取扱説明書 - Rossmax

rossmax.com

取扱説明書 - Rossmax

Model: RA500

取 扱 説 明 書

www.rossmax.com

製 品 のご 使 用 の 前 に、 本 マニュアルを 必 ずお 読 みく

ださい。また、 本 マニュアルを 是 非 保 管 ください。

RA500 赤 外 線 放 射 耳 式 体 温 計

JA

ROSSMAX 製 の 赤 外 線 放 射 耳 式 体 温 計 は 正 確 で 安 全 な 体 温 測

定 がしかも 速 くできるように 開 発 されています。

本 体 温 計 は 非 侵 襲 的 であり、 大 人 や 子 供 において 耳 道 から 体

温 を 測 定 するための 赤 外 線 放 射 検 出 器 を 使 用 します。

• 本 赤 外 線 放 射 耳 式 体 温 計 の 品 質 が 確 認 されており、EC 閣

僚 理 事 会 医 療 機 器 指 令 93/42/EECの 附 録 所 1の「 必 須 要

求 事 項 」および「 適 用 すべき 整 合 企 画 」に 準 拠 していま

す。EN12470-5に 準 拠 : 2003 年 、 体 温 計 、 第 5 部 : 赤 外 線

耳 用 体 温 計 の 性 能 ( 最 大 装 置 付 き

• この 体 温 計 は、 耳 の 温 度 を" 口 腔 の 体 温 と 同 じ 測 定 値 "で 表

示 されます。( 臨 床 的 試 験 を 通 した 結 果 )

検 温 部

「Start」ボタン

液 晶 ディ

スプレイ

液 晶 ディスプレイ

・ 測 定 可 能 であり


「ON/OFF/Memory」

ボタン

バッテリー

°C/°F 目 盛 り

体 温 表 示

バッテリ

カバー

・ 電 池 アイコンが 表 示 された 場 合 、 電 池 を 交 換 してくだ

さい。

RA500 赤 外 線 放 射 耳 式 体 温 計 のご 利 用 方 法

1. 正 確 な 測 定 結 果 を 取 得 するには、 毎 回 の 耳 道 が 清 潔 であるこ

とを 確 認 してください。

2. 「On/Off/Memory」 ボタンを 押 します。 耳 アイコンの 点 滅

が 止 まり、ビープ 音 が2 回 鳴 った 後 に、 体 温 計 が 使 える 状 態 に

なります。

3. 徐 々に 耳 を 後 ろに 引 いて、 外 耳 道 をまっすぐにし、 検 温 部 をぴ

ったりと 外 耳 道 の 中 に 収 め、 正 確 な 読 みを 得 るために 鼓 膜 の 方

に 狙 いをつけます。

4. 耳 の 体 温 を 測 定 します。 人 さし 指 を 使 って、トリガーしま

す。 ビープ 音 が 聞 こえるまで、「Start」ボタンを 下 げたまま 待

ちます 。

5. POWER( 電 源 )OFF: 電 池 の 寿 命 を 長 持 ちさせるために、 体 温

計 が1 分 以 上 アイドル 状 態 になると 自 動 的 にOFFとなります。

または、「On/Off/Memory」ボタンを3 秒 間 押 すと、 体 温 計 が

OFFとなります。

6. 熱 アラーム: 測 定 した 体 温 が 37.5℃(99.5℉)より 高 い 場 合 、 表

示 が 点 滅 し、 短 いビープ(ピ、ピ、ピ、ピ)が4 回 鳴 ります。

測 定 した 体 温 が 42.2℃(108.0℉)より 高 い 場 合 、 表 示 が「Hi」と

なり、 短 いビープ(ピ、ピ、ピ、ピ)が4 回 鳴 ります。

a. 同 じ 耳 で3 回 測 定 することを 推 奨 します。 3 回 の 測 定 値 が

異 なっていれば、 最 高 の 体 温 を 選 びます。

b. 二 次 感 染 の 危 険 性 を 防 ぐため、 使 用 後 には、「 手 入 れと

清 掃 」のセクションに 従 って、 検 温 部 を 清 掃 してくださ

い。

スキャニング モード

継 続 的 に 他 の 測 定 結 果 が 得 られる 場 合 、スキャニング モードを

使 って 測 定 を 推 奨 します。

耳 の 温 度 測 定 : 人 さし 指 を 使 って、トリガーします。「Start」ボ

タンを3 秒 間 押 して 測 定 して 下 さい。 測 定 を 行 う 間 に、 検 温 部 を

左 右 に 動 かしながら、 全 体 の 外 耳 道 を 見 たり、 最 高 の 温 度 を 探 し

て 下 さい。 長 いビープ 音 が 聞 こえるときに「Start」ボタンを 放

せば、 測 定 は 完 了 します。

ONとOFF 間 のビープ 音 の 切 り 替 え

1. ユニットをOFFにしてください。

2. 「Start」ボタンを 押 したままの 状 態 で、 液 晶 ウィンドウに°Cが

表 示 されるまで「ON/OFF/Memory」ボタンも 押 し 続 けてしてく

ださい。

3. 「ON/OFF/Memory」ボタンを 押 し、ビープ 音 をONからOFFへ 変

更 し、「ON/OFF/Memory」ボタンを 離 してください。

4. ビープ 音 をOFFからONへ 変 更 する 際 も、 同 じ 方 法 をご 使 用 くだ

さい。

°C(Celsius)および°F(Fahrenheit)の 切 り 替 え

表 示 単 位 を°Cから°Fに 変 更 する 方 法 :

1. ユニットをOFFにしてください。

2. 「Start」ボタンを 押 したままの 状 態 で、 液 晶

ウィンドウに°Cが 表 示 されるまで「ON/OFF/

Memory」ボタンも 押 し 続 けてください。

3. 「Start」ボタンを 押 し、°C から °Fへ 変 更 し、

「Start」ボタンを 離 してください。

4. 液 晶 ウィンドウ 表 示 °F から°Cへ 変 更 する 際 も、

同 じ 方 法 をご 使 用 ください。

メモリの 機 能

体 温 測 定 用 に 合 計 9 個 のメモリがセットされています。 体 温 計 が

OFFのとき、 体 温 計 の 読 みが34°C~42.2 °C (93.2 °F~108.0°

F) の 範 囲 内 にあれば、 最 後 の 測 定 データがメモリに 保 存 されま

す。

• もう 一 度 「On/Off/Memory」ボタンを 押 して、 保 存 された 体

温 を 確 かめます。

清 掃 と 保 管

検 温 部 は、 体 温 計 のうちで 最 も 鋭 敏 な 部 品 です。

レンズの 清 掃 時 には、 損 傷 を 防 ぐために、 注 意 して

取 り 扱 ってください。

1. 70%の 濃 度 のアルコールを 浸 した 綿 棒 を 使 って、

検 温 部 の 内 側 のレンズを 清 掃 してください。

2. 少 なくとも5 分 間 、 検 温 部 を 十 分 に 乾 かしてください。

a. 万 一 落 としてしまい 故 障 が 疑 われるは、お 近 くの 販 売 店

にて 点 検 と 調 整 を 受 けて ください。

b. 日 光 を 避 けて 保 管 します。 検 温 部 を 液 体 の 中 に 沈 めては

なりません。

電 池 の 交 換

1. この 装 置 には、リチウム 電 池 (CR2032) が 添 付 されています。

2. 電 池 交 換 を 行 う 前 に、 体 温 計 をOFFにしてください。

3. 電 池 カバーを 開 けます。 装 置 を 手 に 持 って、 小 型 ドライバーで

電 池 を 取 り 出 します。

4. 新 品 の 電 池 を 左 側 の 金 属 フックの 下 に 挿 入 し、カチッと 音 がす

るまで、 電 池 の 右 側 を 押 し 下 げます。

5. 電 池 カバーを 元 の 位 置 に 戻 します。

* プラス(+) 側 を 上 にして、マイナス(-) 側 を 下 にします。

トラブルシューティング

エラーメッセージ 問 題 点 解 決 策

bi-bi-bi

bi-bi-bi

bi-bi-bi-bi

bi-bi-bi-bi

周 囲 温 度 は、10°C~

40°C (50°F~104°

F) の 範 囲 内 にありませ

ん。

システムは 適 正 に 機 能

していません。

装 置 は、 準 備 段 階 で 電

源 が 入 りません。

測 定 された 体 温 は、

42.2°C (108.0°F) よ

りも 高 くなっていま

す。

測 定 された 体 温 は、

34°C (93.2°F) よりも

低 くなっています。

電 池 の 容 量 が 低 下 して

おり、これ 以 上 の 測 定

は 不 可 能 です。

電 池 切 れ: 電 池 アイコ

ンが 常 に 有 効 であり、

測 定 が 不 可 能 です。

体 温 計 を 室 温 で 少 なくとも

30 分 間 、 室 内 に 置 いたまま

にします。 10°C~40°C

(50°F~104°F)

電 池 を 取 り 外 してから、1 分

間 待 ち、 再 度 電 源 を 入 れてく

ださい。 メッセージが 再 度

現 れる 場 合 は、サービスのた

めに 販 売 店 に 連 絡 してくださ

い。

新 品 の 電 池 と 交 換 します。

部 ーの 完 全 性 をチェックし、

新 たに 体 温 を 測 定 します。

検 温 部 がきれいであることを

確 かめ、 新 たに 体 温 を 測 定 し

ます。

電 池 を 交 換 します。

電 池 を 交 換 します。


仕 様 書

温 度 測 定 範 囲 34.0~42.2°C(93.2~108.0°F)

精 度

35.0~42.2°C (95.0~108.0°F) におい

て±0.2°C (0.4°F)、 他 の 範 囲 において

±0.3°C (0.5°F)

作 動 温 度 範 囲 10 ~ 40°C (50~104°F), RH

More magazines by this user
Similar magazines