下巻 - 神戸大学大学院法学研究科・法学部

law.kobe.u.ac.jp

下巻 - 神戸大学大学院法学研究科・法学部

目 次

教 授 ( 五 十 音 順 。 以 下 同 じ)

淺 野 博 宣 ( 憲 法 ・ 教 授 )...................................................................................... 1

飯 田 文 雄 ( 政 治 学 ・ 教 授 ) ............................................................................... 2

井 上 典 之 ( 憲 法 ・ 教 授 )...................................................................................... 5

上 嶌 一 高 ( 刑 法 ・ 教 授 )................................................................................... 9

宇 藤 崇 ( 刑 事 手 続 法 ・ 教 授 ) ............................................................................. 12

浦 野 由 紀 子 ( 民 法 ・ 教 授 )................................................................................. 16

大 内 伸 哉 ( 労 働 法 ・ 教 授 )................................................................................. 19

大 塚 裕 史 ( 刑 法 ・ 教 授 ).................................................................................... 22

大 西 裕 ( 行 政 学 ・ 教 授 ).................................................................................... 25

小 田 直 樹 ( 刑 法 ・ 教 授 ).................................................................................... 29

樫 村 志 郎 ( 法 社 会 学 ・ 教 授 ) ............................................................................. 31

松 生 史 ( 行 政 法 ・ 教 授 )................................................................................. 35

窪 田 充 見 ( 民 法 ・ 教 授 ).................................................................................... 39

栗 栖 薫 子 ( 国 際 関 係 論 ・ 教 授 ) .......................................................................... 43

近 藤 光 男 ( 商 法 ・ 教 授 ).................................................................................... 47

齋 藤 彰 ( 国 際 取 引 法 ・ 教 授 ) ............................................................................. 50

坂 元 茂 樹 ( 国 際 法 ・ 教 授 )................................................................................. 55

志 谷 匡 史 ( 商 法 ・ 教 授 ).................................................................................... 58

品 田 裕 ( 選 挙 制 度 論 ・ 教 授 ) ............................................................................. 62

渋 谷 謙 次 郎 (ロシア 法 ・ 教 授 ) .......................................................................... 65

島 並 良 ( 知 的 財 産 法 ・ 教 授 ) ............................................................................. 67

泉 水 文 雄 ( 経 済 法 ・ 教 授 )................................................................................. 70

曽 我 謙 悟 ( 行 政 学 ・ 教 授 )................................................................................. 75

高 橋 裕 ( 法 社 会 学 ・ 教 授 )................................................................................. 78

瀧 澤 栄 治 (ローマ 法 ・ 教 授 ) ............................................................................. 81

手 嶋 豊 ( 民 法 、 医 事 法 ・ 教 授 ) .......................................................................... 82

I


中 川 丈 久 ( 行 政 法 ・ 教 授 )................................................................................. 85

中 西 正 ( 民 事 手 続 法 ・ 教 授 ) ............................................................................. 89

中 野 俊 一 郎 ( 国 際 私 法 ・ 教 授 ) .......................................................................... 92

八 田 卓 也 ( 民 事 手 続 法 ・ 教 授 ) .......................................................................... 96

馬 場 健 一 ( 法 社 会 学 ・ 教 授 ) ........................................................................... 100

春 名 一 典 ( 法 曹 実 務 教 授 )............................................................................... 104

福 田 尚 司 ( 法 曹 実 務 ・ 教 授 ) ........................................................................... 105

増 島 建 ( 国 際 関 係 論 ・ 教 授 ) ........................................................................... 108

丸 山 英 二 ( 英 米 法 、 医 事 法 ・ 教 授 ) .................................................................. 110

簑 原 俊 洋 ( 日 米 関 係 史 ・ 教 授 ) ........................................................................ 115

安 井 宏 樹 ( 西 洋 政 治 史 ・ 教 授 ) ........................................................................ 119

山 田 誠 一 ( 民 法 ・ 教 授 ).................................................................................. 121

山 本 顯 治 ( 民 法 ・ 教 授 ).................................................................................. 124

山 本 弘 ( 民 事 訴 訟 法 ・ 教 授 ) ........................................................................... 127

行 澤 一 人 ( 商 法 ・ 教 授 ).................................................................................. 130

米 丸 恒 治 ( 行 政 法 ・ 教 授 )............................................................................... 133

Alexander, Ronni( 国 際 協 力 政 策 ・ 教 授 )............................................................ 136

准 教 授

青 木 哲 ( 民 事 手 続 法 ・ 准 教 授 ).......................................................................... 138

安 藤 馨 ( 法 哲 学 ・ 准 教 授 )............................................................................... 143

飯 田 秀 総 ( 商 法 ・ 准 教 授 )............................................................................... 146

池 田 公 博 ( 刑 事 手 続 法 ・ 准 教 授 ) ..................................................................... 149

池 田 千 鶴 ( 経 済 法 ・ 准 教 授 ) ........................................................................... 153

興 津 征 雄 ( 行 政 法 ・ 准 教 授 ) ........................................................................... 155

小 野 博 司 ( 日 本 法 史 ・ 准 教 授 ) ........................................................................ 161

木 下 昌 彦 ( 憲 法 ・ 准 教 授 )............................................................................... 163

榊 素 寛 ( 商 法 ・ 准 教 授 ).................................................................................. 164

櫻 庭 涼 子 ( 労 働 法 ・ 准 教 授 ) ........................................................................... 168

島 村 健 ( 環 境 法 ・ 准 教 授 )............................................................................... 170

II


嶋 矢 貴 之 ( 刑 事 法 ・ 准 教 授 ) ........................................................................... 174

関 根 由 紀 ( 社 会 保 障 法 ・ 准 教 授 ) ..................................................................... 176

多 湖 淳 ( 対 外 政 策 論 、 国 際 関 係 論 ・ 准 教 授 )...................................................... 179

田 中 洋 ( 民 法 ・ 准 教 授 ).................................................................................. 182

玉 田 大 ( 国 際 法 ・ 准 教 授 )............................................................................... 184

藤 村 直 史 ( 議 会 研 究 、 日 本 政 治 ・ 准 教 授 )......................................................... 189

前 田 健 ( 知 的 財 産 法 ・ 准 教 授 ) ........................................................................ 191

専 任 講 師

驛 賢 太 郎 ( 政 治 経 済 学 ・ 専 任 講 師 ) .................................................................. 194

助 教

海 道 俊 明 ( 行 政 法 ・ 助 教 )............................................................................... 196

平 野 淳 一 ( 選 挙 分 析 ・ 助 教 ) ........................................................................... 197

特 命 講 師

飯 田 健 ( 政 治 行 動 論 ・ 特 命 講 師 ) ................................................................................ 198

Knudson, Troy Keith( 国 際 コミュニケーション・ 特 命 講 師 )....................................... 201

古 谷 貴 之 ( 民 法 ・ 特 命 講 師 )........................................................................................ 203

平 成 23 年 度 末 までに 退 職 した 教 員

赤 坂 正 浩 ( 憲 法 ・ 教 授 )............................................................................................... 206

磯 村 保 ( 民 法 ・ 教 授 ) .................................................................................................. 208

井 上 由 里 子 ( 知 的 財 産 法 ・ 教 授 ) ................................................................................ 210

小 室 程 夫 ( 国 際 経 済 法 ・ 教 授 ) .................................................................................... 212

佐 藤 英 明 ( 租 税 法 ・ 教 授 ) ........................................................................................... 213

藤 井 伊 久 雄 ( 法 曹 実 務 教 授 ) .................................................................................... 215

森 澤 武 雄 ( 法 曹 実 務 教 授 ) ........................................................................................... 216

山 地 修 ( 法 曹 実 務 教 授 )............................................................................................... 217

稲 元 勉 ( 助 教 ) ............................................................................................................. 219

III


註 :ファカルティレポート 前 号 ( 第 8 号 )からの 変 更 点 は 以 下 のとおり。

(1) 対 象 年 度 ( 平 成 22 年 度 ・ 平 成 23 年 度 ) 中 に 本 研 究 科 に 在 籍 していたが、その 後 退 職

し、 本 号 執 筆 時 には 本 件 休 暇 に 在 籍 していない 教 員 についても、その 個 人 活 動 報 告 を 掲

載 している(ただし、 事 情 により、 本 号 執 筆 期 間 中 に、 個 人 活 動 報 告 の 原 稿 を 提 出 しえ

なかった 教 員 を 除 く)。

(2) 「Ⅳ 学 内 活 動 」のうち、「 学 内 各 種 委 員 等 」については、 上 巻 (Ⅱ1(2)(d)(ⅲ))にまと

めて 記 載 することとした。

(3) 「 外 部 研 究 費 取 得 状 況 」( 前 号 ではⅥ)についても、 上 巻 (Ⅱ4(4))にまとめて 記 載 す

ることとした。

IV


教 授

淺 野 博 宣 ( 憲 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

通 常 の 講 義 等 に 加 え、 教 科 書 やケースブックの 執 筆 などがあり、 研 究 活 動 と 教 育 活 動 と

の 間 では、 教 育 活 動 に 大 きな 比 重 があった。 教 科 書 等 は 分 担 執 筆 による 共 著 であるが、 他

の 執 筆 者 から 多 々の 示 唆 を 得 た。 優 れた 研 究 者 ・ 教 育 者 から 受 けた 刺 激 を 自 らのものとし

て 取 り 込 むには 時 間 を 要 しそうであるが、できる 限 りの 努 力 をしていきたい。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

憲 法 理 論 の 再 創 造 共 著 日 本 評 論 社 2011 年 3 月

憲 法 1-- 統 治 共 著 有 斐 閣 2011 年 3 月

ケースブック 憲 法 共 著 有 斐 閣 2011 年 4 月

公 法 系 訴 訟 実 務 の 基 礎 共 著 弘 文 堂 2011 年 9 月

判 例 プラクティス 憲 法 共 著 信 山 社 2012 年 2 月

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

ドゥオーキンの 法 実 証 主 義 批 判 につ 公 法 研 究 73 号 162-170 頁 2011 年 10 月

いて

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

ハート・ドゥオーキン 論 争 の 第 二 幕 ? 公 法 学 会 上 智 大 学 2010 年 10 月

10 日

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

研 究 成 果 の 大 部 分 は、 教 科 書 執 筆 等 の 教 育 活 動 にかかわるものであるが、その 作 成 過 程

での 研 究 会 等 を 通 じて、 他 の 執 筆 者 から 得 るものは 大 きかった。それは、 判 例 の 読 み 方 、

学 説 の 理 解 の 仕 方 など 基 本 的 な 部 分 についても 及 び、かつ、その 重 要 性 を 改 めて 痛 感 した。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS 憲 法 訴 訟 Ⅰ 4

1


憲 法 訴 訟 Ⅱ 4

対 話 型 演 習 総 合 法 律 0.12

学 部 法 経 総 合 概 論 0.12

全 学 国 家 と 法 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

LSに 関 しては、 理 想 とされるLS 教 育 がどういうものか 迷 いがあり、 反 省 すべき 点 が 多

かった。 教 科 書 執 筆 等 の 経 験 を 踏 まえて、 教 育 方 法 について 考 えさせられたので、 改 めて

授 業 内 容 を 再 構 成 したいと 考 えている。

「 国 家 と 法 」は、 統 治 機 構 論 の 基 礎 について 講 義 したもの。 他 学 部 学 生 に 関 心 をもって

もらうために、 時 事 的 な 話 題 を 積 極 的 に 取 り 入 れたが、もっと 視 覚 的 に 訴 える 工 夫 をする

必 要 があるように 思 われた。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

相 互 授 業 参 観 や 教 育 改 善 ・ 教 員 意 見 交 換 会 に 積 極 的 に 参 加 した。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

公 法 学 会 、 全 国 憲 法 研 究 会

飯 田 文 雄 ( 政 治 学 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

当 該 期 間 は、 政 治 思 想 学 会 の 企 画 委 員 長 及 び 事 務 局 長 、という 2 つの 役 職 を 相 次 いでつ

とめ、 当 初 の 予 想 を 大 幅 に 上 回 る 時 間 と 労 力 を 学 会 活 動 のために 割 く 結 果 となった。その

中 で、 教 育 については 一 定 の 成 果 を 確 保 できたが、 研 究 については 多 くの 課 題 を 先 送 りす

る 結 果 となったので、 事 務 局 長 が 終 わる 2012 年 5 月 末 以 降 巻 き 返 しに 努 めたい。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

ポスト 福 祉 国 家 の 時 代 における 共 生 単 著 全 労 済 協 会 2010 年

社 会 の 可 能 性 とベーシック・インカム

2



Globality, Democracy and Civil 共 著 Routledge 2011 年

Society

現 代 政 治 理 論 ・ 新 版 共 著 有 斐 閣 2012 年

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

現 代 政 治 思 想 と 格 差 社 会 神 戸 大 学 最 前 線 第 13 巻 18 頁 2010 年

書 評 ・ 政 治 理 論 : 対 象 トマス・ポッ 年 報 政 治 学 291~293 頁 2011 年

ゲ/ 立 岩 真 也 監 訳 『なぜ 遠 くの 貧 しい 2012-Ⅰ

人 への 義 務 があるのか: 世 界 的 貧 困 と

人 権 』 生 活 書 院 、2010 年 ; 伊 藤 恭 彦

『 貧 困 の 放 置 は 罪 なのか:グローバル

な 正 義 とコスモポリタニズム』 人 文 書

院 、2010 年

Towards a Liberal Theory of Social Science 1~31 頁

2011 年

Returnees

Research

Nrtwook pp.

Can Exit Right Really Save Internal

Minorities?

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

Social

Research

Netwook pp

Science 1~26 頁

2011 年

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

自 由 論 題 分 科 会 C(オーガナイザ 政 治 思 想 学 会 東 京 大 学 法 学 2010.5.23

ー・ 司 会 ・ 討 論 者 )


ポスト 福 祉 国 家 時 代 における 共 生 社

会 の 可 能 性 とベーシックインカム 論

全 労 済 協 会 公 募 委 託

調 査 研 究 報 告 会

全 労 済 協 会 2010.5.26

短 期 滞 在 者 の 権 利 理 論 は 可 能 か? 日 本 政 治 学 会 中 京 大 学 2010.10.10

Towards a Liberal Theory of Western Political San Antonio, 2011.4.22

Returnees

Science Association USA

Can Exit Right Really Save Internal American Political Seattle, USA 2011.9.2

Minorities?

Science Association

ベーシック・インカム 論 とニーズ 対 応 福 祉 科 研 研 究 会 神 戸 大 学 2011.12.19

型 ・ 市 民 参 加 型 福 祉

最 近 の 多 文 化 主 義 研 究 から 多 文 化 主 義 研 究 会 神 戸 大 学 2012.1.9

Basic income at the EU agenda?

(オーガナイザー・ 通 訳 )

福 祉 科 研 研 究 会 神 戸 大 学 2012.1.23

日 本 型 ベーシック・インカム:その 可

能 性 ?

最 近 のグローバル 化 研 究 から

日 仏 会 館 フランス 国 日 仏 会 館 2012.1.28

立 日 本 研 究 センター

一 般 公 開 講 演 会

グローバル・シティー

研 究 会

東 京 大 学 社 会

科 学 研 究 所

2012.2.11

3


Is Japanese Basic Income Possible? Chaire

Seminar

Liberal Autonomy (オルガナイザ

ー・ 司 会 ・ 通 訳 )

Hoover

Louvain

Catholic

University,

, Belgium

2012.2.21

神 戸 大 学 政 治 理 論 研 神 戸 大 学 2012.3.26

究 会 、 神 戸 法 学 会 講 演

会 、 多 文 化 主 義 研 究 会

マイノリティとシティズンシップ: 北 海 道 大 学 アイヌ・ 先 北 海 道 大 学 2012.3.29

『 少 数 派 』であること、『 国 民 』であ 住 民 研 究 センター、 北

ること( 共 同 オルガナイザー・ 通 訳 ) 海 道 大 学 法 学 研 究 科

高 等 法 政 教 育 研 究 セ

ンター 講 演 会

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

リベラルな 多 文 化 主 義 理 論 、 平 等 論 を 中 心 に 研 究 を 進 め、APSA, WPSA, 日 仏 会 館 、ル

ーバンカトリック 大 学 等 で 報 告 を 行 い、 極 めて 有 益 なフィードバックを 受 けることが 出 来

た。 特 に、APSA では 2005-11 の 7 年 間 で 6 回 の 査 読 つき 報 告 が 受 諾 されたこととなり、

私 が 属 する 政 治 思 想 史 ・ 政 治 哲 学 分 野 の 言 語 障 壁 の 高 さを 考 慮 すれば、これは 特 筆 すべき

成 果 と 思 われる。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 政 治 学 特 殊 講 義 2

学 部

政 治 学 4

政 治 学 演 習 ( 通 年 ) 4

政 治 理 論 応 用 研 究 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 政 治 学 特 殊 講 義 2

学 部

政 治 学 4

政 治 学 演 習 ( 通 年 ) 4

現 代 政 治 入 門 0.66

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

学 部 ゼミ・ 大 学 院 とも 従 来 のノートを 整 理 し、より 幅 広 い 範 囲 を 講 義 した 結 果 、 大 多 数

の 指 導 学 生 が 規 定 の 終 了 年 限 で 卒 業 進 路 を 決 定 することが 出 来 、 教 育 効 果 は 上 がっている

と 言 えるが、 学 部 ゼミ・ 大 学 院 とも 指 導 学 生 の 数 が 急 増 しており、 今 後 一 層 の 指 導 の 効 率

化 を 進 めたい。

4


Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

スタッフランチョンセミナー、 国 内 外 学 会 での 教 育 方 法 関 連 パネルなどに 積 極 的 に 参 加

した。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

国 際 学 会 での 報 告 3 回 (うち2つは 査 読 つき、1 つは 招 待 講 演 )、 研 究 のための 外 国 出 張

2010 年 度 4 回 、2011 年 度 4 回 、 国 際 セミナーのオーガナイザー・ 通 訳 各 2 回 、を 各 々 行

った。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

研 究 会 活 動

シンポジウム 等 の 主 催 等

日 本 政 治 学 会 、 政 治 思 想 学 会 、アメリカ 学 会 、American Political

Science Association、Asian Consortium for Political Research

政 治 思 想 学 会 理 事 、 研 究 企 画 委 員 会 委 員 長 (~2010.5 月 ) 事 務

局 長 (2010.5 月 ~)、 国 際 交 流 委 員 (2010.5 月 ~)

Asian Consortium for Political Research exective committee,

Manuscript reviewer for the journal of "Polity" (USA), 政 治 思

想 学 会 年 報 論 文 査 読 者 (2 回 )、 日 本 政 治 学 会 年 報 論 文 査 読 者

東 京 大 学 政 治 理 論 研 究 会 、 神 戸 大 学 政 治 理 論 研 究 会

国 際 コンファレンス“Basic income at the EU agenda?”

“ Liberal Autonomy”の 開 催

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

甲 南 大 学 法 学 部 ・ 広 域 副 専 攻 センター 非 常 勤 講 師

2011 年 度

甲 南 大 学 法 学 部 ・ 広 域 副 専 攻 センター 非 常 勤 講 師

〔 社 会 における 活 動 〕

北 海 道 大 学 アイヌ・ 先 住 民 研 究 センター 客 員 研 究 員 (2010 年 度 、2011 年 度 )

井 上 典 之 ( 憲 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

この 2 年 間 、 特 に 2010 年 度 から 2011 年 度 前 期 にかけて、 法 学 研 究 科 長 ・ 法 学 部 長 とい

う 要 職 にあり、なかなか 思 うように 研 究 を 進 めることができなかった。ただ、その 中 でも、

5


色 々と 外 からの 原 稿 依 頼 はあり、また、2010 年 度 より 研 究 代 表 者 として 申 請 した 科 学 研 究

費 補 助 金 ( 基 盤 研 究 (C))の「プロ・スポーツ 組 織 の 現 状 とそのあり 方 に 関 する 法 的 規 律

についての 複 眼 的 考 察 」が 採 択 され、その 関 係 での 研 究 は、 若 干 ながら 進 めることができ、

2012 年 度 以 降 もその 点 についての 研 究 をさらに 進 展 させようと 考 えている。その 他 、 学 会

での 仕 事 として、2009 年 度 から 続 いていた 学 界 展 望 の 執 筆 依 頼 との 関 係 で、 特 に 人 権 領 域

での 国 内 での 公 表 論 文 を 一 応 すべて 確 認 することで、 当 該 領 域 での 日 本 の 学 説 状 況 を 概 観

することができ、また、2011 年 度 からは 広 く 一 般 的 に 憲 法 学 界 の 動 向 を 回 顧 する 仕 事 にも

従 事 しており、それらが、とりわけ 今 後 の 自 身 の 研 究 活 動 に 活 かしていくための 準 備 作 業

となっている。

教 育 活 動 については、 研 究 科 長 ・ 法 学 部 長 職 にあった 関 係 で、2010 年 度 はあまり 積 極 的

に 行 えなかったが、その 中 でも 2010 年 度 から 法 科 大 学 院 でのヨーロッパ 法 の 講 義 担 当 が 始

まり、そのための 準 備 と 共 に 講 義 を 行 うことで、 最 低 限 の 部 局 負 担 はこなしていたと 考 え

る。また、2011 年 度 は、 前 期 も 法 科 大 学 院 の 科 目 担 当 を 行 っていたが、 後 期 に 入 り 研 究 科

長 職 を 退 いた 後 には、 通 常 通 りの 科 目 負 担 を 行 えたのではないかと 考 えている。 今 後 も、

法 科 大 学 院 ・ 法 学 研 究 科 ・ 学 部 の 憲 法 科 目 に 関 する 講 義 ・ 演 習 については、 継 続 して 適 切

な 教 育 活 動 になるよう 努 力 していくつもりでいる。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

憲 法 理 論 の 再 想 像 ( 分 担 執 筆 ) 辻 村 みよ 子 ・ 長 谷 部 恭 日 本 評 論 社 2011 年 3 月

男 ( 編 著 )

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

憲 法 入 門 ・ 国 威 発 揚 と 個 人 の 尊 重 法 学 セミナー 665 号 2 頁 2010 年 5 月

憲 法 改 正 とは 法 律 時 報 82 巻 10 号 95 頁 2010 年 9 月

学 界 展 望 ( 人 権 ) 公 法 研 究 72 号 234 頁 2010 年 10 月

Les problemation juridiques

relatives aux liens entre sportifs

professionnels et statu de

travailleurs au Japon

競 争 制 限 ・ 国 家 独 占 と 規 制 の 首 尾 一

貫 性

Bulletin de

droit compare

du travail et de

la securrite

sociale

2010, p. 139 2010 年 12 月

季 刊 ・ 企 業 と 法

創 造

7 巻 5 号 37 頁 2011 年 3 月

憲 法 67 条 、68 条 、69 条

新 基 本 法 コンメ 374 頁 2011 年 10 月

ンタール・ 憲 法

2011 年 学 界 回 顧 法 律 時 報 83 巻 13 号 4 頁 2011 年 12 月

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

6


Role of Government in Economic

Recovery under the Japanese

Constitution ( Speech ),

Workshop,

EESC, EUIJ and

EUSI, Brussels,

EESC

(Brussels)

May 2010

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

科 学 研 究 費 補 助 金 の 研 究 代 表 者 として、プロ・スポーツをめぐる 法 的 問 題 の 概 観 について

フランスの 雑 誌 に 論 文 を 投 稿 すると 共 に、EU 法 の 下 での 経 済 活 動 としてのプロ・スポー

ツのための 資 金 補 助 に 関 連 する 法 的 問 題 についての 論 文 を 公 表 した。また、この 問 題 に 関

しては、2011 年 に 2 月 と 8 月 、2012 年 2 月 にドイツに 出 張 することで、リスボン 条 約 の 下

でのスポーツ 政 策 とその 法 的 基 盤 に 関 する 資 料 収 集 を 行 うことができた。また、それ 以 外

にも、EUの 欧 州 経 済 社 会 協 議 会 においてEUIJ 関 西 等 とジョイントで「グローバル 化

の 中 で 協 働 するEUと 日 本 の 市 民 社 会 」と 題 するテーマも 下 で 行 われたワークショップに

おいて 報 告 を 行 い、それをきっかけにEU 法 の 研 究 にもこれまで 以 上 に 従 事 するようにな

り、それが 今 期 の 1 つの 研 究 活 動 における 成 果 となっている。

さらに、 従 来 通 り、 日 本 の 憲 法 学 における 学 界 動 向 を 検 証 する 作 業 にも 引 き 続 き 従 事 し

ている。この 点 は、 学 界 展 望 と 共 に、2011 年 度 から 学 界 回 顧 を 担 当 することで、さらに 進

めていかなければならない 内 容 となっている。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 実 定 法 特 殊 講 義 ( 憲 法 ) 2

LS

公 法 系 訴 訟 実 務 基 礎 0.52

ヨーロッパ 法 0.26

学 部 3/4 年 次 憲 法 演 習 4

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


実 定 法 特 殊 講 義 ( 憲 法 ) 2

憲 法 問 題 分 析 特 殊 講 義 2

LS

比 較 憲 法 2

対 話 型 演 習 憲 法 訴 訟 Ⅱ(2 クラス) 4

ヨーロッパ 法 0.52

公 法 系 訴 訟 実 務 基 礎 0.52

対 話 型 演 習 ・ 総 合 法 律 0.12

学 部 3/4 憲 法 演 習 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

教 育 活 動 については、この 期 間 の 前 半 は、 法 科 大 学 院 教 育 もさることながら、 学 部 教 育

においても 十 分 とはいえない 状 況 であった。 但 し、 新 たな 科 目 担 当 もあり、そのための 準

7


備 作 業 を 通 じて、 最 低 限 のことはできたと 思 っている。また、2011 年 度 後 期 は、 憲 法 担 当

者 が 小 生 以 外 に 不 在 という 事 情 もあり、 必 要 とされる 科 目 担 当 を 行 うと 共 に、 法 科 大 学 院

教 材 はいちから 作 成 して、 今 後 の 教 育 に 活 かしていく 作 業 を 行 った。その 点 では、これま

でとは 違 う 経 験 ができた。

なお、この 2 年 間 は、 学 部 の 3/4 年 次 演 習 をしっかりと 担 当 することで、 限 られた 人 数 で

はあったが、 学 生 と 親 密 に 接 する 機 会 が 多 かった。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

法 学 研 究 科 長 ・ 法 学 部 長 職 にあった 関 係 で、 他 の 教 員 の 行 う 学 部 ・ 法 科 大 学 院 講 義 への 参

観 を 積 極 的 に 行 い、そこでの 教 育 手 法 に 刺 激 を 受 けることができた。また、その 職 務 との

関 係 で、 学 生 の 授 業 評 価 アンケートに 目 を 通 し、その 内 容 をチェックするという 作 業 も 行

った。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

2010 年 5 月 :ベルギー・ブリュッセル: 欧 州 経 済 社 会 協 議 会 (ワークショップ 参 加 )。

2010 年 10 月 : 台 湾 ・ 台 湾 政 治 大 学 ( 協 定 締 結 )。

2011 年 2 月 :ドイツ・バイロイト 大 学 ( 研 究 意 見 交 換 と 資 料 収 集 )。

2011 年 8 月 :ドイツ・ライプチヒ 大 学 ( 研 究 意 見 交 換 と 資 料 収 集 )。

2011 年 10 月 :ブラジル・リオデジャネイロ 大 学 ・パラクアイ・ノルテ 大 学 ( 協 定 締 結 )。

2012 年 2 月 :ドイツ・バイロイト 大 学 ・デュッセルドルフ 大 学 ( 研 究 意 見 交 換 と 資 料 収 集 )。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

日 本 公 法 学 会 、 国 際 人 権 法 学 会 、 全 国 憲 法 研 究 会

日 本 公 法 学 会 理 事 、 全 国 憲 法 研 究 会 運 営 委 員

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

神 戸 女 学 院 大 学 非 常 勤 講 師

2011 年 度

神 戸 女 学 院 大 学 非 常 勤 講 師

〔 社 会 における 活 動 〕

2010 年 度 : 旧 司 法 試 験 第 2 次 試 験 考 査 委 員 ( 憲 法 )

2010 年 度 ~2011 年 度 : 高 砂 市 情 報 公 開 ・ 個 人 情 報 保 護 審 査 会 委 員 長 (2001 年 度 より)

2010 年 度 ~2011 年 度 : 川 西 市 個 人 情 報 保 護 審 議 会 委 員 (2003 年 度 より)

2010 年 度 ~2011 年 度 : 豊 中 市 情 報 公 開 ・ 個 人 情 報 保 護 運 営 委 員 会 委 員 (2005 年 度 より)

2011 年 度 : 兵 庫 県 情 報 公 開 ・ 個 人 情 報 保 護 審 議 会 委 員

2010 年 5 月 3 日 :HYOGO 憲 法 タウンミーティング・コーディネーター

( 日 本 青 年 会 議 所 ・ 近 畿 地 区 兵 庫 ブロック 協 議 会 主 催 )

2010 年 5 月 15 日 : 芦 屋 市 立 公 民 会 講 座 ・ 講 師

8


2011 年 3 月 15 日 : 兵 庫 県 阪 神 シニアカレッジ・マイスター 教 室 ・ 講 師

2011 年 8 月 24 日 : 尼 崎 市 選 挙 ・ 政 治 啓 発 講 座 ・ 講 師

上 嶌 一 高 ( 刑 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

教 育 活 動 については、 法 科 大 学 院 における 刑 法 および 経 済 刑 法 、さらに、 法 学 部 科 目 と

全 学 共 通 教 育 科 目 の 授 業 を 行 った。 研 究 活 動 については、 刑 法 総 論 の 分 野 に 関 しては、 過

失 犯 についての 議 論 を 検 討 した。 継 続 して、 医 療 事 故 に 関 する 責 任 追 及 のあり 方 について

の 検 討 を 行 った。また、 経 済 犯 罪 に 関 しては、 背 任 罪 の 共 犯 についての 理 論 的 検 討 や、 詐

欺 罪 の 最 近 の 動 向 に 関 する 問 題 の 研 究 を 行 い、 他 大 学 の 研 究 者 等 とともに、 会 社 ・ 証 券 犯

罪 の 問 題 について 共 同 研 究 を 行 うなどした。また、 刑 法 全 般 について、 最 近 の 公 刊 裁 判 例

の 動 向 を 明 らかにした。この 期 の 活 動 をもとにして、 今 後 さらに 研 究 の 範 囲 を 刑 法 の 問 題

全 般 に 広 げるようつとめることとしたい。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

注 釈 刑 法 第 1 巻 共 著 有 斐 閣 2010 年 12 月

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

刑 法 判 例 の 動 き ジュリスト 1398 号 2010 年 4 月

分 譲 マンションの 各 住 戸 のドアポス 刑 事 法 ジャーナル 23 号 2010 年 6 月

トに 政 党 の 活 動 報 告 等 を 記 載 したビ

ラ 等 を 投 かんする 目 的 で 同 マンショ

ンの 共 用 部 分 に 立 ち 入 った 行 為 と 刑

法 130 条 前 段 の 罪

刑 法 判 例 の 動 き ジュリスト 1420 号 2011 年 4 月

会 社 ・ 証 券 犯 罪 の 現 状 と 課 題 ── 共 同 刑 法 雑 誌 51 巻 1 号 2011 年 7 月

研 究 の 趣 旨 と 概 要

詐 欺 罪 の 成 立 範 囲 ── 権 利 行 使 と 財 研 修 759 号 2011 年 9 月

産 犯

各 室 玄 関 ドアの 新 聞 受 けに 政 治 的 意 ジュリスト 1431 号 2011 年 10 月

見 を 記 載 したビラを 投 かんする 目 的

で 公 務 員 宿 舎 である 集 合 住 宅 の 敷 地

等 に 立 ち 入 った 行 為 と 邸 宅 侵 入 罪

虚 偽 不 申 告 による 逋 脱 犯 の 成 立 租 税 判 例 百 選 第 5


2011 年 12 月

9


「 偽 りその 他 不 正 の 行 為 」の 意 義 租 税 判 例 百 選 第 5


2011 年 12 月

背 任 罪 の 広 義 の 共 犯

三 井 誠 先 生 古 稀 祝 賀

2012 年 1 月

論 文 集

最 近 の 裁 判 例 に 見 る 詐 欺 罪 をめぐる 刑 事 法 ジャーナル 31 号 2012 年 2 月

諸 問 題

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

会 社 ・ 証 券 犯 罪 の 現 状 と 課 題 日 本 刑 法 学 会 関 西 部 キャンパスプ2011 年 1 月


ラザ゙ 京 都

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

過 失 犯 についての 研 究 を 明 らかにした。これまでの 過 失 犯 の 議 論 を 整 理 し、 今 後 の 議 論

を 展 望 することができるよう 検 討 することを 試 みた。また、 日 本 刑 法 学 会 第 89 会 大 会 (2

011 年 5 月 。 法 政 大 学 )で 開 催 されたワークショップ「 過 失 の 競 合 」において、コメン

テイターをつとめた。

最 近 の 刑 法 の 公 刊 裁 判 例 について、その 動 向 を 明 らかにした。 刑 法 典 だけでなく、 特 別

法 についても 対 象 として、 一 定 期 間 内 における 刑 法 についての 問 題 点 を 総 覧 し、 認 識 する

ことができた。

背 任 罪 の 共 犯 について、その 理 論 的 検 討 を 明 らかにした。 近 年 の 重 要 問 題 であると 認 識

されているものについて、 従 来 の 議 論 を 批 判 的 に 検 討 し、また、 判 例 にも 変 化 がうかがわ

れる 中 、 議 論 の 変 化 とその 方 向 性 およびその 展 開 を 示 すようにした。

詐 欺 罪 の 最 近 の 判 例 の 動 向 に 配 慮 し、その 問 題 点 とさらなる 議 論 の 展 望 について 明 らか

にした。

会 社 ・ 証 券 犯 罪 について 共 同 研 究 を 行 った。その 成 果 は、 刑 法 学 会 関 西 部 会 において 報

告 した。 会 社 法 ・ 金 融 商 品 取 引 法 研 究 者 や 経 済 犯 罪 捜 査 に 携 わった 実 務 家 とも 共 同 し、 学

説 の 分 析 にとどまらない 視 野 を 得 ることができたことは 有 益 であった。

そのほか、 住 居 侵 入 等 についての 最 近 の 最 高 裁 判 例 について 考 察 し、 同 罪 の 本 質 や 違 法

性 について 検 討 する 機 会 を 得 るなどした。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 実 定 法 特 殊 講 義 ( 刑 事 法 ) 2

LS

対 話 型 演 習 刑 事 実 体 法 4

経 済 刑 法 2

学 部 刑 事 法 演 習 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

10


院 実 定 法 特 殊 講 義 ( 刑 事 法 ) 2

LS

対 話 型 演 習 刑 事 実 体 法 4

経 済 刑 法 2

学 部 刑 事 法 演 習 2

全 学 国 家 と 法 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

法 学 部 においては、 刑 事 法 演 習 を 担 当 した。

最 近 の 刑 法 についての 重 要 な 判 例 ・ 裁 判 例 についての 研 究 を 行 った。 学 生 において 判 例

原 文 と 判 例 解 説 ・ 評 釈 をあらかじめ 読 み、 報 告 者 および 解 説 者 を 中 心 として、 判 例 の 意 義 ・

射 程 、 問 題 点 について 理 解 を 深 めることができるよう 配 慮 して 行 った。 毎 回 、 解 説 者 が 作

成 した 文 書 を 全 員 で 読 み、 自 由 にコメントをしあうことを 行 った。 学 期 の 中 盤 以 降 は、 参

加 学 生 において、 的 確 に 問 題 点 を 把 握 し、 自 ら 刑 法 の 解 釈 ・ 適 用 を 明 らかにしようとする

意 欲 が、 一 定 程 度 高 まったように 思 われる。

2011 年 度 は、 全 学 共 通 教 育 科 目 である「 国 家 と 法 」という 授 業 を 担 当 した。 他 の 法

律 分 野 との 関 係 も 配 慮 し、 最 新 の 研 究 成 果 をふまえつつ、 日 常 生 活 における 事 象 にも 留 意

しながら、 裁 判 員 制 度 の 開 始 で 市 民 にも 一 層 かかわりが 深 くなった 刑 事 法 の 基 礎 となるべ

き 考 え 方 を 講 じた。 専 門 科 目 でないにもかかわらず、 参 加 者 は 熱 心 に 聴 講 したものと 思 わ

れ、アンケートでも 刑 事 法 についての 興 味 ・ 関 心 が 増 したという 声 が 寄 せられた。

また、これに 関 して、 全 学 共 通 教 育 科 目 についての 法 学 部 における 代 表 者 となるととも

に、 大 学 教 育 推 進 機 構 全 学 共 通 教 育 部 共 通 教 育 部 門 「 法 と 政 治 」 教 育 部 会 長 を 命 じられた。

多 数 の 部 局 の 関 与 によって 成 立 する 全 学 共 通 教 育 について、 全 体 として、 効 果 的 にその 実

施 ・ 内 容 を 改 善 していくことの 難 しさを 感 じるとともに、まずは、かかわる 個 々の 教 員 が

その 担 当 する 授 業 を 適 切 に 執 行 することが 必 要 であるとあらためて 認 識 した。

大 学 院 において、 実 定 法 特 殊 講 義 ( 刑 事 法 )を 担 当 した。 参 加 者 の 関 心 に 応 じて、 刑 事

法 の 重 要 問 題 について 検 討 を 加 えた。

法 科 大 学 院 においては、 対 話 型 演 習 刑 事 実 体 法 と、 経 済 刑 法 を 担 当 した。

対 話 型 演 習 刑 事 実 体 法 は、2L 後 期 配 当 科 目 である。 学 生 が 学 部 時 代 あるいは1L 期 に

獲 得 した 刑 法 理 論 を、 基 礎 もふまえた 上 で、より 進 化 させて、 事 案 を 前 にして 自 ら 考 え、

刑 法 を 運 用 する 基 礎 力 とともに、 本 法 科 大 学 院 のカリキュラムとの 関 係 においては、3L

前 期 配 当 科 目 の 応 用 刑 事 実 体 法 に 対 応 しうる 力 を、 対 話 型 という 形 式 を 用 いて、 与 えるこ

とを 目 的 として、 授 業 を 行 った。とりわけ、 自 ら 依 拠 しようとする 見 解 ・ 理 論 について、

その 皮 相 的 な 理 解 にとどまらず、よい 根 本 に 遡 って 考 えることを 可 能 にし、また、 同 時 に、

それらの 見 解 ・ 理 解 に 対 しても 批 判 的 検 討 を 可 能 とすることを 意 識 して、 刑 法 全 般 につい

て、 近 年 重 要 とされている 問 題 を 取 り 上 げて、 検 討 を 行 った。 西 田 典 之 ほか『 判 例 刑 法 総

論 』および『 同 各 論 』を 資 料 として、 判 例 およびその 事 案 を 中 心 にすえて、 基 礎 理 論 ・ 知

識 との 融 合 、およびその 展 開 を 可 能 とするよう 試 みた。 予 習 段 階 において、 確 認 事 項 を 配

布 し、 当 該 問 題 ・ 単 元 について、おさえるべき 事 項 を 明 らかにするとともに、 授 業 後 は、

関 連 する 事 例 形 式 の 練 習 問 題 を、 配 布 した。これまでのアンケート 等 から、 授 業 の 時 間 配

分 について 気 にかかる 学 生 が 少 なくないことがうかがわれたことから、とりわけ 判 例 がか

かわる 重 要 な 問 題 と 認 められるものについて 重 点 的 に 時 間 配 分 を 行 い、 授 業 を 執 行 するこ

とに 心 がけるととともに、 補 助 資 料 を 配 布 して、 学 生 に 自 ら 課 題 を 理 解 するよう 動 機 づけ

を 与 えるようにした。 授 業 は、とりわけ 対 立 の 激 しい 刑 法 理 論 について、 学 生 それぞれが、

理 論 的 検 討 を 今 後 行 うことができる 基 礎 力 を 重 視 した 内 容 とした。また、 学 生 の 刑 法 の 実

務 的 運 用 についての 興 味 を 高 めるべく、 理 論 と 具 体 的 事 例 との 関 わりを 示 すようつとめた。

11


経 済 刑 法 については、 芝 原 邦 爾 ・ 経 済 刑 法 ( 岩 波 新 書 )を 教 科 書 として、 授 業 を 行 った。

事 前 に、 最 新 の 重 要 判 例 を 中 心 として 編 集 した 教 材 を 配 布 し、 授 業 の 中 でできるかぎり、

具 体 的 な 判 例 の 検 討 を 行 うように 心 がけ、 抽 象 的 でなじみの 少 ない 法 文 に 具 体 性 を 与 える

よう 努 めた。 経 済 刑 法 は、 広 い 範 囲 の 経 済 関 係 法 規 を 対 象 とするものであり、 参 加 学 生 そ

れぞれの 知 識 に 差 があることから、 検 討 の 前 提 となる 基 本 的 な 事 項 については、 各 法 分 野

についての 基 本 的 な 情 報 を 提 供 し、このような 差 をうめるように 努 めた。 両 年 度 とも、3

L 生 の 受 講 者 の 比 率 が 高 かったため、 判 例 および 理 論 のいずれにおいても、 受 講 者 との 対

話 を 重 視 して、 授 業 を 行 った。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

法 科 大 学 院 の 授 業 について、 刑 事 法 関 連 科 目 を 担 当 する 教 員 との 間 において、 共 通 到 達

目 標 モデルとの 関 係 において、 神 戸 大 学 のカリキュラムにおいて、 全 体 としてどのように

刑 事 法 科 目 を 展 開 することが 必 要 かについて、さかんに 議 論 を 行 った。また、 実 務 家 との

懇 談 会 に 積 極 的 に 参 加 し、 実 務 法 曹 として 必 要 な 能 力 の 涵 養 にはどのような 教 育 を 行 えば

よいかについて 検 討 を 行 った。 法 科 大 学 院 の 授 業 の 相 互 参 観 に 参 加 し、 授 業 方 法 の 研 究 を

行 い、 自 己 の 担 当 科 目 の 実 施 方 法 、 内 容 に 反 映 させるよう 努 めた。 各 1 回 の 授 業 の 構 成 の

しかたについて 考 察 を 深 める 機 会 となるだけでなく、 他 の 教 員 の 学 生 に 対 する 質 問 の 発 し

方 などについて 認 識 を 深 める 機 会 となり、 自 らの 受 業 実 施 においても 参 考 とした。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

研 究 会 活 動

日 本 刑 法 学 会

判 例 刑 事 法 研 究 会 刑 事 判 例 研 究 会 京 都 刑 事 法 研 究 会 大 阪

刑 事 実 務 研 究 会

〔 社 会 における 活 動 〕

新 司 法 試 験 考 査 委 員 ( 刑 法 )

宇 藤 崇 ( 刑 事 手 続 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

(1) 研 究 活 動 について: 従 来 , 捜 査 上 の 処 分 の 適 法 性 基 準 と 違 法 であった 場 合 の 法 的 処

理 を 研 究 の 柱 にして, 捜 査 段 階 における 捜 査 機 関 の 活 動 の 規 律 について 検 討 してきた.そ

の 際 主 として 念 頭 にあったのは 捜 索 ・ 差 押 えの 場 面 であった. 本 報 告 対 象 期 間 の 直 前 であ

る 2007 年 ~2009 年 には,「 捜 査 段 階 における 権 利 救 済 の 研 究 」が 科 研 費 ・ 基 盤 研 究 C とし

て 採 択 されていたこともあり, 本 報 告 対 象 期 間 の 前 半 は,この 研 究 につきなお 残 る 課 題 を

12


含 め, 捜 索 ・ 差 押 えの 研 究 が 活 動 の 中 心 であった.これに 対 して, 本 報 告 対 象 期 間 の 後 半

は, 捜 査 機 関 の 活 動 のうちでも,これまであまり 取 り 組 んでこなかった 供 述 証 拠 の 収 集 ,

とりわけ 取 調 べの 規 律 に 関 する 研 究 に 着 手 した. 法 制 審 ・ 新 時 代 の 刑 事 司 法 制 度 部 会 も 設

置 され, 取 調 べにより 獲 得 された 供 述 証 拠 を 中 心 とする 刑 事 司 法 制 度 からの 転 換 を 迫 られ

ていることが 背 景 にある. 今 後 は(すくなくとも)しばらく,これまで 進 めてきた 捜 索 ・

差 押 えの 規 律 の 研 究 とともに, 捜 査 における 取 調 べという 捜 査 手 法 の 位 置 づけ, 適 切 な 規

律 方 法 等 にも 注 力 する.

また, 上 記 とは 別 に, 刑 事 実 体 法 と 刑 事 手 続 法 の 関 係 をどのように 理 解 ・ 構 築 するかに

ついても, 研 究 を 進 めている.これまで 折 にふれて,いくつかの 論 点 を 検 討 してきたが,

2012 年 ,「 刑 事 過 失 の 認 定 における 実 体 法 と 手 続 法 の『 連 結 』の 探 究 」が 科 研 費 ・ 基 盤 研 究

C として 採 択 されている.そのため, 今 後 はより 包 括 的 なかたちで 研 究 を 進 める 予 定 でいる.

(2) 教 育 活 動 について: 本 報 告 対 象 期 間 において, 教 育 活 動 の 中 心 は, 法 科 大 学 院 での 刑

事 訴 訟 法 関 連 授 業 であった. 実 務 家 として 求 められる 知 見 ・ 思 考 力 を 養 成 するため, 今 期

は 次 のような 点 を 中 心 に 見 直 し, 実 践 した.まず, 刑 事 訴 訟 法 学 における 基 本 的 事 項 の 伝

達 をより 効 率 化 する. 次 に, 受 講 者 から 得 られる 質 問 とそれに 対 応 する 回 答 を 共 有 する 仕

組 みを 作 る.これらのことにより, 修 得 してきた 知 見 を 整 理 ・ 再 検 討 する 機 会 を 増 加 させ

る.この 方 向 での 見 直 しは, 今 後 も 発 展 させる 予 定 である.

学 部 ,および 法 科 大 学 院 以 外 の 大 学 院 での 教 育 についても, 一 部 上 記 と 同 様 の 方 向 性 で

の 見 直 しの 必 要 性 がある.とりわけ 学 部 教 育 については,すでに 見 直 しを 行 っている 途 上

である.もっとも, 法 科 大 学 院 以 外 での 教 育 の 場 面 では, 刑 事 訴 訟 法 および 刑 事 司 法 の 研

究 課 題 への 知 的 興 味 を 喚 起 し, 自 らのテーマを 発 見 ・ 研 究 できる 能 力 の 養 成 が 求 められて

いる.そのため, 得 られる 教 育 の 機 会 ごとに, 受 講 者 を 発 展 段 階 にあわせて 教 育 方 法 を 研

究 している.

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

令 状 による 捜 索 の 範 囲 (1) 井 上 正 仁 ・ 大 澤 46 頁 -47 頁 2011 年 3 月

裕 ・ 川 出 敏 裕

[ 編 ]『 刑 事 訴 訟

法 判 例 百 選 [ 第 9

版 ]』

司 法 取 引 と 量 刑 的 考 慮 について 刑 法 雑 誌 50 巻 3 号 346 頁 -356 2011 年 3 月


コメント・ 罪 数 と 量 刑 〔 長 井 秀 典 〕 大 阪 刑 事 実 務 研 306 頁 -309 頁 2011 年 9 月

究 会 [ 編 著 ]『 量

刑 実 務 大 系 1』

コメント・ 余 罪 と 量 刑 〔 増 田 啓 祐 〕 大 阪 刑 事 実 務 研 225 頁 -227 頁 2011 年 10 月

究 会 [ 編 著 ]『 量

刑 実 務 大 系 2』

コメント・ 違 法 捜 査 と 量 刑 〔 小 倉 哲 浩 〕 大 阪 刑 事 実 務 研 316 頁 -320 頁 2011 年 11 月

究 会 [ 編 著 ]『 量

刑 実 務 大 系 3』

コメント・ 社 会 的 制 裁 ・ 行 政 処 分 と 量 大 阪 刑 事 実 務 研 271 頁 -274 頁 2011 年 11 月

13


刑 〔 西 﨑 健 児 〕

究 会 [ 編 著 ]『 量

刑 実 務 大 系 3』

いわゆる「 利 益 原 則 」の 意 義 法 学 教 室 376 号 32 頁 -37 頁 2012 年 1 月

刑 事 訴 訟 における 罪 数 論 のあり 方 に

ついて

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

井 上 正 仁 ・ 酒 巻 703 頁 -724 頁 2012 年 1 月

匡 [ 編 ]『 三 井 誠

先 生 古 稀 祝 賀 論

文 集 』

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

取 引 と 量 刑 的 考 慮 について 日 本 刑 法 学 会 第 88 回 東 北 大 学 2010 年 6 月

大 会 ・ 共 同 研 究 分 科 会

II

前 訴 の 建 造 物 侵 入 , 窃 盗 の 訴 因 と 後 訴 判 例 刑 事 法 研 究 会 神 戸 大 学 2011 年 2 月

の 非 現 住 建 造 物 等 放 火 の 訴 因 との 間

には 公 訴 事 実 の 単 一 性 がなく, 前 訴 の

確 定 判 決 の 一 事 不 再 理 効 は 後 訴 に 及

ばないとされた 事 例

「 疑 わしきは 被 告 人 の 利 益 に」の 原 則 刑 事 手 続 法 研 究 会 同 志 社 大 学 2011 年 12 月

について

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

従 来 , 研 究 テーマとして,1 捜 査 上 の 違 法 の 法 的 処 理 ,2 捜 査 上 の 処 分 の 適 法 性 基 準 ,3

非 典 型 的 訴 訟 障 害 に 基 づく 形 式 裁 判 を 掲 げてきた.このうち,1・2は, 捜 査 段 階 におけ

る 捜 査 機 関 の 活 動 の 規 律 とまとめることができる.3は, 刑 事 事 件 における 刑 事 手 続 , 刑

事 裁 判 の 役 割 をどのように 考 えるかという 文 脈 の 中 に 位 置 づけることができる.そのため,

これまで3との 関 連 で, 刑 事 実 体 法 と 刑 事 手 続 法 との 関 係 がどのようなものであるか,ま

たどのように 構 築 されるべきか,という 点 も 研 究 対 象 としてきた. 本 報 告 対 象 期 間 中 も,

それぞれ 関 連 する 諸 論 点 について 研 究 を 進 めた. 具 体 的 には 以 下 の 通 り.

(1) まず, 捜 査 段 階 における 捜 査 機 関 の 活 動 と 規 律 については, 冒 頭 「 研 究 ・ 教 育 の 活 動

と 今 後 の 展 望 」でも 示 したように,これまで 進 めてきた 捜 索 ・ 差 押 えの 法 的 規 律 について

の 研 究 に 加 えて, 捜 査 段 階 における 供 述 証 拠 の 獲 得 の 位 置 づけ・ 方 法 の 規 律 についての 研

究 にも 着 手 している. 例 えば, 前 掲 「 司 法 取 引 と 量 刑 的 考 慮 について」では,いわゆる「 司

法 取 引 」による 影 響 の 1 つとして, 有 罪 判 決 における 量 刑 的 考 慮 を 検 討 している. 基 本 的

には,「 司 法 取 引 」の 量 刑 的 考 慮 が 理 論 的 に 可 能 か 否 か,また 可 能 であるとしてどの 範 囲 に

とどまるかという,もっぱら 実 体 法 的 な 考 察 をまとめたものであるが,「 取 引 」の 結 果 とし

て 捜 査 機 関 が 得 るものの 中 には 被 告 人 の 自 白 ,または 関 係 証 人 の 供 述 が 含 まれ,それゆえ

捜 査 段 階 での 供 述 証 拠 の 獲 得 というテーマと 密 接 に 関 連 している.ただし, 本 報 告 対 象 期

間 では 研 究 に 着 手 したにとどまる. 今 後 は, 立 法 動 向 等 を 踏 まえながら, 取 調 べ 等 の 供 述

証 拠 取 得 についても,より 包 括 的 に 研 究 を 深 める 必 要 があると 考 えている.

(2) 次 に, 刑 事 実 体 法 と 刑 事 手 続 法 の 関 係 については, 本 報 告 対 象 期 間 中 も 折 にふれて 個

別 の 論 点 について 検 討 を 進 めている. 前 掲 ・「 刑 事 訴 訟 における 罪 数 論 のあり 方 について」

は, 罪 数 論 という 実 体 法 上 の 制 度 が, 刑 事 手 続 においてどのような 機 能 を 果 たすのか,そ

れに 対 応 して 刑 事 訴 訟 法 はこれをどのように 規 律 すればよいのかということを 検 討 した.

14


また 前 掲 ・「いわゆる「 利 益 原 則 」の 意 義 」でも,いわゆる 要 件 事 実 論 を 踏 まえた 立 証 過 程

を,いくぶん 意 識 的 に 検 討 している.もっとも,これらの 研 究 はなお 断 片 的 な 検 討 にとど

まっており,ここでもより 包 括 的 な 検 討 を 行 うことが 今 後 の 課 題 として 残 されている.こ

の 課 題 に 対 処 するため, 本 研 究 科 に 所 属 し, 刑 事 実 体 法 の 研 究 者 である 小 田 直 樹 教 授 と,「 刑

事 過 失 の 認 定 における 実 体 法 と 手 続 法 の『 連 結 』の 探 究 」をテーマに 共 同 研 究 をすること

としている.すでに 科 研 費 ・ 基 盤 研 究 C として 採 択 されており,2012 年 から 3 か 年 の 予 定

で 補 助 を 受 けている.

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS

刑 事 手 続 法 4

応 用 刑 事 手 続 法 (2 クラス) 4

裁 判 ・ 行 政 の 基 本 構 造 0.5

学 部 刑 事 法 応 用 演 習 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 実 定 法 特 殊 講 義 ( 刑 事 法 ) 2

LS

刑 事 手 続 法 4

応 用 刑 事 手 続 法 (2 クラス) 4

裁 判 ・ 行 政 の 基 本 構 造 0.52

学 部 応 用 刑 事 訴 訟 法 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

(1) 法 科 大 学 院 (LS)での 教 育 活 動 : 3 年 次 生 を 対 象 に 前 期 開 講 される 応 用 刑 事 手 続 法 ,1 年 次

生 を 対 象 に 後 期 開 講 される 刑 事 手 続 法 における 授 業 が, 教 育 活 動 の 中 心 であった. 法 科 大

学 院 が 職 業 的 法 律 家 の 養 成 過 程 であるため, 従 来 ,その 必 要 とされる 知 見 ・ 思 考 力 の 育 成

方 法 につき,いくつかの 試 みを 進 めてきた. 本 報 告 対 象 期 間 では, 各 科 目 の 受 講 者 を 対 象

といた 授 業 用 サイトを Web 上 に 開 設 し, 授 業 に 関 する 情 報 を 共 有 するようにした.また,

応 用 刑 事 手 続 法 については,これまでの 復 習 をかねて, 授 業 で 取 扱 う 課 題 と 関 連 する 授 業

準 備 用 のレジュメを 配 布 するようにした. 院 生 が 獲 得 する 知 見 ・ 思 考 力 がどれだけ 育 成 さ

れたかは 定 かではないが, 授 業 アンケートを 見 る 限 り 学 習 意 欲 を 高 めるためには 貢 献 して

いるように 思 われる.ただし, 授 業 用 サイトの 運 用 については, 投 稿 する 記 事 の 内 容 , 投

稿 の 頻 度 ・タイミングの 点 で,おおきな 改 善 の 余 地 があることも 明 らかであり, 今 後 とも

見 直 し 作 業 を 進 めていく.

(2) 学 部 ・ 法 科 大 学 院 以 外 の 大 学 院 での 教 育 活 動 : 学 部 では,3・4 年 次 生 を 対 象 とする 刑

事 法 応 用 演 習 (または 応 用 刑 事 訴 訟 法 )を 担 当 した.とくに 法 科 大 学 院 への 進 学 を 希 望 する 学

生 のみを 対 象 としたわけではなかったが, 結 果 として,このような 進 学 を 希 望 する 者 が 中

心 となった.そのため, 授 業 内 容 も, 法 科 大 学 院 ・ 既 修 者 コースへの 進 学 を 念 頭 におき,

進 学 後 の 授 業 に 対 応 できるような 知 見 ・ 学 習 方 法 を 習 得 させることを 目 標 とし, 授 業 アン

ケートの 結 果 も 踏 まえ,ほぼ LS と 同 様 の 方 針 で 授 業 方 法 等 を 改 善 している.

15


これに 対 して, 法 科 大 学 院 以 外 の 大 学 院 では, 受 講 者 個 々 人 が 有 している 基 本 的 知 見 ,

理 論 的 関 心 , 修 了 後 の 進 路 観 にかなりの 相 違 があるため, 現 在 のところ,ほぼ 学 生 個 人 に

つき 個 別 の 教 育 方 針 をたて, 必 要 に 応 じて 授 業 自 体 も 個 別 に 進 めている. 今 後 , 受 講 者 が

増 加 した 場 合 , 別 の 方 針 ・ 授 業 方 法 もありうるであろうが, 現 時 点 では 他 に 現 実 的 な 対 処

方 法 はなく, 同 様 の 方 針 のもとに 授 業 内 容 の 改 善 を 図 るつもりである.

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

教 育 に 関 する 教 員 懇 談 会 ( 各 学 期 に 1 回 程 度 )に 参 加 した.その 他 , 各 年 度 4 回 から 5 回 ,

専 門 を 共 通 にする 本 法 学 研 究 科 の 教 員 と, 授 業 方 法 等 に 関 する 会 合 の 機 会 を 有 している.

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

研 究 会 活 動

日 本 刑 法 学 会

判 例 刑 事 法 研 究 会 ( 神 戸 大 学 ), 大 阪 刑 事 実 務 研 究 会 ( 大 阪 高 裁 ・

地 裁 ), 刑 事 手 続 法 研 究 会 ( 同 志 社 大 学 )

〔 社 会 における 活 動 〕

司 法 試 験 考 査 委 員 ( 刑 事 訴 訟 法 担 当 )2010 年 ~, 司 法 試 験 予 備 試 験 考 査 委 員 ( 刑 事 訴 訟

法 担 当 )2010 年 ~, 法 制 審 議 会 ・ 新 時 代 の 刑 事 司 法 制 度 部 会 幹 事 2011 年 ~.

浦 野 由 紀 子 ( 民 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

今 期 は、 特 に 親 族 法 、 相 続 法 および 要 式 行 為 に 関 する 諸 問 題 について、 研 究 を 行 なった。

今 期 の 最 も 大 きな 成 果 としては、 前 期 からの 懸 案 であった、 他 大 学 の 研 究 者 との 共 同 執 筆

による 教 科 書 を 刊 行 することができたことである。 今 期 の 教 育 活 動 では、 大 学 院 で「 実 定

法 特 殊 講 義 ( 民 法 )」の 授 業 を、 法 科 大 学 院 で「 民 法 基 礎 Ⅰ」 及 び「 対 話 型 演 習 物 権 ・ 責 任

財 産 法 」の 授 業 を、それぞれ 初 めて 担 当 した。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

Legal Quest 民 法 Ⅵ 親 族 ・ 相 続 共 著 ( 共 著 者 : 前 田 陽 有 斐 閣 2010 年 10 月

一 教 授 ・ 本 山 敦 教 授 )

18 歳 からはじめる 民 法 分 担 執 筆 法 律 文 化 社 2010 年 11 月

16


Legal Quest 民 法 Ⅳ 親 族 ・ 相 続 ( 第 共 著 ( 共 著 者 : 前 田 陽 有 斐 閣

2 版 )

一 教 授 ・ 本 山 敦 教 授 )

2012 年 3 月

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

秘 密 証 書 遺 言 における「 筆 者 」( 最 高 判 例 プラクティ 168 頁 2010 年 8 月

裁 平 成 14 年 9 月 24 日 第 三 小 法 廷 判 ス 民 法 Ⅲ 親 族 ・

決 )( 単 著 )

相 続

遺 言 の 解 釈 ( 最 高 裁 昭 和 58 年 3 月 18

日 第 二 小 法 廷 判 決 )( 単 著 )

判 例 プラクティ 158 頁 2010 年 8 月

ス 民 法 Ⅲ 親 族 ・

相 続

公 正 証 書 遺 言 の 方 式 ( 最 高 裁 昭 和 43 判 例 プラクティ 167 頁 2010 年 8 月

年 12 月 20 日 第 二 小 法 廷 判 決 )( 単 著 ) ス 民 法 Ⅲ 親 族 ・

相 続

証 人 不 適 格 者 が 同 席 した 公 正 証 書 遺 判 例 プラクティ 170 頁 2010 年 8 月

言 の 効 力 ( 最 高 裁 平 成 13 年 3 月 27 ス 民 法 Ⅲ 親 族 ・

日 第 三 小 法 廷 判 決 )( 単 著 ) 相 続

目 が 見 えない 者 の 証 人 適 格 ( 最 高 裁 昭 判 例 プラクティ 169 頁 2010 年 8 月

和 55 年 12 月 4 日 第 一 小 法 廷 判 決 )( 単 ス 民 法 Ⅲ 親 族 ・

著 )

相 続

遺 言 の 解 釈 ( 単 著 )

遺 言 と 遺 留 分 第 1 巻 遺 言 315 頁 2011 年 5 月

( 第 2 版 )

命 名 に 対 する 規 制 を 考 える( 単 著 ) ジュリスト 1422 号 2 頁 2011 年 5 月

受 益 相 続 人 先 死 の 場 合 における「 相 続 法 学 教 室 372 号 48 頁 2011 年 9 月

させる」 旨 の 遺 言 の 効 力 ( 単 著 )

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

妻 が、 夫 に 対 し、 夫 との 間 に 法 律 上 の 神 戸 大 学 民 事 判 例 研 神 戸 大 学 2011 年 12 月

親 子 関 係 はあるが、 妻 が 婚 姻 中 に 夫 以 究 会

外 の 男 性 との 間 にもうけた 子 につき、

離 婚 後 の 監 護 費 用 の 分 担 を 求 めるこ

とが、 権 利 の 濫 用 に 当 たるとされた 事

例 ( 最 高 裁 ( 二 小 ) 平 成 23 年 3 月 18

日 判 決 ( 家 月 63 巻 9 号 58 頁 ))( 判

例 評 釈 )

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

今 期 の 研 究 成 果 は、 学 生 向 けの 教 科 書 ・ 解 説 等 として 出 たものが 多 かった。 特 に 教 科 書

については、これまでの 研 究 ・ 教 育 の 成 果 や 経 験 に 基 づき、 民 法 を 初 めて 学 ぶ 者 にとって

は 理 解 しやすく、 既 習 者 が 復 習 する 際 には 理 解 を 深 めるのに 役 立 つような 記 述 ・ 内 容 とな

るように 工 夫 した。このような 作 業 を 通 じ、 新 たな 研 究 課 題 のヒントが 得 られただけでな

く、 教 育 手 法 についての 示 唆 も 得 られた。 今 後 の 研 究 活 動 と 教 育 活 動 に 役 立 てたい。

17


Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS 民 法 基 礎 Ⅰ 4

学 部

民 法 V 2

3.4 年 次 民 法 演 習 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 実 定 法 特 殊 講 義 ( 民 法 ) 2

LS

対 話 型 演 習 物 権 ・ 責 任 財 産 法 4

対 話 型 演 習 家 族 法 2

学 部 民 法 Ⅳ 4

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

大 学 院 で 担 当 した「 実 定 法 特 殊 講 義 」では、 受 講 者 の 関 心 あるテーマ( 家 族 と 医 療 に 関 す

る 法 律 問 題 )に 関 する 論 文 を 毎 回 1~2 本 とりあげ、 受 講 者 の 報 告 をもとに 議 論 する 形 式 で

進 めた。おおむね 良 好 な 内 容 で 行 なわれた。

法 科 大 学 院 では、「 民 法 基 礎 Ⅰ」・「 対 話 型 演 習 家 族 法 」について、 詳 細 な 質 問 項 目 ・ 予 習

課 題 等 を 記 した 教 材 を 事 前 に 配 布 し、 質 疑 応 答 形 式 で 授 業 を 行 なった。「 民 法 基 礎 Ⅰ」では、

授 業 時 にパワーポイントも 併 用 した。「 対 話 型 演 習 物 権 ・ 責 任 財 産 法 」も 予 習 課 題 及 び 判 例

教 材 を 事 前 に 配 布 したが、 授 業 運 営 で 学 生 のニーズに 必 ずしも 的 確 に 応 えることができな

かった。 授 業 アンケートは、いずれの 科 目 もおおむね 良 好 な 結 果 が 得 られたが、「 対 話 型 演

習 物 権 ・ 責 任 財 産 法 」について、 自 由 記 述 欄 で、 授 業 内 容 が 適 切 だったとする 記 述 とニー

ズにあっていなかったとする 記 述 が 混 在 した。 次 期 は、 今 期 の 経 験 を 参 考 に 教 材 や 授 業 運

営 をさらに 改 善 ・ 工 夫 したい。

学 部 では、 前 期 の FR で 今 後 も 積 極 的 に 活 用 する 旨 を 明 記 したとおり、 今 期 もパワーポイ

ントを 使 用 して 授 業 を 行 なった。 前 回 、レジュメで 復 習 しにくいとの 意 見 があったのをふ

まえ、 各 回 の 授 業 テーマと 指 定 教 科 書 の 該 当 頁 を 記 載 した 授 業 予 定 表 を 第 1 回 授 業 時 に 配

布 して 予 習 ・ 復 習 の 便 宜 を 図 るとともに、パワーポイントスライド 中 にも 適 宜 教 科 書 や 参

考 書 の 該 当 箇 所 を 示 すなどした。 授 業 アンケートの 結 果 はいずれの 科 目 も 良 好 であった。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

・ 相 互 授 業 参 観 (2010、2011 年 度 )

・スタッフ・ランチョンセミナーへの 参 加 (2010、2011 年 度 )

・ 法 科 大 学 院 教 育 改 善 ・ 教 員 意 見 交 換 会 への 参 加 (2010、2011 年 度 )

・ 大 阪 弁 護 士 会 の 冒 頭 修 習 の 見 学 ( 大 阪 弁 護 士 会 館 会 議 室 、2012 年 2 月 10 日 )

18


Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

日 本 私 法 学 会 、 日 本 家 族 < 社 会 と 法 > 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員 日 本 私 法 学 会 運 営 懇 談 会 委 員 (2010 年 10 月 ~)

研 究 会 活 動

神 戸 大 学 民 事 判 例 研 究 会

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

神 戸 学 院 大 学 法 科 大 学 院 非 常 勤 講 師

2011 年 度

神 戸 学 院 大 学 法 科 大 学 院 非 常 勤 講 師

〔 社 会 における 活 動 〕

・ 神 戸 市 特 定 調 達 調 査 委 員 会 委 員 (2010、2011 年 度 )

・ 三 木 市 情 報 公 開 審 査 会 委 員 、 三 木 市 個 人 情 報 保 護 審 査 会 委 員 (2011 年 7 月 ~)

・ 法 制 審 議 会 ハーグ 条 約 ( 子 の 返 還 手 続 関 係 ) 部 会 ・ 幹 事 (2011 年 7 月 ~2012 年 1 月 )

大 内 伸 哉 ( 労 働 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

研 究 面 では, 理 論 的 にも, 実 務 的 にも, 新 たな 視 点 で 労 働 法 を 検 討 ・ 分 析 していくことを

試 み, 一 定 の 成 果 をあげることができた。 教 育 面 では,LS 中 心 に 変 わりはないものの, 基

礎 的 な 法 学 教 育 の 重 要 性 を 意 識 して, 学 部 の 講 義 や 演 習 にも 力 を 入 れた。

今 後 も,こうした 方 向 で 研 究 ・ 教 育 活 動 を 進 めていくつもりである。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

労 働 法 学 習 帳 ( 第 2 版 ) 単 著 弘 文 堂 2010 年 4 月

ケースブック 労 働 法 ( 第 6 版 ) 共 著 弘 文 堂 2010 年 4 月

雇 用 社 会 の 25 の 疑 問 - 労 働 法 再 入 門

-( 第 2 版 )

単 著 弘 文 堂 2010 年 9 月

最 新 重 要 判 例 200 労 働 法 ( 増 補 版 ) 単 著 弘 文 堂 2011 年 4 月

君 たちが 働 き 始 める 前 に 知 っておい 単 著

日 本 労 務 研 究 2011 年 8 月

てほしいこと( 改 訂 版 )


君 は 雇 用 社 会 を 生 き 延 びられるかー 単 著 明 石 書 店 2011 年 10 月

19


職 場 のうつ・ 過 労 ・パワハラ 問 題 に 労

働 法 が 答 えるー

就 業 規 則 からみた 労 働 法 ( 第 3 版 ) 単 著 日 本 法 令 2011 年 11 月

労 働 法 演 習 ノート 共 著 弘 文 堂 2011 年 11 月

法 と 経 済 で 読 みとく 雇 用 の 世 界 ー 働 共 著 有 斐 閣 2012 年 3 月

くことの 不 安 と 楽 しみー

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

労 働 契 約 法 の 課 題 - 合 意 原 則 と 債 権 法 日 本 労 働 法 学 会 115 号 74-88 頁 2010 年 5 月

改 正 -


高 齢 者 雇 用 について 法 的 に 考 える エルダー 2010 年 5 月 号 2010 年 5 月

判 例 解 説 :「いわゆる 偽 装 請 負 と 黙 示 ジュリスト 1402 号 150-153 頁 2010 年 6 月

の 労 働 契 約 の 成 否 」

2010 年 学 界 回 顧 法 律 時 報 82 巻 13 号 194-200 2010 年 11 月


非 正 社 員 に 対 する 法 政 策 のあり 方 に ジュリスト 1414 号 164-169 頁 2010 年 12 月

関 する 一 私 論 - 契 約 の 自 由 と 公 正 -

判 例 解 説 :「スキールほか( 外 国 人 研 修

生 ) 事 件 」

判 例 時 報 ( 判 例

評 論 )

2105 号 157 頁 (627

号 11 頁 )

2011 年 5 月

個 人 事 業 主 等 の 労 働 者 性 に 関 する 最 労 務 事 情 1209 号 31-40 頁 2011 年 6 月

高 裁 判 決 と 実 務 上 の 留 意 点

書 評 : 西 谷 敏 『 人 権 としてのディーセ 季 刊 労 働 法 233 号 2011 年 7 月

ント・ワーク― 働 きがいのある 人 間 ら

しい 仕 事 』

労 働 法 の 歴 史 から“いま”を 知 る 労 務 事 情 2011 年 1 月

~2012 年 4 月

「 個 人 事 業 主 等 の 労 働 者 性 に 関 する 労 務 事 情 1209 号 2011 年 4 月

最 高 裁 判 決 と 実 務 上 の 留 意 点 」

書 評 : 小 嶌 典 明 『 労 働 市 場 改 革 のミッ

ション』

日 本 労 働 研 究 雑


617 号 2011 年 12 月

キーワードからみた 労 働 法 ビジネスガイド 連 載 中

いまさら 聞 けない 雇 用 のルール 労 働 基 準 連 載 中

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

この 2 年 間 の 研 究 は, 法 政 策 論 に 関 係 するものが 多 かった。 労 働 法 が 大 きく 変 動 するな

か,いかなる 法 政 策 が 望 ましいかについて, 基 礎 的 な 研 究 を 積 み 重 ね, 今 後 の 具 体 的 な 提

言 につなげていくための 準 備 期 間 となったと 思 われる。また 経 済 学 者 との 共 著 も 刊 行 する

ことができたが,それもこうした 政 策 論 のための 基 礎 的 な 作 業 をするなかでうまれた 成 果

である。

その 他 ,これまで 発 表 した 本 の 改 訂 作 業 を 行 うと 同 時 に, 過 労 問 題 についての 法 的 知 識

の 普 及 を 目 指 して 単 行 本 を 一 冊 書 き 下 ろした。さらに,LS 生 や 一 般 社 会 人 の 実 践 的 な 労 働

法 の 勉 強 に 役 立 つことを 目 的 とする 演 習 本 を 編 集 して 刊 行 した。

20


自 己 評 価 としては,あまり 他 人 のやっていないようなオリジナルな 研 究 活 動 や 執 筆 活 動

ができたと 思 っている。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 実 定 法 特 殊 講 義 ( 労 働 法 ) 2

LS

労 働 法 Ⅰ 2

労 働 法 Ⅱ 4

学 部 3.4 年 次 労 働 演 習 4

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


実 定 法 特 殊 講 義 ( 労 働 法 ) 2

労 働 法 特 別 特 殊 講 義 4

LS

労 働 法 Ⅰ 2

労 働 法 Ⅱ 4

R&W ゼミ 労 働 法 2

学 部

労 働 法 4

3.4 年 次 労 働 法 演 習 4

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

LS において6 年 ぶりに R&W ゼミを 担 当 し,また3 年 ぶりに 学 部 の 労 働 法 講 義 を 担 当 し

て, 新 鮮 な 刺 激 があった。LS については, 従 来 からの 対 話 型 のスタイルを 継 続 しており,

今 後 も 続 けたいと 思 っているが, 学 部 の 講 義 スタイルが,いまのような 講 義 形 式 でよいの

かについては, 別 のスタイルも 模 索 しながら 考 えていきたい。

授 業 評 価 アンケートに 基 づき,たとえば LS での 対 話 型 講 義 については, 予 習 不 十 分 な 学

生 との 質 疑 にはあまり 長 い 時 間 をかけないなど, 学 生 のニーズにあった 進 め 方 の 改 善 を 行

った。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

ランチョンセミナーに 参 加 した。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

2010 年 3 月 は,ヴェネティア 大 学 およびボッコーニ 大 学 に 出 張 し,また 2011 年 2 月 に

は,ボッコーニ 大 学 に 研 修 に 行 った。

21


Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

研 究 会 活 動

日 本 労 働 学 会 , 日 本 労 使 関 係 研 究 協 会

日 本 労 働 学 会 理 事 , 日 本 労 使 関 係 研 究 協 会 理 事

神 戸 労 働 法 研 究 会

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

神 戸 松 蔭 女 子 学 院 大 学 非 常 勤 講 師

2011 年 度

神 戸 松 蔭 女 子 学 院 大 学 非 常 勤 講 師

〔 社 会 における 活 動 〕

兵 庫 県 労 働 委 員 会 公 益 委 員

兵 庫 県 地 方 労 働 審 議 会 臨 時 委 員

JR 西 日 本 企 業 倫 理 委 員 会 委 員

大 塚 裕 史 ( 刑 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

これまで、 垂 直 的 な 過 失 競 合 の 事 案 として 管 理 ・ 監 督 過 失 の 問 題 の 研 究 に 従 事 してきた

が、 今 期 はその 成 果 を 論 文 集 に 纏 める 作 業 を 進 め、 第 1 冊 目 の 論 文 集 の 原 稿 を 執 筆 した。

また、それと 並 行 して、 明 石 花 火 大 会 歩 道 橋 事 件 、 明 石 海 岸 砂 浜 陥 没 事 件 、JR 福 知 山 線

脱 線 事 件 など 全 国 的 にも 注 目 されている 過 失 事 件 を 素 材 に、 水 平 的 過 失 競 合 の 問 題 を 検 討

した。 今 後 は、 論 文 集 の 早 期 公 刊 に 努 めると 共 に、 水 平 的 過 失 競 合 についての 理 論 的 分 析

を 深 めたい。

法 科 大 学 院 開 設 以 来 、 未 修 者 ・ 既 修 者 双 方 の 教 育 に 携 わってきたが、3Lの 応 用 刑 事 実

体 法 の 授 業 経 験 から、 法 科 大 学 院 修 了 段 階 で 身 につけておくべき 事 例 分 析 ・ 法 的 構 成 能 力

を 養 成 するための 事 例 演 習 書 を 出 版 した。 他 方 、 刑 法 の 基 本 的 知 識 を 修 得 する 段 階 の 学 生

にとって 何 をどのように 学 べばよいかについて 他 大 学 の 教 員 と 共 同 研 究 を 開 始 し、 原 稿 を

分 担 執 筆 しては 研 究 会 で 検 討 するという 作 業 を 続 けている。その 成 果 は、 近 い 将 来 入 門 的

教 科 書 の 形 で 出 版 する 予 定 である。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

新 版 医 療 事 故 の 刑 事 判 例 共 著 ・ 分 担 執 筆 成 文 堂 2010 年 8 月

ロースクール 演 習 刑 法 単 著 法 学 書 院 2010 年 9 月

22


刑 法 各 論 の 思 考 方 法 [ 第 3 版 ] 単 著 早 稲 田 経 営 出 版 2010 年 12 月

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

正 当 防 衛 における 侵 害 の 急 迫 性 と 防 法 学 教 室 359 号 11-15 頁 2010 年 8 月

衛 の 意 思

正 当 防 衛 の 基 礎 理 論 (1)― 急 迫 不 正 の 海 上 刑 事 13 号 25 頁 ―37 頁 2010 年 10 月

侵 害 と 防 衛 の 意 思

正 当 防 衛 の 基 礎 理 論 (2)― 防 衛 の 意 思 海 上 刑 事 14 号 26 頁 ―43 頁 2011 年 3 月

( 承 前 )と 防 衛 行 為 の 相 当 性

ゼミ 紹 介 : 神 戸 大 学 ・ 大 塚 裕 史 ゼミ( 刑 法 学 教 室 368 号 42 頁 ―43 頁 2011 年 5 月

法 )

過 失 犯 の 共 同 正 犯

刑 事 法 ジャーナ 28 号 11 頁 ―21 頁 2011 年 5 月


過 剰 防 衛 をめぐる 諸 問 題 海 上 刑 事 15 号 22 頁 ―41 頁 2011 年 9 月

過 失 不 作 為 犯 の 競 合

井 上 正 仁 = 酒 巻 151 頁 ―177 頁 2012 年 1 月

匡 編 『 三 井 誠 先

生 古 稀 祝 賀 論 文

集 』( 有 斐 閣 )

ワークショップ1 過 失 の 競 合 刑 法 雑 誌 51 巻 3 号 416-421 2012 年 3 月


介 在 事 情 と 危 険 の 現 実 化 海 上 刑 事 16 号 24 頁 ―42 頁 2012 年 3 月

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

過 失 の 競 合

日 本 刑 法 学 会 第 89 回 法 政 大 学 2011 年 5 月

(ワークショップオーガナイザー) 大 会

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

本 研 究 科 の 刑 事 法 教 員 と「 医 療 事 故 の 原 因 究 明 と 法 律 上 の 責 任 追 及 」について 共 同 研 究

を 行 い( 科 研 費 基 盤 研 究 (B))、 主 として 刑 事 過 失 論 の 立 場 からの 分 析 ・ 検 討 を 担 当 した。

具 体 的 には、 医 療 はチームを 組 んで 共 同 作 業 として 行 われることが 多 いことから、 第 1 に、

外 科 医 などとの 共 同 作 業 を 行 う「 麻 酔 医 」の 活 動 に 注 目 し、 麻 酔 事 故 の 刑 事 責 任 の 問 題 を

検 討 した(その 成 果 は 共 著 『 新 版 医 療 事 故 の 刑 事 判 例 』 参 照 )。 第 2 に、 看 護 師 相 互 、 看 護

師 と 医 師 との 間 の 分 業 に 基 づく 過 誤 を 検 討 し、 共 同 作 業 ゆえにどこまで 共 同 正 犯 として 把

握 していくことができるかという 問 題 に 取 り 組 んだ(その 成 果 は 論 文 「 過 失 犯 の 共 同 正 犯 」

参 照 )。そして、これらの「 医 療 事 故 」についての 検 討 を 通 じ、 複 数 の 行 為 者 の 過 失 が 競 合

するいわゆる「 過 失 競 合 」についての 理 論 研 究 が 必 要 であることを 痛 感 し、 日 本 刑 法 学 会

第 89 回 大 会 のワークショップのオーガナイザーを 委 嘱 されたのを 機 に、 若 手 ・ 中 堅 の 刑 法

研 究 者 と 共 同 研 究 を 開 始 した(その 成 果 は 刑 法 雑 誌 参 照 )。また、その 過 程 で、 過 失 競 合 に

おける 正 犯 的 作 為 義 務 や 予 見 可 能 性 について 理 論 的 解 明 を 深 める 必 要 を 感 じ、その 研 究 に

も 着 手 した(その 成 果 は 三 井 古 稀 論 文 集 参 照 )。しかし、 未 だその 内 容 は 不 十 分 であり、 未

23


解 明 の 問 題 点 も 多 く、 今 後 さらにこれらの 点 についての 研 究 を 継 続 していきたい。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS

学 部

応 用 刑 事 実 体 法 4

総 合 法 律 0.4

刑 法 Ⅱ 4

3.4 年 次 刑 事 法 演 習 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS 応 用 刑 事 実 体 法 4

学 部

刑 法 Ⅱ 4

3.4 年 次 刑 事 法 演 習 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

学 部 の 講 義 では、2 年 連 続 で 刑 法 各 論 を 担 当 した。 刑 法 各 論 はその 範 囲 が 膨 大 であるため、

重 要 項 目 に 絞 り、その 代 わり、 平 板 な 説 明 を 避 け、 判 例 ・ 学 説 の 対 立 点 について、 対 立 の

原 因 を 刑 法 の 基 本 原 理 ・ 原 則 に 遡 って 検 討 することにより、 刑 法 的 思 考 能 力 が 養 成 できる

ように 工 夫 をした。また、 講 義 用 のテキストとして『 刑 法 各 論 の 思 考 方 法 』の 第 3 版 を 上

梓 した。 同 書 は、 簡 単 な 事 例 問 題 を 多 数 掲 載 し、 事 例 の 分 析 の 仕 方 を 解 説 をしながら 刑 法

の 基 本 知 識 についての 理 解 を 深 めさせる 内 容 であることから、 同 書 を 使 用 することにより、

講 義 の 中 に 事 例 演 習 的 要 素 を 盛 り 込 むことが 可 能 となり、 大 講 義 にありがちな 知 識 の 一 方

的 伝 達 型 の 弊 害 を 少 しでも 回 避 することができたのではないかと 思 う。 授 業 評 価 アンケー

トの 結 果 からして、 上 記 の 教 育 目 標 はおおむね 達 成 できたと 思 われるが、 進 度 がやや 遅 い

という 指 摘 も 一 部 にあり、 教 材 のさらなる 工 夫 や 教 科 書 との 有 機 的 連 携 について 一 層 の 努

力 が 必 要 であると 認 識 した。

法 科 大 学 院 では、2 年 連 続 で3Lの 応 用 刑 事 実 体 法 を 担 当 した。2Lの 対 話 型 演 習 刑 事 実

体 法 において 刑 法 に 関 する 基 本 的 な 知 識 を 修 得 した 学 生 に 対 し、その 知 識 を 使 えるように

するために 毎 回 事 例 演 習 を 行 い、 事 前 にレポートを 提 出 させ、それを 踏 まえ、 授 業 では、

レポートの 問 題 点 を 中 心 に 事 例 の 分 析 の 仕 方 、 法 的 構 成 の 仕 方 について 解 説 を 行 った。 今

期 の 授 業 では、 学 生 作 成 のレポートを 教 材 として 使 用 し、 論 述 上 の 問 題 点 について 皆 で 共

に 考 えることを 実 践 し、また、 学 生 から 寄 せられた 数 々の 質 問 の 回 答 を 毎 回 印 刷 物 で 配 布

し 情 報 を 共 有 するなどの 工 夫 を 試 みた。その 結 果 、 授 業 評 価 アンケートでも 一 定 程 度 以 上

の 評 価 がえられた。しかし、 他 方 で、 応 用 刑 事 実 体 法 という 科 目 の 位 置 づけから、 受 講 者

が 基 本 的 知 識 を 修 得 したことを 前 提 に 授 業 を 行 わざるをえないが、 本 来 2Lまでに 修 得 す

べき 基 本 的 知 識 の 理 解 ・ 定 着 が 不 十 分 な 受 講 生 が 多 く 含 まれており、これらの 学 生 の 実 力

を 向 上 させることに 十 分 には 役 立 っていないという 問 題 も 生 じた。 法 科 大 学 院 の 学 生 のレ

ベルが 低 下 してきているという 状 況 の 中 で、3L 科 目 の 授 業 の 在 り 方 について 再 検 討 しな

ければならないと 思 った。

24


Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

2 年 間 、 法 科 大 学 院 運 営 委 員 会 教 育 改 善 WG 及 び 学 生 ・ 修 了 生 支 援 WGの 担 当 者 として、

教 員 との 教 育 改 善 意 見 交 換 会 の 実 施 、 学 内 成 績 と 司 法 試 験 結 果 との 相 互 関 係 の 分 析 、 修 了

生 に 対 する 法 科 大 学 院 の 教 育 内 容 についてのアンケート 調 査 などを 実 施 するなどFD 活 動

には 積 極 的 に 参 加 してきた。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

日 本 刑 法 学 会 、 日 本 交 通 法 学 会 、 日 本 医 事 法 学 会 、 中 四 国 法 政

所 属 学 会

学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員 日 本 交 通 法 学 会 理 事

判 例 刑 事 法 研 究 会 ( 神 戸 大 学 )、 刑 事 法 研 究 会 ( 早 稲 田 大 学 )、

研 究 会 活 動

特 別 刑 法 研 究 会 ( 早 稲 田 大 学 )、 瀬 戸 内 刑 事 法 研 究 会 、 刑 法 教 育

研 究 会 、STRW 研 究 会

シンポジウム 等 の 主 催 等 日 本 刑 法 学 会 第 89 回 大 会 ワークショップオーガナイザー

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

関 西 学 院 大 学 非 常 勤 講 師

JICA 研 修 (アセアン 地 域 海 上 安 全 保 安 能 力 強 化 研 修 ) 非 常 勤 講 師

2011 年 度

関 西 学 院 大 学 非 常 勤 講 師

放 送 大 学 兵 庫 学 習 センター 非 常 勤 講 師

JICA 研 修 (アセアン 地 域 海 上 安 全 保 安 能 力 強 化 研 修 ) 非 常 勤 講 師

〔 社 会 における 活 動 〕

独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 ・ 学 位 授 与 機 構 法 科 大 学 院 認 証 評 価 委 員 会 年 次 報 告 書 等 専 門 部 会

第 3 部 会 副 部 会 長 (2010 年 度 )、 同 部 会 長 (2011 年 度 )

独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 ・ 学 位 授 与 機 構 機 関 誌 査 読 委 員 (2010 年 度 )

独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 適 性 試 験 実 施 委 員 会 委 員 (2010 年 度 )

大 西 裕 ( 行 政 学 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

民 主 主 義 体 制 の 持 続 と 性 格 について、 韓 国 を 主 たる 事 例 として 調 査 ・ 分 析 してきた。そ

の 軸 となるのは、 従 前 からおこなっている 利 益 集 団 ・ 市 民 社 会 調 査 、 選 挙 管 理 研 究 、 政 党

組 織 調 査 、 政 権 移 行 の 調 査 である。これらの 調 査 の 成 果 の 一 部 は 既 に 論 文 として 公 表 し、

25


今 後 選 挙 学 会 、 比 較 政 治 学 会 等 で 発 表 する。 選 挙 管 理 の 研 究 成 果 は 現 在 編 集 作 業 をおこな

っており、 平 成 24 年 度 中 に 出 版 する 予 定 である。 利 益 集 団 ・ 市 民 社 会 調 査 の 成 果 は 政 治

学 会 年 報 に 発 表 し、 政 党 組 織 調 査 についても 今 年 度 中 に 公 表 されることが 決 定 している。

今 後 2 年 間 は、これまでの 調 査 ・ 分 析 を 続 けるとともに、 政 治 経 済 学 に 関 する 調 査 ・ 研

究 をおこなう。 教 育 については、 学 部 において 比 較 政 治 学 、 行 政 学 演 習 、 放 送 ジャーナリ

ズムワークショップ(Ⅰ・Ⅱ)を 担 当 した。 行 政 の 活 動 や 政 治 過 程 は、 学 生 に 身 近 なテー

マではないので、 国 会 議 員 に 対 するインタビューをおこなうなど 教 育 上 の 工 夫 をしており、

さらに 展 開 していく 予 定 である。 大 学 院 では、 行 政 学 特 殊 講 義 を 担 当 した。 今 後 は、 学 部

については 学 生 のプレゼンテーション 能 力 の 向 上 に 加 え、 政 策 判 断 能 力 育 成 を 図 るべく 演

習 を 工 夫 し、 大 学 院 ではコースワークの 充 実 と 学 位 の 円 滑 な 取 得 支 援 を 行 いたい。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

加 茂 利 男 ・ 稲 継 裕 昭 。 永 井 史 男 編 『 自 共 著 ・ 分 担 執 筆 ( 加 茂 ミネルヴァ 書 2010.4

治 体 間 連 携 の 国 際 比 較 - 市 町 村 合 併 利 男 ・ 稲 継 裕 昭 。 永 井 房

を 超 えて』

史 男 )

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

Loser's Disconsent in Korean 日 本 選 挙 学 会 年 No.26-1

2010.6

Presidential Primary: Separation of 報 選 挙 研 究 pp.53-66

Powers, Electoral Cycles, and Party

Organization( 共 著 )

韓 国 における 選 挙 サイクル 不 一 致 の

政 党 政 治 への 影 響 ( 共 著 )

政 権 移 行 チームという 悪 魔 - 韓 国 に

おける 制 度 記 憶 不 活 用 の 政 治 -

途 上 国 の 政 治 経 済 学 の 終 焉 ?

レヴァイアサン pp.65-88 2010.10

47 2010 秋 [ 特

集 ] 選 挙 サイク

ルと 政 権 交 代

学 習 院 大 学 東

洋 文 化 研 究

アジ 研 ワール

ド・トレンド

13 号 、pp.93-116 2011.3

第 17 巻 第 7 号 、 通 巻

190 号 、pp.25-28

2011.7

韓 国 における 党 支 部 廃 止 の 政 治 過 程 - 年 報 政 治 学 日 本 政 治 学 会 編 、 2011.12

非 党 派 性 の 制 度 化 と 選 挙 管 理 委 員 会 - 2011-Ⅱ『 政 権 交 pp.178-205

( 共 著 )

代 期 の「 選 挙 区

政 治 」』

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

政 権 移 行 チームという 悪 魔 ― 韓 国 に 日 本 比 較 政 治 学 会 東 京 外 国 語 大 2010 年 10 月

おける 制 度 記 憶 不 活 用 の 政 治 ―


* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

26


〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

この2 年 間 の 研 究 成 果 は、 主 として 韓 国 における 民 主 政 治 に 関 するものである。その 視

角 は、 選 挙 サイクルに 関 するものと、 選 挙 管 理 委 員 会 に 関 するものに 分 かれる。うち、 選

挙 サイクルに 関 するものは、”Loser's Disconsent in Korean Presidential Primary:

Separation of Powers, Electoral Cycles, and Party Organization”、「 韓 国 における 選 挙 サ

イクル 不 一 致 の 政 党 政 治 への 影 響 」、「 政 権 移 行 チームという 悪 魔 - 韓 国 における 制 度 記 憶

不 活 用 の 政 治 -」が 該 当 し、 選 挙 管 理 委 員 会 に 関 するものは、「 韓 国 における 党 支 部 廃 止 の

政 治 過 程 - 非 党 派 性 の 制 度 化 と 選 挙 管 理 委 員 会 -」が 該 当 する。この 他 、 政 治 経 済 学 分 析 とし

て、「 途 上 国 の 政 治 経 済 学 の 終 焉 ?」を 公 表 した。 選 挙 サイクルや 選 挙 管 理 は、いずれも 民

主 政 治 に 関 する 新 領 域 で、 類 似 の 研 究 が 少 ない 中 で 新 たな 開 拓 をおこなったのがこの2 年

間 であったといってよい。

今 後 は、 現 在 進 行 中 の 科 研 プロジェクトにあわせて、 選 挙 管 理 、 政 治 経 済 学 等 に 関 する

調 査 ・ 研 究 を 進 めていきたいと 考 える。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 行 政 学 特 殊 講 義 2

学 部

比 較 政 治 学 4

行 政 学 演 習 4

放 送 ジャーナリズム・ワークショップ1 2

放 送 ジャーナリズム・ワークショップ2 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 行 政 学 特 殊 講 義 2

学 部

比 較 政 治 学 4

行 政 学 演 習 4

放 送 ジャーナリズム・ワークショップ1 2

放 送 ジャーナリズム・ワークショップ2 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

学 部 の 講 義 にあたっては、 自 作 の 講 義 資 料 によりつつ、 受 講 者 に 適 宜 質 問 などをして、

講 義 が 単 調 ・ 一 方 的 にならないように 心 がけている。 講 義 の 内 容 や 形 式 についてはおおむ

ね 好 評 のようであるが、 授 業 アンケートの 指 摘 を 受 けて 授 業 に 関 連 する 読 書 案 内 を 配 布 す

るようにしている。

学 部 の 少 人 数 教 育 に 関 しては、パワーポイントを 用 いたディベート 形 式 を 取 り 入 れ、さ

らに 北 海 道 大 学 、 熊 本 大 学 などとの 合 同 ゼミを 実 施 するなどして、プレゼンテーション 能

力 の 向 上 に 心 がけてきた。 授 業 アンケートから 判 断 していずれも 学 生 から 好 評 を 得 ており、

実 際 に 能 力 向 上 が 顕 著 であったので 今 後 とも 続 けていきたい。 学 期 終 了 時 に 作 成 している

論 文 集 についても 学 生 の 要 望 を 取 り 入 れ 論 文 指 導 を 充 実 させた。

大 学 院 においては、 行 政 学 を 体 系 的 に 理 解 できるよう 文 献 選 択 を 工 夫 し、コースワーク

27


型 の 授 業 に 転 換 した。 大 学 院 でもプレゼンテーション 能 力 を 向 上 させるためにパワーポイ

ントを 使 用 した 報 告 をおこなわせることにしている。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

法 学 研 究 科 ランチョンセミナーに 参 加 した。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

2011 年 1 月 ・3 月 ・10 月 ・12 月 ・2012 年 1 月 韓 国 ( 科 研 費 現 地 調 査 )

2010 年 1 月 ~12 月 韓 国 選 挙 管 理 委 員 会 釜 山 市 南 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 長 崔 哲

周 氏 を 招 へい 外 国 人 研 究 者 として 受 入 れ

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

日 本 政 治 学 会 、 行 政 学 会 、 比 較 政 治 学 会 、 公 共 政 策 学 会 、 現 代

所 属 学 会

韓 国 朝 鮮 学 会 、アジア 政 経 学 会

政 治 学 会 監 事 (2010 年 10 月 まで) 政 治 学 会 理 事 (201

0 年 10 月 ~)、 同 書 評 委 員 長 (2011 年 10 月 ~)、 比 較 政

治 学 会 理 事 (2006 年 6 月 ~)、 同 企 画 副 委 員 長 (2010 年

6 月 まで)、 同 企 画 委 員 長 (2010 年 6 月 ~2011 年 6 月 )、

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

同 編 集 委 員 長 (2011 年 6 月 ~)、 現 代 韓 国 朝 鮮 学 会 理 事 (2

004 年 11 月 ~)、アジア 政 経 学 会 編 集 委 員 (2008 年 4 月

~)、 政 治 学 雑 誌 『レヴァイアサン』 編 集 委 員 (2009 年 4 月

~)

関 西 行 政 学 研 究 会 、 関 西 政 治 経 済 学 研 究 会 、 朝 鮮 半 島 フォーラ

研 究 会 活 動


シンポジウム 等 の 主 催 等 2011 年 比 較 政 治 学 会 共 通 論 題 企 画

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

関 西 学 院 大 学 非 常 勤 講 師

2011 年 度

関 西 学 院 大 学 非 常 勤 講 師

〔 社 会 における 活 動 〕

京 都 市 市 政 史 編 さん 委 員 (1998 年 ~)

財 団 法 人 ひょうご 震 災 記 念 21 世 紀 研 究 機 構 ・ 研 究 調 査 助 成 審 査 幹 事 会 幹 事 (2008

年 度 ~)

独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 特 別 研 究 員 等 審 査 会 委 員 (2011 年 7 月 ~)

丹 波 市 入 札 監 視 委 員 会 委 員 (2011 年 1 月 ~)

28


小 田 直 樹 ( 刑 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

研 究 活 動 は, 独 自 の 問 題 意 識 を 幾 つかの 場 面 で 具 体 化 してみた 上 で, 打 開 策 を 求 める 方 向

を 探 る 作 業 であった。 私 見 は, 事 実 認 定 と 法 適 用 , 実 体 法 と 手 続 法 の 世 界 を 截 然 と 分 ける

論 旨 に 疑 いの 目 を 向 けているので, 具 体 的 な 解 釈 問 題 を 扱 うにしても, 当 該 「 解 釈 」が 拠

って 立 つ「 世 界 」 自 体 を 検 討 対 象 に 取 り 上 げる 意 識 が 強 い。そこで, 議 論 のための 議 論 と

いう 抽 象 的 な 性 質 を 免 れ 難 い 状 態 にあり, 通 常 の 議 論 から 見 ると,その 成 果 は 伝 えにくい。

具 体 的 な 事 件 の 解 決 に 現 れる「 成 果 」を 表 現 できる 題 材 を 探 さなければならない。 科 研 の

テーマとして, 過 失 犯 研 究 を 深 めることになったので,そこで「 成 果 」の 語 り 方 を 探 って

みたい。

教 育 活 動 は,LS1 年 次 科 目 に 6 単 位 化 の 改 革 があったため, 思 い 描 く( 総 論 ・ 各 論 を 融 合

した) 実 践 的 思 考 の 育 成 という 理 想 と( 基 礎 知 識 の 習 得 を) 自 学 自 習 に 任 せきれない 現 実

とのギャップを 埋 める 作 業 に 苦 慮 した。 学 部 授 業 も LS 受 験 に 向 けた 仕 上 げの 勉 強 を 期 待 す

る 学 生 と 基 礎 知 識 も 不 十 分 な 学 生 とのギャップの 中 で 手 探 りの 状 態 が 続 いた。 学 習 の 進 ん

だ 学 生 を 退 屈 させることなく「 基 礎 知 識 」の 確 認 ができる 素 材 を 厳 選 しておくことが 必 要

だと 思 われる。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

ケースブック 刑 法 ( 第 2 版 ) 分 担 執 筆 ( 共 著 ) 有 斐 閣 2011 年 4 月

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

一 連 の 行 為 をめぐる 実 体 法 と 手 続 法

の 交 錯 : 共 同 研 究 にあたって- 問 題 意 刑 法 雑 誌 50 巻 1 号 67-79 頁 2010 年 6 月

識 と 若 干 のコメント-

治 療 行 為 と 刑 法 神 戸 法 学 年 報 26 号 1-43 頁 2011 年 3 月

ジュリスト 臨 時

こん 睡 状 態 患 者 の 治 療 中 止 が 許 容 さ

増 刊 号 : 平 成 22

れるための 条 件 - 川 崎 協 同 病 院 事 件

1420 号 200-201 頁 2011 年 4 月

年 度 重 要 判 例 解

上 告 審 決 定


防 衛 後 の 放 置 に 伴 う 罪 責 の 存 否 - 行

為 の 捉 え 方 を 考 える

過 失 犯 の 構 造 と 認 定

過 剰 防 衛 - 一 連 の 行 為 の 違 法 評 価 に

ついて-

ロースクール 演


三 井 誠 先 生 古 稀

祝 賀 論 文 集

刑 法 雑 誌

6 号 130-147 頁 2011 年 8 月

119-149 頁 2012 年 1 月

53 巻 3 号 405-410


2012 年 3 月

29


* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

過 剰 防 衛 - 一 連 の 行 為 の 違 法 評 価 に

法 政 大 学 多 摩 2011 年 5 月

日 本 刑 法 学 会

ついて-

キャンパス

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

一 連 行 為 の 扱 い 方 ・ 実 体 法 と 手 続 法 の 交 錯 関 係 の 捉 え 方 ( 認 定 論 のいう 視 角 の 意 味 ・ 効

用 )という, 相 通 じる 問 題 でありながら,それぞれに 広 がりのあるテーマに 絡 めて, 関 西

部 会 で 示 した 問 題 意 識 を 引 き 継 いで, 治 療 行 為 論 と 過 失 犯 論 について 根 本 的 な 検 討 を 加 え

た。 新 判 例 を 受 けて 活 発 に 展 開 された「 量 的 過 剰 」に 関 わる 最 近 の 議 論 を, 刑 法 学 ( 体 系 )

のあり 方 という 視 野 から 再 検 討 する 試 みとして, 刑 法 学 会 の WS を 企 画 ・ 実 施 した。 刑 法

学 には, 合 法 的 にも 見 える 交 渉 の 中 で 生 じる「 犯 罪 」も, 法 益 侵 害 と 犯 意 という, 意 図 的

犯 罪 者 を 想 定 した 枠 組 みに 載 せようとする 体 系 志 向 的 な 固 さがある。それが 議 論 を 停 滞 さ

せることを 幾 つかの 場 面 で 示 してきたつもりである。しかし, 一 つの 体 系 の 克 服 には 新 た

な 体 系 の 構 築 を 要 するという( 刑 法 学 では) 常 識 的 な 発 想 が 既 に, 理 論 と 実 務 の 架 橋 を 妨

げているようにも 思 われる。 旧 来 の「 体 系 」とは 違 う 思 考 モデルの 可 能 性 を 見 極 め,その

理 解 を 形 にして 訴 えるまで,まだまだ 前 途 多 難 である。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS 刑 事 実 体 法 4

学 部

実 定 法 入 門 0.66

応 用 刑 法 2

全 学 社 会 生 活 と 法 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS

刑 事 実 体 法 Ⅰ 4

刑 事 実 体 法 Ⅱ 2

対 演 総 合 法 律 0.13

学 部 応 用 刑 法 2

全 学 社 会 生 活 と 法 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

3 年 間 で 仕 上 げるはずだった「 刑 事 実 体 法 」の 授 業 形 態 は,「 改 革 」への 対 応 に 追 われて

固 まらないままであった。 授 業 アンケートで 評 価 が 改 善 されなかったのは, 組 み 替 えに 追

われ, 資 料 で 扱 う 内 容 の 絞 り 込 みができず,それでいて, 授 業 は 元 の 感 覚 で 話 が 膨 らむこ

とも 多 かったため, 教 科 書 と 資 料 と 授 業 の 連 動 性 が 曖 昧 になっていたからである。 後 期 は,

30


単 位 増 に 伴 う 負 担 過 剰 も 考 慮 して, 各 受 講 生 の 質 問 を 掘 り 起 こす 作 業 に 重 点 を 置 いてみた

が,「 基 礎 知 識 の 修 得 」が 十 分 にできなかったという 印 象 が 残 ったらしく,これも 成 功 した

とは 思 えない。 教 科 書 を 読 み 込 む 力 が 十 分 でない・ 自 分 の 疑 問 を 言 葉 にできない,1 年 次

生 の 教 育 の 難 しさを 痛 感 する。

学 部 に 新 設 された「 応 用 刑 法 」も, 講 義 と 演 習 (ゼミ)の 中 間 形 態 という, 科 目 の 位 置

づけの 曖 昧 さもあったので, 試 行 錯 誤 の 2 年 間 であった。 判 例 ・ 学 説 にからむ 報 告 と 質 疑

応 答 はゼミで 扱 うものと 想 定 し, 事 例 演 習 の 形 態 で 論 点 に 出 会 う 経 験 をさせることを 目 標

として, 答 案 の 文 章 化 まで 視 野 に 入 れた 授 業 を 行 い,その 成 果 は 期 末 試 験 で 確 認 する 方 針

を 採 った。しかし, 他 の「 応 用 」 科 目 との 対 比 では, 要 求 水 準 が 高 いと 受 け 止 められたよ

うであり, 通 常 講 義 では 積 み 残 しになってしまう 部 分 の 補 習 授 業 としての 機 能 を 求 める 声

も 多 い。 重 要 判 例 を 素 材 とした 知 識 確 認 の 授 業 と, 事 例 演 習 ~ 起 案 に 及 ぶ 授 業 を 組 み 合 わ

せることが 望 ましいようである。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

法 科 大 学 院 における 授 業 改 善 のための 会 合 ,1 年 次 教 育 担 当 者 による 意 見 交 換 会 , 法 学 研

究 科 のランチョンセミナーに 参 加 した。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

研 究 会 活 動

日 本 刑 法 学 会 , 中 四 国 法 政 学 会

判 例 刑 事 法 研 究 会 ( 神 戸 大 学 ), 京 都 刑 事 法 研 究 会 ( 京 都 大 学 ),

瀬 戸 内 刑 事 法 研 究 会 ( 広 島 大 学 ほか)

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

広 島 大 学 法 学 部 非 常 勤 講 師

2011 年 度

広 島 大 学 法 学 部 非 常 勤 講 師

樫 村 志 郎 ( 法 社 会 学 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

今 期 には、 前 期 までに 主 要 な 研 究 活 動 を 行 った 民 事 司 法 実 態 調 査 の 成 果 を 編 著 の 形 にまと

めるという 成 果 をあげた。 規 範 を 用 いるという 日 常 的 方 法 について、エスノメソドロジー

の 視 角 にもとづき 概 観 的 研 究 をまとめた。また、 身 体 を 媒 体 とする 間 主 観 性 の 現 象 の 解 明

という 研 究 に 着 手 し、いくつかの 成 果 をあげた。 修 復 的 司 法 について、 日 本 の 現 状 をまと

31


めた 研 究 を 公 表 し、また、 修 復 的 司 法 のアメリカおよびドイツでの 起 源 の 一 部 を 解 明 した

成 果 を 公 表 し、その 思 想 的 解 明 に 寄 与 した。 今 後 、それらの 研 究 成 果 を 引 き 続 き 公 表 して

いきたい。 研 究 教 育 活 動 とその 成 果 については、つぎのウェブサイト 等 でも 適 宜 公 表 し、

論 文 等 の 内 容 の 背 景 の 理 解 ・ 追 補 その 他 の 理 解 の 助 けとしている。

http://www2.kobe-u.ac.jp/~skashimu/ShiroKashimura/Welcome.html

https://sites.google.com/site/shirokashimura

http://notesonsociologyoflaw.weebly.com/

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

トラブル 経 験 と 相 談 行 動

共 著 ・ 執 筆 ( 武 士 俣

敦 )

東 京 大 学 出 版


2010 年 10 月

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

トラブル・ 支 援 ・ 相 談 行 動 ー 法 使 用 行

動 調 査 の 対 象 と 方 法

Hearing Client’s Talk as Lawyer’s Boudouin

Work: The Case of Public Legal Dupret & Tim

Consultation Conference.

Berard (eds.)

The Parxiology

of Law.

法 社 会 学 にとって「 地 域 社 会 」とは 何


樫 村 志 郎 = 武 士 3 月 27 日 2010 年 10 月

俣 敦 編 , トラブ

ル 経 験 と 相 談 行

動 ( 現 代 日 本 の

紛 争 処 理 と 民 事

司 法 2), 東 京 大

学 出 版 会

Oxford

University

Press 刊 行 予


法 社 会 学 74・78~88 2011 年 3 月

2011 年 度 学 術 大 会 緊 急 企 画 「 災 害 ・ 法 社 会 学 76 2012 年 3 月

救 援 ・ 復 興 をどうとらえるか?」につ

いて

法 における 共 通 理 解 の 達 成 と 維 持

社 会 的 構 築

片 岡 邦 好 ・ 池 田

佳 子 編 コミュ

ニケーション 能

力 の 諸 相 :—「 共

創 能 力 」を 考 え

る, ひつじ 書 房

片 岡 邦 好 ・ 池 田

佳 子 編 コミュ

ニケーション 能

力 の 諸 相 —「 共 創

能 力 」を 考 える,

2012 年

印 刷 中

2012 年

印 刷 中

32


ハロルド・ガーフィンケル・メモリア

ル・カンファレンスに 出 席 して,

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

ひつじ 書 房

日 本 EMCA 研 2 月 23 日 号 2012 年 2 月

究 会 ニューズレ

ター

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

人 々は 法 社 会 学 理 論 を 用 いて 何 をな 2010 年 度 日 本 法 社 会 同 志 社 大 学 2010 年 5 月

すか/ 何 をなさないか?( 単 独 口 頭 報 学 会 学 術 大 会

告 )

法 的 相 互 行 為 能 力 ( 招 待 口 頭 報 告 ) 「 伝 達 / 運 用 能 力 を 愛 知 大 学 2011 年 2 月

考 える」ラウンドテー

ブル

空 間 的 行 為 の 秩 序 性 ― 通 行 ・ 歩 行 の 分 2011 年 度 日 本 法 社 会 東 京 大 学 2011 年 5 月

析 を 通 じて( 共 同 口 頭 報 告 ) 学 会 学 術 大 会

Current States of Restorative

Justice in Japan( 単 独 口 頭 報 告 )

Current States of Restorative

Justice in Japan( 招 待 講 演 )

Albert Eglash and the Biblical

Roots of Restorative Justice: THe

Theory and Practices in the U.S.

and germany in 1950s( 招 待 講 演 )

16th World Congress

of International

Society

for

Criminology

The International

Conference and

Workshops of

Restorative Justice,

Human RIghts and

Peace Education

The International

Conference and

Workshops of

Restorative Justice,

Human RIghts and

Peace Education

神 戸 国 際 会 議


2011 年 8 月

東 吳 大 學 ( 台 北 2012 年 3 月

市 , 台 湾 ), 長

榮 大 學 ( 台 南

市 、 台 湾 )

東 吳 大 學 ( 台 北 2012 年 3 月

市 , 台 湾 ), 長

榮 大 學 ( 台 南

市 、 台 湾 )

アルバート・イグラッシュの 創 造 的 補 第 100 回 RJ 研 究 会 早 稲 田 大 学 2012 年 3 月

償 と 修 復 的 正 義 の 聖 書 的 起 源 ― 台 湾

カンファレンス「 修 復 的 司 法 、 平 和 教

育 と 人 権 」の 報 告 をかねて―( 招 待 口

頭 報 告 )

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

2003 年 以 来 継 続 してきた 共 同 研 究 である 民 事 司 法 実 態 調 査 の 成 果 をまとめた 論 文 集 を 編 集

公 表 した。 法 律 相 談 に 関 するエスノメソドロジー・ 会 話 分 析 の 方 法 による 分 析 を 進 めた 成

果 の 一 部 を 英 文 論 文 集 に 寄 稿 した。 修 復 的 司 法 に 関 して、4 回 の 国 内 外 での 学 会 等 での 報 告

を 行 い、 新 たな 研 究 成 果 を 公 表 した。 身 体 を 媒 体 とする 規 範 的 交 流 を 中 心 に、 法 社 会 学 と

エスノメソドロジーの 融 合 的 研 究 を 進 め、 日 本 法 社 会 学 会 の 報 告 を 2 度 行 った。また、 言

語 学 、 心 理 学 との 交 流 を 行 う 研 究 会 議 への 参 加 を 機 縁 として、 法 的 なコミュニケーション

に 関 する 理 論 的 考 察 を 行 い、 公 表 準 備 中 である。2011 年 度 にはサバティカルを 取 得 し、 新

33


たな 研 究 を 開 始 するとともに、 研 究 成 果 のまとめを 進 めることができた。 新 たな 研 究 は、

身 体 を 媒 体 とする 間 主 観 性 の 経 験 的 解 明 とそれによる 規 範 的 社 会 現 象 の 理 解 をめざすもの

である。その 一 部 として、David Goode “A World Without Words” (1994) の 翻 訳 を 行 い、

近 く 出 版 されることとなった。 東 日 本 大 震 災 に 関 して 緊 急 企 画 「 災 害 ・ 救 援 ・ 復 興 をどう

とらえるか?」(2011 年 度 日 本 法 社 会 学 会 学 術 大 会 )を 開 催 した。これらを 通 じて、おおむ

ね 意 図 する 研 究 成 果 をあげた。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 法 社 会 学 特 殊 講 義 2

学 部

法 社 会 学 概 論 4

応 用 法 社 会 学 2

法 社 会 学 演 習 4

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

法 社 会 学 概 論 および 応 用 法 社 会 学 においては、 規 範 現 象 をわかりやすく 提 示 するためのビ

デオ 教 材 等 を 作 成 し 利 用 している。 学 部 および 大 学 院 における 講 義 では、 教 材 配 布 、 連 絡

および 記 録 のためのウェブページを 作 成 し、 活 用 している。アンケートでは、おおむね 評

価 されている。 大 学 院 における 特 殊 講 義 では、ReadingTwo Books on

Understanding,Language

and Interacting Bodies とのテーマを 設 定 し、David Goode’s A World Without Words

(1994), and Albert B. Robillard’s Meaning of Disability (2003) を 精 読 した。2011 年 度 は

サバティカルを 取 得 したため、 講 義 は 行 っていない。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

Harold Garfinkel 教 授 追 悼 カンファレンスに 出 席 し UCLA(John Heritage 教 授 )ほかと

研 究 交 流 を 行 った.2010 年 ごろより 構 想 し 2011 年 より 科 学 研 究 費 ( 挑 戦 的 萌 芽 研 究 )を

得 て 実 施 している 身 体 を 媒 体 とする 規 範 的 交 流 の 研 究 に 関 しては、その 著 書 を 翻 訳 出 版 を

計 画 している CUNY の David Goode 教 授 を 訪 問 し、またメールの 頻 繁 な 交 換 を 通 じハワイ

大 学 (Albert Robillard 教 授 )と 研 究 交 流 を 行 った。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

日 本 法 社 会 学 会 、 犯 罪 社 会 学 会 、 社 会 学 理 論 学 会 、EMCA 研 究


理 事 ( 日 本 法 社 会 学 会 、1995~), 学 術 大 会 運 営 委 員 長 ( 日 本 法

社 会 学 会 、2009.5~2011.4) 理 事 長 ( 日 本 法 社 会 学 会 、2011.5

34


~)

研 究 会 活 動

シンポジウム 等 の 主 催 等

公 開 研 究 会 として EMCA セミナーを 定 期 的 に 実 施 している。

緊 急 企 画 「 災 害 ・ 救 援 ・ 復 興 をどうとらえるか?」(2011 年 度

日 本 法 社 会 学 会 学 術 大 会 、 東 京 大 学 、2011.5)

〔 学 外 教 育 活 動 〕

近 畿 大 学 通 信 教 育 部 非 常 勤 講 師

〔 社 会 における 活 動 〕

大 阪 府 消 費 者 苦 情 審 査 会 委 員 ( 会 長 代 理 )

松 生 史 ( 行 政 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

法 科 大 学 院 の 授 業 では 日 々 努 力 してはいるが、 十 分 な 成 果 を 上 げたとは 言 えず、なおい

っそうの 研 鑽 の 必 要 性 を 感 じている。 法 学 部 では 少 人 数 講 義 に 重 点 を 置 いているが、 法 科

大 学 院 とのニーズの 相 違 を 踏 まえた 上 で 大 教 室 講 義 もそろそろ 担 当 すべきかと 思 っている。

法 学 研 究 科 では 研 究 科 コース・ 社 会 人 コースともに 丁 寧 な 指 導 を 心 がけたい。

研 究 面 では 活 発 にくり 広 げた 学 際 的 研 究 の 成 果 により 視 野 を 広 げることができた 一 方 で、

研 究 時 間 の 不 足 により 緻 密 な 文 献 研 究 を 怠 りがちであることを 反 省 している。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

『 世 界 の 公 私 協 働 』 第 4 章 「 協 働 的 プ 共 著 日 本 評 論 社 2012.2

ランニングの 社 会 的 構 成 」

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

市 民 参 加 の 社 会 的 構 成 -シンポジウ 神 戸 法 学 雑 誌 60 巻 2 号 482-475 頁 2010.9

ム 趣 旨 説 明

Accountability of Administration Zeitschrift Heft 3, S.5-20 2011.9

in Japan after the Mid-1990s fuer

Japanisches

Recht

「 互 換 的 利 害 関 係 」 概 念 の 継 受 と 変 容 水 野 武 夫 先 生 古 150-178 頁 2011.12

稀 記 念 論 文 集

『 行 政 と 国 民 の

権 利 』

35


「 地 域 像 維 持 請 求 権 」をめぐって 阿 部 泰 隆 先 生 古 477-501 頁 2012.3

稀 論 文 集 『 行 政

法 学 の 未 来 に 向

けて』

都 市 計 画 の 構 造 転 換 と 市 民 参 加 新 世 代 法 政 策 学 第 15 号 1-29 頁 2012.3

研 究

行 政 のアカウンタビリティの 展 開 法 政 策 学 の 試 み 第 13 集 3-18 頁 2012.3

判 例 評 釈 : 鞆 の 浦 世 界 遺 産 訴 訟 法 学 教 室 20117 頁 2011.3

年 3 月 号 別 冊 付

録 判 例 セレクト

2010(II)

判 例 評 釈 : 鞆 の 浦 世 界 遺 産 訴 訟 - 景 観

保 全 と 公 有 水 面 埋 立 免 許

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

環 境 法 判 例 百 選

( 第 2 版 )

178-179 頁 2011.9

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

Right of Access to the

Administrative Litigation in Japan

Changing Role of City Planning

Law in Japan

縮 小 都 市 と 法

地 域 像 維 持 請 求 権 をめぐって

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

Symposium on the タイ 国 行 政 裁 2011.3.9

Occasion of 10th 判 所

Anniversary of the

Administrative

Court

Law of Urban Songdo 2011.11.10

Development in Convensia,

Asian Countries Incheon

GCOEシンポジウ 北 海 道 大 学 2011.9.24


民 科 法 律 部 会 春 期 合

宿 研 究 会

那 覇 市 2012.3.28

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

従 来 から 主 要 な 研 究 領 域 としている 都 市 計 画 ・まちづくり・ 市 民 参 加 などについて 執 筆

した。また、「 互 換 的 利 害 関 係 」および「 地 域 像 維 持 請 求 権 」に 関 する 論 文 では 久 しぶりに

ドイツ 法 との 比 較 を 試 みた。とはいえ、 緻 密 な 研 究 の 成 果 ではない 鳥 瞰 的 な 論 文 が 多 くな

っていることは 否 めず、 今 後 いっそう 努 力 したい。

他 方 、2009 年 度 より 科 研 費 基 盤 (B)を 取 得 して 主 催 しているSC 研 究 会 では、 各 年 度

シンポジウムを 開 催 して 学 際 的 研 究 活 動 を 展 開 し、 自 らの 研 究 活 動 にとっても 大 きな 刺 激

になっている。その 他 の 共 同 研 究 プロジェクトにも 積 極 的 に 参 加 している。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

36


LS

学 部

対 演 行 政 法 Ⅰ 2

行 政 法 基 礎 2

裁 判 行 政 の 基 本 構 造 0.8

1 年 次 演 習 2

行 政 法 演 習 4

法 経 総 合 概 論 1

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 行 政 法 政 策 論 特 殊 講 義 2

LS

学 部

公 法 系 訴 訟 実 務 基 礎 2

行 政 法 基 礎 3

裁 判 ・ 行 政 の 基 本 構 造 0.8

行 政 法 演 習 4

法 経 総 合 概 論 0.53

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

法 科 大 学 院 の 授 業 では、 授 業 評 価 アンケートも 踏 まえ、 予 習 事 項 の 明 示 ・ 各 回 毎 のポイン

トの 明 確 化 など 改 善 の 努 力 を 行 っているが、 十 分 な 成 果 をあげているとまでは 言 えない。

また、2011 年 度 の 行 政 法 基 礎 では 未 修 者 教 育 改 善 のための 単 位 増 に 伴 い、 理 解 を 向 上 させ

るため 事 例 演 習 ・ 判 例 の 読 解 などを 組 み 入 れたが、それが 効 果 をあげた 学 生 と、かえって

負 担 過 剰 のため 消 化 不 良 に 陥 った 学 生 がいたようである。 学 生 の 学 力 ・ 理 解 力 の 現 状 、そ

の 多 様 性 を 正 しく 把 握 しながら 今 後 も 授 業 改 善 に 取 り 組 みたい。

法 学 部 教 育 では 主 に 行 政 法 演 習 ・1 年 次 演 習 などの 少 人 数 講 義 を 担 当 した。2009 年 度 以

来 行 政 法 演 習 は、 前 期 は 教 育 ディベートによる 政 策 判 断 能 力 とプレゼンテーション 能 力 の

向 上 、 後 期 は 任 意 のテーマでの 論 文 執 筆 を 目 標 として、 別 の 参 加 者 による 演 習 として 運 用

している。それぞれある 程 度 定 着 してきた 印 象 がある。また、2009 年 度 に 発 足 した 法 経 連

携 教 育 プログラムでは 主 に 運 営 サイドに 携 わっている。

法 学 研 究 科 では 主 に 社 会 人 を 対 象 とする 行 政 法 政 策 論 特 殊 講 義 を 担 当 したことに 加 え、

大 学 院 生 の 修 士 論 文 を 指 導 し、また、 外 国 人 研 究 生 を2 名 受 け 入 れた(2012 年 度 よりそれ

ぞれ 修 士 課 程 ・ 博 士 課 程 に 進 学 予 定 )。 定 例 の 指 導 に 加 え、 勉 強 会 等 を 適 宜 行 っている。ま

た、 法 曹 リカレントコースの 大 学 院 生 の 第 二 演 習 論 文 を 指 導 した(2011 年 度 )。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

2011.3.26、2012.2.8 に 開 催 された 法 科 大 学 院 教 育 方 法 改 善 意 見 交 換 会 に 参 加 した。また、

2011.9.26 には、 法 学 教 育 方 法 論 に 関 するヤンーヘンデリク・ディートリヒ 教 授 の 講 演 会 ( 神

戸 法 学 会 主 催 )を 企 画 した( 同 講 演 の 翻 訳 は 神 戸 法 学 雑 誌 に 掲 載 予 定 )。また、2011 年 7 月 ( 赤

坂 教 授 )・11 月 ( 田 中 准 教 授 )に 開 催 されたランチョン・セミナーにも 参 加 した。

37


〔 国 際 交 流 活 動 〕

科 研 費 基 盤 (B)によって 運 営 されている 研 究 会 (SC 研 究 会 )の 主 催 者 としてルーヴェ

ン・カトリック 大 学 における 国 際 シンポジウム(2010.9.24 V 欄 参 照 )を 開 催 した。ニュ

ーヨーク 大 学 フランク・アッパム 教 授 講 演 会 (2010.11.10)を 企 画 した。また、 同 シンポを

共 同 開 催 したディミトリ・ファンオーフェルベク 教 授 を 招 聘 し、SC 研 究 会 主 催 のミニ・シ

ンポジウム(2011.12.25)での 報 告 を 依 頼 した。

また、 法 経 連 携 科 研 総 括 シンポジウム「エコノ・リーガル・スタディーズの 可 能 性 」

(2012.2.8)にカール・ハインツ・ラデーア 教 授 、 李 ナリ 教 授 を 招 聘 し 報 告 を 依 頼 した。 上 記

法 学 教 育 方 法 論 に 関 するディートリヒ 教 授 の 講 演 会 (2011.9.24)を 企 画 した。

その 他 国 際 シンポジウムにおける 報 告 (2011.3.9 タイ 国 行 政 裁 判 所 、2011.5.6 壇 国 大 学

校 ( 韓 国 )、2011.11.10 韓 国 法 制 局 主 催 国 際 シンポ)および 研 究 会 報 告 (2010.12.22 マック

ス・プランク 知 財 法 センター(ドイツ)、2012.1.19 全 北 大 学 校 ( 韓 国 ))を 行 った。

研 究 滞 在 ・ 視 察 としては、2010.12.18-2011.1.6 まで 六 甲 台 後 援 会 の 助 成 によりミュンヘ

ン 大 学 ・ハンブルグ 大 学 で 短 期 間 の 研 究 滞 在 を 行 った(その 間 に 上 記 マックス・プランク 知

財 法 センターにおける 報 告 を 行 った)。また、2012.3.13-18 に 科 研 費 プロジェクト( 研 究 代 表

者 : 北 海 道 大 学 教 授 吉 田 克 己 )の 研 究 分 担 者 として、ハンブルグ 市 及 びその 周 辺 の 都 市 計 画

に 関 する 視 察 を 行 った。

教 育 活 動 の 欄 に 記 したように、 外 国 人 研 究 生 を 2 名 ( 中 国 ) 受 け 入 れて 指 導 し、2012 年

4 月 にそれぞれ 修 士 ・ 博 士 課 程 に 入 学 した。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

研 究 会 活 動

シンポジウム 等 の 主 催 等

日 本 公 法 学 会 、 日 本 不 動 産 学 会

行 政 法 研 究 フォーラム 事 務 局 (2010 年 度 まで)

SC 研 究 会 代 表

SC 研 究 会 主 催 国 際 シンポジウム(”Policy and Accountability

in Japan after the 1990’s: A Global Perspective” 2010.9.24 ル

ーヴェン・カトリック 大 学 )、 同 研 究 会 主 催 ミニ・シンポジウム

(「『 関 係 』への 社 会 構 成 主 義 的 アプローチ」2011.12.25 上 智

大 学 )を 主 催

〔 学 外 教 育 活 動 〕

立 命 館 大 学 大 学 院 法 務 研 究 科 集 中 講 義 講 師 (H23.2.10)

〔 社 会 における 活 動 〕

三 田 市 情 報 公 開 審 査 会 ・ 個 人 情 報 保 護 審 査 会 委 員 ( 会 長 )、 川 西 市 環 境 審 議 会 専 門 委 員 ( 座

長 )、 尼 崎 市 都 市 計 画 審 議 会 委 員 、 神 戸 市 都 市 景 観 審 議 会 委 員 、 西 宮 市 都 市 計 画 審 議 会 委 員 、

神 戸 市 すまい 審 議 会 委 員 、 西 宮 市 情 報 公 開 ・ 個 人 情 報 保 護 審 査 会 委 員 、 明 石 市 市 民 参 画 条

例 検 討 委 員 会 ( 委 員 長 )、 明 石 市 市 民 参 画 推 進 会 議 委 員 ( 委 員 長 )、 和 歌 山 県 景 観 上 支 障 となる

物 件 に 係 る 施 策 研 究 会 委 員 ( 座 長 ), 和 歌 山 県 津 波 避 難 路 沿 いの 建 築 物 等 の 対 策 に 関 する 条

例 準 備 委 員 会 , 兵 庫 県 河 川 審 議 会 特 別 委 員 、 六 甲 山 森 林 整 備 戦 略 検 討 会 議 委 員 、 神 戸 市 公

園 緑 地 審 議 会 委 員

新 司 法 試 験 考 査 委 員 、 国 家 公 務 員 採 用 試 験 専 門 委 員

JDAC( 日 本 ディベート 大 会 ) 九 州 ディベート 大 会 審 査 員

38


窪 田 充 見 ( 民 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

この2 年 間 においては、 従 前 に 引 き 続 いて、 不 法 行 為 法 、 家 族 法 の 領 域 を 中 心 に 研 究 活

動 を 行 ってきた。

家 族 法 については、 単 著 として、『 家 族 法 - 民 法 を 学 ぶ』( 有 斐 閣 、2011 年 )をまとめ

公 刊 したのが 成 果 のひとつである。 本 書 については、その 基 礎 となる 法 学 教 室 における 連

載 はあったものの、このような 形 でまとめるに 際 して、 自 分 の 見 解 を 見 直 し、 問 題 の 全 体

を 考 えるよい 機 会 になったものと 考 えている。その 他 、 家 族 法 関 係 においては 親 権 等 中 心

として、いくつかのものを 発 表 している。

ただし、 新 しい 研 究 課 題 への 取 り 組 みは、なお 十 分 なものとはいえず、2011 年 度 より 開

始 した「 集 団 的 利 益 または 集 合 的 利 益 の 保 護 と 救 済 のあり 方 に 関 する 解 釈 論 的 ・ 立 法 論 的

検 討 」( 科 研 A・ 研 究 代 表 )を 中 心 に、 特 に、 不 法 行 為 法 の 領 域 において、 積 極 的 に 新 たな

研 究 課 題 に 取 り 組 んでいきたいと 考 えている。

教 育 活 動 については、 法 科 大 学 院 、 学 部 において 下 記 のとおりの 授 業 を 担 当 した。 授 業

アンケートにおいても 比 較 的 良 好 な 評 価 をおさめることができ、 一 定 の 成 果 を 納 めたもの

と 理 解 している。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

鎌 田 薫 ・ 加 藤 新 太 郎 ・ 須 藤 典 明 ・ 中 田 共 著 ・ 分 担 執 筆 日 本 評 論 社 2010 年 5 月

裕 康 ・ 三 木 浩 一 ・ 大 村 敦 志 編 著 『 民 事

法 III 債 権 各 論 』( 第 2 版 ・ 日 本 評 論

社 )287-310 頁 (うち 293-300 頁 )

前 田 達 明 監 修 高 橋 眞 ・ 玉 樹 智 文 ・ 高 橋 共 著 ・ 分 担 執 筆 成 文 堂 2010 年 8 月

智 也 編 『 資 料 債 権 総 則 』558-598 頁

中 田 裕 康 編 『 家 族 法 改 正 』 共 著 ・ 執 筆 有 斐 閣 2010 年 12 月

『 家 族 法 - 民 法 を 学 ぶ』 単 著 ・ 執 筆 有 斐 閣 2011 年 5 月

奥 田 昌 道 編 『 注 釈 民 法 (10)II』( 有 斐 共 著 ・ 分 担 執 筆 有 斐 閣 2011 年 12 月

閣 )533-552 頁 ・517-532 頁

大 村 敦 志 ・ 河 上 正 二 ・ 窪 田 充 見 ・ 水 野 編 著 ・ 分 担 執 筆 有 斐 閣 2012 年 3 月

紀 子 編 『 比 較 家 族 法 研 究 - 離 婚 ・ 親

子 ・ 親 権 を 中 心 に』

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

不 法 行 為 法 の 道 案 内

山 野 目 章 夫 編 『 民 法 132-151 頁 2010 年 4 月

学 習 ガイド』( 日 本 評

論 社 )

書 評 民 法 学 のあゆみ「 住 田 守 道 『 人 法 律 時 報 82 巻 5 号 122-125 頁 2010 年 4 月

身 損 害 賠 償 における 非 財 産 的 損 害 論

39


(1)-(3・ 完 )』 法 学 雑 誌 ( 大 阪 市 大 )54 巻

1 号 1178 頁 、 同 2 号 301 頁 、 同 3 号

1428 頁 」

カルテルと 一 般 消 費 者 の 損 害 賠 償 (1 経 済 法 判 例 ・ 審 決 百 232-233 頁 2010 年 4 月

最 判 一 小 判 昭 和 62 年 7 月 2 日 民 集 41 選

巻 5 号 785 頁 、2 最 二 小 判 平 成 元 年

12 月 8 日 民 集 43 巻 11 号 1259 頁 )

有 償 契 約 と 無 償 契 約 法 学 教 室 369 号 23-27 頁 2010 年 5 月

シンポジウム・ 家 族 法 改 正 - 討 論 私 法 72 号 17-27 頁 、47-49 2010 年 5 月


家 族 法 - 民 法 を 学 ぶ 補 講 第 1 回 法 学 教 室 357 号 64-71 頁 2010 年 5 月

家 族 法 と 租 税 法 - 財 産 分 与 と 租 税 をめ

ぐる 問 題 ( 佐 藤 英 明 と 共 同 執 筆 )

家 族 法 - 民 法 を 学 ぶ 補 講 第 2 回 法 学 教 室 358 号 57-66 頁 2010 年 6 月

家 族 法 と 租 税 法 - 遺 産 分 割 と 租 税 をめ

ぐる 問 題 ( 佐 藤 英 明 と 共 同 執 筆 )

特 集 「 交 通 事 故 における 民 事 責 任 の 諸 ジュリスト 1403 号 8-9 頁 2010 年 6 月

相 」- 特 集 にあたって

定 期 金 賠 償 の 役 割 と 課 題 ジュリスト 1403 号 54-61 頁 2010 年 6 月

認 知 の 訴 えにおける 父 子 関 係 の 証 明 松 本 恒 雄 ・ 潮 見 佳 男 65 頁 2010 年 8 月

編 『 民 法 判 例 プラク

ティス III- 親 族 ・ 相

続 』( 信 山 社 )

民 法 772 条 の 類 推 適 用 により 父 子 関 松 本 恒 雄 ・ 潮 見 佳 男 64 頁 2010 年 8 月

係 の 推 定 を 受 ける 内 縁 懐 胎 子 の 認 知 編 『 民 法 判 例 プラク

の 訴 えと 民 法 787 条 ただし 書 の 適 用 ティス III- 親 族 ・ 相

の 有 無

続 』( 信 山 社 )

巻 頭 言 - 家 族 法 の 難 しさ ケース 研 究 305 号 1-2 頁 2010 年 11 月

名 誉 ・プライバシー 侵 害 の 不 法 行 為 の 法 学 教 室 編 集 室 編 135 頁 2010 年 12 月

成 否 と 少 年 法 61 条 - 週 刊 文 春 事 件 上 告 『 判 例 セレクト

審 判 決

2001-2008』

不 法 行 為 法 と 知 的 財 産 法 の 交 錯 著 作 権 研 究 36 号 29-57 頁 2010 年 12 月

損 害 賠 償 法 の 今 日 的 課 題 - 損 害 概 念 と

損 害 額 算 定 をめぐる 問 題 を 中 心 に

司 法 研 修 所 論 集 120


書 評 西 内 康 人 「 団 体 論 における 契 約 法 律 時 報 83 巻 4 号 132-138 頁

性 の 意 義 と 限 界 -ドイツにおける 民 法

上 の 組 合 の 構 成 員 責 任 論 を 契 機 とし

て(1)-(8 完 )」

親 権 に 関 する 民 法 等 の 改 正 と 今 後 の ジュリスト 1430 号 4-11 頁

課 題

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

1-51 頁 2011 年 2 月

2011 年 3 月

2011 年 9 月

40


研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

現 代 家 族 法 の 課 題 と 将 来 的 展 望 岡 山 大 学 法 学 会 講 演 岡 山 大 学 2010 年 7 月


麻 酔 医 の 過 失 と 患 者 の 死 亡 との 因 果 神 戸 大 学 民 法 判 例 研 神 戸 大 学 2010 年 12 月

関 係 ( 最 判 平 成 21 年 3 月 27 日 判 時 究 会

2039 号 12 頁 の 判 例 研 究 )

書 評 ・ 西 内 康 人 「 団 体 論 における 契 約 民 法 学 のあゆみ キャンパスプ2011 年 1 月

性 の 意 義 と 限 界 -ドイツにおける 民 法

ラザ 京 都

上 の 組 合 の 構 成 員 責 任 論 を 契 機 とし

て(1)-(8 完 )」

債 権 法 改 正 における 民 法 と 消 費 者 法

家 族 法 改 正

国 際 シンポジウム「 民

法 と 消 費 者 法 」

神 戸 大 学 法 科 大 学 院

サマーセミナー

静 宜 大 学 ( 台

湾 )

神 戸 大 学 大 阪

サテライト

推 定 相 続 人 の 死 亡 と 遺 言 の 効 力 ( 最 判 神 戸 大 学 民 法 判 例 研 神 戸 大 学

平 成 23 年 2 月 22 日 民 集 65 巻 2 号 究 会

699 頁 の 判 例 研 究 )

集 団 的 消 費 者 被 害 と 民 事 法 的 アプロ

ーチによる 救 済

集 団 的 利 益 または 集 神 戸 大 学

合 的 利 益 の 保 護 と 救

済 のあり 方 に 関 する

解 釈 論 的 ・ 立 法 論 的 検

討 ワークショップ

2011 年 3 月

2011 年 7 月

2011 年 9 月

2011 年 11 月

フリーライド 型 不 法 行 為 と 損 害 賠 償 日 弁 連 業 務 改 革 シン 横 浜

2011 年 11 月

ポジウム

家 族 法 における 近 時 の 法 改 正 岡 山 市 講 演 会 岡 山 市 2012 年 2 月

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

この2 年 間 においては、 全 体 として、 家 族 法 関 係 に 関 する 研 究 活 動 が 中 心 となった。 家 族

法 に 関 する 研 究 業 績 としては、 一 定 の 成 果 をおさめたものとなっているのではないかと 考

えている。ただし、 本 格 的 な 論 文 ということができるものは 少 なく、その 点 では、 今 後 、

各 テーマについて、より 掘 り 下 げた 研 究 を 進 め、それを 研 究 成 果 として 発 表 していく 必 要

があるものと 認 識 している。

また、 不 法 行 為 法 については、 判 例 評 釈 等 が 中 心 で、 必 ずしもまとまった 研 究 成 果 を 発

表 することができなかった。この 点 は 反 省 すべきところである。

なお、2011 年 度 より 開 始 した「 集 団 的 利 益 または 集 合 的 利 益 の 保 護 と 救 済 のあり 方 に 関

する 解 釈 論 的 ・ 立 法 論 的 検 討 」( 科 研 A・ 研 究 代 表 者 )においては、 集 団 的 消 費 者 被 害 のほ

か、 集 団 的 名 誉 ( 地 域 等 の 名 誉 ) 等 、 従 前 の 研 究 がなお 十 分 でない 課 題 に 取 り 組 んでいる

ところである。これらの 問 題 については、できるだけ 早 い 時 点 で 研 究 成 果 をまとめ、 各 法

領 域 の 研 究 者 からの 批 判 を 仰 ぎたいと 考 えている。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

41


院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS

対 演 家 族 法 2

民 事 法 総 合 2

学 部

民 法 Ⅳ 4

1 年 次 演 習 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS 対 演 契 約 法 Ⅰ・ 不 法 行 為 法 2

学 部

3・4 年 次 演 習 ( 民 法 ) 2

1 年 次 演 習 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

この2 年 間 は、 法 科 大 学 院 、 学 部 において、 講 義 、 少 人 数 教 育 のそれぞれを 担 当 した。こ

れらについての 授 業 アンケートの 結 果 は、おおむね 良 好 であった。

なお、 授 業 の 進 度 、 黒 板 の 使 い 方 等 については、 以 前 のアンケートにおいて 希 望 があっ

たところをふまえ 改 善 し、その 点 についての 評 価 も 改 善 されたものと 認 識 している。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

学 内 における 授 業 担 当 者 の 意 見 交 換 会 等 、 各 種 のFD 活 動 に 参 加 した。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

静 宜 大 学 ( 台 湾 )において 開 催 された 国 際 シンポジウム「 民 法 と 消 費 者 法 」において、パ

ネリストとして 参 加 するとともに、 日 本 の 債 権 法 改 正 をめぐる 状 況 において、 特 に、 消 費

者 契 約 法 の 民 法 への 取 り 込 みに 関 する 議 論 の 紹 介 を 中 心 とする 講 演 を 行 った。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

研 究 会 活 動

シンポジウム 等 の 主 催 等

日 本 私 法 学 会 、 日 本 交 通 法 学 会 、 日 独 法 学 会

日 本 交 通 法 学 会 理 事 、 日 独 法 学 会 理 事 、 全 南 大 学 校 ( 韓 国 ) 法

学 論 叢 編 集 委 員

民 法 改 正 委 員 会 家 族 法 部 会 、 神 戸 大 学 民 法 判 例 研 究 会 、 不 動 産

賃 貸 借 の 現 代 的 課 題 研 究 会 等

〔 学 外 教 育 活 動 〕

弁 護 士 等 に 向 けて 行 なわれた 神 戸 大 学 法 科 大 学 院 サマーセミナー(2011 年 ) 等 において、

講 演 を 行 った。

42


〔 社 会 における 活 動 〕

法 制 審 議 会 生 殖 補 助 医 療 親 子 法 制 部 会 幹 事 、 法 制 審 議 会 児 童 虐 待 防 止 関 連 親 権 制 度 部 会

委 員 、 消 費 者 委 員 会 集 団 的 消 費 者 被 害 救 済 制 度 専 門 調 査 会 委 員 、 神 戸 市 情 報 公 開 審 査 会 委

員 (2011 年 4 月 ~9 月 、 同 会 長 )、 法 科 大 学 院 協 会 常 務 委 員 等 。

栗 栖 薫 子 ( 国 際 関 係 論 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

2010 年 ~11 年 度 は 前 任 校 から 移 動 して 半 年 から 一 年 半 であり、 様 々な 制 度 ・ 分 野 ・ 学 生

対 応 の 相 違 から 試 行 錯 誤 の 時 期 であった。また 二 つのジャーナルの 編 集 委 員 としての 極 め

て 煩 雑 な 業 務 が 重 なり、 時 間 の 制 約 に 悩 まされた。しかし、そのようななかで 着 実 に 一 定

の 研 究 成 果 をあげることができたと 評 価 している。 主 たる 研 究 テーマは、 二 つの 科 研 費 基

盤 研 究 (C)( 双 方 、 代 表 者 : 栗 栖 薫 子 )を 利 用 して 実 施 した 人 間 の 安 全 保 障 など 規 範 的 概

念 の 普 及 に 関 するものと、 規 範 的 概 念 の 生 成 に 関 するものである。また 国 連 グローバルコ

ンパクトの 研 究 も 関 連 して 行 い、なぜ 企 業 アクターが 国 際 的 な 規 範 を 受 容 するのかについ

ての 実 証 的 な 調 査 を 実 施 した。これらの 研 究 は、3つの 国 際 的 な 外 部 資 金 による 共 同 研 究

とも 連 携 しながら 推 進 することができた。 教 育 については、これまでの 手 法 の 継 続 という

よりも 新 しい 出 発 という 側 面 が 強 く、 強 いストレスを 感 じながら 対 応 と 改 善 に 努 めた。そ

の 結 果 、 大 学 院 における 授 業 はほぼ 軌 道 にのりつつあり、また 国 際 的 な 研 究 手 法 の 発 展 と

連 動 させながら 授 業 内 容 も 変 更 させるなどプラスのフィードバック・サイクルができつつ

ある。 他 方 、 学 部 の 受 講 生 の 多 い 講 義 においては、 授 業 評 価 や 学 生 からの 要 望 を 聞 きなが

ら 随 時 改 善 に 注 力 する 必 要 があると 感 じている。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

対 テロ 国 際 協 力 の 構 図

共 著 ( 広 瀬 佳 一 ・ 宮 坂

直 史 編 )

ミネルヴァ 書


2010

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

Analyzing the Motives and Impacts a paper held at University 2010 年 9 月

of Joining the United Nations

Global Compact: The Case of Early

Adopters in Japan (co-authored

with Satoshi MIURA)

submitted to

Workshop

“CSR in a

Globalizing

World”

of Michigan

Japan as an Active Agent for a

Human Security Norm: from an

Initial Recipient to a Norm

a paper

submitted to

ISA Annual

2011 Annual

Conference in

Montreal

2011 年 3 月

43


Entrepreneur

Conference

現 段 階 の 人 間 の 安 全 保 障 国 際 問 題 7/8 月 合 併 号 2011 年 7 月

Japan as an Active Agent for Global

Norms: The Political Dynamism

Behind the Acceptance and

Promotion of ‘Human Security’

(trans. by R. Kersten)

Asia Pacific

Review

18-2: 115-137 2011 年 11 月

書 評 足 立 研 幾 著 『レジーム 間 相 互 作 国 際 政 治 164 号 、2011 年 、 2011 年

用 とグローバル・ガヴァナンス―― 通

162-165 頁

常 兵 器 ガヴァナンスの 発 展 と 変 容 』

( 選 考 あり)

書 評 福 島 安 紀 子 著 『 人 間 の 安 全 保 障 国 連 研 究 近 刊 2012 年

―グローバル 化 する 多 様 な 脅 威 と 政

策 フレームワーク』

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

Japan as an Active Agent for a

Human Security Norm: from an

Initial Recipient to a Norm

Entrepreneur( 上 述 ペーパーと 同

一 )

International

Studies Association

Annual Conference

Montreal March 2010

国 際 システムにおける 権 力 移 行 と

グローバル・ガヴァナンスの 再 編 ?

共 通 論 題 「21 世 紀

アジア・ 太 平 洋 地 域

の 国 際 政 治 ―― 権 力

移 行 をどう 捉 える

か」2011 年 度 国 際 政

治 学 会

つくば 国 際

会 議 場

2011 年 11 月

‘Japan as an Active Agent for

Global Norms: The Political

Dynamism Behind the Acceptance

and Promotion of ‘Human

Security’

New Approaches to

Human Security in

Asia, Hosted by the

Australian

National

University and

Fudan University

Center for

American

Studies,

Fudan

University

September

2011

国 際 関 係 理 論 から 見 たアフリカ

上 智 大 学 創 立 100 周

年 記 念 事 業 地 球 規

模 の 課 題 解 決 に 向 け

た 21 世 紀 型 教 育 ・

研 究 国 際 連 携 プロジ

ェクト・シンポジウ

ム「 世 界 の 中 のアフ

リカ- 国 家 建 設 の 歩

みと 国 際 社 会 」

上 智 大 学

2011 年 11 月

44


* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

2010 年 ~2011 年 度 は、 主 に3つの 国 際 共 同 研 究 に 参 画 しながら 研 究 を 進 めた。

[1] 企 業 の 社 会 的 責 任 (CSR)に 関 する 筒 井 清 輝 氏 (ミシガン 大 学 、Japan Foundation)

ら 研 究 グループとの 国 際 共 同 研 究 を 進 めた。 名 古 屋 大 学 の 三 浦 聡 氏 とともに 日 本 企 業 の 国

連 グローバルコンパクトをめぐる 意 識 と 行 動 についての 聞 き 取 り 調 査 (30 社 )に 基 づく 共 同

研 究 を 行 い、2010 年 に 共 著 の 論 文 を 執 筆 し、ミシガン 大 学 において 報 告 を 行 った( 大 学 院

入 試 のため 欠 席 せざるをえず、 報 告 は 三 浦 氏 が 行 った)。さらに 本 論 文 に 加 筆 ・ 改 訂 したも

のを 2012 年 の 国 際 会 議 において 報 告 し、 選 考 を 通 過 すればオックスフォード 大 学 出 版 の 書

籍 の 一 部 として 出 版 予 定 である。 国 際 的 な 共 同 研 究 、また 三 浦 氏 との 共 同 研 究 を 通 じて、

社 会 学 、 経 営 学 の 専 門 家 たちとの 学 際 的 な 環 境 から 学 ぶところ 大 であった。

[2] アジアにおける 人 間 の 安 全 保 障 に 関 する William Tow 氏 (オーストラリア 国 立 大 学 、

Japan Foundation)ら 研 究 グル―プとの 国 際 共 同 研 究 を 進 めた。 人 間 の 安 全 保 障 への 国

別 アプローチのうち 日 本 を 担 当 し、 一 次 資 料 やインタビュー 調 査 にあたり、その 成 果 を 上

海 の 复 旦 大 学 の 国 際 会 議 において 報 告 し、また 同 論 文 は Asia Pacific Review の 査 読 を 通 過

し 掲 載 された。また 本 共 同 研 究 の 成 果 は、 近 く Ashgate 社 から 出 版 される 予 定 である。

[3] 三 つめの 国 際 共 同 研 究 は、エセックス 大 学 の KristianGleditsch 氏 と 神 戸 大 学 の 多 湖 淳 氏

率 いるもので 2011 年 に 開 始 した。 本 プロジェクトのネットワークを 利 用 して、さらに PKO

の 人 間 の 安 全 保 障 インパクトに 関 する 国 際 共 同 研 究 へとつなげることができた。 後 者 は、

大 村 啓 喬 氏 ( 滋 賀 大 学 )、 本 プロジェクトで 知 り 合 った Han Dorussen 氏 、Ismene Gizelis

氏 、ならびにクロス 京 子 氏 ( 神 戸 大 学 )によるもので、 外 部 資 金 をえることができたので 2012

年 度 から 本 格 的 に 始 動 する。

またこれら 以 外 に、2010 年 ―11 年 に 日 本 で 行 った 共 同 研 究 として、 本 研 究 科 の 簑 原 俊 洋

氏 、 多 湖 淳 氏 、 関 西 学 院 大 学 の 楠 綾 子 氏 らと 協 力 を 行 ったことを 挙 げることができる。 若

手 研 究 者 たちが 参 加 して、20 世 紀 、21 世 紀 に 発 生 した 戦 争 を 日 米 関 係 を 通 して 理 解 す

るという 趣 旨 の 著 書 を 執 筆 した(2012 年 6 月 に、 簑 原 氏 を 編 者 として 朝 日 選 書 から 出 版 さ

れた)。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 国 際 関 係 論 特 殊 講 義 2

学 部

国 際 関 係 論 Ⅰ 4

国 際 関 係 論 演 習 2

全 学

政 治 の 世 界 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 国 際 関 係 論 特 殊 講 義 2

学 部

国 際 関 係 論 Ⅰ 4

3.4 年 次 国 際 関 係 論 演 習 2

現 代 政 治 入 門 0.67

45


* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

[1] 大 学 院 科 目 「 国 際 関 係 論 特 殊 講 義 」ならびに「 国 際 変 動 論 」( 国 際 協 力 研 究 科 )において

は、 定 性 的 な 社 会 科 学 の 研 究 の 方 法 論 について 授 業 を 行 っている。 新 たに 実 践 的 なインタ

ビュー 調 査 法 や 情 報 公 開 請 求 による 資 料 の 取 得 方 法 などについての 詳 しい 説 明 も 追 加 し、

近 年 の 方 法 論 的 な 発 展 に 対 応 するようにした。 受 講 生 の 半 分 は 多 様 なバックグラウンドを

もつ 国 際 協 力 研 究 科 の 学 生 であるため 受 講 生 の 間 に 本 分 野 についての 知 識 の 差 があり、 毎

回 、アサインメントを 提 出 してもらい、 受 講 生 の 理 解 度 の 確 認 を 行 うなどの 工 夫 をしてい

る。 最 終 回 に 実 施 する 論 文 リサーチデザインの 報 告 と 批 評 によって 達 成 度 をはかっている

が、どの 受 講 生 も 授 業 開 始 時 から 大 きな 進 展 がみられるため 一 定 の 教 育 効 果 をあげている

と 実 感 している。

[2] 学 部 の 一 年 生 対 象 の4 単 位 授 業 「 国 際 関 係 論 1」は、2010 年 度 に 初 めて 担 当 したが、

その 際 の 授 業 評 価 では 教 員 は 熱 心 で 内 容 も 高 いが、 授 業 の 進 行 が 速 すぎて 理 解 ができない、

という 厳 しいものであった( 前 任 校 の 講 義 内 容 をそのまま 量 を 倍 にして 行 っていた)。その

ため、2011 年 度 は 講 義 内 容 を 大 幅 に 変 更 し、 具 体 的 には 全 体 の 量 を 2/3 にカットし、 時 間

をかけて 説 明 するようにした。またノートがとれないという 近 年 生 じているタイプの 問 題

への 対 応 として、パワーポイントやハンドアウトのバランスを 考 慮 した。しかし、それで

もまだノートがとれないというコメントが 2011 年 後 期 の 授 業 に 対 してあった。アカデミッ

クスキルを 教 えるための 授 業 ではないために 悩 ましいが、 今 後 の 課 題 として 対 応 を 模 索 中

である。2010 年 度 は 科 目 移 行 期 で、270 人 の 受 講 生 の 対 応 に 苦 慮 したが、2011 年 度 は 210

人 ほどに 落 ち 着 き、なんとか 管 理 できるようになった。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

授 業 評 価 をよく 精 査 して、 随 時 改 善 につなげた。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

EU インスティチュート 関 西 副 代 表 として、 随 時 、EU 関 係 の 国 際 セミナーでの 討 論 者 、ゲ

ストの 接 受 を 行 った(~2011 年 3 月 )。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

研 究 会 活 動

International Studies Association、 日 本 国 際 政 治 学 会 、 国 際 安

全 保 障 学 会 、 国 連 学 会 、 人 間 の 安 全 保 障 学 会

国 際 政 治 学 会 理 事 、 人 間 の 安 全 保 障 学 会 幹 事 、『 国 際 安 全 保 障 』

編 集 委 員 、『 国 際 政 治 』 編 集 副 主 任 ( 独 立 論 文 担 当 )

IR 研 究 会 の 実 施

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

金 沢 大 学 非 常 勤 講 師

東 京 大 学 大 学 院 総 合 文 化 研 究 科 非 常 勤 講 師 ( 客 員 教 授 )

46


2011 年 度

東 京 大 学 大 学 院 総 合 文 化 研 究 科 非 常 勤 講 師 ( 客 員 教 授 )

〔 社 会 における 活 動 〕

・ 国 家 戦 略 会 議 のもとに 設 置 されたフロンティア 分 科 会 委 員 、ならびに 平 和 のフロンティ

ア 部 会 ・ 部 会 長 代 理 (2011 年 2 月 ~)。 日 本 の 中 長 期 戦 略 についての 協 議 を 行 い、 報 告 書 の

執 筆 にあたった。

・ 奈 良 県 国 民 保 護 協 議 会 委 員

・ひょうご 震 災 記 念 21 世 紀 研 究 機 構 「 国 際 防 災 協 力 体 制 構 築 の 検 討 」に 関 する 研 究 会 委 員

近 藤 光 男 ( 商 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

研 究 面 では、 商 事 法 全 体 を 研 究 対 象 としてきたが、 具 体 的 な 成 果 を 上 げられたのは、 会

社 法 および 金 融 商 品 取 引 法 の 分 野 に 限 られてしまった。なかでもコーポレートガバナンス

のあり 方 、および 金 融 商 品 取 引 法 の 民 事 責 任 のあり 方 の 検 討 が 主 要 な 研 究 対 象 となった。

今 後 ともこの 分 野 の 研 究 を 発 展 させていく 考 えである。 比 較 法 的 研 究 は 以 前 から 続 けてき

たアメリカ 法 研 究 のほかに、アジア 法 の 研 究 も 可 能 な 限 り 範 囲 を 拡 大 していく 予 定 である。

教 育 面 では、 法 科 大 学 院 において、 会 社 法 の 分 野 では 法 改 正 の 動 きや 重 要 な 判 例 の 蓄 積

があったことから、 会 社 法 の 研 究 成 果 を 活 かし、かつ 学 生 に 有 用 な 講 義 をすることを 心 が

けてきたし、 今 後 もその 方 針 に 変 わりがない。 学 部 の 演 習 においては、 会 社 法 判 例 の 研 究

を 通 して 法 的 思 考 や 判 例 の 理 解 の 仕 方 を 習 得 させることに 心 がけてきた。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

基 礎 から 学 べる 会 社 法 ( 第 2 版 ) 共 著 弘 文 堂 2010 年 3 月

アジアにおける 株 主 代 表 訴 訟 制 度 の

実 情 と 株 主 保 護

共 著 商 事 法 務 2010 年 3 月

S シリーズ 商 法 II( 会 社 )( 第 8 版 ) 共 著 有 斐 閣 2010 年 4 月

金 融 商 品 取 引 法 制 の 現 代 的 課 題

共 著

日 本 証 券 経 済

研 究 所

2010 年 6 月

金 融 商 品 取 引 法 入 門 ( 第 2 版 ) 共 著 商 事 法 務 2011 年 1 月

最 新 株 式 会 社 法 ( 第 6 版 ) 単 著 中 央 経 済 社 2011 年 2 月

基 礎 から 学 べる 金 融 商 品 取 引 法

共 著 弘 文 堂 2011 年 3 月

金 融 商 品 取 引 法 コンメンタール 第 4


共 著 商 事 法 務 2011 年 10 月

逐 条 解 説 会 社 法 第 5 巻 機 関 2 共 著 中 央 経 済 社 2011 年 12 月

47


( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

ミューチュアル・ファンドの 目 論 見 書

商 事 法 務

における 不 実 記 載

1888 号 55 頁 2010 年 1 月

役 員 の 第 三 者 責 任 の 事 例 における 最

企 業 会 計

近 の 動 向 と 今 後 の 課 題

62 巻 7 号 1014 頁 2010 年 7 月

金 融 商 品 取 引 法 制 の 課 題 ―― 序 商 事 法 務 1907 号 4 頁 2010 年 8 月

アジア 監 査 制 度 セミナー: 総 括 ICD news 45 号 54 頁 2010 年 12 月

金 融 商 品 取 引 法 と 企 業 買 収 法 月 刊 監 査 役 577 号 3 頁 2010 年 12 月

法 人 の 専 務 理 事 による 事 故 招 致 別 冊 ジュリスト 202 号 40 頁 2010 年 12 月

農 業 協 同 組 合 の 組 合 員 代 表 訴 訟 にお

判 例 リマークス

ける 提 訴 請 求

42 号 74 頁 2011 年 2 月

大 阪 証 券 取 引 所

格 付 会 社 とその 規 制

金 融 商 品 取 引 法

研 究 会

第 5 号 1 頁 2011 年 2 月

最 近 の 株 主 代 表 訴 訟 をめぐる 動 向 ( 上 ) 商 事 法 務 1928 号 6 頁 2011 年 4 月

最 近 の 株 主 代 表 訴 訟 をめぐる 動 向 ( 下 ) 商 事 法 務 1929 号 39 頁 2011 年 4 月

日 本 におけるコーポレートガバナン

スにおける 現 状 と 今 後 の 課 題

ICCLC( 国 際 民

商 事 法 センタ

ー)

33 号 11 頁 2011 年 7 月

取 締 役 解 任 の 正 当 理 由

会 社 法 判 例 百 選

( 第 2 版 )

96 頁 2011 年 9 月

投 資 会 社 法 における 反 ピラミッド 行

商 事 法 務

為 規 定 違 反 と 民 事 救 済

1945 号 49 頁 2011 年 10 月

有 価 証 券 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 基 づく

商 事 法 務

損 害 賠 償 責 任 ( 上 )

1951 号 4 頁 2011 年 12 月

有 価 証 券 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 基 づく

商 事 法 務

損 害 賠 償 責 任 ( 下 )

1953 号 21 頁 2011 年 12 月

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

日 本 におけるコーポレートガバナン 第 15 回 日 中 民 商 事 法 中 国 ・ 北 京 2011 年 3 月

スにおける 現 状 と 今 後 の 課 題 (セミナ セミナー

ー 報 告 )

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

会 社 法 および 金 融 商 品 取 引 法 の 研 究 に 重 点 を 置 いた。 会 社 法 については、 学 説 ・ 判 例 の

進 展 を 整 理 し 自 説 を 展 開 するために 著 書 の 改 訂 を 行 った。また、 研 究 論 文 としては、とく

に 取 締 役 制 度 、 代 表 訴 訟 制 度 を 中 心 としたコーポレートガバナンスをめぐる 諸 問 題 につい

ての 検 討 を 行 って 執 筆 をした。 金 融 商 品 取 引 法 については、 格 付 制 度 と 開 示 書 類 の 不 実 記

載 に 基 づく 責 任 を 中 心 に 研 究 を 進 めた。 東 アジアの 企 業 法 制 度 の 研 究 も 進 めてきた。 今 期

48


においては、 監 査 制 度 を 中 心 にとりわけ 韓 国 会 社 法 について 幅 広 く 知 見 を 得 られた。また、

中 国 においてわが 国 のコーポレートガバナンスについて 研 究 報 告 を 行 い、 同 時 に 中 国 の 学

者 との 意 見 交 換 ができた。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS

対 話 型 演 習 商 法 Ⅰ 2

対 話 型 演 習 商 法 Ⅱ 2

民 事 法 総 合 0.26

学 部

商 法 応 用 演 習 2

商 法 Ⅰ 4

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 商 法 特 殊 講 義 2

LS

対 話 型 演 習 商 法 Ⅰ 2

対 話 型 演 習 商 法 Ⅱ 2

民 事 法 総 合 0.26

金 融 商 品 取 引 法 2

学 部 3・4 年 次 演 習 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

法 科 大 学 院 の 講 義 については、 学 生 の 授 業 アンケートを 検 討 した 結 果 、いくつかの 内 容

の 改 善 を 行 った。とくに 学 説 上 は 議 論 が 盛 んであるが、 学 生 に 法 曹 としての 能 力 を 身 につ

けるに 当 たっては 必 ずしも 必 要 のない 分 野 を 簡 略 化 し、また 学 生 に 理 解 の 難 しい 分 野 を 手

厚 く 時 間 をかけて 扱 うように 修 正 を 施 した。

学 部 の 教 育 では、 複 雑 な 会 社 法 の 構 造 を 基 礎 的 な 知 識 の 不 十 分 な 学 生 にいかに 理 解 させ

るかという 角 度 から 講 義 内 容 の 工 夫 を 行 った。 同 様 な 考 え 方 から 工 夫 を 行 い、3,4 年 次

演 習 では 議 論 の 活 性 化 が 実 現 された。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

研 究 会 活 動

日 本 私 法 学 会 ・ 日 米 法 学 会

金 融 商 品 取 引 法 研 究 会 ( 日 本 証 券 経 済 研 究 所 )、 金 融 商 品 取 引 法

49


シンポジウム 等 の 主 催 等

研 究 会 ( 大 阪 証 券 取 引 所 )、 神 戸 大 学 商 事 法 研 究 会

2010 年 日 本 私 法 学 会 で「 金 融 商 品 取 引 法 制 の 課 題 」の 代 表 ・ 司

会 を 務 める。

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2011 年 7 月 8 月 に 日 本 監 査 役 協 会 関 西 支 部 で 研 修 会 講 師 を 務 める。

〔 社 会 における 活 動 〕

大 阪 証 券 取 引 所 規 律 委 員 会 委 員 長 (2010 年 ・2011 年 )

法 務 省 法 務 総 合 研 究 所 アジア 太 平 洋 監 査 制 度 研 究 会 委 員 ( 座 長 )(2010 年 ・2011 年 )

齋 藤 彰 ( 国 際 取 引 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

研 究 面 においては、 国 際 取 引 に 関 連 して 主 として 三 つの 側 面 から 研 究 を 進 めてきた。 第 1

に 国 際 的 な 私 法 統 一 関 連 して、ウィーン 売 買 条 約 ・ユニドロワ 国 際 商 事 契 約 原 則 やその 他

の 国 際 的 な 私 法 的 規 律 を 調 和 させる 動 向 について 研 究 を 継 続 した。 第 2 に 国 際 取 引 に 関 連

して 生 じる 紛 争 を 効 果 的 に 扱 うための 紛 争 解 決 制 度 についての 研 究 に 多 くの 時 間 を 費 やし

て 取 り 組 んだ。 特 に 国 家 の 司 法 制 度 を 国 際 的 な 取 引 環 境 に 適 応 させるための 国 際 裁 判 管 轄

をめぐる 法 制 度 の 理 論 的 整 備 や、 国 際 商 事 仲 裁 などに 見 られる 国 家 をこえた 紛 争 解 決 枠 組

みの 進 展 において、 法 制 度 が 果 たしている 役 割 について、 実 践 に 根 ざした 健 全 な 理 論 分 析

を 進 めることを 行 ってきた。 第 3に、 国 際 的 な 取 引 の 進 展 においてビジネス 法 律 家 が 果 た

す 役 割 を 経 済 学 的 な 視 点 から 分 析 する 研 究 に 取 り 組 んできた。 特 に、 我 が 国 ではまだ 理 解

者 の 少 ない 新 制 度 派 経 済 学 の 理 論 を 用 いることによって、 法 律 家 が 取 引 に 関 与 することか

ら 生 み 出 される 付 加 価 値 について 明 らかにするための 研 究 を 進 めてきた。 特 にこの 第 3 の

点 については、 法 科 大 学 院 における 国 際 取 引 法 の 教 育 プログラムにおいてその 成 果 を 取 り

入 れることを 計 画 している。

教 育 については、 学 生 の 実 践 的 な 能 力 を 伸 ばすことを 目 的 として 取 り 組 んできた。 法 科

大 学 院 では、 国 際 取 引 における 具 体 的 な 取 引 を 念 頭 に 置 いて、 講 義 を 構 成 するように 心 懸

けてきた。また 国 際 取 引 に 関 連 した 紛 争 でますます 重 要 性 を 増 している 国 際 商 事 仲 裁 につ

いても、 理 論 と 実 務 の 両 面 から 指 導 ができるよう 現 在 準 備 を 進 めており、 既 にその 一 部 を

教 育 に 取 り 入 れている。 大 学 院 での 研 究 者 養 成 については、 個 々の 学 生 の 適 性 や 将 来 の 志

望 を 考 慮 に 入 れた 指 導 を 心 懸 けてきた。 学 部 生 に 対 しては、 法 律 知 識 を 現 実 の 国 際 ビジネ

スにおいて 活 用 できるよう、 理 論 と 実 務 とを 架 橋 するような 教 育 を 心 懸 けてきた。また、

学 部 学 生 を 中 心 としたチームによって、 香 港 で 開 催 される 国 際 模 擬 商 事 仲 裁 大 会 に 参 加 す

るプロジェクトを 2007 年 以 降 継 続 してきた。こうしたシミュレーションを 用 いた 法 律 学 の

教 育 方 法 について 一 定 のノウ・ハウを 蓄 積 することができたので、それを 法 学 教 育 の 他 の

場 面 にも 拡 張 することを 現 在 計 画 している。

以 上 のように、 研 究 ・ 教 育 の 両 面 において、 着 実 に 取 り 組 んできた 2 年 間 であった。 今 後

もその 成 果 をさらに 実 践 へと 応 用 していくことを 考 えている。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

50


〔 研 究 成 果 〕

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

ウィーン 売 買 条 約 と 日 本 : 日 本 の 法 律 国 際 商 取 引 学 会 12 号 212~229 頁 2010 年 7 月

家 が 国 際 統 一 私 法 と 正 しく 向 き 合 う 年 報

ために

国 際 的 な 私 法 統 一 条 約 をめぐる 幻 想 国 際 商 取 引 学 会 12 号 1〜44 頁 2010 年 7 月

と 現 実 :ケープタウン 条 約 航 空 機 議 定 年 報

書 とウィーン 売 買 条 約 の 起 草 過 程 を

素 材 として( 佐 藤 育 己 と 共 著 )

契 約 の 法 政 策 学 に 向 けて

法 政 策 研 究 第 12 集 21~79 頁 2011 年 3 月

International Civil Jurisdiction Japanese

Based on the Place of Performance Yearbook of

of Obligation Relating to A Contract International

Law

A Review of the Conflicts Law

Revolution in the USA: As a part of

historical sketch of the theories and

methods of private international

law

オリバー・E・ウィリアムソン「 青 年 よ、 神 戸 大 学 ・ 法 経

規 律 正 しくあれ、 学 際 的 であれ、 溌 剌 連 携 専 門 教 育 プ

とした 精 神 を 持 て: 取 引 費 用 経 済 学 が ログラム

実 現 する 学 際 的 社 会 科 学 研 究 につい

て」( 野 間 恵 莉 との 共 訳 )

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

Vol. 54 (2011),

pp.295 ~ 310.

Kobe

No.45, pp.15~50.

University Law

Review

ELS ブックレット

No.2, 1〜28 頁

2012 年

2012 年 3 月

2012 年 3 月

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

Ordering Business Transactions in

Market Societies: Or How the

Values are created by Lawyers? ( 招

待 講 演 )

Public Lecture Faculty of

Law,

University of

Indonesia

May 12, 2011

Languages and International

Commercial Arbitration ( 招 待 講 演 )

漢 陽 大 学 主 催 シンポ

ジウム:Current

Issues and Future

Challenges in

International

Commercial

Arbitration

Ordering International Business Conference on

Transactions: or how values are International

created by business lawyers( 招 待 講 Business Law for

演 )

Master 2

Commercial Law

Languages and International

Commercial Arbitration ( 招 待 講 演 )

Conference on

International

ソウル 商 工 会

議 所 ( 韓 国 )

University of

Paris 13

International

Chamber of

September

16, 2011

March 7,

2012

March 12,

2012

51


* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

Business Law for

Master 2

Commercial Law

Commerce in

Paris

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

研 究 領 域 をさらに 拡 張 しようと 試 みた2 年 間 であった。 特 に、 法 政 策 学 や 国 際 商 事 仲 裁 に

関 して、 新 たな 研 究 業 績 をあげることには 苦 労 があった。そのために、 執 筆 した 論 文 の 数

がこれまでよりもやや 少 ないように 思 われる。また、 英 文 による 論 文 が 複 数 あったため、

国 際 的 な 発 信 という 意 味 では 成 果 があったと 自 己 評 価 している。しかし、この 2 年 間 の 研

究 業 績 を 基 盤 として、 現 在 着 手 している 研 究 課 題 が 複 数 あるので、 次 の 2 年 間 には 一 定 の

数 のまとまった 業 績 をあげることができると 考 えている。

研 究 報 告 に 関 しては、 韓 国 ・インドネシア・フランスとさまざまな 法 文 化 を 背 景 に 持 った

聴 衆 にメッセージを 伝 えるために 苦 労 をしたが、 確 実 な 手 応 えをえることができた。 今 後

もこうした 機 会 があれば、 積 極 的 に 取 り 組 んで 行 きたいと 考 えている。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 国 際 民 事 法 特 殊 講 義 2

LS

国 際 取 引 法 4

R&W ゼミ 国 際 関 係 法 Ⅱ 2

ヨーロッパ 法 2+0.66

学 部

国 際 民 事 法 Ⅱ 2

国 際 私 法 演 習 4

法 経 総 合 概 論 0.27

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 国 際 民 事 法 特 殊 講 義 2

LS

国 際 取 引 法 4

R&W ゼミ 国 際 関 係 法 Ⅱ 2

ヨーロッパ 法 2+0.66

アジア 法 1

学 部

国 際 民 事 法 Ⅱ 2

国 際 私 法 演 習 4

法 経 総 合 概 論 0.27

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

大 学 院 では 各 受 講 者 の 研 究 について、 様 々な 分 野 の 受 講 生 の 異 なる 視 点 を 持 ち 寄 って 学 際

的 な 検 討 ができるように 講 義 をリードした。 学 生 によるアンケートでも 5 点 満 点 の 4 点 台

52


後 半 (23 年 度 後 期 )の 評 価 を 得 ている。 法 科 大 学 院 では、 国 際 取 引 法 については 現 実 的 な

問 題 を 中 心 とし、 受 講 生 からの 疑 問 点 の 指 摘 等 に 応 えるというインタラクティブな 方 法 を

用 いることで、 全 員 に 対 して 確 実 な 理 解 が 得 られるよう 工 夫 した。ヨーロッパ 法 について

は、ダイナミックな 変 化 を 正 確 に 捉 えることができるように 制 度 的 な 基 盤 と 各 法 分 野 で 生

じている 問 題 の 検 討 とを 組 み 合 わせることを 試 みた。アジア 法 では、シンガポール・マレ

ーシアのビジネス 法 律 家 であるジェフ・レオン 氏 の 特 徴 を 生 かすため、 法 制 度 の 枠 組 みに 加

えて、ASEAN をベースに 展 開 される 具 体 的 な 取 引 のケーススタディを 取 り 入 れて、 受 講 生

の 実 務 に 対 する 関 心 に 応 える 工 夫 を 行 った。こうした 法 科 大 学 院 の 科 目 において、 授 業 評

価 アンケートでも 良 好 な 結 果 を 得 ている。 学 部 の 国 際 民 事 法 Ⅱでは、 特 に 国 際 的 なビジネ

ス 社 会 の 中 で 法 律 的 知 識 をどのように 活 用 すべきかを 中 心 として 学 部 上 位 年 次 の 学 生 を 対

象 とした 講 義 を 行 った。 学 部 生 に 取 っては 少 し 高 度 な 問 題 を 扱 っているが、 授 業 評 価 では

4.25 点 (23 年 後 期 )という 評 価 を 得 ている。 国 際 私 法 演 習 は、 毎 年 春 に 香 港 で 開 催 される

模 擬 仲 裁 大 会 に 参 加 するために1 年 間 にわたる 準 備 を 遂 行 するプロジェクト 型 演 習 として

構 成 し、 海 外 からの 講 師 による 指 導 の 機 会 を 積 極 的 に 設 定 してきた。 様 々な 意 味 で 改 善 点

はそれぞれに 残 されているが、 全 体 として 一 応 満 足 すべき 教 育 効 果 が 得 られているものと

考 える。また、 受 講 生 による 授 業 評 価 の 点 数 も 4 点 台 後 半 の 高 い 点 数 を 維 持 している。 以

上 のように、 教 育 活 動 はほぼ 順 調 であると 評 価 するが、なお 一 層 の 向 上 を 目 指 したい。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

神 戸 大 学 キャリアセンター 副 センター 長 (2010 年 ・2011 年 )

国 際 交 流 委 員 ( 全 学 )(2010 年 ・2011 年 )

連 携 推 進 特 別 員 (2010 年 ・2011 年 )

神 戸 法 学 会 理 事 長 (2010 年 ・2011 年 )

国 際 提 携 委 員 長 (2010 年 ・2011 年 )

学 部 史 編 纂 委 員 会 委 員 (2010 年 ・2011 年 )

法 経 連 携 専 門 教 育 プログラム・ワーキンググループメンバー(2011 年 )

〔FD 活 動 への 参 加 〕

法 科 大 学 院 の 教 育 改 善 に 関 する 会 合 に 参 加 した。 同 僚 の 授 業 参 観 に 行 った。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

国 際 提 携 委 員 長 として、リオデジャネイロ 州 立 大 学 法 学 部 との 学 生 委 交 換 細 則 の 更 新 、 国

立 インドネシア 大 学 法 学 部 との 学 生 交 換 協 定 の 締 結 及 びシドニーロースクールとの 学 生 交

換 協 定 更 新 (LS 生 の 交 換 をも 可 能 にした)に 関 する 交 渉 及 び 手 続 を 行 った。

外 国 人 研 究 者 の 招 聘 ・ 受 入 は 次 の 通 りである。スコットランド・ダンディー 大 学 よりピー

ター・マッケリーヴィ 教 授 ・オード・フィオリーニ 講 師 (2010 年 5・6 月 )を 招 聘 し、 大 学

院 科 目 「ヨーロッパ 国 際 私 法 1・2」( 各 2 単 位 : 集 中 講 義 )をコーディネートした。 香 港 を

ベースに 活 躍 する 国 際 仲 裁 人 のサリー・ハーポル 氏 を 招 聘 して 学 生 対 象 の 仲 裁 弁 論 のワー

クショップを 開 催 した(2010 年 7 月 )。カリフォルニア 州 立 大 学 バークレー 校 のオリバー・

ウィリアムソン 教 授 (2009 年 度 ノーベル 賞 受 賞 者 )を 招 聘 し 六 甲 台 講 堂 にて 学 生 向 けの 講

演 会 をコーディネートした(2010 年 10 月 )。パリ 13 大 学 訪 問 団 を 六 甲 台 ( 法 学 研 究 科 ・ 経 済

学 研 究 科 )で 受 け 入 れた。パリを 中 心 として 活 躍 する 著 名 な 仲 裁 人 ロラン・ジェガー 氏 を 招

聘 して 国 際 商 事 仲 裁 の 弁 論 技 術 に 関 するワークショップを 開 催 した(2010 年 12 月 )。マレ

ーシアで 国 際 ビジネス 専 門 の 法 律 事 務 所 を 営 むジェフ・レオン 氏 を 招 聘 し、 学 生 向 けのワー

クショップを 開 催 した(2011 年 1 月 )。 中 国 ・ 汕 頭 大 学 法 学 院 長 のマイケル・パーマ− 氏 を 招

53


聘 して 大 学 院 生 向 けのセミナーを 開 催 した(2011 年 3 月 )。 香 港 で 開 催 される 模 擬 仲 裁 大 会

(Vis East 第 8 回 大 会 )に 学 生 達 とともに 参 加 した。フロリダ 大 学 のラリー・ディマッティ

オ 教 授 を 招 聘 しウィーン 売 買 条 約 に 関 するセミナーを 開 催 した。フランス・ 香 港 等 で 活 躍 す

る 国 際 仲 裁 人 のルイーズ・バリントン 氏 を 招 聘 し、 国 際 商 事 仲 裁 における 口 頭 弁 論 に 関 する

学 生 向 けのワークショップを 開 催 した(2011 年 8 月 )。マレーシアの 著 名 な 法 律 家 であるジ

ェフ・レオン 氏 を 招 聘 し、 法 科 大 学 院 生 対 象 の 正 規 科 目 「アジア 法 」( 集 中 講 義 2 単 位 )を

コーディネートした。シドニーロースクールの 訪 問 団 を 法 学 研 究 科 に 受 け 入 れた(2010 年

12 月 )。フランスで 活 躍 する 新 進 気 鋭 の 仲 裁 弁 護 士 ジェイムズ・クラクストン 氏 を 招 聘 して

国 際 商 事 仲 裁 の 弁 論 に 関 する 学 生 対 象 のワークショップを 開 催 した(2011 年 12 月 )。 台 北

大 学 訪 問 団 を 法 学 研 究 科 に 受 け 入 れた(2012 年 2 月 )。 漢 陽 大 学 校 法 学 専 門 大 学 院 教 授 で

ある 韓 忠 洙 教 授 を 神 戸 大 学 招 聘 教 授 として 六 甲 台 に 受 け 入 れた(2012 年 2 月 )。 中 国 の 仲

裁 機 関 CIETAC の 国 際 部 ディレクターであるワン・ジエ 氏 を 招 聘 し 中 国 の 仲 裁 についての

講 演 を 開 催 した(2012 年 2 月 )。 香 港 で 開 催 された 模 擬 仲 裁 大 会 (Vis East 第 9 回 大 会 )

に 学 生 とともに 参 加 した。

招 待 講 演 以 外 の 国 際 交 流 活 動 として 次 のことを 行 った。パリ 13 大 学 法 学 部 に 招 聘 教 授 と

して 滞 在 し、 大 学 院 での 講 義 を 担 当 した(2011 年 3 月 )。 学 生 交 換 についての 交 渉 のために

国 立 インドネシア 大 学 を 訪 問 した(2011 年 5 月 )。ソウルで 開 催 された Lawasia Moot に 学

生 とともに 参 加 した(2011 年 10 月 )。パリ 13 大 学 法 学 部 に 2 週 間 招 聘 教 授 として 滞 在 し、

修 士 課 程 の 講 義 を 担 当 した(2012 年 3 月 )。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

国 際 商 取 引 学 会 ; 日 本 私 法 学 会 ; 国 際 私 法 学 会 ; 比 較 法 学 会 ;

所 属 学 会

国 際 法 協 会 日 本 支 部 ;The Stair Society(スコットンランド);

SLS(The Societies of Legal Scholars, UK); LAWASIA

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員 国 際 商 取 引 学 会 会 長

研 究 会 活 動 関 西 国 際 私 法 研 究 会 会 員 ・ 神 戸 TCE 研 究 会 ( 会 長 )

「オリバー・E・ウィリアムソン 講 演 会 」(2010 年 9 月 )

「 国 際 商 事 仲 裁 における 口 頭 弁 論 ワークショップ」(2010 年 8

月 )

シンポジウム 等 の 主 催 等 模 擬 仲 裁 日 本 国 内 大 会 (2011 年 3 月 )

国 際 商 取 引 学 会 全 国 大 会 (2011 年 11 月 )

模 擬 仲 裁 日 本 国 内 大 会 (2012 年 2 月 )

国 際 商 取 引 学 会 西 部 部 会 (2012 年 3 月 )

〔 学 外 教 育 活 動 〕

関 西 大 学 非 常 勤 講 師 (2010.9.21~2011.3.31)

講 師 「 貿 易 実 務 ・ウィーン 売 買 条 約 」 研 修 ( 大 阪 弁 護 士 会 )(2010 年 11 月 8 日 )

講 師 「 海 外 進 出 ・ 渉 外 取 引 実 務 講 座 」( 京 都 比 較 法 研 究 センター 主 催 )2011 年 1 月 〜5 月

〔 社 会 における 活 動 〕

神 戸 家 庭 裁 判 所 家 事 調 停 委 員 ・ 参 与 員

54


坂 元 茂 樹 ( 国 際 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

研 究 活 動 としては、 国 際 法 の 分 野 の 中 でも、 条 約 法 、 国 際 人 権 法 及 び 海 洋 法 を 中 心 に 研

究 を 進 めている。

条 約 法 の 分 野 では、 国 際 法 委 員 会 (ILC)で 採 択 された 条 約 の 留 保 に 対 する 実 行 ガイドを

中 心 に 研 究 を 進 めた。

海 洋 法 の 分 野 では、 日 本 の 調 査 捕 鯨 に 対 する 環 境 保 護 団 体 シーシェパードの 妨 害 行 為

に 対 する 海 上 保 安 庁 による 執 行 管 轄 権 の 行 使 の 態 様 について、 論 文 をまとめた。また、ソ

マリア 沖 海 賊 に 対 する 日 本 の 対 応 について、 論 文 をまとめた。

国 際 人 権 法 の 分 野 では、 国 連 人 権 理 事 会 諮 問 委 員 会 において、 特 別 報 告 者 として、ハ

ンセン 病 者 ・ 回 復 者 に 対 する 差 別 撤 廃 のための 原 則 及 びガイドラインをまとめたが、 当 該

原 則 とガイドラインは 国 連 人 権 理 事 会 のみならず、 国 連 総 会 で 採 択 された。 困 難 な 仕 事 で

はあったが、 責 任 を 果 たし 得 たことに 満 足 している。また、 国 際 人 権 法 学 会 理 事 長 のとき

に 企 画 した、 講 座 国 際 人 権 法 の 第 3 巻 と 第 4 巻 を 刊 行 でき、 一 安 心 した。

教 育 面 では、 法 科 大 学 院 で、「 国 際 人 権 法 」のシラバス 及 び 教 材 作 りを 行 った。

今 後 とも、 条 約 法 、 海 洋 法 及 び 国 際 人 権 法 の 研 究 を 進 める 予 定 である。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

講 座 国 際 人 権 法 3 国 際 人 権 法 の 国 際 共 著 ・ 共 同 編 集 信 山 社 2011 年 3 月

的 実 施

講 座 国 際 人 権 法 4 国 際 人 権 法 の 国 内 共 著 ・ 共 同 編 集 信 山 社 2011 年 3 月

的 実 施

ベーシック 条 約 集 2012 共 訳 ・ 編 集 代 表 東 信 堂 2012 年 3 月

現 代 国 際 法 の 思 想 と 構 造

共 著 ・ 共 同 編 集 東 信 堂 2012 年 3 月

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

調 査 捕 鯨 船 への 妨 害 行 為 に 対 する 我 海 洋 権 益 の 確 保 85-100 頁 2010 年 3 月

が 国 の 管 轄 権 行 使 について に 係 る 国 際 紛 争

事 例 研 究 ( 第 2

号 )

公 海 漁 業 の 規 制 と 日 本 の 対 応 ―IUU 日 本 における 海 271-299 頁 2010 年 7 月

漁 業 をめぐって―

洋 法 の 主 要 課 題

Challenges to a Human Rights Routledge pp.49-63 2011 年

Mechanism in the Asia-Pacific

Region: The Experience of the

Universal Periodic Review of the

United Nations Human Rights

Council

55


ソマリア 沖 で 拘 束 した 海 賊 に 対 する

対 応 について

海 洋 権 益 の 確 保 第 3 号 85-99 頁

に 係 る 国 際 紛 争

事 例 研 究

2011 年 3 月

日 本 の 裁 判 所 における 国 際 人 権 規 約 講 座 国 際 人 権 法 45-75 頁 2011 年 3 月

の 解 釈 適 用 ―― 般 的 意 見 と 見 解 の 法 3 国 際 人 権 法 の

的 地 位 をめぐって

国 内 的 実 施

『 条 約 の 留 保 に 関 するガイドライン』 変 革 期 の 国 際 法 345-373 頁 2011 年 4 月

についての 一 考 察 ― 人 権 条 約 の 実 施 委 員 会

機 関 の 実 行 をめぐって―

事 情 変 更 の 原 則 と 強 制 による 条 約 の 別 冊 ジュリスト 124-125 頁 2011 年 9 月

無 効 ― 漁 業 管 轄 権 事 件 (1973) 号 『 国 際 法 判 例

百 選 ( 第 2 版 )』

普 遍 的 管 轄 権 の 陥 穽 ―ソマリア 沖 海

賊 の 処 罰 をめぐって―

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

現 代 国 際 法 の 思

想 と 構 造

第 2 巻 156-192 頁

2012 年 3 月

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

日 本 の 裁 判 所 における 国 際 人 規 約 の

解 釈 と 適 用

Importance of CSR activities

towards improving the status of

Shipping Industry focusing on

shortage of seafarers

国 際 人 権 規 約 と 刑 事


Seminar on the

Problem of the

Global Shortage of

Seafarer and the

Role of Shipping

Industry through

CSR activities

台 湾 東 海 大 学 2010 年 4 月

International

Maritime

Organization

(IMO)

2010 年 5 月

Piracy off the Coast of Somalia and 4 th Sino-Japanese 東 北 大 学 2010 年 10 月

Coping Strategy of Japan: On New Workshop on the

Anti-piracy Act in Japan

Law of the Sea

国 連 人 権 理 事 会 諮 問 委 員 会 - 最 近 の 国 際 人 権 法 学 会 明 治 大 学 2010 年 11 月

活 動 状 況 について

坂 本 龍 馬 と 万 国 公 法 - 海 洋 法 の 深 化 海 洋 政 策 学 会 東 京 海 洋 大 学 2010 年 12 月

を 求 めて

Legal Character of the Japan-China

Joint Press Statement 2008

Light and Shadow of the Peace Line

from the Japanese Perspective

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

5th

Workshop on the the

Law of the Sea

Sino-Japanese 大 連 海 事 大 学 2011 年 11 月

International

Seminar on 60 Years

after the Declaration

of the Peace Line by

the

R.O.K.

Government: Legal

Retrospect

ソウル 大 学

2011 年 11 月

56


〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

国 連 人 権 理 事 会 のシンクタンクである 諮 問 委 員 会 の 委 員 (18 名 )の 選 挙 で 再 選 された。

特 別 報 告 者 としてまとめたハンセン 病 者 ・ 回 復 者 に 対 する 差 別 撤 廃 のための 原 則 及 びガイ

ドラインが、2010 年 9 月 の 国 連 人 権 理 事 会 に 続 き、 同 年 12 月 に 国 連 総 会 で 採 択 された。

日 本 海 洋 法 研 究 会 会 長 として、 中 国 国 際 法 学 会 との 交 流 を 続 け、2010 年 10 月 に 東 北 大

学 で 第 4 回 日 中 海 洋 法 ワークショップを、2011 年 11 月 に 大 連 海 事 大 学 で 第 5 回 日 中 海 洋

法 ワークショップを 開 催 し、それぞれソマリア 沖 海 賊 問 題 と 東 シナ 海 ガス 田 問 題 につき 報

告 した。このほか、 国 際 海 事 機 関 (IMO)、 上 海 社 会 科 学 院 、ソウル 大 学 における 海 洋 法 に

関 するシンポジウムに 招 待 され、 講 演 を 行 った。また、2011 年 6 月 、 司 法 研 修 所 において、

地 方 裁 判 所 の 総 括 判 事 に 対 して 国 際 人 権 法 の 講 演 を 行 った。 尖 閣 諸 島 海 域 で 発 生 した 中 国

漁 船 船 長 逮 捕 事 件 について、 朝 日 新 聞 などで 論 評 するとともに、みずからの 専 門 領 域 であ

る 条 約 法 、 海 洋 法 、 国 際 人 権 法 について、それなりに 着 実 に 学 術 論 文 を 執 筆 しえたのでは

ないかと 考 えている。 定 年 までの 時 間 も 少 なくなってきたので、 残 された 時 間 でできるだ

けこれまでの 作 業 をまとめたいと 考 えている。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


国 際 法 特 殊 講 義 2

国 際 法 政 策 論 特 殊 講 義 2

LS 国 際 人 権 法 2

学 部

国 際 法 Ⅰ 2+0.66

国 際 法 Ⅱ 2

専 門 演 習 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


国 際 法 特 殊 講 義 2

国 際 法 政 策 論 特 殊 講 義 2

LS 国 際 人 権 法 2

学 部

国 際 法 Ⅰ 2

国 際 法 Ⅱ 2

専 門 演 習 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

授 業 評 価 アンケートで 示 された 改 善 点 、とりわけ 板 書 についてはできるだけていねいに

板 書 するよう 心 がけた。また、 授 業 における 配 布 物 についても、できるだけ 増 やすように

した。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

57


上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

法 学 研 究 科 のFD 意 見 交 換 会 、ランチョン・セミナーに 参 加 した。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

国 連 人 権 理 事 会 諮 問 委 員 会 委 員 としてジュネーヴの 欧 州 本 部 で 開 催 された、 第 4 回 (2

010 年 1 月 )、 第 5 回 (2010 年 8 月 )、 第 6 回 (2011 年 1 月 )、 第 7 回 (2011

年 8 月 )の 会 期 に 出 席 した。その 他 、 国 際 シンポジウムに 出 席 するため、 台 湾 、 英 国 、 中

国 、 韓 国 などに 出 張 した。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

研 究 会 活 動

( 財 ) 国 際 法 学 会 、 国 際 人 権 法 学 会 、 世 界 法 学 会 、アジア 国 際

法 学 会 、 国 際 法 協 会 (International Law Association)

( 財 ) 国 際 法 学 会 庶 務 主 任 ( 常 務 理 事 )、アジア 国 際 法 学 会 日 本

協 会 前 代 表 理 事 、 世 界 法 学 会 ( 理 事 )、 国 際 人 権 法 学 会 ( 監 事 )、

Japanese Yearbook of International Law 編 集 委 員

京 都 大 学 国 際 法 研 究 会 、 東 京 大 学 国 際 法 研 究 会 、 日 本 海 洋 法 研

究 会 ( 会 長 )、 国 際 立 法 研 究 会 、 世 界 人 権 問 題 研 究 センター 第 1

部 ( 部 長 ) 研 究 会

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

龍 谷 大 学 非 常 勤 講 師

関 西 学 院 大 学 非 常 勤 講 師

2011 年 度

同 志 社 大 学 非 常 勤 講 師

関 西 学 院 大 学 非 常 勤 講 師

〔 社 会 における 活 動 〕

国 連 人 権 理 事 会 諮 問 委 員 会 委 員 (2008 年 ~)、 国 家 公 務 員 Ⅰ 種 ( 法 律 職 ) 試 験 専 門 委 員 ( 国

際 法 )(2007 年 ~)、 入 国 者 収 容 所 等 視 察 委 員 会 委 員 ( 西 日 本 地 区 委 員 長 )(2010 年 ~)、 大

学 設 置 ・ 学 校 法 人 審 議 会 専 門 委 員 ( 法 学 )(2008 年 ~2010 年 )、 外 務 省 国 際 法 局 海 洋 室 海 洋

政 策 研 究 会 委 員 (2007 年 ~)、 財 団 法 人 海 上 保 安 協 会 海 洋 法 調 査 研 究 会 委 員 (2007 年 ~)、

( 公 財 ) 世 界 人 権 問 題 研 究 センター 第 1 部 ( 国 際 人 権 法 ) 部 長 (2004 年 ~)、 安 達 峰 一 郎 賞

推 薦 委 員 (2007 年 ~)、 京 都 市 人 権 文 化 推 進 委 員 会 委 員 ( 副 座 長 )(2005 年 ~)、 大 阪 市 人

権 施 策 推 進 協 議 会 委 員 ( 副 会 長 )(2008 年 ~)、 大 阪 市 人 権 相 談 事 業 委 託 業 者 選 定 委 員 会 委

員 ( 会 長 )(2009 年 ~)


志 谷 匡 史 ( 商 法 ・ 教 授 )

58


Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

会 社 法 の 研 究 については、 教 科 書 レベルの 解 釈 に 甘 んずることなく、 実 務 との 架 橋 を 意 識

した、より 高 次 な 解 釈 論 、さらに 立 法 論 を 展 開 したいと 願 っている。しかし、 現 状 ではこ

の 域 に 達 する 手 掛 かりさえ 掴 めてはいない。 金 融 商 品 取 引 法 については、 内 容 の 不 十 分 さ

は 残 るが、 現 時 点 の 研 究 成 果 を 出 版 する 目 処 が 立 った。

教 育 面 では、 法 科 大 学 院 および 大 学 院 博 士 課 程 の 学 生 に 対 する 研 究 成 果 の 還 元 はある 程

度 達 成 されていると 思 われるが、 学 部 学 生 に 対 する 還 元 を 意 識 した 取 組 みを 強 化 したいと

考 えている。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

基 礎 から 学 べる 金 融 商 品 取 引 法 、 第 2 共 著 弘 文 堂 2011 年 3 月

章 、 第 6 章 、 第 7 章 Ⅰ〜Ⅱ

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

特 別 目 的 法 人 の 経 営 破 綻 と 格 付 会 社 商 事 法 務 1902 号 55~58 頁 2010 年 6 月

の 責 任

企 業 買 収 規 制 のあり 方

商 事 法 務 1907 号 5~14 頁 2010 年 8 月

企 業 内 容 開 示 制 度 (1) 法 学 教 室 361 号 74~82 頁 2010 年 10 月

特 定 の 種 類 の 商 品 先 物 取 引 について 判 例 時 報 2084 号 188~19 頁 2010 年 10 月

差 玉 向 かいを 行 っている 商 品 取 引 員

が 委 託 者 に 対 して 負 う 説 明 義 務 およ

び 通 知 義 務

投 資 者 保 護 の 現 代 的 課 題

商 事 法 務 1912 号 4~11 頁 2010 年 10 月

商 品 取 引 所 法 上 の 受 託 業 務 保 証 金 制 商 事 法 務 1920 号 126〜130 頁 2011 年 1 月

度 等 における 払 渡 対 象 債 権 の 範 囲

シンポジウム 金 融 商 品 取 引 法 制 の 私 法 73 号 94~140 頁 2011 年 4 月

課 題

内 部 統 制 と 経 営 責 任 -ヤクルト 事 件 月 刊 監 査 役 582 号 44~53 頁 2011 年 4 月

のインパクト

2008( 平 成 20) 年 金 融 商 品 取 引 法 改 正 大 証 金 融 商 品 取 第 5 号 99~144 頁 2011 年 5 月

- 多 様 で 質 の 高 い 金 融 サービスの 提 引 法 研 究 会

供 -

商 事 法 から 見 た 会 社 ・ 証 券 犯 罪 刑 法 雑 誌 51 巻 1 号 109~128 2011 年 7 月


社 債 等 振 替 法 154 条 3 項 所 定 の 通 知 の

要 否

会 計 監 査 人 の 責 任

民 商 法 雑 誌

会 社 法 判 例 百 選

[ 第 2 版 ]

144 巻 6 号 784~801


156~157 頁

2011 年 9 月

2011 年 9 月

59


インサイダー 取 引 規 制 の 課 題 ジュリスト 1438 号 36~41 頁 2012 年 3 月

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

企 業 買 収 規 制 のあり 方

日 本 私 法 学 会 第 74 回 北 海 道 大 学 法 2010 年 10 月

大 会 シンポジウム 学 部

商 事 法 から 見 た 会 社 ・ 証 券 犯 罪

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

日 本 刑 法 学 会 2010 年

度 冬 期 例 会

キャンパスプ

ラザ 京 都

2011 年 1 月

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

論 文 数 で 見 ると、 会 社 法 関 連 が3 本 、 金 商 法 関 連 が6 本 、 両 者 にまたがるものが1 本 、そ

の 他 が 2 本 である。 金 商 法 については 体 系 書 の 執 筆 に 目 処 が 立 ったことも 併 せ 考 えると、

研 究 は 進 展 しているといえる。 会 社 法 は 停 滞 気 味 であって、その 理 由 は 実 務 を 満 足 させる

に 足 りる 研 究 成 果 を 挙 げていないことに 尽 きる。 一 層 の 注 力 を 要 する 課 題 である。この 壁

をどのようにすれば 打 破 できるか、かなり 厳 しい。

もっとも、 会 社 法 に 関 連 して、 科 学 研 究 費 補 助 金 の 支 援 の 下 、 他 分 野 の 研 究 者 と 共 同 研

究 を 2010 年 度 から 開 始 しており、まだ 具 体 的 成 果 は 挙 げていないが、 段 階 的 に 共 同 作 業 を

進 めている。これが 会 社 法 研 究 の 進 展 につながるよう 努 力 する 所 存 である。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 実 定 法 特 殊 講 義 ( 商 法 ) 2

LS

対 話 型 演 習 商 法 Ⅰ 2

金 融 商 品 取 引 法 2

対 話 型 演 習 商 法 Ⅱ 2

学 部

商 法 演 習 2

全 学 社 会 科 学 のフロンティア 0.13(2/15)

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS

対 話 型 演 習 商 法 Ⅰ 2

対 話 型 演 習 商 法 Ⅱ 2

学 部

応 用 商 法 2

商 法 Ⅱ 4

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

学 部 教 育 においては、2011 年 度 に 商 法 Ⅱ( 後 期 )および 応 用 演 習 ( 前 期 )を 開 講 した。 学 部 に

おける 多 人 数 向 けの 講 義 は 久 しぶりであり、 内 容 は 商 法 総 則 ・ 商 行 為 ・ 手 形 ・ 小 切 手 の 分

60


野 を 対 象 とした。これまで 同 僚 の 講 義 を 参 観 した 経 験 が 生 きて、レジュメを 毎 回 配 布 し、

その 中 身 も 簡 潔 で 図 解 を 利 用 したものに 工 夫 した。その 結 果 、 学 生 の 授 業 アンケートの 評

価 は 好 評 であり、 学 部 生 として 必 要 な 知 識 を 効 果 的 に 提 供 できたものと 考 えている。 授 業

参 観 ・ 授 業 アンケートは 教 育 改 善 の 重 要 な 手 段 であることを 改 めて 認 識 した。 少 人 数 科 目

である 応 用 商 法 は、 講 義 で 修 得 したはずの 知 識 がどの 程 度 身 に 付 いたかを、 対 話 型 により

確 認 しつつ、 授 業 を 進 めた。もっとも、 授 業 アンケートでは、レジュメの 内 容 充 実 やホワ

イトボードの 字 の 見 にくさなど、 全 体 としては 評 価 が 高 いものの、 不 満 も 聞 かれたところ

である。 次 年 度 で 改 善 すべき 点 がはっきりした。

博 士 課 程 の 院 生 を 対 象 とする 授 業 は、2010 年 度 の 後 期 に 開 講 した。 最 新 判 例 のレビュー

と 院 生 自 身 の 研 究 成 果 の 発 表 を 中 心 に、 大 学 院 にふさわしい 内 容 であったと 考 えている。

授 業 アンケートによってもそれは 裏 付 けられている。もっとも、 大 学 院 博 士 課 程 の 授 業 参

観 は 経 験 がなく、 同 僚 の 創 意 工 夫 を 応 用 するチャンスがない。これは 反 省 点 といえよう。

法 科 大 学 院 については、 相 変 わらず、 授 業 アンケートの 結 果 が、 前 期 が 比 較 的 良 いのに

対 して、 後 期 の 授 業 についての 学 生 諸 君 の 評 価 が 比 較 的 辛 い。アンケートに 付 された 学 生

諸 君 の 声 を 授 業 に 活 かしていく 作 業 に 甘 いところがあるようだ。 同 僚 の 授 業 を 参 観 して 得

た 知 見 をふまえた 一 層 の 努 力 を 要 するところである。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

学 部 の 授 業 参 観 、および、 法 科 大 学 院 における 検 討 会 議 ・ 授 業 参 観 に 参 加 した( 神 戸 大 学 )

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

日 本 私 法 学 会 、 日 米 法 学 会 、 金 融 法 学 会 、 信 託 法 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員 日 本 私 法 学 会 ・ 理 事 (2009 年 度 〜2010 年 度 )

神 戸 大 学 商 事 法 研 究 会 、 京 都 大 学 商 法 研 究 会 、 大 証 金 融 商 品 取

研 究 会 活 動

引 法 研 究 会 、 大 商 法 律 懇 話 会

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

神 戸 薬 科 大 学 非 常 勤 講 師

2011 年 度

神 戸 薬 科 大 学 非 常 勤 講 師

〔 社 会 における 活 動 〕

司 法 試 験 考 査 委 員 ( 商 法 ) 2008 年 度 〜

61


品 田 裕 ( 選 挙 制 度 論 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

この2 年 間 の 研 究 の 関 心 は、 主 として 政 治 家 の 活 動 ・ 政 策 を 計 測 し 記 述 すること、 最 近

のわが 国 の 有 権 者 の 動 きを 政 策 面 から 明 らかにすること、および 選 挙 管 理 の 実 態 理 解 と 選

挙 制 度 の 考 察 にあった。 政 治 家 については、 従 来 からのデータ 作 成 ・ 整 備 ・ 加 工 の 作 業 を

続 行 した 他 、 選 挙 公 約 に 加 え、 地 方 自 治 体 首 長 に 対 する 調 査 データを 作 成 分 析 した。 有 権

者 については、 二 次 データを 利 用 した 分 析 を 継 続 している。また 選 挙 啓 発 等 から 全 国 の 選

挙 管 理 委 員 会 の 業 務 の 実 態 に 関 心 をもち 調 査 を 実 施 した。 方 法 的 には、 従 来 のような 計 量

データに 加 え、インタビュー 等 の 質 的 データの 作 成 に 鋭 意 、 取 り 組 んだ。 選 挙 制 度 につい

ては 都 道 府 県 間 の 衆 議 院 の 定 数 配 分 について 実 証 的 に 考 察 した。 学 会 活 動 としては、 日 本

政 治 学 会 年 報 の 編 集 を 担 当 した(11 年 度 )ほか、 日 本 選 挙 学 会 編 集 委 員 会 に 10 年 度 は 副 委 員

長 として、11 年 度 は 委 員 長 として 参 加 した。また、10 年 度 日 本 政 治 学 会 分 科 会 B6( 討 論 者 )、

10 年 度 日 本 選 挙 学 会 共 通 論 題 ( 報 告 )、09 年 度 日 本 選 挙 学 会 分 科 会 E( 報 告 )に 参 加 した。

今 後 は、 現 在 行 っている 選 挙 公 約 に 関 連 する 分 析 を 中 心 に、 以 下 の 項 目 についても 方 法

を 十 分 留 意 しつつ、 研 究 を 進 めたい。(1) 地 方 議 員 の 政 治 活 動 、(2) 選 挙 管 理 委 員 会 の 組 織 や

活 動 、(3) 選 挙 制 度 、(4) 有 権 者 の 政 治 意 識 、 特 に 政 党 支 持 の 類 型 、(5) 選 挙 区 レベルの 政 治 の

実 態 。

他 方 、 教 育 については、 通 常 の 授 業 に 加 え、 学 部 教 育 の 改 善 を 心 がけた。 文 部 科 学 省 「 質

の 高 い 大 学 教 育 推 進 プログラム」 事 業 として 採 択 された「21 世 紀 型 市 民 としての 法 学 士 育

成 計 画 」の 実 施 及 び 成 果 のとりまとめに 取 り 組 んだ。また、 従 来 、 主 に 大 学 院 向 けに 開 講 し

ていた、 朝 日 新 聞 社 ・ 讀 賣 新 聞 社 ・ 神 戸 新 聞 社 のご 協 力 による「ジャーナリズム・プログ

ラム」を 継 続 的 に 実 施 した。 同 プログラムの 一 環 として、 朝 日 新 聞 社 のご 後 援 を 得 て、 学

生 ・ 一 般 向 けシンポジウムを 学 内 (10 年 度 は 講 堂 。11 年 度 はプレゼンテーションホール)で

開 催 した。また、 学 部 GP の 後 継 事 業 として 11 年 度 より 開 始 されたパブリックコミュニケ

ーションセンターの 立 ち 上 げ・ 活 動 に 参 加 した。 今 後 は、 学 部 、 大 学 院 における 体 系 的 ・

実 質 的 な 教 育 態 勢 の 確 立 に 努 めるとともに、 個 人 的 にも 新 しい 授 業 方 法 を 取 り 入 れるなど

の 試 みを 考 えていきたい。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

『 加 西 市 史 第 二 巻 本 編 2 近 世 Ⅱ・

近 現 代 』、 第 八 章 「 現 代 の 加 西 」 第 三

節 「 市 制 施 行 後 の 加 西 」

単 著

加 西 市 史 編 さ

ん 委 員 会

2011 年 3 月

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

2009 年 総 選 挙 における 選 挙 公 約 選 挙 研 究 26 巻 2 号 29~43 頁 2010 年 12 月

「はじめに」(『 政 権 交 代 期 の「 選 挙 区 年 報 政 治 学 3~6 頁

2011 年 12 月

政 治 」』)

2011-Ⅱ

衆 議 院 選 挙 区 の 都 道 府 県 間 の 配 分 に 政 策 科 学 19 巻 3 号 2012 年 3 月

ついて- 最 高 裁 の 違 憲 判 決 を 受 けて

代 替 案 を 考 える-

62


* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

「2009 年 総 選 挙 における 選 挙 公 約 」 日 本 選 挙 学 会 明 治 大 学 2010 年 5 月

「 地 方 政 治 における 県 議 の 活 動 と 政 党 日 本 選 挙 学 会 関 西 学 院 大 学 2011 年 5 月

組 織 」

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

この 2 年 間 、 選 挙 公 約 データなどを 引 き 続 き 充 実 させると 共 に、 地 方 首 長 サーベイデー

タを 作 成 するなど、 独 自 のデータベースを 引 き 続 き 発 展 させることができた。これらのデ

ータを 駆 使 した 分 析 を 今 後 、 展 開 していきたい。これらのデータを 介 し、 他 研 究 者 との 交

流 も 行 っている。 公 約 関 連 では、 若 手 研 究 者 との 共 同 データ 作 成 ・ 研 究 に 加 え、それを 応

用 した 政 策 投 票 ナビゲーションサイトを 運 営 している。また 試 験 的 な 公 開 は 徐 々に 行 って

いるが、 今 後 もデータの 公 開 普 及 と 利 用 促 進 をはかる 予 定 である。これらのデータ 作 成 作

業 に 軸 足 をおきながら、 新 しい 研 究 を 内 容 ・ 方 法 、 双 方 の 面 で 開 始 した。 地 方 政 治 につい

ては、この 分 野 に 関 心 を 持 つ 契 機 となった 加 西 市 史 について 市 制 施 行 以 降 の 部 分 を 執 筆 し

たほか、 地 方 議 員 の 実 態 を 解 明 するためにインタビュー 調 査 を 行 うと 共 にアンケート 調 査

を 共 同 で 作 成 実 施 し、これを 分 析 した。また、これまでほとんど 研 究 されていなかった 選

挙 管 理 委 員 会 の 業 務 を 明 らかにするため、 各 地 の 選 挙 管 理 委 員 会 を 対 象 にインタビュー 調

査 ・ 資 料 収 集 を 行 った。これらのデータを 利 用 、 分 析 した 論 文 の 執 筆 が 次 の 課 題 である。

選 挙 制 度 についても、 先 の 最 高 裁 の 違 憲 判 決 を 受 けて、 衆 議 院 議 席 の 都 道 府 県 間 の 適 正 な

配 分 について 考 察 し、 論 文 にまとめた。

また、 学 術 的 なものではないが、 各 地 の 選 挙 管 理 委 員 会 との 連 携 により、 投 票 啓 発 に 一

定 程 度 、 貢 献 できた。 今 後 は、 質 的 研 究 も 含 め、 方 法 論 上 の 関 心 を 広 くもちながら、 選 挙

公 約 ・ 選 挙 制 度 についての 研 究 を 中 心 に 学 術 的 な 発 表 をしていきたいと 考 える。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


政 治 過 程 論 特 殊 講 義 2

計 算 機 社 会 科 学 0.13

学 部

政 治 文 化 論 4

政 治 データ 分 析 2

社 会 分 析 基 礎 演 習 2

社 会 問 題 自 主 研 究 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 政 治 過 程 論 特 別 講 義 2

学 部

政 治 文 化 論 4

政 治 データ 分 析 2

63


社 会 分 析 基 礎 演 習 2

社 会 問 題 自 主 研 究 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

大 学 院 ・ 学 部 においては、 例 年 通 り、 授 業 および 指 導 を 担 当 した。 特 に「 質 の 高 い 大 学

教 育 推 進 プログラム」 事 業 については、 実 施 と 評 価 などの 成 果 とりまとめなどの 調 整 作 業

を 行 った。また、その 一 環 として、 少 人 数 授 業 「 社 会 分 析 基 礎 演 習 」(2 年 次 配 当 )を 担 当 する

にあたり、 学 生 の 分 析 力 ・プレゼンテーション 力 が 高 まるようクラス 運 営 を 工 夫 した。

授 業 評 価 アンケートについては、 結 果 は、ほぼ 想 定 の 範 囲 内 であったが、 今 後 は、 学 生

が 内 容 に 関 心 をもち、 意 義 をより 認 めるように、 努 めたい。また 授 業 の 際 の 話 す 速 さにつ

いて、 指 摘 に 基 づき 要 点 についてゆっくりと 繰 り 返 し 話 すように 心 がけた。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

年 4 回 ~5 回 、 専 門 を 共 通 にする 学 内 教 員 と 授 業 方 法 等 に 関 し、また 随 時 、「 質 の 高 い 大

学 教 育 推 進 プログラム」 関 連 (2010 年 度 )、あるいは「パブリックコミュニケーションセンタ

ー」 関 連 (2011 年 度 )の 教 員 と 授 業 の 内 容 ・ 方 法 等 について、 話 し 合 いを 行 っている。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

研 究 会 活 動

シンポジウム 等 の 主 催 等

日 本 政 治 学 会 ・ 日 本 選 挙 学 会 ・ 日 本 比 較 政 治 学 会

日 本 政 治 学 会 理 事 ・ 日 本 選 挙 学 会 査 読 委 員 長 (2010 年 5 月 ま

で)・ 日 本 選 挙 学 会 年 報 編 集 委 員 長 (2011 年 度 )・ 日 本 比 較 政 治

学 会 監 事 (2011 年 度 )

比 較 政 党 組 織 論 研 究 会 2010・2011 年 度 、 選 挙 管 理 研 究 会 2010

年 度 、ボートマッチ 研 究 グループ2010・2011 年 度 、 選 挙 ガバナ

ンス 研 究 会 2011 年 度 、 選 挙 区 政 治 研 究 会 2010・2011 年 度

ジャーナリズム・プログラム 関 連 のシンポジウムを 開 催 2010・

2011 年 度 。

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

京 都 大 学 大 学 院 非 常 勤 講 師

同 志 社 大 学 非 常 勤 講 師

京 都 女 子 大 学 非 常 勤 講 師

2011 年 度

京 都 大 学 大 学 院 非 常 勤 講 師

公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 非 常 勤 講 師

同 志 社 大 学 非 常 勤 講 師

64


京 都 女 子 大 学 非 常 勤 講 師

〔 社 会 における 活 動 〕

大 阪 市 明 るい 選 挙 推 進 協 議 会 副 会 長 、 加 西 市 史 編 纂 委 員 (2010 年 度 )。

その 他 、 兵 庫 県 、 栃 木 県 、 京 都 府 、 香 川 県 、 広 島 県 、 尼 崎 市 、 芦 屋 市 等 で 投 票 啓 発 等 のた

め 講 演 。

渋 谷 謙 次 郎 (ロシア 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

個 々の 研 究 成 果 ( 論 文 ・ 書 評 等 )については、ここ2 年 ほど、 必 ずしもそれらの 内 的 連 関

が 明 らかではないが、 研 究 分 担 者 をつとめていた 多 言 語 政 策 の 比 較 研 究 等 の 科 研 プロジェ

クトがひと 段 落 したこともあり、 今 後 、ロシア 法 思 想 の 歴 史 やロシア 国 家 法 の 諸 問 題 に 関

する 研 究 に 重 点 的 にシフトしていく 予 定 である( 現 在 はその 過 渡 期 にあたる)。

教 育 活 動 については、 学 部 および 大 学 院 の 主 たる 担 当 科 目 について、 教 材 およびレジュ

メの 充 実 に 比 重 を 置 いてきたが、 履 修 者 の 要 望 やニーズにこたえる 形 で、 今 後 、マイナー

チェンジやモデルチェンジを 図 っていく 必 要 があると 考 えている。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

テリー・マーチン『アファーマティ

ブ・アクションの 帝 国 :ソ 連 の 民 族 と

ナショナリズム 1923 年 ~1939 年 』

共 訳 明 石 書 店 2011 年 5 月

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

書 評 「ヴィクター・セベスチャン 著 『 東

週 刊 読 書 人

欧 革 命 1989』」

2830 号 2010 年 3 月

書 評 「 白 井 聡 著 『 物 質 の 蜂 起 をめざし

週 刊 読 書 人

て』

2852 号 2010 年 8 月

言 語 権 の 視 点 からみた 危 機 言 語 問 題

( 山 田 隆 夫 氏 との 共 著 )

パトリック=ハ

インリッヒ、 下

地 理 則 編 『 琉 球 42-66 頁 2011 年 3 月

諸 語 記 録 保 存 の

基 礎 』

書 評 「 藤 田 勇 『マルクス 主 義 法 理 論 の

社 会 体 制 と 法 12 号 、89-101 頁 2011 年 6 月

方 法 的 基 礎 』」

書 評 「 塩 川 伸 明 著 『 民 族 浄 化 ・ 人 道 的

ユーラシア 研 究 45 号 、68-69 頁 2011 年 11 月

介 入 ・ 新 しい 冷 戦 ― 冷 戦 後 の 国 際 政 治

65


―』」

ルカーチとパシュカーニス: 物 象 化 世

界 における 哲 学 と 法 学

ソ 連 の 言 語 政 策 :その 歩 みと 特 徴

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

早 稲 田 法 学

87 巻 2 号 、301-323


2012 年 1 月

砂 野 幸 稔 編 『 多

言 語 主 義 再 考 -

多 言 語 状 況 の 比 194-214 頁 2012 年 3 月

較 研 究 』( 三 元

社 )

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

多 言 語 政 策 の 比 較 研 究 に 関 する 科 研 プロジェクトにおける 役 割 分 担 を 通 じて、いくつかの

単 著 および 共 著 の 論 文 を、 論 文 集 の 形 で 公 表 することができた。また 共 同 翻 訳 者 として 加

わっていた、テリー・マーチンの 大 著 『アファーマティブ・アクションの 帝 国 』が 公 刊 さ

れた。これらは、 従 来 からの 研 究 テーマと 密 接 に 関 連 するものである。また 比 較 的 最 近 の

「ルカーチとパシュカーニス: 物 象 化 世 界 における 哲 学 と 法 学 」(『 早 稲 田 法 学 』)は、 恩 師

の 追 悼 論 文 として、 自 らの 浅 学 非 才 を 省 みずに 寄 港 したものだが、 同 時 にロシアの 法 思 想

の 特 徴 を 考 えるきっかけともなり、 今 後 、 日 本 では 必 ずしも 知 られていない 19 世 紀 から 20

世 紀 にかけてのロシアの 法 思 想 ・ 法 理 論 を 研 究 対 象 として 行 きたい。このテーマに 関 する

自 己 の 研 究 蓄 積 は、はなはだ 心 もとない 状 況 だが、 現 在 、 拙 稿 を 執 筆 中 である。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 ロシア 法 特 殊 講 義 2

LS

法 文 化 2

ヨーロッパ 法 0.13

学 部

ロシア 法 4

社 会 科 学 原 理 2

外 国 書 講 読 ( 英 米 法 ) 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 ロシア 法 特 殊 講 義 2

LS

法 文 化 2

ヨーロッパ 法 0.13

学 部

社 会 科 学 原 理 2

全 学

政 治 の 世 界 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

ロシア 法 特 殊 講 義 : 例 年 、 履 修 者 が 少 数 であるため、シラバスを 基 調 としつつ 履 修 者 の

66


関 心 分 野 や 要 望 をとりいれる 形 でゼミナール 形 式 をとった。

法 文 化 : 授 業 アンケートの 結 果 をふまえ、 法 科 大 学 院 における 基 礎 法 系 科 目 でありつつ

も、 履 修 者 が 関 心 を 持 てるように 教 材 の 選 択 や 年 度 ごとの 入 れ 替 えを 工 夫 した 結 果 、 学 生

の 理 解 度 が 増 したと 思 われる。

ロシア 法 ( 隔 年 開 講 ): 履 修 者 の 理 解 度 を 上 げるために、ロシア 史 に 関 する 基 礎 知 識 や 各

種 図 解 やデータ 等 を 教 材 に 取 り 込 み、ロシアの 国 家 と 法 、 社 会 の 複 合 的 な 理 解 を 重 視 した。

社 会 科 学 原 理 : 授 業 アンケート 結 果 をふまえ、 講 義 でとりあげる 複 数 のテーマの 内 的 連

関 についての 説 明 を 重 視 した。

外 国 書 購 読 ( 英 米 法 ): 留 学 生 (とりわけ 中 国 から)の 履 修 者 が 多 いことから、 日 本 社 会

と 法 に 関 する 法 文 化 的 な 英 語 教 材 を 用 い、 異 文 化 理 解 の 視 点 を 重 視 した。

全 体 的 に 学 生 のアンケート 評 価 は 悪 くはないが、かといって 特 別 よいとも 言 えないので、

今 後 、 講 義 の 進 め 方 やテーマのとりあげ 方 、 進 度 などについて、なお 工 夫 が 必 要 と 考 える。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

学 部 講 義 の 授 業 参 観 に 出 席 し、また 自 身 の 学 部 講 義 を 参 加 していただき、 有 益 な 意 見 をい

ただいた。スタッフ・ランチョンセミナーに 逐 次 参 加 した。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

科 研 プロジェクトで 招 聘 した 外 国 人 研 究 者 のセミナーに 参 加 し、 討 論 しおよび 情 報 交 換 を

した。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

比 較 法 学 会

「 社 会 体 制 と 法 」 研 究 会 運 営 委 員 ・ 編 集 委 員

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

東 北 大 学 法 学 部 非 常 勤 講 師

東 京 大 学 法 学 部 非 常 勤 講 師

近 畿 大 学 法 科 大 学 院 非 常 勤 講 師

2011 年 度

東 京 大 学 法 学 部 非 常 勤 講 師

近 畿 大 学 非 常 勤 講 師

島 並 良 ( 知 的 財 産 法 ・ 教 授 )

67


Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

研 究 上 は、 知 的 財 産 法 を 取 り 巻 く 現 代 的 なトピックの 分 析 を 通 じて、 基 礎 理 論 の 構 築 に

努 めるというこれまでの 方 針 を、この 2 年 間 も 維 持 したつもりである。そう 長 くはないで

あろう 残 る 実 質 的 研 究 者 寿 命 を、いかに 計 画 的 に 送 るかが 課 題 である。

教 育 上 は、LS、 博 士 課 程 大 学 院 、 学 部 それぞれにおいて、 引 き 続 き 満 遍 なく 授 業 を 担 当

した。 今 後 も 研 究 の 成 果 を 十 分 に 活 かし、 広 がりと 深 みのある 授 業 を 行 っていきたい。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

知 的 財 産 権 と 渉 外 民 事 訴 訟

ケースブック 知 的 財 産 法 ( 第 3 版 )

共 著 弘 文 堂 2010 年 8 月

共 著 弘 文 堂 2011 年 3 月

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

職 務 発 明 の 承 継 対 価 と 使 用 者 の 利 益

-2009 年 に 下 された 2 つの 知 財 高 裁 ジュリスト 1394 号 46 頁 2010 年 2 月

判 決 によせて

観 音 仏 頭 部 のすげ 替 えと 著 作 者 死 亡

L&T

後 の 人 格 的 利 益 - 駒 込 大 観 音 事 件

48 号 63 頁 2010 年 7 月

オープン・イノベーションと 知 的 財 産

ジュリスト

法 政 策

1405 号 92 頁 2010 年 8 月

知 的 財 産 権 侵 害 の 差 止 めに 代 わる 金

銭 的 救 済

片 山 先 生 還 暦 記

念 『 知 的 財 産 法

の 新 しい 流 れ』

( 青 林 書 院 )

669 頁 2010 年 11 月

書 籍 の「 自 炊 」

法 学 教 室 366 号 2 頁 2011 年 3 月

知 的 財 産 法 尖 閣 ビデオ 流 出 事 件 で

法 学 セミナー

学 ぶ 著 作 権 法 の 仕 組 み

676 号 53 頁 2011 年 4 月

村 林 先 生 傘 寿 記

著 作 権 制 限 の 一 般 規 定

念 『 知 的 財 産 権

侵 害 訴 訟 の 今 日

的 課 題 』

482 頁 2011 年 4 月

一 知 的 財 産 法 学 者 から 見 た 日 本 にお

ける 知 的 財 産 法 と 独 占 禁 止 法

公 正 取 引 731 号 10 頁 2011 年 9 月

普 通 名 称 の 事 後 的 な 商 品 表 示 性 獲 得

三 山 ・ 松 村 先 生

還 暦 記 念 『 最 新

知 的 財 産 判 例

集 』

468 頁 2011 年 10 月

電 子 書 籍 と 著 作 権 - 読 書 環 境 の 変 化

年 報 知 的 財 産 法

を 中 心 に

2011 年 版 236 頁 2011 年 12 月

68


* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

電 子 書 籍 と 著 作 権 ( 口 頭 報 告 ) 電 子 出 版 をめぐる 著 早 稲 田 大 学 2010 年 11 月

作 権 法 上 の 課 題

知 的 財 産 法 と 競 争 法 の 相 互 関 係 につ エコノ・リーガルスタ 神 戸 大 学 2011 年 3 月

いて( 口 頭 報 告 )

ディーズ

通 常 実 施 権 の 対 抗 制 度 ・ 総 論 ( 口 頭 報

告 )

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

日 本 工 業 所 有 権 法 学

会 シンポジウム

名 古 屋 大 学

2011 年 5 月

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

多 くは 外 部 からの 執 筆 ・ 報 告 依 頼 に 応 じて、その 範 囲 内 で 関 心 の 赴 くままに 思 考 を 巡 ら

した 2 年 間 であった。 学 内 外 での 行 政 的 職 務 が 急 激 に 増 加 した 中 での 成 果 としては 概 ね 満

足 しているが、より 内 発 的 ・ 体 系 的 な 研 究 の 比 重 を 強 めていく 必 要 性 を 痛 感 している。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


知 的 財 産 法 2

LS 著 作 権 法 4

学 部

社 会 分 析 基 礎 演 習 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 知 的 財 産 法 2

LS

特 許 法 4

著 作 権 法 4

学 部

外 国 書 講 読 ( 英 米 法 ) 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

すでに 複 数 回 担 当 経 験 のある LS の 授 業 ( 特 許 法 、 著 作 権 法 )は、 詳 細 なレジュメも 完 備

しており、また 特 に 著 作 権 法 は 自 作 ( 共 著 )の 教 科 書 もあることから、 授 業 方 法 について

は 確 立 してきた(もちろん、 法 改 正 や 裁 判 例 の 情 報 は 適 宜 補 充 している)。それでも 毎 年 、

学 生 から 受 ける 刺 激 によって、 何 かしらの「 気 づき」があるのは 面 白 い。

博 士 課 程 大 学 院 の 授 業 は、 留 学 生 を 中 心 とした 大 学 院 生 を 対 象 に、 各 履 修 者 が 自 己 の 研

究 成 果 を 報 告 し 全 員 で 討 議 するというゼミ 形 式 で 実 施 し、 母 国 の 大 学 で 知 財 法 専 門 の 教 員

として 就 職 する 者 を 輩 出 するなど、 一 定 の 成 果 を 上 げている。 今 後 は、 日 本 人 研 究 者 の 養

成 に 対 していかに 貢 献 するかが 課 題 である。

学 部 の 授 業 は、この 2 年 間 は 少 人 数 のゼミのみを 担 当 した。 社 会 分 析 基 礎 演 習 は 法 と 経

済 学 を、 外 国 書 講 読 は 著 作 権 法 の 歴 史 的 形 成 をテーマとした。 報 告 日 以 外 の 参 加 学 生 の 学

69


習 意 欲 をいかに 喚 起 ・ 維 持 するかが 課 題 である。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

授 業 相 互 参 観 へ 数 回 参 加 したほか、スタッフランチョンセミナーに 全 て 出 席 した。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

研 究 会 活 動

シンポジウム 等 の 主 催 等

日 本 工 業 所 有 権 法 学 会 、 著 作 権 法 学 会

日 本 工 業 所 有 権 法 学 会 常 務 理 事

東 京 大 学 、 早 稲 田 大 学 、 明 治 大 学 等 で 開 催 された 知 的 財 産 法 関

連 の 研 究 会 に 多 数 参 加 した。

日 本 工 業 所 有 権 法 学 会 において、2010 年 度 個 別 報 告 のコメント

と 司 会 を、2011 年 度 シンポジウム( 於 ・ 名 古 屋 大 学 )の 企 画 、

報 告 、 司 会 をそれぞれ 担 当 した。

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

香 川 大 学 法 学 部 非 常 勤 講 師 「 知 的 財 産 法 」

2011 年 度

立 命 館 大 学 大 学 院 法 務 研 究 科 集 中 講 義 講 師 「Intellectual Property Law in Japan」

( 英 語 )

〔 社 会 における 活 動 〕

総 務 省 「 利 用 者 視 点 を 踏 まえた ICT サービスに 係 る 諸 問 題 に 関 する 研 究 会 ・プロバイダ 責

任 制 限 法 検 証 WG」 構 成 員 (2010 年 10 月 ~2011 年 2 月 )

泉 水 文 雄 ( 経 済 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

研 究 においては、2009 年 には 科 学 研 究 補 助 金 の 基 盤 研 究 (A)を「 経 済 的 ・ 社 会 的 規 制 にお

ける 市 場 の 機 能 とその 補 正 をめぐる 法 律 学 的 ・ 経 済 学 的 検 討 」について、この3 年 間 、 研 究

代 表 者 として 学 際 的 研 究 を 行 い、 研 究 会 、ワークショップ、 国 際 シンポジウム 等 を 開 催 し

た。とくに2011 年 3 月 には「グローバル 経 済 における 知 的 財 産 法 と 競 争 法 の 相 互 補 完 」と 題

する 国 際 シンポジウムを 主 催 した。

共 著 の 教 科 書 『 経 済 法 (LEGAL QUEST)』ならびに 共 編 著 『 経 済 法 判 例 ・ 審 決 百 選 』を

出 版 するなどし、さらに、 平 成 21 年 の 独 占 禁 止 法 改 正 を 踏 まえて、 教 科 書 、 参 考 書 全 4 冊 を

70


改 定 した。

そのほか、 論 文 欄 掲 載 の 審 判 決 例 の 研 究 を 行 い、さらに「 重 要 判 例 解 説 」(ジュリスト

増 刊 )の 経 済 法 分 野 の 編 集 作 業 、「 経 済 法 判 例 ・ 審 決 例 の 動 き」の 執 筆 を 行 った。

このほか、いくつかの 組 織 において 入 札 監 視 委 員 等 の 仕 事 を 行 った。

教 育 においては、 法 科 大 学 院 での 教 育 のほか、 研 究 者 ・ 社 会 人 コースの 大 学 院 の 授 業 を

行 った。

この 期 間 は、 法 科 大 学 院 の 専 攻 長 であったために、その 仕 事 が 一 定 の 負 担 ではあり、そ

の 点 では 教 育 活 動 の 比 重 が 大 きかったが、 個 人 的 にもそれなりの 研 究 成 果 と 教 育 はできた

と 考 えている。2012 年 にはより 研 究 ・ 教 育 活 動 に 専 念 したい。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

ベーシック 経 済 法 ― 独 占 禁 止 法 入 門

―( 第 3 版 )

分 担 執 筆 有 斐 閣 2010 年 4 月

経 済 法 判 例 ・ 審 決 百 選

共 同 編 集 有 斐 閣 2010 年 4 月

独 占 禁 止 法 ( 第 3 版 ) 共 同 編 集 弘 文 堂 2010 年 6 月

ケースブック 独 占 禁 止 法 ( 第 2 版 ) 共 同 編 集 弘 文 堂 2010 年 6 月

経 済 法 (NJ 叢 書 )( 第 5 版 ) 分 担 執 筆 法 律 文 化 社 2010 年 6 月

経 済 法 (LEGAL QUEST) 共 著 有 斐 閣 2010 年 7 月

現 代 アメリカ 経 済 論 分 担 執 筆 ミネルバ 書 房 2012 年 4 月

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

通 信 カラオケ 事 業 者 による 競 争 者 に

対 する 取 引 妨 害 ( 第 一 興 商 事 件 )( 公

NBL

取 委 審 判 審 決 平 成 21 年 2 月 16 日 審

925 号 62 頁 2010 年 3 月

決 集 55 卷 500 頁 )

日 本 知 识 产 权 法 同 反 垄 断 法 的 关 系 ―

以 最 近 违 反 反 垄 断 法 的 案 例 为 素 材 ―

経 済 法 判 例 ・ 審 決 例 の 動 き

2010 IPR Nanhu

Forum:

International

Conference on

“Perfection o IPR

Systems and the

Implementation

of IPR Strategies

in the Context of

Economic

Globalization”

論 文 集

『 平 成 21 年 度 重 要

判 例 解 説 』(ジュリ

スト 1398 号 )

( 下 )932-940


2010 年 4 月

262-268 頁 2010 年 4 月

71


FTTH サービス 市 場 における 競 争 者

の 排 除

『 経 済 法 判 例 ・ 審

決 百 選 』( 別 冊 ジュ

リスト 199 号 )

http://www.jftc.go.

マイクロソフトによる 非 係 争 条 項 の

jp/cprc/reports/cr-

0110.pdf

効 果 - 垂 直 的 関 係 の 技 術 開 発 のイン

http://www.jftc.go.

センティブの 研 究 -

jp/cprc/reports/cr-

0110.pdf

独 禁 法 ルールの 微 妙 なバランスと 制

度 設 計 (OPINION)

ビジネスロージャ

ーナル

280-281 頁 2010 年 6 月

2010 年 9 月

33 号 1 頁 2010 年 12 月

消 費 者 と 競 争 政 策 公 正 取 引 725 号 2-8 頁 2011 年 3 月

東 日 本 電 信 電 話 の 光 ファイバ 施 設 に

関 する 私 的 独 占 事 件 最 高 裁 判 決 ― 最

公 正 取 引

判 平 成 22 年 12 月 17 日 判 時 2101 号

726 号 74-83 頁 2011 年 4 月

32 頁

経 済 法 判 例 ・ 審 決 例 の 動 き ジュリスト

1420 号 282-289


2011 年 4 月

一 経 済 法 学 者 のウェブの 利 用 方 法 公 正 取 引 728 号 96 頁 2011 年 6 月

グローバル 経 済 における 知 的 財 産 法

公 正 取 引

と 競 争 法

731 号 2-9 頁 2011 年 9 月

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

搾 取 的 行 為 の 考 え 方 ( 最 終 報 告 )( 中 競 争 政 策 研 究 センタ 公 正 取 引 委 員 2011 年 4 月

間 報 告 等 は 省 略 し 最 終 報 告 のみ 記 載 ) ー 第 101 回 ワークシ 会

ョップ

競 争 法 は 効 率 、 所 得 再 分 配 、 消 費 者 利

益 をどう 考 えるか

最 近 の 審 ・ 判 決 について

争 法 は 効 率 、 所 得 再 分 配 、 消 費 者 利 益

をどう 考 えるか

日 本 の 電 力 産 業 とエネルギー 政 策 の

将 来 ー 法 と 経 済 学 からの 視 点

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

市 場 の 機 能 とその 補

正 ― 法 経 連 携 研 究 の

課 題 と 展 望

関 西 経 済 法 研 究 会

市 場 の 機 能 とその 補

正 ― 法 経 連 携 研 究 の

課 題 と 展 望

法 と 経 済 学 会 「 日 本 の

電 力 産 業 とエネルギ

ー 政 策 の 将 来 ー 法 と

経 済 学 からの 視 点 」

神 戸 大 学 六 甲 2011 年 6 月

台 キャンパス

アカデミア 館 5

階 502 教 室

公 正 取 引 委 員 2011 年 6 月

会 近 畿 中 国 四

国 地 方 事 務 所

神 戸 大 学 六 甲 2011 年 6 月

台 キャンパス

アカデミア 館 5

階 502 教 室

京 都 大 学 法 経 2011 年 7 月

本 館 法 経 第 7

教 室

72


〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

1で 述 べたように、2009 年 に 科 学 研 究 補 助 金 の 基 盤 研 究 (A)を「 経 済 的 ・ 社 会 的 規 制 にお

ける 市 場 の 機 能 とその 補 正 をめぐる 法 律 学 的 ・ 経 済 学 的 検 討 」を 獲 得 し、 最 終 年 を 含 む2 年

間 、 研 究 代 表 者 として 学 際 的 研 究 を 行 い、 研 究 会 、ワークショップ、 国 際 シンポジウム 等

を 開 催 した。その 成 果 は、Ⅱの 論 文 欄 および 研 究 報 告 欄 に 掲 載 のとおりであり、とくに2011

年 3 月 には「グローバル 経 済 における 知 的 財 産 法 と 競 争 法 の 相 互 補 完 」と 題 する 国 際 シンポ

ジウムを 主 催 し、またその 成 果 の 一 部 は 公 正 取 引 729 号 の 特 集 「 知 的 財 産 法 と 競 争 法 」とし

て 掲 載 された。

共 著 の 教 科 書 『 経 済 法 (LEGAL QUEST)』ならびに 共 編 著 『 経 済 法 判 例 ・ 審 決 百 選 』を

出 版 した。また、『 現 代 アメリカ 経 済 論 』を 分 担 執 筆 し、 米 国 の 裁 判 ・ 法 制 度 につきマイ

クロソフト 事 件 を 中 心 に 紹 介 した。さらに、 平 成 21 年 の 独 占 禁 止 法 改 正 を 踏 まえて、 教 科

書 、 参 考 書 全 4 冊 を 改 定 した。そのほか、 非 係 争 条 項 、マージンスクイズ 等 に 関 する 判 審 決

研 究 等 を 行 った。さらに「 重 要 判 例 解 説 」(ジュリスト 増 刊 )の 経 済 法 分 野 の 編 集 作 業 を

行 い、「 経 済 法 判 例 ・ 審 決 例 の 動 き」の 執 筆 を 行 った。

さらに 研 究 成 果 をあげていきたい。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 経 済 法 特 殊 講 義 2

LS

経 済 法 Ⅰ 4

経 済 法 Ⅱ 2

R&W ゼミ 経 済 法 2

学 部

法 経 連 携 法 と 経 済 0.53

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


競 争 政 策 法 特 殊 講 義 2

実 定 法 特 殊 演 習 2

LS

経 済 法 Ⅰ 4

経 済 法 Ⅱ 2

ヨーロッパ 法 0.26

学 部

法 経 連 携 法 と 経 済 0.53

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

教 育 においては、 法 科 大 学 院 での 教 育 および 研 究 者 ・ 社 会 人 コースの 大 学 院 の 授 業 を 行

った。

法 科 大 学 院 の 経 済 法 Ⅰでは、 手 作 りのレジュメを 配 布 し、『ケースブック 独 占 禁 止 法 』

および『 独 占 禁 止 法 』を 用 いて 授 業 を 行 った。 授 業 に 臨 んでは、あらかじめレジュメと『ケ

ースブック 独 占 禁 止 法 』を 読 み、 審 判 決 等 に 関 す 手 設 問 等 を 考 えてくることを 求 めた。 授

業 アンケートではほとんどの 項 目 において 高 い 評 価 を 得 ることができた。アンケートにお

いて、 授 業 の 最 後 に 配 った 資 料 は 最 初 に 配 ったほうが 有 益 だとの 意 見 などがあり、 変 更 を

73


行 った。

法 科 大 学 院 での 教 育 のほか、 研 究 者 ・ 社 会 人 コースの 大 学 院 および 法 学 部 の 授 業 を 行 っ

た。 研 究 者 ・ 社 会 人 コースの 大 学 院 の 授 業 は 少 人 数 で 例 年 通 り 外 国 人 留 学 生 ・ 社 会 人 が 多

かった。それぞれにあったテーマを 割 り 当 て、 報 告 をさせて、 質 疑 応 答 をした。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

法 科 大 学 院 の 専 攻 長 として、 法 科 大 学 院 の 各 種 のFD 活 動 を 企 画 し、それらに 参 加 した。

その 他 、 授 業 方 法 の 改 善 に 関 する 学 内 会 合 に 参 加 した。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

研 究 会 活 動

シンポジウム 等 の 主 催 等

日 本 経 済 法 学 会

日 本 国 際 経 済 法 学 会

日 本 私 法 学 会

日 本 経 済 法 学 会 理 事 、 同 ・ 運 営 委 員 、 常 務 理 事 (2011 年 10 月 か

ら)

日 本 国 際 経 済 法 学 会 理 事 、 同 ・ 編 集 委 員

神 戸 大 学 法 政 策 研 究 会 の 雑 誌 『 法 政 策 学 の 試 み』の 監 修 者

関 西 経 済 法 研 究 会 、 関 西 EC 競 争 法 判 例 研 究 会 、 大 阪 弁 護 士 会

独 禁 法 研 究 会 などに 参 加

「グローバル 経 済 における 知 的 財 産 法 と 競 争 法 の 相 互 補 完

―The Interface between IP Law and Competition Law in the

Globalized Economy―」 神 戸 大 学 大 学 院 国 際 協 力 研 究 科 大 会 議

室 (2011 年 3 月 6 日 )

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

北 海 道 大 学 大 学 院 法 学 研 究 科 非 常 勤 講 師

〔 社 会 における 活 動 〕

公 正 取 引 委 員 会 ・ 競 争 政 策 研 究 センター 客 員 研 究 員

国 土 交 通 省 近 畿 地 方 整 備 局 入 札 監 視 委 員 会 委 員 ( 委 員 長 代 理 、 第 2 部 会 委 員 長 )

尼 崎 市 入 札 調 査 委 員 会 委 員 ( 委 員 長 )

本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 橋 株 式 会 社 入 札 監 視 委 員 会 委 員

兵 庫 県 入 札 監 視 委 員 会 委 員 (2011 年 3 月 から)

兵 庫 県 弁 護 士 会 懲 戒 委 員 会 予 備 委 員 (2011 年 )

経 済 産 業 研 究 所 「グローバル 化 ・イノベーションと 競 争 政 策 」 研 究 会 委 員

文 化 庁 委 託 研 究 「 諸 外 国 の 著 作 権 の 集 中 管 理 と 競 争 政 策 に 関 する 調 査 研 究 」 委 員 会 委 員

一 般 社 団 法 人 電 力 系 統 利 用 協 議 会 中 立 会 員

林 野 庁 近 畿 中 国 森 林 管 理 局 入 札 監 視 委 員 会 委 員 (2010 年 )

新 司 法 試 験 委 員 ( 経 済 法 )(2010 年 )

74


曽 我 謙 悟 ( 行 政 学 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

研 究 においては, 地 方 政 治 の 分 野 を 中 心 に,いくつかの 成 果 を 公 表 した. 他 方 で, 選 挙 管

理 機 関 と 政 党 の 中 央 ・ 地 方 関 係 に 関 する 研 究 プロジェクトに 関 わってきたが,いまだ 成 果

をあげていないので,これらの 公 表 が 次 期 の 課 題 となる.

研 究 と 教 育 にまたがることになろうが, 行 政 学 に 関 する 単 著 の 教 科 書 の 執 筆 を 進 めてい

る.これも 2012 年 度 中 の 公 表 となるが, 研 究 面 でも 学 問 の 体 系 的 理 解 についての 問 い 直 し

を 行 うとともに,これまでの 研 究 成 果 を 広 く 社 会 に 還 元 するものとなろう.

教 育 面 では, 大 学 院 において 多 くの 指 導 学 生 を 抱 えるようになったのが,この 二 年 間 の

大 きな 変 化 である. 大 きな 破 綻 はないものと 思 うが,より 質 の 高 い 指 導 を 行 えるよう, 指

導 方 法 について 模 索 を 進 めているところである.

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

政 策 変 容 と 制 度 設 計

共 著 ミネルヴァ 書 房 2012 年 3 月

京 都 市 政 史 第 2 巻

共 著 京 都 市 2012 年 3 月

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

都 市 と 政 治 的 イ

都 市 化 と 一 極 集 中 の 政 治 学 : 一 極 集 中 ノベーション〔 日

89-110

は 地 方 分 権 により 緩 和 されるのか 本 比 較 政 治 学 会

2010 年 6 月

年 報 第 12 号 〕

書 評 小 西 秀 樹 『 公 共 選 択 の 経 済 分 析 』 選 挙 研 究 26(1): 130-131 2010 年 6 月

書 評 平 田 彩 子 『 行 政 法 の 実 施 過 程 : 環

法 社 会 学

境 規 制 の 動 態 と 理 論 』

73: 262-267 2010 年 8 月

書 評 村 松 岐 夫 『 政 官 スクラム 型 リー

ダーシップの 崩 壊 』

季 刊 行 政 管 理 研


130: 63-67 2010 年 9 月

書 評 辻 中 豊 ・ 伊 藤 修 一 郎 編 著 『 現 代

市 民 社 会 叢 書 3 ローカル・ガバナン 公 共 政 策 研 究 10:117 2010 年 12 月

ス: 地 方 政 府 と 市 民 社 会 』

書 評 真 渕 勝 『 官 僚 』

季 刊 行 政 管 理 研

133: 60-64


2011 年 3 月

政 治 学 における 時 系 列 ・ 横 断 面

(TSCS)データ 分 析

オペレーション

ズ・リサーチ

56(4): 209-214 2011 年 4 月

都 道 府 県 議 会 における 政 党 システム: 年 報 政 治 学 122-146 2011 年 12 月

75


選 挙 制 度 と 執 政 制 度 による 説 明

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

2011-II 政 権 交

代 期 の「 選 挙 区 政

治 」

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

政 権 交 代 と 政 策 変 化 : 比 較 政 治 制 度 論 「 民 主 黨 能 改 變 『 五 五 台 湾 ・ 国 立 政 治 2010 年 9 月

の 観 点 からの 素 描 ( 報 告 ) 體 制 』 嗎 ?」 學 術 研 討 大 学


“Political Economy of Institutions Waseda University 早 稲 田 大 学 2010 年 12 月

and Expectations,” ( 討 論 ) Global COE GLOPE

II, International

Symposium

自 治 体 ガバナンスの 比 較 制 度 分 析 ( 討 日 本 行 政 学 会 金 沢 市 2011 年 5 月

論 )

官 僚 制 と 民 主 制 ( 報 告 ) 日 本 比 較 政 治 学 会 北 海 道 大 学 2011 年 6 月

地 方 政 治 研 究 の 新 潮 流 ( 討 論 ) 日 本 政 治 学 会 岡 山 大 学 2011 年 11 月

日 本 與 世 界 ( 討 論 )

いかにして 実 験 は 社 会 科 学 の『 共 通 言

語 』となりうるか( 討 論 )

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

全 国 大 学 院 日 本 研 究

センター 連 合 年 会

実 験 社 会 科 学 カンフ

ァレンス

台 湾 ・ 国 立 台 中

技 術 学 院

早 稲 田 大 学

2011 年 11 月

2011 年 12 月

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

2010 と 11 年 度 は, 書 評 を 多 く 書 いた.たまたま 依 頼 が 集 中 したに 過 ぎないが, 政 治 学 専

門 雑 誌 の『レヴァイアサン』 書 評 委 員 となったこととあわせ, 書 評 に 縁 が 深 い 2 年 間 にな

った.

学 会 雑 誌 に 三 本 の 論 文 を 掲 載 したので, 量 的 にはまずまずだが, 深 く 関 わってきた 研 究

プロジェクトである 選 挙 管 理 機 関 に 関 する 研 究 と 政 党 組 織 の 中 央 ・ 地 方 関 係 論 について,

研 究 成 果 を 公 表 に 至 らなかったのは 残 念 である. 書 籍 は, 日 本 の 中 央 行 政 に 関 するものと

都 市 政 治 史 に 関 するものであり, 雑 誌 の 三 本 が, 都 市 政 治 と 計 量 分 析 に 関 する 研 究 だった

こととあわせ, 地 方 政 治 についての 研 究 を 継 続 的 に 行 ってきた 成 果 が 出 てきている.

今 後 は, 上 述 の 成 果 の 発 表 に 加 え, 行 政 学 のテキストの 公 表 を 通 じ, 行 政 学 の 体 系 的 理

解 のあり 方 について 学 界 に 問 うとともに, 広 く 社 会 に 研 究 成 果 を 還 元 したいと 考 えている.

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 政 治 学 リサーチデザイン 2

学 部

行 政 学 4

比 較 政 治 応 用 研 究 2

現 代 政 治 入 門 0.67

76


地 域 ジャーナリズム・ワークショップ 1

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


学 部

行 政 学 特 殊 講 義 2

学 外 企 画 研 究 特 殊 講 義 1

政 治 学 方 法 論 特 殊 講 義 II 1

行 政 学 4

地 域 ジャーナリズム・ワークショップ 2

日 本 政 治 応 用 研 究 1

現 代 政 治 入 門 0.67

社 会 問 題 自 主 研 究 1

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

学 部 4 単 位 の 行 政 学 について, 講 義 内 容 の 組 み 替 えや 更 新 を 続 けてきた. 教 科 書 として

執 筆 を 続 けており,2012 年 度 中 には 刊 行 予 定 である. 教 科 書 を 出 版 し,それとの 組 み 合 わ

せを 行 うことで,さらに 教 育 効 果 を 高 めることができるものと 思 う.

大 学 院 については,2010 年 度 に 博 士 後 期 1 名 , 博 士 前 期 4 名 の 指 導 教 授 となった.2011

年 度 にはさらに 博 士 後 期 2 名 , 博 士 前 期 1 名 の 指 導 教 授 となった.また,2010 年 度 入 学 の

博 士 前 期 4 名 は,2011 年 3 月 に 無 事 , 全 員 が 修 士 号 を 取 得 した(うち 一 名 は 博 士 後 期 課 程

に 進 学 した). 少 なくとも 形 式 的 には 問 題 ないが, 指 導 する 学 生 が 多 いため, 十 分 な 指 導 が

できたのかどうか, 自 問 するところは 多 い. 集 団 的 な 指 導 の 確 立 など,この 点 については,

依 然 としていくつかの 方 策 を 模 索 しているところである.

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

海 外 出 張 :イタリア(2011 年 3 月 ), 台 湾 (2010 年 9 月 ,2011 年 11 月 )

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

日 本 行 政 学 会 , 日 本 政 治 学 会 , 日 本 比 較 政 治 学 会 , 日 本 公 共 政

策 学 会

日 本 公 共 政 策 学 会 2011 年 度 学 会 賞 選 考 委 員 地 方 行 財 政 部 門 小

委 員 長 , 日 本 行 政 学 会 年 報 編 集 委 員 (2010−11 年 度 ), 日 本 政 治

学 会 2011-II 号 年 報 編 集 委 員 ,レヴァイアサン 誌 書 評 委 員 (2011

年 4 月 〜)

〔 学 外 教 育 活 動 〕

77


2010 年 度

関 西 大 学 非 常 勤 講 師

早 稲 田 大 学 非 常 勤 講 師

2011 年 度

関 西 大 学 非 常 勤 講 師

早 稲 田 大 学 非 常 勤 講 師

高 橋 裕 ( 法 社 会 学 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

いくつかの 条 件 が 重 なるなか, 教 育 活 動 についてはともかくも, 研 究 活 動 は 思 わぬ 足 踏

みをした 2 年 間 であったけれども,その 過 程 で 得 られた 視 座 の 重 要 性 は 小 さくない。 次 期

には 或 る 種 の 使 命 感 を 持 ちながら 研 究 にいったんまとめをつける 必 要 があると 考 えている。

そしてそのような 研 究 活 動 の 成 果 を 次 期 以 降 の 教 育 に 反 映 させることの 必 要 性 もむろんで

ある。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

「 日 本 人 の 訴 訟 嫌 い」――? 問 題 設

定 の 細 密 化 を 目 指 して

利 用 者 はどのように 弁 護 士 を 評 価 し

ているのか

JCAジャーナ


利 用 者 はどのよ

うに 弁 護 士 を 評

価 しているのか

57 巻 4 号 2-6 頁 2010 年 4 月

131-143 頁 2010 年 8 月

『 利 用 者 が 求 め

る 民 事 訴 訟 の 実

利 用 者 はどのような 動 機 で 訴 訟 を 行 践 ―― 民 事

うのか

訴 訟 はどのよう

に 評 価 されてい

るか――』

6-22 頁 2010 年 8 月

『トラブル 経 験

家 族 からみたトラブル――トラブル と 相 談 行 動

の 社 会 学 的 把 握 の 視 角 をめぐって― [ 現 代 日 本 の 紛 29-46 頁 2010 年 10 月


争 処 理 と 民 事 司

法 2]』

明 治 中 期 の 法 律 雑 誌 と 大 阪 攻 法 会 ―

法 と 政 治 [ 関 西 62 巻 1 号 Ⅱ784-746

― 梅 謙 次 郎 「 日 本 民 法 和 解 論 」に 導 か

学 院 大 学 ]


れて――

2011 年 4 月

ADRとトラブル・ 紛 争 法 律 時 報 2011 年 6 月 号 11-17 2011 年 6 月

78


* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり


( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

イギリスの 司 法 統 計 について/イギ 日 本 法 社 会 学 会 同 志 社 大 学 2010 年 5 月

リスにおける 司 法 統 計 の 成 立 --そ

の 条 件 と 帰 結 --( 一 般 報 告 )

ミニ・シンポジウム「アジア 諸 国 の 民 日 本 法 社 会 学 会 東 京 大 学 2011 年 5 月

事 紛 争 解 決 と 法 整 備 支 ―― 映 し 出 さ

れた 日 本 像 ――」へのコメント(パネ

ラー)

ELS( 法 経 連 携 研 究 )の 課 題 と 展 望 (パ

ネラー)

エコノ・リーガル・スタディーズの 方

法 論 的 課 題 (パネラー)

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

ELS シンポジウム「 市 神 戸 大 学

場 の 機 能 とその 補 正 -

法 経 連 携 研 究 の 課 題 と

展 望 」

ELS シンポジウム「エ 神 戸 大 学

コノ・リーガル・スタ

ディーズの 可 能 性 」

2011 年 6 月

2012 年 2 月

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

今 期 こそADR 研 究 の 総 括 を 果 たすことを 目 標 としていたのだが, 残 念 ながら 果 たせな

かった。これは,これまでの 諸 検 討 結 果 を 的 確 に 整 理 しうる 枠 組 みになお 到 達 し 得 なかっ

たことによる 部 分 が 大 きいけれども, 同 時 に, 自 分 自 身 の 法 社 会 学 研 究 のあり 方 自 体 を 大

きく 見 直 す 必 要 性 を 感 じ 始 めたことにも 起 因 する。ややもすれば「ガラパゴス 化 」とでも

評 しうるような 研 究 動 向 を 示 している 日 本 の 法 社 会 学 の 状 況 を 建 設 的 に 打 開 しうるとすれ

ばそれはどのような 方 法 ・ 視 角 のもとにおいてか,という 問 題 意 識 がそこにはある。 根 本

的 な 問 題 に 逢 着 しつつあることの 自 覚 があるが, 回 避 することなく 引 き 続 き 検 討 していく

ことが 次 期 の 重 要 な 課 題 となろう。なお, 今 期 にもまた, 歴 史 社 会 学 的 観 点 からの 研 究 成

果 を 得 られた。 機 会 に 恵 まれれば 次 期 もその 方 向 性 での 検 討 をも 続 けていきたいと 考 えて

いる。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


法 社 会 学 特 殊 講 義 2

LS ADR 論 2

学 部

3・4 年 次 演 習 4

外 国 書 講 読 2

法 経 総 合 概 論 Ⅰ 0.27

全 学

社 会 科 学 のフロンティア 0.13

79


2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


LS

学 部

法 社 会 学 特 殊 講 義

R&W 法 社 会 学 2

ADR 論

法 社 会 学 入 門

応 用 法 社 会 学

3・4 年 次 演 習 4

法 経 総 合 概 論 Ⅰ 0.27

社 会 問 題 自 主 研 究 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

今 期 から 大 学 院 における 法 社 会 学 特 殊 講 義 を 担 当 することとなり, 法 社 会 学 (およびそ

れを 含 む 基 礎 法 学 )の 研 究 者 養 成 にとって 効 果 的 な 教 育 のあり 方 とはどのようなものであ

るかについて 考 える 機 会 が 多 くなった。テクストの 選 択 ・ 授 業 の 進 め 方 のいずれについて

も 試 行 錯 誤 のさなかであるが, 次 期 にもいっそうの 改 善 を 期 したいと 考 えている。 法 科 大

学 院 における 教 育 ,とりわけADR 論 の 授 業 の 実 施 にあたっては, 授 業 評 価 アンケートで

の 受 講 生 からの 希 望 も 踏 まえつつ, 実 践 的 な 側 面 の 比 重 をいっそう 高 めつつある。そのこ

との 教 育 的 意 義 は 小 さくないけれども, 理 論 研 究 とのバランスは 改 めて 検 討 しなければな

らないだろうとも 考 えている。

また,2010 年 度 から 法 学 部 と 経 済 学 部 との 共 同 プロジェクトである 法 経 連 携 専 門 教 育 プ

ログラムが 本 学 において 始 動 したことに 伴 い, 関 連 授 業 の 企 画 および 分 担 を 今 期 より 行 な

うこととなった。 全 国 的 に 見 ても 類 例 のないプロジェクトであるだけに 一 から 作 り 上 げる

必 要 性 が 高 い 事 項 が 山 積 という 状 況 であったが,そのための 試 行 と 努 力 とが 法 社 会 学 の 教

育 および 研 究 へポジティヴに 反 映 されるという 面 も 少 なくないことは 望 外 の 幸 いであった。

2

2

2

2

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

教 員 相 互 の 授 業 参 観 活 動 に 参 加 し,いくつかの 授 業 を 参 観 するとともに, 複 数 回 のスタッ

フランチョンセミナーに 出 席 した。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

・2010 年 9 月 刑 事 陪 審 員 に 対 するインタビュー 調 査 の 予 備 準 備 (ベルギー)

・2011 年 2 月 司 法 活 動 の 経 済 的 測 定 に 関 する 調 査 ( 英 国 )

・2011 年 3 月 刑 事 陪 審 員 に 対 するインタビュー 調 査 の 実 施 打 ち 合 わせ(ベルギー)

・2011 年 8 月 司 法 活 動 の 経 済 的 測 定 に 関 する 調 査 ( 英 国 )

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会 日 本 法 社 会 学 会 , 民 主 主 義 科 学 者 協 会 法 律 部 会 , 日 米 法 学 会 ,

80


環 境 社 会 学 会 , 仲 裁 ADR 法 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

日 本 法 社 会 学 会 編 集 委 員 (2011 年 5 月 まで), 日 本 法 社 会 学 会

理 事 (2011 年 5 月 より), 仲 裁 ADR 法 学 会 理 事 (2010 年 7 月

まで)

瀧 澤 栄 治 (ローマ 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

ローマ 私 法 全 般 についてあらためて 研 究 し 直 し、それをそのまま 教 育 において 反 映 させる

と 言 うことが、 今 の 課 題 である。その 準 備 はある 程 度 整 ったということができる。 数 年 後

には 教 科 書 、 教 材 を 出 版 することができる 見 込 みが 立 つまでに 至 った。しかし、 専 門 的 な

学 術 論 文 を 公 表 することができていないのは 残 念 である。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

ローマ 私 法 全 般 についての 教 科 書 を 翻 訳 という 形 で 出 版 するための 準 備 を 進 めている。そ

のために、 関 係 文 献 資 料 を 収 集 し、 原 文 の 翻 訳 を 行 っている。また、 教 科 書 と 同 時 に、ロ

ーマ 私 法 上 の 重 要 な 法 源 史 料 を 抜 粋 して、 補 助 教 材 を 作 成 し、 出 版 することを 計 画 してお

り、 史 料 の 翻 訳 および 解 説 の 作 成 も 行 っている。

ローマ 法 についての 知 識 をより 分 かりやすく、より 容 易 に 我 が 国 でも 得 られるようにす

ることが、 現 在 の 私 の 研 究 課 題 であり、この 課 題 のための 準 備 についてはかなり 達 成 でき

たが、その 反 面 、 専 門 的 な 論 文 を 書 くことができていない 点 については、 反 省 すべきこと

かも 知 れない。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


西 洋 法 史 特 殊 講 義 2

LS 法 思 想 2

学 部

西 洋 法 史 4

西 洋 法 史 演 習 前 期 2

西 洋 法 史 演 習 後 期 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS

ヨーロッパ 法 0.26

法 思 想 2

81


学 部

一 年 次 演 習 2

西 洋 法 史 演 習 前 期 2

西 洋 法 史 演 習 後 期 2

西 洋 法 史 ( 後 期 ) 4

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

ローマ 法 を 分 かりやすく 学 んでもらうよう 努 めている。 残 念 ながら 我 が 国 では 日 本 語 で 書

かれた 文 献 がやはり 十 分 ではないので、いくつかの 授 業 において 補 助 教 材 の 作 成 を 行 った。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

法 制 史 学 会 、 九 州 法 学 会

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

九 州 大 学 大 学 院

2011 年 度

東 北 大 学 大 学 院 法 学 研 究 科

岡 山 商 科 大 学

手 嶋 豊 ( 民 法 、 医 事 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

今 期 も、 研 究 分 野 の 社 会 的 進 展 に 伴 って 以 前 に 刊 行 した 著 書 を 増 補 改 版 することにより、

各 種 課 題 に 対 する 対 応 を 示 すことにより、タイムリーな 形 での 法 分 野 の 研 究 進 展 に 寄 与 す

ることができた 部 分 がある。また、 本 邦 では 十 分 議 論 がなされていない 各 種 論 点 、 及 びこ

れまでの 研 究 からの 継 続 的 課 題 について、 外 国 法 を 参 照 した 業 績 を 一 定 数 公 にすることに

より、 今 後 の 法 制 度 設 計 に 対 する 情 報 を 提 供 すること 等 も 継 続 した。さらに、 問 題 演 習 を

定 期 的 に 公 表 する 機 会 を 得 られ、これは 教 育 面 へのフィードバックとしても 有 益 であった。

今 後 も、これまでの 研 究 での 課 題 を 継 続 する 一 方 、 研 究 分 野 が 他 方 面 へ 関 わっているこ

ととの 関 連 で、 法 的 分 析 にとどまらない 多 様 な 知 見 をも 参 照 しつつ、 成 果 を 出 してゆきた

いと 考 える。 教 育 活 動 の 面 でも、 学 生 のニーズをより 適 切 に 汲 み 上 げる 工 夫 を 継 続 する。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

82


〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

レクチャー 生 命 倫 理 と 法 共 著 法 律 文 化 社 2010 年 2 月

専 門 訴 訟 講 座 4 医 療 訴 訟

医 療 訴 訟

慰 謝 料 算 定 の 理 論

共 著

共 著

民 事 法 研 究 会 2010 年 2 月

民 事 法 研 究 会 2010 年 2 月

共 著 ぎょうせい 2010 年 4 月

確 認 医 事 法 用 語 250 共 著 成 文 堂 2010 年 11 月

医 事 法 入 門 ( 第 三 版 )

単 著 有 斐 閣 2011 年 5 月

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

アメリカにおける「 診 療 契 約 論 」につ

いて

乳 児 の 気 管 切 開 部 位 に 装 着 した 医 療

器 具 による 換 気 不 全 と 製 造 物 責 任 等

神 戸 法 学 雑 誌

消 費 者 法 判 例 百


59 巻 4 号 346~324


182~183 頁

2010 年 3 月

2010 年 6 月

医 療 過 誤 と 交 通 事 故 の 競 合 ジュリスト 1403 号 38~45 頁 2010 年 7 月

インフォームド・コンセント 法 理 の 歴 インフォーム医 事 法 講 座 第 2 巻 2010 年 12 月

史 と 意 義

ド・コンセント

と 医 事 法

医 療 における 共 同 意 思 決 定 について 神 戸 法 学 雑 誌 60 巻 3・4 号 454~ 2011 年 3 月

436 頁

演 習 民 法

法 学 教 室

367 号 132~133 頁

368 号 154~155 頁

369 号 178~179 頁

370 号 132~133 頁

371 号 154~155 頁

372 号 154~155 頁

373 号 160~161 頁

374 号 160~161 頁

375 号 172~173 頁

376 号 148~149 頁

377 号 144~145 頁

378 号 148~149 頁

2011 年 4 月

2011 年 5 月

2011 年 6 月

2011 年 7 月

2011 年 8 月

2011 年 9 月

2011 年 10 月

2011 年 11 月

2011 年 12 月

2012 年 1 月

2012 年 2 月

2012 年 3 月

入 院 患 者 に 対 して 抑 制 具 を 使 用 する 平 成 22 年 度 重 100~101 頁 2011 年 4 月

などした 行 為 と 診 療 契 約 上 の 義 務 違 要 判 例 解 説


元 従 業 員 の 競 業 行 為 により 会 社 が 被 速 報 判 例 解 説 8 巻 107~110 頁 2011 年 4 月

ったとする 損 害 賠 償 請 求 が 認 められ

なかった 事 例

医 療 事 故 被 害 者 救 済 制 度 の 可 能 性 変 動 する 日 本 社 747~767 頁 2011 年 11 月

会 と 法

83


医 療 事 故 無 過 失 補 償 制 度 の 創 設 へ ジュリスト 1435 号 2~6 頁 2011 年 12 月

の 課 題

診 療 ガイドラインと 民 事 責 任 医 療 事 故 と 医 事 医 事 法 講 座 第 3 巻 2012 年 2 月


適 切 な 医 療 行 為 を 受 ける 期 待 権 の 侵 私 法 判 例 リマー 44 号 38~41 頁 2012 年 2 月

害 のみを 理 由 とする 不 法 行 為 訴 訟 の クス

可 否

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

医 療 と 法 との 関 わりの 領 域 を 研 究 する 層 が 従 来 に 比 べて 増 加 していることから、 議 論 が

多 様 化 している 中 で、なお 論 じられていない 問 題 は 少 なくなく、こうした 点 にも 焦 点 を 当

てて 研 究 を 継 続 してゆく。

平 成 23 年 度 に 基 盤 研 究 (C)「がんの 治 療 をめぐる 医 事 法 上 の 諸 問 題 の 研 究 」が 最 終 年 度

であったことから、それについての 調 査 研 究 を 進 め、その 結 果 として 自 己 決 定 の 重 要 性 と

それを 制 度 的 に 担 保 するための 方 策 を 充 実 させることが 改 めて 確 認 されるなど、 本 研 究 を

通 じて、 今 後 の 他 方 面 への 展 開 にも 有 益 な 視 座 を 得 ることができた。 他 方 、 基 盤 研 究 (A)

「 少 子 高 齢 化 時 代 におけるニーズ 対 応 型 ・ 市 民 参 加 型 福 祉 システムに 関 する 国 際 比 較 研 究 」

の 研 究 代 表 者 として、 多 領 域 ・ 他 国 の 研 究 者 との 交 流 ・ 意 見 交 換 を 行 う 機 会 を 数 年 度 にわ

たって 得 ることができ、これによって 研 究 領 域 を 今 後 より 広 げていくことができるものと

考 えている。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 実 定 法 特 殊 講 義 ( 民 法 ) 2

LS

対 話 型 演 習 不 法 行 為 ・ 契 約 法 Ⅰ 4

対 話 型 演 習 民 事 法 総 合 2

学 部

民 法 演 習 2

実 定 法 入 門 0.66

応 用 民 法 2

全 学

神 戸 大 学 研 究 最 前 線 0.13

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS 対 話 型 演 習 民 事 法 総 合 4

学 部

1 年 次 演 習 2

民 法 Ⅲ 4

応 用 民 法 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

84


専 門 職 大 学 院 、 学 部 における 授 業 について、それぞれに 求 められている 講 義 形 態 に 最 適

の 形 がどのようなものであるか、 模 索 を 続 けているが、 受 講 生 の 質 的 な 変 化 も 見 受 けられ、

固 定 した 状 況 のものはないと 感 じている。 学 部 教 育 ではパワーポイントを 用 いた 講 義 を 実

施 し、アンケート 結 果 をみても 概 ね 評 価 されていると 思 われる。しかし 学 生 の 要 請 には 相

反 するものがあることが 例 年 見 受 けられ、 最 大 公 約 数 的 な 方 法 を 選 択 せざるを 得 ない 現 状

である。 今 後 、 教 科 書 ・ 講 義 教 材 ・ 講 義 内 容 のより 有 機 的 な 関 連 付 けをより 意 識 的 に 考 慮

することで、こうした 相 互 矛 盾 する 要 請 に 可 能 な 限 り 対 応 できる 講 義 に 更 に 工 夫 してゆき

たい。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

法 科 大 学 院 における 授 業 方 法 改 善 のための 会 合 を 主 宰 し、 参 加 した。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

アメリカ 出 張 (カリフォルニア 大 学 バークレー 校 ・ヘイスティング 校 ) 2011 年 9 月

ニュージーランド 出 張 (オークランド 大 学 )

2012 年 2 月

カナダ 出 張 (ブリティッシュコロンビア 大 学 )

2012 年 3 月

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

日 本 私 法 学 会 、 日 本 医 事 法 学 会 、 日 本 生 命 倫 理 学 会 、 日 本 法 社

会 学 会

日 本 医 事 法 学 会 理 事 ・ 編 集 幹 事 、 日 本 生 命 倫 理 学 会 評 議 員

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

山 口 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 非 常 勤 講 師

大 阪 市 立 大 学 非 常 勤 講 師

2011 年 度

神 戸 学 院 大 学 非 常 勤 講 師

山 口 大 学 大 学 院 医 学 系 研 究 科 非 常 勤 講 師

〔 社 会 における 活 動 〕

京 都 大 学 合 同 医 の 倫 理 委 員 会 委 員 、 大 阪 市 立 大 学 医 学 研 究 科 倫 理 委 員 会 委 員 、 兵 庫 県 精 神

医 療 審 査 会 委 員 、 神 戸 市 企 画 調 整 局 指 定 管 理 者 候 補 者 選 定 委 員 会 委 員 、 医 療 基 盤 研 究 所 外

部 委 員 、 名 古 屋 大 学 臨 床 研 究 検 証 委 員 会 委 員 、 西 神 戸 医 療 センター 倫 理 委 員 会 委 員

中 川 丈 久 ( 行 政 法 ・ 教 授 )

85


Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

研 究 面 では, 従 来 から 取 り 組 んでいる 行 政 法 基 礎 理 論 として,「 議 会 と 行 政 」(『 行 政 法 の

新 構 想 』 所 収 )をあしかけ4 年 をかけて 仕 上 げることができた。 法 治 主 義 の 意 味 と 機 能 を,

行 政 国 家 の 成 立 から 現 状 までのほぼ 200 年 の 歩 みのなかに 位 置 づけたものである。10 年 以

上 前 に, 助 教 授 の 時 に 執 筆 した「 行 政 活 動 の 憲 法 上 の 位 置 づけ」( 神 戸 法 学 年 報 所 収 )とほ

ぼ 同 じテーマを, 現 時 点 でさらに 深 めたものである。

行 政 訴 訟 については, 法 科 大 学 院 での 授 業 経 験 を 踏 まえて, 実 務 系 教 材 である『 公 法 系

訴 訟 実 務 の 基 礎 』の 第 2 版 の 完 成 に,かなりの 時 間 をかけた。この 後 , 雑 誌 ( 法 学 教 室 )

の 共 同 連 載 や, 古 稀 記 念 論 集 において, 行 政 訴 訟 の 個 別 のテーマについて,かなり 速 いペ

ースで 論 稿 を 発 表 することができた。

平 成 22 年 度 から, 消 費 者 法 を 新 たな 研 究 テーマとしている。これは, 消 費 者 庁 設 置 直 前

の 国 民 生 活 審 議 会 への 参 加 に 始 まり, 消 費 者 庁 設 置 後 は, 消 費 者 委 員 会 の 安 全 専 門 調 査 会 ,

消 費 者 庁 の 種 々の 検 討 会 ( 消 費 者 被 害 回 復 , 事 故 調 査 , 食 品 表 示 , 行 政 手 法 )に 関 わりを

もったことを 機 縁 としたものである。 消 費 者 庁 の 設 置 は, 公 法 としての 消 費 者 法 の 立 法 を

加 速 させている。

教 育 面 では, 法 科 大 学 院 創 設 以 来 ,2L と3L のすべての 授 業 ( 対 演 行 政 法 ⅠとⅡ,およ

び 公 法 系 訴 訟 実 務 基 礎 )を1クラス 担 当 することを 続 けている。 学 部 では, 基 本 的 に 演 習

だけを 担 当 している。なお, 平 成 22 年 度 (2010 年 度 )においては, 法 科 大 学 院 協 会 及 び

文 科 省 において,コアカリキュラム( 行 政 法 )の 作 成 に 従 事 した。

今 後 の 課 題 は,『 公 法 系 訴 訟 実 務 の 基 礎 』に 続 き, 法 科 大 学 院 における 教 育 と 研 究 の 結 合

の 仕 方 を 示 すことができるような 教 科 書 を 執 筆 することである。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

セレクト 六 法 平 成 23 年 度 版 その 他 岩 波 書 店 2010 年 10 月

公 法 系 訴 訟 実 務 の 基 礎 ( 第 2 版 ) 共 著 弘 文 堂 2011 年 10 月

セレクト 六 法 平 成 24 年 度 版 その 他 岩 波 書 店 2011 年 10 月

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

自 己 申 告 票 提 出 義 務 不 存 在 確 認 訴 訟 法 学 教 室 354 号 別 冊 付 録 判 2010 年 3 月

例 セレクト 2009

(Ⅱ)11 頁

実 質 的 証 拠 法 則

経 済 法 判 例 ・ 審 別 冊 ジュリスト 199 2010 年 4 月

決 百 選 語 230~231 頁

法 科 大 学 院 教 育 と 行 政 法 ( 行 政 法 教 育

の 変 化 と 司 法 試 験 )

Law School 研


15 号 43~48 頁 2010 年 4 月

消 費 者 被 害 の 回 復 - 行 政 法 の 役 割 現 代 消 費 者 法 8 号 34~42 頁 2010 年 9 月

消 費 者 行 政 - 消 費 者 庁 の 設 置 と 今 後 ジュリスト 1414 号 51~59 頁 2011 年 1 月

の 法 制 展 開

公 法 訴 訟 ・ 連 載 開 始 にあたって( 座 談 法 学 教 室 368 号 77 頁 2011 年 5 月

会 )

86


授 業 方 法 - 双 方 向 型 から 講 義 型 への ロースクール 研 17 号 83~89 頁 2011 年 5 月

回 帰 ?

行 政 実 体 法 のしくみと 訴 訟 方 法


法 学 教 室 370 号 60~72 頁 2011 年 7 月

集 団 的 消 費 者 被 害 救 済 制 度 と 行 政 法 消 費 者 法 3 号 24~32 頁 2011 年 9 月

もんじゅ 行 政 訴 訟 差 戻 し 後 控 訴 審 判


環 境 判 例 百 選

( 第 2 版 )

210~211 頁

2011 月 9 月

消 費 者 法 と 行 政 法 法 学 セミナー 681 号 14~17 号 2011 年 10 月

議 会 と 行 政

行 政 法 の 新 思 想 115~166 頁 2011 年 11 月


国 ・ 地 方 公 共 団 体 が 提 起 する 訴 訟 法 学 教 室 375 号 92~109 頁 2011 年 12 月

確 定 処 分 の 違 法 と 国 家 賠 償 租 税 判 例 百 選 222~223 頁 2011 年 12 月

( 第 5 版 )

『 職 権 取 消 しと 撤 回 』の 再 考 水 野 武 夫 先 生 古 366~395 頁 2011 年 12 月

稀 記 念 論 文 集

『 行 政 と 国 民 の

権 利 』

処 分 性 を 巡 る 最 高 裁 判 所 の 最 近 の 展 新 ・ 裁 判 実 務 体 139~145 頁 2012 年 3 月

開 について

系 25 行 政 争

訟 ( 改 訂 版 )

行 政 法 の 体 系 における 行 政 行 為 ・ 行 政

処 分 の 位 置 付 け

Participatory Administrative Law:

Is It Emerging in Japan?

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

安 部 泰 隆 先 生 古

稀 記 念 論 集 『 行

政 法 学 の 未 来 に

向 けて』

Journal

Japan-Netherl

ands Institute

Vol.X

of 203-219. 2010

2012 年 3 月

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

行 政 裁 量 の 審 査

日 弁 連 司 法 シンポジ 日 本 弁 護 士 会 2010 年 9 月

ウム


11 日

集 団 的 消 費 者 被 害 救 済 制 度 と 行 政 法 日 本 消 費 者 法 学 会 明 治 大 学 2010 年 11 月

7 日

日 本 における 消 費 者 行 政

北 海 道 GCOE シンポ

ジウム

北 海 道 大 学

2011 年 7 月

17 日

行 政 法 の 観 点 からのコメント 国 際 人 権 法 学 会 北 海 道 大 学 2011 年 11 月

5 日

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

自 分 にとって 理 論 面 できわめて 重 要 な「 議 会 と 行 政 」を 上 梓 し, 他 方 , 行 政 訴 訟 におけ

る 実 務 と 理 論 を 結 合 した 授 業 形 態 を 反 映 する 教 材 である『 公 法 系 訴 訟 実 務 の 基 礎 』の 改 訂

87


版 ( 第 2 版 )を 完 成 させたことが, 大 きな 節 目 となった。 平 成 22 年 度 (2010 年 度 )

までは,このふたつにかなりの 時 間 を 取 られた。

他 方 , 平 成 23 年 度 (2011 年 度 )から, 論 稿 の 量 産 体 制 に 入 っている。ほぼ 毎 月 一 本 の

割 合 で 執 筆 することができている。

以 上 ,この2 年 は 研 究 活 動 の 成 果 発 表 という 点 で, 満 足 のいく 時 期 であったと 自 己 評 価

している。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 実 定 法 特 殊 講 義 ( 行 政 法 ) 2

LS

対 話 型 演 習 行 政 法 Ⅰ 2

対 話 型 演 習 行 政 法 Ⅱ 2

学 部

公 法 系 訴 訟 実 務 基 礎 1.73(13 回 /15 回 )

実 定 法 入 門 0.66(5 回 /15 回 )

行 政 法 演 習 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 実 定 法 特 殊 講 義 ( 行 政 法 ) 2

LS

対 話 型 演 習 行 政 法 Ⅰ 2

対 話 型 演 習 行 政 法 Ⅱ 2

公 法 系 訴 訟 実 務 基 礎 2

学 部

行 政 法 演 習 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

法 科 大 学 院 については,その 設 置 以 来 ,2L と3L のすべての 授 業 (1 組 分 のみ)を 担 当

するという 体 制 を 維 持 している。 独 自 教 材 を 用 いているが,かなり 整 理 されてきたところ

である。

学 部 では, 基 本 的 に 演 習 だけを 担 当 している。 受 講 生 が 法 科 大 学 院 進 学 希 望 者 と 公 務 希

望 者 とに 分 かれるので, 事 例 問 題 および 条 例 制 定 演 習 をおこなっている。

実 体 法 特 殊 講 義 は, 研 究 者 志 望 の 行 政 法 専 攻 者 を 相 手 に, 英 文 を 読 んでいる。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

法 科 大 学 院 および 法 学 部 授 業 のアンケート 結 果 の 検 討 ,および 授 業 参 観 をした。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

88


北 海 道 大 学 GCOE 主 催 の 国 際 シンポジウムに 参 加 して 講 演 した。また, 国 際 港 湾 協 会

(IAPH)の 法 律 委 員 会 委 員 として,2010 年 度 にはアメリカ 合 衆 国 ジョージア 州 サバンナ

会 合 ,2011 年 度 には 韓 国 釜 山 会 合 に 主 席 した。

2010 年 8 月 にはイギリスにて 在 外 研 究 , 同 年 11 月 には 消 費 者 庁 の 依 頼 でアメリカのニ

ューヨーク 州 等 における 消 費 者 被 害 の 行 政 的 回 復 制 度 の 調 査 を 行 い,12 月 には 韓 国 におけ

る 類 似 制 度 の 調 査 を 行 った。2011 年 8 月 にはイギリスにて 在 外 研 究 , 同 年 9 月 には 日 本 弁

護 士 連 合 会 のメンバーとともに,アメリカにて ALJ 制 度 等 の 調 査 を 行 った。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

日 本 公 法 学 会 , 日 米 法 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員 編 集 委 員 ( 日 米 法 学 会 )

研 究 会 活 動

行 政 法 判 例 研 究 会 , 関 西 行 政 法 研 究 会 , 関 西 アメリカ 公 法 学 会 ,

行 政 法 研 究 フォーラム

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

神 戸 松 蔭 女 子 学 院 大 学 非 常 勤 講 師

2011 年 度

神 戸 松 蔭 女 子 学 院 大 学 非 常 勤 講 師

〔 社 会 における 活 動 〕

国 際 港 湾 協 会 (IAPH)・ 法 律 委 員 会 ・ 委 員

人 事 院 ・ 国 家 一 種 ( 総 合 職 ) 試 験 考 査 委 員 (2010 年 度 、2011 年 度 )

消 費 者 委 員 会 ・ 消 費 者 安 全 専 門 調 査 会 ( 座 長 代 理 )

消 費 者 庁 ・ 集 団 的 消 費 者 被 害 救 済 制 度 検 討 会 ( 委 員 ), 事 故 調 査 機 関 検 討 会 ( 委 員 ), 食 品

表 示 一 元 化 検 討 会 ( 座 長 代 理 ), 消 費 者 財 産 被 害 に 係 る 行 政 手 法 検 討 会 ( 委 員 )

財 務 省 ・ 関 税 等 不 服 審 査 会 ( 委 員 )

経 産 省 ・ 輸 出 入 取 引 審 議 会 ( 委 員 )

大 学 評 価 ・ 学 位 授 与 機 構 ・ 法 科 大 学 院 認 証 評 価 ・ 運 営 連 絡 会 議 ( 委 員 )

神 戸 市 ・ 開 発 審 査 会 ( 委 員 )、 個 人 情 報 保 護 審 議 会 ( 委 員 )

兵 庫 県 ・ 情 報 公 開 ・ 個 人 情 報 保 護 審 議 会 ( 副 会 長 )

大 阪 府 ・ 個 人 情 報 保 護 審 議 会 ( 会 長 代 理 )

中 西 正 ( 民 事 手 続 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

平 成 22 年 度 、23 年 度 は、これまでの 倒 産 実 体 法 の 研 究 を 完 成 させつつある 段 階 に 達 した

と 思 われる。あと 数 本 の 論 文 で、これまでの 研 究 は 一 応 の 完 成 を 見 るので、 論 文 集 、 体 系

書 の 執 筆 に 移 りたい。

教 育 は、 教 材 の 充 実 の 点 で 進 歩 したと 考 える。 今 後 も、 改 善 を 続 けて 行 かねばならないと

89


思 う。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

倒 産 法 概 説 [ 第 2 版 ] 共 著 弘 文 堂 2010 年 4 月

民 事 訴 訟 法 判 例 百 選 [ 第 4 版 ] 共 著 有 斐 閣 2010 年 10 月

新 注 釈 民 事 再 生 法 ・ 上 [ 第 2 版 ] 共 著 金 融 財 政 事 情 2010 年 12 月

研 究 会

ロースクール 民 事 訴 訟 法 [ 第 3 版 補 訂 共 著 有 斐 閣 2011 年 3 月

2 版 ]

民 事 再 生 法 判 例 の 分 析 と 展 開 共 著 経 済 法 令 研 究 2011 年 3 月


実 務 解 説 ・ 一 問 一 答 ・ 民 事 再 生 法 共 著 青 林 書 院 2011 年 5 月

民 事 執 行 ・ 保 全 判 例 百 選 [ 第 2 版 ] 共 著 有 斐 閣 2012 年 3 月

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

プレ DIP ファイナンスに 基 づく 債 権 銀 行 法 務 21 718 号 44 頁 2010 年 7 月

の 共 益 債 権 化

財 団 債 権 性 ・ 優 先 的 倒 産 債 権 性 の 承 継 銀 行 法 務 21 727 号 38 頁 2011 年 2 月

可 能 性

倒 産 法 と 将 来 債 権 譲 渡 の 効 力 銀 行 法 務 21 731 号 46 頁 2011 年 6 月

濫 用 的 会 社 分 割 と 否 認 権 ・ 債 権 者 取 消 銀 行 法 務 21 736 号 46 頁 2011 年 11 月


* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

研 究 の 中 心 は、これまでどおり、 倒 産 実 体 法 である。 倒 産 法 上 の 相 殺 、 相 殺 禁 止 につき、

最 高 裁 、 高 裁 レベルで 一 定 の 影 響 を 与 えた 論 文 を 執 筆 できた。

これから 執 筆 を 予 定 している3 本 の 論 文 の 執 筆 を 終 えると、 倒 産 実 体 法 の 研 究 は 一 応 終 了

するという 段 階 に 達 することができた。これからも、 集 中 力 を 維 持 しつつ、 研 究 に 励 みた

い。

ロースクール 民 事 訴 訟 法 [ 第 3 版 補 訂 2 版 ]は、Unit9 を 全 面 的 に 書 き 直 した。 極 めて 具

体 的 な 事 例 で、 弁 論 主 義 ・ 自 白 の 理 論 的 問 題 を 問 うもので、 新 たな 一 面 を 開 拓 できたと 自

負 している。

なお、2012 年 4 月 にこれまでの 研 究 を 集 成 した 論 文 が2 本 発 表 されたこと、2012 年 4

月 、7 月 に、これまでの 研 究 成 果 に 基 づく 出 版 があったこと 等 から、 今 回 の 研 究 成 果 は、こ

の 2 年 間 の 研 究 成 果 を 必 ずしも 正 確 に 反 映 できていない。そのため、 今 回 は 研 究 成 果 が 乏

しいように 見 えるが、 例 年 どおりの 実 績 を 挙 げることができたと 考 えている。

このほか、 第 10 回 全 国 倒 産 処 理 弁 護 士 ネットワーク 沖 縄 大 会 のシンポジウム(2011 年

11 月 )において 基 調 となる 論 文 を 執 筆 し、シンポジウムの 指 導 に 当 たった。 論 文 自 体 は 2012

年 4 月 に 出 版 されている。

90


Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


実 定 法 特 殊 講 義 ( 民 事 手 続 法 ) 2

LS 倒 産 法 4

学 部

教 養 原 論 2

続 ・ 民 事 訴 訟 法 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 実 定 法 特 殊 講 義 ( 民 事 手 続 法 ) 2

LS

学 部

倒 産 法 4

エクスターンシップ 2

民 事 執 行 ・ 保 全 法 2

続 ・ 民 事 訴 訟 法 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

教 材 の 収 集 が 進 んだこともあり、 理 論 を 具 体 的 に 説 明 する 技 術 が 進 歩 し、 学 生 諸 君 の 評 価

も 幾 分 と 改 善 されたと 思 う。

しかし、 今 後 とも、 理 論 水 準 の 高 さと、 分 かりやすさの 両 立 に 努 めたいと 思 う。

まだまだ 改 善 が 要 求 されていると 思 われる。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

研 究 会 活 動

日 本 民 事 訴 訟 法 学 界

事 業 再 生 実 務 家 協 会 理 事

事 業 再 生 実 務 家 協 会 、 倒 産 実 務 交 流 会

〔 学 外 教 育 活 動 〕

倒 産 実 務 交 流 会 を 通 して、 中 堅 の 弁 護 士 に 論 文 執 筆 を 指 導 している。

91


中 野 俊 一 郎 ( 国 際 私 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

研 究 期 間 の 前 半 は、 早 稲 田 大 学 GCOE プログラムによる 国 際 知 的 財 産 法 原 則 日 韓 共 同 提

案 の 取 りまとめの 一 部 を 担 当 し、 労 力 を 費 やしたが、その 過 程 で 得 るものも 多 かったよう

に 思 う。2011 年 度 は、 従 来 から 継 続 してきた 国 際 仲 裁 と 国 家 法 秩 序 の 関 係 に 関 する 研 究 に

一 定 の 進 展 をみたほか、 当 事 者 自 治 原 則 の 正 当 化 根 拠 についてあらためて 検 討 する 機 会 を

与 えられたことは 幸 いであった。 次 年 度 は、 東 アジア 国 際 民 事 手 続 法 共 通 原 則 のあり 方 に

関 する 科 学 研 究 費 の 最 終 年 度 にあたるため、その 取 りまとめのためのシンポジウムを 韓 国

で 開 催 し、 一 定 の 成 果 を 示 すことに 力 をそそぎたい。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

演 習 ノート 国 際 関 係 法 [ 私 法 系 ] 共 著 法 学 書 院 2010 年 10 月

判 例 講 義 民 事 訴 訟 法

共 著 悠 々 社 2010 年 10 月

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

中 野 俊 一 郎 = 阮 柏 挺 ( 共 著 )「 新 ・ 国 JCA ジャーナル 57 巻 1 号 64~65 頁 2010 年 1 月

際 商 事 仲 裁 関 係 判 例 紹 介

知 的 財 産 事 件 の 国 際 裁 判 管 轄 - 特 許 台 湾 司 法 院 ホー http://www.judicial. 2010 年 4 月

侵 害 事 件 を 中 心 として-

ムページ gov.tw/IProperty/

国 際 商 事 仲 裁 関 係 判 例 紹 介 35 JCA ジャーナル 57 巻 5 号 66~67 頁 2010 年 5 月

公 海 上 での 外 国 籍 船 舶 間 の 衝 突 事 故

に 基 づき、 船 舶 の 最 初 の 到 達 地 で 提 起

された 外 国 法 人 間 の 損 害 賠 償 請 求 訴

訟 とわが 国 の 国 際 裁 判 管 轄 」( 仙 台 地

判 平 成 21 年 3 月 19 日 判 時 2052 号

72 頁 )

私 法 判 例 リマー

クス

41 号 2010[ 下 ]134~

137 頁

2010 年 7 月

仲 裁 判 断 を 確 認 する 外 国 判 決 の 執 行 JCA ジャーナル 57 巻 8 号 2~8 頁 2010 年 8 月

中 国 人 夫 婦 間 での 離 婚 ・ 養 育 権 争 いと 戸 籍 時 報 659 号 74~84 頁 2010 年 9 月

国 際 訴 訟 競 合 」( 東 京 高 判 平 成 17 年 9

月 14 日 LEX/DB28131221)

国 際 商 事 仲 裁 関 係 判 例 紹 介 39 JCA ジャーナル 57 巻 9 号 66~67 頁 2010 年 9 月

対 外 国 民 事 裁 判 権 法 について JCA ジャーナル 57 巻 10 号 2010 年 10 月

道 垣 内 正 人 編 著 『ハーグ 国 際 裁 判 管 国 際 法 外 交 109 巻 3 号 (2010 年 2010 年 11 月

轄 条 約 』

11 月 )193~198 頁

知 的 財 産 関 係 事 件 の 国 際 裁 判 管 轄 企 業 と 法 創 造 7 巻 2 号 22~39 頁 2010 年 11 月

知 的 財 産 関 係 事 件 における 外 国 判 決 企 業 と 法 創 造 7 巻 2 号 83~103 頁 2010 年 11 月

の 承 認 ・ 執 行

92


国 際 商 事 仲 裁 関 係 判 例 紹 介 43

国 際 仲 裁 と 国 家 法 秩 序 の 関 係

JCA ジャーナル 58 巻 1 号 68~69 頁 2011 年 1 月

国 際 法 外 交

110 巻 1 号 53-75 頁 2011 年 5 月

国 際 商 事 仲 裁 関 係 判 例 紹 介 47 JCA ジャーナル 58 巻 5 号 (2011 年 5

月 )62~63 頁

仲 裁 法 制 の 課 題 と 展 望

長 田 報 告 コメント

法 律 時 報

国 際 商 取 引 法 学

会 年 報

2011 年 5 月

83 巻 7 号 45~50 頁 2011 年 6 月

13 号 (2011 年 7 月 ) 2011 年 7 月

217~219 頁

国 際 商 事 仲 裁 関 係 判 例 紹 介 51 JCA ジャーナル 58 巻 9 号 (2011 年 9 2011 年 9 月

月 )72~74 頁

不 法 行 為 事 件 の 国 際 裁 判 管 轄 金 文 煥 先 生 停 年 第 1 巻 423~438 頁 2011 年 11 月

記 念 論 文 集 ・

New Horizon

for

International

Trade Law

日 韓 共 同 提 案 における 国 際 裁 判 管 轄 企 業 と 法 創 造 8 巻 1 号 2011 年 12 月


国 際 商 事 仲 裁 関 係 判 例 紹 介 55 JCA ジャーナル 59 巻 1 号 (2012 年 1 2012 年 1 月

月 )76~77 頁

民 間 調 停 で 紛 争 が 解 決 されないとき 判 例 時 報 2133 号 166~171 頁 2012 年 2 月

に 裁 判 手 続 を 開 始 する 旨 の 合 意 の 効

力 ( 東 京 高 判 平 成 23 年 6 月 22 日 判

決 、 判 時 2116 号 64 頁 )

『 法 の 明 らかな 無 視 』による 仲 裁 判 断 JCA ジャーナル 59 巻 2 号 2~8 頁 2012 年 2 月

取 消 し

Agreement on Jurisdiction JAIL No.54 pp.278-294 2012 年 2 月

当 事 者 自 治 原 則 の 正 当 化 根 拠 立 命 館 法 学 339・340 号 2012 年 3 月

アルゼンチン 人 女 性 から 日 本 人 男 性 戸 籍 時 報 680 号 680 号 2012 年 3 月

に 対 する 婚 約 ・ 内 縁 の 不 当 破 棄 に 基 づ

く 損 害 賠 償 請 求 ( 東 京 地 判 平 成 22 年

3 月 25 日 2010WLJPCA03258009)

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

外 国 判 決 の 承 認 ・ 執 行 に 関 する 法 規 則 日 韓 国 際 民 事 訴 訟 法 成 均 館 大 学 2010 年 6 月


国 際 商 事 仲 裁 と 国 家 法 秩 序

共 同 研 究 会

国 際 法 学 会 神 奈 川 大 学 2010 年 10 月

長 田 真 理 報 告 (「 新 国 際 裁 判 管 轄 立 法 国 際 商 取 引 学 会 神 戸 学 院 大 学 2010 年 11 月

と 国 際 取 引 」)に 対 するコメント

日 韓 共 同 提 案 における 国 際 裁 判 管 轄 知 的 財 産 法 ・ 国 際 私 法

シンポジウム「 東 アジ

2011 年 1 月

93


独 占 禁 止 法 に 基 づく 請 求 と 国 際 仲 裁

クラス・アービトレイションと 仲 裁 に

おける 消 費 者 保 護

小 林 一 郎 報 告 コメント

李 圭 鎬 報 告 に 対 するコメント

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

アにおける 国 際 民 事

紛 争 処 理 の 現 代 的 課

題 」

仲 裁 ADR 法 学 会 神 戸 大 学 2011 年 7 月

日 本 ・ 韓 国 ・ 台 湾 国 際 同 志 社 大 学

民 事 訴 訟 法 シンポジ

ウム「 東 アジアにおけ

る 国 際 民 事 紛 争 処 理

の 現 代 的 課 題 」

2011 年 9 月

国 際 商 取 引 学 会 日 本 大 学 2011 年 11 月

早 稲 田 大 学 GCOE 国 早 稲 田 大 学 2012 年 1 月

際 シンポジウム「 東 ア

ジアにおける 知 的 財

産 の 利 用 システムの

研 究 」

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

国 際 法 学 会 における 研 究 報 告 においては、 国 際 仲 裁 と 国 家 法 秩 序 との 関 係 が、 裁 判 と 国

家 法 秩 序 の 関 係 と 類 似 する 面 もあるが、その 結 合 の 程 度 において 相 違 しており、それが 国

際 仲 裁 の 法 規 制 の 様 々な 面 に 影 響 を 及 ぼしていることを 指 摘 した。 独 占 禁 止 法 上 の 請 求 と

国 際 仲 裁 の 関 係 、クラス・アービトレイション、 仲 裁 判 断 を 確 認 する 外 国 判 決 の 効 力 問 題

は、いずれも 足 がかり 的 な 研 究 にとどまるが、 自 分 なりに 一 定 の 視 野 を 設 定 することはで

きた。 調 停 前 置 合 意 の 効 力 に 関 する 論 稿 は、 単 なる 判 例 批 評 にすぎないが、 論 じられるこ

とのなかった 問 題 について、 外 国 法 の 紹 介 を 含 め、 先 駆 的 意 味 あいをもつ 問 題 提 起 ができ

たのではないかと 考 えている。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 国 際 民 事 法 特 殊 講 義 2

LS

国 際 私 法 ・ 国 際 民 事 訴 訟 法 4

R&W ゼミ 国 際 関 係 法 ( 私 法 系 ) 2

学 部

国 際 民 事 法 Ⅰ 2

国 際 私 法 演 習 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 国 際 民 事 法 特 殊 講 義 2

LS

R&W ゼミ 国 際 関 係 法 ( 私 法 系 ) 2

国 際 私 法 ・ 国 際 民 事 訴 訟 法 4

学 部 1 年 次 演 習 2

94


国 際 民 事 法 Ⅰ 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

学 部 、 院 、LS のいずれの 講 義 についても、 受 講 者 に 対 する 質 問 を 適 宜 さしはさむことで、

講 義 が 単 調 ・ 一 方 的 にならないよう 心 がけている。また、 常 時 パワーポイントを 使 用 する

ことにより、 効 率 性 と 理 解 度 を 高 めるよう 工 夫 した。もっとも、スライドを 配 布 資 料 とし

て 受 講 生 に 与 えることは、ノートのとりやすさという 面 で 概 ね 好 評 ではあるが、 逆 に、 参

考 書 を 用 いて 予 習 ・ 復 習 する 意 欲 をそいでいる 面 がないではない。この 点 は、 授 業 アンケ

ートの 数 字 にも 顕 れており、これにどう 対 処 すべきかはやや 悩 ましい 問 題 である。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

研 究 科 が 実 施 する 授 業 参 観 やランチョン・スタッフセミナー、 講 義 手 法 研 鑽 のための 検

討 会 に 参 加 した。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

2010 年 6 月 及 び 9 月 に 韓 国 での 国 際 シンポジウムに 参 加 し、 報 告 を 行 った。また、2010

年 10 月 には 台 湾 での 国 際 研 究 集 会 に 参 加 した。さらに、2011 年 3 月 には 米 国 での 国 際 仲

裁 シンポジウムに 参 加 した。 以 上 のほか、 国 内 で 開 催 される 各 種 の 国 際 シンポジウムや 共

同 研 究 集 会 に 参 加 し、 報 告 を 行 った。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

研 究 会 活 動

シンポジウム 等 の 主 催 等

国 際 私 法 学 会 、 仲 裁 ・ADR 法 学 会 、 国 際 法 学 会 、 国 際 商 取 引 学

会 、 民 事 訴 訟 法 学 会 、LAWASIA、International Law

Association、International Association of Procedural Law

国 際 私 法 学 会 理 事 、 仲 裁 ・ADR 法 学 会 理 事 (2010 年 7 月 まで)、

国 際 商 取 引 学 会 理 事

関 西 国 際 私 法 研 究 会 、 日 韓 国 際 民 事 訴 訟 法 共 同 研 究 会 、 国 際 民

事 執 行 ・ 保 全 法 研 究 会 、 国 際 家 事 事 件 判 例 研 究 会

日 韓 国 際 民 事 訴 訟 法 共 同 研 究 会 「 国 際 的 訴 訟 競 合 及 び 外 国 判 決

承 認 ・ 執 行 に 関 する 規 則 モデルの 構 築 」(2010 年 6 月 26 日 ~27

日 、 成 均 館 大 学 )

日 本 ・ 韓 国 ・ 台 湾 国 際 民 事 訴 訟 法 シンポジウム「 東 アジアにお

ける 国 際 民 事 紛 争 処 理 の 現 代 的 課 題 」(2011 年 9 月 24-25 日 、

同 志 社 大 学 )

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

神 戸 市 外 国 語 大 学 非 常 勤 講 師

2011 年 度

95


関 西 学 院 大 学 非 常 勤 講 師

〔 社 会 における 活 動 〕

神 戸 家 庭 裁 判 所 調 停 委 員

神 戸 家 庭 裁 判 所 参 与 員

学 術 振 興 会 ・ 科 学 研 究 費 委 員 会 専 門 委 員

六 甲 台 後 援 会 理 事 (~2011 年 3 月 )

凌 霜 会 評 議 員

八 田 卓 也 ( 民 事 手 続 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

教 育 面 では、この 期 間 も、ほぼ 法 科 大 学 院 における 教 育 活 動 に 専 念 する 形 となった。 法

科 大 学 院 では、 従 前 通 り、「スタンダード」「オーソドックス」な 理 論 の 伝 達 を 意 識 しつつ、

単 なる 通 説 ・ 判 例 理 論 の 紹 介 に 留 めず 知 的 好 奇 心 を 喚 起 する 授 業 をするよう 心 がけている。

但 し、 未 修 者 初 年 次 向 けの 授 業 においては、 知 的 好 奇 心 の 喚 起 よりは、 基 礎 的 理 解 の 充 実

にここ 2 年 間 は 重 点 を 置 くようにした。この 2 者 はある 程 度 ジレンマの 関 係 にあり、その

間 の 均 衡 点 を 見 いだすのが 今 後 の 一 つの 課 題 かと 感 じている。 学 部 においては、 成 功 して

いるかどうかはともかく、 法 律 の 理 屈 を 理 解 し、( 批 判 的 に) 分 析 できる 力 を 育 成 できるよ

うな 授 業 内 容 ・ 授 業 方 法 を 試 みているつもりであり、 今 後 もこの 傾 向 を 継 続 したい。

研 究 面 では、2009 年 度 までと 同 様 現 在 でも、1 不 利 益 陳 述 の 取 扱 い、2 当 事 者 適 格 論 、

3ドイツにおける 訴 訟 物 論 史 の 再 検 討 の 三 本 の 軸 を 立 てて 取 り 組 んでいる。これらのうち、

この 2 年 間 は、2に 注 力 することが 多 くなった。

研 究 ・ 教 育 のバランスとしては、2010 年 度 ・2011 年 度 においても、それまでと 同 様 、 教

育 の 比 重 が 重 くなりすぎたかと 感 じている。 教 育 において 受 ける 刺 激 はあるので、これを

うまく 研 究 面 に 生 かしていることが、 今 後 も 課 題 であると 感 じている。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

中 西 正 = 中 島 弘 雅 = 八 田 卓 也 著 ・ 民 事 執 共 著 有 斐 閣 2010 年 3 月

行 ・ 民 事 保 全 法 【 共 著 】

鎌 田 薫 = 加 藤 新 太 郎 = 須 藤 典 明 = 中 田 共 著 日 本 評 論 社 2010 年 4 月

裕 康 = 三 木 浩 一 = 大 村 敦 志 ・ 民 事 法 I

第 2 版 【 分 担 執 筆 】

長 谷 部 由 起 子 = 山 本 弘 = 笠 井 正 俊 編 ・ 基 共 著 弘 文 堂 2010 年 4 月

礎 演 習 民 事 訴 訟 法 【 分 担 執 筆 】

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

96


事 実 認 定 と 証 明 法 律 時 報 82 巻 2 号 34~39 頁 2010 年 2 月

検 証 第 5 回 新 司 法 試 験 民 事 系 科 目 (3) ロースクール 研 16 号 45~54 頁 2010 年 10 月

〔 民 事 訴 訟 法 〕


不 利 益 変 更 の 禁 止 (2)― 一 部 請 求 と 民 事 訴 訟 法 判 例 240~241 頁 2010 年 10 月

相 殺 の 抗 弁 ( 最 判 平 成 6.11.22) 百 選 ( 第 4 版 )

独 立 当 事 者 参 加

法 学 教 室 363 号 34~38 頁 2010 年 12 月

分 割 保 険 料 支 払 の 証 明 責 任 ( 最 判 平 成 保 険 法 判 例 百 選 30~31 頁 2010 年 12 月

9.10.17)

再 生 計 画 による 100% 減 資 と 株 主 の 原 金 融 ・ 商 事 判 例 1316 号 124~125 頁 2011 年 3 月

告 適 格 ( 東 京 地 判 平 成 16.10.14)

民 事 訴 訟 法 -「 民 訴 」を「 眠 素 」にし 法 学 セミナー 676 号 38~42 頁 2011 年 3 月

ないために

明 示 的 一 部 請 求 に 対 する 相 殺 の 抗 弁

と 控 訴

任 意 的 訴 訟 担 当 論 の 現 況 についての

一 考 察

神 戸 法 学 雑 誌

神 戸 法 学 雑 誌

60 巻 2 号 302~288


60 巻 3・4 号 213~

255 頁

2011 年 6 月

2011 年 9 月

権 利 能 力 なき 社 団 であるマンション 私 法 判 例 リマー 44 号 122~125 頁 2012 年 2 月

管 理 組 合 が 原 告 となり、 自 己 に 訴 訟 物 クス

たる 給 付 請 求 権 が 帰 属 すると 主 張 し

て 提 起 された 訴 訟 において、 自 己 が 権

利 主 体 であると 主 張 する 以 上 、 当 該 マ

ンション 管 理 組 合 には 原 告 適 格 があ

るとされた 事 例 ( 最 判 平 成 23.2.15)

住 民 訴 訟 における 共 同 訴 訟 参 加 の 申 判 例 評 論 637 号 166~170 頁 2012 年 3 月

出 につき、これと 当 事 者 、 請 求 の 趣 旨

及 び 原 因 が 同 一 である 別 訴 において

適 法 な 住 民 監 査 請 求 を 前 置 していな

いことを 理 由 に 訴 えを 却 下 する 判 決

が 確 定 している 場 合 には、その 判 決 の

既 判 力 により、 当 該 共 同 訴 訟 参 加 の 申

出 は 不 適 法 として 却 下 されるべきで

あるとされた 事 例 ( 最 判 平 成 22.7.16)

消 費 者 集 合 訴 訟 の 追 行 者 と 当 事 者 適 民 事 訴 訟 雑 誌 58 号 93~105 頁 2012 年 3 月


会 社 の 被 告 取 締 役 への 補 助 参 加 -- 手 法 律 時 報 1045 号 31~37 頁 2012 年 3 月

続 法 からの 分 析 ( 補 助 参 加 の 利 益 )

仮 差 押 解 放 金 ( 高 松 高 決 昭 和 57.6.23) 伊 藤 眞 = 上 原 敏 182~183 頁 2012 年 3 月

夫 = 長 谷 部 由 起

子 編 『 民 事 執

行 ・ 保 全 判 例 百

選 〔 第 2 版 〕』

複 数 の 全 部 義 務 にかかる 債 権 が 存 在 金 融 法 務 事 情 1942 号 81~85 頁 2012 年 3 月

する 場 合 の、 複 数 債 権 全 体 を 単 位 とし

た 開 始 時 現 存 額 主 義 の 適 用 の 有 無 ( 最

97


判 平 成 22.3.16)

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

消 費 者 集 合 訴 訟 の 追 行 者 と 当 事 者 適 日 本 民 事 訴 訟 法 学 会

2011 年 5 月


第 81 回 大 会

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

2008 年 度 ・2009 年 度 においては、1 不 利 益 陳 述 の 取 扱 い、2 当 事 者 適 格 論 、3ドイツに

おける 訴 訟 物 論 史 の 再 検 討 の 三 本 の 柱 のうち、2の 研 究 に 従 事 することが 多 かった。

中 でも、2011 年 5 月 に 民 事 訴 訟 法 学 会 において 消 費 者 集 合 訴 訟 の 当 事 者 適 格 について 報

告 をした 関 係 で、 消 費 者 集 合 訴 訟 における 当 事 者 適 格 についての 研 究 に 多 くの 時 間 を 割 い

た(その 成 果 として、「 消 費 者 集 合 訴 訟 の 追 行 者 と 当 事 者 適 格 」 民 事 訴 訟 雑 誌 58 号 掲 載 )。

又 、 研 究 生 活 をはじめて 以 来 の 自 身 のテーマである 任 意 的 訴 訟 担 当 について、 日 本 の 議 論

の 現 況 を 素 描 する 論 稿 を 公 表 する 機 会 を 得 た(「 任 意 的 訴 訟 担 当 論 の 現 況 についての 一 考

察 」 神 戸 法 学 雑 誌 60 巻 3・5 号 掲 載 )。そのほか、 未 刊 行 ではあるが、 独 立 当 事 者 参 加 ・ 共

同 訴 訟 参 加 についての 民 事 訴 訟 法 の 条 文 注 釈 を 執 筆 する 機 会 があり、これらの 制 度 につい

て 深 く 勉 強 する 機 会 を 得 た(その 準 備 作 業 として、 法 学 教 室 363 号 に「 独 立 当 事 者 参 加 」

を 掲 載 した。また、 共 同 訴 訟 参 加 につき、「 住 民 訴 訟 における 共 同 訴 訟 参 加 の 申 出 につき、

これと 当 事 者 、 請 求 の 趣 旨 及 び 原 因 が 同 一 である 別 訴 において 適 法 な 住 民 監 査 請 求 を 前 置

していないことを 理 由 に 訴 えを 却 下 する 判 決 が 確 定 している 場 合 には、その 判 決 の 既 判 力

により、 当 該 共 同 訴 訟 参 加 の 申 出 は 不 適 法 として 却 下 されるべきであるとされた 事 例 ( 最

判 平 成 22.7.16 判 批 )」を 判 例 評 論 637 号 に 掲 載 した)。 他 にも 給 付 訴 訟 の 当 事 者 適 格 や 補

助 参 加 ついても 研 究 する 機 会 を 得 (「 会 社 の 被 告 取 締 役 への 補 助 参 加 -- 手 続 法 からの 分 析

( 補 助 参 加 の 利 益 )」 法 律 時 報 1045 号 掲 載 、「 権 利 能 力 なき 社 団 であるマンション 管 理 組 合 が

原 告 となり、 自 己 に 訴 訟 物 たる 給 付 請 求 権 が 帰 属 すると 主 張 して 提 起 された 訴 訟 において、

自 己 が 権 利 主 体 であると 主 張 する 以 上 、 当 該 マンション 管 理 組 合 には 原 告 適 格 があるとさ

れた 事 例 ( 最 判 平 成 23.2.15)」 私 法 判 例 リマークス 44 号 掲 載 )、 自 分 にとっては、2010 年 度 ・

2011 年 度 は、 当 事 者 論 についての 理 解 を 深 める 研 究 期 間 となったと 感 じている。

しかし、 消 費 者 集 合 訴 訟 における 当 事 者 適 格 については、2011 年 5 月 の 学 会 報 告 で、 一

定 の 研 究 成 果 は 得 たものの、 必 ずしも 物 事 の 本 質 には 迫 れなかったという 忸 怩 たる 思 いが

あり、この 研 究 を 深 めることが 今 後 の 課 題 の 一 つであると 感 じている。また、それも 一 つ

の 手 がかりとして、 当 事 者 適 格 論 一 般 に 通 用 するような 議 論 の 構 築 を 試 みたいと 考 えてい

る。

1( 不 利 益 陳 述 の 取 扱 い)については、 自 説 として 主 張 責 任 に 従 った 処 理 を 妥 当 とする

見 解 に 到 達 するまでに 至 ったが、その 積 極 的 論 拠 付 けに 苦 戦 している。3( 訴 訟 物 論 ・ 既

判 力 論 )については、この 期 間 に 行 えた 研 究 はほとんど 無 い。しかし、 近 時 、 学 界 におい

て、 口 頭 弁 論 終 結 後 の 承 継 人 への 既 判 力 拡 張 のあり 方 や、 既 判 力 矛 盾 関 係 の 理 解 等 を 巡 り、

既 判 力 の 作 用 のあり 方 についての 新 たな 問 題 提 起 がなされているので、その 成 果 を 踏 まえ

つつ、 既 判 力 の 作 用 のあり 方 を 再 検 討 する 方 向 の 研 究 を 今 後 進 めたいと 考 えている。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

98


院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS

民 事 訴 訟 法 4

応 用 民 事 訴 訟 法 2

裁 判 ・ 行 政 の 基 本 構 造 0.5

学 部

1 年 次 演 習 2

倒 産 法 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 民 事 手 続 法 4

LS

民 事 訴 訟 法 4

応 用 民 事 訴 訟 法 2

裁 判 ・ 行 政 の 基 本 構 造 0.5

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

法 科 大 学 院 では、 未 修 者 初 年 次 の 民 事 訴 訟 法 の 授 業 が 4 年 目 ・5 年 目 となり、 成 功 してい

るかどうかは 心 許 ないが、これまでの 試 行 錯 誤 ・ 暗 中 模 索 の 結 果 、 法 律 の 初 学 者 を 対 象 と

して、 勘 所 を 押 さえつつ、 分 かりやすく 民 事 訴 訟 法 を 理 解 してもらえることを 目 的 とした

授 業 の 方 法 について、 自 分 なりの 一 定 の 型 を 確 立 しつつあると 感 じている。この 間 、 授 業

アンケートの 結 果 を 踏 まえ、 講 義 する 内 容 の 順 番 は、 標 準 とする 教 科 書 に 沿 うようにする

等 の 修 繕 も 行 った。もっとも、わかりやすさを 重 視 する 余 り、 民 事 訴 訟 法 に 対 する 興 味 や

知 的 好 奇 心 を 喚 起 するような 側 面 が 弱 くなっているかも 知 れず(その 旨 の 指 摘 を 2011 年 度

の 授 業 アンケートで 受 けた)、 分 かりやすくありつつも、その 先 への 関 心 を 引 くような 授 業

が 今 後 の 課 題 であるかと 感 じている。また、この 期 間 において、はじめて、 既 修 者 1 年 目

の 民 事 訴 訟 法 の 授 業 も 担 当 し、 民 事 訴 訟 法 の 重 要 論 点 をピックアップして 基 礎 的 理 解 から

出 発 してより 深 い 内 容 の 議 論 に 進 んでいくという 授 業 を 試 み、 自 分 自 身 にとっては、 非 常

によい 刺 激 となった。

学 部 においては、1 年 次 演 習 では、 法 律 入 門 用 の 教 科 書 を 精 読 し 要 約 を 作 成 するというゼ

ミを 行 ない、 文 章 の 読 解 力 と 論 理 的 な 文 章 の 記 述 力 を 養 うことを 試 みた。 法 を 学 ぶ 学 生 の

基 礎 的 素 養 を 涵 養 する 一 つの 方 策 であると 信 じて、この 方 式 は、 今 後 も 継 続 したいと 考 え

ているが、 他 方 、ディベート 形 式 により 効 果 的 な 議 論 の 仕 方 を 身 につけることを 目 的 とす

る 授 業 形 態 の 導 入 も 検 討 したいと 考 えている。 倒 産 法 の 授 業 は、 今 回 が、 法 科 大 学 院 設 置

後 初 めての 学 部 での 専 門 科 目 の 講 義 となった。 倒 産 法 の 授 業 としては、 倒 産 という 事 実 と

しての 現 象 に 着 目 してその 解 説 を 試 みる 形 式 の 授 業 と、 法 律 論 ・ 法 解 釈 論 としての 倒 産 法

理 を 説 くことを 主 眼 においた 授 業 の 二 通 りが 考 えられる。しかし、 今 回 の 授 業 は、より 詳

しい 事 柄 については 法 曹 を 目 指 す 学 生 は 法 科 大 学 院 にて 学 ぶ 機 会 があることを 意 識 しつつ

も 後 者 を 選 択 し、 要 点 を 絞 りつつ 倒 産 法 の 規 律 の 基 本 的 仕 組 みや 考 え 方 を 解 くように 心 が

けた。「 法 学 」の 学 習 を 目 指 す 学 部 の 授 業 としては、 基 本 的 には、この 方 式 が 相 当 であると

感 じている。また、 判 例 を 出 来 るだけ 扱 い、また、 解 釈 論 として 重 要 な 箇 所 においては、

学 説 の 展 開 も 丁 寧 に 追 う、ということを 心 がけたが、その 方 針 は、 授 業 アンケートや、 他

教 員 による 授 業 参 観 によるコメントでもある 程 度 の 評 価 をえることができたので、 今 後 も

継 続 していく 方 針 で 考 えている。

99


Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

日 本 民 事 訴 訟 法 学 会 、 私 法 学 会

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2011 年 度

国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 非 常 勤 講 師

馬 場 健 一 ( 法 社 会 学 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

研 究 面 においては、 引 き 続 き 司 法 制 度 関 連 ・ 司 法 制 度 改 革 関 連 を 中 心 にしつつ、 方 法 的 ・

内 容 的 に 新 しい 展 開 も 模 索 してきたところである。

2010 年 度 においては、 従 来 からの 司 法 制 度 改 革 問 題 ( 特 に 裁 判 官 制 度 改 革 問 題 )に 引 き

続 き 関 心 をもち 関 連 論 考 を 発 表 しつつ、 社 会 的 にも 関 心 の 的 とされている 弁 護 士 人 口 増 と

その 帰 結 につき、 計 量 的 ・ 統 計 的 分 析 を 行 った。2011 年 度 においては、 司 法 制 度 改 革 から

は 一 歩 距 離 を 置 き、 行 政 争 訟 の 現 実 的 機 能 というより 一 般 的 な 含 意 を 持 つ 論 点 につき、 実

証 的 な 研 究 成 果 を 公 表 し、 関 連 して 法 科 大 学 院 時 代 の 実 務 と 法 学 教 育 との 関 係 にかかわる

論 考 も 発 表 した。なお 従 来 の 課 題 としてきた 公 教 育 における 子 どもへの 暴 力 ( 体 罰 ) 事 故

処 理 問 題 関 連 のの 実 証 的 、 歴 史 的 、 比 較 法 的 研 究 の 再 開 も 行 い、 近 く 論 考 を 公 表 予 定 であ

る。

今 後 の 研 究 の 方 向 性 としては、1 司 法 制 度 関 係 を 中 心 としてかなりの 蓄 積 を 持 ってきた

既 発 表 論 文 等 を 集 めて 書 籍 としてして 公 表 することができないか 検 討 すること、2その 他

の 既 発 表 諸 論 考 や 教 育 実 践 を 踏 まえたより 一 般 的 な 法 社 会 学 のありかたについての 体 系 的

考 察 、3 公 教 育 に 関 わる 体 罰 事 故 問 題 の 実 証 的 、 歴 史 的 、 比 較 法 的 研 究 の 継 続 、の 三 本 柱

を 基 軸 に 進 めていきたいと 考 えている。

教 育 活 動 については、 講 義 科 目 では 遅 まきながらプレゼンテーションソフトを 活 用 した

視 聴 覚 に 訴 えるダイナミックな 講 義 形 態 を 全 面 的 に 導 入 し、 受 講 生 の 関 心 を 引 き 付 け、 教

育 効 果 の 挙 がる 方 法 を 模 索 した。 法 科 大 学 院 の 講 義 では、 実 際 の 訴 訟 資 料 を 用 い 訴 訟 戦 略

や 裁 判 官 としての 判 断 を 考 えさせるなど、 周 辺 科 目 ながらも 法 科 大 学 院 生 にとって 興 味 を

引 き、 実 用 的 な 意 義 も 感 じさせる 実 践 的 講 義 をも 試 みた。3,4 次 演 習 においては「 質 の

高 い 大 学 教 育 推 進 プログラム」の 補 助 を 受 けることで、 学 外 実 習 を 実 践 することもでき、

大 いに 教 育 効 果 を 上 げることができたほか、 毎 期 ごとに 扱 う 内 容 や 運 営 手 法 を 変 え、さま

ざまな 試 みを 行 った。 今 後 も、 自 らの 研 究 の 蓄 積 と 展 望 をも 踏 まえつつ、 学 生 のニーズや

関 心 にも 応 えることとするよう 引 き 続 き 努 めていきたい。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

100


( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

弁 護 士 任 官 制 度 のこれから― 展 望 を 日 本 弁 護 士 連 合 61 巻 8 号 14-17 頁 2010 年 8 月

開 くための 検 討 と 提 言 ―

会 機 関 誌 『 自 由

と 正 義 』

書 評 : 棚 瀬 孝 雄 編 『 司 法 の 国 民 的 基 盤 法 社 会 学 73 号 256-261 頁 2010 年 9 月

- 日 米 の 司 法 政 治 と 司 法 理 論 』

書 評 : 西 川 伸 一 著 『 裁 判 官 幹 部 人 事 の 明 治 大 学 社 会 科 49 巻 2 号 2011 年 3 月

研 究 -「 経 歴 的 資 源 」を 手 がかりとし 学 研 究 所 紀 要

て-』

弁 護 士 増 は 訴 訟 増 をもたらすか― 司 法 社 会 学 74 号 163-190 頁 2011 年 3 月

法 統 計 からの 検 証 ―

行 政 はいかに 法 を 学 ぶか― 情 報 公 開 法 社 会 学 75 号 187-206 頁 2011 年 9 月

問 題 から 見 た「 法 治 行 政 」の 現 実 と 行

政 争 訟 の 機 能 ―

法 律 学 と 法 実 務 との 連 携 のための 課 法 律 時 報 83 巻 3 号 68-72 頁 2012 年 3 月

題 ―ある 情 報 公 開 最 高 裁 判 例 を 素 材

に―

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

司 法 統 計 からみた 弁 護 士 人 口 増 と 裁 日 本 法 社 会 学 会 学 術

判 所 利 用 の 変 化 について- 弁 護 士 増 大 会 個 別 報 告

は 訴 訟 増 につながるか-

法 治 行 政 の 構 築 的 実 現 を 考 える-あ

る 情 報 公 開 請 求 を 素 材 に-

日 本 法 社 会 学 会 学 術

大 会 個 別 報 告

同 志 社 大 学

東 京 大 学

法 律 学 と 法 実 務 との 連 携 のための 課 日 本 学 術 会 議 第 5 回 早 稲 田 大 学

題 - 裁 判 官 報 酬 減 額 問 題 と 情 報 公 開 基 礎 法 学 総 合 シンポ

訴 訟 を 素 材 に-

ジウム 報 告

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

2010 年 5 月

2011 年 5 月

2011 年 7 月

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

弁 護 士 からの 裁 判 官 への 任 官 ( 弁 護 士 任 官 ) 問 題 を 扱 った 第 一 の 論 考 は 弁 護 士 会 からの 依

頼 に 基 づいて 考 究 した 実 践 的 提 言 であり、 第 二 第 三 の 書 評 論 考 と 併 せて、 従 来 の 研 究 の 延

長 線 上 にある 裁 判 官 制 度 研 究 に 位 置 づけられるものである。 第 四 論 文 は 戦 後 の 長 期 にわた

る、またこの 十 数 年 の 急 激 な 弁 護 士 人 口 増 が、それぞれ 訴 訟 利 用 、 裁 判 所 利 用 につながっ

ているか、どのような 効 果 を 持 っているか 等 を、 司 法 統 計 データに 基 づき 実 証 的 に 検 討 し

たものであり、 意 外 にも 類 似 研 究 が 少 ない 中 、 学 術 的 にも 実 務 においても 重 要 な 貢 献 をし

たものと 自 負 している。 第 五 論 文 は 実 際 の 自 治 体 の 情 報 公 開 をめぐる 取 消 訴 訟 のプロセス

を 素 材 に、 法 的 争 訟 が 行 政 の 法 遵 守 や 法 理 解 にもたらす 機 能 につき 検 討 した 参 与 観 察 型 の

経 験 研 究 であり、これもユニークなものになりえたと 考 えている。なおこれら2 本 の 論 考

は、いずれも 匿 名 の 査 読 者 二 名 の 審 査 を 受 けて 掲 載 相 当 と 認 められたものである。こうし

た 査 読 手 続 を 受 けることは、 重 要 なプロセスであると 認 識 しており、これからもできる 限

101


り 続 けていきたいと 考 えている。 第 六 の 論 考 は 日 本 学 術 会 議 のシンポジウム 報 告 をもとに

したもので、 法 科 大 学 院 時 代 の 法 学 教 育 と 実 務 との 関 わりにつき、やはり 実 際 の 訴 訟 と 判

決 、 関 連 した 法 的 論 点 などを 素 材 に 論 じたものである。 以 上 相 当 数 のオリジナルな 論 考 を

ものすことができたものと 考 えている。 引 き 続 き 努 力 していきたい。

また3 本 の 研 究 報 告 はいずれも 関 連 論 考 の 内 容 を 口 頭 で 発 表 したものであり、 両 者 の 有

機 的 な 関 連 に 意 を 用 いている。2 本 の 日 本 法 社 会 学 会 学 術 大 会 個 別 報 告 は、いずれもプレ

ゼンテーションソフトを 用 い、 視 覚 的 にも 分 かりやすいものとすることに 努 めた。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


現 代 法 社 会 学 2

LS 現 代 司 法 論 2

学 部

法 社 会 学 入 門 2

3・4 年 次 演 習 2+2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


法 社 会 学 特 殊 講 義 2

現 代 法 社 会 学 2

LS

現 代 司 法 論 2

R&W 法 社 会 学 2

学 部

法 社 会 学 概 論 4

3・4 年 次 演 習 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

受 講 生 の 多 い 講 義 科 目 ( 法 社 会 学 概 論 )では 毎 回 プレゼンテーションソフトを 活 用 した

視 聴 覚 に 訴 えるダイナミックな 講 義 形 態 を 全 面 的 に 導 入 し、 文 字 情 報 のみならず 画 像 や 音

声 つき 動 画 なども 適 宜 組 み 入 れ、 表 示 形 態 にも 動 的 効 果 を 取 り 入 れるなど、 非 常 な 努 力 を

して 受 講 生 の 関 心 を 引 き 付 け、 教 育 効 果 の 挙 がる 方 法 を 模 索 した。1 回 の 講 義 のための 準

備 に 数 日 を 要 することも 多 く、 大 変 な 経 験 だったが、 授 業 評 価 アンケート 等 から 受 けとっ

た 受 講 生 の 評 価 は 概 して 高 いものであり、 苦 労 が 報 われたと 感 じた。なおこれらのプレゼ

ンデータは、 同 時 に 配 付 資 料 としてプリントアウトを 配 布 したのみならず、 試 験 前 にはP

DFファイルに 変 換 したものをネットに 載 せ、 受 講 生 に 入 手 可 能 なものとした。 試 験 前 に

は 多 くの 学 生 がそれを 使 って 学 習 していることを 確 認 することができた。

法 科 大 学 院 の 講 義 ( 現 代 法 社 会 学 )では、 実 際 の 情 報 公 開 に 関 わる 取 消 訴 訟 の 準 備 書 面 や 書

証 、 判 決 等 の 訴 訟 資 料 を 用 い、 原 告 ・ 被 告 双 方 の 代 理 人 になったと 仮 定 した 場 合 の 採 るべ

き 訴 訟 戦 略 や 当 該 事 件 の 担 当 裁 判 官 としてどのような 判 断 をだすべきか 等 を 考 えさせるな

ど、 法 社 会 学 という 基 礎 法 科 目 ながらも 実 務 家 を 目 指 す 受 講 生 が 興 味 をもつことができ、

実 用 的 な 意 義 ももつ 実 践 的 講 義 をも 試 み、 受 講 生 の 評 価 も 高 く、 受 講 意 欲 ・ 態 度 も 総 じて

良 好 であった。

2010 年 度 の3,4 次 演 習 においては、 前 年 度 に 引 き 続 き「 質 の 高 い 大 学 教 育 推 進 プログ

102


ラム」の 補 助 を 受 けることで、 北 海 道 にまで 学 外 実 習 に 行 くことができた。 北 海 道 大 学 法

学 部 ・ 法 学 研 究 科 の 教 員 や 学 生 ・ 院 生 等 との 合 同 ゼミと 交 流 、 札 幌 や 旭 川 の 弁 護 士 会 や 裁

判 所 、 検 察 庁 等 への 視 察 を 行 い、 旅 行 後 に 報 告 書 も 作 成 し、 大 きな 教 育 成 果 を 上 げること

ができた。

この 3,4 年 次 演 習 のほか、 大 学 院 講 義 や 法 科 大 学 院 における 少 人 数 講 義 などでは、 受 講

生 の 人 数 やニーズなどに 応 じ、 毎 期 ごとに 扱 う 資 料 や 文 献 などの 内 容 や 授 業 の 進 め 方 をい

ろいろ 変 えるなど、 試 行 錯 誤 を 試 みた。

引 き 続 き、 自 己 の 研 究 成 果 と 連 動 させつつ、 受 講 生 のニーズや 関 心 にも 応 えうる 充 実 し

た 教 育 実 践 を 進 めていきたい。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

学 部 及 び 法 科 大 学 院 において 授 業 参 観 に 毎 回 参 加 し、 相 当 数 の 授 業 担 当 者 に 参 観 内 容 の

報 告 をし 講 義 内 容 の 改 善 を 促 した。スタッフランチョンセミナーにもほぼ 毎 回 参 加 して 意

見 交 流 を 行 った。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

2011 年 5 月 日 本 法 社 会 学 会 学 術 大 会 ( 東 京 大 学 )における 英 語 部 会 ミニシンポジウム

「Lawyers Everywhere? Reflecting the First Decade of Judicial Reform in Japan」を 聴 講 し、 質

疑 応 答 に 参 加 した。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

研 究 会 活 動

日 本 法 社 会 学 会 日 本 教 育 法 学 会

日 本 法 社 会 学 会 理 事

日 本 法 社 会 学 会 関 西 研 究 支 部 メンバー

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2011 年 度

龍 谷 大 学 法 務 研 究 科 非 常 勤 講 師

〔 社 会 における 活 動 〕

「 学 校 体 罰 問 題 とはどのような 問 題 なのか- 歴 史 的 位 置 付 け-」

2010 年 06 月 26 日 ( 土 )

福 岡 県 弁 護 士 会 主 催 シンポジウム「 体 罰 について 考 える」 報 告

( 於 博 多 市 民 センター1 階 ホール)

「 第 一 回 法 曹 一 元 連 続 シンポジウム」

2011 年 4 月 9 日 ( 土 )

京 都 弁 護 士 会 主 催 シンポジウムパネリスト 参 加 ・ 報 告

( 京 都 弁 護 士 会 地 階 大 ホール)

103


春 名 一 典 ( 法 曹 実 務 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

法 科 大 学 院 、 司 法 試 験 、 司 法 修 習 、 弁 護 士 研 修 という 連 続 した 法 曹 養 成 の 観 点 から 理 論

と 実 務 を 架 橋 するような 教 育 活 動 を 目 標 とし、その 活 動 に 必 要 な 情 報 を 収 集 する 研 究 活 動

を 行 なってきた。 今 後 も 基 本 的 な 考 え 方 に 変 更 はないが、よりいっそう 努 力 と 工 夫 を 重 ね

たい。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

地 震 ・ 津 波 等 による 損 害 と 保 険 金 ・ 共 NBL 950 号 10 頁 2011 年 4 月

済 金 請 求 ( 共 著 )

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

一 般 民 事 ・ 家 事 事 件 とは 別 に 中 小 企 業 が 直 面 する 法 的 紛 争 について 会 社 法 、 独 禁 法 、 金

商 法 などの 観 点 から 紛 争 解 決 を 目 指 す 手 法 を 研 究 している。 今 後 は、 若 手 弁 護 士 や 司 法 修

習 生 、LS 生 に、その 手 法 を 示 し、 経 験 を 伝 えていきたい。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS

対 話 型 演 習 法 曹 倫 理

2 単 位

R&W 企 業 法 務

2 単 位

法 律 文 書 作 成 演 習

2 単 位

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

授 業 アンケートでは「 具 体 的 なイメージが 持 てない」という 回 答 もあり、 多 くのことを

伝 えたいという 思 いが 強 すぎて、 学 生 がやや 消 化 不 良 になってしまう 傾 向 があるので、こ

れを 反 省 し、もっと 基 本 的 な 部 分 をゆっくり 時 間 をかけて、 個 人 的 な 経 験 も 交 えつつ、 学

生 が 関 心 をもって 課 題 に 取 り 組 めるように 心 掛 けたい。 法 曹 倫 理 は 実 務 に 就 いたときに 直

面 する 問 題 をケーススタディとして 取 り 上 げているが、 学 生 が 事 案 を 十 分 理 解 できず 問 題

の 所 在 を 認 識 できていないことがあるので、より 一 層 丁 寧 な 解 説 に 努 めたい。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

104


Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

研 究 会 活 動

仲 裁 ADR 学 会

2011 年 度 、2012 年 度 の 大 会 へ 参 加

〔 社 会 における 活 動 〕

兵 庫 県 弁 護 士 会 及 び 日 本 弁 護 士 連 合 会 における ADR、 非 弁 護 士 活 動 取 締 等 の 諸 活 動 。

福 田 尚 司 ( 法 曹 実 務 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

法 務 省 からの 派 遣 検 察 官 教 員 として, 法 科 大 学 院 における 刑 事 実 務 科 目 の 授 業 を 担 当 し,

2L 前 期 ないし3L 後 期 の 各 段 階 に 応 じて, 捜 査 から 公 判 に 至 るまでの 刑 事 手 続 ( 実 務 )

の 理 解 習 得 , 各 種 事 案 の 処 理 を 通 じての 事 実 認 定 及 び 法 令 適 用 の 実 践 , 法 律 文 書 作 成 等 の

実 践 等 の 実 務 教 育 に 従 事 した。 法 科 大 学 院 における 教 育 は 2010 年 度 が 初 めてであり, 当 初

は 学 生 のレベルや 傾 向 を 把 握 するのに 若 干 の 時 間 を 要 したが, 質 問 対 応 の 時 間 を 十 分 に 確

保 すること 等 を 通 じて, 多 くの 学 生 が 陥 りがちな 思 考 やつまずきがちな 事 項 の 把 握 に 努 め

るとともに,これらの 点 を 随 時 授 業 に 反 映 させることにより, 実 務 家 の 目 線 から 見 て 学 生

に 欠 けていると 思 われる 点 を 手 厚 く 補 うことを 心 がけた。なお 不 十 分 な 点 や 改 善 を 要 する

点 は 少 なくないものの, 実 務 法 曹 を 目 指 す 法 科 大 学 院 生 にとって 必 要 不 可 欠 な 事 案 分 析 ・

処 理 能 力 ( 実 践 的 能 力 )の 向 上 を 図 る 上 で 一 定 の 効 果 を 上 げることができたのではないか

と 考 えている。

また, 研 究 活 動 としては, 実 務 家 として, 裁 判 員 裁 判 における 立 証 活 動 の 在 り 方 や 今 後

の 刑 事 司 法 の 在 り 方 について 研 究 を 行 ったほか, 経 済 刑 法 及 び 刑 事 手 続 法 分 野 における 研

究 報 告 に 参 加 した。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

会 社 ・ 証 券 犯 罪 の 現 状 と 課 題 ( 共 同 研

究 )

日 本 刑 法 学 会 関 西 部


前 科 に 関 する 証 拠 のうち 犯 行 に 至 る 判 例 刑 事 法 研 究 会 ( 神

経 緯 , 犯 行 の 手 段 方 法 に 関 するものが 戸 大 学 )

本 件 の 犯 人 性 を 立 証 するための 証 拠

として 関 連 性 があるとされた 事 例 ( 単

独 )

キャンパスプ

ラザ 京 都

神 戸 大 学

2011 年 1 月

2012 年 2 月

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

105


会 社 ・ 証 券 犯 罪 の 現 状 と 課 題 に 係 る 共 同 研 究 に 参 加 し, 実 務 家 の 立 場 から, 最 近 におけ

る 金 融 商 品 取 引 法 の 罰 則 規 定 の 適 用 状 況 について 分 析 ・ 検 討 を 行 うとともに, 刑 法 及 び 商

法 の 研 究 者 との 間 で 意 見 交 換 を 行 った。また, 裁 判 員 裁 判 において 被 告 人 の 同 種 前 科 に 関

する 証 拠 の 取 り 扱 いが 問 題 となった 事 例 について 報 告 を 行 い, 裁 判 員 裁 判 における 事 実 認

定 の 在 り 方 を 含 めて, 研 究 者 及 び 実 務 家 との 間 で 意 見 交 換 を 行 った。

〔 法 曹 実 務 経 験 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

1997 年 の 検 事 任 官 後 , 神 戸 , 大 阪 , 名 古 屋 の 各 地 方 検 察 庁 において 各 種 事 件 (いわゆる

一 般 刑 事 事 件 のほか, 財 政 経 済 事 犯 ・ 汚 職 事 犯 等 を 含 む。)の 捜 査 ・ 公 判 活 動 に 従 事 すると

ともに,この 間 , 法 務 省 刑 事 局 付 として, 少 年 法 改 正 ・ 刑 法 改 正 の 立 案 作 業 等 にも 従 事 し

た。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS

対 話 型 演 習 刑 事 手 続 実 務 2(×2)

実 務 刑 事 法 総 合 2(×2)

R&W ゼミ 刑 事 実 務 2

対 話 型 演 習 法 曹 倫 理 0.13(×2)

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS

対 話 型 演 習 刑 事 手 続 実 務 2(×2)

実 務 刑 事 法 総 合 2(×2)

R&W ゼミ 刑 事 実 務 2

対 話 型 演 習 法 曹 倫 理 0.13(×2)

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

2010~2011 年 度 とも, 前 期 は,2L 生 対 象 の 対 話 型 演 習 刑 事 手 続 実 務 ( 必 修 )を, 後 期

は,3L 生 対 象 の 実 務 刑 事 法 総 合 及 び R&W ゼミ 刑 事 実 務 を 担 当 した。

対 話 型 演 習 刑 事 手 続 実 務 は, 未 習 からの 進 級 直 後 及 び 既 習 の 入 学 直 後 の2L 生 を 対 象 に,

捜 査 から 公 判 に 至 るまでの 刑 事 手 続 ( 実 務 )を 理 解 習 得 させることを 目 的 として, 殺 人 等

被 疑 事 件 の 捜 査 及 び 終 局 処 分 並 びに 強 盗 致 傷 被 告 事 件 ( 共 犯 )の 公 判 活 動 等 について, 受

講 生 に 実 務 法 曹 の 立 場 で 主 体 的 に 検 討 を 加 えさせる 内 容 の 授 業 を 行 った。 受 講 生 は, 実 際

の 刑 事 手 続 ( 実 務 )に 触 れるのは 初 めての 者 が 大 半 ということもあって, 刑 事 訴 訟 法 の 教

科 書 等 の 記 載 の 意 味 が 初 めて 具 体 的 に 理 解 できた, 教 科 書 等 の 記 載 と 実 務 運 用 との 相 違 点

を 知 り 興 味 深 かった, 手 続 法 の 勉 強 は 無 味 乾 燥 というイメージを 持 っていたがその 面 白 さ

を 認 識 した, 事 実 の 捉 え 方 や 評 価 の 仕 方 を 学 ぶことができた 等 の 反 応 が 数 多 く 見 られた 一

方 , 理 論 的 ・ 体 系 的 な 解 説 が 少 ないため 分 かりにくく 感 じた 等 の 反 応 も 見 られた。2L 前

期 の 段 階 では 刑 事 訴 訟 法 の 基 本 的 理 解 がいまだ 不 十 分 な 者 もいることから,かかる 受 講 生

も 理 解 できるような 説 明 方 法 等 を 更 に 工 夫 したい。

実 務 刑 事 法 総 合 は, 刑 事 実 体 法 及 び 手 続 法 について 一 通 りの 学 習 を 終 えた3L 生 を 対 象

に, 具 体 的 事 例 における 事 実 認 定 及 び 法 令 適 用 を 実 践 しその 能 力 の 向 上 を 図 ることを 目 的

106


として, 事 案 の 特 質 や 証 拠 関 係 の 異 なる 様 々な 事 件 を 題 材 に 用 い, 受 講 生 に 実 務 法 曹 の 立

場 で, 犯 人 性 の 検 討 , 罪 責 ( 擬 律 判 断 )の 検 討 , 手 続 法 上 の 問 題 点 の 検 討 等 を 行 わせる 内

容 の 授 業 を 行 った。3L 後 期 という 仕 上 げの 段 階 にあることを 踏 まえ, 司 法 修 習 に 円 滑 に

移 行 させることも 意 識 して, 修 習 ・ 実 務 において 大 きなウェイトを 占 める 事 実 認 定 のトレ

ーニングに 相 当 の 時 間 を 費 やすとともに, 罪 責 の 検 討 や 手 続 法 上 の 問 題 点 の 検 討 に 当 たっ

ては,より 完 成 度 の 高 い,きめの 細 かい 検 討 と 表 現 を 実 践 できるよう 指 導 することを 心 が

けた。 最 近 の 司 法 修 習 生 の 傾 向 として, 基 本 的 事 項 の 理 解 が 不 十 分 といわざるを 得 ない 者

が 少 なくないとの 指 摘 も 耳 にすることから, 授 業 においては 基 本 的 な 事 項 を 一 つ 一 つ 丁 寧

に 検 討 させることに 重 点 を 置 いたが, 受 講 生 からは, 大 事 なところを 繰 り 返 し 丁 寧 に 学 べ

て 良 かったという 意 見 と, 授 業 の 進 度 がもう 少 し 速 くても 良 かったという 意 見 の 双 方 が 見

られた。 受 講 生 のレベルに 開 きがあることを 踏 まえ,それぞれが 進 度 に 応 じて 授 業 を 最 大

限 活 用 できるよう, 検 討 対 象 事 件 の 選 定 等 を 更 に 検 討 したい。

R&W ゼミ 刑 事 実 務 は, 刑 事 実 体 法 ・ 刑 事 手 続 法 上 の 様 々な 問 題 点 を 含 む 事 例 ( 判 例 を 素

材 とするものと 含 む。)につき, 担 当 の 受 講 生 が, 判 例 ・ 学 説 等 の 調 査 を 行 い, 自 己 の 検 討

結 果 等 をまとめた 文 書 を 起 案 ・ 提 出 した 上 , 授 業 でその 報 告 を 行 い, 教 員 及 び 受 講 生 全 員

で 討 議 を 行 う,というゼミ 形 式 の 授 業 であり, 実 務 で 求 められる 事 案 処 理 能 力 , 法 的 論 証

能 力 , 法 律 文 書 起 案 能 力 及 び 口 頭 報 告 能 力 等 を 向 上 させることを 目 的 としている。 刑 事 実

務 への 関 心 が 高 い 受 講 生 が 中 心 の 少 人 数 ゼミであることから, 司 法 修 習 生 ないし 若 手 実 務

家 への 指 導 に 準 じて,やや 厳 しい 目 で 起 案 や 報 告 を 見 るようにしているが, 受 講 生 は 概 ね

意 欲 的 に 吸 収 していた。

以 上 のほか, 対 話 型 演 習 法 曹 倫 理 の 授 業 の1 回 を 担 当 し, 検 察 権 の 行 使 の 際 に 生 じる 様 々

な 問 題 の 検 討 を 通 じて 検 察 官 の 倫 理 を 受 講 生 に 検 討 させたほか, 経 済 刑 法 の 授 業 の1 回 に

参 加 し, 具 体 的 な 経 済 事 犯 の 実 務 的 処 理 について 受 講 生 に 検 討 を 行 わせた。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

相 互 授 業 参 観 , 教 育 改 善 意 見 交 換 会 に 参 加 した。

また, 学 外 の 活 動 であるが, 他 の 法 科 大 学 院 に 派 遣 されている 派 遣 検 察 官 との 間 で 定 期

的 に 意 見 交 換 する 機 会 を 持 ち, 教 育 の 質 の 向 上 を 図 っている。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

研 究 会 活 動 判 例 刑 事 法 研 究 会 ( 神 戸 大 学 )

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010~2011 年 度 とも, 関 西 大 学 法 科 大 学 院 客 員 教 授 ( 派 遣 検 察 官 )として, 元 裁 判 官 教

員 及 び 弁 護 士 教 員 と 共 に, 刑 事 模 擬 裁 判 , 刑 事 実 務 特 殊 講 義 及 び 法 曹 倫 理 の 各 授 業 を 行 っ

た。

〔 社 会 における 活 動 〕

新 司 法 試 験 考 査 委 員 ( 刑 事 訴 訟 法 )2010 年 度 ~

107


増 島 建 ( 国 際 関 係 論 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

研 究 面 では、ここ 数 年 の 課 題 は、(1)1990 年 代 以 降 の 先 進 国 ・ 途 上 国 関 係 の 変 化 、

(2) 地 域 主 義 における 開 発 の 役 割 、(3)EUにおけるメンバー 国 外 交 の 役 割 、であり、

いずれにおいても 作 業 はそれなりに 進 展 させることができた。しかし 成 果 の 刊 行 という 点

では 不 満 足 なものであり、 今 後 に 期 したい。 教 育 面 では、 学 部 においては 授 業 アンケート

の 結 果 等 にみられる 今 の 学 生 の 姿 勢 ・ 要 望 に 合 わせた 工 夫 が 必 要 であると 強 く 感 じるよう

になったが、 試 行 錯 誤 の 連 続 であり、 今 後 ともなお 一 層 の 改 善 に 努 めていきたい。 大 学 院

では、 一 部 の 留 学 生 による 報 告 を 本 人 の 希 望 から 英 語 で 行 うことを 認 めているが、 今 後 も

こうした 学 生 の 要 望 には 柔 軟 に 対 応 していきたいと 考 えている。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

グローバル 社 会 における 政 治 ・ 法 ・ 経 星 野 昭 吉 編

亜 細 亜 大 学 ブ 2011 年 3 月

済 ・ 地 域 ・ 環 境

増 島 は「 地 域 主 義 のた ックセンター

めの 援 助 は 可 能 か?-

予 備 的 考 察 の 試 み-」

(243-255 頁 )を 執 筆

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

Development and Security in Kobe

No. 45

2012 年 3 月

Foreign Aid: Ever Closer Partners? University Law

Review

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

L'APD japonaise et le regionalisme

en Asie

Aid and Regionalism: Japan’s ODA International

toward Southeast Asia

Conference

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

Le Japon dans la Paris (France) 2010 年 3 月

nouvelle Asie –

enjeux et avenir

"The

Transformative

Power of Europe:

The Diffusion of

Regional

Integration"

Berlin

(Germany)

2010 年 12 月

108


〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

2010 年 はEUIJ 関 西 政 治 サブグループによる 共 同 研 究 として、EUIJ 関 西 の 資 金

でヨーロッパの 国 際 政 治 研 究 者 を4 名 招 聘 していただき、グループ 参 加 の 日 本 側 研 究 者 と

共 同 で「EU 対 外 行 動 におけるメンバー 国 外 交 の 役 割 ―フランス、ドイツ、イギリス」を

テーマにした 国 際 ワークショップを 開 催 した。また 後 期 には 安 倍 フェローとして 引 き 続 き

「 地 域 主 義 における 開 発 」に 関 する 研 究 を 進 めた。 現 地 調 査 をヨーロッパ、 南 米 、 北 米 に

おいて 実 施 し、 各 国 の 地 域 主 義 研 究 者 との 交 流 も 深 めることができた。その 成 果 の 一 部 は、

小 論 ではあるが「 地 域 主 義 のための 援 助 は 可 能 か?」と 題 して 発 表 した。2011 年 には、

地 域 主 義 に 関 する 研 究 を 継 続 するとともに、 開 発 援 助 が 民 主 化 ・ガバナンス・ 紛 争 といっ

た 政 治 的 性 格 の 強 い 課 題 を 包 含 するに 至 った 過 程 について 従 来 からの 研 究 のとりまとめ 作

業 を 行 ったが、 刊 行 には 至 っていない。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


国 際 関 係 論 特 殊 講 義 2

国 際 関 係 史 特 別 特 殊 講 義 4

学 部

国 際 関 係 史 4

3.4 年 次 国 際 関 係 論 演 習 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


国 際 関 係 史 特 別 特 殊 講 義 4

国 際 関 係 論 特 殊 講 義 2

学 部

3.4 年 次 国 際 関 係 史 4

国 際 関 係 論 演 習 2

国 際 政 治 応 用 研 究 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

2010 年 は 転 出 した 教 員 の 後 任 である 国 際 関 係 論 教 員 の 着 任 に 伴 い、 国 際 関 係 論 科 目 の

再 編 と 担 当 科 目 の 変 更 があった。そのため 新 たに 国 際 関 係 史 ( 移 行 措 置 経 過 後 は 国 際 関 係

論 II)を 担 当 した。4 単 位 の 新 規 科 目 の 講 義 準 備 で 時 間 をとられ、 講 義 ノートを 作 成 し

ながら 講 義 を 進 めたため、 学 生 にはわかりにくかったかもしれない。ビデオなどを 多 用 し

て 感 覚 的 に 開 発 ・ 紛 争 とはどのようなものかを 理 解 してもらうように 配 慮 した。 学 部 演 習

は、ここ 数 年 、 毎 年 6-7 月 に 開 催 される「 関 西 国 際 関 係 論 合 同 ゼミ」(12-13ゼミ 参

加 )に 参 加 している。 後 期 は 教 員 になってから 初 めての 長 期 在 外 研 究 ( 半 年 間 )のため、

栗 栖 薫 子 教 授 に 大 変 お 世 話 になった。 大 学 院 の 国 際 関 係 論 特 殊 講 義 では、 主 権 論 をテーマ

にした。2011 年 は、 学 部 ・ 国 際 関 係 史 ( 国 際 関 係 論 II)では、 授 業 前 に 要 望 を 聞 く

アンケートを 実 施 し、また 毎 回 課 題 を 課 し、それに 関 してコメント・ 解 説 を 行 ってフィー

ドバックをするように 努 めた。また 外 務 省 による 出 張 講 義 を 実 施 していただいた。 学 部 ・

国 際 政 治 応 用 研 究 は、40 名 を 超 える 参 加 者 に 対 して 少 人 数 教 育 をどのように 実 施 するか

試 行 錯 誤 の 連 続 であった。 学 生 アンケートでもその 点 が 指 摘 されたが、 学 生 にとってもフ

109


ラストレーションがあったのだと 思 う。トランスナショナル 関 係 をテーマにしたが、 幸 い

法 学 会 及 びパブリック・コミュニケーション・センター(PCC)の 支 援 で、 元 駐 バチカ

ン 大 使 ( 国 際 政 治 における 宗 教 )、ジャーナリスト( 日 本 における 移 民 労 働 者 )による 第 一

線 の 情 報 を 学 生 たちに 提 供 することができたと 思 っている。 大 学 院 の 国 際 関 係 論 特 殊 講 義

では、 地 域 主 義 をテーマにした。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

2010 年 にはEUIJ 関 西 国 際 ワークショップ 参 加 者 との 交 流 を 行 った。2010 年 後

期 に、ボルドー 大 学 政 治 学 院 (フランス)、ブリュッセル 自 由 大 学 (ベルギー)、 米 州 開 発

銀 行 (アメリカ)、ユニノルテ 大 学 (パラグアイ) 等 に 滞 在 し、 現 地 調 査 を 行 うとともに、

研 究 会 で 報 告 を 行 った(ボルドー 政 治 学 院 、ブリュッセル 自 由 大 学 )。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

研 究 会 活 動

シンポジウム 等 の 主 催 等

日 本 政 治 学 会 、 比 較 政 治 学 会 、 日 本 国 際 政 治 学 会 、 日 仏 政 治 学

会 、 日 本 EU 学 会 、 国 際 開 発 学 会 、 日 本 平 和 学 会 、 Association

for the Study of Modern and Contemporary France

日 仏 政 治 学 会 理 事 ・ 幹 事

EUIJ 関 西 リサーチグループ・ 政 治 サブグループ 責 任 者

EUIJ 関 西 国 際 ワークショップ 主 催 ( 企 画 ・コメンテーター・

司 会 ) ”National Foreign Policies of the Member States and

External Action of the EU: The Cases of France, Germany,

and United Kingdom” 2010 年 2 月 10 日 於 神 戸 大 学

丸 山 英 二 ( 英 米 法 、 医 事 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

この 期 間 における 研 究 活 動 は, 主 に, 臨 床 研 究 , 遺 伝 医 学 , 生 殖 補 助 医 療 , 個 人 情 報 保

護 ・ 医 療 記 録 , 臓 器 移 植 , 終 末 期 医 療 など 医 療 ・ 医 学 に 関 する 法 律 ・ 生 命 倫 理 問 題 とアメ

リカ 法 の 概 説 を 対 象 とするものであった。2009 年 に 第 2 版 を 出 した 講 義 案 『 入 門 アメリカ

法 』について, 同 年 3 月 の 連 邦 民 訴 規 則 改 正 や 2010 年 6 月 の McDonald v. City of Chicago

判 決 などを 織 り 込 むとともに, 不 正 確 ・ 不 適 切 な 記 述 を 改 めるため, 第 2 版 第 2 刷 を 刊 行

した。しかし, 出 版 界 の 状 況 は 厳 しさを 増 す 一 方 で, 今 後 は 増 刷 毎 の 補 訂 は 許 されず, 次

回 の 改 訂 は 第 3 版 とせざるを 得 ないようである。その 際 には, 契 約 法 や 専 占 などの 部 分 の

改 訂 に 注 力 したい。

2012 年 1 月 に 倉 持 武 先 生 ( 元 松 本 歯 科 大 学 教 授 )との 共 編 著 として『 脳 死 ・ 移 植 医 療 (シ

リーズ 生 命 倫 理 学 第 3 巻 )』を 出 すことができた。 脆 弱 な 編 集 体 制 にも 拘 らず 刊 行 を 急 ぐと

110


いう 出 版 社 の 意 向 で 編 者 の 負 担 が 重 かったが, 倉 持 先 生 の 尽 力 で 何 とか 刊 行 にこぎつける

ことができた。

時 間 的 能 力 的 制 約 が 年 ごとに 厳 しくなっており,この 先 いかほどの 研 究 成 果 を 挙 げられ

るかはなはだ 心 許 ないが,あきらめず 努 力 を 積 み 重 ねていきたい。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

倉 持 武 ・ 丸 山 英 二 『 脳 死 ・ 移 植 医 療 (シ 共 著 ・ 編 集 丸 善 出 版 2012 年 1 月

リーズ 生 命 倫 理 学 第 3 巻 )』( 共 編 著 )

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

インフォームド・コンセント 甲 斐 克 則 編 『レ 17~29 頁

2010 年 2 月

クチャー 生 命 倫

理 と 法 』( 法 律 文

化 社 )

代 理 母 ・ 代 理 出 産 ( 特 集 ・ 産 婦 人 科 に 産 婦 人 科 の 実 際 59 巻 13 号 2123~ 2010 年 12 月

関 わる 法 と 倫 理 の 現 状 )

生 命 倫 理 4 原 則 と 医 学 研 究

2129 頁

日 本 義 肢 装 具 学 27 巻 1 号 58~64 頁 2011 年 1 月

会 誌

Tamakoshi A, Matsui K, Sato K, J Epidemiology 21(2):158-9 2011 年 3 月

Masui T, Maruyama E., Three

Critical Issues to Consider before

Implementing A New

Genome-Cohort Study in Japan.

ゲノム 時 代 のコホート 研 究 —マネジメ 週 刊 日 本 医 事 新 4551 号 26~31 頁 2011 年 7 月

ントの 考 え 方 を 取 り 入 れて( 玉 腰 暁 報

子 , 佐 藤 恵 子 , 松 井 健 志 , 増 井 徹 , 丸

山 英 二 )

終 末 期 医 療 および 臓 器 移 植 と 家 族 年 報 医 事 法 学 26 号 125~132 頁 2011 年 8 月

イレッサ 訴 訟 とインフォームド・コン

セント

夏 の 終 わり―― 終 末 期 医 療 について

臓 器 移 植 法 ―― 経 緯 , 改 正 , 課 題

中 山 研 一 先 生 の 思 い 出 ―― 脳 死 ・ 臓 器

移 植 研 究 会

リーガルマイン


319 号 1~33 頁 2011 年 10 月

医 療 と 法 ネット 10 号 1~2 頁 2011 年 10 月

ワーク 会 報

森 島 昭 夫 ・ 塩 野 723~745 頁 2011 年 11 月

宏 編 『 変 動 する

日 本 社 会 と 法

( 加 藤 一 郎 先 生

追 悼 論 文 集 )』

( 有 斐 閣 )

「 中 山 研 一 先 生 233~235 頁

を 偲 ぶ」 文 集 刊

2012 年 2 月

111


* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

行 委 員 会 編 『 定

刻 主 義 者 逝 く―

― 中 山 研 一 先 生

を 偲 ぶ』( 成 文

堂 )

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

臓 器 移 植 法 の 改 正 をめぐって: 法 的 立 第 113 回 日 本 小 児 科 盛 岡 市 民 文 化 2010 年 4 月

場 から

学 会 学 術 集 会 シンポ ホール

ジウム5

臨 床 研 究 倫 理 指 針 の 改 正 と 産 業 保 健 第 83 回 日 本 産 業 衛 生 福 井 県 国 際 交 2010 年 5 月

学 会 倫 理 審 査 委 員 会 流 会 館

研 修

General Consent to Research Use of 18th World Congress Westin 2010 年 8 月

Biological Samples and Health on Medical Law Zagreb,

Information

Croatia

臨 床 研 究 と 生 命 倫 理 と 法

愛 知 医 科 大 学 倫 理 講 愛 知 医 科 大 学 2010 年 10 月

習 会

改 正 臓 器 移 植 法 ―― 脳 死 臓 器 移 植 に 医 療 事 故 ・ 紛 争 対 応 研 九 州 大 学 百 年 2010 年 11 月

対 するドナーの 事 前 意 思 とそれがな 究 会 第 5 回 年 次 カン 会 館

い 場 合 の 取 扱 い

ファレンス

臓 器 移 植 法 の 改 正 をめぐって―― 法

的 立 場 から

終 末 期 医 療 ・ 臓 器 移 植 と 家 族

医 療 安 全 とインフォームド・コンセン


日 本 生 命 倫 理 学 会 第

22 回 年 次 大 会

第 40 回 日 本 医 事 法 学

会 総 会

医 療 安 全 ワークショ

ップ・セミナー2010

藤 田 保 健 衛 生

大 学

東 洋 大 学 白 山

キャンパス

広 島 国 際 会 議


2010 年 11 月

2010 年 11 月

2010 年 12 月

米 国 の 遺 伝 子 情 報 差 別 禁 止 法 (GINA) ゲノム ELSI ユニット 東 京 国 際 フォ2011 年 2 月

について

ーラム D7

医 療 過 誤 とインフォームド・コンセン


法 的 観 点 からみた 脳 死

トップセミナー( 人 権

研 修 )

第 53 回 日 本 小 児 神 経

学 会 総 会

大 阪 府 障 がい2011 年 3 月

者 医 療 ・リハビ

リテーション

センター

パシフィコ 横


2011 年 5 月

病 院 における 個 人 情 報 の 保 護 済 生 会 兵 庫 県 病 院 平 済 生 会 兵 庫 県 2011 年 6 月

成 23 年 度 個 人 情 報 保 病 院

護 研 修 会

イレッサ 訴 訟 とインフォームド・コン 医 薬 品 企 業 法 務 研 究 メルパルク 大 2011 年 7 月

セント

会 2011 年 7 月 度 例 会 阪

アメリカ 合 衆 国 における 臨 床 研 究 規 第 41 回 日 本 医 事 法 学 岡 山 大 学 津 島 2011 年 11 年

112


制 会 総 会 キャンパス

本 人 への 不 告 知 を 家 族 から 依 頼 され 医 療 事 故 ・ 紛 争 対 応 研 パシフィコ 横 2011 年 12 月

た 場 合 ―― 不 告 知 に 対 する 裁 判 所 の 究 会 第 6 回 年 次 カン 浜

考 え 方 : 日 米 比 較

ファレンス

インフォームド・コンセントと 個 人 情

報 保 護

倫 理 指 針

臨 床 試 験 と 個 人 情 報 保 護 ―― 法 的 倫

理 的 観 点 から

医 と 倫 理

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

加 古 川 西 市 民 病 院 ・ 医

療 安 全 講 座

第 44 回 医 学 系 大 学 倫

理 委 員 会 連 絡 会 議

日 本 臨 床 試 験 研 究 会

加 古 川 西 市 民

病 院

ホテルグラン

ヴィア 岡 山

福 岡 国 際 会 議


2012 年 1 月

2012 年 2 月

2012 年 2 月

神 戸 市 産 業 振 興 財 団 神 戸 市 産 業 振 2012 年 2 月

2011 年 度 第 2 回 医 工 興 センター

連 携 人 材 育 成 セミナ


〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

自 らの 関 心 のままに 研 究 対 象 が 広 がるとともに, 仕 事 量 も 依 頼 されるままに 増 加 したた

め, 個 々の 仕 事 にあてる 時 間 が 不 足 しがちになってきている。 初 心 に 帰 り, 丹 念 に 仕 事 を

するよう 心 懸 けたい。

最 近 は, 原 稿 を 無 理 に 書 くようにし 向 けてくれる 編 集 者 , 講 演 で 話 すように 半 ば 強 制 し

てくれる 人 ・ 団 体 , 講 演 会 や 研 究 会 のようなところで 過 ちを 指 摘 してくれる 人 , 新 しい 内

容 の 授 業 をするよう 求 めてくる 大 学 ,など, 周 囲 の 方 々のおかげで, 自 分 の 自 由 意 思 では

とてもやろうとは 思 わないこと,できるとは 思 えないことをさせられ, 結 果 的 には, 不 十

分 なものであるが,なにがしかの 成 果 が 残 り,また, 何 よりも 得 難 い 体 験 ・ 経 験 を 積 ませ

て 戴 いている。このことに 思 いを 致 し,あらためて 感 謝 したい。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


英 米 法 演 習 2

英 米 法 特 殊 講 義 2

LS アメリカ 法 4

学 部

英 米 法 4

1 年 次 演 習 2

医 学 部

全 人 医 学 ( 医 学 部 ・オムニバスで 丸 山 は「 医 療 ・ 医 学 研

究 と 倫 理 と 法 」を 担 当 )

0.33

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 ・LS・ 学 部 サバティカルのため 担 当 なし

医 学 部 全 人 医 学 ( 医 学 部 ・オムニバスで 丸 山 は「 医 療 ・ 医 学 研 0.33

113


究 と 倫 理 と 法 」を 担 当 )

* 院 = 大 学 院 科 目 ,LS= 法 科 大 学 院 科 目 , 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 , 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

アメリカ 法 に 関 しては, 英 文 資 料 をさほどためらうことなく 処 理 できる 能 力 の 涵 養 を 目

指 して 授 業 を 行 ったが, 英 文 資 料 の 取 扱 いにてこずり,また, 受 講 生 の 講 義 の 準 備 に 費 や

すことのできる 時 間 も 限 られているので,どのようなあり 方 がよいのか 暗 中 模 索 の 状 態 に

ある。とりあえずは, 教 材 ・ 資 料 からあまり 離 れることなく,わかりやすい 授 業 を 提 供 に

努 めたい。

授 業 アンケートにおける 指 摘 に 関 しては,アメリカ 法 に 関 して, 授 業 の 展 開 の 方 向 を 予

告 することに 努 力 し, 併 せて, 契 約 法 の 比 率 を 高 めることに 努 めている。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

対 象 期 間 中 に 特 記 すべきことはない。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

2010 年 8 月 にザグレブ(クロアチア)で 開 かれた 18th World Congress on Medical Law

において General Consent to Research Use of Biological Samples and Health

Information の 演 題 で 報 告 した。 批 判 も 受 けたが, 賛 意 を 示 してくれる 参 加 者 がかなりいた

ことが 嬉 しかった。なお,2011 年 にそれをベースとした 英 文 原 稿 を 書 くことを 約 束 してい

たが,( 私 事 にわたるが) 同 年 に 母 と 姉 を 看 取 ったこともあり 果 たせず, 編 者 と 出 版 社 に 迷

惑 をかけたことが 悔 やまれる。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

研 究 会 活 動

シンポジウム 等 の 主 催 等

日 本 医 事 法 学 会 , 日 本 生 命 倫 理 学 会 , 日 米 法 学 会 , 比 較 法 学

会 , 法 と 精 神 医 療 学 会 , 日 本 疫 学 会 , 日 本 移 植 学 会 , 日 本 遺 伝

カウンセリング 学 会 , 日 本 脳 死 ・ 脳 蘇 生 学 会

日 本 医 事 法 学 会 , 日 本 生 命 倫 理 学 会 , 日 米 法 学 会 , 比 較 法 学

会 の 各 理 事 , 日 米 法 学 会 , 日 本 生 命 倫 理 学 会 の 編 集 委 員 。

文 部 科 学 省 科 学 技 術 試 験 研 究 委 託 事 業 「 精 神 ・ 神 経 疾 患 克 服

のための 研 究 資 源 (リサーチリソース)の 確 保 を 目 指 した 脳 基

盤 の 整 備 に 関 する 研 究 」( 業 務 実 施 機 関 ・ 独 立 行 政 法 人 国 立 精

神 ・ 神 経 医 療 研 究 センター, 業 務 主 任 者 ・ 有 馬 邦 正 )において,

ブレインバンク 法 倫 理 検 討 委 員 会 委 員 長 を 務 め(2011 年 10 月 ),

研 究 会 活 動 を 主 宰 した。

第 40 回 日 本 医 事 法 学 会 総 会 シンポジウムⅡ「 医 療 と 家 族 」

(2010 年 11 月 )および 第 41 回 日 本 医 事 法 学 会 総 会 シンポジウ

ム「 臨 床 研 究 」(2011 年 11 月 )の 企 画 に 参 画 した。

〔 学 外 教 育 活 動 〕

114


千 葉 大 学 医 学 部 「 生 命 倫 理 と 法 学 」 講 師 (H22.4.15 および H23.4.14)

〔 社 会 における 活 動 〕( 各 種 審 議 会 委 員 ほか)

※ 期 間 を 明 記 したもの 以 外 は, 全 期 間 にわたって 委 員 を 務 めた。

厚 生 労 働 省 医 薬 品 の 安 全 対 策 等 における 医 療 関 係 データベースの 活 用 方 策 に 関 する 懇 談

会 構 成 員 (~2010 年 7 月 ), 同 臓 器 提 供 に 係 る 意 思 表 示 ・ 小 児 からの 臓 器 提 供 等 に 関 する

作 業 班 班 員 (~2010 年 5 月 ), 同 医 療 情 報 データベース 基 盤 整 備 事 業 協 力 医 療 機 関 ワーキ

ンググループ 特 別 参 考 人 (2011 年 12 月 ~), 神 戸 市 保 健 医 療 審 議 会 委 員 。

神 戸 市 立 医 療 センター 中 央 市 民 病 院 倫 理 委 員 会 委 員 , 同 生 体 肝 移 植 症 例 検 討 委 員 会 委 員 ,

兵 庫 県 立 こども 病 院 倫 理 委 員 会 委 員 , 兵 庫 県 災 害 医 療 センター 倫 理 委 員 会 委 員 , 神 戸 赤 十

字 病 院 倫 理 委 員 会 委 員 , 国 立 成 育 医 療 センターヒト ES 細 胞 研 究 倫 理 審 査 委 員 会 委 員 , 独 立

行 政 法 人 医 薬 基 盤 研 究 所 運 営 評 議 会 委 員 , 同 実 用 化 研 究 評 価 委 員 会 委 員 , 同 研 究 倫 理 審 査

委 員 会 委 員 , 先 端 医 療 振 興 財 団 生 命 倫 理 審 議 会 委 員 , 同 治 験 審 査 委 員 会 委 員 ・ 医 薬 品 等 臨

床 研 究 審 査 委 員 会 委 員 , 同 臨 床 研 究 情 報 センター 倫 理 委 員 会 委 員 ,ヒューマンサイエンス

振 興 財 団 資 源 供 給 審 査 委 員 会 委 員 , 同 研 究 資 源 バンク 倫 理 審 査 委 員 会 委 員 ,( 社 ) 日 本 臓 器

移 植 ネットワーク 中 央 評 価 委 員 会 委 員 (2011 年 9 月 ~), 同 西 日 本 支 部 運 営 委 員 会 委 員 , 同

地 域 評 価 委 員 会 委 員 , 三 菱 田 辺 製 薬 ( 株 )ヒト ES 細 胞 研 究 倫 理 審 査 委 員 会 委 員 ,シスメッ

クス( 株 ) 中 央 研 究 所 研 究 倫 理 審 査 委 員 会 委 員 。

日 本 人 類 遺 伝 学 会 倫 理 審 議 委 員 会 委 員 , 日 本 疫 学 会 倫 理 審 査 委 員 会 ( 西 日 本 ) 委 員 , 日

本 小 児 科 学 会 子 どもの 脳 死 臓 器 移 植 プロジェクト 委 員 ,( 財 ) 日 本 公 衆 衛 生 協 会 先 端 医 科 学 研

究 に 関 する 倫 理 的 ・ 法 的 ・ 社 会 的 問 題 についての 調 査 研 究 ELSI 委 員 会 委 員 , 日 本 多 施 設 共

同 コーホート 研 究 社 会 的 諸 問 題 検 討 委 員 会 委 員 (~2012 年 3 月 ), 日 本 学 術 振 興 会 ゲノム

テクノロジー 第 164 委 員 会 ELSI 分 科 会 委 員 (2009 年 11 月 ~)。

簑 原 俊 洋 ( 日 米 関 係 史 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

この 間 の 研 究 活 動 としては、 編 著 を 中 心 とするグループ・ワークをこなすことができた。

また、 私 自 身 が 編 者 としてまとめた 一 冊 が 刊 行 されたことはとりわけ 喜 ばしいことであっ

た。 複 数 の 執 筆 者 を 統 括 するのは 多 くの 困 難 を 伴 ったが、これらは 今 後 の 研 究 活 動 に 活 か

すことができると 考 える。なお、 従 来 の 研 究 は 戦 前 に 日 本 外 交 ・ 日 米 関 係 に 焦 点 を 当 てて

いたたが、この 期 間 戦 後 (それも 2000 年 代 )の 日 米 関 係 について 論 文 を 上 梓 できたことは

とりわけ 大 きな 収 穫 であり、 大 きな 達 成 感 をもたらした。 今 後 も 戦 後 期 に 関 する 研 究 を 徐 々

に 増 やしたいと 思 う。なお、 次 の 課 題 としては 現 在 研 究 を 進 めている 単 著 を 是 非 とも 完 成

が 挙 げられ、こちらは 今 後 二 年 の 間 に 達 成 すること 目 指 している。 他 方 、 教 育 活 動 に 関 し

ても 下 記 に 述 べる 新 たな 手 法 を 導 入 し、 学 生 に 対 して 一 方 的 に 情 報 ・ 知 識 を 提 供 するので

はなく、リサーチ 能 力 及 び 思 考 能 力 の 向 上 を 試 みた。このように 今 後 の 展 望 は 概 ねポジテ

ィヴなものであるが、 本 年 度 に 実 施 される 大 幅 な 給 与 削 減 は 生 活 を 直 撃 するため、モチベ

ーションを 維 持 するのが 大 きな 挑 戦 となろう。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

115


著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

解 明 ・ 昭 和 史 ―― 東 京 裁 判 までの 道

共 著 ・ 分 担 執 筆

朝 日 新 聞 出 版 2010 年

ゼロ 年 代 ・ 日 本 の 重 大 論 点 ―― 外 交 ・ 単 著 ・ 編 集 柏 書 房 2011 年

安 全 保 障 で 読 み 解 く

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

ペリー 提 督

文 藝 春 秋 8 月 号 313-314 2010 年

書 評 :Oros, Andrew L., Normalizing Journal of 69. 607-610 2010 年 5 月

Japan: Politics, Identity, and the Asian Studies

Evolution of Security Practice

書 評 :Miller, Edward, Bankrupting 『 日 経 新 聞 』 19 2010 年 11 月

the Enemy

(2010.11.7)

書 評 :Schlichtmann, Klaus, Japan in Pacific Affairs 83. 772-775 2010 年 12 月

the World: Shidehara Kijuro,

Pacifism and the Abolition of War, 2

vols.

日 米 新 時 代 の 幕 開 け――ポーツマス 『 文 藝 春 秋 』 12 月 臨 時 増 刊 号 2011 年

会 議 とローズヴェルト

書 評 :ロジャー・ディングマン 著 『 日 『 国 際 政 治 』

196-201

第 163 号 169-173 2011 年 1 月

が 昇 る 国 を 解 読 』

21 世 紀 の 日 米 関 係 ――その 将 来 と 展


* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

『トイロビジネ

ス』

1 月 号 16-17 2012 年

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

危 機 における 政 策 決 定 とインテリジ 三 金 会 ( 日 本 インテリ 霞 ヶ 関 ビル 2010 年 8 月

ェンス: 太 平 洋 戦 争 前 夜 の 日 本 外 交 を

ケース・スタディーとして

ジェンス 研 究 会 )

Overview of Modern Japanese 日 台 学 術 会 議 精 華 大 学 2010 年 8 月

Diplomacy from Late Edo to the

Showa Period.

The Intelligence Dimension to

Japan’s Decision for Pearl Harbor.

日 台 学 術 会 議 精 華 大 学 2010 年 8 月

Fog of Intelligence: The Collapse of

U.S.-Japan Negotiations and the

Decision for the Pacific War.

Foreign Influences on Japanese

Diplomacy in the late 19th century.

Japan’s Defense and Security Policy

Evolution amidst the Rise of China.

The Geopolitical Context of

Japanese Foreign Relations and

National Security Policy.

日 韓 関 係 研 究 会

ソウル 大 学 、 日

本 研 究 所

2010 年 8 月

韓 国 の 近 代 化 研 究 会 成 均 館 大 学 2010 年 8 月

東 アジアの 国 際 情 勢 フ

ォーラム

自 治 大 学 学 術 フォーラ


国 防 研 究 所 (ポ

ルトガル)

リズボン 自 治 大


2010 年 11 月

2010 年 11 月

116


The Intelligence Dimension to

Japan’s Decision for Pearl Harbor.

A Historical Perspective of

US-Japan Relations and Korea:

Toward a New Cornerstone

Alliance?

Pride and Prejudice: Japan’s

Struggle with Race and the

Preservation of National Prestige.

A Historical Perspective of

Japan-US-Korea Trilateral

Relations and the Future Direction.

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

日 本 研 究 会 議 カトリカ 大 学 2011 年 5 月

(ルーバン)

日 韓 関 係 研 究 会 延 世 大 学 2011 年 11 月

日 韓 学 術 交 流 フォーラ


日 韓 米 安 全 保 障 フォー

ラム

延 世 大 学

仁 荷 大 学

2012 年 3 月

2012 年 3 月

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

2 年 間 という 限 定 された 期 間 ではあるものの、 海 外 を 中 心 に 精 力 的 に 学 術 発 表 の 活 動 がで

きたと 思 う。こうした 研 究 交 流 によって 数 多 くの 学 者 と 知 り 合 うことができ、アカデミッ

ク・ネットワークを 構 築 ・ 強 化 できたことは 今 後 大 きな 知 的 資 産 となることは 間 違 いない。

世 界 的 に 日 本 から 関 心 が 離 れるなか、 広 報 外 交 という 側 面 からも 貢 献 できたと 思 う。 出 版

面 でもそれなりに 成 果 はあったように 思 うが、 次 期 FD 期 間 中 には 単 著 の 出 版 を 目 指 した

い。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

学 部

現 代 政 治 入 門 0.67

日 本 政 治 外 交 史 4

政 治 外 交 史 演 習 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


日 本 政 治 史 特 別 特 殊 講 義 4

現 代 政 治 論 演 習 4

学 部

日 本 政 治 外 交 史 4

特 別 講 義 国 際 ジャーナリズムⅠ 2

政 治 外 交 史 演 習 2

特 別 講 義 国 際 ジャーナリズムⅡ 2

社 会 分 析 基 礎 演 習 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

充 実 した 教 育 活 動 を 行 うことができた。 政 治 外 交 史 演 習 にはかなり 労 力 を 投 入 し、 学 生

もそれに 応 えてくれているのは 嬉 しい。 特 別 講 義 国 際 ジャーナリズムは 読 売 新 聞 との 調 整

117


コストは 高 いが、 学 生 の 反 応 もよく、 有 意 義 な 教 育 環 境 を 提 供 できているのではと 考 える。

なお、 日 本 政 治 外 交 史 の 講 義 では 学 生 による 独 自 のリサーチ 及 びプレゼンテーションを 試

験 的 に 導 入 し、 従 来 の 講 義 形 式 とは 異 なった 講 義 スタイルを 用 いた。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

授 業 参 観 によって 得 られたコメントを 講 義 に 反 映 した。 具 体 的 にはパワーポイントの 使

用 に 関 する 工 夫 や 新 たな 機 能 の 使 用 についてノウハウをいただいた。 早 速 試 したみたとこ

ろ、 学 生 からの 反 応 は 好 評 であった。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

Association for Asian Studies の 年 次 大 会 においてパネルの chair を 担 当

ソウル 大 学 国 際 問 題 研 究 所 への 客 員 教 授 としての 派 遣

海 外 からの 留 学 生 ( 研 究 生 )の 受 け 入 れ(セルビア、 中 国 )

外 務 省 及 び 国 際 交 流 基 金 のスキームでの 海 外 の 研 究 者 との 知 的 交 流

韓 国 、 及 び 台 湾 の 学 者 との 学 術 交 流

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

研 究 会 活 動

シンポジウム 等 の 主 催 等

国 際 政 治 学 会 、 国 際 安 全 保 障 学 会 、Association for Asian

Studies, Society of American Foreign Relations, British

Commission for Military History, British International

History Group

日 本 政 治 外 交 史 研 究 会 、 三 金 会 、 関 西 政 治 史 研 究 会 、20 世 紀 と

日 本 研 究 会 、パクスアメリカーナと 海 洋 研 究 会 、サイバー 研 究

会 、 転 換 期 の 日 米 関 係 研 究 会

Mapping the Mental Landscapes of EurAsia を KUBEC( 神 戸

大 学 ブリュッセルセンター)にて 開 催

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

大 阪 大 学 非 常 勤 講 師

関 西 学 院 大 学 非 常 勤 講 師

大 阪 市 立 大 学 非 常 勤 講 師

立 命 館 大 学 非 常 勤 講 師

2011 年 度

大 阪 大 学 非 常 勤 講 師

関 西 学 院 大 学 非 常 勤 講 師

甲 南 大 学 非 常 勤 講 師

神 戸 女 学 院 大 学 非 常 勤 講 師

〔 社 会 における 活 動 〕

118


井 植 記 念 財 団 ・アジア 太 平 洋 フォーラム 研 究 委 員 及 び 研 究 賞 審 査 委 員

安 井 宏 樹 ( 西 洋 政 治 史 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

今 期 は、1ドイツ 政 党 政 治 の 変 容 、2ドイツ 福 祉 国 家 の 構 造 変 容 といった 面 を 中 心 に 研

究 を 進 めた。これらの 研 究 をつなぐ 総 括 的 な 見 取 り 図 を 作 り 上 げていくことが、 前 期 から

引 き 続 き 残 されている 課 題 である。

教 育 面 では、まだ 不 十 分 な 面 もあるとは 思 われるものの、 学 生 からの 授 業 評 価 アンケー

トでの 要 望 や、 授 業 参 観 の 際 に 他 の 教 員 から 寄 せられた 声 などを 反 映 させていくことによ

って、 改 善 の 方 向 に 向 かいつつあるものと 考 えている。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

『ヨーロッパ 政 治 ハンドブック』

「ドイツ」

共 著

東 京 大 学 出 版


2010 年 5 月

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

The “Agenda 2010” Reform under

the Schröder Government: German

Governance in Transition?

( 書 評 ) 近 藤 正 基 著 『 現 代 ドイツ 福 祉 国

家 の 政 治 経 済 学 』

ドイツにおける「 小 連 立 」 政 権 の 運 営 :

小 政 党 の 影 響 力 とその 限 界

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

Kobe

University Law Vol. 44, pp. 1-17

Review

大 原 社 会 問 題 研

究 所 雑 誌

Vol. 638, pp. 67-70

2011 年 3 月

2011 年 12 月

神 戸 法 学 年 報 Vol. 27, pp. 1-23 2012 年 3 月

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

戦 後 ドイツ 政 党 システムの 変 容 : 多 党

化 と 遠 心 化

ドイツにおける 大 政 党 と 小 政 党 によ

る 政 権 運 営

オーストラリア 学 会

秋 学 期 公 開 講 座 「オー

ストラリアの 2010 年

連 邦 総 選 挙 :2 党 制 の

終 焉 ?」

日 本 比 較 政 治 学 会

2011 年 度 研 究 大 会

慶 應 義 塾 大 学

( 東 京 )

北 海 道 大 学

( 札 幌 市 )

2010 年 12 月

2011 年 6 月

現 代 ドイツ 福 祉 国 家 の 主 導 勢 力 ―― 基 盤 研 究 (A)「 少 子 高 神 戸 大 学 2011 年 11 月

119


「 福 祉 連 合 」から「 自 由 主 義 連 合 」へ?: 齢 化 時 代 におけるニ

近 藤 正 基 ( 著 )『 現 代 ドイツ 福 祉 国 家 の ーズ 対 応 型 ・ 市 民 参 加

政 治 経 済 学 』を 手 がかりに 型 福 祉 システムに 関

する 国 際 比 較 」 研 究 会

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

( 神 戸 市 )

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

戦 後 ドイツ 政 党 システムの 変 容 についての 研 究 報 告 を 2010 年 12 月 にオーストラリア 学

会 秋 学 期 公 開 講 座 で 行 い、イギリスやオーストラリアといった 二 党 制 の 国 と 比 較 検 討 する

機 会 を 得 た。そして、そこで 得 られた 知 見 をベースにして、ドイツにおける 政 権 運 営 の 態

様 の 変 化 についての 研 究 報 告 (2011 年 6 月 の 日 本 比 較 政 治 学 会 研 究 大 会 )を 行 い、 論 文 に

まとめて『 神 戸 法 学 年 報 』に 掲 載 した。

戦 後 ドイツ 福 祉 国 家 の 構 造 変 容 に 関 しては、シュレーダー 政 権 による「アジェンダ 2010」

改 革 についての 英 語 論 文 を 公 刊 した 他 、この 分 野 における 意 欲 作 である 近 藤 正 基 氏 の『 現

代 ドイツ 福 祉 国 家 の 政 治 経 済 学 』(ミネルヴァ 書 房 、2009 年 )を 対 象 とする 書 評 論 文 を 執 筆

した。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


比 較 政 治 特 殊 講 義

2

学 部

西 洋 政 治 史

4

社 会 分 析 基 礎 演 習 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


西 洋 政 治 史 特 殊 講 義 2

現 代 政 治 特 殊 講 義 Ⅱ 2

学 部

1 年 次 演 習 2

西 洋 政 治 史 4

全 学

神 戸 大 学 の 研 究 最 前 線 0.13

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

学 部 で 担 当 している「 西 洋 政 治 史 」の 授 業 では、 授 業 評 価 アンケートで 不 満 が 多 く 出 さ

れていた 授 業 進 行 の 遅 れという 問 題 を 改 善 すべく、2010 年 度 後 期 の 授 業 からプレゼンテー

ションソフトの 利 用 を 開 始 した。これによって、 板 書 に 要 していた 時 間 を 短 縮 できるよう

になり、 授 業 評 価 アンケートでも、 遅 れに 対 する 不 満 は 大 きく 減 少 した。しかし、 今 度 は、

授 業 の 進 行 が 早 すぎてノートがとれない 等 の 不 満 が 増 えてきてしまっており、 授 業 で 配 布

しているレジュメをもっと 詳 細 なものにする 等 の 対 処 を 検 討 している。

2010 年 度 後 期 に 学 部 で 担 当 した「 社 会 分 析 基 礎 演 習 」では、 納 税 者 番 号 制 度 導 入 の 是 非

という 問 題 をテーマとして 設 定 し、 前 半 は 基 礎 的 な 知 識 の 確 認 や 調 査 、 情 報 整 理 などに 重

点 を 置 き、 後 半 は 最 終 レポートの 作 成 に 向 けての 中 間 報 告 ・ 討 論 ・ 最 終 報 告 を 中 心 に 演 習

120


を 行 った。 報 告 と 討 論 を 繰 り 返 したことによって、 各 履 修 者 の 問 題 意 識 や 立 論 が 明 確 さを

増 していき、 最 終 レポートの 水 準 向 上 に 寄 与 したものと 考 えている。

2011 年 度 前 期 に 学 部 で 担 当 した「1 年 次 演 習 」では、ねじれ 国 会 を 全 体 的 なテーマとし

つつ、 読 む 力 、 書 く 力 、 話 す 力 、 調 べる 力 の 涵 養 を 目 指 して、 文 献 の 要 約 、 文 献 の 内 容 に

対 する 論 評 、 文 献 資 料 の 探 索 、 国 会 改 革 案 の 立 案 と 発 表 ・ 討 論 等 を 行 った。

2011 年 度 後 期 の 全 学 共 通 授 業 科 目 「 神 戸 大 学 の 研 究 最 前 線 」では、2009 年 の 拙 稿 「ドイ

ツの 分 割 政 府 と 立 法 過 程 」を 題 材 として 授 業 を 行 ったことに 加 え、コーディネータとして

全 15 部 局 にわたる 授 業 担 当 者 の 間 の 調 整 を 行 った。

2010 年 度 後 期 に 大 学 院 で 担 当 した「 比 較 政 治 特 殊 講 義 」では、 導 入 として 政 党 について

の 講 義 を 行 った 後 、 政 党 を 通 じての 政 治 的 リーダーシップに 関 する 研 究 書 を 講 読 し、 学 期

末 には、 任 意 の 国 における「 政 治 的 リーダーシップの 個 人 化 」についての 研 究 報 告 をさせ

た 上 で、レポート 作 成 を 課 題 として 課 した。また、2011 年 度 前 期 に 大 学 院 で 担 当 した「 現

代 政 治 特 殊 講 義 Ⅱ」では、 野 党 の 活 動 について 比 較 研 究 した 文 献 を 講 読 した 後 、 任 意 の 国

における 野 党 のあり 方 や 活 動 についての 研 究 報 告 とレポート 作 成 を 課 した。いずれの 授 業

においても、 最 終 レポートには 力 作 が 多 く、 一 定 の 成 果 は 挙 げられたものと 考 えている。

2011 年 度 前 期 に 大 学 院 で 担 当 した「 西 洋 政 治 史 特 殊 講 義 」では、ドイツ・イタリアの 国

民 国 家 形 成 について 簡 単 に 講 義 した 後 、このテーマを 扱 った 研 究 書 を 講 読 した。 質 疑 応 答

も 活 発 で、 一 定 の 教 育 効 果 は 達 成 されたものと 考 えている。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

本 研 究 科 僚 友 会 主 催 のランチョン・スタッフセミナーに 随 時 参 加 した 他 、 他 の 教 員 の 授

業 参 観 を 行 った。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

2009 年 9 月 から 2010 年 9 月 まで、ベルリン 自 由 大 学 (ベルリン(ドイツ))にて 客 員 研

究 員 として 在 外 研 究 を 行 った。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

研 究 会 活 動

日 本 政 治 学 会 、 日 本 比 較 政 治 学 会

関 西 政 治 史 研 究 会 、 東 京 大 学 政 治 史 研 究 会 、 東 京 大 学 比 較 現 代

政 治 研 究 会 、 歴 史 政 治 学 研 究 会

山 田 誠 一 ( 民 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

民 法 全 般 について 教 育 ・ 研 究 を 行 なうとともに、 信 託 、 金 融 取 引 法 、 保 険 契 約 法 、および、

121


罹 災 都 市 借 地 借 家 臨 時 処 理 法 について、 特 に 関 心 をもって、 研 究 を 行 なった。 今 後 も、 同

様 の 研 究 を 行 なう 予 定 である。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 ・ 掲 載 図 書 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

複 数 債 権 者 ・ 複 数 担 保 権 者 に 係 る

問 題

動 産 ・ 債 権 譲 渡 担 保 融 資

に 関 する 諸 問 題 の 検 討

35-49 頁 2010 年 6 月

信 託 及 び 資 産 の 管 理 運

有 限 責 任 事 業 組 合 の 責 任 財 産 法

用 制 度 に 関 する 法 的 規 131-147 頁 2010 年 7 月

的 検 討

律 のあり 方

金 融 法 務 事 情

預 金 ・ 為 替 概 観

( 金 融 判 例 研 究 )

民 法 判 例 の 動 き

ジュリスト

会 社 分 割 をめぐる 諸 問 題 ― 判 例

を 材 料 に 派 生 論 点 を 考 える( 座 談

金 融 法 務 事 情

会 )( 井 上 聡 = 小 林 信 明 = 三 上 徹

= 村 田 渉 = 山 田 誠 一 = 山 本 和 彦 )

金 融 法 務 事 情

預 金 ・ 為 替 概 観

( 金 融 判 例 研 究 )

1905 号 (20 号 )

2010 年 9 月

4-6 頁

1420 号 73-87 頁 2011 年 4 月

1923 号 40-81 頁 2011 年 6 月

1929 号 (21 号 )

4-6 頁

2011 年 9 月

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

担 保 物 権 、 有 限 責 任 事 業 組 合 、 自 己 信 託 、 信 託 財 産 に 対 する 強 制 執 行 、マンション 管 理 組

合 、 銀 行 ( 預 金 ) 取 引 、 詐 害 的 会 社 分 割 、 生 命 保 険 契 約 の 失 効 ・ 復 活 、および、 優 先 借 地

権 ・ 優 先 借 家 権 について、 研 究 を 行 ない、その 一 部 について、 研 究 の 成 果 を 発 表 した。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 民 法 特 殊 講 義 2 単 位

LS 民 法 基 礎 Ⅲ 4 単 位

学 部

民 法 Ⅱ

4 単 位

民 法 演 習

2 単 位

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS

対 話 型 演 習 契 約 法 Ⅱ(2クラス)

民 法 基 礎 Ⅰ

学 部

民 法 Ⅴ

民 法 演 習

4 単 位

4 単 位

2 単 位

2 単 位

122


* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

( 法 学 部 ) 民 法 Ⅱ(2010 年 度 前 期 )は、 債 権 総 論 を 扱 い、 民 法 Ⅴ(2011 年 度 後 期 )

は、 親 族 および 相 続 を 扱 った( 両 科 目 とも2008 年 度 開 始 カリキュラム)。 民 法 演 習 (2

010 年 度 前 期 )は、 金 融 取 引 法 をテーマにして、 重 要 な 最 高 裁 判 決 を 素 材 にして 行 ない、

民 法 演 習 (2011 年 度 前 期 )は、 契 約 法 をテーマにして、 重 要 な 最 高 裁 判 決 を 素 材 にし

て 行 なった。これらは、いずれも 良 好 な 内 容 で 行 なわれた。

( 大 学 院 実 務 法 律 専 攻 ) 民 法 基 礎 Ⅲ(2010 年 度 後 期 )は、 債 権 総 論 および 担 保 物 権 を

扱 い、 教 材 を 作 成 し、 学 期 開 始 時 に 配 布 し、 教 材 中 に 掲 載 されている 例 題 の 検 討 を、 授 業

中 学 生 とともに 行 なう( 双 方 向 授 業 )などした。 民 法 基 礎 Ⅰ(2011 年 度 前 期 )は、 民

法 総 則 および 物 権 ( 担 保 物 権 を 除 く)を 扱 い、 教 材 を 作 成 し、 学 期 開 始 時 に 配 布 し、 教 材

中 に 掲 載 されている 例 題 の 検 討 を、 授 業 中 学 生 とともに 行 なう( 双 方 向 授 業 )などした。

対 話 型 演 習 契 約 法 Ⅱ(2011 年 度 後 期 )は、 債 権 総 論 の 一 部 、 契 約 、 事 務 管 理 および 不

当 利 得 を 扱 い、 教 材 を 作 成 し、 学 期 開 始 時 および 学 期 中 に 配 布 し、 教 材 中 に 掲 載 されてい

る 検 討 項 目 の 検 討 を、 授 業 中 学 生 とともに 行 なう( 双 方 向 授 業 )などした。いずれについ

ても、 作 成 する 教 材 の 改 善 を 行 なうなどし、いずれも 良 好 な 内 容 で 行 なわれた。

( 大 学 院 理 論 法 学 専 攻 ) 民 法 特 殊 講 義 (2010 年 度 後 期 )は、 民 法 上 の 組 合 等 をテーマ

に 検 討 を 行 なった。 良 好 な 内 容 で 行 なわれた。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

同 僚 教 員 の 授 業 参 観 をするとともに、 同 僚 教 員 に 授 業 参 観 をしていただいた。 法 科 大 学

院 授 業 改 善 会 合 (2011 年 3 月 など)に 出 席 した

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

日 本 私 法 学 会 、 比 較 法 学 会 、 日 仏 法 学 会 、 金 融 法 学 会 、 信 託 法

学 会

日 仏 法 学 会 企 画 運 営 委 員 (2011 年 3 月 まで)、 日 仏 法 学 会 理

事 (2011 年 3 月 から)、 金 融 法 学 会 常 務 理 事 ( 全 期 間 )、 信

託 法 学 会 理 事 ( 全 期 間 )

〔 社 会 における 活 動 〕

金 融 審 議 会 専 門 委 員 (2012 年 1 月 まで)

法 制 審 議 会 幹 事 ( 全 期 間 )

平 成 22 年 司 法 試 験 ( 新 司 法 試 験 ) 考 査 委 員 (2009 年 10 月 から2010 年 10 月

まで)

平 成 23 年 司 法 試 験 考 査 委 員 (2010 年 10 月 から2011 年 10 月 まで)

平 成 23 年 司 法 試 験 予 備 試 験 考 査 委 員 (2010 年 10 月 から2011 年 11 月 まで)

兵 庫 県 弁 護 士 会 懲 戒 委 員 会 予 備 委 員 (2011 年 3 月 まで)

兵 庫 県 弁 護 士 会 懲 戒 委 員 (2011 年 4 月 から)

123


山 本 顯 治 ( 民 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

2010-11 年 度 の 研 究 活 動 においては、 一 方 では、「 契 約 の 経 済 学 」の 知 見 に 基 づき、 契 約

法 における 救 済 法 理 論 の 再 構 築 を 推 し 進 め、 加 えて、 不 完 備 契 約 論 に 基 づく「 関 係 的 契 約

理 論 」の 新 たな 解 釈 を 呈 示 ・ 検 討 する 作 業 を 行 った。 他 方 では、「 行 動 経 済 学 」の 知 見 を 参

照 しつつ、 消 費 者 ・ 投 資 家 の 意 思 決 定 に 存 在 するシステマティック・アノマリーに 着 眼 し

た 不 法 行 為 理 論 の 検 討 を 進 めた。これらの 研 究 成 果 の 一 旦 については 学 術 論 文 の 形 で 公 表

する 機 会 を 得 た。 今 後 は、これらの 問 題 についての 更 なる 研 究 成 果 の 公 表 、および、 契 約

責 任 論 の 中 核 的 諸 問 題 に 関 する 論 文 の 公 表 、さらに、 隣 接 領 域 を 横 断 する 論 文 の 公 表 を 予

定 している。また、 以 前 より 続 いている 大 学 ・ 学 部 を 超 えた 学 際 研 究 ネットワークの 中 で

の 研 究 活 動 を、 今 後 とも 継 続 して 行 いたいと 考 えている。

教 育 活 動 においては、 学 部 教 育 、LS 教 育 、 研 究 者 コース 大 学 院 生 の 指 導 のいずれにおい

ても 成 果 をあげることができたように 思 われる。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

関 係 的 契 約 理 論 による 損 害 賠 償 論 の 法 の 理 論 29 43~68 頁 2010 年 10 月

試 み―― 私 的 自 治 の 射 程

契 約 の 経 済 学 と 契 約 責 任 論 ( 上 ) NBL 942 号 11~21 頁 2010 年 12 月

( 共 著 )

契 約 の 経 済 学 と 契 約 責 任 論 ( 下 )

( 共 著 )

NBL 943 号 28~35 頁 2010 年 12 月

シュミット-リンプラー 再 読 ―― 交 渉

秩 序 と 競 争 秩 序

書 評 石 川 博 康 著 『「 契 約 の 本 性 」の 法

理 論 』

巻 頭 言 : 投 資 家 の 心 理 メカニズムと 勧

誘 規 制 法 理

高 等 研 報 告 書 123~149 頁

「スンマとシス

テム―― 知 のあ

り 方 」

2011 年 3 月

ジュリスト 1424 号 109 頁 2011 年 6 月

先 物 取 引 被 害 研


37 号 1 頁 2011 年 10 月

行 動 経 済 学 と 勧 誘 規 制 法 理 先 物 取 引 被 害 研 37 号 7~23 頁 2011 年 10 月


モデル 分 析 と 意 思 の 規 範 化 について 法 の 理 論 30 263~269 頁 2011 年 11 月

―― 二 つのコメントへのリプライ

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

124


研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

投 資 家 の 非 合 理 性 と 投 資 勧 誘 行 為 の 先 物 取 引 被 害 全 国 研 パシフィック2011 年 4 月

違 法 性 ~ 法 と 行 動 経 済 学 の 出 会 い 究 会 第 65 回 大 会 ホテル 沖 縄

藤 原 政 則 著 「ネット 契 約 としてのフラ 民 法 学 のあゆみ 同 志 社 大 学 2011 年 7 月

ンチャイズ 契 約 ?―― 最 判 平 成 20 年

7 月 4 日 判 時 2008 号 32 頁 を 契 機 に、

ドイツでの 同 様 の 事 件 との 対 比 で

(1)(2・ 完 )」 北 法 60 巻 6 号 、61 巻 1

号 (2010)について

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

2010-11 年 度 に 公 表 した 学 術 論 文 においては、「 契 約 の 経 済 学 」あるいは「 行 動 経 済 学 」

の 知 見 を 元 に 契 約 法 理 論 、および、 不 法 行 為 法 理 論 の 再 構 築 を 試 みた。

契 約 法 理 論 の 領 域 においては、 契 約 の 経 済 学 における 主 要 モデルである、「 非 対 称 情 報 モ

デル」・「 不 完 備 契 約 モデル」・「 取 引 費 用 モデル」という 基 本 モデルを 検 討 しつつ、 近 時 欧

米 のみならず 我 が 国 においても 注 目 を 集 めている「 救 済 法 」の 再 構 築 を 試 みた。 厚 生 の 最

大 化 という 観 点 からの「 損 害 賠 償 」・「 強 制 履 行 」の 救 済 方 法 選 択 基 準 と 考 慮 事 由 、 損 害 賠

償 の 内 容 画 定 基 準 を 明 らかにし、さらに「 再 交 渉 」も、これらと 並 んだ 法 的 救 済 方 法 とし

て 極 めて 重 要 な 役 割 を 果 たすことを 明 らかにした。また、 契 約 締 結 時 点 において 一 回 的 ・

終 局 的 に 契 約 ルールは 確 定 されているとする「 古 典 的 契 約 法 理 論 」を 批 判 する「 関 係 的 契

約 理 論 」によれば、 契 約 ルールは 契 約 締 結 前 後 に 存 在 する 継 続 的 な 当 事 者 関 係 のなかで 生

成 されると 主 張 されるが、この 理 論 に 不 完 備 契 約 論 の 知 見 を 導 入 することにより、 契 約 の

経 済 学 に 基 づいた 関 係 的 契 約 理 論 の 新 たな 発 展 の 方 向 を 呈 示 した。

不 法 行 為 法 理 論 の 領 域 においては、 行 動 経 済 学 の 知 見 を 取 り 入 れ、 投 資 家 の 意 思 決 定 に

存 在 するシステマティック・アノマリーに 着 眼 し、 投 資 勧 誘 行 為 の 違 法 性 評 価 に 関 する 理

論 的 提 言 を 行 った。 投 資 取 引 においては、セールストークの 許 容 性 を 越 えたグレーゾーン

に 属 する 勧 誘 行 為 の 違 法 性 に 光 りを 当 てる 判 断 枠 組 みが 必 要 となる。この 目 的 のために 有

効 なのがカーネマンとトゥベルスキーにより 構 築 された「プロスペクト 理 論 」である。 特

に、 損 失 領 域 において 投 資 家 は、 被 った 損 失 を 挽 回 しようとリスク・テイカーになるとの

実 証 的 知 見 は、 取 引 開 始 後 の 損 益 発 生 という 投 資 家 の 意 思 決 定 に 大 きな 影 響 を 与 える 要 因

をこれまで 全 く 考 慮 に 入 れてこなかった 民 事 勧 誘 規 制 法 理 に 大 きな 反 省 を 迫 るものである。

幸 い、プロスペクト 理 論 に 基 づく 投 資 勧 誘 規 制 法 理 は、 違 法 勧 誘 問 題 の 現 場 に 携 わる 実 務

法 曹 によりその 実 践 的 有 効 性 に 対 する 支 持 を 得 ることができた。 投 資 取 引 被 害 の 一 線 に 立

つ 実 務 法 曹 により 開 催 された 全 国 大 会 における 講 演 を 契 機 として 執 筆 ・ 公 表 した 論 文 にお

いては、かかる 知 見 の 紹 介 ・ 検 討 に 加 え、 最 判 平 成 17 年 7 月 24 日 民 集 59 巻 6 号 1323 頁

における 才 口 千 晴 裁 判 官 補 足 意 見 に 現 れた「 助 言 義 務 」について、プロスペクト 理 論 に 照

らした 解 釈 を 提 示 した。

契 約 の 経 済 学 や 行 動 経 済 学 の 知 見 に 取 り 組 み、 市 場 機 能 や 人 間 の( 限 定 ) 合 理 性 を 踏 まえた

契 約 法 理 論 ・ 不 法 行 為 法 理 論 を 構 築 しようとする 研 究 は、これまで 米 国 が 大 きく 先 行 して

きた。しかし、 近 時 においてはドイツ 法 においても、 若 い 世 代 を 中 心 にこれらの 知 見 に 取

り 組 む 新 たな 研 究 が 陸 続 と 現 れており、 彼 の 地 においては 世 代 間 ギャップとさえ 呼 び 得 る

状 況 にある。もっとも、 契 約 法 ・ 不 法 行 為 法 への 経 済 学 的 思 考 の 導 入 という 壮 大 なプロジ

ェクトはドイツ 法 においてはその 緒 についたばかりである。 翻 って 我 が 国 民 法 学 の 現 状 は、

平 井 宜 雄 博 士 により 世 界 的 にみても 早 い 時 期 にその 重 要 性 が 指 摘 され、 展 開 が 試 みられた

にもかかわらず、 博 士 に 続 いてその 重 要 性 を 理 解 し、 自 らの 研 究 において 積 極 的 に 取 り 組

もうとする 民 法 研 究 者 はなお 極 めて 少 数 にとどまっている。 今 後 、 我 が 国 において 民 法 学

125


と 経 済 学 の 相 互 交 流 を 促 すためには、これまでの 相 互 交 流 の 成 果 として 積 み 重 ねられた 共

有 知 識 の 我 が 国 における 紹 介 ・ 検 討 が 必 要 であると 同 時 に、 様 々な 態 様 ・ 水 準 での 多 様 な

試 みが 積 み 重 ねられる 必 要 がある。その 一 つの 手 掛 かりとなるべく、 今 後 とも 上 記 研 究 を

進 展 させてゆきたいと 考 えている。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS

民 法 基 礎 Ⅱ 4

学 部

対 話 型 演 習 契 約 法 Ⅱ 2×2

民 法 Ⅰ 4

民 法 応 用 演 習 2

法 経 総 合 概 論 Ⅰ 0.13

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 実 定 法 特 殊 講 義 ( 民 法 ) 2

LS

民 法 基 礎 Ⅲ 5

対 話 型 演 習 総 合 法 律 1

学 部

民 法 Ⅱ 4

民 法 演 習 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

まず、 学 部 ・LS の 教 育 に 共 通 することとして、「 深 さ」・「わかりやすさ」・「 進 行 度 合 い」

の 三 要 素 のバランスを 探 りつつ、 民 法 の 思 考 を 受 講 生 が 体 感 できるよう 工 夫 をこらした。

特 に 知 識 の 伝 達 のみならず、 学 生 が「 考 える 力 」を 体 得 することを 学 部 授 業 ・LS 授 業 の 目

標 とした。 学 生 の 質 疑 内 容 のレベル、 期 末 試 験 、さらに、ゼミ 生 の LS 進 学 成 果 等 に 照 らす

ならば、 学 部 講 義 ・ 演 習 、LS 授 業 科 目 のいずれにおいても 大 きな 成 果 が 挙 がっていると 言

うことができる。

学 部 講 義 民 法 Ⅰ、Ⅱでは 大 型 プロジェクタとタブレット PC を 使 用 するという 新 たな 試 み

を 行 った。 従 来 型 の 板 書 に 比 べ、いくつかの 点 で 顕 著 なアドバンテッジがあるように 思 わ

れた。また、 例 年 通 りインターネットの 掲 示 板 を 活 用 し、 講 義 の 補 足 ・ 質 疑 応 答 に 活 用 し

た。また、 学 年 末 の 受 講 生 によるアンケート、および、 学 内 FD による 授 業 参 観 を 受 け、 特

に 講 義 中 の 説 明 のスピードに 配 慮 した。この 結 果 、 学 年 末 の 受 講 生 による 講 義 評 価 アンケ

ートでは、マークシート、および、 自 由 記 述 欄 のいずれにおいても 極 めて 高 い 評 価 が 寄 せ

られた。このことは、 講 義 内 容 の 工 夫 に 加 え、 新 たな 試 みが 奏 功 したことの 査 証 であるよ

うに 思 われる。

LS においては 受 講 生 間 で 基 礎 的 知 識 ・ 素 養 のばらつきが 年 々 顕 著 となっていると 感 じた。

LS 教 育 の 現 場 では、 受 講 生 側 の 咀 嚼 力 のばらつきを 念 頭 におき、 講 義 の 工 夫 を 凝 らしつつ、

同 時 に 演 習 のレベルを 落 とさないという 舵 取 りがますます 重 要 となっており、そのために

さまざまな 試 みを 行 った。その 結 果 、LS においても、 学 年 末 の 受 講 生 による 講 義 評 価 アン

ケートでは、マークシート、および、 自 由 記 述 欄 のいずれにおいても 極 めて 高 い 評 価 が 寄

126


せられた。このことは、 授 業 内 容 、 授 業 方 法 の 両 面 における 創 意 工 夫 が 奏 功 したことの 査

証 となっているように 思 われる。

教 育 活 動 に 関 しては、 学 部 、LS の 教 育 と 共 に、 特 に 次 世 代 研 究 者 の 養 成 が 極 めて 重 要 な

課 題 となっている。 博 士 後 期 課 程 研 究 者 コースに 在 籍 する 大 学 院 生 を 2010 年 度 は 3 名 、2011

年 度 は 2 名 指 導 した。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

教 員 相 互 授 業 参 観 において 同 僚 教 員 の 授 業 を 参 観 し、また、 同 僚 教 員 による 授 業 参 観 を 得

た。さらに、 教 育 改 善 ・ 教 員 意 見 交 換 会 、スタッフランチョンセミナーに 参 加 した。これ

らは、いずれも 授 業 改 善 を 図 るための 重 要 な 契 機 となった。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

研 究 会 活 動

日 本 私 法 学 会 、 日 独 法 学 会 、 日 米 法 学 会 、 法 哲 学 会 、 法 社 会 学

会 、 日 本 倫 理 学 会

日 本 私 法 学 会 理 事 (2011.10~)

民 法 学 のあゆみ 研 究 会 会 員 、 北 海 道 大 学 大 学 院 法 学 研 究 科 グロ

ーバル COE・ 連 携 研 究 者 、 科 学 研 究 費 補 助 金 「 構 造 改 革 型 統 治

システムへの 公 法 学 を 軸 とした 学 際 的 接 近 」( 研 究 代 表 : 角 松 生

史 )・ 研 究 分 担 者 、 科 学 研 究 費 補 助 金 「 責 任 概 念 の 素 朴 理 解 と 非

難 を 規 定 する 心 理 過 程 の 解 明 と 法 的 概 念 の 教 育 方 法 の 考 案 」( 研

究 代 表 : 唐 沢 穣 )・ 連 携 研 究 者

山 本 弘 ( 民 事 訴 訟 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

今 期 の 前 半 は、 研 究 科 長 時 代 に 依 頼 されていたが 多 忙 により 執 筆 するいとまのなかった

仕 事 、 特 に 商 事 法 務 から 刊 行 予 定 の 法 科 大 学 院 生 向 けの 倒 産 法 の 教 科 書 の 担 当 部 分 の 執 筆

等 に 従 事 した。 結 局 、 他 の 共 同 執 筆 者 も 多 忙 のゆえになかなか 執 筆 に 至 らず、 今 回 の 報 告

書 の 対 象 期 間 内 には 刊 行 が 実 現 することなく、この 報 告 書 を 執 筆 している 最 中 に 漸 く 刊 行

された( 山 本 克 己 ほか 編 著 『 破 産 法 ・ 民 事 再 生 法 』( 商 事 法 務 ))。

また、 今 期 の 後 半 は、 法 学 教 室 の 連 載 の 執 筆 に 忙 殺 された。 毎 月 の 連 載 がいかに 負 担 と

なるか 身 にしみて 感 じた。 編 集 部 からの 当 初 の 依 頼 は2 年 間 であったが、2 年 はとても 持

たないと 感 じ、1 年 で 降 板 を 申 し 出 て 了 承 された。しかし、その 結 果 連 載 は 必 ずしも 民 事

訴 訟 法 上 の 諸 問 題 を 網 羅 するものとはならないこととなった。 当 初 は2 年 分 の 連 載 をまと

めて 本 として 上 梓 する 予 定 であったが、 中 途 半 端 に 終 わってしまったことが 残 念 ではある。

なんとか、 残 りの 部 分 を 補 充 して 本 にできればと 考 えている。

127


今 後 は、 教 科 書 および 演 習 書 の 改 訂 を 行 う 予 定 であるほか、 古 稀 を 迎 えられる 先 生 方 に

献 呈 する 論 文 と 有 斐 閣 から 刊 行 予 定 の 民 事 訴 訟 法 の 注 釈 書 の 担 当 部 分 の 執 筆 に 専 心 したい。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

『 基 礎 演 習 民 事 訴 訟 法 』

長 谷 部 由 起 子 学 習 院 大 弘 文 堂 2010 年 4 月

学 教 授 、 笠 井 正 俊 京 都

大 学 教 授 との 共 編 著

そのほかに、 有 斐 閣 『 判 例 六 法 』および『 判 例 六 法 Professional』の 2011 年 版 および 2012

年 版 の 編 集 に 協 力 した。

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

1「 私 的 整 理 と 法 的 再 建 手 続 との 連 ジュリスト 1401 号 4 頁 ~11 頁 2010 年 6 月

携 」

2「『 法 学 教 室 と 私 』」

法 学 教 室 361 号 67 頁 2010 年 10 月

3「 営 業 譲 渡 についての 総 会 決 議 の 代

替 許 可 の 要 件 ( 東 京 高 決 平 成 16 年 6

月 17 日 )」

4「 民 訴 法 判 例 の 動 き」

金 融 商 事 判 例

増 刊 1361 号 38 頁 ~

41 頁

法 学 教 室 判 例 セレクト 2010

Ⅱ25 頁 ~26 頁

2011 年 3 月

2011 年 3 月

5「 上 告 理 由 としての 弁 論 主 義 違 反 法 学 教 室 367 号 97 頁 ~105 頁 2011 年 4 月

(1)」

6「 上 告 理 由 としての 弁 論 主 義 違 反

(2・ 完 )」

法 学 教 室

368 号 123 頁 ~132


2011 年 5 月

7「 法 人 格 否 認 の 法 理 による 既 判 力 ・法 学 教 室

執 行 力 の 拡 張 」

369 号 147 頁 ~157


2011 年 6 月

8「 確 定 判 決 の 反 射 的 効 力 ( 反 射 効 )」 法 学 教 室 370 号 99 頁 ~108 頁 2011 年 7 月

9「 遺 産 分 割 をめぐる 民 事 訴 訟 法 上 の 法 学 教 室

諸 問 題 」

10「 遺 言 執 行 者 の 当 事 者 適 格 」 法 学 教 室

11「 主 観 的 予 備 的 併 合 と 同 時 審 判 申 出

共 同 訴 訟 」

12「 法 人 格 なき 社 団 をめぐる 民 事 手 続

法 上 の 諸 問 題 (1)」

法 学 教 室

法 学 教 室

371 号 124 頁 ~131 2011 年 8 月


372 号 123 頁 ~132 頁 2011 年 9 月

373 号 128 頁 ~134 2011 年 10 月


374 号 127 頁 136 頁 2011 年 11 月

128


13「 法 人 格 なき 社 団 をめぐる 民 事 手 続

法 上 の 諸 問 題 (2・ 完 )」

14「 基 準 時 後 における 形 成 権 行 使 と 既

判 力 の 遮 断 効 」

法 学 教 室

法 学 教 室

375 号 141 号 ~152


376 号 119 頁 ~125


15「 送 達 の 瑕 疵 と 判 決 の 無 効 ・ 再 審 」 法 学 教 室 377 号 112 頁 ~121


16「 確 認 の 利 益 ― 遺 言 無 効 確 認 の 訴 え

を 中 心 に」

17「 民 訴 法 判 例 の 動 き」

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

法 学 教 室 378 号 123 頁 ~129


法 学 教 室 判 例 セレクト 2011

Ⅱ24 頁 ~25 頁

2012 年 1 月

2011 年 12 月

2012 年 2 月

2012 年 3 月

2012 年 3 月

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

「 個 人 の 倒 産 手 続 の 法 律 上 の 諸 問 題 」 司 法 研 修 所 平 成 23 年 司 法 研 修 所 2011 年 7 月

特 別 研 究 会

「 国 際 裁 判 管 轄 法 制 の 概 要 について」 関 西 民 事 訴 訟 法 研 究 エルおおさか 2011 年 10 月


「 国 際 裁 判 管 轄 民 事 訴 訟 法 改 正 を 関 西 大 学 法 学 研 究 所 関 西 大 学 法 学 2011 年 12 月

うけて」

第 46 回 シンポジウム 研 究 所

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

先 にも 記 した 通 り、 法 学 教 室 の 連 載 (5~16)が 今 期 の 研 究 発 表 の 主 軸 をなしている。

各 論 文 とも、 判 例 の 平 板 な 解 説 を 避 け、 判 例 相 互 の 有 機 的 な 繋 がりや 相 互 の 整 合 性 を 検 討

したり、 判 決 文 に 書 かれていないが 結 論 を 左 右 したであろう 事 案 の 特 殊 性 などをえぐり 出

したりするよう、 意 識 した。その 結 果 、 毎 回 予 定 の 頁 数 を 超 過 し、 学 部 生 や 法 科 大 学 院 生

向 けの 論 述 というより、 同 業 者 を 意 識 した 内 容 のものとなった 観 がなきにしもあらずであ

る。

1は 日 本 航 空 の 会 社 更 生 事 件 を 契 機 としたジュリストの 特 集 への 執 筆 である。 題 名 通 り

私 的 整 理 と 法 的 再 建 手 続 との 架 橋 の 問 題 を 扱 ったものであるが、DIP ファイナンスの 法 的

再 建 手 続 における 共 益 債 権 化 などという 具 体 の 解 釈 問 題 に 対 しては 消 極 的 な 結 論 に 留 まっ

た。ADR と 民 事 訴 訟 手 続 との 架 橋 の 問 題 にも 同 じ 困 難 があり、 解 釈 論 による 解 決 には 限 界

があるし、 立 法 による 解 決 には ADR 手 続 の 特 長 を 損 ないかねない 危 うさがある。

3は 判 例 評 釈 、2はエッセイである。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 (LS) 対 話 型 演 習 民 事 訴 訟 法 2×2

民 事 執 行 ・ 保 全 法 2

学 部 民 事 訴 訟 法 応 用 演 習 2

129


民 事 執 行 ・ 保 全 法 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 (LS)

学 部

対 話 型 演 習 民 事 訴 訟 法 2×2

民 事 執 行 ・ 保 全 法 2

倒 産 法 2

応 用 民 事 訴 訟 法 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

研 究 科 長 であった 2008 年 度 から、 現 在 の 応 用 民 事 訴 訟 法 の 前 身 である 民 事 訴 訟 法 応 用 演

習 を 担 当 している。 授 業 では、 市 販 の 教 材 を 使 用 せず、 自 ら 作 成 した 事 例 問 題 を 学 生 に 事

前 配 布 し、 問 題 ごとに 学 生 に 解 答 を 求 めるものである。 事 例 も 民 事 訴 訟 法 の 様 々な 問 題 を

横 断 的 に 把 握 できるような 内 容 のものとなっている。 事 例 問 題 は 毎 年 の 実 践 で 得 られた 反

省 を 踏 まえ 改 訂 を 重 ねている。 内 容 的 には 法 科 大 学 院 生 向 けの 教 材 といっても 過 言 でない

もので、 学 部 生 諸 君 には 相 当 の 予 習 を 求 めるものとなっているが、 今 期 の2 年 間 のゼミ 生

の 中 からは、 毎 年 10 名 以 上 の 学 生 が 当 法 科 大 学 院 に 進 学 を 果 たしており、その 他 にも、 東

大 、 京 大 等 の 法 科 大 学 院 に 進 学 した 学 生 も 多 数 いる。もちろん、わたくしのゼミに 参 加 し

た 結 果 そうなったという 訳 ではないが、 教 育 効 果 は 確 実 にあったと 実 感 している。この 事

例 教 材 は 今 後 何 らかの 形 で 公 にしたいとも 考 えている。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

毎 学 期 1 回 は 法 科 大 学 院 の 授 業 を 参 観 するよう 心 がけている。

行 澤 一 人 ( 商 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

2010 年 4 月 から 2012 年 3 月 までの 研 究 活 動 における 特 徴 は、 第 一 に 教 育 的 観 点 から 主

に 法 学 部 生 ・ 法 科 大 学 院 生 を 主 たる 読 者 として 想 定 する 原 稿 執 筆 の 機 会 を 得 たこと、 第 二

に 2011 年 4 月 より 私 が 代 表 科 研 を 務 める 研 究 プロジェクト(3 年 計 画 )がスタートしたこ

とである。なお、この 科 研 プロジェクトは、 同 一 メンバーによる 先 行 プロジェクトである

「 信 頼 理 論 モデルによる 株 主 主 権 パライダムの 再 検 討 」( 科 研 平 成 19 年 度 ―21 年 度 )の 研

究 成 果 を 踏 まえて、これを 発 展 させようとする 試 みとして 位 置 付 けられるものである。

今 後 も、 会 社 法 ・ 金 商 法 分 野 を 中 心 に、 教 育 と 研 究 相 互 の 相 乗 効 果 が 期 待 し 得 るような

研 究 教 育 活 動 に 積 極 的 に 取 り 組 んでいきたい。

130


Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

Law Practice 商 法 Commercial 共 著 ・ 分 担 執 筆 商 事 法 務 2011.9

Law

3,4,5,6,31,32,33,34,35,36,37,58,59

金 融 商 品 取 引 法 コンメンタール 4 金 共 著 ・ 分 担 執 筆 商 事 法 務 2011.10

商 法 199 条 ‐203 条 金 販 法 1 条 ‐2

条 (600‐627 頁 ,735‐759 頁 )

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

取 締 役 の 監 視 義 務

法 学 教 室 No.362,pp31-35 2010.11

保 険 金 受 取 人 変 更 手 続 き 中 の 被 保 険 保 険 法 判 例 百 選 No.202,pp150-151 2010.12

者 の 死 亡

公 開 会 社 法 制 の 検 討 ・ 社 外 取 締 役 制 度 大 証 金 融 商 品 取 Vol.4、pp1-87 2011.1

の 強 化 について~ 日 米 における 近 年 の 引 法 研 究 会

動 向 を 概 観 しつつ~

名 板 貸 責 任 法 理 と 代 理 法 理 の 交 錯 法 学 教 室 No.370,pp92‐98 2011.7

株 主 代 表 訴 訟 と 担 保 提 供

会 社 法 判 例 百 選 No.205,pp142-143 2011.9

〔 第 2 版 〕

募 集 株 式 の 有 利 発 行 と 市 場 価 格 法 学 教 室 No.374,pp119-126 2011.11

全 部 取 得 条 項 付 種 類 株 式 を 利 用 した 法 学 教 室 No.378,pp114-122 2012.3

少 数 株 主 締 出 しと 企 業 再 編

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

公 開 会 社 法 制 の 検 討 ・ 社 外 取 締 役 制 度

の 強 化 について~ 日 米 における 近 年

の 動 向 を 概 観 しつつ~

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

大 証 金 商 法 研 究 会

大 阪 証 券 取 引


2010 年 6 月

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

今 期 は、 商 法 の 主 要 論 点 をほぼ 網 羅 する 演 習 書 を 共 同 執 筆 する 機 会 を 得 たこと、さらに

法 学 教 室 における 連 載 企 画 (「 会 社 法 重 要 判 例 を 紐 解 く」)の 共 同 執 筆 陣 に 加 えられたこと

が 大 きい。なぜなら、 自 分 の 執 筆 した 分 野 について 過 去 の 研 究 教 育 上 の 成 果 をブラッシュ

アップすることができ、その 果 実 をその 後 の 教 育 面 に 効 果 的 に 還 元 することができたと 思

うからである。さらには、 演 習 書 執 筆 に 際 しては、 他 の 執 筆 者 との 検 討 会 議 を 通 じて、 研

究 教 育 の 点 で 知 的 な 刺 激 を 得 、 自 分 自 身 が 必 ずしも 詳 らかではなかった 領 域 についても 最

先 端 の 議 論 に 触 れ 得 たことが 大 変 意 義 深 い。

また、 今 期 は、 科 研 による 共 同 研 究 プロジェクトとして、「 株 式 市 場 価 格 が 持 つ 法 的 意 義

と 機 能 ~ 会 社 法 ・ 金 商 法 を 中 心 に」というテーマの 下 、 近 年 実 務 的 関 心 が 急 速 に 高 まり、

131


判 例 も 量 産 されつつある 企 業 再 編 に 焦 点 を 当 て、その 過 程 において 株 式 市 場 価 格 が 有 する

様 々な 経 済 的 機 能 を 法 的 にどのように 基 礎 づけることができるかという 研 究 に 着 手 した。

このような 包 括 的 なテーマの 下 で 会 社 法 や 金 商 法 を 構 造 的 に 捉 えるための 議 論 を、 本 研 究

科 の 商 法 スタッフに 加 えて、 本 研 究 科 出 身 者 たる 学 外 の 俊 英 と 共 に 重 ね 得 ることは、 私 に

とって 得 難 い 経 験 となっている。このプロジェクトを 通 して、 株 式 市 場 が 持 つ 経 済 的 な 機

能 を 法 律 学 の 概 念 として 語 り 得 る 法 的 枠 組 みづくりに 何 とか 少 しでも 到 達 したいと 思 って

いる。

以 上 から、 今 期 2 年 間 における 研 究 活 動 としては、 概 ね 満 足 すべき 成 果 を 挙 げ 得 たので

はないかと 考 える。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


商 取 引 法 ( 前 期 、2 組 ) 2

会 社 法 ( 後 期 ) 4

民 事 法 総 合 ( 後 期 ) 0.26

学 部

社 会 分 析 基 礎 演 習 ( 前 期 ) 2

3・4 年 次 演 習 ( 後 期 ) 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS

商 取 引 法 ( 前 期 、2 組 ) 2

会 社 法 ( 後 期 ) 4

民 事 法 総 合 ( 後 期 ) 2×0.06

学 部

3・4 年 次 演 習 ( 前 ・ 後 期 通 年 ) 4

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

1 法 学 部 教 育 としては、 今 期 も 前 期 に 引 き 続 き、3・4 年 次 演 習 に 携 わった。 特 に 2011

年 度 は、 前 期 ・ 後 期 と 合 わせて 通 年 ゼミを 設 けたが、 年 単 位 にすることによってより 大 き

な 教 育 効 果 が 見 込 まれることが 分 かった。すなわち、 通 年 ゼミにすることで、 演 習 内 容 と

して 商 法 をより 網 羅 的 に 扱 うことができることのメリットはもちろんのこと、 学 生 相 互 の

人 間 関 係 が 作 りやすくなることで、チュートリアル・メソッド( 商 法 上 の 主 要 な 判 例 に 係

る 研 究 報 告 を 3 年 生 に 割 り 当 て、4 年 生 がチューターとして 各 報 告 者 を 指 導 する)の 教 育

効 果 が 高 まったように 感 じた。この 点 で、 以 前 のアンケート 評 価 において、ゼミの 人 間 関

係 が 希 薄 に 感 じる、という 回 答 があったことに 対 して、 一 定 の 改 善 をなしえたのだと 考 え

る。

2 法 科 大 学 院 においては、 前 期 と 同 様 、 未 修 者 を 対 象 とする 会 社 法 及 び 3 年 次 生 を 対 象

とする 商 取 引 法 、 民 事 法 総 合 を 担 当 した。 未 修 者 のための 会 社 法 では、 特 に 2011 年 度 は、

本 法 科 大 学 院 が 公 表 した「 学 習 到 達 到 達 目 標 」のドラフトをベースに 授 業 を 組 み 立 てた。

結 果 、アンケート 結 果 からは、 量 が 膨 大 であった、 予 習 の 内 容 が 大 きくなりすぎる、 等 の

意 見 が 寄 せられた。ここから、 学 習 到 達 目 標 をそのまま 授 業 で 確 認 するというよりは、 復

習 を 中 心 とする 自 習 ベースで 学 生 が 習 得 知 識 を 確 認 するツールとして 位 置 付 ける 方 が、 授

132


業 との 連 携 という 点 でも 効 果 的 であるという 反 省 点 を 得 たので、 今 後 の 取 り 組 みに 生 かし

たい。その 点 でも、 既 成 の 教 科 書 を 採 用 するよりも、やはりオリジナルな 教 材 がより 効 果

的 であると 感 じた。ぜひ、 次 期 には 独 自 の 教 材 開 発 に 挑 戦 したい。

商 取 引 法 の 分 野 では、できるだけ 現 在 進 行 中 の 会 社 法 改 正 、 民 法 ・ 債 権 法 改 正 の 動 向 を

反 映 させ、カレントな 問 題 関 心 を 組 み 込 むことに 努 めた。 民 事 法 総 合 では、 民 法 ・ 商 法 の

融 合 的 なテーマという 所 期 の 意 図 をできるだけ 実 現 できるように、テーマ・ 判 例 素 材 の 選

択 の 更 新 を 心 がけた。この 点 、アンケート 評 価 においても、 概 ね 良 好 な 結 果 をいただいて

いる。

3 以 上 から、 今 期 2 年 間 における 教 育 活 動 に 関 する 評 価 としては、 前 期 において 認 識 さ

れた 教 育 課 題 に 概 ね 十 分 取 り 組 むことができたものと 考 える。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕【FD 講 演 会 】

・ 下 記 講 演 会 に 参 加 した。

日 時 :2010 年 7 月 1 日 ( 木 ) 午 後 3 時 10 分 ~

場 所 : 大 会 議 室 ( 本 部 事 務 局 棟 6 階 )

演 題 :「 広 島 大 学 における 到 達 目 標 型 教 育 プログラムの 取 組 み」

講 師 :「 広 島 大 学 学 士 課 程 会 議 議 長 ( 医 歯 薬 学 総 合 研 究 科 教 授 )

小 澤 孝 一 郎 先 生

・ 下 記 法 科 大 学 院 教 育 改 善 意 見 交 換 会 に 参 加 した。

日 時 : 平 成 2012 年 2 月 8 日 ( 水 ) 午 後 6 時 より

意 見 交 換 テーマ「 神 戸 大 学 法 科 大 学 院 が 作 ろうとしている 実 務 家 像 」

発 題 : 森 澤 武 雄 ( 弁 護 士 ) 氏

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

研 究 会 活 動

私 法 学 会 、 信 託 法 学 会

神 戸 大 学 商 事 法 研 究 会 、 企 業 立 法 研 究 会 、 大 阪 証 券 取 引 所 金 融

商 品 取 引 法 研 究 会 、アジア 太 平 洋 会 社 情 報 提 供 制 度 研 究 会

米 丸 恒 治 ( 行 政 法 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

現 代 的 な 行 政 法 のコントロールの 研 究 として、 現 代 行 政 における 私 化 、 行 政 のオンライン

化 ・ 電 子 化 に 関 わる 研 究 を 継 続 してきているが、 今 期 は、 特 に、 行 政 のオンライン 化 と 行

政 の 双 方 の 私 化 に 関 わるテーマとして、 官 民 連 携 の 基 盤 整 備 として eID の 導 入 動 向 の 研 究

を 進 め、 日 本 での 動 向 の 参 考 事 例 を 提 供 することができた。 今 後 は、 制 度 設 計 等 にいかせ

る 具 体 的 な 提 言 等 ができるような 研 究 を 進 めたい。

133


教 育 活 動 の 点 では、 教 材 の 抜 本 的 な 更 新 についても 検 討 したが、 実 施 することなく、 従

来 と 同 様 の 教 育 活 動 を 進 めている。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

『 私 人 行 政 ー 法 的 統 制 的 比 較 研 究 ー』 単 著 ・ 執 筆 中 国 人 民 大 学 2010 年 4 月

出 版 部

『アクチュアル 地 方 自 治 法 』 共 著 ・ 執 筆 法 律 文 化 社 2010 年 4 月

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

国 内 外 の 電 子 社 会 の 現 状 と 電 子 文 書 日 本 データ 通 信 171 号 2-7 頁 2010 年 1 月

の 原 本 性 への 取 り 組 み--ドイツで 進 め

られている eID カードと 市 民 ポータ

ル 制 度 、TransiDoc プロジェクトの 学

ぶべきポイント

ドイツにおける eID カード( 電 子 身 分 行 政 & 情 報 シス 46 巻 1 号 32-37 頁 2010 年 2 月

証 )の 概 要 と 特 徴 -eID の 官 民 共 用 と 個 テム

人 情 報 保 護 のしくみ-

電 子 取 引 における 認 証 と 個 人 情 報 保 Law&Technolo

護 -ドイツ 新 電 子 身 分 証 明 書 における gy

認 証 と 個 人 情 報 保 護 技 術 -

51 号 54-63 頁 2010 年 4 月

ドイツ De-Mail サービス 法 の 成 立 - 安 行 政 & 情 報 シス 6 月 号 30-35 2010 年 6 月

全 で 信 頼 性 ある 次 世 代 通 信 基 盤 法 制 テム

としてのドイツ 版 電 子 私 書 箱 法 制 -

判 例 評 釈 ・ 市 の 発 注 した 工 事 に 関 し 談 判 例 評 論 616 号 174 頁 2010 年 6 月

合 をしたとされる 業 者 らに 対 して 市

長 が 不 法 行 為 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求

権 を 行 使 しないことが 違 法 な 怠 る 事

実 に 当 たらないとした 原 審 の 判 断 に

違 法 があるとされた 事 例 ( 最 3 小 判 平

21・4・28 判 時 2047 号 113 頁 )

権 利 実 現 のための 行 政 規 制 長 尾 治 助 編 『レ

クチャー 消 費 者

法 ( 第 5 版 )』 法 律

文 化 社

2011 年 5 月

ドイツ De-Mail サービス 法 案 の 概 要 - 情 報 ネットワー 第 10 巻 149-158 頁 2011 年 8 月

インターネット 上 の 安 全 で 信 頼 性 あ ク・ローレビュ

る 通 信 基 盤 法 制 整 備 の 試 みとして- ー

ドイツDe-Mailサービス 法 - 安 全 で 信 多 賀 谷 一 照 ・ 松 2731-2741 頁 2011 年 9 月

頼 性 ある 次 世 代 通 信 基 盤 法 制 として 本 恒 雄 編 『 情 報

134


の 認 証 付 メール 私 書 箱 法 制 -

地 方 自 治 法 大 都 市 特 例 関 係 条 文 解 説

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

ネットワークの

法 律 実 務 』 第 一

法 規

基 本 法 コメンタ 168-179 頁 2011 年 11 月

ール 地 方 自 治


( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

ドイツ De-Mail( 市 民 ポータル) 構 想 の 情 報 ネットワーク 法 成 城 大 学 2010 年 11 月

概 要 と 示 唆

学 会 研 究 大 会 研 究 報


* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

情 報 法 に 関 わって、 日 本 でも 基 盤 的 な 次 世 代 の 法 制 度 整 備 の 参 考 となるドイツの 法 制 度 の

研 究 を 中 心 に 進 めたものを 公 表 した。 科 研 費 研 究 に 関 わる 基 盤 研 究 としての 意 味 も 持 って

いるものであるが, 当 事 者 間 の 認 証 を 行 う eID の 制 度 化 ・ 導 入 、 安 全 で 確 実 な 電 気 通 信 基

盤 制 度 としての De-Mail 制 度 である。この 分 野 では、 重 要 な 比 較 法 的 研 究 成 果 を 公 表 する

ことができた。

行 政 法 プロパーの 研 究 としては、 若 干 の 制 度 解 説 や 判 例 評 釈 等 を 書 くことができた。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


行 政 法 過 程 論 特 殊 講 義 2

LS 公 法 系 訴 訟 実 務 基 礎 2

学 部

行 政 法 Ⅰ 4

応 用 行 政 法 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


行 政 法 過 程 論 特 殊 講 義 2

LS 対 演 行 政 法 2 2

学 部

行 政 法 Ⅱ 4

応 用 行 政 法 2

実 定 法 入 門 0.83

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

行 政 法 関 連 の 科 目 を 連 番 で 担 当 してきているが、 教 科 書 を 指 定 しない 授 業 方 式 がよいか

135


どうか、「レジュメとプレゼンテーションソフトを 組 み 合 わせる 方 法 などについて、 授 業 参

観 や 授 業 アンケートを 踏 まえた 教 育 改 善 の 成 果 を 組 み 込 みつつある。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

授 業 参 観 には、 行 政 法 関 連 の 科 目 に 参 加 して、 授 業 改 善 につなげつつある。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

平 成 24 年 度 末 に 実 施 する 予 定 であったドイツカッセル 大 学 のアレクサンダーロスナゲル 教

授 の 講 演 会 、 研 究 会 が 体 調 不 良 のために 中 止 となった。 体 調 管 理 に 留 意 することの 重 要 性

を 実 感 した。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

研 究 会 活 動

日 本 公 法 学 会 、 日 本 地 方 自 治 学 会 、 日 本 医 事 法 学 会 、 法 とコン

ピュータ 学 会 、 情 報 ネットワーク 法 学 会 、 日 本 消 費 者 学 会

日 本 消 費 者 学 会 理 事

関 西 行 政 法 研 究 会 、 官 僚 制 研 究 会 、 司 法 IT 研 究 会 など

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2010 年 度

新 潟 大 学 法 学 部 非 常 勤 講 師

名 古 屋 経 済 大 学 非 常 勤 講 師

甲 南 大 学 大 学 院 法 学 研 究 科 広 域 副 専 攻 センター 非 常 勤 講 師

2011 年 度

名 古 屋 経 済 大 学 非 常 勤 講 師

甲 南 大 学 大 学 院 法 学 研 究 科 非 常 勤 講 師

〔 社 会 における 活 動 〕

舞 鶴 市 情 報 公 開 ・ 個 人 情 報 保 護 審 議 会 委 員 、 尼 崎 市 公 文 書 公 開 ・ 個 人 情 報 保 護 審 議 会 委 員 、

財 団 法 人 日 本 データ 通 信 協 会 ・タイムビジネス 信 頼 ・ 安 心 認 定 制 度 諮 問 委 員 会 委 員 、 神 戸

市 公 正 職 務 審 査 会 委 員 、 神 戸 市 土 地 利 用 審 査 会 委 員 、 財 団 法 人 日 本 情 報 処 理 開 発 協 会 「 電

子 認 証 等 の 民 間 制 度 ・ 基 盤 の 確 立 に 関 する 委 員 会 」 委 員 、 神 戸 市 情 報 公 開 審 査 会 委 員 など

Alexander, Ronni( 国 際 協 力 政 策 ・ 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

136


研 究 テーマは 主 に 二 つを 取 り 上 げています。 一 つは、グアム 島 における 基 地 問 題 で、ジェ

ンダーの 視 点 から 分 析 を 進 めています。もう 一 つは、ポーポキ・ピース・プロジェクトの

実 践 や 東 日 本 大 震 災 後 に 始 めた「ポーポキ 友 情 物 語 」プロジェクトを 通 して、「 記 憶 」/「 記 録 」

の 表 現 や 意 味 についての 研 究 です。これらを 含 めて、「ボーダー」とは 何 かという 大 きな 研

究 にまとめる 予 定 です。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

The Gender Imperative: Human 共 著 Routledge 2010 年

Security vs. State Security

Gender, War and Militarism 共 著 Praeger 2010 年

共 著

Cambridge 2010 年

Philosophy After Hiroshima

Scholars

Publishing

Development in an Insecure and 共 著 Ashgate 2011 年

Gendered World

グローバル 政 治 理 論

共 著 人 文 書 院 2011 年 6 月

ポーポキ 友 情 物 語 東 日 本 大 震 災 で 単 著 エピック 社 2012 年 1 月

生 まれた 私 たちの 平 和 の 旅

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

ポーポキ、 平 和 って、なに 色 ? 人 権 ・ 国 外 学 学 会 米 国 2010 年 2 月

平 和 教 育 の 新 しい 試 み

軍 事 化 された 記 憶 ~ 沖 縄 とグアムの 場 国 際 学 学 会 米 国 2010 年 2 月


グアム 島 における 米 軍 基 地 反 対 活 動 オセアニア 国 際 学 学 ニュージーラ2010 年 7 月


ンド・オークラ

ンド 大 学

軍 事 化 された 記 憶 ~ 太 平 洋 島 嶼 国 を グローバルランゲー 東 京 ・ 国 際 基 督 2010 年 11 月

中 心 に

ジ( 地 球 語 )として 平 教 大 学


グアム 島 における 軍 事 化 された 記 憶 International

Studies Association

カナダ 2011 年 3 月

戦 争 と 平 和 を 批 判 的 に 表 現 する~ 国 際 学 学 会 カナダモント2011 年 3 月

リオール 市

グアム 島 における 基 地 問 題 ~ 理 論 と

実 践

アジア 太 平 洋 平 和 研

究 学 会

2011.3.11 東 日 本 大 震 災 ~ポーポ 部 落 解 放 研 究 第 32 回 城 崎

キ 友 情 物 語 を 通 して 見 えてきたもの 兵 庫 県 集 会

~

京 都 市 立 命 館

大 学

2011 年 10 月

2011 年 10 月

137


ポーポキ 友 情 物 語 プロジェクト

~ 共 に 明 日 へ

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

神 戸 大 学 ホームカミ

ングディ

神 戸 大 学

2011 年 10 月

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

時 間 との 戦 いの 中 で、 国 内 外 の 研 究 会 等 を 通 じて、 研 究 の 焦 点 を 絞 ることができると 思 い

ます。20 年 近 くサバティカルなしですので、 海 外 に 言 って、 自 分 の 研 究 を 深 めたい。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

学 部 社 会 問 題 自 主 研 究 ( 前 ・ 後 ) 単 位 数 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

学 部 社 会 問 題 自 主 研 究 ( 前 ・ 後 ) 単 位 数 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

この 科 目 を 受 講 する 学 生 が 少 ない。 論 文 指 導 はしますが、 状 況 が 厳 しい。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕 国 際 協 力 研 究 科 にて 行 う。

上 巻 を 参 照 。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員

日 本 平 和 学 会 、 日 本 国 際 政 治 学 会 、 日 本 クイア 学 会 、ISA

PJSA

日 本 平 和 学 会 理 事

〔 社 会 における 活 動 〕

ポーポキ・ピース・プロジェクトを 通 じて、 多 数 。

准 教 授

青 木 哲 ( 民 事 手 続 法 ・ 准 教 授 )

138


Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

1 研 究 活 動

不 動 産 執 行 における 執 行 債 務 者 と 不 動 産 の 所 有 者 の 関 係 について 研 究 を 行 い, 日 本 民 事

訴 訟 法 学 会 において 研 究 報 告 をした。 関 連 して, 権 利 能 力 のない 社 団 の 構 成 員 全 員 に 総 有

的 に 帰 属 している 不 動 産 に 対 する 強 制 執 行 および 民 事 保 全 の 方 法 について, 研 究 を 行 った。

今 後 は,これらの 問 題 についての 研 究 を 深 めていきたい。

2 教 育 活 動

学 部 の「 民 事 訴 訟 法 」の 授 業 と 法 科 大 学 院 の「 応 用 民 事 訴 訟 法 」(A)の 授 業 を 行 った。

適 切 な 事 例 を 示 して 説 明 することを 通 じて,わかりやすい 授 業 を 目 指 した。また,それを

通 じて, 自 らの 解 釈 論 についての 理 解 を 深 めた。 今 後 は, 適 切 な 典 型 例 と 限 界 事 例 を 示 す

ことで,よりわかりやすく 伝 えられるよう 工 夫 をしたい。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

平 成 21 年 度 重

1 原 裁 判 所 による 特 別 抗 告 の 却 下

要 判 例 解 説 ( ジ

pp. 145-146

ュリスト 臨 時 増

2010 年 4 月

刊 1398 号 )

2 複 数 債 権 のうち 一 部 の 債 権 の 全 額

弁 済 と 開 始 時 現 存 額 主 義 の 適 用

3 不 利 益 変 更 の 禁 止 (1)── 相 殺 の 抗


速 報 判 例 解 説

( 法 学 セミナー No. 7 pp.331-334

増 刊 )

民 事 訴 訟 法 判 例

百 選 [ 第 4 版 ]( 別

pp. 238-239

冊 ジュリスト

201 号 )

4 相 続 財 産 法 人 は 養 子 縁 組 無 効 確 認

私 法 判 例 リマー

の 訴 えの 原 告 となることができるか

No. 42 pp.114-117

クス

( 積 極 )

5 抵 当 権 に 基 づく 物 上 代 位 権 の 行 使

に 対 する 中 止 命 令

民 事 再 生 法 判 例

の 分 析 と 展 開

pp. 74-75

( 金 融 ・ 商 事 判 例

増 刊 1361 号 )

6 権 利 能 力 のない 社 団 における 構 成

員 の 総 有 不 動 産 に 対 する 金 銭 執 行 の 金 融 法 務 事 情

方 法

7 不 動 産 執 行 における 執 行 債 務 者 と

民 事 訴 訟 雑 誌

所 有 者 の 関 係 について

8 権 利 能 力 のない 社 団 に 対 する 強 制

執 行 の 方 法

民 事 執 行 ・ 保 全

法 判 例 百 選 ( 第 2

pp. 19-20

版 )( 別 冊 ジュリ

スト)

9 権 利 能 力 のない 社 団 の 債 権 者 によ 判 例 セ レ ク ト p. 27

2010 年 10 月

2010 年 10 月

2011 年 2 月

2011 年 3 月

No. 1918 pp. 75-82 2012 年 3 月

No. 58 pp. 147-154 2012 年 3 月

2012 年 3 月

2012 年 3 月

139


る 第 三 者 名 義 で 登 記 された 不 動 産 の 2011[II]( 法 学 教

仮 差 押 え

室 378 号 別 冊 付

録 )

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

神 戸 大 学 民 法 判 例 研 神 戸 大 学

究 会

(a) 債 務 者 の 破 産 手 続 開 始 の 決 定 後 に

物 上 保 証 人 が 複 数 の 被 担 保 債 権 のう

ちの 一 部 の 債 権 につきその 全 額 を 弁

済 した 場 合 には, 複 数 の 被 担 保 債 権 の

全 部 が 消 滅 していなくても, 債 権 者 は

破 産 手 続 において 上 記 弁 済 に 係 る 債

権 を 行 使 することができない。( 最 判

平 成 22 年 3 月 16 日 民 集 64 巻 2 号

523 頁 )

(b) 訴 訟 追 行 を 授 権 した 者 の 当 事 者 適

格 について

東 京 大 学 民 事 訴 訟 法

研 究 会

(c) 信 託 財 産 と 信 託 財 産 責 任 負 担 債 務 新 信 託 法 研 究 会

(d) 権 利 能 力 のない 社 団 の 不 動 産 に

対 する 金 銭 執 行 の 方 法

(e) 不 動 産 執 行 における 執 行 債 務 者 と

所 有 者 の 関 係 について

(f) 不 動 産 執 行 における 執 行 債 務 者 と

所 有 者 の 関 係 について

(g) 不 動 産 執 行 における 執 行 債 務 者 と

所 有 者 の 関 係 について

(h) 不 動 産 執 行 における 執 行 債 務 者

と 所 有 者 の 関 係 について

(i) 第 三 者 を 登 記 名 義 人 とする 不 動 産

の 差 押 え・ 仮 差 押 えについて

関 西 金 融 法 務 懇 談 会

財 産 管 理 科 研 の 研 究


東 京 大 学 民 事 訴 訟 法

研 究 会

関 西 民 事 訴 訟 法 研 究


東 京 大 学

はばたき 綜 合

法 律 事 務 所

住 友 ビル( 大 阪

市 中 央 区 )

2010 年 5 月

21 日

2010 年 6 月

12 日

2010 年 10 月

2 日

2010 年 11 月

13 日

神 戸 大 学 2011 年 2 月

21 日

東 京 大 学 2011 年 3 月 5


エルおおさか 2011 年 3 月

( 大 阪 市 中 央 26 日

区 )

日 本 民 事 訴 訟 法 学 会 一 橋 大 学 2011 年 5 月

14 日

財 産 管 理 科 研 の 研 究


神 戸 大 学

(j) 権 利 能 力 のない 社 団 を 債 務 者 とす 神 戸 大 学 民 法 判 例 研 神 戸 大 学

る 金 銭 債 権 を 表 示 した 債 務 名 義 を 有 究 会

する 債 権 者 が, 当 該 社 団 の 構 成 員 全 員

に 総 有 的 に 帰 属 し, 当 該 社 団 のために

第 三 者 がその 登 記 名 義 人 とされてい

る 不 動 産 に 対 して 強 制 執 行 をしよう

とする 場 合 における 申 立 ての 方 法 ( 最

判 平 成 22 年 6 月 29 日 民 集 64 巻 4 号

1235 頁 )

権 利 能 力 のない 社 団 を 債 務 者 とする

金 銭 債 権 を 有 する 債 権 者 が, 当 該 社 団

の 構 成 員 全 員 に 総 有 的 に 帰 属 し, 当 該

2011 年 9 月

12 日

2012 年 1 月

20 日

140


社 団 のために 第 三 者 がその 名 義 人 と

されている 不 動 産 に 対 して 仮 差 押 え

をする 場 合 における 申 立 ての 方 法 ( 最

決 平 成 23 年 2 月 9 日 民 集 65 巻 2 号

665 頁 )

(k) 権 利 能 力 のない 社 団 の 不 動 産 に

対 する 強 制 執 行 と 民 事 保 全

(l) 受 託 者 複 数 の 信 託 における 信 託 財

産 に 属 する 財 産 に 対 する 強 制 執 行 に

ついて

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

日 本 民 事 訴 訟 法 学 会

関 西 支 部 研 究 会

新 信 託 法 研 究 会

堂 島 ビルヂン2012 年 2 月 4

グ( 大 阪 市 北 日

区 )

はばたき 綜 合

法 律 事 務 所

2012 年 3 月

17 日

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

1 判 決 手 続

(1) 相 続 人 不 存 在 の 場 合 における 養 子 縁 組 無 効 確 認 の 訴 えの 原 告 適 格 について,4の 判

例 評 釈 ( 大 阪 高 判 平 成 21 年 5 月 15 日 判 時 2067 号 42 頁 )を 執 筆 した。

(2) 選 定 者 の 当 事 者 適 格 と 民 法 上 の 組 合 における 組 合 員 の 当 事 者 適 格 について,(b)の 研

究 報 告 をした。

(3) 相 殺 の 抗 弁 と 不 利 益 変 更 禁 止 原 則 について,3の 判 例 解 説 ( 最 判 昭 和 61 年 9 月 4 日

判 時 1215 号 47 頁 )が 公 表 された。

(4) 民 事 訴 訟 法 の 注 釈 書 のうち,「 抗 告 」の 部 分 の 執 筆 をした。

(5) 原 裁 判 所 による 上 告 ・ 特 別 上 告 ・ 特 別 抗 告 の 却 下 ( 原 審 却 下 )に 関 する1の 判 例 解

説 ( 最 決 平 成 21 年 6 月 30 日 判 時 2052 号 48 頁 )が 公 表 された。

2 執 行 ・ 保 全 手 続

(1) 不 動 産 に 対 する 金 銭 執 行 としての 差 押 えおよび 仮 差 押 えにおいて, 執 行 債 務 者 名 義

の 登 記 がされていることが 必 要 とされることの 根 拠 について 研 究 を 行 った。その 成 果 とし

て,(e),(f),(g),(i)の 研 究 報 告 を 行 った。また, 日 本 民 事 訴 訟 法 学 会 において(h)の 研 究 報

告 を 行 い,7を 執 筆 した。 関 連 して, 権 利 能 力 のない 社 団 の 構 成 員 全 員 に 総 有 的 に 帰 属 し

ている 不 動 産 に 対 する 強 制 執 行 および 民 事 保 全 の 方 法 について, 研 究 と 判 例 評 釈 ( 最 判 平

成 22 年 6 月 29 日 民 集 64 巻 4 号 1235 頁 および 最 決 平 成 23 年 2 月 9 日 民 集 65 巻 2 号 665

頁 )を 行 った。その 成 果 として,(d)の 研 究 報 告 を 行 い,6を 執 筆 した。また,(j),(k)の 研

究 報 告 を 行 い,8,9を 執 筆 した。これらの 研 究 によって, 不 動 産 執 行 において 執 行 債 務

者 と 登 記 名 義 人 とが 一 致 することの 必 要 性 の 根 拠 を 明 らかにするとともに, 権 利 能 力 のな

い 社 団 の 構 成 員 の 総 有 に 帰 属 する 不 動 産 に 対 して, 第 三 者 名 義 のままで 強 制 執 行 や 仮 差 押

えの 手 続 を 開 始 する 際 に 必 要 となる 文 書 の 意 義 を 明 らかにしようとした。

(2) 研 究 者 と 弁 護 士 を 構 成 員 とする 執 行 法 制 研 究 会 ( 代 表 者 : 三 木 浩 一 慶 應 義 塾 大 学 教

授 )の 調 査 として,ドイツにおける 財 産 開 示 制 度 と 動 産 執 行 ( 特 に,インターネットを 利

用 した 競 売 )について, 研 究 者 および 裁 判 官 ・ 執 行 官 への 聴 き 取 り 調 査 を 行 った。

3 倒 産 手 続

(1) 開 始 時 現 存 額 主 義 の 研 究 を 行 い, 判 例 解 説 ( 最 判 平 成 22 年 3 月 16 日 民 集 64 巻 2

号 523 頁 )として,(a)の 報 告 をし,2を 執 筆 した。

(2) 抵 当 権 に 基 づく 物 上 代 位 権 の 行 使 に 対 する 中 止 命 令 について, 判 例 解 説 ( 大 阪 高 決

平 成 16 年 12 月 10 日 金 商 1220 号 35 頁 )として,5を 執 筆 した。

141


4 信 託 法

研 究 者 と 実 務 家 を 構 成 員 とする 新 信 託 法 研 究 会 ( 代 表 者 : 山 田 誠 一 教 授 )に 参 加 し, 平

成 18 年 に 制 定 された 信 託 法 の 理 解 を 深 めるとともに, 信 託 財 産 に 属 する 財 産 に 対 する 強 制

執 行 について,(c)および(l)の 研 究 報 告 を 行 った。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS

応 用 民 事 訴 訟 法 (A) 2

民 事 法 総 合 0.13

総 合 法 律 0.53

学 部

民 事 訴 訟 法 4

社 会 分 析 基 礎 演 習 2

社 会 問 題 自 主 研 究 1

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS 応 用 民 事 訴 訟 法 (A) 2

学 部

民 事 訴 訟 法 4

社 会 分 析 基 礎 演 習 2

* 院 = 大 学 院 科 目 ,LS= 法 科 大 学 院 科 目 , 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 , 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

1 「 民 事 訴 訟 法 」( 学 部 )(2010 年 度 前 期 ,2011 年 度 前 期 )

学 部 3・4 年 次 生 を 対 象 に, 判 決 手 続 のうち, 複 雑 訴 訟 形 態 ・ 上 訴 ・ 再 審 を 除 く 部 分 を

扱 った。 授 業 においては, 授 業 参 観 および 授 業 アンケートの 結 果 を 踏 まえ, 制 度 の 趣 旨 を

詳 しく 説 明 し, 具 体 例 を 挙 げて 説 明 するようにした。また, 学 期 の 途 中 に 小 テストを 実 施

し, 学 生 に 復 習 の 機 会 を 与 えるとともに, 受 講 生 の 理 解 を 確 認 するようにした。また, 小

テストと 期 末 試 験 の 答 案 は, 簡 単 なコメントを 付 して 希 望 者 に 返 却 した。

2 「 応 用 民 事 訴 訟 法 (A)」(LS)(2010 年 度 前 期 ,2011 年 度 前 期 )

法 科 大 学 院 の 未 修 者 コース 2 年 次 (2L) 生 を 対 象 に, 複 雑 訴 訟 形 態 ・ 上 訴 ・ 再 審 の 部

分 を 扱 った。 授 業 参 観 および 授 業 アンケートの 結 果 を 踏 まえ, 制 度 の 趣 旨 を 詳 しく 説 明 し,

具 体 例 を 挙 げて 説 明 するようにした。また, 事 前 に 配 付 するレジュメには, 事 例 に 簡 単 な

質 問 を 付 けることで, 授 業 参 加 者 が 予 習 をしやすいように 配 慮 した。

3 「 社 会 分 析 基 礎 演 習 」( 学 部 )(2010 年 度 後 期 ,2011 年 度 後 期 )

学 部 2 年 次 生 を 対 象 とする 演 習 形 式 の 授 業 である。

2010 年 度 は, 授 業 参 加 者 が,それぞれ 裁 判 例 を 1 つ 選 んで,その 裁 判 例 について 調 査 ・

報 告 をした。 複 雑 な 法 律 問 題 を 含 む 事 件 について, 興 味 を 持 って 取 り 組 んでもらうことが

できた。

2011 年 度 は, 新 カリキュラム(2011 年 度 入 学 生 から 適 用 )で 導 入 された「 法 解 釈 基 礎 」

の 授 業 を 先 取 りする 内 容 とした。 法 解 釈 と 法 律 文 書 ( 答 案 ) 作 成 の 基 礎 について 説 明 し,

授 業 参 加 者 が 与 えられた 課 題 について, 実 際 に 答 案 を 作 成 した。

4 「 社 会 問 題 自 主 研 究 」( 学 部 )(2010 年 度 後 期 )

142


学 部 学 生 による, 政 教 分 離 に 関 する 判 例 研 究 に, 助 言 をした。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

相 互 授 業 参 観 の 期 間 中 , 授 業 に 参 観 し, 参 観 を 受 けた(2010 年 度 ,2011 年 度 )。 教 育 改

善 ・ 教 員 意 見 交 換 会 に 参 加 した(2010 年 度 ,2011 年 度 )。これらの 成 果 は, 今 後 の 授 業 の

改 善 に 役 立 てていきたい。

また,スタッフランチョンセミナーに 参 加 した(2010 年 度 ,2011 年 度 )。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

2011 年 10 月 18 日 と 19 日 に,ドイツ(ケルン 大 学 ,ケルン 区 裁 判 所 )にて, 財 産 開 示

制 度 と 動 産 執 行 について 聴 き 取 り 調 査 を 行 った。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

研 究 会 活 動

日 本 民 事 訴 訟 法 学 会 , 日 本 私 法 学 会

日 本 民 事 訴 訟 法 学 会 関 西 支 部 研 究 会 , 関 西 民 事 訴 訟 法 研 究 会 ,

関 西 金 融 法 務 懇 談 会 , 神 戸 大 学 民 法 判 例 研 究 会 , 東 京 大 学 民 事

訴 訟 法 研 究 会

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2011 年 度 ( 後 期 )

岡 山 大 学 法 学 部 非 常 勤 講 師 (「 民 事 執 行 ・ 保 全 法 」)

安 藤 馨 ( 法 哲 学 ・ 准 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

2010 年 度 10 月 に 本 研 究 科 に 赴 任 し、 私 にとって 初 めての 教 育 機 会 を 与 えられることと

なったため、 報 告 対 象 期 間 に 於 ける 研 究 教 育 活 動 に 於 いて、 自 身 の 教 育 活 動 の 基 盤 を 固 め

る 作 業 が 極 めて 大 きな 割 合 を 占 めることとなった(その 反 面 で、 研 究 面 については、その

過 程 で 行 ったサーヴェイを 含 め、 得 るところは 多 かったものの、 現 段 階 ではその 展 開 ・ 公

表 に 繋 がっていないことは 認 めなければならない)。しかし、その 甲 斐 があったというべき

か、 教 育 については 一 定 の 安 心 を 以 て 実 施 できるようになった。 研 究 面 では、 一 般 法 理 論

を 中 心 とする 法 概 念 論 研 究 にひとまずの 区 切 りをつけ、 個 々の 諸 概 念 の 哲 学 的 分 析 を 対 象

とする 法 概 念 論 分 野 に 取 り 組 み 始 めた。また、この 関 係 で、 自 由 意 志 論 などの 古 典 的 な 哲

学 的 問 題 と 法 概 念 論 に 於 けるその 関 わりについて 研 究 作 業 を 進 めている。 教 育 面 について

は、 今 期 に 一 定 の 時 間 資 源 を 投 入 した 講 義 準 備 を 活 用 すべく、 作 成 した 講 義 ノートを 概 説

的 教 科 書 の 類 として 公 刊 することを 視 野 に 入 れ 作 業 を 進 めていく 予 定 である。 全 体 として

143


教 育 と 研 究 の 有 機 的 連 関 を 達 成 することが 来 期 の 課 題 だといえよう。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

『 経 済 政 策 のオルタナティヴ・ヴィジ 共 著

ナカニシヤ 出 2010 年

ョン』 「 幸 福 ・ 福 利 ・ 効 用 」


『 自 由 への 問 い 4 コミュニケーシ 共 著 岩 波 書 店 2010 年

ョン: 自 由 な 情 報 空 間 とは 何 か』 「 功

利 主 義 と 自 由 ―― 統 治 と 監 視 の 幸 福

な 関 係 」

『 講 座 人 権 論 の 再 定 位 第 5 巻 』 共 著 法 律 文 化 社 2010 年

「 功 利 主 義 と 人 権 」

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

「 制 度 とその 規 範 的 正 当 化 ―― 帰 結 『 新 世 代 法 政 策 第 8 号 pp. 283-307 2010 年

主 義 と 社 会 規 範 の 関 係 を 巡 って」 学 研 究 』

「 論 争 する 法 哲 学 ( 書 評 ): 評 者 への

応 答 」

「 功 利 主 義 からサンデルまでの 長 い

話 」

『リスク 社 会 と pp.137-143

法 : 法 哲 学 年 報

2009』

『 法 学 セミナ

ー』

第 677 号 (2011/05)

pp.10-13

2010 年

2011 年

書 評 児 玉 聡 著 『 功 利 と 直 観 : 英 米 『 社 会 と 倫 理 』 26 号 2012 年 3 月

倫 理 思 想 史 入 門 』 ( 勁 草 書 房 二 〇

一 〇 年 )

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

「 統 治 理 論 としての 功 利 主 義 」( 統 一 日 本 法 哲 学 会 2011 年 一 橋 大 学 2011 年 11 月

シンポジウム 口 頭 報 告 )

度 学 術 大 会

「〈 社 会 的 なもの〉を 社 会 学 はいかに 第 84 回 日 本 社 会 学 会 関 西 大 学 2011 年 9 月

思 考 するか」(シンポジウム 口 頭 報 告 ) 大 会

「 規 範 理 論 の 再 検 討 」(シンポジウム

口 頭 報 告 )

立 命 館 大 学 : 国 際 カン 立 命 館 大 学

ファレンス「カタスト

ロフィと 正 義 」

2012 年 3 月

嶋 津 格 『 問 いとしての〈 正 しさ〉: 法 東 京 法 哲 学 研 究 会 法 政 大 学 2011 年 12 月

哲 学 の 挑 戦 』(NTT 出 版 、2011) 合 評


児 玉 聡 『 功 利 と 直 観 』( 勁 草 書 房 、2010) 京 都 生 命 倫 理 研 究 会 京 都 女 子 大 学 2011 年 3 月

合 評 会

144


* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

これまで 公 表 してきた 研 究 結 果 が 主 として 功 利 主 義 理 論 に 関 わるものであったこともあ

り、 外 部 から 期 待 されまた 依 頼 される 研 究 報 告 は、どうしても 功 利 主 義 理 論 や 分 配 的 正 義

論 に 関 わるものになりがちである。 自 身 の 研 究 活 動 においては、 法 概 念 論 に 一 定 期 間 注 力

し、 一 定 の 成 果 を 得 てはいるものの、 著 書 としての 公 刊 作 業 が 滞 りがちであることが、こ

のことの 遠 因 にあるので、 今 後 はこの 点 を 積 極 的 に 改 善 していくことを 課 題 としたい。な

お、 私 がこれまで 主 題 的 には 取 り 組 んで 来 なかった、 責 任 や 自 由 といった 特 定 の 規 範 的 諸

概 念 についての 哲 学 的 分 析 について 取 り 組 み 始 めたことをひとまずは 自 身 の 研 究 の 展 開 と

して 挙 げておきたい。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


英 米 法 文 献 研 究 2

現 代 の 法 哲 学 特 別 特 殊 講 義 2

学 部

現 代 の 法 哲 学 2

外 書 講 読 ( 英 書 ) 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


英 米 法 文 献 研 究 2

現 代 の 法 哲 学 特 別 特 殊 講 義 2

法 哲 学 特 別 特 殊 講 義 4

学 部

現 代 の 法 哲 学 2

外 書 講 読 ( 英 書 ) 2

法 哲 学 4

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

期 間 中 に 担 当 した 科 目 のうち、 講 義 を 中 心 とする「 現 代 の 法 哲 学 」と「 法 哲 学 」につい

ては、 相 当 の 時 間 資 源 を 投 入 して 準 備 を 行 うこととなった。 特 に 学 部 学 生 にとっては 難 解

になりがちな 主 題 について 一 定 の 精 確 かつ 包 括 的 見 通 しを 与 える、という 相 反 的 要 求 をあ

る 程 度 まで 満 たすべく、 講 義 ノートを 充 実 させ(これは 両 科 目 を 併 せて 30 万 字 ほどのもの

である)、なおかつそれを 学 習 資 源 として 学 生 に( 教 科 書 ・ 概 説 書 の 不 在 という 状 況 を 補 正

すべきものとして) 提 供 し 得 たことは、 一 定 の 成 果 だと 考 える。 初 年 度 の 授 業 評 価 アンケ

ートに 示 された 要 望 から、 理 解 しやすさの 向 上 を 図 るべく 改 訂 を 施 し、 講 義 時 には 講 義 ノ

ートの 理 解 を 更 に 助 けるべく 更 に 説 明 を 丁 寧 にし、かつ、 例 を 挙 げるなど 具 体 的 なものと

なるよう 心 がけた(この 際 に 相 互 授 業 参 観 に 於 いて 得 られた 私 の 講 義 様 態 に 対 する 他 教 員

の 感 想 は 大 いに 参 考 になるものであった)。 外 書 講 読 ( 英 米 法 文 献 研 究 )では、 英 米 法 的 文

脈 に 於 ける 現 代 的 法 理 学 文 献 と 古 典 的 法 理 学 文 献 の 双 方 を 教 材 として 選 択 し、 単 なる 英 文

読 解 に 終 わらせないように 心 がけたが(その 事 自 体 は 授 業 アンケートから 見 るに 学 生 から

歓 迎 されているようではあるが)、なお 一 定 の 試 行 錯 誤 中 である。

145


Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

本 研 究 科 で 開 催 されているランチョンセミナーに 複 数 回 参 加 した。また、 相 互 授 業 参 観

を 行 い、 授 業 改 善 に 取 り 入 れた。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

日 本 法 哲 学 会

学 会 等 役 員 ・ 編 集 委 員 学 術 大 会 実 施 委 員 ( 日 本 法 哲 学 会 )

研 究 会 活 動

東 京 法 哲 学 研 究 会 ・ 法 理 学 研 究 会

飯 田 秀 総 ( 商 法 ・ 准 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

研 究 については、 株 式 買 取 請 求 権 に 関 する 助 教 論 文 の 公 表 を 開 始 することができ、 一 区 切

りをつけることができた。これまでの 研 究 の 成 果 の 延 長 上 で 研 究 を 発 展 させるとともに、

新 たなテーマへの 取 り 組 みを 開 始 したい。

教 育 については、 商 法 Ⅰの 講 義 を 初 めて 担 当 した。 特 に 会 社 法 の 基 本 をいかに 分 かりや

すいロジックで 伝 えるかという 課 題 に 取 り 組 んだ。 試 行 錯 誤 を 続 けて、ベストなものを 作

り 上 げていきたい。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

会 社 法 制 見 直 しの 視 点

共 著 ( 大 杉 謙 一 、 太 田 商 事 法 務 2012 年 3 月

洋 ・ 森 本 大 介 、 加 藤 貴

仁 、 松 井 秀 征 、 北 川 徹 、

太 田 洋 ・ 柴 田 寛 子 )

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

私 法 における 法 と 経 済 学 ( 単 著 ) 法 学 教 室 365 号 10 頁 2011 年 2 月

カネボウ 少 数 株 主 損 害 賠 償 請 求 事 件

商 事 法 務

最 高 裁 判 決 の 検 討 ( 単 著 )

1923 号 4 頁 2011 年 2 月

146


会 社 法 学 習 のための 金 商 法 入 門 ( 第 6

回 ・ 最 終 回 ) 公 開 買 付 け・ 大 量 保 有 開 法 学 教 室 366 号 17 頁 2011 年 3 月

示 制 度 ( 単 著 )

非 対 称 的 な 発 動 基 準 の 定 めのあるラ

商 事 法 務

イツ・プランの 導 入 の 適 法 性 ( 単 著 )

1930 号 62 頁 2011 年 4 月

公 開 買 付 規 制 の 改 革 ― 欧 州 型 の 義 務

的 公 開 買 付 制 度 の 退 出 権 の 考 え 方 を 商 事 法 務 1933 号 14 頁 2011 年 6 月

導 入 すべきか―( 単 著 )

2008 年 改 正 「 多 様 な 資 産 運 用 ・ 調 達

大 証 金 融 商 品 取

機 会 の 提 供 :プロ 向 け 市 場 、ETF」に

6 号

引 法 研 究 会

ついて( 研 究 報 告 記 録 )

2011 年 9 月

判 例 紹 介 : 株 式 買 取 の「 公 正 な 価 格 」

決 定 ―― 平 成 23 年 4 月 26 日 最 高 裁

民 商 法 雑 誌

第 三 小 法 廷 金 融 ・ 商 事 判 例 1367 号 16

145 巻 3 号 390 頁 2011 年 12 月

頁 ( 単 著 )

トップ・アップ・オプションを 用 いた

二 段 階 買 収 の 差 止 めが 否 定 された 事 商 事 法 務 1958 号 51 頁 2012 年 2 月

例 ( 単 著 )

MBO を 行 う 取 締 役 の 義 務 と 第 三 者 に

ジュリスト

対 する 責 任 ( 単 著 )

1437 号 96 頁 2012 年 2 月

株 式 買 取 請 求 権 の 構 造 と 買 取 価 格 算

法 学 協 会 雑 誌

定 の 考 慮 要 素 (1) ( 単 著 )

129 巻 3 号 505 頁 2012 年 3 月

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

GCOE「 多 元 分 散 型 統

支 配 株 主 は 従 属 会 社 を 安 く 買 収 して

御 を 目 指 す 新 世 代 法

いるか?: 企 業 買 収 における 利 益 相 反

北 海 道 大 学

政 策 学 」< 法 の 経 済 分

と 株 式 買 取 請 求 権 ( 研 究 報 告 )

析 > 研 究 会

2010 年 7 月

非 対 称 的 な 発 動 基 準 の 定 めのあるラ

神 戸 大 学 商 事 法 研 究

イツ・プランの 導 入 の 適 法 性 ( 研 究 報

神 戸 大 学


告 )

2010 年 12 月

企 業 再 編 における 株 式 買 取 請 求 権 の

法 の 経 済 分 析 ワーク

機 能 と 買 取 価 格 の 考 慮 要 素 ( 研 究 報

学 習 院 大 学

ショップ

告 )

2011 年 1 月

2008 年 改 正 「 多 様 な 資 産 運 用 ・ 調 達

大 証 金 融 商 品 取 引 法 大 阪 証 券 取 引

機 会 の 提 供 :プロ 向 け 市 場 、ETF」に

2011 年 4 月

研 究 会


ついて( 研 究 報 告 )

トップ・アップ・オプションを 用 いた

神 戸 大 学 商 事 法 研 究

二 段 階 買 収 の 差 止 めが 否 定 された 事

神 戸 大 学


例 ( 研 究 報 告 )

2011 年 10 月

MBO を 行 う 取 締 役 の 義 務 と 第 三 者 に

東 京 大 学 商 法 研 究 会

対 する 責 任 ( 研 究 報 告 )

東 京 大 学 2011 年 10 月

147


会 社 法 における 株 式 価 値 の 捉 え 方 ~

株 式 買 取 請 求 権 と 市 場 価 格 ( 研 究 報 企 業 立 法 研 究 会 神 戸 大 学 2012 年 2 月

告 )

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

企 業 買 収 に 関 する 会 社 法 ・ 金 融 商 品 取 引 法 上 の 問 題 についての 研 究 を 主 に 行 った。 株 式

買 取 請 求 権 と 公 開 買 付 けについて、 解 釈 論 ・ 立 法 論 上 の 課 題 についての 研 究 を 進 めた。こ

の 分 野 における 法 的 規 整 を 論 じるには、 各 制 度 のみに 特 化 した 解 釈 論 を 展 開 するのには 限

界 があり、 諸 制 度 の 制 度 補 完 性 を 考 慮 に 入 れて、 包 括 的 に 議 論 を 行 う 必 要 性 がある。 上 記

の 諸 論 文 においては、その 基 礎 的 な 作 業 として、 現 在 の 解 釈 論 はどのようなものであるか、

どのような 問 題 を 抱 えているか、 立 法 論 として 考 慮 すべき 要 素 は 何 かを 検 討 している。 今

後 は、さらに、 比 較 法 の 対 象 を 広 げつつ、 法 的 規 律 の 整 理 を 包 括 的 に 提 言 することが 課 題

である。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


金 融 商 品 取 引 法 2

英 米 法 文 献 研 究 2

学 部

外 国 書 講 読 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 英 米 法 文 献 研 究 2

学 部

外 国 書 講 読 ( 英 米 法 ) 2

商 法 Ⅰ 4

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

金 融 商 品 取 引 法 ・ 商 法 Ⅰについては、 網 羅 的 に 基 本 を 見 直 し、 分 かりやすく 伝 えることに

注 意 を 払 った。しかし、 情 報 量 が 多 すぎたことと、 学 生 の 理 解 度 がよくわからなかったこ

ともあり、 進 度 が 速 すぎた 面 があった。 授 業 アンケートの 結 果 をふまえて、より 基 本 的 な

問 題 に 情 報 を 集 中 し、 学 生 の 理 解 の 徹 底 を 図 るように 改 善 を 試 みたい。

外 国 書 講 読 については、 会 社 法 を 履 修 したことのない 学 生 が 多 数 いる 中 で、 会 社 法 のア

メリカ・イギリスの 文 献 を 読 んだ。 文 章 のエッセンスの 把 握 を 中 心 に 行 ったが、 授 業 アン

ケートによれば、 学 生 にとっては 分 量 の 多 さに 挫 折 しかけた 者 も 少 なくなかった。そこで、

分 量 を 減 らして 精 読 する 回 を 何 度 か 実 施 した。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

148


〔FD 活 動 への 参 加 〕

相 互 授 業 参 観 、 及 び、スタッフ・ランチョンセミナーに 毎 回 参 加 した。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

研 究 会 活 動

日 本 私 法 学 会 、 日 本 海 法 学 会 、 法 と 経 済 学 会

神 戸 大 学 商 事 法 研 究 会 、 企 業 立 法 研 究 会 、 東 京 大 学 商 法 研 究 会 、

京 都 大 学 商 法 研 究 会 、 大 証 金 融 商 品 取 引 法 研 究 会

池 田 公 博 ( 刑 事 手 続 法 ・ 准 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

研 究 面 では、2008 年 以 降 関 心 の 対 象 としている 司 法 取 引 に 関 する 問 題 について 引 き 続 き

検 討 を 加 え、 成 果 を 得 ることができた 一 方 で、 電 磁 的 記 録 物 の 収 集 保 全 、あるいはその 証

拠 としての 利 用 について 検 討 を 加 える 機 会 があった。いずれも、 刑 事 司 法 制 度 が 現 状 にお

いて 抱 える 重 要 な 課 題 に 関 わるものであり、 対 象 年 度 における 業 績 はその 成 果 である。こ

れを 端 緒 としてさらなる 研 究 の 深 化 を 目 指 したい。

教 育 面 では、 引 き 続 き、 学 部 の 刑 事 訴 訟 法 の 講 義 、および 法 科 大 学 院 における 対 話 型 演

習 を 担 当 したほか、2011 年 度 に、ヨーロッパ 法 の 一 部 ( 欧 州 における 刑 事 司 法 協 力 )を、

また、 学 部 の 2 年 次 生 を 対 象 として、 法 律 解 釈 の 実 践 を 主 眼 とする 少 人 数 授 業 を、それぞ

れ 担 当 した。とりわけ 後 者 は、 新 しい 試 みによるものであり、 今 後 も 継 続 的 に 取 り 組 んで

いく 必 要 がある。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

ドイツの 刑 事 裁 判 と 合 意 手 続 ( 単 著 ) 刑 事 法 ジャーナ 22 号 23-31 頁 2010 年 5 月


写 真 ・ビデオ 撮 影 ( 単 著 ) 法 学 教 室 364 号 10-14 頁 2011 年 1 月

犯 行 状 況 等 の 再 現 結 果 を 記 録 した 実

況 見 分 調 書 ( 単 著 )

刑 事 訴 訟 法 判 例

百 選 〔 第 9 版 〕

別 冊 ジュリスト 203

号 180-181 頁

2011 年 3 月

電 磁 的 記 録 を 含 む 証 拠 の 収 集 ・ 保 全 に ジュリスト 1431 号 78-84 頁 2011 年 10 月

向 けた 手 続 の 整 備 ( 単 著 )

韓 国 の 国 民 参 与 裁 判 の 実 情 ( 井 上 正 仁 ジュリスト 1435 号 98-105 頁 2011 年 12 月

教 授 らと 共 著 )

共 犯 者 の 供 述 による 立 証 ( 単 著 ) 三 井 誠 先 生 古 稀 629-658 頁 2012 年 1 月

祝 賀 論 文 集

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

149


( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

即 決 裁 判 における 上 訴 制 限 の 合 憲 性 神 戸 大 学 判 例 刑 事 法 神 戸 大 学 2011 年 6 月

研 究 会

宅 配 便 内 容 物 のエックス 線 検 査 東 京 大 学 刑 事 判 例 研 東 京 大 学 2011 年 12 月

究 会

プレスの 自 由 と 取 材 源 秘 匿 ―コメン ドイツ 憲 法 判 例 研 究 専 修 大 学 2011 年 12 月



共 同 研 究 「 自 白 の 証 拠 能 力 」

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

日 本 刑 法 学 会 関 西 部

会 冬 季 例 会

大 学 コンソー

シアム 京 都

2012 年 1 月

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

前 期 から 引 き 続 き、 司 法 取 引 とそれに 関 連 して 問 題 となる 事 項 について 中 心 的 に 検 討 を 加

え、 一 定 の 成 果 を 挙 げることができた。これに 関 連 する、「 自 白 の 証 拠 能 力 」と 題 する 研 究

報 告 の 成 果 も、2012 年 度 中 に「 刑 法 雑 誌 」において 公 刊 の 予 定 である。 司 法 取 引 、 捜 査 協

力 といった 分 野 については、なお 議 論 が 緒 に 就 いたばかりであるため、 次 期 においても、

これまでの 成 果 を 踏 まえつつ、ある 程 度 体 系 的 なとりまとめを 行 うことも 視 野 に 入 れて 研

究 を 継 続 したい。

並 行 して、 写 真 データや、 電 子 計 算 機 等 の 電 磁 的 記 録 を 含 む 証 拠 の 取 扱 いについて 検 討

を 加 える 機 会 を 得 た。 有 体 物 を 規 律 の 標 準 とする 従 来 の 捜 査 法 、 証 拠 法 との 関 係 で、 困 難

な 検 討 を 必 要 とする 問 題 を 多 く 含 んでおり、そうであるがゆえに、 執 筆 の 過 程 では 基 本 的

な 制 度 や 概 念 の 理 解 を 問 われることとなった。 電 子 機 器 の 利 用 が 日 常 生 活 に 根 付 いてから

相 当 期 間 が 経 過 しているものの、 刑 事 司 法 制 度 を 規 律 する 概 念 等 には、 必 ずしもそのよう

な 状 況 に 対 応 したものとはいえない 部 分 が 残 る。 今 後 もあるべき 規 律 を 検 討 するべく、 立

法 論 も 含 めて 研 究 を 継 続 していく 必 要 がある。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS 対 話 型 演 習 刑 事 手 続 法 (2クラス) 4

学 部

刑 事 訴 訟 法 4

社 会 分 析 基 礎 演 習 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS

対 話 型 演 習 刑 事 手 続 法 (2クラス) 4

ヨーロッパ 法 0.4

学 部

刑 事 訴 訟 法 4

社 会 分 析 基 礎 演 習 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

150


〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

学 部 では、「 刑 事 訴 訟 法 」の 講 義 を 担 当 した。 対 象 年 度 においては、 講 義 終 了 時 に 次 回 講

義 で 使 用 するレジュメを 配 布 し、 受 講 生 の 予 習 の 便 宜 を 図 っている。アンケートを 通 じ、

この 授 業 ほど 予 習 が 大 事 であると 感 じた 授 業 はない、あるいは、レジュメが 予 習 の 役 に 立

った、といった 感 想 が 寄 せられており、 所 期 の 目 的 が 果 たされたものと 考 えている。また、

授 業 参 観 を 通 じて、 他 の 教 員 が、 各 種 の 映 像 機 器 を 使 用 することによりわかりやすい 授 業

を 心 がけ、かつ 実 践 されていることを 知 り、レジュメの 記 載 において、ナンバリングを 整

理 したり、あるいは 余 白 の 大 きさを 工 夫 するなどして、 講 義 と 視 覚 情 報 のバランスをとる

ことを 意 識 している。

他 方 で、 学 部 の 少 人 数 講 義 として、2009 年 度 から 引 き 続 き、 対 象 年 度 を 通 じて、2 年 次

生 を 対 象 とする「 社 会 分 析 基 礎 演 習 」を 担 当 した。これは、「 文 部 科 学 省 質 の 高 い 大 学 教 育

推 進 プログラム」として 実 施 された、「21 世 紀 型 市 民 としての 法 学 士 養 成 計 画 」の 一 部 とし

て 行 われたもので、2010 年 度 までは、 学 生 の 自 発 的 な 提 案 に 基 づいて、 問 題 の 調 査 、 分 析

および 課 題 解 決 に 向 けた 提 案 の 作 成 、そして 文 章 によって 一 連 の 作 業 を 表 現 することを 主

眼 としてきた。しかしその 後 、 当 然 のことかもしれないが、プレゼンテーション 等 を 優 秀

に 行 う 能 力 が、 必 ずしも 高 度 の 法 的 分 析 能 力 を 担 保 するものではないことに 気 付 かされる

機 会 があった。 確 かに、 法 学 部 において 習 得 することのできる 能 力 は 多 様 であり、その 意

義 を 否 定 するものではないが、 法 学 部 で 実 定 法 学 を 中 心 に 学 んだ 学 生 が、 文 章 により 実 定

法 の 解 釈 論 を 展 開 する 能 力 を 有 するに 至 らないことは、その 他 の 能 力 の 習 得 によって 補 わ

れてよい 問 題 ではなかろう。そのような 考 えから、 学 生 の 法 的 分 析 力 および 文 章 表 現 力 を

涵 養 するため、2011 年 度 の「 社 会 分 析 基 礎 演 習 」は、 法 律 解 釈 論 による 解 決 を 必 要 とする

問 題 を 含 む 事 例 を 素 材 とし、 条 文 をはじめとする、 一 般 的 に 妥 当 するルールの 内 容 を 解 釈

した 上 で、これを 事 案 に 適 用 して 一 定 の 結 論 を 得 る、という 作 業 を 繰 り 返 し 実 践 する 内 容

に 改 めて 実 施 した。その 成 果 は、 現 時 点 で 必 ずしも 明 らかではなく、 受 講 生 の 反 応 も 様 々

ではあるが、 現 在 の 法 学 部 学 生 のニーズに 応 える 授 業 を 提 供 できているのではないかと 考

えている。なお、2011 年 度 入 学 生 から 適 用 されている 法 学 部 規 則 において、 上 記 のコンセ

プトに 基 づく 演 習 は、「 法 解 釈 基 礎 」との 科 目 名 により 実 施 されており、 私 も、2012 年 度 に

おいて 引 き 続 き 担 当 している。

次 に、 法 科 大 学 院 において 担 当 している 対 話 型 演 習 刑 事 手 続 法 は、 授 業 の 進 め 方 が 確 立

してきた。 具 体 的 には、1 学 期 をかけて 行 なわれる 2 単 位 の 授 業 全 体 を、13 の 単 元 につい

ての 講 義 および 2 回 の 小 テストに 分 けたうえで、 各 単 元 の 講 義 を 次 のような 3 つの 部 分 に

分 けて 行 うこととしている。すなわち、1 制 度 の 概 要 、およびその 趣 旨 や 問 題 となる 点 の

確 認 (5 ないし 10 分 程 度 )、2ケースブックを 使 用 し、 具 体 的 な 問 題 点 を 題 材 とし、これに

関 する 学 生 との 質 疑 を 通 じた 検 討 (90 分 程 度 )、3 以 上 を 踏 まえての 問 題 点 の 整 理 (5 分 程

度 )というものである。 授 業 アンケートの 結 果 として、2010 年 度 は、1 組 4.38、2 組 4.39

と、 研 究 者 教 員 が 担 当 する 2 年 次 生 対 象 の 必 修 科 目 の 中 で、 対 話 型 演 習 契 約 法 Ⅱと 並 んで

両 クラスとも 最 高 の 評 点 を 与 えられ、また 2011 年 度 は、1 組 4.73、2 組 4.77 と、 上 記 趣 旨

においていずれのクラスにおいても 最 高 の 評 点 を 与 えられた。 今 後 も 学 生 の 意 向 を 踏 まえ

つつも、その 理 解 および 能 力 の 向 上 に 資 するべく、 授 業 方 法 ・ 内 容 の 改 善 に 取 り 組 むこと

としたい。

また、 本 講 義 は、 対 象 年 度 (2010 年 度 )において 実 施 された 外 部 評 価 に 際 し、 評 価 委 員

による 授 業 参 観 の 対 象 となり、その 後 、「 神 戸 大 学 大 学 院 法 学 研 究 科 ・ 法 学 部 外 部 評 価 報 告

書 (2011 年 3 月 )」( 以 下 「 報 告 書 」という)を 通 じて 評 価 委 員 の 方 から、 授 業 のあり 方 ( 進

め 方 のみならず 内 容 の 如 何 にわたる 部 分 もある)に 関 するご 指 摘 をいただいた。その 多 く

は、 批 判 にわたる 部 分 も 含 め 真 摯 に 受 け 止 めている。しかし、 評 価 委 員 の1 人 である 野 呂

雅 之 氏 による 評 価 については、 特 に 注 意 すべき 内 容 を 含 むため、 応 答 の 趣 旨 で 一 言 してお

きたい。

評 価 委 員 の 授 業 参 観 を 受 けたのは、およそ 10 分 間 であり、その 10 分 間 の 授 業 では、あ

151


る 単 元 ( 具 体 的 には、 訴 因 変 更 の 可 否 )に 関 する 問 題 点 の 整 理 ( 上 記 の 授 業 の 構 成 では、

3にあたる)が 行 なわれ、 続 けて 次 の 単 元 ( 同 じく、 公 判 前 整 理 手 続 、とりわけ 証 拠 開 示 )

に 関 する 制 度 の 概 要 、およびその 趣 旨 や 問 題 となる 点 の 確 認 ( 上 記 の 授 業 の 構 成 では、1

にあたる)が 行 なわれた。そのため、 参 観 を 受 けた 10 分 間 の 授 業 では、 学 生 との 対 話 によ

る 論 点 の 掘 り 下 げは 行 なわれず、 評 価 委 員 の 指 摘 には、 授 業 方 法 に 関 して、 対 話 による 進

行 が 予 想 に 反 して 少 ないとするものがあり、 野 呂 氏 も、その 趣 旨 のことを 述 べている。し

かし 野 呂 氏 はさらに 進 んで、「 司 法 試 験 に 合 格 するには 疑 問 をもつようなことはせず、ひた

ママ

すら 知 識 を 詰 め 込 むことが 必 要 なのはわかる。 教 官 が 公 判 前 整 理 手 続 き ママ について 論 点 を 説

明 したりすると、 逆 に 余 計 なことをするなと 学 生 は 反 発 するかもしれない」( 報 告 書 41 頁 )

とし、 加 えて、 授 業 の 印 象 として、「ロースクールとは 悪 く 言 えば 職 業 訓 練 校 だなというよ

うな 思 いを 非 常 にまた 強 くした」( 報 告 書 63 頁 )と 述 べている。

野 呂 氏 のこうした 表 現 からは、 野 呂 氏 が 参 観 した 授 業 科 目 だけでなく、 本 学 法 科 大 学 院

の 授 業 科 目 のいずれにおいても、 授 業 に 出 席 する 学 生 が 唯 々 諾 々と 知 識 を 詰 め 込 まれ 続 け

ているとの 印 象 が 生 じよう。しかし、 上 記 の 通 り、 授 業 の 参 観 は 10 分 間 であったこと、お

よび、 参 観 された 授 業 は 学 生 との 対 話 によって 進 行 する 部 分 ( 授 業 時 間 の 85~90%があて

られている)とそうでない 部 分 ( 同 じく、おおむね 10~15%があてられている)とがあり、

参 観 されたのはちょうどその 学 生 との 対 話 によって 進 行 するのではない 部 分 であったこと

からは、そのような 印 象 は、 本 法 科 大 学 院 のすべての 授 業 について 直 ちに 妥 当 するもので

はなく、また、 私 の 授 業 との 関 係 でも、 事 実 を 反 映 していない。このような 意 味 において、

野 呂 氏 の 評 価 は、 慎 重 に 避 けるべき 過 度 の 一 般 化 を 伴 っていて、その 結 果 本 学 法 科 大 学 院

に 対 して、 否 定 的 な 方 向 に 歪 んだ 評 価 を 述 べるものであり、その 文 面 通 り 受 け 取 られては

ならないものであると 言 わなければならない。 同 じ 授 業 を 参 観 されたその 他 の 評 価 委 員 の

方 々が、 野 呂 氏 のような 一 般 的 な 表 現 をとられていない 中 で、 野 呂 氏 一 人 が、 私 の 授 業 及

び 本 学 法 科 大 学 院 に 対 する 否 定 的 な 評 価 を 断 定 的 に 示 されていることも、 野 呂 氏 の 評 価 が

どのような 意 義 を 持 つかを 考 える 際 には、 併 せて 考 慮 されるべきであろう。

なお、 野 呂 氏 は、 報 告 書 の 他 の 箇 所 において、 自 身 の 知 見 や 取 材 経 験 に 基 づいて、 私 の

授 業 内 容 に 意 見 を 述 べておられるが、 参 観 した 部 分 以 外 の 授 業 の 内 容 がどのようなもので

あるかについて 関 心 を 持 とうとする 姿 勢 が 感 じられない 方 からの 意 見 にしたがう 理 由 は 見

当 たらない。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

学 部 ・ 大 学 院 を 通 じ、 授 業 相 互 参 観 に 参 加 した(2010・2011 年 度 )。

ランチョン・スタッフセミナーに 参 加 した(2010・2011 年 度 )。

法 科 大 学 院 の 教 育 改 善 に 向 けた 意 見 交 換 会 に 出 席 した(2010・2011 年 度 )。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

科 学 研 究 費 基 盤 研 究 (B)「 西 欧 の 素 人 裁 判 官 による 陪 参 審 制 度 評 価 の 調 査 ― 市 民 の 司 法

参 加 の 正 統 性 基 盤 ―」( 研 究 代 表 者 ・ 尾 崎 一 郎 北 海 道 大 学 教 授 )の 研 究 分 担 者 として、ベル

ギー 王 国 ブリュッセル 市 、アントワープ 市 およびトンゲレン 市 等 において、ベルギー 陪 審

制 度 に 関 する 現 地 調 査 を 行 った(2011 年 3 月 、10 月 、2012 年 3 月 )。

Ⅴ 学 外 活 動

152


〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

研 究 会 活 動

日 本 刑 法 学 会

神 戸 大 学 判 例 刑 事 法 研 究 会 、 東 京 大 学 刑 事 判 例 研 究 会 、 同 志 社

大 学 刑 事 手 続 法 研 究 会 、 大 阪 地 裁 刑 事 実 務 研 究 会

池 田 千 鶴 ( 経 済 法 ・ 准 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

この2 年 間 のうち,とくに 教 育 ・ 研 究 面 で 重 要 な 出 来 事 は,2010 年 7 月 14 日 から 2011

年 9 月 1 日 まで, 神 戸 大 学 若 手 教 員 長 期 海 外 派 遣 制 度 による 支 援 を 受 けて, 米 国 ワシント

ン DC にあるジョージタウン 大 学 ローセンターにて, 客 員 研 究 員 として 在 外 研 究 を 行 い,

また 米 国 における 反 トラスト 法 の 授 業 やゼミに 参 加 して, 彼 の 地 における 教 育 手 法 を 間 近

で 見 る 機 会 を 得 たことである。また,2011 年 5 月 23 日 から 7 月 29 日 の 2 か 月 強 の 間 , 連

邦 取 引 委 員 会 の 国 際 課 でインターンをする 貴 重 な 機 会 を 得 たことも, 今 後 の 研 究 ・ 教 育 活

動 に 活 かされると 思 われる。 今 後 は, 在 外 研 究 中 に 得 た 着 想 を 具 体 的 な 研 究 成 果 に 結 びつ

けるべく, 着 実 に 研 究 を 進 めていきたい。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

不 当 な 取 引 制 限 における 意 思 の 連 絡 平 成 21 年 度 重 272~274 頁 2010 年 4 月

- 郵 政 省 郵 便 区 分 機 談 合 事 件 審 決 取 要 判 例 解 説

消 請 求 訴 訟 差 戻 審 判 決

製 鉄 会 社 間 の 合 併 の 競 争 制 限 効 果 と

問 題 解 消 措

経 済 法 判 例 ・ 審

決 百 選

2010 年 4 月

企 業 結 合 規 制 ( 審 査 手 続 及 び 審 査 基 公 正 取 引 729 号 11~19 頁 2011 年 7 月

準 )の 見 直 し

米 国 における 競 争 法 と 知 的 財 産 権 ― 公 正 取 引 731 号 24~31 頁 2011 年 9 月

競 争 法 と 知 的 財 産 権 とが 交 錯 する 分

野 における 米 国 法 とその 展 開 ( 翻 訳 )

独 占 禁 止 法 判 例 研 究 会 (21) 独 占 禁 止 NBL 971 号 84~92 頁 2012 年 2 月

法 に 基 づく 差 止 請 求 と 競 合 避 止 義 務

違 反 の 告 知 による 競 争 者 に 対 する 取

引 妨 害 :ドライアイス 取 引 妨 害 事 件

[ 東 京 地 裁 平 成 23・3・30 決 定 ]

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

153


ハマナカ 毛 糸 の 再 販 売 価 格 拘 束 事 件 大 阪 弁 護 士 会 独 禁 法

の 審 判 請 求 棄 却 審 決 [ 平 成 22・6・9] 実 務 研 究 会

イノベーション 競 争 と 企 業 結 合 規 制

についてーGenzyme/Novazyme 買 収

事 件 の FTC による 審 査 打 切 りのケー

ス(2004 年 )ー

独 占 禁 止 法 に 基 づく 差 止 請 求 と 競 合 独 占 禁 止 法 判 例 研 究

避 止 義 務 違 反 の 告 知 による 競 争 者 に 会

対 する 取 引 妨 害 :ドライアイス 取 引 妨

害 事 件 [ 東 京 地 裁 平 成 23・3・30 決

定 ]

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

大 阪 弁 護 士 会


2010 年 6 月

24 日

独 禁 法 研 究 会 大 阪 倶 楽 部 2011 年 11 月

5 日

神 戸 大 学

2011 年 12 月

11 日

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

この2 年 間 に,2010 年 7 月 14 日 から 2011 年 9 月 1 日 まで, 米 国 ワシントン DC にある

ジョージタウン 大 学 ローセンターにて, 客 員 研 究 員 として 在 外 研 究 を 行 ったほか,5 本 の 論

文 や 評 釈 , 翻 訳 を 公 表 し, 主 な 研 究 報 告 を 3 回 行 った。 在 外 研 究 中 に 得 た 着 想 についてさ

らに 研 究 を 進 め, 具 体 的 な 研 究 成 果 に 結 び 付 けていきたい。

なお,「イノベーションが 重 要 な 市 場 における 企 業 結 合 規 制 のあり 方 に 関 する 総 合 的 研

究 」というテーマで, 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 若 手 研 究 (B), 平 成 23 年 度 ~ 平 成 26 年 度 )を

得 ている。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 ヨーロッパ 法 0.53(4/30)

学 部 1 年 次 演 習 2

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS R&W ゼミ 経 済 法 2

学 部

経 済 法 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

学 部 ・ 法 科 大 学 院 の 講 義 科 目 では,シラバスに 記 した 授 業 計 画 に 沿 って, 総 合 的 な 理 解

に 資 するよう, 詳 しく 講 義 するとともに, 学 生 の 理 解 に 資 するようにレジュメを 作 成 ・ 配

布 し, 適 切 な 資 料 を 選 んで 追 加 配 布 した。また, 学 部 ・ 法 科 大 学 院 の 少 人 数 教 育 では, 学

生 の 個 性 や 習 熟 度 に 合 わせて, 適 切 に 指 導 するように 心 がけた。また, 授 業 後 やオフィス

アワーにおいて, 学 生 からの 質 問 に 応 じた。R&W ゼミ 経 済 法 では,これまでの 授 業 経 験 や

アンケート 結 果 を 踏 まえて,ゼミのやり 方 を 改 善 し, 学 生 がより 着 実 に 基 礎 的 な 知 識 を 定

着 させ,その 知 識 を 活 かして 個 別 事 案 を 分 析 する 能 力 を 高 めることができるように 工 夫 し

た。

154


Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

学 内 の FD 活 動 に 積 極 的 に 参 加 した。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

2010 年 7 月 14 日 から 2011 年 9 月 1 日 まで, 神 戸 大 学 若 手 教 員 長 期 海 外 派 遣 制 度 による

支 援 を 受 けて, 米 国 ワシントン DC にあるジョージタウン 大 学 ローセンターにて, 客 員 研

究 員 として 在 外 研 究 を 行 った。 受 入 教 授 である Howard Shelanski 教 授 や,Steven C. Salop

教 授 ,Robert Pitofsky 教 授 の 反 トラスト 法 の 授 業 やゼミに 出 席 して, 最 新 の 知 見 を 得 た。

また,2011 年 5 月 23 日 から 7 月 29 日 の 2 か 月 強 の 間 , 連 邦 取 引 委 員 会 でインターンをす

る 貴 重 な 機 会 を 得 た。 国 際 課 に 所 属 し, 国 際 的 な 競 争 法 の 執 行 の 現 場 や 競 争 当 局 間 の 国 際

交 流 を 間 近 に 見 ることができ, 大 変 有 益 な 機 会 であった。また, 私 の 在 外 研 究 中 に, 同 時

期 にアメリカン 大 学 で 在 外 研 究 をされておられた Paul Nihoul 教 授 (ルーヴァン・カトリ

ック 大 学 )とも 知 己 を 得 て,EU 競 争 法 研 究 者 が 参 加 する 学 会 ASCOLA をご 紹 介 いただい

た。

また,2011 年 3 月 6 日 には, 神 戸 大 学 大 学 院 法 学 研 究 科 と 経 済 学 研 究 科 の 連 携 プロジェ

クト「 経 済 的 ・ 社 会 的 規 制 における 市 場 の 機 能 とその 補 正 をめぐる 法 律 学 的 ・ 経 済 学 的 検

討 」( 代 表 : 泉 水 文 雄 教 授 )の 活 動 として、「グローバル 経 済 における 知 的 財 産 法 と 競 争 法

の 相 互 補 完 ―The Interface between IP Law and Competition Law in the Globalized

Economy―」というテーマで 国 際 シンポジウムを 開 催 し, 当 日 のシンポジウムの 司 会 進 行 を

務 めた 他 , 当 日 のゲストスピーカーである 連 邦 取 引 委 員 会 国 際 部 IP& 国 際 反 トラスト 顧 問

Dina Kallay 氏 の 招 聘 に 尽 力 した。

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

研 究 会 活 動

経 済 法 学 会 , 国 際 経 済 法 学 会

独 禁 法 研 究 会 , 関 西 経 済 法 研 究 会 , 独 占 禁 止 法 判 例 研 究 会

〔 社 会 における 活 動 〕

神 戸 市 特 定 調 達 調 査 委 員 会 (2012.1 から)

明 石 市 入 札 監 視 委 員 会 委 員 (2010.7 まで)

総 務 省 情 報 通 信 行 政 ・ 郵 政 行 政 審 議 会 電 気 通 信 番 号 委 員 会 専 門 員 ( 再 任 )

興 津 征 雄 ( 行 政 法 ・ 准 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

研 究 面 では 初 の 単 著 を 刊 行 したこと, 教 育 面 では 法 科 大 学 院 で 初 めて 単 独 授 業 を 担 当 し

たことが, 今 期 中 の 特 筆 すべき 出 来 事 であった。 詳 しくはそれぞれの 項 目 を 参 照 されたい。

155


学 内 外 における 業 務 上 の 負 担 は, 大 きく 増 えることも, 大 きく 減 ることもなく, 小 康 状

態 を 保 っているけれども,FR 前 号 に 記 したとおり「いかにして 自 分 なりの 問 題 関 心 を 保 持

し 続 け,それに 沿 って 一 貫 した 研 究 活 動 を 遂 行 できるかどうか」は 依 然 として 大 きな 課 題

として 残 ったままである。 特 に 最 近 , 学 生 向 けの 書 き 物 を“ 短 く”“ 簡 単 に”“わかりやす

く” 書 くことを 条 件 に 依 頼 されることが 多 く, 結 果 として, 自 己 の 内 発 的 な 関 心 を 発 展 さ

せることにもならなければ, 新 たな 問 題 の 発 見 にもつながらないようなものばかりが 増 え

てきてしまった。 今 後 は, 依 頼 原 稿 については, 脚 注 を 付 すことができないもの,または,

自 己 の 見 解 の 表 明 が 期 待 されていないものは,できるだけセーブする 方 針 を 採 りたいと 思

う。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

違 法 是 正 と 判 決 効 ― 行 政 訴 訟 の 機 単 著 弘 文 堂 2010 年 7 月

能 と 構 造

条 解 行 政 情 報 関 連 三 法 共 著 弘 文 堂 2011 年 11 月

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

第 一 種 市 街 地 再 開 発 事 業 の 事 業 計 画 自 治 研 究 86 巻 6 号 145-161 頁 2010 年 6 月

の 処 分 性

取 消 判 決 の 効 力 法 学 教 室 360 号 26-30 頁 2010 年 9 月

違 憲 審 査 における 確 認 訴 訟 の 意 義 法 学 セミナー 674 号 23-25 頁 2011 年 2 月

行 政 裁 判 法 典 の 改 正 ― 行 政 裁 判 所 日 仏 法 学 26 号 144-150 頁 2011 年 7 月

における 論 告 担 当 官 および 口 頭 弁 論

期 日 の 進 行 に 関 する 2009 年 1 月 7 日

のデクレ 第 14 号 , 行 政 裁 判 所 の 管 轄

配 分 および 運 営 に 関 する 201 年 2 月

22 日 のデクレ 第 164 号

特 許 付 与 ・ 無 効 審 判 ・ 侵 害 訴 訟 ― 行 政 日 本 弁 理 士 会 中 64 巻 別 冊 6 号 1-18 2011 年 7 月

法 学 的 分 析 ―

央 知 的 財 産 研 究 頁

所 研 究 報 告 30

号 『 審 判 及 び 関

連 する 制 度 の 研

究 ( 中 間 報 告 )』

パテント 64 巻

別 冊 6 号

医 師 優 遇 税 制 と 修 正 申 告 ― 概 算 経 租 税 判 例 百 選 186-187 頁 2011 年 11 月

費 を 選 択 した 医 師 の 修 正 申 告 におけ 〔 第 5 版 〕( 別 冊

る 実 額 経 費 への 変 更 の 許 否 ジュリスト 207

号 )

検 察 審 査 会 の 起 訴 議 決 に 対 する 行 政

事 件 訴 訟 の 可 否

判 例 セレクト5 頁 2012 年 3 月

2011-II( 法 学 教

156


室 378 号 別 冊 付

録 )

抗 告 訴 訟 における 第 三 者 の 出 訴 可 能 高 木 光 ほか 編 655-672 頁 2012 年 3 月

性 と 処 分 性 ― 相 対 的 行 政 処 分 概 念 『 行 政 法 学 の 未

の 示 唆 するもの

来 に 向 けて―

阿 部 泰 隆 先 生 古

稀 記 念 』( 有 斐

閣 )

* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

特 許 付 与 ・ 無 効 審 判 ・ 侵 害 訴 訟 ― 行 日 本 弁 理 士 会 中 央 知 日 本 弁 理 士 会 2010 年 5 月

政 法 的 分 析 ―

的 財 産 研 究 所 関 西 部 近 畿 支 部 室

会 「 審 判 及 び 関 連 する

制 度 の 研 究 」

特 許 付 与 作 用 および 特 許 無 効 審 判 の 関 西 行 政 法 研 究 会 大 阪 学 院 大 学 2010 年 11 月

行 政 法 上 の 位 置 づけ― 特 許 権 侵 害

訴 訟 とのダブルトラック 問 題 に 寄 せ

て―

Les pouvoirs administratifs 23ème Session du Sciences Po, 2011 年 2 月

d'investigation au Japon - un aperçu Séminaire de droit Paris

public comparé,

européen et global

L'organisation des grandes La

France

agglomérations japonaises

圏 央 道 高 尾 山 トンネル・ 八 王 子 南 IC

等 事 業 認 定 ・ 収 用 裁 決 取 消 訴 訟

行 政 救 済 制 度 改 革 の 展 望 ~ 行 政 事 件

訴 訟 法 と 行 政 不 服 審 査 法 ~

intercommunale : La

communautarisation

des territoires à la

lumière de la loi du

16 décembre 2010

行 政 判 例 研 究 会

日 本 自 治 学 会 分 科 会

E

パリ 東 部 マル2011 年 4 月

ヌ・ラ・ヴァレ

大 学

第 一 法 規 ( 株 )2011 年 10 月

岡 山 大 学 津 島

キャンパス

行 政 作 用 としての 特 許 権 発 生 と 特 許 北 海 道 大 学 大 学 院 法 北 海 道 大 学

無 効 ― 特 許 法 104 条 の 3の 法 ドグマ 学 研 究 科 グローバル

ーティク―

COE シンポジウム

“ 特 許 審 判 ・ 審 決 取 消

訴 訟 手 続 と 行 政 法 学 ”

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

2011 年 11 月

2012 年 1 月

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

2010 年 度 はそれまでの 研 究 成 果 を 体 系 化 し 公 表 することに 力 を 注 ぎ, 初 の 単 著 『 違 法 是

正 と 判 決 効 ― 行 政 訴 訟 の 機 能 と 構 造 』を 上 梓 することができた。この 著 書 においては,

抗 告 訴 訟 を 中 心 とする 行 政 訴 訟 の 機 能 と 構 造 を 分 析 し, 抗 告 訴 訟 を《 違 法 判 断 + 是 正 措 置

( 救 済 )》の 二 重 構 造 で 捉 える 視 点 を 提 示 した。また,この 視 点 から 取 消 訴 訟 と 義 務 付 け 訴

157


訟 の 関 係 を 検 討 し,いくつかの 解 釈 論 および 立 法 論 を 提 示 した。なお, 同 書 については,

東 京 大 学 公 法 研 究 会 において 書 評 会 を 企 画 していただき(2011 年 3 月 8 日 ), 参 加 者 ( 特

に 太 田 匡 彦 教 授 ( 東 京 大 学 )と 木 庭 顕 教 授 ( 同 ))からきわめて 厳 しい 批 判 を 受 けた。その

すべてに 応 答 することは 研 究 者 人 生 のすべてをかけても 恐 らくかなわないと 思 うが,いた

だいた 指 摘 を 今 後 の 糧 にしていきたい。 身 に 余 るコメントをくださった 書 評 報 告 者 の 山 本

隆 司 教 授 ( 東 京 大 学 )にもあわせて, 感 謝 申 し 上 げたい。

この 著 書 刊 行 後 に 公 表 した2 本 の 論 考 において, 著 書 において 示 された 判 決 の 効 力 に 関

する 成 果 をコンパクトにまとめるとともに(「 取 消 判 決 の 効 力 」), 著 書 においては 十 分 に 検

討 することができなかった 当 事 者 訴 訟 の 位 置 づけについて 一 定 の 見 通 しを 示 した(「 違 憲 審

査 における 確 認 訴 訟 の 意 義 」)。「 第 一 種 市 街 地 再 開 発 事 業 の 事 業 計 画 の 処 分 性 」および「 抗

告 訴 訟 における 第 三 者 の 出 訴 可 能 性 と 処 分 性 ― 相 対 的 行 政 処 分 概 念 の 示 唆 するもの」は,

同 書 で 得 られた 視 点 を 処 分 性 という 新 たな 問 題 に 応 用 しようとするものである。

2009 年 9 月 から 2011 年 8 月 まで 日 本 弁 理 士 会 中 央 知 的 財 産 研 究 所 「 審 判 及 び 関 連 する

制 度 の 研 究 」 研 究 部 会 に 研 究 員 として 参 加 し,その 成 果 として「 特 許 付 与 ・ 無 効 審 判 ・ 侵

害 訴 訟 ― 行 政 法 学 的 分 析 ―」を 公 表 した。これは, 東 京 大 学 大 学 院 在 学 中 に 研 究 会 で

報 告 したきり 原 稿 が 公 表 できていなかった 最 判 平 成 12・4・11 民 集 54 巻 4 号 1368 頁 (い

わゆるキルビー 判 決 )の 評 釈 が, 約 10 年 ぶりに 日 の 目 を 見 たという 意 味 をも 持 つ。 同 部 会

の 座 長 を 務 められ, 参 加 をお 奨 めいただいた 鈴 木 將 文 教 授 ( 名 古 屋 大 学 )および 鈴 木 教 授

への 紹 介 の 労 を 執 ってくださった 小 島 立 准 教 授 ( 九 州 大 学 )に,この 場 を 借 りて 御 礼 申 し

上 げる。なお, 北 大 GCOE シンポジウムにおける「 行 政 作 用 としての 特 許 権 発 生 と 特 許 無

効 ― 特 許 法 104 条 の 3 の 法 ドグマーティク―」と 題 する 報 告 は, 前 掲 「 特 許 付 与 ・ 無

効 審 判 ・ 侵 害 訴 訟 」を 見 咎 めて 逸 早 くご 連 絡 くださった 田 村 善 之 教 授 ( 北 海 道 大 学 )のお

誘 いで 実 現 したものであり( 田 村 教 授 とはその 際 のやり 取 りが 初 めてであった),その 内 容

は, 大 幅 に 加 筆 したうえで,『 知 的 財 産 法 政 策 学 研 究 』38 号 (2012 年 6 月 )に 掲 載 された。

田 村 教 授 にも 謝 意 を 表 したい。

以 上 のとおり, 単 著 刊 行 後 の 研 究 は, 処 分 性 に 関 するものと, 特 許 法 に 関 するものとに

分 かれているが, 今 後 は, 他 の 個 別 法 分 野 ( 例 えば 都 市 法 ・ 土 地 法 )をも 含 めて,これを

行 政 行 為 ( 行 政 処 分 )の 効 果 ・ 効 力 という 観 点 から 体 系 化 する 作 業 に 取 り 組 みたい。

これらとは 別 系 統 の 仕 事 であるが, 今 期 中 に 日 本 の 行 政 法 ・ 地 方 自 治 法 についてフラン

ス 語 で 報 告 する 機 会 を 与 えられ,またフランスの 大 学 で 授 業 をする 機 会 を 得 た(Ⅴ 参 照 )

のは,またとない 経 験 となった。 自 国 法 を 外 国 人 に 理 解 できるように 説 明 するためには,

語 学 力 の 研 鑽 もさることながら,ふだん 当 たり 前 と 思 って 気 にも 留 めないようなところを

こそ 丁 寧 に 解 きほぐす 必 要 があり, 自 国 法 の 新 たな 理 解 にもつながるものがあった。 今 後

も 機 会 を 捉 えてチャレンジを 続 けたい。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2010 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

LS

対 話 型 演 習 行 政 法 Ⅱ 2

ヨーロッパ 法 0.4

対 話 型 演 習 総 合 法 律 (2 クラス) 0.8

学 部

行 政 法 Ⅱ 4

行 政 法 応 用 演 習 2

158


2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

院 フランス 法 文 献 研 究 2

LS

学 部

全 学

対 話 型 演 習 行 政 法 Ⅰ 2

ヨーロッパ 法 0.52

対 話 型 演 習 総 合 法 律 0.4

1 年 次 演 習 2

行 政 法 Ⅰ 4

外 書 講 読 ( 仏 書 ) 2

社 会 科 学 のフロンティア 0.14

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

2010 年 度 後 期 に 初 めて 法 科 大 学 院 の 授 業 を 単 独 で 担 当 し( 対 話 型 演 習 行 政 法 Ⅱ),2011

年 度 前 期 も 別 の 科 目 を 担 当 して( 対 話 型 演 習 行 政 法 Ⅰ), 法 科 大 学 院 2Lにおける 行 政 法 教

育 を 一 回 り 経 験 できたことが, 今 期 中 の 教 育 活 動 における 最 大 の 成 果 であった。 両 学 期 と

も, 中 川 丈 久 教 授 作 成 の 膨 大 な 判 例 教 材 を 用 い, 基 礎 知 識 の 体 系 的 な 伝 達 とともに 個 別 事

例 に 即 した 紛 争 解 決 という 法 曹 実 務 家 としての 基 礎 的 能 力 の 養 成 にも 心 を 砕 いた。また,

両 学 期 とも,ファカルティ・ディヴェロップメントの 一 環 として, 中 川 教 授 の 担 当 された

別 クラスの 授 業 を 時 間 の 許 す 限 り 参 観 し, 自 らの 授 業 運 営 に 反 映 させた。なお, 中 川 教 授

の 行 政 法 理 論 に 初 めて 体 系 的 に 接 触 することができたことは, 研 究 面 でも 裨 益 するところ

が 大 きかった。

学 部 では,2010 年 度 前 期 に 2 回 目 となる 行 政 法 応 用 演 習 を 担 当 した。 前 年 度 担 当 時 の 反

省 点 (FR 前 号 参 照 )を 踏 まえ,“ 一 人 一 回 は 発 言 して 帰 ること”をルールとし,また 学 生

の 発 言 に 対 しては 根 拠 を 尋 ねるなどこちらから 積 極 的 な 問 いかけを 行 った。 教 材 ( 高 木 光

= 高 橋 滋 = 人 見 剛 『 行 政 法 事 例 演 習 教 材 』 有 斐 閣 (2009 年 ))の 難 易 度 がやや 適 切 ではなか

った 感 は 残 るものの, 熱 心 な 履 修 者 に 恵 まれたこともあり, 結 果 としては 大 成 功 であった

と 自 己 評 価 している。 同 じ 演 習 を 2 年 続 けて 担 当 したことにより, 自 分 なりの 演 習 運 営 方

法 が 見 えかけた 矢 先 でもあったが,2004 年 カリキュラムがこの 年 で 終 了 し, 行 政 法 応 用 演

習 の 授 業 も 廃 止 となってしまったのはきわめて 残 念 であった。

その 代 わり,2011 年 度 前 期 に 1 年 次 演 習 を 初 めて 担 当 し, 低 年 次 教 育 の 意 義 と 問 題 点 を

実 感 することができた。すなわち, 意 義 としては, 入 学 直 後 の 数 ヶ 月 間 に 教 員 との 距 離 が

近 いところでインテンシヴな 教 育 を 受 けることの 効 用 は 決 して 過 小 評 価 されるべきではな

く, 運 営 方 法 には 改 善 の 余 地 があるとしても 制 度 自 体 は 維 持 されるべきことを 感 じた。そ

れに 対 し, 問 題 点 としては, 希 望 を 出 したうえで 抽 選 でクラスを 振 り 分 けられることにな

るため, 学 生 によってはモチヴェーションを 維 持 するのが 難 しいこと,また, 授 業 時 間 に

比 して 提 供 すべきとされる 内 容 が 多 く, 消 化 不 良 になりがちなことがある。2012 年 前 期 も

1 年 次 演 習 を 担 当 しているが,これらの 反 省 を 活 かして 授 業 方 法 の 改 善 を 試 みている。なお,

低 年 次 教 育 はこれさえ 教 えておけば 大 丈 夫 という 定 番 カリキュラムが 存 在 せず, 実 際 に 学

生 を 教 える 中 で 試 行 錯 誤 をくり 返 す 性 質 のものであるため,その 充 実 化 のためにはなるべ

く 多 くの 教 員 が 教 育 経 験 を 共 有 することが 望 ましく,1 年 次 演 習 の 担 当 が 特 定 の 層 の 教 員

( 特 にシニア 准 教 授 )に 集 中 しないような 制 度 的 配 慮 が 望 まれる。

2011 年 度 後 期 に 担 当 した 行 政 法 Ⅰでは,これまでの 授 業 アンケートで 寄 せられた 要 望 ( 学

生 の 理 解 度 を 把 握 しながら 授 業 をしてほしい,ペースメーカーとして 中 間 テストやレポー

トを 課 してほしい)を 踏 まえ,テークホーム 式 の 中 間 テストを 実 施 し, 最 終 成 績 に 反 映 さ

159


せた。 学 生 にとっても 事 例 問 題 に 取 り 組 む 機 会 が 得 られ, 教 員 としても 学 生 の 学 習 状 況 や

つまづきやすいところを 把 握 することができ, 有 益 だったと 思 う。

2011 年 度 後 期 には 全 学 共 通 教 育 科 目 「 社 会 科 学 のフロンティア」をオムニバスで1コマ

だけ 担 当 した。それはよいのだが, 学 部 教 務 委 員 長 の 指 名 により 授 業 全 体 の 取 りまとめを

務 めることになり, 一 部 の 他 部 局 教 員 との 折 衝 に 大 いに 難 渋 したため, 授 業 負 担 以 上 に 徒

労 感 のみが 残 った。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

教 員 相 互 授 業 参 観 , 法 科 大 学 院 教 育 改 善 ・ 教 員 意 見 交 換 会 ,スタッフランチョンセミナ

ーに 随 時 参 加 した。 中 川 教 授 担 当 の 対 話 型 演 習 行 政 法 Ⅱ(2010 年 度 後 期 )および 対 話 型 演

習 行 政 法 Ⅰ(2011 年 度 前 期 )をほぼ 毎 回 参 観 した(Ⅲ 参 照 )。

なお,2011 年 度 は, 法 学 研 究 科 僚 友 会 幹 事 として,スタッフランチョンセミナーを 3 回

企 画 し, 司 会 を 務 めた。 報 告 をお 引 き 受 けいただいた 赤 坂 正 浩 名 誉 教 授 , 田 中 洋 准 教 授 お

よび 飯 田 秀 総 准 教 授 に 御 礼 を 申 し 上 げる。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

2011 年 2 月 ,フランス 出 張 ( 都 市 法 に 関 する 調 査 および 日 本 の 行 政 調 査 に 関 する 報 告 のた

め)

2011 年 4 月 ,フランス 出 張 ( 日 本 の 大 都 市 法 制 に 関 する 報 告 のため)

2011 年 8 月 ~9 月 ,アメリカ 合 衆 国 出 張 ( 行 政 法 に 関 する 調 査 のため)

2012 年 3 月 ,フランス 出 張 (パリ 第 13 大 学 における 日 本 行 政 法 に 関 する 講 義 のため)

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

研 究 会 活 動

日 本 公 法 学 会 , 日 仏 法 学 会 ,Association française pour la

recherche en droit administratif

行 政 判 例 研 究 会 ,フランス 行 政 法 研 究 会 , 関 西 行 政 法 研 究 会 ,

東 京 大 学 公 法 研 究 会 ・ 公 法 判 例 研 究 会

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2011 年 度

パリ 第 13 大 学 招 聘 教 授

〔 社 会 における 活 動 〕

神 戸 市 情 報 公 開 審 査 会 委 員 (2011 年 10 月 ~)

三 木 市 情 報 公 開 審 査 会 委 員 ・ 個 人 情 報 保 護 審 査 会 委 員 (2011 年 7 月 ~)

明 石 市 情 報 公 開 審 査 会 委 員 ・ 個 人 情 報 保 護 審 議 会 委 員 (2011 年 4 月 ~)

消 費 者 庁 貴 金 属 等 の 訪 問 買 取 りに 関 する 研 究 会 委 員 (2011 年 7 月 ~12 月 )

日 本 弁 理 士 会 中 央 知 的 財 産 研 究 所 研 究 員 (「 審 判 及 び 関 連 する 制 度 の 研 究 」 研 究 部 会 )(2009

年 9 月 ~2011 年 8 月 )

160


小 野 博 司 ( 日 本 法 史 ・ 准 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

本 学 には 2011 年 4 月 1 日 付 で 着 任 した。

研 究 活 動 については、 以 前 から 取 り 組 んでいる 戦 前 の 行 政 裁 判 制 度 改 革 に 関 する 研 究 を

継 続 して 行 った。また、2009 年 度 から 3 年 間 分 担 者 として 参 加 していた 公 衆 衛 生 法 制 に 関

する 科 研 との 関 係 で 戦 前 の 公 衆 衛 生 法 制 に 関 する 研 究 も 継 続 して 行 った。 一 方 新 たに 戦 時

期 の 法 と 法 学 に 関 する 研 究 会 に 参 加 し、それに 関 する 研 究 も 開 始 した。 教 育 活 動 について

は、 正 直 前 任 校 との 学 生 気 質 の 違 いに 戸 惑 ったこともあり、 授 業 の 進 め 方 や 説 明 の 仕 方 、

配 布 するレジュメについてこれまでのやり 方 を 大 幅 に 見 直 すことになった。 今 後 は、 研 究

活 動 については 現 在 取 り 組 んでいるテーマの 完 成 を、 教 育 活 動 についてはより 充 実 した 授

業 の 展 開 を 目 指 したい。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

学 界 回 顧 ( 日 本 法 制 史 ・ 近 代 ) 法 律 時 報 1029 号 ・312~313


明 治 30 年 代 の 行 政 裁 判 法 改 正 事 業 の

意 義

四 天 王 寺 大 学 紀


2010 年 12 月

51 号 ・37~66 頁 2011 年 3 月

戦 時 期 の 行 政 裁 判 所

四 天 王 寺 大 学 紀


52 号 ・225~263 頁 2011 年 9 月

学 界 回 顧 ( 日 本 法 制 史 ・ 近 代 ) 法 律 時 報 1041 号 ・318~319


* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

2011 年 12 月

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

山 脇 長 官 期 の 行 政 裁 判 所 法 制 史 学 会 近 畿 部 会 京 都 大 学 2010 年 11 月

日 本 における 法 治 主 義 の 崩 壊 戦 時 法 史 研 究 会 一 橋 大 学 2011 年 1 月

戦 時 期 の 行 政 裁 判 所 戦 時 法 史 研 究 会 主 婦 会 館 プラ2011 年 5 月

ザエフ

美 濃 部 達 吉 ・ 杉 村 章 三 郎 戦 時 法 史 研 究 会 上 智 大 学 2011 年 10 月

1937 年 保 健 所 法 の 制 定 公 衆 衛 生 科 研 研 究 会 同 志 社 大 学 2011 年 12 月

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

前 記 Ⅰで 記 した 研 究 テーマの 完 成 に 向 けて、 自 ら 収 集 した 資 料 も 使 用 した 学 術 論 文 の 執

筆 およびそれに 基 づく 研 究 報 告 ができたので 着 実 に 成 果 をあげることができたと 思 う。し

かし 前 任 校 に 比 べ 授 業 負 担 や 委 員 会 活 動 なども 少 なくかなりの 時 間 的 余 裕 もできたことを

161


鑑 みれば、もう 少 し 成 果 をあげることができたのではないかとも 反 省 している。また 公 衆

衛 生 法 制 に 関 する 科 研 の 成 果 を 学 術 論 文 として 発 表 できなかったことは 大 いに 反 省 してい

る。 今 後 は、 当 該 期 間 に 開 始 した 戦 時 期 の 法 と 法 学 に 関 する 研 究 とともに、これまでは 研

究 があまり 拡 散 しないようにと 考 え、 以 前 に 手 を 付 けたもののその 後 進 めてこなかった 法

学 史 や 植 民 地 法 史 の 分 野 の 研 究 も 積 極 的 に 行 っていきたいと 考 えている。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数


日 本 法 史 特 別 特 殊 講 義 4

英 米 法 文 献 研 究 2

学 部

日 本 法 史 4

外 国 書 講 読 ( 英 書 ) 2

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

2011 年 4 月 に 赴 任 したばかりで 学 生 の 気 質 や 能 力 を 掴 み 兼 ねたこともあり、 受 講 生 が 期

待 する 授 業 を 必 ずしも 十 分 には 行 うことはできかったと 思 う。そのため 授 業 アンケートで

も 厳 しい 意 見 が 見 られ、 授 業 の 進 度 ・ 説 明 の 仕 方 ・ 配 布 資 料 について 大 いに 改 善 が 必 要 で

あることを 認 識 した。2012 年 度 は 前 年 度 の 課 題 を 踏 まえて 授 業 のやり 方 を 大 幅 に 変 更 した。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

教 員 相 互 の 授 業 参 観 活 動 に 参 加 し、いくつかの 授 業 を 参 観 した。

〔 国 際 交 流 活 動 〕

2012 年 3 月 公 衆 衛 生 行 政 に 関 する 聞 き 取 りおよび 資 料 調 査 ( 中 華 民 国 )

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

研 究 会 活 動

法 制 史 学 会

日 本 近 代 法 制 史 研 究 会 、 近 代 法 学 史 研 究 会 、 戦 時 法 史 研 究 会

〔 学 外 教 育 活 動 〕

2011 年 度

大 阪 市 立 大 学 非 常 勤 講 師

四 天 王 寺 大 学 非 常 勤 講 師

近 畿 大 学 通 信 教 育 部 非 常 勤 講 師

162


木 下 昌 彦 ( 憲 法 ・ 准 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

2010 年 2 月 に 東 京 大 学 に 提 出 した 助 教 論 文 は、 財 産 権 や 統 治 権 といった 伝 統 的 な 法 概

念 に 対 する 脱 構 築 的 な 解 体 を 試 みるものであったが、その 後 に 続 くべき、 構 築 的 な 議 論 、

新 たな 世 界 観 の 提 示 が 同 論 文 では 充 分 に 描 けておらず、その 問 題 に 悩 み 続 けた2010 年 、

2011 年 度 であった。そのようななか、2011 年 10 月 の 本 学 着 任 後 、 本 学 でおこな

った「“Gerald Frug, The City as a Legal Concept”を 読 む」という 報 告 会 は 一 つの 大 きな

転 機 となるものであった。 今 後 は、 公 共 的 議 論 への 市 民 の 参 加 の 機 会 の 拡 大 とその 実 質 化

という 一 つの 理 想 的 世 界 観 を 軸 に 助 教 論 文 をまとめ 直 し、 早 期 に 公 表 できるように 努 力 し

ていきたいと 考 えている。なお、 教 育 については、2011 年 後 期 より、はじめて 憲 法 に

関 わる 講 義 を 担 当 することとなり、2012 年 度 より 法 科 大 学 院 での 講 義 を 担 当 している。

教 育 については、 比 較 的 詳 細 なレジュメを 作 成 しており、2、3 年 をめどに、 学 生 にとっ

て 利 用 しやすく、 一 方 で、 理 論 的 に 妥 協 しないテキストの 作 成 を 目 指 している。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 論 文 )

論 文 名 ( 執 筆 形 態 ) 掲 載 誌 名 巻 ・ 号 ・ 頁 発 行 年 月

法 学 研 究 者 という 道

法 学 セミナー 682 号 46 頁 2011 年 11 月

学 会 展 望 < 憲 法 >

国 家 学 会 雑 誌 124 巻 11・12 号 111 2011 年 12 月


* 論 文 名 下 線 は 査 読 あり

( 研 究 報 告 )

研 究 報 告 名 ( 発 表 形 態 ) 発 表 会 議 名 開 催 場 所 発 表 年 月

“Gerald Frug, The City as a Legal 科 学 研 究 補 助 金 基 盤 神 戸 大 学 2011 年 11 月

Concept”を 読 む

研 究 A『ネットワーク

社 会 における 都 市 空

間 のガバナンス――

新 たな 実 定 法 パラダ

イムの 構 築 』

* 報 告 名 下 線 は 選 考 あり

〔 研 究 活 動 の 概 要 と 自 己 評 価 〕

研 究 については、2010 年 度 以 降 の、 大 きな 作 業 として、2009 年 度 に 東 京 大 学 に

提 出 した 助 教 論 文 の 改 訂 作 業 があったが、 併 せて、 表 現 の 自 由 理 論 の 体 系 的 研 究 にも 大 き

な 時 間 を 割 くことになった。 特 に、 表 現 の 自 由 の 基 礎 理 論 と 内 容 規 制 ・ 内 容 中 立 規 制 二 元

論 あるいは 明 白 かつ 現 在 の 危 険 法 理 との 関 係 に 重 点 を 置 いた。この 研 究 については、 助 教

論 文 をはじめ 優 先 して 公 表 しなければならない 課 題 が 多 々あることから、しばらく 公 表 が

先 になると 思 われるが、2012 年 度 から 担 当 することとなった 法 科 大 学 院 での 教 育 に 活

かされている。また、Ⅰで 記 述 したように、2011 年 11 月 に 本 学 でおこなった 報 告 会

163


は、 自 身 にとって 極 めて 意 義 のあるものであったが、このときの 報 告 をさらに 深 める 作 業

をおこない、2012 年 7 月 、 新 世 代 法 政 策 学 研 究 16 号 にて『 自 由 ・ 権 力 ・ 参 加 - 地 方

公 共 団 体 の 法 的 地 位 に 対 する 批 判 的 研 究 』を 公 表 するに 至 っている。

Ⅲ 教 育 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 担 当 科 目 〕

2011 年 度

院 ・ 学 部 等 の 別 担 当 授 業 科 目 名 単 位 数

学 部 外 書 講 読 2 単 位

* 院 = 大 学 院 科 目 、LS= 法 科 大 学 院 科 目 、 学 部 = 法 学 部 専 門 科 目 、 全 学 = 全 学 共 通 授 業 科 目

〔 教 育 活 動 の 自 己 評 価 〕

教 育 については、2010 年 度 および2011 年 度 の 前 期 に、 前 任 校 ( 東 京 大 学 )にて、

法 科 大 学 院 における 未 修 者 の 補 講 として 位 置 づけられた 刑 法 と 商 法 の 講 義 を 担 当 した。 専

門 としている 憲 法 とは 大 きく 異 なる 分 野 であったこともあり、 準 備 等 に 大 幅 な 時 間 を 費 や

した。ただ、 現 在 の 法 科 大 学 院 生 の 悩 みや 苦 労 などの 教 育 相 談 を 受 けたことは、 今 後 の 法

科 大 学 院 教 育 において 極 めて 参 考 になるものであったうえ、 刑 法 や 商 法 にも、 憲 法 上 の 観

点 から 詰 められない 重 要 な 論 点 があるということなどいくつかの 発 見 があった。2011

年 度 、 後 期 からは、 本 学 において 外 書 講 読 を 担 当 することになり、 憲 法 という 分 野 で 講 義

をもつことは、これがはじめての 経 験 となった。アメリカ 憲 法 における 最 もオーソドック

スな 教 科 書 を 扱 った。 難 解 な 英 語 を 一 文 ずつでも 読 むというのは 学 生 にとってもこれまで

にない 経 験 となったようである。 文 法 的 にも、 論 理 的 にも 難 解 な 英 語 をじっくり 読 むのか、

それとも、 比 較 的 容 易 に 読 める 文 献 を 一 つ 読 み 切 るという 方 針 がいいのかは 今 後 の 課 題 と

して 残 った。

Ⅳ 学 内 活 動

〔 学 内 各 種 委 員 等 〕

上 巻 を 参 照 。

〔FD 活 動 への 参 加 〕

・ 学 部 及 び 法 科 大 学 院 の 授 業 参 加 (2011 年 度 )

・ 法 学 研 究 科 におけるランチョン・セミナーへの 参 加 (2011 年 度 )

Ⅴ 学 外 活 動

〔 学 界 における 活 動 〕

所 属 学 会

日 本 公 法 学 会

榊 素 寛 ( 商 法 ・ 准 教 授 )

Ⅰ 研 究 ・ 教 育 活 動 の 総 括 と 今 後 の 展 望

164


2010 年 度 及 び 2011 年 度 の 研 究 活 動 においては、 従 来 から 行 ってきた 保 険 契 約 法 ・ 保 険

業 法 の 両 分 野 を 中 心 とする 商 法 全 般 への 研 究 を 継 続 しつつ、 在 外 研 究 中 より 研 究 を 開 始 し

た 巨 大 リスクに 関 する 研 究 を 深 化 させてきた。

教 育 活 動 においては、 学 部 の 少 人 数 科 目 と 法 科 大 学 院 科 目 の 割 合 が 増 加 した。 従 来 多 く

担 当 してきた 学 部 の 大 講 義 と 異 なる、 履 修 者 の 属 性 に 応 じた 授 業 の 組 み 立 ては 試 行 錯 誤 の

連 続 であったが、この 経 験 の 蓄 積 を、 今 後 の 教 育 活 動 において 活 かしていきたい。

Ⅱ 研 究 活 動 の 内 容 と 自 己 評 価

〔 研 究 成 果 〕

( 著 書 )

著 書 名 執 筆 形 態 ( 共 著 者 等 ) 出 版 機 関 名 発 行 年 月

商 法 判 例 集 ( 第 4 版 ) 分 担 執 筆 ( 山 下 友 信 ・ 有 斐 閣 2010 年 9 月

神 田 秀 樹 編 )

新 基 本 法 コンメンタール・ 会 社 法 2 分 担 執 筆 ( 奥 島 孝 康 ・ 日 本 評 論