上 ノ 村 遺 跡 Ⅰ - 高知県文化財団

kochi.bunkazaidan.or.jp

上 ノ 村 遺 跡 Ⅰ - 高知県文化財団

高 知 県 埋 蔵 文 化 財 センター 発 掘 調 査 報 告 書 第 107 集

上 ノ 村 遺 跡 Ⅰ

波 介 川 河 口 導 流 事 業 に 伴 う 埋 蔵 文 化 財 発 掘 調 査 報 告 書 Ⅱ

2010.3

高 知 県 教 育 委 員 会

㈶ 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター


高 知 県 埋 蔵 文 化 財 センター 発 掘 調 査 報 告 書 第 107 集

上 ノ 村 遺 跡 Ⅰ

波 介 川 河 口 導 流 事 業 に 伴 う 埋 蔵 文 化 財 発 掘 調 査 報 告 書 Ⅱ

2010.3

高 知 県 教 育 委 員 会

㈶ 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター



上 ノ 村 遺 跡 は、 高 知 平 野 の 西 部 を 潤 す 仁 淀 川 下 流 にある 縄 文 時 代 から 近 代 にいたる 遺

跡 です。これまで、 仁 淀 川 下 流 域 では 戦 国 期 の 山 城 が 幾 つか 知 られていただけで、 平 地 部

での 遺 跡 の 分 布 はほとんど 認 められていませんでした。 平 成 16 年 度 、 国 土 交 通 省 高 知 河

川 国 道 事 務 所 による 波 介 川 河 口 導 流 事 業 に 伴 う 試 掘 調 査 によって 新 居 城 周 辺 から2つの

遺 跡 が 新 たに 確 認 され、 新 居 城 西 方 の 遺 跡 を 北 ノ 丸 遺 跡 、 南 に 展 開 する 遺 跡 を 上 ノ 村 遺 跡

と 命 名 しました。

埋 蔵 文 化 財 センターでは、 平 成 16 年 の 秋 から 北 ノ 丸 遺 跡 、17 年 度 には 上 ノ 村 遺 跡 の 発

掘 調 査 に 着 手 し 平 成 21 年 度 まで6 カ 年 にわたる 調 査 を 実 施 してまいりました。この 度 刊

行 になった『 上 ノ 村 遺 跡 Ⅰ』は、17 年 度 調 査 と19 年 度 調 査 の 一 部 の 成 果 をまとめたもので

す。 古 代 の 建 物 跡 と 中 世 前 期 を 中 心 とする 集 落 の 遺 構 ・ 遺 物 が 検 出 され、 平 安 京 やその 周

辺 で 焼 かれた 緑 釉 陶 器 や 黒 色 土 器 、 中 国 からの 貿 易 陶 磁 器 、 東 海 や 紀 伊 、 和 泉 、 播 磨 などで

生 産 された 土 器 類 が 大 量 に 出 土 しています。これはこの 地 が、 古 代 から 仁 淀 川 の 河 川 交

通 の 要 衝 として 重 要 な 役 割 を 果 たしていたことを 示 しているものと 思 います。

仁 淀 川 右 岸 の 高 岡 地 区 では、1990 年 代 以 降 発 掘 調 査 が 繰 り 返 し 行 われる 中 で、 当 地 が

高 知 平 野 西 部 の 中 心 舞 台 であったことが 明 らかになってまいりましたが、 下 流 域 におい

ても 注 目 すべき 遺 跡 の 存 在 することが 判 明 いたしました。 長 い 歴 史 の 営 みの 中 で、 仁 淀

川 流 域 が 重 要 な 役 割 を 果 してきたことを 示 しています。 地 域 のより 良 い 発 展 のために

は、 何 よりその 歴 史 を 正 しく 認 識 することが 不 可 欠 であろうと 思 われます。 埋 蔵 文 化 財

は、 記 録 の 残 っていない 地 域 の 歴 史 を 語 ってくれる 掛 け 替 えのない 歴 史 資 料 です。 本 書

が 地 域 理 解 のための 一 助 となり、 地 域 発 展 に 資 することができれば 幸 いです。 今 後 とも

埋 蔵 文 化 財 の 保 護 、 調 査 に 対 しましてご 理 解 とご 協 力 を 下 さいますようお 願 い 申 し 上 げ

ます。

最 後 に、 調 査 に 対 して 全 面 的 な 協 力 をして 下 さった 地 元 新 居 地 区 のみなさま、 国 土 交 通

省 高 知 河 川 国 道 事 務 所 、 発 掘 作 業 に 携 わって 下 さった 現 場 作 業 員 や 整 理 作 業 員 のみなさ

まに 厚 くお 礼 申 し 上 げます。

平 成 22 年 3 月

財 団 法 人 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター

所 長

小 笠 原 孝 夫


例 言

1. 本 書 は、( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター( 以 下 高 知 県 埋 蔵 文 化 財 センターという)が 平

成 17 年 度 と19 年 度 に 実 施 した 波 介 川 河 口 導 流 事 業 に 伴 う 上 ノ 村 遺 跡 の 発 掘 調 査 報 告 書 である。

2. 調 査 は、 国 土 交 通 省 四 国 地 方 整 備 局 から 委 託 を 高 知 県 教 育 委 員 会 が 受 けて、 高 知 県 埋 蔵 文 化 財 セ

ンターが 県 教 育 委 員 会 からの 再 委 託 を 受 けて 埋 蔵 文 化 財 センターが 発 掘 調 査 を 実 施 した。

3. 上 ノ 村 遺 跡 は、 土 佐 市 新 居 上 ノ 村 字 土 居 敷 5100−1 他 に 所 在 する。

4. 調 査 面 積

試 掘 調 査 1,632m2( 対 象 面 積 約 200,000m2)

本 調 査 3,440m2( 延 べ6,880m2)

平 成 17 年 度 2,490m2( 延 べ4,980m2)

南 区 (S 区 ) 830m2( 延 べ1,660m2)

北 の 西 区 (NW 区 ):910m2( 延 べ1,820m2) 北 の 東 区 (NE 区 ):750m2(1,500m2)

平 成 19 年 度 1−4 区 (S1 区 ・S2 区 ):950m2( 延 べ1,900m2)

調 査 期 間

試 掘 調 査 平 成 17 年 5 月 18 日 〜 6 月 24 日

本 調 査

平 成 17 年 度 17 年 8 月 1 日 〜 12 月 16 日 平 成 19 年 度 19 年 4 月 2 日 〜6 月 21 日

5. 調 査 体 制

平 成 17 年 度

総 括 高 知 県 埋 蔵 文 化 財 センター 所 長 川 村 寿 雄 同 調 査 課 長 森 田 尚 宏

総 務 担 当 同 次 長 兼 総 務 課 長 湯 浅 文 彦 主 幹 長 谷 川 明 生

調 査 担 当 調 査 課 第 三 班 長 出 原 恵 三 専 門 調 査 員 堅 田 至

平 成 19 年 度

総 括 高 知 県 埋 蔵 文 化 財 センター 所 長 汲 田 幸 一 同 調 査 課 長 廣 田 佳 久

総 務 担 当 同 次 長 森 田 尚 宏 総 務 課 長 戸 梶 友 昭

調 査 担 当 調 査 課 第 三 班 長 出 原 恵 三 専 門 調 査 員 坂 本 憲 昭 ・ 柴 岡 理 恵 ・ 野 田 秀 夫 ・ 山 田 耕 三

6. 本 書 の 編 集 執 筆 は 出 原 恵 三 が 行 った。

7. 平 成 19 年 度 現 場 作 業 における 調 査 補 助 員 は 次 の 通 りである。

高 知 県 埋 蔵 文 化 財 センター 技 術 補 助 員 片 岡 和 美 同 測 量 補 助 員 岡 林 真 史 ・ 谷 川 斉

8. 報 告 書 作 成 においては、 出 土 遺 物 の 時 期 比 定 、 産 地 同 定 等 について 下 記 の 方 々からご 指 導 を 得 た。

記 して 謝 意 を 表 したい。

平 尾 政 幸 ( 京 都 市 埋 蔵 文 化 財 研 究 所 ) 浜 田 恵 子 ( 高 知 市 教 育 委 員 会 )

池 澤 俊 幸 ・ 筒 井 三 菜 ・ 徳 平 涼 子 ・ 矢 野 雅 子 ・ 吉 成 承 三 ( 高 知 県 埋 蔵 文 化 財 センター)

9. 遺 物 実 測 、トレースなどの 整 理 作 業 は 下 記 の 方 々が 従 事 して 下 さった。

松 木 富 子 浜 田 雅 代 吉 本 由 佳 東 村 知 子 高 橋 由 香 竹 村 延 子 山 中 美 代 子

10. 遺 構 については、SB( 掘 立 柱 建 物 跡 )、SK( 土 坑 )、SD( 溝 跡 )、P(ピット)、SE( 井 戸 )、SX( 性 格 不 明 遺 構 )


等 の 略 号 を 使 用 した。 掲 載 しているFig.の 縮 尺 はそれぞれに 記 載 しており、 方 位 Nは 世 界 測 地 系

による 方 眼 北 である。

11. 出 土 遺 物 は、17 年 度 調 査 分 が「05–8TK」、19 年 度 調 査 分 が「07–8TK」と 注 記 して 埋 蔵 文 化 財 セン

ターで 保 管 している。


本 文 目 次

第 Ⅰ 章 調 査 に 至 る 経 過 .............................................................................................................................1

第 Ⅱ 章 周 辺 の 地 理 ・ 歴 史 的 環 境

1. 地 理 的 環 境 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3

2. 歴 史 的 環 境 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3

第 Ⅲ 章 試 掘 調 査

1. 第 1 地 点 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9

2. 第 2 地 点 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9

3. 第 3 地 点 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .10

4. 第 4 地 点 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .10

第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

1. S 区 1 上 層 の 遺 構 と 遺 物 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .21

2. S 区 1 中 層 の 遺 構 と 遺 物 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .61

3. S 区 1 下 層 の 遺 構 と 遺 物 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .61

4. S 区 1の 包 含 層 出 土 遺 物 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .68

5. S 区 2の 遺 構 と 遺 物 ...............................................................................................................................73

第 Ⅴ 章 本 調 査 NW 区

1. 基 本 層 準 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .77

2. 下 層 ( 古 代 )の 遺 構 と 遺 物 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .77

3. 上 層 ( 中 世 )の 遺 構 と 遺 物 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .88

第 Ⅵ 章 本 調 査 NE 区

1. 基 本 層 準 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .107

2. 下 層 ( 古 代 )の 遺 構 と 遺 物 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .107

3. 上 層 ( 中 世 )の 遺 構 と 遺 物 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .125

第 Ⅶ 章 考 察

1. 古 代 ・ 中 世 の 土 器 様 相 ........................................................................................................................131

2. 上 ノ 村 遺 跡 の 変 遷 ..............................................................................................................................141

3. まとめ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 144

i


挿 図 目 次

Fig.1 上 ノ 村 遺 跡 位 置 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1

Fig.2 周 辺 の 遺 跡 分 布 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4

Fig.3 上 ノ 村 遺 跡 ・ 北 ノ 丸 遺 跡 試 掘 調 査 及 び 本 調 査 位 置 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11 〜 12

Fig.4 試 掘 調 査 地 層 柱 状 図 1 .................................................................................................................... 13

Fig.5 試 掘 調 査 地 層 柱 状 図 2 .................................................................................................................... 14

Fig.6 試 掘 調 査 地 層 柱 状 図 3 .................................................................................................................... 15

Fig.7 試 掘 調 査 地 層 柱 状 図 4 .................................................................................................................... 16

Fig.8 試 掘 調 査 地 層 柱 状 図 5 .................................................................................................................... 17

Fig.9 試 掘 調 査 遺 物 実 測 図 1 .................................................................................................................... 18

Fig.10 試 掘 調 査 遺 物 実 測 図 2 .................................................................................................................... 19

Fig.11 試 掘 調 査 遺 物 実 測 図 3 .................................................................................................................... 20

Fig.12 上 ノ 村 遺 跡 ( 北 ノ 丸 遺 跡 ) 年 次 別 調 査 区 位 置 図 .............................................................................22

Fig.13 上 ノ 村 遺 跡 2005 年 度 ・2007 年 度 調 査 区 位 置 図 ...............................................................................23

Fig.14 S 区 1 基 本 層 準 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .24

Fig.15 上 ノ 村 遺 跡 S 区 遺 構 全 体 図 ....................................................................................................25 〜 26

Fig.16 SB1・2 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図 .............................................................................................................28

Fig.17 SB3・4 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図 .............................................................................................................29

Fig.18 SK1・2,SK5 〜 7 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図 ..........................................................................................31

Fig.19 SK9 〜 14 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図 .......................................................................................................32

Fig.20 SK15・16・18・19・20・22・23・26 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図 ......................................................................34

Fig.21 SK80 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図 1 ........................................................................................................... 35

Fig.22 SK80 遺 物 実 測 図 2 .......................................................................................................................... 36

Fig.23 SK80 遺 物 実 測 図 3 .......................................................................................................................... 37

Fig.24 SK80 遺 物 実 測 図 4 .......................................................................................................................... 38

Fig.25 SK81 〜 84・86 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図 ...............................................................................................40

Fig.26 SD1セクション 及 び 遺 物 実 測 図 .....................................................................................................41

Fig.27 SD3エレベーション 及 びSD2 〜 4 遺 物 実 測 図 ..............................................................................42

Fig.28 SD6セクション 及 び 遺 物 実 測 図 .....................................................................................................44

Fig.29 SD7セクション 及 びSD7・8 遺 物 実 測 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .45

Fig.30 SD30・33セクション 及 びSD30 遺 物 実 測 図 1 ................................................................................ 46

Fig.31 SD30 集 石 出 土 状 況 実 測 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .47

Fig.32 SD30 遺 物 実 測 図 2 .......................................................................................................................... 48

Fig.33 SD30 遺 物 実 測 図 3 .......................................................................................................................... 49

Fig.34 SD31セクション 及 び 遺 物 実 測 図 ...................................................................................................50

Fig.35 SD32セクション 及 び 遺 物 実 測 図 ...................................................................................................51

ii


Fig.36 ピット 遺 物 実 測 図 1 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 52

Fig.37 ピット 遺 物 実 測 図 2 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53

Fig.38 ピット 遺 物 実 測 図 3 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54

Fig.39 ピット 遺 物 実 測 図 4 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55

Fig.40 SX1・ 土 器 集 中 1・2・6 遺 物 実 測 図 .....................................................................................................56

Fig.41 SK32 〜 34 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図 .....................................................................................................58

Fig.42 S 区 中 層 遺 構 平 面 図 ,SK30・31・SD10 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .59

Fig.43 S 区 下 層 遺 構 平 面 図 及 びSD11 遺 物 実 測 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .60

Fig.44 S 区 1 包 含 層 遺 物 実 測 図 1 ............................................................................................................... 62

Fig.45 S 区 1 包 含 層 遺 物 実 測 図 2 ............................................................................................................... 63

Fig.46 S 区 1 包 含 層 遺 物 実 測 図 3 ............................................................................................................... 64

Fig.47 S 区 1 包 含 層 遺 物 実 測 図 4 ............................................................................................................... 65

Fig.48 S 区 1 包 含 層 遺 物 実 測 図 5 ............................................................................................................... 66

Fig.49 S 区 1 包 含 層 遺 物 実 測 図 6 ............................................................................................................... 67

Fig.50 S 区 1 包 含 層 遺 物 実 測 図 7 ............................................................................................................... 70

Fig.51 S 区 1 包 含 層 遺 物 実 測 図 8 及 び 撹 乱 層 遺 物 実 測 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .71

Fig.52 石 製 品 ・ 鉄 製 品 ・ 石 鍋 ・ 古 銭 実 測 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .72

Fig.53 SK90・SD34 〜 36 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図 ..........................................................................................74

Fig.54 S 区 1トレンチ・S 区 2 包 含 層 及 びP489の 遺 物 実 測 図 .....................................................................76

Fig.55 NW 区 基 本 層 準 ................................................................................................................................77

Fig.56 NW 区 下 層 ( 古 代 ) 遺 構 全 体 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .78

Fig.57 SB5・6 遺 構 及 びSB5 遺 物 実 測 図 ......................................................................................................79

Fig.58 SB7・8 遺 構 及 びSB6 遺 物 実 測 図 ......................................................................................................80

Fig.59 SK49・50 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82

Fig.60 SK50,SD15・16・22,ピット 遺 物 実 測 図 ........................................................................................83

Fig.61 Ⅲ 層 ・Ⅳ 層 遺 物 実 測 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .84

Fig.62 Ⅲ 層 遺 物 実 測 図 1 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85

Fig.63 Ⅲ 層 遺 物 実 測 図 2 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86

Fig.64 Ⅲ 層 遺 物 実 測 図 3 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 87

Fig.65 NW 区 上 層 ( 中 世 ) 遺 構 全 体 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .89

Fig.66 SB9・10 遺 構 及 びSB9 遺 物 実 測 図 ....................................................................................................90

Fig.67 SB11・12 遺 構 及 びSB12 遺 物 実 測 図 ................................................................................................91

Fig.68 SB13・SK40 〜 44 遺 構 及 びSK44 遺 物 実 測 図 .................................................................................92

Fig.69 SK45 遺 構 及 びSK45・SE1 遺 物 実 測 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .94

Fig.70 SE1 平 面 及 び 側 面 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .95

Fig.71 SE1 柱 材 実 測 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .96

Fig.72 SE1 側 板 実 測 図 1 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 97

Fig.73 SE1 側 板 実 測 図 2 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 98

iii


Fig.74 SE1 側 板 実 測 図 3 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99

Fig.75 SD13・14 遺 物 実 測 図 ......................................................................................................................101

Fig.76 SD14・17 遺 物 実 測 図 ......................................................................................................................102

Fig.77 SD14・17セクション 実 測 図 ...........................................................................................................103

Fig.78 ピット・ 包 含 層 (Ⅲ 層 ) 遺 物 実 測 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .104

Fig.79 中 世 包 含 層 遺 物 実 測 図 ..................................................................................................................105

Fig.80 NE 区 下 層 ( 古 代 ) 遺 構 全 体 図 ........................................................................................................108

Fig.81 NE 区 基 本 層 準 ...............................................................................................................................109

Fig.82 SK76 〜 79・81 遺 構 及 びSK76・78・79 遺 物 実 測 図 ........................................................................110

Fig.83 SK80 〜 83 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図 ...................................................................................................112

Fig.84 SK84 〜 89 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図 ...................................................................................................113

Fig.85 SD26・27エレベーション 及 びSK84 〜 98, SD26・27 遺 物 実 測 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 114

Fig.86 土 器 集 中 7 遺 物 実 測 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 116

Fig.87 遺 物 包 含 層 (Ⅶ 層 ) 遺 物 実 測 図 1 .................................................................................................. 117

Fig.88 遺 物 包 含 層 (Ⅶ 層 ) 遺 物 実 測 図 2 .................................................................................................. 118

Fig.89 遺 物 包 含 層 (Ⅶ 層 ) 遺 物 実 測 図 3 .................................................................................................. 119

Fig.90 NE 区 上 層 ( 中 世 ) 遺 構 全 体 図 ........................................................................................................120

Fig.91 SB14・15,SK74 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .121

Fig.92 SB16,SK60 〜 62 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .122

Fig.93 SK63・65・66・68・69・71・75,SD21・25 遺 構 及 びSD20 遺 物 実 測 図 ..............................................123

Fig.94 集 石 1・2 平 面 ・エレベーション 及 びSD20・24,ピット 遺 物 実 測 図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .124

Fig.95 遺 物 包 含 層 (Ⅴ 層 ) 遺 物 実 測 図 1 .................................................................................................. 127

Fig.96 遺 物 包 含 層 (Ⅴ 層 ) 遺 物 実 測 図 2 .................................................................................................. 128

Fig.97 遺 物 包 含 層 (Ⅴ 層 ) 遺 物 実 測 図 3 .................................................................................................. 129

表 目 次

Tab.1 調 査 区 一 覧 表 .....................................................................................................................................2

Tab.2 周 辺 の 遺 跡 名 一 覧 表 .........................................................................................................................5

Tab.3 中 世 掘 立 柱 建 物 一 覧 表 ..................................................................................................................141

Tab.4 遺 物 観 察 表 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 150 〜 192

iv


写 真 図 版 目 次

PL.1 仁 淀 川 河 口 上 空 より 上 ノ 村 遺 跡 を 望 む 調 査 前 の 遺 跡 全 景 ( 南 から)

PL.2 調 査 前 の 遺 跡 全 景 ( 南 から) 同 上 ( 南 西 から)

PL.3 調 査 前 の 遺 跡 全 景 ( 東 から 遠 景 ) 同 上 ( 東 から 近 景 )

PL.4 調 査 前 の 遺 跡 全 景 ( 西 南 から) 同 上 ( 北 から)

PL.5 試 掘 調 査 1

PL.6 試 掘 調 査 2

PL.7 試 掘 調 査 3

PL.8 試 掘 調 査 4

PL.9 S 区 (2005 年 度 ) 上 層 完 堀 状 況 ( 西 から) 同 上 ( 南 から)

PL.10 S 区 南 壁 基 本 層 準 同 上 西 壁 基 本 層 準

PL.11 SK14( 南 から) SK18

PL.12 SK14( 東 から) SK14セクション

PL.13 SK22 礫 出 土 状 況 SD16 完 堀 状 況 ( 北 から)

PL.14 SD1 完 堀 状 況 ( 西 から) 同 上 ( 東 から)

PL.15 SD1セクション 同 上

PL.16 SD6セクション SD7セクション

PL.17 P123 遺 物 出 土 状 況 P106 遺 物 出 土 状 況

PL.18 SD7 遺 物 出 土 状 況

PL.19 ピット 内 遺 物 出 土 状 況

PL.20 S 区 1 東 部 (2007 年 度 ) 石 列 検 出 状 況 ( 北 から) 同 上 完 堀 状 況

PL.21 SD30( 南 から) SD6( 東 から)

PL.22 SD31セクション SD32セクション

PL.23 P465 遺 物 出 土 状 況 同 上 完 堀 状 況

PL.24 SK82 遺 物 出 土 状 況 SK82セクション

PL.25 SD30,P403・449・471 遺 物 出 土 状 況

PL.26 SK90 焼 土 検 出 状 況 同 上 完 堀 状 況

PL.27 SD34( 南 から) S 区 2 完 堀 状 況

PL.28 SD34 床 面 出 土 東 播 系 鉢 同 上 東 播 系 羽 釜

PL.29 NW 区 上 層 完 堀 状 況 ( 南 から) NW 区 東 壁 セクション

PL.30 SD14セクション SD15セクション

PL.31 SD17セクション SD15 遺 物 出 土 状 況

PL.32 SE1 検 出 状 況 ( 南 から) 同 上 ( 東 から)

PL.33 SE1 中 層 ( 南 から) 同 上 ( 東 から)

PL.34 SE1 完 堀 状 況 ( 東 から) 同 上 ( 西 から)

PL.35 SB5-P4 断 面 P202 断 面

PL.36 NW 区 遺 物 出 土 状 況

v


PL.37 SK50 遺 物 出 土 状 況 ( 北 から) 同 上 ( 南 から)

PL.38 NE 区 上 層 完 堀 状 況 ( 北 から) 同 上 ( 南 から)

PL.39 NW・NE 区 下 層 完 堀 状 況

PL.40 NE 区 西 壁 セクション 同 上 東 壁 セクション

PL.41 NE 区 下 層 北 部 の 土 坑 群 ( 北 東 から) SK69セクション

PL.42 SK69 完 堀 状 況 SK71 完 堀 状 況

PL.43 SD20セクション 同 上

PL.44 SD21セクション SD27セクション

PL.45 集 石 1 集 石 2

PL.46 土 器 集 中 7( 南 から) 同 上 ( 東 から)

PL.47 黒 色 土 器 B 類 椀 (1421) 出 土 状 況 土 師 器 椀 (1372) 出 土 状 況

PL.48 試 掘 調 査 出 土 の 縄 文 土 器

PL.49 土 師 器 甕

PL.50 土 師 器 羽 釜

PL.51 瓦 器 羽 釜 1

PL.52 瓦 器 羽 釜 2

PL.53 東 播 系 捏 鉢

PL.54 瓦 器 椀 ・ 小 皿

PL.55 紀 伊 型 甕 同 上 内 面

PL.56 備 前 擂 鉢 同 上 内 面

PL.57 東 播 系 羽 釜 常 滑 甕 胴 部

PL.58 青 磁 碗 1 同 上 内 面

PL.59 青 磁 碗 2 同 上 内 面

PL.60 青 磁 ・ 白 磁 同 上 内 面

PL.61 青 磁 碗 底 部 同 上 内 面

PL.62 緑 釉 椀 ・ 皿 同 上 内 面

PL.63 黒 色 土 器 A・B 類 椀 同 上 内 面

PL.64 製 塩 土 器 同 上 内 面

PL.65 瓦 質 甕 土 錘

PL.66 東 播 系 捏 鉢 ・ 土 師 器 羽 釜 ・ 東 播 系 羽 釜 ・ 石 鍋

PL.67 東 播 系 羽 釜 ・ 土 師 器 甕 ・ 緑 釉 椀 ・ 青 磁 碗 ・ 陶 器 甕

PL.68 黒 色 土 器 A 類 椀 ・ 瓦 器 椀

PL.69 須 恵 器 杯

PL.70 土 師 器 椀 ・ 杯

PL.71 SE1 柱

PL.72 SE1 横 木 と 柱

PL.73 SE1 側 板 1 同 上 2

PL.74 SE1 側 板 3 同 上 4

vi


第 Ⅰ 章

調 査 に 至 る 経 過

高 知 平 野 西 部 に 位 置 する 土 佐 市 高 岡 は、 大 雨 、 洪 水 に 際 して 浸 水 被 害 の 常 襲 地 帯 として 知 られてい

る。これは 平 野 部 の 大 半 が 仁 淀 川 の 後 背 低 地 に 立 地 することと 南 部 を 流 れる 仁 淀 川 支 流 の 波 介 の 本

流 からの 逆 流 、 帯 水 によるものである。 特 に1975 年 8 月 の 台 風 5 号 による 波 介 川 流 域 での 被 害 は、 浸 水

面 積 1,590ha、 浸 水 家 屋 3,354 戸 という 甚 大 な 被 害 をもたらしたことはまだ 人 々の 記 憶 に 新 しい。 波 介

川 河 口 導 流 事 業 は、 現 在 の 波 介 川 合 流 地 点 を 仁 淀 川 河 口 にまで 下 げ、 逆 流 の 影 響 を 除 き 洪 水 を 安 全 に

流 下 させる 目 的 で1985 年 に 計 画 され、2004 年 度 から 工 事 に 着 手 することとなった。 工 事 区 間 は 土

佐 市 用 石 の 現 合 流 地 点 付 近 から 下 流 にかけて 延 長 2,500m、 面 積 約 400,000m2に 及 ぶ 大 規 模 なものであ

る。

2004 年 現 在 、 工 事 区 域 内 で 確 認 されている 遺 跡 は、 戦 国 時 代 の 山 城 新 居 城 のみであったが、 同 年 7

月 〜 8 月 に 実 施 した 県 道 新 居 – 中 島 線 西 側 の 北 ノ 丸 地 区 で 試 掘 調 査 を 行 ったところ 古 墳 時 代 後 期 の

木 製 品 が 出 土 した。これを 受 けて、( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター( 以 下 高 知 県 埋 蔵 文 化

財 センター)では 同 年 10 月 〜 12 月 に 北 ノ 丸 地 区 内 の1,500 m2について 本 発 掘 調 査 を 実 施 した。その

結 果 、 中 世 の 杭 列 、 古 墳 時 代 後 期 溝 、 同 時 期 の 木 製 品 が 大 量 に 出 土 した。 高 床 式 建 物 の 建 築 部 材 や 田

下 駄 などとともに 琴 板 や 衣 笠 の 鏡 板 といったこれまで 高 知 平 野 では 出 土 例 のない 木 製 品 が 出 土 し、

調 査 地 点 は 古 墳 時 代 後 期 の 祭 祀 空 間 である 可 能 性 がでてきた。そしてその 範 囲 は 調 査 地 点 よりも 広

がっていること、さらに 県 道 東 側 についても、 土 居 屋 敷 、 中 津 、 鍛 冶 屋 敷 などの 小 字 名 があり、 新 居 城

に 関 連 した 中 世 集 落 遺 跡 の 存 在 が 想 定 された。

高 知 県 教 育 委 員 会 は、 工 事 区 域 内 の 広 範 囲 にわたって 試 掘 調 査 を 実 施 する 必 要 があるとの 判 断 か

高 知 県

高 知 市




Fig.1 上 ノ 村 遺 跡 位 置 図

1


.

ら、2005 年 4 月 に 国 土 交 通 省 と 協 議 を 行 った。そして、 高 知 県 埋 蔵 文 化 財 センターでは 同 年 5 月 〜6

月 に200,000m2を 対 象 に 試 掘 調 査 を 実 施 することになった。その 結 果 、5 つの 地 点 から 新 たな 遺 跡 の

存 在 が 確 認 されたのである。 縄 文 時 代 晩 期 から 弥 生 時 代 、 古 代 、 中 世 、 近 世 、さらに 新 居 城 山 腹 からは

第 二 次 世 界 大 戦 末 期 の 本 土 決 戦 陣 地 も 確 認 され、 県 道 以 東 の 遺 跡 の 広 がりについては 字 名 から 上 ノ

村 遺 跡 と 命 名 した。 中 世 戦 国 期 集 落 址 を 想 定 していた 当 初 の 予 想 は 大 きく 変 更 を 迫 られ、 当 遺 跡 は

仁 淀 川 下 流 域 における 中 心 的 な 大 複 合 遺 跡 であり、この 地 域 の 歴 史 と 文 化 の 形 成 を 知 る 上 で 極 めて

重 要 な 存 在 として 位 置 付 けられることになった。

高 知 県 教 育 委 員 会 では、 国 土 交 通 省 と 協 議 を 重 ね2005 年 8 月 から2009 年 度 にかけての5カ 年 にわた

る 本 調 査 を 行 う 運 びとなり、 高 知 県 埋 蔵 文 化 財 センターが 実 施 することとなった。

表 1 調 査 区 一 覧 ( 北 ノ 丸 遺 跡 も 含 む)

調 査 区 名 調 査 平 面 積 調 査 面 数 調 査 延 べ 面 積 調 査 期 間

上 ノ 村 遺 跡 1 地 点 (S 区 西 側 ・NW・NE 区 ) 2,490m2 2 面 4,980m2 2005 年 8 月 〜 2005 年 12 月

同 1 地 点 1 区 850m2 一 部 2 面 1,150m2 2006 年 4 月 〜 2006 年 8 月

同 1 地 点 2 区 1,005m2 2 面 2,010m2 2006 年 9 月 〜 2006 年 10 月

同 1 地 点 3A 区 540m2 3 面 1,620m2 2006 年 11 月 〜 2007 年 3 月

同 1 地 点 3B 区 300m2 2 面 600m2 2006 年 12 月 〜 2007 年 3 月

同 1 地 点 3 区 拡 張 区 500m2 2 面 1,000m2 2007 年 4 月 〜 2007 年 7 月

同 1 地 点 4 区 (S 区 東 側 ) 950m2 2 面 1,900m2 2007 年 4 月 〜 2007 年 6 月

同 1 地 点 5 区 1,150m2 1 面 1,150m2 2007 年 11 月 〜 2008 年 3 月

同 〃 1,270m2 3 面 3,800m2 2008 年 4 月 〜 2008 年 7 月

同 1 地 点 6 区 1,400m2 4 面 5,600m2 2008 年 7 月 〜 2009 年 3 月

同 1 地 点 7 区 1,530m2 3 面 4,600m2 2008 年 9 月 〜 2009 年 3 月

同 2 地 点 5,900m2 1 面 5,900m2 2006 年 10 月 〜 2007 年 3 月

同 〃 7,100m2 2 面 13,100m2 2008 年 6 月 〜 2009 年 9 月

同 3 地 点 (1 〜 5 区 、 拡 張 区 ) 5,280m2 1 〜 3 面 11,730m2 2007 年 6 月 〜 2008 年 2 月

同 6 地 点 400m2 1 面 400m2 2007 年 8 月 〜 2007 年 11 月

北 ノ 丸 遺 跡 1,500m2 2 面 3,000m2 2004 年 10 月 〜 2004 年 12 月

北 ノ 丸 遺 跡 ( 地 点 4) 400m2 1 面 400m2 2007 年 9 月 〜 2007 年 11 月

同 (5 地 点 ) 3,500m2 1 面 3,500m2 2009 年 4 月 〜 2009 年 9 月

旧 堤 試 掘 150m2 1 面 150m2 2007 年 10 月

計 36,215m2 66,590m2

2


第 Ⅱ 章 周 辺 の 地 理 ・ 歴 史 的 環 境

第 Ⅱ 章

周 辺 の 地 理 ・ 歴 史 的 環 境

1 地 理 的 環 境

上 ノ 村 遺 跡 は、 高 知 県 のほぼ 中 央 部 に 位 置 する 土 佐 市 新 居 に 所 在 する。 高 知 平 野 の 西 部 を 潤 す 一

級 河 川 仁 淀 川 の 下 流 域 の 右 岸 に 立 地 し、 標 高 3m 前 後 、 河 口 からの 距 離 は2km 程 を 測 る。 仁 淀 川 は 西

日 本 の 最 高 峰 石 鎚 山 に 水 源 を 発 し 急 峻 な 四 国 山 地 を 貫 流 蛇 行 して 土 佐 湾 に 注 ぐ。 県 下 では 四 万 十 川

に 次 ぎ、 四 国 でも 第 3 位 の 大 河 川 である。 幹 線 流 路 延 長 124km、 流 域 面 積 1,560km2を 有 するが、そのう

ち96%、1,508km2は 山 地 である。1)

中 流 域 の 越 知 町 付 近 までは 山 脚 が 河 岸 まで 迫 り、 平 均 河 床 勾 配 1/100 〜 1/150と 急 勾 配 である。 越

知 町 下 流 で1/1000 となり 大 きく 蛇 行 を 繰 り 返 しながら 伊 野 町 に 至 り、ここで 流 路 を 南 東 方 向 に 大 き

く 変 えほぼ 直 進 するように 河 口 にいたるが、この 流 路 転 換 点 の 付 近 から 河 口 にかけて 両 岸 に 沖 積 平

野 が 形 成 される。ここに 広 がる 平 野 は 高 知 平 野 の 西 部 を 形 成 するものであるが、 左 岸 に 展 開 する 平

野 を 吾 南 平 野 、 右 岸 のそれを 高 東 平 野 と 呼 称 している。この 仁 淀 川 下 流 に 広 がる 平 野 は、 本 川 に 対 し

て 直 角 方 向 に 東 西 に 長 く 延 びて、いわば 奥 深 い 入 江 に 本 川 の 流 送 物 が 沖 積 し、 奥 に 向 かうほど 低 い 地

形 が 形 成 され、 内 水 処 理 に 困 難 を 伴 うという 特 殊 地 形 をなしている。すなわち 本 川 付 近 に 形 成 され

た 自 然 堤 防 に 妨 げられて 背 後 には 低 湿 地 が 広 がる 不 安 定 な 地 質 構 造 を 有 している。このような 地 形

環 境 がこの 地 域 の 風 土 、 歴 史 や 文 化 の 形 成 に 大 きな 影 響 を 与 えていると 考 えられる。

高 知 平 野 東 部 ( 香 長 平 野 )を 流 れる 物 部 川 が 下 流 域 に 安 定 した 扇 状 地 を 形 成 しているのとは 対 照 的

な 構 造 を 呈 している。 後 述 するように 両 地 域 は、 先 史 時 代 からそれぞれ 特 徴 を 異 にする 地 域 文 化 の

形 成 のあったことが 明 らかになりつつあるが、 人 間 活 動 の 土 台 である 大 地 の 生 い 立 ちから 異 なった

歩 みを 辿 っていたのである。 平 野 の 形 成 のみならず、 流 域 の 岩 石 相 や 植 生 、 生 息 する 動 物 、 魚 種 、 鳥 類

においても 微 妙 な 違 いが 見 られる。 岩 石 では 物 部 川 は 堆 積 岩 が 中 心 であるが、 仁 淀 川 ではそれに 加

えて 流 紋 岩 、 安 山 岩 、 玄 武 岩 などの 火 山 岩 が 見 られる。 魚 類 は 物 部 川 の21 種 に 対 して 仁 淀 川 は52 種 、

植 物 相 は 物 部 川 85 科 444 種 に 対 して103 科 530 種 と 仁 淀 川 流 域 のほうが 豊 富 である。2)

2 歴 史 的 環 境

(1) 縄 文 時 代

仁 淀 川 流 域 の 遺 跡 で 学 史 上 最 も 著 名 な 遺 跡 は、 上 流 域 の 愛 媛 県 上 浮 穴 郡 に 所 在 する 上 黒 岩 岩 陰 遺

跡 である。 縄 文 時 代 草 創 期 の 細 隆 起 線 文 土 器 や 線 刻 岩 偶 が 出 土 し、 早 期 の 埋 葬 人 骨 やイヌ 埋 葬 など

が 確 認 されている。 中 流 域 でも 草 創 期 や 早 期 の 不 動 ガ 岩 屋 洞 穴 遺 跡 や 城 ノ 台 洞 穴 遺 跡 が 所 在 してい

る。 仁 淀 川 中 ・ 上 流 域 は 南 四 国 の 黎 明 期 を 告 げる 地 域 として 位 置 付 けることができる。

下 流 域 の 高 東 平 野 は、 沖 積 低 地 が 広 がっていることもあって 生 活 痕 跡 が 確 認 されるのは 縄 文 後 期

まで 下 る。 後 期 前 葉 の 松 ノ 木 式 土 器 が 出 土 している 林 口 遺 跡 や 野 田 遺 跡 、 後 期 中 葉 の 遺 物 が 出 土 し

ている 居 徳 遺 跡 を 挙 げることができる。 林 口 遺 跡 からは 土 坑 も 確 認 されており、 縄 文 時 代 後 期 頃 か

ら 自 然 堤 防 や 残 丘 などを 利 用 した 生 活 空 間 が 設 定 され 始 めたものと 考 えられる。3)このような 動 向

は 高 知 平 野 全 体 に 認 められる 現 象 である。

晩 期 になると 遺 跡 数 が 増 加 する。 主 な 遺 跡 としては 居 徳 遺 跡 、 北 高 田 遺 跡 、 倉 岡 遺 跡 を 挙 げること

3


.

10

9

5

11

12

13

14

17

6

15

7

3

2

8

16

1

4

19

18

Fig.2 周 辺 の 遺 跡 分 布 図

4


第 Ⅱ 章 周 辺 の 地 理 ・ 歴 史 的 環 境

表 2 周 辺 の 遺 跡 名

NO. 遺 跡 名 NO. 遺 跡 名 NO. 遺 跡 名

1 上 ノ 村 遺 跡 ( 縄 文 〜 近 世 ) 8 西 畑 城 跡 ( 中 世 〜 戦 国 ) 15 大 サルバミ 古 墳

2 新 居 城 跡 ( 中 世 〜 戦 国 ) 9 中 島 遺 跡 ( 近 世 ) 16 三 森 城 跡 ( 中 世 〜 戦 国 )

3 北 ノ 丸 遺 跡 ( 古 墳 ・ 中 世 ) 10 地 頭 名 遺 跡 ( 古 代 ) 17 甫 木 山 遺 跡 ( 弥 生 )

4 新 居 本 村 城 跡 ( 中 世 ) 11 初 田 遺 跡 ( 古 代 ・ 中 世 ) 18 新 在 家 遺 跡 ( 中 世 )

5 二 塀 遺 跡 ( 弥 生 〜 中 世 ) 12 池 ノ 谷 遺 跡 ( 中 世 ) 19 西 中 郷 遺 跡 ( 弥 生 )

6 フケ 遺 跡 ( 弥 生 ) 13 西 土 居 遺 跡 ( 弥 生 )

7 西 畑 遺 跡 ( 弥 生 ・ 中 世 ) 14 天 神 之 森 遺 跡 ( 中 世 〜 戦 国 )

ができる。 居 徳 遺 跡 は、 現 在 の 土 佐 市 高 岡 市 街 地 の 北 方 の 埋 没 残 丘 や 低 湿 地 に 位 置 する。1996 年 か

ら98 年 に 実 施 された 調 査 によって 縄 文 時 代 後 期 から 古 墳 時 代 にかけて 営 まれた 遺 跡 であることが 明

らかとなった。 中 心 は 縄 文 晩 期 から 弥 生 前 期 にあり、 殺 傷 痕 を 持 つと 考 えられている 多 量 の 人 骨 や

木 胎 漆 器 、 鍬 、 土 偶 などの 出 土 で 一 躍 有 名 になった。4)〜 6) 土 器 は 晩 期 中 葉 の 篠 原 式 段 階 から 晩 期 末

の 刻 目 突 帯 文 土 器 が 大 量 に 出 土 しているが、 在 地 土 器 と 共 に 大 洞 式 土 器 など 東 日 本 系 土 器 や 北 陸 、 山

陰 地 域 の 土 器 も 数 多 く 出 土 している。 当 時 の 地 域 間 交 流 の 盛 況 振 りを 伺 わせるとともに、 南 四 国 の

縄 文 晩 期 時 代 像 を 一 新 させた 遺 跡 として 捉 えることができよう。3)この 他 、 北 高 田 遺 跡 からも 晩 期

中 葉 の 遺 物 がまとまって 出 土 し、 倉 岡 遺 跡 からも 中 葉 から 刻 目 突 帯 文 土 器 前 半 の 遺 物 が 出 土 してい

る。これらの 遺 跡 は、 残 丘 斜 面 や 低 地 部 に 堆 積 した 遺 物 包 含 層 であり 明 確 な 遺 構 を 伴 うものではな

いが、 晩 期 遺 跡 がほとんど 確 認 されていない 物 部 川 流 域 とは 対 照 的 な 地 域 文 化 の 形 成 を 知 ることが

できる。

(2) 弥 生 時 代

弥 生 時 代 前 期 は、 初 頭 ( 田 村 前 期 Ⅰa 期 )を 欠 くが、 前 半 ・ 中 葉 ( 田 村 前 期 Ⅰb・1c 期 )のまとまった 資

料 は 居 徳 遺 跡 から 出 土 している。これらの 遺 物 は 刻 目 突 帯 文 土 器 と 共 伴 する 二 重 構 造 を 示 している

ことに 大 きな 特 徴 がある。また 大 陸 系 磨 製 石 器 をほとんど 伴 っていない。 東 部 の 田 村 遺 跡 では、 前

期 初 頭 (Ⅰa 期 )から 開 始 され、しかも 晩 期 土 器 を 伴 わず 最 初 から 遠 賀 川 式 土 器 が 展 開 し、ほとんど 全

ての 大 陸 系 磨 製 石 器 が 揃 っている。このことは、 同 じ 高 知 平 野 において 異 なった 経 過 を 経 て 弥 生 文

化 が 形 成 されていることを 如 実 に 示 している。 田 村 遺 跡 は 弥 生 文 化 の 生 成 過 程 を 居 徳 遺 跡 は 伝 播 に

よって 成 立 したことを 知 ることができる。7)

前 期 後 半 以 降 、 中 期 前 半 については、 該 当 遺 跡 が 未 確 認 であるためにその 様 相 は 不 明 と 言 わざるを

得 ない。 中 期 後 半 に 至 り 凹 線 文 が 見 られる 頃 になると 僅 少 ながら 集 落 遺 跡 が 散 見 されるようにな

る。 北 隣 の 用 石 にある 甫 木 山 遺 跡 からは 竪 穴 住 居 が 発 見 されており 石 庖 丁 や 石 斧 等 が 出 土 してい

る。8)さらに 上 流 側 左 岸 のいの 町 バーガ 森 北 斜 面 遺 跡 も 該 当 させることができる。9・10)この 時 期 の

遺 跡 は、 平 地 部 には 見 られず 山 地 中 腹 の 斜 面 部 に 立 地 するという 特 徴 が 見 られる。 土 器 の 特 徴 とし

ては、 凹 線 文 や 内 面 ヘラ 削 りも 見 られるが、 繁 縟 なまでに 加 飾 した 南 四 国 独 特 のタイプが 多 く 見 られ

る。 凹 線 文 が 盛 行 する 東 部 とは 土 器 様 相 がかなり 異 なっている。

後 期 になると 平 野 部 に 立 地 するようになるが 前 半 の 遺 跡 数 は 少 ない。 代 表 的 な 遺 跡 として 高 岡 の

北 高 田 遺 跡 を 挙 げることができる。11) 後 期 末 から 古 墳 時 代 前 期 になると 遺 跡 数 は 増 加 する 傾 向 に

ある。 天 神 遺 跡 12)からは 竪 穴 住 居 が2 棟 検 出 されているが、 東 部 に 比 べると 遺 跡 数 は 著 しく 少 ない。

青 銅 器 について 少 し 触 れておくと、 対 岸 のいの 町 八 田 遺 跡 からは 細 形 銅 剣 1 口 、 上 流 の 天 崎 遺 跡 か

5


.

らは 中 広 銅 矛 4 口 、 波 介 万 法 寺 から 銅 矛 2 口 ( 中 広 形 1 口 、 広 形 1 口 )、 対 岸 の 高 知 市 春 野 町 西 畑 フケから

も 銅 矛 2 口 ( 中 広 形 1 口 、 型 式 不 明 1 口 )などが 出 土 しており、 中 期 末 後 期 は 銅 矛 形 祭 器 の 分 布 圏 を 形 成

している13)。

(3) 古 墳 時 代

前 ・ 中 期 古 墳 は 皆 無 、 後 期 になると 高 岡 に 宮 ノ 谷 古 墳 、 大 サルバミ 古 墳 などこれまで5 基 が 確 認 され

ているに 過 ぎない。 高 知 県 は 古 墳 の 少 ない 地 域 として 知 られているが、その 中 でも 高 東 平 野 は 著 し

く 少 ない。しかしながら 居 徳 遺 跡 からは 中 期 を 中 心 とした「 水 辺 の 祭 祀 」が 確 認 されており、 大 量 の

土 師 器 を 中 心 に 須 恵 器 や 陶 質 土 器 、 子 持 ち 勾 玉 などの 祭 祀 遺 物 が 出 土 している。14) 子 持 ち 勾 玉 は、

高 岡 の 明 官 寺 からも 出 土 している。この 種 の 祭 祀 遺 跡 は、 甲 原 船 戸 遺 跡 や 天 神 遺 跡 、 光 永 ・ 岡 ノ 下 遺

跡 などにも 見 られる。

集 落 遺 跡 は 前 期 初 めを 除 くと 中 後 期 を 通 して 不 明 である。 祭 祀 を 営 んだ 集 落 がどのように 営 まれ

ていたのか 不 明 と 言 わざるを 得 ない。 後 期 になると 東 部 では 小 規 模 ながら 集 落 遺 跡 も 散 見 され 始 め

るが 西 部 ではまだ 把 握 することができない。

この 地 域 の 後 期 で 注 目 されるものとして、 木 製 品 を 挙 げることが 出 来 る。これは 東 部 では 見 られ

ない。 上 ノ 村 遺 跡 の 西 隣 の 北 ノ 丸 遺 跡 からは 後 期 の 木 製 品 がまとまって 出 土 している。 高 床 式 建 物

の 建 築 部 材 や 大 量 の 田 下 駄 、 曲 げ 物 底 板 などとともに 琴 板 や 衣 笠 の 鏡 板 などが 出 土 している。 槽 作

りの 本 格 的 な 琴 としては 四 国 で 初 めての 出 土 である。 田 下 駄 は 居 徳 遺 跡 でも 大 量 に 出 土 している。

低 湿 地 水 田 耕 作 用 の 履 物 であれば、 当 該 期 から 本 格 的 な 低 湿 地 の 水 田 化 が 始 まった 可 能 性 がある。

東 部 との 水 田 立 地 の 違 いを 投 影 した 遺 物 の 可 能 性 もあり 興 味 深 い 現 象 である。15)

(4) 古 代

高 東 平 野 の 古 代 史 は、 高 岡 を 中 心 とするバイパス 関 連 調 査 によって 飛 躍 的 に 明 らかになりつつあ

る。まず 自 然 堤 防 上 に 立 地 する 野 田 遺 跡 を 挙 げなければならない。ここからは 律 令 期 以 前 の 遺 構 も

確 認 されているが、8 世 紀 後 半 〜 9 世 紀 前 半 にピークのある 遺 跡 と 考 えられる。 掘 立 柱 建 物 や 礎 石

建 物 が 検 出 され、 遺 物 は 大 量 の 灯 明 皿 や 二 彩 、 磚 仏 、 軒 丸 瓦 などが 出 土 している。16) 軒 丸 瓦 は 素 弁 八

葉 蓮 花 文 で 春 野 町 大 寺 廃 寺 出 土 例 と 同 版 である。8 世 紀 後 半 〜 9 世 紀 前 半 に 古 代 寺 院 が 建 立 されて

いたものと 考 えられる。

また、 西 方 250mにある 光 永 ・ 岡 ノ 下 遺 跡 からも 緑 釉 陶 器 20 点 、 暗 文 入 りの 土 師 器 皿 をはじめ 古 代 の

遺 物 が 大 量 に 出 土 しており、 中 心 時 期 は8 世 紀 後 半 〜 10 世 紀 、10 世 紀 後 半 〜 11 世 紀 にあるとされて

いる。17)この 他 、 林 口 遺 跡 からも11 世 紀 代 に 比 定 されている 黒 色 土 器 がまとまって 出 土 している。

このように8 世 紀 後 半 代 以 降 、 当 地 は 古 代 寺 院 の 建 立 など 仁 淀 川 右 岸 地 域 における 古 代 史 の 中 心 舞 台

となっていたことが 判 る。『 続 日 本 後 紀 』によれば 承 和 八 年 (841 年 )に「 土 佐 国 吾 川 郡 八 郷 を 各 四 郷 に

分 け 二 郡 を 建 て、 新 郡 を 高 岡 と 号 す」とある。この 四 郷 とは『 和 名 類 聚 抄 』による 高 岡 郷 、 海 部 郷 、 吾 川

郷 、 三 井 郷 が 比 定 されており、 三 井 を 上 ノ 村 遺 跡 が 所 在 する 新 居 に 求 める 説 もある。8) 何 れにしても

高 岡 郡 が 誕 生 する 以 前 に 基 盤 が 形 成 されつつあったことが 近 年 の 発 掘 調 査 によって 明 らかにするこ

とができた。なお 宇 佐 の 正 念 寺 には 平 安 前 期 の 銅 鐘 があり、 同 じく 清 龍 寺 には11 世 紀 の 作 と 考 えら

れている 薬 師 如 来 立 像 ( 檜 の 一 木 造 り)がある。ともに 重 要 文 化 財 に 指 定 されている。8)

(5) 中 世

古 代 の 諸 遺 跡 が 引 き 続 き 発 展 し、 更 に 仁 淀 川 寄 りの 京 間 遺 跡 などが 新 たに 出 現 する。 全 体 的 に 集

6


第 Ⅱ 章 周 辺 の 地 理 ・ 歴 史 的 環 境

落 が 次 第 に 東 に 拡 張 している。これは 仁 淀 川 の 安 定 化 による 居 住 空 間 の 拡 大 という 自 然 環 境 の 変 化

も 大 きく 関 わっているものと 考 えられる。

野 田 遺 跡 では 溝 によって 区 画 された 屋 敷 跡 が3ブロック 確 認 されており、 合 計 54 棟 の 掘 立 柱 建 物 を

はじめ 柵 列 や 溝 、 土 坑 、 屋 敷 墓 などが 確 認 されている。18) 光 永 ・ 岡 ノ 下 遺 跡 は、17 棟 の 掘 立 柱 建 物 や

土 坑 、 溝 、 屋 敷 墓 が 検 出 されており、 屋 敷 墓 からは 湖 州 鏡 が 刀 子 や 宋 銭 などとともに 出 土 している。

12 世 紀 前 半 に 比 定 されている。17) 林 口 遺 跡 や 京 間 遺 跡 からも 屋 敷 を 構 成 すると 考 えられる 掘 立 柱

建 物 や 土 坑 などが 多 く 確 認 されている。 中 世 の 遺 構 や 包 含 層 からは 大 量 の 瓦 器 椀 や 青 磁 、 白 磁 など

の 貿 易 陶 磁 器 、 東 播 磨 系 須 恵 器 の 捏 ね 鉢 や 椀 類 、 常 滑 、 瀬 戸 など 国 ・ 内 外 の 陶 磁 器 類 が 見 られる。 林 口

遺 跡 では12 世 紀 後 半 の 溝 から 蝙 蝠 扇 が 出 土 している。19・20)

これらの 遺 物 から 見 る 限 りでは、 各 遺 跡 ともに 盛 行 期 を12 世 紀 後 半 〜 13 世 紀 前 半 に 求 められてい

るが、 当 該 期 、 仁 淀 川 流 域 を 束 ねる 政 治 的 、 文 化 的 に 成 長 した 在 庁 官 人 層 などの 台 頭 を 彷 彿 とさせる

ものがある。 高 岡 を 中 心 に 勢 力 を 持 っていた 平 家 方 の 家 臣 蓮 池 権 守 家 綱 は、 以 仁 王 の 令 旨 (1180 年 )

を 奉 じた 頼 朝 に 呼 応 して 挙 兵 した 源 希 義 ( 頼 朝 の 同 母 弟 )を 討 伐 したことが 吾 妻 鏡 に 見 られる。 家 綱

のような 存 在 を 一 連 の 検 出 遺 構 ・ 遺 物 に 投 影 させることができよう。 家 綱 は2 年 後 、 頼 朝 によって 打

たれ、 平 家 地 盤 であった 中 ・ 四 国 にあって 土 佐 が 逸 早 く 鎌 倉 幕 府 の 権 力 が 浸 透 した 地 域 となったので

あるが、「 源 平 合 戦 」の 前 哨 戦 とも 言 うべき 戦 闘 が 高 知 平 野 を 舞 台 に 行 われた 背 景 には、 在 庁 官 人 層

など 在 地 勢 力 の 成 長 とその 確 執 のあったことが 考 えられるが、 当 地 域 はその 中 心 的 な 位 置 を 占 めて

いたと 理 解 することができよう。

中 世 後 期 に 入 ると 仁 淀 川 流 域 は 有 力 国 人 大 平 氏 の 傘 下 に 入 る。 東 部 では 管 領 細 川 氏 が 物 部 川 右 岸

に 築 いた 田 村 城 館 を 拠 点 に 土 佐 守 護 として 支 配 権 を 確 立 して 行 く。 田 村 遺 跡 で 明 らかになったよう

に 城 館 の 周 辺 には 家 臣 団 の 屋 敷 が 配 され、 長 宗 我 部 氏 など 国 人 層 を 支 配 機 構 の 中 に 編 成 して 行 った

のである。 県 西 部 の 幡 多 地 域 では 一 条 氏 の 荘 園 支 配 が 浸 透 していた。 中 間 に 位 置 する 仁 淀 川 流 域 は、

国 人 領 主 層 の 割 拠 状 態 にあったと 言 われているが、その 中 で 高 岡 の 蓮 池 城 を 拠 点 とする 大 平 氏 は、 細

川 氏 から「 客 分 の 待 遇 で 組 織 され、その 領 国 支 配 を 支 える 立 場 に 立 っていた」とされている。21) 大 平

氏 は 京 都 の 歌 人 、 書 家 などの 文 化 人 と 交 流 を 持 ち 在 来 国 人 の 中 では、 特 別 な 位 置 を 獲 得 していた。 応

仁 二 年 (1468 年 )、 先 の 関 白 一 条 教 房 の 幡 多 下 向 に 際 しても、 堺 から 大 平 氏 の 大 船 に 乗 っていることか

らも 窺 うことができよう。その 際 立 ち 寄 った 井 ノ 尻 は、 上 ノ 村 遺 跡 の 西 方 にある 新 居 坂 を 越 えた 内

海 の 対 岸 にあり、 大 平 氏 の 外 港 として 重 要 な 役 割 をはたしていた。15 世 紀 後 半 以 降 存 在 感 を 増 して

くる 南 海 路 の 要 港 としても 位 置 付 けることができよう。

しかし 大 平 氏 の 支 配 は 長 く 続 かず、16 世 紀 半 ばには 高 岡 をはじめ 仁 淀 川 流 域 一 帯 は、 一 条 氏 が 支

配 するところとなり、 次 いで 弘 治 三 年 (1557 年 )には 本 山 氏 が 蓮 池 城 を 占 領 し 一 帯 に 支 配 権 を 及 ぼす。

この 後 再 び 一 条 氏 が 蓮 池 城 を 奪 回 するが、 永 禄 十 二 年 (1569 年 )に 長 宗 我 部 氏 に 滅 ぼされて 以 後 、 戦 国

大 名 長 宗 我 部 の 支 配 が 確 立 する。 当 地 は、 中 世 ・ 戦 国 期 を 通 して 支 配 権 の 争 奪 戦 がことのほか 激 しく

戦 われたところであり、 土 佐 統 一 を 果 たす 上 で 極 めて 重 要 な 関 頭 的 位 置 にあったのである。

天 正 十 七 年 (1589 年 )に 実 施 された「 土 州 高 岡 郡 新 居 庄 地 検 張 」によれば、 新 居 城 の 南 には「 土 いヤシ

キ」「カチヤヤシキ」などが 並 び、 東 側 の 川 沿 いには「 古 津 」が 見 られ、 現 在 の 小 字 としても 踏 襲 されて

いる。この「 古 津 」の 近 くには、「 十 文 字 渡 し」があり、 宇 佐 から 新 居 坂 を 越 え〜 十 文 字 渡 し〜 西 畑 〜

荒 倉 峠 を 越 えて 高 知 城 下 に 出 る 交 通 路 として 利 用 されていた。 十 文 字 渡 しは 現 在 も 名 残 を 留 めてい

7


.

るが、 近 世 初 頭 までは 遡 り 得 る。8)

上 ノ 村 遺 跡 のある 仁 淀 川 下 流 域 の 高 東 平 野 は、 物 部 川 流 域 の 香 長 平 野 とともに 土 佐 の 要 衝 にあり

絶 えず 歴 史 の 中 心 舞 台 となってきたところである。そして 各 時 代 を 通 して、 香 長 平 野 とは 異 なった

地 域 文 化 を 形 成 していたことがこれまでの 調 査 によって 明 らかとなっている。 高 知 平 野 の 歴 史 は、

両 者 の 織 りなす 絶 妙 のバランスの 上 にダイナミックな 展 開 を 見 せるのである。

参 考 文 献

1) 社 団 法 人 建 設 弘 済 会 『 高 知 工 事 事 務 書 四 十 年 史 』1987 年

2) 西 日 本 科 学 技 術 研 究 所 『 平 成 19 年 度 仁 淀 川 ・ 物 部 川 河 川 植 物 相 調 査 業 務 委 託 報 告 書 』2008 年

3)( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター・ 高 知 県 教 育 委 員 会 『 天 神 遺 跡 Ⅰ・ 林 口 遺 跡 Ⅰ』2001 年

4)( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター『 居 徳 遺 跡 群 Ⅰ』2001 年

5)( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター『 居 徳 遺 跡 Ⅳ』2003 年

6)( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター『 居 徳 遺 跡 群 Ⅵ』2004 年

7) 出 原 恵 三 「 弥 生 文 化 の 成 立 と 高 知 平 野 」『 高 知 市 史 研 究 3』2005 年

8) 土 佐 市 『 土 佐 市 史 』1978 年

9) 高 知 県 伊 野 町 教 育 委 員 会 『バーガ 森 北 斜 面 遺 跡 』1999 年

10) 高 知 県 伊 野 町 教 育 委 員 会 『バーガ 森 北 斜 面 遺 跡 Ⅱ』2001 年

11)( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター『 北 高 田 遺 跡 』2000 年

12)( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター・ 高 知 県 教 育 委 員 会 『 天 神 遺 跡 Ⅱ』2001 年

13) 出 原 恵 三 「 南 四 国 の 青 銅 祭 器 」『 考 古 学 と 地 域 文 化 』 一 山 典 還 暦 記 念 論 集 2009 年

14)( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター『 居 徳 遺 跡 群 Ⅴ』2003 年

15)( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター『 北 ノ 丸 遺 跡 』2008 年

16) 高 知 県 教 育 委 員 会 ・( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター『 野 田 遺 跡 Ⅱ・ 野 田 廃 寺 』2005 年

17) 高 知 県 教 育 委 員 会 ・( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター『 光 永 ・ 岡 ノ 下 遺 跡 』2000 年

18) 高 知 県 教 育 委 員 会 ・( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター『 野 田 遺 跡 Ⅰ』2002 年

19) 高 知 県 教 育 委 員 会 ・( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター『 京 間 遺 跡 』2004 年

20) 高 知 県 教 育 委 員 会 ・( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター『 林 口 遺 跡 Ⅱ・ 蓮 池 城 北 面 遺 跡 』2001 年

21) 市 村 高 男 「 武 家 政 権 の 盛 衰 と 土 佐 国 」『 高 知 県 の 歴 史 』 山 川 出 版 2001 年

8


第 Ⅲ 章

試 掘 調 査

平 成 17 年 6 月 から8 月 にかけて、 図 示 したように 新 居 城 南 に 広 がる 平 野 部 および 旧 堤 防 外 の 河 川

敷 を 中 心 に102 箇 所 の 試 掘 グリッドを 設 けて 試 掘 調 査 を 行 った。その 結 果 、 第 1 〜 第 4 地 点 の4 個 所 に

おいて 遺 物 包 含 層 や 遺 構 の 存 在 が 確 認 された。ここでは、 主 な 地 層 柱 状 図 を 示 し 堆 積 状 況 や 遺 物 な

どについて 報 告 する。 各 グリッド 名 は、 数 字 の 前 に G を 冠 して 呼 称 する。 遺 物 は 代 表 的 なものを 図

示 した。

1 第 1 地 点

新 居 城 の 南 裾 部 に 位 置 し、 水 田 や 宅 地 跡 である。G2·3·10·16 を 図 示 した。 各 グリッドとも 客 土 が

数 10 cmから1m の 厚 さで 見 られる。 戦 後 の 圃 場 整 備 や 宅 地 造 成 で 置 かれた 盛 土 である。 客 土 を 除

くと 旧 耕 作 土 や 床 土 が 残 存 しているところもあるが、その 下 層 は 中 世 の 遺 物 包 含 層 となっている。

G2·16ではⅣ 層 上 面 、G3ではⅥ 層 上 面 で 中 世 遺 構 が 確 認 された。G10のⅤ 層 からは 古 代 の 土 師 器 、 須

恵 器 が 炭 化 物 と 共 に 多 量 出 土 している。G2のⅥ 層 も 古 代 の 遺 物 包 含 層 となっている。

この 地 点 は、 総 じてシルト 層 が 厚 く 堆 積 しており、 仁 淀 川 氾 濫 原 の 後 背 地 を 形 成 しているものと 考

えられる。G16あたりから 北 は、 黄 茶 色 シルト 層 が 古 代 の 遺 構 検 出 面 となり、それ 以 前 は 安 定 した 生

活 面 の 形 成 が 見 られない。 黄 茶 色 シルト 層 の 下 層 は 濃 茶 色 〜 黒 褐 色 粘 土 の 厚 い 堆 積 があり 古 墳 時 代

後 期 の 須 恵 器 や 土 師 器 が 散 発 的 に 出 土 した。しかし、 北 ノ 丸 遺 跡 や 県 道 西 のように 植 物 遺 体 を 含 む

泥 炭 状 の 地 層 形 成 は 見 られない。G16あたりから 南 については 古 代 の 生 活 面 の 安 定 した 広 がりはな

いものと 考 えられる。

遺 物 は 各 グリッドから 中 世 土 器 が 中 心 に 出 土 しているが、 細 片 が 多 く 図 示 できるものは 古 代 の

土 器 が 多 い。G2 Ⅲ 層 から 古 代 の 須 恵 器 杯 (46)やⅥ 層 下 層 から 同 じく 土 師 器 杯 などが、G3 Ⅴ 層 から

青 磁 碗 (73)が 出 土 している。G10 Ⅵ 層 からは 古 代 の 土 師 器 杯 (39)、 同 じく 須 恵 器 杯 (44·50·51)、 同 壷

(53·54)などが、G17 からも 古 代 土 師 器 杯 (36·37)、 同 甕 (55)、 同 須 恵 器 皿 (45)、 同 蓋 (47)、 土 錘 (82)が

出 土 している。 新 居 城 斜 面 直 下 は 宅 地 跡 で 撹 乱 が 激 しかったが、G27 からは 古 代 須 恵 器 壷 (52)と 地

山 直 上 から 縄 文 晩 期 の 磨 製 石 斧 2 点 (31·32)と 晩 期 土 器 細 片 が 数 点 出 土 している。しかし 晩 期 の 遺 物

包 含 層 は 確 認 できなかった。 第 1 地 点 は 全 面 に 中 世 の 遺 構 が 見 られ、 部 分 的 に 古 代 の 遺 物 包 含 層 や 遺

構 の 存 在 が 予 測 され、 斜 面 直 下 には 縄 文 晩 期 の 遺 構 の 存 在 する 可 能 性 がある。

2 第 2 地 点

第 1 地 点 の 東 250mの 地 点 に 位 置 し 水 田 跡 である。G48·51·52 の 地 層 柱 状 図 を 示 した。ともに30cm

前 後 の 現 地 表 土 を 除 去 すると20 〜 60 cmほどのシルト 層 が 堆 積 しており、 中 世 後 期 戦 国 期 の 遺 物 包

含 層 と 同 時 期 のピットが 確 認 された。シルト 層 の 下 層 は 砂 礫 が 厚 く 堆 積 しており 氾 濫 原 となってい

る。 東 方 向 すなわち 仁 淀 川 に 近 づくほどシルト 層 の 堆 積 は 浅 くなりG57 地 点 付 近 では 表 土 直 下 がそ

のまま 礫 層 となっている。 礫 層 の 広 がる 地 点 から 西 を 本 調 査 範 囲 とした。 第 2 地 点 と 第 1 地 点 の 間 に

は 十 数 個 の 試 掘 グリッドG11·37を 設 けたが、 何 れもシルト、 砂 、 礫 の 互 層 の 堆 積 が 見 られ 遺 物 包 含 層

や 生 活 面 の 形 成 は 認 められなかった。 第 2 地 点 は 中 世 後 期 に 至 って 集 落 が 形 成 されたものと 考 えら

9


.

れる。 出 土 遺 物 は 少 なくG52の 瓦 質 鉢 口 縁 部 細 片 (80)が 図 示 できたのみである。 他 に 瓦 器 ・ 土 師 器 ・

青 磁 などの 細 片 が 確 認 された。

3 第 3 地 点

城 山 東 裾 部 で 仁 淀 川 に 最 も 近 いところに 位 置 する。 山 際 は 宅 地 があり 東 側 は 水 田 となっていた。

中 央 部 南 寄 りのG60は、 現 地 表 下 1mほどのところで 旧 床 土 が 確 認 されその 下 層 のⅤ 層 は 氾 濫 性 のシ

ルト 層 の 堆 積 が 認 められる。Ⅵ 層 の 黄 茶 色 砂 層 からは 中 世 の 土 師 器 杯 (61)や 白 磁 碗 (72)などが 出 土

しⅥ 層 中 からピットや 土 坑 が 検 出 された。Ⅶ 層 以 下 は 河 川 堆 積 物 である。 中 央 部 北 寄 りの G61 は、

地 表 下 1m 近 くが 現 代 撹 乱 を 受 けており、その 下 にⅡ 層 の 旧 耕 作 土 層 が 形 成 されている。Ⅲ・Ⅳ 層 は

河 川 堆 積 物 で 遺 物 は 殆 ど 認 められない。Ⅴ 層 は 茶 色 粘 性 土 で 中 世 遺 物 が 多 量 包 含 されており、ピッ

トの 掘 り 込 みも 確 認 された。Ⅵ・Ⅶ 層 は 河 川 物 であるが、 黄 色 の 風 化 礫 を 含 んでいることから 山 側 か

らの 崩 落 土 も 含 まれているものと 考 えられる。Ⅷ 層 は 茶 黄 色 シルトの 河 川 堆 積 で 厚 さ1m 以 上 を 測

る。Ⅶ 層 上 面 には 中 世 と 考 えられるピットを 検 出 した。 図 示 し 得 た 遺 物 はⅤ 層 出 土 の 青 磁 碗 (74)の

みである。G63 は 山 際 に 近 いグリッドである。 表 土 から1m 余 の 深 さで 現 代 撹 乱 を 受 けておりコン

クリートブロックなどが 出 土 した。Ⅱ 層 は 厚 さ30cmを 測 り 中 世 の 包 含 層 で 瓦 器 や 土 師 器 、 古 銭 など

が 出 土 している。その 下 のⅢ 層 は 黒 褐 色 シルト・ 砂 礫 層 で 上 面 から 初 期 須 恵 器 が 出 土 したが、それ 以

外 は 縄 文 晩 期 の 遺 物 が 大 量 に 確 認 された。これらの 遺 物 は 山 腹 から 流 れ 込 んだものと 考 えられる。

G63 の 図 示 遺 物 はⅡ 層 が 瓦 器 椀 (70·71)、 瓦 器 小 皿 (64)、 寛 永 通 宝 (85)、Ⅴ 層 上 面 は 須 恵 器 杯 (40)、Ⅴ

層 中 からは、 縄 文 晩 期 深 鉢 (1 〜 17·21 〜 30)、 同 浅 鉢 (18 〜 20)、 石 斧 (33)である。

縄 文 土 器 は 粗 製 深 鉢 が 圧 倒 的 に 多 いが、 半 精 製 品 の 無 刻 突 帯 文 土 器 (15)が 出 土 している。 浅 鉢 は

僅 少 であるが、 全 面 丁 寧 なヘラ 磨 きを 施 し 口 縁 部 内 面 を 玉 縁 状 に 肥 厚 させるものが 目 立 つ。 全 体 的

に 晩 期 前 葉 の 土 器 が 中 心 である。

第 3 地 点 の 山 際 には 縄 文 晩 期 遺 物 の 堆 積 層 が 形 成 されていることが 予 想 される。 第 1 地 点 山 際 の

晩 期 遺 物 と 相 俟 って、 山 腹 ・ 裾 部 には 晩 期 の 遺 跡 が 立 地 している 可 能 性 もある。 平 地 部 は 河 川 堆 積 物

が 厚 く 堆 積 しているが、 中 世 前 期 からの 遺 物 が 見 られ 遺 構 面 は 二 面 形 成 されていることが 判 明 した。

古 墳 時 代 、 古 代 の 遺 物 も 散 見 されるが、 安 定 した 生 活 面 が 形 成 されるのは 中 世 前 期 で、それ 以 前 は 氾

濫 原 が 広 がっていたものと 考 えられる。

4 第 4 地 点

県 道 西 側 の 谷 開 口 部 である。 平 成 16 年 に 本 調 査 を 実 施 した 北 ノ 丸 遺 跡 の 周 辺 部 に12 個 の 試 掘 グ

リッドG20·21·23·95·99·100などを 設 定 した。G20は、1.5mの 客 土 が 置 かれその 下 に 旧 耕 作 土 が 確 認

された。Ⅲ 層 は 遺 物 を 含 まない 粘 性 土 、Ⅳ 層 の 粘 性 土 からは 古 代 の 遺 物 が 少 量 出 土 した。この 層 準

は G10 のⅥ 層 、G16 のⅣ 層 に 対 応 するものと 考 えられるが、かなり 低 くなっておりその 下 層 は 青 灰

色 粘 性 土 が 厚 く 堆 積 し 県 道 東 のような 生 活 面 を 確 認 することはできない。G23は 厚 さ1.7mの 客 土 が

置 かれその 下 は 粘 性 土 が 堆 積 している。Ⅴ 層 から 古 代 の 土 器 や 炭 化 物 が 出 土 しておりG20 のⅣ 層 や

G16 のⅣ 層 に 対 応 する 層 準 であるが、G20 同 様 にⅥ 層 以 下 は 灰 色 粘 土 が 堆 積 し 生 活 面 の 形 成 は 認 め

られない。 谷 の 中 央 部 の 地 点 である。 表 土 下 2m 余 の 厚 い 客 土 が 置 かれ、その 下 層 は 粘 性 土 が 互 層 に

堆 積 しⅧ 層 は 洪 水 性 の 砂 礫 層 が 堆 積 し、Ⅸ 層 は 植 物 遺 体 が 見 られる 腐 植 土 層 である。G100 は 北 ノ 丸

10


11〜12


第 Ⅲ 章 試 掘 調 査

0m

N.2 N.3 N.11

Ⅰ 客 土 Ⅰ 客 土 Ⅰ Ⅰ 客 土

Ⅱ 旧 耕 作 土

Ⅱ 客 土 Ⅱ

Ⅱ 旧 耕 作 土

1m

Ⅲ 灰 褐 色 シルト 層

Ⅳ 灰 褐 色 シルト 層

Ⅴ 黄 茶 色 シルト 層

Ⅲ 旧 耕 作 土

Ⅳ 床 土

Ⅴ 灰 褐 色 シルト 層

Ⅵ 灰 茶 色 粘 性 土 層


灰 茶 色 シルト 層

に 小 礫 ざり

Ⅳ 灰 色 シルト 層

2m

Ⅵ 茶 色 シルト 層

Ⅶ 茶 色 粘 性 土 層

Ⅴ 黄 色 シルト 層

3m

0m

N.10 N.16 N.20

Ⅰ 客 土

Ⅰ 旧 耕 作 土

Ⅰ 客 土

Ⅱ 客 土

1m

Ⅱ 旧 耕 作 土

Ⅲ 暗 青 灰 色 シルト 層

Ⅳ 青 灰 色 シルト 層

Ⅲ 灰 色 粘 土 層

Ⅱ 旧 耕 作 土

Ⅲ 灰 茶 色 粘 性 土 層

Ⅴ 灰 黄 色 シルト 層

Ⅳ 灰 褐 色 粘 土 層

Ⅳ 茶 色 粘 性 土 層

2m

Ⅵ 灰 黒 色 粘 土 層

Ⅴ 黄 茶 色 シルト 層

3m

Fig.4 試 掘 調 査 地 層 柱 状 図 1

13


.

0m

N.23 N.37 N.41

Ⅰ 客 土

Ⅰ 耕 作 土

Ⅱ 砂 礫 層

Ⅲ 茶 色 シルト 層

Ⅰ 表 土

Ⅱ 茶 灰 色 シルト 層

Ⅲ 茶 色 シルト 層

1m

Ⅳ 砂 層

Ⅳ 礫 層

Ⅴ 砂 礫

Ⅱ 暗 灰 色 粘 性 土 層

2m

Ⅲ 茶 色 粘 性 土 層

Ⅳ 茶 黄 色 粘 性 土 層

Ⅴ 暗 灰 色 粘 性 土 層

3m

0m

N.43 N.46 N.48

Ⅰ 表 土

Ⅰ 表 土

Ⅰ 表 土

Ⅱ 暗 灰 色 シルト 層

Ⅲ 青 茶 色 シルト 層

Ⅳ 暗 茶 色 シルト 層

Ⅱ 砂 礫 層

茶 色 シルトに 礫


を 含 む

1m

Ⅴ 黄 茶 色 シルト 層

Ⅵ 茶 色 シルトに

砂 礫 を 含 む

Ⅲ 礫 層

Ⅶ 礫 層

2m

Ⅷ 黄 色 シルト 層

Ⅸ 砂 礫 層

3m

Fig.5 試 掘 調 査 地 層 柱 状 図

14


第 Ⅲ 章 試 掘 調 査

0m

N.51 N.56 N.60

Ⅰ 耕 作 土

Ⅱ 黄 色 シルト 層

Ⅰ 表 土

Ⅱ 灰 茶 色 シルト 層

Ⅲ 砂 礫 層

Ⅰ 耕 作 土

Ⅱ 客 土

Ⅲ 旧 耕 作 土

Ⅳ 床 土

1m

Ⅴ 灰 色 シルト 層

Ⅵ 黄 茶 色 砂 層

Ⅶ 茶 色 シルト 層

2m

Ⅷ 礫 層

3m

0m

N.61

N.63

N.66

Ⅰ 撹 乱

Ⅰ 撹 乱

Ⅰ 耕 作 土

Ⅱ 床 土

Ⅲ 茶 色

1m

Ⅱ 旧 耕 作 土

Ⅲ 灰 茶 色 シルト 層

茶 色 シルト 層

Ⅱ 中 世 土 器 多 く 含 む

Ⅳ 礫 層

Ⅴ 砂 層

2m

Ⅳ 茶 色 シルト 層

茶 色 粘 性 層


中 世 土 器 多 く 含 む


黒 褐 色 シルト、

砂 礫 層

縄 文 土 器 多 く 含 む

3m

Fig.6 試 掘 調 査 地 層 柱 状 図

15


.

0m

1m

2m

N.68 N.70 N.75

Ⅰ 耕 作 土

Ⅰ 耕 作 土

Ⅰ 耕 作 土

Ⅱ 暗 灰 色 シルト 層

Ⅲ 灰 色 砂 層

Ⅱ 客 土

Ⅱ 砂 礫 層

Ⅳ 灰 色 シルト 層

Ⅴ 褐 灰 色 シルト 層

Ⅵ 色 シルト 層

Ⅲ 旧 耕 作 土

Ⅶ 灰 褐 色 シルト 層

Ⅳ 床 土

Ⅴ 旧 耕 作 土

Ⅷ 礫 層

Ⅵ 灰 茶 色 シルト 層

Ⅸ 茶 黄 色 粘 性 土 層

Ⅶ 砂 礫 層

3m

0m

1m

N.78 N.82 N.85

Ⅰ 耕 作 土

Ⅱ 砂 礫 層

Ⅲ 礫 層

Ⅰ 表 土

Ⅱ 旧 耕 作 土

Ⅲ 砂 礫 層

Ⅰ 耕 作 土

Ⅱ 礫 層

Ⅲ 客 土

Ⅳ 灰 色 砂 礫 層

Ⅴ 茶 色 砂 礫 層

Ⅵ 礫 層

2m

3m

Fig.7

試 掘 調 査 地 層 柱 状 図

16


第 Ⅲ 章 試 掘 調 査

0m

N.90 N.95 N.99

Ⅰ 耕 作 土

Ⅰ 表 土

Ⅰ 表 土

Ⅱ 茶 色 砂 礫 層

Ⅱ 客 土 Ⅰ

Ⅱ 客 土 Ⅰ

1m

Ⅲ 礫 層

Ⅲ 客 土 Ⅱ

Ⅲ 客 土 Ⅱ

2m

Ⅳ 礫 入 粘 性 土 層

Ⅳ 腐 土 層

Ⅴ 茶 灰 色 粘 性 土 層

Ⅴ 暗 灰 色 粘 土 層

Ⅵ 暗 灰 色 粘 性 土 層

Ⅶ 黒 灰 色 粘 性 土 層

Ⅵ 腐 土 層

3m

Ⅷ 青 灰 色 砂 礫 層

Ⅸ 腐 土 層

Ⅶ 有 機 質 土 層

Fig.8 試 掘 調 査 地 層 柱 状 図

遺 跡 の 平 成 16 年 度 調 査 区 に 近 接 する 位 置 にある。 地 表 下 1m 近 くまで 客 土 が 置 かれている。Ⅲ・Ⅳ

層 は 無 遺 物 層 でⅤ 層 は 土 壌 化 しており 水 田 の 可 能 性 がある。Ⅶ 層 からは 加 工 痕 のある 木 片 が 数 点 出

土 した。 北 ノ 丸 遺 跡 で 古 墳 時 代 後 期 の 木 製 品 を 多 量 に 含 んだ 層 準 (Ⅹ 層 )に 対 応 する。

県 道 から 西 側 は 東 側 に 比 べて 現 在 でもかなり 低 くなっている。すでに 見 たように 西 側 が 戦 後 1 〜

1.5m の 客 土 が 置 かれているにもかかわらず2m 程 度 低 くなっていることは、 旧 地 形 ではかなりの 高

低 差 をもった 谷 部 であったことが 考 えられる。 北 ノ 丸 遺 跡 報 告 書 でも 触 れたように 城 山 の 南 に 広 が

る 自 然 堤 防 の 後 背 湿 地 を 形 成 している。 従 って 県 道 西 側 については 水 田 址 などが 存 在 することは 考

えられるが 生 活 址 など 集 落 の 中 心 的 な 空 間 はないものと 考 えられる。 県 道 西 側 については400 m2を

本 調 査 の 対 象 とした。

G101·102 北 側 の 半 月 状 の 部 分 については、 未 買 収 地 であることから 試 掘 調 査 を 行 うことができ

ず、 次 年 度 以 降 に 実 施 することとなった。

17


.

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11 12

13

14

15

16 17

18

19

20

21

22

25

26

23

27

28

29

24

0 10cm

Fig.9 試 掘 調 査 遺 物 実 測 図 1 (すべて G 63)

18


第 Ⅲ 章 試 掘 調 査

30

0 10cm

33

31 32

0 10cm

34 35

36

37

38 39

40

41

42

45

43 44

47

46

48

49

50 51

52

53

0 10cm

54

Fig.10 試 掘 調 査 遺 物 実 測 図

19


.

56

55

57

58

59

60

61 62

64

63 65

68

66 67

71

69

70

77

74

72 73

78

75 76

80

79

82 83 84

0 10cm

85 86

81

0 5cm

Fig.11 試 掘 調 査 遺 物 実 測 図

20


第 Ⅳ 章

本 調 査 S 区

先 述 のようにここでは、 平 成 17 年 度 と 同 19 年 度 に 実 施 した1−4 区 の 調 査 内 容 について 報 告 するも

のである。 平 成 17 年 度 の 調 査 面 積 は2,490m2( 上 下 2 面 4,980m2)、19 年 度 の1−4 区 は950m2( 上 下 2 面

1,900m2)の 計 3,440m2( 延 べ 面 積 6,880m2)である。これらの 調 査 区 は、 南 側 と 北 側 に 分 かれ、 且 つ 北 側

は 西 側 と 東 側 とに 分 かれるところから、 南 側 をS 区 1·2、 北 西 部 をNW 区 、 北 東 部 をNE 区 として 報 告

する。なおこれらの 遺 構 検 出 面 は、S 区 1·2 のほとんどは 一 面 であったが 一 部 については 三 面 、NW

区 とNE 区 については 上 ・ 下 二 面 が 存 在 した。

1 S 区 1 上 層 の 遺 構 と 遺 物

(1) 基 本 層 準 (Fig.15)

調 査 区 の 西 側 と 南 側 の 壁 面 で 基 本 層 準 を 確 認 した。

Ⅰ: 客 土 ( 山 土 )。50cm 或 はそれ 以 上 の 層 厚 である。 戦 後 行 われた 造 成 による 盛 土 である。

Ⅱ: 耕 作 土 。 層 厚 2 〜 20 cm 前 後 である。かなり 削 られて 浅 くなっているところや 完 全 に 削 られてい

るところもある。

Ⅲ: 橙 灰 色 シルト。 層 厚 0〜 20cmを 測 る。 調 査 区 東 部 には 認 められない。

Ⅳ: 灰 色 シルトに 黒 褐 色 シルトの 粒 をブロック 状 に 含 む。 層 厚 0 〜 10 cmを 測 る。 北 部 には 堆 積 が 認

められない。

Ⅴ: 灰 色 シルトに 炭 化 物 を 多 く 含 む。 層 厚 0 〜 20 cm 前 後 、 西 側 の 壁 に 厚 く 堆 積 している。 中 世 の 遺

物 包 含 層 である。

Ⅵ: 黄 色 シルト。 層 厚 0 〜 20cm。

Ⅶ: 茶 黄 色 シルト。 層 厚 5cm 前 後 で 西 壁 の 北 部 でのみ 見 られる。

Ⅷ: 茶 色 粘 性 土 。 層 厚 10 〜 40cmで、 西 壁 に 厚 く 堆 積 している。 古 代 遺 物 包 含 層 である。

Ⅸ: 黄 茶 色 シルト。 層 厚 0 〜 5cm。

Ⅹ: 濃 茶 色 粘 性 土 。 層 厚 0 〜 10cm 前 後 。 西 壁 に 部 分 的 に 認 められる。 無 遺 物 層 である。

(2) 上 層 の 検 出 遺 構

1 掘 立 柱 建 物

SB1(Fig.16)

調 査 区 の 北 東 に 位 置 する。SD1 を 跨 ぐように 建 てられているが、 先 後 関 係 は 不 明 である。 桁 行 き

3 間 (6m)、 梁 間 2 間 (3.25m)の 南 北 棟 で、 軸 方 向 はN−3°−Wである。 柱 穴 は 円 形 で 径 30 〜 40cmを

測 る。P1 で 径 20cm、P7 で 径 15cmの 柱 痕 跡 がみとめられた。 各 柱 穴 から 土 師 器 供 膳 具 の 破 片 が 多 く

出 土 している。P4 出 土 の 土 師 器 杯 底 部 (87)、P5 の 土 師 器 小 皿 (89)と 瓦 器 椀 底 部 (90)、P8 の 瓦 器 小

皿 (88)を 図 示 することができた。 土 師 器 供 膳 具 は 回 転 台 成 形 である。

SB2(Fig.16)

調 査 区 南 よりに 位 置 する。 桁 行 き3 間 (4.8m)、 梁 間 1 間 (1.8m)の 東 西 棟 で、 軸 方 向 はN−86°−W

である。 柱 穴 は 円 形 で 径 20 〜 40 cmを 測 る。P1 で 径 20 cm、P8 で 径 10 cmの 柱 痕 跡 がみとめられた。

P1・5から 土 師 質 土 器 細 片 が 出 土 している。P1の 土 師 器 杯 底 部 (91)のみ 図 示 することができた。 回

転 台 成 形 である。

21


22


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

NW 区

X52300.000

NE 区

S2 区

X52280.000

X52260.000

S1 区

X52240.000

2005 年 度 調 査 区

2007 年 度 調 査 区

3560.000

3540.000

3520.000

3500.000

3480.000

3560.000

3540.000

3520.000

3500.000

3480.000

X52360.000

X52360.000

X52340.000

X52340.000

X52320.000

X52320.000

X52300.000

X52280.000

X52260.000

X52240.000

0 10 20 40m


Fig.13 上 遺 跡 2005 年 度 ・2007 年 度 調 査 区 位 置 図

23


24


25〜26


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

SB3(Fig.17)

SB2の 西 隣 に 位 置 する。 桁 行 き4 間 (10.6m)、 梁 間 2 間 (3.3m)の 東 西 棟 で、 軸 方 向 はN−77°−Eであ

る。 柱 穴 は 円 形 で 径 30 〜 50 cmを 測 る。P11 に 径 20 cmの 柱 痕 跡 が 認 められた。 各 柱 穴 から 土 師 器 供

膳 具 や 煮 沸 具 、 瓦 器 などの 細 片 が 出 土 している。P10·11 出 土 の 土 師 器 小 皿 (92·94)、P10 の 土 師 器 杯

(95)、P5 の 土 師 器 底 部 (93)、P3 の 瓦 器 椀 (96·97)、P2 の 土 師 器 甕 口 縁 部 細 片 を 図 示 した。P11 出 土

の94は、 柱 を 抜 き 取 った 後 、 入 れられたものである。96は 土 師 器 の 発 色 をしているが 成 形 など 瓦 器 の

作 りに 似 ていることから 瓦 器 椀 として 捉 えた。98は 古 代 の 土 師 器 甕 で 混 入 品 である。 土 師 器 小 皿 ・

杯 は 回 転 台 成 形 である。

SB4(Fig.17·52)

SB1の 西 隣 に 位 置 する。 桁 行 き2 間 (4.3m)、 梁 間 1 間 (3.0m)の 南 北 棟 で、 軸 方 向 はN−0°である。 柱

穴 は 円 形 で 径 40 〜 60cmを 測 る。P1 に 径 20cmの 柱 痕 跡 が 認 められる。P4 出 土 の 土 師 器 杯 底 部 (99)、

同 口 縁 部 (101)、P3 出 土 の 土 師 器 甕 (100)を 図 示 した。 土 師 器 杯 はともに 回 転 台 成 形 であるが、101

の 口 縁 部 内 部 には 段 部 、 外 面 には2 条 の 沈 線 が 走 り 段 部 を 有 する。P4 からは 北 宋 銭 、 大 觀 通 寳 (875)

が 出 土 している。

2 土 坑

SK1(Fig.18)

調 査 区 の 東 北 隅 に 位 置 し、SD1を 切 っている。 平 面 形 は 隅 丸 方 形 を 呈 し 長 軸 1.9m、 短 軸 1.8m、 深 さ

15cmを 測 る。 南 の 立 ち 上 がりにピットがあるが 先 後 関 係 は 不 明 である。 埋 土 は 灰 褐 色 シルトである。

遺 物 は 土 師 器 杯 、 瓦 器 などの 破 片 が 多 く 出 土 している。 土 師 器 底 部 (104)、 瓦 器 椀 (105 〜 107)、 小 皿

(102·103)、 東 播 系 捏 鉢 の 口 縁 部 (108)を 図 示 した。 土 師 器 杯 底 部 は 他 に2 点 出 土 しているが 全 て 糸 切

り 底 である。

SK2(Fig.18)

調 査 区 の 東 北 隅 に 位 置 する。 平 面 形 はほぼ 円 形 を 呈 し 直 径 1.8m 前 後 を 測 る。 壁 に 沿 って 幅 30 cm

前 後 、 深 さ10cm 程 の 溝 が 環 状 に 巡 っている。 中 央 部 の 床 面 の 深 さは18cm 程 である。 埋 土 は 灰 褐 色 シ

ルトである。 土 師 器 や 瓦 器 細 片 が 出 土 しているが 図 示 できるものはない。

SK5(Fig.18)

調 査 区 西 部 に 位 置 し、 東 端 はピットと 切 り 合 っている。 平 面 形 は 不 整 形 、 長 軸 1.2m、 短 軸 1.1m、 深

さは20cmを 測 る。 壁 は 垂 直 に 近 く 立 ち 上 がっている。 埋 土 は 灰 褐 色 シルトに 茶 ・ 黄 色 シルトがブロッ

ク 状 に 入 っている。 土 師 器 13 点 、 瓦 器 細 片 10 点 出 土 しているが、 図 示 できるものはない。

SK6(Fig.18)

SD3の 南 に 位 置 する。 平 面 形 は 楕 円 形 で 東 端 をP95に 切 られている。 長 軸 1.0m、 短 軸 60cm、 深 さ35

cmを 測 り、 断 面 形 は 台 形 を 呈 する。 埋 土 はⅠ: 灰 褐 色 粘 性 土 、Ⅱ:Ⅰに 黄 色 〜 濃 茶 色 シルトがブロック

状 に 入 る。 遺 物 は 東 播 系 捏 鉢 口 縁 部 (109)を 図 示 したが、この 他 瓦 器 椀 細 片 2 点 、 青 磁 細 片 1 点 が 出 土

している。

SK7(Fig.18)

SK5 の 東 隣 に 位 置 する。 平 面 形 は 楕 円 形 を 呈 し、 長 軸 1.15m、 短 軸 58cm、 深 さ35cmである。 短 軸 断

面 は 船 底 状 を 呈 するが、 長 軸 断 面 の 東 側 の 立 ち 上 がりは 階 段 状 をなす。 埋 土 はⅠ: 灰 褐 色 粘 性 土 、Ⅱ:

濃 茶 色 シルトである。 土 師 器 杯 底 部 など 細 片 が4 点 出 土 している。

27


28


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

P7 P8

P5

P1

N

P9

P4

P6

N

P10

P3

P2

L2.9m

P5

SB4

0 2m

(S180)

P4

P11

92 93

94

95 96

P3

P2

P1

DL2.9m

97

SB3

98

99 100 101

0 10m

Fig.17 SB3・4 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図

29


SK9(Fig.19)

SK6の 南 に 位 置 する。 平 面 形 は 不 正 形 を 呈 し、 長 軸 93cm、 短 軸 70cm、 深 さ40cmを 測 る。 断 面 形 はU

字 形 である。 埋 土 は 灰 褐 色 シルトである。 遺 物 は 土 師 器 が20 点 や 瓦 器 細 片 が3 点 出 土 している。

SK10(Fig.19)

SK6 の 東 隣 に 位 置 する。 平 面 は 不 整 形 を 呈 するが 別 の 土 坑 と 切 り 合 っている 可 能 性 もある。 長 軸

1.7m、 短 軸 1.15m、 深 さは 最 深 20cm、 浅 いところで5cm 前 後 である。 埋 土 は 暗 灰 色 シルトである。 遺 物

は 土 師 器 が 出 土 しているが、 図 示 できたのは 小 杯 2 点 (110·111)である。

SK11(Fig.19)

SB3の 南 にあり、SK13を 切 っている。 平 面 形 は 長 楕 円 形 を 呈 し、 長 軸 2.3m、 短 軸 70cm、 深 さ10cmを

測 る。 床 は 水 平 で 壁 は 斜 めに 立 ち 上 がっている。 埋 土 は 灰 褐 色 シルトである。 遺 物 は 土 師 質 土 器 と

瓦 器 の 細 片 が 多 く 出 土 しているが、 瓦 器 椀 底 部 (112)と 土 師 器 土 錘 (115)を 図 示 し 得 た。

SK12(Fig.19)

SK11 の 西 隣 に 位 置 する。 平 面 形 は 不 整 形 で 南 部 が 調 査 区 外 に 出 ている。 確 認 長 軸 1.15m、 幅 1.2m

を 測 る。 床 面 は 東 と 北 に 傾 斜 しており、 最 深 20cmである。 埋 土 は 灰 褐 色 シルトである。 土 師 質 土 器 、

瓦 器 類 の 細 片 が 多 く 出 土 しているが 図 示 できるものはない。

SK13(Fig.19)

SK11 に 切 られている。 平 面 形 は 胴 丸 の 長 方 形 状 を 呈 し、 確 認 長 軸 70cm、 幅 75cm、 深 さは20cm 程 で

あるが、 床 面 には 径 20cm、 深 さ10cmのピットが 掘 られている。 遺 物 は、 土 師 器 や 瓦 器 細 片 が 少 量 出 土

している。 瓦 器 椀 (113)と 土 師 器 土 錘 (116)を 図 示 し 得 た。

SK14(Fig.19)

SB2 の 南 に 位 置 する。 平 面 形 は 隅 丸 長 方 形 を 呈 し、 長 軸 3.82m、 短 軸 1.25m、 深 さ30cm 前 後 を 測 る。

短 軸 の 断 面 形 はU 字 状 である。 埋 土 はⅠ: 灰 褐 色 粘 性 土 、Ⅱ: 暗 灰 褐 色 粘 性 土 である。 床 面 中 央 に 人

頭 大 の 角 礫 が 数 個 積 まれており、 埋 土 中 からも 数 点 出 土 している。

遺 物 は 土 師 器 、 瓦 器 の 細 片 が 多 く、 同 安 窯 系 の 青 磁 小 皿 片 などが 出 土 しているが、 図 示 できたのは

土 師 器 小 皿 (114)のみである。

SK15(Fig.20)

SK14の 北 側 に 位 置 する。 平 面 形 は 隅 丸 方 形 を 呈 する。 長 軸 1.25m、 短 軸 1.15m、 深 さ10cm 前 後 を 測

る。 床 面 は 水 平 で 断 面 は 皿 状 を 呈 し、 床 面 に2 個 の 小 ピットが 見 られる。 埋 土 は 暗 灰 茶 色 である。 遺

物 は、 土 師 器 や 瓦 器 の 細 片 が 多 く 出 土 しているが、 図 示 できたのは 青 磁 碗 (117)と 土 師 器 杯 底 部 (118)

である。117は 森 田 編 年 1)の 龍 泉 窯 系 青 磁 碗 Ⅰ−2 類 ( 以 下 ことわりのない 場 合 、 青 磁 ・ 白 磁 の 編 年 は

森 田 編 年 による)、 後 者 は 糸 切 り 底 である。

SK16(Fig.20)

調 査 区 中 央 部 に 位 置 する。 平 面 形 は 不 整 形 を 呈 する。 長 軸 1.0m、 短 軸 0.7m、 深 さ30 〜 40cmを 測 り、

床 面 中 央 部 が 盛 り 上 がっている。 埋 土 は 灰 褐 色 シルトである。 遺 物 は 土 師 器 、 瓦 器 細 片 が 少 数 出 土

している。

SK18(Fig.20)

SB3の 東 隣 に 位 置 する。 平 面 形 は 隅 丸 方 形 を 呈 する。 長 軸 1.2m、 短 軸 1.0m、 深 さ10cm 前 後 である。

床 面 は 水 平 で 断 面 は 皿 形 を 呈 する。 埋 土 は 灰 褐 色 シルトである。 南 東 隅 には、 被 熱 赤 変 した30cm 大

30


N

N

N

第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

N


SK1

DL2.9m

X52260.180

3532.762

SK2

DL2.8m

SK5

DL2.9m

X52257.644

3532.505



SK6

DL2.9m

X52258.338

3532.391

Ⅰ: 灰 褐 色 粘 性 土

Ⅱ:Ⅰ 層 に 黄 色 シルト、 濃 茶 色 シルト

のブロックが 入 る

X52260.788

3532.581

X52260.368

3531.898



SK7

Ⅰ: 灰 色 褐 色 粘 性 土

Ⅱ: 濃 茶 色 シルト

0 1m

(S140)

DL2.9m

X52260.558

3533.199

102

103

104

105 108

106

107

109

0 10m

Fig.18 SK1・2SK5〜7 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図

SK1:102〜108 SK6:109

31


32


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

の 角 礫 が 床 面 に 深 く 食 込 んでいる。 床 には 径 30cm、 深 さ15cmのピットが 掘 られている。 遺 物 は 土 師

器 、 瓦 器 、 青 磁 細 片 が 見 られる。 瓦 器 椀 (119)のみ 図 示 し 得 た。

SK19(Fig.20)

調 査 区 中 央 部 に 位 置 し、SD3 と 切 り 合 っているが 先 後 関 係 は 不 明 である。 残 存 長 軸 65cm、 深 さ10

cmを 測 り、 床 面 に 小 ピットが1 個 掘 り 込 まれている。 埋 土 は 灰 褐 色 シルトである。 遺 物 は 認 められな

い。

SK20(Fig.20)

調 査 区 西 南 部 に 位 置 し、SD3に 切 られている。 平 面 形 は 略 方 形 を 呈 する。 確 認 長 軸 1.4m、 短 軸 1.2m、

深 さ20 cmを 測 る。 床 面 は 水 平 で 断 面 は 皿 状 を 呈 する。 埋 土 は 灰 褐 色 シルトである。 遺 物 は 土 師 器

細 片 を 多 く 含 み、 瓦 器 細 片 が 少 し 出 土 している。 土 錘 (120)を 図 示 し 得 た。

SK22(Fig.20)

調 査 区 西 部 に 位 置 しSK26を 切 っている。 平 面 形 は 不 整 形 を 呈 し、 長 軸 1.7m、 短 軸 1.3m、 床 面 は、 南

側 が 大 きく 掘 り 込 まれており 深 さ60cm、テラス 状 に 広 がる 平 坦 面 は10cm 前 後 である。 埋 土 は 暗 灰 色

粘 性 土 で 大 小 の 礫 を 多 く 含 んでいる。 遺 物 は 土 師 器 、 瓦 器 細 片 が 多 く 出 土 しているが、 図 示 し 得 たの

はトリベと 考 えられる 土 師 器 (121)である。121は 高 熱 を 受 けて 内 面 が 海 綿 状 を 呈 する。

SK23(Fig.20)

調 査 区 中 央 部 に 位 置 し SD6 を 切 っており、 南 側 を 水 道 管 に 切 られている。 平 面 形 は 略 方 形 を 呈 す

る。 確 認 長 軸 1.1m、 短 軸 90cm、 深 さ10 〜 20cmを 測 り、 床 面 は 階 段 状 をなしている。 埋 土 は 茶 灰 色 粘

性 土 である。 遺 物 は 土 師 器 細 片 が 多 く 出 土 している。 東 播 系 捏 鉢 胴 部 (122)のみ 図 示 し 得 た。122は

外 面 が 煤 けている。

SK26(Fig.20)

SK22に 切 られている。 平 面 形 は 不 整 形 を 呈 する。 長 ・ 単 軸 1.0m 前 後 、 深 さ30cmを 測 り、 断 面 形 は

船 形 を 呈 する。 埋 土 は 褐 灰 色 粘 性 土 である。 遺 物 は 土 師 器 細 片 が 多 く、 土 師 器 羽 釜 片 、 白 磁 碗 細 片 な

どが 出 土 している。 黒 色 土 器 A 類 椀 (123)と 摂 津 C2 型 類 羽 釜 (124)を 図 示 し 得 た。2)123 は 搬 入 品

である。

SK80(Fig.21 〜 24)

調 査 区 東 部 に 位 置 する。 平 面 形 は 不 整 形 を 呈 し 東 側 の 壁 は 鈎 状 に 屈 曲 する 長 大 な 土 坑 である。

長 さ6.0m、 最 大 幅 2.7m、 深 さ1.3mを 測 り、 壁 はほとんど 垂 直 に 立 ち 上 がる。 埋 土 は 上 層 部 に 茶 灰 色 の

粘 性 土 が 見 られたが、それ 以 外 の 大 部 分 は 砂 岩 や 蛇 紋 岩 の 風 化 礫 で 埋 まっていた。 意 識 的 な 埋 め 戻

しがなされたものと 思 われる。 遺 物 は 埋 土 中 に 混 在 して 近 世 陶 磁 器 が 大 量 に 出 土 している。

磁 器 は 肥 前 産 と 肥 前 系 で 占 められている。 肥 前 産 は 染 付 小 皿 (128·132)、 染 付 皿 (130·139)、 波 佐

見 小 皿 (143·145)、 色 絵 小 杯 (129)、 染 付 小 碗 (135·136)、 染 付 碗 (140)、 染 付 中 碗 (138)、である。 肥 前

系 は 染 付 小 皿 (126·131)、 同 中 碗 広 東 形 (125·127·142·146)、 同 中 碗 端 反 形 (133)、 同 猪 口 (134)、 同 付 瓶

(141)、 白 磁 碗 (147)、 仏 飯 器 (137)は 肥 前 産 か 肥 前 系 何 れかに 属 するものである。

陶 器 は、 供 膳 具 に 加 えて 貯 蔵 具 、 調 理 具 などがある。 肥 前 産 の 供 膳 具 は、 中 碗 (148·162)、 中 碗 丸 形

(149 〜 156)、 小 皿 (164·165·167·169)、 三 島 手 皿 (172)、 刷 毛 目 二 彩 手 の 皿 または 鉢 (179)、 鉢 (168)であ

る。 肥 前 系 は 小 皿 (166)が 見 られる。165·167·169は 内 野 山 窯 、164·166は 唐 津 系 灰 釉 である。 中 碗 丸

形 (159)は 尾 戸 窯 、 同 (158·160)も 尾 戸 窯 の 可 能 性 があり、 小 皿 (157)は 能 茶 山 窯 の 可 能 性 がある。こ

33


34


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

N

A

B

A

B

C

D

DL3.1m

C

D

0 2m

(S180)

SK80 平 面 ・クシン

125

127 128

126

134

129

130

133

135

137

131

132

136

138

0 10cm

Fig.21 SK80 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図

35


36


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

169

166 167

170

171

172

173

168

174 175

176

177

178

179

181

180

0 10cm

Fig.23 SK80 遺 物 実 測 図

37


の 他 に、 産 地 を 同 定 することのできない 皿 (170·171)、 蓋 (174·175)、 鉢 (178)、 底 部 (173)が 見 られる。

調 理 具 では、 肥 前 産 捏 鉢 (163)、 堺 ・ 明 石 系 擂 鉢 (182·184)、 備 前 擂 鉢 (185)、 土 師 質 土 器 焙 烙 (181)が

ある。 貯 蔵 形 態 は、 丹 波 産 甕 (176·177)、 肥 前 産 甕 (180)、 産 地 不 明 の 底 部 (183)が 見 られる。180 は 叩

き 成 形 、 内 面 に 格 子 の 当 て 道 具 痕 跡 が 見 られ、 外 面 には2 条 の 縄 状 突 起 を 貼 付 している。これらの 他 、

暖 房 具 として 肥 前 産 の 陶 胎 染 付 火 入 れ(144)が 出 土 している。

以 上 の 陶 磁 器 類 は、 碗 (133)が1 点 近 代 に 属 しているが、 他 はすべて 近 世 に 属 する。18 世 紀 前 半 を 中

心 に17 世 紀 前 半 から 幕 末 期 までのものを 含 んでいる。 磁 器 は 肥 前 産 と 肥 前 系 で 占 められているが、

陶 器 は 両 者 を 中 心 としながらも 地 元 の 尾 戸 窯 や 丹 波 、 堺 ・ 明 石 系 など 多 くの 産 地 からの 製 品 が 認 めら

れる。

SK81(Fig.25)

調 査 区 南 部 に 位 置 する。 平 面 形 は 隅 丸 方 形 を 呈 し、 長 軸 1.2m、 短 軸 1.0m、 深 さ10cm 前 後 を 測 る。 床

面 は 水 平 で、 径 20cmのピットが 掘 られている。 埋 土 は 灰 茶 色 粘 性 土 である。 土 師 器 や 瓦 器 細 片 が 多

く 出 土 し、 青 磁 細 片 1 点 、 東 播 系 捏 鉢 細 片 1 点 が 出 土 している。 図 示 できるものはない。

SK82(Fig.25)

38


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

調 査 区 の 東 寄 りに 位 置 する。 南 北 に 長 い 溝 状 の 平 面 形 を 呈 する。 長 軸 2.6m、 短 軸 0.77m、 深 さは70

cm 前 後 を 測 る。 埋 土 は 灰 茶 色 粘 性 土 である。 埋 土 中 に 人 頭 大 の 角 礫 や 円 礫 が 入 っており、 被 熱 赤 変

している 礫 もある。 遺 物 は 瓦 器 小 皿 (186·187)、 同 椀 (189)、 青 磁 碗 (190)、 土 師 器 甕 胴 部 (191)、 常 滑 甕

底 部 (192)が 出 土 している。191は 外 面 が 煤 けている。

SK83(Fig.25)

調 査 区 の 南 東 寄 りに 位 置 する。 平 面 形 は 隅 丸 長 方 形 を 呈 し、 長 軸 1.5m、 短 軸 85cm、 深 さ15cm 前 後 を

測 る。 埋 土 は 灰 黄 褐 色 粘 性 土 で 炭 化 物 を 少 量 含 んでいる。 東 西 の 壁 に 径 25 cm 前 後 のピットが 掘 ら

れており、 西 側 のピットには 径 10 cmの 柱 痕 跡 が 認 められる。 土 師 器 と 瓦 器 細 片 を 多 く 含 むが、 図 示

できるものはない。

SK84(Fig.25)

調 査 区 の 東 部 に 位 置 しSD33 を 切 っている。 溝 状 の 細 長 い 土 坑 で 確 認 延 長 2.0m、 幅 50cm、 深 さ5 〜

10cm 前 後 を 測 る。 埋 土 は 黄 灰 褐 色 シルトである。 遺 物 は 認 められない。

SK86(Fig.25)

調 査 区 の 東 寄 りに 位 置 する。 東 西 に 長 い 溝 状 の 土 坑 である。 長 軸 4.2m、 短 軸 60cm、 深 さ10cm 前 後

を 測 る。 床 面 は 水 平 で 西 部 に 径 20cm、 深 さ60cmのピットが 掘 られている。 埋 土 は 灰 茶 色 粘 性 土 であ

る。 土 師 器 と 瓦 器 細 片 が 多 く 出 土 しており、 青 磁 碗 細 片 も1 点 出 土 している。 瓦 器 椀 (188)を 図 示 し

得 た。

3 溝

SD1(Fig.26)

調 査 区 の 中 央 東 よりに 位 置 する。ほぼ 東 西 方 向 に 延 びる 溝 で 東 は 近 世 土 坑 SK80に 切 られており、

西 はSD6と 直 角 に 繋 がっている。 後 述 するようにSD6などと 共 に 方 形 区 画 SH1を 構 成 する 区 画 溝 で

ある。 確 認 延 長 は9.4m、 深 さ50 〜 60cmを 測 る。 断 面 形 はおおよそ 逆 台 形 状 を 呈 し、 床 面 は 少 し 落 ち

込 んでいる。これは 底 浚 えの 痕 跡 を 示 すものと 考 えられる。 埋 土 はⅠ: 灰 褐 色 粘 性 土 、Ⅱ: 黄 褐 色 粘

性 土 である。Ⅱ 層 は 壁 の 崩 落 土 である。

遺 物 は 土 師 器 、 瓦 器 の 供 膳 形 態 や 煮 沸 形 態 が 多 く 出 土 しており、これらについては、それぞれの 破

片 の 合 計 重 量 を 測 って 比 較 した。 土 師 器 の 杯 ・ 皿 など 供 膳 形 態 は910g、 同 じく 煮 沸 形 態 は150g、 瓦 器

の 供 膳 形 態 は960g、 煮 沸 形 態 420gで、 両 形 態 ともに 瓦 器 が 多 い。この 他 、 東 播 系 捏 鉢 11 点 、 同 甕 3 点 、

常 滑 4 点 、 青 磁 8 点 が 出 土 している。 図 示 し 得 たものは 次 の 通 りである。 瓦 器 小 皿 (193)、 瓦 器 椀 (194

〜 203)、 青 磁 碗 はⅠ5b 類 (204·205)、 白 磁 皿 は 口 禿 タイプのⅨ 類 (206)、 明 染 付 皿 (207)、 瓦 質 羽 釜 (208

〜 212·216)、 東 播 系 捏 鉢 (213 〜 215)、 瓦 質 脚 (217·218)、 土 錘 (220)、 陶 器 甕 (219)である。これらの 遺

物 は 出 土 状 況 から 見 て 一 括 性 の 高 いものである。なお 染 付 皿 (207)は 検 出 面 出 土 で 混 入 遺 物 である。

SD2(Fig.27)

調 査 区 東 北 に 位 置 する。 確 認 延 長 4.6m、 幅 45cm、 深 さ10cm 前 後 である。 埋 土 は 灰 茶 色 粘 性 土 であ

る。 遺 物 は 土 師 器 と 瓦 器 の 細 片 が 少 量 出 土 している。 土 師 器 底 部 (221)を 図 示 し 得 たのみである。

SD3(Fig.27)

調 査 区 の 西 部 に 位 置 し 東 西 方 向 に 走 る 溝 で、 東 は 現 代 撹 乱 に 切 られており 西 はSK20を 切 って 調 査

39


40


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

S

X52269.233

3516.512

灰 褐 色 粘 性 土

N

X52270.400

3516.541

N

X52290.544

3512.585

S

X52269.114

3512.924


西 壁


東 壁

N

X52290.872

3509.290



東 壁

S

X52268.934

3509.280

DL2.9m

Ⅰ: 灰 褐 色 粘 性 土

Ⅱ: 黄 褐 色 粘 性 土

0 1m

(S140)

SD1 クシン

193

194 195

196

197 198 199

200

201

202

203 204

205

206

213

207

208

209 210

214

211

215

212

216

220

218

219

217

0 10m

Fig.26 SD1クシン 及 び 遺 物 実 測 図

41


N

X52276.832

3501.927

S

X52243.910

3520.338

S

X52255.723

3542.666

DL2.9m

N

X52277.332

3531.011

SD3 レベーシン

0 1m

(S140)

221

222

223

227

224

225

228

229

230

233

226

232

235

231

234

236

238

239

237

Fig.27 SD3レベーシン 及 びSD2〜4 遺 物 実 測 図

SD2:221 SD3:222〜230・232〜239 SD4:231

0 10m

区 外 に 帯 びている。 確 認 延 長 14.0m、 幅 0.6 〜 1.2m、 深 さ10 〜 22cmを 測 る。 埋 土 は 灰 褐 色 粘 性 土 であ

る。 断 面 形 は 逆 台 形 状 や 皿 状 を 呈 し 場 所 によって 異 なる。 遺 物 は 土 師 器 供 膳 具 が670g、 瓦 器 のそれ

が310g 出 土 している。 土 師 器 小 皿 (222)、 同 杯 (223·225·228)、 同 椀 (224)、 瓦 器 椀 (227·229·232)、 同 小

皿 (230)、 青 磁 碗 (233·234)、 東 播 系 捏 鉢 (235)、 土 師 器 釜 (236)、 瓦 器 脚 (237)、 土 師 器 甕 (238·239)、 緑 釉

皿 (226)を 図 示 し 得 た。 青 磁 碗 は 龍 泉 窯 系 のⅠ5b 類 、 緑 釉 皿 は 軟 質 で、 畳 付 けが 段 上 を 呈 する。 近 江

産 で 平 安 京 Ⅲ 期 中 段 階 に 属 する。 土 師 器 杯 ・ 椀 類 はすべて 糸 切 りである。

SD4(Fig.27)

調 査 区 の 南 よりに 位 置 する。 東 西 方 向 に 延 びる 溝 で 東 は 現 代 撹 乱 によって 切 られている。SD5 と

切 り 合 っているが 先 後 関 係 は 不 明 である。 確 認 延 長 8.0m、 幅 30 〜 60cm、 深 さ10cm 前 後 である。 埋 土

は 灰 褐 色 粘 性 土 である。 遺 物 は、 土 師 器 供 膳 具 片 100g、 瓦 器 供 膳 具 形 態 50g、 東 播 系 捏 鉢 細 片 2 点 が 出

土 しており、 土 師 器 椀 (231)のみ 図 示 し 得 た。 手 捏 ね 成 形 、 口 内 外 面 横 ナデ 調 整 、 体 部 外 面 には 指 頭 圧

痕 が 見 られる。 吉 備 系 の 椀 である。

SD6(Fig.28)

調 査 区 東 北 部 をL 字 状 に 囲 む 溝 である。 北 端 を 押 さえることは 出 来 ないが、 東 端 はSD33と 接 する

42


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

手 前 で 終 わっている。 南 北 方 向 は2005 年 度 、 東 西 部 分 については2007 年 度 調 査 である。 南 北 方 向 に

19.0m、 東 西 方 向 に9.0m 延 びている。 南 北 部 分 の 幅 は 北 端 で60cm、SD1と 交 わる 地 点 で1.0m、 南 のコー

ナー 部 分 で1.2m、 深 さはそれぞれ20cm、30cmを 測 る。 東 西 部 分 の 幅 はコーナー 近 くで1.2m、 東 端 で

は1.9m、 深 さもそれぞれ50cm、70cmを 測 り、 東 端 部 分 が 最 も 広 く、 深 くなっている。 断 面 形 は 概 ね 逆

台 形 を 呈 し、 東 西 部 分 については 底 浚 いの 痕 跡 が 認 められる。 埋 土 はⅠ: 灰 褐 色 粘 性 土 、Ⅱ:Ⅰ 層 に 砂

礫 が 混 ざる、Ⅲ: 灰 黄 色 粘 性 土 である。

遺 物 は、 供 膳 形 態 では、 土 師 器 杯 (241·242)、 同 皿 (244 〜 246)、 瓦 器 椀 (247·248)、 同 小 皿 (243)、 青

磁 碗 (249·250·253 〜 256)、 白 磁 皿 (251·252)を 図 示 し 得 た。 土 師 器 杯 は 底 部 糸 切 りであるが、 皿 は 手

捏 ね 成 形 である。なお、 土 師 器 の 供 膳 形 態 片 は1,700g、 瓦 器 のそれは810g である。 青 磁 碗 は 龍 泉 窯

系 Ⅰ5b 類 (250·253 〜 256)と 鎬 蓮 弁 に 櫛 描 文 を 施 すⅠ6 類 (249)が 見 られる。 調 理 形 態 は 東 播 系 捏 鉢

(257 〜 261)、 土 師 質 擂 鉢 (274)、 瓦 質 擂 鉢 (262)が 見 られる。 煮 沸 形 態 は、 瓦 質 鍋 (264)、 土 師 器 羽 釜

(265·266)、 瓦 質 羽 釜 (267 〜 270)、 瓦 質 脚 (271·272)が 見 られる。 貯 蔵 形 態 では 東 播 系 甕 (263·275)、 常

滑 甕 (273)、この 他 に 土 錘 (276 〜 280)が 出 土 している。SD1とSD6は 後 述 するSD31・32と 共 に 一 辺

10.0m 程 に 方 形 に 囲 む 区 画 溝 と 考 えられ、 南 北 に4 区 画 が 認 められる。

SD7(Fig.29・52)

SD6 の 西 隣 を 平 行 して 延 びる 溝 状 遺 構 で、 南 は 現 代 撹 乱 に 切 られている。 確 認 延 長 13.0m、 幅 は 北

部 で0.8m、 南 部 で1.7m、 深 さは 北 部 で10cm、 南 部 で25cm 前 後 を 測 る。 断 面 形 態 は 皿 状 を 呈 する。 埋 土

はⅠ: 灰 褐 色 粘 性 土 、Ⅱ: 灰 黄 色 粘 性 土 である。

遺 物 は 供 膳 形 態 では 土 師 器 小 皿 (281·282)、 同 椀 (283)、 同 杯 (284·286)、 同 足 高 高 台 杯 (285)、 瓦 器 椀

(287 〜 290·293)、 黒 色 土 器 A 類 椀 (292)、 黒 色 土 器 B 類 椀 (291)、 青 磁 碗 Ⅰ5b 類 (294)を 図 示 し 得 た。

土 師 器 供 膳 形 態 片 は970g、 瓦 器 のそれは380gである。 煮 沸 形 態 では 土 師 器 甕 (298)、 同 羽 釜 (299)、 瓦

質 羽 釜 (297)、 甕 (298)は 胴 部 外 面 に 平 行 叩 きが 見 られる。 瓦 質 脚 も2 点 (300·301) 見 られる。 供 膳 具

は 東 播 系 捏 鉢 (296)が 出 土 している。SD7は 古 代 ・ 中 世 の 遺 物 がかなり 混 ざって 出 土 している。この

他 土 錘 (303 〜 306)と 砥 石 (867)が 出 土 している。 砥 石 は、 使 用 面 四 面 で 各 面 に 敲 打 痕 が 見 られ、 各 面

が 煤 けている。 流 紋 岩 製 である。

SD8(Fig.29)

SD7 と 切 り 合 っており、 西 側 は 現 代 撹 乱 に 削 られている。SD7 との 先 後 関 係 は 不 明 である。 確 認

延 長 1.5m、 幅 40cm、 深 さ20cm 前 後 である。 埋 土 は 灰 褐 色 粘 性 土 である。 遺 物 は 土 師 器 、 瓦 器 の 細 片 が

出 土 しているが、 図 示 し 得 たのは 瓦 質 脚 (302)のみである。

SD30(Fig.30 〜 33·52)

調 査 区 東 部 を 南 北 に 走 る 溝 状 遺 構 でSD33 に 切 られており、 北 端 はSK80 の 南 あたりで 消 滅 してお

り、 南 部 は 現 代 撹 乱 によって 切 られている。 確 認 延 長 20.0m、 幅 は 北 部 で90cm 前 後 、 中 央 部 より 南 で

1.5m、 深 さは15cm 前 後 である。 図 示 したように 拳 大 から 人 頭 大 の 礫 が 多 量 に 見 られる。SD30は 溝 の

プランよりも 最 初 は 石 列 状 の 遺 構 として 検 出 し、 礫 を 出 して 行 く 中 で 溝 の 肩 を 確 認 することができ

た。 礫 はほとんどが 角 礫 で、 河 原 石 は 少 ない。また 被 熱 赤 変 しているものが 多 い。これらの 礫 は、 床

面 には 見 られず5 〜 10cm 程 浮 いていることから、 溝 が 一 定 埋 没 した 時 に 一 気 に 礫 が 捨 てられたもの

と 考 えられる。 埋 土 は 黄 褐 色 シルトである。

遺 物 は 礫 の 中 に 食 い 込 むような 状 態 で 出 土 している。 供 膳 形 態 では、 瓦 器 小 皿 (307)、 同 椀

43


44


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

X52266.291

3521.555

Ⅰ: 灰 褐 色 粘 性 土

Ⅱ: 灰 黄 色 粘 性 土



X52266.345

3520.057

DL2.9m

SD7 クシン

X52272.356

3521.309


X52272.344

3520.059

0 1m

(S140)

281 282

283 284

285

286

287

288

289

292

293

290

291

294

295

296

297

298

303

304 305

299

306

0 10m

300

301 302

Fig.29 SD7クシン 及 びSD7・8 遺 物 実 測 図

SD7:281〜301・303〜306 SD8:302

45


46


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

g

g

326・336

331



869

332





b

DL2.9m



b





335・338

337

339

342

319

328

334

327

343

345

N

321

P104

X52264.000

3504.000

0 2m

(S180

320

310

329

DL2.9m

340

333

344

DL2.9m

Fig.31 SD30 集 石 出 土 状 況 実 測 図

DL2.9m

P107

X52252.000

3504.000

47


48


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

339

340

341

342 343

344

345

0 10m

Fig.33 SD30 遺 物 実 測 図

(308·309)、 志 野 皿 (310)、 白 磁 碗 Ⅳ 類 (311)、 青 磁 碗 はⅠ5b 類 底 部 (312)と 上 田 分 類 D 類 3)(313)を 図

示 し 得 た。 土 師 器 杯 なども 出 土 しているが 細 片 が 多 い。 調 理 具 では 備 前 擂 鉢 (314 〜 320·322·324)、

東 播 系 捏 鉢 (321·323)が 見 られる。 煮 沸 形 態 では 土 師 質 羽 釜 (326·327·329·333)、 瓦 質 羽 釜 (325·328・

330 〜 332·334)が 見 られる。327 は 東 播 系 に 属 する。 貯 蔵 形 態 では 常 滑 甕 (335 〜 338·342 〜 344)、

東 播 系 甕 (339 〜 341)、その 他 丸 瓦 片 (345)と 砥 石 (869)が 出 土 している。 砥 石 は 砂 岩 製 で4 面 使 用 、 被

熱 赤 変 している。

SD31(Fig.34)

調 査 区 中 央 南 よりに 位 置 し、 南 北 方 向 に 延 びる 溝 状 遺 構 であり、 中 程 でSD32 と 直 角 に 交 差 してい

る。 本 例 は 後 述 するようにSD32 と 区 画 溝 SH2 を 構 成 する。 確 認 延 長 16.0m、 南 は 調 査 区 外 に 出 てい

る。 幅 は 北 端 が 最 も 広 く2.0m 前 後 、 中 央 部 は1.0m 前 後 、SD32 交 点 から 南 は 幅 が 減 少 している。 深

さは 北 端 と 南 端 付 近 で30cm 前 後 、 中 央 部 付 近 で50cmを 測 る。 埋 土 はⅠ: 灰 黄 褐 色 シルト、Ⅱ: 褐 色 粘

性 土 、Ⅲ: 灰 黄 褐 色 粘 性 土 である。SD31とSD6との 間 には2.5mの 間 隔 があるが、 区 画 への 出 入 口 と 考

えられる。

49


50


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

X52248.916

3512.223





X52247.298

3512.176

X52248.767

3509.214

Ⅰ:にぶい 黄 橙 色 シルト、 炭 化 物 を 含 む

Ⅱ: 明 黄 褐 色 シルト、 炭 化 物 を 含 む

Ⅲ: 黄 褐 色 シルト

Ⅳ: 黄 褐 色 シルトに 暗 褐 色 粘 土 がブロックで 入 る


X52247.422

3509.082

DL2.9m

SD32 クシン 東 壁

0 1m

(S140)

381 382

383 384

385

386

387

388

389

391

392

394

390

393

395 396

397 398

399

400

0 10m

Fig.35 SD32クシン 及 び 遺 物 実 測 図

51


52


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

440

442 443 444

441

445

446

447

448

449

452

451

450

453 454

455

456

457

458

0 10m

459

Fig.37 ピット 遺 物 実 測 図

P465:440・441 P471:442〜454 P473:455・456 P475:457〜459

遺 物 は、 土 師 器 杯 (354)、 瓦 器 小 皿 (346 〜 348)、 瓦 器 椀 (349 〜 353·355 〜 360)、 常 滑 鉢 (361)、 青

磁 碗 Ⅰ5b 類 (363)、 同 安 窯 系 青 磁 皿 Ⅰ− 1 類 (364)、 白 磁 皿 Ⅸ 類 (362)、 東 播 系 捏 鉢 (365 〜 367·369)、

土 師 器 甕 (370)、 土 師 器 羽 釜 (375)、 瓦 質 釜 (374·376·377)、 瓦 質 脚 (371 〜 373)、 常 滑 甕 (378)、 土 錘

(379·380)、368 は 陶 器 底 部 であるが 産 地 は 不 明 である。370 は 紀 伊 型 甕 である。 出 土 量 の 多 かった

土 師 器 、 瓦 器 類 を 重 量 で 比 較 すると、 供 膳 形 態 では 土 師 器 が1,100g、 瓦 器 が850g、 煮 沸 では 土 師 器 100g

に 対 して 瓦 質 は350gである。

SD32(Fig.35)

SD31と 直 行 する 溝 状 遺 構 であり、 東 端 は 現 代 撹 乱 によって 切 られている。 確 認 延 長 8.0m、 幅 1.3m、

深 さ50 〜 60cmを 測 る。 断 面 は 逆 台 形 状 を 呈 する。 埋 土 はⅠ:にぶい 黄 橙 色 シルト、 炭 化 物 を 含 む。

Ⅱ: 明 黄 褐 色 シルト、 炭 化 物 を 含 む。Ⅲ: 黄 褐 色 シルト、Ⅳ: 黄 褐 色 シルトに 暗 褐 色 粘 土 がブロック 状

53


54


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

508

509

510

511 512

513

515

516 517

514

518

519

520

0 10m

Fig.39 ピット 遺 物 実 測 図

P27:510 P54:516 P69:517 P79:515 P80:508 P87:518 P116:513

P119:514 P138:509 P152:519 P154:520 P436:512 P844:511

に 入 る。SD32は、SD6·30·31と 共 に 一 辺 8 〜 10mの 方 形 区 画 を 形 成 している。

遺 物 は、 土 師 器 小 皿 (381·382)、382 は 底 部 円 板 が 剥 落 している。 瓦 器 椀 (383·384·386)、 青 磁 碗

底 部 (389)、 白 磁 碗 底 部 (387)、 白 磁 皿 Ⅸ 類 (385)、 東 播 系 捏 鉢 (388)、 土 師 器 甕 紀 伊 型 (391)、 瓦 質 釜

(392·393)、 瓦 質 脚 (390)、 東 播 系 甕 (395·396)、 常 滑 甕 胴 部 片 (397 〜 400)、 産 地 不 明 の 陶 器 甕 (394)が

ある。397 〜 399の 外 面 には 簾 状 の 押 印 が 見 られ、400の 内 面 には 粘 土 紐 の 単 位 が 見 られる。

4 ピット 出 土 の 遺 物

P2(Fig.36)

土 師 器 杯 が3 点 (401 〜 403) 出 土 している。この 他 に 土 師 器 煮 沸 形 態 細 片 が 見 られるが 瓦 器 は 認 め

られない。

P5(Fig.36)

瓦 器 椀 (404)と 志 野 小 皿 (405)を 図 示 し 得 た。この 他 、 瓦 器 や 白 磁 皿 細 片 が 出 土 している。

P30(Fig.36)

瓦 器 小 皿 (406)、 土 師 器 小 皿 (407)が 出 土 している。

P31(Fig.36)

瓦 器 椀 (408·409)が 出 土 している。

55


521 522

524

525 526

527

528 529

523

532

530

531

535

533

534

536

537

538

539

540

541

542

543

544

545 546

547

548

0 10m

Fig.40 SX1・ 土 器 集 中 1・2・6 遺 物 実 測 図

SX1:521〜523 土 器 集 中 1:524〜539・542・543 同 2:540 同 6:541・544〜548

P81(Fig.36)

瓦 器 椀 (410·412)、 土 師 器 杯 (411)

P106(Fig.35)

調 査 区 中 央 部 の K105 グリッドに 位 置 する。 径 25 cm、 深 さ20 cmを 測 る。 埋 土 中 層 から 瓦 器 小 皿

(413)、 瓦 器 椀 (414)が 出 土 している。 両 者 とも 完 形 品 であり、 柱 抜 き 取 りの 後 に 意 図 的 に 納 められた

可 能 性 がある。

P119(Fig.36)

調 査 区 中 央 部 の M106 グリッドに 位 置 する。 径 50 〜 60 cm、 深 さ40 cmを 測 る。 埋 土 中 から 瓦 器 椀

(415)、 土 師 器 杯 (416)が 出 土 している。416は 手 捏 ね 成 形 である。

P123 (Fig.36·52)

56


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

調 査 区 中 央 部 のL107 グリッドに 位 置 する。 径 50 〜 60cm、 深 さ45cmを 測 る。 埋 土 中 から 土 師 質 土

器 杯 (417 〜 419)、 瓦 器 椀 (420 〜 425)、 青 磁 碗 Ⅰ5b 類 (426)、 瓦 質 羽 釜 (427)が 出 土 している。 土 師 質

土 器 杯 の418はロクロ 成 形 であるが、417・419は 手 捏 ねである。 瓦 器 椀 の425は 器 壁 が 厚 く、 高 台 が 太

いなど 他 の 椀 に 比 べて 異 質 である。この 他 に 棒 状 の 鉄 製 品 (871)が 出 土 している。

P127(Fig.36)

調 査 区 西 南 の I106 グリッドに 位 置 する。 径 25 〜 30 cm、 深 さ30 cmを 測 る。 埋 土 中 より 土 師 器 杯

(429)、 瓦 器 椀 (428・430)が 出 土 している。

P449(Fig.36)

調 査 区 南 寄 りの L107 グリッドに 位 置 する。 径 30 cm、 深 さ45 cmを 測 る。 下 層 から 土 師 器 小 皿

(431·433)、 同 杯 底 部 (432)、 埋 土 中 より 土 師 器 杯 (434)、 瓦 器 椀 (435 〜 437)が 出 土 している。

P459(Fig.36)

調 査 区 中 央 南 よりのM107 に 位 置 する。 径 35 〜 40cm、 深 さ32cmを 測 り、 底 に 人 頭 大 の 焼 けた 角 礫

が 置 かれていた。 埋 土 中 から 瓦 器 椀 (438·439)や 土 師 質 土 器 細 片 が 出 土 している。

P465(Fig.37)

調 査 区 中 央 南 よりのM107グリッドに 位 置 する。 楕 円 形 のプランを 呈 し 長 軸 85cm、 短 軸 40cm、 深 さ

20 cm 前 後 を 測 る。 瓦 器 小 皿 (440)や 土 師 質 土 器 羽 釜 (441)の 他 に 土 師 質 土 器 や 瓦 器 片 が 多 く 出 土 し

ている。

P471(Fig.37)

同 じくM107 グリッドに 位 置 する。 径 40cm、 深 さ40cmを 測 る。 遺 物 は 検 出 面 直 下 から 土 師 質 土 器

小 皿 (442 〜 444)、 同 杯 (445 〜 448)が、 埋 土 中 から 土 師 質 土 器 杯 (449)、 同 甕 (450)、 瓦 器 椀 (451)が 出

土 している。 甕 (450)は 紀 伊 型 甕 である。

P472(Fig.37)

M107グリッドに 位 置 する。 径 60 〜 70cm、 深 さ40cmを 測 る。 検 出 面 直 下 から 瓦 質 捏 鉢 (454)、 埋 土

中 から 土 師 質 土 器 小 皿 (452)、 同 甕 (453)や 土 師 質 土 器 、 瓦 器 片 が 多 く 出 土 している。453 は 紀 伊 型 甕

である。

P473(Fig.37)

調 査 区 南 よりのL108グリッドに 位 置 する。 楕 円 形 を 呈 し 長 軸 1.0m、 短 軸 60cm、 深 さ10cm 前 後 を 測

る。 埋 土 中 から 白 磁 碗 Ⅳ 類 底 部 (455)、 外 面 に 平 行 叩 きを 施 した 東 播 磨 系 甕 細 片 (456)が 出 土 してい

る。

P475(Fig.37)

L107グリッドに 位 置 する。 不 整 形 で 長 軸 80cm、 短 軸 45cm、 深 さ8 〜 40cmを 測 る。 埋 土 中 から 瓦 器

椀 (458・459)、 青 磁 皿 底 部 (457)が 出 土 している。

5 その 他 の 遺 構 出 土 遺 物 (Fig.37·38)

P124·129·142からは 土 師 器 小 皿 (460 〜 462)が、P4·6·14·17·20·22·28·33·65·70·78·83·89·90·103·131

·133·150·152·154·157·158·407からは 同 杯 (463 〜 485)が 出 土 している。

P96·121·403 からは 瓦 器 小 皿 (488 〜 490)が、P7·34·47·108·114·122·130 からは 瓦 器 椀 (486·487·491

〜 496)が 出 土 している。

P66からは 近 世 陶 器 (497)が、P39からは 須 恵 器 杯 (498)が、P105からは 須 恵 器 皿 (499)が、P24か

57


N

N

N

SK32

SK33

SK32〜34 平 面 ・レベーシン

DL2.8m

SK34

0 1m

(S140)

549 550 551

552

553

DL2.8m

554

555

0 10m

Fig.41 SK32〜34 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図

SK32:549 SK33:551・555 SK34:550・552〜554

らは 円 板 状 高 台 で 糸 切 り、 外 面 に 火 襷 をもつ 須 恵 器 椀 (500)が 出 土 している。

P53·77からは 青 磁 碗 (501·503)が、P132·146からは 白 磁 皿 Ⅷ 類 (505)・ 同 Ⅸ 類 (504)が、P67からは

白 磁 の 六 角 或 は 八 角 杯 (502)が、P29 からは 明 染 付 け 碗 (506)が、P143 からは 染 付 け 碗 (507)が 出 土

している。

P80 からは 東 播 系 捏 鉢 (508)、P138 からは 瓦 質 捏 鉢 (509)が 出 土 している。P27·44·436 からは、 土

師 質 土 器 羽 釜 が 各 1 点 (510 〜 512) 出 土 しており、512 は 東 播 系 羽 釜 である。P79·116·119 からは 土

師 器 甕 が 各 1 点 (513 〜 515) 出 土 しており、514は 紀 伊 型 甕 である。

P54·69·87·152·154からは 土 錘 (516 〜 520)が 出 土 している。518は50g 以 上 の 大 型 、 他 は5g 前 後 の 管

状 土 錘 である。

SX1(Fig.40:521 〜 523)

調 査 区 西 南 部 で 検 出 した 不 整 形 な 凹 状 の 浅 い 落 ち 込 みである。 土 師 質 土 器 杯 (521)、 白 磁 小 皿

(522)、 青 磁 碗 底 部 (523)が 出 土 している。 白 磁 小 皿 は 森 田 編 年 E2 類 4)、523 の 見 込 みには 菊 印 花 文

が 施 されている。

6 土 器 集 中

土 器 集 中 1(Fig.40:524 〜 539·542·543)

調 査 区 西 寄 りの K102 グリッドで、 土 器 の 集 中 分 布 が 見 られた。 明 確 な 遺 構 に 伴 うものではな

いが、 被 熱 赤 変 した 角 礫 も 多 く 出 土 しており 一 括 性 の 高 いものと 考 えられる。 土 師 器 杯 (524·527·

528)、 同 小 皿 (525·526)、 同 椀 (529·530·533)、 同 皿 (532)、 黒 色 土 器 A 類 (531·534·535)、 同 B 類 椀

58


N


3528



K

M

3516

第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

3532

I

3524

L

3520

101

52276

SD10

b

102

52272

SK30

N

SK32

SK31

103

52268

SK33

SK35

SK34

S 区 中 層 平 面 図

0 4m

(S1100

N

b




DL2.8m

SK30 レベーシン

DL2.8m

SK31 レベーシン

DL2.8m

SD10レベーシン

0 1m

(S140)

556

557 558

559 560

561

563 564

562



Fig.42 S 区 中 層 遺 構 平 面 図 SK30・31・SD10 遺 構 及 び 遺 物 実 測 図

SK30:559・563 SK31:560・561 SD10:556〜558・562・564

59


3528

K

M

3516

3532

I

3524

L

3520

101

52276

N

102

52272

103

52268


b


SD11


SD12

b

SD11・12レベーシン(S140 DL2.6m)

S 区 下 層 平 面 図

0 4m

(S1100

565

0 10m

566

Fig.43 S 区 下 層 遺 構 平 面 図 及 びSD11 遺 物 実 測 図

(537·538)、 須 恵 器 椀 (536)、 陶 器 碗 (539)、 土 師 器 羽 釜 (542·543)が 出 土 している。 土 師 器 杯 ・ 皿 類 は

回 転 台 成 形 で、 杯 (527)が 糸 切 りである 他 はすべてヘラ 切 りである。 土 師 器 椀 の530 は 回 転 台 成 形 で

円 板 状 高 台 を 持 つ。529 は 胎 土 から 明 らかに 搬 入 品 である。 黒 色 土 器 A 類 は 成 形 手 法 や 胎 土 から

搬 入 品 (534)と 在 地 産 (535)に 分 けることができる。 前 者 は 手 捏 ね 成 形 、 後 者 は 回 転 台 成 形 で 特 有 の

チャートを 多 く 含 んでいる。 口 縁 部 の 特 徴 から 楠 葉 産 、 後 者 は 模 倣 形 態 と 考 えられる。 黒 色 土 器 B

類 は 全 て 搬 入 品 である。

土 器 集 中 2(Fig.40:540)

調 査 区 南 西 隅 のG106グリッドの 遺 構 検 出 面 で 瓦 器 片 の 集 中 出 土 が 見 られたので 土 器 集 中 2として

取 り 上 げた。 図 示 可 能 なものは 椀 (540)のみである。

土 器 集 中 6(Fig.40:541·544 〜 548)

調 査 区 中 央 部 のL103 から 土 器 が 集 中 して 出 土 している。 瓦 器 椀 (544 〜 546)、 土 師 器 杯 (547)、 土

師 器 羽 釜 (548)、 瓦 質 羽 釜 (541)を 図 示 し 得 た。

60


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

2 S 区 1 中 層 の 遺 構 と 遺 物

調 査 区 北 西 部 のみで 検 出 した。 各 土 坑 はⅨ 層 、Ⅹ 層 を 掘 り 込 んでいるが、SD10は 西 壁 の 基 本 層 準

を 見 れば 明 らかなように、 古 代 の 遺 物 包 含 層 を 切 っていることから 中 世 段 階 の 遺 構 で 上 層 の 掘 り 残

しである。 土 坑 、 溝 共 に 埋 土 は 茶 褐 色 粘 性 土 である。

1 土 坑

SK30(Fig.42:559·563)

本 来 は 長 軸 1.3m 程 の 楕 円 形 を 呈 する 土 坑 であったと 考 えられる。SD10 に 切 られているために

1.0m 前 後 の 短 軸 が 確 認 できるのみである。 深 さ10cmである。 土 師 器 椀 底 部 (559)と 土 師 器 土 錘 (563)

が 出 土 している。

SK31 (Fig.42:560·561)

平 面 形 は 楕 円 形 を 呈 し 長 軸 1.4m、 短 軸 1.3m、 深 さ10cm 前 後 を 測 る。 埋 土 中 より 土 師 器 杯 (560)、 青

磁 碗 (561)が 出 土 している。 上 層 の 掘 り 残 しである。

SK32 (Fig.41:549)

平 面 形 は 楕 円 形 を 呈 し、 長 軸 1.1m、 短 軸 0.9m、 深 さ15cm 前 後 を 測 る。 瓦 器 椀 (549)が 出 土 している。

中 層 で 捉 えたが 本 例 も 上 層 の 掘 り 残 しである。

SK33(Fig.41:551·555)

平 面 形 は 楕 円 形 を 呈 し、 長 軸 1.0m、 短 軸 0.7m、 深 さ7cm 前 後 を 測 る。 土 師 器 皿 (551)と 同 長 胴 甕 (555)

が 出 土 している。

SK34(Fig.41:550·552 〜 554)

平 面 形 は 楕 円 形 を 呈 し、 長 軸 1.3m、 短 軸 1.15m、 深 さ10cm 前 後 を 測 る。 埋 土 中 から 瓦 器 椀 底 部 (552)、

土 師 器 皿 (553)、 土 師 器 杯 (554)が 出 土 している。

2 溝

SD10(Fig.42:556 〜 558·562·564)

調 査 区 の 北 を 東 西 方 向 に 走 る 溝 である。 途 中 切 れているが 確 認 延 長 は20m、 幅 30 〜 50cm、 深 さ15

〜 20cm 前 後 を 測 る。 埋 土 中 より 土 師 器 杯 底 部 (557)、 瓦 器 椀 (558·562)、 土 錘 (564)が 出 土 している。

3 S 区 1 下 層 の 遺 構 と 遺 物

調 査 区 北 西 部 で 検 出 した。 中 層 の 遺 構 検 出 面 よりさらに30 cm 程 掘 り 下 げ、 古 代 の 遺 物 包 含 層 (Ⅷ

層 )を 除 去 したX 層 上 面 で 検 出 した。 確 認 できた 遺 構 は2 条 で、 埋 土 はともに 黄 茶 色 シルト 層 ( 基 本 層

準 のⅨ 層 に 該 当 する)である。 両 者 とも 古 代 の 遺 構 である。

SD11(Fig.43)

南 西 から 北 東 方 向 に 走 る 溝 で、 確 認 延 長 8.0m、 幅 40 〜 60cm、 深 さ20cm 前 後 を 測 る。 土 師 器 甕 (565·

566)が 出 土 している。

SD12(Fig.43)

SD11の 南 を2.0m 隔 てて 平 行 して 走 っている。 確 認 延 長 は9.0m、 幅 50cm 前 後 、 深 さ10 〜 20cmを 測 る。

61


62


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

622 623 624

625

626

627

628

630 631

629

632

634 635

633

636 637 638

639 640

641 642 643 644 645

647

646

648

649 650

651

652

653 654

655

656

657

658

659

660

662

663

661

664

665

666

669

667

668

0 10m

Fig.45 S 区 1 包 含 層 遺 物 実 測 図 (Ⅴ 層 出 土 遺 物 )

須 恵 器 杯 :622・624・625・629 同 皿 :627 同 椀 :623・626・630 同 蓋 :628・631 灰 釉 皿 :648

黒 色 土 器 A 類 椀 :632・635 同 B 類 椀 :633・634 瓦 器 小 皿 :636〜647 瓦 器 椀 :649〜669

63


64


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

704 705 706 707

708

709

710

711

712

713 714

715

716

723 724 725

717

726 727

718

728 729

719

730

731

720

732

733

721

734

722

0 10m

Fig.47 S 区 1 包 含 層 遺 物 実 測 図 (Ⅴ 層 出 土 遺 物 )

土 師 器 羽 釜 :704・706〜708・711・714・715・717・718・720 土 師 器 鍋 :721 常 滑 甕 :722

瓦 質 羽 釜 :705・709・712・713・716・719 瓦 質 鍋 :710 土 錘 :723〜733 サイコロ 状 土 製 品 :734

65


66


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

774 775 776 777

778 779

780

782

783

781

784

785

787 788

789

786

791

793

790

795

792

797

801

794

798

800

799

802

796

803 804

806

805

809

808

807

812

810 811

813

0 10m

Fig.49 S 区 1 包 含 層 遺 物 実 測 図

土 師 器 小 杯 :778〜780・782 同 小 皿 :776・777・781 同 杯 :783〜793・803・806・807・810〜813

土 師 器 椀 :794〜802・804・805・808・809 瓦 器 小 皿 :774・775

67


4 S 区 1の 包 含 層 出 土 遺 物

(1) Ⅴ 層 出 土 の 遺 物 (Fig.44 〜 47)

Ⅴ 層 からは、 土 師 器 や 瓦 器 の 供 膳 形 態 を 中 心 に 大 量 の 遺 物 が 出 土 している。

土 師 器 小 皿 (574·575·579)

底 部 から 直 線 的 に 立 ち 上 がる。 回 転 台 成 形 でヘラ 切 り(574・575)と 糸 切 り(579)がある。

土 師 器 小 杯 (567 〜 573·577·578)

回 転 台 成 形 、すべて 糸 切 りである。

高 台 付 小 皿 (576)

底 部 外 面 に 糸 切 り 痕 を 明 瞭 に 留 め、 長 脚 の 高 台 を 貼 付 している。

土 師 器 杯 (580 〜 601·603 〜 608·610)

底 部 がほとんどで 全 体 を 把 握 できるものは 少 ない。すべて 回 転 台 成 形 で 底 部 糸 切 りが 多 いが、

580・597はヘラ 切 りである。

土 師 器 椀 (602·609·611 〜 621)

円 板 状 高 台 (609·613)と 輪 高 台 (611·612·614 〜 616·618·619·621)がある。 前 者 は 糸 切 り 痕 が 見 られ

る。621の 内 底 には 成 形 の 際 に 生 じた 段 が 見 られる。

須 恵 器 (622 〜 631)

杯 (622·624·625·629)、 皿 (627)、 椀 (623·630)、 蓋 (628·631)が 見 られる。625 は 口 縁 部 が 肥 厚 してい

る。

黒 色 土 器 (632 〜 635)

A 類 (632·635)と B 類 (633·634)がある。 両 者 共 に 口 縁 部 内 面 に 沈 線 を 有 する。 近 畿 からの 搬 入 品

である。

瓦 器 (636 〜 647·649 〜 677)

小 皿 (636 〜 647)と 椀 (649 〜 677)が 見 られる。 両 者 とも 口 縁 部 は 横 ナデ、 以 下 は 指 頭 圧 痕 が 顕 著

に 認 められる。 椀 649 の 外 底 には⊕のヘラ 記 号 が 見 られる。 胎 土 は 総 じて 精 緻 であるが、661·665·

672にはチャートを 含 んでいる。

青 磁 (678 〜 688·691 〜 693)

碗 、 皿 、 盤 が 見 られる。 碗 が 最 も 多 く、 中 でも 鎬 蓮 弁 のⅠ5b 類 (678 〜 681·683 〜 686)が 主 流 を 占 め

る。その 他 、 内 面 区 画 に 文 様 を 描 くⅠ4b 類 (688)、 蓮 弁 に 櫛 描 を 施 したⅠ6b 類 (687)が 見 られる。692

は 盤 、693は 皿 である。

白 磁 (690·694)

小 杯 (690)と 皿 Ⅳ 類 (694)が 見 られる。 後 者 は 内 面 に 段 を 有 する。

美 濃 山 茶 碗 (689)

断 面 三 角 形 のしっかりした 削 り 出 し 高 台 を 有 し、 端 部 には 籾 の 圧 痕 が 多 数 認 められる。

近 世 陶 磁 器 (695·696)

695は 碗 、696は 皿 である。 後 者 は 肥 前 内 野 山 窯 産 である。

常 滑 (697·722)

697 は 鉢 である。 口 唇 部 に 細 い 沈 線 を 施 し、 内 面 は 白 いゴマふり 状 の 斑 点 が 見 られる。722 は 甕 底

部 である。

68


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

東 播 系 捏 鉢 (698 〜 703)

701 は 口 縁 部 が 玉 縁 状 をなし 口 縁 部 外 面 の 下 位 に 凹 線 が 施 される。 焼 成 も 他 と 異 なり 土 師 器 のよ

うな 発 色 をしている。703には 口 縁 部 外 面 に 細 い 沈 線 が 巡 る。

土 師 器 羽 釜 ・ 鍋 (704·706 〜 708·711·714·715·717·718·720·721)

706 〜 708 は 口 縁 部 下 に 断 面 三 角 の 突 帯 を 貼 付 している。708 は 東 播 系 羽 釜 である。711 は 口 縁 部

に 強 い 横 ナデによる 凹 線 が 施 されるもので 和 泉 型 と 呼 ばれるタイプである。704·714·715·717·718·

720は 口 縁 部 または 口 縁 部 直 下 に 厚 い 鍔 が 貼 付 された 摂 津 型 に 属 する。721は 鍋 である。

瓦 質 羽 釜 (705·709·712·713·716·719)

705·712 は 口 縁 部 下 に 断 面 カマボコ 状 あるいは 台 形 状 の 小 さな 突 帯 を 貼 付 している。713·719 は

口 縁 部 下 にしっかりした 方 形 の 鍔 を 貼 付 、713 の 内 面 には 沈 線 が1 条 、719 は 幅 広 い 口 唇 を 有 する。

716は 直 立 気 味 の 口 縁 部 が 端 部 で 内 傾 している。

瓦 質 鍋 (710)

ボール 状 の 体 部 から 口 縁 部 が 外 反 する。

その 他 (723 〜 733·868·870·874)

723 〜 733 は 管 状 土 錘 、734 は 稜 線 を 面 取 りしたサイコロ 状 の 土 製 品 である。868 は 被 熱 赤 変 した

石 英 粗 面 岩 の 円 礫 で、 側 縁 部 に 研 磨 による 面 が 認 められる。870は 釘 、874は 寛 永 通 宝 である。 直 径 2.5

cm、 方 形 孔 一 辺 0.52cm、 新 寛 永 、 文 銭 で1668 年 〜 1683 年 に 鋳 造 されたものである。

(2) Ⅶ 層 出 土 の 遺 物 (Fig.48)

龍 泉 窯 系 の 青 磁 碗 底 部 (735)、 土 師 器 小 杯 (736·737)、 同 杯 (740)、 同 椀 (739·741·749)、 須 恵 器 椀

(743)、 同 皿 (744)、 同 鉢 (746)、 同 蓋 (748)、 瓦 器 椀 (738)、 黒 色 土 器 A 類 椀 (745)、 同 B 類 椀 (742·747)、 土

錘 3 点 (771 〜 773)が 出 土 している。 黒 色 土 器 はA 類 ・B 類 ともに 搬 入 品 である。

(3) Ⅷ 層 出 土 の 遺 物 (Fig.48)

754 〜 756·759·762·763は 土 師 器 杯 で、 全 て 回 転 台 成 形 、ヘラ 切 りである。752は 同 皿 、 成 形 手 法 は 杯

と 同 じであるが 内 外 面 丁 寧 なヘラ 磨 きを 施 す。753·757 は 須 恵 器 杯 、751·761 は 同 皿 、760 は 同 蓋 で

ある。761の 内 底 には 幾 何 学 文 的 なヘラ 記 号 がある。750と758は 壷 である。766 〜 768は 土 師 器 長 胴

甕 、769·770は 土 師 器 羽 釜 である。

(4) Ⅹ 層 出 土 の 遺 物 (Fig.48)

須 恵 器 蓋 が2 点 (764·765) 出 土 している。765 の 立 ち 上 がり 外 面 には 細 い 垂 下 沈 線 が 施 されている。

共 にTK10 型 式 に 属 する。

(5) 層 位 別 に 取 上 げることができなかった 遺 物 (Fig.49 〜 51)

土 師 器 小 杯 (778 〜 780·782)

回 転 台 成 形 であるが、ヘラ 切 り(778 〜 780)と 糸 切 り(782)がある。

土 師 器 小 皿 (776·777·781)

回 転 台 成 形 (776·781)と 手 捏 ね 成 形 (777)が 見 られる。 前 者 にはヘラ 切 り(776)と 糸 切 り(781)が 見

られる。 後 者 は 口 縁 端 部 を 摘 み 上 げてナデ 調 整 している。

土 師 器 杯 (783 〜 793·803·806·807·810 〜 813)

全 て 回 転 台 成 形 である。 底 部 はヘラ 切 り(783·785·788)と 糸 切 り(787·789·791 〜 793·810 〜 813)

が 見 られる。793は 円 板 状 高 台 が、803は 足 高 高 台 が 付 く。810は 外 面 の 横 ナデ 調 整 が 沈 線 状 を 呈 する。

69


70


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

848

849

850 851

852

853

854

855

856

857 858

859 860

861

862 863

866

864 865

0 10m

Fig.51 区 1 包 含 層 遺 物 実 測 図 (848〜855) 及 び 撹 乱 層 遺 物 実 測 図 (856〜865)

土 師 器 羽 釜 :850〜853・855 瓦 質 羽 釜 :848・849・854・866 土 師 器 杯 :860

土 師 器 小 杯 :856〜858 瓦 器 椀 :861 須 恵 器 椀 :859

瓦 器 小 皿 :862 青 磁 皿 :863 白 磁 杯 :864 唐 津 皿 :865

土 師 器 椀 (794 〜 802·804·805·809)

円 盤 状 高 台 を 持 つもの(794 〜 796·800)と 輪 高 台 を 持 つもの(797 〜 799·801·802·804·805)がある。

前 者 は 全 て 糸 切 り、 後 者 の801と804の 外 底 はナデ 調 整 されているが、 糸 切 り 痕 を 認 められる。802は

高 台 が 剥 離 している。

71


72


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

瓦 器 小 皿 (774·775·815 〜 817)

口 縁 部 外 面 は 横 ナデ 調 整 、 底 部 外 面 には 指 頭 による 凹 凸 が 見 られる。

瓦 器 椀 (814·818 〜 826)

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 、 胴 部 外 面 は 指 頭 圧 痕 があり、 内 面 は 横 方 向 の 暗 文 が 見 られる。

白 磁 (827·829 〜 831·833)

827と830は 白 磁 小 皿 底 部 で、830は 見 込 みに 陰 刻 花 が 見 られる。829·830は 口 禿 皿 である。833も

小 皿 で 高 台 がアーチ 状 に 抉 られている。

青 磁 (832·834 〜 841)

841 が 同 安 窯 系 である 以 外 は 龍 泉 窯 系 である。832 は 小 皿 、834·835 は 口 縁 部 内 面 に 圏 線 を 施 して

いる。836 〜 839 は 外 面 に 鎬 蓮 弁 文 を 持 つ。Ⅰ5b 類 に 属 する。840 は 底 部 で 見 込 みに 印 刻 がある。

841は、 碗 の 胴 部 細 片 で 内 外 面 に 櫛 描 文 が 見 られる。

国 内 産 陶 磁 器 (842 〜 847)

842 は、 志 野 焼 の 小 皿 で 削 り 出 し 高 台 を 有 し 外 底 まで 全 面 に 白 濁 色 の 釉 がかかっている。843 は 瀬

戸 天 目 である。844は 備 前 擂 鉢 、845 〜 847は 東 播 系 捏 ね 鉢 である。

土 師 器 羽 釜 (850 〜 853·855)

851·853は 胴 部 外 面 に 叩 きを 施 す 東 播 系 の 羽 釜 、850·852·855は 長 胴 の 羽 釜 である。

瓦 質 羽 釜 (848·849·854)

848は 上 胴 部 に 断 面 長 方 形 、 他 は 断 面 三 角 形 の 鍔 が 巡 っている。

(6) トレンチ 出 土 の 遺 物 (Fig.54)

調 査 当 初 に、 調 査 区 の 南 、 北 、 西 に 任 意 のトレンチを 設 け 土 層 の 観 察 を 行 った 際 に 出 土 した 遺 物 で

ある。 南 トレンチからは 土 師 器 杯 (895)と 同 安 窯 系 青 磁 皿 Ⅰ−2 類 (893)が 出 土 している。 北 トレン

チからは 土 師 器 高 杯 接 合 部 (888)が 出 土 している。 西 トレンチからは 土 師 器 杯 (892)、 同 小 皿 (889·

890)、 瓦 器 椀 (894)、 須 恵 器 皿 (891)、 龍 泉 窯 系 青 磁 碗 Ⅰ5b 類 (897)、 土 師 器 土 錘 (900)が 出 土 している。

(7) 撹 乱 層 出 土 の 遺 物 (Fig.51)

(856 〜 858)は 土 師 器 小 杯 、(860)は 同 杯 である。すべて 糸 切 りである。(861)は 瓦 器 椀 底 部 、(862)

は 同 小 皿 、(866)は 瓦 質 羽 釜 である。(859)は 須 恵 器 椀 で 円 板 状 高 台 を 有 し 糸 切 り 底 である。(863)

は 同 安 窯 系 の 青 磁 皿 Ⅰ−2 類 、(864)は 白 磁 多 角 形 の 小 杯 で 森 田 分 類 D 類 に 属 する。(865)は 唐 津 皿 で、

内 面 に 砂 目 が 認 められる。

5 S 区 2の 遺 構 と 遺 物

土 坑 1 基 と 溝 3 条 、ピット 数 個 を 検 出 した。この 内 SD35がS 区 −1の 下 層 に 対 応 する。 他 の 遺 構 は

上 層 に 対 応 する。

(1) 土 坑

SK90(Fig.53)

調 査 区 中 央 部 に 位 置 する 隅 丸 長 方 形 の 土 坑 である。 長 軸 3.25m、 短 軸 1.17m、 深 さ8cm 前 後 を 測 る。

埋 土 は 褐 色 粘 性 土 と 焼 土 が 互 層 に 堆 積 している。 床 面 と 焼 土 中 から 出 土 している。 土 師 器 は、 杯

(876·878·882)と 椀 (877)、 同 甕 (887)が 出 土 している。 杯 は 全 て 底 部 ヘラ 切 りである。882 は 内 外 黒

色 に 発 色 しており、 大 振 りであることから 黒 色 土 器 の 模 倣 形 態 である 可 能 性 がある。879は 白 磁 碗 Ⅴ

73


74


第 Ⅳ 章 本 調 査 S 区

類 と 考 えられる。 図 示 した 土 器 は、887 が 焼 土 中 、 他 はすべて 床 面 出 土 で 一 括 性 の 高 い 出 土 状 況 を

示 している。しかし 白 磁 Ⅴ 類 と878·882のようなヘラ 切 り 土 師 器 杯 が 共 伴 することは 不 可 解 である。

(2) 溝

SD34(Fig.15・53)

調 査 区 東 部 で 確 認 した 南 北 方 向 に 延 びる 溝 であるが、 両 端 部 は 現 代 撹 乱 に 切 られている。 確 認 延

長 4.5m、 幅 2.5m、 断 面 は 逆 三 角 形 状 をなし 深 さは 中 央 部 で40cm 程 である。 埋 土 はシルト 層 がⅠ〜Ⅳ

層 に 分 かれて 堆 積 している。 遺 物 は 東 播 系 捏 鉢 (883)、 東 播 系 羽 釜 (884)、 備 前 擂 鉢 (885)、 常 滑 (886)

が 埋 土 中 から 出 土 している。883は 全 面 煤 けており 煮 沸 具 として 使 われている。

SD35(Fig.15・53)

SD34 の 検 出 面 から30cm 下 げたところで 検 出 した。 確 認 延 長 3.5m、 幅 60cm、 深 さ20cmの 溝 である。

埋 土 は 黄 色 シルト 層 、 床 面 から 土 師 器 杯 (881)が 出 土 している。 古 代 の 溝 である。

SD36(Fig.15・53)

確 認 延 長 8.0m、 幅 0.8m、 深 さ30cm 前 後 を 測 る。 埋 土 は 灰 茶 色 シルト 層 で、 埋 土 中 から 須 恵 器 皿 (880)

が 出 土 している。この 遺 物 は 流 れ 込 みと 考 えられる。

(3) ピット(Fig.54)

8 個 検 出 し、 各 ピットから 土 師 器 などの 細 片 が 出 土 しているが、 図 示 可 能 なものはP489 出 土 の 土 師

器 椀 (898)のみである。 内 外 に 横 方 向 のヘラ 磨 きを 施 し、 下 地 には 擦 痕 が 認 められる。

(4) S 区 1トレンチ 及 びS 区 2 包 含 層 出 土 の 遺 物 (Fig.54)

供 膳 形 態 では、 土 師 器 杯 (896·916·917·921·922·923·925·926)、 同 椀 (898·908)、 同 小 皿 (890)、 瓦 器

椀 (919·924)、 須 恵 器 杯 (918·920)、 同 椀 (911)が 出 土 している。 土 師 器 杯 はすべて 回 転 台 成 形 で、

916·926がヘラ 切 りである 以 外 はすべて 糸 切 りである。 瓦 器 椀 894は 外 面 全 面 に 丁 寧 なナデ 調 整 がな

され 異 質 である。

煮 沸 形 態 では、 瓦 質 鍋 (915)、 同 羽 釜 (914)、 東 播 系 土 師 器 羽 釜 (927)が 出 土 している。(915)は 土 佐

型 5)と 呼 ばれているものである。 国 内 産 陶 器 では 常 滑 甕 (909)、 東 播 系 捏 鉢 (913)が 出 土 している。

貿 易 陶 磁 器 は、 龍 泉 窯 系 青 磁 碗 Ⅰ5b 類 (897)、 同 Ⅰ4 類 (899)、 同 底 部 (907)、 同 安 窯 系 青 磁 皿 Ⅰ−

1 類 (910)、 同 Ⅰ−2 類 (893·905)、 白 磁 小 皿 底 (903)、 同 皿 Ⅸ 類 (904·912)、 同 碗 (906)、 青 白 磁 合 子 蓋

(901·902)が 出 土 している。 白 磁 碗 (906)は 内 面 にヘラで 文 様 が 描 かれておりⅦ 類 に 属 する。 本 県 で

は 初 めての 出 土 である。その 他 、 石 鍋 (873)が 出 土 している。

参 考 文 献

1) 横 田 賢 次 郎 ・ 森 田 勉 「 太 宰 府 出 土 の 輸 入 中 国 陶 磁 器 について− 型 式 分 類 と 編 年 について−」『 九 州 歴 史 資 料 館

研 究 論 集 4』 九 州 歴 史 資 料 館 1978 年

2) 菅 原 正 明 「 畿 内 における 土 釜 の 製 作 と 流 通 」『 文 化 財 論 集 』 奈 良 国 立 文 化 財 研 究 所 創 立 30 周 年 記 念 論 文 集

1983 年

3) 上 田 秀 夫 「14 〜 16 世 紀 の 青 磁 碗 の 分 類 について」『 貿 易 陶 磁 研 究 No.2』 日 本 貿 易 陶 磁 研 究 会 1982 年

4) 森 田 勉 「14 〜 16 世 紀 の 白 磁 の 分 類 と 編 年 」『 貿 易 陶 磁 研 究 No.2』 日 本 貿 易 陶 磁 研 究 会 1982 年

5) 菅 原 正 明 「 西 日 本 における 瓦 器 生 産 の 展 開 」『 国 立 歴 史 民 俗 博 物 館 研 究 報 告 第 19 集 』 国 立 歴 史 民 俗 博 物 館

1989 年

75


76


第 Ⅴ 章

本 調 査 NW 区

1 基 本 層 準 (Fig.55)

本 調 査 区 は、しばしば 壁 面 の 崩 壊 があり 東 壁 の 一 部 において 観 察 した。

客 土 ( 山 土 ): 層 厚 70 cm 以 上 、 戦 後 行 われた 造 成 による 盛 土 である。

Ⅰ: 耕 作 土 。 層 厚 20 cm 前 後 である。 戦 後 まで 使 われていた 耕 作 土 である。

Ⅱ: 黄 灰 色 粘 性 土 。 層 厚 14 〜 20 cmを 測 る。 中 世 の 遺 物 包 含 層 である。

Ⅲ: 灰 茶 色 粘 性 土 。 層 厚 10 〜 20 cmを 測 る。 古 代 の 遺 物 包 含 層 である。

Ⅳ: 茶 色 粘 性 土 。 層 厚 25 〜 40 cm 以 上 を 測 る。S 区 のⅧ 層 に 対 応 する 層 準 である。

Ⅴ: 黄 色 粘 性 土 。 層 厚 15 cm 以 上 を 測 る。S 区 のⅨ 層 に 対 応 する 層 準 である。

52312.000

3344.231




客 土 ( 山 土 )


b



D2.9m

52304.000

3304.021


Ⅰ: 耕 作 土 : 近 世 遺 構

Ⅱ: 黄 灰 色 粘 性 土 ( 中 世 遺 物 包 含 層 ) b : 中 世 遺 構

Ⅲ: 灰 茶 色 粘 性 土 ( 古 代 遺 物 包 含 層 ) : 古 代 遺 構

Ⅳ: 茶 色 粘 性 土

Ⅴ: 黄 色 粘 性 土

0 2 m

Fig.55 NW 区 基 本 層 準 ( 東 壁 )

(S1100)

2 下 層 ( 古 代 )の 遺 構 と 遺 物

(1) 掘 立 柱 建 物

SB5(Fig.57)

北 部 にある。 梁 間 2 間 (4.6m)× 桁 行 2 間 (4.85m)の 建 物 で、 棟 方 向 はN−65°−Eである。 一 辺 0.8

〜 1.15m の 方 形 の 掘 り 方 を 有 し、 深 さは20 〜 60 cmを 測 る。 東 側 の2 個 所 の 柱 は 検 出 できなかった。

埋 土 は 濃 茶 色 粘 性 土 である。

遺 物 は、P5 床 面 には 残 存 高 52cm、 径 25cm 前 後 の 柱 根 が 認 められた。 土 器 は、P2の 埋 土 中 から 須 恵

器 蓋 (932)、P3の 埋 土 中 から 須 恵 器 蓋 (931)、P4の 柱 痕 から 須 恵 器 蓋 (929)・ 土 師 器 皿 (934)、 同 埋 土

中 から 須 恵 器 蓋 (928)、P5の 埋 土 中 から 須 恵 器 蓋 (930)・ 同 杯 (933)、 製 塩 土 器 (935)が 出 土 している。

SB6(Fig.57·58)

中 央 部 にある。 梁 間 2 間 (5.3m)× 桁 行 1 間 (5.5m)の 建 物 で、 棟 方 向 はN−71.5°−Eである。 西 側 に

は2 間 の 廂 が 付 く。 一 辺 0.6 〜 1.0cmの 方 形 の 掘 り 方 を 有 し、 深 さは7 〜 40cmを 測 る。P2 の 床 面 には

径 20cmの 柱 痕 が 見 られる。 廂 は、 径 30 〜 40cm、 深 さ5 〜 50cmを 測 り、 身 舎 の 西 側 から1.8mの 間 隔 を

保 っている。 埋 土 は P8 が 黄 褐 色 シルトである 以 外 は 濃 茶 色 粘 性 土 である。P1 の 検 出 面 には 焼 土 が

多 く 見 られた。

遺 物 はP1 から 土 師 器 杯 (937)、P2 から 須 恵 器 皿 (938) 同 杯 (936)、P3 から 須 恵 器 皿 (939)が 出 土 し

ている。 全 て 埋 土 中 からの 出 土 である。

77


78


第 Ⅴ 章 本 調 査 NW 区

928 929

930

P3

P4


P2

931

932

P1

P5

P6

933

D2.7m

934

SB5

935

0 10m

P9

P6

P1


P8

P5

P2

P7

P4

P3

D2.6m

SB6

Fig.57 SB5・6 遺 構 及 び SB5 遺 物 実 測 図

0 2m

(S180)

79


80


第 Ⅴ 章 本 調 査 NW 区

SB7(Fig.58)

SB6 の 南 隣 にある。 梁 間 1 間 (4.2m)× 桁 行 2 間 (4.8m)の 建 物 で、 棟 方 向 はN−11°−Wである。 柱

掘 り 方 は、 不 整 形 をなすものが 多 く、 長 軸 は50 〜 80cm、 深 さは5 〜 30cmを 測 る。 埋 土 は 濃 茶 色 粘 性

土 である。 遺 物 は 各 埋 土 中 から 土 師 器 、 須 恵 器 、 製 塩 土 器 の 細 片 が 出 土 しているが、 図 示 できるもの

はない。

SB8(Fig.58)

SB7 と 重 複 している。 梁 間 1 間 (2.3m)× 桁 行 1 間 (2.3m)の 建 物 で、 棟 方 向 はN−15°−Wである。

長 軸 0.6 〜 0.8mの 隅 丸 方 形 〜 楕 円 形 の 掘 り 方 を 有 し 深 さは6 〜 20cmを 測 る。 埋 土 は 濃 茶 色 粘 性 土 で

ある。 遺 物 はP1・2の 埋 土 中 から 土 師 器 、 須 恵 器 の 細 片 が 少 量 出 土 しているが 図 示 できるものはない。

(2) 土 坑

SK49(Fig.59)

南 西 部 に 位 置 し、SK50と 一 部 切 り 合 っているが、 先 後 関 係 は 不 明 である。 平 面 形 は 隅 丸 長 方 形 を

呈 し、 長 軸 1.2m、 短 軸 1.0m、 深 さ25cm 前 後 を 測 る。 埋 土 は 黄 茶 色 粘 性 土 に 炭 化 物 を 多 く 含 んでいる。

遺 物 は、 埋 土 中 から 土 師 器 ・ 須 恵 器 の 細 片 が 多 く 出 土 しているが、 図 示 できたものは 須 恵 器 皿 の2 点

(953·954)である。この 他 、 製 塩 土 器 片 15 点 (140g)、 粘 土 塊 6 点 (30g)が 出 土 している。

SK50(Fig.59·60)

南 西 部 に 位 置 する。 西 部 を 撹 乱 坑 に 切 られ、 東 南 部 をSK49と 重 複 している。 平 面 形 は 楕 円 形 を 呈

し、 長 軸 1.7m、 短 軸 1.47m、 深 さ30cm 前 後 を 測 る。 埋 土 はⅠ: 黄 灰 色 粘 性 土 で 炭 化 物 を 多 く 含 む、Ⅱ: 灰

色 粘 性 土 である。

遺 物 は、 埋 土 中 および 床 面 から 須 恵 器 を 中 心 とする 供 膳 形 態 、 土 師 器 の 煮 沸 形 態 が 一 括 性 の 高 い 状

況 を 示 して 多 量 に 出 土 している。 須 恵 器 皿 (951·952·955·957·958)、 同 杯 (940 〜 944·956·959 〜 961)、

同 蓋 (945 〜 950)である。 須 恵 器 皿 (958)の 内 面 には 広 く 赤 色 顔 料 が 付 着 、 同 杯 (959)の 外 面 中 央 部 に

も 赤 色 顔 料 の 付 着 が 認 められる。また 杯 (956·960) 底 部 外 面 には「×」のヘラ 記 号 が 見 られる。 須 恵

器 も 全 体 に 丁 寧 な 作 りである。 供 膳 形 態 は、 土 師 器 甕 (962 〜 964)が 見 られる。 口 縁 部 が「く」 字 状 に

外 反 し、ハケ 調 整 を 多 用 するタイプで 占 められている。その 他 製 塩 土 器 (965 〜 967)、 被 熱 赤 変 した

大 小 の 粘 土 塊 が300g 出 土 している。 粘 土 塊 の 大 きさは、 小 さいものは1×1cm、 大 きいものは5×5cm、

個 々の 重 さは1 〜 35g である。970 は 両 端 が 摩 耗 している 結 晶 片 岩 製 の 棒 状 の 石 製 品 である。 長 さ

15.1cm、 幅 2.6cm、 厚 さ1.5cm、 重 さ91.9gを 測 る。

供 膳 形 態 について 図 示 し 得 なかったものも 含 めて、 土 師 器 と 須 恵 器 の 組 成 比 を 重 量 で 見 ると 土 師

器 : 須 恵 器 =250g:2,350gで 須 恵 器 が 圧 倒 的 に 多 くを 占 めている。SK50 出 土 の 遺 物 は 一 括 性 の 高 い

ものであり 今 後 この 地 域 の 土 器 編 年 を 進 める 上 での 基 準 資 料 となる。

(3) 溝

SD15(Fig.60)

SB5 の 南 を 東 西 方 向 に 走 る 溝 であるが、 西 方 は 現 代 撹 乱 に 切 られている。 確 認 延 長 3.0m、 幅 40 〜

60cm、 深 さ10cm 前 後 である。 埋 土 は 濃 茶 色 粘 性 土 である。 遺 物 は、 土 師 器 皿 (971 〜 974)、 同 杯 (975

〜 980)、 灰 釉 碗 (981)を 図 示 し 得 た。 土 師 器 皿 ・ 杯 はすべて 回 転 台 成 形 でヘラ 切 り、へラ 切 り 後 は 丁

寧 にナデ 調 整 されているものが 多 い。 供 膳 形 態 では、 土 師 器 760g に 対 して 須 恵 器 は60g である。 灰

釉 碗 はO53 号 窯 式 に 属 する。この 他 、 製 塩 土 器 や 土 師 器 甕 片 が 出 土 している。

81


82


第 Ⅴ 章 本 調 査 NW 区

964

965

966

967

969

968

970

0 10cm

971 972 973

974

975 976

977 978 979

980

981

983 984

982

990

985

986

987

988

989

991

993

992

995

994

0 10m

Fig.60 SK50SD15・16・22ピット 遺 物 実 測 図

SK50:964〜970

SD15:971〜981 SD16:982988 SD22:983〜987989

P204:993 P205:992994995 P206:990 P213:991

83


84


第 Ⅴ 章 本 調 査 NW 区

1034 1035 1036

1037

1038

1039

1040

1041

1042

1043

1044

1048

1045

1046

1047

1049

1052

1051

1050

1055

1053 1054

1059

1056

1058

1057

1060

1061

1062

1063

1065

1064

0 10m

Fig.62 Ⅲ 層 遺 物 実 測 図 1

土 師 器 皿 :1034〜1037 同 杯 :1038〜1047 同 椀 :1048·1049·1052 緑 釉 椀 :1051·1057 同 耳 皿 :1050

黒 色 土 器 A 類 椀 :1054·1055·1058 土 師 器 甕 :1062·1063·1065 青 磁 碗 :1059·1060 同 竈 :1064

東 播 系 捏 鉢 :1061 瀬 戸 天 目 :1053

85


86


第 Ⅴ 章 本 調 査 NW 区

1081 1082 1083 1084 1085

1086 1087 1088 1089 1090

1091 1092 1093 1094 1095

1096 1097 1098 1099

1100 1101 1102

1103

0 10m

Fig.64 Ⅲ 層 遺 物 実 測 図 3

土 錘 :1081〜1099 製 塩 土 器 :1100〜1103

SD16(Fig.60)

SB5 の 棟 方 向 に 平 行 して 南 側 を 走 る 溝 である。 確 認 延 長 4.5m、 幅 0.5m、 深 さは10 〜 20cmである。

西 に 向 って 深 くなっている。 埋 土 は 濃 茶 色 粘 性 土 である。 遺 物 は 須 恵 器 杯 (982)、 土 師 器 甕 (988)な

どが 出 土 している。 供 膳 形 態 で 土 師 器 : 須 恵 器 の 比 率 を 重 さで 見 ると、 土 師 器 : 須 恵 器 =100g:160g

である。

SD22(Fig.60)

南 部 に 位 置 し P217 と 切 り 合 っているが 先 後 関 係 は 不 明 である。 東 西 方 向 に 走 る 溝 で 確 認 延 長 は

2.0m、 幅 5.5m、 深 さ20 〜 30cmを 測 る。 埋 土 は 濃 茶 色 粘 性 土 である。 遺 物 は 須 恵 器 杯 (983·985)、 同 皿

(984)、 製 塩 土 器 (986·987)、 土 師 器 土 錘 (989)などが 出 土 している。

(4) ピット(Fig.60)

古 代 に 属 するピットは40 数 個 検 出 しており、その 多 くから 土 師 器 や 須 恵 器 、 製 塩 土 器 などの 破 片 が

出 土 しているが、 図 示 し 得 たのはP204の 須 恵 器 杯 (993)、P205の 土 師 器 皿 (994)、 土 師 器 甕 (995)、 製

塩 土 器 (992)、P206の 須 恵 器 蓋 (990)、P213の 須 恵 器 杯 (991)である。

(5) Ⅲ 層 ・Ⅳ 層 出 土 の 遺 物

Ⅲ 層 は、 中 世 遺 物 を 少 量 含 むがほとんど 古 代 の 遺 物 で 占 められている。Ⅳ 層 は 古 墳 時 代 の 遺 物 を

少 量 含 んだ 層 準 である。 発 掘 現 場 では、Ⅲ 層 を 包 含 層 2、Ⅳ 層 を 包 含 層 3として 遺 物 を 取 り 上 げた。

87


Ⅲ 層 出 土 の 遺 物

須 恵 器 (Fig.62·63)

器 種 を 問 わず 総 じて 丁 寧 な 作 りのものが 多 い。999 〜 1008 は 皿 である。999·1006·1007 の 外 底 に

は1 〜 1.5cm 幅 の 粘 土 帯 の 単 位 が 見 られるが、 他 は 丁 寧 なナデ 調 整 で 消 されている。1008の 外 底 には

ヘラ 磨 き 状 の 平 行 圧 痕 が 広 がっている。1009 〜 1021 は 杯 である。1013 の 外 底 は 削 りを 加 えた 後 に

ナデ 調 整 で 仕 上 げている。1013·1021 の 外 底 には「×」のヘラ 記 号 が、1018 の 内 底 には 平 行 沈 線 状 の

ヘラ 記 号 が 見 られる。1022 〜 1031は 蓋 である。1032·1033は 高 杯 脚 部 である。1074·1075は 短 頸 壷 、

1079は 双 耳 壷 の 耳 部 、1080は 長 胴 壷 の 下 胴 部 で 高 台 を 有 する。1076 〜 1078は 甕 である。

土 師 器 (Fig.62·63)

1034 〜 1037 は 皿 である。1035 には 内 外 ヘラ 磨 きが 施 されている。1037 の 外 底 には「×」のヘラ 記

号 が 見 られる。1038 〜 1047は 杯 である。1039 〜 1042はヘラ 切 り、1043·1044·1047は 糸 切 りである。

1048·1049·1052 は 土 師 器 椀 である。1052 は 太 い 高 台 が 張 り 出 し 内 外 面 煤 けている。 本 例 は、その 形

状 から 黒 色 土 器 A 類 の 模 倣 形 態 の 可 能 性 がある。1062·1063·1065 〜 1073 は 甕 で、1062 は 丸 く 外 反

する 口 縁 部 を 有 し、 他 はく 字 状 に 外 反 する 口 縁 部 を 有 する。 後 者 はハケ 調 整 を 基 調 とするが1072 は

胴 部 中 位 に 右 上 がりの 平 行 叩 き 目 が 施 されている。1064は 移 動 式 竈 である。

黒 色 土 器 A 類 椀 (Fig.62)

1054·1055 は 同 一 個 体 の 可 能 性 がある。1054 は 小 さな 高 台 、1058 は 断 面 三 角 形 の 大 きな 高 台 を 有

する。3 点 ともに 搬 入 品 である。

緑 釉 陶 器 (Fig.62)

1050は 耳 皿 の 細 片 である。1051·1057は 碗 である。 共 に 削 り 出 し 高 台 を 有 し、 外 底 まで 全 面 施 釉 し

ている。1051は 内 面 に 段 を 持 つ 稜 碗 である。すべて 平 安 京 Ⅱ 期 中 段 階 に 属 し、1051はヘラミガキも

しっかりしている。1050·1051 洛 北 産 、1057は 洛 西 か 洛 北 の 何 れかの 製 品 である。

その 他 の 国 内 産 陶 器 (Fig.62)

1053は 古 瀬 戸 天 目 、1056は 灰 釉 皿 、 後 者 は 無 施 釉 である。1061は 東 播 磨 系 の 捏 ね 鉢 である。

貿 易 陶 磁 器 (Fig.62)

1059は 広 東 系 の 可 能 性 のある 青 磁 碗 である。1060は 龍 泉 窯 系 の 青 磁 碗 である。 外 底 の 釉 を 蛇 の 目

状 に 削 り 取 っている。 見 込 みに 片 切 り 掘 りによる 花 文 が 見 られる。

土 錘 と 製 塩 土 器 (Fig.64)

1081 〜 1099 は 土 師 質 の 管 状 土 錘 で、3 〜 5g を 測 る。1100 は 製 塩 土 器 下 胴 部 、1101 〜 1103 は 上 胴

部 である。 内 面 には 布 目 圧 痕 が 見 られる。

3 上 層 ( 中 世 )の 遺 構 と 遺 物

(1) 掘 立 柱 建 物

調 査 区 の 中 央 部 に 集 中 している。 大 きく 地 点 を 変 えることなく、 棟 方 向 をほとんど 共 有 しながら

建 て 替 えが 繰 り 返 し 行 われている。

SB9(Fig.66)

梁 間 3 間 (4.2m)× 桁 行 3 間 (4.95m)の 建 物 で、 棟 方 向 はN−86 °−Eである。 各 柱 穴 は 円 形 を 呈 し

径 20 〜 40cm、 深 さ15 〜 47cm 測 る。P9は 柱 穴 中 程 に 一 辺 20cm、 厚 さ10cm 程 の 扁 平 な 礫 が 置 かれていた。

88


第 Ⅴ 章 本 調 査 NW 区

52336


SD−13

近 代 撹 乱

52324

SD−14

SD−17

P−250

P−251

P−223

P−224

P−232

P−233

P−231

P−254

P−252

P−253

SK−45

P−220

P−221

P−222

P−227

SE−1

P−225

P−228

P−229

P−226

P−230

P−235

P−237

P−234

P−240

P−239

P−243 P−244

P−236

P−246

P−242

P−260

P−245

P−265

P−302

P−255

SB−9

P−241

P−256

P−262

P−257

P−258

P−263

SB−10

P−259

P−261

SK−42

P−270

SB−12

P−292

SB−11

P−264

P−268

SK−41

SK−43

P−282

SK−40

P−283

P−269

P−266

P−267

P−279

P−276

P−277

P−238

P−285

P−280

P−278

P−281

P−287

P273

P−272

P−271

P−284

P−286

P−288

P−247

P−248

P−249

P−275

P−274

P−289

P−290

P−300

P−301

52312

P−291

SB−13

P−294

P−293

P−295

P−296

SK−44

P−297

P−299

P−298

SD−28

52300

−3528

−3540

−3552

Fig.65 NW 区 上 層 ( 中 世 ) 遺 構 全 体 図



89


90


第 Ⅴ 章 本 調 査 NW 区

P7

P8

P1


P6

P5

P4

P3

P2

D3.0m

SB11

P9

P10

P11

P12

P1


P8

P7

P6

P5

P4

P3

P2

D3.0m

SB12

0 2m

(S180)

1106 1107

0 10m

Fig.67 SB11・12 遺 構 及 び SB12 遺 物 実 測 図

91


92


第 Ⅴ 章 本 調 査 NW 区

柱 穴 の 埋 土 中 から 土 師 器 、 瓦 器 などの 細 片 が 出 土 しているが、 図 示 できたものはP5 の 龍 泉 窯 系 青 磁

碗 2 点 (1104·1105)のみである。

SB10(Fig.66)

SB9と 重 複 している。 梁 間 1 間 (4.0m)× 桁 行 2 間 (5.1m)の 東 西 棟 で、 棟 方 向 はN−90°である。 各 柱

穴 はおおよそ 円 形 で、 径 25 〜 60cm、 深 さ8 〜 45cmを 測 る。P1とP3には 柱 痕 跡 が 見 られ 径 15 〜 20cm

を 測 る。 柱 穴 からは 土 師 器 、 瓦 器 の 細 片 が 出 土 しているが、 図 示 できるものはない。

SB11(Fig.67)

SB10·11と 重 複 している。 梁 間 1 間 (2.5m)× 桁 行 3 間 (5.1m)の 東 西 棟 で、 棟 方 向 はN−90°である。

柱 穴 掘 り 方 は、おおよそ 円 形 を 呈 し 径 25 〜 50cm、 深 さ6 〜 36cm 程 である。P1 とP4 に 柱 痕 跡 が 見 ら

れ 径 20cmを 測 る。 柱 穴 埋 土 から 土 師 器 、 瓦 器 などの 細 片 が 出 土 しているが 図 示 できるものはない。

SB12(Fig.67)

梁 間 3 間 (4.2m)× 桁 行 4 間 (4.95m)の 東 西 棟 で、 棟 方 向 はN−86.5 °−Wである。 柱 穴 の 掘 り 方 は

おおよそ 円 形 で、 径 20 〜 50cm、 深 さ13 〜 43cmである。P4とP9に 径 15cm 前 後 の 柱 痕 跡 が 認 められる。

遺 物 はP2·P3·P5·P6から 土 師 器 、 瓦 器 などの 細 片 は 出 土 しているが、 図 示 できたのはP5 出 土 の 龍 泉 窯

系 青 磁 碗 Ⅰ5b 類 (1106)と 土 師 質 土 錘 (1107)である。

SB13(Fig.68)

SB9 〜 SB12 と 重 複 関 係 にあるが、これまでの 建 物 とは 棟 方 向 を 異 にする。 梁 間 1 間 (1.8m)× 桁 行

3 間 (5.1m)の 建 物 で、 棟 方 向 はN−51°−Wである。 柱 穴 の 掘 り 方 はおおよそ 円 形 で、 径 30 〜 50cm、

深 さ13 〜 44cmである。P3·P4·P8 には、 径 20cm 前 後 の 柱 痕 跡 が 認 められる。 遺 物 はP2·3 などから 土

師 器 片 が 出 土 しているが 図 示 できるものはない。

(2) 土 坑

SK40(Fig.68)

掘 立 柱 建 物 の 集 中 部 分 にある。 平 面 形 は 楕 円 形 状 をなすものと 考 えられるが、 数 個 のピットと 切

り 合 っており 正 確 には 掴 めない。 長 軸 1.75m、 短 軸 0.7m、 深 さ15cm 前 後 を 測 る。 埋 土 は 暗 灰 色 粘 性 土

である。 遺 物 は 土 師 器 や 瓦 器 細 片 が 出 土 しているが、 図 示 できたものは 土 師 質 土 錘 (1108)のみであ

る。

SK41(Fig.68)

SK40 の 東 に 位 置 する。 平 面 形 は 隅 丸 方 形 を 呈 し、 長 軸 95cm、 短 軸 80cm、 深 さ10cm 前 後 を 測 る。 断

面 形 は 皿 状 を 呈 する。 小 ピットに 切 られている。 埋 土 は 暗 灰 色 粘 性 土 である。 遺 物 は 土 師 器 細 片 が

数 点 出 土 している。

SK42(Fig.68)

掘 立 柱 建 物 の 集 中 地 点 に 位 置 する。 平 面 形 は 長 楕 円 形 を 呈 し、 長 軸 1.32m、 短 軸 5.5m、 深 さ15cm 前

後 を 測 る。 断 面 形 は 逆 台 形 状 を 呈 する。 埋 土 は 暗 灰 色 粘 性 土 である。 遺 物 は 土 師 器 細 片 が 数 点 出 土

しているが、 図 示 できるものはない。

SK43(Fig.68)

SK41の 東 隣 に 位 置 する。 平 面 形 は 楕 円 形 を 呈 し、 長 軸 78cm、 短 軸 60cm、 深 さ5cm 前 後 を 測 る。 埋 土

は 暗 灰 色 粘 性 土 である。 遺 物 は 土 師 器 と 瓦 器 の 細 片 が1 点 ずつ 出 ているのみである。

SK44(Fig.68)

93


94


第 Ⅴ 章 本 調 査 NW 区

W

E

2.5m

N

E

W

N

N

S

S

2.5m

Fig.70 SE1 平 面 及 び 側 面 図

0 0.5m

(S120)

95


Fig.71 SE1 柱 材 実 測 図

96


第 Ⅴ 章 本 調 査 NW 区

M

M

M

M

M

0 20 cm

M10

M11

Fig.72 SE1 側 板 実 測 図 1

97


M13

M14

M18

M12

M19

M16

M15

M17

0 20 cm

Fig.73 SE1 側 板 実 測 図 2

98


第 Ⅴ 章 本 調 査 NW 区

M20

M21

M22

M25

M23

M24

0 20 cm

Fig.74 SE1 側 板 実 測 図 3

99


南 寄 りに 位 置 する。 平 面 形 は 楕 円 形 を 呈 し、 長 軸 1.15m、 短 軸 0.9m、 深 さ20cm 前 後 を 測 る。 埋 土 は、

灰 褐 色 粘 性 土 で 中 程 に 炭 化 物 の 層 (Ⅱ 層 )が 堆 積 している。 遺 物 は 土 師 器 や 瓦 器 の 破 片 が 多 く 見 られ

るが、 図 示 し 得 たものは 瓦 器 椀 (1109)と 東 播 系 羽 釜 (1110)である。1110は 床 面 出 土 である。

SK45(Fig.69)

中 央 部 に 位 置 しSD17 を 切 っている。 平 面 形 は 不 整 形 を 呈 し、 長 軸 2.3m、 短 軸 1.8m、 深 さ20cmを 測

る。 埋 土 は 灰 褐 色 粘 性 土 である。 遺 物 は、 土 師 器 、 瓦 器 細 片 が 多 く 出 土 しているが、 図 示 できたもの

は、 土 師 器 杯 高 台 部 分 (1111)、 同 杯 (1114)、 瓦 質 鍋 (1112)である。

(3) 井 戸

SE1(Fig.69 〜 74)

掘 立 柱 建 物 の 集 中 地 点 の 西 隣 に 位 置 する。 中 世 の 遺 構 検 出 面 では、 長 軸 2.6m、 短 軸 2.1mの 不 整 形

の 平 面 形 として 検 出 した。20 cm 程 掘 り 下 げて 古 代 の 面 まで 下 げたところで、 拳 大 〜 人 頭 大 の 角 礫 が

多 く 出 土 し、 井 戸 であることが 明 らかとなった。さらに 掘 り 下 げると 半 ば 腐 蝕 した 側 板 が 検 出 され

た。20cm 程 下 げたところでの 掘 り 方 の 平 面 形 は、 略 方 形 を 呈 し 長 軸 1.9m、 短 軸 1.9m、 底 までの 深 さは

90cm、 中 世 の 遺 構 検 出 面 からだと1.1mとなる。

井 戸 枠 は 方 形 に 組 まれている。 床 面 には、1 〜 6cm 大 の 河 原 石 が 敷 かれていた。 四 隅 に 柱 を 立 て、

方 形 の 柄 穴 を 穿 ち 横 木 を 渡 している。その 間 に 板 材 を 立 てて 枠 を 作 っている。 柱 の 下 には 扁 平 な 礫

を 置 いて 礎 盤 としている。 柱 と 柱 の 間 隔 は、 北 面 で1.1m、 東 面 で1.05m、 南 面 で1.0m、 西 面 で1.0mを 測

る。 東 西 壁 の 南 北 方 向 の 横 木 は 西 に10 ° 程 振 っている。4 本 の 柱 は0.9 〜 1.0m 程 であるが、どれも 上

端 は 風 化 により 尖 っている。 基 部 は 残 りが 良 く 一 辺 15 〜 20 cmの 角 材 である。 南 東 偶 の M2 と 南 西

偶 のM3は、 芯 持 ち 材 で 後 者 は 断 面 扇 状 を 呈 する。 何 れも 下 端 から35 〜 50cm 程 のところに、10cm×

5cm、 深 さ5cm 前 後 の 柄 穴 が2 個 所 に 穿 たれている。 横 木 の 挿 入 用 である。 横 木 は4 面 に 見 られたが 南

面 のそれは 腐 蝕 が 激 しく 取 上 げることができなかった。 北 ・ 東 ・ 西 面 の 横 木 は 長 さ89 〜 96cm、 幅 6 〜

7 cm、 厚 さ2 〜 3 cmを 測 る。 何 れも 両 端 は 腐 蝕 しており 柄 穴 に 挿 入 された 状 態 ではなく、 下 に 落 ちた

状 態 で 検 出 されている。 側 板 は 何 れも 残 りが 悪 いが、 北 面 5 枚 (M6 〜 M10)、 東 面 5 枚 (M12 〜 M16)、

南 面 5 枚 (M18 〜 M22)、 西 面 2 枚 (M23·24)を 図 示 した。 残 存 長 は60 〜 80cmが 多 く、 先 端 部 は 腐 蝕 に

よって 細 くなっている。 基 部 では 幅 20 〜 25 cm、 厚 さ5 〜 8 cm 前 後 のものが 多 い。これらの 板 材 は、

一 部 重 なるように 立 て 並 べて 枠 としていた。

材 は、 柱 がヒノキ、 横 木 と 枠 板 はすべてツガである。 後 者 の 木 取 りは M17 が 追 柾 である 以 外 は 全

て 板 目 取 りである。また 枠 板 の 年 輪 から 推 定 して 樹 径 60 〜 70cmの 材 が 使 用 されている。

遺 物 は、 埋 土 中 から 出 土 している。1115·1118 は 土 師 器 杯 底 部 、1117 は 同 小 杯 、1116 は 須 恵 器 皿

(1116)、1119 〜 1123は 瓦 器 椀 、1124 〜 1125は 青 磁 碗 Ⅰ5b 類 、1127は 同 皿 、1128·1129は 常 滑 の 甕

胴 部 片 である。1117、1121 〜 1123は 埋 土 中 層 、 青 磁 皿 (1127)は、 西 面 の 横 木 直 上 、 常 滑 (1128)は、 西

側 側 板 (Fig.74 −M24)の 脇 から 出 土 している。 他 の 遺 物 は 上 層 からの 出 土 である。 埋 土 中 層 や 横 木

直 上 の 遺 物 は、SE1が 機 能 しなくなった 直 後 に 廃 棄 されたものと 考 えられる。

(4) 溝

SD13(Fig.75)

北 部 を 東 西 に 延 びる 溝 で、 東 は 調 査 区 外 に 出 ている。 確 認 延 長 14.0m、 幅 30 〜 50cm、 深 さ10cmを 測

る。 埋 土 は 暗 灰 色 粘 性 土 である。 遺 物 は、 土 師 器 杯 (1130·1131)、 須 恵 器 杯 (1132)、 同 蓋 (1133·1134)

100


第 Ⅴ 章 本 調 査 NW 区

1130

1131 1132

1133

1135 1136 1137

1134

1139 1140

1138

1142 1143

1141

1144

1145

1146

1148

1149

1147

1152

1150 1151

1153 1154 1155

1156 1157

1158

1159

1160

1163

1161

1162

1166

1164

1165

1168 1169

1167

1170

1172

1173

1171

1174

Fig.75 SD13・14 遺 物 実 測 図

SD13:1130〜1134 SD14:1135〜1174

0 10m

101


102


第 Ⅴ 章 本 調 査 NW 区

D3.0m

52320.000

3532.891


SD17

灰 黄 色 粘 土




SD14

暗 灰 色 粘 性 土

52320.400

3532.891

Ⅰ: 黄 褐 色 粘 性 土

撹 乱

( 古 代 遺 物 包 含 層 )

Ⅱ: 焼 土

Ⅲ: 濃 茶 色 粘 性 土

SD14・17 セクション( 西 壁 )

D3.0m

52322.590

3543.768



52326.093

3543.847

Ⅰ: 灰 茶 色 粘 性 土

Ⅱ: 暗 灰 色 粘 性 土 〜シルト

SD14 セクション( 西 壁 )

D2.7m


D2.7m

52322.209

3536.652


52320.749

3536.724

52321.276

3543.745


52322.726

3543.537




Ⅰ: 灰 黄 色 シルト

Ⅱ: 黄 茶 色 粘 性 土

Ⅲ: 灰 色 粘 性 土

Ⅳ: 茶 灰 色 粘 性 土

SD17 セクション


Ⅰ: 灰 黄 色 シルト

Ⅱ: 灰 褐 色 粘 性 土

Ⅲ: 茶 灰 色 粘 土

0 1m

(S140)

Fig.77 SD14・17 セクション 実 測 図

である。 上 層 で 検 出 したが 古 代 の 溝 である。

SD14(Fig.75 〜 77)

遺 構 集 中 部 の 北 を 東 西 に 延 びる 溝 である。 北 側 の 肩 は 現 代 撹 乱 によって 大 きく 抉 り 取 られてい

る。 東 は 調 査 区 外 に 出 ているが、 西 端 は 調 査 区 内 にあったものと 考 えられるが、 撹 乱 のため 捉 えるこ

とができない。 南 肩 の 確 認 延 長 は13.2m、 深 さは40 〜 70 cmを 測 り、SD14( 西 壁 )セクションを 見 る

と 床 面 幅 が2.0m 程 確 認 できる。 検 出 幅 4.0m 前 後 を 推 定 することが 可 能 で 相 当 大 きな 溝 であったこ

とが 考 えられる。 埋 土 は、 中 央 部 付 近 でⅠ: 灰 茶 色 粘 性 土 、Ⅱ: 暗 灰 色 粘 性 土 〜シルトである。

遺 物 は、 人 工 層 位 で 上 ・ 中 ・ 下 層 に 分 けて 取 り 上 げた。 上 層 からは、 同 安 窯 系 の 青 磁 皿 Ⅰ−1b 類

(1170)、 備 前 擂 鉢 (1173)が 出 土 している。 中 層 からは 土 師 器 皿 (1137)、 同 杯 (1149)、 青 磁 碗 底 部

(1172)、 瓦 質 鍋 (1177)、 同 羽 釜 (1183)、 東 播 磨 系 土 師 器 釜 (1182)が 出 土 している。 下 層 からは、 土 師 器

小 杯 (1135)、 同 皿 (1140·1143)、 同 杯 (1144 〜 1148·1150·1153)、 須 恵 器 皿 (1155)、 同 杯 (1161 〜 1164)、

同 蓋 (1156·1160)、 瓦 器 椀 (1165)、 緑 釉 碗 (1167)、 白 磁 多 角 杯 (1168)、 同 安 窯 系 青 磁 皿 Ⅰ−2 類 (1171)、

東 播 系 捏 鉢 (1174)、 土 師 器 甕 (1175·1176·1180·1181)、 瓦 質 鍋 (1178·1179)、 東 播 系 羽 釜 (1184)、 製 塩 土

器 (1185·1186)、 土 錘 (1188·1190·1192 〜 1194)が 出 土 している。1167 はこの 他 、 層 位 的 に 取 り 上 げる

ことができなかった 遺 物 として、 土 師 器 皿 (1136·1138·1139·1141)、 同 杯 (1142)、 同 椀 (1152)、 須 恵 器 皿

(1154)、 青 磁 碗 (1166·1169)、 土 錘 (1187·1189·1191)が 出 土 している。 下 層 から 最 も 多 くの 遺 物 が 出 土

しているが、SD14 が 古 代 の 遺 物 包 含 層 を 切 っているために、 古 代 の 遺 物 が 多 く 含 まれているが、 東

播 系 羽 釜 や 瓦 器 椀 (1165)、 土 師 器 杯 (1149)などからSD14の 廃 絶 年 代 は14 世 紀 頃 に 求 めなければなら

103


104


第 Ⅴ 章 本 調 査 NW 区

1243

1244

1245

1246

1247 1248 1249 1250 1251 1252

1253 1254 1255 1256

Fig.79 中 世 包 含 層 遺 物 実 測 図

土 師 器 甕 :1244・1245 同 羽 釜 :1243 常 滑 甕 :1246 土 錘 :1247〜1256

0 10m

ない。

SD17(Fig.76·77)

SD14の 南 1.0mを 併 行 して 東 西 に 走 る 溝 である。 西 部 で 北 西 方 向 に 振 っている。SK45に 切 られて

いる。 確 認 延 長 は22.0m 前 後 、 上 場 幅 は 中 央 部 付 近 で1.4m 前 後 、 西 に 寄 るにしたがって 狭 くなってい

る。 深 さは 中 央 部 付 近 で90cm 前 後 を 測 る。 断 面 形 はV 字 状 を 呈 する。 埋 土 はⅠ: 灰 黄 色 シルト、Ⅱ:

黄 茶 色 粘 性 土 、Ⅲ: 灰 色 粘 性 土 、Ⅳ: 茶 灰 色 粘 性 土 である。

遺 物 は、 上 ・ 下 二 層 に 分 けて 取 り 上 げた。 上 層 からは 土 師 器 小 杯 (1195·1196)、 同 杯 (1197)、 須 恵

器 蓋 (1199)、 灰 釉 碗 (1202)、 白 磁 皿 Ⅳ 類 (1201)、 龍 泉 窯 系 青 磁 Ⅰ4 類 (1205)が 出 土 している。 須 恵 器

蓋 の1199 は 内 面 の 摩 耗 が 激 しく 墨 汁 痕 が 残 ることから 転 用 硯 と 考 えられる。 下 層 からは 土 師 器 杯

(1198)、 須 恵 器 皿 (1200)、 龍 泉 窯 系 青 磁 碗 (1203·1206·1207)、 同 安 窯 系 青 磁 皿 Ⅰ−2 類 (1204)、 常 滑 胴

部 片 (1208)が 出 土 している。 青 磁 碗 1203と1207はⅠ5b 類 に 属 する。SD17からも 古 代 に 属 する 遺 物

が 出 土 しているが、 包 含 層 中 からの 混 入 であり、SD17 の 埋 没 時 期 はSD14 とほぼ 同 時 期 と 考 えられ

る。

(5) ピット 出 土 の 遺 物 (Fig.78)

ピット 出 土 遺 物 で 図 示 し 得 たものを 列 挙 する。P222の 土 師 器 杯 (1211·1214)、 両 者 とも 回 転 台 成 形

で 糸 切 り 底 である。P225の 瓦 質 擂 鉢 (1218)、P231の 瓦 器 椀 (1213)、P240の 瓦 器 椀 (1210)、P253の

瓦 質 羽 釜 (1220)、P257 の 瀬 戸 天 目 茶 碗 (1216)、P259 の 須 恵 器 杯 (1209)、P266 の 灰 釉 (1212)、P267

の 須 恵 器 蓋 (1215)、P272 の 東 播 系 捏 ね 鉢 (1217)、P297 の 土 師 器 羽 釜 (1219)、P254 の 土 師 器 土 錘

(1221·1222)、P302の 同 土 錘 (1223)である。

(6) 中 世 の 遺 物 包 含 層 出 土 の 遺 物 (Fig.78·79)

中 世 の 遺 物 包 含 層 (Ⅱ 層 )からは、 土 師 器 、 瓦 器 などの 供 膳 形 態 、 貿 易 陶 磁 器 、 煮 沸 形 態 などが 出 土 し

105


ている。 土 師 器 杯 は 回 転 台 成 形 で1224 はヘラ 切 り、1225 は 糸 切 りである。 瓦 器 は 小 皿 (1226)と 椀

(1227)がある。1229と1232は 瀬 戸 美 濃 系 の 皿 である。 白 磁 は 皿 が 出 土 している。1228はアーチ 状 高

台 を 持 つ 小 皿 、1230 は 口 禿 の 皿 である。 青 磁 碗 は 龍 泉 窯 系 (1233·1235 〜 1241)と 同 安 窯 系 (1234)の

両 者 が 見 られる。1231と1242は 青 磁 皿 で 後 者 は 稜 花 皿 である。

煮 沸 形 態 では、 土 師 器 羽 釜 (1243)、 同 甕 (1244·1245)が、 貯 蔵 形 態 では 常 滑 甕 底 部 (1246)が、その 他

土 錘 (1247 〜 1256)が 出 土 している。

106


第 Ⅵ 章

本 調 査 NE 区

1 基 本 層 準 (Fig.81)

調 査 区 東 壁 の 基 本 層 準 である。

Ⅰ: 客 土 。 戦 後 の 造 成 に 伴 う 客 土 で 層 厚 60 〜 70cmである。

Ⅱ: 耕 作 土 。 北 部 に 認 められる。 戦 後 も 使 われていた 耕 作 土 である。 層 厚 20cm 前 後 である。

Ⅲ: 旧 耕 作 土 。 全 体 に 認 められる。 層 厚 10 〜 15cmを 測 る。

Ⅳ: 灰 黄 色 粘 性 土 。 層 厚 1 〜 5cmを 測 る。

Ⅴ: 灰 褐 色 粘 性 土 ( 中 世 遺 物 包 含 層 )。 北 部 では 層 厚 10cm 前 後 と 薄 く、 南 は 厚 く 堆 積 し40cm 程 を 測 る。

NW 区 のⅡ 層 に 対 応 する 層 準 である。

Ⅵ: 黄 灰 色 粘 性 土 。 北 部 に 見 られ 南 部 には 一 部 でしか 確 認 できない。 層 厚 0 〜 20cmを 測 る。

Ⅶ: 茶 色 粘 性 土 ( 古 代 遺 物 包 含 層 )。 本 層 準 も 中 央 部 分 では 明 確 にすることができない。 層 厚 15 〜 40

cmを 測 る。NW 区 のⅢ 層 に 対 応 する 層 準 である。

Ⅷ: 濃 茶 色 粘 性 土 。 層 厚 10cm 以 上 を 測 る。

2 下 層 ( 古 代 )の 遺 構 と 遺 物

(1) 土 坑

SK76(Fig.82)

調 査 区 の 北 寄 りにある。 平 面 形 は 隅 丸 方 形 を 呈 し 小 ピットに 切 られている。 長 軸 1.5m、 短 軸 1.5m、

深 さ25 cm 前 後 を 測 る。 埋 土 は 灰 茶 色 粘 性 土 で 炭 化 物 を 多 く 含 んでいる。 埋 土 中 より 土 師 器 供 膳 具

を 中 心 に 多 くの 土 器 が 出 土 しているが、 図 示 し 得 たのは 土 師 器 皿 (1257)と 東 播 磨 系 鉢 (1258)である。

SK77(Fig.82)

SK76 の 南 隣 にある。SK78 に 切 られているが、 平 面 形 は 楕 円 形 を 呈 していたものと 考 えられる。

長 軸 1.25m、 短 軸 0.95m、 深 さ10 〜 15cmを 測 る。 埋 土 は 灰 茶 色 シルトである。 遺 物 は 土 師 器 と 須 恵 器

の 細 片 が 数 点 出 土 している。

SK78(Fig.82)

平 面 形 は 隅 丸 方 形 を 呈 し、 長 軸 1.05m、 短 軸 0.95m、 深 さ20cmを 測 る。 埋 土 はⅠ: 黄 色 シルトのブロッ

クが 入 った 茶 色 粘 性 土 、Ⅱ: 黄 色 シルトである。 遺 物 は 土 師 器 甕 (1259)と 須 恵 器 細 片 が 出 土 してい

る。

SK79(Fig.82)

SK77の 南 隣 にある。 西 側 半 分 が 側 溝 に 切 られている。 平 面 形 は 楕 円 形 を 呈 し、 長 軸 1.35m、 短 軸 は

1.0m 前 後 と 考 えられる。 深 さ20cm 前 後 を 測 る。 埋 土 はⅠ: 茶 灰 色 粘 性 土 、Ⅱ: 黄 色 シルトである。 遺

物 は 少 なく 土 師 器 椀 底 部 (1260)を 図 示 し 得 たのみである。

SK80(Fig.83)

調 査 区 中 央 部 にある。SK82を 切 っている。 平 面 形 は 隅 丸 方 形 を 呈 し、 長 軸 1.5m、 短 軸 1.3m、 深 さ10

〜 15cmを 測 る。 埋 土 は 灰 黄 色 砂 〜シルトである。 遺 物 は 見 られない。

107


108


第 Ⅵ 章 本 調 査 NE 区

X52321.599

3523.884






Ⅲ Ⅳ

Fig.81 NE 区 基 本 層 準 ( 東 壁 )

X52314.910

3525.698

D3.1m


Ⅰ: 客 土 ( 山 土 ) Ⅴ: 灰 褐 色 粘 性 土 ( 中 世 遺 物 包 含 層 )

Ⅱ: 耕 作 土 Ⅵ: 黄 灰 色 粘 性 土

Ⅲ: 旧 耕 作 土 Ⅶ: 茶 色 粘 性 土 ( 古 代 遺 物 包 含 層 )

Ⅳ: 灰 黄 色 粘 性 土 Ⅷ: 濃 茶 色 粘 性 土


0 2 m

S1100

109


110


第 Ⅵ 章 本 調 査 NE 区

SK81(Fig.82·83)

SK80の 北 に 接 している。 平 面 形 は 楕 円 形 を 呈 し 長 軸 1.3m、 短 軸 1.1m、 深 さ20cmを 測 る。 埋 土 は 灰

茶 色 シルトである。 遺 物 は 土 師 器 、 須 恵 器 の 供 膳 具 が 多 く 出 土 している。 土 師 器 皿 (1261)、 須 恵 器 杯

底 部 (1262)、 同 蓋 (1264)、 土 師 器 甕 (1268)、 製 塩 土 器 (1272·1275)、 土 師 器 土 錘 (1276 〜 1281)を 図 示 し

得 た。 甕 1268 は 搬 入 品 である。 土 師 器 と 須 恵 器 の 供 膳 形 態 の 比 率 を 破 片 の 重 さで 求 めると 土 師 器

250gに 対 して 須 恵 器 は81gである。

SK82(Fig.83)

SK80に 切 られている。 平 面 形 は 隅 丸 方 形 状 を 呈 し、 長 軸 1.6m、 短 軸 1.1m、 深 さ20cm 前 後 を 測 る。 埋

土 は 灰 褐 色 シルトである。 遺 物 は 土 師 器 皿 (1263)、 同 杯 (1266)が 出 土 している。

SK83(Fig.83)

調 査 区 の 北 部 にあり SX2 と 切 り 合 っているが 先 後 関 係 は 不 明 である。 平 面 形 は 不 整 形 を 呈 し 長

軸 1.9m、 幅 1.4m、 深 さ30cmを 測 る。 埋 土 はⅠ: 灰 茶 色 粘 土 、Ⅱ: 炭 化 物 を 多 く 含 んだ 暗 灰 茶 色 粘 性 土 で

ある。 遺 物 は、 須 恵 器 杯 (1265)、 同 高 杯 (1267)、 土 師 器 甕 (1269 〜 1271)、 製 塩 土 器 (1273·1274)、 土 師

器 土 錘 (1282·1283)を 図 示 した。 土 師 器 と 須 恵 器 の 供 膳 形 態 の 比 率 を 破 片 の 重 さで 求 めると 土 師 器

170gに 対 して 須 恵 器 は290gとなり、SK81とは 逆 転 している。

SK84(Fig.84·85)

調 査 区 北 部 にありSX2 を 切 っている。 平 面 形 は 一 辺 1m 程 の 隅 丸 方 形 状 を 呈 し 深 さは30cm 前 後 を

測 る。 埋 土 は 上 層 に 焼 土 が 見 られ、 灰 茶 色 シルトに 黄 色 シルトのブロックが 混 ざっている。 土 師 器 、

須 恵 器 の 供 膳 形 態 片 が 数 点 出 土 していが、 図 示 できたものは 須 恵 器 蓋 (1297)と 土 師 器 甕 (1302)であ

る。

SK85(Fig.84·85)

SK84 の 南 隣 にある。 平 面 形 は、 方 形 であるが、 南 面 がクランク 状 に 屈 曲 している。 二 つの 土 坑 の

切 り 合 いの 可 能 性 も 考 えられるが、ここでは 一 基 の 土 坑 として 扱 った。 長 軸 1.5m、 短 軸 1.3m、 深 さ30

〜 35cmを 測 る。 埋 土 は 複 雑 な 堆 積 を 示 している。Ⅰ: 黄 色 シルト、Ⅱ: 灰 茶 色 砂 層 で 炭 化 物 を 多 く 含

んでいる。Ⅲ: 灰 黄 茶 色 粘 性 土 、Ⅳ: 灰 黄 色 粘 性 土 に 炭 化 物 を 多 く 含 んでいる。

Ⅴ: 灰 色 砂 層 である。 遺 物 は 土 師 器 杯 (1284·1290)、 須 恵 器 皿 (1287)、 同 蓋 (1298·1299)、 製 塩 土 器 (1305

〜 1307)、 土 師 器 土 錘 (1308 〜 1313)がある。この 他 土 師 器 、 須 恵 器 の 供 膳 形 態 片 も 多 く 見 られるが、

両 者 の 重 さによる 比 率 を 求 めると、 土 師 器 110gに 対 して 須 恵 器 は250gである。

SK86(Fig.84·85)

SK85 の 南 隣 にある。 平 面 形 は 隅 丸 方 形 状 を 呈 し、 長 軸 95cm、 短 軸 90cm、 深 さ20cmを 測 る。 埋 土 は

炭 化 物 を 多 く 含 んだ 灰 茶 色 粘 性 土 である。 遺 物 は、 土 師 器 甕 (1304)の 他 、 須 恵 器 の 供 膳 形 態 片 が 見 ら

れる。 土 師 器 供 膳 形 態 は 認 められない。

SK87(Fig.84·85)

SK86の 東 隣 にある。 平 面 形 は 楕 円 形 状 を 呈 し 長 軸 1.8m、 短 軸 1.25m、 深 さ35cmを 測 る。 埋 土 は、Ⅰ:

灰 茶 色 粘 性 土 に 黄 色 粘 性 土 のブロックが 混 ざっている、Ⅱ: 焼 土 、Ⅲ: 炭 化 物 を 多 く 含 んだ 灰 色 粘 性

土 、Ⅳ: 黄 茶 色 粘 性 土 である。 遺 物 は、 須 恵 器 皿 (1289)、 同 杯 (1295)、 土 師 器 甕 (1301)などが 出 土 して

いる。 供 膳 形 態 は 須 恵 器 のみで 占 められている。

SK88(Fig.84·85)

111


112


第 Ⅵ 章 本 調 査 NE 区

N

N

N

D2.6m

D2.7m

SK84 平 面 ・シン

N

X52319.387

3522.831






D2.6m

X52318.980

3521.552

Ⅰ 黄 色 シルト

Ⅱ 灰 茶 色 砂 ( 炭 化 物 を 含 む)

Ⅲ 灰 黄 茶 色 粘 性 土

Ⅳ 灰 黄 色 粘 性 土 ( 炭 化 物 を 多 く 含 む)

Ⅴ 灰 色 砂

SK85 平 面 ・クシン

X52317.991

3523.147


X52317.189

3522.189

Ⅰ 灰 茶 色 粘 性 土 ( 炭 化 物 を 含 む)

SK86 平 面 ・クシン

SK87

N

N

SK89

X52318.158

3521.652




D2.6m

X52317.692

3519.795


Ⅰ 灰 茶 色 粘 性 土 に 黄 色 粘 性 土 のブロックが 混 ざる

Ⅱ 焼 土

Ⅲ 炭 化 物 を 多 く 含 んだ 灰 色 粘 性 土

X52316.221

Ⅳ 黄 茶 色 粘 性 土

3520.346

X52316.920

3522.313


Ⅰ 灰 茶 色 粘 性 土 に 炭 化 物 を 含 む

D2.6m

X52216.739

3521.110



SK88

Ⅰ 灰 茶 色 粘 性 土 に 炭 化 物 を 含 む

Ⅱ 茶 灰 色 粘 性 土

0

D2.6m

X52316.678

3519.050

1m

1284

1285

1286

1287 1288 1289

1290

1291

1292

1293

1294


1296

Fig.84 SK84〜89 遺 構 遺 物 測 図

SK85:128412871290 SK87:12891295

SK88:128612881291〜12941296 SK89:1285

1295

0 10m

113


114


第 Ⅵ 章 本 調 査 NE 区

SK87の 東 隣 にある。 平 面 形 は 隅 丸 方 形 を 呈 し 長 軸 1.2m、 短 軸 1.2m、 深 さ32cmを 測 る。 埋 土 はⅠ:

炭 化 物 を 含 んだ 灰 茶 色 粘 性 土 、Ⅱ: 茶 灰 色 粘 性 土 である。 遺 物 は 須 恵 器 皿 (1286·1288)、 同 杯 (1291 〜

1294·1296)、 同 蓋 (1300)、 土 師 器 甕 (1303)を 図 示 した。 供 膳 形 態 は 須 恵 器 片 が450gを 測 るが 土 師 器 の

それは 認 められない。 遺 物 の 大 半 はⅡ 層 から 出 土 している。

SK89(Fig.84·85)

SK87 と 接 している。 平 面 形 は 隅 丸 長 方 形 状 を 呈 し、 長 軸 1.5m、 短 軸 1.1m、 深 さ20cmを 測 る。 床 面

中 央 部 にピット 状 の 落 ち 込 みが 斜 めに 認 められる。 埋 土 は 炭 化 物 を 含 む 灰 茶 色 粘 性 土 である。 遺 物

は 土 師 器 皿 (1285)、 土 師 器 土 錘 (1314)が 見 られる。

(2) 溝

SD26(Fig.85)

調 査 区 南 部 を 斜 めに 走 る 溝 である。 延 長 14.0m、 幅 45cm、 深 さ7cm 前 後 、 断 面 は 船 底 状 を 呈 する。 埋

土 は 黄 色 シルトである。 遺 物 は 須 恵 器 蓋 (1317)、 土 師 器 土 錘 (1320)である。

SD27(Fig.85)

SD26の 東 隣 を 走 る 溝 である。 延 長 8.5m、 幅 70 〜 80cm、 深 さ10 〜 15cmを 測 る。 埋 土 は 黄 色 シルト

である。 遺 物 は 南 北 の 中 程 から 集 中 して 出 土 している。 須 恵 器 杯 (1315·1316)、 土 師 器 杯 (1318)、 同

甕 (1321)、 土 師 器 土 錘 (1319)である。

(3) 土 器 集 中 7 出 土 の 遺 物 (Fig.86)

調 査 区 南 部 の J97 から 古 代 の 土 師 器 が 集 中 して 出 土 した。 土 器 を 残 して 周 辺 を 精 査 したが 遺 構 を

確 認 することはできなかった。 土 師 器 小 皿 (1322・1323)、 同 小 杯 (1324 〜 1328)、 同 杯 (1329 〜 1336)、

同 椀 (1339)、 須 恵 器 杯 (1338)、 同 鉢 (1340)、 黒 色 土 器 A 類 椀 (1337·1343) 黒 色 土 器 B 類 椀 (1341·1342)、

土 師 器 羽 釜 (1344 〜 1346)、 製 塩 土 器 (1347)、 土 師 器 土 錘 (1348)が 見 られる。 土 師 器 皿 、 杯 類 はすべて

回 転 台 成 形 で、 底 部 はヘラ 切 り 後 ナデ 仕 上 げをしている。 黒 色 土 器 A・B 類 は 搬 入 品 である。 土 師 器

杯 1333は、 底 部 円 板 上 に 粘 土 を 巻 き 上 げて 成 形 している 手 法 が 断 面 で 確 認 できる 好 例 である。

(4) 性 格 不 明 の 落 ち 込 み(SX2)

北 部 に 位 置 する。SK83、SK84 と 切 り 合 っている。 前 者 には 切 られているが 後 者 との 先 後 関 係

は 不 明 である。 不 整 形 な 平 面 形 を 呈 し、 長 軸 2.4m、 短 軸 1.7m、 深 さ10 〜 15 cmを 測 る。 埋 土 は 灰 茶 色

砂 〜シルトである。 遺 物 はほとんど 見 られないが 古 代 あるいはそれ 以 前 の 落 ち 込 みである。

(5) 遺 物 包 含 層 下 層 (Ⅶ 層 ) 出 土 の 遺 物 (Fig.87 〜 89)

1349 〜 1362·1364 は 土 師 器 皿 である。 回 転 台 成 形 、ヘラ 切 りで 横 ナデ 調 整 を 基 調 とするが1358

は 内 外 面 ヘラ 磨 きを 行 っている。1363·1365 〜 1368·1370·1371·1373·1375·1377 は 土 師 器 杯 であ

る。 例 外 なく 回 転 台 成 形 、ヘラ 切 り、1375 と1377 は 高 台 付 である。1369·1372·1374·1376 は 土 師 器

椀 である。1372 と1374 は 円 板 状 高 台 を 有 し 糸 切 りである。1378 〜 1390 は 須 恵 器 皿 である。 口 縁

部 が 外 反 するタイプや 直 線 的 に 立 ち 上 がるタイプ、 端 部 を 摘 み 上 げるタイプ(1380·1386·1388)など

が 見 られる。1390 の 外 底 には×のヘラ 記 号 が 認 められる。1391 〜 1397 は 須 恵 器 蓋 である。1398

〜 1406·1408 〜 1412 は 須 恵 器 杯 である。1408 の 底 部 は 糸 切 りである。1413·1414 は 須 恵 器 壷 底 部 、

1415は 同 長 頸 壷 の 頸 部 、1416は 短 頸 壷 である。

1417は 瓦 器 小 皿 である。1418·1420は 黒 色 土 器 A 類 椀 で、 前 者 には 口 縁 部 内 面 に 沈 線 が 巡 る。1421

は 同 B 類 である。 外 面 は4 分 割 してヘラ 磨 きを 施 し、 内 面 には 沈 線 を 有 する。A・B 類 ともに 搬 入 品

115


116


第 Ⅵ 章 本 調 査 NE 区

1349 1350 1351

1352 1353 1354

1355

1356 1357

1358 1359 1360

1361

1362

1364

1363

1365

1367

1369

1368

1370

1366

1373

1371

1372

1376

1374

1375

1377

1379

1381

1378

1380

1385

1382

1384

1388

1383

1387

1390

1386

1389

1391

1393

1392

1394

1395 1396

0 10m

Fig.87 遺 物 包 含 層 (Ⅶ 層 ) 遺 物 測 図

土 師 器 皿 :1349〜13621364 同 杯 :13631365〜136813701371137313751377

土 師 器 椀 :1369137213741376 須 恵 器 皿 :1378〜1390 同 蓋 :1391〜1396

117


118


第 Ⅵ 章 本 調 査 NE 区

1429

1430

1431

1432

1433

1435

1434

1436

1437

1438

1439

1440

1441 1442

1443 1444 1445 1446 1447

1448 1449 1450 1451 1452

1453 1454 1455

1456 1457

0 10m

1458 Fig.89 遺 物 包 含 層 (Ⅶ 層 ) 遺 物 測 図

0 5cm

土 師 器 甕 :1429〜1436 同 羽 釜 :1437 製 塩 土 器 :1438〜1442

土 錘 :1443〜1457 宋 銭 :1458

119


120


第 Ⅵ 章 本 調 査 NE 区

P6

N

P5


SB14

P4

D3.1m


Ⅰ: 灰 茶 色 粘 性 土

SK74 平 面 ・クシン

0 1m

(S140)

P3

P2

P1

1459

D3.2m

1460

1462

1461

P8

P9

P1


1464

1463

P2

P7

SB15

P3

1465

1466

P6

P5

P4

0 10m

D3.2m

0 2m

(S180)

Fig.91 SB14・15SK74 遺 構 遺 物 測 図

SB15:1459〜1464 SK74:14651466

121


122


第 Ⅵ 章 本 調 査 NE 区

N

N

N

D3.1m

SK63 平 面 ・シン

X52319.158

3522.659


D3.0m

X52318.944

3521.844

Ⅰ: 灰 黄 褐 色 粘 性 土

SK65 平 面 ・クシン

X52311.374

3519.824


SK66 平 面 ・クシン

D3.2m

X52311.191

3518.865

Ⅰ: 黄 茶 色 粘 性 土

N

N

N

X52305.829

3517.688


D3.2m

X52305.594

3516.312

D3.2m

D3.2m

Ⅰ: 灰 黄 茶 色 粘 性 土

SK68 平 面 ・クシン

SK69 平 面 ・シン

SK71 平 面 ・シン

X52296.143

3522.119


D3.0m

X52296.049

3523.011

Ⅰ: 灰 褐 色 粘 性 土

N

SD21 クシン(1)

X52305.594

3523.273



SD21 クシン(2)

D3.0m

X52303.533

3522.492

Ⅰ: 灰 褐 色 粘 性 土

Ⅱ: 黄 灰 色 粘 性 土

X52320.213

3521.619




SD25 クシン

D3.0m

X52321.312

3521.558

Ⅰ: 黄 茶 色 粘 性 土

Ⅱ: 灰 茶 色 粘 性 土

Ⅲ: 淡 茶 色 粘 性 土

X52306.195

3523.095


SK75 平 面 ・クシン

D2.8m

X52306.202

3521.565

Ⅰ: 黄 灰 色 粘 性 土

0 2m

(S180)

1469 1470 1471

1472

1473

1474

0 10m

Fig.93 SK63・65・66・68・69・71・75SD21・25 遺 構 SD20 遺 物 測 図

123































124


第 Ⅵ 章 本 調 査 NE 区

であり、B 類 1421は 楠 葉 産 で10 世 紀 後 半 に 時 期 比 定 できる。1419·1423は 緑 釉 陶 器 で、ともに 近 江 産 、

平 安 京 Ⅲ 期 中 段 階 に 属 する。1422は 灰 釉 陶 器 皿 である。1424は 白 磁 碗 底 部 である。1425は 弥 生 土 器

の 上 胴 部 である。 微 隆 起 帯 を 巡 らし 上 下 に 円 形 浮 文 と 棒 状 浮 文 を 貼 付 している。 中 期 末 の 壷 である。

1426 〜 1436は 土 師 器 甕 である。1426は 口 縁 部 が 外 反 、 他 は「く」 字 に 屈 曲 する。1426は 搬 入 品 であ

る。1437は 同 羽 釜 である。1438 〜 1442は 製 塩 土 器 である。 内 面 には 布 目 圧 痕 があり、 何 れも 堅 緻 に

焼 きしまっている。1443 〜 1457は 土 師 器 土 錘 である。1458は 古 銭 「 皇 宋 通 宝 」( 真 書 )である。 銭 径

2.5cm、 内 径 1.81cm、 中 央 部 分 に 径 1cmの 円 孔 を 二 次 的 に 穿 っている。 北 宋 銭 で 初 鋳 は1038 年 である。

3 上 層 ( 中 世 )の 遺 構 と 遺 物

(1) 掘 立 柱 建 物

SB14(Fig.91)

調 査 区 中 央 部 に 位 置 しSB15と 重 複 している。 一 部 調 査 区 外 に 出 ているが、 梁 間 2 間 (4.0m)× 桁 行 3

間 (6.8m)の 南 北 棟 で、 棟 方 向 はN−11°−Eである。 柱 穴 の 掘 り 方 はおおよそ 円 形 で、 径 20 〜 50cm、

深 さ10 〜 30cmである。P3に 径 15cm 前 後 の 柱 痕 跡 が 認 められる。 埋 土 は 茶 色 粘 性 土 である。 遺 物 は

P4・P6などから 土 師 器 細 片 が 出 土 しているが 図 示 できるものはない。

SB15(Fig.91)

梁 間 2 間 (4.2m)× 桁 行 3 間 (5m)の 南 北 棟 で、 棟 方 向 はN−8.5°−Eである。 柱 穴 の 掘 り 方 はおおよ

そ 円 形 で、 径 25 〜 60cm、 深 さ13 〜 43cmである。P1、P7、P9 には 径 20 〜 25cm 前 後 の 柱 痕 跡 が 認 め

られる。 埋 土 は 茶 色 粘 性 土 である。 遺 物 は P3 から 白 磁 小 皿 D 類 (1460)と 土 師 器 土 錘 (1462·1463)、

P4から 瓦 器 小 皿 (1459)と 細 蓮 弁 文 を 有 する 青 磁 碗 (1461)、P7から 土 師 器 土 錘 (1464)、 瓦 器 などの 細

片 は 出 土 している。

SB16(Fig.92)

SB15 の 南 隣 にある。 梁 間 2 間 (5.2m)× 桁 行 4 間 (7.6m)の 南 北 棟 で、 棟 方 向 はN−11°−Eである。

柱 穴 の 掘 り 方 はおおよそ 円 形 で、 径 20 〜 55cm、 深 さ13 〜 43cmである。P4とP8に 径 20cm 前 後 の 柱 痕

跡 が 認 められる。 埋 土 は 茶 色 粘 性 土 である。 遺 物 はP2・P5などから 土 師 器 細 片 が 出 土 しているが、

図 示 できたのはP2 の 土 師 器 杯 (1467)のみである。P5 床 面 には10 ×20cm 大 の 角 礫 3 個 が 置 かれてい

る。

(2) 土 坑

SK60(Fig.92)

調 査 区 の 北 部 にある。SD24 とSK61 を 切 っている。 平 面 形 は 楕 円 形 を 呈 し 長 軸 1.2m、 短 軸 0.95m、

深 さ10 〜 15 cmを 測 る。 埋 土 は 灰 色 粘 性 土 である。 土 師 器 杯 ・ 皿 などの 細 片 が 出 土 しているが 図 示

できるものはない。

SK61(Fig.92)

西 を SK60 に 切 られている。 平 面 形 は 隅 丸 長 方 形 状 を 呈 するものと 考 えられる。 埋 土 は 茶 色 粘 性

土 である。 土 師 器 細 片 が 極 少 量 出 土 している。

SK62(Fig.92)

SK60 の 東 隣 にある。 東 側 は 撹 乱 坑 に 切 られている。 平 面 形 は 不 整 形 を 呈 し、 長 軸 は1.2m 以 上 、 短

軸 は1.25m、 深 さ12 cmを 測 る。 埋 土 は 炭 化 物 を 多 く 含 んだ 灰 黄 色 粘 性 土 である。 遺 物 は 土 師 器 細 片

125


を 多 く 含 むが 土 錘 (1468)を 図 示 し 得 たのみである。

SK63(Fig.93)

SK62の 南 にある。 西 側 を 撹 乱 溝 によって 切 られている。 平 面 形 は 短 軸 1.0mの 隅 丸 方 形 を 呈 し、 深

さは10cmを 測 る。 埋 土 は 灰 色 粘 性 土 である。 遺 物 は、 土 師 器 片 が 極 少 量 出 土 している。

SK65(Fig.93)

北 部 にある。 平 面 形 は 隅 丸 方 形 である。 長 軸 75cm、 短 軸 70cm、 深 さ10cm 前 後 を 測 る。 埋 土 は 灰 黄

褐 色 粘 性 土 である。 土 師 器 細 片 が 極 少 量 出 土 している。

SK66(Fig.93)

SK63 の 南 にあり 西 側 を 撹 乱 坑 に 切 られている。 平 面 形 は 隅 丸 方 形 を 呈 するものであろう。 南 北

方 向 に1.0m、 深 さ15cm 前 後 を 測 る。 埋 土 は 黄 茶 色 粘 性 土 である。 遺 物 は 土 師 器 片 が 少 量 出 土 してい

る。

SK68(Fig.93)

中 央 部 にある。 平 面 形 は 隅 丸 方 形 を 呈 し、 北 壁 で 小 ピットと 切 り 合 っている。 長 軸 1.2m、 短 軸

1.1m、 深 さ20cm 前 後 を 測 る。 埋 土 は 灰 黄 茶 色 粘 性 土 である。 土 師 器 細 片 が 多 く 出 土 しているが 図 示

できるものはない。

SK69(Fig.93)

SK68の 東 隣 にある。 平 面 形 は 隅 丸 方 形 を 呈 し、 東 壁 でピットと 切 り 合 っているが 先 後 関 係 は 不 明

である。 長 軸 1.2m、 短 軸 0.85m、 深 さ10cmを 測 る。 埋 土 は 灰 茶 色 粘 性 土 である。 土 師 器 細 片 が 出 土 し

ている。

SK70

SK69 の 南 にある。 長 軸 2m 前 後 の 不 整 形 の 浅 い 土 坑 で、SK72 と 切 り 合 っている。 埋 土 は 灰 茶 色

粘 性 土 である。 遺 物 は、 土 師 器 、 瓦 器 の 細 片 が 出 土 しているが、 図 示 できるものはない。

SK71(Fig.93)

SB16と 重 複 する 位 置 にある。 平 面 形 は 隅 丸 方 形 を 呈 し、 長 軸 1.35m、 短 軸 1.15m、 深 さ10cm 前 後 であ

る。 埋 土 は 灰 茶 色 粘 性 土 である。 遺 物 は 見 られない。

SK72

平 面 は 不 整 形 を 呈 し、 長 軸 1.3m 前 後 、 深 さは 数 cmと 浅 い。 人 工 的 な 遺 構 ではないかもしれない。

埋 土 は 灰 黄 色 粘 性 土 である。 瓦 器 細 片 が 少 量 出 土 している。

SK74(Fig.91)

東 壁 際 に 位 置 する。 下 層 で 検 出 したが 本 来 は 上 層 で 検 出 すべき 遺 構 である。 半 分 近 くが 調 査 区 外

に 出 ているが、 平 面 形 は 隅 丸 長 方 形 を 呈 するものであろう。 長 軸 2.5m、 短 軸 1.3m、 深 さ15cm 前 後 を 測

る。 埋 土 は 灰 茶 色 粘 性 土 である。 遺 物 は 瓦 器 椀 (1465)と 瓦 質 鍋 (1466)が 出 土 している。

SK75(Fig.93)

調 査 区 中 央 部 の 西 寄 りにある。 上 層 では 検 出 できずに 下 層 で 検 出 したが 中 世 の 遺 構 である。 平 面

形 は 楕 円 形 状 で 長 軸 2.1m、 短 軸 1.25m、 深 さ15cm 程 を 測 るが、 本 来 の 深 さは65cm 前 後 であったものと

考 えられる。 埋 土 は 黄 灰 色 粘 性 土 である。 土 師 器 細 片 が 出 土 しているが 図 示 できるものはない。

(4) 溝

SD20(Fig.93·94)

126


第 Ⅵ 章 本 調 査 NE 区

1493 1494 1495 1496

1497

1498 1499

1500 1501 1502

1503

1505

1504

1508

1506 1507

1510

1509

1511

1512

1513

1514

1517

1515

1518

1519

1521

1516

1522

1520

1525

1524

1523

1526

1528

1529

1527

1531 1532

1530

1533

1534

0 10m

1535

1536

Fig.95 遺 物 包 含 層 (Ⅴ 層 ) 遺 物 測 図

土 師 器 小 杯 :1493 同 杯 :1505〜1511 同 小 皿 :14941495 同 皿 :1496〜1504 同 椀 :1512

須 恵 器 皿 :15131514 同 杯 :1515〜15171519152015221523 同 椀 :1521

須 恵 器 蓋 :1524〜1526 同 壷 :1527 緑 釉 椀 :15181528〜1530

黒 色 土 器 A 類 椀 :15331535 同 B 類 椀 :1532 瓦 器 小 皿 :1531 瓦 器 椀 :15341536

127


128


第 Ⅵ 章 本 調 査 NE 区

1560

1561

1562

1563

1564 1565 1566 1567 1568

1569 1570 1571 1572 1573

1574 1575 1576 1577 1578

1579 1580 1581 1582

0 10m

1583

Fig.97 遺 物 包 含 層 (Ⅴ 層 ) 遺 物 測 図

土 師 器 甕 :1561 土 師 器 羽 釜 :1560 製 塩 土 器 :15621563 土 錘 :1564〜1582 石 :1583

調 査 区 の 西 を 南 北 に 走 る 埋 土 の 広 がりが 確 認 され、SD20とした。 北 は 試 掘 坑 に 切 られ、 南 は 側 溝

に 切 られており、さらに 西 側 の 肩 も 側 溝 に 切 られている。 確 認 延 長 18.0m、 最 大 幅 は70cm 前 後 を 測 る。

深 さは15 〜 20 cmを 測 る。 北 端 で 確 認 した SD25 に 繋 がる 可 能 性 がある。 埋 土 は 灰 茶 色 砂 〜シルト

層 である。

遺 物 は、 土 師 器 杯 (1470·1471)、 瓦 器 椀 (1469)、 青 磁 碗 Ⅰ4 類 (1472)、 東 播 系 捏 鉢 (1473)、 瓦 質 鍋

(1474)、 瓦 質 羽 釜 (1475) 東 播 系 土 師 器 釜 (1476·1478)、 土 師 器 甕 (1477)、 瓦 質 甕 (1479)、 備 前 甕 (1480)、

土 師 器 土 錘 (1481 〜 1484)を 図 示 することができた。 東 播 系 土 師 器 釜 (1478)の 鍔 には 刻 目 が 施 され

ている。

129


SD21(Fig.93)

SD20 の 東 隣 を 併 行 して 走 る 溝 である。 確 認 延 長 16.0m、 中 央 部 で70cm、 深 さは10 〜 20cmを 測 る。

埋 土 はⅠ: 灰 褐 色 粘 性 土 、Ⅱ: 黄 灰 色 粘 性 土 である。 遺 物 は 見 られない。 北 部 で 検 出 しているSD24に

繋 がるものと 考 えられる。

SD24(Fig.94)

調 査 区 北 部 にある。 南 は 試 掘 坑 に 切 られており 北 はSD25と 切 り 合 っているが、 先 後 関 係 は 不 明 で

ある。 確 認 延 長 10.0m、 幅 60cm、 深 さ25cm 前 後 を 測 る。 埋 土 は 灰 茶 色 粘 性 土 である。 遺 物 はほとんど

認 められなく、 図 示 し 得 たのは 土 師 器 土 錘 (1485)のみである。

SD25(Fig.93)

調 査 区 北 部 にある。 東 西 に 走 る 確 認 延 長 7.0m、 幅 90cm、 深 さ25cm 前 後 を 測 る。 両 端 が 調 査 区 外 に

出 ているが、 西 部 は 南 に 大 きく 曲 がっているものと 考 えられ、SD20 に 繋 がっている 可 能 性 がある。

埋 土 はⅠ: 黄 茶 色 粘 性 土 、Ⅱ: 灰 茶 色 粘 性 土 、Ⅲ: 淡 茶 色 粘 性 土 である。 遺 物 はほとんど 認 められない。

(5) ピット 出 土 の 遺 物 (Fig.94)

P314 とP329 からは 青 磁 碗 (1490·1491)、P321 からは 土 師 器 杯 (1487)、P332 からは 陶 胎 の 緑 釉 碗

(1488)、P382からは 瓦 器 椀 (1486)、P389からは 青 磁 底 部 (1489)と 土 師 器 土 錘 (1492)が 出 土 している。

(6) 集 石

集 石 1(Fig.94)

調 査 区 南 部 J96 グリッドで2.5 ×1.5mの 範 囲 から 角 礫 が 集 中 して 検 出 された。 大 きさ30 cm 以 上 の

人 頭 大 から10cm 未 満 の 拳 大 ほどの 大 きさで、その 多 くは 火 を 受 けて 赤 変 している。 礫 群 の 南 から 土

師 器 椀 (1374)が 出 土 している。 西 側 には 杭 列 が 南 北 方 向 に 見 られるが 関 連 性 は 不 明 である。

集 石 2(Fig.94)

中 央 部 のK93 において、 角 礫 が 南 北 70cm、 東 西 60cmの 楕 円 形 状 に 配 されている。 角 礫 の 大 きさは

15 〜 30cmを 測 る。 石 材 は 全 て 砂 岩 でほとんどが 火 を 受 けて 赤 変 している。

(7) 遺 物 包 含 層 上 層 (Ⅴ 層 ) 出 土 の 遺 物 (Fig.95 〜 97)

1493 は 土 師 器 小 杯 、1505 〜 1511 は 同 杯 である。1505 と1508 の 外 底 には「×」のヘラ 記 号 がある。

1494 と1495 は 土 師 器 小 皿 、1496 〜 1504 は 同 皿 である。 土 師 器 杯 ・ 皿 共 に 回 転 台 成 形 で、 杯 1510 は

糸 切 りであるが、 他 はヘラ 切 りである。1512 は 土 師 器 椀 である。1513·1514 は 須 恵 器 皿 、1515 〜

1517·1519·1520·1522·1523は 須 恵 器 杯 である。1521は 同 椀 で 高 台 を 有 し、 外 面 にヘラ 磨 きが 認 められ

る。1524 〜 1526は 須 恵 器 蓋 、1527は 同 壷 である。1518·1528 〜 1530は 緑 釉 陶 器 である。1518·1528

は 陶 胎 、1530は 軟 胎 で 共 に 洛 西 産 、 平 安 京 Ⅱ 期 中 〜 新 段 階 に 属 する。1529は 陶 胎 で 山 城 産 、 平 安 京 Ⅱ

期 中 段 階 に 属 する。

1533と1535は 黒 色 土 器 椀 A 類 、1532は 同 B 類 椀 である。1533は 搬 入 品 である。1531は 瓦 器 小 皿 、

1534·1536は 瓦 器 椀 である。

1537は 白 磁 碗 底 部 、1538は 白 磁 皿 Ⅸ 類 である。1539·1542は 龍 泉 窯 系 青 磁 碗 Ⅰ5b 類 、1543は 同 底

部 である。1540と1541は 青 磁 皿 で、 前 者 は 同 安 窯 系 、 後 者 は 龍 泉 窯 系 の 稜 花 皿 である。1544は 近 世 陶

磁 器 である。1545 〜 1547 は 東 播 系 捏 鉢 、1548·1549 は 備 前 擂 鉢 である。1550·1556·1557·1559·1561

は 土 師 器 甕 で、1550 は 紀 伊 型 に 属 する。1551·1552 は 東 播 系 土 師 器 釜 、1560 は 摂 津 型 羽 釜 、1553 〜

1555は 瓦 質 羽 釜 である。1558·1562·1563は 製 塩 土 器 、1564 〜 1582は 土 師 器 管 状 土 錘 である。

130


第 Ⅶ 章

考 察

1 古 代 ・ 中 世 の 土 器 様 相

上 ノ 村 遺 跡 からは 縄 文 時 代 晩 期 から 近 世 にかけての 遺 物 が 出 土 しており、 当 遺 跡 が 長 期 間 にわ

たって 存 続 していたことを 物 語 っている。 今 次 調 査 においては 古 代 から 中 世 の 土 器 がもっとも 多 く

出 土 している。これらの 中 には、 黒 色 土 器 B 類 や 常 滑 、 紀 伊 型 甕 などこれまで 本 県 では 出 土 例 がそれ

ほど 多 くなかったものも 見 られる。また、 東 部 の 物 部 川 とは 異 なった 特 徴 をも 見 せている。ここで

は、 古 代 ・ 中 世 の 土 器 を 中 心 に、 供 膳 具 、 煮 炊 具 、 調 理 具 、 貯 蔵 具 に 別 けて、 各 形 態 別 に 型 式 分 類 を 行 い、

編 年 的 位 置 付 けや 諸 特 徴 の 抽 出 を 行 う。

南 四 国 における 当 該 期 の 土 器 編 年 については、 松 田 直 則 1)、 池 澤 俊 幸 2・3)、 吉 成 承 三 4) 等 が 精 力 的 に

取 り 組 まれ 充 実 しつつある。さらに 近 年 の 資 料 の 増 加 によって、 小 地 域 での 編 年 や 地 域 性 の 抽 出 な

ども 試 みられるようになり、 仁 淀 川 流 域 においては、 田 中 ( 徳 平 ) 涼 子 の 論 考 5)がある。

今 次 調 査 の 出 土 土 器 は、 遺 構 一 括 資 料 は 少 なく 包 含 層 資 料 が 多 い。 上 記 の 研 究 成 果 に 依 拠 しなが

ら 主 として 口 縁 部 形 態 や 法 量 などによって 型 式 分 類 を 行 うことにする。 土 師 器 の 編 年 については 特

に 断 りのない 場 合 は 池 澤 編 年 による。2・3)

(1) 供 膳 具

1 土 師 器

出 土 土 器 の 中 で 最 も 多 く、 杯 、 皿 、 椀 が 見 られる。


形 態 や 製 作 手 法 、 法 量 などから 大 きく12 タイプに 分 類 することができた。ほとんどすべてが 回 転

台 成 形 で、 手 捏 ねは 例 外 的 な 存 在 である。

A 類 : 底 部 から 丸 味 を 帯 びて 立 ち 上 がるタイプである。 口 縁 部 は 直 線 的 に 延 びるタイプが 多 いが 外

反 するものや 内 湾 するものも 少 量 見 られる。すべてヘラ 切 りである。551にはヘラミガキが 見

られる。(551・762・1130・1360・1362・1365・1402)

B 類 : 底 部 脇 が 僅 かに 凹 む。 口 径 12 cm 前 後 のものと15 cm 前 後 のものが 見 られる。すべてヘラ 切 りで

ある。(597・740・881・1366)

C 類 : 底 部 脇 に 凹 み、あるいは 段 を 持 ち、 体 部 は 僅 かに 外 方 に 膨 らみ、 口 縁 部 はほとんど 例 外 なく 外 反

する。 底 部 の 凹 み、 段 はB 類 とともに 円 盤 の 上 に 体 部 を 成 形 して 行 く 分 割 成 形 技 法 の 採 用 と 関

係 するものと 考 えられる。B 類 に 比 して 器 壁 が 薄 くシャープな 作 りである。 口 径 12 〜 13cm 前

後 、 器 高 指 数 20 〜 25 前 後 の C Ⅰ 類 (975 〜 979・1038・1040・1041・1141・1144・1146・1361)と30

近 くを 示 すCⅡ 類 (1509)がある。すべてヘラ 切 りである。

D 類 : 器 壁 、 特 に 底 部 の 厚 い 作 りの 一 群 である。 口 縁 部 に 向 って 直 線 的 に 立 ち 上 がるものが 多 い。す

べてヘラ 切 りである。 法 量 分 化 が 見 られる。 口 径 10 cm 前 後 で 器 高 2.5 cmの D Ⅰ 類 (1324・1325・

1327・1328など)、 口 径 10cm 前 後 で 器 高 3cm 前 後 のDⅡ 類 (284・754・1326)、 口 径 11cm 前 後 で 器 高 3.5

cm 前 後 のDⅢ 類 (1329・1331・1332・1333)、 口 径 13 〜 15cm、 器 高 5cm 前 後 と 大 振 りのDⅣ 類 (878)

である。

E 類 : D 類 に 高 さ1.5 cmほどの 高 い 高 台 が 付 くものである。 点 数 が 少 ないのでここでは 一 括 するが 上

131


の 細 分 タイプに 対 応 するものと 考 えられる。(576・1335・1336)

F 類 : 口 径 10 cm 前 後 で 器 高 指 数 20 前 後 の 浅 い 杯 で 口 縁 部 が 強 く 外 反 する。すべてヘラ 切 りである。

(736・737・778・780)

G 類 : 形 態 的 には 上 のDⅠ・DⅡ 類 に 類 似 するが 糸 切 りである。(111・354・527・578・596・601)

H 類 : 底 部 から 比 較 的 直 線 的 に 立 ち 上 がり、 口 径 12cm 前 後 、 器 高 指 数 25 〜 30 前 後 のものが 多 い。

すべて 糸 切 り。(223・354・418・434・601・607・895・1198・1510)

I 類 : 口 径 15cm 前 後 の 大 振 りのものが 多 く 内 外 面 にロクロ 目 が 顕 著 で、 口 縁 部 は 外 反 し、 底 部 は 糸 切

りである。 土 師 器 杯 の 中 で 最 も 出 土 例 が 多 い。(469・605・610・807・811・812・813・1043・1214 な

ど)

J 類 : 胎 土 中 に 砂 粒 をほとんど 含 まない。 水 簸 粘 土 をつかっている。I 類 より 小 振 りである。ロクロ

成 形 であるが 内 外 面 にロクロ 目 を 残 さない。(1044・1363)

K 類 : 口 径 7 〜8cm、 器 高 2 cm 以 下 の 小 杯 である。ヘラ 切 りの K Ⅰ 類 (779)と 糸 切 りの K Ⅱ 類 (110・

281・568・571・782・858・1135など 多 数 )がある。

L 類 : 手 捏 ね 成 形 の 杯 。(416・417・419)

杯 高 台

A 類 : 円 盤 状 高 台 、B 類 : 輪 高 台 、C 類 : 中 空 高 台 に 大 別 され、さらに 細 分 される。

AⅠ 類 : 高 台 高 が1cm 前 後 のもの。(99・118・241・793・1047)

AⅡ 類 : 高 台 高 が2cm 前 後 のもの。(485)

BⅠa 類 :ハ 字 状 にしっかりと 踏 ん 張 るタイプ。(1150)

BⅠb 類 :ハ 字 状 を 呈 するがⅠa 類 より 小 振 りである。(1148)

BⅠc 類 :ハ 字 状 を 呈 し 更 に 細 くなったタイプ。(547・756)

BⅡa 類 : 垂 直 に 立 ち 上 がる 高 台 で、 端 部 が 丸 みを 持 つ。(759・1049・1151・1266)

BⅡb 類 : 垂 直 に 立 ち 上 がる 高 台 で、 端 部 が 強 いヨコナデによって 肥 厚 する。(759・1048・1377)

C 類 : 円 柱 状 の 中 空 高 台 を 持 つもの。(876)


A 類 : 口 径 12cm 以 上 を 測 り 口 縁 部 に 向 かって 斜 めに 立 ち 上 がる。 口 縁 形 態 によって 細 分 される。

AⅠ 類 : 口 縁 端 部 を 摘 まみ 上 げる。(553・752・973・994・1138・1139・1140・1496)

AⅡ 類 : 口 縁 部 に 向 かって 直 線 的 に 立 ち 上 がる。(972・1034・1035・1037・1257・1358など)

AⅢ 類 : 口 縁 部 に 向 かって 外 反 する。(971・974・1136・1261・1263・1285・1498・1499・1500 〜 1504など)

AⅣ 類 : 口 縁 部 が 強 く 外 反 する。(532・1036・1137・1357・1497)

B 類 : 内 湾 気 味 に 立 ち 上 がり 口 縁 部 が 外 反 する。(934)

C 類 : 杯 D 類 と 作 りが 共 通 する。 口 径 10 cm 前 後 、 器 高 1.5 cm 程 の 小 振 りの 皿 である。(525・526・579・

890・1322・1323・1494・1495)

D 類 : C 類 と 同 様 な 形 態 を 有 し 糸 切 りによるもの。(575・776・781)

E 類 : 手 捏 ね 成 形 によるもの。(244・245・777)


椀 は 全 体 の 形 態 を 捉 えることのできる 資 料 が 僅 少 であるため、 主 に 高 台 の 形 態 で 分 類 する。 大 き

く 円 盤 状 高 台 (A 類 )と 輪 高 台 (B 類 )に 別 けることができる。

132


第 Ⅶ 章 考 察

AⅠ 類 :ヘラ 切 りを 採 用 するもの。(1334)

AⅡ 類 : 糸 切 りを 採 用 するもの。(224・530・599・602・609・613・794・795・808・809・1372・1374など)

BⅠa 類 : 断 面 三 角 形 状 をなし、 高 台 径 7cm 前 後 。(559・612・798・805・1369)

BⅠb 類 : 断 面 三 角 形 状 をなし、 高 台 径 9 〜 10cmと 大 振 り。(1052・1260)

BⅡ 類 : 断 面 長 方 形 のしっかりした 高 台 が 外 方 に 踏 ん 張 る。 底 部 外 面 はヘラ 切 り 後 に 丁 寧 なナデ 調

整 が 施 される。(1339)

BⅢ 類 : 長 さ1cmほどのやや 高 めの 高 台 で、 端 部 は 強 いヨコナデ 調 整 により 肥 厚 、 高 台 径 は6 〜 7cm。

(614・618・619・799・801・1511)

BⅣ 類 : 長 さ1cmほどのやや 高 めの 高 台 で 端 部 を 丸 くおさめる。(739)

BⅤ 類 : 高 台 の 高 さは5〜 6mmと 低 い。 高 台 径 5 〜 6cm。 底 部 外 面 は 糸 切 りが 多 い。

(611・615・621・797・804)

BⅥ 類 : 高 台 径 3.8cmと 小 振 りで、 体 部 は 手 捏 ね 成 形 。(231)

杯 A・B 類 は 古 相 の 様 相 を 呈 する。A 類 の1130は 古 代 の 溝 SD13から 須 恵 器 杯 A・B 類 と 共 伴 する。

B 類 の881 もSD35 で 須 恵 器 と 共 伴 している。 他 のA・B 類 は 包 含 層 出 土 例 が 多 いがほとんど 下 層 か

らの 出 土 である。A 類 は 池 澤 の 編 年 のⅠ–6 〜 7 期 に、B 類 はⅡ–1 期 に 併 行 関 係 を 求 めたい。C 類 は

SD15(975 〜 979)からまとまって 出 土 している。C 類 は 成 形 手 法 や 法 量 から 小 籠 遺 跡 6)の SK130・

136 出 土 の 杯 類 に 類 似 しておりⅡ–2 期 に 併 行 関 係 が 求 められよう。 小 籠 遺 跡 の 場 合 は 器 高 の 低 いも

のと 高 いものが 相 半 ばしていたが、ここでは C Ⅱ 類 とした 後 者 は1 例 見 られるのみである。このよ

うな 現 象 は 旧 稿 7)でも 指 摘 したように 西 分 増 井 遺 跡 8)や 西 鴨 地 遺 跡 9)でも 見 られる。 西 部 地 域 の 特

徴 であるかもしれない。

DⅠ・Ⅱ・Ⅲ 類 、E 類 は、 土 師 器 皿 C 類 (525)とともにS 区 の 土 器 集 中 地 点 1やNE 区 の 土 器 集 中 7か

ら 共 伴 出 土 している。これらのタイプは、ひびのきサウジ 遺 跡 SE1 や 土 佐 国 衙 SX11 から 出 土 して

おり10・11)、Ⅲ–1 期 の 指 標 となるものである。またDⅣ 類 は 形 態 的 には 後 述 のI 類 と 似 ているが 成 形

技 法 が 全 く 異 なっている。 出 土 例 は 僅 少 であるがSK90 で 白 磁 碗 Ⅴ 類 (879)、 土 師 器 椀 (877)、 同 杯 高

台 C 類 (876)などと 共 伴 していることからⅢ–1 期 に 近 似 する 時 期 であろう。E 類 はいわゆる「 足 高 高

台 」 杯 と 呼 ばれるものである。F 類 は、 遺 構 での 共 伴 関 係 はないが 法 量 や 成 形 技 法 から 同 時 期 に 位 置

付 けることができよう。G 類 は 底 部 糸 切 りである。S 区 の 土 器 集 中 1 で、 先 に 挙 げた 土 器 群 と 共 伴 し

ている。 東 部 のひびのきサウジ 遺 跡 SE1では 在 地 の 小 型 の 杯 ・ 皿 において 糸 切 りが 出 現 し 始 めるが、

G 類 も 同 様 の 現 象 として 捉 えることができよう。

H 類 は SD3 や P123 で 瓦 器 椀 や 貿 易 陶 磁 器 と 共 伴 出 土 している。Ⅲ–3 期 からⅣ 期 にかけて 盛 行 す

る 杯 である。Ⅰ 類 もほぼ 同 時 期 の 所 産 と 考 えられるが 良 好 な 共 伴 例 がない。812・1043・1214 など 口

径 15 cm 前 後 の 大 振 りタイプは 曽 我 遺 跡 SK5 などⅢ–3 期 に 比 定 できると 考 えられるが 量 的 には 少 な

い。12)J 類 は 田 村 遺 跡 Loc.42のSD7やSK96から 大 量 に 出 土 している 一 群 に 一 致 するタイプで15 世

紀 代 とすることができる。13)K 類 は、ヘラ 切 りのKⅠ 類 の 出 現 を 杯 小 型 化 のなかで 捉 えるならばⅢ

–1 期 に 求 めなければならないであろう。 糸 切 りのKⅡ 類 は 以 後 大 量 に 見 られるタイプで 中 世 を 通 し

て 見 られる。L 類 とした 手 捏 ね 土 器 は、 田 村 遺 跡 では 大 量 に 出 土 しているが、それ 以 外 の 遺 跡 では 僅

少 な 存 在 である。 今 次 調 査 では3 点 が 図 示 し 得 たのみである。417はP123で、 尾 上 編 年 Ⅳ 期 14)の 和 泉

133


型 瓦 器 椀 が 伴 っている。L 類 の 比 較 的 まとまった 資 料 としては 仁 淀 川 流 域 では 千 本 杉 遺 跡 P2016 か

ら 同 様 の 瓦 器 椀 底 部 や K Ⅱ 類 を 伴 っている。また 十 万 遺 跡 SK11 からも 杯 H 類 などと 共 に 出 土 して

いる。15・16)

杯 高 台

A 類 はSD6 から241 が 出 土 している 以 外 は 共 伴 関 係 がつかめない。Ⅲ–2 期 に 初 現 が 求 められるタ

イプである。 仁 淀 川 流 域 では13 世 紀 前 半 代 とされている 林 口 遺 跡 ⅡのSD112やSD201から 大 量 の 土

師 器 杯 H・I 類 や 瓦 器 椀 などと 共 に 出 土 している。AⅡ 類 は 僅 少 な 存 在 で 管 見 の 限 りでは 類 例 を 田 村

遺 跡 Loc.14のP34に 見 るのみである。

B Ⅰ a 類 は、 古 相 である。 作 り 形 態 から 律 令 的 土 器 様 式 の 中 に 位 置 付 けられる。SD14 の 出 土 であ

るが 明 らかに 混 入 である。BⅡ 類 (1266)はSK82で 土 師 器 皿 AⅢ 類 (1263)と 共 伴 しており、Ⅱ–1・2 期

に 属 する。


AⅠ 類 は 土 師 器 皿 の 中 では 最 も 古 相 のタイプで、Ⅰ 期 の 範 疇 にある。SD15でAⅡ・Ⅲ 類 と 一 緒 に 出

土 しているが、これは 混 入 としなければならない。このAⅡ・Ⅲ・Ⅳ 類 は、Ⅰ 期 皿 の 矮 小 化 ・ 小 型 化 の 中

で 捉 えられるべきものでありⅡ–1・2 期 の 中 で 捉 えることができよう。B 類 は 出 土 状 況 からⅠ 期 に 属

する。C 類 はS 区 ・NE 区 の 土 器 集 中 出 土 例 が 多 いことからⅢ–1 期 の 所 産 とすることができる。 糸 切

りのD 類 は 先 に 見 た 杯 G 類 と 同 様 の 背 景 からⅢ–1 期 として 捉 えることができよう。 手 捏 ね 皿 E 類 の

777はⅢ–3 期 の 指 標 となっている 曽 我 遺 跡 SK5 出 土 例 と 類 似 している。


底 部 が 確 認 できるものは41 点 出 土 しておりA 類 :B 類 =15 点 (36.6%):26 点 (63.4%)でB 類 が 多 く

を 占 めている。AⅠ 類 ではヘラ 切 りは1 点 (1334)、 他 はすべて 糸 切 りである。 後 者 は 前 者 に 比 べて 高

台 径 が 小 さくなる 傾 向 が 見 られる。B 類 は 底 部 切 り 離 し 後 、ナデ 調 整 が 施 されるために 切 り 離 し 痕

跡 を 確 認 することが 難 しいが、5 点 において 糸 切 り 痕 跡 が 見 られた。これらは 何 れもBⅢ・Ⅴ 類 に 属

する。

AⅠ 類 の1334とAⅡ 類 の530は、 土 器 集 中 からの 出 土 で、おおよそⅢ–1 期 に 比 定 することができよ

う。B 類 については 共 伴 関 係 を 掴 むことができないが、 類 似 例 をひびのきサウジ 遺 跡 の SE1 に 求 め

ることができよう。 高 台 径 の 小 さなBⅤ 類 については 後 出 するものと 考 えられる。

B Ⅵ 類 は、 吉 備 系 椀 である。 徳 島 県 では 中 島 田 遺 跡 17)などから 多 量 に 出 土 しているが 本 県 では 初

めての 出 土 である。 口 径 から 橋 本 編 年 のⅣ–1 期 18)に 該 当 させることができよう。

2 須 恵 器


A 類 : 口 縁 部 が 直 線 的 に 外 方 に 立 ち 上 がる。(1010・1012・1018・1019・1021・1293・1401など)

B 類 : 高 台 を 持 つ 杯 である。 体 部 全 体 を 把 握 できるのは1296のみである。


AⅠ 類 : 口 縁 端 部 を 摘 み 上 げる。 土 師 器 皿 AⅠ 類 に 類 似 した 形 態 。

(627・880・932・954・957・999・1000・1003・1107・1384・1385・1514など 多 数 )

134


第 Ⅶ 章 考 察

AⅡ 類 : 口 縁 部 が 直 線 的 に 外 方 に 延 びる。 土 師 器 皿 AⅡ 類 に 類 似 した 形 態 。(891・1383・1387)

AⅢ 類 : 口 縁 部 に 向 って 外 反 する。 土 師 器 皿 AⅢ 類 に 類 似 した 形 態 。

(938・1378・1379・1382・1389・1513)


全 体 の 器 形 を 把 握 できる 例 がほとんど 見 られないが、 総 じて 丁 寧 な 作 りが 多 い。

A 類 : 宝 珠 形 の 摘 みをもつ。 天 井 部 内 外 面 のナデ 調 整 が 丁 寧 になされる。(1157・1159)

B 類 : 扁 平 なボン 状 の 摘 みをもつ。 全 体 に A 類 に 比 べてナデ 調 整 がやや 粗 雑 。(748・946・990・1023・

1024・1134・1156)

C 類 : 両 者 の 中 間 的 な 形 態 の 摘 みをもつ。(760)


全 体 の 形 状 を 把 握 できる 例 がないので 高 台 形 態 で 分 類 する。

A 類 : 円 盤 状 高 台 を 有 し 糸 切 り。(283・500・623・743・800・859)

B 類 : 輪 高 台 を 有 する。(1521)

杯 A 類 は SK50・83・88、SD13 から 良 好 な 状 態 で 出 土 している。これらの 遺 構 からは、 供 膳 形 態 は

須 恵 器 のみか、 須 恵 器 が9 割 以 上 を 占 める。A 類 はその 形 態 的 な 特 徴 からⅠ– 6 〜 7 期 に 時 期 比 定 で

きる。B 類 はバリエーションが 多 く 見 られる。 体 部 形 態 を 明 らかにできないものが 多 いが、SK88

出 土 の1292・1296 やその 類 似 相 はⅠ– 6 〜 7 期 に 該 当 させることができよう。しかし 包 含 層 出 土 の

1410・1520などは 明 らかに 先 行 するタイプである。

皿 AⅠ 類 は、SK50・88で 杯 A 類 と 共 伴 している。AⅡ・Ⅲ 類 は 僅 少 であるが、 単 純 にAⅠ 類 の 退 化

形 態 と 理 解 すればⅡ–1 期 に 属 する 可 能 性 がある。SK50 出 土 の 皿 はすべて A Ⅰ 類 の 端 部 摘 み 出 しで

占 められているが、すでに 指 摘 されているように、 東 部 では 当 該 期 この 手 法 は 残 らない。 西 部 の 特 徴

である。

蓋 は、A 類 は 共 伴 例 がないが、B 類 はSK50 やSD30 で 杯 A 類 と 共 伴 している。 他 の 遺 跡 に 比 べて

蓋 の 出 土 が 多 い。

椀 も 良 好 な 共 伴 例 を 欠 くが、A・B 類 ともに 製 作 手 法 ・ 形 態 からひびのきサウジ 遺 跡 SE1 出 土 のも

のに 一 致 する。500・1521などはその 典 型 で、626・630のような 体 部 を 有 する。

3 黒 色 土 器

黒 色 土 器 A 類

A 類 : 口 径 が 大 きく、 器 高 は5.5 cmほどで 杯 指 向 のタイプ、 全 体 にシャープでヘラミガキも 丁 寧 であ

る。 断 面 三 角 形 のしっかりした 高 台 を 持 つものもある。(292・1055・1058・1420・1533)

B 類 :A 類 に 比 べてヘラミガキが 粗 雑 となり 小 さな 高 台 をもつものが 見 られる。

(123・531・1054・1343・1418)

C 類 : A・B 類 に 比 べて 小 振 りで 椀 形 態 をなす。 内 面 に 沈 線 が 巡 るものもある。 外 面 の 調 整 は 粗 雑 で

器 面 に 凹 凸 が 見 られる。(534・632・635・745)

D 類 : 回 転 台 成 形 で 内 面 の 炭 素 の 吸 着 があまり 良 くない。 在 地 生 産 である。(535・1337・1535)

135


高 知 平 野 における 黒 色 土 器 の 出 現 は、 野 田 遺 跡 出 土 の 畿 内 からの 搬 入 品 に 求 めることができる。

A 類 は、それに 継 ぐタイプである。 平 安 京 Ⅱ 期 中 段 階 に 属 するもので、9 世 紀 末 に 位 置 付 けられる。

すべて 畿 内 からの 搬 入 品 である。B 類 は、 小 型 化 した 高 台 に 特 徴 があり 小 籠 遺 跡 SK130・136 や 馬 場

末 遺 跡 ⅡA 北 区 SD1、 光 岡 ・ 岡 ノ 下 遺 跡 、 西 鴨 地 遺 跡 などに 類 例 を 求 めることができる。19・20) 平 安 京

Ⅱ 期 新 段 階 に 属 し10 世 紀 前 半 に 位 置 付 けることができる。B 類 もすべて 搬 入 品 と 考 えられるがA 類

とは 異 なる 胎 土 も 見 られる。

C 類 は 深 椀 指 向 タイプでありA・B 類 とは 異 なる。 西 鴨 地 遺 跡 でⅠa2・Ⅰb1 類 としたものに 一

致 するものと 考 えられる。534と632には 外 面 に 化 粧 土 が 施 されている。D 類 は 明 らかに 在 地 生 産 品

である。 西 鴨 地 遺 跡 でⅠ b 3 類 としたものや 林 口 遺 跡 で 田 中 が 椀 B–4 類 としたものに 該 当 させるこ

とができる。21) 東 部 ではひびのきサウジ 遺 跡 SE1 出 土 例 を 挙 げることができよう。

これらの 共 伴 関 係 を 求 めれば、S 区 の 土 器 集 中 1からB 類 (531)、C 類 (534)、D 類 (535)が、NE 区

の 土 器 集 中 から B 類 (1343)、D 類 (1337)が 出 土 しており、SK26 から B 類 (123)が 摂 津 型 羽 釜 と 出 土

している。

黒 色 土 器 B 類

11 点 を 図 化 し 得 たが、 全 体 の 形 状 を 把 握 できるものは1421 のみである。 口 縁 部 内 面 には 沈 線 が 施

されている。すべて 畿 内 からの 搬 入 品 である。 細 片 が 多 く 詳 細 な 時 間 的 な 位 置 付 けをするのは 難 し

いが、 大 きく 古 相 と 新 相 に 別 けることができる。

古 相 : 全 体 に 丁 寧 な 作 りで、しっかりした 高 台 を 持 つ。1421をもって 代 表 させることができる。

(531・538・1341・1421など)

新 相 : 内 底 に 十 字 のミガキを 持 ち、 外 底 のミガキを 省 略 する。(291など)

古 相 はS 区 とNE 区 の 土 器 集 中 から531・538・1341・1421が 出 土 しており、 新 相 はSD7から291が 出 土

している。 古 相 は 平 安 京 Ⅲ 新 段 階 に 属 し、10 世 紀 末 〜 11 世 紀 初 頭 に 位 置 付 けることができる。 高

知 平 野 における 黒 色 土 器 B 類 の 出 土 例 は、 西 鴨 地 遺 跡 で1 例 、 栄 エ 田 遺 跡 で1 例 、 深 淵 北 遺 跡 で3 例 が 知

られているに 過 ぎない。 一 遺 跡 の 出 土 量 としては 本 遺 跡 が 最 も 多 く、 遺 跡 の 性 格 と 深 く 関 わってい

るものと 考 えられ 興 味 深 い。

4 緑 釉 陶 器

図 示 し 得 なかったものも 含 めて13 点 出 土 している。 中 世 の 溝 の 混 入 遺 物 (226)を 除 くとすべて 包

含 層 出 土 であるが、 型 式 的 には 大 きく 古 相 と 新 相 に 別 けられ 前 者 は2つに 細 分 される。

古 相 1:ほとんどが 洛 北 産 、 平 安 京 Ⅱ 期 中 段 階 に 属 し、9 世 紀 後 半 に 位 置 付 けられる。(1050・1051・1057・

1529)

古 相 2: 洛 西 産 で 平 安 京 Ⅱ 期 中 〜 新 段 階 に 属 し10 世 紀 前 半 代 に 位 置 付 けられる。(1518・1528・1530)

新 相 : 近 江 産 で 平 安 京 Ⅲ 期 中 段 階 に 属 し、10 世 紀 後 半 に 位 置 付 けられる。(226・1419・1423)

5 灰 釉 陶 器

5 例 を 図 示 した。981と1056は 平 安 京 Ⅱ 期 中 段 階 に、1202・1212・1422は 同 Ⅱ 新 段 階 に 属 する。981

はSD15 で 土 師 器 杯 C 類 と 共 伴 している。 本 県 での 灰 釉 陶 器 の 初 現 は 深 淵 遺 跡 の 黒 笹 90 号 窯 タイプ

であるが 今 回 の 例 は、それに 後 続 する 折 尾 53 号 窯 に 属 するものと 考 えられる。

136


第 Ⅶ 章 考 察

6 瓦 器 椀

大 量 に 出 土 しているが、 口 径 を 正 確 に 復 元 できる 資 料 は20 例 ほどである。これらの 口 径 を 見 れば、

最 大 でも14.4cm、 最 も 多 いのは12 〜 13cm 代 で 全 体 の9 割 り 近 くを 占 める。 見 込 みの 暗 文 の 施 し 方 や

口 縁 部 形 態 などからほとんどが 和 泉 型 に 属 し、 尾 上 編 年 のⅣ 期 に 属 する。 仁 淀 川 流 域 は 東 部 に 比 べ

て 瓦 器 椀 の 出 土 が 多 く、 尾 上 編 年 のⅢ 期 から 一 般 化 することが 知 られているが、 今 次 調 査 においては

Ⅲ 期 の 資 料 を 見 出 すことはできなかった。SD1・6・7・30・31 などから 多 く 出 土 している。なお、 本 文

中 でも 触 れたがS 区 出 土 の425と894は、 和 泉 型 とは 異 なる。

7 貿 易 陶 磁 器

太 宰 府 編 年 や 森 田 編 年 、 上 田 編 年 によって 見 て 行 きたい。22 〜 24)

青 磁

碗 は、 分 類 可 能 なものは 図 示 したもの 図 示 し 得 なかったもの 含 めて74 点 である。 龍 泉 窯 系 がほと

んどで 同 安 窯 系 は3 点 である。このうち 鎬 蓮 弁 を 持 つⅠ5b 類 が53 点 (256・294・503・685 など)と7 割

り 以 上 を 占 めている。 他 は、Ⅰ2 類 (117・1105・1060)、Ⅰ3 類 (1235)、Ⅰ4 類 (688・899・1205・1236)、I6

類 (249・682・687)などが 見 られ 全 体 的 に 古 相 を 示 している。 時 期 の 下 る 上 田 分 類 D 類 は4 点 (1169・

1241)、 線 描 連 弁 文 は1 点 (1461)である。

皿 は 同 安 窯 系 のⅠ–2 類 が5 点 (863・893・905・1171・1204)、 同 じくⅠ–1a 類 が1 点 (364)、Ⅰ–1b 類 が3 点

(910・1127・1170)、 輪 花 皿 (828)も 見 られる。 時 期 の 下 る 龍 泉 窯 系 稜 花 皿 は1 点 (1242)を 認 めるのみで

あり、 碗 との 整 合 性 が 見 られる。この 他 に 盤 (692)、 大 振 りの 皿 (693)が 見 られる。 前 者 は 稜 花 皿 など

と 共 伴 することが 知 られている。

白 磁

碗 は 玉 口 縁 のⅣ 類 (311)が4 点 、Ⅴ 類 (879)が1 点 、Ⅶ 類 (906)が1 点 出 土 している。 皿 は、 口 禿 口 縁 の

Ⅸ 類 (206・504・829・831・1230 など)が11 点 と 最 も 多 く、 次 いでⅣ 類 (694・1201)やⅧ 類 と 考 えられる 底

部 (505・830)が 見 られる。 後 出 のタイプとしては、 端 反 の 小 皿 であるE2 類 (522)、アーチ 状 高 台 や 多

角 形 皿 の D 類 (502・833・864・903・1168・1228・1460)が 見 られる。これらの 他 、 菊 花 で 飾 った 景 徳 鎮 窯

系 の 青 白 磁 合 子 蓋 が2 点 (901・902) 出 土 している。902は、 光 永 ・ 岡 ノ 下 遺 跡 出 土 品 に 類 例 を 求 めるこ

とができる。

貿 易 陶 磁 器 は 大 きく4 時 期 に 区 分 して 変 遷 を 捉 えることができる。1 期 : 白 磁 碗 Ⅳ・Ⅴ 類 。2 期 : 白 磁

碗 Ⅶ 類 、 同 安 窯 系 青 磁 碗 、 龍 泉 窯 系 青 磁 碗 Ⅰ–2 〜 4・6 類 。3 期 : 龍 泉 窯 系 青 磁 碗 Ⅰ5b 類 、 白 磁 皿 Ⅸ 類 、

4 期 : 龍 泉 窯 系 青 磁 碗 D 類 、 青 磁 稜 花 皿 、 白 磁 皿 D 類 やE2 類 。1・2 期 は 僅 少 であり、3 期 になって 飛 躍

的 に 増 加 し 盛 行 期 を 迎 えている。これまでの 研 究 から1 期 は11 世 紀 後 半 〜 12 世 紀 前 半 、2 期 は12 世

紀 後 半 〜 13 世 紀 前 半 、3 期 は13 世 紀 後 半 〜 14 世 紀 前 半 、4 期 は14 世 紀 後 半 〜 16 世 紀 に 時 期 比 定 する

ことができよう。 量 的 には 僅 少 ながら2 期 の 青 磁 碗 Ⅰ3・6 類 や 白 磁 Ⅶ 類 は、これまでほとんど 知 られ

ていなかったものであり 貿 易 陶 磁 器 の 流 入 を 知 る 上 で、あるいは 上 ノ 村 遺 跡 の 位 置 付 けを 知 る 上 で

重 要 な 資 料 となろう。

3 期 に 盛 行 期 を 迎 えた 後 、4 期 に 入 ると 量 的 に 急 減 している。 白 磁 小 皿 などは 一 定 量 見 られるが、

3 期 とは 比 べるべくもない。 特 にこの 時 期 の 中 心 となる 青 磁 細 蓮 弁 文 碗 や 雷 文 帯 碗 がほとんど 見 ら

れない。この 様 な 現 象 が 遺 跡 の 動 向 とどのように 関 わるのか 興 味 深 い 問 題 である。ただこの 様 な 特

137


徴 は、 高 岡 地 域 に 展 開 する 諸 遺 跡 の 状 況 に 一 致 する。

9 他

美 濃 の 山 茶 碗 (689)、 瀬 戸 の 直 縁 皿 (1232)、 古 瀬 戸 天 目 茶 碗 (1053)、 志 野 小 皿 (310)などが 出 土 して

いる。 山 茶 碗 は 本 県 では 初 めての 出 土 である。 本 例 は 美 濃 須 衛 型 に 属 し12 世 紀 後 半 に 位 置 付 けられ

るものと 考 えられる。25)

(2) 煮 炊 形 態

1 土 師 器


A 類 : 口 縁 部 がく 字 状 に 屈 曲 し、 胴 部 がほとんど 張 らない。 口 縁 部 内 外 面 ヨコ 方 向 、 胴 部 外 面 タテ 方

向 のハケ 調 整 が 施 される。 端 部 が 拡 張 されるものやそのまま 終 わるものなどバリエーション

が 見 られる。 総 じて 石 英 粒 を 多 く 含 み、チョコレート 色 に 発 色 する。(555・566・963・988・1271・

1301・1302・1303など 多 数 )

B 類 : 口 縁 部 がく 字 状 に 強 く 屈 曲 し 上 胴 部 が 僅 かに 膨 らむ。チャートの 小 礫 を 多 く 含 む。(887)

C 類 : A・B 類 に 比 して 小 振 りである。 口 縁 部 がく 字 状 に 屈 曲 胴 部 中 位 に 最 大 径 を 持 つ。(962・1066)

D 類 : A・B 類 に 比 して 小 振 りである。 口 縁 部 外 面 が 肥 厚 し 端 部 を 上 に 拡 張 する。 胴 部 中 位 に 平 行 叩

きを 施 す。(565・1063・1065・1070・1072・1270・1304・1428・1556)

E 類 : 河 内 型 と 呼 ばれている 薄 手 甕 である。すべて 搬 入 品 である。(1175・1268・1426)

F 類 : 口 縁 部 端 部 が 丸 味 を 帯 びて 肥 厚 する。 紀 伊 型 と 呼 ばれているタイプである。ほとんどが 搬 入

品 である。(391・450・453・514・515・768・1176・1180・1244・1550)

G 類 : 上 胴 部 で 内 側 に 屈 曲 するタイプである。(238)

甕 で 最 も 注 目 すべきはF 類 とした 紀 伊 型 の 存 在 である。SD32 やP119・471 などから 尾 上 編 年 Ⅳ 期

の 瓦 器 や 東 播 系 甕 、 常 滑 Ⅴ 期 などと 共 伴 しており13 世 紀 後 半 代 に 置 くことができよう。 南 四 国 では

これまで 田 村 遺 跡 や 坂 本 遺 跡 26)などから 僅 かに 出 土 しているだけで、 今 次 調 査 での10 例 は 当 地 と 紀

伊 との 地 域 間 交 流 を 窺 わせるものとして 興 味 深 い。

A 類 は8 世 紀 代 から10 世 紀 前 半 代 に 広 く 見 られる 甕 であり、 時 期 が 新 しくなると 端 部 を 拡 張 する 傾

向 が 知 られている。B 類 は、SK90 から 白 磁 碗 Ⅴ 類 や 土 師 器 杯 C 類 と 共 伴 している。これまであま

り 例 を 見 ないタイプであるが、 松 田 直 則 が12 世 紀 代 の 土 師 器 鍋 としている 国 衙 出 土 の 例 に 類 似 して

いる。27)

C 類 も 少 数 であるが SK50 で A 類 と 共 伴 している。D 類 は1072 に 典 型 例 を 求 めることができる。

共 伴 関 係 を 明 らかにできる 出 土 例 がないが、ひびのきサウジ 遺 跡 SE1 出 土 の 甕 に 類 例 を 求 めること

ができる。10 世 紀 末 から11 世 紀 初 に 位 置 付 けることができる。E 類 は、9 世 紀 末 以 降 10 世 紀 代 の 遺

跡 から 点 数 は 少 ないが 散 見 される 搬 入 品 で、 特 徴 的 な 胎 土 ・ 色 調 から 細 片 でも 識 別 できる。 流 域 の 遺

跡 では 西 鴨 地 遺 跡 や 馬 場 末 遺 跡 などから 出 土 している。

羽 釜

A 類 : 摂 津 C 2 型 28)と 呼 ばれているタイプである。 胎 土 は 甕 A 類 に 近 い。(124・299・511・542・543・

714・718・769・855・1334 〜 1346・1560など 多 数 )

B 類 : 内 湾 して 立 ち 上 がる 口 縁 部 に 幅 1.5 cm 前 後 の 広 い 鍔 が 巡 る。 端 部 がすべて 面 取 り、 全 体 的 にナ

138


第 Ⅶ 章 考 察

デ 調 整 で 仕 上 げる。441に 典 型 を 求 めることができる。(211・265・375・441・510)

C 類 : B 類 に 似 ているが、 口 縁 部 端 部 が 外 方 に 肥 厚 する 点 や 胴 部 外 面 にヨコ 方 向 の 削 りが 施 されるこ

とから 分 離 した。(333)

D 類 : 口 縁 部 が 直 立 し、 幅 1cm 前 後 の 鍔 が 巡 る。(212・236・707)

E 類 : いわゆる 東 播 系 羽 釜 である。 叩 きの 単 位 や 鍔 の 大 きさ、 端 部 の 処 理 などバリエーションが 見 ら

れる。(327・512・884・1110・1182・1184・1476・1478・1551など 多 数 )

A 類 とした 摂 津 C2 型 は10 〜 11 世 紀 に 広 く 見 られる 羽 釜 で、 今 回 最 も 出 土 量 が 多 い。S 区 、NE 区

の 土 器 集 中 地 点 から 複 数 例 が 出 土 している。B 類 は、SD1・6・31 などの 溝 からⅠ5b 類 青 磁 碗 やⅣ 期

瓦 器 椀 などと 出 土 している。これまであまり 知 られていないタイプであり、すべて 搬 入 品 の 可 能 性

がある。13 世 紀 後 半 頃 に 位 置 付 けることができよう。C 類 も 高 知 平 野 では 初 めてのタイプである。

SD30 から 後 述 の 瓦 質 羽 釜 C 類 と 共 伴 している。 胴 部 外 面 の 削 りは 瓦 質 羽 釜 C 類 に 共 通 する。D 類

もあまり 知 られていないタイプであり 口 縁 部 のみの 資 料 であるが、B 類 と 同 様 の 出 土 状 況 を 示 して

いる。13 世 紀 後 半 に 属 するものと 考 えられる。E 類 は 中 世 後 期 に 普 遍 的 に 見 られるタイプである。

今 次 調 査 でも B・D 類 とは 共 伴 していない。 僅 かに1 点 (327)が C 類 や 瓦 質 羽 釜 C 類 と 出 土 している

のみである。E 類 は、 鍔 の 形 態 や 端 部 の 処 理 などによって 細 分 することが 可 能 と 思 われる。 叩 きの

単 位 も 細 かなもの、 長 めのもの、 間 隔 を 置 いて 施 すもの(1476)など3 種 類 程 に 別 けることができる。


口 縁 部 が 拡 張 されたタイプが1 点 見 られる。(721)


東 播 系 のものが1 点 見 られる(298)。 高 知 平 野 では 初 めての 出 土 である。 羽 釜 E 類 と 同 様 の 胎 土

であり 東 播 からの 搬 入 品 である。

2 瓦 質 土 器

羽 釜

AⅠ 類 : 口 縁 部 下 に 断 面 方 形 あるいは 台 形 状 のしっかりした 鍔 が 巡 る。 端 面 は 面 取 るものが 多 い。

(297・712・713・716・719・848・866)

AⅡ 類 : 口 縁 部 下 に 断 面 三 角 形 の 鍔 が 巡 る。 端 部 は 面 取 るものが 多 い。

(208 〜 210・216・267 〜 270・392・393・427・541・849・854)

AⅢ 類 : 口 縁 部 下 に 断 面 カマボコ 状 の 鍔 が 巡 る。 端 部 は 面 取 るものが 多 い。

(374・376・377・705・1554・1555)

B 類 : 口 縁 部 が 内 湾 気 味 に 長 く 立 ち 上 がり 鍔 の 幅 も 広 い。(914)

C 類 : 和 泉 ・ 河 内 型 29)と 呼 ばれているものである。(325・326・328 〜 332など 多 数 )

何 れも 鉄 釜 の 模 倣 形 態 である。A Ⅰ 類 は 共 伴 関 係 が 掴 めないが、A Ⅱ 類 は SD6・32 で 土 師 器 甕 F

類 ( 紀 伊 型 甕 )や 東 播 系 甕 、 青 磁 碗 Ⅰ5b 類 などと、AⅢ 類 はSD31で 土 師 器 甕 B 類 やⅣ 期 の 瓦 器 椀 と 共

伴 している。AⅡ・Ⅲ 類 は13 世 紀 後 半 に 求 めることができよう。AⅠ 類 は 形 態 的 にそれに 先 行 する

ことが 考 えられる。 瓦 質 の 脚 が 数 多 く 出 土 しているが、これらのタイプに 付 くものである。

139


C 類 は SD30 からまとまって 出 土 している。A Ⅱ・Ⅲ 類 の 後 続 型 式 として 捉 えることができる。 高

知 平 野 においては、 芳 原 城 など15 世 紀 代 に 盛 行 期 を 迎 える 遺 跡 から 多 く 出 土 しており、 土 師 器 羽 釜 E

類 とした 東 播 系 羽 釜 と 共 伴 することが 知 られている。


土 佐 型 30)と 分 類 されているもので、 口 縁 部 の 形 態 から3つに 分 類 した。

A 類 : 口 縁 部 がく 字 に 外 反 する。(264・1178)

B 類 : 口 縁 部 が 丸 味 を 帯 びて 外 反 する。(710)

C 類 : 口 縁 部 が 直 立 気 味 に 立 ち 上 がる。(915・1112・1177・1179・1466・1474)

(3) 調 理 形 態

1 捏 鉢

東 播 系 捏 鉢

SD1・6・31 から 多 く 出 土 している。これらは 口 縁 部 が 上 方 に 拡 張 するタイプで、 概 ねⅢ 期 (13 世 紀

代 )に 位 置 付 けることができよう。 包 含 層 出 土 例 の 中 には703や1545のように 口 縁 部 の 拡 張 が 見 られ

ない 古 相 の 例 も 見 られる。

常 滑

SD31 出 土 の361と 包 含 層 出 土 の697の2 例 である。

2 擂 鉢

備 前

Ⅲ 期 とⅣ 期 が 見 られる。Ⅲ 期 はSD34 出 土 の885、Ⅳ 期 に 属 するものはSD30から 集 中 出 土 している

(315 〜 320)。 基 本 的 に 東 播 系 捏 鉢 とは 共 伴 せず、 見 事 に 転 換 している。


土 師 器 (274)と 瓦 質 (266・1218)が 見 られる。

(4) 貯 蔵 形 態

1 常 滑 甕

胴 部 片 が 多 く 口 縁 部 はSD32 の394 のみである。 本 例 はL 字 口 縁 部 を 有 することから5 型 式 、13 世

紀 代 に 時 期 比 定 することができる。 胴 部 片 はSD6・30・32・34から 多 く 出 土 している。SD30 出 土 例 は

褐 色 に 発 色 しているが、 他 はすべて 灰 色 に 発 色 し 自 然 釉 を 帯 びている。

2 備 前 甕

底 部 がSD20から1 例 (1480)が 見 られるのみである。

3 産 地 不 明 の 甕

瓦 質 の 甕 と 陶 器 甕 が 見 られる。 前 者 はSD6・20・30・32から 出 土 している。SD20の1479が 口 縁 部 端

部 を 上 下 に 拡 張 するのに 対 して、 他 は 丸 く 収 めている。 後 者 はSD1の219で 玉 縁 状 の 口 縁 部 形 態 を 有

する。

140


第 Ⅶ 章 考 察

2 上 ノ 村 遺 跡 変 遷

以 上 のような 土 器 の 検 討 をもとに 上 ノ 村 遺 跡 の 変 遷 を 見 て 行 きたい。ここでは、 遺 構 が 確 認 され

た 古 代 と 中 世 に 別 けてその 変 遷 や 広 がりについて 述 べる。

(1) 古 代

1 1 期

まとまった 土 器 が 出 土 したSK50やSK83・88、 出 土 遺 物 は 少 ないが 方 形 掘 り 方 をもった 建 物 SB5 〜

8 が 該 当 する。すでに 触 れたように、これらの 時 期 は 池 澤 編 年 のⅠ– 6 〜 7 期 に 該 当 させることがで

きる。おおよそ9 世 紀 前 半 代 に 時 期 比 定 することができよう。これの 遺 構 はNW・NE 区 に 存 在 して

おり S 区 には 見 られない。これらの 遺 構 の 性 格 を 明 らかにすることは 難 しいが、 当 該 期 の 遺 跡 に 特

徴 的 な 製 塩 土 器 片 が 多 く 伴 うなどの 共 通 点 を 見 出 すことができる。 流 域 で 類 例 を 求 めれば 西 分 増 井

遺 跡 SK5などを 挙 げることができる。 上 流 域 の 光 永 ・ 岡 ノ 下 遺 跡 からは 先 行 する 遺 構 が 検 出 されて

おり、 暗 文 を 駆 使 した 畿 内 からの 搬 入 土 器 も 見 られる。 近 接 する 野 田 遺 跡 では8 世 紀 末 〜9 世 紀 前

半 に 野 田 廃 寺 の 建 立 が 想 定 されるなど 古 代 の 盛 行 期 を 迎 えることが 知 られている。 仁 淀 川 右 岸 にお

ける 古 代 の 中 心 的 な 遺 跡 は、 上 流 の 高 岡 地 域 に 求 めなければならないが、 当 遺 跡 はそれらの 周 辺 部 に

位 置 する 遺 跡 として 位 置 付 けられる。これらの 一 連 の 動 きは、『 続 日 本 後 紀 』 承 和 八 年 に 見 える 高 岡

郡 の 成 立 と 無 関 係 ではあるまい。

当 該 期 は 律 令 制 土 器 様 式 の 最 終 段 階 であるが、 土 器 の 特 徴 として 杯 ・ 皿 ともに 土 師 器 がほとんど 見

られず90 % 以 上 を 須 恵 器 が 占 めている。このような 須 恵 器 偏 在 の 傾 向 は 他 の 遺 跡 では 認 められな

い 現 象 である。

2 2 期

明 確 な 遺 構 は SD15 が 挙 げられるのみである。 土 師 器 杯 C1 類 と 土 師 器 杯 A Ⅰ〜Ⅲで 構 成 されて

いる。すでに 触 れているように 池 澤 編 年 のⅡ–2 期 に 併 行 関 係 を 求 めることができる。SD15 からは

平 安 京 Ⅱ 期 中 段 階 に 平 行 する 灰 釉 椀 (981)が 出 土 しているが、Ⅱ–2 期 の 標 準 資 料 である 小 籠 遺 跡 の

表 3 中 世 掘 立 柱 建 物 一 覧

掘 立 柱 建 物 地 点 方 向 梁 間 (m)× 桁 行 (m) 面 積 (m2)

SB1 S1 区 南 北 棟 2 間 (3.25)× 3 間 (6.0) 19.5

SB2 〃 東 西 棟 1 間 (1.8) × 3 間 (4.8) 8.6

SB3 〃 〃 2 間 (3.3) × 4 間 (10.4) 34.3

SB4 〃 南 北 棟 1 間 (3.0) × 2 間 (4.3) 13.0

SB9 NW 区 東 西 棟 3 間 (4.2) × 3 間 (4.95) 不 明

SB10 〃 〃 1 間 (4.0) × 2 間 (5.1) 20.4

SB11 〃 〃 1 間 (2.5) × 3 間 (5.1) 12.7

SB12 〃 〃 3 間 (4.2) × 4 間 (4.95) 20.8

SB13 〃 〃 1 間 (1.8) × 3 間 (5.1) 9.18

SB14 NE 区 南 北 棟 2 間 (4.0) × 3 間 (6.8) 27.2

SB15 〃 〃 2 間 (4.2) × 3 間 (5.0) 21.0

SB16 〃 〃 2 間 (5.2) × 4 間 (7.6) 39.5

141


SK130 からも 類 似 の 灰 釉 椀 や 平 安 京 Ⅱ 期 新 段 階 に 属 する 黒 色 土 器 A 類 が 出 土 している。Ⅱ–2 期 の

年 代 は10 世 紀 前 半 に 求 めることができるが、 平 安 京 Ⅱ 期 中 ・ 新 段 階 の 遺 物 が 伴 うものとしなければな

らない。 従 って、 緑 釉 陶 器 では 古 相 1・2とした 洛 北 (1050・1051・1057・1529)、 洛 西 (1518・1528・1530)が

伴 うものと 考 えられる。

3 3 期

明 確 な 遺 構 は 確 認 できなかったが、S 区 の 土 器 集 中 1 とNE 区 の 土 器 集 中 7 が 該 当 する。 土 師 器 杯

は D 〜 G 類 が 見 られバリエーションが 豊 富 である。 更 に 新 たな 形 態 として 土 師 器 ・ 須 恵 器 に 椀 、 黒

色 土 器 B 類 椀 が 加 わる。 煮 炊 具 も 摂 津 C2 型 が 登 場 する。この 時 期 は、 土 器 製 作 手 法 にも 変 化 が 見

られ 底 部 糸 切 りが 出 現 し、ヘラ 切 りと 共 存 しながら 次 第 に 糸 切 りに 移 行 して 行 く。これら 一 群 の 土

器 は、 池 澤 編 年 のⅢ–1 期 に 該 当 させることができる。 黒 色 土 器 B 類 椀 の 古 相 とした 一 群 (531・538・

1341・1421)は 平 安 京 Ⅲ 期 新 段 階 に 該 当 させることができる。 近 江 産 の 緑 釉 (226・1419・1423)もこの

時 期 に 該 当 する。3 期 は、10 世 紀 末 から11 世 紀 初 めに 時 期 比 定 することができる。

古 代 の 遺 構 は 山 麓 に 近 いNW・NE 区 に 存 在 しており、3 期 において 土 器 集 中 がS 区 に 見 られるの

みである。 包 含 層 出 土 の 遺 物 もこれに 対 応 している。 上 ノ 村 遺 跡 の 古 代 は、 山 麓 部 の 限 られた 範 囲

に 営 まれた 比 較 的 小 規 模 な 遺 構 群 として 捉 えられる。しかしながら、 黒 色 土 器 B 類 の 出 土 量 には 注

目 すべきである。すでに 述 べたように 南 四 国 は 最 も 多 い 出 土 量 を 示 している。この 種 の 土 器 につい

て 森 隆 は「 特 定 階 層 向 けの 特 殊 な 生 産 のされ 方 をしていた 可 能 性 が 高 い」31)との 指 摘 をしている。

おそらく 緑 釉 陶 器 など 共 にもたらされ 当 遺 跡 で 消 費 されたことは、 当 遺 跡 が 仁 淀 川 右 岸 の 遺 跡 に

あって 祭 祀 など 重 要 な 役 割 を 担 っていたことが 考 えられる。 県 道 を 隔 てて 西 隣 にある 北 ノ 丸 遺 跡 か

らは、 古 墳 時 代 後 期 の 琴 、 衣 笠 の 鏡 板 、 儀 杖 など 祭 祀 の 存 在 を 窺 わせる 木 製 品 が 出 土 している。32) 当

地 が 伝 統 的 に 祭 祀 に 関 わる 空 間 であった 可 能 性 もある。

(2) 中 世

古 代 に 比 べて 遺 構 が 調 査 区 全 体 に 広 がっており 集 落 規 模 の 拡 大 が 窺 われる。 検 出 遺 構 は 掘 立 柱 建

物 12 棟 、 土 坑 50 基 、 溝 22 条 、 井 戸 1 基 、ピット400 個 余 りを 検 出 した。しかし 遺 構 からの 遺 物 の 出 土 状 況

は 良 好 とは 言 い 難 く 時 期 比 定 は 困 難 なものが 多 いが、まず 時 期 比 定 可 能 な 遺 物 が 出 土 している 遺 構

について 検 討 し、その 後 、 変 遷 について 触 れたい。

1 掘 立 柱 建 物

S1 区 から4 棟 、NW 区 から5 棟 、NE 区 から3 棟 が 検 出 されている。これらのうちS1 区 の4 棟 は、 軸

方 向 は 東 西 と 南 北 を 示 しているが、 柱 穴 間 距 離 などにまとまりが 見 られず、 図 示 したような 復 元 を 想

定 することが 可 能 なのかどうか 疑 問 が 残 る。NW 区 では5 棟 すべてが 重 複 している。 棟 方 向 を 共 通

する4 棟 のうち3 棟 (SB9・10・12)は、 平 面 積 が20m2 余 と 共 通 しており、 長 期 にわたって 建 物 空 間 として

利 用 されたことを 示 している。 集 落 の 中 で 一 定 中 心 的 な 位 置 を 占 めていた 可 能 性 がある。 後 述 する

井 戸 (SE1)が 隣 接 していることからもそのことが 窺 われる。

建 物 の 時 期 比 定 は 難 しいが、S 区 の SB1・3 は 尾 上 編 年 のⅣ 期 の 瓦 器 椀 が 柱 穴 から 出 土 しているこ

とから13 世 紀 後 半 〜 14 世 紀 前 半 頃 、NW 区 のSB9・12は 龍 泉 窯 系 青 磁 碗 Ⅰ5a 類 から13 世 紀 代 に 成 立

しそれ 以 降 建 て 替 えが 行 われ 一 定 期 間 継 続 していたことが 考 えられる。NE 区 のSB15からは 細 蓮 弁

青 磁 や 白 磁 小 皿 から15 世 紀 代 に 求 めることができる。

142


第 Ⅶ 章 考 察

2 溝

出 土 遺 物 が 最 も 多 かったのは 溝 である。 中 でも S 区 の SD1・6・30 〜 32 は 遺 物 が 多 く 安 定 してい

る。これらのうち SD1・6・31・32 は 東 西 南 北 の 軸 線 上 に 載 っており、 規 模 や 断 面 形 も 共 通 している。

位 置 関 係 から 見 ても 区 画 溝 として 捉 えられる 性 格 を 有 している。すなわち 北 側 を SD1、 西 側 と 南 側

をSD6に 三 方 を 囲 まれた 方 形 の 空 間 、その 南 隣 にも 西 側 をSD31、 南 側 をSD32に 囲 まれた 方 形 の 空 間

が 見 られる。 北 の 区 画 をSH1、 南 の 区 画 をSH2とする。 両 者 の 規 模 は 共 に10m×10mで 約 100m2を 測

る。SH1 の 北 隣 にはさらに 区 画 が 作 られていた 可 能 性 もある。これらの 区 画 溝 は 屋 敷 を 区 画 する 溝

と 考 えるのが 一 般 的 である。このことについては、 後 述 する。SD1・6・31・32 出 土 の 貿 易 陶 磁 器 は、 先

に3 期 に 対 応 するものが 多 くを 占 めており、13 世 紀 後 半 代 に 求 めることができよう。

SD30 は 位 置 的 にはSH1・2 の 東 側 の 区 画 溝 的 な 存 在 であるが、 溝 の 断 面 形 や 規 模 、 遺 物 の 出 土 状 況

が 大 きく 異 なっている。SH1・2の 区 画 溝 の 断 面 形 が 逆 台 形 上 で 深 さも50 〜 60cmを 測 るのに 対 して、

SD30の 断 面 形 は 皿 形 で 深 さは15cm 前 後 である。すでに 述 べたようにSD30からは 拳 大 から 人 頭 大 の

焼 けた 角 礫 が 石 列 状 に 検 出 されている。 出 土 土 器 も 備 前 のⅣ 期 擂 鉢 や 瓦 質 羽 釜 が 多 く 見 られる。 埋

没 期 を15 世 紀 代 としなければならない。なお16 世 紀 代 と 考 えられる 志 野 焼 の 小 皿 が1 点 (310) 含 まれ

ているが、これについては 混 入 と 考 えられる。

NW 区 の SD17 は、 断 面 形 が S 区 の 区 画 溝 と 類 似 しており、 遺 物 も 古 代 土 器 を 除 けば 区 画 溝 とほぼ

同 時 期 と 考 えられる。 先 に 見 た 掘 立 柱 建 物 群 との 関 係 で 理 解 すべきであろう。NE 区 のSD20は 遺 物

が 少 ないが 東 播 系 土 師 器 釜 などから15 世 紀 代 と 考 えられる。SB15 との 時 間 的 併 行 関 係 を 求 めるこ

とができよう。

3 方 形 区 画 SH1・2について

中 世 集 落 あるいは 中 世 社 会 を 象 徴 するものに 溝 で 区 画 された 屋 敷 や 屋 敷 群 を 挙 げることができ

る。 高 知 平 野 においては、 東 部 の 物 部 川 右 岸 の 田 村 遺 跡 が 最 も 著 名 な 存 在 である。 田 村 遺 跡 からは

中 世 から 一 部 近 世 にかかる 方 形 区 画 を 有 する 屋 敷 地 が31 基 確 認 されている。これらの 方 形 区 画 は、

守 護 代 細 川 氏 の 田 村 城 館 を 中 心 に 展 開 する 家 臣 団 の 屋 敷 群 として 捉 えられている。 報 告 書 によれば

14 世 紀 から15 世 紀 初 頭 に 登 場 し 始 め、15 〜 16 世 紀 に 盛 行 期 を 迎 えている。 敷 地 面 積 は 最 も 小 さい

ものでは312m2、 大 きなものでは1,920m2を 測 り、1,000m2 以 上 のものは17 例 を 数 える。 建 物 の 規 模 、

棟 数 、 井 戸 を 持 つ 屋 敷 は1,000 m2 以 上 の 規 模 を 有 する 例 が 多 いなど 内 部 構 造 にも 差 異 が 見 られ、 階 層

性 も 窺 われる。

上 流 域 の 高 岡 は、 中 世 における 高 知 平 野 西 部 の 中 心 舞 台 であったが、その 中 核 となった 蓮 池 城 に

近 い 林 口 遺 跡 では、12 世 紀 後 半 から13 世 紀 に 至 り、 建 物 跡 など 内 部 の 構 造 は 不 明 としながらも 一 辺

59m 以 上 を 測 る 大 規 模 な 溝 に 区 画 された 屋 敷 地 が 数 区 画 存 在 しているとの 指 摘 がある。 同 様 の 遺 構

は、 林 口 遺 跡 東 方 の 野 田 遺 跡 や 京 間 遺 跡 においても 確 認 されている。 方 形 区 画 の 出 現 は 東 部 よりも

西 部 地 域 が 早 かった 可 能 性 がある。

SH1・2は、 囲 繞 面 積 が100m2と 田 村 遺 跡 や 林 口 遺 跡 例 に 比 べれば 余 りにも 小 規 模 である。NW 区 で

検 出 されている20m2 規 模 の 建 物 であれば 区 画 内 に 十 分 に 収 まるが、 後 述 するような 当 遺 跡 の 性 格 と

関 連 するのかもしれない。すでに 見 たようにSH1・2を 構 成 する 溝 は13 世 紀 後 半 代 に 埋 没 しているこ

とから 成 立 年 代 は、 高 岡 の 諸 例 とほぼ 同 時 期 とすることが 可 能 であろう。

143


4 中 世 上 ノ 村 遺 跡 の 変 遷

前 期

S 区 では、 方 形 区 画 SH1・2、 掘 立 柱 建 物 SB1・3、 溝 SD1・6・31・32を、NW 区 では 掘 立 柱 建 物 SB9・12、

溝 SD17、 井 戸 SE1を 挙 げることができる。 微 妙 な 差 ではあるが 遺 物 から 見 ればNW 区 の 掘 立 柱 建 物

が SH1・2 に 先 行 する 可 能 性 がある。 古 代 遺 跡 の 中 心 地 点 に 重 なるように 中 世 建 物 が 建 ち 始 め、やが

て 南 にSH1・2が 登 場 するなど 集 落 空 間 が 拡 大 していることを 示 している。 遺 物 は 古 代 から 断 絶 する

ことなく 続 いているが、 明 確 な 遺 構 は、13 世 紀 から14 世 紀 に 求 めることができよう。 掘 立 柱 建 物 と

井 戸 と 区 画 溝 という 中 世 集 落 景 観 のセットがこの 時 期 に 揃 っている。

上 ノ 村 遺 跡 の 変 遷 を 考 える 時 、 新 居 城 の 成 立 年 代 が 大 きな 問 題 となる。 城 主 など 詳 細 は 不 明 であ

り、「 詰 め」をはじめ 多 くの 遺 構 は 破 壊 されており、 明 瞭 な 遺 構 としては 東 側 にも 設 けられた 堀 り 切

りが 残 るだけである。2007 年 に 実 施 した 南 斜 面 の 試 掘 調 査 において 東 播 系 捏 鉢 形 の 口 縁 部 が1 点 出

土 していることから、 前 期 に 遡 る 可 能 性 も 考 えられる。

後 期

S 区 の SD30 が 該 当 する。NW 区 では 明 確 な 遺 構 を 把 握 することはできないが SB9・12 に 後 続 する

掘 立 柱 建 物 としてSB10・11 の 存 在 を 想 定 することは 可 能 であろう。NE 区 はSB15 とSD20 を 挙 げる

ことができる。 時 期 的 には15 世 紀 を 中 心 に 一 部 16 世 紀 に 求 められるが、 集 落 規 模 は 前 期 に 比 べて 縮

小 していることが 考 えられる。

遺 物 も 前 期 と 後 期 とでは 大 きく 変 化 している。 供 膳 形 態 では 後 期 になると 瓦 器 椀 がほとんど 見 ら

れなくなり、 煮 炊 具 では 前 期 の 土 師 器 羽 釜 B 類 や 瓦 質 羽 釜 AⅠ・Ⅱ・Ⅲ 類 から 後 期 の 土 師 器 羽 釜 E 類 ( 東

播 系 羽 釜 )と 瓦 質 羽 釜 C 類 ( 和 泉 ・ 河 内 型 )に、 前 期 の 東 播 系 捏 鉢 から 後 期 の 備 前 擂 鉢 へ、 貯 蔵 具 も 常 滑

から 備 前 へと 見 事 に 転 換 を 遂 げているが、 全 体 的 には 後 期 にいたって 交 易 活 動 は 衰 退 傾 向 にある。

それを 端 的 に 示 すのが 貿 易 陶 磁 器 、 特 に 青 磁 類 の 減 少 に 現 れている。 上 ノ 村 遺 跡 は 後 期 にいたって

交 易 活 動 に 衰 退 が 見 られる。しかし 大 平 氏 の 活 躍 が 伝 えられるのはこの 時 代 である。

(3) 近 世

近 世 の 明 確 な 遺 構 は、S 区 の SK80 がある。18 世 紀 を 中 心 とする 多 量 の 陶 磁 器 が 出 土 している。

建 物 跡 などを 確 認 することはできなかったが 近 世 、 新 居 庄 を 構 成 する 集 落 の 存 在 を 示 している。 天

正 十 七 年 (1589 年 )に 新 居 庄 で 実 施 した 検 地 を 記 載 した『 長 宗 我 部 地 検 張 』33)には 新 居 城 山 麓 の 中 世

遺 構 付 近 は「 土 居 ヤシキ」の 記 載 ( 現 在 の 小 字 図 では「 土 器 屋 敷 」となっている)があり、 新 居 城 東 斜 面

下 の 仁 淀 川 岸 には「 十 文 字 の 渡 し」34)が 近 世 には 成 立 している。

3 まとめ

(1)「 川 津 」としての 上 ノ 村 遺 跡 と「 海 上 の 道 」

冒 頭 に 述 べたように、 上 ノ 村 遺 跡 の 存 在 はこれまで 全 く 知 られていなかった。 仁 淀 川 河 口 近 くに

あってこのような 遺 跡 が 存 在 していようとは 誰 も 想 像 できなかったことであろう。 今 次 調 査 によっ

て 仁 淀 川 右 岸 に 豊 かな 歴 史 のあることが 明 らかとなったのである。

出 土 遺 物 から 見 れば 縄 文 時 代 晩 期 に 遡 るが、 遺 構 が 確 認 できるのは9 世 紀 からである。 承 知 八 年

(841 年 )の 高 岡 郡 の 成 立 との 関 連 があるかもしれない。 周 辺 の 地 形 から 見 て 古 代 の 上 ノ 村 遺 跡 は、 仁

淀 川 の 氾 濫 原 や 後 背 湿 地 が 広 がっており、 安 定 した 地 形 環 境 にあるのは 城 山 南 麓 の 狭 隘 な 平 場 のみ

144


第 Ⅶ 章 考 察

であったと 考 えられる。ここに4 棟 の 小 規 模 な 建 物 が 立 てられている。 遺 物 分 布 を 見 ると11 世 紀 に

は 南 に 向 かって 広 がっており 活 動 空 間 の 拡 大 が 見 られる。 古 代 における 遺 跡 の 性 格 を 明 らかにする

ことは 難 しいが、 畿 内 からの 搬 入 品 が 多 く 見 られることや 隣 接 する 北 ノ 丸 遺 跡 の 存 在 などから 祭 祀

的 な 性 格 、 立 地 から 河 川 交 通 と 結 びつきを 持 った 祭 祀 空 間 であったことが 考 えられる。 同 様 な 性 格

を 帯 びた 遺 跡 として 四 万 十 市 の 風 指 遺 跡 35)がある。

中 世 前 期 には、 調 査 区 全 面 に 遺 構 が 広 がり 大 量 の 遺 物 が 出 土 するようになる。 飛 躍 的 な 発 展 を 遂

げると 共 に 遺 跡 の 性 格 にも 質 的 な 転 換 が 生 じていることは 明 白 である。 河 川 敷 に 臨 む 不 安 定 な 地 形

環 境 に 何 故 、このような 遺 跡 が 登 場 したのであろうか。 周 辺 の 小 字 を 見 れば、「 土 居 ヤシキ」の 周 辺

には、「 古 津 」「 渡 場 」「 番 匠 」「 渡 シ 上 リ」など 河 川 交 通 に 関 連 する 地 名 が 多 く 見 られる。34)これら

の 中 には「 古 津 」など 先 の『 長 宗 我 部 地 検 張 』35)が 記 された 天 正 年 間 にまで 遡 って 確 認 できるものも

ある。さらに 遡 ることも 十 分 に 考 えられよう。

中 世 遺 物 の 特 徴 としては、 列 島 内 外 からの 搬 入 品 が 多 量 に 見 られることが 挙 げられる。 在 地 産 の

土 師 器 杯 類 を 除 けばほとんどが 東 海 や 和 泉 、 河 内 、 播 磨 、 備 前 、 紀 伊 などで 生 産 された 土 器 や 陶 磁 器

類 、それに 貿 易 陶 磁 器 類 である。これらの 多 くは 民 衆 の 日 常 必 需 品 であり、 古 代 の 緑 釉 や 黒 色 土 器 な

どの 特 定 階 層 の 需 要 を 満 たすものではない。ここに 古 代 の 僅 少 な 搬 入 品 から 大 量 の 商 品 流 通 へと 質

的 な 転 換 を 遂 げた 中 世 の 流 通 経 済 の 活 発 な 実 像 を 垣 間 みることができる。 池 澤 俊 幸 は、 四 国 各 地 の

中 世 前 期 の 諸 遺 跡 において 貿 易 陶 磁 器 を 含 めた 流 通 土 器 が 急 増 することを 指 摘 した 上 で、その 要 因

として「 港 津 機 能 を 有 する 遺 跡 や 居 館 が 成 立 してくる 遺 跡 の 勃 興 」36)を 挙 げている。こうした 背 景

には、 列 島 各 地 や 中 国 をはじめとした 東 アジア 地 域 との 海 上 交 通 の 興 隆 とそれと 結 びついた 政 治 的

な 動 向 があった。 入 宋 貿 易 を 掌 握 していた 平 氏 滅 亡 後 、 鎌 倉 政 権 は 土 佐 に 対 して 佐 々 木 氏 や 三 浦 氏

など 海 運 との 関 係 が 強 い〈 海 の 領 主 〉と 呼 称 すべき 守 護 職 を 次 々と 投 入 していたことからも 明 らかな

ように、 当 該 期 太 平 洋 は、 瀬 戸 内 や 日 本 海 と 共 に「 海 の 道 」として 重 要 な 物 流 動 脈 を 形 成 していた。そ

して「 土 佐 は 海 とのかかわりでのなかで、 時 の 政 権 から 熱 い 視 線 を 注 がれて」37)いたのである。

上 ノ 村 遺 跡 は、このような 新 たな 経 済 活 動 や 政 治 的 動 向 を 背 景 に 成 立 した 新 興 集 落 として 捉 える

ことができよう。 新 居 城 も 川 津 の 防 衛 や 河 川 交 通 の 掌 握 が 目 的 であったと 考 えられる。 内 陸 部 では

ほとんど 例 を 見 ない 紀 伊 型 甕 や 吉 備 型 椀 などは、 他 地 域 の 人 々の 往 来 が 盛 んな 川 津 ならではの 出 土

品 と 見 ることもできよう。

仁 淀 川 流 域 の 中 世 の 中 心 舞 台 は 高 岡 にあり、 後 述 するように12 〜 13 世 紀 に 盛 行 期 を 迎 える。 上 ノ

村 遺 跡 は 中 心 地 の 繁 栄 を 支 えた 川 津 に 営 まれた 交 易 を 生 業 とする 集 落 であり、 高 岡 の 遺 跡 群 とは 不

可 分 の 関 係 にあったものと 考 えられる。 周 知 のように 上 ノ 村 遺 跡 から 西 方 に 新 居 坂 を 越 えた 宇 佐 の

井 ノ 尻 は、 大 平 氏 の 外 港 であり 堺 などと 結 ぶ 海 上 交 通 の 拠 点 であった。 交 易 船 など 大 船 の 発 着 場 と

して 重 要 な 位 置 を 占 めていたことが 知 られている。しかし、 大 平 氏 の 活 躍 や 井 ノ 尻 が 登 場 するのは

15 世 紀 以 降 であり、 上 ノ 村 遺 跡 の 盛 行 期 とは 合 致 しない。 大 平 氏 以 前 すなわち 中 世 前 期 においては、

上 ノ 村 遺 跡 が 水 上 交 通 の 中 心 的 な 役 割 を 果 たしており、 後 期 にいたって 井 ノ 尻 がそれに 代 わった 可

能 性 もある。

高 知 平 野 では、 近 年 、 高 知 市 の 土 佐 神 社 西 遺 跡 38)や 神 田 ムク 入 道 遺 跡 39)などで 中 世 前 期 の 集 落 跡

が 明 らかになりつつある。 前 者 は 土 佐 最 大 の 要 港 である 浦 戸 に 注 ぐ 国 分 川 、 後 者 は 同 じく 神 田 川 の

水 運 との 関 連 が 指 定 されている。 両 者 ともに 遺 物 は、12 世 紀 後 半 〜 13 世 紀 を 中 心 とする 貿 易 陶 磁

145


器 をはじめ 列 島 各 地 からの 流 通 品 が 目 立 つ。 特 に 前 者 は3 〜 4 型 式 40)に 遡 る 常 滑 甕 がまとまって 出

土 している。 後 者 は 区 画 溝 の 可 能 性 がある 遺 構 が 検 出 されている。このように 高 知 平 野 では、 中 世

前 期 の 歴 史 像 が 具 体 性 を 帯 びて 明 らかになりはじめた。

(2) 中 世 の 町 並 み「 高 岡 町 」の 成 立 と 上 ノ 村 遺 跡

1990 年 代 後 半 以 降 、 高 岡 地 域 では 発 掘 調 査 が 多 く 実 施 されるようになり、これまでほとんど 知 るこ

とのできなかった 遺 跡 の 内 容 や 特 徴 が 明 らかになりはじめた。 東 部 の 物 部 川 流 域 の 事 例 との 比 較 検

討 を 通 して、より 豊 かな 高 知 平 野 の 歴 史 を 描 写 することが 各 時 代 を 通 して 可 能 になりつつある。

高 知 平 野 における 中 世 集 落 遺 跡 の 研 究 は、1980 年 から 始 まった 田 村 遺 跡 の 調 査 以 降 次 第 に 調 査 事

例 が 増 加 しているが、 全 体 的 な 傾 向 として15 世 紀 以 降 の 中 世 後 期 に 属 するものが 多 い。 田 村 遺 跡 は

守 護 代 細 川 氏 の 田 村 城 館 を 中 心 にとした 拠 点 集 落 であり、14 世 紀 にその 成 立 をみるが 盛 行 期 は15

〜 16 世 紀 である。 周 辺 の 十 万 遺 跡 や 岩 村 遺 跡 も 大 きな 方 形 区 画 を 持 った 在 地 有 力 者 層 の 居 館 を 中

心 とする 集 落 であるが、その 中 心 は 同 時 期 に 求 められる。 土 佐 国 衙 跡 や 拝 原 遺 跡 は 前 期 にまで 遡 る

が、その 実 態 は 不 明 なところが 多 い。

これに 対 して 上 ノ 村 遺 跡 や 高 岡 の 諸 遺 跡 は、 前 半 期 に 盛 行 期 を 迎 えることが 明 らかになってきた。

現 在 の 高 岡 市 街 地 の 西 端 に 位 置 する 蓮 池 城 から 東 に 向 かって、 林 口 遺 跡 、 天 神 遺 跡 、 光 永 ・ 岡 ノ 下 遺

跡 、 野 田 遺 跡 、 京 間 遺 跡 が、 東 西 2km 足 らずのところに 数 珠 繋 ぎ 状 に 展 開 している。 各 遺 跡 共 に 部 分

的 な 調 査 ではあるが、 検 出 遺 構 、 出 土 遺 物 共 に 充 実 した 内 容 を 持 っており、 大 規 模 集 落 の 存 在 を 彷 彿

させるものがある。 例 えば 最 も 東 の 京 間 遺 跡 の 中 世 では、44 棟 の 建 物 、 区 画 溝 も 検 出 されている。

その 西 隣 にある 野 田 遺 跡 は、 古 代 から 継 続 する 遺 跡 であるが、 中 世 においては3 ブロックからなる 溝

で 区 画 された 屋 敷 群 が 確 認 されており、 掘 立 建 物 54 棟 が 検 出 されている。 最 も 大 きな「 西 ブロック 屋

敷 」は 東 西 40m、 南 北 30 〜 40mの 規 模 を 持 っている。 光 永 ・ 岡 ノ 下 遺 跡 も 古 代 から 続 く 遺 跡 で、 中 世

には 建 物 17 棟 、 多 数 の 溝 、 柵 列 などが 見 られ、12 世 紀 代 に 比 定 される 屋 敷 墓 からは、「 湖 州 方 鏡 」が 出

土 している。 林 口 遺 跡 からは、 建 物 は 明 確 にし 得 ないがやはり12 世 紀 後 半 〜 13 世 紀 にかけて 営 まれ

た 溝 に 囲 まれた 複 数 単 位 の 屋 敷 地 の 存 在 が 報 告 されている。ここからは、 南 四 国 初 の「 蝙 蝠 扇 」も 出

土 している。

これらの 遺 跡 は、12 世 紀 〜 16 世 紀 まで 営 まれるが、そのほとんどが13 世 紀 を 前 後 する 時 期 に 盛 行

期 があり、 上 ノ 村 遺 跡 で 見 たような 国 内 外 からの 大 量 の 遺 物 が 出 土 している。このような 状 況 から、

現 在 の 高 岡 市 街 地 の 大 部 分 は 中 世 前 期 段 階 に「 蓮 池 城 」を 中 核 に、 溝 で 区 画 された 屋 敷 群 、 商 業 施 設 や

手 工 業 者 、 芸 能 集 団 なども 組 み 込 んだ 中 世 的 町 並 み=「 高 岡 町 」が 成 立 していたと 考 えるのが 妥 当 で

あろう。 今 後 、 高 岡 市 街 地 は、 中 世 町 場 遺 跡 として 把 握 することが 緊 要 であろう。 上 ノ 村 遺 跡 は、 仁

淀 川 流 域 に 生 じた 中 世 への 胎 動 のなかで「 高 岡 町 」を 支 えた 川 津 =「 港 町 」として 交 易 機 能 を 分 掌 して

いたのである。

そしてこれは、 大 平 氏 が 登 場 するよりも 遥 かに 遡 る。「 高 岡 町 」は、 高 知 平 野 において 中 世 前 期 に 遡

る「 町 場 」の 形 成 を 知 ることのできる 最 古 の 事 例 であり、このような 土 台 の 上 に 大 平 氏 が 活 躍 の 舞 台

は 築 かれたのであろう。 溝 に 囲 まれた 屋 敷 群 に 象 徴 される 中 世 的 景 観 ・ 町 並 みの 形 成 は、 田 村 遺 跡 な

ど 高 知 平 野 東 部 よりも 西 部 が 早 かった 可 能 性 がある。このことは、 高 知 平 野 における 中 世 の 政 治 的

社 会 の 形 成 とも 密 接 に 関 わる 問 題 であり、 在 庁 官 人 層 など 政 治 的 に 成 長 を 遂 げた 有 力 在 地 勢 力 層 の

存 在 が 窺 われる。 吾 妻 鏡 に 登 場 する 蓮 池 権 守 家 綱 は、そのような 動 向 を 象 徴 的 に 示 す 存 在 であろう。

146


第 Ⅶ 章 考 察

中 世 前 期 に 成 立 した 町 並 みは、 後 期 にも 継 続 して 営 まれているが、 出 土 遺 物 から 見 る 限 り 盛 行 期 の

それには 及 ばない。 先 に 見 たように、 貿 易 陶 磁 器 において 顕 著 に 見 られる。 中 世 後 期 は 田 村 遺 跡 が

盛 行 期 を 迎 え、 各 地 に 山 城 が 築 かれ 山 麓 には 土 居 や 町 屋 が 形 成 され、そこからは 大 量 の 青 磁 類 ( 特 に

細 蓮 弁 文 碗 や 雷 文 帯 碗 )が 出 土 することが 知 られているが、ここでは 見 られないのである。この 変 化

の 背 景 には 何 があったのであろうか。おそらく 守 護 代 細 川 氏 領 国 支 配 によって 政 治 ・ 経 済 的 な 求 心

性 が 田 村 城 館 を 中 心 とする 高 知 平 野 東 部 に 形 成 されたことと 無 関 係 ではなかろう。

上 ノ 村 遺 跡 の 報 告 書 は、 次 年 度 以 降 継 続 して 刊 行 される。 中 心 となる 中 世 遺 構 ・ 遺 物 は、 今 次 報 告

の 数 倍 の 量 を 有 しており、 上 ノ 村 遺 跡 の 内 容 や 位 置 付 けはさらに 充 実 したものとなるであろう。

参 考 文 献

1) 松 田 直 則 「 土 佐 における 古 代 末 から 中 世 の 土 器 様 相 − 模 倣 系 土 器 の 展 開 を 中 心 にして−」『 中 近 世 土 器 基

礎 研 究 Ⅴ』 日 本 中 世 土 器 研 究 会 1989 年

2) 池 澤 俊 幸 「 南 四 国 における 古 代 前 期 の 土 器 様 相 − 下 ノ 坪 遺 跡 の 成 果 を 中 心 にして−」『 下 ノ 坪 遺 跡 Ⅱ』 高 知

県 野 市 町 教 育 委 員 会 1998 年

3) 池 澤 俊 幸 「 土 佐 から 見 た 平 安 時 代 の 土 器 」『 中 近 世 土 器 基 礎 研 究 XⅤ』 日 本 中 世 土 器 研 究 会 2000 年

4) 吉 成 承 三 「 土 佐 の 古 代 末 から 中 世 前 期 にかけての 土 器 様 相 – 高 知 平 野 を 中 心 に−」『 中 近 世 土 器 基 礎 研 究 Ⅻ』

日 本 中 世 土 器 研 究 会 1989 年

5) 田 中 涼 子 「 古 代 から 中 世 の 遺 物 について」『 林 口 遺 跡 Ⅱ・ 蓮 池 城 跡 北 面 遺 跡 』 高 知 県 教 育 委 員 会 ・( 財 ) 高 知 県

文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター 2001 年

6)( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター『 小 籠 遺 跡 Ⅱ』1996 年

7) 出 原 恵 三 「 高 知 平 野 西 部 の 古 代 土 器 」『 馬 場 末 遺 跡 』( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター 2004 年

8)( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター『 西 分 増 井 遺 跡 Ⅰ』2003 年

9)( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター『 西 鴨 地 遺 跡 』2001 年

10) 高 知 県 香 美 郡 土 佐 山 田 町 教 育 委 員 会 『ひびのきサウジ 遺 跡 発 掘 調 査 報 告 書 』1990 年

11) 高 知 県 教 育 委 員 会 『 土 佐 国 衙 跡 発 掘 調 査 報 告 書 』 第 9 集 1989 年

12) 高 知 県 香 美 郡 野 市 町 教 育 委 員 会 『 野 市 町 埋 蔵 文 化 財 調 査 報 告 書 曽 我 遺 跡 』1989 年

13) 高 知 県 教 育 委 員 会 『 高 知 空 港 拡 張 整 備 事 業 に 伴 う 埋 蔵 文 化 財 発 掘 調 査 報 告 書 田 村 遺 跡 群 』 第 10 分 冊 1986


14) 尾 上 実 「 南 河 内 の 瓦 器 椀 」『 藤 澤 一 夫 先 生 古 稀 記 念 古 文 化 論 叢 』 藤 澤 一 夫 先 生 古 稀 記 念 論 集 刊 行 会 1983 年

15)( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター『 千 本 杉 遺 跡 』2004 年

16) 高 知 県 香 我 美 町 教 育 委 員 会 『 十 万 遺 跡 発 掘 調 査 報 告 書 』1988 年

17) 福 家 清 司 「 中 世 土 器 の 流 通 をめぐって− 徳 島 市 中 島 田 遺 跡 出 土 遺 物 を 通 して−」『 中 近 世 土 器 の 基 礎 研 究

Ⅸ』 日 本 中 世 土 器 研 究 会 1993 年

18) 橋 本 久 和 『 中 世 土 器 研 究 序 論 』 真 陽 社 1992 年

19) 7)に 同 じ

20) 高 知 県 教 育 委 員 会 ・( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター『 光 岡 ・ 岡 ノ 下 遺 跡 』2000 年

21) 5)に 同 じ

22) 横 田 賢 次 郎 ・ 森 田 勉 「 太 宰 府 出 土 の 輸 入 中 国 陶 磁 器 について− 型 式 分 類 と 編 年 について−」

147


『 九 州 歴 史 資 料 館 研 究 論 集 4』 九 州 歴 史 資 料 館 1978 年

23) 森 田 勉 「14 〜 16 世 紀 の 白 磁 の 分 類 と 編 年 」『 貿 易 陶 磁 研 究 No.2』 日 本 貿 易 陶 磁 研 究 会 1982 年

上 田 秀 夫 「14 〜 16 世 紀 の 青 磁 碗 の 分 類 について」『 貿 易 陶 磁 研 究 No.2』 日 本 貿 易 陶 磁 研 究 会 1982 年

24) 森 田 勉 「14 〜 16 世 紀 の 白 磁 の 分 類 と 編 年 」『 貿 易 陶 磁 研 究 No.2』 日 本 貿 易 陶 磁 研 究 会 1982 年

25) 山 下 峰 司 「 灰 釉 陶 器 ・ 山 茶 碗 」『 概 説 中 世 の 土 器 ・ 陶 磁 器 』 真 陽 社 1995 年

26)( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター『 坂 本 遺 跡 』2008 年

27) 松 田 直 則 「 土 佐 」 前 掲 25)

28) 菅 原 正 明 「 畿 内 における 土 釜 の 製 作 と 流 通 」『 文 化 財 論 集 』 奈 良 国 立 文 化 財 研 究 所 創 立 30 周 年 記 念 論 文 集

1983 年

29) 菅 原 正 明 「 西 日 本 における 瓦 器 生 産 の 展 開 」『 国 立 歴 史 民 俗 博 物 館 研 究 報 告 第 19 集 』 国 立 歴 史 民 俗 博 物 館

1989 年

30) 29)に 同 じ

31) 森 隆 「 黒 色 土 器 」『 概 説 中 世 の 土 器 ・ 陶 磁 器 』 中 世 土 器 研 究 会 編 真 陽 社 1995 年

32)( 財 ) 高 知 県 文 化 財 団 埋 蔵 文 化 財 センター『 北 ノ 丸 遺 跡 』2008 年

33) 高 知 県 立 図 書 館 『 長 宗 我 部 地 検 張 高 岡 郡 上 の 一 』1963 年

34) 土 佐 市 『 土 佐 市 史 』1978 年

35) 高 知 県 教 育 委 員 会 『 後 川 ・ 中 筋 川 埋 蔵 文 化 財 発 掘 調 査 報 告 書 Ⅱ 風 指 遺 跡 アゾノ 遺 跡 』1989 年

36) 池 澤 俊 幸 「 四 国 における 搬 入 品 と 流 通 ・ 交 通 」『 中 近 世 土 器 の 基 礎 研 究 ⅩⅨ』 日 本 中 世 土 器 研 究 会 2005 年

37) 市 村 高 男 「 鎌 倉 幕 府 の 成 立 と 土 佐 国 」『 高 知 県 の 歴 史 』 山 川 出 版 社 2001 年

38) 浜 田 恵 子 「 第 Ⅴ 章 考 察 」『 土 佐 神 社 西 遺 跡 ・ 土 佐 神 社 』 高 知 市 教 育 委 員 会 2006 年

39) 田 上 浩 「 第 3 章 まとめ」『 神 田 ムク 入 道 遺 跡 』 高 知 市 教 育 委 員 会 2005 年

40) 中 野 晴 久 「 常 滑 ・ 渥 美 」 前 掲 25)

148


遺 物 観 察 表


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.9

1

Fig.9

2

Fig.9

3

Fig.9

4

Fig.9

5

Fig.9

6

Fig.9

7

Fig.9

8

Fig.9

9

Fig.9

10

Fig.9

11

Fig.9

12

Fig.9

13

Fig.9

14

Fig.9

15

Fig.9

16

Fig.9

17

Fig.9

18

Fig.9

19

Fig.9

20

Fig.9

21

Fig.9

22

Fig.9

23

Fig.9

24

Fig.9

25

Fig.9

26

Fig.9

27

Fig.9

28

Fig.9

29

Fig.10

30

Fig.10

31

Fig.10

32

Fig.10

33

Fig.10

34

Fig.10

35

Fig.10

36

Fig.10

37

Fig.10

38

調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土 口 径 器 高 底 径

種 別

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位 (cm) (cm) (cm)

口 唇 部 面 取 り。 内 外 面 ナデ 調 整 ?

チャート 他 の 粗 粒 砂 多

深 鉢 (63) (4.5)

し。

〃 〃 (6.5)

〃 〃 (7.2)

〃 〃 (6.3)

〃 〃 (4.7)

〃 〃 (3.5)

〃 〃 (5.0)

〃 〃 (5.3)

〃 〃 (5.3)

〃 〃 (3.8)

〃 〃 (6.1)

〃 〃 (5.4)

〃 〃 (3.8)

〃 〃 (3.5)

〃 〃 (2.4)

〃 〃 (4.2)

有 文 深 鉢 〃 (4.4)

浅 鉢 〃 (4.9)

〃 〃 (2.9)

〃 〃 (1.8)

深 鉢 〃 30.0 (9.0)

〃 〃 13.0 (7.0)

〃 〃 44.0 (9.2)

〃 〃 36.0 (19.2)

深 鉢 底 部 〃 (2.6) 4.8

〃 〃 (1.7) 6.0

〃 〃 (2.6) 7.6

〃 〃 (3.4) 8.6

〃 〃 (3.7) 6.0

深 鉢 〃 (30.0)(2.7)

磨 製 石 斧 (27)



〃 (63)

土 師 器


土 師 器


(19) Ⅴ 15.4 1.5

口 唇 部 丸 く 仕 上 げる。 内 外 面 繊 維 状 原 体 ( 木 目 に 似

る)で 横 方 向 ナデ 調 整 。

口 唇 部 面 取 り。 内 面 横 方 向 条 痕 、 横 ナデ 調 整 ?

内 外 面 ナデ 調 整 ?

突 起 あり。

チャート 他 の 粗 粒 砂 多

し。

チャート、 赤 色 風 化 礫

粗 粒 砂 多 し。

チャート 他 の 小 礫 、 粗 粒

砂 多 し。

チャート 他 の 粗 粒 砂 多

し。

外 面 棒 状 原 体 で 横 ナデ 調 整 、 内 面 ナデ 調 整 。 チャート 他 の 粗 粒 含 む。

口 唇 部 面 取 り。 外 面 繊 維 状 原 体 でナデ 調 整 。 内 面 ナ

デ 調 整 ?

口 唇 部 面 取 り。 外 面 条 痕 状 の 横 方 向 調 整 。 原 体 は 繊

維 状 の 束 か? 内 面 ナデ 調 整 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

内 外 面 ナデ 調 整 。

チャート、 赤 色 風 化 礫

粗 粒 多 し。

チャート 他 の 粗 粒 多 し。

チャート、 赤 色 風 化 礫 多

し。

チャート、 風 化 礫 などの

小 礫 、 粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

口 唇 部 尖 り 気 味 。 内 外 面 ナデ 調 整 。 チャート、 粗 粒 多 し。

外 面 横 方 向 条 痕 。

チャート 他 の 小 礫 、 粗 粒

砂 を 含 む。

外 面 口 縁 下 無 刻 突 帯 、 内 面 断 面 U 字 沈 線 。 石 英 、 長 石 粒 を 多 く 含 む。

口 唇 部 尖 り 気 味 。ハケ 状 原 体 様 の 横 方 向 調 整 。 内 面 精 土

一 部 横 方 向 ミガキ。

内 外 面 横 ナデ 調 整 、 無 刻 突 帯 。 石 英 他 の 粗 粒 砂 含 む。

内 面 横 ヘラミガキ、 外 面 ナデ 調 整 。 沈 線 2 条 。

精 土

口 唇 部 鋭 く 面 取 り。 内 外 面 横 ミガキ。かぎ 状 に 屈 曲 精 土 、 石 英 、 角 閃 石 含 む。

する 口 縁 。 外 面 口 縁 2 条 、 頸 部 1 条 、 内 面 1 条 の 沈 線 。

口 縁 に 突 起 あり。 内 外 面 横 方 向 ヘラミガキ。 黒 色 磨 精 土 、 雲 母 を 含 む。

研 。

内 面 丸 く 肥 厚 。 内 外 面 ナデ 調 整 。 チャート、 雲 母 を 含 む。

黒 色 磨 研 。 口 縁 端 部 に 突 起 有 り。

精 土

内 外 面 繊 維 束 のような 原 体 で 横 方 向 ナデ 調 整 。 チャート、 石 英 などの 粗

粒 多 し。

口 唇 部 丸 味 。 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 チャート、 粗 粒 砂 多 し。

内 外 面 ナデ 調 整 。

内 外 面 ナデ。

チャート 他 の 小 礫 、 粗 粒

砂 多 し

外 面 ススケ、 被 熱 赤 変 。

チャートの 粗 粒 砂 を 多 く

含 む。

チャート 他 の 粗 粒 砂 を 多

く 含 む。

内 面 ススケ。 石 英 、 粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

内 外 面 ナデ 調 整 。 チャート 他 の 粗 粒 多 し。

口 唇 部 強 い 横 ナデ 調 整 。

全 長 10.2cm 全 幅 4.4cm 全 厚 1.9cm 重 量 143g

全 長 10.2cm 全 幅 3.7cm 全 厚 1.9cm 重 量 120g

全 長 6.3cm 全 幅 4.4cm 全 厚 1.1cm 重 量 51.8g

内 外 面 横 ナデ 調 整 、 端 部 がわずかに 肥 厚 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。ヘラ 切 り、ナデ 調 整 。

(2) Ⅵ 下 層 (1.6)(10.0)

〃 (17) Ⅳ 13.7 3.2 8.0

〃 〃 〃 14.7 4.9 9.6

内 外 面 横 ナデ 調 整 。ヘラ 切 り、ナデ 調 整 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。ヘラ 切 り、ナデ 調 整 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 外 底 削 り、ナデ 調 整 。

〃 (25) 〃 (13.0)(2.9)(7.0)


チャート 他 の 粗 粒 多 し。

チャート 他 の 粗 粒 砂 多

し。

結 晶 片 岩

結 晶 片 岩

結 晶 片 岩

精 土

精 土

精 土 、 赤 色 風 化 礫 を 多 く

含 む。

精 土

精 土

150


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.10

39

Fig.10

40

Fig.10

41

Fig.10

42

Fig.10

43

Fig.10

44

Fig.10

45

Fig.10

46

Fig.10

47

Fig.10

48

Fig.10

49

Fig.10

50

Fig.10

51

Fig.10

52

Fig.10

53

Fig.10

54

Fig.11

55

Fig.11

56

Fig.11

57

Fig.11

58

Fig.11

59

Fig.11

60

Fig.11

61

Fig.11

62

Fig.11

63

Fig.11

64

Fig.11

65

Fig.11

66

Fig.11

67

Fig.11

68

Fig.11

69

Fig.11

70

Fig.11

71

Fig.11

72

Fig.11

73

Fig.11

74

Fig.11

75

Fig.11

76

種 別

土 師 器


須 恵 器

杯 身

土 師 器


須 恵 器


須 恵 器


調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土 口 径 器 高 底 径

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位 (cm) (cm) (cm)

口 縁 端 部 摘 み 出 し。ヘラ 切 り。 器 表 の 荒 れが 激 しい。 精 土

(10) Ⅳ (15.8)(3.4)

(63) 10.8 (3.7)

(19) Ⅴ (3.5) 9.3

〃 〃 15.2 1.6 10.4

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

(23) Ⅳ (13.8)(3.5)(9.0)

〃 (10) 9.8 (3.5)

須 恵 器


須 恵 器


須 恵 器


(17) Ⅴ (17.0)(1.7)

受 部 下 強 い 横 ナデ 調 整 。 底 体 部 削 り。ロクロ 回 転 左

まわり。 器 壁 うすい。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

内 外 面 強 い 横 ナデ 調 整 。 底 部 丁 寧 なナデ 調 整 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

精 土

赤 色 風 化 礫 など、 粗 粒 砂

多 し。

精 土

精 土

精 土

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 粗 粒 砂 を 含 む。

内 外 面 横 ナデ 調 整 、 畳 付 も 凹 状 を 呈 す。 高 台 はハ 字

(2) Ⅲ (2.7)(8.8)

に 踏 んばる。

内 外 面 丁 寧 なナデ 調 整 。

(17) Ⅳ (13.2)(1.1)

〃 (20) Ⅲ (14.0)(1.4)

須 恵 器


須 恵 器


(4) 〃 (2.0) 6.8

(10) Ⅳ 下 層 18.0 (3.5)

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

内 面 はハケ 目 が 顕 著 。 高 台 は 内 側 を 強 く 押 さえて 横

ナデ 調 整 。

ロクロ 成 形 。 内 外 面 横 ナデ 調 整 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。ヘラ 切 り、ナデ 調 整 。

〃 〃 (12.8)(3.7)(8.4)

須 恵 器


(27) P1 (8.3)

〃 (10) (23.0)(3.8)

〃 〃 Ⅳ 下 層 (6.5) 11.0

土 師 器


(17) Ⅳ 13.8 (5.3)

〃 (10) 27.0 (3.0)

〃 (19) Ⅴ 23.0 (6.5)

〃 〃 〃 (25.0)(8.0)

土 師 器

杯 底 部

土 師 器


土 師 器


土 師 器


黒 色 土 器

A 類

瓦 器

小 皿

瓦 器


(9) Ⅲ (0.9) 8.0

(92) 〃 12.6 (3.4)

(60) Ⅵ (15.0) 4.0 6.5

(7) Ⅲ (12.5)(4.3) 6.4

(18) Ⅳ (1.1) 7.5

(63) (4.8)(0.9)

(59) Ⅵ (0.7) 5.1

〃 (92) Ⅲ 12.4 (2.3)

〃 (9) 〃 13.0 (3.0)

〃 〃 〃 (16.0)(2.0)

〃 (24) Ⅴ (17.0)(2.8)

〃 (63) 14.4 (3.5)

〃 〃 (16.0)(3.8)

白 磁


青 磁


(60) Ⅵ 14.1 (1.7)

(3) Ⅴ 上 層 11.8 (2.4)

〃 (61) Ⅳ (2.9)

香 炉 (30) 上 層 (8.0)(4.5)

青 磁

碗 底 部

(30) (2.2) 6.8

精 土

精 土

精 土

精 土

精 土

精 土

外 面 横 ナデ 調 整 。 粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

口 縁 内 外 強 い 横 ナデ 調 整 。 口 唇 は 上 方 に 拡 張 し 強 い

横 ナデ 調 整 。 胴 外 面 縦 ハケ。 内 面 横 ナデ 調 整 。

口 縁 部 内 外 横 ハケ、 横 ナデ 調 整 。 口 縁 端 部 は 上 方 に

拡 張 し 強 い 横 ナデ 調 整 。

口 縁 端 部 を 上 に 摘 み 上 げ 横 ナデ 調 整 。 口 縁 内 面 横 ハ

ケ。 外 面 右 下 がりハケ。 胴 外 面 縦 ハケ。

精 土

精 土

粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

石 英 、 小 礫 、 粗 粒 砂 を 含

む。

石 英 粒 を 多 く 含 む。

口 縁 内 外 強 い 横 ナデ 調 整 。 口 縁 端 部 は 上 に 拡 張 し 横 石 英 粒 を 多 く 含 む。

ナデ 調 整 。 胴 外 面 縦 ハケ、 内 面 横 ハケ。 外 面 ススケ。

外 底 糸 切 り、ナデ 調 整 。 平 行 圧 痕 。

口 縁 内 外 面 横 ナデ。 胴 外 面 雑 なナデ。 外 面 に 大 きな

墨 斑 あり。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。

精 土

精 土

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。 外 面 ススケ。 細 粒 砂 多 し。

内 面 丁 寧 なヘラミガキ。 精 土 、 雲 母 多 し。

胴 部 内 外 面 強 い 横 ナデ 調 整 。 外 底 指 圧 痕 。

内 湾 して 立 ち 上 がる。 口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 外

面 ナデ 調 整 。

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 外 面 指 頭 圧 痕 顕 著 。 内 面 底

部 付 近 にミガキ。

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。

精 土

精 土

チャート 他 の 細 粗 粒 砂 を

含 む。

精 土

土 師 器 の 焼 成 。 内 面 丁 寧 なナデ。 外 面 指 頭 圧 痕 顕 著 。 精 土

口 縁 端 部 強 い 横 ナデ 調 整 。

口 縁 内 外 横 ナデ 調 整 。 胴 外 面 指 頭 圧 痕 顕 著 。 精 土

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 平 行 線 化 した 暗 文 。 外

面 指 頭 圧 痕 顕 著 。 口 縁 外 面 櫛 歯 状 の 圧 痕 あり。

薄 緑 色 の 釉 。

口 縁 内 外 面 雷 文 帯 。 内 面 草 花 文 。

内 面 露 胎 。

釉 は 厚 くかかる。 高 台 内 面 まで 施 釉 。 畳 付 外 面 まで

削 る。

精 土

白 色 精 緻

灰 色 精 緻

灰 白 色 精 緻

灰 色 精 土

灰 色 堅 緻

Ⅳ 類

151


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.11

77

Fig.11

78

Fig.11

79

Fig.11

80

Fig.11

81

Fig.11

82

Fig.11

83

Fig.11

84

Fig.11

85

Fig.11

86

Fig.16

87

Fig.16

88

Fig.16

89

Fig.16

90

Fig.16

91

Fig.17

92

Fig.17

93

Fig.17

94

Fig.17

95

Fig.17

96

Fig.17

97

Fig.17

98

Fig.17

99

Fig.17

100

Fig.17

101

Fig.18

102

Fig.18

103

Fig.18

104

Fig.18

105

Fig.18

106

Fig.18

107

Fig.18

108

Fig.18

109

Fig.19

110

Fig.19

111

Fig.19

112

Fig.19

113

種 別

東 播

捏 鉢

瓦 器


土 師 器

羽 釜

瓦 質


調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土 口 径 器 高 底 径

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位 (cm) (cm) (cm)

(59) Ⅶ (2.6)

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

(8) Ⅲ 18.3 (3.1)

(9) 〃 23.2 (4.5)

(52) Ⅱ 28.8 (2.9)

擂 鉢 底 部 (1) シルト (2.3) 10.1

土 錘 (17) Ⅳ

土 師 器

土 錘

(19) Ⅱ

〃 (9) Ⅲ

古 銭 (63)

〃 (19) Ⅱ

土 師 器


瓦 器

小 皿

土 師 器

小 皿

瓦 器


土 師 器


土 師 器

小 皿

土 師 器


土 師 器

小 皿

土 師 器


瓦 器


S SB1–P4 (1.3) 5.8

〃 SB1–P8 (1.4)

〃 SB1–P5 7.2 1.9 5.2

〃 〃 (1.6) 3.6

〃 SB2–P1 (1.9) 6.0

〃 SB3–P10 7.2 1.4 6.0

〃 SB3–P5 (1.0) 6.8

〃 SB3–P11 6.8 1.4 5.1

〃 SB3–P10 9.4 (2.3)

〃 SB3–P11 (2.3)

〃 〃 SB3–P3 (15.0)(3.1)

土 師 器


土 師 器

杯 底 部

土 師 器


土 師 器


瓦 器

小 皿

〃 SB3–P2 17.6 (1.4)

〃 SB4–P4 (1.6) 8.6

〃 SB4–P3 16.7 (3.0)

〃 SB4–P4 (11.0)(3.0)

〃 SK1 8.2 1.4

〃 〃 〃 9.0 (1.6)

土 師 器

杯 底 部

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 口 縁 端 部 を 摘 み 上 げてナデ

調 整 。

口 縁 内 外 面 強 い 横 ナデ 調 整 。 胴 内 面 横 ハケ、 外 面

左 → 右 削 り。 外 面 ススケ。

内 面 に 細 い 条 線 がわずかに 見 える。

長 石 細 粒 を 含 む 粗 い 胎

土 。

精 土

長 石 細 粒 砂 を 多 く 含 む。

精 土

外 面 削 り、 内 面 の 条 線 はハケ 目 状 で 細 く 浅 い。 頁 岩 他 の 粗 粒 砂 含 む。

全 長 6.2cm 全 幅 1.0cm 全 厚 0.9cm 孔 径 0.4cm

重 量 3.9g

全 長 3.2cm 全 幅 1.1cm 全 厚 1.1cm 孔 径 0.5cm

重 量 3.5g

全 長 4.2cm 全 幅 1.2cm 全 厚 1.1cm 孔 径 0.3cm

重 量 4.8g

寛 永 通 宝 径 2.5cm 縁 幅 2.8mm

方 形 孔 一 辺 5.1mm

4 字 中 1 字 不 明 径 2.45cm 縁 幅 2.2mm

方 形 孔 一 辺 6.1mm

精 土

精 土

精 土

精 土

チャート、 赤 色 風 化 礫 含

む。

糸 切 り。 赤 色 風 化 礫 含 む。

精 土

糸 切 り。 赤 色 粒 を 含 む。

横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。 細 粒 砂 含 む。

糸 切 り。 細 粒 砂 含 む。

糸 切 り。 口 縁 端 部 横 ナデ 調 整 。 細 粗 粒 砂 含 む。

内 外 面 ヨコナデ

精 土

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 瓦 器 模 倣 土 師 椀 か? チャート、 赤 色 粒 多 し。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。

精 土

外 面 縦 ハケ、 横 ナデ 調 整 。 チャート 粗 粒 、 小 礫 含 む。

身 剥 離 。

精 土

外 面 被 熱 赤 変 、ススケ。 チャート、 粗 粒 砂 多 し。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 わずかに 段 有 。

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。

糸 切 り。 赤 色 粒 を 含 む。

〃 〃 (1.7) (8.0)

瓦 器 椀 〃 〃 (14.0)(3.1)

〃 〃 〃 15.8 3.3

〃 〃 〃 17.0 (2.4)

東 播 系

捏 鉢

〃 〃 (2.5)

〃 〃 SK6 (3.4)

土 師 器

小 杯

〃 SK10 6.8 1.3 4.9

〃 〃 〃 9.7 2.3 6.4

瓦 器

椀 底 部

瓦 器


〃 SK11 (1.2) 3.2

〃 SK13 11.6 (2.3)

口 縁 が 屈 曲 して 立 ち 上 がる。 内 面 に 暗 文 をわずかに

認 める。 胴 部 外 面 上 部 横 ナデ 調 整 、 下 部 指 頭 圧 痕 あ

り。

外 面 指 頭 圧 痕 顕 著 。 内 面 わずかに 暗 文 。

口 縁 横 ナデ 調 整 。 口 縁 端 部 摘 みだし 状 。 内 面 暗 文 。

精 土

精 土

精 土

石 英 粒 を 多 く 含 む。

精 土

精 土

石 英 粒 を 多 く 含 む。

口 唇 部 やや 丸 味 。 石 英 細 粒 砂 を 含 む。

赤 色 風 化 礫 を 多 く 含 む。

糸 切 り。 チャートの 細 粒 多 し。

石 英 他 の 粗 粒 砂 を 多 く 含

む。

精 土

産 地 不 明

152


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.19

114

Fig.19

115

Fig.19

116

Fig.20

117

Fig.20

118

Fig.20

119

Fig.20

120

Fig.20

121

Fig.20

122

Fig.20

123

Fig.20

124

Fig.21

125

Fig.21

126

Fig.21

127

Fig.21

128

Fig.21

129

Fig.21

130

Fig.21

131

Fig.21

132

Fig.21

133

Fig.21

134

Fig.21

135

Fig.21

136

Fig.21

137

Fig.21

138

Fig.22

139

Fig.22

140

Fig.22

141

Fig.22

142

Fig.22

143

Fig.22

144

Fig.22

145

Fig.22

146

Fig.22

147

Fig.22

148

Fig.22

149

Fig.22

150

種 別

土 師 器

小 皿

調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土 口 径 器 高 底 径

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位 (cm) (cm) (cm)

糸 切 り。

S SK14 7.8 1.5 5.6

土 錘 〃 SK11

〃 〃 SK13

青 磁


土 師 器


瓦 器


土 師 器

土 錘

土 師 器

トリベ

東 播 系

捏 鉢 胴 部

黒 色 土 器

A 類 椀

土 師 器

羽 釜

磁 器 染 付

中 碗 広 東 形

磁 器 染 付

小 皿

磁 器 染 付

中 碗 広 東 形

磁 器 染 付

小 皿

磁 器 色 絵

小 坏

磁 器 染 付


磁 器 染 付

小 皿

〃 SK15 18.0 2.0

〃 〃 (3.1) 6.4

〃 SK18 (13.0)(2.4)


SK20

〃 SK22 6.4 1.5 4.4

〃 SK23 (5.2)

〃 SK26 (15.0)(3.2)

〃 〃 20.4 (2.5)

〃 SK80 (4.4)

〃 〃 (1.8) 5.0

〃 〃 (3.1) 5.4

〃 〃 (1.4) 5.6

〃 〃 9.4 (2.4)

〃 〃 (2.9)

〃 〃 (1.7) 7.7

〃 〃 〃 (2.3) 6.4

磁 器 染 付

碗 端 反 形

磁 器 染 付

猪 口

磁 器 染 付

小 碗

〃 〃 9.6 (4.5)

〃 〃 (3.8) 5.2

〃 〃 (4.1) 7.5

〃 〃 〃 8.4 (5.1)

磁 器 染 付

仏 飯 器

磁 器 染 付

中 碗

磁 器 染 付


磁 器 染 付


〃 〃 (4.05) 4.0

〃 〃 10.4 (2.7)

〃 〃 (0.85) 4.0

〃 〃 (2.6) 6.0

磁 器 染 瓶 〃 〃 (2.9) 4.6

磁 器 染 付

中 碗 広 形

磁 器 染 付

小 皿

陶 胎 染 付

火 入 れ

磁 器 染 付

小 皿

磁 器 染 付

中 碗 広 東 形

白 磁


陶 器

中 碗

陶 器

中 碗 丸 形

〃 〃 (2.65) 6.6

〃 〃 12.6 3.5

〃 〃 (4.5) 6.4

〃 〃 (2.6) 4.2

〃 〃 (4.1) 7.1

〃 〃 15.9 (6.3)

〃 〃 (3.4) 6.0

〃 〃 (2.45) 4.8

〃 〃 〃 (3.1) 4.8

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

全 長 3.8cm 全 幅 1.4cm 全 厚 1.4cm 重 量 5.7g

孔 径 0.4cm

全 長 4.3cm 全 幅 1.1cm 全 厚 1.0cm 重 量 3.4cm

孔 径 0.4cm

透 明 感 の 高 い 緑 色 の 釉 。 内 面 片 切 彫 草 花 文 。

精 土

精 土

精 土

灰 色 精 緻

円 板 状 高 台 。 内 外 面 ロクロ 目 。 糸 切 り。 チャート 他 の 細 粒 多 し。

内 面 わずかに 暗 文 。 口 縁 外 面 強 い 横 ナデ 調 整 。

精 土

全 長 4.2cm 全 幅 0.9cm 全 厚 1.0cm 重 量 2.8g 精 土

孔 径 0.5cm

高 熱 により 海 綿 状 を 呈 す。 内 面 が 特 に 激 しい。 砂 粒 を 含 む。

外 面 ススケ。 外 面 に 段 有 り。

石 英 粗 粒 、 雲 母 を 多 量 に

含 む。

内 面 弱 い 沈 線 。 口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 精 土 。 雲 母 等 を 含 む。

Ⅰ–2 類

搬 入 品

鍔 幅 1.7cm 。 口 縁 内 外 、 鍔 上 下 強 い 横 ナデ 調 整 。 被 熱 石 英 粗 ~ 細 を 多 く 含 む。

赤 変 、ススケ。

摂 津 C2 型

外 面 草 花 文 。 内 面 二 重 圏 線 。 白 色 精 緻 肥 前 系 1780

年 代 〜 幕 末

内 面 山 水 文 、 透 明 釉 は 灰 白 色 を 帯 びる。 貫 入 、 台 形 状

の 削 出 し 高 台 。


肥 前 系

高 台 外 面 圏 線 。 見 込 み 圏 線 ・ 略 化 した 不 明 文 様 。 呉 須

は 青 灰 色 に 発 色 する。

内 面 草 花 文 。 透 明 釉 は 明 緑 灰 色 を 帯 びる。

内 面 上 絵 付 ( 赤 ・ 薄 緑 ・ 黒 )による 文 字 「た□」と 不 明

文 様 。 文 字 は 赤 、 文 様 は 薄 緑 ・ 黒 で 描 く。 外 面 上 絵 付

( 赤 )による 文 字 「めでたい 文 」か。

外 面 花 唐 草 文 。 内 面 花 唐 草 文 。

焼 成 不 良 で 透 明 釉 は 白 濁 する。

内 面 網 目 文 。 外 面 連 続 唐 草 文 。

外 面 銅 板 転 写 による 窓 に 竹 ・ 紅 葉 、 菊 花 による 地 埋

め。 内 面 多 重 圏 線 。

外 面 網 代 文 。 透 明 釉 は 白 濁 する。

灰 白 色 精 緻

白 色 精 緻

灰 白 色 精 緻






肥 前 系 1780

年 代 〜 幕 末

肥 前 産

肥 前 産

肥 前 産

肥 前 系

肥 前 産

肥 前 系

明 治 〜 大 正

肥 前 系

外 面 菊 花 ・ 氷 裂 文 。 見 込 み 二 重 圏 線 。 白 色 精 緻 肥 前 産 18

世 紀 後 〜19

世 紀 初 頭

外 面 不 明 。 内 面 四 方 襷 。 呉 須 は 滲 む。


肥 前 産

外 面 圏 線 。

外 面 細 線 による 宝 文 ・ 花 卉 。 内 面 雷 文 帯 。

内 面 三 方 割 銀 杏 文 。 蛇 の 目 凹 型 高 台 。

高 台 外 面 三 重 圏 線 。 高 台 内 面 圏 線 。

外 面 蓮 弁 文 か。 内 面 無 釉 。

灰 白 色 精 緻





肥 前 産 又 は

肥 前 系

肥 前 産

19 世 紀

肥 前 産

肥 前 産

肥 前 系

外 面 不 明 。 灰 白 色 肥 前 系 1780

年 代 〜 幕 末

内 面 網 目 文 。 見 込 み 蛇 の 目 釉 剥 ぎ。 透 明 釉 は 灰 白 色

を 帯 びる。


肥 前 波 佐 見

18 世 紀

外 面 唐 草 文 。 呉 須 は 青 灰 色 に 発 色 。 灰 色 精 緻 肥 前 産

18 世 紀 前 半

内 面 唐 草 文 か。 見 込 み 蛇 の 目 釉 剥 ぎ。 高 台 無 釉 。 白 色 精 緻 肥 前 波 佐 見

18 世 紀

外 面 不 明 。 見 込 み 圏 線 ・ 不 明 。 灰 色 精 緻 肥 前 系 1780

年 代 〜 幕 末

貫 入 あり。 白 色 やや 粗 い。

肥 前 系

灰 釉 。 高 台 施 釉 。 内 底 に 目 痕 。 灰 色 精 緻 肥 前 産

18 世 紀 前 半

灰 釉 。 高 台 施 釉 。 灰 釉 は 焼 成 不 良 で 白 濁 。 黄 白 色 やや 粗 い。 肥 前 産

18 世 紀 前 半

灰 釉 。 高 台 施 釉 。 浅 黄 色 を 帯 びる 半 透 明 の 釉 。

肥 前 産


18 世 紀 前 半

153


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.22

151

Fig.22

152

Fig.22

153

Fig.22

154

Fig.22

155

Fig.22

156

Fig.22

157

Fig.22

158

Fig.22

159

Fig.22

160

Fig.22

161

Fig.22

162

Fig.22

163

Fig.22

164

Fig.22

165

Fig.23

166

Fig.23

167

Fig.23

168

Fig.23

169

Fig.23

170

Fig.23

171

Fig.23

172

Fig.23

173

Fig.23

174

Fig.23

175

Fig.23

176

Fig.23

177

Fig.23

178

Fig.23

179

Fig.23

180

Fig.23

181

Fig.24

182

Fig.24

183

Fig.24

184

Fig.24

185

Fig.25

186

Fig.25

187

種 別

陶 器

中 碗 丸 形

調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位

口 径 器 高 底 径

(cm) (cm) (cm)

S SK80 (2.7) 5.3

〃 〃 〃 (3.6) 4.7

〃 〃 〃 (4.3) 4.4

〃 〃 〃 (4.3) 4.8

〃 〃 〃 (3.5) 5.2

〃 〃 〃 (4.5) 4.8

陶 器

小 皿

陶 器

中 碗 丸 形

〃 〃 (2.1) 4.0

〃 〃 13.2 (5.4)

〃 〃 〃 14.3 (3.85)

〃 〃 〃 10.0 (6.7)

陶 器

小 皿

陶 器

中 碗

陶 器

捏 鉢

陶 器

小 皿

〃 〃 (3.6) 5.1

〃 〃 (2.3) 4.2

〃 〃 17.4 (3.2)

〃 〃 (1.8) 4.4

〃 〃 〃 (1.4) 4.6

〃 〃 〃 (1.6) 5.2

〃 〃 〃 (1.4) 4.5

陶 器


陶 器

小 皿

陶 器


〃 〃 (3.3) 10.0

〃 〃 12.4 (2.5)

〃 〃 (3.35) 6.6

〃 〃 〃 13.6 3.1 8.6

〃 〃 〃 (5.3)

陶 器

底 部

陶 器


〃 〃 (2.2) 10.8

〃 〃 7.8 2.8

〃 〃 〃 10.4 1.85

陶 器


〃 〃 33.0 (3.1)

〃 〃 〃 30.4 4.5

陶 器


陶 器

皿 又 は 鉢

陶 器


土 師 質 土 器

焙 烙

陶 器

擂 鉢

陶 器

底 部

陶 器

擂 鉢

〃 〃 20.2 (6.0)

〃 〃 (3.8) 10.0

〃 〃 (8.2)

〃 〃 (5.05)

〃 〃 (2.8) 16.0

〃 〃 (4.0) 14.6

〃 〃 (7.0) 14.0

〃 〃 〃 37.4 (5.4)

瓦 器

小 皿

〃 SK82 8.6 (1.4)

〃 〃 〃 7.8 1.1 5.5

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

灰 釉 。 高 台 施 釉 。 浅 黄 色 を 帯 びる 半 透 明 の 釉 。 淡 褐 色 やや 粗 い。 肥 前 産 17

世 紀 後 〜18

世 紀 前 半

灰 釉 。 高 台 施 釉 。 浅 黄 色 を 帯 びる 半 透 明 の 釉 。 赤 色 精 緻 肥 前 産

18 世 紀 前 半

灰 釉 。 高 台 施 釉 。にぶい 黄 色 を 帯 びる 半 透 明 の 釉 。 淡 茶 色 やや 粗 い。 肥 前 産

18 世 紀 前 半

灰 釉 。 高 台 施 釉 。にぶい 黄 色 を 帯 びる 半 透 明 の 釉 。 淡 黄 灰 色 精 緻 肥 前 産

18 世 紀 前 半

灰 釉 。 高 台 施 釉 。にぶい 黄 色 を 帯 びる 半 透 明 の 釉 。 淡 褐 色 精 緻 肥 前 産

18 世 紀 前 半

灰 釉 。 高 台 施 釉 。 浅 黄 色 を 帯 びる 半 透 明 の 釉 。

肥 前 産


18 世 紀 前 半

見 込 み 蛇 の 目 釉 剥 ぎ。 釉 剥 ぎ 部 に 白 泥 を 刷 毛 塗 り。 淡 茶 色 やや 粗 い。

鉄 釉 は 黒 褐 色 に 発 色 。 高 台 無 釉 。

能 茶 山 窯 か

灰 釉 。 御 本 が 入 る。 淡 褐 色 やや 粗 い。

尾 戸 窯 か

灰 釉 。 灰 釉 は 証 跡 不 良 気 味 で 部 分 的 に 白 濁 。

灰 釉 。 灰 釉 は 証 跡 不 良 気 味 で 部 分 的 に 白 濁 。

唐 津 系 灰 釉 陶 器 。 外 面 下 半 無 釉 。 内 底 に 砂 目 。

灰 釉 。 高 台 施 釉 。 黄 褐 色 を 帯 びる 半 透 明 の 釉 。

口 縁 端 部 無 釉 。 灰 釉 は 焼 成 不 良 で 白 濁 する。

灰 色 精 緻

褐 色 精 緻

唐 津 系 灰 釉 陶 器 。 外 底 施 釉 。 灰 釉 は 部 分 的 に 白 濁 。 内

底 に 砂 目 。

見 込 み 蛇 の 目 釉 剥 ぎ。 釉 剥 ぎ 部 に 砂 が 付 着 。 緑 釉 。 釉 灰 色 精 緻

は 暗 オリーブ 色 に 発 色 。 高 台 無 釉 。

唐 津 系 灰 釉 陶 器 。ベタ 底 。 外 底 回 転 糸 切 り。 底 部 無 釉 。


内 底 全 面 に 砂 目 。

見 込 み 蛇 の 目 釉 剥 ぎ。 緑 釉 。 緑 釉 は 暗 緑 灰 色 に 発 色 。


高 台 無 釉 。

内 外 面 に 鉄 錆 を 刷 毛 塗 り。 高 台 無 釉 。 内 底 に 砂 目 痕 。 セピア 色 精 緻




尾 戸 窯

尾 戸 窯 か

肥 前 産 1610〜

1630 年 代

肥 前 産

18 世 紀 前 半

肥 前 産

暗 褐 色 精 緻 肥 前 産 1610〜

1630 年 代

肥 前 内 野 窯

18 世 紀 前 半

肥 前 系

肥 前 内 野 窯

18 世 紀 前 半

肥 前 産

内 面 緑 釉 、 外 面 灰 釉 。 緑 釉 はオリーブ 灰 色 に 発 色 。 灰 色 精 緻 肥 前 内 野 窯

18 世 紀 前 半

見 込 み 蛇 の 目 釉 剥 ぎ。 高 台 無 釉 。 釉 は 焼 成 不 良 で 白 茶 色 精 緻

濁 。

灰 釉 。 高 台 無 釉 。 内 底 に 別 個 体 の 高 台 痕 が 残 る。 灰 色 精 緻

三 島 手 。 内 面 白 象 嵌 による 菊 花 文 と 圏 線 。 外 面 鉄 錆

を 刷 毛 塗 り。

外 面 に 黒 褐 色 の 鉄 釉 、 内 面 に 灰 釉 。 内 底 に 灰 白 色 の

砂 目 痕 。

摘 みを 貼 付 。 灰 釉 。 内 面 無 釉 。 灰 釉 はオリーブ 黄 色 を

帯 びる 半 透 明 の 釉 。

鉄 釉 。 内 面 無 釉 。

茶 色 精 緻

灰 色 精 緻

口 縁 部 内 外 面 に 灰 釉 。 灰 釉 は 暗 オリーブ 色 を 帯 びる。 灰 色 やや 粗 い。



肥 前 産

17 世 紀

口 縁 端 部 に 凹 線 。 口 縁 部 内 外 面 に 灰 釉 。 灰 釉 はオリー 黄 白 色 やや 粗 い。

ブ 褐 色 。

丹 波

内 外 面 に 鉄 釉 施 釉 の 後 、 外 面 上 位 に 褐 色 の 釉 を 重 ね セピア 色 精 緻

掛 け。

刷 毛 目 二 彩 手 。 内 面 白 化 粧 土 刷 毛 目 ・ 銅 緑 釉 。 底 部 無 茶 色 精 緻

肥 前 産 17 世 紀

釉 。

〜18 世 紀 前 半

叩 き 成 形 。 内 面 に 格 子 目 状 の 当 て 具 痕 が 残 る。 外 面 セピア 色 精 緻

上 位 に2 条 の 縄 状 突 起 を 貼 付 。 灰 釉 は 焼 成 不 良 で 白

肥 前 産

濁 。

外 面 ユビオサエ・ナデ。 内 面 横 ナデ。 細 ・ 粗 粒 砂 を 含 む。 讃 岐 岡 本 系

外 面 に 煤

内 面 に 櫛 目 。 外 面 横 ナデ、 外 底 に 凹 凸 。 砂 粒 を 含 む。

堺 ・ 明 石 系

外 底 ナデ。

内 面 に 櫛 目 。 外 面 横 ナデ、 外 底 に 凹 凸 。

口 縁 部 内 外 面 に 凹 線 。 内 面 櫛 目 。

胴 部 、 口 縁 横 ナデ 調 整 。 底 部 指 圧 痕 有 り。

灰 色 精 緻

セピア 色 精 緻

精 土



丹 波

堺 ・ 明 石 系

備 前

154


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.25

188

Fig.25

189

Fig.25

190

Fig.25

191

Fig.25

192

Fig.26

193

Fig.26

194

Fig.26

195

Fig.26

196

Fig.26

197

Fig.26

198

Fig.26

199

Fig.26

200

Fig.26

201

Fig.26

202

Fig.26

203

Fig.26

204

Fig.26

205

Fig.26

206

Fig.26

207

Fig.26

208

Fig.26

209

Fig.26

210

Fig.26

211

Fig.26

212

Fig.26

213

Fig.26

214

Fig.26

215

Fig.26

216

Fig.26

217

Fig.26

218

Fig.26

219

Fig.26

220

Fig.27

221

Fig.27

222

Fig.27

223

Fig.27

224

Fig.27

225

種 別

瓦 器


調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土 口 径 器 高 底 径

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位 (cm) (cm) (cm)

口 縁 外 部 横 ナデ 調 整 。 体 部 指 圧 痕 、 削 り 有 り。 精 土

S SK86 12.6 (3.0)

〃 〃 SK82 14.2 (2.7)

青 磁


土 師 器

甕 胴 部

常 滑

甕 底 部

瓦 器

小 皿

瓦 器


〃 〃 (4.6)

〃 〃 (5.1)

〃 〃 (6.8) 18.5

〃 SD1 上 層 (8.0)(1.5)

〃 SD1 下 層 (10.0)(2.0)

〃 〃 SD1 上 層 (11.0)(2.5)

〃 〃 SD1 (11.0)(2.7)

〃 〃 SD1 上 層 12.6 (3.0)

〃 〃 〃 (14.0)(2.7)

〃 〃 〃 13.0 2.5

〃 〃 〃 (13.0)(3.3)

〃 〃 SD1 中 層 (6.0)(3.2)

〃 〃 SD1 上 層 13.2 2.7 3.8

〃 〃 〃 (13.0)(4.0)

青 磁


〃 SD1 15.0 (3.3)

〃 〃 〃 14.4 (3.2)

白 磁


染 付


瓦 質

羽 釜

〃 SD1 中 層 (11.0)(2.8)

口 縁 外 部 横 ナデ 調 整 。 内 面 横 方 向 暗 文 。 胴 部 外 面 指 精 土

圧 痕 。

釉 は 比 較 的 うすくかかる。 外 面 丸 ノミ 状 工 具 による 精 緻 な 胎 土 。

沈 線 。

胴 部 外 面 ヘラミガキ。 外 面 ススケ。 石 英 他 の 粗 粒 砂 多 し。

内 面 斑 点 状 に 自 然 釉 。 外 底 に 砂 付 着 。

精 土

口 縁 横 ナデ 調 整 。 粗 粒 砂 を 含 む。

口 縁 外 面 強 い 横 ナデ 調 整 。 外 面 指 頭 圧 痕 。

精 緻

口 縁 外 面 の 横 ナデが 弱 い。 粗 粒 砂 を 含 む。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 わずかに 暗 文 残 る。

胴 部 外 面 指 圧 痕 。 内 面 わずかに 暗 文 。

口 縁 外 面 二 段 横 ナデ 調 整 。

口 縁 外 面 二 段 横 ナデ 調 整 。 内 面 暗 文 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 頭 圧 痕 顕 著 。 内 面

暗 文 。

口 縁 部 外 面 ミガキ。 胴 部 外 面 横 ナデ 調 整 。

精 土

チャート 他 の 粗 粒 砂 を 含

む。

精 土

精 土

精 土

精 土

口 縁 外 面 の 横 ナデが 見 られない。 外 面 下 半 指 頭 圧 痕 。 粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

内 面 暗 文 。

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。 体 部 中 下 半 炭 素 吸 着 なし。 粗 粒 砂 を 含 む。

体 部 内 面 全 体 炭 素 吸 着 なし。

薄 緑 色 。

灰 白 精 緻

薄 緑 色 。

口 禿 。

灰 白 精 緻

白 色 精 緻

口 唇 端 、 畳 付 露 胎 。 明 るい 色 調 の 呉 須 。 内 底 に1 条 の 白 色 精 緻

〃 SD1 (11.4)(3.2)(7.0)

堺 線 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 外 面 ススケ。

精 土

〃 SD1 上 層 (2.4)

〃 〃 SD1 下 層 (4.3)

〃 〃 SD1 (3.7)

〃 〃 〃 24.4 (3.35)

〃 〃 SD1 上 層 22.6 (3.7)

東 播 系

捏 鉢

〃 〃 (10.0)(2.3)

〃 〃 〃 (24.0)(3.1)

〃 〃 〃 (26.0)(3.3)

瓦 質

羽 釜

瓦 質

三 足 脚

〃 SD1 21.0 3.1


SD1 上 層

〃 〃 SD1

陶 器


〃 〃 35.0 (7.9)

土 錘 〃 〃

土 師 器

底 部

土 師 器

小 皿

土 師 器


土 師 器


土 師 器


内 外 面 横 ナデ 調 整 。

鍔 幅 1.5cm 。 口 唇 面 取 り。 内 外 面 横 ナデ 調 整 。

口 縁 は 垂 直 に 立 ち 上 がる。 口 唇 部 外 傾 する 面 取 り。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

チャート 他 の 粗 粒 砂 を 含

む。

チャート 他 の 細 ~ 粗 粒 砂

を 多 く 含 む。

チャート 他 の 粗 粒 砂 を 多

く 含 む。

石 英 粒 多 く 含 む。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 細 粗 粒 を 含 む。

内 外 面 自 然 釉 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 焼 成 があまい。 口 唇 部 重 ね 焼 き

痕 跡 。

口 唇 部 面 取 り。 断 面 三 角 形 の 鍔 を 摘 み 出 し、 横 ナデ

調 整 。

全 長 (7.4cm) 全 幅 (2.4cm) 全 厚 (2.2cm)

全 長 (4.9cm) 全 幅 (1.5cm) 全 厚 (1.5cm)

玉 縁 口 縁 。 口 縁 内 外 横 ナデ 調 整 。 口 縁 と 体 部 の 堺 内

面 に 削 り。

全 長 5.0cm 全 幅 1.2cm 全 厚 1.1cm 孔 径 0.35cm

重 量 4.5g

石 英 その 他 の 粗 粒 砂 を 含

む。

細 粒 砂 を 含 む。

チャートの 小 礫 、 粗 粒 砂

を 多 く 含 む。

チャートの 粗 粒 砂 を 多 量

に 含 む。

チャート 粗 粒 砂 を 多 く 含

む。

風 化 した 小 礫 を 多 く 含

む。(チャートなし)

チャート 他 の 粗 粒 砂 を 含

む。

〃 SD2 (1.6)(8.8) ヘラ 切 り、ナデ 調 整 。 精 緻 な 胎 土 。

糸 切 り。

チャート、 石 英 などの 粗

〃 SD3 7.2 1.6 5.0

粒 砂 を 含 む。

糸 切 り。 粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

〃 〃 (11.6)(3.8)(8.0)

〃 〃 (3.5) 7.0

〃 〃 (2.8) 7.0

円 板 状 高 台 。 糸 切 り。 内 外 面 磨 耗 が 激 しい。

糸 切 り。 内 外 面 横 ナデ 調 整 。

胎 土 精 緻 。 赤 色 風 化 粒 砂

を 含 む。

チャート、 石 英 を 多 く 含

む。

龍 泉 窯

Ⅰ–5–b 類


Ⅸ 類

明 染 付

産 地 不 明

京 都 産 模 倣

の 在 地 か?

産 地 不 明

155


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.27

226

Fig.27

227

Fig.27

228

Fig.27

229

Fig.27

230

Fig.27

231

Fig.27

232

Fig.27

233

Fig.27

234

Fig.27

235

Fig.27

236

Fig.27

237

Fig.27

238

Fig.27

239

Fig.28

240

Fig.28

241

Fig.28

242

Fig.28

243

Fig.28

244

Fig.28

245

Fig.28

246

Fig.28

247

Fig.28

248

Fig.28

249

Fig.28

250

Fig.28

251

Fig.28

252

Fig.28

253

Fig.28

254

Fig.28

255

Fig.28

256

Fig.28

257

Fig.28

258

Fig.28

259

Fig.28

260

Fig.28

261

Fig.28

262

Fig.28

263

種 別

緑 釉 皿

( 軟 質 )

瓦 器


土 師 器


瓦 器


瓦 器

小 皿

土 師 器

吉 備 系 椀

瓦 器


青 磁


調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土 口 径 器 高 底 径

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位 (cm) (cm) (cm)

畳 付 段 状 。

S SD3 (1.4) 6.8

〃 〃 (12.0)(3.0)

外 底 に 擦 痕 有 り。

〃 〃 (2.1) (9.4)

〃 〃 (0.6) 3.4

〃 〃 8.4 (1.5)

〃 SD4 11.3 3.5 3.8

〃 SD3 14.0 (2.7)

〃 〃 14.4 (2.2)

〃 〃 〃 17.8 5.3

東 播 系

捏 鉢

土 師 器


瓦 器

三 足 鍋 の 脚

土 師 器


〃 〃 23.0 3.1

〃 〃 24.0 (4.2)



〃 〃 (16.0)(8.5)

〃 〃 〃 28.0 (3.6)

土 師 器

小 皿

土 師 器


〃 SD6 7.2 1.7 5.0

〃 SD6 上 層 (3.7) 6.4

〃 〃 SD6 下 層 (1.5) 8.0

瓦 器

小 皿

土 師 器


〃 SD6 3.8 1.6

〃 〃 8.6 0.9

〃 〃 SD6 上 層 12.0 1.7

〃 〃 SD6 下 層 8.0 1.8

瓦 器


〃 SD6 11.0 (3.1)

〃 〃 〃 12.7 2.5 3.5

青 磁


〃 〃 (2.1)

〃 〃 SD6 上 層 (2.5)

白 磁


〃 SD6 (2.0)

〃 〃 〃 (0.7) 6.8

青 磁


〃 〃 17.0 (4.9)

〃 〃 〃 17.0 (3.9)

〃 〃 〃 18.0 (4.4)

〃 〃 〃 (17.0)(5.8)

東 播 系

捏 鉢

〃 〃 (2.2)

〃 〃 〃 (3.3)

〃 〃 〃 (2.5)

〃 〃 SD6 上 層 24.0 (2.7)

〃 〃 SD6 床 (4.0) 11.0

瓦 質

擂 鉢

東 播 系


〃 SD6 (5.9)

〃 SD6 上 層 27.0 (3.0)

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

内 面 、 口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 、 暗 文 をわずかに 認

める。

内 面 横 ナデ 調 整 。 口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 体 部 外 面 下

半 指 頭 圧 痕 顕 著 。

胎 土 精 緻

精 土

チャート、 石 英 粒 を 多 く

含 む。

石 英 他 の 細 粒 多 し。

精 緻 な 胎 土 だがチャート

の 小 礫 を 含 む。

内 面 ヘラミガキ。 外 底 指 頭 圧 痕 。 比 較 的 小 さな 高 台 。 石 英 、 長 石 、 小 礫 、 粗 粒 砂

を 含 む。

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。

精 土

緑 濁 色 。

器 壁 が 厚 い。

灰 色 精 緻

堅 緻

口 縁 外 面 自 然 釉 。 小 礫 、 粗 粒 砂 を 含 む。

口 唇 面 取 り。 鍔 幅 1cm 。 内 外 面 横 ナデ 調 整 。

全 長 (9.4cm) 全 幅 (2.4cm) 全 厚 (1.3cm)

口 唇 部 強 い 横 ナデ。 口 縁 内 外 横 ナデ 調 整 。 胴 部 上 半

縦 ハケ。 外 面 ススケ。 内 面 に 接 合 痕 跡 顕 著 。

口 縁 は 上 方 に 摘 み 上 げて 横 ナデ 調 整 。 口 唇 面 、 口 縁

内 外 面 横 ハケ、 横 ナデ。 胴 部 外 面 縦 ハケ。

横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。

チャート、 小 礫 、 粗 粒 砂 を

多 く 含 む。

チャート、 小 礫 、 粗 粒 砂 を

多 く 含 む。

チャート、 小 礫 多 し。

チャートの 小 礫 を 多 く 含

む。

精 土

断 面 台 形 状 の 円 板 状 高 台 。

赤 色 風 化 礫 の 粗 粒 砂 含

む。

糸 切 り、ナデ 調 整 。 細 粒 砂 を 多 く 含 む。

口 縁 部 外 面 強 い 横 ナデ 調 整 。

手 づくね 成 形 。 口 縁 を 摘 み 出 し、 横 ナデ 調 整 。

手 づくね 成 形 。 内 外 面 横 ナデ 調 整 。

手 づくね 成 形 。 口 縁 内 外 面 強 い 横 ナデ 調 整 。

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。

内 面 ナデ 調 整 、 底 部 付 近 に 暗 文 有 り。 口 縁 部 外 面 横

ナデ 調 整 。 胴 部 下 半 指 頭 圧 痕 顕 著 。

外 面 鎬 連 弁 を 削 り 出 し、その 上 から 櫛 目 を 縦 に 入 れ

る。 内 面 、 圏 線 1 条 認 める。 薄 緑 色 。

内 面 に 細 い 圏 線 。 器 壁 がやや 薄 い。 緑 濁 色 。

口 禿 口 縁 。 外 面 下 半 露 胎 。

外 底 も 施 釉 。

精 土 ( 水 簸 している?)

精 土

精 土

精 土

精 土

灰 色 精 緻

灰 色 精 緻

白 色 精 緻

白 色 精 緻

鎬 連 弁 。 釉 は 濁 りのある 薄 緑 色 。 胎 土 は 粗 い 白 色 。

飴 色 、 全 面 貫 入 。

暗 オリーブ 釉 。

連 弁 の 幅 が 比 較 的 細 い。

灰 色 精 緻

灰 茶 色 精 緻

灰 色 堅 緻

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 砂 粒 を 含 む。

灰 色 。 粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

ナデ 調 整 。

精 土

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 中 ・ 細 粒 砂 を 含 む。

外 面 ナデ 調 整 。 石 英 他 の 粗 粒 砂 多 し。

外 面 凹 凸 、 口 唇 部 面 取 り。

土 師 質 様 の 焼 成 。 外 面 黒 褐 色 。 断 面 暗 茶 色 。 口 縁 上 端

は 凹 状 、 口 唇 部 は 丸 味 。 外 面 右 上 がりのハケ。


細 ~ 粗 粒 砂 、 小 礫 を 多 く

含 む。

チャート、 石 英 他 の 粗 粒

砂 多 し。

Ⅰ–5–b 類


Ⅰ–6 類

Ⅰ–5–b 類

Ⅸ–2 類 ?

Ⅰ–5–b 類




156


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.28

264

Fig.28

265

Fig.28

266

Fig.28

267

Fig.28

268

Fig.28

269

Fig.28

270

Fig.28

271

Fig.28

272

Fig.28

273

Fig.28

274

Fig.28

275

Fig.28

276

Fig.28

277

Fig.28

278

Fig.28

279

Fig.28

280

Fig.29

281

Fig.29

282

Fig.29

283

Fig.29

284

Fig.29

285

Fig.29

286

Fig.29

287

Fig.29

288

Fig.29

289

Fig.29

290

Fig.29

291

Fig.29

292

Fig.29

293

Fig.29

294

Fig.29

295

Fig.29

296

Fig.29

297

Fig.29

298

Fig.29

299

Fig.29

300

種 別

瓦 質


土 師 器

羽 釜

調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位

口 径 器 高 底 径

(cm) (cm) (cm)

S SD6 上 層 (17.0)(5.5)

〃 SD6 (3.3)

〃 〃 SD6 上 層 (2.3)

瓦 質

羽 釜

〃 SD6 17.4 (5.5)

〃 〃 SD6 下 層 (21.0)(5.1)

〃 〃 SD6 上 層 22.8 (3.7)

〃 〃 SD6 下 層 25.4 (3.3)

瓦 質 鍋



SD6

〃 〃 〃

常 滑 甕 〃 SD6 上 層 (5.9)

土 師 質

擂 鉢

東 播 系


〃 〃 (7.2)

〃 SD6 (8.2)

土 錘 〃 〃

〃 〃 〃

〃 〃 SD6 上 層

〃 〃 SD6 下 層

〃 〃 SD6 上 層

土 師 器

小 皿

〃 SD7 下 層 6.8 1.3 4.6

〃 〃 SD7 上 層 7.4 1.4 6.0

土 師 器


土 師 器


土 師 器

足 高 高 台


土 師 器


瓦 器


〃 SD7 1.9 7.0

〃 〃 10.2 2.5 6.4

〃 〃 (3.2)

〃 SD7 下 層 12.4 5.5 7.4

〃 SD7 (13.0)(3.3)

〃 〃 SD7 上 層 13.4 (2.9)

〃 〃 〃 (11.0)(2.5)

〃 〃 SD7 13.6 (4.0)

黒 色 土 器

B 類 椀

黒 色 土 器

A 類 椀

瓦 器


青 磁


東 播 系

捏 鉢

〃 〃 (1.1) 7.2

〃 〃 (15.0)(3.7)

〃 〃 11.8 3.6

〃 〃 17.4 (5.4)

〃 SD7 下 層 (3.9) 11.0

〃 〃 SD7 上 層 26.0 (3.0)

瓦 質

羽 釜

土 師 器


土 師 器

羽 釜

瓦 質


〃 SD7 下 層 29.0 (2.9)

〃 SD7 上 層 24.0 (3.8)

〃 SD7 下 層 (20.4)(5.3)


SD7 上 層

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

外 面 に 指 頭 圧 痕 多 し。 外 面 ススケ。 全 体 にナデ 調 整 。 チャート 小 礫 、 粗 粒 砂 を

多 く 含 む。

鍔 幅 1.5cm 。 内 外 面 、 鍔 上 下 横 ナデ 調 整 。 内 面 ススケ。 石 英 粒 を 多 く 含 む。

鍔 幅 2cm 。 口 唇 部 外 傾 する 面 。 鍔 端 部 垂 直 な 面 。 内 外 石 英 、 粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

面 横 ナデ 調 整 。

口 唇 部 面 取 り。 鍔 は 三 角 形 を 呈 し、しっかりしてい チャートの 小 礫 、 粗 粒 砂

る。 鍔 上 下 、 口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 内 面 ナデ 調 を 多 く 含 む。

整 。

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 断 面 三 角 突 帯 を 上 向 きに 貼

付 。 胴 外 面 指 圧 痕 残 る。 外 面 ススケ。

口 縁 内 外 面 、 鍔 上 下 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 。 内

外 面 縦 方 向 のナデ 調 整 。

断 面 台 形 状 の 突 帯 を 上 向 きにつける。 口 縁 内 外 面 横

ナデ 調 整 。 外 面 ススケ。

全 長 (6.2cm) 全 幅 (2.3cm) 全 厚 (2.3cm)

本 体 との 接 合 部 で 剥 離 。 脚 に 弱 い 面 取 りあり。

全 長 (5.6cm) 全 幅 (2.5cm) 全 厚 (2.6cm)

外 面 に 格 子 上 の 圧 痕 あり。 内 面 自 然 釉 。

チャートの 粗 粒 砂 を 多 く

含 む。

チャート 他 の 細 ~ 中 粒 砂

多 し

チャートの 粗 ・ 細 粒 砂 を

含 む。

チャート 他 の 細 粒 砂 を 含

む。

チャート 他 の 細 ・ 粗 粒 砂

を 含 む。

7 本 単 位 の 条 線 を 認 める。 外 面 凹 凸 顕 著 。 結 晶 片 岩 、 赤 色 風 化 礫 を

多 く 含 む。

平 行 叩 き 痕 。

精 土

全 長 6.6cm 全 幅 (3.2cm) 重 量 (24.0g)

精 土

全 長 (3.5cm) 全 幅 1.3cm 全 厚 1.4cm 重 量 3.8g 精 土

孔 径 0.5cm

全 長 4.3cm 全 幅 1.6cm 全 厚 1.5cm 重 量 6.8g 精 土

孔 径 0.6cm

全 長 (2.0cm) 全 幅 1.5cm 全 厚 1.6cm 重 量 4.2g 精 土

孔 径 0.5cm

全 長 4.6cm 全 幅 1.3cm 全 厚 1.3cm 重 量 5.5g 精 土

孔 径 0.5cm

糸 切 り。 細 ・ 粗 粒 砂 多 し。

円 板 状 高 台 。 外 底 に 火 襷 文 。

ヘラ 切 り。

脚 の 大 部 分 の 接 合 部 から 剥 離 。

外 面 ロクロ 目 顕 著 。

口 縁 部 外 面 強 い 横 ナデ 調 整 。 胴 部 内 面 指 頭 圧 痕 。

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 ナデ 調 整 。 器 壁 が

うすい。

口 縁 部 横 ナデ 調 整 。 体 部 外 面 指 圧 痕 顕 著 。

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。 体 部 外 面 指 圧 痕 。 内 外 面 ス

スケ。

細 ・ 粗 粒 砂 を 含 む。

精 土

石 英 、チャート 他 の 細 ・ 粗

粒 砂 を 含 む。

石 英 他 の 細 粗 粒 砂 を 多 く

含 む。

精 土

精 土

精 土

チャートの 小 礫 を 多 く 含

む。

精 土

見 込 みに 十 字 のミガキ。 精 土 、 雲 母 を 多 く 含 む。

内 面 横 方 向 ヘラミガキ。 外 面 横 方 向 の 弱 い 削 り、ヘ

ラミガキ。

外 面 指 頭 圧 痕 。 内 面 ナデ 調 整 、 暗 文 。

鎬 連 弁 文 。

糸 切 り。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 口 縁 端 はわずかに 内 側 に 摘 み 出

す。

胴 部 外 面 平 行 叩 き。 外 面 ススケ。 口 縁 端 部 外 方 向 に

摘 み 出 し。

金 雲 母 他 の 細 粒 砂 を 含

む。

精 土

粗 い 胎 土

粗 い 胎 土


石 英 、 長 石 の 粗 粒 を 多 く

含 む。

精 土 。 石 英 、 長 石 など 花 崗

岩 地 帯 の 土 。

鍔 幅 2.3cm 。 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 石 英 、 長 石 粒 を 多 く 含 む。

全 長 (8.5cm) 全 幅 2.0cm 全 厚 2.1cm

幅 7cm 前 後 の 面 取 りが 行 われている。

チャートの 粗 粒 、 小 礫 を

含 む。

搬 入 品

搬 入 品

Ⅰ–5–b 類

播 丹 タイプ

157


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.29

301

Fig.29

302

Fig.29

303

Fig.29

304

Fig.29

305

Fig.29

306

Fig.30

307

Fig.30

308

Fig.30

309

Fig.30

310

Fig.30

311

Fig.30

312

Fig.30

313

Fig.30

314

Fig.30

315

Fig.30

316

Fig.30

317

Fig.30

318

Fig.30

319

Fig.30

320

Fig.30

321

Fig.30

322

Fig.30

323

Fig.30

324

Fig.32

325

Fig.32

326

Fig.32

327

Fig.32

328

Fig.32

329

Fig.32

330

Fig.32

331

Fig.32

332

Fig.32

333

Fig.32

334

Fig.32

335

種 別

瓦 質


調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位

S

SD7 上 層

〃 〃 SD8

土 錘 〃 SD7

〃 〃 〃

〃 〃 〃

〃 〃 SD7 上 層

瓦 器

小 皿

瓦 器


口 径 器 高 底 径

(cm) (cm) (cm)

〃 SD30 7.9 1.45

〃 〃 13.5 (2.5)

〃 〃 〃 12.2 (2.4)

志 野


白 磁


青 磁


〃 〃 11.0 1.85 5.5

〃 〃 (3.6)

〃 〃 (2.8) 5.3

〃 〃 〃 14.4 (1.9)

備 前

擂 鉢

〃 〃 (3.5)

〃 〃 〃 (4.0)

〃 〃 〃 (5.1)

〃 〃 〃 27.8 (5.2)

〃 〃 〃 24.0 4.15

〃 〃 〃 23.6 (7.6)

〃 〃 〃 29.8 (7.5)

東 播 系

捏 鉢

備 前

擂 鉢

東 播 系

捏 鉢

備 前

擂 鉢

瓦 質

羽 釜

土 師 質

羽 釜

〃 〃 27.0 (4.0)

〃 〃 (4.0) 18.4

〃 〃 (4.8) 10.0

〃 SD30 集 石 下 層 (5.7) 18.0

〃 SD30 21.0 (5.7)

〃 〃 18.8 7.1

〃 〃 〃 24.2 3.8

瓦 質

羽 釜

土 師 質

羽 釜

瓦 質

羽 釜

〃 〃 20.2 (5.7)

〃 〃 (5.6)

〃 〃 (6.4)

〃 〃 〃 29.2 (6.8)

〃 〃 〃 30.0 (7.95)

土 師 器

羽 釜

瓦 質

羽 釜

常 滑


〃 〃 28.5 (4.7)

〃 〃 27.0 7.15

〃 〃 (6.2)

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

全 長 (6.7cm) 全 幅 (2.7cm) 全 厚 (2.3cm)

幅 1cm 前 後 の 面 取 りが 見 られる。

全 長 (6.4cm) 全 幅 (2.4cm) 全 厚 (2.3cm)

接 合 部 で 剥 離 している。

全 長 5.0cm 全 幅 1.2cm 全 厚 1.2cm 重 量 5.3g

孔 径 0.6cm

全 長 4.4cm 全 幅 1.1cm 全 厚 1.0cm 重 量 3.6g

孔 径 0.4cm

全 長 7.3cm 全 幅 1.2cm 全 厚 1.1cm 重 量 10.2g

孔 径 0.5cm

全 長 4.6cm 全 幅 2.1cm 全 厚 (1.6cm) 重 量 10.0g

孔 径 0.6cm

内 面 、 口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。

チャートの 粗 粒 砂 、 小 礫

多 し。

チャート、 小 礫 、 粗 粒 砂 多

し。

精 緻

精 土

精 土

精 土

精 土

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 、ナデ 調 整 。 チャート 他 の 粗 粒 砂 、 小

礫 を 含 む。

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 ヘラミガキ。 精 土

陶 器 皿 。 細 い 隆 帯 状 の 削 り 出 し 高 台 。 内 外 面 灰 釉 。 やや 粗 い 胎 土 。

玉 縁 状 口 縁 。

灰 色 精 緻

見 込 みに1 条 の 圏 線 。 外 底 兜 巾 を 残 して 削 り。 畳 付 ま 灰 色 精 緻

で 施 釉 。 鎬 連 弁 文 。

Ⅰ–5–b 類

灰 色 の 釉 。 灰 色 やや 粗 い 胎 土 上 田 分 類

D 類

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 粗 粒 砂 を 含 む。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 重 ね 焼 き 痕 有 り。 砂 粒 を 含 む。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 6 条 単 位 の 条 線 。 砂 粒 を 含 む。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 7 条 の 条 線 。 外 面 に 重 ね 焼 き 小 礫 、 砂 粒 を 含 む。

痕 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 小 礫 を 多 く 含 む。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

外 面 重 ね 焼 きの 痕 跡 有 り。 口 縁 部 ゴマフク。 内 外 面

横 ナデ 調 整 。 条 線 7 本 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

小 礫 、 粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

砂 粒 を 含 まない。

内 面 使 用 による 磨 耗 が 激 しい。 条 線 がすり 消 えてい 砂 粒 を 多 く 含 む。

る。

外 面 横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。 砂 粒 を 多 く 含 む。

内 面 は 使 用 により 磨 耗 が 激 しい。8 本 の 条 線 。 小 礫 を 多 く 含 む。

口 縁 外 面 強 い 横 ナデ。3 条 のにぶい 凹 線 状 。 鍔 幅 精 土

2cm 。 鍔 上 下 横 ナデ 調 整 。 胴 外 面 左 → 右 の 削 り。 内

面 横 ナデ、ナデ。 口 唇 部 面 取 り。 鍔 先 端 部 丸 く。

口 縁 外 面 、 鍔 上 下 強 い 横 ナデ 調 整 。 胴 外 面 削 り。 口 縁 ・ 石 英 他 の 小 礫 、 粗 粒 砂 を

胴 部 内 面 横 ハケ、ナデ。 口 唇 部 、 鍔 先 端 部 面 取 り。 胴 多 く 含 む。

部 鍔 下 激 しくススケ、 煤 付 着 。

口 縁 内 外 面 、 鍔 上 下 横 ナデ 調 整 。 鍔 に 部 分 的 に 指 頭 精 土

による 圧 痕 有 り。

口 縁 内 外 面 、 鍔 上 下 横 ナデ 調 整 。 胴 部 内 面 横 ハケ、 胴 精 土

部 外 面 左 ← 右 の 削 り。 外 面 ススケ。 口 唇 部 面 取 り。

外 面 鍔 下 削 り 調 整 、 激 しいススケ。 口 縁 内 外 面 横 ナ 精 土

デ 調 整 。 口 唇 部 面 取 り。

鍔 幅 2.5cm 。 鍔 先 端 部 面 取 り。 口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 精 土

整 。 胴 部 外 面 左 → 右 方 向 の 削 り。 鍔 下 ススケ。 内 面

横 ハケ、 横 ナデ 調 整 。

鍔 幅 2.5cm 。 口 縁 外 面 、 鍔 上 下 横 方 向 ナデ。 胴 外 面 精 土

左 → 右 方 向 削 り。 激 しく 煤 ける。 口 唇 部 、 鍔 先 端 部 面

取 り。

口 縁 内 外 面 強 い 横 ナデ 調 整 。 外 面 は 段 状 を 呈 す。 鍔 石 英 の 小 礫 、 粗 粒 砂 を 多

欠 損 。 胴 部 外 面 削 り、 内 面 横 ナデ 調 整 。 口 唇 部 面 取 り。 く 含 む。

口 縁 は 大 きく 内 湾 。 鍔 幅 1.8cm 。 鍔 上 下 、 口 縁 内 外 面

横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 右 → 左 方 向 のヘラ 削 り。

石 英 他 の 小 礫 、 粗 粒 砂 を

含 む。

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 、 外 面 3 条 の 弱 い 凹 線 。 鍔 幅 石 英 、 粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

2cm 。 鍔 上 下 横 ナデ 調 整 。 胴 部 内 面 横 ハケ、 外 面 弱 い

削 り、 横 ナデ 調 整 。 口 唇 部 ・ 鍔 先 端 部 面 取 り。 鍔 下 外

面 ススケ。

押 印 の 一 部 が 見 える。 粗 粒 砂 を 含 む。

Ⅳ 類

東 播 系

158


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.32

336

Fig.32

337

Fig.32

338

Fig.33

339

Fig.33

340

Fig.33

341

Fig.33

342

Fig.33

343

Fig.33

344

Fig.33

345

Fig.34

346

Fig.34

347

Fig.34

348

Fig.34

349

Fig.34

350

Fig.34

351

Fig.34

352

Fig.34

353

Fig.34

354

Fig.34

355

Fig.34

356

Fig.34

357

Fig.34

358

Fig.34

359

Fig.34

360

Fig.34

361

Fig.34

362

Fig.34

363

Fig.34

364

Fig.34

365

Fig.34

366

Fig.34

367

Fig.34

368

Fig.34

369

Fig.34

370

Fig.34

371

Fig.34

372

Fig.34

373

種 別

常 滑


調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土 口 径 器 高 底 径

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位 (cm) (cm) (cm)

外 面 すだれ 状 の 押 印 。 粗 粒 砂 を 含 む。

S SD30 (5.2)

〃 〃 〃 (5.4)

〃 〃 〃 (8.6)

東 播 系


〃 〃 (5.55)

〃 〃 〃 (6.9)

〃 〃 〃 (4.8)

常 滑


〃 〃 (5.25) 14.0

〃 〃 〃 (4.8) 19.0

〃 〃 〃 (5.4) 18.8

丸 瓦 片 〃 〃

瓦 器

小 皿

〃 SD31 下 層 7.0 1.4

〃 〃 SD31 (8.0)(1.3)

〃 〃 〃 8.0 (1.65)

瓦 器


〃 SD31 下 層 (1.0) 3.0

〃 〃 SD31 (0.9) 3.0

〃 〃 〃 (2.3)

〃 〃 〃 (12.0)(2.5)

〃 〃 〃 (11.0)(2.5)

土 師 器


瓦 器


〃 〃 11.0 3.0 7.0

〃 〃 12.0 (2.0)

〃 〃 SD31 下 層 12.8 (2.5)

〃 〃 SD31 14.0 (3.0)

〃 〃 〃 13.4 (2.7)

〃 〃 〃 15.4 (2.8)

〃 〃 〃 15.2 (2.55)

常 滑


白 磁


青 磁


青 磁


東 播 系

捏 鉢

〃 〃 15.0 (4.5)

〃 SD31 下 層 (1.4)

〃 SD31 (1.9)

〃 〃 9.0 1.8 4.0

〃 〃 (3.1)

〃 〃 〃 (4.0) 10.0

〃 〃 〃 4.5 10.2

陶 器

底 部

東 播 系

捏 鉢

土 師 器

紀 伊 型 甕

瓦 器

三 足 脚

〃 〃 (2.55)

〃 〃 24.0 (4.5)

〃 〃 (1.9)



〃 〃 SD31 検 出 面

〃 〃 SD31

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 粗 粒 砂 、 小 礫 を 含 む。

外 面 すだれ 状 の 押 印 。 内 面 に 粘 土 帯 接 合 部 有 り。 接

合 部 に 対 応 して 押 印 。

頸 部 外 面 右 上 がり、 胴 部 外 面 平 行 叩 き。 内 面 指 頭 に

よる 凹 凸 が 激 しい。

胴 部 外 面 平 行 叩 き。

器 表 剥 離 。

外 面 板 状 原 体 によるナデ 調 整 。

外 面 右 上 がりハケ。 内 面 横 ナデ 調 整 。

内 面 の 一 部 に 横 ハケ。

全 長 11.0cm 全 幅 8.8cm 全 厚 3.3cm 重 量 165.3g

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 外 底 指 頭 による 凹 凸 。

口 縁 外 面 強 い 横 ナデ 調 整 。 外 底 指 頭 圧 痕 顕 著 ( 指 紋 有

り)

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。

断 面 三 角 形 の 高 台 。

断 面 カマボコ 状 の 高 台 。

外 面 粗 いナデ 調 整 。

内 面 ヘラミガキ。 口 縁 外 面 の 横 ナデは 弱 い。 厚 い 造

り。 外 面 ススケ。

口 縁 外 面 強 い 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 ナデ 調 整 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 、 弱 い 削 り 有

り。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 。 内 面 はわず

かに 横 ヘラミガキが 見 られる。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 1 段 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 顕 著 。 内 面

横 ナデ 調 整 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。

口 縁 外 面 幅 の 狭 い 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 。 内

面 暗 文 。

内 面 自 然 釉 、ゴマフリ 状 。 外 面 縦 方 向 ナデ 調 整 。

口 禿 。

鎬 連 弁 文 。

粗 粒 砂 を 含 む。

チャート 他 の 粗 粒 を 含

む。

チャート 他 の 小 礫 、 粗 粒

砂 を 含 む。

精 土

精 土

精 土

精 土 (チャートの 粗 粒 を

少 量 含 む。)

精 土

精 土

精 土

精 土

精 土

精 土


石 英 他 の 細 ~ 粗 粒 砂 を 含

む。

精 土

精 土

精 土

精 土

石 英 他 の 砂 粒 を 含 む。

精 土

精 土


砂 粒 をほとんど 含 まな

い。

白 色 精 緻

精 緻

産 地 不 明

Ⅸ 類

I–5–b 類

外 面 体 部 中 位 まで 施 釉 。 灰 色 精 緻 同 安 窯 系

Ⅰ–1 類

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 縦 ナデ 調 整 。 石 英 他 の 粗 粒 砂 を 含 む。

内 面 磨 耗 。 外 面 粗 いナデ 調 整 。 チャート 他 の 小 礫 多 数 。

内 面 は 磨 耗 してツルツル。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 口 縁 に 重 ね 焼 き 痕 跡 明 瞭 。

口 縁 上 方 に 拡 張 。 内 外 面 横 ナデ 調 製 、ススケ 有 り。

全 長 4.7cm 全 幅 4.0cm 全 厚 2.7cm

外 面 ススケ。

全 長 6.5cm 全 幅 2.0cm 全 厚 1.8cm 重 量 27.7g

全 長 7.1cm 全 幅 2.4cm 全 厚 2.4cm 重 量 46.5g

ナデ 調 整 。

粗 い 胎 土 、 長 石 粒 を 多 く

含 む。

石 英 、 長 石 など、 細 ~ 粗 粒

多 し

チャート 他 の 粗 粒 砂 を 含

む。

チャート、 細 ~ 小 礫 を 多

く 含 む。

精 土

精 土

産 地 不 明

159


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.34

374

Fig.34

375

Fig.34

376

Fig.34

377

Fig.34

378

Fig.34

379

Fig.34

380

Fig.35

381

Fig.35

382

Fig.35

383

Fig.35

384

Fig.35

385

Fig.35

386

Fig.35

387

Fig.35

388

Fig.35

389

Fig.35

390

Fig.35

391

Fig.35

392

Fig.35

393

Fig.35

394

Fig.35

395

Fig.35

396

Fig.35

397

Fig.35

398

Fig.35

399

Fig.35

400

Fig.36

401

Fig.36

402

Fig.36

403

Fig.36

404

Fig.36

405

Fig.36

406

Fig.36

407

Fig.36

408

Fig.36

409

Fig.36

410

Fig.36

411

種 別

瓦 質


土 師 器

羽 釜

瓦 質


調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位

口 径 器 高 底 径

(cm) (cm) (cm)

S SD31 下 層 26.0 (4.1)

〃 SD31 22.4 (4.3)

〃 〃 26.0 (8.1)

〃 〃 SD31 床 24.0 (8.5)

常 滑


土 師 器

土 錘

〃 SD31 (7.9)



〃 〃 〃

土 師 器

小 皿

〃 SD32 床 7.6 1.75 5.6

〃 〃 SD32 7.4 1.9 5.4

瓦 器


〃 〃 13.0 (2.7)

〃 〃 SD32 下 層 12.1 (2.5)

白 磁


瓦 器


白 磁

碗 底 部

東 播 系

捏 鉢

青 磁

碗 底 部

瓦 質

三 足 脚

土 師 器 甕

紀 伊 型

瓦 質


〃 SD32 8.2 (1.7)

〃 〃 14.2 (2.3)

〃 〃 (2.3)

〃 SD32 床 13.2

〃 〃 (2.1) 6.0


SD32

〃 〃 23.0 (3.3)

〃 SD32 下 層 22.6 (3.7)

〃 〃 SD33 27.4 (3.2)

常 滑


東 播 系


〃 SD32 (2.3)

〃 SD32 下 層 13.0

〃 〃 〃 26.0 (4.7)

常 滑

甕 胴 部 片

〃 〃 (7.2)

〃 〃 SD32 床 (8.0)

〃 〃 SD32 (9.2)

〃 〃 SD32 床 (9.5)

土 師 器


〃 P2 (1.4) 5.6

〃 〃 〃 (14.0)(2.3)

〃 〃 〃 (13.0)(1.9)

瓦 器


陶 器

志 野 小 皿

瓦 器

小 皿

土 師 器

小 皿

瓦 器


〃 P5 12.7 (2.5)

〃 〃 10.6 2.2 5.8

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

口 縁 内 外 面 、 鍔 上 下 横 ナデ 調 整 。 口 唇 部 面 取 り。 台 形

状 の 鍔 。

鍔 下 外 面 激 しく 煤 ける。

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 。 口 唇 部 強

い 横 ナデ 面 取 り。 鍔 下 胴 部 外 面 ススケ。

カマボコ 状 の 鍔 を 貼 付 し、 指 頭 で 押 圧 。 胴 外 面 スス

ケ。 内 面 丁 寧 なナデ 調 整 。 口 唇 部 面 取 り。

精 土

チャート 他 の 小 礫 、 粗 粒

を 多 く 含 む。

砂 粒 を 多 く 含 む。

チャート 他 の 粗 粒 砂 を 多

く 含 む。

外 面 自 然 釉 。 押 印 状 の 圧 痕 有 り。 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 砂 粒 を 含 む。

全 長 4.2cm 全 幅 1.1cm 全 厚 1.0cm 重 量 3.9g

全 長 3.85cm 全 幅 1.1cm 全 厚 1.0cm 重 量 3.2g

横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。

底 部 円 板 剥 離 。 横 ナデ 調 整 。

精 土

精 土

精 土

精 土

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 。 石 英 粒 を 含 む。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 。 内 面 横 ヘラ

ミガキ。

口 禿 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 。 内 面 横 ヘラ

ミガキ。

見 込 み 蛇 ノ 目 釉 剥 ぎ。 外 面 露 胎 。

精 土

白 色 精 緻

精 土

白 色 精 緻

灰 色 粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

灰 オリーブ 釉 外 底 まで 施 釉 。 外 底 丁 寧 に 削 る。 鎬 連 灰 色 精 緻

弁 文 。

全 長 8.1cm 全 幅 3.7cm 全 厚 2.5cm 重 量 51.1g 精 土

面 取 り。

口 縁 内 肥 厚 。 外 面 ススケ。 結 晶 片 岩 を 多 く 含 む。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 口 唇 部 面 取 り。 断 面 カマボコ

状 の 鍔 。

断 面 三 角 形 の 鍔 。 鍔 上 下 、 口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 口

唇 部 面 取 り。

拡 張 した 口 唇 に2 条 のにぶい 凹 線 。 内 外 面 自 然 釉 。

長 石 の 細 ・ 粗 粒 砂 を 含 む。

精 土 、チャート 粗 粒 を 少

し 含 む。

精 土

外 面 左 下 がりハケ、 横 ナデ 調 整 。 口 縁 横 ナデが 強 く、 石 英 、 長 石 を 多 く 含 む。

上 面 は 凹 む。

口 縁 を 下 方 に 拡 張 。 外 面 右 上 がりハケ 調 整 。 口 唇 部

およびその 上 下 にかけて 強 い 横 ナデ 調 整 。

器 壁 が 他 のものと 比 較 して 厚 い。 古 相 か? 押 印 はす

だれ 状 。 内 面 ナデ 調 整 。

石 英 、チャート 小 礫 を

含 む。

小 礫 ほとんど 見 られな

い。

外 面 長 方 形 格 子 の 押 印 文 。 内 面 自 然 釉 。 小 礫 を 含 む。

外 面 長 方 形 格 子 の 押 印 文 。 内 面 自 然 釉 。 粗 粒 砂 、 小 礫 を 多 く 含 む。

外 面 長 方 形 格 子 の 押 印 文 。 内 面 自 然 釉 。 内 面 指 ナデ 粗 粒 砂 が 目 立 つ。

顕 著 。

内 外 面 磨 耗 。 チャート、 赤 色 粒 多 し。

内 外 面 磨 耗 。 細 粒 砂 多 し。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 細 ・ 粗 粒 砂 多 し。

焼 成 不 良 。 口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 石 英 他 の 粗 粒 砂 を 含 む。

削 り 出 し 高 台 。 白 濁 色 の 釉 。

外 底 指 圧 痕 、 指 紋 が 残 る。

〃 P30 (5.0)(0.7)(4.0)

糸 切 り。

〃 〃 (1.4)(6.0)

〃 P31 (1.0)(2.0)

〃 〃 〃 (15.0)(3.4)

〃 〃 P81 10.0 (1.7)

土 師 器


〃 〃 13.5 (2.9)

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 わずかに 暗 文 。

内 外 面 磨 耗 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

粗 い 胎 土

精 土

精 土

精 土

精 土

精 土

精 土

Ⅸ 類

Ⅰ–5–b 類

160


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.36

412

Fig.36

413

Fig.36

414

Fig.36

415

Fig.36

416

Fig.36

417

Fig.36

418

Fig.36

419

Fig.36

420

Fig.36

421

Fig.36

422

Fig.36

423

Fig.36

424

Fig.36

425

Fig.36

426

Fig.36

427

Fig.36

428

Fig.36

429

Fig.36

430

Fig.36

431

Fig.36

432

Fig.36

433

Fig.36

434

Fig.36

435

Fig.36

436

Fig.36

437

Fig.36

438

Fig.36

439

Fig.37

440

Fig.37

441

Fig.37

442

Fig.37

443

Fig.37

444

Fig.37

445

Fig.37

446

Fig.37

447

Fig.37

448

種 別

瓦 器


瓦 器

小 皿

瓦 器


調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土 口 径 器 高 底 径

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位 (cm) (cm) (cm)

内 面 わずかに 暗 文 。

S P81 (1.7) 4.5

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

〃 P106 8.4 1.8 2.4

口 縁 外 面 強 いナデ 調 整 、 段 部 を 形 成 している。 内 面 精 土

横 ナデ 調 整 。 外 底 部 に 接 合 部 を 認 める。

〃 〃 14.2 4.0 4.4

内 面 暗 文 、 横 ナデ 調 整 。 口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 扁 平 な チャートの 小 礫 を 含 む。

高 台 。

( 在 地 産 ?)

〃 〃 P119 (12.0)(3.5)

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 。

精 土

土 師 器


土 師 質

土 器 杯

〃 〃 (16.0)(3.7)

〃 P123 11.0 (3.7)

〃 〃 〃 13.0 3.3 8.8

〃 〃 〃 10.8 (2.0)

瓦 器


〃 〃 12.8 (1.7)

〃 〃 〃 (12.0)(1.6)

〃 〃 〃 (13.0)(3.0)

〃 〃 〃 16.8 (2.7)

〃 〃 〃 13.7 3.5 4.2

〃 〃 〃 (13.4)(4.5)

青 磁


瓦 質

羽 釜

瓦 器


土 師 器


瓦 器


土 師 器

小 皿

土 師 器

杯 底 部

〃 〃 (2.4)

〃 〃 20.0 (7.3)

〃 P127 10.9 (2.2)

〃 〃 13.5 (2.3)

〃 〃 (12.2)(2.0)

〃 P449 6.9 1.6 4.8

〃 P449 下 層 (0.95) 5.4

土 師 小 皿 〃 〃 6.5 1.6 4.9

土 師 器


瓦 器


〃 P449 11.8 3.6 7.6

〃 〃 13.0 (3.0)

〃 〃 〃 13.2 3.4 2.5

〃 〃 〃 12.6 (2.5)

〃 〃 P459 (0.9) 3.2

〃 〃 〃 11.6 (2.2)

瓦 器

小 皿

土 師 質

羽 釜

土 師 質

土 器 小 皿

〃 P465 7.2 1.55

〃 〃 24.0 (12.5)


P471

検 出 面 直 下

7.4 1.75 5.7

〃 〃 〃 7.4 1.55 5.0

〃 〃 〃 7.5 1.85 4.9

土 師 質

土 器 杯

〃 〃 1.7 6.4

〃 〃 〃 (3.35) 7.0

〃 〃 〃 (1.7) 7.0

〃 〃 〃 10.5 4.0 5.2

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 指 圧 痕 痕 。 手 づくね 成

形 。

非 回 転 台 式 土 器 。 内 面 および 口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。

体 部 下 半 指 圧 痕 。

口 縁 外 面 強 いナデ 調 整 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 顕 著 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。

精 土

チャート 他 の 粗 粒 砂 含

む。

精 土

赤 色 風 化 礫 の 細 ・ 粗 粒 含

む。

細 ・ 粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

精 土

精 土

精 土

精 土

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 チャートの 粗 粒 を 含 む。

高 台 が 太 く、 器 壁 も 厚 い。 口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 チャートの 粗 粒 多 し。

片 切 彫 による 連 弁 文 。 緑 濁 釉 。

胴 部 外 面 指 圧 痕 顕 著 。 外 面 煤 ける。 台 形 状 のしっか

りした 鍔 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。

横 ナデ 調 整 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。

横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。

糸 切 り。

横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。

灰 色 精 緻

チャートの 小 礫 、 粗 粒 砂

を 含 む。

精 土

精 土

精 土

精 土

精 土

精 土

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。 細 粒 砂 を 含 む。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 。 内 面 磨 耗 。

内 外 面 ナデ 調 。わずかに 暗 文 を 認 める。

内 面 螺 旋 状 暗 文 。 内 外 面 ススケ。 口 縁 外 面 横 ナデ 調

整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 。

内 面 暗 文 。

精 土

石 英 、チャートの 粗 粒 砂

を 含 む。

精 土

精 土

内 面 ナデ 調 整 、2 条 の 横 位 暗 文 。 口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 精 土

外 底 凹 凸 、 他 ナデ 調 整 。

口 縁 内 傾 。 口 唇 部 面 取 り。 鍔 幅 1.5cm 。 口 縁 内 外 面 、

鍔 上 下 横 ナデ 調 整 。 内 外 面 ナデ 調 整 。 鍔 下 胴 部 外 面

煤 ける。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。

精 土

チャートの 小 礫 、 粗 粒 砂

多 し。

精 土

糸 切 り。 赤 色 風 化 礫 粒 を 含 む。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。 細 ・ 粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。

精 土

内 外 面 横 ナデ 調 整 。ヘラ 切 り。 粗 粒 砂 を 含 む。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。

精 土

糸 切 り。 横 ナデ 調 整 。 赤 色 風 化 礫 を 多 く 含 む。

Ⅰ–5–b 類

完 形

在 地 産

Ⅰ–5–b 類

161


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.37

449

Fig.37

450

Fig.37

451

Fig.37

452

Fig.37

453

Fig.37

454

Fig.37

455

Fig.37

456

Fig.37

457

Fig.37

458

Fig.37

459

Fig.38

460

Fig.38

461

Fig.38

462

Fig.38

463

Fig.38

464

Fig.38

465

Fig.38

466

Fig.38

467

Fig.38

468

Fig.38

469

Fig.38

470

Fig.38

471

Fig.38

472

Fig.38

473

Fig.38

474

Fig.38

475

Fig.38

476

Fig.38

477

Fig.38

478

Fig.38

479

Fig.38

480

Fig.38

481

Fig.38

482

Fig.38

483

Fig.38

484

Fig.38

485

調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土 口 径 器 高 底 径

種 別

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位 (cm) (cm) (cm)

土 師 質

横 ナデ 調 整 。

S P471 14.4 2.5

土 器 杯

土 師 器 甕

紀 伊 型

〃 〃 25.4 7.5

瓦 器 椀 〃 〃 12.4 (3.2)

土 師 質

土 器

土 師 器 甕

紀 伊 型

瓦 質

捏 鉢

白 磁

椀 底 部

東 播 磨 系

甕 細 片

青 磁

皿 底 部

瓦 器


〃 P472 6.6 2.1 4.8

〃 〃 24.6 (4.2)


P471

検 出 面 直 下

30.4 4.5

〃 P473 (1.45) 9.4

〃 〃 (3.4)

〃 P475 (1.1) 4.8

〃 〃 14.2 2.95 7.6

〃 〃 〃 12.6 3.3 2.7

土 師 器

小 皿

〃 P124 (10.0)(1.0)

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

口 縁 端 を 摘 み 上 げて 強 く 横 ナデ 調 整 。 上 胴 部 に 小 突

帯 を 貼 付 。 胴 内 外 面 指 頭 によるナデ 調 整 。 口 縁 から

胴 部 にかけて 煤 ける。

内 面 螺 旋 状 暗 文 口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧

痕 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。

精 土

チャート、 赤 色 風 化 礫 の

粗 粒 多 し。

精 土

精 土

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 チャート、 雲 母 、 他 の 粗 ・

細 粒 砂 を 多 く 含 む。

チャート 小 礫 、 粗 粒 砂 を

多 く 含 む。

灰 白 色 精 緻

外 面 平 行 叩 き。

外 面 削 り、ナデ 調 整 。

内 底 付 近 に 暗 文 。 口 縁 外 面 強 い 横 ナデ 調 整 。

内 底 平 行 線 、 内 面 螺 旋 状 の 暗 文 。 口 縁 外 面 横 ナデ 調 粗 粒 砂 、 小 礫 を 含 む。

整 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 ナデ 調 整 。 精 土 G 小 皿 焼 成

不 良 か?

糸 切 り。 細 粗 粒 砂 多 し。

〃 〃 P129 (7.4)(1.6) (5.0)

〃 〃 P142 (1.0) 4.6

土 師 器


〃 P28 (1.1) 6.4

〃 〃 P70 (1.0) 6.0

〃 〃 P4 (10.0)(2.5)

糸 切 り。

糸 切 り。

内 外 面 磨 耗 。

糸 切 り。

〃 〃 P22 (1.2) (8.0)

〃 〃 P14 (1.2) (8.0)

精 土

精 土

精 土

精 土

精 土

精 土

粗 粒 砂 多 し。

外 面 ススケ。 細 粗 粒 砂 を 含 む。

〃 〃 P17 (1.8) (7.0)

〃 〃 P20 14.4 3.6 7.2

〃 〃 P6 (2.4) 6.2

〃 〃 P33 (1.6) (9.0)

糸 切 り。 横 ナデ 調 整 。

糸 切 り。

精 土

精 土

チャート、 赤 色 粒 、 細 粗 粒

砂 を 含 む。

精 土

糸 切 り。 赤 色 風 化 礫 を 多 く 含 む。

〃 〃 P78 (4.2) (6.0)

〃 〃 P65 (2.0) (3.0)

〃 〃 P83 (2.1)

横 ナデ 調 整 。

糸 切 り。 横 ナデ 調 整 。

〃 〃 P90 (2.6) (6.4)

糸 切 り。

〃 〃 P103 (1.5) (60)

糸 切 り。

〃 〃 P89 (1.4) (6.0)

精 土

精 土

チャート 粗 粒

チャート 小 礫 、 粗 粒 砂

を 含 む。

チャート、 石 英 他 の 粗 粒

多 し。

精 土

糸 切 り。ナデ 調 整 。 細 ・ 粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

〃 〃 P131 (2.7) (8.0)

〃 〃 P150 (1.9) 7.8

〃 〃 P152 14.4 (2.2)

〃 〃 P154 11.8 (2.1)

〃 〃 P158 (2.3) 6.0

磨 耗 している。

〃 〃 P157 (1.2) (6.0)

糸 切 り。 横 ナデ 調 整 。 底 部 と 胴 部 の 貼 付 部 剥 離 痕 跡

が 生 きており、 剥 離 明 白 。

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 瓦 器 椀 の 模 倣 か?

精 土

胴 部 中 位 の 接 合 部 剥 離 痕 。 細 粒 砂 多 し。

糸 切 り。 石 英 粒 を 多 く 含 む。

糸 切 り。 細 ・ 粗 粒 多 し。

〃 〃 P133 (2.0) (6.0)

糸 切 り。 横 ナデ 調 整 。

〃 〃 P407 (5.0) (5.0)

精 土

精 土


Ⅳ 類

162


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.38

486

Fig.38

487

Fig.38

488

Fig.38

489

Fig.38

490

Fig.38

491

Fig.38

492

Fig.38

493

Fig.38

494

Fig.38

495

Fig.38

496

Fig.38

497

Fig.38

498

Fig.38

499

Fig.38

500

Fig.38

501

Fig.38

502

Fig.38

503

Fig.38

504

Fig.38

505

Fig.38

506

Fig.38

507

Fig.39

508

Fig.39

509

Fig.39

510

Fig.39

511

Fig.39

512

Fig.39

513

Fig.39

514

Fig.39

515

Fig.39

516

Fig.39

517

Fig.39

518

Fig.39

519

Fig.39

520

Fig.40

521

Fig.40

522

Fig.40

523

種 別

瓦 器


調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土 口 径 器 高 底 径

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位 (cm) (cm) (cm)

S P7 (3.0)

口 縁 外 面 ナデ 調 整 。

〃 〃 P34 (14.0)(2.4)

瓦 器

小 皿

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 。 内 面 平 行 の

暗 文 。


〃 P121

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 外 底 指 圧 痕 。 焼 成 不 良 。

(7.4)(1.1)

チャート 他 の 粗 粒 多 し。

〃 〃 P96 (8.0)(1.4)

〃 〃 P403 7.9 (1.1)

瓦 器


〃 P114 (3.6)

〃 〃 P35 15.0 (2.8)

〃 〃 P47 14.4 (3.6)

〃 〃 P108 (14.0)(2.9)

〃 〃 P122 14.8 (2.4)

〃 〃 P130 16.6 2.6

近 世 陶 器


須 恵 器


須 恵 器


須 恵 器


青 磁


白 磁


青 磁


白 磁


〃 P66 (11.0)(2.2)

〃 P39 (13.0)(3.0)

〃 P105 (14.0)(1.5)

〃 P24 (2.7) 6.4

〃 P53 (2.3)

〃 P67 (2.0)

〃 P77 17.0 (2.5)

〃 P146 (10.0)(1.5)

〃 〃 P132 (0.9) 5.0

染 付


〃 P29 1.8 5.0

〃 〃 P143 (3.4)

東 播 系

捏 鉢

瓦 質

捏 鉢

土 師 器

羽 釜

〃 P80 (22.0)(3.1)

〃 P138 25.2 (7.9)

〃 P27 (20.0)(3.3)

〃 〃 P44 (20.0)(3.6)

東 播 系

土 師 器 羽 釜

土 師 器


土 師 器 甕

紀 伊 型

〃 P436 20.5 (3.8)

〃 P116 18.8 (2.0)

〃 P119 23.4 (4.2)

〃 〃 P79 (0.9)

土 錘 〃 P54

〃 〃 P69

〃 〃 P87

〃 〃 P152

〃 〃 P154

土 師 器


白 磁

小 皿

青 磁

碗 底 部

〃 SX1 (1.8) 5.6

〃 〃 10.8 (1.7)

〃 〃 (2.2)

精 土

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 体 部 下 半 指 圧 痕 顕 著 。 細 ・ 粗 粒 砂 を 含 む。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

精 土

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 粗 粒 砂 多 し。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 、 少 し 段 状 を 呈 する。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 。 内 面 暗 文 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 。 内 面 暗 文 、ナ

デ 調 整 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。

内 外 面 ヘラミガキ。 造 りは 瓦 器 椀 の 手 法 。 胴 部 外 面

指 頭 圧 痕 の 上 をミガキ。

内 外 面 磨 耗 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

精 土

精 土

精 土

精 土

精 土

精 土

砂 粒 を 含 まない。

精 土

円 板 状 高 台 。 糸 切 り。 内 外 面 火 襷 文 。 チャート 粗 粒 多 し。

片 彫 による 連 弁 文 。

六 または 八 角 杯 。 全 面 細 貫 入 。

鎬 連 弁 文 。 内 外 面 貫 入 。

口 禿 口 縁 。

外 底 のみ 露 胎 。 内 底 印 花 文 または 画 花 文 。

呉 須 濃 い。 畳 付 以 外 全 面 施 釉 。

貫 入 。

灰 白 色 精 緻

白 色 精 緻

灰 色 精 緻

白 色 精 緻

灰 色 精 緻

白 色 精 緻

白 色 、やや 粗 い 胎 土

キメの 粗 い 胎 土

石 英 他 細 ・ 粗 粒 多 し。

口 唇 部 強 い 横 ナデ 調 整 。 鍔 上 下 ナデ 調 整 。 鍔 幅 チャート 粗 粒 砂 多 し。

1.5cm 。

横 ナデ 調 整 。 外 面 ススケ。 石 英 粗 粒 多 し。

口 唇 部 面 取 り。 口 縁 内 面 強 い 横 ナデ 調 整 。 口 縁 外 面 精 土

突 帯 部 の 上 下 強 い 横 ナデ 調 整 。

外 面 ススケ。 チャート 粗 粒 砂 多 し。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 外 面 ススケ。

チャート 小 礫 、 粗 粒 砂 多

し。

外 面 ススケ。 石 英 粒 を 多 く 含 む。

全 長 3.8cm 全 幅 1.3cm 全 厚 1.3cm 重 量 (5.2g)

全 長 5.65cm 全 幅 1.1cm 全 厚 0.9cm 重 量 3.6g

チャート 他 細 粗 粒 砂

精 土

ラグビーボール 状 の 形 態 。 全 長 (5.3cm) 全 幅 精 土

(3.7cm) 重 量 26.5g 孔 径 (1.5cm)

全 長 (3.9cm) 全 幅 1.3cm 全 厚 1.2cm 重 量 (4.8g) チャートの 粗 粒 多 し。

全 長 3.4cm 全 幅 1.6cm 全 厚 1.4cm 孔 径 0.4cm

重 量 5.8g

内 外 面 磨 耗 が 激 しい。

飴 色 の 釉 。 貫 入 あり。 見 込 みに 菊 印 花 あり。 削 り 出 し

高 台 。

細 粒 砂 を 含 む。

チャート 他 の 小 礫 、 砂 粒

を 少 量 含 む。

白 色 精 緻

淡 黄 白 色 精 緻

Ⅰ–5–a 類

Ⅰ–5–b 類

ⅠⅩ 類

ⅤⅢ 類

明 染 付

東 播 系

E–2 類

163


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.40

524

Fig.40

525

Fig.40

526

Fig.40

527

Fig.40

528

Fig.40

529

Fig.40

530

Fig.40

531

Fig.40

532

Fig.40

533

Fig.40

534

Fig.40

535

Fig.40

536

Fig.40

537

Fig.40

538

Fig.40

539

Fig.40

540

Fig.40

541

Fig.40

542

Fig.40

543

Fig.40

544

Fig.40

545

Fig.40

546

Fig.40

547

Fig.40

548

Fig.41

549

Fig.41

550

Fig.41

551

Fig.41

552

Fig.41

553

Fig.41

554

Fig.41

555

Fig.42

556

Fig.42

557

Fig.42

558

Fig.42

559

Fig.42

560

種 別

土 師 器


土 師 器

小 皿

調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位

口 径 器 高 底 径

(cm) (cm) (cm)

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

S 集 中 1 (1.3)(5.6) ヘラ 切 り。ナデ 調 整 。 精 土

〃 〃 9.7 1.4

〃 〃 〃 10.2 1.4 7.3

土 師 器


横 ナデ 調 整 。ヘラ 切 り。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。

〃 〃 (9.8)(3.1)(6.0)

〃 〃 〃 (13.0)(3.9)

土 師 器


〃 〃 13.3 (3.5)

〃 〃 〃 15.7 4.8 6.6

黒 色 土 器

A 類

土 師 器


土 師 器


黒 色 土 器

A 類

〃 〃 (15.0)(2.8)

〃 〃 13.4 1.4 10.0

〃 〃 (15.6)(4.0)

〃 〃 14.8 5.2 7.2

〃 〃 〃 16.8 (2.8)

精 土

ヘラ 切 り。 石 英 、 細 ~ 粗 粒 を 含 む。

内 外 面 器 表 の 荒 れがひどい。

口 縁 内 面 やや 肥 厚 。 手 づくね 成 形 。 内 面 は 丁 寧 なナ

デ 調 整 。 内 面 肥 厚 以 外 、 瓦 器 椀 のような 成 形 手 法 。

円 板 状 高 台 。 糸 切 り? 外 面 ロクロ 目 顕 著 。

体 部 内 面 ヘラミガキ。 口 縁 外 面 横 ヘラミガキ。

うすい 造 り。

外 面 激 しいススケ、 赤 変 。

口 縁 内 面 沈 線 状 の 段 。 内 面 ヘラミガキ、 指 ナデによ

る 凹 部 には 施 されていない。 外 面 も 同 様 。 底 部 レン

ズ 状 。 高 台 は 高 く、ハ 字 状 に 開 く。

内 面 炭 素 吸 着 。ロクロ 成 形 。 内 面 ヘラミガキ、 外 面 横

ナデ 調 整 。

須 恵 器

内 外 面 ナデ 調 整 。

精 土

〃 〃 (16.0)(3.8)


黒 色 土 器

底 部 内 外 面 丁 寧 なヘラミガキ。 高 台 はハ 字 状 に 開 く。 精 土

〃 〃 (1.2)(7.0)

B 類 椀

高 台 内 面 擦 痕 あり。

内 外 面 横 方 向 丁 寧 なヘラミガキ。 内 面 沈 線 。 精 土

〃 〃 〃 17.0 (4.4)

陶 器


瓦 器


瓦 質

羽 釜

土 師 器

羽 釜

〃 〃 19.4 (4.2)

〃 集 中 2 13.5 (3.2)

〃 Ⅴ 集 中 6 (23.0)(3.1)

〃 集 中 1 25.2 (6.6)

〃 〃 集 中 2 21.4 (8.7)

瓦 器


〃 Ⅴ 集 中 6 12.4 (3.0)

〃 〃 〃 16.0 2.0

〃 〃 〃 (13.4)(2.5)

土 師 器


土 師 器

羽 釜

瓦 器


〃 〃 (2.8) 7.0

〃 〃 (4.4)

〃 SK32 11.8 (2.2)

〃 〃 SK34 11.8 (2.5)

土 師 器


瓦 器

椀 底 部

土 師 器


土 師 器


土 師 器

長 胴 甕

土 師 器



底 部

瓦 器


土 師 器

椀 底 部

土 師 器


〃 SK33 (14.0)(2.6)

〃 SK34 (1.0) 3.2

精 土

精 土

見 たことがない 胎 土 。 石

英 、 長 石 、 雲 母 を 含 む。

精 土

精 土

精 土

チャート、 中 ・ 細 粒 砂 多

し。

精 土

チャート、 粗 粒 砂 を 多 く

含 む。

ロクロ 成 形 。 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 口 縁 端 摘 み 出 し。 内 精 土

外 面 ススケ。 二 次 的 被 熱 。

体 部 外 面 指 圧 痕 顕 著 。 内 外 器 表 の 荒 れが 激 しい。 細 ・ 中 流 砂 を 多 く 含 む。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 鍔 幅 1.5cm 。

鍔 はほぼ 口 縁 の 位 置 に 付 く。 鍔 端 面 、 上 下 横 ナデ 調

整 。 外 面 ススケ、 被 熱 赤 変 。 鍔 幅 2.5cm 。

体 部 外 面 指 圧 痕 顕 著 。 内 面 暗 文 。 口 縁 外 面 横 ナデ 調

整 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

口 縁 外 面 重 ね 焼 き 痕 跡 、1.5cm 。 口 縁 内 外 面 横 ナデ 調

整 。 内 面 暗 文 。

足 高 高 台 、ハ 字 状 に 大 きく 踏 ん 張 る。ロクロ 成 形 。

外 面 ススケ。 鍔 幅 2.5cm 。 鍔 厚 1.5cm 。

口 縁 外 面 強 い 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 荒 いナデ 調 整 、 指 圧

痕 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 ヘラミガキ。 縦 と 横 方 向 に

直 線 的 な 細 線 が 描 かれている。

体 部 と 高 台 で 胎 土 が 異 なる。 内 面 暗 文 。

精 土

花 崗 岩 の 石 英 中 粒 砂 多

量 、 雲 母 を 含 む。

石 英 の 細 ・ 中 粒 砂 を 多 く

含 む。

精 土

精 土

チャート 他 の 砂 粒 。

精 土

チャート、 石 英 他 細 中 粒

砂 、 小 礫 を 含 む。

精 土

内 面 ヘラミガキ? 赤 色 風 化 礫 を 多 く 含 む。

〃 〃 (12.4)(1.7)(11.2)

〃 〃 (16.0)(3.0)

〃 SK33 27.8 (5.2)

糸 切 り。

〃 SD10 中 層 (1.6)(6.0)

横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。

〃 〃 (2.5)(6.0)

精 土

精 土

精 土

内 外 面 ヘラミガキ。 外 面 に 縦 、 横 方 向 の 直 線 を 描 く。 精 土

口 唇 部 強 い 横 ナデで、 端 部 摘 み 出 し。 口 縁 内 面 のハ

ケは 綾 杉 状 か?

内 面 わずかに 暗 文 。 口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 体 部 外

〃 SK30 中 層 15.6 (3.2)

面 指 圧 痕 。

断 面 三 角 高 台 。

〃 〃 (1.7)(3.6)

〃 SK31 (12.8)(3.7)

ロクロ 成 形 。 口 縁 内 面 に 細 い 沈 線 。

石 英 、 長 石 、 小 礫 、 粗 粒 砂

を 含 む。 金 雲 母 多 し。 角 閃

石 を 含 む。

精 土

精 土

精 土

精 土

精 土

搬 入 品

搬 入 品

搬 入 品

在 地 産

摂 津 C2 型

摂 津 C2 型

164


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.42

561

Fig.42

562

Fig.42

563

Fig.42

564

Fig.43

565

Fig.43

566

Fig.44

567

Fig.44

568

Fig.44

569

Fig.44

570

Fig.44

571

Fig.44

572

Fig.44

573

Fig.44

574

Fig.44

575

Fig.44

576

Fig.44

577

Fig.44

578

Fig.44

579

Fig.44

580

Fig.44

581

Fig.44

582

Fig.44

583

Fig.44

584

Fig.44

585

Fig.44

586

Fig.44

587

Fig.44

588

Fig.44

589

Fig.44

590

Fig.44

591

Fig.44

592

Fig.44

593

Fig.44

594

Fig.44

595

Fig.44

596

Fig.44

597

Fig.44

598

種 別

青 磁


瓦 器


土 師 器

土 錘

調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位

口 径 器 高 底 径

(cm) (cm) (cm)

S SK31 (16.6)(2.8)

〃 SD10 13.5 4.1 4.6


SK30 中 層

土 錘 〃 〃

土 師 器


〃 SD11 15.0 (3.5)

〃 〃 〃 29.0 (5.9)

土 師 器

小 杯

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

外 面 に 粘 土 接 合 痕 を 明 瞭 にとどめる。 口 縁 外 面 横 ナ

デ 調 整 。 体 部 外 面 指 圧 痕 顕 著 。

全 長 5.1cm 全 幅 1.2cm 全 厚 1.2cm 重 量 7.1g

孔 径 0.4cm

全 長 5.3cm 全 幅 1.3cm 全 厚 1.3cm 重 量 7.1g

孔 径 0.5cm

外 面 縦 方 向 ハケ、 横 ナデ 調 整 。 内 面 横 ハケ。 外 面 スス

ケ。

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 口 縁 端 部 摘 み 上 げ。 胴 部 外

面 縦 ハケ。

〃 包 含 層 Ⅴ 層

内 外 面 磨 耗 顕 著 。

(8.6)(1.6)(7.0)

〃 〃 〃 (7.2)(1.7)

〃 〃 〃 (8.2)(1.6)

〃 〃 〃 (7.4)(1.4)

〃 〃 〃 7.8 2.1 4.6

糸 切 り。

〃 〃 〃 (7.0)(2.2)(4.8)

〃 〃 〃 (9.0)(2.0)

灰 色 精 緻

精 土

精 土

精 土

赤 色 チャート 他 の 粗 粒 砂

を 含 む。

石 英 粒 を 多 く 含 む。

精 土

糸 切 り。 チャート 粗 粒 多 し。

糸 切 り。

チャート、 石 英 など 粗 粒

砂 多 し。

糸 切 り。 平 行 圧 痕 あり。 石 英 、チャート 等 含 む。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。

器 表 の 荒 れが 激 しい。

チャートの 粗 粒 砂 、 小 礫

を 多 く 含 む。

精 土

土 師 器

ヘラ 切 り。 横 ナデ 調 整 。 石 英 、 粗 ・ 細 粒 を 含 む。

〃 〃 8.4 1.3 4.4

小 皿

糸 切 り。 横 ナデ 調 整 。 赤 色 粒 多 し。

〃 〃 〃 (9.8) 1.5 (6.0)

土 師 器

高 台 付 小 皿

土 師 器

小 杯

底 部 糸 切 り。 大 きく 高 い 脚 貼 付 。 横 ナデ 調 整 。

〃 〃 (10.8) 3.7 (6.0)

〃 〃 (0.9) 4.5

精 土

精 土

糸 切 り。 チャート、 赤 色 粒 を 含 む。

糸 切 り。 横 ナデ 調 整 。 チャートを 含 む。

〃 〃 〃 (9.0)(3.2)(5.0)

土 師 器

小 皿

土 師 器


〃 〃 (9.8)(1.2)

〃 〃 (1.8) 6.8

〃 〃 〃 (1.6) 7.2

糸 切 り。 横 ナデ 調 整 。

〃 〃 〃 (1.6)(7.0)

糸 切 り。

〃 〃 〃 (1.1)(7.0)

横 ナデ 調 整 。ヘラ 切 り。 チャート 他 の 粗 粒 多 し。

ヘラ 切 り。ナデ 調 整 。 赤 色 粒 を 多 く 含 む。

細 粒 砂 を 多 く 含 む。

チャート 粗 粒 砂 他 を 含

む。

石 英 、チャート、 粗 粒 多

し。

内 外 面 ナデ 調 整 。 赤 色 粒 多 し。

〃 〃 〃 (1.5)(6.0)

〃 〃 〃 (1.4)(5.4) ロクロ 成 形 。 糸 切 り。 精 土

糸 切 り。 磨 耗 が 激 しい。

〃 〃 〃 (2.0)(8.0)

糸 切 り。 粗 、 細 粒 を 含 む。

〃 〃 〃 (1.1)(6.0)

全 面 磨 耗 。

〃 〃 〃 (1.9)(7.0)

〃 〃 〃 1.9 7.0

横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。

〃 〃 〃 (2.5)(8.0)

〃 〃 〃 (4.1)(7.0)

精 土

精 土

精 土

精 土

チャート 他 の 粗 粒 多 し。

器 表 の 荒 れが 激 しい。 赤 色 粒 多 し。

〃 〃 (1.8)(7.0)

〃 〃 〃 (1.5) 8.0

糸 切 り。

〃 〃 〃 (1.8)(8.0)

〃 〃 〃 (1.9) 6.8

横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。

〃 〃 〃 (11.0)(3.2)(6.0)

チャート 粗 粒 、 赤 色 粒 含

む。

赤 色 粒 、 長 石 、 石 英 の 粗 粒

多 し。

糸 切 り。 底 部 平 行 圧 痕 。 チャート 粗 粒 を 含 む。

〃 〃 〃 (12.2)(2.4)(7.0) ヘラ 切 り。 チャート、 赤 色 粒 を 含 む。

〃 〃 〃 (1.7) 7.2

糸 切 り。

精 土

チャート、 石 英 粗 ・ 細 粒 砂

を 含 む。

165


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.44

599

Fig.44

600

Fig.44

601

Fig.44

602

Fig.44

603

Fig.44

604

Fig.44

605

Fig.44

606

Fig.44

607

Fig.44

608

Fig.44

609

Fig.44

610

Fig.44

611

Fig.44

612

Fig.44

613

Fig.44

614

Fig.44

615

Fig.44

616

Fig.44

617

Fig.44

618

Fig.44

619

Fig.44

620

Fig.44

621

Fig.45

622

Fig.45

623

Fig.45

624

Fig.45

625

Fig.45

626

Fig.45

627

Fig.45

628

Fig.45

629

Fig.45

630

Fig.45

631

Fig.45

632

Fig.45

633

Fig.45

634

Fig.45

635

Fig.45

636

種 別

土 師 器


調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土 口 径 器 高 底 径

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位 (cm) (cm) (cm)

ベタ 高 台 。 外 底 糸 切 りと 弱 い 削 りか。

石 英 他 の 細 ・ 粗 粒 砂 を 含

S 包 含 層 Ⅴ 層 (3.0) 7.0

む。

糸 切 り。

〃 〃 〃 (1.6)(6.0)

糸 切 り。

〃 〃 〃 (11.0)(3.5)(7.0)

土 師 器


土 師 器


〃 〃 (2.0) 7.0

糸 切 り。

チャート、 他 の 小 礫 、 粗 粒

を 含 む。

赤 色 粒 多 し

糸 切 り。 赤 色 粒 を 多 く 含 む。

〃 〃 (2.0)(7.0)

〃 〃 〃 (1.6) 6.6

〃 〃 〃 12.2 (4.3)

糸 切 り。

精 土

精 土

ロクロ 成 形 。 チャート、 赤 色 粒 を 含 む。

糸 切 り。 チャート 小 礫 を 含 む。

〃 〃 〃 (2.7)(7.2)

〃 〃 〃 13.0 3.8 6.7

〃 〃 〃 (2.3) 8.0

土 師 器


土 師 器


土 師 器


糸 切 り。 粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

厚 い 底 部 。 内 外 面 ススケ。

糸 切 り。 円 板 状 高 台 。 赤 色 粒 を 含 む。

〃 〃 (3.2)(6.6)

〃 〃 15.4 3.4

〃 〃 (1.3) 5.0

〃 〃 〃 (2.2) 8.8

〃 〃 〃 (2.0) 6.2

〃 〃 〃 (1.8) 7.6

精 土

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 外 面 ロクロ 目 。

チャート、 赤 色 風 化 礫 を

多 く 含 む。

外 面 右 → 左 の 弱 い 削 り。 輪 高 台 細 粒 砂 を 多 く 含 む。

内 外 面 器 表 剥 離 。 高 台 ハ 字 状 に 強 く 踏 ん 張 る。 輪 高

台 。

石 英 、チャート 粗 粒 砂 、 赤

色 粒 砂 多 し

円 板 状 高 台 。 糸 切 り。 細 ・ 粗 粒 砂 を 含 む。

外 底 糸 切 り。 輪 高 台 石 英 、 赤 色 粒 砂 多 く 含 む。

断 面 逆 台 形 の 高 台 。 内 面 ミガキ 調 整 。 外 面 左 → 右 精 土

〃 〃 〃 (2.2)(5.0)

の 擦 痕 。 輪 高 台 。

高 台 剥 離 。 糸 切 り。 輪 高 台 。 チャート 小 礫 を 含 む。

〃 〃 〃 (2.2)

〃 〃 〃

(14.0) (4.7)

〃 〃 〃 (2.8) 7.0

〃 〃 〃 (2.8) 6.0

〃 〃 〃 14.8 (3.0)

〃 〃 〃 (2.8) 6.7

須 恵 器


須 恵 器


須 恵 器


外 面 ロクロ 目 顕 著 。 石 英 、 角 閃 石 を 含 む。

しっかりした 高 台 。 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 輪 高 台 チャート、 細 ・ 粗 粒 多 し。

高 台 ハ 字 状 に 開 く。 調 整 不 明 。 輪 高 台 。 石 英 、 粗 粒 を 含 む。

横 ナデ 調 整 。

横 ナデ 調 整 。

〃 〃 (1.3)(8.4)

糸 切 り。

〃 〃 (1.8)(6.0)

貼 付 高 台 。 横 ナデ 基 調 。

〃 〃 (1.2)(7.6)

〃 〃 〃 13.2 4.2 9.2

須 恵 器


須 恵 器


須 恵 器


須 恵 器


須 恵 器


須 恵 器


黒 色 土 器

A 類 椀

黒 色 土 器

B 類 椀

〃 〃 13.0 (4.3)

〃 〃 13.8 (2.8)

〃 〃 13.0 (1.5)

〃 〃 13.2 3.3 8.6

〃 〃 15.4 (4.4)

〃 〃 (23.6)(3.6)

〃 〃 (4.8)

〃 〃 (1.7) 9.0

〃 〃 〃 14.6 (3.8)

黒 色 土 器

A 類 椀

瓦 器

小 皿

〃 〃 15.4 (4.0)

〃 〃 7.7 1.4 3.6

糸 切 り。 貼 付 高 台 。 外 面 に 左 右 方 向 の 削 りあり。 内 面

横 ナデ 調 整 。 高 台 付 近 にハケ 目 。 輪 高 台

内 面 自 然 釉 。 玉 縁 口 縁 。 外 面 擦 痕 。 外 面 褐 色 塗 布 物 あ

り。

外 面 強 い 横 ナデ 調 整 。 内 面 左 ← 右 方 向 削 り、 横 ナ

デ 調 整 。

口 縁 外 反 。 内 面 溝 有 り。

口 縁 端 部 肥 厚 。 内 外 面 横 ナデ 調 整 。

横 ナデ 調 整 。

外 面 ロクロ 目 、 横 ナデ 調 整 。

横 ナデ 調 整 。

口 縁 部 内 面 に 太 い 沈 線 。 外 面 指 圧 痕 がかすかに 見 ら

れる。

内 面 ヘラミガキ。 外 底 にもヘラミガキが 見 られ、 指

圧 痕 も 認 められる。

口 縁 部 内 面 沈 線 。 内 外 面 ヘラミガキ。

口 縁 部 内 面 太 い 沈 線 。 内 面 横 ヘラミガキ。 胴 部 外 面

削 り、ヘラミガキ。

口 縁 内 外 面 強 い 横 ナデ 調 整 。 外 底 ナデ 調 整 、 凹 凸 顕

著 。

精 土

チャート 小 礫 、 細 ・ 粗 粒 を

含 む。

精 土

精 土

精 土

精 緻

長 石 他 の 砂 粒 を 含 む。

精 土

精 土

精 土

精 土

精 土

精 土

雲 母 を 多 く 含 む。 精 土

雲 母 を 多 く 含 む。 精 土

石 英 、 長 石 を 含 む。

搬 入 品 ?

搬 入 品




166


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.45

637

Fig.45

638

Fig.45

639

Fig.45

640

Fig.45

641

Fig.45

642

Fig.45

643

Fig.45

644

Fig.45

645

Fig.45

646

Fig.45

647

Fig.45

648

Fig.45

649

Fig.45

650

Fig.45

651

Fig.45

652

Fig.45

653

Fig.45

654

Fig.45

655

Fig.45

656

Fig.45

657

Fig.45

658

Fig.45

659

Fig.45

660

Fig.45

661

Fig.45

662

Fig.45

663

Fig.45

664

Fig.45

665

Fig.45

666

Fig.45

667

Fig.45

668

Fig.45

669

Fig.46

670

Fig.46

671

Fig.46

672

Fig.46

673

種 別

瓦 器

小 皿

調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位

口 径 器 高 底 径

(cm) (cm) (cm)

S 包 含 層 Ⅴ 層 7.8 (1.3)

〃 〃 〃 7.3 1.2 5.5

〃 〃 〃 (8.8)(1.9)

〃 〃 〃 7.6 (1.4)

〃 〃 〃 8.8 1.6 2.0

〃 〃 〃 (8.0)(1.3)

〃 〃 〃 7.2 1.0 5.0

〃 〃 〃 9.4 1.5 6.0

〃 〃 〃 (8.4)(1.5)

〃 〃 〃 7.0 1.4 3.4

〃 〃 〃 8.3 1.9 2,9

白 磁


瓦 器


〃 〃 (0.8) 4.2

〃 〃 (2.1) 2.8

〃 〃 〃 (1.8) 4.2

外 底 指 圧 痕 。

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

石 英 粒 を 含 む。

精 土

精 土

チャート、 赤 色 風 化 礫 を

含 む。

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 外 底 ナデ 調 整 。 石 英 粒 を 多 く 含 む。

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。

横 ナデ 調 整 。

外 底 指 圧 痕 顕 著

内 面 底 暗 文 、 爪 痕 が2つ 有 り。

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。

外 面 下 半 まで 施 釉 。

断 面 カマボコ 状 の 細 い 高 台 。 直 線 的 な 暗 文 。

内 面 暗 文 。 断 面 三 角 の 小 さな 高 台 。

断 面 三 角 の 細 い 高 台 。 底 部 x 印 有 り。

〃 〃 〃 (1.3)(4.0)

〃 〃 〃 (14.0)(3.5)

〃 〃 〃 11.7 (3.0)

〃 〃 〃 12.2 (3.3)

〃 〃 〃 (12.6)(2.7)

〃 〃 〃 12.4 (2.2)

精 土

精 土

精 土

精 土

精 土

白 色 精 緻

精 土

精 土

精 土

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 、 削 り、ナデ 焼 成 土 器 。 精 土

調 整 。

口 縁 部 外 面 強 い 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 頭 圧 痕 顕 著 。 精 土

内 面 わずかに 暗 文 を 認 める。

口 縁 部 外 面 幅 の 広 い 横 ナデ 調 整 。 内 面 ヘラミガキ。 精 土

外 面 下 半 指 圧 痕 。

口 縁 部 外 面 の 横 ナデは 弱 い。 胴 部 外 面 指 頭 圧 痕 。 内

面 横 ヘラミガキ。

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。

〃 〃 〃 12.4 (2.9)

口 縁 部 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 体 部 外 面 指 頭 圧 痕 。 内 面

ヘラミガキ。

〃 〃 〃 12.4 (2.8)

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 。 内 面 平 行

の 暗 文 。

〃 〃 〃 12.0 (2.8)

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 外 面 摩 耗 。 体 部 外 面 指 圧

痕 。

〃 〃 〃

体 部 外 面 指 圧 痕 。

(13.0)(3.1)(3.4)

〃 〃 〃 12.6 (3.5)

〃 〃 〃 14.0 (3.0)

〃 〃 〃 16.8 (3.0)

〃 〃 〃 13.0 (3.0)

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。 体 部 外 面 指 頭 圧 痕 顕 著 、 弱

い 削 り 有 り。 暗 文 を 認 めない。

内 面 全 面 、 外 面 中 位 まで 施 釉 。 灰 オリーブ 色 の 釉 。 体

部 下 半 左 → 右 方 向 の 強 い 削 り。 灰 釉 。

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。 器 壁 がうすい。 内 面 暗 文 。

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。 体 部 外 面 指 圧 痕 。

チャート、 石 英 、 祖 流 砂 を

含 む。

精 土

石 英 粒 を 含 む。

チャート、 長 石 、 石 英 粒 を

含 む。

石 英 、 長 石 の 粗 粒 砂 を 含

む。

チャート、 赤 色 粒 を 含 む。

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。 体 部 外 面 指 圧 痕 顕 著 。 内 面 チャートを 含 む。

〃 〃 〃 (13.2)(4.0) ナデ 調 整 、わずかにヘラミガキ。 断 面 カマボコ 状 の

小 さい 高 台 。

〃 〃 〃 13.8 (3.0)

口 縁 部 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 。 内 面 の 精 土

暗 文 は 摩 耗 により 不 明 。

〃 〃 〃 14.5 3.1 4.5

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 わずかに 直 線 的 な 暗 文 チャートの 礫 を 含 む。

を 認 める。 断 面 カマボコ 状 の 高 台 。

〃 〃 〃 13.0 (2.5)

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。 体 部 外 面 指 頭 圧 痕 顕 著 。 内 精 土

面 暗 文 。

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。 平 底 風 の 底 部 中 央 に 極 めて 精 土

〃 〃 〃 12.8 3.5 3.2 扁 平 な 高 台 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 。 内 面 螺 旋 状 の 暗 文 。 北

野 型 式 A2、B1、C3、D2、E5(5 回 転 )

〃 〃 〃 12.4 (3.4)

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 頭 圧 痕 顕 著 。 内 石 英 細 ・ 粗 粒 砂 を 含 む。

面 のヘラミガキは 摩 耗 のため 確 認 できない。

〃 〃 〃

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。 平 底 風 な 底 部 に 扁 平 な 高 台 。 精 土

(3.0)(4.6)

内 面 わずかに 暗 文 。

〃 〃 〃 (17.0)(2.5)

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。

チャート 礫 、 赤 色 粒 を 多

く 含 む。

〃 〃 〃 11.8 (2.4)

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 に 細 い 沈 線 。 暗 文 をわ 精 土

ずかに 認 める。

精 土

精 土

在 地 産 ?

在 地 産

Ⅲ2 13C

在 地 産 ?

167


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.46

674

Fig.46

675

Fig.46

676

Fig.46

677

Fig.46

678

Fig.46

679

Fig.46

680

Fig.46

681

Fig.46

682

Fig.46

683

Fig.46

684

Fig.46

685

Fig.46

686

Fig.46

687

Fig.46

688

Fig.46

689

Fig.46

690

Fig.46

691

Fig.46

692

Fig.46

693

Fig.46

694

Fig.46

695

Fig.46

696

Fig.46

697

Fig.46

698

Fig.46

699

Fig.46

700

Fig.46

701

Fig.46

702

Fig.46

703

Fig.47

704

Fig.47

705

Fig.47

706

Fig.47

707

Fig.47

708

Fig.47

709

Fig.47

710

種 別

瓦 器


調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土 口 径 器 高 底 径

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位 (cm) (cm) (cm)

断 面 カマボコ 状 の 底 部 高 台 。

精 土

S 包 含 層 Ⅴ 層 (2.8) (5.8)

〃 〃 〃 15.0 (3.5)

〃 〃 〃 13.4 (3.0)

〃 〃 〃 14.8 (3.2)

青 磁


〃 〃 (1.9)

〃 〃 〃 (2.0)

〃 〃 〃 (3.2)

〃 〃 〃 12.8 (2.8)

〃 〃 〃 (12.6)(3.5)

〃 〃 〃 (15.0)(3.3)

〃 〃 〃 (17.0)(2.7)

〃 〃 〃 13.8 (4.6)

〃 〃 〃 17.0 4.1

口 縁 部 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 暗 文 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 ヘラミガキがわずかに 見

られる。 外 面 ススケ。

口 縁 外 面 強 い 横 ナデ 調 整 。 体 部 外 面 指 頭 圧 痕 顕 著 。

内 面 横 方 向 ヘラミガキ。

黄 緑 色 の 釉 がうすくかかる。

鎬 連 弁 。オリーブ 灰 色 の 釉 。 貫 入 。

灰 緑 濁 色 。

薄 緑 色 。 器 壁 薄 い。 鎬 連 弁 と 間 弁 を 認 める。

外 面 線 描 連 弁 の 内 を 櫛 目 で 充 填 。 内 面 櫛 描 短 線 とジ

グザグ 文 。 灰 オリーブ 色 の 釉 。

オリーブ 黄 色 の 釉 。 貫 入 有 り。

灰 白 色 の 釉 。

二 次 的 被 熱 、 赤 変 。

精 土

石 英 粒 を 含 む。

長 石 、 石 英 粒 多 し。チャー

ト 無 し。

精 緻 な 胎 土

灰 色 精 緻

灰 色 精 緻

白 色 精 緻

灰 色 精 緻

灰 色 精 緻

灰 色 精 緻

灰 白 色 精 緻

〃 〃 〃

鎬 連 弁 に 櫛 描 。 透 明 度 の 高 い 釉 、 貫 入 。 高 台 内 の 釉 は 灰 色 堅 緻

(3.0) (5.4)

削 り 取 る。

畳 付 ヘ 状 になる。2 本 の 沈 線 によって 内 面 を 分 割 。 区 灰 色 精 緻

〃 〃 〃 16.0 7.0 6.5 画 内 に 文 様 。 高 台 ハ 字 状 。 全 体 に 重 厚 。 畳 付 から 高 台

内 にかけて 丁 寧 に 釉 を 削 る。

美 濃 山

断 面 三 角 の 削 り 出 し 高 台 。

精 緻

〃 〃 (2.0) 9.0


白 磁

灰 白 色 精 緻

〃 〃 (1.2)

小 杯

青 磁

高 台 内 雑 に 釉 を 掻 き 取 り。

灰 色 堅 緻

〃 〃 (1.6) 5.2


青 磁


青 磁


白 磁


近 世

陶 磁 器 碗

近 世

陶 磁 器 皿

常 滑


東 播 系

捏 鉢

オリーブ 灰 色 の 釉 がやや 厚 くかかる。ところどころ

〃 〃 21.8 (2.4)

釉 がかかっていない 部 分 がある。

断 面 三 角 の 高 台 。 体 部 内 面 丸 ノミ 工 具 による 花 弁 。

〃 〃 (2.1)(11.4)

内 外 全 面 施 釉 。 緑 濁 色 の 釉 。

透 明 の 釉 。

〃 〃 10.0 (1.4)

〃 〃 (11.4)(2.8)

灰 色 やや 粗 い 胎 土

灰 色 精 緻

灰 白 色 精 緻

銅 緑 釉 。 黄 白 色 やや 粗 い。

搬 入 品

Ⅰ–5–b



Ⅰ–5–b




Ⅰ–6–b

Ⅰ–4–b

銅 緑 釉 。 見 込 みを 蛇 ノ 目 状 に 掻 き 取 る。 精 土 肥 前

〃 〃 (1.6) (2.6)

内 野 山 窯

ナデ 調 整 。 口 縁 内 面 に 弱 い 段 有 り。 精 土 、 石 英 粒 を 含 む。

〃 〃 22.6 (4.8)

備 前 ?

〃 〃 (24.0)(3.0)

〃 〃 〃 (25.4)(3.3)

口 縁 部 外 面 自 然 釉 。

口 縁 部 外 面 黒 色 化 。

〃 〃 〃 (24.6)(4.5) 〃

粗 い 胎 土

石 英 、 他 の 細 ・ 粗 粒 砂 を 多

く 含 む。

精 土

褐 色 に 発 色 。

チャート、 石 英 、 小 礫 を 多

〃 〃 〃 (26.0)(4.9)

く 含 む。

内 面 摩 耗 。 外 面 横 ナデ 調 整 。 石 英 粒 を 多 く 含 む。

〃 〃 〃 (5.3)(12.0)

〃 〃 〃 (28.0)(10.5)

土 師 器

羽 釜

瓦 質

羽 釜

土 師 器

羽 釜

〃 〃 (3.5)

〃 〃 (4.3)

〃 〃 (3.6)

〃 〃 〃 (3.9)

〃 〃 〃 (21.8)(3.3)

瓦 質

羽 釜

瓦 質


〃 〃 20.4 (4.6)

〃 〃 23.7 (4.0)

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

鍔 幅 2cm 、 厚 さ1.3cm 。 鍔 上 下 、 口 縁 部 横 ナデ 調 整 。

胴 部 から 鍔 先 端 部 までススケ。

断 面 カマボコ 状 の 突 帯 貼 付 。

口 縁 内 外 面 ナデ 調 整 。 内 面 一 部 ハケ 調 整 。

精 土 でチャート、 小 礫 を

含 む。

石 英 、 長 石 粗 粒 砂 多 し

チャート 精 粒 を 多 く 含

む。

チャート、 石 英 を 多 く 含

む。

チャート 粗 粒 を 含 む。

鍔 から 胴 部 にかけてススケ。 石 英 粗 粒 を 多 く 含 む。

鍔 〜 口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 口 縁 外 面 3 条 の 凹 線 。 内

面 横 ハケ、 横 ナデ 調 整 。

長 石 、 石 英 を 多 く 含 む。

チャート 小 礫 、 粗 粒 砂 多

し。

Ⅳ 類

摂 津 C2 型

東 播 系

168


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.47

711

Fig.47

712

Fig.47

713

Fig.47

714

Fig.47

715

Fig.47

716

Fig.47

717

Fig.47

718

Fig.47

719

Fig.47

720

Fig.47

721

Fig.47

722

Fig.47

723

Fig.47

724

Fig.47

725

Fig.47

726

Fig.47

727

Fig.47

728

Fig.47

729

Fig.47

730

Fig.47

731

Fig.47

732

Fig.47

733

Fig.47

734

Fig.48

735

Fig.48

736

Fig.48

737

Fig.48

738

Fig.48

739

Fig.48

740

Fig.48

741

Fig.48

742

Fig.48

743

Fig.48

744

Fig.48

745

Fig.48

746

種 別

土 師 器

羽 釜

瓦 質

羽 釜

調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位

口 径 器 高 底 径

(cm) (cm) (cm)

S 包 含 層 Ⅴ 層 22.6 (5.1)

〃 〃 (7.2)

〃 〃 〃 24.6 (4.8)

土 師 器

羽 釜

〃 〃 22.0 (5.8)

〃 〃 〃 (6.0)

瓦 質

羽 釜

土 師 器

羽 釜

〃 〃 27.0 (7.0)

〃 〃 26.4 (6.9)

〃 〃 〃 24.4 (7.0)

瓦 質

羽 釜

土 師 器

羽 釜

〃 〃 27.0 (3.9)

〃 〃 26.5 (6.0)

鍋 〃 〃 28.0 (4.5)

常 滑

甕 底 部

〃 〃 (3.9) 16.0

土 錘 〃 〃

〃 〃 〃

〃 〃 〃

〃 〃 〃

〃 〃 〃

〃 〃 〃

〃 〃 〃

〃 〃 〃

〃 〃 〃

〃 〃 〃

〃 〃 〃

土 製 品 〃 〃

青 磁

碗 底 部

土 師 器

小 杯

〃 包 含 層 Ⅶ 層 (3.6) 5.6

〃 〃 10.0 2.1 6.4

〃 〃 〃 9.7 2.0 6.2

瓦 器


土 師 器


土 師 器


土 師 器


黒 色 土 器

B 類 椀

須 恵 器


須 恵 器


黒 色 土 器

A 類 椀

須 恵 器


特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

鍔 が 下 方 につく。 口 縁 3 条 の 凹 線 。 鍔 と 口 縁 内 外 面 は チャートの 粗 粒 砂 を 多 く

強 い 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 擦 痕 顕 著 。 内 面 横 ハケ、ナ 含 む。

デ 調 整 。

断 面 台 形 状 の 鍔 。 鍔 上 下 、 口 縁 部 強 い 横 ナデ 調 整 。 胴 精 土

部 外 面 ナデ 調 整 、 指 頭 圧 痕 が 残 る。 鍔 下 部 から 胴 部

にかけてススケ。

口 縁 端 部 面 取 り。 口 縁 部 内 面 、 鍔 上 下 横 ナデ 調 整 。 胴 石 英 粗 粒 砂 を 含 む。

部 内 外 面 横 ハケ、ナデ 調 整 。 内 面 に1 条 の 沈 線 。 鍔 の

幅 1cm 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 石 英 を 多 く 含 む。

鍔 下 から 胴 部 にかけてススケ、 赤 変 。 内 面 ススケ。 石 英 粒 を 多 く 含 む。

鍔 幅 1.5cm 。 鍔 上 下 、 口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 石 英 粒 を 多 く 含 む。

面 指 圧 痕 顕 著 。 鍔 下 から 胴 部 にかけてススケ。

鍔 欠 損 。 胴 部 外 面 縦 ハケ。 内 面 ナデ 調 整 。 石 英 粒 を 多 く 含 む。

鍔 上 下 および 先 端 部 強 い 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 縦

ハケ、ススケ。

断 面 方 形 の 鍔 貼 付 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 。

口 縁 凹 状 。 内 外 面 ナデ 調 整 。 口 縁 部 外 面 強 い 横 ナデ

調 整 。 口 唇 部 から 胴 部 外 面 にかけてススケ。

内 面 自 然 釉 。

全 長 3.0cm 全 幅 1.2cm 全 厚 1.1cm 重 量 3.6g

孔 径 0.5cm

全 長 2.8cm 全 幅 1.0cm 全 厚 1.0cm 孔 径 0.5cm

重 量 1.9g

全 長 2.9cm 全 幅 1.1cm 全 厚 1.2cm 重 量 3.0g

孔 系 0.3cm

全 長 4.0cm 全 幅 1.7cm 全 厚 1.6cm 孔 径 0.4cm

重 量 8.8g

全 長 4.0cm 全 幅 1.4cm 全 厚 1.5cm 重 量 6.6g

孔 径 0.5cm

全 長 3,8cm 全 幅 1.3cm 全 厚 1.3cm 重 量 5.6g

孔 径 0.5cm

全 長 (3.7cm) 全 幅 1.5cm 全 厚 1.2cm 孔 径 0.5cm

重 量 5.3g

全 長 6.0cm 全 幅 2.3cm 全 厚 2.1cm 孔 径 0.7cm

重 量 26.2g

全 長 4.9cm 全 幅 1.1cm 全 孔 1.1cm 孔 径 0.3cm

重 量 4.6g

全 長 4.9cm 全 幅 1.3cm 全 厚 1.3cm 孔 径 0.5cm

重 量 7.28g

全 長 4.9cm 全 幅 1.5cm 全 厚 1.4cm 孔 径 0.5cm

重 量 7.5g

全 長 3.1cm 全 幅 3.2cm 全 厚 3.0cm 重 量 44.9g

サイコロ 状 の 四 角 柱 で 角 を 面 取 り。

釉 はうすくかかる。 外 底 に 目 跡 が 付 着 。 釉 は 一 部 高

台 を 越 えて 外 底 にも 見 られる。

石 英 粒 多 し。

精 土

石 英 粒 を 多 く 含 む。

石 英 粒 を 多 く 含 む。

石 英 、 他 の 小 礫 、 粗 粒 を 含

む。

精 土

粗 粒 を 多 く 含 む。

精 土

精 土

精 土 、 赤 色 風 化 礫 を 含 む。

精 土

精 土

粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

精 土

精 土

チャートの 礫 を 含 む。

灰 色 精 緻

精 土

糸 切 り。 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 チャート 他 の 砂 粒 含 む。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 わずかにヘラミガキ( 暗 精 土

〃 〃 11.4 (3.0)

文 )が 認 められる。

〃 〃 (2.3)(7.0) ロクロ 成 形 。 石 英 、 長 石 、チャート 粒 を

多 く 含 む。

静 止 糸 切 り? 内 外 面 横 ナデ 調 整 。

〃 〃 (13.8)(3.3)(8.0)

〃 〃 (13.0)(3.2)

〃 〃 14.0 (2.3)

〃 〃 (2.2)

〃 〃 15.8 (1.8)

〃 〃 (16.0)(3.3)

〃 〃 17.4 (3.0)

ロクロ 成 形 。 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 ヘラミガキが

部 分 的 に 認 められる。 口 縁 部 摘 み 出 し。

石 英 、チャート 他 の 細 粒

砂 を 多 く 含 む。

精 土

内 外 面 ヘラミガキ。 精 土 。 雲 母 を 多 く 含 む。

円 板 貼 付 高 台 、 貼 付 部 明 瞭 。 糸 切 り。 内 外 面 に 火 襷 文 。 精 土

横 ナデ 調 整 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

横 ナデ 調 整 。

精 土

石 英 、 長 石 、 雲 母 の 細 ・ 中

粒 砂 を 多 く 含 む。

精 土

和 泉 系

摂 津 C2 型


摂 津 C2 型


摂 津 C2 型

龍 泉 窯 系

搬 入 品

搬 入 品

169


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.48

747

Fig.48

748

Fig.48

749

Fig.48

750

Fig.48

751

Fig.48

752

Fig.48

753

Fig.48

754

Fig.48

755

Fig.48

756

Fig.48

757

Fig.48

758

Fig.48

759

Fig.48

760

Fig.48

761

Fig.48

762

Fig.48

763

Fig.48

764

Fig.48

765

Fig.48

766

Fig.48

767

Fig.48

768

Fig.48

769

Fig.48

770

Fig.48

771

Fig.48

772

Fig.48

773

Fig.49

774

Fig.49

775

Fig.49

776

Fig.49

777

Fig.49

778

Fig.49

779

Fig.49

780

Fig.49

781

Fig.49

782

種 別

黒 色 土 器

B 類 椀

須 恵 器


土 師 器


須 恵 器


須 恵 器


土 師 器


須 恵 器


土 師 器


調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土 口 径 器 高 底 径

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位 (cm) (cm) (cm)

内 底 横 方 向 に 丁 寧 なミガキ。

S 包 含 層 Ⅶ 層 (1.5) 9.4

搬 入 品

〃 〃 12.4 2.1

〃 〃 (3.8) 7.0

丁 寧 な 横 ナデ 調 整 。 摘 み 径 1.9cm 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。

〃 包 含 層 Ⅷ 層 (3.7) 12.1 ロクロ 成 形 右 まわり。 底 部 中 央 2.5×3cmの 楕 円 孔 を

焼 成 後 に 穿 つ。 内 外 面 横 ナデ 調 整 。

内 外 面 丁 寧 な 横 ナデ 調 整 。

〃 〃 (17.0)(1.9)

〃 〃 19.4 2.4 15.2

精 土

精 土

精 土

精 土

内 外 面 丁 寧 なヘラミガキ。 赤 色 風 化 礫 を 含 む。

〃 〃 (1.5)(7.0) ヘラ 切 り、ナデ 調 整 。ロクロ 成 形 左 まわり。 内 外 面 横

ナデ 調 整 。

ロクロ 成 形 。ヘラ 切 り。 内 外 面 横 ナデ 調 整 。

〃 〃 8.9 3.1 5.1

〃 〃 〃 12.4 2.8 8.1

〃 〃 〃 (2.5) 8.0

須 恵 器


須 恵 器


土 師 器


須 恵 器


須 恵 器


土 師 器


外 底 に 粘 土 紐 の 単 位 ( 幅 1cm)をわずかに 認 める。

精 土

精 土

精 土

細 身 の 高 台 がハ 字 状 にふんばる。 赤 色 風 化 礫 を 含 む。

〃 〃 (2.0)(12.0) ヘラ 切 り、ナデ 調 整 。 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 精 土

内 外 面 丁 寧 な 横 ナデ 調 整 。

〃 〃 (2.1)(9.0)

〃 〃 (2.4) 10.3 ロクロ 成 形 。 精 土

〃 〃 (2.2)

丁 寧 な 横 ナデ 調 整 。

〃 〃 (1.6) 10.6 ヘラ 切 り。ナデ 調 整 。 外 底 火 襷 文 。 内 底 に 屋 根 と 見 ら

れる 線 絵 画 有 り。

〃 〃 13.2 (2.8)

〃 〃 〃 (1.6) 8.0

須 恵 器


〃 包 含 層 Ⅹ 層 15.8 (3.3)

〃 〃 〃 (18.2) 3.5

土 師 器

長 銅 甕


包 含 層

Ⅷ〜Ⅹ 層

(25.0)(4.3)

〃 〃 包 含 層 Ⅷ 層 (23.6)(6.0)

土 師 器 甕

紀 伊 型

土 師 器

羽 釜

〃 〃 27.4 (5.6)

〃 〃 20.0 (4.2)

〃 〃 〃 26.4 (4.8)

土 錘 〃 包 含 層 Ⅶ 層

〃 〃 〃

〃 〃 〃

瓦 器

小 皿

〃 包 含 層 9.2 1.4 5.2

〃 〃 〃 8.4 (1.2)

土 師 器

小 皿

〃 〃 8.9 1.5 6.3

〃 〃 〃 (11.0)(2.1)

土 師 器

小 杯

ロクロ 成 形 。ヘラ 切 り。 内 外 面 横 ナデ 調 整 。

横 ナデ 調 整 。

ロクロ 回 転 右 まわり。 内 外 面 丁 寧 な 横 ナデ 調 整 。

精 土

精 土

精 土

赤 色 風 化 礫 の 細 ・ 中 粒 砂

を 含 む。

精 土

精 土

ロクロ 回 転 右 まわり。 立 ち 上 がり 外 面 縦 方 向 の 細 い 精 土

沈 線 が6 条 。 天 井 部 外 面 ヘラケズリ。 口 縁 端 部 内 面 わ

ずかに 段 有 り。

シャープなつくり。 口 縁 内 外 面 丁 寧 な 横 ナデ 調 整 。

口 縁 内 面 下 地 に 横 ハケ。 発 色 が 他 の 甕 と 大 きく 異 な

る。 外 面 ススケ。

石 英 、 雲 母 、 角 閃 石 を 多 く

含 む。

口 縁 端 部 上 方 摘 み 上 げ、 凹 状 。ハケ 調 整 。 石 英 粒 を 多 く 含 む。

口 縁 は 受 け 口 状 を 呈 す。 口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 結 晶 片 岩 、 雲 母 細 粒 多 し。

部 外 面 縦 ハケ、ナデ 調 整 (ハケはほとんど 消 えてい

る。)

口 縁 とほぼ 同 じ 位 置 に 鍔 有 り。 鍔 、 口 縁 横 ナデ 調 整 。 石 英 粗 ・ 細 粒 多 し。

鍔 下 強 いナデ 調 整 。

口 縁 からわずかに 下 に 鍔 有 り。 口 縁 、 鍔 内 外 面 横 ナ 石 英 中 ・ 粗 粒 砂 多 し。

デ 調 整 。 内 外 面 ススケ。 口 唇 部 、 鍔 先 端 部 強 い 横 ナデ

調 整 により 凹 状 。

全 長 4.9cm 全 幅 1.3cm 全 厚 1.3cm 重 量 5.3g

孔 径 0.5cm

全 長 3.7cm 全 幅 1.3cm 全 厚 1.3cm 重 量 5.3g

孔 径 0.4cm

全 長 5.0cm 全 幅 1.3cm 全 厚 1.2cm 重 量 6.4g

孔 径 0.4cm

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 外 底 凹 凸 。

チャート 細 粒 、シャー

モットを 含 む。

石 英 、 長 石 の 細 ・ 中 粒 砂 を

含 む。

チャート 他 の 細 〜 中 粒 砂

を 含 む。

精 土

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 石 英 粗 粒 を 多 く 含 む。

ヘラ 切 り。

口 縁 端 部 摘 み 上 げ、 横 ナデ 調 整 。 体 部 外 面 指 頭 圧 痕

顕 著 。

赤 色 粒 、チャート、 石 英 を

含 む。

精 土 。 金 雲 母 を 含 む。

〃 〃 (9.8)(2.0)(6.0) ヘラ 切 り。 赤 色 粒 多 し。

〃 〃 〃 (8.0) 1.7 5.0

〃 〃 〃 10.4 2.2 7.0

土 師 器

小 皿

土 師 器

小 杯

〃 〃 9.6 1.4 5.8

〃 〃 7.2 1.7 4.8

二 次 的 被 熱 のためススケ、 一 部 赤 変 。ヘラ 切 り、ナデ

調 整 。

ヘラ 切 り。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。

横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。

精 土

精 土

精 土

精 土

搬 入 品

170


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.49

783

Fig.49

784

Fig.49

785

Fig.49

786

Fig.49

787

Fig.49

788

Fig.49

789

Fig.49

790

Fig.49

791

Fig.49

792

Fig.49

793

Fig.49

794

Fig.49

795

Fig.49

796

Fig.49

797

Fig.49

798

Fig.49

799

Fig.49

800

Fig.49

801

Fig.49

802

Fig.49

803

Fig.49

804

Fig.49

805

Fig.49

806

Fig.49

807

Fig.49

808

Fig.49

809

Fig.49

810

Fig.49

811

Fig.49

812

Fig.49

813

Fig.50

814

Fig.50

815

Fig.50

816

Fig.50

817

Fig.50

818

Fig.50

819

Fig.50

820

種 別

土 師 器


調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土 口 径 器 高 底 径

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位 (cm) (cm) (cm)

ヘラ 切 り。

S 包 含 層 (1.4) 6.0

〃 〃 〃 (1.2) 6.4

横 ナデ 調 整 。ヘラ 切 り。

〃 〃 〃 (1.5) (6.0)

〃 〃 〃 (1.3) 6.0

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

底 部 薄 い。 輪 造 りか? 内 外 面 ナデ 調 整 。 内 面 ススケ。 精 土

チャート、 赤 色 粒 、 粗 粒 砂

多 し。

精 土

粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

糸 切 り。

チャート、 細 ・ 粗 粒 砂 多

〃 〃 〃 (1.6) 7.2

し。

〃 〃 〃 (1.4) (6.0) ヘラ 切 り。 精 土

糸 切 り。 細 粗 粒 を 多 く 含 む。

〃 〃 〃 (2.3) (8.4)

〃 〃 〃 (2.1) 6.8

〃 〃 〃 (1.5) 6.4

全 面 ナデ 調 整 。

糸 切 り。

糸 切 り。 細 粗 粒 砂 を 含 む。

〃 〃 〃 (1.5) (6.2)

〃 〃 〃 (1.7) 6.2

糸 切 り。

土 師 器

糸 切 り。 円 底 段 有 り。

〃 〃 (2.3) 6.8


糸 切 り。

〃 〃 〃 (2.1) (6.6)

糸 切 り。

〃 〃 〃 (3.6) (6.6)

〃 〃 〃 (1.6) 5.8

〃 〃 〃 (1.8) 6.8

〃 〃 〃 (4.3) 7.0

精 土

精 土

精 土

精 土

精 土

精 土

器 表 剥 離 。 精 土 。 石 英 粒 を 含 む。

底 部 糸 切 り、ナデ 調 整 。ハ 字 状 にふんばる 高 台 。 器 表

の 荒 れがはげしい。

〃 〃 〃 (2.7) (6.0) ベタ 高 台 。 糸 切 り。 精 土

〃 〃 〃 (1.3) 7.4

〃 〃 〃 (2.6) 6.4

土 師 器

足 高 高 台 杯

土 師 器


〃 〃 (2.8) 5.6

乳 白 色 に 発 色 。 糸 切 り。

外 面 弱 い 削 り、ナデ 調 整 。

粗 粒 砂 を 多 く 含 む。

石 英 、 長 石 、 角 閃 石 を 含

む。

精 土

精 土

粗 粒 砂 を 含 む。

〃 〃

内 面 ミガキ。 外 面 ロクロ 目 。 糸 切 り。 断 面 逆 台 形 状 の 石 英 、チャート、 赤 色 粒 を

(3.2) (7.0)

高 台 。

含 む。

精 土 。 赤 色 粒 多 し。

〃 〃 〃 (2.2)

土 師 器


〃 〃 (14.0)(3.6)

〃 〃 〃 15.6 (3.2)

土 師 器


ロクロ 成 形 。 チャート 小 礫 を 含 む。

外 面 ロクロ 目 。 横 ナデ 調 整 。

円 板 状 高 台 。 糸 切 り。

〃 〃 (3.8) (7.0)

円 板 状 高 台 。 糸 切 り。

〃 〃 〃 (4.5) (6.0)

チャート、 石 英 、 赤 色 粒 多

し。

小 礫 、 粗 粒 砂 、チャート 他

を 含 む。

精 土

土 師 器

外 面 沈 線 状 のロクロ 目 。

精 土

〃 〃 12.6 4.8 6.2


外 面 ロクロ 目 。 糸 切 り。 底 部 断 面 に 円 板 を 確 認 でき チャート、 赤 色 粒 多 し。

〃 〃 〃 (15.8)(3.7) (7.4)

る。

外 面 ロクロ 目 。 糸 切 り。 赤 色 粒 多 し。

〃 〃 〃 14.8 4.1 7.4

〃 〃 〃 13.8 4.0 6.4

瓦 器


瓦 器

小 皿

〃 〃 (1.1) 3.4

〃 〃 7.4 1.45

〃 〃 〃 8.4 1.2 6.6

〃 〃 〃 7.9 1.8

瓦 器


〃 〃 11.8 2.8 4.6

〃 〃 〃 13.0 (2.65)

〃 〃 〃 (12.6)(2.6)

外 面 ロクロ 目 。 外 底 糸 切 り。 底 部 の 円 板 を 断 面 で 確

認 できる。

断 面 三 角 貼 付 高 台 。 外 面 は 褐 色 に 発 色 。 内 面 ヘラミ

ガキ。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 外 底 凹 凸 。

石 英 、チャート 細 粒 を 含

む。

チャート 小 礫 を 含 む。

精 土

外 底 凹 凸 面 、ナデ 調 整 。 石 英 他 の 小 礫 含 む。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 頭 圧 痕 。 小 さな 高

台 。 内 面 摩 耗 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 に 暗 文 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 体 部 外 面 指 頭 圧 痕 。

精 土 。チャート 小 礫 を 少

し 含 む。

石 英 、 長 石 、 角 閃 石 を 含

む。

精 土

精 土

171


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.50

821

Fig.50

822

Fig.50

823

Fig.50

824

Fig.50

825

Fig.50

826

Fig.50

827

Fig.50

828

Fig.50

829

Fig.50

830

Fig.50

831

Fig.50

832

Fig.50

833

Fig.50

834

Fig.50

835

Fig.50

836

Fig.50

837

Fig.50

838

Fig.50

839

Fig.50

840

Fig.50

841

Fig.50

842

Fig.50

843

Fig.50

844

Fig.50

845

Fig.50

846

Fig.50

847

Fig.51

848

Fig.51

849

Fig.51

850

Fig.51

851

Fig.51

852

Fig.51

853

Fig.51

854

Fig.51

855

Fig.51

856

Fig.51

857

Fig.51

858

種 別

瓦 器


調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土 口 径 器 高 底 径

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位 (cm) (cm) (cm)

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 摩 耗 。

精 土

S 包 含 層 12.2 (2.5)

〃 〃 〃 13.6 (3.0)

〃 〃 〃 15.2 (3.2)

〃 〃 〃 12.2 (2.95)

〃 〃 〃 15.4 (3.1)

〃 〃 〃 (1.1) 2.8

白 磁

小 皿 底 部

青 磁 輪 花


白 磁


白 磁

小 皿

〃 〃 (1.4) 3.7

〃 〃 (1.8)

〃 〃 (2.6)

〃 〃 (1.2) 5.2

〃 〃 〃 12.8 (2.3)

青 磁

小 皿

白 磁

小 皿

青 磁


〃 〃 11.6 (1.4)

〃 〃 9.0 2.4 4.0

〃 〃 14.1 (1.8)

〃 〃 〃 16.4 (3.0)

〃 〃 〃 14.4 (2.5)

〃 〃 〃 14.2 (3.4)

〃 〃 〃 18.0 (3.6)

〃 〃 〃 (16.6)(6.3)

〃 〃 〃 (2.0) 5.8

〃 〃 〃 (2.2)

志 野 焼

小 皿

瀬 戸

天 目

備 前

擂 鉢

東 播 系

捏 鉢

〃 〃 11.0 2.3 5.9

〃 〃 12.4 (3.2)

〃 〃 24.0 (5.0)

〃 〃 28.0 (3.2)

〃 〃 Ⅴ (30.0)(6.4)

〃 〃 包 含 層 31.4 (2.9)

瓦 質

羽 釜

〃 〃 20.8 4.8

〃 〃 〃 22.2 (3.3)

土 師 器

羽 釜

〃 〃 20.0 (5.4)

〃 〃 〃 19.3 (5.5)

〃 〃 〃 23.2 (5.5)

〃 〃 〃 24.4 (7.1)

瓦 質

羽 釜

土 師 器

羽 釜

土 師 器

小 杯

〃 〃 30.3 3.25

〃 〃 (13.4)(6.5)

〃 撹 乱 層 (7.0)(1.5)

〃 〃 〃 (8.6)(1.8) 5.1

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 摩 耗 。

口 縁 外 面 強 い 横 ナデ 調 整 。 胴 部 外 面 指 圧 痕 。 内 面 横

方 向 の 暗 文 がわずかに 見 られる。

口 縁 外 面 から 胴 部 にかけて 幅 広 く 横 ナデ 調 整 。 内 面

螺 旋 状 暗 文 。

口 縁 外 面 横 ナデ 調 整 。 内 面 暗 文 。

精 土

精 土

精 土

精 土

断 面 三 角 の 高 台 。 石 英 、 長 石 を 多 く 含 む。

内 面 透 明 釉 。

透 明 度 のある 灰 オリーブ 釉 。

口 禿 皿 。

底 部 釉 を 掻 き 取 る。 内 面 画 花 文 。

口 禿 。

外 面 底 部 付 近 露 胎 。 透 明 度 のある 灰 色 の 釉 。

切 高 台 。 見 込 みに 目 跡 。 透 明 釉 。 貫 入 。

透 明 度 のあるオリーブ 釉 。 口 縁 がわずかに 外 反 。 内

面 に 圏 線 1 条 。

内 面 2 本 の 圏 線 。

鎬 連 弁 文 。

鎬 連 弁 文 。

鎬 連 弁 文 。

鎬 連 弁 文 。 貫 入 。

薄 緑 色 の 釉 。 見 込 みに 印 字 。 畳 付 の 一 部 まで 施 釉 。

オリーブ 色 の 透 明 度 のある 釉 。 櫛 目 有 り。

削 出 し 高 台 。 外 底 削 り。 外 底 まで 施 釉 。

黒 色 鉄 釉 。

糸 切 り。

〃 〃 〃 (8.2) 1.5 (5.4)

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。

内 外 面 よこなで 調 整 。 口 唇 部 凹 状 。

精 緻

灰 白 色 精 緻

灰 色 精 緻

灰 白 色 精 緻

白 色 精 緻

精 土

白 色 精 緻

灰 色 精 緻

精 緻

灰 色 精 緻

灰 色 精 緻

灰 色 、やや 粗 い 胎 土

灰 色 堅 緻

灰 色 精 緻

灰 白 色 精 緻

粗 い 胎 土

灰 白 色 精 緻

石 英 粒 を 多 く 含 む。

精 土

チャート 小 礫 、 粗 粒 砂 を

含 む。

精 土

幅 1cmの 方 形 鍔 。 鍔 上 下 、 口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 鍔 精 土

下 から 胴 部 にかけてススケ。

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 三 角 突 帯 の 上 下 横 ナデ 調 整 。 チャート 粗 粒 砂 多 し。

突 帯 下 部 ススケ。

断 面 長 方 形 の 鍔 。 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 石 英 、 角 閃 石 を 多 く 含 む。

口 唇 部 面 取 り。 口 縁 内 外 面 強 い 横 ナデ 調 整 。 鍔 端 面 精 土

には 指 頭 による 押 圧 有 り。 胴 部 外 面 叩 き 痕 。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 石 英 粗 粒 多 し。

胴 部 外 面 右 上 がり 細 めの 叩 き 痕 。 口 縁 内 外 面 横 ナデ

調 整 。

口 唇 部 面 取 り。 断 面 三 角 の 突 帯 。

鍔 上 下 、 端 部 横 ナデ 調 整 。 口 縁 内 面 横 ナデ 調 整 。 胴 部

外 面 縦 ハケ、ススケ。

精 土

精 土

石 英 、 雲 母 、 角 閃 石 を 含

む。

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。 細 粒 砂 を 含 む。

糸 切 り。 細 粒 砂 を 多 く 含 む。

精 土

搬 入 品

陰 刻 花

龍 泉 窯 系

龍 泉 窯 系







同 安 窯 系

東 播 系

172


FigNO.

遺 物 番 号

Fig.51

859

Fig.51

860

Fig.51

861

Fig.51

862

Fig.51

863

Fig.51

864

Fig.51

865

Fig.51

866

Fig.52

867

Fig.52

868

Fig.52

869

Fig.52

870

Fig.52

871

Fig.52

872

Fig.52

873

Fig.52

874

Fig.52

875

Fig.53

876

Fig.53

877

Fig.53

878

Fig.53

879

Fig.53

880

Fig.53

881

Fig.53

882

Fig.53

883

Fig.53

884

Fig.53

885

Fig.53

886

Fig.53

887

Fig.54

888

Fig.54

889

Fig.54

890

Fig.54

891

Fig.54

892

Fig.54

893

Fig.54

894

Fig.54

895

種 別

須 恵 器


土 師 器


瓦 器

椀 底 部

瓦 器

小 皿

青 磁


白 磁 ( 小 杯

多 角 形 )

唐 津


瓦 質

羽 釜

調 査 区 遺 構 名 ・ 出 土 口 径 器 高 底 径

特 徴 胎 土 ・ 材 質 備 考

( 試 掘 ) 地 点 ・ 層 位 (cm) (cm) (cm)

内 面 火 襷 文 。 糸 切 り。ロクロ 成 形 。

精 土

S 撹 乱 層 (2.4) 5.8

内 外 面 横 ナデ 調 整 。 糸 切 り。 細 粒 砂 多 し。

〃 〃 (2.6)(7.6)

〃 〃 (2.2) 3.8

〃 〃 (11.4)(1.7)

胴 部 外 面 下 半 指 圧 痕 。

口 縁 内 外 面 横 ナデ 調 整 。 外 底 指 圧 痕 顕 著 。

〃 〃

外 底 釉 を 削 り 取 る。 内 底 櫛 目 ジグザグ 文 、 櫛 原 体

(1.8)(6.0)

によるχ 字 状 の 櫛 描 文 を 施 す。

高 台 を4カ 所 アーチ 状 に 抉 り 込 む。 内 面 には 抉 り 数

〃 〃 (1.3) 3.6

の 重 ね 焼 きの 目 跡 が 見 られる。

〃 〃 (1.8) 4.4

精 土 。 内 外 面 白 濁 色 の 釉 、 内 面 に 砂 目 あり。

〃 〃 26.6 (3.3)

砥 石 〃 SD7 上 層

〃 〃 包 含 層 Ⅴ 層

〃 〃 SD30

鉄 釘 〃 包 含 層 Ⅴ 層

鉄 製 器 〃 P123

鉄 〃 P27

全 長

8.1

全 長

14.9

全 長

17.2

全 長

6.9

全 長

6.6

全 長

6.5