Views
6 months ago

LAND ROVER マガジン – 第40号

  • Text
  • Tomorrowland
  • Agazine
  • Adventures
  • Limited
  • Alexander
  • Communications
  • Cedar
  • Defender
  • Vista
  • Rover
最新号では、南極探検を控えたふたりの若き冒険家が、DEFENDERを駆ってトレーニングに挑む様子を取り上げています。また、レンジローバー50周年を記念したドバイへの旅もご紹介。数々の発見が、あなたの好奇心をかきたてるでしょう。他、人類の未来を左右する先進テクノロジー開発者たちの話もお楽しみください。

森 林 限 界 を 越

森 林 限 界 を 越 えると、 まばゆいばかりの 純 白 の 雪 原 が 広 がります。 道 なき 道 を 行 く カサマ ーニャ 峰 の 山 頂 を 目 指 し て 、ト レ ッ キ ン グ を 開 始 する 冒 険 家 のドウェ インとフィービー ないのです。」 このような 山 の 中 でDefenderを 走 らせるの は、 素 晴 らしい 体 験 です。Defenderは 、タ イト な つ づら 折 りの 山 道 でも 洗 練 された 走 りを 見 せます。 卓 越 したオフロード 走 行 性 能 のおかげで、 深 い 雪 道 でもその 安 定 性 は 揺 るぎません。ぬかるみ、 深 い 水 たまり、 凍 結 した 路 面 など、ここにはあらゆる 悪 条 件 が 揃 っていますが、そうした 自 然 の 脅 威 か ら 守 られている 安 心 感 があります。 ベースキャンプに 到 着 し、Defenderは50cmほ ど の 雪 を か き わ け て 駐 車 し ま し た 。 静 ま り 返 っ た 森 の 中 、 凍 り つ い た 朝 露 が 輝 い て い ま す 。ド ウ ェ イ ンとフィービーが、Defenderの 広 いラゲッジスペ ースから 装 備 が 詰 まったオフロードバッグを 取 り 出 し ま す 。バ ッ クパ ッ ク、ス ノ ー ブ ー ツ 、ア イ ゼ ン 、ア イスアックス、ウォーキングポール、ブーツといっ た 装 備 をすべて 取 り 出 して、 点 検 を 行 います。 「 南 極 大 陸 は 極 寒 の 地 です。 平 均 気 温 は-15°C から-20°Cで、 常 に 風 が 吹 いています。また、 行 程 のおよそ90%が 上 り 坂 となります」と、ドウェイン は 説 明 します。「どんな 状 況 が 待 ち 構 えているか は、だいたいわかっているつもりです。 初 めて 北 極 に 行 ったときは、 事 前 にスポーツ 心 理 学 者 からサ ポ ート を 受 け て 、 集 中 力 を 高 め た い とき と、 気 を 紛 らわせたいときに 役 立 つテクニックをいくつか 教 え て も ら い ま し た 。」 フィービーもこう 付 け 加 えます。「 必 要 な 装 備 はすべてソリに 載 せて 引 っ 張 ってキャンプ 地 まで 運 びますが、 実 はこうした 探 検 で 大 きな 問 題 とな るのが 退 屈 との 闘 いなのです。それに 対 する 絶 好 のトレーニングになったのが、 先 日 達 成 した40 日 間 の 英 国 走 破 の 旅 でした。この 旅 で 学 んだのは『 何 事 も 難 しく 考 えすぎないこと。 笑 える 余 裕 があ れば 大 丈 夫 』ということでした。 英 国 走 破 を 達 成 したことで 自 信 が 高 まり、 南 極 大 陸 で 何 が 起 こっ ても 対 処 できると 確 信 しました。」 標 高 の 高 いアンドラの 山 中 でのトレーニング は、 南 極 大 陸 でのキャンプの 準 備 にも 役 立 ちま す。スキーリゾートとして 知 られるこの 小 国 は、 山 の 中 でフランスとスペインと 国 境 を 接 し、 国 土 の90%が 森 に 覆 われ、 四 方 を 雪 山 に 囲 まれてい ます。 二 人 が 目 指 すカサマーニャ 峰 は、その 中 で もひときわ 存 在 感 を 放 ちます。この 山 はアンドラ の 渓 谷 部 を 東 西 に 分 ける 位 置 にあり、 山 頂 では 壮 大 なパノラマビューを 楽 しめます。 頂 上 から2 ~300メートル 下 がったポイントが、ドウェインと フィービーの 今 夜 の 野 営 地 です。ピレネー 山 脈 の 荒 々しい 気 候 と 厳 しい 気 温 が 二 人 に 試 練 を 与 えます。 山 頂 に 通 じる 道 の 周 りには、クロマツが 生 い 茂 っています。その 幹 のくぼみから、このあたりに キツツキがいることがわかります。 森 の 上 の 方 で は、チフチャフムシクイが 飛 び 交 っています。 二 人 が 進 むたびに、 雪 を 踏 みしめる 心 地 よい 音 が 耳 に 届 きます。 時 折 その 歩 みを 止 め、 雪 崩 や 落 下 物 に 警 戒 を 払 います。 右 側 に 急 峻 な 渓 谷 が 深 く 伸 び ています。 足 を 一 歩 進 めるたびに、ウォーキングポ ー ル が 雪 に 深 く 突 き 刺 さ り ま す 。 や が て 高 木 が 姿 を 消 し 、ま ば ゆ い ば か り の 純 白 の 雪 原 が 広 がります。このあたりは 吹 き 溜 まり がひどく、 先 頭 を 進 むドウェインが 重 い 足 取 りで、 まっさらな 雪 の 上 に 深 い 足 跡 を 残 していきます。 さらに 先 へと 進 むと、いよいよ 山 頂 が 視 界 に 入 り ます。そしてそのすぐ 下 に、 岩 がたくさん 並 んでい る 場 所 があります。それらの 岩 はそこが 水 平 な 地 面 である 目 印 にもなっています。 今 夜 テントを 張 る 場 所 です。ゴールが 見 えて 元 気 を 取 り 戻 した 二 人 はペースを 速 め、ほどなくして 鞍 部 に 到 着 。 荷 物 を 肩 から 下 ろし、 景 色 に 見 入 ります。 赤 茶 色 の 山 々の 稜 線 が 地 平 を 覆 い、コバルト 色 の 空 に 一 筋 の 飛 行 機 雲 が 伸 びていきます。 遠 く に 見 える 低 い 山 々の 頂 の 周 りにはうっすらとした 雲 が 浮 かび、 暗 緑 色 の 渓 谷 の 上 を1 羽 のシロエリ ハ ゲ ワ シ が 舞 って い ま す 。 息 を の む よう な 美 し い 景 色 が 広 がるこの 場 所 で、 一 晩 を 過 ごします。 33

 

LAND ROVER マガジン

 

最新号では、南極探検を控えたふたりの若き冒険家が、DEFENDERを駆ってトレーニングに挑む様子を取り上げています。また、レンジローバー50周年を記念したドバイへの旅もご紹介。数々の発見が、あなたの好奇心をかきたてるでしょう。他、人類の未来を左右する先進テクノロジー開発者たちの話もお楽しみください。。

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。