Untitled

www2.bus.osaka.cu.ac.jp

Untitled

Dream


Contents *

◇551で 働 くって 何 だろう?

◆INTERVIEW ~ 実 際 に 仕 事 をしている 人 に 聞 きました!!~

◇ 部 署 説 明

◆ 社 内 レクリエーション 紹 介

◇「 夢 」のページ・・・Our Dreams ~ 夢 ~

◆Top Interview・・・ 社 長 の「 夢 」

◇ 会 社 概 要 ・ 募 集 要 項


「フードサービス 業 界 」あるいは「551 蓬 莱 」に 興 味 を 持 ってこの 会 社 案 内 を 開 いてくれた 君 。

「 自 分 は 何 故 、フードサービス 業 界 を 選 択 したか」をもう 一 度 深 く 考 えてみて 欲 しい。

「 不 況 にも 強 い 業 界 だから・・・」「 会 社 に 将 来 性 を 感 じて・・・」「 有 名 な 会 社 だから・・・」「ヒトと 接 するのが 好 きだから・・・」「 会 社 の

商 品 が 好 きだから・・・」

もちろん、いずれの 理 由 は「 一 理 」はある。しかしそれらの 理 由 だけで、 本 当 にこの 世 界 で 成 功 していけるのだろうか?

この 世 の 中 、 全 て「GIVE&TAKE」で 成 り 立 っているように 思 われているが、「この 業 界 」では 実 は、それは 通 用 しない。

フードサービス 業 界 では「GIVE&TAKE」ではなく、「GIVE&GIVE&GIVE&GIVE・GIVE・・・」。お 客 様 に「 与 えて( 尽 くして)」「 与 えて」「 与

えて」「 与 えて」「 与 えて」・・・「 与 えぬいた」 者 だけが、お 客 様 からの「 笑 顔 」や「ありがとう」という「・・・&TAKE」を 頂 くことができる。

そして、この 業 界 に 就 職 するという 事 は、「サラリーマンになる」 事 ではない 事 を 自 覚 して 欲 しい。

我 々は「 商 売 人 」であるべきなのだ。

自 分 の「 都 合 」や「 権 利 」を 主 張 する 人 には「フードサービス 業 界 」は 向 いてないであろう。

「GIVE&GIVE&GIVE&GIVE・GIVE・・・」を 貫 き 通 す 自 信 のある 人 、そして「 商 売 人 」として 将 来 の 大 きな 夢 を 持 っている 人 のみ、この

先 のページを 読 んで 欲 しい。

株 式 会 社 蓬 莱

代 表 取 締 役 社 長 羅 辰 雄

2


551 蓬 莱 で 働 くってなんだろう?

働 きがいをつかめる!

そしてつかませてくれる!

働 きがいというのは、 働 く 中 で 自 分 で 掴 む

ものであり、かつ 一 生 涯 仕 事 を 続 けていく

上 で 必 要 なものです。551 蓬 莱 は 安 心 ・ 安

全 を 最 優 先 する 企 業 です。 窓 口 販 売 やガラ

ス 越 しでの 作 業 をしているのでお 客 様 と 触

れ 合 う 機 会 が 多 く、そのことが 働 きがいに

繋 がることが 多 いのです。また、 工 場 で 製

造 をしている 人 たちもお 客 様 の 声 を 間 接 的

に 聞 くことで、 日 々 向 上 せねばとやる 気 を

引 き 起 こせることは 間 違 いありません。「お

いしかったよ」

、「ありがとう」この 言 葉 を 多 く 聞 けるよう、

我 々は 常 に 精 進 しています。

仕 事 以 外 を 尊 重 してくれる!

551 蓬 莱 でなによりも 嬉 しいこと

は、お 客 様 の 声 を 聞 けたときです。

たとえば「この 海 鮮 そばはおいしい

ですよ。」とオススメし、 帰 る 際 に

「おいしかったよ、ありがとう。」と

言 われたとき、どれだけ 幸 せな 気 持 ち

になれるでしょう。

551 蓬 莱 で 働 くにおいてなにより

も 楽 しいことは、お 客 様 に 接 する 中

で、さまざまな 喜 びをかみしめられる

ことです。

3

会 社 が 努 力 を 認 めてくれる!

551 蓬 莱 はまさに 実 力 主 義 の 会 社 で

す。 社 員 がフレンドリーということは、

お 互 いを 見 つめあっているということで

もあります 。そんな 中 で、 自 分 の 頑 張 り

は 通 じやすいもの。 中 には2 年 でオーナー

になる 人 もいます。

「やれば 出 来 るんだ!」

そんな 思 いをもてる 職 場 は 自 分 を 高 めて

くれるはずです。


実 際 に 仕 事 をしている 人 に 聞 きました!!

Q.どのようなお 仕 事 をされているのですか?

A. 私 はお 客 様 にオーダーを 伺 ったり、 料 理 を 運 んだりと 主 にホール 業 務 をしています。また、

厨 房 スタッフとして 働 いていることもあります。

Q. 就 職 しようと 思 ったきっかけは 何 ですか?

A. 石 川 部 長 が 父 と 交 流 があり、その 石 川 部 長 に 私 が19 歳 のころに 働 いてみないかとお 声 を

かけていただいたのがきっかけです。 接 客 が 好 きなので 今 の 仕 事 を 任 されています。 接 客 に

おいてはホテルの 受 付 をしていた 経 験 を 仕 事 に 生 かすことができました。

Q. 仕 事 における 山 口 さんのこだわりを 教 えて 下 さい。

A. 明 るく、 元 気 に、 親 しみをもってお 客 様 と 接 することです。「また 来 たで!」や「また 来 る

わ!」とお 客 様 にお 声 をかけていただいた 時 は、 仕 事 が 楽 しいな、と 感 じます。また、 仕 事

を 楽 しめるかどうかは、 自 分 がその 仕 事 を 出 来 るかどうかにかかっていると 先 輩 に 教 えてい

ただいたこともあります。 仕 事 が 出 来 る 人 間 になる 努 力 は 怠 ったことはありません。

Q. 就 活 生 に 向 けて、551 蓬 莱 でしか 得 られないメリットを 教 えて 下 さい。

A. 他 の 飲 食 店 と 比 べて 常 連 さんがとても 多 いのが 特 徴 であり、 強 みですね。 一 度 来 てくれた

ホール 担 当 山 口 陽 嗣

お 客 様 が 常 連 さんになってくれると、 本 当 に 働 いていて 良 かったと 感 じます。551はお 客

様 との 繋 がりを 大 切 にしている 温 かみある 職 場 なので、 楽 しく 接 客 業 務 が 出 来 ると 思 います。

Q.どのようなお 仕 事 をされているのですか?

A. 主 に 豚 まんやアイスキャンデーを 販 売 し、 本 店 では 唯 一 宅 配 の 電 話 ・メール 受 付 もし

ています。また 販 売 トレーナーとして、 新 人 の 販 売 員 が 笑 顔 で 接 客 できるよう 指 導 して

います。

Q.なぜ 551 蓬 莱 に 入 社 しようと 思 ったのですか?

A. 中 学 生 の 時 デパ 地 下 で 豚 まんを 作 っているのを 見 て 興 味 を 持 ちました。 大 学 生 の 時 、

販 売 のバイトをしていて、 販 売 職 に 就 きたいと 思 っていましたが、ずっと 部 活 をしてい

て 就 活 を 始 めたのは4 回 生 の 11 月 。 当 然 募 集 期 間 は 過 ぎていたのですが、「どうしても

この 会 社 に 入 りたい。」という 強 い 思 いを 伝 えると 面 接 してもらえることになり、 採 用 し

ていただけました。

Q.551 蓬 莱 で 接 客 をすることの 魅 力 は 何 ですか?

A.551 蓬 莱 は、 大 阪 名 物 豚 まんを 販 売 している 企 業 として 全 国 的 な 知 名 度 を 誇 っている 企

業 です。 催 事 で 販 売 をすることも 多 く、 他 府 県 の 人 と 関 わる 機 会 を 持 てることは 嬉 しい

です。 先 日 お 客 様 に「おねえちゃん、この 前 名 古 屋 にいなかった?」と 聞 かれ、そこで

販 売 員 屋 舗 雅 世

再 会 してからというもの、そのお 客 様 が 常 連 さんになってくれてとても 嬉 しかったです。

Q. 他 社 にはない551 蓬 莱 の 魅 力 的 なところを 教 えて 下 さい。

A. 自 分 のしたいことを 強 く 尊 重 してもらえるところです。 私 は 野 球 が 好 きで 551 蓬 莱 の

野 球 サークルに 入 っていて、 週 1 回 活 動 をしています。また 全 社 員 を 対 象 に、 誕 生 日 会

や 慰 安 会 などが 開 催 され、 自 由 に 参 加 することが 出 来 ます。 今 年 はコルテオサーカスへ

の 招 待 もあり、 福 利 厚 生 がしっかり 保 たれている 会 社 であることはとても 魅 力 的 です。

4


( 株 )551 蓬 莱 セントラルキッチン

2007 年 、 豚 まんなど 551 商 品 の 調 理 を 行 う 工 場 「㈱551 蓬 莱 セントラルキッチン」として、 別 法 人 化 されました。

「 今 要 る 分 を 今 要 るだけ」をモットーに 生 産 を 行 っています。 以 前 から 551 で 行 ってきたこの 方 式 は、 今 日 の 社 会 情 勢 ・ 食 の 安 全 安 心

の 流 れにマッチしてきているのが 強 み。お 客 様 の 目 に 触 れないところで 豚 まんを 生 み 出 しています。

工 場 で 自 社 の 社 員 が 当 日 要 る 分 を 毎 日 朝 早 くから 作 ってくれているのを 知 っているから、 店 舗 での 販 売 員 が 自 信 たっぷりに 商 品 説 明 で

きる・・・ 販 売 員 の 笑 顔 の 源 泉 となっているのが、551 蓬 莱 セントラルキッチンです。

調 理 部

調 理 部 (レストラン)の 役 割 はもちろん 調 理 をすることです。お 客 様 によりよいサービスを 提 供 することに 最 もこだわっています。そ

れは 料 理 の 味 だけでなく、 出 来 立 てを 提 供 すること、 安 全 で 安 心 な 食 材 を 使 うこと、よりよい 接 客 をすることです。1 番 の 魅 力 は 直 接 、

お 客 様 と 接 することができることです。

営 業 部

お 客 様 第 一 主 義 で、 売 り 上 げの 増 加 と 従 業 員 の 販 売 促 進 のための 取 組 を 行 っています。「 自 分 が 食 べるつもりで 作 る、 自 分 が 買 うつもり

で 販 売 する、お 客 様 の 身 になって 取 り 組 む」をモットーに、 新 鮮 で 安 全 な 商 品 と 笑 顔 を 販 売 しています。そのために 各 店 舗 に 毎 朝 笑 顔

のトレーニング、 従 業 員 の 意 欲 向 上 のために「 美 人 豚 まんキャンペーン」などさまざまな 企 画 を 実 施 。 営 業 部 はお 客 様 にいちばん 近 く

で 接 する 部 門 であるため、 自 分 たちの 仕 事 内 容 がすぐに 売 上 内 容 に 反 映 されるということを 常 に 念 頭 に 置 いた 仕 事 に 取 り 組 んでいます。

企 画 部

551 蓬 莱 企 画 部 は 創 業 当 時 から 存 在 し、お 客 様 に551 蓬 莱 という 会 社 を 知 ってもらうとともに、 社 員 たちへの 感 謝 の 気 持 ちを 忘 れ

ず、 日 々、 販 売 促 進 だけにとどまらない 革 新 的 な 新 事 業 を 考 えています。 今 までには TVCM、ラジオ 放 送 、 社 員 たちのために 開 かれる 慰

安 会 などを 実 現 してきました。お 客 様 への 知 名 度 アップだけでなく、 社 員 たちへの 福 利 厚 生 の 向 上 を 常 に 念 頭 において 仕 事 をしていま

す。 近 年 起 こった 中 国 産 の 食 品 の 品 質 問 題 により、 消 費 者 の 意 識 はめまぐるしく 変 わり、 安 心 ・ 安 全 性 に 対 して 過 剰 に 反 応 するように

なりました。そのような 状 況 下 において、 企 画 部 では 消 費 者 に551 蓬 莱 を 知 ってもらうだけでなく、551 蓬 莱 が 創 業 当 事 から 厳 守 して

いる 当 日 生 産 ・ 当 日 出 荷 、 出 来 立 て・ 蒸 したて・アツアツの 販 売 によって 生 まれる 確 固 たる 安 全 性 をお 客 様 方 に 知 っていただけるよう、

努 力 していくことが 求 められていると 考 えます。

人 事 部

人 事 部 は 社 員 やパートの 給 与 の 計 算 、 病 気 で 休 職 した 社 員 の 病 手 当 金 の 申 請 、 出 産 する 人 の 産 休 の 手 続 きの 申 請 等 、 社 会 保 険 に 関 する

仕 事 を 行 っています。また、 社 員 やバイトの 教 育 、 健 康 診 断 の 管 理 もします。さらに 毎 年 の 労 使 協 定 の 手 続 きや、パソコン 入 力 などの

事 務 仕 事 も 行 っています。

総 務 部

毎 日 、 各 営 業 所 の 売 り 上 げの 集 計 をパソコンで 管 理 し、データを 作 成 したり、 取 引 業 者 の 方 や 銀 行 の 方 への 支 払 いや 入 金 など、お 金 の

管 理 をしたりしています。

5


新 人 研 修

社 会 人 としての 心 構 えや 真 のサ

ービスについて、 接 客 の 基 本 を

人 事 部 のメンバーや 現 場 の 諸 先

輩 が 実 技 も 交 えて 丁 寧 に 指 導 し

ます。 現 場 実 習 や 店 舗 クリニッ

営 業 成 績 表 彰 式

毎 年 1 月 ・4 月 ・7 月 ・9 月 にそれ

までの 3 ヶ 月 の 売 り 上 げ 目 標 を 達

成 した 店 舗 のメンバー 全 員 に 表 彰

状 と 奨 励 金 が 手 渡 されます。

努 力 は 必 ず 評 価 します。

ク 等 、 実 際 の 職 場 に 触 れる 機 会

もたくさんあります。

慰 安 会

毎 年 1 回 、 日 帰 りで 行 います。 近 畿 郊 外 の

名 所 や 娯 楽 施 設 見 学 、 豪 華 な 食 事 で 歓 談 し

たりと 毎 回 盛 りだくさんの 内 容 です。

社 内 キャンペーン

美 人 豚 まんキャンペーンや 豚 まん 早 包 み、

笑 顔 名 人 など、 様 々なキャンペーンを 行 い

ます。 優 秀 者 や 優 秀 店 舗 には 表 彰 状 と 記 念

品 が 贈 られます。

サークル 活 動

551 蓬 莱 には 野 球 部 やゴルフ 愛 好 会 、

551FISHINGCLUB など 様 々なサ-クルが 存

在 します。 特 に 野 球 部 は 週 1 回 で 活 動 して

います。 会 社 の 仲 間 と 仕 事 以 外 でも 楽 しむ

機 会 があります。

成 人 式

毎 年 20 歳 になる 社 員 を

会 社 でもお 祝 いします。

創 業 記 念 日

毎 年 10 月 15 日 に 行 われ、「 永 年 勤

続 者 」の 表 彰 や、 記 念 品 の 贈 呈 な

どがあります。

6


あなたの「 夢 」は 何 ですか??

人 を 喜 ばせること、

世 の 中 を 笑 顔 でいっぱいにすること、

家 族 を 幸 せにすること、、、

551 蓬 莱 という 会 社 には、

いろんな 人 の「 夢 」が 詰 まっています。

あなたも 一 緒 に「 夢 」を 叶 えてみませんか?

Your Dream is Infinity.

8

Your Dream is

551’s Dream.


~ 夢 ~

常 務 田 中 さん

私 の 夢 。

いつまでも 生 き 続 けて、

551 蓬 莱 で 働 き 続 けること。

営 業 企 画 部 奥 本 喜 己

私 の 夢 。

「 豚 まん」の“あるとき~!”もいいけ

ど、

レストランのCMを

作 りたい!

企 画 部 竹 村 基

私 の 夢 。

「551 蓬 莱 の 100 周 年 を

笑 顔 で 迎 えること。」

もちろん、 家 族 も 同 志 も 会 社 も、

豚 まんもですよ♪

人 事 部 杉 井 さん

9

私 の 夢 。

就 活 生 のみなさんに

「 入 社 したい 企 業 」の1つに 思 ってもらうこと。

そして、551 蓬 莱 で 働 くみなさんの

残 業 を 減 らす 仕 組 み 作 り。

・・・いつまでも「 熱 い」 人 間 でありたい!


551 蓬 莱 セントラルキッチン

柏 本 政 幸

私 の 夢 。

今 年 から 開 始 したネット 通 販 を

成 功 させること。

声 を 掛 けあわないコミュニケーションでも、

お 客 様 に 満 足 のいく 接 客 を。

テイクアウト 販 売 員 屋 舗 雅 世

私 の 夢 。

551 のない 地 方 にも

551 ファンをいっぱい 増 やすこと。

調 理 部 島 岡 勇 二

私 の 夢 。

551のレストランを

行 列 に 並 んでまで 行 きたいと

思 ってもらえる 店 にすること。

ホール 担 当 山 口 陽 嗣

私 の 夢 。

誰 よりも 信 頼 される

店 長 になりたい。

10


いと 思 います。

株 式 会 社 蓬 莱 代 表 取 締 役 羅 辰 雄 (ら たつお)

551 のおいしさを 支 えるのは

社 員 一 人 一 人 の 努 力 なのです

会 社 とは、

社 員 が 人 生 で 幸 せを 感 じるためのステージです

551 蓬 莱 は 2005 年 で 創 業 60 周 年 を 迎 えます。 戦 後

すぐに 大 阪 の 街 で 生 まれ、 大 阪 の 人 達 に 育 てられ 愛 され

ながらここまでやってきました。 現 在 で 店 舗 の 数 は 50 以

上 に 増 え、 成 功 した 企 業 として 紹 介 されることも 多 くなりま

した。しかし、 私 は 会 社 にとって 大 きくなることだけが 成 功 と

は 思 っていません。 私 の 考 える 企 業 の 理 想 とは、 働 いてい

る 人 みんなが 小 さくてもいいから 小 さな 幸 せを 感 じられる、

一 緒 に 幸 せになれる 家 族 のような 仲 間 がいる、そういうこ

となんです。そして、 人 間 として 生 まれた 限 りは、 明 日 が 今

日 よりも、 少 しでも 豊 かな 生 活 になるように 努 力 する、その

積 み 重 ねの 結 果 がここまでの 成 長 につながっていると 思 っ

ています。

「 食 」を 提 供 するという 立 場 において、 品 物 と 接 客 の 両 方

を 合 わせて「 味 」といえるでしょう。どちらが 欠 けてもお 客 様

は 満 足 しません。よく「 前 味 ・ 中 味 ・ 後 味 」という 言 葉 を 使 う

のですが、「 中 味 」はいわゆる 販 売 する 品 物 、たとえば 豚 ま

ん 自 体 の 味 、それとは 別 に、 買 うまでの「 前 味 」と 買 ってか

らの「 後 味 」を 担 うのが 接 客 です。お 客 様 においしい 気 分

で 味 わってもらうことも 大 事 にしています。もちろん 肝 心 の

「 中 味 」についても、 一 つひとつ 心 をこめて 手 作 りにこだわ

っています。「551 は 昔 から 変 わらず 美 味 しいね」という 言

葉 をよくいただきます。しかし、 実 際 の 味 はお 客 様 の 舌 の

変 化 に 合 わせて 少 しずつ 味 付 けを 変 えているのです。 例

えば、アイスキャンデーの 砂 糖 の 量 は 当 初 の3 分 の1にま

で 減 っています。 豚 まんであっても 同 様 、そうやっていつで

も 時 代 にあった「 美 味 しい」を 追 求 することが「 変 わらない

味 」を 保 っているんです。

「 喜 び 体 験 」を、

目 を 輝 かせて 語 ってくれる 人 に 会 いたい

社 員 にとって 社 長 はいわば 親 、

子 供 の 為 なら 何 でもしますよ

お 客 様 から「551 の 店 員 さんはみんなええ 笑 顔 やね」と

言 われることがあります。でも 明 るい 人 ばかりを 集 めて 会

社 を 作 っているわけじゃないんですよ。 明 るく 感 じられるの

はそれぞれ 個 人 が 自 信 を 持 って 接 客 をしていることのあら

われなんです。 突 然 ですが、ここでひとつ 質 問 があります。

これまで 生 きてきた 中 で、「 自 分 が 何 かをしたことで 人 から

喜 んでもらったこと」はどれくらいありますか?ゆっくりと 思 い

出 してみてください。 道 でお 年 寄 りを 助 けたとか 困 っている

友 人 の 力 になれたとか、 些 細 なことでもかまいません。な

ぜ 喜 んでもらえたのか、その 人 の 喜 んだ 顔 など『 喜 び 体

験 』をたくさん 思 い 出 せる 人 ならば 接 客 やサービスに 必 要

なホスピタリティ、 奉 仕 の 精 神 を 備 えているはずです。「 美

味 しい」「ありがとう」というお 客 様 の 言 葉 ・ 笑 顔 を 自 分 の 喜

びとして 積 み 重 ね、より 大 きな 喜 びを 体 験 として 成 長 した

い。そういう 方 には 551 というステージでぜひ 頑 張 ってほし

最 近 いろいろなニュースで 話 題 になっているように、 食

べ 物 については「 安 全 かどうか」が 非 常 に 注 目 されていま

す。 蓬 莱 においても、 実 際 に 生 産 地 に 行 きコミュニケーシ

ョンをとって 心 配 の 無 い 食 材 であること、そして 農 家 も 信 頼

できる 方 であることを 確 認 しています。なので、もし 豚 まん

に 使 用 している 豚 肉 の 産 地 が 風 評 被 害 にあうようなことが

あっても、 産 地 を 隠 したり 変 えたりするのではなく、 農 家 の

方 と 一 緒 に 安 全 性 をアピールしていくつもりです。 何 も 悪 い

ことをしていない、 今 まで 助 けてもらった 人 たちをあっさり

捨 てるなんてことは 許 されません。それは 社 員 についても

同 じことです。 普 段 頑 張 ってくれている 社 員 がピンチに 陥

ったときに、 責 任 をもってそれをかばうのが 上 司 、そして 社

長 の 仕 事 だと 心 がけています。 社 員 は 家 族 のようなもの。

こ 子 供 がピンチのときは 前 に 立 って 守 るのが 親 というもの

です。

11


メールで 社 長 と 社 員 の 距 離 が

ぐっと 縮 まりました

アルバイトや 社 員 個 人 が、 社 長 の 私 と 直 接 メールでやり

とりできる『タツオ・ドット・コム』というシステムを 作 りました。

これで、 今 日 入 ったアルバイトとでもダイレクトに 話 ができる

ようになりました。メールをもらって 翌 日 の 昼 までに 返 事 す

るように 心 がけているので、 反 応 も 多 いです。もちろん 要 望

の 中 にはできることもできないこともあります。そのどちらに

ついてもきちんときちんと 全 て 理 由 をつけて 答 えるようにし

ています。それにしても、 責 任 者 にとっては 苦 笑 いでしょう

ね。 全 ての 話 が 社 長 に 直 接 届 いてしまうんですから。もち

ろん、 時 間 さえあればできるだけお 店 に 行 って、 見 たり 聞

いたり、ワイワイしゃべったりするようにしています。 私 だけ

でなく 本 社 の 人 間 にももっと 現 場 を 見 るように 言 っていま

す。そうすれば 設 備 などトラブルの 早 期 発 見 につながりま

すし。 何 かの 問 題 で 苦 しんでいる 社 員 に 早 く 気 づくことがで

きます。1000 人 ものスタッフがいつも 絶 好 調 ということは

ないでしょうから、それをほっておかずに、 営 業 がいかに 働

きやすい 状 態 にしてあげられるか、それが 私 や 本 社 スタッ

フがやるべきことだと 思 っています。

ば 大 阪 と 比 べて 桁 違 いのマーケットがあります。ですが、あ

くまで 大 阪 にこだわりたい。よく「○○ 名 物 」と 言 われていて

も、 外 から 来 た 人 だけしか 買 わない「 名 物 」がありますけど、

そうではなくて、 大 阪 の 近 所 の 人 が 通 ってくれて「いつもの

頼 むわ」『 今 日 も○○さん 元 気 だね!』というやりとりができ

る 店 にしたい。そして、これまで 60 年 間 支 えてくれた 大 阪

の 人 達 に 家 族 のように 愛 され 続 ける 551 蓬 莱 でありたいと

思 っているんですよ。

「 大 阪 の 551 蓬 莱 」として

愛 され 続 ける 会 社 でいたい

これからについてですが、 今 一 番 力 を 入 れているのはレ

ストランの 展 開 です。まだ 店 舗 数 も 少 ないですが、 近 い 将

来 にはテイクアウト 部 門 と 同 じくらいの 売 上 をあげ、 完 全 に

独 立 した 部 門 になるよう 目 指 しています。レストランにも 家

族 で 本 格 中 華 を 楽 しめる 店 から、 気 軽 に 立 ち 寄 れる 飲 茶

店 、 新 しくオープンした『 嘉 義 』のように 恋 人 同 士 で 行 ける

創 作 中 華 などバリエーションは 様 々。これからどう 展 開 さ

せていこうか 工 夫 をしている 段 階 です。また、 関 西 以 外 に

も 店 舗 を 出 して 欲 しいという 声 はたくさんいただいています。

しかし、 豚 まんは 作 ってから 食 べるまでの 時 間 が 短 いほど

美 味 しい、 距 離 がと 遠 いとどうしても 味 が 落 ちてしまいます

し、 店 舗 が 分 散 してしまうことで、 実 際 に 目 で 見 て 回 る 回

数 が 減 ってしまうのも 心 配 です。 確 かに 東 京 に 進 出 すれ

12


会 社 概 要

商 号

設 立

株 式 会 社 蓬 莱

1945 年 10 月 15 日

事 業 内 容 フードサービス( 食 品 の 製 造 、 販 売 およびチャイニーズレストラン 経 営 )

資 本 金 7290 万 円 売 上 の 推 移

売 上 高 141 億 円

従 業 員 数 約 1300 名 ( 正 社 員 約 860 名 )

店 舗 数 60 店 舗 ( 平 成 21 年 3 月 現 在 )

関 連 会 社 東 邦 自 動 車 会 社

( 株 )551 蓬 莱 セントラルキッチン

所 在 地 〒556-0011 大 阪 市 浪 速 区 難 波 中 1-17-12

TEL:06-6632-3476 FAX:06-6632-4455

年 表

( 単 位 :100 万 )

1945 難 波 に1 号 店 「 蓬 莱 食 堂 」 建 設 。( 当 時 はカレーライス 店 ) 爆 発 的 人 気 を 呼 ぶ。

1946 551の 豚 まん 誕 生 。 難 波 に2 号 店 新 設 。

1947 本 格 的 に 広 東 料 理 店 として 営 業 。

1952 豚 まんの 実 演 販 売 を 始 める

1954 アイスキャンデーの 販 売 開 始

1957 そごう 大 阪 店 に 出 店

1960 大 阪 髙 島 屋 に 出 店

1984 バレンタインデーに「ハート 豚 まん」を 販 売 開 始

1993 なるみ(トゥナイト) 起 用 CM スタート

1994 蓬 莱 飲 茶 551オープン。 創 業 50 周 年 記 念 式 を 挙 行

1996 稲 荷 工 場 が 厚 生 大 臣 賞 を 受 賞

2007 工 場 部 門 を( 株 )「551 蓬 莱 セントラルキッチン」として 別 法 人 化

2009 551 蓬 莱 オンラインショップ OPEN

2010 創 業 65 周 年 を 迎 える

13


募 集 要 項

職 種 営

営 業 職 ・ 販 売 職 : 近 畿 圏 61 ヵ 所 の 営 業 店 舗 での 販 売 やホール 業 務 ・ 食 品 製 造 等

生 産 管 理 : 工 場 ( 浪 速 区 桜 川 )での 食 品 製 造 ・ 商 品 管 理 ・ 商 品 開 発 等

※ 生 産 管 理 ( 工 場 )をご 希 望 の 方 へ:2007 年 9 月 に「( 株 ) 蓬 莱 」の 生 産 部 門 をそっくりそのまま 別 法 人 化 し、「( 株 )551 蓬 莱 セ

ントラルキッチン」という 会 社 を 設 立 しました。 同 時 に 工 場 部 門 で 勤 務 しておられた 従 業 員 の 方 も 全 員 が 新 会 社 に 移 籍 されて

います。( 人 事 部 門 は( 株 ) 蓬 莱 人 事 部 が 両 方 を 担 当 ) 従 っ て、「 生 産 管 理 ( 工 場 )」をご 希 望 される 方 は、 採 用 → 入 社 の 場 合 、

組 織 上 は「( 株 ) 蓬 莱 」ではなく 蓬 莱 グループの 生 産 部 門 である「( 株 )551 蓬 莱 セントラルキッチン」に 所 属 ( 入 社 )する 事 にな

りますので、あらかじめご 理 解 下 さい。( 雇 用 条 件 や 福 利 厚 生 、 研 修 等 に 関 しては 全 く 同 じです)

初 任 給

諸 手 当

大 学 卒 20 万 4000 円 / 短 大 卒 18 万 9000 円 / 専 門 学 校 卒 18 万 4000 円

通 勤 交 通 費 ・ 職 務 ・ 物 価 ・ 住 宅 ・ 食 事 ・ 家 族 ・ 時 間 外 勤 務 等

昇 給 年 1 回 (8 月 )

賞 与 年 2 回 (7 月 ・12 月 ) 基 本 給 の 4.5 ヶ 月 分 (H20 年 実 績 )

勤 務 地

勤 務 時 間

各 営 業 所 60 店 舗

9:00~22:00 の 間 の 8 時 間 勤 務 ( 営 業 時 間 は 店 舗 によって 異 なります。)

休 日 1ヶ 月 変 形 週 休 2 日 制 年 間 休 日 107 日

休 暇

福 利 厚 生

採 用 学 部 ・ 学 科

年 次 有 給 休 暇 ・ 慶 弔 休 暇 ・ 育 児 休 暇 ・ 介 護 休 暇 等

各 種 社 会 保 険 ・ 退 職 金 制 度 ・ 財 形 ・ 慰 安 会 ・ 各 種 サークル・レクリエーション 等

全 学 部 ・ 全 学 科

14


http://www.551horai.co.jp/

More magazines by this user
Similar magazines