 目 的 地 を 示 しません。より 卖 純 な 材 料 に 基 づ

いたアプローチは、 経 済 体 制 において 材 料 の 運 命 上

の 洞 察 を 提 供 する 投 入 産 出 分 析 に 挨 拶 です。したが

って、 材 料 見 通 しは、 生 産 物 に 基 づいた 1 つまで 有

用 な 追 加 を 提 供 することができます。 今 後 、 統 合 的

アプローチは 経 済 広 いことへの 利 用 可 能 でリンクす

る 材 料 になるかもしれません。

材 料 を 投 入 産 出 分 析 ( 中 村 ら、2007)のような 経 済 全

・・・・・・・・・・・・・・・

※6 化 学 物 質 の 登 録 、 評 価 、 認 可 および 制 限 (http://ec.europa.eu/environment/ 63

化 学 薬 品 / 範 囲 /reach_intro.htm を 参 照 、

2010 年 5 月 にアクセス)。


体 に 渡 る 評 価 にリンクすること、あるいはインパク

トを 資 料 流 れサイクル(ロイターら、2005)にリンク

することです。

材 料 見 通 しは、 常 に 採 鉱 と 精 製 への 焦 点 を 意 味 しま

す。これは 必 要 な 制 限 ではありません: 同 様 に、 材 料

見 通 しは、 特 に 再 利 用 する、 材 料 に 関 連 する 廃 棄 物

管 理 に 注 目 するのに 全 くふさわしい。 材 料 が 常 に 広

範 囲 の 適 用 で 終 了 し、ほとんどの 生 産 物 が 多 数 の 材

料 からできているので、 利 用 過 程 はより 問 題 です。

特 定 の 材 料 に 利 用 過 程 において 排 出 が 起 因 すると 考

えるのはしたがって 難 しいです。

2006;スチュアートとピートリー2006;Suppen ら、

2006)、プラスチック(パテール 2003)および 建 設 資 材

(Nassen ら、2007;Josa ら、2007;オルティス、2009)

のようなグループの 調 査 材 料 のために 存 在 します。

同 様 に、エコデザイナー 用 データベースは、 材 料 (マ

シューズら、2008)についての 情 報 を 含 んでいます。

実 際 に 適 応 させられた 研 究 およびデータベースにお

いて、 環 境 上 のプロフィールは、しばしばエネルギ

ー 資 源 と GHG の 排 出 に 制 限 されています。より 一

般 的 な LCI データベースは 多 くの 排 出 データ( 例 え

ば、 欧 州 連 合 共 同 研 究 センター(JRC)7 で 編 集 された

E-LCD データベース)を 含 んでいます。

材 料 のインパクトについての 情 報 は 異 なる 分 野 で 見

つけることができます。 一 般 的 なライフ・サイクル

財 産 目 録 (LCI)データベースは 様 々な 材 料 ( 尐 なくと

も 1 つのゲート 制 御 する 揺 りかご 評 価 がそれのため

に 抽 出 することができる)を 含 んでいます。

材 料 指 向 の 一 般 的 な LCI データベースも 見 つけるこ

とができるが、 優 先 順 位 目 的 (Rydh とサン 2005;Zuo

ら、2001)に 使 用 されるようには 意 味 されません。 材

料 の 全 面 的 な 評 価 は 不 足 します。

Box1-5: 資 源 、 材 料 、 土 地 および 水 -- 定 義 問 題

本 章 は、 材 料 および 経 済 体 制 においてそれらのライフ・サイクル・インパクトに 注 目 します。 資 源 、 水 お

よび 土 地 が 含 蓄 を 持 つかもしれないように 用 語 が 用 語 「 材 料 」にリンクしたので、 私 たちは 報 告 書 におい

てどのように、これらの 用 語 を 使 用 するかここで 議 論 したい。

それが 生 物 圏 ( 生 物 の 資 源 のための)あるいはリソスフェア( 非 生 物 的 な 資 源 のための)でも、 資 源 は 原 料 の 源

を 含 みます。 水 界 生 態 系 を 主 催 する 環 境 上 のコンパートメントとしての 水 がそうでない 間 、 飲 料 水 の 源 と

しての、あるいは 農 業 で 使 用 するために 水 は、 資 源 と 考 えられます。しかしながら、 水 界 生 態 系 への 衝 撃

は DPSIR 鎖 によって 反 映 されます。 何 人 かの 著 者 は、 同 様 に「 土 地 」を 資 源 と 見 なします。 本 質 的 には、

資 源 は、 経 済 体 制 において 使 用 することができる「 自 然 なシステムの 贈 り 物 」と 見 なされています。しか

し、それらは、 経 済 体 制 ( 図 1.1 の 図 1.3 を 比 較 する)の 一 部 であることと 見 なされていません。

本 章 の 目 標 は 資 源 について 論 じることではありません。それは、 経 済 体 制 によって 明 白 に 身 元 確 認 可 能 な

材 料 の 流 れと 関 係 するライフ・サイクル 圧 力 およびインパクトについて 論 じることです。 主 なテキストに

おいて 示 されるように、 生 産 ライフ・サイクルものの 中 の 段 階 に 左 右 されることはこれを 生 かし、 終 了 さ

れた 材 料 と 命 名 するかもしれません。しかし、 私 たちは 常 にそのような 物 理 的 な 材 料 を 経 済 での「 材 料 」

と 呼 ぶでしょう。 材 料 はそうですが、コンシューマ 製 品 かセクター 方 式 においても、 統 計 定 義 ( 資 源 ではな

く 生 産 物 )において、 生 まれつきの 資 源 ( 資 料 )とのリンクはより 確 立 するのが 簡 卖 です。

特 定 の 研 究 およびデータベースは、 金 属 (Durucan ら、 OECD と 国 連 のような 国 際 機 関 のフレームワーク、

・・・・・・・・・・・・・・・

原 則 としては 材 料 として 水 を 扱 うことができるかもしれませんが、これが 資 料 流 れ 会 計 で 一 般 的 慣 習

※7 であるとともに、 http://lca.jrc.ec.europa.eu/lcainfohub/index.vm 実 利 的 に 除 外 することができるかもしれません。ランドが で 利 用 可 能 、12 の 4 月 の 2010)にアクセス 経 済 によって 流 れないの

で、 私 たちは 直 接 本 章 において 土 地 を 考 慮 しません。まだ、ある 64

材 料 がそれらのライフ・サイクルに

圧 力 「 土 地 利 用 」をもたらすので、 土 地 は 圧 力 として 間 接 的 に 含 まれています。


および 欧 州 連 合 および 様 々な 国 々の 政 府 の 政 策 内 で

は、いくつかの 研 究 および 調 査 は、 優 先 リスト(COWI

2002;ニールセンら、2004;Dehoust ら、2004;ヴァン

der フートら、2005;de Bruyn ら、2004)を 時 々 含 む

より 広 い 範 囲 で 行 なわれました。

5.2 材 料 と 関 係 する 環 境 影 響

同 一 の 用 語 で 異 なる 材 料 のためのライフ・サイクル

について 記 述 することができますが、 様 々なライ

フ・サイクル 段 階 と 関 係 する 圧 力 とインパクトは、

著 しく 異 なることができます。

金 属 については、 採 鉱 および 精 製 所 の 段 階 は 多 くの

場 合 まさにエネルギー 資 源 です、 化 石 燃 料 に 関 連 す

る 集 中 的 で 引 き 起 こす 排 出 。 生 体 物 質 については、

他 方 では、 最 初 のライフ・サイクル 段 階 は 成 長 です。

それは 比 較 的 自 由 に 排 出 になりえます。 集 中 的 な 農

業 の 過 程 の 場 合 には、 成 長 が 同 様 に 非 常 に 汚 染 する

ことかもしれません。

利 用 過 程 において、インパクトは、 資 料 の 特 定 の 適

用 に 非 常 に 左 右 されます。 例 えば( 天 候 に 露 出 された

表 面 の 腐 食 、あるいは 絵 の 具 または 殺 虫 剤 をスプレ

ーするような 本 質 的 に 消 散 的 な 適 用 の 場 合 には)、 資

料 自 体 の 消 散 的 な 排 出 が 生 じます。これらの 排 出 は

資 料 自 体 に 帰 することができます。 利 用 過 程 におい

てさらなる 排 出 は、メンテナンスと 維 持 、だが 主 と

して 生 産 物 のエネルギー 消 費 に 関 係 があります。

らに 高 い 省 エネルギーを 提 供 します。 多 くの 場 合 に

おいて、しかしながら、 利 用 過 程 においてエネルギ

ー 必 要 量 は 資 料 に 左 右 されません。そのような 場 合 、

材 料 との 接 続 は 失 われます。したがって、 否 定 と 同

様 に 肯 定 的 、 材 料 のインパクトはそれらのライフ・

サイクルの 全 体 にわたって 評 価 されるべきです。 廃

棄 物 管 理 において、 主 な 問 題 は 寿 命 末 期 の 選 択 権 の

大 規 模 な 差 です。 再 利 用 は 金 属 、だがほとんどない

生 体 物 質 に 一 般 的 です。プラスチックは 燃 焼 によっ

てエネルギー 回 収 の 間 の 優 れた 根 元 です。その 一 方

でほとんどの 大 量 の 建 設 資 材 は 埋 めたて 式 ごみ 廃 棄

において 終 了 しています。

5.2.1 生 物 の 材 料 : 食 物 、ファイバーおよび 生 物 燃 料

自 然 環 境 において 生 物 の 材 料 を 育 てることは 環 境 影

響 に 関 連 していなく、 肯 定 的 なインパクトをさらに

持 っているかもしれません。 収 穫 する(しかしながら)

こと、 不 足 と 環 境 影 響 の 両 方 をもたらします。 資 源

消 耗 あるいは 不 足 は 現 在 の 報 告 書 の 2 章 に 提 出 され

ます。 相 対 的 なライフ・サイクルに 基 づいた 研 究 に

おいて、 土 地 利 用 は 含 まれているが 直 接 ではありま

せん、 自 然 からの 資 源 抽 出 です。

図 5.1: 材 料 のライフ・サイクル

材 料 は 同 様 に 生 産 物 一 生 、そしてその 結 果 置 換 生 産

の 必 要 に 影 響 を 及 ぼします。 材 料 が 生 産 物 に 組 み 入

れられ、 機 能 性 を 提 供 するのは 生 産 物 であるので、

利 用 過 程 において 材 料 への 環 境 影 響 の 帰 着 は 問 題 で

す。しかしながら、 異 なる 材 料 を 使 用 する 設 計 代 案

の 分 析 は、 資 料 選 択 の 環 境 上 の 含 意 の 表 示 を 提 供 す

ることができます。 運 送 設 備 において、アルミニウ

ム、マグネシウムあるいはファイバー 合 成 物 のよう

な 軽 量 の 素 材 は 本 質 的 な 燃 料 貯 蓄 を 提 供 することが

できます。 家 において、 余 分 な 絶 縁 材 料 の 利 用 はさ

合 意 は、インパクト・ 分 類 として 生 物 の 資 源 の 消 耗

65


を 含 める 上 で、まだ 得 られていません。

農 産 物 と 材 料 を 育 てると 自 然 からの 生 物 の 材 料 とは

対 照 的 に、 多 くの 環 境 影 響 をもたらす 場 合 がありま

す。 公 害 問 題 が、 環 境 へ 使 用 されており 分 散 する 農

薬 から 生 じます。さらに、「 現 代 の」 農 業 はまさに 資

源 です、 集 中 的 (Reijnders と Huijbregts 2009)、 特

に、エネルギー 資 源 、 土 地 および 水 の 用 途 。 現 在 、

世 界 の 土 地 の お よ そ 半 分 は 、 完 全 な 水 利 用

(FAOSTAT 資 源 データベース※8)の 農 業 および 70%

に 使 用 されます。

工 業 プロセスと 比 較 して、 農 業 の 過 程 は、 資 源 利 用

の 本 質 的 に 低 い 効 率 を 持 っています。それは、より

汚 染 する 資 源 中 の 農 業 からの 食 物 、ファイバーおよ

び 燃 料 を 与 えます。 動 物 の 新 陳 代 謝 が 限 定 因 子 であ

る 場 合 、これは 特 に 動 物 性 食 品 には 真 実 です。 多 く

の 世 界 の 作 物 は 動 物 に 供 給 され、2050 年 (Aiking ら、

2006)に 世 界 的 な 穀 物 生 産 の 40-50%にこれが 増 大 す

ると 予 想 されます。

る 需 要 は、かなりの 多 量 の 土 地 および 水 を 要 求 され

るに 違 いありません。バイオマスによってエネルギ

ー 供 給 の 合 計 の 制 限 のある 小 片 のみに 遭 遇 しても、

そのような 作 物 の 需 要 は 関 連 する 環 境 影 響 (Cortula

ら、2008;UNEP。2009)を 備 えた 土 地 および 水 利 用

の 需 要 の 一 層 の 拡 張 を 意 味 して、 食 物 に 必 要 とされ

たその 分 を 超 過 するでしょう。

いくつかの 研 究 において、 農 業 からの 材 料 は 環 境 影

響 の 視 点 から 見 て 高 い 優 先 として 現 われます(セク

ション 5.4( 下 記 の)を 参 照 )。 様 々な 作 物 は、それらの

土 地 と 水 分 要 求 量 、および 耕 作 において 使 用 される

農 薬 に 基 づいて、 異 なってカウントします。 最 近 、

カーボンおよび 水 フットプリントは、 農 産 物 の 環 境

影 響 を 評 価 し 比 較 する 方 法 として、 前 に 置 かれまし

た。これも、より 多 くの 一 般 大 衆 (Gerbens-Leenes

ら、2009;Weidema ら、2008)の 目 にライフ・サイク

ルに 基 づいた 研 究 の 評 価 を 留 めさせる 機 会 と 見 なさ

れています。 例 は、 図 5.2 において 下 に 示 されます。

図 5.2: 総 計 は、 生 物 エネルギーのための 世 界 的 な 平 均 水 フットプリントに 有 効 にしました。

今 後 、 問 題 は 増 大 するでしょう。 増 大 する 人 口 は 供 これまでのところ、 一 致 は、 特 に 研 究 をフットプリ

・・・・・・・・・・・・・・・

給 されるに 違 いないだけでなく、 生 物 燃 料 の 増 大 す ントする 水 を 導 く 方 法 上 で 到 達 していません。しか

※8 http://faostat.fao.org/site/377/default.aspx(2010 年 4 月 12 日 にアクセス);1 つの 分 野 当 たりの 水 利 用 データを 含 ん

でいる AQUASTAT 主 要 国 データベース、そして http://www.fao.org/nr/water/aquastat/dbase/index.stm(2010 年 4 月

12 日 にアクセス)でアクセス 可 能 。

66


しながら、その 努 力 は 有 益 で、 価 値 のある 結 果 に 結

びつくと 正 当 な 時 間 で 予 想 されるかもしれません。

5.2.2 化 石 材 料 : 燃 料 と 化 学 薬 品

化 石 燃 料 はまだ 人 間 性 のエネルギー 供 給 の 基 礎 で、

巨 大 な 量 において 使 用 されます。 初 期 の 章 において

指 摘 されるように、それらは 特 に 多 くのインパク

ト・カテゴリーに 貢 献 します、 地 球 温 暖 化 、 酸 性 化 、

富 栄 養 化 と 毒 性 。 不 足 に 関 して、 地 質 学 の 石 油 備 蓄

の 範 囲 は 見 えます。 増 加 する 原 油 価 格 で、 代 替 化 石

燃 料 根 元 ( 例 えばタールサンド)は 潜 在 的 に 重 い 環 境

上 の 結 果 (シャルパンティエら、2009)と 一 緒 に、ま

すます 開 発 可 能 になっています。 材 料 アプローチに

おいて、エネルギー 資 源 (したがって 化 石 燃 料 )は、し

ばしば 他 のものに 起 因 します、ライフ・サイクルに

よる 非 化 石 燃 料 基 づいた 材 料 。 別 々に 占 められるの

ではなく、 金 属 を 採 掘 するかあるいは 肥 料 を 生 産 し

輸 送 するのに 必 要 なエネルギー 資 源 はそれらの 材 料

のインパクトに 貢 献 します。 包 括 的 な 概 観 を 作 り、

図 5.3:1kg の 第 一 次 金 属 の 地 球 上 の 生 態 毒 性 および

地 球 温 暖 化 への 貢 献 -- 標 準 化 されたデータ。

または、 優 先 事 項 を 決 める 場 合 、これは 問 題 です(セ

クション 5.4 を 参 照 )。

化 石 燃 料 は 多 くの 化 学 薬 品 の 根 拠 です。これらはプ

ラスチックを 含 んでいます、また、 産 業 と 家 計 にお

いて 使 用 される 他 の 多 くの 有 機 化 合 物 。そのような

化 学 薬 品 は、それらの 構 成 、それらの 利 用 の 性 質 お

よびそれらの 寿 命 末 期 の 管 理 に 左 右 されて、 大 規 模

な 環 境 影 響 を 持 つことができます。

5.2.3 鉱 物 の 材 料 :

金 属 および 建 設 資 材 金 属 は 要 素 (あるいは 要 素 の 混

合 )で、したがって、 絶 対 的 な 感 覚 において 消 耗 され

ません。しかし、2 章 において 指 摘 され、 資 源 パネ

ルの 金 属 (UNEP 2010)に 関 する 報 告 書 に、より 詳 細

に 論 じられたように、それらは 不 足 問 題 と 関 係 があ

ります。

金 属 の 環 境 影 響 は、 主 として 採 鉱 、 抽 出 および 精 製

段 階 と 関 係 があります。これらの 段 階 はまさに 集 中

的 なエネルギー 資 源 で、 本 質 的 な 空 気 、 水 および 土

壌 汚 染 (Althaus と Classen 2005;Classen ら、2007

年 ;Norgate ら、2007 年 ;Norgate と Ranklin 2000

および 2001 年 ;Allwood ら、2010)の 原 因 になりえま

す。 合 計 の 有 毒 汚 濁 負 荷 量 において、 金 属 は 重 要 な

役 割 を 果 たします(2 章 ( 上 記 )を 参 照 )。

金 属 は 要 素 、およびしたがって、 分 解 性 でないしか

し、 一 旦 環 境 において、それらが 消 えなければ、 土

と 沈 殿 物 に 蓄 積 してください。これは、 特 に 金 属 は

蓄 積 する( 例 えば 吟 唱 詩 人 、1999 年 ) 傾 向 がある 位 置

において、 人 間 および 生 態 系 健 康 に 影 響 します。 金

属 は 地 質 学 のルート、あるいは 土 過 程 経 由 で 生 物 学

上 利 用 不 可 能 になることができます。 同 様 に、それ

らの 危 険 な 可 能 性 はそれほど 有 害 でない 状 態 に、 変

形 ( 自 然 界 、 技 術 的 な 過 程 において)でなることができ

ます。

金 属 はそれらの 有 毒 インパクトに 関 して 比 較 するこ

とができます。 図 5.3 は、Ecoinvent LCI データベ

ース(Classen ら、2007)からのデータに 基 づいて、 地

球 上 の 生 態 毒 性 に 金 属 の 貢 献 を 示 します。

利 用 過 程 中 に 金 属 自 体 の( 例 えば 腐 食 によって) 排 出

と 大 部 分 の 間 の 毒 性 インパクトに 関 係 がないが 主 と

67


して 採 鉱 、 鉱 石 において 汚 染 物 質 の 排 出 によって 溶

解 すること、および 精 製 段 階 で 生 じることに 注 目 す

る、 化 石 燃 料 、あるいはこれらの 過 程 において 使 用

される 補 助 の 材 料 。 同 様 に、このデータベースにお

いてものからの 異 なる 採 鉱 および 精 製 技 術 が 異 なる

環 境 パフォーマンスに 結 びつくかもしれないことに

注 意 してください- 世 界 的 な 財 産 目 録 (より 持 続 可

能 な 金 属 生 産 技 術 への BAT の 技 術 および 新 しい 開

発 がよりよいパフォーマンスを 示 すかもしれなくて

特 定 )に 役 立 って、エコイベントデータベースが 技 術

の「 平 均 」 状 態 を 表 わしている 一 方 。これは、 金 属

に 関 するワーキンググループの 報 告 書 でさらに 入 念

に 作 られるでしょう。

今 日 の 採 鉱 および 抽 出 用 エネルギー 必 要 量 は 大 規 模

で( 世 界 のエネルギー 資 源 のおよそ 7%は 使 用 します、

金 属 分 野 に 入 る)、 完 全 な 世 界 的 なエネルギー 消 費

(IEA 2008;MacLean ら、2009)への 重 要 な 衝 撃 に 潜

在 的 に 結 びついて、 鉱 石 等 級 になることにより 増 大

するでしょう。

金 属 は、 図 5.3 も 示 すように、 地 球 温 暖 化 のような

エネルギー 資 源 に 関 連 する 問 題 にそれらが 貢 献 する

範 囲 において 著 しく 異 なります。

テーブル 5.1: 環 境 影 響 に 基 づいた 金 属 の 優 先 リスト

廃 棄 物 管 理 において、 金 属 は、 埋 めたて 式 ごみ 廃 棄

において 終 了 し、そこで、 遅 い 汚 染 の 源 を 形 成 する

かもしれません。 上 に 述 べられるように、 再 利 用 は

可 能 で、ますます 生 じます; 金 属 が 高 価 なように、 再

利 用 は 有 益 なビジネスになりえます。

再 利 用 、また 再 使 用 することと 同 様 に、エネルギ

ー 資 源 を 要 求 することは、 一 次 生 産 よりはるかにも

っと 有 益 なビジネスになりえます。したがって、 第 2

の 資 源 のより 大 規 模 なシェアは、インパクトを 著 し

く(Ayres ら、1997 年 ;Ignatenko ら、2008 年 ;ロイタ

ーら、2006 年 ;Allwood(2010 年 #6523)) 縮 小 すること

ができます。

LCI データおよび LCA インパクト・アセスメント 方

法 に 基 づいた 評 価 は、 採 鉱 と 精 製 のインパクトが 金

属 (テーブル 5.1) 間 に 異 なることを 示 します。1kg 当

たりのインパクトに 基 づいたランキングは 金 属 を 生

産 しました、リストの 一 番 上 の 希 尐 金 属 を 置 く、 不

足 に 基 づいた 優 先 リストにやや 似 ている。しかしな

がら 生 産 された 実 際 の 量 の 金 属 を 掛 けられた 時 最 高

位 の 変 化 : 多 量 に 生 産 された 金 属 は、 非 常 に 予 備 比 較

研 究 としてトップとしてで 終 わるように 見 えます。

(テーブル 5.1 を 参 照 )。

利 用 過 程 において、 消 散 的 な 排 出 はますます 重 要

です。これらは、 例 えば 銅 の 屋 根 、 建 物 のリードシ

ートあるいは 亜 鉛 フェンスの 腐 食 と 関 係 する 排 出 で

す。 同 様 に、 金 属 が、しばしば、 化 石 燃 料 または 燐

灰 岩 、 他 の 金 属 において 鉱 石 汚 染 物 質 として 生 じて、

それらのホスト 材 料 と 一 緒 に 環 境 に 放 射 されます。

機 能 的 な 金 属 流 れと 比 較 して、そのような 汚 染 物 質

の 流 れは 小 さいが、それらの 環 境 影 響 は 主 要 です: 一

旦 、 環 境 において、それらは 土 およびバイオマス(ヴ

ァン der フートら、2000)に 蓄 積 する 傾 向 があれば。

ライフ・サイクル 見 通 しにおいて、しかしながら、

これらの 排 出 は 金 属 に 起 因 せず、 化 石 燃 料 、リン 酸

肥 料 などに 起 因 します。

新 技 術 で 使 用 される 金 属 の 需 要 は 近 年 上 昇 しまし

た( 特 に 再 生 可 能 エネルギー 技 術 )。プラチナ、インジ

ウムおよびセレンのようなこれらの 金 属 は 不 足 し、-

または 副 産 物 として 主 として 採 掘 されます。1kg 当

たりのそれらの 高 いインパクトを 考 慮 して、これは

68


優 先 命 令 を 変 わらせるかもしれません。 他 の 場 所 で

生 産 された 金 属 はカドミウム( 亜 鉛 の 副 産 物 )および

水 銀 ( 天 然 ガスの 副 産 物 )を 含 んでいます。 生 産 された

金 属 の 問 題 は 非 常 にユニークです。

それらの 供 給 はそれらの 要 求 と 無 関 係 です。した

がって、 市 価 変 動 は 同 様 に 巨 大 な 価 格 変 動 をもたら

すかもしれません。そのようなで 生 産 された 金 属 を

段 階 的 になくすことを 目 指 したどんな 政 策 も、この

理 由 で 失 敗 し、 望 まれない 副 作 用 があります。 不 足

と 公 害 問 題 の 両 方 は、これらの 材 料 のために 異 なっ

て 作 用 します。 再 利 用 は、これらの 金 属 により 尐 数

のインパクト、 同 時 に 緩 和 する 不 足 問 題 を 供 給 する

選 択 権 です。しかしながら、これは 注 意 深 い 設 計 (ロ

イターら、2005;Buchert 2008)を 要 求 します、 要 求

間 にタイム・ラグがあります、また 急 速 に 増 大 する

適 用 のために 供 給 する、また、それは、 必 ずしも 持

続 可 能 性 の 視 点 (Hagelucken と Meskers 2009)から

見 て 最 良 の 選 択 権 だとは 限 らないかもしれません。

これらの 金 属 を 動 けなくするか 格 納 する 方 法 を 捜 す

ことは 時 々それほど 破 壊 的 ではないかもしれません。

(Huppes ら、1992)

金 属 については、 金 属 が 社 会 において 流 れること

を 明 示 することを 目 指 して、 多 くの 物 質 フロー 分 析

(SFA) 研 究 が 利 用 可 能 です。 最 近 、そのような 研 究 は、

金 属 (UNEP 2010)の 重 要 な 将 来 の 源 として 社 会 にス

トックを 含 んでいます。 消 散 的 な 排 出 (ヴァン der フ

ートら、2000)を 同 様 に 含 む 汚 染 指 向 の 尐 数 の SFA

研 究 があります。

構 築 鉱 物 ( 砂 、 小 石 、 粘 土 )は 非 常 に 大 量 の 中 で 使 用

されます。しかし、それらは 不 足 問 題 にめったに 関

連 していません。セメント 生 産 は、 過 程 に 関 連 する

CO2 排 出 ( 例 えばホルバート 2004)の 重 要 な 原 因 です。

しかしながら、 鉱 物 に 関 連 した 排 出 は、 一 般 に 大 規

模 な 規 模 利 用 にもかかわらず 制 限 されています。 抽

出 過 程 において、それは、 主 として 露 天 採 掘 の 時 の

エネルギー 消 費 、 微 粒 子 の 排 出 および 時 々 生 態 系 破

壊 を 含 みます。それらの 適 用 において、 重 要 な 土 地

利 用 インパクトは 発 生 する 場 合 があります。しかし、

これらはここで 評 価 されていません。

時 々、 建 物 の 暖 房 と 関 係 するエネルギー 消 費 は、

これらの 材 料 に 起 因 します;そのような 場 合 、インパ

クトは 重 要 になり 得 ることができます。 大 規 模 社 会

資 本 のインパクトは 生 息 地 分 割 を 含 んでいます。ま

た、 困 難 な 表 面 の 大 規 模 なエリアは、 水 管 理 での 問

題 をもたらす 場 合 があります-- 洪 水 および 乾 燥 問

題 の 両 方 です。

しかしながら、 上 に 議 論 されたとともに 特 定 の 材

料 にこれらの 利 用 過 程 インパクトを 関 連 させること

は 真 直 ぐではありません。そのような 材 料 の 埋 めた

て 式 ごみ 廃 棄 のインパクトが 制 限 された(Kien と

Ofori 2002)ので、 寿 命 末 期 の 処 理 はしばしば 制 限 さ

れています。 解 体 廃 棄 物 からの 石 綿 の 埋 め 立 てられ

た 石 膏 および 分 散 からの 故 意 でない 硫 化 水 素 生 成 を

含 む 建 設 資 材 の 寿 命 末 期 に 関 連 した 尐 数 の 特 定 の 問

題 があります。ますます、 再 利 用 に 対 する 選 択 権 は

開 発 されており 適 用 される(シュペリら、2009)。こ

れは、 処 女 材 料 の 抽 出 からのインパクトを 縮 小 し、

かつ 構 築 する 余 分 な 埋 めたて 式 ごみ 廃 棄 設 備 に 関 連

したインパクトを 回 避 するのを 支 援 するかもしれま

せん。

5.3 集 成 的 なアプローチおよび 優 先 順 位

上 記 から、 多 くの 研 究 、 特 定 の 材 料 の 財 産 目 録 あ

るいはグループの 材 料 があることは 明 らかです。 優

先 事 項 を 定 義 することができるために、1 つのフレ

ームワークにおいて 異 なる 材 料 を 集 めるアプローチ

は 必 要 です。 卖 一 のフレームワークに 異 なるタイプ

の 材 料 を 含 んでいるいくつかの 集 成 的 なアプローチ

は 存 在 するかあるいは 開 発 されています。これらの

アプローチは、 特 に「 衝 撃 緩 和 」(UNEP。2010)の

一 般 的 なフィールド 内 に 想 像 されます。それらの 尐

数 が 下 に 論 じられます。

最 初 のアプローチは 資 料 流 れ 会 計 (MFA)です。 経

69


済 全 体 に 渡 る MFA は、 資 料 での 国 家 経 済 のすべての 化 石 燃 料 および 農 業 の 作 物 を 後 続 させて、 最 大 の 国

入 力 および 出 力 の 完 全 な 概 観 、あるいはやや 多 量 流 内 の 資 料 消 費 を 表 わします。MFA アカウントは 資 料

れを 提 示 します。 国 内 環 境 からの 輸 入 品 および 抽 出 フローパターンにおいて 推 移 を 示 すために、 近 年 両

は 入 力 です。 輸 出 品 と 排 出 は 出 力 です。 違 い( 入 力 - 方 発 展 することおよび 先 進 国 のために 生 産 されまし

出 力 )は、 経 済 および 不 用 のことの 国 内 の 生 成 内 の 蓄 た。 農 業 社 会 は 主 としてバイオマスに 頼 ります。そ

積 および 排 出 (マシューズら、2000;モルら、2003)の の 一 方 で 産 業 化 は、 図 5.5 において 示 されるように、

合 計 です。 国 内 の 資 料 消 費 (DMC)のような MFA に 化 石 燃 料 および 構 築 鉱 物 と 関 係 する 新 素 材 流 れを 引

由 来 した 指 標 は、 資 料 消 費 の 総 計 を 表 わします。こ き 起 こしています。

れらのアカウントと 指 標 は、4~10 の 資 料 カテゴリ 図 5.5 は、 同 様 に 高 密 度 および 低 密 度 人 口 の 間 の

ー( 図 5.4)にしばしばより 詳 細 に 表 示 されます。 資 料 消 費 の 差 を 示 します。 濃 縮 人 口 の 効 率 利 点 を 示

図 5.4: 材 料 にカテゴリーへ 故 障 した 28 のヨーロッパ して、 諸 国 人 の 口 間 密 の度 2000 の 高 い 年 国 の 々に 毎 年 一 の 人 当 国 たりの 内 の 資 料 DMC 消 費 は( 一

人 当 たりのメートルトン)

一 般 に、はるかに 低 い。

図 5.5:2000 年 の 産 業 ・ 開 発 途 上 国 の 中 の 国 内 の 資 料 消 費 ( 一 人 当 たりのメートルトン)



鉱 物 は

70


時 々 多 量 に 基 づいた 指 標 は、 代 理 として 環 境 影 響

または 圧 力 に 使 用 されます。その 考 えは、その 性 質

に 関 係 なく、 材 料 の 抽 出 されたキログラムがそれぞ

れある 環 境 影 響 (マシューズら、2002)をもたらすと

いうことです。これは 確 かに 真 実 です。また、ある

程 度 まで、これは 有 効 になります: 国 家 経 済 の 総 計 の

水 準 では、それはあまり 強 固 ではありませんが、 多

量 とインパクトの 間 で 相 関 性 があるように 見 えます。

しかしながら、そのような 指 標 に 基 づいてセットす

る 優 先 事 項 は、 流 れの 重 量 が 鑑 識 眼 のある 基 準 であ

ることを 示 唆 するように 示 されたように、 卖 独 で 重

量 は、 材 料 (ヴァン der フート、2005)の 環 境 影 響 の

間 の 十 分 な 指 標 ではありません。

DMC のもう 一 つの 批 判 は、それがライフ・サイク

ル 見 通 しを 持 っていないということです。MFA に 関

連 する 様 々な 他 の 指 標 は 例 えば、これを 改 善 するた

めに 開 発 されています、 完 全 な 資 料 要 求 (TMR)また

合 計 資 料 消 費 (TMC)それが 外 国 、あるいは 原 料 相 当

物 (RME)( 等 価 に 要 求 された 量 の 原 料 (Glum ら、

2008)の 中 へのすべての 材 料 の 翻 訳 )の 概 念 に 位 置 し

ても、 材 料 の「 揺 りかご」を 含 んでいます。そのよ

うな 指 標 はライフ・サイクル 見 通 しを 含 んでいます

が、 特 定 の 環 境 影 響 を 反 映 しません。

特 にそれらの 環 境 影 響 の 点 から 異 なる 材 料 を 比 較

するために 開 発 されたアプローチは、 環 境 上 有 利 に

された 資 料 消 費 (EMC)(ヴァン der フートら、2005;

ヴァン der フートら、2004)です。

このアプローチは、LCA データに 由 来 した 資 料 の

1 キログラム 当 たりの 環 境 影 響 についての 情 報 と、

MFA アカウントおよび 他 の 基 礎 的 統 計 に 由 来 した

特 定 の 材 料 の 流 れについての 情 報 を 組 み 合 わせます。

材 料 のライフ・サイクルが 行 うすべての 排 出 は、 利

用 過 程 中 にエネルギー 消 費 と 関 係 する 排 出 を 例 外 と

して 含 まれています。これらは 別 々に 占 められ、 他

の 材 料 に 起 因 しません。1990 年 から 2000 年 までの

時 系 列 は 、 27 の 欧 州 連 合 の 国 お よ び ト ル コ

(EU-27+1)に 向 かって 存 在 します。1kg 当 たりの 流 れ

およびインパクトの 両 方 は、 約 12 桁 で 材 料 間 に 変 わ

るように 見 えます。したがって、それは、 比 較 的 小

さなインパクトを 持 つ 非 常 に 大 規 模 な 流 れ、および

比 較 的 大 規 模 なインパクトを 持 つ 非 常 に 小 さな 流 れ

にとって、まだ 可 能 です。その 後 、ライフ・サイク

ルを 横 切 った 1kg 当 たりのインパクトは、ライフ・

サイクル・インパクト・アセスメントを 備 えた 約 10

のインパクト・カテゴリーに 翻 訳 されます。

図 5.6 は、 資 料 流 れのインパクトの 分 析 のいくつ

かの 例 を 示 します。 代 替 インパクト・カテゴリーに

とって 重 要 なものとして、 異 なる 材 料 が 出 現 するこ

とが 理 解 されるかもしれません。 地 球 温 暖 化 につい

ては、 予 測 通 りに、 化 石 燃 料 は 重 要 です。

同 様 に、 農 業 の 材 料 が 成 長

中 の CO2 捕 獲 にもかかわ

らず、 地 球 温 暖 化 に 著 しく

貢 献 することは 注 目 すべき

です。

これはヨーロッパの 農 業 の

集 中 的 な 性 質 によります。

71


同 様 に、 農 業 の 材 料 が 成 長 中 の CO2 捕 獲 にもかかわ

らず、 地 球 温 暖 化 に 著 しく 貢 献 することは 注 目 すべ

きです。これはヨーロッパの 農 業 の 集 中 的 な 性 質 に

よります。プラスチックと 金 属 は 人 間 の 毒 性 インパ

クト・カテゴリーにとって 重 要 です。 土 地 利 用 につ

いては、 予 測 通 りに、 生 物 の 材 料 は 完 全 に 支 配 しま

す。 全 面 的 な 評 価 を 引 き 出 すために、インパクト・

カテゴリーは 重 みを 加 える 手 続 きを 使 用 して、 総 計

なられます。これらのインパクト・カテゴリーへの

貢 献 は、 材 料 中 に 広 く 変 わります。

インパクトに 基 づいた 材 料 をセットする 優 先 に 関 す

る 詳 細 な 研 究 は、ドイツの 連 邦 政 府 (Dehoust ら、

2004)のために 行 なわれました。インパクト- 主 にエ

ネルギー 資 源 および 資 源 抽 出 に 関 連 させられた― 多

くの 過 程 および 商 品 の、インパクト・カテゴリー 間

の 同 等 のものを 有 利 にすることを 使 用 して、ライ

フ・サイクル 方 式 で 比 較 されました。この 練 習 の 目

的 はより 進 んだ 調 査 図 5.7 の 最 も 重 要 な 材 料 を 選 抜

することでした、Dehoust ら(2004)によって 始 まり

ます。

図 5.6: 環 境 問 題 (100%でセットされた 10 の 資 料 グループに 達 する)を 合 計 するグループの 製 品 原 材 料 お

よび EU-27+トルコ、2000 年 の 相 対 的 寄 与 率

注 :これらの 著 者 からのより 最 近 の 研 究 は 次 のことを 示 します、この 中 の 結 果 、 林 業 ( 森 および 紙 とボー

ドの 生 産 物 )から 土 地 利 用 競 争 までバイオマスの 貢 献 を 過 小 評 価 します。したがって、 土 地 利 用 競 争 へ

のこの 資 料 カテゴリーの 貢 献 はこの 図 の 中 で 示 されたより 高 いかもしれません。さらに 詳 しい 情 報 に

ついては、ヴァン der フートら(2009)を 参 照 してください。

72


それは、それらがドイツのために 識 別 する(X 軸 で 表

わされた) 環 境 影 響 指 標 の 尐 なくとも 1 つに 5% 以 上

を 与 える、 産 業 ( 有 色 のライン)のある 分 野 で 作 られた

商 品 の%(Y 軸 )で 貢 献 を 示 します。 相 似 形 は 総 計 資 料

のタイプでなられて、 消 費 財 のために 作 られました。

生 産 された 商 品 はある 産 業 からの 生 産 物 として 定 義

されます。ほとんどの 場 合 、これらは 材 料 であると

証 明 することができます。これらの 商 品 のライフ・

サイクルは 含 まれていません: 例 えば、 加 工 肉 はそう

です、1 つの、 牧 畜 からの 生 産 物 です。 同 様 に 基 準

が 物 理 的 な 経 済 からのインパクト、 不 足 問 題 および

指 標 の 混 合 であることに 注 意 してください。

これらのような 集 成 的 な 努 力 で 常 に 生 じるいくつか

の 特 定 の 問 題 があります。 大 いに、それらは、 指 標

(UNEP 2010)の 衝 撃 を 緩 和 する 構 成 に 影 響 する 問 題

に 似 ています。それらは 次 のとおりです:

・ 完 全 性

優 先 事 項 を 決 めることは、 概 観 が 包 括 的 であるべき

であることを 示 唆 します。 様 々なアプローチは、こ

の 上 で 異 なって 得 点 します。MFA アカウントおよび

投 入 産 出 表 は 原 則 としてはあります、 他 のものがそ

うでない 間 包 括 的 。 包 括 的 でないことの 理 由 は 多 く

の 場 合 実 際 的 です。 詳 細 の 要 求 された 水 準 を 考 慮 し

て、 情 報 は 欠 けています。EMC のアプローチにおい

て、 物 質 勘 定 は 統 計 データの 不 足 によりすべての 材

料 のために 設 計 図 に 書 くことができません。

・ 詳 細 の 水 準 。

優 先 事 項 を 決 めることは、 様 々な 材 料 を 十 分 詳 細 に

識 別 することができることを 意 味 します。ここで、

MFA と 投 入 産 出 分 析 のアプローチは 欠 けています。

MFA は 特 定 の 材 料 を 追 跡 することを 可 能 にしませ

ん。その 一 方 で IO は 扇 形 の 構 造 を 持 っています。そ

れは、いずれにしても 材 料 を 識 別 することを 困 難 に

します。

・システムの 一 貫 性

これは、 二 重 計 算 と 整 列 するシステム 境 界 の 問 題 を

指 します。EMC のアプローチは、 二 重 計 算 ( 例 えば

肥 料 が 小 麦 鎖 の 中 で 使 用 され、その 排 出 が 小 麦 鎖 に

同 様 に 起 因 するので、 小 麦 がライフ・サイクル 見 通

しの 中 で 二 重 計 算 へ 導 く 材 料 としての 卓 越 した 両 方

の 肥 料 および 小 麦 )に 特 に 弱 い。システム 境 界 に 関 し

て、 地 理 的 なシステムとライフ・サイクルに 基 づい

たシステムの 相 違 は 適 切 です。ライフ・サイクルに

基 づいたシステムは、 輸 入 材 料 の 揺 りかごおよび 輸

入 廃 棄 物 の 墓 が 占 められる 点 で 地 理 的 なシステムと

異 なります。MFA と IO のシステムは 基 本 的 に 地 理

的 です。その 一 方 で EMC は 基 本 的 に 基 づいたライ

フ・サイクルです。

・ 重 みを 加 える 必 要 性

優 先 事 項 を 決 める 場 合 、 総 計 のシステムはすべてな

んとかしてどこかに、 主 観 的 なステップを 入 れなけ

ればなりません。 時 々、このステップは 手 続 き

(Hertwich ら、2000)の 中 に 隠 されます。MFA 指 標

は、 重 量 上 で 暗 黙 に 優 先 順 位 を 付 けます。 投 入 産 出

分 析 と EMC は、 排 出 あるいはインパクト・カテゴ

リーが 他 のものより 本 質 的 に 厳 しい 理 解 かコンセン

サスに 基 づいて、 排 出 またはインパクトのカテゴリ

ーに 重 量 を 置 かなければなりません。この 主 観 的 な

ステップはまだ 長 年 の 討 論 の 原 因 で、 未 決 着 です。

優 先 順 位 の 基 準 の 選 択 が 常 に 価 値 があるので、これ

が 任 意 の 包 括 的 な 優 先 順 位 の 避 けられないステップ

であることを 理 解 することは 重 要 です。 議 論 される

必 要 のある 最 後 の 問 題 は、 異 なる 材 料 あるいは 資 源

の 利 用 が 連 結 されるという(Graedel とヴァンの der

フート 2009) 事 実 です。エネルギー 資 源 は、すべて

の 材 料 の 生 産 および 廃 棄 物 管 理 に 必 要 です。 同 じこ

とは 土 地 と 水 のために 異 なる 段 階 で 真 実 です。 重 要

なリンケージを 識 別 する 必 要 があります。 明 瞭 な 例

は 生 物 エネルギーと 土 地 の 間 のリンクです: 生 物 エネ

ルギーへの 変 更 を 推 測 して、 土 地 有 効 性 は 拘 束 力 の

ある 強 制 になります。 同 じことは 生 物 エネルギーと

水 を 申 し 込 みます。

もう 一 つの 例 はエネルギー 資 源 と 金 属 の 間 のリン

ケージです。 現 在 、 世 界 のエネルギー 消 費 の 約 7%は

73


金 属 鉱 業 および 精 製 所 (IEA、2008 年 )に 行 きます。

傾 く 鉱 石 等 級 で、エネルギー 必 要 量 はもう 一 つの 明

瞭 な 制 約 を 主 張 して、より 高 く 桁 になることができ

ました。 資 源 の 間 のそのようなリンクを 識 別 し、 理

解 し、モデル 化 することは 優 先 事 項 を 決 めることに

は 非 常 に 適 切 な 結 果 と 一 緒 に、 非 常 に 重 要 な 研 究 活

動 でしょう。5.4 要 約 および 結 論

本 章 は、この 報 告 書 の 4 番 目 の 中 央 の 疑 問 に 答 え

ることを 目 標 としました:どの 材 料 がそれらのライ

フ・サイクルを 横 切 って 最 も 大 きな 環 境 影 響 を 持 っ

ているか。-いくつかの 研 究 はそのような 優 先 リスト

を 生 産 しました。ある 量 の 収 束 があるところに、こ

れらのリストは 同 様 に 方 法 論 に 左 右 されて、 変 わる

かもしれません。

データベースを 使 用 した、 研 究 の 数 は 現 在 まで 全 く

尐 ない。これは、 本 章 の 結 果 が 制 限 のある 情 報 に 依

存 することを 示 唆 します。 資 料 流 れに 基 づいた 研 究

は 1 を 分 析 します。 材 料 のみの 多 量 流 れに 基 づいた

指 標 を 使 用 してください。 結 果 として、 大 きく、 砂

と 小 石 のような 材 料 、 化 石 燃 料 およびバイオマスの

流 れが、 優 先 事 項 として 現 われます。TMR でのよう

に、 隠 され 国 際 的 な 流 れが 含 まれている 場 合 、 採 鉱

と 関 係 する 大 規 模 な 流 れは 目 に 見 えるようになりま

す。また、 金 属 も 材 料 の 優 先 グループであると 証 明

されるかもしれません。より 正 確 な 優 先 事 項 は 蒸 留

することができません。また、MFA も、そのような

優 先 事 項 を 確 立 することは 目 指 していません。

図 5.7: 環 境 影 響 を 合 計 する 生 産 された 商 品 の 分 類 された 貢 献

74


研 究 は、 資 料 流 れのボリュームに 加 えての kg 資 料 に

ついてインパクトが 多 尐 異 なる 図 を 示 すことを 考 慮

に 入 れます:

しての 高 い 土 地 利 用 などです。 農 業 のバイオマスの

生 産 ( 特 に 動 物 性 食 品 )はあり、ほとんどの 工 業 プロセ

スと 比 較 して、 非 能 率 的 な 変 形 過 程 のままでしょう。

a.EMC の 研 究 (ヴァン der フート a。ら、2005)から、

材 料 は 異 なるインパクト・カテゴリー 上 で 異 なって

得 点 するように 見 えます。これは、どの 材 料 が 優 先

事 項 として 現 われるか、 重 みを 加 えることが 決 める

ことを 示 唆 します。しかしながら、 重 みを 加 える 方

法 にもかかわらず、 優 先 事 項 が 使 用 したことに、い

くらかは 表 れます。 一 般 的 な 様 式 はそれで、 非 常 に

小 さな 流 れ、それらが 非 常 に 高 いインパクト 可 能 性

を 持 っている 場 合 でさえ、 優 先 リストを 入 力 しませ

ん。スペクトルのもう 1 つの 端 に、 非 常 に 低 いイン

パクト 可 能 性 を 備 えた 非 常 に 大 規 模 な 流 れは、 優 先

リスト 上 で 高 くも 得 点 しません。EMC の 研 究 で 識 別

された 重 要 な 優 先 事 項 は、1 つを 越 えるインパクト・

カテゴリー 上 の 合 理 的 に 高 いスコアを 備 えた 大 規 模

な 資 料 流 れです。それらは、 特 に 農 業 および 化 石 燃

料 (プラスチックを 含 んで)からの、および 大 量 の 金 属

が 堅 くするある 程 度 およびアルミニウムまで 材 料 で

す。

b.Dehoust および 同 僚 (2004)は、 同 様 に 農 産 品 を、

優 先 事 項 、 特 に 肉 および 乳 製 品 であると 証 明 しまし

た。 化 石 燃 料 エリアにおいて、 石 油 と 石 油 の 生 産 物

およびプラスチックは 高 得 点 者 です。 鋼 と 乗 用 車 は

金 属 カテゴリーの 中 で 述 べられます。EMC の 調 査 結

果 に 反 して、 建 設 資 材 は 重 要 です: 岩 、 石 で 関 連 させ

られた 鉱 物 性 生 産 品 、セメントおよびコンクリート。

これらの 調 査 結 果 をまとめて、 下 記 を 終 えることは

合 理 的 に 見 えます:

1. 農 産 品 および 生 物 の 材 料 。

研 究 はそれらの 重 要 に 集 まります。 特 にインパクト

に 基 づいた 研 究 、 一 層 のハイライト、 動 物 性 食 品 の

相 対 的 重 要 度 、どれのために、 間 接 的 に、 多 くの 世

界 の 作 物 を 生 まなければなりません、 例 えば 結 果 と

2. 化 石 燃 料 。 研 究 はそれらの 重 要 性 に 集 まります。

重 要 で、 主 要 であるものとして、それらは 現 われま

す。

3. 金 属 :

多 くの 金 属 は、それらの 流 れの 相 対 的 なサイズを 考

慮 して、1kg 当 たりの 高 いインパクトを 他 の 材 料 と

比 較 しますが、 鉄 、 鋼 およびアルミニウムだけが 優

先 リストを 入 力 します。 今 後 、これは、 鉱 石 等 級 悪

化 あるいは 需 要 増 の 圧 力 の 下 で 変 化 するかもしれま

せん。

研 究 は 建 設 資 材 の 問 題 で 一 致 しません。それらの 重

量 が 大 規 模 であるので、DMC のような 多 量 に 基 づい

た 指 標 を 使 用 して、 研 究 においてそれらは 重 要 です。

まだ、 示 されたように、 卖 独 で 重 量 は、 材 料 (ヴァン

der フートら、2005 年 )の 環 境 影 響 の 間 の 十 分 な 指 標

ではありません。EMC において、それらは 含 まれて

いますが、それらの 非 常 に 低 いインパクト・ファク

ターにより 些 細 なものとして 表 れます。Dehoust ら

(2004)それらを 高 いインパクト 材 料 であると 証 明 し

てください。 恐 らく 違 いは、 研 究 の 中 で 用 いられる

相 違 する 方 法 論 およびシステム 境 界 によります。

多 くの 金 属 はそれら

の 流 れの 相 対 的 なサ

イズを 考 慮 して、1kg

当 たりの 高 いインパ

クトを 他 の 材 料 と 比

較 しますが、 鉄 、 鋼

およびアルミニウム

だけが 優 先 リストを

提 起 します。

75


6 調 査 結 果 と 結 論

6.1 はじめに

本 報 告 書 では、 大 陸 か 世 界 レベルにおける 材 料 の

消 費 量 カテゴリーと 環 境 資 源 への 影 響 に 関 しての

研 究 を 評 価 しています。レポートでは 次 の 問 題 に

関 して 使 える 知 識 を 見 直 し、 活 かしました。 第 2

章 では 初 めに、どの 圧 力 が 現 在 の 経 済 システムか

ら 生 態 系 や 人 間 の 健 康 、 資 源 の 有 効 性 に 最 も 影 響

するか 問 題 を 提 起 しました。 私 達 はどの 経 済 機 関

が、 工 業 生 産 の 見 解 ( 第 3 章 )、 最 終 的 な 消 費 の 観

点 ( 第 4 章 )、 材 料 の 使 用 の 観 点 ( 第 5 章 )にて、

圧 力 の 影 響 に 最 も 関 連 しているか 分 析 しました。

私 達 は 初 めに、 科 学 の 限 界 ( 第 6.2 節 )、3 つの 視

点 からの 優 先 されるもの( 第 6.3-6.5 節 )、 そして

今 後 の 展 望 、 統 合 した 結 論 、および 推 奨 事 項 や 研

究 ( 第 6.6-6.7 節 )に 関 して 議 論 します。

の 影 響 を 関 連 づけることは 非 常 に 難 しいので、こ

れは 驚 くべきことでありません。 非 生 物 資 源 の 競

争 はあまり 理 解 されておらず、 論 争 の 余 地 があり

ます。 代 用 の 技 術 的 問 題 、 合 成 した 製 品 の 中 の 金

属 や 他 の 材 料 のリサイクルをする 新 技 術 の 資 源 条

件 、 鉱 石 等 級 を 減 尐 させる 経 済 ・ 環 境 でのコスト

を 扱 うデータ 及 び、 科 学 的 な 分 析 が 不 足 していま

す。 生 態 系 への 影 響 については、 特 に 生 息 地 の 変

化 と 生 物 資 源 の 利 用 のために、より 優 れたデータ

や 分 析 、 影 響 評 価 方 法 が 求 められています。 情 報

の 有 効 性 において 地 域 間 格 差 があります。 消 費 カ

テゴリーおよび 製 品 については、 研 究 はほとんど

の OECD 諸 国 に 存 在 しています。ほとんどの 研 究

は、 化 石 燃 料 、エネルギー、 温 室 効 果 ガス 排 出 量

と、 気 候 変 動 に 焦 点 を 当 てています。 一 方 で 尐 数

の 研 究 は、 他 の 汚 染 のタイプ( 酸 性 化 、 富 栄 養 化 、

光 化 学 スモッグの 形 成 、 毒 性 など)を 含 め、それ

らの 分 析 を 拡 大 しています。 利 用 可 能 な 評 価 が 第 2

6.2 利 用 可 能 な 科 学 の 制 限

このレポートでは、 相 当 な 数 の 研 究 が 生 産 、 消 費 、

材 料 の 観 点 から 環 境 負 荷 で 最 も 重 要 な 原 因 を 評 価

するのに 助 けになることを 示 しました。 私 達 は 次

のセクションで 示 すように、これらの 異 なった 研

究 、 異 なる 視 点 のポイントに 一 貫 性 のある 全 体 像

を 描 きました。それゆえに、 提 示 する 結 論 は 強 い

とみなされます。したがって、 利 用 できる 一 定 の

科 学 の 制 限 に 適 用 されます。いくつかの 研 究 では

製 品 や 材 料 の 優 先 されるものであるリストを 開 発

するために 行 われましたが、この 目 的 において 使

用 できる 情 報 は、 家 庭 の 消 費 や 材 料 のライフサイ

クルアセスメントなどに 存 在 しています。 優 先 さ

れるものであるの 影 響 に 関 して 私 達 は、 公 害 によ

る 影 響 は 一 般 的 に 人 間 の 活 動 が 環 境 に 与 える 影 響

を 見 る 上 で 生 態 系 の 生 息 地 への 影 響 が 評 価 される

ため、 優 れていると 結 論 することができます。 特

定 の 資 源 、 経 済 活 動 、 消 費 カテゴリーに 生 態 系 へ

章 にて 重 要 であると 確 認 されたすべての 環 境 影 響

を 一 般 的 にカバーするとは 限 りません。 消 費 指 向

の 研 究 は、エネルギーと 気 候 変 動 の 影 響 をカバー

し、ほんの 尐 しの 発 展 途 上 国 のために 存 在 してい

ます。 材 料 については、 優 先 されるものでの 研 究

では、ヨーロッパのために 存 在 しています。 国 家

経 済 に 与 える 影 響 の 広 い 範 囲 を 指 定 する 研 究 の 一

般 的 な 問 題 は、その 集 計 です。 総 合 的 な 判 定 、ま

たは 優 先 されるものを 設 定 する 必 要 がある 場 合 は、

集 計 すべての 環 境 影 響 と 同 様 に 社 会 経 済 システム

の 部 分 において 可 能 でなければなりません。 集 約

の 経 済 活 動 は、 多 くの 場 合 、 例 として GDP が 金 銭

の 面 で 行 われます。ライフサイクルの 研 究 だけで

なく、 経 済 全 体 の 排 出 棚 卸 資 産 の 使 用 における 環

境 圧 については、 様 々なオプション、 集 計 排 出 量

および 抽 出 するために 存 在 します。 異 なる 環 境 影

響 と 様 々な 資 源 の 务 化 が 原 則 としてあるため、 価

値 判 断 が 必 要 であり、 異 なる 圧 力 のランキングか

77


重 みの 正 当 な 選 択 、それは 活 動 の 優 先 されるもの

のために 必 要 です。(Hertwich et al. 2000)

・ 農 業 とバイオマスを 使 用 する 活 動 。

先 進 諸 国 で 加 えられる 価 値 は 限 られたシェアにも

関 わらず、この 部 門 は 多 くの 環 境 影 響 に 関 連 して

環 境 圧 の 比 較 を 助 ける 集 計 、また 重 みを 加 える 組

織 が 存 在 します: 特 定 のエンドポイントに 対 する

様 々なストレスの 影 響 の 比 較 評 価 、 人 間 の 健 康 や

生 態 系 のタイプであるにしろ、 特 性 評 価 と 重 みを

加 えるのは、ライフサイクルアセスメントや 生 態

系 サービス、 外 部 コストの 評 価 において 使 われま

す。どれも 一 般 的 に 受 け 入 れられたわけではなく、

これらの 評 価 はしばしば 矛 盾 するため、 私 達 が 影

響 を 理 解 する 際 に 不 確 実 性 なため 悩 みます。 異 な

る 評 価 が、すべて 同 じ 方 向 で 指 す 時 だけ 強 い 結 論

を 引 き 出 すことができます。それでも 様 々な 影 響

カテゴリー 間 で 正 確 な 取 引 は、 影 響 レベルがかな

り 類 似 している 状 況 であり、 注 意 する 必 要 がある

問 題 です。 多 くの 場 合 に、 困 難 な 価 値 判 断 をする

ことなく、 最 も 大 きな 環 境 影 響 を 確 認 することは

非 常 に 簡 単 です、なぜなら 異 なる 影 響 が 互 いにし

ばしば 関 連 しているからです。(Huijbregts et al.

2006)

います。この 部 門 はグローバルに 土 地 と 水 使 用 で

大 部 分 ものに 対 して 責 任 があり、 生 息 環 境 の 喪 失

と 生 態 系 に 対 して 負 の 影 響 につながります。 農 薬

の 使 用 は、 生 態 毒 性 、 富 栄 養 化 とリン 資 源 の 消 耗

に 関 連 しています。 集 約 的 な 農 業 は、 本 質 的 なエ

ネルギー 消 費 に 関 連 しています。 土 壌 とバイオマ

ス 炭 素 の 損 失 は、 気 候 変 動 に 寄 与 します。 作 物 、

害 虫 や 生 物 学 的 ペストコントロールは 外 来 種 の 問

題 と 関 係 しています: 外 来 種 問 題 は、 農 業 にも 関

係 します。もう 一 方 で、 農 業 は 環 境 資 源 に 貢 献 す

ることができ、 例 えば 土 壌 中 の 生 物 多 様 性 におい

て、 多 様 な 生 息 地 を 通 して 結 合 炭 素 を 増 加 させま

す。 農 業 の 影 響 はこのように、 特 定 活 動 はかなり

の 度 合 いで 資 源 管 理 システムに 依 存 します。

・ 水 産 。

資 源 の 乱 獲 は、 産 業 の 漁 場 からの 比 較 的 高 い 排 出

量 と 同 様 に、 明 白 にこの 分 野 に 関 係 しています。

この 部 門 は、 確 かに 環 境 影 響 の 観 点 から 注 意 する

6.3 生 産 の 視 点 : 優 先 度 の 経 済 活 動

活 動 や 部 門 の 点 で 経 済 を 知 覚 することは、 経 済 シ

ステムに 環 境 影 響 が 起 因 すると 考 えられる 手 段 を

提 供 し、 以 下 のような 結 論 になります:

必 要 があります。

6.4 消 費 展 望 : 優 先 的 な 消 費 集 団

以 下 の 消 費 集 団 は、 環 境 圧 に 大 幅 に 寄 与 します:

・ 化 石 燃 料 燃 焼 を 含 んでいる 生 産 工 程 。

電 気 ユーティリティのような、 大 量 の 化 石 燃 料 を

燃 焼 する 活 動 は、 金 属 生 産 、 住 居 の 暖 房 、 輸 送 と

エネルギー 集 約 型 の 産 業 活 動 は、 気 候 変 動 や 非 生

物 的 な 資 源 枯 渇 の、そして 時 には 富 栄 養 化 、 酸 性

化 や 毒 性 になる 寄 与 の 一 つです。 特 に 化 石 燃 料 発

電 所 は、 最 大 の 化 石 の 燃 料 消 費 に 対 して 責 任 があ

り、これらの 問 題 に 寄 与 します。 化 石 燃 料 の 抽 出

と 処 理 は、 相 当 な 影 響 を 引 き 起 こします。

・ 食 品 。

食 糧 生 産 は、 土 地 利 用 と 生 息 地 変 化 、 水 利 用 、 漁

場 の 乱 獲 、 汚 染 窒 素 とリンが 最 も 重 要 な 影 響 です。

貧 困 国 では、それは 温 室 効 果 ガス(CH4 と N2O)

の 排 出 において 最 も 重 要 な 原 因 です。 排 出 と 土 地

利 用 は、 飼 料 に 強 くに 依 存 してします。 動 物 性 食

品 ( 肉 と 酪 農 )は、 一 般 的 により 多 くの 資 源 を 必

要 とし、 植 物 ベースに 基 づいた 代 案 よりも 高 い 排

出 量 を 引 き 起 こします。さらに 非 季 節 果 物 と 野 菜

78


は 温 室 栽 培 、 冷 凍 保 存 、 飛 行 機 で 輸 送 される 際 に、

相 当 な 排 出 量 を 引 き 起 こします。 総 摂 食 量 と 豊 富

な 動 物 性 カロリーの 増 加 に 占 める 割 合 では、 豊 か

な 国 の 栄 養 は 貧 困 国 よりも 高 い 環 境 影 響 を 引 き 起

こす 傾 向 があります。

・ 住 宅 。

建 物 は、エネルギーと 多 くの 材 料 の 中 で 最 も 重 要

な 最 終 消 費 者 です。それらは、 温 室 効 果 ガス、 粒

子 状 物 質 とその 前 の 本 質 的 な 直 接 的 および 間 接 的

な 排 出 につながります。 自 由 な 燃 焼 による 屋 内 空

気 汚 染 は 途 上 国 の 主 要 な 健 康 上 の 問 題 です。ほと

んどの 影 響 については、 燃 料 の 燃 焼 や 化 石 燃 料 に

基 づいた 電 気 の 使 用 は、 住 宅 から 全 体 の 影 響 に 最

も 寄 与 しています。 裕 福 な 国 にとって、 建 設 、 資

材 の 生 産 量 は 粒 子 状 物 質 の 最 大 の 原 因 です。

・ 機 動 性 。

機 動 性 は、 生 息 地 断 片 化 、 温 室 効 果 ガス 排 出 と 酸

旅 行 距 離 での 速 い 交 通 手 段 の 需 要 は 富 に 強 く 依 存

しているので、 国 がより 豊 かになることにより 機

動 性 からの 圧 力 は、 急 速 に 増 加 します。 個 人 の 乗

り 物 は、 機 動 性 からの 影 響 への 最 大 の 要 因 です。

航 空 からの 排 出 量 はまだ 尐 ないですが、 富 を 増 や

すことで 急 速 に 増 加 し、 他 の 排 出 をしのぐ 可 能 性

があります。さらに、 航 空 は 特 に 排 出 に 対 して 弱

い 大 気 の 高 い 層 で 発 生 します。

・ 工 業 製 品 ( 特 に 電 気 機 器 )

工 業 製 品 は 多 くの 場 合 、 別 々のカテゴリーと 認 識

されず、 豊 かな 国 の 二 酸 化 炭 素 排 出 量 の 第 2 か 第 3

番 に 重 要 な 要 因 です。 排 出 への 寄 与 は 富 とともに、

機 動 性 と 同 じくらいの 早 さで 上 昇 します。 製 造 さ

れた 製 品 はグローバルに 取 引 され、それらの 貢 献

は 複 雑 なサプライチェーンにより、しばしば 正 し

く 評 価 されないことがあります。 消 費 が 先 進 国 で

主 に 起 こる 間 、 製 造 によって 汚 染 排 出 が 相 当 高 い

割 合 で 発 展 途 上 国 において 発 生 します。

性 前 駆 物 質 ( 主 に NOx、 船 からの SO2)の 排 出 の

重 要 な 原 因 です。 純 粋 な 粒 子 状 物 質 と 他 は、 空 気

汚 染 物 質 です。

機 動 性 は、 生 息

地 断 片 化 、 温 室

効 果 ガス 排 出 と

酸 性 前 駆 物 質 、

純 粋 な 粒 子 状 物

質 と 他 の 空 気 汚

染 物 質 が 排 出 の

主 な 原 因 です

79


6.5 材 料 の 視 点 : 優 先 度 の 材 料

資 源 カテゴリー 及 び 材 料 の 評 価 から、 以 下 の 結 論

は 環 境 影 響 に 関 して 出 すことが 出 来 ます:

・ 化 石 燃 料 抽 出 は 大 量 の 用 語 の 中 で 最 も 重 要 な

材 料 のうちの 一 つだけでなく、それは 環 境 务 化 で

最 も 重 要 な 要 因 のうちの 一 つです。それは 鉱 業 と

・ 抽 出 し、その 構 造 や 材 料 特 性 に 使 用 される 精 製

材 料 をエネルギー 源 としてではなく、 多 くの 汚 染

への 相 当 な 寄 与 と 資 源 関 連 の 影 響 カテゴリーにあ

るが、 全 体 の 重 要 性 は 化 石 燃 料 または 農 業 の 素 材

よりも 尐 ないです。プラスチック 製 品 と 鉄 鋼 は、

環 境 影 響 への 貢 献 に 関 して 最 も 重 要 な 素 材 です。

そのすべての 地 域 の 生 態 系 への 影 響 に 関 係 し、 電

気 、 熱 や 輸 送 のための 燃 料 の 燃 焼 は、 温 室 効 果 ガ

ス( 特 に CO2) 最 も 大 きな 排 出 を 引 き 起 こします。

化 石 燃 料 は、 多 くの 他 の 大 気 への 排 出 、 特 に SO2、

NOx と 微 粒 子 だけではなく、 多 環 式 芳 香 族 炭 化 水

素 類 (PAH)と 重 金 属 の 源 でもあります。

・ 農 業 資 源 ( 特 に 動 物 性 製 品 )は 多 数 の 影 響

カテゴリーへの 寄 与 に 関 する 点 でから、 非 常 に 重

要 な 具 体 的 な 流 れでもあります。 人 々ではなく 動

物 に 食 物 を 与 えるために、 世 界 の 作 物 の 半 分 より

多 くのものが 用 いられ、 動 物 性 製 品 は 重 要 です。

土 地 と 水 使 用 、 窒 素 とリンによる 汚 染 、 及 び 土 地

利 用 と 化 石 燃 料 の 使 用 からの 温 室 効 果 ガス 排 出 は、

相 当 な 環 境 影 響 を 引 き 起 こします。

6.6 統 合 の 結 論 と 今 後 の 展 望

6.6.1 統 合

第 2 章 で 示 したように 経 済 活 動 は、 特 に 生 態 系 健

康 と 資 源 利 用 性 に 対 する 重 要 な 圧 力 をもたらしま

す。 漁 場 と、 小 さい 範 囲 で 森 の 過 剰 開 発 がありま

す。 気 候 変 動 と 関 連 する 化 石 燃 料 の 消 費 に 関 連 す

る 危 険 は、 最 新 の IPCC レビュー(IPCC、2007)

とスターン 報 告 (Stern、2006)で 広 範 囲 に 記 載 さ

れています。 需 要 予 測 は、いくつかの 非 生 物 的 な

資 源 ( 多 尐 の 金 属 と 油 とガス)の 消 費 が 供 給 を 上

回 り、 現 在 の 世 紀 以 内 で 利 用 できる 量 を 超 えるか

もしれないことを 示 しています。 水 は 世 界 の 多 く

の 地 域 で 希 尐 な 必 需 品 となっています。

動 物 性 製 品 ( 肉

と 酪 農 )は、 一

般 に よ り 多 く

の 資 源 を 必 要

として、 植 物 に

拠 点 を 置 く 選

択 肢 よ り 高 い

排 出 を 引 き 起

こします。

80


環 境 圧 による 人 間 の 健 康 への 危 険 は、 主 に 栄 養 失

調 、 清 潔 な 水 へのアクセスの 不 足 と 公 衆 衛 生 を 悪

化 させることです。 鉛 の 排 出 、 気 候 変 動 、 都 市 の

大 気 汚 染 と 職 業 的 露 出 のような 狭 い 範 囲 における

環 境 要 因 の 関 連 性 は 低 く、 今 日 の 病 気 の 負 担 によ

り 8.5%の 上 昇 の 要 因 となっています。

ることができます。

6.6.2 将 来 展 望

経 済 システムがすでに、 環 境 に 重 要 な 圧 力 を 与 え

ており、 以 下 の 概 略 は 今 後 の 発 展 のために 重 要 な

要 因 になることができます。 一 般 的 に、 今 後 数 十

年 は、まだ 相 当 な 人 口 増 加 に 遭 遇 します。2050 年

までに、90 億 ~100 億 人 (50% 増 加 )が 地 球 に 住

前 のセクションの 評 価 から、いくつかの 一 般 的 な

結 論 は、 上 述 した 環 境 問 題 に 最 も 寄 与 している 優

先 されるものに 関 して 引 き 出 すことが 出 来 ます:

1.エネルギーと 化 石 燃 料 、そしてエネルギー 集

約 型 である 消 費 集 団 と 材 料 は、 環 境 务 化 の 非 常 に

大 きな 原 因 として 目 立 ちます。

2. 農 業 と 食 物 は、 環 境 への 非 常 に 大 きな 影 響 を 与

えているもう 一 つの 社 会 的 なことです。 化 石 燃 料

以 上 に 農 業 活 動 は、 相 当 な 陸 地 面 積 を 占 めており、

多 量 の 水 を 使 うことによって、 直 接 生 態 系 に 影 響

を 及 ぼします。

3. 材 料 は、 環 境 影 響 の 重 要 な 媒 体 があります。 先

進 国 では、 材 料 の 消 費 はだいぶ 安 定 しました。 発

展 途 上 国 では、インドと 中 国 のような 経 済 が 急 速

に 発 達 する 際 に、 材 料 の 需 要 も 等 しく 急 速 に 高 ま

っています。 多 くの 材 料 については、 不 足 問 題 が

想 定 されます。それは 短 期 的 に(Graedel 2010) 第 2

次 生 産 によって 補 うことができません。 一 方 で、

材 料 の 機 能 性 はエネルギー 消 費 量 、 耐 久 性 と 有 効

性 を 決 定 するために 重 要 です。 農 産 物 の 様 に、 機

能 的 な 選 択 は、 必 ずしも 利 用 できるとは 限 りませ

ん。 時 々、 選 択 肢 はそれらの 不 足 または 環 境 影 響

むと 予 想 されています。さらに 我 々は、 一 人 当 た

り GDP の 相 当 な 増 大 に 至 る 点 で、 特 にアジア 諸 国

が 高 い 経 済 成 長 を 持 っていると 分 かります。 過 去

の 研 究 から、 主 に OECD 国 のために 行 われており、

我 々はそのような 変 化 には 通 常 、 以 下 の 意 味 を 持

っていると 分 かります。 一 人 当 たりの 高 い GDP に

関 連 する 高 い 消 費 水 準 は、 環 境 影 響 を 増 やし、 効

率 の 増 加 によってわずかに 補 償 されます。 第 4 章

で 示 すように、 両 国 の 間 の 比 較 研 究 は、0.81(すな

わち 収 入 の 倍 増 は 81%の CO2 排 出 に 関 連 します)

CO2 の 支 出 弾 力 を 示 しました。 経 済 を 開 発 する 際

に、 都 市 化 と 人 口 増 加 は、 通 常 重 要 な 役 割 (Peters et

al. 2007)を 果 たしています。したがって 生 産 と 消

費 のパターンが 変 わることができなければ、 人 口

増 加 の 大 きい 傾 向 、 増 加 する 富 と 増 加 する 都 市 化

は、それゆえに 環 境 圧 になると 予 想 しなければな

りません。 影 響 低 減 の 戦 略 は、 清 潔 さと 効 率 的 な

技 術 の 変 更 ( 生 産 の 観 点 )、 低 い 影 響 製 品 の 使 用 ( 消

費 の 観 点 )、 尐 ない 材 料 に 基 づいた( 材 料 の 観 点 )よ

り 持 続 可 能 なライフスタイルを 含 めることができ

ます。 最 も 重 要 な 経 済 活 動 として 化 石 燃 料 や 農 業

活 動 に 関 連 しており、 以 下 のことが 言 えます。

に 関 してより 良 く 向 上 することができません。そ

れでも、 場 合 によっては 代 えるのが 可 能 だと 思 わ

れています。 例 えば 車 の 中 のアルミニウムの 使 用

として、 重 さを 減 らし、それによって 燃 料 (Reuter

2009)の 減 らされた 必 要 性 に 貢 献 します。 材 料 の 賢

明 な 選 択 は、 製 品 のライフサイクルの 他 の 段 階 に

おいて 資 源 使 用 と 環 境 影 響 を 減 らすことに 寄 与 す

1. 化 石 燃 料 は、エネルギー 政 策 の 対 象 です。それ

らの 否 定 的 な 環 境 影 響 を 考 慮 し、 他 の 代 替 エネル

ギー 資 源 が 確 認 され、ますます 使 用 されます。そ

れでもエネルギーのシナリオモデリングは、2050

年 までに 化 石 燃 料 へ 継 続 した 依 存 を 示 します。 新

技 術 を 開 発 し、 大 規 模 にそれらを 実 施 するのに 時

81


間 かかり、また 他 の 代 替 エネルギー 資 源 にも 欠 点

があります。これらの 考 慮 すべき 問 題 は、エネル

ギーから 遠 ざかって 代 用 を 要 求 する 集 中 的 な 生 産 、

消 費 、 材 料 、エネルギー 効 率 の 増 加 です。 新 しい

エネルギー 源 の 環 境 および 資 源 の 影 響 は、それら

の 広 範 囲 に 普 及 する 前 に 慎 重 に 評 価 されなければ

なりません。

2. 農 業 からの 影 響 が、 人 口 増 加 により 大 幅 に 増 加

し、 動 物 性 製 品 の 消 費 を 増 加 すると 予 想 されます。

化 石 燃 料 とは 異 なり、 代 替 物 を 探 すのは、 難 しい

です: 人 々は 食 べるからです。 影 響 の 大 幅 な 縮 小

は 動 物 性 製 品 から 離 れれば、 本 質 的 に 世 界 的 な 食

の 変 化 が 可 能 となります。エネルギー 政 策 がバイ

オエネルギーのシェアを 増 やすことに 成 功 した 場

合 、 農 業 生 産 の 更 なる 増 加 が 必 要 です。バイオ 燃

料 の 制 限 された 割 合 は、 迅 速 で 土 地 と 水 の 制 約

(UNEP 2009)にぶつかります。

この 影 響 は、エネルギー 予 測 に 含 まれていません。

さらにエネルギー 供 給 と 機 動 性 のための 多 くの 提

案 された 持 続 可 能 な 技 術 は、 金 属 の 使 用 ( 例 とし

てバッテリー、 燃 料 電 池 と 太 陽 電 池 で 適 用 されま

す)の 大 部 分 に 依 存 しています。そのような 新 し

い 基 盤 の 製 造 は、それゆえにエネルギー 集 約 型 で

あり、 特 定 の 材 料 の 不 足 を 引 き 起 こすかもしれま

せん。 別 の 接 続 はエネルギーと 水 の 間 で 確 認 され

ます。 将 来 のエネルギー 供 給 は、バイオ 燃 料 のさ

さやかな 貢 献 があっても、 巨 大 な 水 の 要 求 がある

かもしれません。それは 将 来 の 水 使 用 量 の 推 定 に

含 まれていません。そのため 水 供 給 のエネルギー

必 要 条 件 は 上 がっています。その 時 、 容 易 にアク

セスできる 淡 水 の 供 給 の 上 昇 が 予 想 され、 海 水 の

大 規 模 な 淡 水 化 が 必 要 になる 可 能 性 があります。

これらと 他 のつながりは、ほとんど 確 認 されず、

より 定 量 化 されました。それらは、 持 続 可 能 な 開

発 政 策 にとって 非 常 に 重 要 です。

特 に 上 記 の 問 題 に 関 連 する 方 針 解 決 を 開 発 すると

き、 対 処 を 必 要 とする 最 終 的 な 問 題 は 資 源 や 異 な

るタイプの 圧 力 と 環 境 の 間 で 確 認 することができ

るつながりを 理 解 することです。 世 界 中 (Graedel

and van der Voet 2009)から 専 門 家 の 会 議 で 確

認 されました。 例 として、その 需 要 と 鉱 石 等 級 の

減 尐 のために 金 属 のエネルギー 必 要 量 が 非 常 に 高

いレベルまで 上 昇 する 可 能 性 があるように 見 えま

す。

エネルギー 供 給 と 機 動

6.7 さらなる 調 査 のための 推 奨 事 項

一 貫 した 分 析 の 枠 組 み

研 究 は、しばしば 分 析 的 な 選 択 、 分 類 及 びシステ

ム 境 界 において 異 なります。 加 えて、 結 果 だけの

見 出 しが 公 表 されます( 例 えば、 消 費 カテゴリー

では 製 品 、 材 料 は 特 殊 な 要 因 によって 重 要 になっ

た 排 出 資 源 に 集 計 されました)。したがって 比 較 と

分 析 は 可 能 ではありません。 私 達 は、 共 通 の 分 類

と 基 本 的 なデータ 報 告 、およびドキュメント 規 格

を 開 発 することを 推 奨 します。

性 のために 提 案 された

多 くの 持 続 可 能 な 技 術

は、 金 属 ( 例 えば、バッ

テリー、 燃 料 電 池 及 び 太

陽 電 池 で 適 用 される)の

使 用 に 関 して、 大 部 分 を

頼 ります。 新 しい 基 盤 の

製 造 は、エネルギーを 大

量 に 消 費 する 可 能 性 が

あり、 特 定 の 材 料 の 不 足

を 引 き 起 こすかもしれ

82

ません。


入 出 力 と 排 出 データ

入 出 力 のデータは 環 境 的 に 重 要 な 分 野 を 分 解 し、

資 源 使 用 と 分 類 システム 及 び 排 出 を、 定 期 的 に 報

告 するべきです。さらに 仕 事 は 国 と 国 が 比 較 出 来

る 方 法 で、 資 本 と 基 盤 に 関 するデータを 収 集 する

ために 充 分 な 方 法 の 開 発 に 焦 点 を 当 てる 必 要 があ

ります。その 他 に 不 確 実 性 である 環 境 データに、

より 多 くの 注 意 を 払 われなければなりません。そ

れは 組 織 的 に 分 析 されて、 文 書 にする 必 要 があり

ます。

材 料 のデータ

材 料 に 関 してのライフサイクルの 影 響 としてより

良 いデータが 必 要 です。FAO と IEA は 世 界 的 レベ

ルで 農 業 およびエネルギーデータを 調 査 しますが、

金 属 または 他 の 鉱 物 に 関 する 材 料 のデータを 集 め

る 国 際 的 な 努 力 が 存 在 しません。ライフサイクル

インベントリーは 集 められますが、 供 給 元 を 低 実

行 する 関 心 を 保 護 するために、あまり 公 表 されま

せん。 特 に 発 展 途 上 国 のためのデータ 状 況 は、 改

善 する 必 要 があります。

シナリオ、モデル、 研 究

消 費 指 向 である 研 究 の 焦 点 は 平 均 して 消 費 バスケ

ットにあり、 私 達 は 生 産 経 路 、 技 術 または 設 計 に

違 いが 存 在 するため、 類 似 した 製 品 の 環 境 影 響 の

範 囲 である 知 識 を 欠 いています(Girod and de

Haan 2009)。 今 後 の 消 費 の 影 響 として、 社 会 的 決

定 要 素 のシナリオの 再 構 成 に 関 してささやかな 注

意 があります。さらに、 国 家 間 での 比 較 は、 新 し

い 観 点 を 提 供 することができます。しかしながら、

消 費 の 環 境 影 響 のモデルにおいて、 最 も 重 要 なア

プリケーションは、 都 市 と 地 域 レベルでの 和 解 、

世 帯 の 環 境 性 能 を 向 上 させる 努 力 と 関 連 していま

す。 材 料 に 関 して、 以 下 の 問 題 が 重 要 です:

ることができる 範 囲 を 決 定 するためです】。

・ 鉱 物 / 金 属 の 供 給 と 使 用 のシナリオには、エネル

ギーシナリオとして 洗 練 された 同 様 のレベルが 必

要 です。 主 要 な 再 生 資 源 における 今 後 の 需 要 と 供

給 のための 詳 細 なシナリオは、 金 属 、 鉱 物 には 存

在 しません。 物 質 の 流 れとしてダイナミックなモ

デル 開 発 とアプリケーションは、そのようなシナ

リオを 作 成 するのに 役 立 ちます。

・ 研 究 は、 異 なる 資 源 との 連 携 を 確 認 することに

焦 点 を 当 てる 必 要 があります。 影 響 としては、 他

の 資 源 において 特 定 の 資 源 の 需 要 の 伸 びはどうで

しょうか? 私 達 は、どの 制 約 が 実 行 可 能 でしょう

か?より 豊 富 な 資 源 と 代 用 の 処 理 の 可 能 性 は 何 で

しょうか? 人 間 の 活 動 規 模 は、これらの 制 約 がま

すます 重 要 な 課 題 となっています。

上 記 の 推 奨 は 本 質 的 に、 既 存 の 状 況 に 関 してデー

タ 設 置 を 改 善 し、 今 後 のシナリオを 開 発 すること

を 求 めます。 相 当 な 量 である 見 直 された 国 の 研 究

は、このレポートに 提 示 された 分 析 の 種 類 におい

て 明 確 な 国 際 的 関 心 があることを 示 します。さら

に 部 分 を 提 供 している 様 々で 国 際 的 な、IEA エネ

ルギーデータベース、 土 地 使 用 、FAO データベー

ス、 水 使 用 と 農 業 生 産 の UNFCCC 温 室 効 果 ガス

排 出 目 録 など 調 和 したデータベースがあります。

次 に、データ 調 和 化 において 様 々な 大 規 模 な 研 究

プロジェクトが 進 行 中 ですが、これらは 明 らかに

形 式 的 地 位 を 欠 いています。 多 くの 努 力 はそれゆ

え 継 続 され、 調 和 したデータ 設 置 とシナリオを 作

成 するために、それらを 収 集 することは 政 策 にお

いて 重 要 な 利 点 があります。リソースパネルは、

機 会 の 手 段 を 調 査 し、この 問 題 に 関 して 国 の 間 で

実 用 的 な 共 同 の 努 力 を 国 連 環 境 計 画 と 他 の 政 府 間

組 織 に 推 奨 しています。

・ 共 同 と 副 産 物 採 掘 【リサイクルと 再 利 用 と 同 様

に、 第 二 の 源 (UNEP 2010)により 供 給 が 応 じられ

83


7 引 用

Aiking, H., J. d. Boer, and J. Vereijken, eds. 2006. Sustainable protein production and consumption: pigs or peas?, Environment & policy.

Heidelberg: Springer.

Allwood, J. M., J. M. Cullen, and R. L. Milford. 2010. Options for achieving a 50% cut in industrial carbon emissions by 2050.

Environmental Science and Technology 44(6): 1888-1894.

Althaus, H. J. and M. Classen. 2005. Life cycle inventories of metals and methodological aspects of inventorying material resources in

ecoinvent. International Journal of Life Cycle Assessment 10(1): 43-49.

Andersson, B. A. and I. Råde. 2002. Material constraints on technology evolution: the case of scarce metals and emerging energy

technologies. In A Handbook of Industrial Ecology, edited by R. U. Ayres and L. W. Ayres. Cheltenham: Edward Elgar.

Arvesen, A., J. Liu, and E. G. Hertwich. 2010. Energy Cost of Living and Associated Pollution for Beijing Residents. Journal of Industrial

Ecology 14: forthcoming.

Ayres, R. U. 2002. Resources, Scarcity, Technology and Growth. Fontainebleau: INSEAD.

Ayres, R. U. and A. V. Kneese. 1969. Production, Consumption, and Externalities. American Economic Review 59: 282-297.

Ayres, R. U., G. Ferrer, and T. Van Leynseele. 1997. Eco-efficiency, asset recovery and remanufacturing. Fontainebleau: INSEAD.

Bare, J., T. Gloria, and G. Norris. 2006. Development of the method and U.S. normalization database for Life Cycle Impact Assessment

and sustainability metrics. Environmental Science & Technology 40(16): 5108-5115.

Barnett, H. J. and C. Morse. 1963. Scarcity and Growth - The Economics of Natural Resource Availability. Baltimore: The Johns Hopkins

University Press.

Bengtsson, M. and B. Steen. 2000. Weighting in LCA - Approaches and applications. Envrionmental Progress, 19(2): 101-109.

Biesiot, W. and K. J. Noorman. 1999. Energy requirements of household consumption: a case study of The Netherlands. Ecological

Economics 28(3): 367-383.

Bin, S. and H. Dowlatabadi. 2005. Consumer lifestyle approach to US energy use and the related CO2 emissions. Energy Policy 33(2):

197-208.

Brander, K. M. 2007. Global fish production and climate change. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of

America 104(50): 19709-19714.

Breedveld, L., M. Lafleur, and H. Blonk. 1999. A Framework for Actualising Normalisation Data in LCA: Experiences in the Netherlands.

International Journal of Life Cycle Assessment 4(4): 213-220.

Brown, M. T. and R. A. Herendeen. 1996. Embodied energy analysis and EMERGY analysis: A comparative view. Ecological Economics

19(3): 219-235.

Buchert, M. 2008. Critical metals for future sustainable technologies and their recycling potential. Paris: UNEP.

Bullard III, C. W. and R. A. Herendeen. 1975. Energy Impact of Consumption Decisions. Proceedings of the IEEE 63: 484-493.

Canals, L. M. I., C. Bauer, J. Depestele, A. Dubreuil, R. F. Knuchel, G. Gaillard, O. Michelsen, R. Muller-Wenk, and B. Rydgren. 2007. Key

elements in a framework for land use impact assessment within LCA. International Journal of Life Cycle Assessment 12(1): 5-15.

Carlsson-Kanyama, A., R. Engström, and R. Kok. 2005. Indirect and direct energy requirements of city households in Sweden - options for

reduction, lessons from modeling. Journal of Industrial Ecology 9(1-2): 221-235.

84


Charpentier, A., J. A. Bergerson, and H. A. MacLeac. 2009. Understanding the Canadian oil sans industry’s greenhouse gas emissions.

Environmental Research Letters (014005).

Classen, M., H. Althaus, S. Blaser, W. Scharnhorst, M. Tuchschmid, N. Jungbluth, and M. Faist Emmenegger. 2007. Life Cycle Inventories

of Metals. Dübendorf: Swiss Centre for Life-Cycle Inventories.

Cohen, C., M. Lenzen, and R. Schaeffer. 2005. Energy requirements of households in Brazil. Energy Policy 33(4): 555-562

Cortula, L., N. Dyer, and S. Vermeulen. 2008. Fuelling Exclusion? The biofuels boom and the poor people’s access to land. IIED report no.

12551IIED. FAO/IIED.

Corvalan, C., S. Hales, A. McMichael, C. Butler, D. Campbell-Lendrum, U. Confalonieri, K. Leitner, N. Lewis, Jonathan Patz, K. Polson, J.

Scheraga, A. Woodward, and M. Younes. 2005. Ecosystems and Human Well-being: Health Synthesis, Millennium Ecosystem

Assessment. Geneva: World Health Organization.

COWI. 2002. Analysis of Selected Concepts on Resource Management. A Study to Support the Development of a Thematic Community

Strategy on the Sustainable Use of Resources. Brussels: European Commission, DG Environment.

Daly, H. 1999. Steady State Economics: Avoiding Uneconomic Growth. In Handbook of Environmental and Resource Economics, edited

by J. van den Bergh. Cheltenham, UK/ Northampton, MA, USA: Edward Elgar.

Davis, S. J. and K. Caldeira. 2010. Consumption-based accounting of CO2 emissions. Proceedings of the National Academy of Sciences

107(12): 5687-5692.

de Bruyn, S., M. Sevenster, G. Warringa, E. van der Voet, and L. van Oers. 2004. Materiaalstromen door de economie en milieubeleid.

Een analyse naar indicatoren en beleidstoepassingen van economiebreed materialenbeleid (Material flows through the economy and

environmental policy. An analysis of indicators and policy applications of economy wide materials policy). 04.7612.37. Delft: CE Delft.

De Vooys, C. G. N. 1997. Primary Production in Aquatic Environments. In SCOPE 13 - The Global Carbon Cycle, edited by B. Bolin, et al.

New York: Wiley.

Deffeyes, K. S. 2001. Hubbert’s Peak: The Impending World Oil Shortage. Princeton: Princeton U.P.

Dehoust, G., M. Buchert, W. Jenseit, F. Schulze, A. Hermann, J. Ferenz, J. Giegrich, H. Fehrenbach, and R. Vogt. 2004. Identification of

Relevant Substances and Materials for a Substance Flow-Oriented, Resource-Conserving Waste Management. Bonn: German Federal

Ministry for the Environment, Nature Conservation and Nuclear Safety.

Druckman, A. and T. Jackson. 2009. The carbon footprint of UK households 1990-2004: A socio-economically disaggregated,

quasi-multi-regional input-output model. Ecological Economics 68(7): 2066-2077.

Duchin, F. 1998. Structural Economics: Measuring Changes in Technology, Lifestyles, and the Environment. Washington DC: Island Press.

Duchin, F. 2005. The sustainable consumption of food: A framework for analyzing scenarios about changes in diets. Journal of Industrial

Ecology 9(1-2): 99-114.

Duchin, F. and K. Hubacek. 2003. Linking Social Expenditures to Household Lifestyles: The Social Accounting Matrix. Futures 35(1):

61-74.

Durucan, S., A. Korre, and G. Munoz-Melendez. 2006. Mining life cycle modelling: a cradle-to-gate approach to environmental

management in the minerals industry. Journal of Cleaner Production 14(12-13): 1057-1070.

85


EEA. 1999. Environmental Indicators: Typology and Overview. Copenhagen, Denmark

EIA. 2009. Electricity Annual 2007: Energy Information Administration.

EPA. 2007. Toxic Releases Inventory. Washington, D.C.: Environmental Protection Agency.

EPA. 2008. Inventory of U.S. Greenhouse Gas Emissions and Sinks: 1990 – 2006. Washington, D.C., USA: Environmental Protection

Agency.

EUROSTAT. 2001a. Economy-wide Material Flow Accounts and Derived Indicators. A Methodological Guide Luxembourg: Statistical

Office of the European Union.

Eurostat. 2001b. NAMEAs for air emissions - Results of Pilot Studies. Luxembourg: Office for Official Publications of the European

Communities.

Ezzati, M., A. Rodgers, A. D. Lopez, S. Vander Hoorn, and C. J. L. Murray. 2004a. Mortality and Burden of Disease Attributable to

Individual Risk Factors. In Comparative Quantification of Health Risks: Global and Regional Burden of Diseases Attributable to Selected

Major Risk Factors, edited by M. Ezzati, et al. Geneva: WHO.

Ezzati, M., A. D. Lopez, A. Rodgers, and C. J. L. Murray, eds. 2004b. Comparative Quantification of Health Risks: Global and Regional

Burden of Diseases Attributable to Selected Major Risk Factors. Geneva: WHO.

FAO. 2009. Food and Agriculture Organization Statistics. New York: Fisheries and aquaculture section, FAOSTAT, United Nations.

Fischer-Kowalski, M. and H. Haberl, eds. 2007. Socioecological Transitions and Global Change. Trajectories of Social Metabolism and

Land Use. Cheltenham, UK: E.Elgar.

Flynn, A., T. Wiedrnann, J. Barrett, and A. Collins. 2006. The environmental impacts of consumption at a subnational level - The ecological

footprint of Cardiff. Journal of Industrial Ecology 10(3): 9-24.

Frischknecht, R., N. Jungbluth, H.-J. Althaus, G. Doka, R. Dones, T. Heck, S. Hellweg, R. Hischier, T. Nemecek, G. Rebitzer, and M.

Spielmann. 2005. The ecoinvent Database: Overview and Methodological Framework. International Journal of Life Cycle Assessment

10(1): 3-9.

Gerbens-Leenes, P. W. and S. Nonhebel. 2002. Consumption patterns and their effects on land required for food. Ecological Economics

42: 185-199.

Gerbens-Leenes, W., A. Y. Hoekstra, and T. H. van der Meer. 2009. The water footprint of bioenergy. Proceedings of the National

Academy of Sciences of the United States of America 106(25): 10219-10223.

Giljum, S., A. Behrens, F. Hinterberger, C. Lutz, and B. Meijer. 2008. Modelling scenarios towards a sustainable use of natural resources

in Europe. Environmental Science & Policy 11: 204-216.

Girod, B. and P. de Haan. 2009. GHG reduction potential of changes in consumption patterns and higher quality levels: Evidence from

Swiss household consumption survey. Energy Policy 37(12): 5650-5661.

Goedkoop, M. and R. Spriensma. 1999. The Eco-indicator 99. Amersfoort: PRe Consultants.

Goedkoop, M., R. Heijungs, M. Huijbregts, A. De Schryver, J. Struijs, and R. Van Zelm. 2008. ReCiPe 2008: A life cycle impact

assessment method which comprises harmonised category indicators at the midpoint and the endpoint level. First edition: Report I:

Characterisation. The Hague, The Netherlands: Dutch Ministry of the Environment.

Gordon, R. B., M. Bertram, and T. E. Graedel. 2006. Metal stocks and sustainability. Proceedings of the National Academy of Sciences of

the United States of America 103(5): 1209-1214.

86


Gordon, R. B., M. Bertram, and T. E. Graedel. 2007. On the sustainability of metal supplies: A response to Tilton and Lagos. Resources

Policy 32(1-2): 24-28.

Graedel, T. E. and E. van der Voet, eds. 2009. Linkages of Sustainability. Ernst Strungmann Forum series. Cambridge (USA): MIT Press.

Guinée, J. B. and R. Heijungs. 1995. A proposal for the definition of resource equivalency factors for use in product life-cycle assessment.

Environmental Toxicology and Chemistry. 14: 917-925.

Guinée, J. B., M. Gorree, R. Heijungs, G. Huppes, R. Kleijn, A. de Koning, L. van Oers, A. Wegener Sleeswijk, S. Suh, H. A. Udo de Haes,

H. de Brujin, R. van Duin, and M. A. J. Huijbregts. 2002. Handbook on life cycle assessment : operational guide to the ISO standards,

Eco-efficiency in industry and science. Dordrecht: Kluwer.

Haberl, H., K. H. Erb, F. Krausmann, V. Gaube, A. Bondeau, C. Plutzar, S. Gingrich, W. Lucht, and M. Fischer-Kowalski. 2007. Quantifying

and mapping the human appropriation of net primary production in earth’s terrestrial ecosystems. Proceedings of the National Academy of

Sciences of the United States of America 104(31): 12942-12945.

Hagelücken, C. and C. Meskers. 2009. Complex Life-cycles of Precious and Special Metals. In Linkages of Sustainability, edited by T. E.

Graedel and E. v. d. Voet. Cambridge: MIT Press.

Hammitt, J. K. 2000. Valuing mortality risk: Theory and practice. Environmental Science & Technology 34(8): 1396-1400.

Hauschild, M. and J. Potting. 2005. Spatial differentiation in life cycle impact assessment: The EDIP2003 methodology. Lyngby: Danish

Technical University.

Heijungs, R. 1995. Harmonization of Methods for Impact Assessment. Environmental Science Pollution Research 2(4): 217-224.

Hendrickson, C. T., L. B. Lave, and H. S. Matthews. 2006. Environmental Life Cycle Assessment of Goods and Services: An Input-Output

Approach. Washington D.C.: Resources for the Future Press.

Herendeen, R. A. 1978. Total Energy Cost of Household Consumption in Norway, 1973. Energy 3: 615-630.

Herendeen, R. A. and J. Tanaka. 1976. Energy Cost of Living. Energy 1: 165-178.

Herendeen, R. A., C. Ford, and B. Hannon. 1981. Energy cost of living, 1972-1973. Energy 6(12): 1433-1450.

Hertwich, E. G. 2005. Lifecycle Approaches to Sustainable Consumption: A Critical Review. Environmental Science & Technology 39(13):

4673 - 4684.

Hertwich, E. G. and J. K. Hammitt. 2001a. A Decision-Analytic Framework for Impact Assessment, Part I: LCA and Decision Analysis.

International Journal of Life Cycle Assessment 6(1): 5-12.

Hertwich, E. G. and J. K. Hammitt. 2001b. A Decision-Analytic Framework for Impact Assessment, Part II: Midpoints, Endpoints, and

Criteria for Method Development. International Journal of Life Cycle Assessment 6(5): 265-272.

Hertwich, E. G. and G. P. Peters. 2009. Carbon Footprint of Nations: A Global, Trade-Linked Analysis. Environmental Science &

Technology 43(16): 6414-6420.

Hertwich, E. G., T. E. McKone, and W. S. Pease. 1999. Parameter uncertainty and variability in evaluative fate and exposure models. Risk

Analysis. 19(6): 1193-1204.

Hertwich, E. G., J. K. Hammitt, and W. S. Pease. 2000. A Theoretical Foundation for Life-Cycle Assessment: Recognizing the Role of

Values in Environmental Decision Making. Journal of Industrial Ecology 4(1): 13-28.

Hinterberger, F. and F. Schmidt-Bleek. 1999. Dematerialization, MIPS and Factor 10 - Physical sustainability indicators as a social device.

Ecological Economics 29(1): 53-56.

87


Hoekstra, A. Y. and A. K. Chapagain. 2008. Globalization of water: Sharing the planet’s freshwater resources. Oxford, UK: Blackwell

Publishing.

Hoekstra, R. and J. van den Bergh. 2006. Constructing physical input-output tables for environmental modeling and accounting:

Framework and illustrations. Ecological Economics 59(3): 375-393.

Hofstetter, P. 1998. Perspectives in Life Cycle Impact Assessment: A Structured Approach to Combine Models of the Technosphere,

Ecosphere and Valuesphere. Boston: Kluwer.

Horvath, A. 2004. Construction materials and the environment. Annual Review of Environment and Resources 29: 181-204.

Hotelling, H. 1931. The Economics of Exhaustible Resources. Journal of Political Economy 39: 137-175.

Hubacek, K. and L. Sun. 2001. A scenario analysis of China’s land use and land cover change: incorporating biophysical information into

input-output modeling. Structural Change and Economic Dynamics 12(4): 367-397.

Huijbregts, M., W. Schöpp, E. Verkuijlen, R. Heijungs, and L. Reijnders. 2000a. Spatially explicity characterization of acidifying and

eutrophying air pollution in life-cycle assessment. Journal of Industrial Ecology 4(3): 125-142.

Huijbregts, M. A. J. 1999. Priority Assessment of Toxic Substances in LCA. Amsterdam: University of Amsterdam.

Huijbregts, M. A. J., W. Gilijamse, A. M. J. Ragas, and L. Reijnders. 2003a. Evaluating uncertainty in environmental life-cycle assessment.

A case study comparing two insulation options for a Dutch one-family dwelling. Environmental Science & Technology 37(11): 2600-2608.

Huijbregts, M. A. J., L. Breedveld, G. Huppes, A. de Koning, L. van Oers, and S. Suh. 2003b. Normalisation figures for environmental

life-cycle assessment: The Netherlands (1997/1998), Western Europe (1995) and the world (1990 and 1995). Journal of Cleaner

Production 11(7): 737-748.

Huijbregts, M. A. J., U. Thissen, J. B. Guinee, T. Jager, D. Kalf, D. van de Meent, A. M. J. Ragas, A. Wegener Sleeswijk, and L. Reijnders.

2000b. Priority assessment of toxic substances in life cycle assessment. Part I: Calculation of toxicity potentials for 181 substances with

the nested multi-media fate, exposure and effects model USES-LCA. Chemosphere 41(4): 541-573.

Huijbregts, M. A. J., L. J. A. Rombouts, S. Hellweg, R. Frischknecht, A. J. Hendriks, D. Van De Meent, A. M. I. Ragas, L. Reijnders, and J.

Struijs. 2006. Is cumulative fossil energy demand a useful indicator for the environmental performance of products? Environmental

Science and Technology 40(3): 641-648.

Huppes, G., E. van der Voet, W. G. H. van der Naald, G. Vonkeman, and P. Maxson. 1992. Market-oriented Instruments for European

Environmental Policy, European Communities Environmental Policy Series. Richmond, UK: Graham & Trotman

Huppes, G., A. De Koning, S. Suh, R. Heijungs, L. Van Oers, P. Nielsen, and J. B. Guinee. 2006. Environmental impacts of consumption in

the European Union: High-resolution input-output tables with detailed environmental extensions. Journal of Industrial Ecology 10(3):

129-146.

IEA. 2008. Worldwide trends in energy use and efficiency. Key insights from IEA indicator analysis. Paris, France:

Ignatenko, O., A. van Schaik, and M. A. Reuter. 2008. Recycling system flexibility: the fundamental solution to achieve high energy and

material recovery quotas. Journal of Cleaner Production 16(4): 432-449.

India Ministry of Environment and Forest. 2004. India’s Initial National Communication (NATCOM) to the United Nations Framework

Convention on Climate Change (UNFCCC). New Delhi: Ministry of Environment and Forests.

88


IPCC. 2005. Carbon dioxide capture and storage: special report of the Intergovernmental Panel on Climate Change. Cambridge:

Cambridge University Press.

IPCC. 2007. Climate Change 2007: Mitigation of Climate Change - Summary for Policy makers. Geneva: International Panel on Climate

Change.

ISO 14040. 2006. Environmental management -- Life cycle assessment -- Principles and framework. Geneva: International Standards

Organization.

Jalas, M. 2005. The Everyday Life-Context of Increasing Energy Demands: Time Use Survey Data in a Decomposition Analysis. Journal of

Industrial Ecology 9(1-2): 129-146.

Jansen, B. and K. Thollier. 2006. Bottom-up life-cycle assessment of product consumption in Belgium. Journal of Industrial Ecology 10(3):

41-55.

Jevons, W. S. 1965. The coal question: an inquiry concerning the progress of the nation, and theprobable exhaustion of our coal mines.

New York: Augustus M. Kelley.

Jolliet, O., M. Margini, R. Charles, S. Humbert, J. Payet, and G. Rebitzer. 2003. IMPACT 2002+: A new life cycle impact assessment

methodology. International Journal of Life Cycle Assessment 8: 324-330.

Josa, A., A. Aguado, A. Cardim, and E. Byars. 2007. Comparative analysis of the life cycle impact assessment of available cement

inventories in the EU. Cement and Concrete Research 37(5): 781-788.

Jungbluth, N., R. Steiner, and F. R. B. 2007. Graue Treibhausgas-Emissionen der Schweiz: 1990 bis 2004. Bern (CH): Bundesamt für

Umwelt.

Kien, H. L. and G. Ofori. 2002. Minimising environmental impact of building materials in Singapore: role of architects. International Journal

of Environmental Technology and Management 12(1/2/3): 244-266.

KIKO. 2008. Greenhouse Gas Emissions in Japan: Analysis of First Data Reported (FY2006) from Emissions Accounting, Reporting and

Disclosure System for Large Emitters under Japan’s “The Law Concerning the Protection of the Measures to Cope with Global Warming”.

Kyoto, Japan: KIKO Network.

Kim, J.-H. 2002. Changes in consumption patterns and environmental degradation in Korea. Structural Change and Economic Dynamics

13(1): 1-48.

Klepper, O., J. Bakker, T. P. Traas, and D. vandeMeent. 1998. Mapping the potentially affected fraction (PAF) of species as a basis for

comparison of ecotoxicological risks between substances and regions. Journal of Hazardous Materials 61(1-3): 337-344.

Koehler, A. 2009. Water use in LCA: managing the planet’s freshwater resources. International Journal of Life Cycle Assessment(13):

451-455.

Kok, R., R. M. J. Benders, and H. C. Moll. 2006. Measuring the environmental load of household consumption using some methods based

on input-output energy analysis: A comparison of methods and a discussion of results. Energy Policy 34(17): 2744-2761.

Kok, R., H. J. Falkena, R. Benders, H. C. Moll, and K. J. Noorman. 2003. Household metabolism in European countries and cities.

Comparing and evaluating the results of the cities Fredrikstad (Norway), Groningen (the Netherlands), Guildford (UK), and Stockholm

(Sweden). . Groningen, NL: Centre for Energy and Environmental Studies, University of Groningen.

Kramer, K. J., H. C. Moll, S. Nonhebel, and H. C. Wilting. 1999. Greenhouse gas emissions related to Dutch food consumption. Energy

Policy 27(4): 203-216.

89


Krausmann, F., M. Fischer-Kowalski, H. Schandl, and N. Eisenmenger 2008. The global socio-metabolic transition: past and present

metabolic profiles and their future trajectories. Journal of Industrial Ecology 12(5/6), 637-656.

Krautkraemer, J. A. 2005. Economics of Scarcity: The State of the Debate. In Scarcity and Growth Revisited: Natural Resources and the

Environment in the New Millennium, edited by R. D. Simpson, et al. Washington: Resources for the Future.

Krewitt, W. 2002. External costs of energy-do the answers match the questions? Looking back at 10 years of ExternE. Energy Policy

30(10): 839-848.

Krewitt, W., P. Mayerhofer, A. Trukenmüller, and R. Friedrich. 1998. Application of the Impact Pathway Analysis in the Context of LCA - The

Long Way from Burden to Impact. International Journal of Life Cycle Assessment 3(2): 86-94.

Lenzen, M. 1998a. Energy and greenhouse gas cost of living for Australia during 1993/94. Energy 23(6): 497-516.

Lenzen, M. 1998b. Primary energy and greenhouse gases embodied in Australian final consumption: an input-output analysis. Energy

Policy 26(6): 495-506.

Lenzen, M. 2001. A generalised input-output multiplier calculus for Australia. Economic Systems Research 13(1): 65-92.

Lenzen, M. 2006. Uncertainty in impact and externality assessments - Implications for decision-making. International Journal of Life Cycle

Assessment 11(3): 189-199.

Lenzen, M. and S. A. Murray. 2001. A modified ecological footprint method and its application to Australia. Ecological Economics 37(2):

229-255.

Lenzen, M. and C. J. Dey. 2002. Economic, energy and greenhouse emissions impacts of some consumer choice, technology and

government outlay options. Energy Economics 24(4): 377-403.

Lenzen, M. and G. Treloar. 2004. Endogenising capital: a comparison of two methods. Journal of Applied Input-Output Analysis 10: 1-11.

Lenzen, M., L.-L. Pade, and J. Munksgaard. 2004. CO2 multipliers in multi-region input-output models. Economic Systems Research

16(4): 391-412.

Lenzen, M., M. Wier, C. Cohen, H. Hayami, S. Pachauri, and R. Schaeffer. 2006. A comparative multivariate analysis of household energy

requirements in Australia, Brazil, Denmark, India and Japan. Energy 31(2-3): 181-207.

Liu, J., R. Wang, and J. Yang. 2005. Metabolism and driving forces of Chinese urban household consumption. Population and

Environment 26(4): 325-341.

Lundie, S., M. A. J. Huijbregts, H. V. Rowley, N. J. Mohr, and A. J. Feitz. 2007. Australian characterisation factors and normalisation figures

for human toxicity and ecotoxicity. Journal of Cleaner Production 15(8-9): 819-832.

MacLean, H. L., F. Duchin, C. Hagelücken, K. Halada, S. E. Kesler, Y. Moriguchi, D. Mueller, T. E. Norgate, M. A. Reuter, and E. van der

Voet. 2009. Stocks, Flows, and Prospects of Mineral Resources. In Linkages of Sustainability, edited by T. E. Graedel and E. van der Voet.

Cambridge: MIT Press.

Malthus, T. R. 1798. An Essay on the Principle of Population. London: J. Johnson.

Matthews, E., C. Amann, S. Bringezu, M. Fischer-Kowalski, W. Hüttler, R. Kleijn, Y. Moriguchi, C. Ottke, E. Rodenburg, D. Rogich, H.

Schandl, H. Schütz, E. van der Voet, and H. Weisz. 2000. The Weight of Nations: Material Outflows from Industrial Economies.

Washington DC: World Resources Institute.

Matthews, H. S., F. McMichael, L. Lave, and H. MacLean. 2008. Life Cycle Analysis as a Tool for Product Design. In Encyclopedia of

Materials: Science and Technology, edited by K. H. J. Buschow, et al.: Pergamon.

90


McMichael, A. J., D. Campbell-Lendrum, Sari Kovats, S. Edwards, P. Wilkinson, T. Wilson, R. Nicholls, S. Hales, F. Tanser, D. L. Sueur, M.

Schlesinger, and N. Andronova. 2004.

Global Climate Change. In Comparative Quantification of Health Risks: Global and Regional Burden of Diseases Attributable to Selected

Major Risk Factors, edited by M. Ezzati, et al. Geneva: WHO.

Meadows, D., D. Meadows, J. Randers, and W. Behrens. 1974. The limits to growth: a report for the Club of Rome’s project on the

predicament of mankind: Universe Books New York.

Moll, H. C., K. J. Noorman, R. Kok, R. Engström, H. Throne-Holst, and C. Clark. 2005. Bringing about more sustainable consumption

patterns: Analyzing and evaluating the household metabolism in European countries and cities. Journal of Industrial Ecology 9(1-2):

259-276.

Moll, S., S. Bringezu, and H. Schuütz. 2003. Resource use in European countries. An estimate of materials and waste streams in the

European Community including imports and exports, using the instrument of material flow analysis. Copenhagen: European Topic Centre

on Waste and Material flows.

Moll, S., J. Acosta, and A. Villanueva. 2004. Environmental implications of resource use – insights from input-output analyses.

Copenhagen: European Topic Centre on Waste and Material flows.

Moll, S., M. Vrgoc, D. Watson, A. Femia, O. G. Pedersen, and A. Villanueva. 2006. Environmental Input-Output Analyses based on

NAMEA data: A comparative European study on environmental pressures arising from consumption and production patterns.

Copenhagen: European Environment Agency.

Mongelli, I., S. Suh, and G. Huppes. 2005. A structure comparison of two approaches to LCA inventory data, based on the MIET and ETH

databases. International Journal of Life Cycle Assessment 10(5): 317-324.

Mooney, H. A., A. Cropper, D. Capistrano, S. R. Carpenter, K. Chopra, P. Dasgupta, R. Leemans, R. M. May, P. Pingali, R. Hassan, C.

Samper, R. Scholes, R. T. Watson, A. H. Zakri, and Z. Shidong, eds. 2005. Ecosystems and human well-being: synthesis, Millenium

Ecosystem Assessment. Washington, DC: Island Press.

Morioka, T. and N. Yoshida. 1995. Comparison of carbon dioxide emission patterns due to consumers’ expenditure in UK and Japan.

Journal of Global Environmental Engineering 1: 59-78.

Morioka, T. and N. Yoshida. 1997. Carbon dioxide emission patterns due to consumers’ expenditure in life stages and life styles. Journal of

Environmental Systems Engineering, JSCE 559(VII-2): 91-101.

Munksgaard, J., K. A. Pedersen, and M. Wier. 2000. Impact of household consumption on CO2 emissions. Energy Economics 22(4):

423-440.

Munksgaard, J., M. Wier, M. Lenzen, and C. Dey. 2005. Using input-output analysis to measure the environmental pressure of

consumption at different spatial levels. Journal of Industrial Ecology 9(1-2): 169-185.

Murray, C. J. L. and A. D. Lopez, eds. 1996. The Global Burden of Disease. Edited by WHO, Global Burden of Disease and Injury. Boston:

Harvard University Press.

Mäenpää, I. 2005. Analysis of environmental impacts of consumption in Finland. In Sustainable Consumption: The Contribution of

Research, edited by E. G. Hertwich, et al. Trondheim: Norwegian University of Science and Technology, Industrial Ecology Program.

Nagasaka, T., K. Nakano, Y. Kondo, S. Murakami, K. Yokoyama, K. Nakajima, and I. Daigo. 2008. Study on global flow of metals - An

example of material recycling. Tsukuba, Japan: National Institute for Material Science.

91


Nakamura, S., K. Nakajima, Y. Kondo, and T. Nagasaka. 2007. The waste input-output approach to materials flow analysis - Concepts and

application to base metals. Journal of Industrial Ecology 11(4): 50-63.

Nansai, K., R. Inaba, S. Kagawa, and Y. Moriguchi. 2008. Identifying common features among household consumption patterns optimized

to minimize specific environmental burdens. Journal of Cleaner Production 16(4): 538-548.

Nansai, K., S. Kagawa, S. Suh, R. Inaba, and Y. Moriguchi. 2007. Simple indicator to identify the environmental soundness of growth of

consumption and technology: “Eco-velocity of consumption”. Environmental Science & Technology 41(4): 1465-1472.

Nassen, J., J. Holmberg, A. Wadeskog, and M. Nyman. 2007. Direct and indirect energy use and carbon emissions in the production

phase of buildings: An input-output analysis. Energy 32(9): 1593-1602.

Nielsen, P., A. Tukker, B. P. Weidema, E. H. Lauridsen, and P. Notten. 2004. Environmental Imact of the Use of Natural Resources.

Brussels: European Commission.

Nijdam, D. S., H. C. Wilting, M. J. Goedkoop, and J. Madsen. 2005. Environmental load from Dutch private consumption: How much

damage takes place abroad? Journal of Industrial Ecology 9(1-2): 147-168.

Norgate, T. E. and W. J. Ranklin. 2000. Life cycle assessment of copper and nickel production. Paper presented at MINPREX 2000, The

Australian Institute of Mining and Metallurgy; Melbourne.

Norgate, T. E. and W. J. Ranklin. 2001. Greenhouse gas emissions from aluminum production - a life cycle approach Paper presented at

Greenhouse Gases in the Metallurgical Industries: Policies, Abatement and Treatment, Toronto.

Norgate, T. E., S. Jahanshahi, and W. J. Rankin. 2007. Assessing the environmental impact of metal production processes. Journal of

Cleaner Production 15(8-9): 838-848.

Norgaard, R. B. 1995. Intergenerational Commons, Globalization, Economism, and Unsustainable Development. Advances in Human

Ecology 4: 141-171.

Norgaard, R. B. and G. J. Leu. 1986. Petroleum Accessibility and Drilling Technology: An Analysis of US Development Costs from 1959 to

1978. Land Economics. 62(1): 14-25.

Norris, G. A. 2001. The requirement for congruence in normalization. International Journal of Life Cycle Assessment 6(2): 85-88.

OECD. 1991. Environmental indicators, a preliminary set. Paris: OECD.

OECD. 1994. Environmental indicators - OECD Core Set. Paris: Organisation for Economic Co-operation and Development.

Ornetzeder, M., E. G. Hertwich, K. Hubacek, K. Korytarova, and W. Haas. 2008. The Environmental Effect of Car-free Housing: A Case in

Vienna. Ecological Economics 65: 516-530.

Ortiz, O., F. Castells, and G. Sonnemann. 2009. Sustainability in the construction industry: A review of recent developments based on LCA.

Construction and Building Materials 23(1): 28-39.

Owens, J. W. 1997. Life-Cycle Assessment: Constraints on Moving from Inventory to Impact Assessment. Journal of Industrial Ecology

1(1): 37-49.

Pachauri, S. and D. Spreng. 2002. Direct and indirect energy requirements of households in India. Energy Policy 30(6): 511-523.

Palm, V., A. Wadeskog, and G. Finnveden. 2006. Swedish experience using environmental accounts data for integrated product policy

issues. Journal of Industrial Ecology 10(3): 57-72.

Patel, M. 2003. Cumulative energy demand (CED) and cumulative CO2 emissions for products of the organic chemical industry. Energy

28(7): 721-740.

92


Peet, N. J., A. J. Carter, and J. T. Baines. 1985. Energy in the New Zealand household, 1974-1980. Energy 10(11): 1197-1208.

Pennington, D. W., J. Potting, G. Finnveden, E. Lindeijer, O. Jolliet, T. Rydberg, and G. Rebitzer. 2004. Life cycle assessment Part 2:

Current impact assessment practice. Environment International 30(5): 721-739.

Peters, G. P. and E. G. Hertwich. 2006a. Structural analysis of international trade: Environmental impacts of Norway. Economic Systems

Research 18(2): 155-181.

Peters, G. P. and E. G. Hertwich. 2006b. Pollution embodied in trade: The Norwegian case. Global Environmental Change-Human and

Policy Dimensions 16(4): 379-387.

Peters, G. P. and E. G. Hertwich. 2008a. Trading Kyoto. Nature Reports Climate Change: doi:10.1038/climate.2008.1025.

Peters, G. P. and E. G. Hertwich. 2008b. CO2 embodied in international trade with implications for global climate policy. Environmental

Science & Technology 42(5): 1401-1407.

Peters, G. P. and E. G. Hertwich. 2006c. The importance of import for household environmental impacts. Journal of Industrial Ecology

10(3): 89-110.

Peters, G. P. and E. G. Hertwich. 2009. The application of multi-regional input-output analysis to industrial ecology: Evaluating

trans-boundary environmental impacts. In Handbook of Input-Output Analysis for Industrial Ecology, edited by S. Suh. Dordrecht, NL:

Springer.

Peters, G. P., C. L. Weber, D. Guan, and K. Hubacek. 2007. China’s Growing CO2 Emissions-A Race between Increasing Consumption

and Efficiency Gains. Environmental Science & Technology 41(17): 5939-5944.

Peters, G. P., J. Aasness, N. Holck-Steen, and E. G. Hertwich. 2006. Environmental Impacts and Household Characteristics: An

econometric analysis of Norway 1999-2001. Paper presented at Sustainable Consumption Research Exchange, Wuppertal.

Pfister, S., A. Koehler, and S. Hellweg. 2009. Assessing the environmental impacts of freshwater consumption in LCA. Environmental

Science and Technology 43(11): 4098-4104.

Rebitzer, G., T. Ekvall, R. Frischknecht, D. Hunkeler, G. Norris, T. Rydberg, W. P. Schmidt, S. Suh, B. P. Weidema, and D. W. Pennington.

2004. Life cycle assessment Part 1: Framework, goal and scope definition, inventory analysis, and applications. Environment International

30(5): 701-720.

Reijnders, L. and M. A. J. Huijbregts. 2009. Biofuels for Road Transport: A Seed to Wheel Perspective. London: Springer.

Reinders, A., K. Vringer, and K. Blok. 2003. The direct and indirect energy requirement of households in the European Union. Energy

Policy 31(2): 139-153.

Reuter, M. A. 2009. The Niche of Metallurgy in Design for “Recycling”. World of Metallurgy - ERZMETALL 62(5): 276-287.

Reuter, M. A., A. Van Schaik, O. Ignatenko, and G. J. De Haan. 2006. Fundamental limits for the recycling of end-of-life vehicles. Minerals

Engineering 19(5): 433-449.

Reuter, M. A., K. Heiskanen, U. M. J. Boin, A. van Schaik, E. Verhoef, and Y. Yang. 2005. The metrics of material and metal ecology :

harmonizing the resource, technology and environmental cycles. Amsterdam: Elsevier BV.

Rhee, H. C. and H. S. Chung. 2006. Change in CO2 emission and its transmissions between Korea and Japan using international

input-output analysis. Ecological Economics 58(4): 788-800.

Roca, J. and M. Serrano. 2008. Embodied pollution in Spanish household consumption: a disaggregate analysis. In Working Papers in

Economics: University of Barcelona.

93


Rydh, C. J. and M. B. Sun. 2005. Life cycle inventory data for materials grouped according to environmental and material properties.

Journal of Cleaner Production 13(13-14): 1258-1268.

Saling, P., A. Kicherer, B. Dittrich-Kramer, R. Wittlinger, W. Zombik, I. Schmidt, W. Schrott, and S. Schmidt. 2002. Eco-efficiency analysis

by BASF: The method. International Journal of Life Cycle Assessment 7(4): 203-218.

Simpson, R. D., M. A. Toman, and R. U. Ayres. 2005. Scarcity and growth revisited: Natural resources and the environment in the new

millennium. Washington, DC: Resources for the Future.

Skinner, B. J. 1979. Earth Resources. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 76(9):

4212-4217.

Smith, K. V. 1979. Scarcity and Growth: Reconsidered. Baltimore: The Johns Hopkins University Press.

Spoerri, A., D. J. Lang, C. R. Binder, and R. W. Scholz. 2009. Expert-based scenarios for strategic waste and resource management

planning-C&D waste recycling in the Canton of Zurich, Switzerland. Resources, Conservation and Recycling 53(10): 592-600.

Spreng, D. T. 1988. Net-energy analysis and the energy requirements of energy systems. New York: Praeger.

Steen, B. 1999. A systematic approach to environmental priority strategies in product development (EPS). Version 2000 - General system

characteristics. CPM 1999:4. Gothenburg: Chalmers University.

Steen, B. A. 2006. Abiotic Resource Depletion - Different perceptions of the problem with mineral deposits. International Journal of Life

Cycle Assessment 11: 49-54.

Stewart, M. and J. Petrie. 2006. A process systems approach to life cycle inventories for minerals: South African and Australian case

studies. Journal of Cleaner Production 14(12-13): 1042-1056.

Stewart, M., Y. Hansen, and J. Petrie. 2004. Critical issues for life cycle impact assessment in minerals processing and metals refining.

Green Processing 2004 2004(2): 179-184.

Stranddorf, H. K., L. Hoffmann, and A. Schmidt. 2005. Impact categories, normalisation and weighting in LCA. Updated on selected

EDIP97-data. Copenhagen: Danish Ministry of the Environment. Environmental Protection Agency.

Strauss, K., A. C. Brent, and S. Hietkamp. 2006. Characterisation and normalisation factors for life cycle impact assessment mined abiotic

resources categories in South Africa - The manufacturing of catalytic converter exhaust systems as a case study. International Journal of

Life Cycle Assessment 11(3): 162-171.

Suh, S. 2004. Comprehensive Environmental Data Archive (CEDA) 3.0. Leiden, NL: Institute for Environmental Science (CML), Leiden

University.

Suh, S. 2005. Developing a sectoral environmental database for input-output analysis: the comprehensive environmental data archive of

the US. Economic Systems Research 17(4): 449 - 469.

Suh, S. 2008. Structural Path Analysis for US Economy, Final Report to US EPA. Washington, D.C.

Suppen, N., M. Carranza, M. Huerta, and M. A. Hernandez. 2006. Environmental management and life cycle approaches in the Mexican

mining industry. Journal of Cleaner Production 14(12-13): 1101-1115.

Takase, K., Y. Kondo, and A. Washizu. 2005. An analysis of sustainable consumption by the waste input-output model. Journal of Industrial

Ecology 9(1-2): 201-220.

Tilton, J. E. and G. Lagos. 2007. Assessing the long-run availability of copper. Resources Policy 32(1-2): 19-23.

Tukker, A. 2006. Identifying priorities for environmental product policy. Journal of Industrial Ecology 10(3): 1-4.

94


Tukker, A. and B. Jansen. 2006. Environment impacts of products - A detailed review of studies. Journal of Industrial Ecology 10(3):

159-182.

Tukker, A., P. Eder, and S. Suh. 2006a. Environmental impacts of products - Policy relevant information and data challenges. Journal of

Industrial Ecology 10(3): 183-198.

Tukker, A., G. Huppes, J. Guniee, R. Heijungs, A. de Koning, L. van Oers, S. Suh, T. Geerken, M. Van Holderbeke, B. Jansen, P. Nielsen,

P. Eder, and L. Delgado. 2006b. Environmental Impact of Products (EIPRO). EUR22284EN. Seville: EC Joint Research Centre - IPTS.

Turner, G. 2008. A comparison of The Limits to Growth with 30 years of reality. Global Environmental Change 18(3): 397-411.

Udo de Haes, H. A., O. Jolliet, G. Finnveden, M. Goedkoop, M. Hauschild, E. G. Hertwich, P. Hofstetter, W. Klöpffer, W. Krewitt, E. W.

Lindeijer, R. Mueller-Wenk, S. I. Olson, D. W. Pennington, J. Potting, and B. Steen. 2002. Life Cycle Impact Assessment: Striving towards

Best Practice. Pensacola: Society of Environmental Toxicology and Chemistry.

Ukidwe, N. U. and B. R. Bakshi. 2004. Thermodynamic accounting of ecosystem contribution to economic sectors with application to 1992

US economy. Environmental Science & Technology 38(18): 4810-4827.

UN. 1993. System of National Accounts 1993. Brussels: Commission of the European Communities, International Monetary Fund,

Organisation for Economic Co-operation and Development, United Nations, World Bank.

UN. 1997. From theory to practice: Indicators for sustainable development. New York: United Nations Division for Sustainable

Development.

UNEP (Forthcoming) Decoupling and Sustainable Resource Management: Scoping the challenges. A Report of the Working Group on

Decoupling to the International Panel for Sustainable Resource Management. Swilling, M., M. Fischer-Kowalski, von Weizsäcker, E.U.,

Manalang, A. B., Ren, Y., Moriguchi., Y., Crane, W.

UNEP (2010) Anthropogenic Metal Stocks: Scientific Synthesis. A Report of the Working Group on Global Metals Flows to the International

Panel for Sustainable Resource Management. Graedel, T. E., Gerst, M. D., Dubreuil, A., Hashimoto, S., Müller, D., Pena, C., Rauch, J.,

Sinkala, T., Sonnemann, G.

UNEP (2009) Towards sustainable production and use of resources: Assessing Biofuels. A Report of the Working Group on Biofuels to the

The International Panel for Sustainable Resource Management. Bringezu, S., H. Schütz, M. O´Brien, L. Kauppi, R. W. Howarth

United Nations, European Commission, International Monetary Fund, and Organisation for Economic Co-operation and Development

2003. Handbook of National Accounting: Integrated Environmental and Economic Accounting 2003. New York: United Nations Statistics

Division.

USDA. 2009. World Crop Production summary. Washington D.C., USA: Foreign Agricultural Service, United States Department of

Agriculture (USDA).

van der Voet, E., L. van Oers, and I. Nikolic. 2004. Dematerialization, not just a matter of weight. Journal of Industrial Ecology 8(4):

121-137.

Van der Voet, E., L. van Oers, S. de Bruyn, F. de Jong, and A. Tukker. 2009. Environmental Impact of the use of Natural Resources and

Products. Leiden, NL: CML, Leiden University.

van der Voet, E., L. van Oers, S. Moll, H. Schütz, S. Bringezu, S. de Bruyn, M. Sevenster, and G. Warringa. 2005. A policy review on

decoupling. Development of indicators to assess decoupling of economic development and environmental pressure in the EU-25 and

AC-3 countries. Brussels: European Commission, DG Environment.

95


van der Voet, E., J. B. Guinée, and H. A. Udo de Haes, eds. 2000. Heavy metals, a problem solved?: Kluwer Academic Publishers.

Viscusi, W. K. and J. E. Aldy. 2003. The value of a statistical life: A critical review of market estimates throughout the world. Journal of Risk

and Uncertainty 27(1): 5-76.

Vringer, K. and K. Blok. 1995. The direct and indirect energy requirements of households in the Netherlands. Energy Policy 23(10):

893-910.

Wackernagel, M. and W. Rees. 1996. Our Ecological Footprint. Philadelphia: New Society Publishers.

Weber, C. and A. Perrels. 2000. Modelling lifestyle effects on energy demand and related emissions. Energy Policy 28(8): 549-566.

Weber, C. L. and H. S. Matthews. 2007. Embodied environmental emissions in US international trade, 1997-2004. Environmental Science

& Technology 41(14): 4875-4881.

Weber, C. L. and H. S. Matthews. 2008. Quantifying the global and distributional aspects of American household carbon footprint.

Ecological Economics 66(2-3): 379-391.

Weber, C. L., G. P. Peters, D. Guan, and K. Hubacek. 2008. The contribution of Chinese exports to climate change. Energy Policy 36(9):

3572-3577.

Wegener Sleeswijk, A., L. van Oers, J. B. Guinee, J. Struijs, and M. A. J. Huijbregts. 2008. Normalisation in product life cycle assessment:

An LCA of the global and European economic systems in the year 2000. Science of the Total Environment 390(1): 227-240.

Weidema, B. P., M. Thrane, P. Christensen, J. Schmidt, and S. Lokke. 2008. Carbon footprint - A catalyst for life cycle assessment?

Journal of Industrial Ecology 12(1): 3-6.

Wenzel, H., M. Hauschild, and L. Alting. 1997. Environmental Assessment of Products. Vol. 1: Methodology, Tools and Case Studies in

Product Development. London: Chapman & Hall.

Wiedmann, T., M. Lenzen, K. Turner, and J. Barrett. 2007. Examining the global environmental impact of regional consumption activities -

Part 2: Review of input-output models for the assessment of environmental impacts embodied in trade. Ecological Economics 61(1):

15-26.

Wier, M., M. Lenzen, J. Munksgaard, and S. Smed. 2001. Effects of household consumption patterns on CO2 requirements. Economic

Systems Research 13(3): 259-274.

Wilting, H. C. 1996. An energy perspective on economic activities. Groningen: Groningen University.

Wilting, H. C. and W. Biesiot. 1998. Household energy requirements. In Green Households?, edited by K. J. Noorman and T. S. Uiterkamp.

London: Earthscan.

Wyckoff, A. W. and J. M. Roop. 1994. The Embodiment of Carbon in Imports of Manufactured Products - Implications for International

Agreements on Greenhouse-Gas Emissions. Energy Policy 22(3): 187-194.

Yang, Y. and S. Suh. 2009. Environmental impacts of economic activities in China. Twin Cities, Minnesota, USA: University of Minnesota.

Zuo, T. Y., T. M. Wang, and Z. R. Nie. 2001. Ecomaterials research in China. Materials & Design 22(2):107-110.

96


世 界 経 済 のライフサイクルへの 影 響 研 究 の 附 属 書 I ストレッサー 固 有 の 貢 献

ライフサイクル 影 響 評 価 (LCIA)は、「ライフ

サイクルアセスメントの 過 程 として、 製 品 シス

テムの 潜 在 的 な 環 境 影 響 の 大 きさと 重 要 性 を 理

解 し、 評 価 することを 目 指 した」と 定 義 されま

す(ISO 14044:2006)。いくつかの 方 法 とアプロ

ーチは、 影 響 評 価 を 実 行 するために 開 発 されま

した。 環 境 毒 性 化 学 学 会 (SETAC) 作 業 部 会 ( 後

に UNEP-SETAC の 特 別 対 策 本 部 が 続 く)は、

推 奨 される 最 良 の 実 行 方 法 に 着 手 しました。こ

れらの 活 動 は、 最 良 のアプローチと 根 底 にある

原 則 (see, for example, Udo de Haes et al.

2002)についての 幅 広 い 意 見 の 一 致 に 終 わりま

したが、 一 つの 支 配 的 な 推 奨 されたアプローチ、

または 方 法 がありません。

主 に 二 つのアプローチが 基 本 的 にあります。 一

つは 環 境 の 干 渉 がいわゆる 影 響 カテゴリーや、

限 られた 数 ( 約 10)に 変 換 される『 中 間 点 アプ

ローチ』と 呼 ばれています。 例 として、 地 球 温

暖 化 、 酸 性 化 、 光 化 学 スモッグの 形 成 と 毒 性 で

す。さらなる 集 計 は、 主 観 的 に 重 みを 加 えるこ

とにより 行 うことができます。 有 名 な 中 間 方 法

は、CML 方 法 (Guinée et al. 2002)、EDIP- 方 法

(Hauschild and Potting 2005)、IMPACT- 方 法

(Jolliet et al. 2003)、そして、ReCiPe 方 法

(Goedkoop et al. 2008)です。

二 つ 目 の 主 要 なアプローチは、『エンドポイント

アプローチ』です。ここでは 哲 学 は 最 終 的 な 影

響 までずっと 環 境 影 響 の 連 鎖 をモデル 化 します。

そして、それは 限 られた 数 の『 保 護 の 領 域 』に

分 類 されます。: 人 間 の 健 康 損 害 、 自 然 への 損 害

と 資 源 への 損 害 です。 有 名 なエンドポイント 方

法 は、EPS 方 法 (Steen 1999)と Ecoindicator

(Goedkoop and Spriensma 1999)と ReCiPe 方

法 (Goedkoop et al. 2008)です。 例 として、 下

記 の 図 AI.1 は、ReCiPe 方 法 で 実 装 される 中 間

エンドポイントの 枠 組 みを 示 します。

LCA の 専 門 家 の 間 では 最 近 の 議 論 について、 不

確 実 性 と 関 連 、 排 他 的 な 面 であるため、 中 間 /エ

ンドポイント 議 論 が 論 争 の 的 で 調 停 するのが 難

しいことを 示 しました。エンドポイントの 処 置

が 手 元 での 問 題 に 関 連 するが、 対 応 するエラー

普 及 で、 計 算 が 複 数 のステップを 経 たので、そ

れらも 確 実 ではありません(Hertwich et al.

1999; Huijbregts et al. 2003a)。 例 として、エン

ドポイントレベルにおいて 仮 説 検 定 の 外 部 性 レ

ポートの 統 計 では、 誤 って 一 つの 電 力 供 給 オプ

ションをそれらが 見 分 けられずにもう 一 つのほ

うを 選 ぶ 確 率 は、 実 に 80%(Lenzen 2006)あ

ります。したがって 外 部 コストで 最 高 の 予 想 は、

大 部 分 の 政 策 決 定 の 目 的 に 不 十 分 です(Krewitt

2002)。 中 間 レベルの 指 標 はより 確 実 ですが、『 代

理 特 質 』だけ、それらの 関 連 (Udo de Haes et al.

2002)で 隠 れた 不 確 実 性 を 運 びます。

エンドポイント 情 報 が 不 確 かであるならば、 決

定 を 理 にかなった 信 頼 でなされるのに、 評 価 は

中 間 点 で 行 われることができます。しかし、 中

レベルの 指 標 は 一 般 的 に、 人 々が 実 際 に 解 決 し

たい 問 題 とささやかに 関 連 する 問 題 を 人 々の 経

験 から 削 除 します。しかしながら、この 最 終 的

な 質 問 が 意 思 決 定 者 によって 求 められるもので

あり、 決 定 はより 特 定 の 中 間 レベルについて 投

資 家 の 主 観 的 な 分 析 (MCDA)に 基 づいてなさ

れるので 答 えられません(see Hertwich and

Hammitt 2001a, 2001b)。 重 要 な 点 は、これら

の 判 断 に 影 響 するモデル 化 と 評 価 に 問 題 が 定 量

化 したものを 多 くの 面 を 直 観 的 に 組 み 込 むこと

ができるのです。これらは 知 覚 リスク、 負 担 と

給 付 、 株 式 、 倫 理 的 、 道 徳 的 、 宗 教 的 、 政 治 的

信 念 や 原 則 、 即 時 性 と 潜 在 的 な 影 響 、 自 発 性 、

制 御 性 と 露 出 の 知 識 の 可 逆 性 の 分 布 や 人 間 の 知

98


識 の 知 覚 不 備 を 含 みます(compare Hertwich et

al. 2000)。ここでは、 私 達 は 世 界 規 模 で 行 われ

るライフサイクルアセスメント 研 究 によって 得

られる 結 果 に 注 目 します。 特 定 の 地 域 のライフ

サイクル 影 響 や 環 境 影 響 の 多 くの 研 究 は 近 年 現

れました(Wenzel et al. 1997; Goedkoop and

Spriensma 1999; Huijbregts et al. 2003b; Bare

et al. 2006; Lundie et al. 2007; Norris 2001;

Wegener Sleeswijk et al. 2008; Breedveld et al.

1999; Stranddorf et al. 2005; Strauss et al.

2006)。いくつかの 方 法 は 限 られた 地 域 に、また

限 られた 数 の 影 響 カテゴリーのためであること

て 最 近 の 世 界 的 な 標 準 化 調 査 の 結 果 を 説 明 しま

す。Wegener Sleeswijk は(2008) 気 候 変 動 、

酸 性 化 、 富 栄 養 化 、 人 間 の 毒 性 、 生 態 毒 性 と 土

地 使 用 を 含 んだもの、それらの 研 究 において 15

の 中 間 カテゴリーの 説 明 をしました。 参 照 年 と

情 報 が 世 界 的 なレベルで 集 められたので、2000

年 は 選 ばれました。 全 ての 場 合 において、 排 出

や 抽 出 の 限 られた 設 置 は、 標 準 化 得 点 の 有 力 な

貢 献 者 です。 図 AI.2 は、 第 2.4 節 で 対 処 される

非 生 物 的 な 資 源 減 尐 を 除 いて、 考 慮 されるすべ

ての 影 響 カテゴリーのために 主 要 な 誘 因 の 相 対

的 な 寄 与 を 示 します。

が 示 されます。 以 下 で 、 私 達 は Wegener

Sleeswijk により、2000 年 にもたらされる 極 め

図 AI.1:ReCiPe 方 法 で 適 用 される、 中 間 -エンドポイントフレームワーク

図 A1.2:14 の 中 間 影 響 カテゴリーの 主 要 な 誘 因 の 相 対 的 な 貢 献

99


すべての 非 毒 性 関 連 の 排 出 に 依 存 する 影 響 は、

10 の 物 質 または 物 質 群 の 排 出 により 完 全 に 支 配

しています。: N-と P- 化 合 物 、CO2、CH4、SO2、

NOx、NH3、PM10、NMVOC と(H)CFC な

どが 大 気 や 水 へと 排 出 されます。 放 射 性 排 出 物

と 毒 性 関 連 の 排 出 ( 殺 虫 剤 、 有 機 肥 料 、 金 属 合

情 報 の 有 効 性 はかなり 制 限 されており、 加 えて

結 果 的 に 大 きな 不 確 実 性 につながりました。 世

界 的 な 規 模 でこれらの 排 出 に 関 する 限 られた 情

報 を 認 めて、 全 体 の 影 響 への 73%の 寄 与 と 共 に、

炭 素 -14 の 排 出 は、 電 離 放 射 線 に 完 全 に 支 配 的 で

す。

成 物 質 といくつかの 特 定 の 無 機 物 )のために、

100


主 に 空 気 にとって、 人 間 の 毒 性 と 海 の 生 態 毒 性

は 重 金 属 排 出 によって 支 配 されていました。 淡

水 の 生 態 毒 性 について、 淡 水 区 画 への 塩 素 排 出

は、50% 以 上 の 寄 与 で、 支 配 的 な 役 割 を 演 じま

す。 農 業 土 への 農 薬 排 出 は、 淡 水 の 生 態 毒 性 の

ための 他 の 重 要 な 要 因 です。 淡 水 の 生 態 毒 性 は、

農 業 の 土 への 農 薬 排 出 によって 支 配 されます。

土 地 占 領 に 関 しては、 耕 地 可 能 な 土 地 は 牧 草 地

と 草 原 、 及 び 建 物 のある 土 地 に 続 く 世 界 規 模 で

最 も 重 要 であると 考 えられる。 熱 帯 雤 林 から 人

工 土 地 への 土 地 変 化 は、この 影 響 カテゴリーの

ための 一 つの 決 定 的 な 要 因 です。

101


附 属 書 Ⅱ. 方 法

本 附 属 書 では、 環 境 圧 から 発 生 している 影 響 と 経

済 活 動 と 方 法 から 生 じている 環 境 圧 を 評 価 する

ために、 簡 単 に 評 価 する 方 法 を 紹 介 します。 影 響

を 評 価 するために、 重 要 な 問 題 は 本 報 告 書 の 付 属

書 1 で 議 論 されているため、これらの 問 題 はここ

で 取 り 組 みません。 代 わりに、 異 なる 種 類 の 影 響

と 異 なる 影 響 カテゴリーの 間 でトレードオフに

ついての 問 題 に 注 目 します。このようなトレード

オフは、 環 境 影 響 による 最 良 である 経 済 活 動 のた

めに 必 要 です。

環 境 への 圧 力 を 定 量 化

拡 張 DPSIR 枠 を 使 用 するために、 私 達 はそれら

が 発 生 させる 圧 力 を 特 定 の 経 済 活 動 と 関 連 づけ

ている 経 済 の 説 明 を 必 要 とします。 推 進 力 の 分 析

の 目 的 に 従 い、 異 なる 説 明 が 可 能 です。ここで 経

済 の 具 体 的 な 面 との 関 係 を 作 るモデルに 集 中 し

ます。さらに 消 費 の 必 要 とニーズ、 行 動 について

社 会 的 側 面 を 記 述 することに 入 る 他 の 枠 組 みが

存 在 しますが、 活 動 や 資 源 をその 影 響 に 応 じてい

るので、 注 目 されません。

数 年 の 時 間 の 遅 れがありますが、 一 般 的 にその 状

況 は 有 効 です。しかし IOTs は 金 融 面 だけで 表 さ

れます。 資 源 抽 出 と 排 出 を 環 境 と 経 済 のアカウン

ト(SEEA)の 国 連 システム(United Nations et

al.2003)や Environmental Accounts(NAMEA)

との 国 際 会 計 マトリクスなどのその 国 家 の、また

は 地 方 の 実 現 (Eurostat 2001b)などをたどるこ

とができます。

・ライフサイクル 評 価 (LCA)は、 製 品 の 資 源

の 要 件 と 環 境 影 響 をたどるために 開 発 されたア

プローチです。 製 品 はコーヒーか 1 リットルのバ

イオ 燃 料 から 広 く 及 びます。ケースに 基 づくアプ

ローチとして、LCA は 経 済 全 体 を 評 価 すること

を 目 的 とはしません。しかしエネルギー 生 産 、 輸

送 、 材 料 、 廃 棄 物 処 理 用 の 排 出 量 は 資 源 条 件 が、

ほとんどのライフサイクルアセスメントに 含 ま

れる 必 要 があり、 製 品 を 生 産 するには 多 くの 経 済

を 必 要 とします。いくつかのデータベース、 特 に

スイスの EcoInvent Life cycle Inventories

(Frischknecht et al. 2005)は 環 境 では 重 要 でな

いサービス 部 門 (Mongelli et al. 2005)を 除 き、

経 済 の 多 くは 幅 広 い 範 囲 の 適 用 を 提 供 します。

「ドライバー」の 以 下 のモデルは、 私 達 の 目 的 を

達 成 するかもしれません:

・ 投 入 産 出 表 (IOT)と 国 家 会 計 の 基 本 的 な 枠 組

みは、 購 入 品 、 販 売 部 門 の 資 源 抽 出 、 処 理 、 製 造

とサービスなどを 含 むセクターの 形 で 経 済 の 説

明 を 提 供 します。 表 には、 様 々な 産 業 分 野 で 生 産

された 製 品 の 最 終 的 な 購 入 の 需 要 が 含 まれてい

ます。 最 終 的 な 需 要 は、 家 庭 の 消 費 、 政 府 と 民 間

の 機 関 に 含 まれ; 投 資 ; 目 録 の 調 整 ;そして 輸 出 、

在 庫 を 調 整 します。IOTs は 経 済 において 追 加 さ

れるすべての 購 入 品 と 価 値 の 包 括 的 な 画 像 を 提

供 し、 最 終 的 な 需 要 を 満 たすためにすべての 製 品

のために 価 値 連 関 表 の 追 跡 が 購 入 されるのを 許

しています。 国 の 多 くは 定 期 的 に IOTs を 構 築 し、

消 費 の LCA データベースにおけるボトムアップ

評 価 は、 経 済 における 消 費 の 概 要 を 提 供 するのに

を 使 用 し ま す (Jansen and Thollier 2006;

Jungbluth et al. 2007)。

・ 材 料 フローアカウント(MFA)は 材 料 のキ

ログラムの 観 点 から 輸 出 国 家 の 経 済 、 抽 出 、 輸 入

について 説 明 します。MFA のカテゴリーは 限 ら

れ た 資 源 の 種 類 に 関 連 し て 区 別 で き ま す

(EUROSTAT 2001la)。 経 済 活 動 を 主 要 なカテ

ゴリーに 分 析 することは 可 能 で、 広 範 囲 のアプロ

ーチでもあります。しかしながら 国 家 経 済 で 発 生

することに 関 して 何 が 発 生 するか 詳 細 でも 見 え

ないので、 社 会 へのこれらの 将 来 はたどることが

できません。 環 境 の 干 渉 、または 影 響 との 関 連 が

102


追 求 されないので、MFA は 資 源 の 優 先 されるも

のには 適 していません。 試 みとしてデカップリン

グを 測 定 し、 集 積 された 指 標 として EMC の 開 発

におき、 環 境 局 面 を MFA に 加 えました。これら

の 試 みは SEEA 手 本 にし、 環 境 拡 張 をセクター

の 代 わりに 具 体 的 な 資 源 に 加 える。 経 済 セクター

による 身 体 的 な 資 源 の 流 れは、 身 体 的 な 投 入 産 出

表 (PIOT)を 使 ってたどれることもできます。

その 概 念 上 の 含 みが 主 張 されるとしても、このア

プローチは 経 済 のアカウントを 映 し 出 します。 材

料 フローと 影 響 をたどることは、 廃 棄 物 投 入 産 出

分 析 (Nakamura ら 2007)の 枠 組 みの 範 囲 内 で

も 可 能 です。

経 済 環 境 の 境 界

現 在 のレポートでは、 我 々はライフサイクル 評 価

(LCA)において、『 環 境 の 干 渉 』で 同 義 的 に 表

現 「 環 境 圧 」を 使 いました。 環 境 の 干 渉 は、 経 済

と 環 境 の 間 のインターフェースを 作 成 します。

LCA 方 法 論 において、「 環 境 の 干 渉 」は 経 済 的 環

境 境 界 のどんな( 物 理 的 な) 違 反 にでも 言 及 しま

す。この 違 反 は 双 方 の 方 法 で 働 きます。もう 一 方

で、 材 料 は 経 済 で 使 用 される 環 境 から 抽 出 されま

す。これは 原 料 のみではなく、 自 然 から 変 わる 土

地 で 起 こります。 他 では 残 る 材 料 として、 環 境 に

入 れられます。これは 排 出 のみならず、 廃 棄 物 を

浪 費 することにもなります。 根 本 的 な 問 題 として、

私 達 が 経 済 と 自 然 の 間 にシステム 境 界 線 をどこ

に 設 置 したかということです。

・ 資 源 の 抽 出 。

ほとんどの 場 合 、 何 が『 資 源 の 抽 出 』について 意

味 されるかは 明 白 です。 私 達 は 多 くの 人 に 従 って、

それを『 社 会 で 処 理 し、 使 われる 自 然 環 境 から、

モノを 取 り 出 す』と 定 義 されます。 金 属 鉱 石 の 抽

き、 境 界 線 問 題 は 発 生 します。 例 えば MFA は、

収 穫 は 抽 出 と 考 えられ、 農 業 土 壌 が 環 境 の 一 部 と

されます。 複 数 の LCA 方 法 では、これは 真 実 で

はありません。むしろ、 農 業 生 産 は 収 穫 が 製 品 と

して、ある 経 済 活 動 と 考 えられます。ゆえに、 収

穫 による CO2 固 定 だけは 抽 出 されます。これは

システムを 一 貫 しておくため、 手 法 を 結 合 すると

きに 覚 えておく 必 要 があります。

・ 環 境 への 排 出 はガス、 廃 水 、 放 射 能 、 雑 音 、

熱 と 光 害 を 含 み、 広 く 定 義 されます。ここでは、

環 境 への 放 出 の 識 別 は、ほとんどの 場 合 問 題 には

なりません。 生 態 起 源 からの CO2 排 出 物 に 関 す

る 議 論 が 続 いていますが、 産 業 のプロセスと 用 途

及 び 消 費 からの 排 出 物 は 議 論 の 余 地 がありませ

ん。いくらかのエネルギー 分 析 法 では、それらが

『カーボンニュートラル』であると 考 えられる 時

から、これらは 占 められません。 通 常 の LCA 手

順 では 占 められません。 世 界 的 に 同 じものに 達 し

ます。 世 界 的 な 下 位 レベルで、それは 排 出 と 比 較

して 異 なる 領 域 に 発 生 している 抽 出 のために、 違

いを 引 き 起 こすかもしれません。 特 に 他 の 国 に 変

わっている 重 荷 を 考 慮 するとき、これは 知 ってお

くべきです。

もう 一 つの 問 題 は 廃 棄 物 の 流 れについてです。こ

こでは 経 済 的 環 境 境 界 線 は、 異 なる 場 所 で 引 かれ

ます。 廃 物 焼 却 炉 と 再 生 業 者 がまだ 経 済 システム

の 議 論 の 余 地 のない 部 分 である 間 、 埋 め 立 て 処 分

場 はそうではありません。 埋 め 立 て 地 が、 環 境 の

一 部 です(すなわち 無 駄 を 埋 め 立 てに 使 う 事 は、

環 境 への 排 出 である)また、 埋 め 立 て 地 は 経 済 の

範 囲 内 で 静 かですか?と 埋 め 立 て 処 分 場 からは

損 害 が 排 出 を 意 味 すると 考 えます。ここではシス

テムの 一 貫 性 は、 守 られる 必 要 があります。

出 、 砂 や 砂 利 のような 建 設 の 原 料 、 海 と 川 からの

魚 、 森 からの 木 と 農 業 、 家 庭 と 産 業 に 用 いられる

水 は 議 論 の 余 地 がありません。 農 業 を 考 慮 すると

・ 土 地 利 用 。もう 一 種 類 の 干 渉 は、 土 地 の 利 用

法 です。 土 地 使 用 は MFA に 一 般 に 含 まれません

103


が、それがバイオマスの 使 用 に 接 続 していること

ができ、 一 般 的 な 枠 組 みに 分 析 されることができ

ます。 投 入 産 出 分 析 で 同 じように 働 く 生 産 要 因 と

土 地 使 用 の 軌 跡 が 土 地 不 足 で LCA に 直 面 して 推

定 され、 土 地 使 用 は 扱 われます。 単 位 プロセスの

土 地 使 用 は 干 渉 として 説 明 されます。 自 然 からの

土 地 の 転 換 が 明 らかに、 抽 出 である 間 、すでに 変

わる 土 地 の 利 用 法 はごく 尐 数 の 影 響 があるとさ

れます。いくつかは 2 種 類 の 異 なる 干 渉 として

『 土 地 使 用 変 化 』と『 土 地 使 用 競 争 』を 区 別 する

ことにより、これを LCA 方 法 論 で 解 決 します。

しかし、いくつかの 本 当 の 問 題 ( 生 息 地 の 退 廃 と

自 然 地 域 の 分 裂 のような)は、 必 ずしも 直 接 的 な

特 定 の 経 済 活 動 との 関 連 があるとは 言 えません。

もう 一 つの 結 ばれた 圧 力 は 正 味 の 主 要 な 生 産 性

の 人 間 に 関 します。そこで、 予 算 は 抽 出 と 妨 害

(Haberl 2007)を 含 みます。

原 則 として、これらのすべてのタイプの 介 入 は、

その 影 響 に 応 じて 資 源 または 製 品 をランク 付 け

するために 含 まれる 必 要 があります。 実 際 には、

研 究 はしばしば 介 入 の 非 常 に 限 られた 選 択 を 考

慮 に 入 れます。

環 境 への 影 響

経 済 の 活 動 は、 例 として 具 体 的 な 資 源 の 抽 出 、 放

出 、 無 駄 のごみ 処 理 と 用 途 と 土 地 の 転 換 や 環 境 圧

を 引 き 起 こす 原 因 とされます。これらの 介 入 は 直

接 、または 環 境 プロセス(DPSIR 枠 組 の 中 での

影 響 と 状 態 )の 連 鎖 を 通 して、 順 番 に 環 境 への 影

響 に 繋 がります。 空 気 や 水 への 排 出 は 分 散 し、 潜

在 的 に 他 の 区 画 に 移 し、より 高 い 環 境 濃 度 と 環 境

の 質 の 潜 在 的 な 損 失 に 繋 がります。 土 壌 への 排 出

は 地 域 汚 染 の 問 題 を 引 き 起 こし、 地 下 水 や 作 物 を

汚 染 します。 土 地 利 用 は、 種 の 生 息 地 の 損 失 が 発

生 します。これらの 要 因 は 全 て、 最 終 的 には 健 康

上 の 問 題 、 生 態 系 务 化 、 環 境 サービスの 損 失 を 引

き 起 こす 可 能 性 があります。 一 つの 評 価 において

こういうことを 捕 えることは、 大 きな 問 題 です。

全 ての 試 みは、 注 意 して 見 なければなりません。

そのような 全 ての 取 り 囲 む 運 動 を 求 める 大 きな

需 要 があります: 私 達 は 他 にどのように、 社 会 を

より 持 続 可 能 な 方 向 へ 導 く 情 勢 と 試 みを 評 価 で

きますか? 他 には、どのように 優 先 されるものを

定 めることができますか? 我 々はまた、 持 続 可 能

な 資 源 管 理 のための 国 際 パネルの 仕 事 でもある

デカップリングを 測 定 するために、 他 にどのよう

に 集 約 指 標 に 到 着 することができますか? 異 な

ったタイプの 影 響 の 集 合 では、いくつかの 一 般 的

なルートは 以 下 の 通 りです。

・ 衝 撃 の 種 類 と 保 護 の 領 域 。MFA と 投 入 産

出 分 析 は、 影 響 のすべての 異 なるタイプについて

集 計 に 計 画 を 作 成 しようとしませんでした。LCA

コミュニティで、しかしライフサイクルアセスメ

ントの 発 展 の 主 要 な 懸 念 でありました。これは 一

つの 優 位 なアプローチに 終 わらず、 調 和 化 は 進 行

中 です。 基 本 的 に、2 つの 主 要 なアプローチがあ

ります。 人 は、 時 々『 中 間 アプローチ』と 呼 ばれ

ており、ここでは 環 境 干 渉 は 解 釈 されて、 限 られ

た 数 の『 影 響 カテゴリー』に 合 計 されます。そし

て、それはよく 認 められた 環 境 問 題 に 言 及 します。

例 としては、 地 球 温 暖 化 、 酸 性 化 、 光 化 学 スモッ

グ 構 造 と 毒 性 です。 異 なるカテゴリーの 数 は、こ

のように、 数 百 から 1 ダースまで 減 らされます。

更 なる 集 計 は、 主 観 的 な 重 みによって 行 えます。

第 2 は、『エンドポイントアプローチ』です。こ

こでは、 哲 学 は 最 終 的 な 影 響 までずっと 環 境 影 響

の 連 鎖 をモデル 化 することになっています。それ

から『 保 護 の 領 域 』に 分 類 さます: 人 間 の 健 康 損

害 、 自 然 への 損 害 と 人 間 の 環 境 への 損 害 がありま

す。 両 方 のアプローチが LCA コミュニティで 使

われ、 各 々にはその 利 点 と 欠 点 があります。LCIA

手 法 が、LCA コミュニティの 外 でも 使 われます。

多 数 の 放 出 か 抽 出 の 集 計 がどこで 必 要 かは、すべ

104


てのケースで 使 われることができ、そして 危 険 度

査 定 は 従 い 可 能 ではありません。それには 環 境 的

に 延 長 した IOTs に、 関 連 会 社 によって 開 発 され

る 環 境 効 率 方 法 に 加 えられることで、より 幅 広 い

関 連 があります。

集 計 方 法 : 追 加 。 異 なる 影 響 等 しく、 他 の 方

法 は、 一 つの 単 位 にすべての 介 入 を 表 現 すること

です。これは、キロ、ジュールや 平 方 メートルな

どの 物 理 的 な 単 位 とすることができます。 経 済 学

では、そこにも 環 境 への 影 響 や 被 害 を 評 価 し、 金

銭 にこれを 翻 訳 するいくつかの 方 法 があります。

がって、1 の 同 等 指 数 を 持 ちます。CH4(より 強

い 温 室 効 果 ガス)は 23 の 同 等 を 持 ちます。そし

て、それは 1kg の CH4 の 放 出 が 23kg の CO2

の 放 出 に 等 しいことを 意 味 します。 言 い 換 えると、

1kg の CH4 は、23kg の CO2 等 価 物 として 表 さ

れることができます。すべての 温 室 効 果 ガスには

同 等 要 因 があって、それらはキログラム CO2 等

価 物 の 総 量 に 合 計 されることができます。 同 等 要

因 は、 運 命 と 放 出 の 身 体 的 な 働 きを 記 述 する 一 般

的 な 環 境 モデルを 用 いて 計 算 される。 影 響 カテゴ

リーごとに、モデリングは 異 なります。

例 と し て 、 エ コ ロ ジ カ ル フ ッ ト プ リ ン ト

(Wackernagel and Rees 1996) 内 のすべての 介

入 は 総 面 積 に 追 加 することができ、'グローバル

ヘクタール'、に 変 換 されます。マテリアルフロ

ーコスト 会 計 は、キロのすべてを 表 現 し、 全 体 的

な 材 料 の 入 力 、 出 力 、またはスループットの 指 標

に 簡 単 に 追 加 することができます(Matthews et

al. 2002; Hinterberger and Schmidt-Bleek

1999)。

集 積 エネルギー、またはエクセルギーアカウント

は、ジュールの 観 点 から 類 似 した 何 かをします

(Huijbregts et al. 2006; Brown and Herendeen

1996; Ukidwe and Bakshi 2004)。このアプロー

チには 問 題 が、 二 重 にあります: 一 般 的 な 表 現 は、

環 境 影 響 のための 指 標 として、 適 切 ではないかも

しれません。これは 例 えば 質 量 ベースの 指 標 の 問

題 として、 通 知 されます; 第 2 に、 人 が 2 つのも

のを 扱 うことに 決 めるならば、 評 価 の 陰 の 要 素 が

常 にあります。 同 じ 単 位 で 測 定 – 同 等 、 例 えば 1

ジュールのお 湯 と 1 ジュールのコーンとして。

寄 せ 集 め 方 法 : 中 間 モデル。 LCA で、 環 境

干 渉 は、 限 られた 数 の 影 響 カテゴリーの 範 囲 内 で

合 計 されます。これは、 参 照 干 渉 と 同 等 要 因 を 用

いられます。 例 えば、 地 球 温 暖 化 の 影 響 カテゴリ

ーのための 参 照 は CO2 であります。それはした

地 球 温 暖 化 、 酸 性 化 、 富 栄 養 化 、オゾン 層 破 壊 と

より 小 さい 範 囲 で 光 化 学 スモッグ 構 造 のために

ガスの 数 が 制 限 され、そして、 同 等 要 因 を 引 き 出

す 方 法 に 関 する 合 意 が 高 い 間 これは 他 の 影 響 カ

テゴリーのためによりそうではありません。 毒 性

では、 例 えば、 物 質 の 数 は 巨 大 で、それらの 運 命

と 行 動 は 非 常 に 多 様 であります。そして、 身 体 的

な 特 性 と 毒 性 に 関 する 根 底 にあるデータが 不 完

全 です。 資 源 の 減 尐 は、 意 見 の 一 致 がまだ 成 し 遂

げられなかったもう 一 つの 影 響 カテゴリーです。

いくつかのアプローチが、 非 生 物 的 な 資 源 の 減 尐

のために 同 等 要 因 を 引 き 出 すためにあります。

生 物 の 資 源 減 尐 のために、いくらかの 概 略 だけの

試 みがあります。まだ 実 際 には 適 用 できるという

わけではありません。 同 じことは 土 地 使 用 にとっ

て 言 えます、そこで、 使 われる 平 方 メートルの 裸

の 情 報 に 加 える 影 響 要 因 についての 意 見 の 一 致

がありません。それにもかかわらず、 追 加 等 価 要

因 について 大 きく 内 および LCA のコミュニティ

の 外 で 適 用 され、 容 易 に 適 用 可 能 な、 一 般 的 に 受

け 入 れられたアプローチです。デカップリングの

ために 網 羅 的 な 指 標 を 定 めることの 観 点 から、 利

点 は 膨 大 な 数 の 異 なる 環 境 の 干 渉 が 1 ダースぐ

らいの 影 響 カテゴリーになるということです。こ

105


のアプローチの 更 なる 縮 小 は、 可 能 ではありませ

ん:これは、 異 なる 影 響 カテゴリーのために 重 み

要 因 を 定 めることによってだけされることがで

きます。すべての 環 境 の 干 渉 を 合 計 する 異 なるア

プローチは、それらが 引 き 起 こすかもしれない 実

際 の 影 響 に 終 わりまでずっとモデル 化 すること

になっています。むしろ 温 室 効 果 ガスまたは 毒 性

等 価 物 より、 焦 点 は 死 亡 率 、 病 的 状 態 、 構 築 物 を

建 設 することへの 損 害 、 農 作 物 と 釣 り 株 の 上 にあ

って、 特 定 の 種 の 人 口 を 減 らしました。 単 位 は 例

えば、 特 定 の 有 機 体 の 障 害 調 整 生 存 年 数 、または

潜 在 的 に 影 響 を 受 ける 可 能 性 、もしくは 消 えた 分

数 です(Hofstetter 1998; Klepper ら 1998; Udo

de Haes ら 2002; Huijbregts 1999)。モデリング

は、『エンドポイント』レベルへの 影 響 を 定 義 し

ます。モデリングは、 排 出 が 身 体 的 な 影 響

(Krewitt ら 1998)に 分 散 モデルによって 解 釈

される 影 響 経 路 アプローチに 続 きます。 利 点 はわ

ずか 3 または 4 までです。これらは、 金 融 評 価 を

適 用 することによって、さらに 減 らされることが

できます。もう 一 つの 利 点 はこれらのエンドポイ

ント-カテゴリーが 本 当 の 影 響 を 表 すということ

であり、それは 重 要 な 問 題 です。 中 間 アプローチ

と 比 較 した 最 初 により 高 い 不 確 実 性 です。そして、

特 に 自 然 と 生 物 多 様 性 への 影 響 に 関 して 各 々の

モデルステップと 第 二 で 不 完 全 な 知 識 の 基 礎 を

増 やします。 寄 せ 集 めのこの 手 段 が 本 当 の 危 険 度

査 定 に 1 歩 より 近 くなる 間 、アプローチがまだ 潜

在 的 影 響 のそれであって、 環 境 のモデルを 一 般 化

したか、 様 式 化 したことを 心 にとめておかれなけ

ればなりません。

・ 集 計 方 法 :パネルまたは 政 治 的 な 重 み。

集 計 問 題 の 一 つの 解 決 は、 特 定 の 干 渉 、 影 響 カテ

ゴリーまたは 保 護 の 領 域 の 相 対 的 なひどさの 声

明 を 出 すことです。そのような 声 明 は、 定 義 上 主

観 的 です。 何 人 かは、これが 好 ましくないのを 感

じます: 集 計 は『 科 学 的 に 丈 夫 でなければならな

くて』、したがって 客 観 的 でなければなりません。

他 の 人 は、それを 主 観 的 な 要 素 が 常 に 持 続 性 問 題

と 持 続 可 能 な 発 展 においてあるという 事 実 の 認

知 とみなします。 好 みと 政 治 的 優 先 されるものは、

同 様 に 重 要 で、 優 先 されるもの、または 重 み 付 け

(Hertwich et al. 2000)を 通 して 導 入 されること

ができます:

― 科 学 者 委 員 会 によって、 特 定 の 干 渉 または 影 響

カテゴリーの 影 響 についての 彼 らの 専 門 家 の 知

識 を 引 き 起 こします。

― 投 資 家 委 員 会 によって, 特 定 の 事 例 研 究 の 前 に

行 われます

― 政 治 家 によって、 政 府 表 された 優 先 されるもの

に 基 づきます;

― 明 らかにされた 選 択 よって、たとえば 調 査 に 基

づきます。

ISO において、LCA 重 みのための 基 準 は、 特 定

の 状 況 にはっきりと 制 限 されます。 他 の 指 標 では、

重 みは 寄 せ 集 め 手 順 で 隠 されます。 例 えば、あり

とあらゆる 環 境 干 渉 から 平 方 メートルへのエコ

ロジカル・フットプリントにおける 翻 訳 ステップ

は、 非 具 象 的 な 選 択 を 必 要 とします。 一 見 客 観 的

な 指 標 は、 主 観 的 な 要 素 を 隠 すことができます。

これに 気 づき、 認 めることは 重 要 です。

集 計 方 法 : 金 融 。

金 融 集 計 は、 共 通 の 分 母 を 確 保 するもう 一 つの 方

法 です。 多 くの 経 済 ツール、 例 えば 社 会 的 費 用 便

益 分 析 または 緑 の 国 家 説 明 している 環 境 影 響 は、

それらの 金 融 価 値 に 変 換 されます。 環 境 影 響 の 価

格 は、 環 境 品 質 の 潜 在 的 な 価 格 に 由 来 します。

人 々が 市 場 に 出 ている 環 境 品 質 を 買 うことがで

きなくて、 環 境 商 品 の 価 格 は 暗 黙 のうちにどちら

のアンケート( 定 まった 選 択 )にでも 由 来 しなけ

ればならないか、 他 の 商 品 の 価 格 変 更 を 観 察 しま

した( 例 えば 汚 染 された 近 所 の 家 の 価 格 と 比 較 し

106


た 汚 染 されてない 近 所 の 家 のための 価 格 プレミ

アム–これらは、 明 らかにされた 選 択 と 呼 ばれて

います)。

環 境 品 質 のために 金 融 評 価 に 到 達 するいろいろ

な 方 法 があります:

・ 損 害 費 用 アプローチは、エンドポイントレ

ベルで 物 理 的 な 影 響 のために 金 融 価 値 を 由 来 す

ることから 始 まります。 市 場 で 交 換 される 商 品 へ

の 損 害 のために、 実 際 の 経 費 が 使 われます。 環 境

汚 染 による 早 死 にの 危 険 性 のための 価 値 は、 例 え

ばより 危 険 な 仕 事 、 命 を 広 げる 医 学 技 法 のコスト

のために、 定 まった 選 択 を 通 して 払 われるより 高

い 給 料 に 由 来 します。 研 究 は、 一 つの 生 命 におい

て 典 型 的 価 値 が 4 万 ~20 万 ユーロの 間 にどこか

にあることを 示 しました。 健 康 効 果 のために 価 値

を 推 定 することについての 文 献 は 豊 富 で, 国 と 源

に 特 有 の 価 値 はいくつかの 汚 染 物 質 のために 発

表 されました。 土 地 使 用 変 化 と 生 物 多 様 性 影 響 の

評 価 の 活 発 な 研 究 もあります。

・ 製 作 費 用 のアプローチは、 金 融 価 値 の 指 標

として 方 針 とすることを 要 求 され、 環 境 税 が 減 尐

るために 国 民 経 済 のために 追 加 費 用 を 指 定 する

ことまで 終 わります。 例 えば VOC の 放 出 が 方 針

計 画 のために 上 がるならば、これらの 排 出 は

VOC のために 国 家 放 出 限 度 を 保 護 するためにオ

フセットされる 必 要 があります。 環 境 税 が 利 用 で

きるならば、この 税 のレベルは 金 融 価 値 の 徴 候 と

してとられることもできます。このアプローチが

より 直 接 であるが、それは 汚 染 物 質 のために 批 判

的 に 国 家 放 出 の 最 高 値 の 有 効 性 で 決 まります。そ

のような 最 高 値 が 利 用 できないならば、 予 想 は 防

止 費 用 アプローチを 使 用 してされることができ

ません。 特 に 自 然 と 生 物 多 様 性 へのさまざまな 影

響 のために、これらの 地 域 の 経 済 システムの 拡 大

に 関 する 方 針 に 基 づく「キャップ」が 存 在 しない

ため、 防 止 費 用 アプローチは 価 値 を 与 えません。

方 針 費 用 アプローチが、LCA から 結 果 を 重 くす

るために 使 われました。すべての 評 価 アプローチ

は、 寄 せ 集 めが 一 つの 指 標 に 干 渉 と 影 響 のすべて

の 異 なるタイプを 集 めるために 共 通 して 持 ちま

す。 広 範 囲 に 文 学 で 論 じられているように、 各 々

の 方 法 には 利 点 と 欠 点 があります。

経 費 を 使 います。 考 えは、 環 境 品 質 のための 市 民

の 選 択 の 厄 介 な 金 融 評 価 の 代 わりに、より 簡 単 な

予 想 が 環 境 政 策 の 目 標 に 対 処 するためにコスト

を 決 定 することによって 確 立 されることができ

ます。このように 確 立 される 経 費 は、 干 渉 を 避 け

107


略 語 、 頭 文 字 と 単 位

略 語 及 び 定 義

COICOP Classification of Individual

Consumption According to Purpose

単 位

DMC

Domestic Material Consumption

CO2eq

carbon dioxide

DPSIR

Driving force – Pressure – State

equivalents

– Impact – Response

kW

kilowatt

EE IOA

Environmentally Extended

m 3 /cap/year

cubic meter per capita

Input Output analysis

per year

EEA

European Environment Agency

p.a.

per annum

EMC

Environmentally weighted

t

tone

Material Consumption

EU

European Union

化 学 略 語

FAO

Food and Agriculture Organisation

CO2

carbon dioxide

of the United Nations

CH4

methane

GDP

Gross Domestic Product

N2O

nitrous oxide

GHG

Greenhouse Gas

NOx

nitrogen oxide

GWP

Global Warming Potential

SO2

sulphur dioxide

IEA

International Energy Agency

IOT

input-output tables

IPC

Intergovernmental Panel on

Climate Change

LCA

Life Cycle Assessment

MA

Millennium Ecosystem Assessment

MFA

Material Flow Accounting

OECD

Organisation for Economic

Co-operation and Development

PV cells

UNEP

Photovoltaic cells

United Nations Environment

Programme

108


テクノロジーの UNEP 部 門 について、

工 業 と 経 済 学

技 術 、 産 業 と 経 済 学 (DTIE)の UNEP 部 門 は、ビジネスと 工 業 で 政 府 、

地 方 自 治 体 と 意 思 決 定 者 が 育 ち、 持 続 可 能 な 発 展 に 集 中 している 政 策 と 慣

行 を 実 行 するのを 支 援 します。

その 部 門 は、 販 売 促 進 することに 取 り 組 みます:

> 持 続 可 能 な 消 費 と 生 産

> 再 生 可 能 エネルギーの 効 率 的 利 用

> 化 学 製 品 の 適 切 な 管 理

> 開 発 政 策 の 環 境 コストの 統 合

パリにあるディレクターの 事 務 局 を 介 しての 活 動 を 調 整 する:

> 国 際 環 境 技 術 センター ・IETC は( 大 阪 府 、 滋 賀 県 ) 特 にアジアに 焦 点 を 当 て、

統 合 的 廃 棄 物 、 水 と 災 害 管 理 プログラムを 実 行 しています。

> 持 続 可 能 な 消 費 と 生 産 (パリ)、 世 界 市 場 を 通 して 人 間 開 発 への 寄 与 として 持 続 可 能 な 消 費

と 生 産 を 推 進 しています。

> 化 学 物 質 (ジュネーブ)、

化 学 物 質 の 堅 実 な 管 理 と 化 学 の 世 界 中 の 安 全 の 改 善 をも

たらすために 世 界 的 な 行 動 に 触 媒 作 用 を 及 ぼします。

>エネルギー(パリとナイロビ)、 持 続 可 能 な 開 発 のためのエネルギーと 輸 送 政 策 を 促 進 して

再 生 可 能 エネルギーとエネルギー 効 率 化 への 投 資 を 促 しま

す。

>オゾンアクション(パリ)、

モントリオール 議 定 書 の 実 施 を 確 実 に 移 行 するために 市

場 経 済 移 行 国 と 発 展 途 上 国 におけるオゾン 層 破 壊 物 質 の

段 階 的 な 廃 止 を 支 持 します。

> 経 済 と 貿 易 (ジュネーブ)、 経 済 貿 易 政 策 に 環 境 配 慮 を 取 り 入 れるために 国 を 支 援 し、

持 続 可 能 な 開 発 政 策 を 組 み 込 むことが 金 融 部 門 に 融 和 させ

ています。

UNEP DTIE 活 動 は、 認 識 を 上 げて、 知 識 と 情 報 の 伝 達 を 改 善 して、

技 術 的 協 力 とパートナーシップを 促 進 し、 国 際 条 約 と 協 定 を 実 施 する

ことに 焦 点 を 当 てます。

詳 細 については、www.unep.fr を

参 照 してください

109


環 境 と 健 康 科 学 は、 環 境 圧 と 生 態 系 の 損 害 責 任

を 負 わないという 接 続 に 対 する 重 要 な 洞 察 を

持 ってきました。 有 名 な 評 価 は、 生 息 地 変 化 、

再 生 可 能 資 源 の 過 剰 開 発 、 気 候 変 動 と 粒 子 状 物

質 排 出 が 最 も 重 要 な 環 境 問 題 の 間 にあること

を 示 します。 生 物 多 様 性 損 失 と 不 健 康 は、 推 定

されていると 評 価 されました。

このレポートは、 環 境 圧 の 影 響 ではなく、その

原 因 に 関 して 焦 点 を 当 てています。これは、 圧

力 は 経 済 活 動 から 生 じると 説 明 しています。こ

れらの 活 動 は 目 的 のために 続 行 され、そして、

消 費 を 満 たします。

環 境 圧 は 一 般 的 に、 材 料 とエネルギーの 抽 出 、

変 換 に 拘 束 されます。このレポートは、 生 産 、

材 料 消 費 の 結 びつきを 調 査 します。

我 々の 評 価 が 示 すように、 産 業 、 消 費 カテゴリ

ーと 材 料 の 相 対 的 重 要 度 は 世 界 中 で 異 なりま

す。この 評 価 は、 環 境 圧 の 原 因 の 詳 細 な 問 題 の

説 明 と 分 析 を 提 供 し、それゆえに 環 境 影 響 を 減

らすために 必 要 な 知 識 を 提 供 します。それは 改

善 がどこで 必 要 かについて、あなたに 話 します

が、それはどんな 変 化 が 必 要 か、そして、 彼 ら

がいくらを 改 善 に 貢 献 するかあなたに 話 しま

せん。

110

More magazines by this user
Similar magazines