富岡 義博 - JAIF 日本原子力産業協会

jaif.or.jp

富岡 義博 - JAIF 日本原子力産業協会

日 本 語

1

安 全 性 向 上 に 向 けた

事 業 者 の 取 り 組 みについて

2013 年 2 月 26 日

電 気 事 業 連 合 会 原 子 力 部 長

富 岡 義 博

The Federation of Electric Power Companies


安 全 性 向 上 に 向 けた 事 業 者 の 取 組 み

2

安 全 確 保 の 第 一 義 的 責 任 を 有 する 事 業 者 として、 世 界 最 高 水 準 の 安 全 性 を

目 指 した 取 組 みを 実 施 していく。

福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 への 対 応

対 策 の 視 点

決 して 二 度 と 今 回 と 同 様 の 事 故 を 起 こさない

「 多 重 化 」と「 多 様 化 」

● 電 源 確 保

電 源 車 等 の 配 備 による 中 央 制 御 室 等 の

電 源 の 確 保

● 冷 却 確 保

消 防 ポンプ 等 の 配 備 による 原 子 炉 や 蒸

気 発 生 器 等 への 供 給 水 の 確 保

● 浸 水 対 策

配 電 盤 、バッテリー、ポンプの 浸 水 対 策

・ 敷 地 内 断 層 の 活 動 性 評 価

・ 周 辺 活 断 層 の 連 動 評 価 ・ 基 準 地 震 動 見 直 し

世 界 最 高 水 準 の 安 全 性 を 目 指 した 対 応

目 指 すべき 目 標

世 界 最 高 水 準 の 安 全 性 を 確 保

1 安 全 性 向 上 対 策 の 拡 大

技 術 的 知 見 30 項 目 の 対 策 を 含 めたシビアアクシ

デント 発 生 防 止 ・ 影 響 緩 和 対 策 への 取 組 み 等

2 安 全 性 向 上 対 策 のチェック・レビュー

政 府 事 故 調 をはじめとした 各 事 故 調 査 報 告 書 に

おける 指 摘 事 項 の 検 討 及 び 対 応

3 安 全 性 向 上 対 策 のさらなる 推 進

安 全 性 向 上 対 策 を 継 続 的 に 推 進 するための 仕 組

みとしてJANSIを 設 立

The Federation of Electric Power Companies


福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 への 対 応

3

地 震 による 影 響

○ 地 震 発 生 により 原 子 炉 は 正 常 に 自 動 停 止

● 地 すべりによる 送 電 鉄 塔 の 倒 壊 等 により 外 部 電 源 が 喪 失

○ 非 常 用 ディーゼル 発 電 機 は 全 て 正 常 に 自 動 起 動

○ 原 子 炉 の 冷 却 に 必 要 な 機 器 は 正 常 に 動 作

津 波 による 影 響

● 非 常 用 ディーゼル 発 電 機 、 配 電 盤 、バッテリー 等 の 重 要 な 設 備 が 被 水

● 海 水 ポンプが 損 壊 し、 最 終 ヒートシンクが 喪 失 ( 原 子 炉 冷 却 機 能 喪 失 )

● 全 交 流 電 源 ( 外 部 電 源 + 非 常 用 ディーゼル 発 電 機 )が 喪 失

全 交 流 電 源 喪 失 、 最 終 ヒートシンク 喪 失 が 長 期 に 亘 り 継 続 し、 燃 料 の 重 大 な 損 傷 、 格 納 容 器 の 破 損 など 深 刻 な 事 態 に 陥 った

安 全 確 保 対 策

「 多 様 化 」と「 多 重 化 」

電 源 確 保

冷 却 確 保

( 水 源 確 保 )

浸 水 対 策

The Federation of Electric Power Companies


これまでに 取 り 組 んだ 諸 対 策 (PWRの 例 )

4

浸 水 対 策

扉 のシール 施 工

原 子 炉 格 納 容 器

大 気 放 出

3 放 射 性 物 質 を 含 まな

い 蒸 気 を 大 気 に 放 出

バッテリー

中 央

制 御 室

1 監 視

原 子 炉 容 器

加 圧 器

蒸 気

蒸 気 発 生 器

水 水

タービン

発 電 機

燃 料

電 源 確 保

空 冷 式 非 常 用

発 電 装 置 等 による

電 源 の 確 保

蒸 気 発 生 器 直 接

給 水 ポンプの 設 置

浸 水 対 策

扉 のシール 施 工

The Federation of Electric Power Companies

P

2 蒸 気 で 駆 動 する

ポンプで 給 水






給 水 ポンプ

タービン 動 補 助 給

水 ポンプ

循 環 水

ポンプ

水 源 確 保

復 水

タンク

放 水 路 へ

冷 却 水 ( 海 水 )

淡 水

タンク

消 防 ポンプ 等 による 給 水 の 確 保


これまでに 取 り 組 んだ 諸 対 策 (BWRの 例 )

5

浸 水 対 策

・ 防 潮 堤 / 防 波 堤 の 設 置

・ 建 屋 扉 ・ 配 管 貫 通 部 等 の 改 造 、 シール 施 工

空 調 装 置

電 源 確 保

電 源 車 、 空 冷 式 電 源

設 備 等 の 配 備

中 央 制 御 室

監 視 計 器

冷 却 確 保

代 替 注 水 ポンプ

の 多 様 化

バッテリー

原 子 炉 格 納 容 器

水 源 の

多 様 化

原 子 炉 隔 離 冷 却 系

( 蒸 気 駆 動 )

逃 がし 安 全 弁

排 気 筒

大 容 量 送 水 車


大 容 量 送 水 車 、 可 搬 式 熱 交

換 器 等 による 代 替 海 水 冷 却

河 川

タンク

海 水 取 水 ポンプ

復 水 タンク

( 水 源 )

電 動

ポンプ

※1

余 熱 除 去 系

機 器 冷 却 水 系

)

原 子 炉

タービンへ

圧 力 容 器

The Federation of Electric Power Companies

ベント 弁

格 納 容 器 ベント

の 信 頼 性 強 化

現 場 操 作 用 の 資

機 材 配 備 、 手 順

策 定 及 び 訓 練


継 続 的 な 設 備 ・ 運 用 面 の 改 善 ( 大 飯 3、4 号 機 PWRの 例 )

6

継 続 的 な 設 備 ・ 運 用 面 の 改 善 として、 中 長 期 的 にフィルタベントの 設 置 や 免 震 事

務 棟 の 設 置 、 防 波 堤 のかさ 上 げなどを 実 施 していく。

■フィルタベントの 設 置

長 期 的 避 難 区 域 の 極 小 化 (2015 年 度 )

■ 水 素 爆 発 防 止 対 策

・ 静 的 触 媒 式 水 素 再 結 合

装 置 の 設 置 (2013 年 度 )

フィルタ

空 気 、

水 蒸 気

■ 免 震 事 務 棟 の 新 設 (2015 年 度 )

(イメージ)

■ 発 電 所 アクセス 道 路 の 整 備

( 中 長 期 )

水 素 、 空 気 、 水 蒸 気

■ 送 電 線 の 強 化

( 建 替 など 中 長 期 で 対 応 )

■ 防 波 堤 のかさ 上 げ(2013 年 度 )

▼ 海 水 面

既 設 消 波

ブロック 等

既 設 セル 護 岸

防 潮 堤 他 高 さ

• 放 水 路 ピット:T.P.+15m

• 防 波 堤 : T.P.+8m

• 取 水 設 備 周 り:T.P.+6m

The Federation of Electric Power Companies


米 国 B.5.bへの 対 応 について

7

• 事 業 者 は、 震 災 後 速 やかに 緊 急 安 全 対 策 を 講 じ、 電 源 、 最

終 的 な 除 熱 機 能 、 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 の 冷 却 を 確 保 した。

• B.5.bは、 爆 発 、 火 災 等 によるプラントの 広 範 囲 な 損 傷 に 対

し、 炉 心 冷 却 、 閉 じ 込 め、 使 用 済 燃 料 貯 蔵 プール 冷 却 に 必

要 な 安 全 機 能 の 維 持 ・ 回 復 を 図 る 米 国 規 制 要 求 。

これを 受 けた 米 国 産 業 界 ガイドライン(NEI 06-12)は、 震 災

後 公 表 された。

• また、 米 国 産 業 界 は、 福 島 事 故 後 、 自 然 災 害 により 全 プラ

ント 同 時 に 長 期 間 の 交 流 電 源 喪 失 と 最 終 除 熱 機 能 喪 失 が

発 生 した 場 合 に 対 処 する 多 様 かつ 融 通 のきく 影 響 緩 和 能

力 (FLEX 機 能 )を 確 保 するため、NEI 12-06を 策 定 。

• 事 業 者 は、 米 国 産 業 界 ガイドライン(NEI 06-12とNEI 12-

06)を 参 照 し、 緊 急 安 全 対 策 を 活 用 しながら、 手 順 書 作 成

や 設 備 対 応 など 必 要 な 措 置 を 順 次 実 施 中 。

The Federation of Electric Power Companies


原 子 力 緊 急 事 態 支 援 組 織 について (1/2)

• 「 原 子 力 緊 急 事 態 支 援 組 織 」は、 高 い 放 射 線 量 のなかで 事 故 収 束 活 動

にあたる 作 業 員 の 被 ばくを 可 能 な 限 り 低 減 するため、 遠 隔 操 作 可 能 な

ロボット 等 の 資 機 材 を 集 中 的 に 管 理 ・ 運 用 するとともに、 事 故 発 生 事 業

者 が 行 う、 現 場 状 況 の 偵 察 、 空 間 線 量 率 の 測 定 、がれきの 撤 去 などの

緊 急 対 応 活 動 を 支 援 する。

• 事 業 者 は、 自 主 的 ・ 継 続 的 にさらなる 安 全 性 向 上 をめざすものとして、

この 支 援 体 制 をできるだけ 速 やかに 整 備 し、 段 階 的 に 充 実 させる 予 定 。

段 階

2012 年 度 2013 年 度 2014 年 度 以 降

運 用 準 備

▽2013.1.23

専 任 チームによる 運 用

支 援 組 織

による 運 用

8

資 機 材 調 達

ロボット 等 調 達

ロボット 等 の 充 実

維 持 ・ 管 理 ・ 緊 急 時 対 応

資 機 材 (ロボット 等 )の 更 なる 充 実

人 材 育 成

施 設

将 来 像

組 織 運 用 の 検 討 「 原 子 力 緊 急 事 態 支 援 センター」( 日 本 原 電 ) 組 織 の 充 実

各 事 業 者 の

要 員 育 成

将 来 における 支 援 組 織 のあるべき 姿 を 検 討

各 事 業 者 の 要 員 育 成 ( 定 期 的 な 研 修 ・ 訓 練 の 実 施 )

日 本 原 電 「 敦 賀 総 合 研 修 センター」

施 設 の 整 備

The Federation of Electric Power Companies


支 援 組 織

原 子 力 緊 急 事 態 支 援 組 織 について (2/2)

【 平 常 時 】

【 緊 急 時 】

発 災 事 業 者 から 出 動 要 請 の 受 信

9

支 援 組 織 要 員 の 出 動 指 示

事 故 状 況 の 把 握

○ 緊 急 時 の 連 絡 体 制 確 保

○ 要 員 の 訓 練 、 育 成

○ロボット 等 資 機 材 の 維 持 管 理 、

保 守 ・ 改 良

365 日 ・24 時 間

オンコール 待 機

支 援 組 織 要 員 の 参 集

資 機 材 の 選 定 ・ 車 両 への 積 み 込 み

発 災 発 電 所

小 型 ロボット、 小 型 UAV

(イメージ)

屋 内 外 の 情 報 収 集 、 扉 開 閉

【 建 屋 内 or 建 屋 近 傍 】 【 構 内 ( 構 外 )の

無 線 重 機

低 線 量 エリア】

(イメージ)

障 害 物 ・ 瓦 礫 の 撤 去

無 線 中 継 車

(イメージ)

重 機 コントロール 車

(イメージ)

ロボットコントロール 車

(イメージ)

要 員 ・ 資 機 材

の 搬 送

The Federation of Electric Power Companies

要 員 ・ 資 機 材 の 搬 送

発 災 事 業 者 が

指 定 する 場 所

【 発 災 プラントからある 程 度 離 れたエリア】

資 機 材 車

要 員 輸 送 車

○ 資 機 材 、 要 員 の 拠 点

○ 現 地 の 全 体 統 括

現 地 指 揮 車

燃 料 輸 送 車


各 福 島 事 故 調 査 報 告 書 等 の 指 摘 事 項 を 受 けた 対 策

10

< 検 討 対 象 とした 報 告 書 >

1. 政 府 事 故 調 「 東 京 電 力 福 島 原 子 力 発 電 所 における 事 故 調 査 ・ 検 証 委 員 会 」 最 終 報 告 (2012.7.23 公 表 )

2. 国 会 事 故 調 「 東 京 電 力 福 島 原 子 力 発 電 所 事 故 調 査 委 員 会 」 報 告 書 (2012.7.5 公 表 )

3. 東 京 電 力 「 福 島 原 子 力 事 故 調 査 報 告 書 」(2012.6.20 公 表 )

4. 民 間 事 故 調 「 福 島 原 発 事 故 独 立 検 証 委 員 会 調 査 ・ 検 証 報 告 書 」(2012.2.28 公 表 )

5.INPO「 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 における 原 子 力 事 故 から 得 られた 教 訓 」(2012.8 公 表 )

各 報 告 書 については、 事 業 者 として 真 摯 に 受 け 止 め、 内 容 を 十 分 に 確 認 したうえで、 至 らないと

ころは 改 善 するなど、 誠 実 に 対 応 を 行 う。

< 教 訓 の 抽 出 >

‣ 各 社 にて 教 訓 を 抽 出 ( 関 西 電 力 の 例 :83 件 の 教 訓 を 抽 出 )

‣ 得 られた 教 訓 を 各 社 持 ち 寄 り、 全 社 で 情 報 共 有

‣ 他 社 で 抽 出 された 教 訓 を 参 考 に 自 社 分 に 不 足 がないかを 確 認

< 今 後 の 対 応 >

‣ 教 訓 だけにとどまらず、 各 社 が 検 討 した 対 策 についても 継 続 的 に 情 報 共 有 し、 良 好 事 例 の

水 平 展 開 を 実 施

The Federation of Electric Power Companies


安 全 性 向 上 対 策 のさらなる 推 進 ~JANSIの 設 立 ~

11

原 子 力 安 全 推 進 協 会 (JANSI)の 設 立

2011 年 3 月 の 福 島 事 故 を 踏 まえ、シビアアクシデント 対 策 を 含 む 原 子 力 発 電

所 の 安 全 性 を 一 層 向 上 させることを 目 的 に、 日 本 原 子 力 技 術 協 会 (JANTI)を 解

消 し、より 高 度 な 安 全 性 を 目 指 して 事 業 者 をけん 引 していくJANSIを2012 年

11 月 15 日 に 設 立 。

ミッションと 活 動 のポイント

原 子 力 発 電 所 の 安 全 性 向 上 のためには、 事 業 者 自 らが、 自 主 的 かつ 継 続 的 に 安

全 性 向 上 に 取 り 組 み、 世 界 最 高 水 準 の 安 全 性 を 不 断 に 追 求 することが 必 要 。また、

この 安 全 性 向 上 活 動 が、 事 業 者 の 独 りよがりにならず、 絶 えずこれを 別 の 立 場 で

評 価 する 仕 組 みが 不 可 欠 。

JANSIは、 技 術 評 価 において 事 業 者 の 意 向 に 影 響 されない 独 立 性 の 仕 組 み・ 体

制 を 構 築 し、 事 業 者 に 対 して 客 観 的 に 評 価 、 提 言 ・ 勧 告 を 行 うと 共 に、それに 基

づき 事 業 者 の 原 子 力 安 全 性 向 上 活 動 の 支 援 を 行 うことで、 我 が 国 全 体 の 原 子 力 安

全 レベルを 引 き 上 げていく。

ミッション : 日 本 の 原 子 力 産 業 界 における、 世 界 最 高 水 準 の 安 全 性 の 追 求

~たゆまぬ 最 高 水 準 (Excellence)の 追 求 ~

The Federation of Electric Power Companies


JANSIの 実 効 性 を 高 める 仕 組 み

12

1

技 術 評 価 の 独 立 性

3

海 外 機 関 との 連 携

【 国 際 アドバイザリー 委 員 会 】

【JANSI 代 表 】

・ 発 電 所 評 価 結 果 の 判 断

・ 提 言 、 勧 告 の 判 断

代 表 が 提 言 ・ 勧 告

【 事 業 者 社 長 会 議 】

・INPO,WANO,EDF 等 のCEOとの

意 見 交 換

【 技 術 評 価 委 員 会 】

・ 国 内 外 専 門 家 による 代 表 への

技 術 提 言

・ 全 電 力 社 長 参 加

・4 回 / 年 目 処

2

事 業 者 社 長 のコミットメント

The Federation of Electric Power Companies


世 界 最 高 水 準 の 安 全 性 を 目 指 した 取 組 み

13

JANSIとともに、 安 全 性 向 上 対 策 を 自 主 的 かつ 継 続 的 に 進 め、 世 界 最 高 水 準 の 安 全 性 を 目 指 す。











福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 のように、 設

計 想 定 を 越 える 津 波 により、3つの 機

能 ( 全 交 流 電 源 、 海 水 冷 却 機 能 、 使

用 済 燃 料 プール 冷 却 機 能 )を 全 て 喪

失 したとしても、 炉 心 損 傷 等 を 防 止

震 災 前

地 震 動 ・ 津 波 高 さ

などの 設 計 想 定

に 基 づく 安 全 設 計

を 実 施

緊 急 安 全 対 策

○ 電 源 の 確 保

電 源 車 等 の 配 備

○ 冷 却 手 段 の 確 保

消 防 ポンプ 等 の 配 備

○ 浸 水 対 策

配 電 盤 ・バッテリー・ポンプ

の 浸 水 対 策

ストレステストで

定 量 的 に 確 認

世 界 最 高 水 準

・ 国 内 外 の 優 良 事 例 、

新 知 見 の 反 映

さらなる (JANSIが 牽 引 )

安 全 性 向 上 に

向 けた 自 主 的 取 り 組 み

○ 止 める 機 能

・ 充 てんポンプ 自 冷 化 によるほう 酸 水 注 入 他

○ 冷 やす 機 能

・ 高 圧 注 水 系 の 強 化 他

○ 閉 じ 込 める 機 能

・ 格 納 容 器 トップヘッドフランジ 冷 却 用 の 注 水 設 備 設 置

・ 静 的 触 媒 式 水 素 再 結 合 装 置 の 設 置 他

○ 共 通

・ 空 冷 式 非 常 用 発 電 装 置 配 備

・ 可 搬 式 代 替 直 流 電 源 設 備 の 設 置

・ 代 替 UHSSの 配 備 ( 車 載 代 替 UHSS、 可 搬 式 代 替 海 水 ポンプ)

・フィルタ 付 ベント 設 備 の 設 置

・ 緊 急 時 対 策 所 ( 免 震 )の 設 置 他

緊 急 安 全 対 策

(2011 年 4 月 )


ストレステスト

(2011 年 7 月 ~)


The Federation of Electric Power Companies

現 在


新 安 全 基 準 施 行

(2013 年 7 月 予 定 )


14

Thank you very much

for your attention

The Federation of Electric Power Companies

More magazines by this user
Similar magazines