Views
1 year ago

2lKUCjE

2lKUCjE

(3) 四 半 期 連 結

(3) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 に 関 する 注 記 事 項 ( 継 続 企 業 の 前 提 に 関 する 注 記 ) 当 社 グループは、 継 続 して 営 業 損 失 を 計 上 しており、 当 第 1 四 半 期 連 結 累 計 期 間 においても 営 業 損 失 158,763 千 円 、 親 会 社 株 主 に 帰 属 する 四 半 期 純 損 失 140,995 千 円 を 計 上 しております。 当 第 1 四 半 期 連 結 会 計 期 間 末 において 債 務 超 過 となっております。 当 該 状 況 により、 継 続 企 業 の 前 提 に 関 する 重 要 な 疑 義 を 生 じさせるような 事 象 又 は 状 況 が 存 在 しております。 当 社 は、 当 該 状 況 を 解 消 するために、 具 体 的 な 施 策 として 以 下 の 経 営 計 画 を 実 施 してまいります。 1 収 益 基 盤 の 確 立 収 益 基 盤 を 確 立 することが 最 大 の 課 題 と 考 え、フード 事 業 を 中 心 に 収 益 基 盤 の 確 保 を 目 指 してまいります。 2 コスト 削 減 当 社 における 経 費 を 必 要 最 低 限 のものに 見 直 し、コストの 大 幅 削 減 を 実 行 してまいります。 3 財 務 体 質 の 強 化 と 安 定 安 定 した 収 益 基 盤 の 確 保 を 目 指 すためには、 財 務 体 質 の 強 化 と 安 定 が 必 要 不 可 欠 であるため、 早 急 な 財 務 体 質 の 強 化 と 安 定 を 図 るために、 投 資 家 等 と 資 金 調 達 の 協 議 を 積 極 的 に 行 ってまいります。また、 一 部 の 不 採 算 子 会 社 については 売 却 等 による 整 理 を 検 討 しており、 過 大 な 負 債 の 削 減 についても 具 体 的 な 取 組 みを 行 っておりま す。 4 管 理 会 計 の 体 制 強 化 当 社 の 現 状 は、 内 部 管 理 体 制 の 強 化 が 重 要 な 課 題 であり、 現 在 様 々な 規 程 の 見 直 しや 組 織 体 制 の 見 直 し 等 の 強 化 し 取 組 んでおります。そのため、 管 理 会 計 を 強 化 すると 共 に 予 算 管 理 の 徹 底 を 図 り、 予 算 との 乖 離 が 生 じた 場 合 には 早 期 の 検 討 が 可 能 な 体 制 を 構 築 してまいります。 5 内 部 管 理 体 制 の 強 化 当 社 連 結 子 会 社 における 平 成 26 年 9 月 期 の 売 上 計 上 の 一 部 が 適 正 でない 旨 の 第 三 者 委 員 会 による 調 査 の 結 果 を 受 け、 平 成 28 年 2 月 4 日 付 で、 平 成 26 年 9 月 期 及 び 平 成 27 年 9 月 期 第 1 四 半 期 、 第 2 四 半 期 、 第 3 四 半 期 決 算 の 訂 正 を 行 った 結 果 、 当 社 は 上 場 廃 止 基 準 ( 平 成 26 年 9 月 期 の 売 上 高 1 億 円 未 満 )に 抵 触 することとなったほか、 売 上 計 上 の 妥 当 性 に 関 する 日 本 取 引 所 自 主 規 制 法 人 からの 照 会 に 対 しても、 当 社 が 虚 偽 の 回 答 を 行 っていたこと から、 当 社 の 株 式 は 平 成 28 年 3 月 17 日 をもって 特 設 注 意 市 場 銘 柄 に 指 定 されました。それを 受 けて、 当 社 はこれ らの 問 題 の 原 因 分 析 、 再 発 防 止 策 の 検 討 を 行 い「 改 善 計 画 ・ 状 況 報 告 書 」として 取 りまとめました。その 計 画 に 従 い、コーポレートガバナンス、 組 織 体 制 、コンプライアンス 意 識 の 改 善 をはじめとする 内 部 管 理 体 制 の 強 化 に 取 り 組 んでまいります。 ㈱フード・プラネット(7853) 平 成 28 年 9 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 上 記 の 施 策 を 着 実 に 実 行 することにより、 当 社 グループを 再 構 築 し、 経 営 基 盤 の 安 定 化 を 目 指 してまいります が、 財 務 基 盤 の 安 定 化 につきましては、 引 き 続 き 財 務 体 質 の 強 化 と 安 定 を 図 る 必 要 があり、また、 安 定 的 な 事 業 収 益 を 確 保 するまでに 至 っていないことなどから、 現 時 点 において 継 続 企 業 の 前 提 に 関 する 重 要 な 不 確 実 性 が 認 めら れます。 なお、 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 は 継 続 企 業 を 前 提 として 作 成 されており、 継 続 企 業 の 前 提 に 関 する 重 要 な 不 確 実 性 の 影 響 を 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 には 反 映 させておりません。 - 8 -

㈱フード・プラネット(7853) 平 成 28 年 9 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 ( 株 主 資 本 の 金 額 に 著 しい 変 動 があった 場 合 の 注 記 ) 該 当 事 項 はありません。 (セグメント 情 報 等 ) (セグメント 情 報 ) Ⅰ 前 第 1 四 半 期 連 結 累 計 期 間 ( 自 平 成 27 年 10 月 1 日 至 平 成 27 年 12 月 31 日 ) 当 社 グループは 単 一 セグメントであるため、 記 載 を 省 略 しております。 Ⅱ 当 第 1 四 半 期 連 結 累 計 期 間 ( 自 平 成 28 年 10 月 1 日 至 平 成 28 年 12 月 31 日 ) 当 社 グループは 単 一 セグメントであるため、 記 載 を 省 略 しております。 - 9 -