発表資料 - キヤノングローバル戦略研究所

canon.igs.org

発表資料 - キヤノングローバル戦略研究所

CIGS 第 3 回 海 洋 シンポジウム

「 海 洋 立 国 への 新 たなる 展 開 」

大 水 深 ・サブシー 事 業 へのチャレンジ

平 成 24 年 12 月 18 日

新 日 鉄 住 金 エンジニアリング㈱

戦 略 企 画 センター

海 底 資 源 開 発 事 業 推 進 部 長 坂 本 隆


目 次

1. 世 界 の 主 要 海 洋 石 油 開 発 マーケット

2. 大 水 深 海 域 における 開 発 例

3.サブシーシステムによる 海 洋 石 油 ・ガス 開 発

4. 世 界 の 海 洋 産 業 育 成 状 況 と 日 本 の 課 題

5. 日 本 の 海 洋 石 油 開 発 関 連 産 業 育 成 のために

6.まとめ

2


1. 世 界 の 主 要 海 洋 石 油 開 発 マーケット

1 北 海

太 平 洋

大 西 洋

太 平 洋

3メキシコ 湾

4 ブラジル

2 西 アフリカ

5アジア 太 平 洋 州

3


各 地 域 のマーケット 状 況 その1

1 北 海

・ 成 熟 化 しており、 今 後 成 長 するマーケットではない

・Satelliteプロジェクト(Subsea WellをFlowline/Umbilicalで WllをFl li lで 既 設 生 産 設 備 に

繋 ぎ 込 む)を 中 心 に、 小 型 のサブシー 工 事 が 定 常 的 に 発 生

・ 北 海 最 大 手 のOperator Statoilは、Frame Agreementを 締 結 した

限 定 されたContractorのみ 入 札 に 招 へい

2 西 アフリカ

・ 巨 大 EPCIプロジェクト(10~20 億 $ 規 模 で 多 種 多 様 な 作 業 船 が 必 要 )が 中 心

・ 巨 大 EPCIプロジェクトは、 限 定 されたContractor(Saipem、Subsea7、Technip)

による 競 争

・ナイジェリア/アンゴラでの 強 いLocal Content 要 求 と、

現 地 国 の 入 札 プロセスへの 大 きな 影 響 力 、 治 安 問 題

3 メキシコ 湾

・BP 事 故 以 降 の 開 発 の 低 迷

・1980 年 代 後 半 から 開 発 を 進 め、 現 在 2500~3000mの 深 海 開 発 を 実 施

→ 技 術 的 に 世 界 最 先 端 のマーケット

・ 最 大 手 のOperator BPは、Contractorを 格 付 けし、 限 定 されたContractor

のみ 入 札 へ 招 へい

EPCI: Engineering, Procurement, Construction and Installation

FPSO 等 の 海 洋 石 油 ・ガス 生 産 設 備 を、 設 計 から 資 材 調 達 、 建 造 、 据 付 、 試 運 転 までを 一 括 にて 石 油 開 発 会 社 に 提 供 するサービスのこと

4


各 地 域 のマーケット 状 況 その2

4 ブラジル

・ 成 長 マーケットであり、 国 営 Petrobras、 現 地 新 興 石 油 会 社 OGXを

中 心 とした 積 極 的 な 開 発 計 画

・ 強 いLocal Content 要 求 ( 国 内 建 造 のブラジル 船 籍 優 遇 、75~100%

ローカルクルー 要 求 等 )

→ブラジル 人 のTrained Engineer、Personnelの 払 底 により、 人 の 確 保 ・

教 育 が 事 業 にクリティカル

・ 先 発 各 社 が 事 業 基 盤 確 立

5 アジア 太 平 洋 州

・アジア 地 区 のコンタラクターから 見 ると、 比 較 的 参 入 しやすい 地 域

・ 課 題 は、 現 時 点 ではアジア 太 平 洋 州 の 深 海 需 要 は 件 数 / 規 模 ともに

未 だ 充 分 大 きくないこと

5


2. 大 水 深 海 域 における 開 発 例

プロジェクトの 典 型 例 (その1)

Flex Pipeline Project ← FPSOを 使 う 原 油 開 発 の 典 型 的 な 例

Flowline、Riserともに

Flexible Pipe

Flexible Pipe

Reelに 巻 かれたFlex Pipe

Flexible Pipe

FPSO (floating production, storage and offloading): 浮 体 式 生 産 貯 蔵 積 出 設 備

6


プロジェクトの 典 型 例 (その2)

Rigid Pipeline Project(Export PLを 含 むケースあり) ← ガス 開 発 に 多 い

Flowline、Riserともに

Rigid Pipe

Rigid Steel Pipe

Export Pipeline

SCR: Steel Catenary Riser

7


プロジェクトの 典 型 例 (その3)

Rigid Pipe 主 体 + Flex Project ← 長 いFlowlineを 伴 うFPSO 使 用 プロジェクト, 等

Flexible Pipe

MainのFlowlineはRigid Pipe、

RiserのみFlexible Pipe

Dynamic Riser

Riser Base

Rigid Steel Pipe

8


3.サブシーシステムによる 海 洋 石 油 ・ガス 開 発

FPSO

Host Facility;

生 産 ガス・ 石 油 の 洋 上

一 次 処 理

及 び 貯 蔵 ・ 出 荷 設 備

(FPSOの 他 TLP、FPUなどの 浮 体 )

URF(Umbilical, Riser, Flowline);

生 産 ガス・ 石 油 の 移 送 設 備

Riser

Subsea Production System(SPS);

海 底 に 設 置 される 生 産 設 備

Subsea System

Flowlineli

Umbilical

Manifold

Subsea Tree

FMC 社 HPに 加 筆

9


大 水 深 域 における 海 洋 開 発 の 特 徴

○ 大 水 深 への 対 応

◆ 固 定 式 プラットフォーム(ジャケット 等 )の 限 界

◆ 浮 体 式 プラットフォーム(FPSO、セミサブ 等 )の 必 要 性

⇒ 韓 国 造 船 業 界 の 圧 倒 的 競 争 力

○サブシー(SURF)への 対 応

◆ 海 底 設 置 機 器 (S)

◆アンビリカル(U)

◆ライザー(R)

◆フローライン(F)

◆ 海 洋 施 工 (EPC)

主 力 欧 米 系 メーカーによる 寡 占 状 況

日 系 メーカーの 新 規 参 入 は?

大 手 マリコンは 世 界 市 場 に 対 応 する

Global 企 業 ( 作 業 船 は 自 航 能 力 有 )

日 系 マリコンの 育 成 は?

Technip / Deep Blue Sapura 3000

10


大 水 深 ・サブシー 開 発 による 生 産 予 測

Oil Supplyの 予 測

・ 深 海 域 での 増 加

・ 浅 海 域 での 減 少

Gas Supplyの 予 測

・Offshoreでの 急 成 長

浅 海 域 のOil

生 産 量 のピーク

・Douglas-Westwood 社 Oil & Gas 生 産 予 測

11


石 油 ・ガス 開 発 の 流 れ

複 数 コンセプト 案 最 適 コンセプト 案

資 源 探 査 の 比 較 検 討 の 検 討 & プロジェクト 操 業

& 発 見 & 提 案 FEED EPC 実 行 & メンテナンス

Phase 1 Phase 2

Phase 3 Phase 4 Phase 5

資 源 探 査

& 発 見

複 数 コンセプト 案

の 比 較 検 討

& 提 案

Pre-FEED

( 最 適 コンセプト 案 )

ITB &

Award

操 業 &

メンテナンス

FEED

フィージビリティ

スタディ

コンセプト 案

の 選 択

長 納 期 品 の 特 定 &

調 達 方 針 の 策 定

EPCの 実 行

(プレコミ 含 む)

開 発 後 の

投 資 効 果

調 査

事 業 化 判 断

操 業 開 始 前

検 査 &

操 業 開 始

開 発 会 社 開 発 会 社 Drilling 会 社

開 発 会 社

Drilling 会 社

エンジ 会 社

コントラクター

FEED (Front End Engineering Design): 概 念 設 計 ・FSの 後 に 行 われる 基 本 設 計

ITB(Invitation to Bid): 入 札 告 示

12


深 海 開 発 マーケットの 特 徴

(1) 海 洋 石 油 ・ガス 開 発 トレンド

浅 海 開 発 - 成 熟 市 場

National Oil Companyによる 囲 い 込 み、 自 国 企 業 優 遇 策

深 海 開 発 - 拡 大 市 場

新 規 市 場 での 探 鉱 ・ 開 発 活 性 化 ( 特 にブラジル、アフリカ)

(2) 日 系 資 源 開 発 会 社 の 動 き

浅 海 開 発 -JX、 出 光 、 三 井 石 油 開 発 等 によるアジア 中 小 規 模 鉱 区 開 発

深 海 開 発 -1INPEXによる 大 規 模 開 発 ( 豪 州 /イクシス、インドネシア/

インドネシア/

アバディ 他 )

2JAPEXによる 浅 海 サブシー 開 発 (インドネシア/カンゲアン)

(3) 海 洋 石 油 ・ガス 開 発 関 連 コントラクター

海 洋 石 油 ・ガス 開 発 に 携 わる 日 本 の 民 間 工 事 会 社 、 造 船 会 社 のプレゼンス

は 一 部 例 外 を 除 き 殆 ど 無 いと 言 ってよいのが 実 態 。

大 水 深 ・サブシー 事 業 を 目 指 す 日 本 のコントラクターが 不 在

13


【 参 考 】 国 際 石 油 開 発 帝 石 ( 株 )

イクシスプロジェクト( 豪 州 )の 事 例

水 深 250m 程 度

開 発 コンセプト

国 際 石 油 開 発 帝 石 ㈱HP

14


■ 生 産 開 始 予 定 : 2016 年 末

■ 生 産 量 :

・LNG 年 間 840 万 トン( 日 本 のLNG 年 間 輸 入 量 の1 割 強 )

・LPG 年 間 約 160 万 トン

・コンデンセート 日 量 約 10 万 バレル(ピーク 時 )

■ 権 益 比 率 :

・ 国 際 石 油 開 発 帝 石 (72.805%) オペレーター

・TOTAL (24.000%)

・ 東 京 ガス(1.575%)

・ 大 阪 ガス(1.200%)

・ 東 邦 ガス(0.420%)

■ 開 発 投 資 額 :

・340 億 米 ドル(プロジェクト100%)

国 際 石 油 開 発 帝 石 ㈱HP

15


海 洋 開 発 における 企 業 勢 力 - イクシスプロジェクトでの 事 例

コントラクター その 他 同 業 他 社 国 内 企 業

探 鉱 ( 測 量 )

PGS 社 (ノルウェー)

PGS, Fugro, Western Geco 等

海 外 での 探 鉱 は 限 定 的

全 体 計 画

(FEED 等 )

Drilling

Host Facility

FPSO

陸 上 施 設 -JKC JV

海 洋 -AMEC

( 評 価 )DeGolyer and

MacNaughton

大 宇 ( 韓 )

( 上 載 設 計 ・ 調 達 ;

Technip)

KBR, Worley Parsons,

Technip 等

Transocean, Diamond

offshore 等

SBM, BWOffshore, Prosafe 等

海 洋 施 設 に 関 わるFEED 対 応 可

能 な 国 内 企 業 無 し。

JDCのみ。

MODECのみ。


CPF 三 星 ( 韓 ) Saipem, McDermott 等 国 内 企 業 なし。

SPS GE Oil & Gas( 米 )

FMC, GE, Cameron, Aker 等

一 部 機 器 供 給 のみ。

URF

McDermott( 米 )

Export PL:Saipem( 伊 )

Subsea7, Technip, Saipem 等

NSENGIのみ。ただし、 深 海 対 応

船 を 保 有 せず。

深 海 開 発 工 事 で 先 行 する 欧 米 勢 にほぼ 独 占 されており、 日 本 企 業 は 参 画 できていない。

このままでは 今 後 期 待 される 国 内 海 洋 鉱 区 開 発 についても 実 質 的 なプレイヤーは 欧 米 勢 に 限 定 され、

国 内 企 業 は 目 の 前 の 大 工 事 に 手 も 出 せない 事 態 となる 可 能 性 がある。

16


4. 世 界 の 海 洋 産 業 育 成 状 況 と 日 本 の 課 題

(1) 世 界 の 海 洋 産 業 育 成 状 況

‣ 国 、 資 源 開 発 会 社 、コントラクターが 一 体 となった 資 源 開 発 を 行 う 中 で

自 国 コントラクターを 育 成 。

( 韓 国 ・ 中 国 もエネルギー 政 策 の 一 環 として、 深 海 開 発 に 着 目 して

海 洋 産 業 分 野 の 戦 略 的 な 取 り 組 みを 図 っている)

(2) 日 本 の 課 題

‣ これまで 日 本 には 深 海 開 発 のマーケットがなく ケットがなく、 政 府 資 源 戦 略 による

企 業 支 援 もなかったことから、 深 海 開 発 に 対 応 可 能 な 国 内 企 業 は 非 常 に 限 定 的 。

(All JAPANによる 深 海 開 発 は 現 段 階 では 困 難 )

日 本 においても、 将 来 の 排 他 的 経 済 水 域 の 資 源 開 発 を 睨 み、

国 策 としての 企 業 育 成 強 化 策 が 必 要

17


海 外 企 業 の 育 成 事 例

国 内 開 発 案 件 の 国 内 企 業 による 実 施 を 実 現 するためには、 海 外 の 市 場 で

の 工 事 実 行 による 技 術 的 知 見 の 蓄 積 が 不 可 欠 であるが、このような

大 規 模 設 備 を 民 間 がリスクを 抱 え 投 資 し、 先 行 企 業 の 多 い 市 場 に 参 入 することは

非 常 に 困 難 である。

フランス/Technip 社 も 同 様

1) イタリア/Saipem 社 :

イタリア 国 有 資 源 開 発 会 社 :ENIの 掘 削 ・ 建 設 会 社 として1957 年 に 設 立 。

その 後 1960 年 台 後 半 に 海 洋 施 工 に 進 出 。 積 極 的 な 設 備 投 資 により 世 界 展 開 。

2) 中 国 /COOEC 社 :

中 国 国 有 石 油 開 発 会 社 ( 第 3 位 ) CNOOCの 子 会 社 。

海 洋 開 発 の 設 計 ・ 海 洋 施 工 を 対 応 する 会 社 として2000 年 に 設 立 。

積 極 的 な 設 備 投 資 により 世 界 展 開 を 図 ろうとしている。

18


5. 日 本 の 海 洋 石 油 開 発 関 連 産 業 育 成 のために

(1) 海 洋 基 本 計 画 第 2 期 (2013~2017 年 度 )

国 内 企 業 を 海 洋 石 油 開 発 関 連 産 業 の 一 員 とする 為 の 施 策 具 現 化

1) 国 内 企 業 の 面 する 現 実

・ 現 状 のままでは 海 外 大 水 深 FEED/EPCプロジェクトに 対 し、

実 績 を 持 たない 国 内 企 業 には 参 画 のチャンスなし

・CPF 製 作 : 韓 国 造 船

サブシー 施 工 : 欧 米 系 グローバルマリコン

圧 倒 的 実 績

2) パイロットプロジェクトの 創 出 、 計 画 、および 実 行

・ 深 海 開 発 におけるエンジニアリング 力 の 確 保 、 総 合 力 強 化 に 向 けて

日 本 近 海 におけるパイロットプロジェクトを 計 画 、 推 進 体 制 の 確 立

および、プロジェクト 実 行 により 技 術 力 ・ 開 発 経 験 の 蓄 積 、 産 業 の 育 成

・ 商 業 ベースとなる 日 の 丸 深 海 開 発 プロジェクトの 準 備

実 績 作 り

19


3) 競 争 力 確 保 の 為 の 研 究 開 発 、 設 備 投 資 等 の 支 援

国 の 支 援 は 不 可 欠

< 機 器 、 資 材 >

・ 海 底 機 器 、Flexible Pipe、Umbilicalなどのサブシ Umbilicalなどのサブシー 構 成 資 材 の 国 内 メーカー

による 研 究 開 発 、および 必 要 となる 設 備 投 資 補 助 ・ 支 援 のスキーム 確 立

< 海 洋 施 工 >

・ 必 要 となる 施 工 技 術 開 発 、および 設 備 投 資 補 助 ・ 支 援 のスキーム 確 立

( 施 工 作 業 船 の 獲 得 等 )

国 際 競 争 力 を 得 て

Open Marketへ 進 出

20


(2) 海 洋 基 本 計 画 第 3 期 (2018~2022 年 度 )

国 内 企 業 の 競 争 力 確 保 の 為 の 施 策 具 現 化

1) 国 策 プロジェクトの“ 場 ”での 商 業 ベースへの 移 行

・ 資 源 保 有 国 との 国 際 協 力 を 通 じたAll Japan 鉱 区 の 獲 得 、 開 発 推 進

・ 日 本 周 辺 国 とのJDA(Joint Development Area) 鉱 区 開 発 の 推 進

(3) 海 洋 基 本 計 画 第 4 期 (2023~2027 年 度 )

大 水 深 ・サブシー 開 発 におけるコスト 競 争 力 確 保 、 海 洋 産 業 の 発 展

1) 日 本 近 海 でのサブシー 開 発 、 海 外 への 展 開 ( 商 業 生 産 )

2) GTL/FPSOなど 日 本 独 自 のKey y技 術 による 産 業 育 成

3) メタハイ、 海 底 鉱 物 資 源 などの 他 のEEZ 内 資 源 開 発 への 展 開

21


6.まとめ( 海 洋 開 発 関 連 産 業 の 育 成 のために)

時 期 ステージ 海 洋 基 本 計 画

必 要 な 成 案 の

アウトライン

2010 年


1 競 争 力 確 保 の 為

の 施 策 具 現 化

第 2 期

(2013~17 年 度 )

-パイロットプロジェクト 創 出 、

計 画 、 実 行 による 技 術 力 強 化

- 競 争 力 確 保 の 為 の 研 究 開 発 、

設 備 投 資 等 の 支 援

2 実 戦 の 場 の 提 供

第 3 期

(2018~22 年 度 )

- 国 策 プロジェクトの“ 場 ”での

商 業 ベースへの 移 行

2020 年


大 水 深 ・サブシー

開 発 におけるコスト

競 争 力 確 保 、

海 洋 産 業 の 発 展

第 4 期

(2023~27 年 度 )

- 日 本 近 海 でのサブシー 開 発 、

海 外 への 展 開 ( 商 業 生 産 )

-GTL/FPSOなど 日 本 独 自 の

Key 技 術 による 産 業 育 成

-メタハイ、 海 底 鉱 物 資 源 など

の 他 のEEZ 内 資 源 開 発 への

展 開

22

More magazines by this user
Similar magazines