Views
3 years ago

IPv6対応のための課題 - HOSTING-PRO 2011

IPv6対応のための課題 - HOSTING-PRO 2011

IPv6オンリーサーバでの 問 題 ◆ 現 在 の 一 般 的 な 構 成 クライアントPC NAT ルータ ウェブサーバ DBサーバ IPv4インターネット プライベートIPv4 グローバルIPv4 IPv6 ◆ IPv4 枯 渇 以 降 の 構 成 外 部 到 達 性 が 丌 要 な 部 分 へ プライベートIPv4アドレスを 導 入 クライアントPC NAT ルータ ウェブサーバ DBサーバ IPv4インターネット 容 易 トランスレータ IPv6を 利 用 困 難 トランスレータ クライアントPC ルータ IPv6インターネット HOSTING-PRO 2008 ISP 対 応 範 囲 ウェブサーバ Copyright ©2008, Intec NetCore, Inc., All rights reserved. DBサーバ

トランスレータとその 制 限 IPv4とIPv6の 変 換 装 置 NAT 装 置 によるIPv4のプライベートとグローバルの 変 換 と 似 ている 双 方 向 で 対 応 するためにはアドレス 空 間 が 同 じ 必 要 がある ホスティング 側 に 設 置 するトランスレータでは 無 理 がある ただしトランスレータですべての 通 信 を 変 換 することは 困 難 IPアドレスをデータで 持 つアプリケーションなど ◆ トランスレータ 装 置 (ホスティング 側 ) アドレス 変 換 テーブル ◆ トランスレータ 装 置 (エンドユーザ 側 ) アドレス 変 換 テーブル IPv6 IPv4グローバル IPv6 IPv4プライベート 2001:db8::1 219.118.99.1 2001:db8::1 192.168.0.1 IPv6 グローバルIPv4 IPv6 プライベートIPv4 ※ 数 個 のIPv4グローバルではIPv6をすべて 対 応 させることは 丌 可 能 IPv4プライベートなら 自 由 に 使 える 空 間 が 多 少 広 いため 完 全 ではないが 対 応 可 能 HOSTING-PRO 2008 Copyright ©2008, Intec NetCore, Inc., All rights reserved.

スプリングバック説 - 筑波大学 大学院 構造 エネルギー 工学専攻
医療分野における統計データ活用の現状と課題(PDF形式:637KB)
「無障礙設施與你」課程推出加強版內容 - Equal Opportunities ...
単位水量の測定方法の違いによる 誤差について - Sound
2011.6、海外電力調査会 電力国際協力センター - インドネシアの電力事情
信州大学・長野高専 - 新技術説明会
― 課題 差集合巡回符号エラー訂正回路の設計 ― Design ... - CQ出版社
地質調査資料整理要領(案) 説明会 - 日本建設情報総合センター
2012年6月15日 13:00∼17:00 JST東京別館ホール - 新技術説明会
2012年11月9日 10:30∼16:40 JST東京別館ホール ... - 新技術説明会
大学発のライセンス可能な特許(未公開出願を含む) - 新技術説明会
日本青少年危険行動調査 2011 Japan Youth Risk ... - 野津有司研究室
日本語-英語版 - 内閣府
お茶の水女子大学・関西学院大学 - 新技術説明会
1.高齢社会の姿 - 国際長寿センター
いよいよ本番! IPv6ホスティングで広がる未来 - HOSTING-PRO 2011
京都外国語大学 Library Guide 2005
音響論壇雜誌Meridian DSP7200 - 功學社音響KHS AUDIO
ALPS 2011 - 慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究 ...
表紙・裏表紙・説明 - ISAS - 宇宙航空研究開発機構
平成25年3月期 決算説明資料 - マーチャント・バンカーズ
経営方針説明 - Fujitsu
DNS逆引き登録は必要か? - JANOG
2012年9月4日 10:30∼15:50 JST東京別館ホール ... - 新技術説明会
2012年7月3日 12:40∼16:30 JST東京別館ホール - 新技術説明会
ハンドヘルド地雷探査装置ALISの説明 - 東北大学
B3-1 リラクゼーションのための呼吸誘導装置の開発に向けて
A+A 2013(国際労働安全機材・技術展)日本語パンフレット - メッセ ...
ARCserve r16.5シリーズ製品間の連携機能を利用する場合
講義スライドPDFファイル - 東京大学 進化認知科学研究センター