12.07.2015 Views

K000310-0014 - APPLIC(一般財団法人 全国地域情報化推進協会)

K000310-0014 - APPLIC(一般財団法人 全国地域情報化推進協会)

K000310-0014 - APPLIC(一般財団法人 全国地域情報化推進協会)

SHOW MORE
SHOW LESS

Create successful ePaper yourself

Turn your PDF publications into a flip-book with our unique Google optimized e-Paper software.

【 付 録 3】地 域 情 報 プラットフォーム 準 拠 確 認 チェックリスト: 「サービス 基 盤 」申 請 先 : 財 団 法 人 全 国 地 域 情 報 化 推 進 協 会 事 務 局バージョン:V2.5(2010/11/8) 版「BPM 製 品 PF 準 拠 確 認 チェックリストAPPLIC 登 録 番 号 : K000310-0014APPLICで 記 載※ 赤 字 部 分 は、V2.2からV2.4の 変 更 箇 所 、 青 字 部 分 は、V2.4からV2.5の 変 更 部 分 をしめす。(1) 対 象 標 準 とバージョンAPPLIC-0010-2010・プラットフォーム 通 信 標 準 仕 様 V2.1 ・アーキテクチャ 標 準 仕 様 V2.1(2) PF 準 拠 確 認 対 象 製 品 やシステムの 情 報 と 連 絡 先(a) 申 請 日 ( 西 暦 年 月 日 ):2011 年 1 月 17 日(b) 申 請 区 分 ( 新 規 、 修 正 、 破 棄 ): 新 規(c) 申 請 者団 体 名 : 株 式 会 社 日 立 製 作 所 ★ 識 別 キー 項 目 1団 体 のURL:http://www.hitachi.co.jp/( 識 別 キー 項 目 3つでAPPLIC 会 員 番 号 : K000310ユニークになるように申 請 者 が 指 定 する)(d) 製 品 情 報製 品 説 明 のURL:http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/app/kyo2/代 表 製 品 名 : uCosminexus Service Platform ★ 識 別 キー 項 目 2複 数 製 品 で 構 成 する 場 合 追 記 :複 数 製 品 で 構 成 する 場 合 追 記 :複 数 製 品 で 構 成 する 場 合 追 記 :製 品 識 別 情 報 (バージョン 等 ): V8.5 ★ 識 別 キー 項 目 3リリース 日 ( 予 定 )( 西 暦 月 日 ):2010 年 3 月 26 日対 応 OS:製 品 の 形 態 ((1) 型 から(3) 型 ):Windows, Linux, HP-UX, AIX(1) 型全 て 同 一 提 供 者(PF 通 信 内 部 実 装 型 )BPM 製 品(サービスIF 処 理 )(PF 通 信 処 理 )全 て 同 一 提 供 者( 製 品 分 離 型 )BPM 製 品(サービスIF 処 理 )PF 通 信 製 品Y 社 製 品 を前 提 製 品 として 申 請BPM 製 品(サービスIF 処 理 )Y 社 PF 通 信 製 品(1) 型 (2) 型 (3) 型前 提 となるPF 通 信 製 品前 提 PF 通 信 製 品 名 : ※1前 提 PF 通 信 製 品 名 : ※1※1 (2) 型 、(3) 型 の 場 合 、 既 に、 準 拠 登 録 申 請 してあるPF 通 信 機 能 を 実 装 する 製 品 名 を 記 載 する。(3)PF 準 拠 確 認 チェック 項 目 ( 準 拠 ルール)※: 下 記 の 機 能 が 実 装 された 製 品 でなく、ソリューションによる 提 供 場 合 、「 前 提 事 項 や 制 限 事 項 」の 欄 にそのことを 記 載 すること◎: 対 応 、○: 制 約 のあるもの( 制 約 がある 場 合 は 備 考 欄 に 記 載 する)↓番 号準 拠 ルール( 番 号 ( CS-RXXXXX)は、サービス 基 盤 標 準 書 に 記 載 のある 関 連 準 拠 ルールの 番 号 )必 須 /選 択サイト 内 ・ 外 共 通製 品 ・システム確 認1 「PF 通 信 (PF 通 信 機 能 )」 製 品 PF 準 拠 確 認 チェックリストにおける 準 拠 ルールを 満 たす必 須 ◎1-1 HTTP 通 信 (IPv4、HTTP1.1)を 行 えること (CS-R020001, CS-R020002) 必 須 ◎1-2 SOAP 通 信 (SOAP1.1、document/literal, WS-Iベーシックプロファイル1.0)を 行 えること必 須(CS-R020003,CS-R020004)◎1-3 標 準 仕 様 書 で 定 義 するXMLインスタンスの 形 式 に 対 応 できること (CS-R032001) 必 須 ◎1-4 標 準 仕 様 書 で 定 義 するサービスインタフェース 定 義 に 対 応 できること (CS-R032003) 必 須 ◎1-5 標 準 仕 様 書 で 定 義 するメッセージ 交 換 パターンに 対 応 できること必 須(CS-R060001~CS-R060005, CS-R060006,CS-R060007, CS-R060009)◎APPLIC確 認 欄1/2 APPLIC


【 付 録 3】地 域 情 報 プラットフォーム 準 拠 確 認 チェックリスト: 「サービス 基 盤 」2 プラットフォーム 通 信 標 準 仕 様 第 4 章 「プラットフォーム 通 信 標 準 のビジネスプロセス 制 御 定 義 仕 様 」 必 須における 機 能 要 件 満 たす。2-1 BPM 機 能 は、WS-BPELに 準 拠 した 以 下 の 機 能 要 件 を 満 たすこと必 須・WS-BPEL V2.0に 準 拠 していること (CS-R040001)・サービス 呼 出 I/F に 関 するreceive、reply、invoke (CS-R040003)・ 実 行 制 御 に 関 するsequence、flow、if、while (CS-R040004)(ただし、V1.0の 場 合 は、linkがあるflowは 対 応 できなくてもよい)・throw (CS-R040005)・ 変 数 処 理 に 関 するassign (CS-R040006)・fault Handler (CS-R040007)・コリレーションセット (CS-R040008)・XML の 部 分 データを 変 数 に 割 り 当 てるためのXpath 1.0 (CS-R040010)◎◎備 考 欄 ( 前 提 事 項 や 制 限 事 項 )・2/2 APPLIC

Hooray! Your file is uploaded and ready to be published.

Saved successfully!

Ooh no, something went wrong!