Views
3 years ago

地域参画型公共交通の形成・持続メカニズム に関する研究 - 名古屋大学

地域参画型公共交通の形成・持続メカニズム に関する研究 - 名古屋大学

福 本 ・ 加 藤 :

福 本 ・ 加 藤 : 第 43 回 土 木 計 画 学 研 究 発 表 会 ( 春 大 会 ) 4. 障 壁 を 解 消 する 方 策 前 章 で 述 べたとおり,「 人 」「 金 」「 心 」「 口 」の4 つの 負 担 は,いずれが 欠 けても 地 域 参 画 型 公 共 交 通 の 実 現 に 悪 影 響 を 及 ぼす.これら4つの 要 素 が 揃 わない 理 由 も 事 例 から 推 察 できる.すなわち,b)・c)の 事 例 におい ては, 公 共 交 通 を 運 行 する 目 的 が 一 貫 し,かつ 地 域 ニー ズとも 整 合 的 であり,その 目 的 のために 組 織 の 構 成 員 が 「 心 」( 意 識 )を 共 有 し, 関 係 する 主 体 に 働 きかけを 行 うことができ,その 結 果 として,その 他 の 負 担 を 引 き 出 すことができている.それに 対 し,a)の 事 例 においては, 当 初 は 事 業 ・ 運 行 主 体 の 中 で 運 行 の 目 的 がはっきりして おり,「 心 」が 共 有 されていたものの, 途 中 経 過 におい て 目 的 が 変 化 し, 徐 々にメンバー 内 でもバス 運 行 に 疑 問 を 呈 する 意 見 も 出 始 めていた.このような 状 況 で, 各 構 成 員 が, 地 域 の 他 の 関 係 主 体 に 働 きかけを 行 うことは 十 分 にできず, 結 果 として, 孤 立 無 援 の 状 況 に 追 い 込 まれ てしまったと 考 えられる. P.F.ドラッカー6) によると, 企 業 の 目 的 は, 顧 客 を 創 造 することであり, 顧 客 を 満 足 させることが, 企 業 の 使 命 であり 目 的 であるという.そしてその 目 標 設 定 にあたり 中 心 となるのは,マーケティング( 顧 客 の 要 求 を 理 解 し, 製 品 とサービスをそれに 合 わせ, 自 ずから 売 れるように すること)とイノベーション( 新 しい 満 足 を 生 み 出 すこ と)であるという. ここで 取 り 扱 っている 住 民 組 織 は 企 業 ではないが,そ の 機 能 を 考 えると,「 企 業 」の 部 分 を「 住 民 組 織 」に 置 き 換 えても 差 し 支 えないと 考 えられる.b)・c)の 事 例 に おいては,マーケティングに 成 功 し, 目 標 設 定 【b)の 事 例 においては 買 い 物 の,c)の 事 例 においては 買 い 物 ・ 通 院 の 足 の 確 保 】が, 顧 客 【 地 域 住 民 や 沿 線 企 業 , 市 】の ニーズに 合 致 していたため,それらの 主 体 の 協 力 を 引 き 出 すことが 可 能 となったと 考 えられる. ただし,この 顧 客 のニーズが 永 続 するとは 限 らないこ とに 注 意 が 必 要 である. 新 たな 顧 客 を 確 保 しなければ, これまでの 路 線 バスがたどってきたように,やがて 縮 小 均 衡 に 陥 りかねない.それを 避 けるためには,イノベー ションによって 新 たな 満 足 を 生 み 出 す 必 要 がある.この 点 に 関 して,c)の 事 例 は, 乗 客 を 対 象 として 定 期 的 にバ スツアーを 行 っている. 乗 客 の 多 くが 顔 なじみであり, また, 自 動 車 での 遠 出 ができないという 点 に 着 目 したこ のツアーは, 単 なる 地 域 公 共 交 通 の 取 り 組 みにとどまら ず, 地 域 住 民 の 交 流 促 進 にもつながっており,より 一 層 のバス 利 用 を 促 す 効 果 を 持 つ 点 で 注 目 に 値 する. 一 方 で,a)の 事 例 の 場 合 , 関 係 者 間 の 合 意 形 成 プロセ スに 問 題 があったため, 実 現 を 優 先 するあまり 当 初 の 目 標 設 定 が 変 更 され,それが 顧 客 のニーズとかけ 離 れたも のとなってしまった. 結 果 として, 利 用 がなされなかっ 地 域 住 民 のニーズの 把 握 (マーケティング) 運 行 目 的 の 明 確 化 参 画 主 体 による 目 的 の 共 有 各 主 体 による 役 割 分 担 「 人 」 「 金 」 「 心 」 「 口 」 運 行 の 実 現 地 域 コミュニティ・QOLの 側 面 からの 目 的 の 深 化 (イノベーション) 図 -1 地 域 参 画 型 公 共 交 通 運 営 の 組 織 化 の 概 略 持 続 性 の 向 上 たばかりか, 協 力 を 得 ることもできなくなり, 運 営 に 行 き 詰 まったと 考 えられる. このことから, 運 行 の 計 画 当 初 に 地 域 におけるニーズ を 見 極 めることの 重 要 性 と,ニーズを 満 たすという 目 的 に 沿 った 運 行 計 画 の 策 定 が 重 要 であり,その 目 的 を 達 成 するという「 心 ( 意 識 )」を 組 織 の 構 成 員 が 共 有 するこ とによって, 地 域 住 民 などの 関 係 主 体 に 協 力 を 働 きかけ ることが, 住 民 参 画 型 公 共 交 通 の 形 成 に 重 要 であること がわかる.このとき, 運 行 すること 自 体 を 目 的 とするの ではなく, 運 行 によって 何 を 得 たいかという「 本 来 の 目 的 ・ニーズ」に 立 ち 返 って 検 討 し,それが 実 現 する 方 法 を 関 係 者 間 で 幅 広 く 検 討 することも 必 要 である. 地 域 公 共 交 通 の 顧 客 の 存 在 する 市 場 は, 移 動 という 面 に 限 ってみれば, 現 代 においては 非 常 に 小 さい.しかし ながら, 地 域 公 共 交 通 の 生 み 出 す 価 値 は, 単 に 一 部 の 人 の 移 動 手 段 にとどまらず, 存 在 価 値 や 利 用 可 能 性 といっ たオプション 価 値 7) を 含 む.このことが 地 域 のコミュニ ティやQOL 向 上 に 寄 与 するというイノベーションを, 取 り 組 みに 参 加 しているメンバーが 認 識 し,その 意 識 がよ り 多 くの 主 体 に 共 有 され, 参 画 してもらえるような 働 き かけを 行 うことが, 地 域 参 画 型 公 共 交 通 運 営 の 組 織 化 に とって 重 要 であるといえる.その 結 果 ,「 人 」「 金 」 「 心 」「 口 」の4つの 負 担 を 多 様 な 主 体 によって 役 割 分 担 してもらうことが 可 能 となる. 組 織 化 による 取 り 組 み の 深 化 は,さらなる 付 加 価 値 をもたらし, 新 たな 満 足 を 生 み 出 すことで 組 織 化 に 再 びつながる. 図 -1はこのメカ ニズムを 概 略 的 に 示 したものである. 4

福 本 ・ 加 藤 : 第 43 回 土 木 計 画 学 研 究 発 表 会 ( 春 大 会 ) 5. まとめ 本 研 究 では, 地 域 参 画 型 公 共 交 通 運 営 の 組 織 化 の 過 程 に 存 在 する 障 壁 と,それを 解 消 し 組 織 化 を 促 し 得 る 方 策 について 検 討 した. その 結 果 ,1)「 人 」「 金 」「 心 」「 口 」の4つの 負 担 はいずれが 欠 けても 地 域 参 画 型 公 共 交 通 の 運 営 を 行 き 詰 まらせる 可 能 性 があること,2) 地 域 のニーズにあった 目 的 の 設 定 を 行 い,それに 基 づいて4つの 負 担 を 地 域 の 各 主 体 で 分 担 してもらうように 組 織 の 構 成 員 が 活 動 するこ とが 重 要 であること,を 示 した. 今 後 は,さらに 組 織 のマネジメント 手 法 について 検 討 を 行 う 予 定 である. 特 に, 市 町 村 による 地 域 参 画 型 公 共 交 通 運 営 支 援 は,NPM 8) (New Public Manamegemt)の 一 つと 位 置 づけることも 可 能 であり,この 点 からの 考 察 も 行 いたい. 【 謝 辞 】 本 研 究 は 科 研 費 (21560554)の 助 成 を 受 けたものである. 【 参 考 文 献 】 1) 例 えば, 髙 橋 愛 典 :イギリスにおけるコミュニティ 輸 送 の 動 向 - 日 本 への 示 唆 を 求 めて-, 高 速 道 路 と 自 動 車 , 第 45 巻 , 第 8 号 ,pp.35-41,2002. 2) 福 本 雅 之 , 加 藤 博 和 , 黒 坂 俊 樹 : 地 域 参 画 型 コミュニテ ィバス 事 業 の 持 続 性 に 関 する 実 証 的 検 討 - 春 日 井 西 部 コ ミュニティバスを 例 として-, 土 木 計 画 学 研 究 ・ 講 演 集 , Vol.41,CD-ROM(55),2010. 3) 出 口 近 士 ・ 吉 武 哲 信 ・ 上 村 孝 喜 ・ 飯 干 淳 志 : 高 千 穂 町 に おけるコミュニティバス 事 業 化 プロセスの 計 画 学 視 点 か らの 分 析 , 土 木 計 画 学 研 究 ・ 論 文 集 ,Vol.24 no.4,pp.895- 906,2007. 4) 田 中 智 麻 , 杉 戸 厚 吉 , 加 藤 博 和 , 井 口 紀 夫 :コミュニテ ィ 交 通 の 事 前 ・ 事 後 評 価 手 法 に 関 する 一 提 案 , 土 木 計 画 学 研 究 ・ 講 演 集 ,Vol.42,CD-ROM(232),2010. 5) 福 本 雅 之 , 加 藤 博 和 : 地 区 内 乗 合 バスサービス 運 営 方 式 の 類 型 化 および 適 材 適 所 の 検 討 , 土 木 学 会 論 文 集 D, Vol.65,No.4,pp.554-567,2009. 6) P.F.ドラッカー・ 上 田 惇 生 訳 :エッセンシャル 版 マネジ メント 基 本 と 原 則 ,ダイヤモンド 社 ,2001. 7) 湧 口 清 隆 : 交 通 サービスの 自 発 的 供 給 は 可 能 か?- 理 論 的 フレームワーク-, 交 通 学 研 究 1998 年 研 究 年 報 ,pp111- 120,1999. 8) 例 えば, 大 住 莊 四 郎 :ニュー・パブリック・マネジメン ト 理 念 ・ビジョン・ 戦 略 , 日 本 評 論 社 ,1999. A Study on the Mechanism of Formation of Local Public Transport System and its Sustainability by Participation of Community Members Masayuki FUKUMOTO and Hirokazu KATO 5

人口減少と持続的な都市の形 - 名古屋大学
地域公共交通への住民参画の 促進方策に関する検討 - 名古屋大学
地域公共交通運営組織への 地域住民参画促進方策 ... - 名古屋大学
地方部における住民の公共交通維持への負担意識の分析 ... - 名古屋大学
QOL 指標による中山間集落の持続可能性評価 - 名古屋大学
広域圏における地域公共交通総合連携計画策定の役割と ... - 名古屋大学
津波リスクを考慮した土地利用計画による被害費用低減 ... - 名古屋大学
専門科目II(前期、一般選抜・留学生特別選抜共通) - 名古屋大学
「環境にやさしい交通を考える市民フォーラムinなごや」発表 ... - 名古屋大学
都市域におけるインフラの維持管理・更新費用の将来予測 ... - 名古屋大学
都心部回遊型乗合バスの乗降者数とバス運行遅れとの ... - 名古屋大学
地域住民・交通事業者・行政の三位一体による 持続可能な ... - 名古屋大学
ポテンシャル型アクセシビリティ指標を用いた詳細地区単位 ... - 名古屋大学
商業事業者が主導するバスの現状と地域公共交通維持に ... - 名古屋大学
徳島市応神ふれあいバスの試み - 名古屋大学
人口とインフラのエイジングを考慮した市街地維持費用推計 ... - 名古屋大学
工業集積地域における複数企業が協働したモビリティ ... - 名古屋大学
途上国における空間構造変化と 低炭素地域間交通 ... - 名古屋大学
コミュニティ交通の事前・事後評価手法に関する一提案* A ... - 名古屋大学
都市域における住宅地価とQOL指標との関係分析 - 名古屋大学
住替えインセンティブを組み込んだ自律型街区再構築 ... - 名古屋大学
地域住民の検討過程にみる地域公共交通の 導入実証実験 ... - 名古屋大学
住民主導型公共交通の運営に対して 自治体が果たす役割 ... - 名古屋大学
交通カーボンフットプリントのための鉄道CO2排出量原単位 ... - 名古屋大学
アジア開発途上国における 地域ごとの低炭素旅客輸送 ... - 名古屋大学
中山間地域における集落再編策検討のための QOL指標 ... - 名古屋大学
参加型学習(総合的学習)の指導法 - 名古屋女子大学学術情報センター
名古屋大学中文简介2011-2012 - 名古屋大学国際交流協力推進本部
EST実現のための交通施策の要件と日本における課題 ... - 名古屋大学
居住地域特性を考慮した 住宅省エネ改修の導入可能性検討 - 名古屋大学