Views
2 years ago

騒 動 と は 何 だ っ た の か ?

ajup106_all_160401

18 生 で あ り 、

18 生 で あ り 、 彼 ら 学 習 欲 求 を 十 分 に 満 す こ が 教 員 責 務 な で あ る 。 こ れ 決 し て 「 学 生 に 媚 び る 」 な い 。 学 び 満 足 を 得 て も ら う こ に 全 力 を 尽 く す が 、 わ れ わ れ 使 命 弁 え て い る 。 そ め 、 学 生 に よ る 授 業 評 価 項 目 に も 辛 辣 な も が 用 意 さ れ て い る 。 「 こ 授 業 あ な 人 生 に を 与 え ま し ? 」 、 ず ば り 「 同 級 生 や 後 輩 に こ 授 業 を 取 る こ を 勧 め ま す ? 」 を 、 強 く そ う 思 う 、 そ う 思 う 、 ど ち ら も 言 え な い 、 そ う 思 わ な い 、 全 く そ う 思 わ な い 、 五 段 階 で 評 価 さ れ る 緊 張 す る 。 そ れ で も 、 学 生 ち に 満 足 し て も ら え る 授 業 を 作 て い く め に 仕 方 な い 受 け 止 め て い る 。 教 員 全 員 が こ れ ほ ど 努 力 を し て も 、 授 業 料 ゆ え に 学 生 が 集 ま ら な い ら 残 念 な 限 り で あ る 。 幸 い 京 都 も 東 北 も 今 こ ろ 多 く 志 願 者 を 集 め る こ が で き 、 特 に 東 日 本 大 震 災 で 危 ぶ ま れ 東 北 そ れ も み ご に 乗 り 切 が 、 楽 観 許 さ れ な い 。 授 業 料 安 い 国 公 立 に 対 し て 大 き な ハ ン デ ィ を 負 て い る ら 。 ら 正 直 な こ ろ 、 私 学 側 エ ゴ ら す れ ば 国 立 文 系 廃 止 あ り が 。 流 行 り 言 葉 で い え ば 「 ゲ ス 」 な 根 性 で す み ま せ ん 。 い え 当 然 、 社 会 全 体 ら す れ ば 反 対 声 が 大 き い ろ う し 、 一 気 に 実 現 難 し ろ う 。 で も 、 こ 問 題 に ん す る 議 論 を 広 げ て い く う ち に 私 立 文 系 位 置 づ け に つ い て 話 が 出 て く る ろ う に 期 待 し て い こ ろ が … … 。 き ち ん 議 論 に な ら ず 、 国 立 文 系 廃 止 な ん ん で も な い 、 感 情 的 に 近 い 反 対 嵐 が 吹 き 荒 れ る 展 開 。 世 論 猛 反 発 し で あ る 。 理 屈 以 前 問 題 で 、 「 大 学 に 文 系 、 理 系 双 方 が な け れ ば 成 り 立 な い 」 い う 乱 暴 な 論 ま で あ ( も し そ う な ら ほ ぼ 文 系 一 橋 大 学 や 小 樽 商 科 大 学 、 理 系 東 京 工 業 大 学 ど う な る ? ツ ッ コ ミ を 入 れ く な る ) 。 そ し て 、 あ ま り 反 響 烈 し さ に 下 村 文 部 科 学 大 臣 ( 当 時 ) 事 務 方 表 現 ミ ス で あ て 文 系 廃 止 事 実 無 根 必 死 で 釈 明 す る 羽 目 に な る 。 こ れ 、 ご 自 分 名 で 出 し 通 知 キ モ 部 分 を き ち ん 読 ん で い な ろ う ? そ も そ も 、 「 綸 言 汗 如 し 」 い う 言 葉 を ご 存 知 な ろ う ? そ ん な こ ん な で 文 系 廃 止 一 気 に 鎮 静 化 し て し ま 。 わ 「 ゲ ス 」 な 目 論 見 も 潰 え 。 い や こ れ 潰 え て 当 り 前 な が 、 そ れ そ れ し て 、 今 回 「 国 立 文 系 」 必 要 性 話 に 終 始 し 、 私 立 や 公 立 、 短 大 や 高 専 、 専 修 学 校 を 含 め 高 等 教 育 機 関 全 体 に お け る 文 系 位 置 付 け に つ い て 論 及 さ れ る こ が 皆 無 て い い ほ ど 納 得 が い な い 。 通 知 に 抗 議 し て 文 系 重 要 性 を 力 説 し 大 学 人 ち も 、 国 立 大 学 し 眼 中 に な い よ う に 見 え 。 こ 際 、 高 等 教 育 全 体 を 視 野 に 入 れ 、 こ 国 に 必 要 な 大

19 私 立 大 学 無 関 係 な? 学 レ ベ ル 文 系 教 育 を ど こ が ど う 分 担 し て い く 大 き な 議 論 こ そ な さ れ る べ き で な い ろ う 。 政 府 ( あ る い バ ッ ク に い る 財 界 ) が ど れ け 文 系 を 必 要 す る で な く 、 本 来 国 民 が 文 系 学 問 を ど れ け 学 び て い る が 前 提 さ れ な け れ ば な る ま い 。 文 学 や 法 学 、 経 済 学 、 政 治 学 、 教 育 学 等 々 を 学 び い う 若 者 が 減 て い る 気 配 全 く な い で あ る 。 一 〇 〇 〇 兆 円 を 超 す 借 金 を 抱 え る 国 家 財 政 ら 、 削 減 や 合 理 化 が 求 め ら れ る 理 解 で き る 。 そ れ に 反 論 し て 高 等 教 育 重 要 性 を 訴 え る な ら ば 、 国 立 大 学 へ 交 付 金 、 私 立 大 学 へ 助 成 金 そ し て 無 利 子 、 有 利 子 貸 与 型 奨 学 金 、 さ ら に 給 付 型 奨 学 金 新 設 ま で 視 野 に 入 れ 、 そ れ ら に ど う い う 比 率 で ど れ 税 金 を 振 り 向 け て い く を 総 合 的 に 提 案 し な け れ ば ま も に 太 刀 打 ち で き な い 。 財 務 省 が 個 別 削 減 を 迫 る て そ れ に 個 別 に 反 対 し て い 各 個 撃 破 さ れ て い く 。 文 系 廃 止 沙 汰 や み に な て も 、 国 立 大 学 運 営 費 交 付 金 削 減 止 ま て い な い 。 思 い 切 て コ ス ト る 国 立 を 縮 減 し て 医 療 系 な ど 計 画 養 成 す る も 以 外 多 く を 私 立 に 移 行 し 、 国 立 ら 私 立 へ 変 わ に よ る 授 業 料 増 加 分 給 付 型 奨 学 金 で カ バ ー す る ダ イ ナ ミ ッ ク な 発 想 ぐ ら い 出 て き て も い い 。 実 際 、 文 系 中 で も 最 も 社 会 に 対 す る 経 済 的 貢 献 が 薄 い 見 ら れ て い る に 違 い な い 芸 術 系 で 、 総 合 芸 術 大 学 い え ば 国 立 で 東 京 芸 術 大 学 し な く 、 後 全 て 公 立 私 立 に 委 ね ら れ て い る で な い 。 そ し て 、 受 験 生 私 立 芸 術 系 大 学 比 較 現 在 で も 教 育 内 容 如 て い る 。 今 回 国 立 文 系 廃 止 を 機 に 、 国 立 、 公 立 、 私 立 皆 で 将 来 に わ る 高 等 教 育 姿 を 根 本 ら 考 え 直 す 大 議 論 を 起 こ し て ど う ろ う 。 政 権 思 い つ き や 財 界 意 向 、 財 政 当 局 思 惑 に 振 り 回 さ れ る で な く 、 国 公 私 大 学 人 全 体 で こ ち ら ら 積 極 的 に 提 案 し て い く く ら い ダ イ ナ ミ ッ ク な き が 作 れ れ ば 思 う で あ る 。

テレビゲームのちょっといいおはなし・9 ダウンロード(20.8MB) - CESA
会場地図などの入った案内パンフはこちら - マイチケット
市民が作った柏の環境レポート第1編 - かしわ環境ステーション運営協議会
スマートグリッド/スマートコミュニティの動向と実現に向けた政策展開 ...
降水現象を対象とした予報のシナリオ作成から警報発表までの ... - 気象庁
a' 南京か ら見たエルサ レム と そ の周辺 ー9ー7 年の航空写真”
第 4 講 わかる:私たちはどの程度知っているのか - SGU動画共有
困ったときは - バッファロー
なぜ消費者は流行が終わったと感じるのか - C-faculty - 中央大学
カフナとは何か サージ・カヒリ・キング - Huna.org
出会ったことが無い原生動物と細菌が出会ったらどうなるのか? What ...
まったく無名のセラピストがたった4文字のネーミングだけで、わずか10日後に新聞に掲載された話
おわりに ~警察改革の精神とは何か - 宮城県警察
校に苦情の電話がよく入ることをご存じだろうか) こうした方はほとんどが ...
開発経済学の動向:収斂か拡散か-アジア経済論を中心として-
203[もう少しで]落ちるところだった
Page 1 Page 2 教師たちは, 如何なる手順を辿って, 小学校低学年の ...
学びの場において ロボットと人は何を共有するのか?
Page 1 Page 2 走り始めは『みのかも日本昭和村』から ~出のごもった ...