里山流域単位の除染 を目指した GIS 整備 - 近藤研究室 - 千葉大学

dbx.cr.chiba.u.jp
  • No tags were found...

里山流域単位の除染 を目指した GIS 整備 - 近藤研究室 - 千葉大学

原 子 力 災 害 被 災 地 の 生 態 再 生 (Ⅰ)

里 山 ランドスケープの 放 射 能 と 除 染

里 山 流 域 単 位 の 除 染

を 目 指 した GIS 整 備

近 藤 昭 彦 ( 千 葉 大 学 CEReS )

http://dbx.cr.chiba-u.jp/


3 . 11 をふりかえる

宇 宙 から 見 た

福 島 、 阿 武 隈

山 地

3 月 12 日

福 島

川 俣 町

飯 舘 村

地 震 発 生 後 の ALOS( だいち ) 画 像

2011 年 3 月 12 日 ( 左 )

2011 年 3 月 14 日 ( 下 )

郡 山

このとき、 飯 舘 村 や 川 俣 町 では

浜 通 り 方 面 からの 避 難 者 受 け 入 れ

その 後 ....

津 波 からの 避 難 者 に 対 応 していた

住 民 が 避 難 へ

支 援 者 から 避 難 者 へ

飯 舘 村

相 馬

津 波 の 引 き 潮

3 月 14 日


運 命 の 日 を 迎 えた

飯 舘 村

15 日 午 後 から 降 り 出 した 雨

は、 夕 方 になると 雪 となり、 阿

武 隈 を 覆 った。その 雪 は...

郡 山

15 日 の 夕 方 、 飯 舘 役 場 前 では

45μSv/h を 記 録 !

長 泥 、 赤 宇 木 ではどれほどだっ

たのだろうか

3 月 16 日 午 前 の ALOS 画 像




飯 舘 村 はどんな 村 だったのか

農 村 計 画 学 会 座 談 会

2010 年 11 月 29 日 開 催

再 定 住 革 命 のための 農 村 計 画

農 村 計 画 学 会 誌 、

2011 年 3 月 号

雑 誌 が 届 いたとき、 飯 舘 村 の 暮 ら

しはすでに 分 断 の 危 機 にあった!

■ 定 年 帰 農

■ までいな 村 つくり

■ 田 舎 に 定 住 するモデルをつくる

■ 水 田 地 域 は 新 規 参 入 が 難 しい

■ I ターン 者 は 直 売 所 で 育 てられる

■ 自 分 の 生 き 様 を 村 でデザインする

■ 今 日 が 出 発 点 だ

■ 地 域 通 貨 と 一 升 瓶

■ ・・・・・・


川 俣 町 山 木 屋 地 区 ( 計 画 的 避 難 区 域 )における

除 染 ・ 帰 還 の“ 目 的 の 達 成 ”を 地 域 と 共 有 する

● 地 域 に 寄 り 添 う

地 域 主 体 原 則

● 目 的 の 達 成 を 共 有

● その 中 で 研 究 者 の

役 割 を 果 たす

川 俣 町 山 木 屋 地 区

川 俣 町

二 本 松 市

飯 舘 村

浪 江 町

葛 尾 村

南 相 馬 市

浪 江 町

警 戒 区 域

田 村 市

川 内 村

双 葉 町

大 熊 町

富 岡 町

楢 葉 町


東 京 電 力

福 島 第 一

原 発

朝 日 新 聞 「 今 伝 えたい 千 人 の 声 」

現 代 農 業 「 帰 るために 前 へ 進 む」

いわき 市

広 野 町

( 経 産 省 HP)


その 頃 、 多 くの 研 究 者 が、 福 島 を 目 指 していた...

その 思 いは 汚 染

マップを 作 ること

最 も 初 期 の 空

間 線 量 率 観

測 結 果

飯 舘 村 3 月 28 , 29 日

>30μSv/h

初 期 の 段 階 では 個 別 の 情

報 が 共 有 されていなかっ

た。 住 民 への 伝 達 は 研 究

者 が 担 っていた。

◀ 木 村 真 三 氏 らによる 空 間 線

量 率 測 定

京 都 大 学 今 中 哲 二 らのグループ

が 行 った 3 月 28 日 、 29 日

の 飯 舘 村 調 査 結 果 ( 京 大 、 広 島

大 、 國 學 院 大 、 日 大 チーム)▲

飯 舘 村 の 放 射 性 物 質 汚 染 状 況

調 査 結 果 速 報 (2011 年 4 月

29 日 ~ 5 月 1 日 実 施 )▶

日 本 大 学 生 物 資 源 科 学 部 生 物

環 境 工 学 科 糸 長 浩 司 研 究 室

( 飯 舘 村 後 方 支 援 チーム)

>10μSv/h

飯 舘 村 4 月 以 降 定 期 観 測


5 月 6 日 報 道 発 表

原 発 事 故 から 約 2 ヶ 月

線 引 きの 根 拠

DOE/MEXT 空 間 線 量 調 査

最 初 の 計 測 は 3 月 17 日 から 行

われ、その 結 果 は 3 月 下 旬 には

DOE のホームページで 公 開 された。

多 くの 方 が 飯 舘 村 方 向 の 高 空 間 線

量 率 地 域 の 存 在 を 知 っていた。( 日

本 のシステムは 連 絡 ミスで 初 期 の 観

測 ができなかった)

朝 日 120617

4 月 11 日

計 画 的 避 難 区 域 指 定 予 告

4 月 22 日

計 画 的 避 難 区 域 指 定

6 月 ~ 7 月

避 難 終 了

空 中 から γ 線 を 計 る!

NNSA Aerial Measuring Systems

国 家 核 安 全 保 障 局 (YouTube から )


KURAMA による 走 行 サーベイ 結 果

5 月 実 施 、 6 月 15 日 公 表

KURAMA の 初 期 成 果

京 都 大 学 の 車 載 システム

(MEXT/HP)

福 島 大 学 環 境 放 射 線 量 率 地 図

平 成 23 年 6 月 17 日 掲 載

http://www.pref.fukushima.jp/nuclear/info

/110615.html

http://www.sss.fukushimau.ac.jp/FURAD/FURAD/data-map-fukushima.html


放 射 性 物 質 の 分 布 状 況

等 に 関 する 調 査 研 究

6 月 4 日 岳 温 泉 に 集 まっ

た 約 140 名 の 研 究 者

5 月 試 行

6 月 スタート μSv/h ⇒ Bq/m

2

8 月 31 日 報 道 発 表

原 発 事 故 から 約 半 年


放 射 能 汚 染 マップ

チェルノブイリの 事 例 と 比 較 すると 作 成 自 体 は 早 かったのだが.....

何 を 読 むべきか

● 放 射 性 物 質 の 沈 着 の

様 式 と 今 後 の 移 行

● 土 地 の 性 質 、 地 域 性

との 関 係 性

何 が 足 りないか

● 大 縮 尺 のマップ

● 環 境 を 構 成 する 諸 要 素

との 関 係 がわかるマップ

地 域 における 対 策 の 指 針 を 得 るため


走 行 サーべイを 実 施

地 上 1m の 空 間 線 量 率 測 定

飯 舘 戦 山 中 腹 にて

7 月 飯 舘 村 で 実 施

8 月 川 俣 町 で 実 施

GPS と 連 動 する γ 線 スペクトロ

メーター RT-30

川 俣 町 、 飯 舘 村 との 境 界 近 く

幹 線 道 路 以 外 の

林 道 も 走 行


空 間 線 量 率 (μSv/h) は 土

地 被 覆 によって 不 連 続 に 変

わる。

⇒ 成 果 は「 負 げねど 飯 舘 」へ

航 空 機 モニタリング

300 ~ 600m のフットプリ

ントの 観 測 値 をリサンプリ

ングして 作 成

計 測 の 最 大 値 は 赤 宇 木

の 25μSv/h

チーム 千 葉 による 7 月 調 査 結 果

地 域 の 暮 らしの 復 旧 、 復 興 に

必 要 な 空 間 線 量 率 の 分 布 とは


福 島 市

高 地 で 高 い

伊 達 市

2011 年 7 月 、 8 月 の 調 査

川 俣 町

飯 舘 村

南 相 馬 市

東 和

浪 江 町

二 本 松 市

二 本 松 市

盆 地 で 低 い

葛 尾 村


川 俣 町

N

山 木 屋

大 火 山

相 葭

比 曽

飯 樋

役 場

村 民

の 森

前 田

長 泥

草 野

赤 宇 木

浪 江 町

蕨 平

飯 舘 村

飯 舘 長 泥 曲 田

飯 舘 戦 山

飯 舘 チップボイラ

飯 舘 前 田


より 詳 細 な 空 間 線 量 率 分 布 の 測 定 の 必 要 性

歩 行 サーベイ

山 村 の 暮 らしは 田 畑 、 住 居 、 里 山 を

含 む 小 流 域 における 水 ・ 物 質 循 環 の

もとで 成 り 立 っている

● 空 間 線 量 率 計 の 位 置 を 地 上 1m

高 に 調 整

●GPS と 同 期

● 山 地 斜 面 を 歩 行

1m 高

飯 舘 村 - 川 俣 町 間 の 尾 根

戦 山


★ : 採 水 地 点 ( 放 射 能 ND)

小 流 域 スケールの 空

間 線 量 率 分 布 は 非 常

に 不 均 質

( 2012 年 5 月 4 日 測 定 )

山 木 屋 小 学 校


国 道 ( 富 岡 街 道 ) 沿 いは

1μSv/h≒5mSv/y

1μSv/h 程 度

集 会 所

福 島 第 一 原 発 方 向


★ : 採 水 地 点 ( 放 射 能 ND)

山 からの 水 が 暮 らしを 支 える

里 山 流 域 単 位 の 対 策 !






( 2012 年 5 月 5 日 測 定 )

1μSv/h≒5mSv/y

二 本 松 方 面



国 の 除 染 は 居 住 地 から 20m


県 道 62 号 線 沿 い 水 田 の 空 間 線 量 率 の 空 間 分 布

川 俣 町 市 街 地 方 向

2012 年 1 月 28,29 日

×8.6Bq/cm 2

×5.8Bq/cm 2

×7.7Bq/cm 2

×4.4Bq/cm 2 ×5.4Bq/cm 2

× 数 字 は 地 表 面 の 表 面 汚 染 密 度

2012 年 5 月 5 日

・ 積 雪 による 減 衰

・ 南 西 方 に 空 間 線 量 率 減 少

・ 表 面 汚 染 密 度 と 対 応

● 汚 染 の 程 度 は 場 所 によって 異 なる

一 律 除 染 、 線 引 き

1 月 5 月

汚 染 地 図 を

ベースに


里 山 流 域 単 位 の GIS ー 暮 らしスケールの 除 染

2007 年 撮 影 オルソ 空 中 写 真 、 基 盤 図 情 報 と 重 ね 合 わせ

( 空 間 線 量 率 は 2012 年 5 月 5 日 測 定 )

冬 期 の 空 中 写 真

であるので、 常

緑 樹 と 落 葉 樹 の

区 別 が 容 易

高 標 高 部 で 空 間

線 量 率 が 高 い

常 緑 針 葉 樹 林 で

空 間 線 量 率 が 高

い 傾 向 が 認 めら

れる

山 木 屋 復 興 GIS 整 備 中

・ 集 水 域 、 配 水 ・ 排 水 系 統

・ 植 生 分 布

・などなど


地 理 情 報 システムの 画 面

・ 平 面 直 角 座 標 系 ( 公 共 座 標 系 ) 第 9 系 をベースに 様 々な 地 理 情 報 を 重 ね 合 わせ

・ 道 路 、 建 物 、 圃 場 、...さらに、 水 源 井 、 灌 漑 排 水 系 、 渓 流 、...

・ 里 山 流 域 の 範 囲

森 林 域 全 域 除 染 対 策 を 施 す 単 位 は 流 域 、 流 域 の 分 布 と 特 徴 を 知 る 必 要

流 域 の 範 囲

がわかる


地 理 情 報 解 析

・ 建 物 から 20m の 範 囲 は

・ 林 縁 から 20m の 範 囲 は

流 域 が 暮 らしの 単 位 、 現 行 の 除 染 範 囲 では 暮 らしの 安 心 は 得 られない


地 理 情 報 解 析

・ 常 緑 針 葉 樹 林 の 場 所 、 面 積 は

まだ 樹 冠 にセシウムが 残 存 している 常 緑 針 葉 樹 林 と 林 床 にセシウムが 沈

着 した 落 葉 広 葉 樹 林 で 対 策 は 異 なり、その 分 布 は 流 域 でも 異 なる


提 案

“ 田 畑 ・ 居 住 空 間 を 含 む 里 山 流 域 単 位 の 放 射 能 対 策 ”

・ 生 活 圏 の 最 小 単 位 としての 里 山 流 域

・ 里 山 流 域 の 水 循 環 の 保 全

問 題 点 ・ 批 判

・コストがかかる

⇒ 流 域 ごとの 中 技 術 ・ 小 技 術 による 対 策 - 治 山 ・ 緑 化 の 経 験 -

・ 誰 がやるのか

⇒ 自 分 たちの 手 で 復 興 を ー 自 助 ・ 共 助 : 地 域 は 自 分 たちで 守 る-

提 案 型 合 意 の 形 成

つらい 合 意 ではなく 希 望 のある 合 意

様 々な 問 題 を 乗 り 越 えて、 皆

が 幸 せになる 方 策 を 学 会 から

More magazines by this user
Similar magazines