heavy_equipment_machinery_brochure_X19.indd (Japanese)

plm.automation.siemens.com

heavy_equipment_machinery_brochure_X19.indd (Japanese)

重 機 業 界 のイノベーション・

プロセスを 変 革 するには、

どうすればよいでしょうか。

シーメンスPLMソフトウェアは、「いい「もの」、いいものづくり」のための 製 品

ラ イフ サ イクル 管 理 ( PLM)ソリューションを 提 供 しています

siemens.com/plm


業 界 の 動 向

変 化 の 激 しいグローバル 経 済 の 状 況 を 受 け、 資 本 集 約 的 な 製 造 企 業 には、グローバ

ル 競 争 の 激 化 によって 悪 化 した 差 し 迫 った 課 題 があります。 資 本 集 約 的 な 製 造 企 業

では、より 多 くの 機 能 を 提 供 するように 圧 力 がかかる 一 方 で、コストの 削 減 も 要 求 さ

れます。さらに、 汚 染 物 質 排 出 量 の 削 減 、 長 期 的 なエネルギー 効 率 の 向 上 およびそ

れに 関 連 するコストの 削 減 を 通 して、 持 続 可 能 な 社 会 を 推 進 しようとする 世 界 的 な

動 きもあります。

これらの 要 因 が 重 なり、 重 機 製 造 企 業 には、 製 造 および 販 売 する 製 品 に 継 続 的 に

イノベーションを 取 り 入 れ、 製 品 を 最 適 化 する 必 要 性 が 生 じています。

今 日 の 重 機 製 造 企 業 は、 非 常 に 複 雑 な 新 しい 製 品 開 発 プロセスを 採 用 しています。

これらのプロセスは、 言 い 換 えれば、 製 品 をより 迅 速 に 自 信 を 持 って 提 供 することが

求 められるプロセス、または 世 界 情 勢 に 合 わせて 実 施 される 何 百 もの 意 思 決 定 と、

並 行 するワークフローによって 構 成 されるプロセスとも 言 えます。

これらのプロセスを 管 理 するために、 重 機 製 造 企 業 はこれらの 複 雑 さをサポート

するソフトウェア 駆 動 のプラットフォームを 必 要 としています。シーメンスPLMソフト

ウェアは、 今 日 の 複 雑 なビジネス 環 境 での 製 造 企 業 の 繁 栄 を 支 援 するPLMプラット

フォームを 提 供 することによってこれらの 現 実 に 対 処 し、「いい「もの」、いいものづ

くり」を 可 能 にします。

2


ビジネス 上 の 課 題

重 機 製 造 企 業 は、 新 しい 状 況 に 適 応 すると

いう 課 題 に 常 に 直 面 しています。グローバル

競 争 の 激 しい 環 境 で 確 実 に 利 益 を 上 げるに

はどうすればよいのでしょうか。 生 産 性 の 向

上 に 対 する 高 まるニーズに 応 えながら、 操 作

性 能 と 信 頼 性 を 向 上 するにはどうすればよ

いのでしょうか。 一 貫 した 高 いスループット、

処 理 能 力 の 向 上 、 品 質 の 向 上 、ライフサイク

ルコストの 削 減 に 対 する 要 求 に 応 えるには

どうすればよいのでしょうか。エンドユーザ

および 販 売 店 ネットワークとの 信 頼 関 係 を

築 くにはどうすればよいのでしょうか。

これだけではありません。 企 業 は、 排 出 量

の 規 制 など、ますます 多 くの 新 しい 要 件 に

直 面 しています。 企 業 は、 新 しい 要 件 を 満 た

す 新 製 品 を 提 供 し、 場 合 によっては、それら

の 要 件 を 最 新 の 機 械 に 組 み 込 む 必 要 があ

ります。

別 の 差 し 迫 った 課 題 に、 市 場 に 機 械 を 投 入

するまでにかかる 開 発 および 製 造 時 間 を 大

幅 に 短 縮 することがあります。このようなわ

けで、 競 争 の 基 盤 は 変 化 しており、 企 業 は 優

れた 部 品 管 理 およびサービスによってビジ

ネス・パフォーマンスを 向 上 する 必 要 があ

ります。

3


複 雑 さの 克 服

グローバル 化

現 在 、 先 進 国 では、 老 朽 化 するインフラの 交

換 、 改 修 、および 修 理 が 非 常 に 必 要 とされて

います。また、グローバル 化 が 進 む 市 場 で 各

国 がしのぎを 削 る 中 で、 新 興 市 場 でも 新 しい

インフラ 開 発 を 求 める 需 要 がこれまで 以 上 に

大 きくなっています。これに 対 応 して 重 機 製 造

企 業 も、 顧 客 基 盤 を 求 めて 新 しい 市 場 に 進 出

したり、グローバルなクライアントをサポート

するためにグローバルな 販 売 およびサービス

に 向 けた 新 しいパートナーシップを 結 んだり、

独 自 の 製 品 設 計 および 開 発 センターを 立 ち 上

げたりしています。

これらのグローバル 化 戦 略 を 推 進 するために、

製 造 企 業 は、これまでに 受 注 構 成 (CTO)、 受 注

エ ン ジ ニ アリン グ( ETO)、および 適 地 設 計 適

地 製 造 (DAMA)への 取 り 組 みを 採 用 してきま

した。

最 適 化

新 製 品 のイノベーションは、 複 数 の 作 業 プロセ

スを 伴 います。このプロセスでは、ターゲットの

グローバル 市 場 のニーズに 対 応 するために、

数 多 くの 分 野 が 関 わって、 組 織 の 境 界 を 越 えて

機 能 し、 外 部 ベンダーとコラボレーションするこ

とが 求 められます。これらは、CTOおよびETOプロ

セスの 効 率 を 向 上 させ、DAMAへの 取 り 組 みを 徹

底 することで 達 成 できます。 市 場 のニーズへの

確 実 な 対 応 と 納 期 どおりの 製 品 納 入 は、 取 り 組

みの 状 況 と 変 更 による 影 響 に 対 する 総 合 的 な

可 視 性 を 獲 得 することと、 取 り 返 しのつかない

遅 延 が 発 生 する 前 に 潜 在 的 なボトルネックを

特 定 することにかかっています。また、イノベー

ションに 関 わる 複 雑 さの 管 理 、 正 確 な 製 品 開 発 、

および 製 造 プロセスコストの 管 理 を 実 施 する

には、 計 画 から 生 産 までのプロセスを 最 適 化 す

ることが 必 要 不 可 欠 です。

4


スピード

テクノロジの 進 歩 、 新 しいテクノロジを 求 める

顧 客 需 要 、および 規 制 の 増 加 は、 新 しい 機 能 を

非 常 に 速 いペースで 機 械 に 追 加 するように 重

機 製 造 企 業 を 動 かしています。 加 えて、 短 期 間

でこれらの 機 械 を 提 供 するには、 製 品 を 正 確 に

納 期 どおりに 納 入 することが 求 められ、 失 敗 は

許 されません。また、サイクルタイムおよび 市 場

投 入 期 間 の 短 縮 を 求 める 需 要 もあるため、 複 雑

さは 増 しています。このため、 機 械 のサポートお

よびサービスを 適 切 に 提 供 し、 稼 働 時 間 を 最 大

化 する 必 要 性 が 増 しています。

サステナビリティ

製 品 のエネルギーおよび 排 出 効 率 を 向 上

させる 方 法 の 特 定 には、また 別 の 次 元 の 複

雑 さが 伴 います。 今 日 の 機 械 では、 重 機 ライ

フサイクルのコストの90% 以 上 が 運 転 コス

トです。エネルギーコストの 高 騰 に 伴 い、こ

れからはエネルギー 効 率 に 関 するイノベー

ションを 導 入 した 製 造 企 業 が、 大 きな 競 争

優 位 性 を 確 立 することができると 予 想 され

ます。 同 じことが、 装 置 および 機 械 から 排 出

される 排 気 ガスおよび 廃 棄 物 を 減 らすこと

ができる 企 業 にも 言 えます。また、これから

は 機 械 のコンポーネントや 部 品 のリサイク

ルに 関 連 したベストプラクティスによって、

大 きなメリットがもたらされることも 予 想 さ

れます。 同 じことが、 作 業 者 の 安 全 を 確 保 す

るプロセスや 機 械 の 改 良 ( 事 故 およびその

他 の 故 障 を 最 小 限 に 抑 えるためのセンサー

や 制 御 装 置 など)についても 言 えます。

5


重 機 業 界 の 製 品 ライフサイクル 管 理

計 画 から 生 産 までのイノベーション・プロセス

の 実 現 は、 簡 単 ではありません。シーメンス

PLMソフトウェアによる 業 界 に 合 わせたソ

リューションを 利 用 することで、 任 意 の 段 階 か

らPLMの 適 用 を 開 始 できます。シーメンスの

ソリューションを 使 用 すれば、 完 成 度 の 高 い

機 械 を 高 い 確 率 で 開 発 できます。その 結 果 、

開 始 後 すぐに 製 造 時 間 を 短 縮 でき、 生 産 性 を

向 上 できます。 現 在 抱 えている 問 題 を 今 すぐ

解 決 し、 同 時 に、 完 全 なイノベーション・プラ

ットフォームを 段 階 的 に 構 築 して、コストを 削

減 し、 機 械 の 価 値 を 創 出 することができます。

シミュレーション

シミュレーションの 活 用 による

プロトタイプの 削 減

組 み 立 て

優 れた 製 造 および 組 立 プランニング

による 機 械 組 立 プロセスの 最 適 化

設 計

グローバルな 要 件

に 合 わせた 製 品 設

計 の 最 適 化

生 産

バーチャル 製 品 開 発 を 物 理

的 な 製 造 環 境 にリンク

企 画 ・ 計 画

イノベーションおよびポート

フォリオプランニングのリス

クと 見 返 りの 完 全 な 可 視 化

配 送

世 界 中 のサプライヤの 特

定 および 検 証 、それらのサ

プライヤとの 共 同 設 計

6


重 機 業 界 におけるPLMのメリット

市 場 投 入 期 間 の 短 縮

詳 細 に 定 義 された 要 件 を 使 用 して 開 発 プロ

セス 中 の 変 更 回 数 を 最 小 限 に 抑 えることで、

プロトタイプの 数 を 削 減 し、 納 入 までの 時 間

を 短 縮 することができます。

国 内 に 参 入 してくる 海 外 企 業 との 激 しい 競

争 にさらされていた 中 国 のある 地 域 の 重 機

製 造 企 業 は、シーメンスPLMソフトウェアの

テクノロジを 活 用 した 結 果 、 研 究 開 発 サイク

ルタイムを30% 短 縮 できただけでなく、 信 頼

性 を30% 改 善 できました。また、 疲 労 寿 命 の

予 測 ミスを90% 減 らすことに 成 功 しました。

利 益 の 増 大

市 場 投 入 期 間 を 短 縮 し、より 高 いプライスポ

イントを 確 立 することに 加 えて、プロトタイ

プの 作 成 コストを 削 減 し、グローバル 規 模 で

コンカレントなエンジニアリングおよび 製

造 を 促 進 する(これらもコストの 削 減 につな

がる)ことで、 重 機 の 利 益 率 を 高 めることが

できます。

20 世 紀 末 までさかのぼる 長 い 伝 統 を 持 つ、

英 国 のあるエンジニアリング 企 業 は、ごみ 収

集 トラックの 製 造 プロセスにPLMを 応 用 して

います。 同 社 では、 生 産 プロセスの 作 業 量

を30~40% 軽 減 することに 加 えて、 製 造

コストを30~40% 削 減 することに 成 功 しま

した。また、 同 社 は、 英 国 市 場 でのシェアを

35%から55%に 伸 ばすと 同 時 に、2002 年 以

降 毎 年 100 万 ポンドずつ 営 業 利 益 を 増 やし

ています。

製 品 ライフサイクルの 収 益 性 の 拡 大

PLMを 活 用 すれば、 生 産 性 の 向 上 およびライ

フサイクルコストの 削 減 を 求 める 顧 客 からの

高 まるニーズに 応 えながら、より 革 新 的 な 設

計 プロセスを 導 入 して 操 作 性 能 を 向 上 でき

ます。

世 界 有 数 のあるインテリジェントパワーショ

ベルのメーカーでは、より 多 くの 設 計 を 繰 り

返 すことに 加 えて、 製 品 の 品 質 を 向 上 して 製

品 開 発 プロセス 全 体 でハイレベルなイノ

ベーションを 促 進 することができるように、

シーメンスのPLMソリューションを 活 用 して

リードタイムの 短 縮 を 図 りました。

ベストプラクティスの 再 利 用

PLMのナレッジの 取 り 込 みおよび 再 利 用 機

能 を 活 用 すれば、 情 報 資 産 から 最 大 限 のビ

ジネスバリューを 引 き 出 すことができます。

石 炭 採 掘 機 械 を 製 造 しているある 大 手 の

製 造 企 業 は、 激 化 する 競 争 と 納 入 サイクル

の 短 縮 を 求 める 顧 客 の 要 求 に 直 面 していま

した。 同 社 では、シーメンスのナレッジの 取

り 込 みおよび 再 利 用 機 能 を 活 用 した 結 果 、

開 発 時 間 を32%、また 納 入 サイクルタイム

を35%それぞれ 短 縮 できただけでなく、 市 場

シェアを9% 伸 ばすことに 成 功 しました。

設 計 コストの 削 減

製 品 開 発 において、 実 際 のプロトタイプの

作 成 を 最 小 限 に 抑 え、 機 械 の 動 作 やパフォー

マンスをシミュレーションすることで、 製 品 開

発 コストを 削 減 できます。

世 界 最 大 の 油 圧 式 掘 削 機 を 製 造 している 企

業 では、 物 理 的 なプロトタイプを 作 成 するこ

となく、 車 両 を 市 場 に 投 入 しています。1つの

物 理 的 なプロトタイプを 作 成 するのに 約

100 万 ( 米 )ドルかかるため、これは 大 きなコ

スト 削 減 になります。その 代 わりに、 同 社 では

シーメンスの 広 範 なシミュレーション 機 能 を

使 用 して、 装 置 のすべての 支 持 部 、 上 部 構 造 、

アンダーキャリッジをテストしています。

7


い い「 も の 」、い い も の づ くり

適 切 なアイデア、つまりビジネスバリューを 最

も 高 めるアイデアを 機 械 に 取 り 入 れるには、

どうすればよいのでしょうか。シーメンスPLM

ソフトウェアは、 業 界 に 特 化 したソリューショ

ンをPLMプラットフォームに 搭 載 することによ

って、「いい「もの」、いいものづくり」に 必 要 な

テクノロジを 提 供 しています。

また、PLMは、1 回 で 適 切 に 製 品 を 構 築 するた

めに 必 要 な、 統 一 された 考 えを 浸 透 させるの

に 役 立 ちます。バーチャルシミュレーションを

可 能 にする 新 しく 統 合 されたソリューション

では、これらの 目 標 を 非 常 に 簡 単 に 達 成 でき

ます。

あらゆるソースからアイデアを 取 り 込 み、その

概 念 の 実 現 に 使 用 される 製 品 開 発 プロセスを

構 造 化 できます。これにより、 製 品 ポートフォリ

オに 関 する 意 思 決 定 を 改 善 できます。PLM

ソリューションは、アイデアから 納 入 までのイ

ノベーション・プロセスにおいて、 設 計 者 、 指

示 者 、および 関 係 者 1 人 1 人 に 新 しい 機 械 の

要 件 が 見 えるようにすることで、これらの

アイディアをより 優 れた 方 法 で 実 践 できる

ようにします。

8


イノベーション・プロセスの 変 革

イノベーションを 成 功 させるためには、オープ

ンなイノベーションを 促 進 し、 組 織 の 境 界 内 外

でのコラボレーションを 実 現 して、 製 品 開 発 プ

ロセス 全 体 に 統 一 された 考 えを 浸 透 させる 必

要 が あ りま す 。シ ー メ ン ス PLMソフトウェアは、

企 業 が 戦 略 的 目 標 に 従 って 豊 富 なアイデアを

価 値 ある 製 品 に 変 え、 適 切 な 製 品 を 市 場 に 投

入 できるよう 支 援 します。

これは、 物 理 的 モデルを 構 築 する 前 に、バー

チャルモデルやシミュレーションモデルを 使 用

して 最 適 化 を 促 進 することで 実 現 します。 先 進

的 な 企 業 は、シーメンスと 協 力 して 適 切 にソ

リューションを 組 み 合 わせ、 持 続 可 能 な 競 争

優 位 性 を 確 立 するために 必 要 な 生 産 性 を 実

現 しています。

シーメンスのPLMプラットフォームは、 重 機 の

製 造 企 業 向 けのソリューションを 使 用 して、

特 別 に 設 計 されています。これらのソリューシ

ョンは、 製 品 と 生 産 のライフサイクルを 結 び 付

け ま す 。シ ー メ ン ス PLMソフトウェアは、 世 界 中

のお 客 様 に 新 たなレベルの 価 値 を 提 供 する 先

駆 者 の 役 割 を 果 たしています。 生 産 ライフサ

イクルだけでなく、 製 品 開 発 ライフサイクルに

も 優 れたテクノロジを 活 用 することによって、

シーメンスのソリューションは、データと

ナレッジの 企 業 全 体 での 共 有 を 可 能 にします。

9


重 機 の 製 造 企 業 向 けソリューション

グローバルなエンジニアリングと 製 造

インフラの 修 理 および 建 設 に 対 するグローバ

ル 規 模 での 強 い 要 望 が、 重 機 の 需 要 を 高 めて

います。 同 時 に、 製 造 企 業 はグローバルなリ

ソースを 活 用 する 必 要 性 に 迫 られています。

これらは、 重 機 製 造 企 業 が 抱 える 重 要 な 課 題

です。このビジネスチャンスに 効 果 的 に 対 応

するには、グローバルなエンジニアリングお

よび 製 造 プラットフォームを 構 築 する 必 要 が

あります。グローバルなプラットフォームを 構

築 することで、 企 業 はモジュール 式 の 機 械 を

設 計 できるだけでなく、 複 数 の 機 械 バリエー

ションにも 対 応 できるようになります。

シーメンスPLMソフトウェアでは、これらの 要

件 に 対 応 するために、 以 下 の 重 要 な 特 徴 を 備

えたコラボレーションバックボーンを 提 供 し

ています。

• 世 界 中 に 分 散 した 製 品 開 発 チームが 協 力 し

て 作 業 できる

• グローバル 規 模 の 柔 軟 な 製 造 が 容 易 になる

• 地 理 的 な 位 置 に 関 係 なく、どこにいるサプラ

イヤでもプロセスに 参 加 できる

• 動 作 および 機 能 の 両 面 で 機 械 のパフォーマ

ンスを 視 覚 的 に 検 証 できる

• 製 造 ナレッジを 製 品 開 発 に 活 用 できる

多 くのケースでは、これらのプラットフォームと

バリエーションは、グローバルな 設 計 および

エンジニアリング・チームによって 開 発 され、

世 界 中 の 複 数 の 場 所 で 製 造 されています。

このグローバルな 現 状 を 円 滑 にするには、

プロジェクトのスケジュール、リソースの 配 分 、

顧 客 の 仕 様 、そしてバリューチェーン 内 の 分 散

している 拠 点 で 作 成 された 製 品 /プロセスの

あらゆるナレッジを 追 跡 する 必 要 があります。

重 機 製 造 企 業 とそのサプライヤは、グローバル

なエンジニアリングと 柔 軟 な 製 造 の 実 現 に 必

要 なグローバルなコラボレーション 環 境 を 簡

単 に 構 築 するための 重 要 な 実 現 戦 略 として、

PLMソリューションにますます 目 を 向 けるよう

になっています。PLMプラットフォームと 関 連

するソリューションでは、 製 品 設 計 プロセスを

生 産 環 境 にまで 拡 張 できます。また、 設 計 意 図

をリアルタイムで 分 析 でき、それらを 実 際 の 生

産 状 況 と 比 較 できます。

11


重 機 の 製 造 企 業 向 けソリューション

メカトロニクス

現 在 、 顧 客 ニーズおよび 規 制 に 基 づく 機 能 要

件 や、 新 機 能 に 関 連 した 機 能 要 件 に 対 して、

電 子 部 品 およびソフトウェアのイノベーション

に 依 存 したイノベーションによって 対 応 する

必 要 性 が 増 しています。このため、 機 械 はます

ます 複 雑 になっています。システムの 統 合 が

進 み、システム 障 害 のアラートを 回 避 、 追 跡 、

発 行 する 無 数 の 機 能 が 組 み 込 まれています。

これらに 対 応 するために、 重 機 製 造 企 業 は、

エンジニアリングだけでなく、 電 気 、 機 械 、ソフ

トウェアの 設 計 までを 網 羅 した 全 体 的 な 設 計

アプローチを 採 用 するようになっています。

全 体 的 なアプローチでは、 複 雑 なハイブリッド

2D/3Dレイアウトとデジタル・エンジアリング・

モデルを 使 用 して、 初 期 のシステム・レイアウト

やシステム・パフォーマンスをバリュー

チェーンで 見 られるようにする 必 要 があります。

シーメンスのPLMソリューションでは、 企 業 の

業 務 分 野 全 体 に 設 計 要 件 や 設 計 変 更 を 常 に

伝 達 することによって、このような 統 合 設 計 が

実 現 します。PLMでは、 異 なる 分 野 間 で 製 品 お

よびプロセスのナレッジを 一 元 管 理 することが

できる、 機 能 の 豊 富 な 統 合 環 境 を 容 易 に 構 築

できます。この 環 境 を 活 用 することで、 高 い 透

明 性 とトレーサビリティを 実 現 できます。 繰 り

返 される 変 更 を 各 分 野 が 開 発 および 管 理 する

ときには、それらの 透 明 性 とトレーサビリティ

が 必 要 になります。シーメンスのソリューション

では、 統 合 に 関 わる 問 題 の 削 減 、 複 雑 な 設 計 に

おける 迅 速 なトレードオフの 特 定 、 機 能 の 再 利

用 の 促 進 、 専 門 分 野 を 越 えたチーム 間 での 同

期 、 予 期 しないエンジニアリングのやり 直 しに

かかるコストの 削 減 、 受 注 から 納 入 までの 時 間

の 短 縮 といったメリットがあります。

12


重 機 の 製 造 企 業 向 けのソリューション

保 守 性

機 械 のライフサイクルコストの70~90%は、

機 械 のサポートおよび 修 理 によって 発 生 し

ます。グローバル 化 によって、 世 界 中 の 機 械 製

造 企 業 には、サービスセンター、ハブ、および

ネットワークを 設 置 する 必 要 性 が 増 してい

ます。 持 続 可 能 性 に 向 けた 動 きによって、 機 械

を 修 理 したり、 既 存 の 機 械 に 環 境 管 理 システム

を 組 み 込 んだりするサービスに 対 する 需 要 が

高 まることが 予 想 されます。 同 じことが、 景 気

の 低 迷 期 についても 言 えます。 景 気 が 低 迷 す

れば、 製 造 企 業 は 老 朽 化 した 装 置 をこれまで

以 上 に 手 放 さなくなることが 予 想 されます。

こうしたことが、サービスおよびメンテナンス

に 関 連 したビジネスチャンスを 増 加 させ、

サービスプロバイダーの 収 益 を 押 し 上 げます。

“ 専 属 市 場 ”および“ 非 専 属 市 場 ”の 両 方 でまだ

手 が 付 けられていない 巨 大 なビジネスチャン

スがあるにもかかわらず、 多 くの 企 業 はこの

チャンスをまったく 把 握 できていません。

シーメンスのPLMソリューションでは、 製 品 の

定 義 、 構 成 、および 変 更 履 歴 をメンテナンス 履

歴 に 統 合 できます。このため、サービス 要 員 は、

簡 単 かつ 正 確 に 必 要 なすべてのサービス 情

報 を 入 手 できます。また、シーメンスのソリュー

ションでは、サービスチームを 加 えたクローズ

ド・ループ・フィードバックを 促 進 することで、

より 優 れたエンジニアリング・コラボレーション

を 実 現 できます。これにより、 開 発 チームは、

次 世 代 の 製 品 の 方 向 性 を 見 極 めることができ

るだけでなく、 進 行 中 の 変 更 プロセスを 改 善

できます。

加 えて、シーメンスのソリューションを 活 用 す

れば、 製 品 ナレッジを 技 術 者 に 直 接 提 供 でき

るため、サービスにかかる 時 間 とコストを 短 縮

または 削 減 できます。これらの 取 り 組 みにより、

サービス 要 求 に 迅 速 に 対 応 できるだけでなく、

より 多 くの 問 題 を1 回 目 の 修 理 で 解 決 できるよ

うになるため、 結 果 として 顧 客 満 足 度 を 向 上

できます。マーケティングおよび 販 売 の 観 点

から 見 れば、これらの 取 り 組 みによって、 回 転

率 および 利 益 を 上 げることができます。これら

の 取 り 組 みでは、 抱 き 合 わせ 販 売 および 高 額

商 品 販 売 を 促 進 できるだけでなく、 離 れてい

った 顧 客 を 取 り 戻 すことができます。また、 成

約 率 を 向 上 し、 新 しい 契 約 モデルを 導 入 する

こともできます。

13


シーメンスPLMソフトウェアの

業 界 優 位 性

拡 張 性

大 規 模 なグローバル 企 業 には、 単 一 のソフ

トウェアで 何 万 人 ものユーザやサプライヤ

に 合 わせて 拡 張 可 能 な、コラボレーティブな

プラットフォームが 必 要 です。さらに、それら

のプラットフォームは、パフォーマンスを 犠

牲 にすることなく、 競 争 の 激 しい 環 境 で 無 駄

のない 迅 速 な 製 品 開 発 を 促 進 するプラット

フォームである 必 要 があります。シーメンス

PLMソフトウェアのエンタープライズクラス

のPLMプラットフォームは、 拡 張 性 のある 使

用 のために 設 計 されており、 世 界 中 どこから

でも 迅 速 に 情 報 を 取 得 できます。

掘 削 機 、ホイールローダ、フォークリフト、ス

キッドステアローダを 製 造 している 世 界 トッ

プクラスのある 建 設 機 械 メーカーは、 成 功 す

るためには 新 製 品 をグローバル 市 場 に 迅 速

に 投 入 することが 不 可 欠 であることに 気 付

きました。 同 社 は、グローバル 設 計 プロセス

の 最 適 化 、 製 品 ライフサイクル 全 体 の 統 合 、

迅 速 なビジュアル 化 、 検 証 精 度 の 向 上 、サプ

ライヤとのコラボレーションの 改 善 という 同

社 の 重 要 なニーズを 満 たす 方 法 としてPLM

の 機 能 に 注 目 しました。そして、 重 機 業 界 に

おけるシーメンスPLMソフトウェアのリーダ

ーとしての 地 位 と 幅 広 い 製 品 ラインアップ、

そしてベストプラクティスなどから、 当 社 の

テクノロジを 採 用 しました。

実 績

世 界 有 数 の 最 も 革 新 的 な 重 機 製 造 企 業 の 多

くが、シーメンスのPLMソリューションを 導 入

しています。これらの 企 業 は、PLMテクノロジ

を 製 品 および 生 産 イノベーション・プロセス

に 適 用 するにあたって、シーメンスPLMソフ

トウェアの 実 績 あるリーダーシップを 頼 りに

しています。

農 業 機 械 を 製 造 しているある 大 手 の 製 造 企

業 は、 革 命 的 な“オールインワン”のテレスコ

ピックハンドラの 製 造 により、 新 しい 市 場 に

果 敢 に 進 出 するまたとないチャンスを 得 ま

した。このコンパクトな 汎 用 機 械 は、 産 業 フ

ォークリフト、 小 型 のブルドーザ、 小 型 の 掘

削 機 、 作 業 プラットフォームなど、さまざまな

用 途 に 使 用 できます。また、 建 設 現 場 での 積

み 荷 の 吊 り 上 げ 作 業 や 野 外 での 牽 引 作 業 に

使 用 することもできます。この 製 品 の 開 発 と

ターゲットのニッチ 市 場 の 獲 得 に、シーメン

スのPLMソリューションが 使 用 されました。

オープン

シーメンスPLMソフトウェアのサービス 指 向

型 ア ー キ テ ク チ ャ( SOA)は、これまで 投 資 し

てきたIT 資 産 の 柔 軟 性 を 向 上 し、その 価 値 を

最 大 限 引 き 出 すオープンなPLM 技 術 基 盤 で

す。 効 果 的 なSOAをPLMシステムに 適 用 する

ことによって、 企 業 はより 多 くのビジネス 機

能 をサポートし、ITの 複 雑 さを 軽 減 し、IT 導 入

を 加 速 化 できます。さらに、このアプローチ

によって、より 多 くのアプリケーションをWeb

サービス 経 由 で 再 利 用 でき、PLMへの 取 り 組

みをその 他 の 業 務 に 合 わせて 調 整 すること

ができます。

除 雪 車 およびロードスイーパーの 開 発 およ

び 製 造 を 手 がけるある 大 手 の 製 造 企 業 は、

同 社 のSAPエンタープライズ・リソース・プラ

ニ ン グ( ERP)システムと 互 換 性 のある3D

モデリングシステムを 必 要 としていました。

加 えて、 同 社 はシーメンスが 提 供 するモデ

リングシステムの 他 の 設 計 および 製 造 ソフ

トウェアとの 互 換 性 も 非 常 に 重 視 していま

した。 同 社 は、 完 全 な 製 品 アセンブリを 外 部

のベンダーから 調 達 することがたびたびあ

りました。その 結 果 、ベンダーのガイドライン

に 従 って 部 品 を 製 造 するだけでなく、それら

のアセンブリを 自 社 の 機 械 にスムーズに 実

装 する 必 要 がありました。このため、 同 社 の

設 計 システムと 他 のシステムとが 簡 単 に 通

信 できることが 非 常 に 重 要 でした。 同 社 では、

シーメンスのPLMテクノロジを 活 用 するこ

とで、 製 品 開 発 時 間 を10% 短 縮 しただけで

なく、モデル 変 更 を20% 削 減 しました。また、

作 成 するプロトタイプの 数 を 減 らして、 全 体

の 開 発 および 製 造 コストを 削 減 することにも

成 功 しました。

14


重 機 業 界 へのご 提 案

シーメンスは、 世 界 最 大 の、そして 最 も 評 価 の

高 い 企 業 の1つで、 世 界 190か 国 を 越 える 国 々

に42 万 7,000 人 の 従 業 員 を 擁 しています。この

ような 事 業 範 囲 と 経 験 を 誇 るシーメンスには、

グローバルなビジネスニーズに 対 する 独 自

の 理 解 があります。シーメンスのテクノロジで

製 品 と 生 産 ライフサイクルをまとめることによ

って、 世 界 中 の 業 界 大 手 企 業 は 市 場 投 入 期 間

をかつてないほど 短 縮 することができます。

生 産 計 画 と 工 場 を 効 率 的 に 橋 渡 しすることが

できます。この 橋 渡 しでは、 重 機 製 造 企 業 向 け

に 特 別 に 設 計 されたイノベーション 機 能 によ

って、 戦 略 的 優 位 性 が 提 供 されます。バーチャ

ルと 現 実 の 世 界 の 連 結 により、 専 門 分 野 を 越

えたコラボレーションを 大 きく 向 上 できる 一

方 で、より 適 切 な 優 れた 完 成 品 を 容 易 に 提 供

でき、 市 場 投 入 期 間 および 完 全 導 入 までにか

かる 時 間 を 短 縮 できるようになります。

高 い 信 頼 性 、 受 注 品 納 入 までのサイクル 短 縮 、

総 所 有 コスト(TCO)の 改 善 、 製 品 開 発 コスト

の 低 減 が 要 求 される 市 場 において、ますます

複 雑 化 する 機 械 を 売 り 出 さなければならない

お 客 様 をシーメンスPLMソフトウェアは 支 援

しています。バーチャルと 現 実 の 世 界 を1つに

する 統 合 型 産 業 PLMプラットフォームにより、

シーメンスPLMソフトウェアはイノベーション・

プロセスを 変 革 するお 手 伝 いをいたします。

15


シーメンスPLMソフトウェアについて

シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス 産 業 オートメーション 事 業 部

のビジネスユニットで、PLM( 製 品 ライフサイクル 管 理 )ソフトウェアお

よび 関 連 サービスにおいて 世 界 をリードするPLMプロバイダです。これ

まで 世 界 6 万 3,000 社 のお 客 様 にサービスを 提 供 し、670 万 ライセンス

に 近 いソフトウェア 販 売 実 績 を 上 げています。 米 国 テキサス 州 プラノを

本 拠 地 として、 数 多 くの 企 業 と 協 働 して、 豊 富 なアイデアを 価 値 ある 製 品

に 変 えるオープンなソリューションを 提 供 しています。シーメンスPLMソ

フトウェアの 製 品 やサービスに 関 する 詳 細 は、www.siemens.com/plm

にてご 覧 いただけます。

シーメンスPLMソフトウェア

本 社

Granite Park One

5800 Granite Parkway

Suite 600

Plano, TX 75024

USA

972 987 3000

Fax 972 987 3398

www.siemens.com/plm

16

アメリカ

Granite Park One

5800 Granite Parkway

Suite 600

Plano, TX 75024

USA

800 498 5351

Fax 972 987 3398

ヨーロッパ

3 Knoll Road

Camberley

Surrey GU15 3SY

United Kingdom

44 (0) 1276 702000

Fax 44 (0) 1276 702130

アジア/ 太 平 洋

Suites 6804-8, 68/F

Central Plaza

18 Harbour Road

WanChai

Hong Kong

852 2230 3333

Fax 852 2230 3210

日 本

シーメンスPLM

ソフトウェア

〒151-8583

東 京 都 渋 谷 区

代 々 木 2-2-1

小 田 急 サザンタワー

03 5354 6700

Fax 03 5354 6780

© 2010 Siemens Product Lifecycle Management

Software Inc. All rights reserved. Siemensおよび

Siemensのロゴは、Siemens AGの 登 録 商 標 です。

D-Cubed、Femap、Geolus、GO PLM、I-deas、Insight、

Jack、JT、NX、Parasolid、Solid Edge、Teamcenter、

Tecnomatix、お よ び Velocity Seriesは、

Siemens Product Lifecycle Management

Software Inc.またはその 子 会 社 の 米 国 およびその

他 の 国 における 商 標 または 登 録 商 標 です。その 他

のロゴ、 商 標 、 登 録 商 標 またはサービスマーク

はそれぞれ 各 所 有 者 に 帰 属 します。

20823-X25-JA 12/10 L

More magazines by this user
Similar magazines