Ipsen の真空技術 について知るべきである事

ipsen.de
  • No tags were found...

Ipsen の真空技術 について知るべきである事

Ipsen の 真 空 技 術について 知 るべきである 事Hard work wins


全 処 理 範 囲 に 及 ぶ 真 空 炉Ipsen の 真 空 炉 では、 従 来 の 熱 処 理 が 遂 行 できるだけでなく、より 要 求 のきびしい 処 理 にも 対 応 できます。真 空 中 の 結 晶 粒 構 造 の 変 態 と 同 様 に 冷 却 ガスによる 継 続 的 な 冷 却 で 最 適 の 硬 度 と 光 輝 表 面 状 態 が 得 られます。Turbo 2h Treater 搭 載Ipsen 真 空 炉 内 の 熱 処 理 の 利 点 は 明 らかです: 加 工 対象 物 の 優 位 地 帯 は 無 酸 化 と 脱 炭 として 残 り、また 複 雑な 幾 何 加 工 対 象 物 は 最 少 か 無 変 形 で 処 理 できます。Ipsen の 真 空 炉 技 術 は 特 に 一 定 した 質 の 高 いレベルで際 立 っており、 要 求 された 反 復 可 能 な 処 置 は 常 に 達 成されております。室 を 加 熱 するために、Ipsen は 室 壁 の 内 部 へ 分 布 されるモリブデンか 黒 鉛 から 成 る 低 電 圧 の 発 熱 体 を 使 用 します。 加 工 対 象 物 ( 高 電 荷 密 度 含 む)の 加 熱 を 通 じて最 適 均 等 性 を 達 成 するために、 熱 回 路 は 複 数 の 地 帯 に細 分 され、 互 いとは 関 係 なく 制 御 されます。 一 般 に 黒 鉛の 絶 縁 材 が 付 いている Ipsen の 真 空 炉 には 対 流 の 暖房 装 置 が 装 備 されております。このシステムでは 炉 の 排出 後 、 窒 素 は 対 流 暖 房 を 850 度 の 温 度 まで 可 能 にするので、それは 加 熱 して 加 えられます。その 結 果 、 加 熱時 間 は 非 常 に 減 少 されるだけでなく、 焼 戻 し 循 環 も 超定 温 配 分 を 用 いた 低 温 で 遂 行 されます。Ipsen の 研 究 と 開 発 は 特 に 加 熱 室 内 のガス 動 力 に 注 意を 払 いました、これにより 変 化 は 強 く 減 少 され、また 全体 で 共 に 回 避 される 冷 却 ガス 流 のみが 最 大 に 活 用 されます。Ipsen は 試 験 炉 の 実 験 的 な 立 証 および 数 理 モデル(CFD)の 使 用 で 冷 却 ガス 流 を 調 査 するために 外 部の 研 究 所 と 密 接 に 協 働 しました。ここで 得 られた 結 果は、 特 にガス 紹 介 装 置 の 構 造 、ガス 分 布 格 子 の 設 計 および 熱 交 換 器 の 配 置 に 活 用 されました。 結 果 : 冷 却 ガスが 全 範 囲 に 渡 る 装 填 を 均 一 に 貫 流 するガス 動 力 を 確実 にしました。さらに 次 の 処 理 も 遂 行 することができます(アルファベット 順 に):AvaC ® ( 低 圧 浸 炭 )、AvaC ® -N( 低 圧 炭素 窒 化 )、 光 輝 硬 化 、 光 輝 焼 きなまし、 固 溶 化 焼 きなまし、 光 輝 焼 戻 し、ガス 抜 き 処 理 、 硬 および 高 温 ろう 付け、 焼 結 および SolNit ® 。これで Ipsen の 真 空 技 術 がいかにエネルギーと 資 源真 空 炉 はどのようにして 組 み 立 てられるのでしょうか?Ipsen の 真 空 技 術 の 中 心 は 円 形 か 長 方 形 の 加 熱 室 です。その 熱 絶 縁 材 はさまざまな 鋼 板 および 黒 鉛 層 に 基づいております。 黒 鉛 が 使 用 されると、これは 完 全 に 保護 されるか 高 性 能 合 成 繊 維 材 料 の CFC( 炭 素 によって補 強 される 炭 素 繊 維 )バリヤーを 用 いての 臨 界 位 置 で保 護 されます。なぜなら 高 圧 ガス 焼 入 れ 中 に 表 面 の 摩擦 が 高 度 になるからです。これはかなり 室 の 耐 用 年 数を 延 長 します。の 消 費 を 極 端 に 低 く 抑 えられるかお 分 かり 頂 けると 思います。 従 って、これは 最 新 の 環 境 基 準 に 合 致 されるだけでなく、 特 に 経 済 的 な 操 業 モードとしても 可 能 になります。高 ガス 流 は 素 早 く、 均 一 的 、 迅 速 でガス 流 の 制 御 も 精密 です。すべてが 正 しいと 結 果 もおのずと 正 しいものになります: 最 適 な 急 冷 装 入 。このような 理 由 でIpsenは最 大 限 に 活 用 された 冷 却 装 置 搭 載 の 全 真 空 炉 を 装 備しております。ここでは、 垂 直 か 水 平 位 置 の 冷 却 ガス 流から 選 ぶことができます。 加 工 対 象 物 が 環 状 、 大 容 量または 特 に 長 い 場 合 、 放 射 状 冷 却 ガス 流 の 使 用 は 有 利かもしれません。この 冷 却 を 行 うために、 加 熱 室 のガス 入 り 口 は 加 熱 室 の 円 柱 全 体 面 の 周 りで 調 整 される、プレナムおよびガス 吹 き 出 し 口 孔 を 経 由 して 配 置 されます。うね 織 りで 大 表 面 積 な 銅製 熱 交 換 器 は 冷 却 ガス 流の 再 冷 却 を 集 中 的 に 確 保します。どこで Ipsen の 真 空 技 術 の 使 用 は 意 味 をなすのでしょうか? 基 本 的 にどこであれ 特 殊 鋼 のグレードは 硬 化 によって 生 産 されるか、できるだけ 多 数 の 使 用 選 択 に 支 えられております。 例 えば、 真 空 炉 は 熱 的 や 機 械 的 に 高負 荷 がかかった 連 結 部 のろう 付 けを 可 能 にします。 従 って、Ipsen の 真 空 技 術 について 最 も 重 要 な 適 用 は 航 空と 宇 宙 産 業 にあり、ジェット・エンジンの 組 み 立 て、 核技 術 や 医 療 技 術 、また 熱 処 理 の 契 約 や 自 動 車 工 学 についても 同 様 です。竪 型 真 空 炉 へのフロー結 合 度うね 織 りで 大 表 面 積 な 銅製 熱 交 換 器 は 冷 却 ガス 流の 再 冷 却 を 集 中 的 に 確 保します。


速 くて 経 済 的 :LCP startエネルギーは 高 価 です。ですので、エネルギーを 節 約 するのは 良 い 事 です。それは Ipsen が 特 許 を 取 得 したLCP start も 同 様 に 言 えます。これは 高 圧 ガス 冷 却 に 使 用 される、 冷 却 モーターの 比 較 的 大 きなエネルギー 消 費を 大 幅 に 減 らします。さらに 良 い 選 択 肢 : 真 空 ろう 付 け費 用 効 率 が 高 く、 環 境 にやさしい 多 くのステンレス 鋼 、セラミック 又 はアルミ 製 の 高 品 質 製 品 の 製 造 は 真 空 でのみ 行われます。これらの 応 用 に 対 して、Ipsen は 手 動 、 半 自 動 もしくは 完 全 自 動 の 単 室 や 多 室 炉 を 提 供 いたします。従 来 のシステムに 対 して、この 冷 却 モーターは 冷 却 段階 が 始 まる 前 に(まだ 真 空 がある 時 ) 短 時 間 でスタートします。これは 開 始 段 階 における 供 給 電 圧 の 巧 妙 な 減少 によって 可 能 になります。この 方 法 の 意 図 的 な 副 作 用は、 冷 却 の 開 始 において 著 しく 増 加 された 冷 却 強 度 にあります。 炉 の 加 熱 スイッチが 切 られた 後 、 冷 却 ガスは要 求 された 冷 却 ガス 圧 が 全 速 で 動 く 冷 却 ファンの 範 囲に 達 するまで 充 填 処 理 中 のシステムに 流 れます。 従 って、 暖 房 段 階 の 終 わりと 望 ましい 冷 却 ガス 圧 の 到 達 時間 を 徹 底 的 に 減 らすことができます。ここでは 高 真 空 中 でのろう 付 けとアルミ 新 地 金 、または 高 温 ろう 付 けといった 二 種 類 の 処 理 方 法 が 利 用 されます。アルミニウムのフラックスレスろう 付 け 処 理 は、ろう 付けストリップ 状 でマグネシウムを 含 むろう 付 け 合 金 に 使用 します。ろう 付 け 合 金 が 流 れ 出 す 前 または 酸 化 アルミ 膜 加 熱 時 に 亀 裂 が 開 口 し、マグネシウム 蒸 気 により除 去 されます。低 、 中 または 高 真 空 下 での 高 温 ろう 付 けは、 特 に 高熱 や 機 械 的 荷 重 に 関 連 する 繋 ぎ 手 に 適 用 されます。原 則 として、 結 晶 フォイル 状 でのニッケル 基 、 銅 基や 貴 金 属 基 ろう 付 け 合 金 または 900℃ 以 上 の 液 相温 度 での 薄 板 、 粉 末 やペーストが 使 用 されます。さらに、ここでエネルギーの 相 当 量 を 節 約 できます: 熱変 圧 器 (Ipsen の 特 許 )の 任 意 cos phi スイッチ 切 換えで 真 空 炉 の 停 止 段 階 中 のアイドル 電 流 を 減 らします。熱 変 圧 器 の 特 別 な 切 換 えを 通 じて、 力 率 cos phi とその 能 率 は 停 止 段 階 の 間 に 非 常 に 高 めることができ、 同時 に 40% までこの 段 階 でのアイドル 電 流 部 分 を 減 少させる 事 ができます。冷 却 ガス 換 気 装 置 のLCP startで 使 用 される 変 圧 器ピーク 電 流 は 特 に 高 価 です。それは 高 圧 ガス 冷 却 の開 始 時 において 冷 却 ガスファンがスタートする 時 やむを 得 ず 発 生 します(ダイレクト 又 はスロースタートが使 用 されるかどうかにもかかわらず)。 従 来 のスタート 中 に、モーターは 約 1,000 ミリバール 絶 対 の 圧 力 が成 し 遂 げられた 後 に 開 始 され、さらに 10 倍 か 5 倍 の定 格 電 流 が 消 費 されます。これは Ipsen の 特 許 済 みLCP-Start( 低 電 力 スタート)がエネルギーを 実 際 に 節約 できるところであります。その 使 用 で、ピーク 負 荷 範囲 の 現 在 消 費 は 定 格 電 流 の 2.5 倍 にて 徹 底 的 に 減 少されます。では LCP start はどのように 機 能 するのでしょうか?Ipsen のろう 付 けシステムにおける 真 空 ろう 付 けの 利点 は 明 らかです。 正 確 に 設 定 可 能 な 炉 内 雰 囲 気 や 高 速温 度 制 御 を 設 け、 模 範 的 な 温 度 均 一 性 を 保 証 します。それに 加 えて、Ipsen の 真 空 技 術 はろう 付 けの 優 れた能 率 性 を 提 供 いたします。硬 ろう 付 けと 高 温 ろう 付け 用 の 新 Ipsen 燃 焼 室このフラックスレスろう 付 け 処 理 は 攻 撃 的 なフラックスが 適 用 されず、フラックス 残 渣 の 除 去 も 問 題 なく、 加 えて 成 分 の 後 処 理 をする 必 要 がない 事 から、 特 に 環 境 に対 してやさしいのがポイントです。ろう 付 け 接 合 部 の 品質 は 更 に 改 善 されます。 母 材 間 接 合 部 分 でフラックス包 有 を 抑 えることで、 機 械 的 強 度 や 腐 食 性 に 影 響 をあたえ、より 著 しく 確 実 な 接 合 強 度 を 提 供 します。Turbo 2h Treater 、強 力 な 冷 却 モーターの 見 解


Ipsen から 小 さな 巨 人 登 場Titan は Ipsen の 真 空 技 術 系 列 からの 最 新 製 品 として 登 場 しました。 極 めて 小 型 な 真 空 炉 で、 独 自 に 熱 処 理 を 遂行 あるいは 製 品 ラインの 拡 張 を 希 望 される 企 業 や 研 究 機 関 、または 焼 入 れ 施 設 がある 小 さな 工 場 に 対 し、 望 ましい 汎 用 ツールとしてご 利 用 頂 けます。特 許 済 み 処 理 :AvaC ® と SolNit ®Ipsen 堂 々と 公 開 :Ipsen の 真 空 炉 使 用 のみで 稼 働 される、2 つの 革 新 的 で 特 許 済 み 処 理 –低 圧 浸 炭 処 理 AvaC ® と SolNit ® 。 処 理 ソフトウェア Vacu-Prof ® を 用 いて 両 方 を 管 理 。「 簡 単 な 取 り 付 けと 容 易 な 操 作 」これらはIpsenが常 に 目 標 としてきたもので、Titanの 登 場 で 解 決 されました。Ipsen Titan の 取 り 付 けは 非 常 に 簡 単 です。なぜなら 底 板 に 車 輪 が 前 もって 取 り 付 けられており、フォークリフトの 補 助 で 目 的 位 置 へ 移 動 でき、1 就 業 日 中 に 製 品 の 稼 動 が 可 能 になります。製 品 の 操 作 も 同 様 に 簡 単 です。 熱 処 理 に 関 する 専門 知 識 がないユーザーでさえ、 素 早 く 技 能 を 身 につけて 操 作 ができ、 大 きな 結 果 をもたらします。Titanは 炉 に 直 接 隣 接 する17インチ 回 転 モニターを 介 してプログラムが 作 成 または 制 御 されます。ユーザ誘 導 システムは21ヶ 国 の 言 語 と 全 ての 基 本 数 量 単位 に 対 応 しております。これは 画 面 を 見 て 頂 ければ分 かりやすいと 思 います。 完 了 した 工 程 は 直 接 査定 され、 後 日 使 用 するために 文 書 化 されます。全 6 通 りの 通 常 熱 処 理 工 程 ( 焼 鈍 し、 焼 入 れ、ろう付 け、 固 溶 化 焼 鈍 し、 応 力 除 去 や 焼 戻 し)は 素 早く、 容 易 に 実 行 することができ、 見 事 な 程 に 効 率 の最 高 レベルを 実 現 します。 制 御 装 置 はユーザーへ1000 以 上 に 亘 るプロセス 変 動 のアクセスを 可 能 にします。これは Titan が 必 要 とする 全 てのオプションを 提 供 する 事 を 意 味 します。このような 理 由 でTitan は±5℃のコンスタントに 優 れた 均 一 性 で 温度 を1,315℃まで 発 生 させることができるのです。これは 特 に 機 械 製 造 、 工 具 製 造 、 医 療 技 術 、 航 空機 製 造 や 航 空 宇 宙 産 業 など 正 確 な 熱 処 理 品 質 を求 める 産 業 での 使 用 によく 適 しております。Vacu-Prof ® はは 精 密で 処 理 の 個 別 管 理 を 可 能にするAvaC ® ことアセチレン 低 圧 浸 炭 は 従 来 の 浸 炭 処 理 に立 証 された 代 案 です。ガス 浸 炭 と 比 べた 利 点 は 明 らかです:AvaC ® は 完 全 な 無 酸 化 面 と 並 び、 炭 素 移 動 の 最大 可 能 レベルを 提 供 します。この 処 理 は 容 易 に 制 御 可能 で 同 時 に 最 高 の 再 現 性 をもたらし、 他 にも 特 に 均 一浸 炭 や 止 まり 穴 のように 複 雑 な 幾 何 要 素 でさえ 結 果 を残 します。なしであらゆる 生 産 ラインに 直 接 統 合 する 事 ができます。革 新 的 な SolNit ® 処 理 は 特 に 耐 食 性 の 生 産 と 硬 鋼 に適 しております。 表 面 層 を 0.1 to 3 mm の 深 さに 窒化 させることにより、オーステナイト 系 、 同 様 にマルテンサイト 系 防 錆 鋼 は 表 面 硬 化 されます。その 際 、 窒 素原 子 の 含 有 物 は 著 しくより 耐 久 力 を 持 つと 同 時 に、 耐食 性 も 改 善 されます。2 つの 処 理 変 数 、SolNit ® -M とSolNit ® -A はころ 軸 受 と 器 材 、ポンプ 及 びタービン、 同様 に 医 療 機 器 と 化 学 装 置 に 用 いられる、 非 常 に 取 り 付け 可 能 な 鋼 の 生 産 に 使 用 されます。さらにこれらの 処 理 は 驚 くべき 使 いやすさと 高 い 信 頼性 および 正 確 さを 備 えた Ipsen のソフトウェア、Vacu-Prof ® を 使 うことで 管 理 できます。さらにこれは 処 理 ガスとエネルギー 消 費 は 比 較 的 低い 事 から 好 ましい 環 境 証 明 書 のために 際 立 っております。 加 えて、 乾 燥 した、 高 圧 ガス 冷 却 は 焼 入 れが 必 要 なくなった 後 の 加 工 対 象 物 洗 浄 中 における 変 形 傾 向 を 最小 にします。 浸 炭 処 理 が 高 温 ( 例 1,050 ºC)で 稼 働 すれば、 周 期 持 続 期 間 は( 粒 状 組 織 の 条 件 を 考 慮 に 入 れる) 従 来 の 処 理 と 比 べてかなり 減 らすことができます。プロセス 改 訂 版 、AvaC ® -N はアセチレンとアンモニアで 低 圧 炭 素 窒 化 を 提 供 します。それはこれらの 炭 素 窒化 で 低 圧 浸 炭 の 利 点 を 化 合 します。 鋼 はこの 処 理 表 示高 温 度 抵 抗 で 硬 化 され、 摩 擦 への 抵 抗 は 強 まり、 硬 度も 改 善 されました。 処 理 の 両 方 とも 特 別 なアダプターTitan は 特 に 少 量 負 荷 や 個 別 対象 物 に 適 しており、 資 源 消 費 を低 減 して 稼 動 させます。


よく 発 達 した: 輸 送 システム真 空 炉 の 充 電 と 放 電 は 完 全 に 自 動 的 に 遂 行 することができます。それだけではなく、 生 産 ソフトウェアAutoMag ® は Ipsen 真 空 炉 の 生 産 ラインに 継 ぎ 目 なく 挿 入 することができることも 意 味 します。構 造 様 式 における 小 概 要Ipsen の 真 空 技 術 はさまざまな 規 格 サイズで 提 供 されます。モジュール 設 計 のおかげで、 顧 客 の 必 要 性 にぴったりと 一 致 する 技 術 的 なタイプの 幅 広 い 範 囲 で 供 給 されます。Ipsen の 輸 送 システムは 信 頼 できる 製 造工 程 を 保 障 する生 産 および 製 造 工 程 に 真 空 炉 の 統 合 を 可 能 にするため、Ipsen は 十 分 に 開 発 された 輸 送 および 貯 蔵 システム( 自 動 充 電 と 放 電 装 置 、 同 様 にローラーコンベヤーおよび 中 間 記 憶 装 置 システム)を 備 えております。このシステムは 充 電 がどんな 命 令 でもアクセスする 事 ができるように 形 成 されており、 節 約 された 順 序 で「 先 入 れ、先 出 し」 主 義 に 基 づいて 処 理 されます。 全 自 動 管 理 、 自動 制 御 と 炉 装 置 の 充 電 および 周 辺 装 置 を 可 能 にするために、 立 証 された AutoMag ® 生 産 ソフトが 使 用 されます。これは 完 全 なシステム 概 要 を 備 え、 自 動 輸 送 を 制 御し、SAP Infor ソフトウェアといった ERP( 企 業 資 源 計画 )パッケージとのデータ 交 換 を 可 能 にします。Ipsen の 真 空 炉 は1 室 式 、 多 室 式 としてご 利 用 いただけます。さらに: 規 格 型 と 併 せて、Ipsen は 特 殊 型 の 受 託製 造 も 提 供 いたします。 基 本 的 にですが、 選 択 は 竪 型 又は 横 型 と2タイプございます。Turbo 2h Treater – 冷 却 スピードが 向 上し、 均 一 冷 却 が 得 られます。 垂 直 積 載 オプション 付 きフレキシブルでダイナミックな 冷 却 装 置 。 材 料 、 構 造 や 充 電 の 広 い範 囲 に 合 わせることが 可 能 。 循 環 装 置 との 高 度 な 対 流 設 計 。 冷 却 ガス 最 大 圧 力 :20 bar 。Multi Treater 型 – 特 定 の 利 点 : 積 載5 トンまでの 停 止 バッチテーブル。 炉 には、 保 護 性 雰 囲 気 中 での 熱 処 理 用 レトルトが 付 属 。 効 果 的 な 雰 囲 気 再 循 環 により、 非 常 に 均 一 な 温 度 分 配 と 加 熱 時 間 の短 縮 が 実 現 。 付 加 的 で 迅 速 な 冷 却 装 置 。応 用 可 能 な 広 範 囲 用 に 設 計 。 空 白 焼 きなまし、 窒 化 、 窒 化 浸 炭 、 前 / 後 酸 化 など。VVFC/VVTC 型 – 汎 用 竪 型 真 空 炉 で、 強制 冷 却 用 の 再 循 環 ファン 付 き。 簡 単 な 上からの 搭 載 。さまざまな 搭 載 ラックにより、 部 品 を 懸 垂 させたり 垂 直 に 立 てたりすることが 可 能 。 細 長 い 部 品 でもゆがみがほとんど 生 じない。 冷 却 は 真 空 中 、 不活 性 ガス 中 、 再 循 環 不 活 性 ガス 中 のいずれでも 可 。 一 体 型 ガス 再 冷 却 システム。 可動 屋 根 とベースハッチ。 冷 却 ガス 最 大 圧力 :20 bar 。すべて 含 まれたサービス最 適 なソリューションはワンストップ 供 給 です:システム 及 び 炉 と 並 んで、Ipsen は 365 日 、24 時 間 いつでも 最 高のサービスを 提 供 いたします。最 後 に、Ipsen のサービスについて 少 し 口 添 え 致 しま もし 修 理 が 必 要 とされた 場 合 : 私 たちのサービス 技 術す。ほとんど 他 のどの 工 業 製 品 は Ipsen の 真 空 炉 のよ 者 とエンジニアができるだけ 早 急 に 対 応 できるよう、サうに 長 持 ちしません。これは 私 たちの 炉 の 質 が 高 い 事 ービスホットライン +49-1 72-2 53 39 10 を 毎 日 24 時を 意 味 します。それにもかかわらずそれらは 専 門 のサー 間 、365 日 ご 利 用 頂 けます。 私 たちはさらに 十 分 な 在 庫ビスを 必 要 とします。 そしてこれを 達 成 するために 私 を 完 備 しております:Ipsen 真 空 技 術 用 世 界 最 大 予 備たちは 最 良 可 能 な 顧 客 サービスをあなたと 私 たちの 炉 部 品 部 門 。に 提 供 いたします。GL 型 – 汎 用 設 計 の 水 平 搭 載 型 高 温 炉 。冷 却 ガス 最 大 圧 力 :1.49 bar( 絶 対 値 )。VDFC 型 – 不 活 性 ガス 熱 処 理 用 焼 戻 し炉 。 処 理 部 品 に 高 品 質 表 面 が 実 現 。 超 定温 配 分 。コンパクトで 丈 夫 な 設 計 により、メンテナンスがほとんど 不 要 。RVHT-QGP 型 – 分 離 熱 室 と 最 高 可 能 焼入 れ 速 度 用 高 圧 力 冷 却 室 (20 bar まで)付 き 2 室 式 真 空 炉 。VR/VRK 型 – 汎 用 竪 型 真 空 炉 。 放 射 状 および 軸 冷 却 ガスのルーティング。 内 部 再冷 却 ガス 冷 却 システム。 対 流 の 熱 伝 達 用再 循 環 ファン、 対 流 熱 伝 達 用 の 再 循 環 ファンにより、 複 合 硬 化 と 繰 返 し 焼 戻 しの 際のガス 消 費 量 を 低 く 維 持 。 冷 却 ガス 最 大圧 力 :20 bar 。FRVOQ/FRVC 型 – 高 圧 ガスと 油 焼 入 れ室 付 き 3 室 式 真 空 炉 全 体 鋼 パレットの 硬化 ( 無 合 金 鋼 、 微 合 金 鋼 を 含 む)に 適 しております。いつもそばに:重 要 な 摩 耗 部 品 の 選 択は 私 達 のサービス 車 両によって 常 に 運 搬 される


弊 社 についてIpsen、 我 々は 確 かなパフォーマンスをお 届 けします。Ipsen は 最 先 端 の 熱 処 理 テクノロジーとシステム 構 築 を 第 一 義 と 致 しております。 世 界 でごく 少 数 の 企 業 が 熱 処理 の 発 展 に 決 定 的 な 影 響 を 与 えております。60 年 以 上 に 亘 り Ipsen は、AvaC ® 処 理 ( 低 圧 浸 炭 )、SolNit ® 処 理 ( 溶 体 窒 化 ) 又 は 近 年 開 発 済 みの Hybrid-Carb 処 理 ( 再 循 環 ガス 浸 炭 )など、 革 新 的 で 独 自 のテクノロジーを 駆 使 し、 鋼 生 産 の 品 質 向 上 に 関 する 新 しい 方 法 を 見 出 してきました。Ipsen の 製 品 は 突 出 した 信頼 性 と 最 高 のパフォーマンスを 兼 備 しており、 我 々の 熱処 理 炉 と 熱 処 理 機 器 が 世 界 中 で 高 い 評 価 を 頂 いています。 私 たちの 顧 客 は 自 動 車 、 航 空 宇 宙 、 工 具 機 器 、 医療 と 商 用 熱 処 理 業 界 に 従 事 しております。Ipsen の 多 くの 重 要 な 開 拓 にも 関 わらず、 私 たちの 焦 点は 単 に 技 術 だけではありません。 私 たちはお 客 様 のご期 待 に 添 えるよう 目 標 づけております。 私 たちは 素 晴 らしい 技 術 の 展 開 と 形 成 に 委 ねるだけではなく、 迅 速 で、継 ぎ 目 のない 丁 重 なサービスについても 情 熱 を 注 いでおります。© Ipsen 10 2007詳 細 な 情 報 や 当 社 または 当 社 製 品 に 関 する 質 問 等 ございましたら、 下 記 へご 連 絡 願 います。Ipsen 株 式 会 社本 社 工 場〒613-0022 京 都 府 久 世 郡 久 御 山 町 市 田 68 番 地Phone +49 774 41-2357Fax +49 774 44-6590sales@ipsenjapan.comHard work winswww.ipsenjapan.com

More magazines by this user
Similar magazines