第2-4章:言語の発達②

hss.ocha.ac.jp

第2-4章:言語の発達②

発 達 心 理 学 概 論 [ 特 論 ] [ 第 8 講 ]

テキスト; 第 Ⅱ 章 第 Ⅲ 章 第 Ⅳ 章

言 語 の 発 達

2. 言 語 と 認 知 - 研 究 方 法 論

内 田 伸 子

uchida.nobuko@ocha.ac.jp


言 語 の 発 達

テキスト; 第 Ⅱ 章 第 Ⅲ 章 第 Ⅳ 章

1.ことばの 獲 得

2. 言 語 と 認 知 ー 研 究 方 法 論

3. 言 語 獲 得 の 生 物 学 的 制 約 [ 第 9 講 ]

●「 言 語 獲 得 の 臨 界 期 ( 敏 感 期 )」

(critical period)

● 第 二 言 語 学 習

●Less is more 仮 説


言 語 の 発 達

テキスト; 第 Ⅱ 章 第 Ⅲ 章 第 Ⅳ 章

2. 言 語 と 認 知 ー 研 究 方 法 論

2-1 臨 床 面 接 による 実 験

2-2 民 族 誌 的 方 法 論 による 会 話 分 析


言 語 発 達 の 程 度

ことばはやり 取 りを 通 して 習 得 する

(Zimmaerman,Christakis Meltzoff, 2007)

言 語 のどの 領 域 が 生 得 的 でどこが 環 境 によるのか?

0.5

0.4

0.3

0.2

0.1

0

-0.1

-0.2

-0.3

-0.4

-0.5

1 年 後 2 年 後 3 年 後 4 年 後

語 彙 ◎

発 音 ◎

文 法 ?

10 分 以 内

30 分 以 内

1 時 間 以 上


2. 言 語 発 達 ・ 認 知 発 達 の 研 究 方 法 論

2ー1. 臨 床 面 接 による 実 験 法

助 数 詞 の 獲 得 過 程

ーどこまでが 生 得 でどこまでが 学 習 かー


生 得 か 経 験 か

Plato(1961) vs. Aristotle(1941)

Nativist vs.Empirisist

Watson, J.B.(1945)

行 動 主 義 ; 白 紙 + 経 験

Chomsky(1965)

「プラトンの 問 題 」

★ 何 が 生 得 で、 何 が 経 験 によるのか?


「プラトンの 問 題 」(Chomsky, 1980)

★ 言 語 使 用 の 創 造 的 側 面 (creative aspect of

language use)と 文 法 獲 得 に 関 するプラトンの 問

題 (Plato’s problem)に 注 目 した。

★ 創 造 的 側 面 : 人 間 はひとたび 母 語 の 文 法 を 獲

得 してしまえば、 必 要 に 応 じていくらでも 新 しい 文

を 理 解 したり 産 出 したりできる。

★プラトンの 問 題 : 人 間 に 獲 得 可 能 な 文 法 には

経 験 のみ、あるいは 経 験 と 一 般 的 な 知 識 獲 得 機

構 を 想 定 しただけでは 説 明 できない 属 性 が 含 まれ

ているのにもかかわらず、 文 法 獲 得 が 可 能 なのは

何 故 かという 問 いを 指 す。


1. 言 語 ・ 認 知 発 達 研 究 の 方 法 論

◆ 発 達 心 理 学 者 の2つのタイプ

1. 子 どもの 研 究 をめざす

何 歳 で○○ができるようになる

2. 一 般 的 な 人 間 の 心 の 働 きを 解 明 する

心 的 要 素 (psychological essentials)の 推 定

= 媒 介 過 程 ↕ 情 報 処 理 過 程


子 ども 観

乳 幼 児 とは;

× 実 験 者 の 教 示 通 りに 動 く 受 動 的 存 在

「 研 究 者 とともに 意 味 を 共 同 で 構 築 す

る」( 箕 浦 ,2002) 能 動 的 な 存 在


「 発 達 」 概 念 の 脱 構 築

★ 子 どもは 能 動 的 な「 協 力 者 」


子 ども 観

(2) 子 どもの 認 知 的 処 理 資 源 の 狭 小

↕ パラダイム 選 択 に 制 約

(3) 子 どもの 素 朴 信 念 ;「 大 人 とは」

↕ 大 人 は 何 でも 知 っている


「 有 効 な」パラダイム 選 択

実 験 場 面 の 設 定


現 代 の 認 知 発 達 研 究

● 定 量 的 方 法 論

顕 在 変 数 (manifest variables)

+ 潜 在 変 数 (latent variables)も

◆ 定 性 的 方 法 論

◆ 解 釈 的 方 法 論


★ 複 数 の 方 法 論 の 併 用 へ


問 題 「どちらが 先 か」

(1) 認 知 的 カテゴリーが 先 ?

「これは 細 長 い」

⇨「 本 だ!」

(2) 文 法 クラス( 規 則 )が 先 ?

「これは1 本 、2 本 と 数 える」

⇨「これは 細 長 い」


方 法 論 的 経 験 主 義 の 立 場

【 仮 説 】 生 得 的 な 原 理 を 所 与 のものとするの

ではなく、 領 域 一 般 の 学 習 原 理 に 基 づき 語

意 や 文 法 規 則 や 言 語 についてのメタ 知 識

が 創 発 される。

●この 仮 説 がどこまで 母 語 の 言 語 獲 得 を 説

明 できるのかを 検 討 し、 最 終 的 にこの 仮 説 が

完 全 に 否 定 された 場 合 に 初 めて 言 語 固 有 の

生 得 的 原 理 を 受 け 入 れる 。


「 領 域 一 般 の 学 習 原 理 」

● 差 異 ・ 共 通 性 抽 出 原 理 ( 須 賀 ・ 久 野 ,2000)

● 類 似 性 比 較 と 類 推 (Gentner & Medina, 2000)

● 原 理 抽 出 の 学 習 メカニズム ( 針 生 ・ 今 井 , 2000)

知 識 はどう 構 成 されるか?

知 覚 的 次 元 ( 形 )から

漸 進 的 に 構 造 化 されて

因 果 関 係 構 造 へ


【 研 究 】

【 目 的 】

知 識 は、 入 力 の 知 覚 ベースから 関 係 構 造 へ

漸 進 的 に 構 造 化 されるか→ 助 数 詞 !

実 験 1

文 法 クラスと 意 味 カテゴリーの 関 係

実 験 2

文 法 ルールの 抽 出 の 原 理 は?


助 数 詞 の 特 性

1. 計 数 の 単 位

なぜ 助 数 詞 か

2. 全 ての 名 詞 に 付 与 する

3. 意 味 基 準 (カテゴリー); 複 雑 ・ 不 透 明

● 言 語 によって 異 なる

● 日 本 語 ; 形 , 大 きさ, 生 物 / 人 工 物 ,

分 類 学 的 基 準 ↔ 基 準 の 複 合


生 き 物

日 本 語 の 助 数 詞 の 大 系

単 位

種 類

個 物

場 所

箇 所

人 間

人 (ニン・リ)

[ 無 標 ]


動 物

[ 無 標 ] 鳥 類


[+ 大 きい]


植 物

根 植 物


形 状

( 広 がり)

[ 無 標 ]

[ 無 標 ]





飛 行 機

( 機 械 )


盛 り

機 能

道 具



ボート


テーブル


個 物 一 般

ツ・ 個

衣 類


箱 束 冊

家 具

椅 子


1 次 元


2 次 元


3 次 元

[ 無 標 ]


[+ 小 さい]


内 田 (1997)


生 物 の 助 数 詞

生 き 物

人 間

人 (ニン・リ)

動 物

[ 無 標 ] 鳥 類


[ 無 標 ]


[+ 大 きい]


実 験 1

被 験 者

日 本 語 :150 名 の 幼 児 ( 東 京 )

5 年 齢 段 階

(4 歳 前 半 〜6 歳 前 半 まで)

中 国 語 :235 名 の 幼 児 ・ 児 童 ( 北 京 )

6 年 齢 段 階

(4 歳 前 半 〜6 歳 後 半 まで)


方 法

手 続 き

(1)エラー 検 出 法 (the error detection paradigm)

1. 再 認

2. 再 生

3. 理 由 づけ

ジョジョちゃん

(2) 比 較 文 化 法 (cross-cultural method)


実 験 材 料

● 典 型 性 × 生 物 助 数 詞

日 本 語 :

典 型 性 ; 典 型 ・ 非 典 型 ・ 形 状 類 似 ・ 非 生 物

助 数 詞 ; 匹 ・ 頭 ・ 人 ・ 羽

中 国 語 :

典 型 性 ; 典 型 ・ 非 典 型 ・ 形 状 類 似 ・ 非 生 物

助 数 詞 ; 個 (ge)・ 条 (tiao)・ 只 (zhi)

● 各 2 項 目 : 日 本 語 32, 中 国 語 24


般 用 ( 羽 ↔ 頭 )

刺 激 材 料 例


% correct responses

実 験 結 果 1 Classifier Type

100

80

中 国 語 ; 個 → 只 → 条

ge

zhi

100

80

日 本 語 ; 人 → 匹 → 頭 → 羽

60

40

tia

o

60

40

nin

hiki

20

20

tou

0

4:0--4:5

4:6--:11

5:0--5:5

Age Group

Chinese

5:6--5:11

6:0--6:5

6:6--6:11

0

4:0--4:5

4:6--4:11

5:0--5:5

Age Group

Japanese

5:6--5:11

wa

6:0--6:5


% of responses

100

80

60

40

エラーパターンの 質 的 分 析

Correct response

Error within

ontological boundaries

Error across

ontological boundaries

20

Failure to supply any

classifier

0

4:0--4:5

4:6--4:11

5:0--5:5

5:6--5:11

6:0--6:5

Age group


% correct responses

実 験 結 果 2 Typicality

100

80

60

典 型 性 の 高 いものから 獲 得

Prototype

Non-prototype

Similar

Inanimate

100

80

60

40

40

20

20

0

4:0--4:5

4:6--4:11

5:0--5:5

5:6--5:11

6:0--6:5

Age Group

Chinese

6:6--6:11

0

4:0--4:5

4:6--4:11

5:0--5:5

5:6--5:11

Age Group

Japanese

6:0--6:5


% correct responses

実 験 結 果 3 Justification

100

80

60

40

理 由 付 け;Japanese>Chinese

ge

zhi

tiao

100

80

60

40

-●- nin

-■- hiki

-▲- tou

-●- wa

20

20

0

4:0--4:5

4:6--4:11

5:0--5:5

5:6--5:11

6:0--6:5

Age Group

Chinese

6:6--6:11

0

4:0--4:5

4:6--4:11

5:0--5:5

5:6--5:11

Age Group

Japanese

6:0--6:5


目 的

実 験 2

助 数 詞 付 与 ルールの 生 成 ;

インプットの 着 目 次 元 は 何 か

「イルカが 鯨 の 仲 間 だよ.

“ 頭 ”っていうの

馬 みたいに 脚 があるものだから,

おっきくても “ 頭 ”って 言 わないの.」

(I.K.6 歳 1ヶ 月 )


手 続 き

方 法

(1) 訓 練 実 験 法 (the training paradigm)

● 処 遇 条 件 の 等 質 性 ;

1.“ 頭 ” “ 匹 ”の 区 別 不 可

2.WPPSI 知 能 値 が 等 質

3. 男 女 半 々

● 処 遇 条 件 ;

1. 基 準 明 示 群

2.ラベル 群

3. 統 制 群


(2) 被 験 者 ;

(3) 手 続 き;

4 歳 児 ,5 歳 児 各 30 名 計 60 名

プリテスト↔ 訓 練 ↔ポストテスト


遅 延 テスト( 転 移 課 題 )


転 移 課 題

刺 激 材 料 例


mean score (max=16 )

実 験 結 果

交 互 作 用 が 有 意 (↕5 歳 児 ラベル 群 の 向 上 )

16

14

12

10

8

6

4

rule gr.

label gr.

control gr.

2

0

4- year- olds 5- year- olds

age


ラベル 群 の 理 由 づけの 多 様 性

5 歳 児 4 歳 児

●でっかいから

● 角 が 伸 びてて 鼻 が 伸 び

てて,でっかいから

● 尻 尾 が 長 くてでっかい

● 大 きくて 幅 が 大 きいから

● 大 きい 動 物 だからだと 思 う

● 背 が 高 いから

● 首 が 長 いし 背 が 高 くて

大 きいから

●おっきめだから

● 大 きくて 強 そうだから

▲お 目 々が 黒 いから

▲お 顔 が 似 てるから

▲2 頭 だから

▲ 象 だから

▲お 馬 だから

▲ 動 物 だから

▲ 覚 えてたから

●おっきい 方 が1 頭 2 頭 だよ

●おっきいもん


結 論

1. 意 味 カテゴリーの 分 化 の 基 準 が 複 雑 な

助 数 詞 の 獲 得 は 遅 れる.

2. 意 味 カテゴリーの 分 化 の 時 期 に 付 与

ルールについての 自 覚 化 が 可 能 になる.

3. 意 味 カテゴリーの 分 化 の 時 期 に 助 数 詞 が

付 与 されるのを 聞 くだけでルールが 抽 出 される.

4.ルールの 抽 出 は 知 覚 的 次 元 (→ 分 類 学 的 )

に 基 づく.


漸 進 的 な 構 造 化

● 知 覚 ベースから 関 係 構 造 ( 因 果 関 係 )へ

(Gentner & Medina, 2000)

( Imai, Gentner & Uchida, 1994)

●「 擬 人 化 」“ 人 間 アナロジー”


類 似 性 制 約 や 蓋 然 性 制 約

(Inagaki & Hatano, 1987; 1990etc.)


結 果 のまとめ

1. 意 味 基 準 が 複 雑 な 中 国 語 助 数 詞

の 獲 得 は 遅 れる

★カテゴリー 形 成

2. 典 型 的 な 助 数 詞 から 先 に 獲 得 される

★ 経 験 ( 既 有 知 識 )

.

3. 助 数 詞 付 与 ルールの 生 成 と 自 覚 化

は 軌 を 一 にして 進 行 する

★ 認 知 と 言 語 の 絡 み 合 い


問 への 答

【 問 】 認 知 的 カテゴリーの 形 成 が 先 か?

それとも 文 法 クラスが 先 か?

【 答 】 双 方 が 循 環 的 に 強 化 しあう 過 程 で

「 助 数 詞 付 与 ルール」が 生 成 され、

転 移 の 可 能 性 が 拡 大 する。

★ 非 典 型 事 例 についての 社 会 文 化 的 な

慣 用 を 経 験 から 学 ぶようになる。


言 語 ・ 認 知 発 達 研 究 の8つの 法 則

1. 不 思 議 !→Research Questionの 明 確 化

2. 被 験 者 の 選 定 ⇆パラダイムの 決 定

3. 条 件 の 等 質 性 の 確 保

4. 豊 かなプロトコルデータ 採 集 の 工 夫

5. 快 感 情 喚 起 の 場 面 設 定

6. 実 験 計 画 に 対 応 させたデータ 解 析

7. RQに 応 える 質 的 データの 読 み 取 りの 技 法

8. 事 実 (データ)に 基 づく 議 論 展 開 と 結 論


To be continued.....

Weitere Magazine dieses Users
Ähnliche Magazine