6.高齢者と経済(46)

ilcjapan.org
  • No tags were found...

6.高齢者と経済(46)

■ 高 齢 者 世 帯 の1ヵ 月 あたりの 家 計 収 支日 本 (70 歳 以 上 )32 収 入 約 32 万 円支 出 約 25 万 円差 額 約7 万 円25conomy高 齢 者 と 経 済日 本 の 高 齢 者 世 帯 は 収 支 ともに 4ヵ 国 中 最 も 多 く、しかも 毎 月 約 7 万 円 の 黒 字 となっている。過 去 1 年 間 で 大 きな 割 合 を 占 める 支 出 は、 冠 婚 葬 祭 (42.8%)や 医 療 ・ 介 護 関 係 費 (44.2%)、子 や 孫 に 対 する 支 出 (27.9%)となっている。( 内 閣 府 高 齢 者 の 経 済 生 活 に 関 する 意 識 調 査 平 成 19 年 )独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 ・ 研 修 機 構 「データブック 国 際 労 働 比 較 2010 年 」より 作 成46


6 2 200520094265% 6 200550


2れている。 日 本 の 企 業 年 金 制 度 は退 職 一 時 金 から 発 展 したものであ2 階 は 職 域 をベースとした 公 的るが、 多 くの 企 業 では 依 然 として 企19611985年 金 であるが、 所 得 比 例 保 険 料 ・ 給業 年 金 と 退 職 金 の 双 方 を 支 給 して2付 が 特 徴 となっている。 民 間 企 業いる。また、 自 営 業 者 は 税 制 優 遇については 厚 生 年 金 、 公 務 員 は 共措 置 のある 国 民 年 金 基 金 や 確 定 拠済 年 金 と 呼 ばれる。 厚 生 年 金 の 保出 年 金 の 個 人 型 に 加 入 することも険 料 率 は16.06%(2010 年 9 月 現 在 )できる。 1であり、2017 年 に 上 限 の18.3%1 階 部 分 は 基 礎 年 金 である。 日に 達 するまで 毎 年 引 き 上 げられる。 本 に 在 住 する20 歳 以 上 60 歳 未 満保 険 料 は 雇 用 主 と 従 業 員 で 折 半 さ大 きな 人 口 変 動 の 中 で 制 度 をの 者 は 全 て 加 入 を 義 務 付 けられてれる。 給 付 水 準 は 各 人 の 所 得 水 準安 定 させるため、 直 近 の2004 年 改いる。 基 礎 年 金 は 定 額 保 険 料 ・ 定や 加 入 期 間 により 異 なるが、 平 均 的革 では「マクロ 経 済 スライド」と 呼額 給 付 が 特 徴 であり、1 人 当 たりな 賃 金 で40 年 加 入 の 場 合 の 年 金 月ばれる 仕 組 みを 導 入 した。このシ保 険 料 月 額 は15,100 円 (2010 年 4額 は 基 礎 年 金 も 含 めて 約 167,000ステムは 人 口 変 動 に 応 じて 給 付 を月 現 在 )である。この 保 険 料 は 上 限円 プラス 配 偶 者 分 66,000 円 (2010自 動 的 に 調 整 する 仕 組 みで、 現 役の16,900 円 に 到 達 する2017 年 ま年 )である。 支 給 開 始 年 齢 は60 歳世 代 の 人 口 減 少 と 寿 命 の 伸 長 といで 毎 年 引 き 上 げられる。 低 所 得 者であったが 現 在 65 歳 に 向 けて 引 上う 二 つの 要 因 に 応 じて 給 付 の 伸 びには 一 定 の 保 険 料 減 免 措 置 がある。25 年 以 上 の 加 入 期 間 を 経 て65 歳 になると 給 付 が 行 われる。 満額 年 金 を 受 給 するためには40 年 以げの 途 上 にあり、 誕 生 年 月 日 により異 なる。 厚 生 年 金 ・ 共 済 年 金 には障 害 給 付 や 遺 族 給 付 もある。を 調 整 する。このシステムの 下 で、現 在 60 % 程 度 の 所 得 代 替 率 は50%を 下 限 として 調 整 される。また、2004 年 の 改 革 では 国 庫 負 担上 の 加 入 が 必 要 で、 年 金 月 額 は 約 3率 を2009 年 までに3 分 の1から2 分66,000 円 (2010 年 4 月 現 在 )である。基 礎 年 金 には 障 害 給 付 や 遺 族 給 付以 上 のような2 層 構 造 の 強 制 加入 ・ 公 的 年 金 制 度 のほか、 多 くの 雇の1に 引 き 上 げるというスケジュールが 規 定 されたが、その 財 源 確 保6もある。用 者 は 企 業 年 金 ( 多 くは 確 定 給 付 プラン。 確 定 拠 出 プランもある。)を 提 供 さについては 引 き 続 き 課 題 の 一 つとなっている。51

More magazines by this user
Similar magazines