CSP および HTML タグ・リファレンス

intersystems.com

CSP および HTML タグ・リファレンス

.............................................................................................................. 72 ......................................................................................................... 74 ..................................................................................................................... 76 ..................................................................................................................... 78 ..................................................................................................................... 80 ..................................................................................................................... 82 ..................................................................................................................... 84 ..................................................................................................................... 86 ................................................................................................................ 88 ..................................................................................................................... 89 ................................................................................................................ 91 ........................................................................................................................ 92 .............................................................................................................. 93 .............................................................................................................. 95 ................................................................................................................... 96 ............................................................................................................... 99 .............................................................................................................. 100 ................................................................................................................... 103 ............................................................................................................. 105 ................................................................................................................ 106 ................................................................................................................. 108 ............................................................................................................... 110 ............................................................................................................... 111 ...................................................................................................... 112 ........................................................................................................... 113 ................................................................................................................... 115 ...................................................................................................... 117 ........................................................................................................... 119 ...................................................................................................................... 121 ............................................................................................................. 123 .................................................................................................................. 124 ..................................................................................................................... 125 ............................................................................................................. 127 ............................................................................................................ 129 ................................................................................................................ 132 ........................................................................................................... 134 .............................................................................................................. 135 .................................................................................................................. 136 .................................................................................................................. 137 ............................................................................................................. 138 ................................................................................................................... 140 ....................................................................................................... 142 ................................................................................................................... 144 ............................................................................................................... 146 .................................................................................................................... 147 ................................................................................................................... 149スタジオ・テンプレート・タグ ............................................................................................ 151 ............................................................................... 152 ............................................................................. 153 ................................................................................... 154ivCSP および HTML タグ・リファレンス


このドキュメントについてこのリファレンスは、すべての CSP カスタム HTML タグと、 通 常 使 用 する 標 準 HTML タグを 一 覧 表 示 しています。 各 タグについて、サポートされている 属 性 の 一 覧 (HTML 標 準 属 性 および 特 殊 な CSP 属 性 ) と 簡 単 な 説 明 があります。HTML に 関 する 詳 細 は、"HTML v4.0.1 Specification" を 参 照 してください。CSP および HTML タグ・リファレンス 1


CSP 指 示 文CSP および HTML タグ・リファレンス 3


##()####()##CSP のコンパイル 時 に 評 価 される 式 です。##(expr)##概 要##()## 指 示 文 により、CSP ページの 本 文 に 式 を 記 述 できます。この 式 は、CSP ソース・ファイルが %CSP.Page クラスにコンパイルされる 際 に、サーバ 上 で CSP コンパイラにより 評 価 されます。 式 の 結 果 は、CSP ページの 実 行 コードの 一 部となります。以 下 は HTML の 例 です。This page was last compiled on ##($ZDT($H,3))##これは、 以 下 と 同 等 です。This page was last compiled on 2002-01-02 13:51:12このページの 要 求 時 にクライアントへ 送 信 される 値 は、ページがコンパイルされた 時 刻 です ( 要 求 された 時 刻 ではありません)。CSP および HTML タグ・リファレンス 5


CSP 指 示 文#INCLUDECSP サーバ 側 の Include 指 示 語 です。属 性一 般 的 な 属 性属 性FILEVIRTUAL説 明インクルードするテキストを 含 むファイル名仮 想 ディレクトリで 始 まるファイル・パス値ファイル 名ブーリアン概 要#INCLUDE 指 示 語 により、 外 部 テキスト 文 書 から CSP ページ 内 にテキストをインクルード ( 組 み 込 み) できます。#INCLUDE の 使 用 例 は、http://localhost/csp/samples/textinclude.csp サンプル・ページを 参 照 してください。サーバ 側 の INCLUDE 指 示 語 により、CSP サーバがファイルを 処 理 する 前 に、 他 のファイルのコンテンツを 挿 入 できます。.csp ファイルに 他 のファイルを 挿 入 するには、 以 下 の 構 文 を 使 用 します。キーワード virtual と file は、ファイルのインクルードに 使 用 されるパスのタイプを 示 します。また、filename には、インクルードするファイルのパスとファイル 名 を 入 力 します。インクルードするファイルに、 特 別 なファイル 名 拡 張 子 は 必 要 ありません。しかし、インクルード・ファイルに .inc 拡 張 子 を 付 けると、 他 のファイル・タイプと 区 別 できるので、プログラミングをする 上 で 便 利 です。仮 想 ディレクトリから 始 まるパスを 指 定 するには、virtual キーワード 使 用 します。 例 えば、Footer.inc という 名 前 のファイルが /Myapp という 名 前 の 仮 想 ディレクトリにある 場 合 、 以 下 は Footer.inc のコンテンツを、この 行 を 含 むファイルに 挿入 します。相 対 パスを 示 すには、file キーワードを 使 用 します。 相 対 パスは、インクルード 先 のファイルを 含 むディレクトリから 始 まります。 例 えば、Myapp ディレクトリにファイルが 存 在 し、Header1.inc ファイルが Myapp\Headers に 存 在 する 場 合 、 以 下の 行 は、Header1.inc のコンテンツをファイルに 挿 入 します。インクルード・ファイルへのパス Headers\header1.inc は、インクルード 先 のファイルを 起 点 とする 相 対 パスです。この#INCLUDE 文 を 含 むスクリプトが、/Myapp ディレクトリに 存 在 しない 場 合 、この 文 は 無 効 です。CSP はインクルード・ファイルへの 変 更 を 検 出 し、そのファイルをインクルードするページを 強 制 的 にリコンパイルします。アプリケーション 構 成 の変 更 により、CSP ページのファイル、もしくは CSP ページ 内 のインクルード・ファイルの 位 置 が 変 更 される 場 合 もあります。したがって、CSP 構 成 が 変 更 されると、すべてのページがリコンパイルされます。インクルード 先 のファイル : ヒントと 注 意インクルードされたファイルは、 他 のファイルをインクルードすることもできます。#include 指 示 語 がループを 形 成 していなければ、.csp ファイルは、 同 じファイルを 複 数 回 含 むこともできます。 例 えば、First.csp ファイルが Second.inc ファイルをインクルードする 場 合 、Second.inc は、First.csp をインクルードできません。また、ファイル 自 身 をインクルードできません。CSP は、スクリプト・コマンドを 実 行 する 前 にファイルをインクルードします。したがって、スクリプト・コマンドを 使6 CSP および HTML タグ・リファレンス


#INCLUDE用 して、インクルード・ファイルの 名 前 を 設 定 することはできません。 例 えば、 以 下 のスクリプトは、CSP が 変 数 名 にファイル 名 を 割 り 当 てる 前 に、#INCLUDE 指 示 語 を 実 行 するため、Header1.inc ファイルをオープンしません。set name=header1_".inc"スクリプト・コマンドとプロシージャは、 必 ずスクリプト 区 切 り 文 字 の と の 間 に 記 述 する 必 要 があります。つまり、スクリプト 区 切 り 文 字 内 にファイルをインクルードすることも、インクルード 先 の .csp ファイル 内 でスクリプト区 切 り 文 字 をオープンし、インクルード・ファイル 内 で 区 切 り 文 字 をクローズすることもできません。スクリプトは、 完 全 なユニットである 必 要 があります。インクルード 指 示 語 は、.csp ファイル 内 と 同 様 に、ルール・ファイルでも 使 用 できます。ルール・ファイルについても、スクリプト 区 切 り 文 字 間 での #INCLUDE 使 用 について 同 様 の 制 限 が 適 用 されます。CSP および HTML タグ・リファレンス 7


CSP タグCSP および HTML タグ・リファレンス 9


CSP タグCSP ページに 対 して 生 成 されるクラスの 詳 細 を 指 定 します。属 性一 般 的 な 属 性属 性DOMAINENCODEDERRORPAGEEXPIRESIMPORTINCLUDESPRIVATESUPER説 明%CSP.Response オブジェクトの Domain プロパティにあるメッセージ・ドメインの 既 定 値このページのクエリ・パラメータを 暗 号 化 するかどうかを 指 定 (0= 暗 号 化 しない、1= 暗 号 化 する、2= 暗号 化 し、 暗 号 化 されていないものを 削 除 )カスタム CSP エラー・ページの 名 前%CSP.Response オブジェクトの Expires プロパティに 対 する 既 定 値インポートされたパッケージのコンマで 区 切 られたリスト生 成 された CSP クラスの、コンマで 区 切 られたインクルード・ファイル・リストページを PUBLIC または PRIVATE に 指 定スーパークラスのコンマで 区 切 られたリスト値文 字 列“0”、“1”、“2”文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列ブーリアン 値文 字 列概 要CSP:CLASS タグは、CSP ページのコンパイル 時 に 生 成 されるクラスの 特 徴 を 指 定 します。特 定 の CSP ページで 複 数 の CSP:CLASS タグを 使 用 している 場 合 、すべてのタグの 累 積 された 属 性 値 が 使 用 されます。 同 じ 属 性 が 複 数 のタグで 表 示 された 場 合 、ページに 現 れた 最 後 のタグの 値 が 使 用 されます。ページのスーパークラス各 CSP ページは、Caché クラスとして 実 装 されます。したがって、1 つ 以 上 のスーパークラスから 振 る 舞 い (メソッド) を 継承 できます。 基 本 的 な CSP ページの 機 能 は、 各 CSP ページの 既 定 のスーパークラスである %CSP.Page クラスから 提供 されます。また、 他 のスーパークラスを 指 定 して、 独 自 の CSP ページで 使 用 できる 専 用 のメソッドを 生 成 できます。これには、CSP:CLASS タグの SUPER 属 性 を 使 用 します。classlist は、コンマで 区 切 られた、 有 効 なクラス 名 のリストです。リストの 最 初 のクラスは、%CSP.Page 、またはこのクラスから 直 接 継 承 するクラスにする 必 要 があります。SUPER 属 性 は、CSP ページのコンパイル 時 に 生 成 されるクラスの Superキーワード 値 を 設 定 します。例 えば、MyApp.MyMethods というヘルパー・クラスを 継 承 する CSP ページを 指 定 するには、 次 のように 記 述 します。これにより、 複 数 の CSP のページで 共 通 に 使 用 する 機 能 を 簡 単 に 実 現 できます。10 CSP および HTML タグ・リファレンス


ページの 可 視 性CSP ページは "パブリック" でも "プライベート" でも 使 用 できます。パブリック CSP ページは 新 規 セッションを 開 始 でき、1 つのセッションの 範 囲 外 でも 有 効 な 永 続 URL を 持 ちます。したがって、ブックマークや、あらゆる Web ページからのリンクが 可 能 です。プライベート CSP ページは、 新 規 セッションを 開 始 できません。1 つのセッション 中 でのみ 有 効 な、コード 化 された URLからアクセスします。したがって、 同 じセッション 内 の 別 の CSP ページからしかリンクできず、ブックマークを 作 成 できません。既 定 では、CSP ページはパブリックです。CSP:CLASS タグの PRIVATE 属 性 を 使 用 すると、CSP ページをプライベートに 設 定 できます。また、ENCODED 属 性 を 使 用 すると、CSP ページの“コード 化 ”を 制 御 できます。ページの 可 視 性 についての 詳 細 は、"Caché Server Pages (CSP) の 使 用 法 " ドキュメントの " 認 証 と 暗 号 化 " セクションを 参 照 してください。Import 指 示 文 と Include 指 示 文CSP ページのコンパイル 時 に 生 成 されるクラスには、IMPORT 属 性 を 使 用 して、1 つ 以 上 のパッケージを 指 定 してインポートできます。同 様 に、INCLUDE 属 性 を 使 用 して、 生 成 されたクラスが 使 用 する 1 つ 以 上 の Caché インクルード・ファイル (.INC) を 指定 できます。CSP および HTML タグ・リファレンス 11


CSP タグCSP コメントの 範 囲 を 指 定 します。...概 要CSP:COMMENT タグは、クライアントに 表 示 されないコメントを 記 述 できます。CSP ページ 内 の HTML コメントは、コンテンツと 共 にクライアントのブラウザに 送 信 されます。ページ 内 に、クライアントに送 信 しないコメントを 記 述 する 場 合 は、CSP:COMMENT タグを 使 用 します。This page could use better error handling!12 CSP および HTML タグ・リファレンス


CSP ページのコンテンツ・タイプを 指 定 します。属 性一 般 的 な 属 性属 性CHARSETNOCHARSETCONVERTTYPE説 明既 定 の charset を 指 定 しますcharset 変 換 を 無 効 にします既 定 のコンテンツ・タイプを 指 定 します値文 字 列“0”、“1”文 字 列概 要CSP:CONTENT タグは、 生 成 されるページに 対 し、 既 定 のコンテンツ 特 性 を 指 定 します。このタグは、 任 意 の CSP ページに 1 度 だけ 指 定 します。コンテンツ・タイプ既 定 では、CSP ページのコンテンツ・タイプは “text/html” です。CSP:CONTENT タグの TYPE 属 性 を 使 用 すると、タイプを 変 更 できます。これにより、CSP ページのコンパイル 時 に 生 成 されるクラスの %CSP.Page CONTENTTYPE パラメータが 設 定 されます。文 字 セットCSP:CONTENT タグの CHARSET 属 性 を 使 用 すると、HTTP 要 求 に 応 答 する 際 に、CSP ページで 使 用 される 既 定 の文 字 セットを 指 定 できます。これにより、CSP ページのコンパイル 時 に 生 成 されるクラスの %CSP.Page CHARSET パラメータが 設 定 されます。NOCHARSETCONVERT 属 性 を 使 用 して、 文 字 セット 変 換 をオフにできます。 詳 細 は、"%CSP.Page" クラス・ドキュメントを 参 照 してください。CSP および HTML タグ・リファレンス 13


CSP タグ現 在 の CSP:WHILE ブロック、または CSP:LOOP ブロックの 次 の 反 復 を 実 行 します。概 要CSP:CONTINUE は、 現 在 の CSP:WHILE ブロックまたは CSP:LOOP ブロックの 次 の 反 復 を 実 行 します。 例 えば、 以 下のようになります。Item #(x)# この 結 果 、 以 下 が 生 成 されます。Item 1Item 314 CSP および HTML タグ・リファレンス


ELSE ブロックの 範 囲 を 指 定 します。......概 要CSP:IF ブロック 内 に 置 かれた CSP:ELSE タグは、 実 行 時 に CSP:IF の CONDITION が False に 評 価 された 場 合 に、このタグと CSP:IF の 終 了 タグにはさまれたテキストを 表 示 するよう 指 定 します。例 えば、 以 下 のようになります。Hello, Jack!Hello, someone who is not Jack!詳 細 は、"CSP:IF" タグを 参 照 してください。スクリプト 言 語 の 指 定CSP:ELSE タグは、 言 語 設 定 が cache か basic かにより、%ELSE と %ELSEBASIC のルールのいずれかを 適 用 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 15


CSP タグELSEIF ブロックの 範 囲 を 指 定 します。......属 性一 般 的 な 属 性属 性CONDITION概 要実 行 時 にサーバ 側 で 評 価 される式値サーバ 側 の 式概 要CSP:IF ブロック 内 に 置 かれた CSP:ELSEIF タグは、 実 行 時 に CSP:ELSEIF の CONDITION が True に 評 価 された 場 合に、このタグと CSP:IF (あるいは、 次 の CSP:ELSEIF または CSP:ELSE) の 終 了 タグにはさまれたテキストを 表 示 するように 指 定 します。例 えば、 以 下 のようになります。Hello, Jack!Hello, Jill!Hello, someone who is not Jack or Jill!詳 細 は、"CSP:IF" タグを 参 照 してください。スクリプト 言 語 の 指 定CSP:ELSEIF タグは、 言 語 設 定 が cache か basic かにより、%ELSEIF と %ELSEIFBASIC のルールのいずれかを 適 用 します。16 CSP および HTML タグ・リファレンス


IF ブロックの 範 囲 を 指 定 します。...属 性一 般 的 な 属 性属 性CONDITION概 要実 行 時 に 評 価 される COS 式値サーバ 側 の 式概 要CSP:IF タグは、 実 行 時 に CONDITION 属 性 に 指 定 されたサーバ 側 の 式 が True に 評 価 された 場 合 に、タグのコンテンツを 表 示 します。CSP:IF には、CONDITION 属 性 が 必 須 です。CSP:ELSEIF タグと CSP:ELSE タグを 使 用 して、 追 加 の 実 行 パスを 指 定 できます。CSP:IF タグを 入 れ 子 にすることもできます。a = 10 and b = 20.CSP:IF の 例以 下 のコードは、(%CSP.Request オブジェクト 経 由 で 取 得 される) NAME URL パラメータに 応 じて、 異 なるメッセージを表 示 します。Welcome, John!Welcome, Jane!Welcome, whoever you are!以 下 の 例 は、%session が USERNAME の 値 を 持 つかどうかをテストします。 持 たない 場 合 は、ドキュメントにエラー・メッセージを 表 示 します。Unauthorized Access!スクリプト 言 語 の 指 定CSP:IF タグは、 言 語 設 定 が cache か basic かにより、%IF と %IFBASIC のルールのいずれかを 適 用 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 17


CSP タグ実 行 時 に 組 み 込 む CSP ファイルを 指 定 します。属 性一 般 的 な 属 性属 性PAGE説 明組 み 込 む CSP ページまたはファイル値文 字 列概 要CSP:INCLUDE タグは、 実 行 時 に、 別 の CSP ページあるいはファイルを 組 み 込 みます。 組 み 込 みに 問 題 が 発 生 した 場合 は、エラー・ページを 呼 び 出 してエラーを 表 示 し、 組 み 込 もうとしたページにパラメータ Error:IncludePage を 設 定 します。CSP:INCLUDE タグを 使 用 して、コンポーネントを 生 成 し、 独 自 の CSP ページにこれらのコンポーネントを 組 み 込 むことができます。.csp または .cls 以 外 の 拡 張 子 を 持 つファイルを 指 定 して 組 み 込 むことができます。この 場 合 、 内 部 Web サーバは CSPページに 組 み 込 むファイルを 取 得 し、[システム] > [セキュリティ 管 理 ] > [CSPアプリケーション] > [CSPアプリケーション編 集 ] ページの CSP アプリケーション 構 成 で Serve files フラグを Yes に 設 定 する 必 要 があります。このフラグを 有 効 にしないためには、.csp ファイルまたは .cls ファイルを 使 用 して 組 み 込 むことをお 勧 めします。CSP:Include の 例以 下 のコードは、CSP ページ includedpage.csp を 実 行 し、CSP ページ 内 に HTML セクションを 組 み 込 みます。関 連 項 目サーバ 側 のインクルード 指 示 語 : 18 CSP および HTML タグ・リファレンス


FOR ループ 本 文 の 範 囲 を 指 定 します。...属 性一 般 的 な 属 性属 性COUNTERFROMSTEPTO説 明必 須 項 目 。 このループで 使 用 されるカウンタの 変 数名 。ループ・カウンタの 開 始 値繰 り 返 しのたびに 変 更 されるープ・カウンタの 総 計ループ・カウンタの 終 了 値値有 効 な 変 数 名数 値 あるいは 式数 値 あるいは 式数 値 あるいは 式概 要CSP:LOOP タグは、カウンタが 指 定 された 終 了 値 に 達 するまで、そのコンテンツを 繰 り 返 し 実 行 します。CSP FOR ループの 基 本 構 造 は、 以 下 のとおりです。contentattributes は、CSP:LOOP タグの 属 性 ( 前 述 ) で、content はループが 繰 り 返 されるたびに 表 示 される 内 容 です。FOR ループ 内 のカウンタFOR ループの 実 行 は、ループごとにインクリメントされるサーバ 側 のカウンタで 制 御 されています。カウンタとして 使 用 されるローカル 変 数 は、COUNTER 属 性 で 指 定 します。count は、カウンタ 変 数 名 です。各 CSP:LOOP タグには 必 ず COUNT 属 性 を 指 定 します。カウンタの 初 期 値FROM 属 性 を 使 用 して、カウンタの 初 期 値 を 指 定 できます。count はカウンタ 変 数 の 名 前 、initval は 初 期 値 です。FROM 属 性 を 指 定 しない 場 合 、 初 期 カウンタ 値 は 1 になります。カウンタの 終 了 値TO 属 性 を 使 用 して、カウンタの 終 了 値 を 指 定 できます。count はカウンタ 変 数 の 名 前 、initval はその 初 期 値 です。また、finalval は 最 後 の 値 で、この 値 により、ループの 次 の 繰り 返 しが 開 始 されます。CSP および HTML タグ・リファレンス 19


CSP タグTO 属 性 を 指 定 しない 場 合 、 終 了 カウンタ 値 は 1 になります。カウンタのインクリメントSTEP 属 性 を 使 用 して、カウンタの 増 分 値 を 指 定 できます。count はカウンタ 変 数 の 名 前 、initval はその 初 期 値 です。また、finalval は 最 後 の 値 で、この 値 により、ループの 新 規 繰り 返 しが 開 始 されます。incr は 各 繰 り 返 しの 最 後 にカウンタに 追 加 される 値 です。incr の 評 価 結 果 は、 整 数 にならなくても 問 題 ありません。 任 意 の 増 分 値 を 使 用 できます。STEP 属 性 を 指 定 しない 場 合 、 増 分 値 は 1 になります。 の 例以 下 の 単 純 な FOR ループは、ループの 各 繰 り 返 しの 間 のカウンタ 値 を 表 示 します。The value of the counter is #(i)#.以 下 のループは、 学 生 の 試 験 結 果 を 表 示 します。ExamScore#(i)##(student.ExamScore.GetAt(i))#スクリプト 言 語 の 指 定CSP:LOOP タグは、 言 語 設 定 が cache か basic かにより、%LOOP と %LOOPBASIC のルールのいずれかを 適 用 します。20 CSP および HTML タグ・リファレンス


現 在 のページの 言 語 設 定 を 強 制 します。説 明 タグは、PREHTML セクションに 追 加 される %response.MatchLanguage の 1 回 の 呼 び 出 しを強 制 します。このタグは、プログラマに 現 在 のページの %response.Language 設 定 を 強 制 するための 手 段 です。CSP および HTML タグ・リファレンス 21


CSP タグCaché ObjectScript の NEW コマンドを 生 成 します。属 性一 般 的 な 属 性属 性VARS説 明New コマンドに 渡 すコンマで 区 切 られた 変 数 のリスト値文 字 列概 要CSP:NEW タグは、コンマで 区 切 られた 変 数 リストの New コマンドを 実 行 します。VARS 属 性 が 指 定 されていない 場 合 、New コマンドは 生 成 されません。22 CSP および HTML タグ・リファレンス


オブジェクト・インスタンスを 生 成 します。属 性一 般 的 な 属 性属 性CLASSNAMENAMEOBJID説 明オブジェクトのクラス 名オブジェクトの 参 照 に 使 用 するローカル 変 数 名オブジェクトを 開 く 際 に 使 用 するオブジェクト 識 別子 の 値値有 効 なクラス 名有 効 なローカル 変 数 名文 字 列概 要CSP:OBJECT タグは、ページに Caché オブジェクトを 配 置 します。CSP:OBJECT タグは、NAME 属 性 で 名 前 を 指 定 したローカル 変 数 が、CLASSNAME 属 性 で 指 定 したクラスのインスタンスへの 参 照 を 含 むように 指 定 します。OBJID 属 性が NULL でない 値 を 持 つ 場 合 は、OBJID 属 性 の 値 を 使 用 して %OpenId を 呼 び 出 すことにより、オブジェクト・インスタンスが 生 成 されます。オブジェクトは、サーバからのページ 供 給 が 完 了 したときにクローズします。通 常 、CSP:OBJECT タグは、オブジェクト・インスタンスを 生 成 するために 使 用 し、そのプロパティは、CSP BIND 機 能 により、HTML フォームの 要 素 に 結 合 されます。例 えば、 以 下 のコードは、Sample.Person クラスのインスタンスを 生 成 し、HTML 入 力 フィールドに Name と SSN プロパティを 結 合 します。Name: SSN: 詳 細 は、"Caché Server Pages (CSP) の 使 用 法 " の "データベース・アプリケーションの 構 築 " の 章 を 参 照 してください。CSP および HTML タグ・リファレンス 23


CSP タグ生 成 された CSP クラスのクラス・パラメータ 値 を 指 定 します。属 性一 般 的 な 属 性属 性名 前値説 明クラス・パラメータの 名 前 を 指 定 します。クラス・パラメータの 値 を 指 定 します。値name:STRINGvalue:STRING概 要クラス・パラメータ・タグ24 CSP および HTML タグ・リファレンス


定 義 済 みのクラス・クエリを 定 義 および 実 行 します。属 性一 般 的 な 属 性属 性CLASSNAMEMODENAMEP1P2P3P4QUERYNAME説 明クエリを 含 むクラス 名クエリの 実 行 時 モードこのクエリで 生 成 された%ResultSet オブジェクトへの 参照 に 使 用 するローカル 変 数 名1 番 目 のクエリ・パラメータ 値2 番 目 のクエリ・パラメータ 値3 番 目 のクエリ・パラメータ 値4 番 目 のクエリ・パラメータ 値クラス・クエリ 名値有 効 なクラス 名 (パッケージ 名 も 含 む)“LOGICAL”、“ODBC”、“DISPLAY”、“SYSTEM”有 効 な 変 数 名文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列有 効 なクエリ 名概 要CSP:QUERY タグは、Caché クラスで 定 義 されたクエリを 元 に、%ResultSet オブジェクトを 生 成 します。このタグは、%ResultSet オブジェクトを 参 照 するサーバ 側 の 変 数 を 定 義 します。その 名 前 はタグの NAME 属 性 で 指 定 します。%ResultSet オブジェクトは、(タグの 様 々な Pn 属 性 で 提 供 されたパラメータ 値 を 使 用 して Execute メソッドを 呼 び 出すことで) 自 動 的 に 実 行 され、ページ 内 で 使 用 できる 状 態 になります。 生 成 された OnPage メソッドの 最 後 で、%ResultSetは 自 動 的 にクローズします。例 えば、 以 下 のコードは、Sample.Person クラス 内 の ByName クエリに 基 づく %ResultSet オブジェクト ( 名 前 query) をオープンし、HTML の 箇 条 書 きリスト () にクエリの 結 果 を 表 示 します。#(query.Get("Name"))#CSP および HTML タグ・リファレンス 25


CSP タグ現 在 の ブロックまたは ブロックを 終 了 します。属 性一 般 的 な 属 性属 性なし説 明値概 要 は、 現 在 の CSP:WHILE または CSP:LOOP ブロックを 終 了 します。 例 えば、 以 下 のようになります。Item #(x)#この 結 果 、 以 下 が 生 成 されます。Item 1Item 2Item 326 CSP および HTML タグ・リファレンス


CSP 検 索 ページを 実 行 する JavaScript 関 数 を 定 義 します。属 性一 般 的 な 属 性属 性CAPTIONCLASSNAMEFEATURESFORMIDNAMEMAXROWSNAMENODISPLAYOBJIDOBJIDATTRONSELECTOPTIONS説 明標 準 の 検 索 ページで 表 示 される 文 字 列 。必 須 項 目 。 検 索 を 実 行 するクラス 名 。テーブル 名 ではないことに 注 意 してください。ポップアップ 検 索 ウィンドウを 表 示 する JavaScript 関数 window.open に 渡 される features 引 数 の 値 。検 索 に 関 連 付 けるフォームの 名 前 。 検 索 ページを 呼び 出 したページの 結 合 フォームを 更 新 するために 使用 します。非 推 奨 。 検 索 対 象 のオブジェクトの ID フィールド 名 。検 索 結 果 テーブルに 表 示 する 最 大 行 数 を 指 定 。 既 定は 100 です。検 索 関 数 名 。 既 定 名 は search です。ORDER 属 性 と 併 用 すると、ORDER="City"OPTIONS="NODISPLAY" などの 検 索 ページが 表 示されたときに、クエリが 自 動 的 に 実 行 されないようにします。オブジェクト 識 別 子 の 値 。 最 初 のページに 存 在 し、オブジェクトを 識 別 します。 検 索 ページを 実 行 したページの 結 合 フォームを 更 新 するために 使 用 します。関 連 するフォームのオブジェクト 識 別 子 の 属 性 名 。 既定 は OBJID です。検 索 ページを 実 行 したページで 使 用 するオプションのJavaScript 関 数 。 検 索 ページでアイテムが 選 択 された 後 に 実 行 されます。コンマで 区 切 られた 検 索 ウィンドウのオプション・リスト。これには、popup、clearbtn、display、nodisplay、predicates、sortbox、leaveopen、およびshowcount が 含 まれます。値文 字 列 。文 字 列 。文 字 列 。文 字 列 。文 字 列 。整 数有 効 な JavaScript 関 数 名文 字 列 。文 字 列 。文 字 列 。JavaScript 関 数 名文 字 列 。CSP および HTML タグ・リファレンス 27


CSP タグ属 性ORDERPREDICATESSELECTSHOWSQLSTARTVALUESTARGETWHERE説 明検 索 結 果 のソートに 使 用 するフィールドをpropname|direction の 形 式 で 指 定 し、コンマで 区 切 って 記 述 したリスト。propname はプロパティ 名 、directionは ASC ( 昇 順 ) または DESC ( 降 順 ) です。directionが 指 定 されない 場 合 、SELECT または WHERE 属 性の 既 定 が 使 用 されます。ORDER が 指 定 されている場 合 、 検 索 ウィンドウが 表 示 されるとクエリが 自 動 的に 実 行 されます。この 自 動 実 行 は、ORDER="City"OPTIONS="NODISPLAY" などの OPTIONS のNODISPLAY を 指 定 することで 無 効 にできます。コンマで 区 切 られた 検 索 述 語 ( 比 較 演 算 子 ) のリスト。WHERE リストの 各 フィールドに 対 応 し、 各 フィールドに 対 して 使 用 します。検 索 結 果 に 表 示 するフィールドを propname|directionの 形 式 で 指 定 し、コンマで 区 切 って 記 述 したリスト。propname はプロパティ 名 、alias はオプションのエイリアス、direction はオプションの 既 定 の 方 向 で ASC( 昇 順 ) または DESC ( 降 順 ) です。ORDER 属 性 でdirection が 指 定 されていない 場 合 は、ここでの 指 定が 使 用 されます。SELECT が 指 定 されていない 場 合 、WHERE 属 性 が SELECT リストとして 使 用 されます。デバッグに 対 処 するために、 検 索 に 使 用 する SQL を表 示 します。フォームから 初 期 値 を 生 成 するフィールドのコンマで区 切 られたリスト。検 索 結 果 ウィンドウでリンクするページを 指 定 。 既 定は、 検 索 を 呼 び 出 すページです。propname|direction の 形 式 で 検 索 条 件 として 使 用 される、コンマで 区 切 られたフィールド・リスト。propnameはプロパティ 名 、alias はオプションのエイリアス、direction はオプションの 既 定 の 方 向 で ASC ( 昇 順 )または DESC ( 降 順 ) です。ORDER 属 性 で 指 定 されていないときに 使 用 します。値文 字 列 。文 字 列 。文 字 列 。0、1文 字 列 。文 字 列 。文 字 列 。概 要CSP:SEARCH タグは、CSP 検 索 ページを 実 行 するクライアント 側 の JavaScript 関 数 を 定 義 します。JavaScript 関 数 名は、NAME 属 性 値 で 指 定 します。Caché Web フォーム・ウィザードは、 生 成 したページ 内 に CSP:SEARCH タグを 記 述 します。これにより、 生 成 されたページからデータベースの 検 索 を 実 行 できます。CSP:SEARCH タグの 属 性 を 使 用 して、フォーム・ウィザードで 生 成 されたページ 内 で、 検 索 ページの 振 る 舞 いをカスタマイズできます。また、フォーム・ウィザード 以 外 で 構 築 されたページからCSP 検 索 ページを 実 行 するためにも 使 用 できます。CSP 検 索 ページがアプリケーションに 適 切 でない 場 合 は、(CSP を使 用 する) 独 自 の 検 索 ページを 実 装 し、 実 行 できます。CSP 検 索 ページCSP は、%CSP.PageLookup クラス 経 由 で 実 装 される 一 般 的 な 検 索 ページを 提 供 します。この 検 索 ページでは、ユーザが 値 を 入 力 すると、SQL クエリを 実 行 し、HTML テーブル 内 に 結 果 を 表 示 します。 通 常 、ユーザは、オブジェクトに 結 合28 CSP および HTML タグ・リファレンス


されたフォームを 含 む CSP ページから、 検 索 ページを 呼 び 出 します。ユーザが、 検 索 ページに 表 示 されている 結 果 からオブジェクトを 選 択 すると、フォーム・ページは 更 新 され、オブジェクトのデータを 表 示 します。CSP ページ 内 では、CSP:SEARCH タグを 使 用 して、CSP 検 索 ページを 実 行 する JavaScript 関 数 を 自 動 的 に 定 義 できます。ボタンを 押 すなどクライアント 側 のイベントに 応 答 して、この 関 数 を 実 行 できます。例 えば、 以 下 は JavaScript 関 数 my_search を 定 義 しています。同 じページ 内 で、ボタンを 押 すなどクライアント 側 のイベントに 応 答 して、この 関 数 を 実 行 できます。ユーザが [ 検 索 ] ボタンを 押 すと、CSP 検 索 ページが 表 示 され、CSP:SEARCH タグの CLASSNAME 属 性 と WHERE 属性 で 指 定 した、Name あるいは Home.City で MyApp.Person のインスタンスが 検 索 されます。検 索 ページ・クエリの 指 定CSP 検 索 ページは、CSP:SEARCH タグの 属 性 値 を 元 に、SQL クエリを 作 成 して 実 行 します。CLASSNAME必 須 項 目 の CLASSNAME 名 属 性 は、 実 行 されるクエリ、つまり SQL クエリの FROM 節 に 対 し、クラス 名 を 指 定 します。これは、SQL テーブル 名 ではなく クラス 名 であることに 注 意 してください。クラス 名 と SQL 名 は、 異 なる 場 合 があります。WHEREWHERE 属 性 には、コンマで 区 切 られた 1 つ 以 上 のフィールド 名 (プロパティ 名 ではなく SQL 名 。プロパティ 名 と SQL名 は 異 なる 場 合 があります) のリストがあり、(SQL クエリの WHERE 節 にあるフィールドの) 検 索 条 件 として 使 用 されます。検 索 ページには、 各 フィールドに 対 しユーザが 検 索 値 を 入 力 できるフィールドを 表 示 します。WHERE 属 性 を 省 略 した 場 合 、 検 索 ページは、 検 索 フィールドにオブジェクト ID 列 を 使 用 します。SELECT 属 性 を 省 略した 場 合 、WHERE 属 性 は SQL クエリの SELECT リストも 指 定 します。SELECT 属 性 同 様 、WHERE 属 性 内 では、フィールド 名 として、 以 下 のような 式 を 使 用 できます。 以 下 はその 概 要 です。式フィールドに 対 するエイリアス埋 め 込 みオブジェクト 内 のフィールド参 照 オブジェクト 内 のフィールド例WHERE="FName As FirstName"WHERE="Home.City"WHERE="Company->Name"以 下 は、WHERE 属 性 の 使 用 例 です。WHERE 節 のフィールドで 使 用 する 条 件 は、PREDICATES 属 性 により 指 定 します。以 下 は、エイリアスを 持 つ WHERE 属 性 の 使 用 例 です。ISCLName というプロパティと、ISCLFName という 別 のプロパティを 持 つクラスがあると 仮 定 します。これらのプロパティを "ISCLName” および “ISCLFName” の 代 わりにそれぞれ "LastName" および “First Name” として 検 索 ページに 表 示 する 場 合 、 以 下 のようにエイリアスを 指 定 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 29


CSP タグSELECT検 索 結 果 に 表 示 される 値 を 制 御 するには、SELECT 属 性 を 使 用 します。これには、 検 索 クエリの SELECT リストとして 使用 する、コンマで 区 切 られた 1 つ 以 上 の SQL フィールド 名 が 含 まれます。例 えば、 以 下 のようになります。この 場 合 、 検 索 ページの 結 果 は、SELECT 属 性 で 指 定 した 4 列 を 表 示 します。NameSSNSpouseCityWHERE 属 性 では、Spouse->Name のように、-> ( 参 照 ) 構 文 を 使 用 して 関 連 するクラスで 定 義 されているプロパティを参 照 できます。 埋 め 込 みオブジェクトのプロパティを 参 照 するには、ドット 構 文 Home.City を 使 用 します。エイリアス ( 列のヘッダとして 使 用 される 名 前 ) を 定 義 するには、Name Alias のようにフィールド 名 の 後 にエイリアスを 記 述 します。SELECT 属 性 を 省 略 する 場 合 、WHERE 属 性 で 指 定 されるフィールドを 使 用 します。PREDICATESPREDICATES 属 性 を 使 用 して、 検 索 ページが WHERE 属 性 のフィールドを 使 用 する 方 法 を 制 御 します。この 属 性 には、コンマで 区 切 られた 演 算 子 名 のリスト ( 以 下 の 表 参 照 ) を 含 みます。これは WHERE 属 性 にリストされたフィールドに 対 応します。PREDICATES 属 性 を 省 略 する 場 合 、 検 索 ページは、すべての 文 字 列 プロパティには %startswith を、その 他 のプロパティには = を 使 用 します。PREDICATES リスト 内 に 対 応 する 項 目 を 持 たない WHERE リスト 内 の 任 意 の 項 目 には、既 定 の 演 算 子 を 使 用 します。以 下 の 比 較 演 算 子 を、PREDICATES 属 性 内 で 使 用 できます。演 算 子%startswith=>この 場 合 、 検 索 ページは、Name が 値 で 始 まり、SSN が 値 と 等 しく、Spouse.Name が 値 を 持 つ Sample.Person のすべてのインスタンスを 検 索 します。30 CSP および HTML タグ・リファレンス


select 演 算 子 が 述 語 のリストに 存 在 する 場 合 、 対 応 するフィールドの 候 補 の 値 がすべて 検 索 ページのドロップダウン・リストに 表 示 されます。 例 えば、 以 下 のようになります。この 場 合 、 検 索 ページはすべての Company Name を 含 むドロップダウン・リストを 表 示 します。リストは、 実 行 時 に 適 切 なSQL クエリを 発 行 することにより 生 成 されます。SELECT %ID, Name FROM Sample.Company ORDER BY Name検 索 ページは、ユーザが 選 択 した 値 を 使 用 して、 最 も 効 率 的 な 方 法 でメインの 検 索 を 実 行 します。 例 えば、この 場 合 、(JOIN ではなく) 任 意 の Company ID 値 で Sample.Employee のすべてのインスタンスを 検 索 します。多 数 の ( 場 合 によっては 何 千 もの) 値 をとる 可 能 性 があるフィールドに 対 しては、select 演 算 子 を 使 用 しないでください。ORDERORDER 属 性 を 使 用 して、 検 索 結 果 を 最 初 に 並 べる 順 番 を 制 御 できます。これには、 検 索 クエリの ORDER BY 節 として使 用 される、コンマで 区 切 られた 1 つ 以 上 の SQL フィールド 名 が 含 まれます。SHOWSQLアプリケーションのトラブルシューティングには、CSP 検 索 ページで 使 用 している 実 際 の SQL クエリが 役 に 立 つ 場 合 があります。これを 実 行 するには、SHOWSQL 属 性 を 1 に 設 定 します。これは、 検 索 ページのクエリ 結 果 および SQL クエリのテキストを 表 示 します。検 索 ページの 機 能 を 指 定CSP:SEARCH タグを 使 用 して、CSP 検 索 の 外 観 と 振 る 舞 いを 調 整 できます。 以 下 はその 例 です。OPTIONSOPTIONS 属 性 により、CSP 検 索 ページの 特 徴 を 制 御 できます。この 値 は、 以 下 を 1 つ 以 上 含 む、コンマで 区 切 られたリストです。オプションclearbtndisplayleaveopennodisplaypopuppredicatesshowcountsortbox説 明検 索 ページに [クリア] ボタンを 含 みます。このボタンは、 検 索 基 準 フィールドの 内 容 をリセットします。検 索 ページは、 最 初 に 表 示 されたときに、 結 果 リストを 表 示 します。検 索 ページが 存 在 する 場 合 、ユーザがページを 選 択 すると、その 検 索 ページは 開 いたままになります。ORDER 属 性 が 存 在 する 場 合 、 検 索 ウィンドウが 表 示 されてもクエリは 自 動 的 に 実 行 されません。検 索 ページは、ポップアップ・ウィンドウとして 表 示 されます。 例 として、CSP サンプル(popform.csp) を 参 照 してください。FEATURES 属 性 で、ポップアップ・ウィンドウのサイズや 外 観を 変 更 できます。検 索 ページは、 検 索 条 件 入 力 ボックスの 横 に、(startswith や greater than など) 検 索述 語 のコンボボックスを 表 示 します。検 索 ページに、クエリで 取 得 されたレコード 数 を 表 示 します。検 索 ページに、ユーザが 結 果 をどのようにソートするかを 選 択 できるラジオ・ボタンを 表 示 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 31


CSP タグ例 えば、 以 下 の 検 索 関 数 の 定 義 は、ソートを 指 定 するラジオ・ボタン 付 きのポップアップ 検 索 ページを 実 行 します。CAPTIONCAPTION 属 性 により、 検 索 ページの 一 番 上 に 表 示 される 表 題 を 変 更 できます。 例 えば、 以 下 のようになります。FEATURESFEATURES 属 性 により、ポップアップ 検 索 ウィンドウのサイズと 外 観 を 指 定 できます。CSP は、JavaScript 関 数 window.openを 呼 び 出 して、ポップアップ 検 索 ウィンドウを 生 成 します。この 関 数 は、 新 規 ウィンドウの 機 能 を 制 御 する 引 数 features を取 ります。CSP は、features 引 数 に FEATURES 属 性 の 値 を 使 用 します。FEATURES 属 性 には、コンマで 区 切 られた 特 性 値 のリストが 含 まれます。スペースや 空 白 は 使 用 できません。リストの 各要 素 ごとに 形 式 があります。feature[=value]有 効 な 特 性 名 に 関 するリストは、JavaScript 関 数 リファレンスの Window.open メソッドを 参 照 してください。例 えば、 以 下 は、 初 期 の 高 さと 幅 が 350 ピクセルのポップアップ 検 索 ページの 定 義 です。MAXROWSMAXROWS 属 性 では、 検 索 結 果 テーブルで 表 示 する 最 大 行 数 を 指 定 できます。32 CSP および HTML タグ・リファレンス


指 定 されたドキュメントのセクションに 出 力 を 送 信 します。...属 性一 般 的 な 属 性属 性BLOCKNAME説 明セクションの 相 対 的 な 位 置 。 既 定 は 0 です。 負 数 はセクションの 開 始 、 正 数 はセクションの 終 わりです。セクション 名値数 値“prehtml”、“head”、“body”、“posthtml”概 要CSP:SECTION タグは、クライアントに 送 信 するドキュメント 内 で、コンテンツを 配 置 する 場 所 を 調 整 できます。通 常 、CSP ファイルのコンテンツは、 元 の 表 示 と 同 じ 順 序 でクライアントに 送 信 されます。CSP:SECTION タグにより、この振 る 舞 いを 変 更 できます。 以 下 の 例 は、CSP:SECTION タグを 使 用 して、ドキュメントの HEAD セクションにコンテンツを書 き 込 みます。...CSP および HTML タグ・リファレンス 33


CSP タグダイナミック SQL クエリを 実 行 します。...属 性一 般 的 な 属 性属 性DATASOURCEMODENAMEP1P2P3P4PASSWORDUSERNAME説 明クエリに 使 用 する 外 部 データ・ソース 名 を指 定 します。クエリの 実 行 時 モードこのクエリで 生 成 された %ResultSet オブジェクトへの 参 照 に 使 用 するローカル 変数 名1 番 目 のクエリ・パラメータ 値2 番 目 のクエリ・パラメータ 値3 番 目 のクエリ・パラメータ 値4 番 目 のクエリ・パラメータ 値外 部 データ・ソースのオプションのパスワード外 部 データ・ソースのオプションのユーザ名値文 字 列“LOGICAL”、“ODBC”、“DISPLAY”、“SYSTEM”文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列 。文 字 列文 字 列概 要 タグは、SQL 文 で 定 義 されたダイナミック・クエリを 元 に、%ResultSet オブジェクトを 生 成 します。このクエリの WHERE 節 には、パラメータ ( 実 行 時 に 置 換 される 値 ) を 指 定 できます。これらのパラメータは、? 文 字 を 使 用して 指 定 します。このタグは、%ResultSet オブジェクトを 参 照 するサーバ 側 の 変 数 を 定 義 します。 変 数 名 はタグの NAME属 性 で 指 定 します。%ResultSet オブジェクトは、(タグのさまざまな Pn 属 性 で 提 供 されたパラメータ 値 を 使 用 して Executeメソッドを 呼 び 出 すことで) 自 動 的 に 準 備 ・ 実 行 され、ページ 内 で 使 用 できる 状 態 になります。このタグは、Caché SQL ゲートウェイを 使 用 して 外 部 データベースにクエリをリダイレクトするために 使 用 できること 以 外は、 タグと 同 一 です。以 下 の 例 は、クエリを 実 行 すると、 箇 条 書 きのリストを 作 成 します。SELECT ID,Name FROM IscPerson WHERE Name %STARTSWITH ? Order By Name#(query.Get("Name"))#34 CSP および HTML タグ・リファレンス


外 部 データベースの 指 定オプションの DATASOURCE 属 性 が 指 定 されている 場 合 、Caché リレーショナル・ゲートウェイを 使 用 してクエリが 外 部データベースに 転 送 されます。...CSP および HTML タグ・リファレンス 35


CSP タグローカライズできるテキストを 示 します。...属 性CSPText の 属 性属 性ARG1ARG2ARG3ARG4DOMAINLANGUAGETEXTID説 明メッセージ・テキストの %1 を 置 換メッセージ・テキストの %2 を 置 換メッセージ・テキストの %3 を 置 換メッセージ・テキストの %4 を 置 換テキストを 検 索 する 任 意 のアプリケーション・ドメイン。この 属 性 を 指 定 しない 場合 、%response.Domain が 使 用 されます。テキストを 検 索 する 任 意 の RFC 1766フォーマット 言 語 名 。この 属 性 を 指 定 しない 場 合 、%response.Language が 使 用 されます。ドメイン 内 のテキスト 文 字 列 識 別 子値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列概 要このタグを 使 用 して、CSP アプリケーションをローカライズします。ローカライズ・ファイルのテキストと 置 換 するテキストのセクションに CSP:TEXT タグを 置 きます。CSP:TEXT タグは、そのコンテンツとタグ 自 体 を、Language 属 性 および Domain 属 性 により 指 定 された %MessageDictionary内 の TextId で 識 別 されるテキストと 置 換 します。ARGn 属 性 の 値 (n は 整 数 ) は、メッセージ・テキスト 内 の “%n” の 発 生 箇 所 と 置 換 されます。詳 細 は、"Caché Server Pages (CSP) の 使 用 法 " の " 対 象 言 語 " の 章 を 参 照 してください。36 CSP および HTML タグ・リファレンス


WHILE ループ 本 文 の 範 囲 を 指 定 します。...属 性一 般 的 な 属 性属 性CONDITIONCOUNTERCURSORINTO説 明各 繰 り 返 しの 後 に 評 価 されるサーバ 側 の 式 。 式が True の 場 合 、ループが 再 度 繰 り 返 されます。繰 り 返 し 毎 に 自 動 的 にインクリメントされるローカル 変 数 名 。埋 め 込 み SQL と 共 に 使 用 。 次 に 繰 り 返 す 行 を取 得 する SQL カーソル。埋 め 込 み SQL と 共 に 使 用 。 次 の 行 の SQLFETCH に 対 する、コンマで 区 切 られた INTO リスト。 行 のデータを 取 得 する 変 数 を 指 定 します。値サーバ 側 の 式有 効 な 変 数 名有 効 な SQL カーソル 名コンマで 区 切 られた 変 数 リスト概 要CSP:WHILE タグは、CONDITION 属 性 で 指 定 されるサーバ 側 の 式 が True である 限 り、タグの 内 容 を 繰 り 返 し 実 行 します。 繰 り 返 しのたびに、COUNTER 属 性 で 指 定 されたローカル 変 数 がインクリメントされます。カウンタ 変 数 は、ループの前 に 0 に 初 期 化 され、 繰 り 返 しの 開 始 時 にインクリメントされます。カウンタ 属 性 が 指 定 されていない 場 合 、カウンタは 生成 されません。CSP:WHILE タグは、SCRIPT LANGUAGE=SQL CURSOR= タグを 使 用 して、 埋 め 込 み SQL に 定 義 されたカーソルのループを 実 行 するために 使 用 することもできます。CSP WHILE ループの 基 本 構 造 は、 以 下 のとおりです。contentattributes は、CSP:WHILE タグの 属 性 ( 前 述 ) で、content はループが 繰 り 返 されるたびに 表 示 される 内 容 です。WHILE ループ 条 件WHILE ループの 各 繰 り 返 し 終 了 後 、 条 件 が 評 価 され、ループを 再 度 実 行 するかどうかが 判 定 されます。 条 件 が Trueの 場 合 、 再 度 ループが 実 行 され、 条 件 が False と 評 価 された 場 合 、ループは 終 了 します。 繰 り 返 しに 関 係 する 条 件 は、CSP:WHILE タグの CONDITION 属 性 を 使 用 して 指 定 します。cond は、 各 繰 り 返 しの 最 後 に 評 価 される 式 です。各 CSP:WHILE タグには 必 ず CONDITION 属 性 を 指 定 します。WHILE ループ 内 のカウンタWHILE ループは、ローカル 変 数 内 にカウンタを 持 つことができます。このカウンタは、ループが 繰 り 返 されるごとに 1 ずつインクリメントされます。カウンタとして 使 用 されるローカル 変 数 は、COUNTER 属 性 で 指 定 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 37


CSP タグcount は、カウンタ 名 です。 初 期 値 は 常 に 0 です。COUNTER 属 性 を 指 定 しない 場 合 は、WHILE ループはカウンタ 変 数 を 持 ちません。WHILE ループ 内 での SQL の 使 用 タグを 使 用 して、 静 的 な SQL カーソルを 定 義 し、WHILE ループを 使 用 して、クエリ 結 果 を 表 示 できます。例 えば、 以 下 のコードは、query という 名 前 の 静 的 な SQL カーソルを 定 義 します。SELECT Name,SSN FROM Sample.Person ORDER BY Name以 下 のように CSP:WHILE タグを 使 用 して、このカーソルを 繰 り 返 すことができます。Name: #(name)#, SSN: #(ssn)# CURSOR 属 性 は、 タグを 使 用 して 定 義 された SQL カーソルの 名 前 を 指 定 します。 一 方 、INTO 属 性 は、コンマで 区 切 られたローカル 変 数 のリストを 指 定 します。このリストには、クエリによって 検 索 された 列 の 値 が、 検 索 された 順に 配 置 されます。 の 例以 下 の 単 純 な WHILE ループは、ループが 繰 り 返 されている 間 、カウンタ 値 を 表 示 します。The value of the counter is #(i)#.HTML は、 属 性 値 内 で 、& 記 号 を 使 用 できないため、< (より 小 さい) 演 算 子 を 表 す 場 合 、HTML の < エンティティを 使 用 します。CSP ページ・コンパイラは、WHILE のコードを 生 成 する 際 に、このエンティティを “


Microsoft SQL タグです。...属 性一 般 的 な 属 性属 性XMLNS:SQL説 明CSP で Microsoft の SQL タグをサポートするには、URN:SCHEMAS-MICROSOFT-COM:XML-SQLを 指 定 します。値文 字 列説 明Microsoft SQL タグです。CSP および HTML タグ・リファレンス 39


HTML タグCSP および HTML タグ・リファレンス 41


HTML タグアンカー・タグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONBLURONCLICKONDBLCLICKONFOCUSONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP一 般 的 な 属 性属 性ACCESSKEYCHARSETCOORDSHREFHREFLANGNAME説 明要 素 がフォーカスを 失 いましたマウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされました要 素 がフォーカスされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました説 明アクセス・キーを 指 定リンク 先 のリソースの 文 字 セットクライアント 側 イメージ・マップと 共 に 使 用リンク 先 のリソースの URI言 語 コードリンクの 目 的 地 としての 名 前値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード値文 字 列文 字 列URI文 字 列文 字 列42 CSP および HTML タグ・リファレンス


属 性RELREVSHAPETABINDEXTARGETTYPELang 属 性属 性DIRLANG説 明順 方 向 のリンク・タイプ逆 方 向 のリンク・タイプクライアント 側 イメージ・マップと 共 に 使 用タブ 順 序 の 位 置リンク 先 を 表 示 させるフレーム 名リンク 先 のコンテンツ・タイプ説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値文 字 列文 字 列文 字 列数 値文 字 列文 字 列値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要アンカー・タグです。CSP および HTML タグ・リファレンス 43


HTML タグページの 制 作 者 の 情 報 です。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードLang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要ページの 制 作 者 の 情 報 です。44 CSP および HTML タグ・リファレンス


Java アプレット・タグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE概 要スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードCSP および HTML タグ・リファレンス 45


HTML タグ一 般 的 な 属 性属 性ALIGNCODECODEBASEHEIGHTHSPACENAMEOBJECTVSPACEWIDTH説 明位 置 の 指 定アプレットのクラス・ファイルCLASSID、DATA、ARCHIVE の 基 準 となる URI初 期 の 高 さ左 右 に 挿 入 する 空 白 の 量アプレットで 使 用 する 名 前シリアル 化 されたアプレット・ファイル上 下 に 挿 入 する 空 白 の 量初 期 幅値“top”、“middle”、“bottom”、“left”、“right”文 字 列URI数 値数 値文 字 列文 字 列数 値数 値Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列他 の 属 性属 性ALTARCHIVE説 明簡 単 な 説 明スペースで 区 切 られた URI リスト値文 字 列文 字 列概 要Java アプレット・タグです。46 CSP および HTML タグ・リファレンス


クライアント 側 のイメージ・マップ 領 域 を 指 定 します。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONBLURONCLICKONDBLCLICKONFOCUSONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明要 素 がフォーカスを 失 いましたマウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされました要 素 がフォーカスされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードCSP および HTML タグ・リファレンス 47


HTML タグ一 般 的 な 属 性属 性ACCESSKEYALTCOORDSHREFNAMENOHREFSHAPETABINDEXTARGET説 明アクセス・キーを 指 定簡 単 な 説 明クライアント 側 イメージ・マップと 共 に 使 用リンク 先 のリソースの URIマップ 名関 連 リンクのない 領 域クライアント 側 イメージ・マップと 共 に 使 用タブ 順 序 の 位 置リンク 先 を 表 示 させるフレーム 名値文 字 列文 字 列URI文 字 列値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効文 字 列数 値文 字 列Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要クライアント 側 のイメージ・マップ 領 域 を 指 定 します。48 CSP および HTML タグ・リファレンス


テキストを 太 字 にするタグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードLang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要テキストを 太 字 にするタグです。CSP および HTML タグ・リファレンス 49


HTML タグ基 本 のフォント・サイズを 指 定 します。属 性一 般 的 な 属 性属 性COLORFACEIDSIZE説 明テキストの 色コンマで 区 切 られたフォント 名 リストID基 本 のフォント・サイズ値HTML の 色 の 値文 字 列文 字 列文 字 列概 要基 本 のフォント・サイズを 指 定 します。50 CSP および HTML タグ・リファレンス


コンテンツを 表 示 する 双 方 向 のアルゴリズムをオーバーライドします。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語値“rtl” あるいは “ltr”文 字 列概 要コンテンツを 表 示 する 双 方 向 のアルゴリズムをオーバーライドします。CSP および HTML タグ・リファレンス 51


HTML タグ長 い 引 用 文 であることを 示 します。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性CITE説 明ソース・ドキュメントあるいはメッセージのURI値URILang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列52 CSP および HTML タグ・リファレンス


概 要長 い 引 用 文 であることを 示 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 53


HTML タグ本 文 を 指 定 するタグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONLOADONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUPONUNLOAD一 般 的 な 属 性属 性ALINKBACKGROUNDBGCOLORLINKTEXTVLINK説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたドキュメントがロードされましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されましたドキュメントが 削 除 されました説 明選 択 されたリンクの 色ドキュメントの 背 景 のテクスチャドキュメントの 背 景 色リンクの 色ドキュメントのテキストの 色既 に 訪 問 したリンクの 色値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード値HTML の 色 の 値URIHTML の 色 の 値HTML の 色 の 値HTML の 色 の 値HTML の 色 の 値54 CSP および HTML タグ・リファレンス


Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要本 文 を 指 定 するタグです。CSP および HTML タグ・リファレンス 55


HTML タグ強 制 的 に 改 行 します。属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性CLEAR説 明テキスト・フローの 制 御値“left”、“all”、“right”、“none”Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列56 CSP および HTML タグ・リファレンス


概 要強 制 的 に 改 行 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 57


HTML タグBUTTON タグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列 。文 字 列 。文 字 列 。文 字 列 。イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUPONFOCUSONBLUR説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました要 素 がフォーカスされたときに 実 行 されるスクリプト。要 素 がフォーカスを 失 ったときに 実 行 されるスクリプト。値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード58 CSP および HTML タグ・リファレンス


一 般 的 な 属 性属 性DISABLEDNAMETYPEVALUE説 明ボタンを 無 効 にします。ボタンをクリックしても 作 動 せず、フォーカスを 取 得 することができません。タブ 移 動 するとスキップされます。ボタンの 名 前 。必 要 なボタンの 種 類ボタンに 初 期 値 を 割 り 当 てます。値値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効文 字 列 。“SUBMIT”、“BUTTON”、“RESET”。文 字 列 。Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値ltf あるいは rtl。文 字 列 。説 明BUTTON タグCSP および HTML タグ・リファレンス 59


HTML タグテーブルの 表 題 を 指 定 するタグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性ALIGNVALIGN説 明テーブルに 対 する 行 の 位 置テーブルに 対 する 行 の 垂 直 位 置値“left”、“center”、“right”“top”、“center”、“bottom”、“baseline”Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列60 CSP および HTML タグ・リファレンス


概 要テーブルの 表 題 を 指 定 するタグです。CSP および HTML タグ・リファレンス 61


HTML タグブロックをセンタリングします。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードLang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要ブロックをセンタリングします。62 CSP および HTML タグ・リファレンス


削 除 されたテキストを 示 します。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性CITEDATETIME説 明変 更 に 関 する 情 報変 更 日 時値URILang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列CSP および HTML タグ・リファレンス 63


HTML タグ概 要削 除 されたテキストを 示 します。64 CSP および HTML タグ・リファレンス


DIV タグです。...属 性CSPText の 属 性属 性ARG1ARG2ARG3ARG4DOMAINLANGUAGETEXTID説 明メッセージ・テキストの %1 を 置 換メッセージ・テキストの %2 を 置 換メッセージ・テキストの %3 を 置 換メッセージ・テキストの %4 を 置 換テキストを 検 索 する 任 意 のアプリケーション・ドメイン。この 属 性 を 指 定 しない 場合 、%response.Domain が 使 用 されます。テキストを 検 索 する 任 意 の RFC 1766フォーマット 言 語 名 。この 属 性 を 指 定 しない 場 合 、%response.Language が 使 用 されます。ドメイン 内 のテキスト 文 字 列 識 別 子値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列CSP および HTML タグ・リファレンス 65


HTML タグイベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性ALIGN説 明テキストの 位 置値“left”、“center”、“right”、“justify”Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要DIV タグです。66 CSP および HTML タグ・リファレンス


テキストを 強 調 するタグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードLang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要テキストを 強 調 するタグです。CSP および HTML タグ・リファレンス 67


HTML タグフォントを 変 更 します。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性COLORFACESIZE説 明テキストの 色コンマで 区 切 られたフォント 名 リストフォント・サイズ値HTML の 色 の 値文 字 列文 字 列68 CSP および HTML タグ・リファレンス


Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要フォントを 変 更 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 69


HTML タグFORM タグです。...属 性CSPBind 属 性属 性CSPBINDCSPEVENTCSPJS概 要このフォームを 結 合 する CSP:OBJECT タグ 名ハイパーイベントで 使 用 する 呼 び 出 しタイプ : server ( 既 定 )、または call生 成 する Javascript コードの 指 定 。 指 定可 能 な 値 は All ( 既 定 。 新 規 ボタンと 保 存ボタン、 検 証 コード)、Validate ( 検 証 コードのみ)、None (Javascript なし) です。値文 字 列“server”、“call”“All”、“Validate”、“None”重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE概 要スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUPONRESET概 要マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されましたフォームがリセットされました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード70 CSP および HTML タグ・リファレンス


属 性ONSUBMIT一 般 的 な 属 性属 性ACCEPTACCEPT-CHARSETACTIONENCTYPEMETHODNAMETARGET概 要フォームが 送 信 されました概 要ファイル・アップロード 用 の MIME タイプ・リストサポート 対 象 の charset リストサーバ 側 のフォームのハンドラデータ・エンコードの 方 式フォーム 送 信 に 使 用 する HTTP メソッドスクリプト 用 フォーム 名リンク 先 を 表 示 させるフレーム 名値JavaScript コード値文 字 列文 字 列URI“application/x-www-form-urlencoded”、“multipart/form-d”“GET”、“POST”文 字 列文 字 列Lang 属 性属 性DIRLANG概 要テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要HTML FORM タグです。データ 結 合 フォームを 実 現 するための CSPBIND 属 性 を 含 めることができます。このタグにCSPBIND がある 場 合 、フォームに 保 存 、 検 索 、および 検 証 機 能 が 自 動 的 に 作 成 されます。CSP および HTML タグ・リファレンス 71


HTML タグFrame タグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード72 CSP および HTML タグ・リファレンス


一 般 的 な 属 性属 性FRAMEBORDERLONGDESCMARGINHEIGHTMARGINWIDTHNAMENORESIZESCROLLINGSRC説 明フレーム 境 界 枠 の 指 定フレームの 長 文 の 説 明 へのリンクフレーム 内 の 上 下 のマージンをピクセルで 指 定フレーム 内 の 左 右 のマージンをピクセルで 指 定リンク 先 のターゲットとして 参 照 するフレーム 名 を 指 定フレームのリサイズを 許 可 するかどうかの指 定スクロールバーの 有 無 を 指 定フレーム・コンテンツのソース値数 値URI数 値数 値文 字 列値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効“yes”、“no”、“auto”URILang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要Frame タグです。CSP および HTML タグ・リファレンス 73


HTML タグ表 示 領 域 をフレームに 分 割 するタグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONLOADONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUPONUNLOAD一 般 的 な 属 性属 性COLSROWS説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたすべてのフレームがロードされましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されましたすべてのフレームが 削 除 されました説 明サイズのリストサイズのリスト値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード値文 字 列文 字 列74 CSP および HTML タグ・リファレンス


Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要表 示 領 域 をフレームに 分 割 するタグです。CSP および HTML タグ・リファレンス 75


HTML タグ見 出 し 1 に 使 用 します。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性ALIGN説 明位 置 の 指 定値“left”、“center”、“right”、“justify”Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列76 CSP および HTML タグ・リファレンス


概 要見 出 し 1 に 使 用 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 77


HTML タグ見 出 し 2 に 使 用 します。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性ALIGN説 明位 置 の 指 定値“left”、“center”、“right”、“justify”Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列78 CSP および HTML タグ・リファレンス


概 要見 出 し 2 に 使 用 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 79


HTML タグ見 出 し 3 に 使 用 します。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性ALIGN説 明位 置 の 指 定値“left”、“center”、“right”、“justify”Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列80 CSP および HTML タグ・リファレンス


概 要見 出 し 3 に 使 用 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 81


HTML タグ見 出 し 4 に 使 用 します。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性ALIGN説 明位 置 の 指 定値“left”、“center”、“right”、“justify”Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列82 CSP および HTML タグ・リファレンス


概 要見 出 し 4 に 使 用 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 83


HTML タグ見 出 し 5 に 使 用 します。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性ALIGN説 明位 置 の 指 定値“left”、“center”、“right”、“justify”Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列84 CSP および HTML タグ・リファレンス


概 要見 出 し 5 に 使 用 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 85


HTML タグ見 出 し 6 に 使 用 します。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性ALIGN説 明位 置 の 指 定値“left”、“center”、“right”、“justify”Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列86 CSP および HTML タグ・リファレンス


概 要見 出 し 6 に 使 用 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 87


HTML タグHTML 文 書 のヘッダを 定 義 します。...属 性Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要HTML 文 書 のヘッダを 定 義 します。88 CSP および HTML タグ・リファレンス


水 平 の 線 を 引 く 際 に 使 用 します。属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性ALIGNNOSHADESIZEWIDTH説 明位 置 の 指 定影 なしサイズ幅 の 指 定値“left”、“right”、“center”値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効数 値数 値CSP および HTML タグ・リファレンス 89


HTML タグLang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要水 平 の 線 を 引 く 際 に 使 用 します。90 CSP および HTML タグ・リファレンス


HTML 文 書 の 開 始 と 終 了 を 宣 言 します。...属 性Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要HTML 文 書 の 開 始 と 終 了 を 宣 言 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 91


HTML タグフォントをイタリックにするタグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードLang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要フォントをイタリックにするタグです。92 CSP および HTML タグ・リファレンス


インラインのフレームを 生 成 するタグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードCSP および HTML タグ・リファレンス 93


HTML タグ一 般 的 な 属 性属 性ALIGNFRAMEBORDERHEIGHTLONGDESCMARGINHEIGHTMARGINWIDTHNAMESCROLLINGSRCWIDTH説 明フレームの 位 置フレーム 境 界 枠 の 指 定フレームの 高 さフレームの 長 文 の 説 明 へのリンクフレーム 内 の 上 下 のマージンをピクセルで 指 定フレーム 内 の 左 右 のマージンをピクセルで 指 定リンク 先 のターゲットとして 参 照 するフレーム 名 を 指 定スクロールバーの 有 無 を 指 定フレーム・コンテンツのソースフレームの 幅値“top”、“middle”、“bottom”数 値数 値URI数 値数 値文 字 列“yes”、“no”、“auto”URI数 値Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要インラインのフレームを 生 成 するタグです。94 CSP および HTML タグ・リファレンス


Netscape 互 換 のために、 タグの URL の 書 き 換 えを 処 理 します。...属 性一 般 的 な 属 性属 性SRC説 明HTML ページの URL値文 字 列概 要このルールは、Netscape 互 換 のために、 タグの URL の 書 き 換 えを 処 理 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 95


HTML タグイメージを 貼 り 付 けるタグです。属 性CSPBind 属 性属 性CSPBINDCSPCAPTIONCSPNOTRIMCSPREQUIREDCSPVALIDDELIMITER説 明結 合 するオブジェクト・プロパティ 名エラー・メッセージ 内 のプロパティ 名この 属 性 が 存 在 する 場 合 、オブジェクト 値の 空 白 を 削 除 しませんこの 属 性 が 存 在 する 場 合 、 値 を 指 定 する必 要 があります要 素 のコンテンツ 検 証 を 実 行 するクライアント 側 の JavaScript コードリストの 要 素 間 につける 区 切 り 文 字値文 字 列文 字 列値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効文 字 列文 字 列重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列96 CSP および HTML タグ・リファレンス


イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性ALIGNBORDERHEIGHTHSPACEISMAPLONGDESCNAMESRCUSEMAPVSPACEWIDTH説 明位 置 の 指 定リンクの 境 界 線 の 幅高 さの 指 定左 右 に 挿 入 する 空 白 の 量サーバ 側 のイメージ・マップの 使 用フレームの 長 文 の 説 明 へのリンクイメージ 名イメージ・データのフィールドへのリンククライアント 側 のイメージ・マップの 使 用上 下 に 挿 入 する 空 白 の 量幅 の 指 定値“top”、“middle”、“bottom”、“left”、“right”数 値数 値数 値値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効URI文 字 列URIURI数 値数 値Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列CSP および HTML タグ・リファレンス 97


HTML タグ他 の 属 性属 性ALT説 明簡 単 な 説 明値文 字 列概 要イメージを 貼 り 付 けるタグです。98 CSP および HTML タグ・リファレンス


タグの URL の 書 き 換 えを 処 理 します。...属 性一 般 的 な 属 性属 性SRC説 明HTML ファイルの URL値文 字 列概 要このルールは、 タグの URL の 書 き 換 えを 処 理 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 99


HTML タグ入 力 用 のオブジェクトを 作 成 します。属 性CSPBind 属 性属 性CSPBINDCSPCAPTIONCSPNOTRIMCSPREQUIREDCSPVALIDDELIMITER概 要結 合 するオブジェクト・プロパティ 名エラー・メッセージ 内 のプロパティ 名この 属 性 が 存 在 する 場 合 、オブジェクト 値の 空 白 を 削 除 しませんこの 属 性 が 存 在 する 場 合 、 値 を 指 定 する必 要 があります要 素 のコンテンツ 検 証 を 実 行 するクライアント 側 の JavaScript コードリストの 要 素 間 に 付 ける 区 切 り 文 字値文 字 列 。文 字 列 。値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効文 字 列 。文 字 列 。CSPText の 属 性属 性ARG1ARG2ARG3ARG4DOMAINLANGUAGETEXTID説 明メッセージ・テキストの %1 を 置 換メッセージ・テキストの %2 を 置 換メッセージ・テキストの %3 を 置 換メッセージ・テキストの %4 を 置 換テキストを 検 索 する 任 意 のアプリケーション・ドメイン。この 属 性 を 指 定 しない 場合 、%response.Domain が 使 用 されます。テキストを 検 索 する 任 意 の RFC 1766フォーマット 言 語 名 。この 属 性 を 指 定 しない 場 合 、%response.Language が 使 用 されます。ドメイン 内 のテキスト 文 字 列 識 別 子値文 字 列 。文 字 列 。文 字 列 。文 字 列 。文 字 列 。文 字 列 。文 字 列 。100 CSP および HTML タグ・リファレンス


重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列 。文 字 列 。文 字 列 。文 字 列 。イベント 属 性属 性ONBLURONCHANGEONCLICKONDBLCLICKONFOCUSONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUPONSELECT説 明要 素 がフォーカスを 失 いました要 素 の 値 が 変 更 されましたマウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされました要 素 がフォーカスされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されましたテキストが 選 択 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードCSP および HTML タグ・リファレンス 101


HTML タグ一 般 的 な 属 性属 性CHECKEDDISABLEDMAXLENGTHNAMEREADONLYSIZESRCTYPEVALUE説 明ラジオ・ボタンとチェック・ボックスを 指 定このコンテキストでの、 使 用 と 選 択 を 不 可にしますテキスト・フィールドの 最 大 文 字 数フォームの 一 部 として 送 信 しますテキストとパスワードの 入 力 と 変 更 を 不 可にします各 フィールド・タイプにサイズを 指 定イメージ・データのフィールドへのリンク必 要 なページ 要 素 の 種 類ラジオ・ボタンとチェック・ボックスを 指 定値値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効数 値 。文 字 列 。値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効数 値 。URI“TEXT”、“PASSWORD”、“CHECKBOX”、“RADIO”、“SUBMIT”、“BUTTON”、“RESET”、“FILE”、“HID”文 字 列 。Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列 。他 の 属 性属 性ACCEPTACCESSKEYALIGNALTISMAPTABINDEXUSEMAP説 明ファイル・アップロード 用 の MIME タイプ・リストアクセス・キーを 指 定位 置 の 指 定簡 単 な 説 明サーバ 側 のイメージ・マップの 使 用タブ 順 序 の 位 置クライアント 側 のイメージ・マップの 使 用値文 字 列 。文 字 列 。“top”、“middle”、“bottom”、“left”、“right”文 字 列 。値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効数 値 。URI説 明入 力 用 のオブジェクトを 作 成 します。102 CSP および HTML タグ・リファレンス


挿 入 されたテキストを 示 します。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性CITEDATETIME説 明変 更 に 関 する 情 報変 更 日 時値URILang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列CSP および HTML タグ・リファレンス 103


HTML タグ概 要挿 入 されたテキストを 示 します。104 CSP および HTML タグ・リファレンス


Netscape 互 換 のために、 タグの URL の 書 き 換 えを 処 理 します。...属 性一 般 的 な 属 性属 性SRC説 明HTML ファイルの URL値文 字 列概 要このルールは、Netscape 互 換 のために、 タグの URL の 書 き 換 えを 処 理 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 105


HTML タグ外 部 リンクとの 関 係 を 指 定 します。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード106 CSP および HTML タグ・リファレンス


一 般 的 な 属 性属 性CHARSETHREFHREFLANGMEDIARELREVTARGETTYPE説 明リンク 先 のリソースの 文 字 セットリンク 先 のリソースの URIリンク 先 のリソースの 言 語 コードスタイル 設 定 が 反 映 される 出 力 メディアを指 定順 方 向 のリンク・タイプ逆 方 向 のリンク・タイプリンク 先 を 表 示 させるフレーム 名リンク 先 のコンテンツ・タイプ値文 字 列URI文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要外 部 リンクとの 関 係 を 指 定 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 107


HTML タグクライアント 側 のイメージ・マップを 構 成 します。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性NAME説 明マップ 名値文 字 列Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列108 CSP および HTML タグ・リファレンス


概 要クライアント 側 のイメージ・マップを 構 成 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 109


HTML タグ文 書 に 関 する 付 加 的 な 情 報 を 提 供 します。属 性一 般 的 な 属 性属 性CONTENTHTTP-EQUIVNAMESCHEME説 明http-equiv 属 性 、あるいは name 属 性 に対 するメタ・データ 値情 報 のタイプを 指 定定 義 するメタ・データ 名名 前 に 対 するメタ・データのフォーマット値文 字 列“content-type”、“expires”、“refresh”、“set-cookie”文 字 列文 字 列Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要HTTP サーバを 使 用 して、HTML データから 付 加 的 な HTTP ヘッダ 情 報 を 生 成 できます。CSP は、http-equiv=contenttypeと http-equiv-expires をサポートします。110 CSP および HTML タグ・リファレンス


改 行 を 禁 止 する 領 域 を 定 義 します。概 要改 行 を 禁 止 する 領 域 を 定 義 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 111


HTML タグフレーム 未 対 応 ブラウザのためのタグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードLang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要フレーム 未 対 応 ブラウザのためのタグです。112 CSP および HTML タグ・リファレンス


オブジェクトを 埋 め 込 むためのタグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性ALIGNBORDERCLASSIDCODEBASEDATA説 明位 置 の 指 定リンクの 境 界 線 の 幅実 行 プログラムを 指 定CLASSID、DATA、ARCHIVE の 基 準 となる URIオブジェクトのデータを 参 照 する 場 所 を 指定値“top”、“middle”、“bottom”、“left”、“right”数 値URIURIURICSP および HTML タグ・リファレンス 113


HTML タグ属 性DECLAREHEIGHTHSPACENAMEUSEMAPVSPACEWIDTHLang 属 性属 性DIRLANG説 明定 義 だけを 行 い、インスタンス 化 を 行 わないフラグ高 さの 指 定左 右 に 挿 入 する 空 白 の 量送 信 する 名 前クライアント 側 のイメージ・マップの 使 用上 下 に 挿 入 する 空 白 の 量幅 の 指 定説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効数 値数 値文 字 列URI数 値数 値値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列他 の 属 性属 性ARCHIVECODETYPESTANDBYTABINDEXTYPE説 明スペースで 区 切 られた URI リストコードのコンテンツ・タイプロード 中 に 表 示 するテキストタブ 順 序 の 位 置データのコンテンツ・タイプ値文 字 列文 字 列文 字 列数 値文 字 列概 要オブジェクトを 埋 め 込 むためのタグです。114 CSP および HTML タグ・リファレンス


番 号 付 きのリストを 作 成 するタグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性STARTTYPE説 明リストの 開 始 値リスト 番 号 のスタイル値数 値“ ”.Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列CSP および HTML タグ・リファレンス 115


HTML タグ概 要番 号 付 きのリストを 作 成 するタグです。116 CSP および HTML タグ・リファレンス


選 択 項 目 のグループを 定 義 するタグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性DISABLEDLABEL説 明このコンテキストでの、 使 用 と 選 択 を 不 可にしますグループ・ラベル値値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効文 字 列Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列CSP および HTML タグ・リファレンス 117


HTML タグ概 要選 択 項 目 のグループを 定 義 するタグです。118 CSP および HTML タグ・リファレンス


選 択 項 目 の 各 項 目 を 定 義 するタグです。属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性CHECKEDLABELSELECTEDVALUE説 明ラジオ・ボタンとチェック・ボックスを 指 定グループ・ラベル初 期 状 態 で 選 択 される 項 目 を 指 定値値値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効文 字 列値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効文 字 列CSP および HTML タグ・リファレンス 119


HTML タグLang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要選 択 項 目 の 各 項 目 を 定 義 するタグです。関 連 項 目MultichoiceOption120 CSP および HTML タグ・リファレンス


パラグラフを 指 定 します。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性ALIGN説 明位 置 の 指 定値“left”、“center”、“right”、“justify”Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列CSP および HTML タグ・リファレンス 121


HTML タグ説 明パラグラフを 指 定 します。122 CSP および HTML タグ・リファレンス


プロパティ 値 を 設 定 します。...属 性一 般 的 な 属 性属 性IDNAMETYPEVALUEVALUETYPE説 明IDプロパティ 名valuetype=ref の 場 合 にのみ、コンテンツ・タイプを 指 定プロパティ 値VALUE 属 性 の 値 のデータ 型値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列“DATA”、“REF”、“OBJECT”概 要プロパティ 値 を 設 定 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 123


HTML タグフォーマットしない 領 域 を 定 義 します。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードLang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列説 明フォーマットしない 領 域 を 定 義 します。124 CSP および HTML タグ・リファレンス


インラインの 引 用 文 であることを 示 します。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性CITE説 明ソース・ドキュメントあるいはメッセージのURI値URILang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列CSP および HTML タグ・リファレンス 125


HTML タグ概 要インラインの 引 用 文 であることを 指 定 します。126 CSP および HTML タグ・リファレンス


サーバとクライアントのスクリプト・タグです。...属 性一 般 的 な 属 性属 性LANGUAGE説 明スクリプト 言 語値“cache”、“sql”、“esql”、または“basic”Caché または Basic 属 性属 性RUNATMETHODPROCEDUREBLOCKARGUMENTSRETURNTYPE説 明Caché インライン・スクリプトを 実 行 するタイミング定 義 済 みの Caché メソッド 名METHOD が 指 定 されている 場 合 、このメソッドで Caché ObjectScript プロシージャ・ブロックを 使 用 できるかどうかを 示 します(Basic スクリプトは 無 視 されます)。METHOD が 指 定 されている 場 合 、メソッドの 引 数 のリストです。METHOD が 指 定 されている 場 合 、メソッドによって 値 のデータ 型 が 返 されます。値“server” あるいは “compiler”文 字 列 。1 – スクリプトでプロシージャ・ブロックを 使用 できる 場 合 。0 — スクリプトでプロシージャ・ブロックを使 用 できない 場 合 。 既 定 値 。P1=value, P2=value,.... Pn=value の 形 式の、コンマ 区 切 りの 引 数 のリストです。文 字 列 。SQL の 属 性属 性MODENAMEP1 ... Pn説 明クエリの 実 行 時 モードダイナミック SQL に 対 し、%ResultSet オブジェクトへの 参 照 を 保 持 するローカル 変数 名ダイナミック SQL に 対 するクエリ・パラメータ 値値“LOGICAL”、“ODBC”、“DISPLAY”、“SYSTEM”文 字 列 。P1, P2, ... Pn の 形 式 のコンマ 区 切 りの 文字 列説 明SCRIPT タグは、サーバ 側 の Caché スクリプト、サーバ 側 の SQL スクリプト、もしくはクライアント 側 の JavaScript スクリプトを 定 義 するために 使 用 します。Caché では、runat 属 性 や method 属 性 を 使 用 します。SQL では、name 属 性 や cursor属 性 を 使 用 します。ESQL では、 属 性 を 使 用 しません。 他 の 属 性 は Javascript で 使 用 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 127


HTML タグ注 釈クライアントでは JavaScript スクリプトのみが 実 行 されます。Caché スクリプトおよび SQL スクリプトはサーバ 上で 実 行 されます。埋 め 込 み SQL の 使 用 法 タグは、タグのコンテンツを、CSP ページにより 生 成 されたクラス 内 の 埋 め 込 み SQL として 挿 入 します。...SQL クエリの 指 定 タグは、このタグの 内 部 テキスト 内 に 定 義 された SQL クエリに 基 づいて、%ResultSet オブジェクトを 生 成 します。このクエリの WHERE 節 には、パラメータ ( 実 行 時 に 置 換 される 値 ) を 指 定 できます。これらのパラメータは、? 文 字 を 使 用 して 指 定 します。このタグは、%ResultSet オブジェクトを 参 照 するサーバ 側 の 変 数 を 定 義 します。その 名 前 はタグの NAME 属 性 で 指 定 します。%ResultSet オブジェクトは、(タグの Pn 属 性 で 提 供 されたパラメータ 値 を使 用 して Execute メソッドを 呼 び 出 すことで) 自 動 的 に 準 備 ・ 実 行 され、ページ 内 で 使 用 できる 状 態 になります。 以 下 の例 は、クエリを 実 行 すると、 箇 条 書 きのリストを 作 成 します。SELECT ID,Name FROM IscPersonWHERE Name %STARTSWITH ? Order By Name#(query.Get("Name"))#128 CSP および HTML タグ・リファレンス


選 択 項 目 リストのメニューを 定 義 するタグです。...属 性CSPBind 属 性属 性CLASSNAMECSPBINDCSPCAPTIONCSPNOTRIMCSPREQUIREDCSPVALIDDELIMITERFIELDMODEQUERY概 要選 択 項 目 リスト 用 の 値 を 取 得 するクラス名結 合 するオブジェクト・プロパティ 名エラー・メッセージ 内 のプロパティ 名この 属 性 が 存 在 する 場 合 、オブジェクト 値の 空 白 を 削 除 しませんこの 属 性 が 存 在 する 場 合 、 値 を 指 定 する必 要 があります要 素 のコンテンツ 検 証 を 実 行 するクライアント 側 の JavaScript コードリストの 要 素 間 に 付 ける 区 切 り 文 字クラス 名 で 指 定 したクラスのプロパティ。値 は 選 択 項 目 リストに 表 示 されます。CSPBIND および QUERY と 併 用 します。クエリの 実 行 時 出 力 モードを 指 定 します。有 効 な 値 は 以 下 のとおりです。DISPLAY、ODBC、LOGICAL、SYSTEM選 択 項 目 リストを 作 成 するクエリ。フィールド 名 、あるいはクラス 名 が 存 在 する 場合 、 必 ず 必 要 です。値文 字 列文 字 列文 字 列値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONBLUR説 明要 素 がフォーカスを 失 いました値JavaScript コードCSP および HTML タグ・リファレンス 129


HTML タグ属 性ONCHANGEONCLICKONDBLCLICKONFOCUSONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP一 般 的 な 属 性属 性DISABLEDMULTIPLENAMESIZE説 明要 素 の 値 が 変 更 されましたマウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされました要 素 がフォーカスされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました説 明このコンテキストでの、 使 用 と 選 択 を 不 可にします複 数 選 択 を 許 可 しますフォームの 一 部 として 送 信 します表 示 する 行 数値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード値値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効文 字 列数 値Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列他 の 属 性属 性TABINDEXDEFAULTTEXT説 明タブ 順 序 の 位 置必 須 ではないプロパティ 用 に 生 成 される、既 定 として 使 用 されるテキスト値数 値テキスト 文 字 列説 明 タグに 関 連 付 けられた QUERY 属 性 は、CLASSNAME 属 性 で Caché クラス 内 に 定 義 された、 指定 されたクエリに 基 づいて %ResultSet オブジェクトを 生 成 します。%ResultSet オブジェクトは (このタグの 様 々な Pn 属性 のパラメータ 値 を 使 用 して Execute メソッドを 呼 び 出 すことによって) 自 動 的 に 実 行 され、FIELD 属 性 のプロパティか130 CSP および HTML タグ・リファレンス


らオプション・リストの 作 成 に 使 用 されます。QUERY 属 性 の 最 初 の 列 は、 タグの 値 属 性 を 生 成 するために 使用 されます。オブジェクトがそのようにリンクされている 場 合 は、ID が 最 初 の 列 であることを 確 認 します。例 :FIELD 属 性 では 2 つのフィールドを 指 定 できます。 例 :CSP および HTML タグ・リファレンス 131


HTML タグSPAN タグです。...属 性CSPText の 属 性属 性ARG1ARG2ARG3ARG4DOMAINLANGUAGETEXTID説 明メッセージ・テキストの %1 を 置 換メッセージ・テキストの %2 を 置 換メッセージ・テキストの %3 を 置 換メッセージ・テキストの %4 を 置 換テキストを 検 索 する 任 意 のアプリケーション・ドメイン。この 属 性 を 指 定 しない 場合 、%response.Domain が 使 用 されます。テキストを 検 索 する 任 意 の RFC 1766フォーマット 言 語 名 。この 属 性 を 指 定 しない 場 合 、%response.Language が 使 用 されます。ドメイン 内 のテキスト 文 字 列 識 別 子値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列132 CSP および HTML タグ・リファレンス


イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードLang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要SPAN タグです。CSP および HTML タグ・リファレンス 133


HTML タグ強 調 したい 要 素 に 使 用 します。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードLang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要強 調 したい 要 素 に 使 用 します。134 CSP および HTML タグ・リファレンス


STYLE SRC タグの URL の 書 き 換 えを 処 理 します。...属 性一 般 的 な 属 性属 性SRC説 明HTML ファイルの URL値文 字 列概 要このルールは、STYLE SRC タグの URL の 書 き 換 えを 処 理 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 135


HTML タグ文 字 を 下 付 添 え 字 にするタグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードLang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要文 字 を 下 付 添 え 字 にするタグです。136 CSP および HTML タグ・リファレンス


文 字 を 上 付 添 え 字 にするタグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードLang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要文 字 を 上 付 添 え 字 にするタグです。CSP および HTML タグ・リファレンス 137


HTML タグテーブルを 作 成 するタグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード138 CSP および HTML タグ・リファレンス


一 般 的 な 属 性属 性ALIGNBGCOLORBORDERCELLPADDINGCELLSPACINGFRAMERULESSUMMARYWIDTH説 明ウィンドウに 対 するテーブルの 位 置セルの 背 景 色テーブルのフレームの 幅罫 線 とセル 内 テキストの 余 白セル 間 の 余 白フレームの 罫 線 の 表 示 方 法 を 指 定行 と 列 の 罫 線 の 表 示 方 法 を 指 定テーブルの 説 明 や 構 造 の 記 述テーブルの 幅値“left”、“center”、“right”HTML の 色 の 値数 値数 値数 値文 字 列文 字 列文 字 列数 値Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要テーブルを 作 成 するタグです。CSP および HTML タグ・リファレンス 139


HTML タグテーブルのセルを 指 定 します。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード140 CSP および HTML タグ・リファレンス


一 般 的 な 属 性属 性ALIGNBGCOLORCOLSPANHEIGHTNOWRAPROWSPANVALIGNWIDTH説 明テーブルに 対 する 行 の 位 置セルの 背 景 色結 合 するセルの 列 数セルの 高 さ折 り 返 しの 禁 止結 合 するセルの 行 数テーブルに 対 する 行 の 垂 直 位 置セルの 幅値“left”、“center”、“right”HTML の 色 の 値数 値数 値値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効数 値“top”、“center”、“bottom”、“baseline”数 値Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列他 の 属 性属 性ABBRAXISCHARCHAROFFHEADERSSCOPE説 明ヘッダのセル・データの 省 略 形コンマで 区 切 られたヘッダ・リスト桁 揃 え 文 字桁 揃 え 文 字 へのオフセットヘッダ・セルの ID リストヘッダ・セルの 有 効 範 囲値文 字 列文 字 列文 字 列数 値文 字 列文 字 列説 明テーブルのセルを 指 定 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 141


HTML タグテキスト 入 力 エリアを 作 成 するタグです。...属 性CSPBind 属 性属 性CSPBINDCSPCAPTIONCSPNOTRIMCSPREQUIREDCSPVALIDDELIMITER説 明結 合 するオブジェクト・プロパティ 名エラー・メッセージ 内 のプロパティ 名この 属 性 が 存 在 する 場 合 、オブジェクト 値の 空 白 を 除 去 しませんこの 属 性 が 存 在 する 場 合 、 値 を 指 定 する必 要 があります要 素 のコンテンツ 検 証 を 実 行 するクライアント 側 の JavaScript コードリストの 要 素 間 につける 区 切 り 文 字値文 字 列文 字 列値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効文 字 列文 字 列重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONBLURONCHANGEONCLICKONDBLCLICKONFOCUSONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWN説 明要 素 がフォーカスを 失 いました要 素 の 値 が 変 更 されましたマウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされました要 素 がフォーカスされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード142 CSP および HTML タグ・リファレンス


属 性ONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUPONSELECT一 般 的 な 属 性属 性COLSDISABLEDNAMEREADONLYROWS説 明ポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されましたテキストが 選 択 されました説 明列 数このコンテキストでの、 使 用 と 選 択 を 不 可にしますフォームの 一 部 として 送 信 しますテキストとパスワードの 入 力 と 変 更 を 不 可にします行 数値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード値数 値値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効文 字 列値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効数 値Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列他 の 属 性属 性ACCESSKEYTABINDEX説 明アクセス・キーを 指 定タブ 順 序 の 位 置値文 字 列数 値概 要テキスト 入 力 エリアを 作 成 するタグです。CSP および HTML タグ・リファレンス 143


HTML タグテーブルのヘッダを 指 定 します。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード144 CSP および HTML タグ・リファレンス


一 般 的 な 属 性属 性ALIGNBGCOLORCOLSPANHEIGHTNOWRAPROWSPANVALIGNWIDTH説 明テーブルに 対 する 行 の 位 置セルの 背 景 色結 合 するセルの 列 数セルの 高 さ折 り 返 しの 禁 止結 合 するセルの 行 数テーブルに 対 する 行 の 垂 直 位 置セルの 幅値“left”、“center”、“right”HTML の 色 の 値数 値数 値値 なし : 属 性 が 存 在 する 場 合 に 有 効数 値“top”、“center”、“bottom”、“baseline”数 値Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列他 の 属 性属 性ABBRAXISCHARCHAROFFHEADERSSCOPE説 明ヘッダのセル・データの 省 略 形コンマで 区 切 られたヘッダ・リスト桁 揃 え 文 字桁 揃 え 文 字 へのオフセットヘッダ・セルの ID リストヘッダ・セルの 有 効 範 囲値文 字 列文 字 列文 字 列数 値文 字 列文 字 列概 要テーブルのヘッダを 指 定 します。CSP および HTML タグ・リファレンス 145


HTML タグHTML 文 書 のタイトルを 定 義 します。...属 性Lang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要HTML 文 書 のタイトルを 定 義 します。146 CSP および HTML タグ・リファレンス


テーブルの 行 を 指 定 するタグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コード一 般 的 な 属 性属 性ALIGNBGCOLORVALIGN説 明テーブルに 対 する 行 の 位 置セルの 背 景 色テーブルに 対 する 行 の 垂 直 位 置値“left”、“center”、“right”HTML の 色 の 値“top”、“center”、“bottom”、“baseline”CSP および HTML タグ・リファレンス 147


HTML タグLang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列他 の 属 性属 性CHARCHAROFF説 明桁 揃 え 文 字桁 揃 え 文 字 へのオフセット値文 字 列数 値説 明テーブルの 行 を 指 定 するタグです。148 CSP および HTML タグ・リファレンス


箇 条 書 きリストのタグです。...属 性重 要 な 属 性属 性CLASSIDSTYLETITLE説 明スペースで 区 切 られたクラス・リスト一 意 の 識 別 子関 連 付 けされたスタイル 情 報補 足 タイトル値文 字 列文 字 列文 字 列文 字 列イベント 属 性属 性ONCLICKONDBLCLICKONKEYDOWNONKEYPRESSONKEYUPONMOUSEDOWNONMOUSEMOVEONMOUSEOUTONMOUSEOVERONMOUSEUP説 明マウスがクリックされましたマウスがダブルクリックされましたキーが 押 されましたキーの 押 下 後 、 離 されましたキーが 離 されましたマウスが 押 されましたポインタが 領 域 内 に 移 動 しましたポインタが 領 域 外 に 移 動 しましたポインタが 領 域 内 にありますマウスが 離 されました値JavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードJavaScript コードLang 属 性属 性DIRLANG説 明テキストを 読 む 方 向言 語 コード値“ltr” あるいは “rtl”文 字 列概 要箇 条 書 きリストのタグです。CSP および HTML タグ・リファレンス 149


スタジオ・テンプレート・タグCSP および HTML タグ・リファレンス 151


スタジオ・テンプレート・タグスタジオ・テンプレートの 最 終 ページです。概 要スタジオでテキスト・ドキュメント・テンプレート、または 新 規 のドキュメント・テンプレートを 生 成 する 場 合 、テンプレートの 最終 ページ ( 実 際 のテンプレート・テキストを 生 成 するスタジオ 内 で 挿 入 されるページ) の 先 頭 に、このタグを 挿 入 します。このタグにより、ページに 正 しいタグが 出 力 され、スタジオでこれが 最 終 テンプレート・ページであることが 示 され、 出 力 が現 在 のカーソル 位 置 に 挿 入 されます。例 えば、HTML カラー・テンプレートの 最 終 ページ (/cachesys/dev/studio/HTMLColor2.csp 参 照 ) は、 以 下 のようになります。#($G(%request.Data("COLOR",1),"#FFFFFF"))# タグは、テンプレートの 最 終 ページであることを 示 します。このタグの 後 に 続 くテキストは、カーソル・ポイントに 挿 入 されます (この 場 合 、 式 が 評 価 されてテキストが 生 成 されます)。詳 細 は、"スタジオ・テンプレート" のドキュメントを 参 照 してください。152 CSP および HTML タグ・リファレンス


スタジオのインタラクティブ・テンプレートです。属 性一 般 的 な 属 性属 性DESCRIPTIONNAMEMODETYPE説 明スタジオ・テンプレート・タイプの 説 明スタジオで 表 示 されるテンプレート 名 。この 名 前 は、 一 意 である 必 要 があります。このテンプレートのオペレーティング・モードを 指 定 。 指 定 しない 場 合 は、テキスト・テンプレートになります。この 値 が “new”の 場 合 、これは 新 規 のドキュメント 用 テンプレートであり、 値 が “addin” の 場 合 は、アドイン・テンプレートです。コンマで 区 切 られた、1 つ 以 上 のタイプのリスト。このテンプレートが 生 成 するコード・タイプを 指 定 します。テキスト・テンプレートではテンプレートを 呼 び 出 すドキュメント・ウィンドウのタイプを 指 定 し、 新 規 ドキュメント・テンプレートでは 生 成 されたドキュメントのタイプを 指 定 します。アドイン・テンプレートでは、TYPE は 無 視 されます。値文 字 列文 字 列“template” ( 既 定 )、“new”、“addin”“CSP”、“CSR”、“MAC”、“INT”、“INC”、“BAS”、“CLS”概 要このタグは、スタジオでインタラクティブ・テンプレートを 定 義 するのに 使 用 します。スタジオでインタラクティブ・テンプレートを 生 成 するには、CSP ドキュメントを 作 成 し、そのドキュメントの 一 番 上 に、このタグを 配 置 して 適 切 な 属 性 を 付 けます。詳 細 は、"スタジオ・テンプレート" のドキュメントを 参 照 してください。CSP および HTML タグ・リファレンス 153


スタジオ・テンプレート・タグ単 純 なスタジオ・テンプレートです。属 性一 般 的 な 属 性属 性DESCRIPTIONNAMEMODETYPE説 明スタジオ・テンプレート・タイプの 説 明スタジオで 表 示 されるテンプレート 名このテンプレートのオペレーティング・モードを 指 定 。 指 定 しない 場 合 は、テキスト・テンプレートになります。この 値 が “new”の 場 合 、これは 新 規 のドキュメント 用 テンプレートであり、 値 が “addin” の 場 合 は、アドイン・テンプレートです。コンマで 区 切 られた、1 つ 以 上 のタイプのリスト。このテンプレートが 生 成 するコード・タイプを 指 定 します。テキスト・テンプレートではテンプレートを 呼 び 出 すドキュメント・ウィンドウのタイプを 指 定 し、 新 規 ドキュメント・テンプレートでは 生 成 されたドキュメントのタイプを 指 定 します。アドイン・テンプレートでは、TYPE は 無 視 されます。値文 字 列文 字 列“template” ( 既 定 )、“new”、“addin”“CSP”、“CSR”、“MAC”、“INT”、“INC”、“BAS”、“CLS”概 要このタグは、スタジオで 単 純 なテンプレートを 定 義 するのに 使 用 します。 単 純 なテンプレートには、スタジオ 内 でのユーザ・インタフェースがありません。スタジオで 単 純 なテンプレートを 生 成 するには、CSP ドキュメントを 作 成 し、そのドキュメントの 一 番 上 に、 適 切 な 属 性 のセットを 付 けてこのタグを 配 置 します。詳 細 は、"スタジオ・テンプレート" のドキュメントを 参 照 してください。154 CSP および HTML タグ・リファレンス

More magazines by this user
Similar magazines