Views
1 year ago

20170214houkokusho

20170214houkokusho

3) 承 認 実 施 計

3) 承 認 実 施 計 画 書 記 載 内 容 、 実 際 に 実 施 した 臨 床 試 験 内 容 と、 論 文 記 載 内 容 の 整 合 性 に 関 する 検 証 1 論 文 では、This prospective, single-blind, open-label study (page 91, right column, lines 2) と 記 載 されているが、 当 該 臨 床 試 験 の 承 認 実 施 計 画 書 の 内 容 と 一 致 してお らず、 適 切 な 記 載 ではない。 2 論 文 では、All participants gave informed consent after the study procedures had been fully explained と 記 載 されているが、 上 記 II.-4 に 述 べたように、カルテ 調 査 か ら、ブロナンセリン 対 照 群 8 例 では、 同 意 を 得 た 事 実 を 確 認 できなかったので、 適 切 な 記 載 ではない。 3 論 文 では、The clinician and psychologists who provided the clinical ratings were blinded to the assigned procedure of study patients と 記 載 されているが、ランダム 化 されていなかったので、 盲 検 下 で 検 査 を 行 ったとは 言 えず、 適 切 な 記 載 ではない。 4)その 他 の 不 適 切 記 載 1 論 文 では、Part of this work was supported in part by Health and Labour Sciences Research Grants and grants from the Japan Society for Promotion of Sciences と 記 載 されているが、 本 研 究 が、 厚 生 労 働 科 学 研 究 費 および 日 本 学 術 振 興 会 科 学 研 究 費 の 助 成 を 得 て 実 施 された 事 実 は 確 認 できなかった。 従 って、 適 切 な 記 載 とは 言 えない。 なお、このことについて、 研 究 責 任 者 であるB 医 師 からヒアリングをした 結 果 、 学 外 者 のF 先 生 からの 依 頼 で 記 載 したとのことであったことから、 調 査 委 員 長 がこの 学 外 者 のF 先 生 に 確 認 したところ、 平 成 28 年 6 月 27 日 、F 先 生 から「 当 該 論 文 を 作 成 する 際 に 添 削 や 推 敲 を 行 った。その 際 に 私 が 受 けている 両 科 研 費 で 国 際 学 会 などに 参 加 して 得 た 新 知 識 をこの 論 文 に 使 い、 反 映 させたので 記 載 してもらった。」との 回 答 をいただいている。また、 両 論 文 がF 先 生 の 両 科 研 費 の 業 績 に 使 われたかどうかは 調 べてみないとわからないとの 回 答 も 得 ている。 5) 論 文 1 検 証 結 果 の 総 括 1 論 文 1 の 基 になった 当 該 臨 床 試 験 の 実 施 に 際 して、 承 認 された 実 施 計 画 書 からの 逸 脱 が 明 らかになった。 論 文 1 では、 文 書 同 意 取 得 がなされていない 症 例 、エントリ ー 基 準 違 反 の 症 例 など、 多 数 の 不 適 格 症 例 を 包 含 したまま、 臨 床 データを 取 りまとめ、 統 計 学 的 解 析 を 実 施 した 点 において、 既 に、 倫 理 的 適 格 性 ・ 科 学 的 適 格 性 が 損 なわれ ている。そこで、 平 成 28 年 1 月 5 日 に 開 催 された 生 命 倫 理 委 員 会 から 学 長 に 対 して 「1. 同 意 書 を 取 得 していない 被 験 者 がいることから、 当 該 臨 床 試 験 は 中 止 すること。 2. 承 認 されていない 計 画 に 基 づいて 作 成 された 論 文 を 撤 回 することが 望 まれる。3. 今 後 詳 細 な 調 査 を 行 うにあたり、 本 案 件 全 容 を 調 査 する 調 査 委 員 会 を 立 ち 上 げるこ 25

と。」との 報 告 がなされており、 本 調 査 委 員 会 としても 生 命 倫 理 委 員 会 の 審 議 結 果 は 妥 当 であり、 当 該 論 文 は 撤 回 するべきと 考 える。また、 当 論 文 は 日 本 神 経 精 神 薬 理 学 会 が 昨 年 公 表 した 統 合 失 調 症 薬 物 治 療 ガイドラインに 引 用 されていることから、 早 急 な 対 応 が 望 まれる。 2 論 文 1 に 記 載 されている 数 値 とデータセンターで 素 点 を 元 に 再 計 算 した 数 値 に、 僅 かな 差 異 を 認 めた。これらの 僅 かな 差 異 は、 意 図 的 な 操 作 によって 生 じたものでは なく、 不 規 則 に 起 こった、 素 点 の 得 点 の 見 間 違 えや 素 点 の 合 計 の 計 算 ミスなど、ヒュ ーマンエラーに 起 因 するものと 推 測 した。しかしながら、これらの 誤 りは、 注 意 深 く 検 査 データを 取 り 扱 うこと、あるいはデータ 入 力 後 に 多 重 チェック(ダブルチェック、 トリプルチェック)を 実 施 していれば、データ 解 析 のいずれかの 段 階 で、 容 易 に 気 づ かれて 然 るべき 問 題 である。 従 って、 基 礎 データの 取 扱 い 方 に 不 適 切 な 点 があったこ とは、 否 めない。 3 BACS-J の z-score を 計 算 する 際 に、4 例 では、 他 の 16 例 と 異 なる 標 準 値 を 用 い ていたことが 判 明 した。 本 研 究 の 分 担 研 究 者 間 で、 標 準 値 の 取 扱 いについて 総 意 が 得 られていなかったことを 示 す 結 果 である。この 事 実 を 踏 まえると、z-score について、 データセンター 再 計 算 値 との 間 に 18.6%もの 差 異 を 認 めたのは、z-score 計 算 時 のヒ ューマンエラーもさることながら、z-score 計 算 に 用 いるべき 標 準 値 を 20 人 中 4 人 だ け 別 の 値 を 使 用 した 事 が 大 きな 要 因 である。BACS-J を 用 いた 認 知 機 能 評 価 は、 論 文 1 において、 論 文 の 主 題 と 密 接 に 関 連 する 重 要 評 価 項 目 である。にもかかわらず、 重 要 な 基 礎 データの 取 扱 いに 十 分 な 注 意 が 払 われておらず、 基 礎 データの 取 扱 い 方 が 極 めて 杜 撰 であったと 言 わざるを 得 ない。 4 上 記 の 事 実 から 推 測 されるように、t 検 定 によって 算 出 したいずれの p 値 において も、 論 文 記 載 値 とデータセンター 計 算 値 とに 僅 かの 差 異 を 認 めたものの、データセン ター 再 計 算 値 に 基 づく 有 意 差 検 定 結 果 は、 論 文 記 載 の 有 意 差 検 定 結 果 と 一 致 し、 論 文 記 載 には 誤 りがないことを 確 認 した。すなわち、 論 文 記 載 の 結 論 は、 確 かに 論 文 記 載 の 統 計 解 析 方 法 により 導 き 出 されたものであることを、 神 経 精 神 科 から 提 出 された 基 礎 データに 基 づく 検 討 により 確 認 した。 従 って、 論 文 1 の 作 成 過 程 で、データに 改 竄 、 捏 造 、 盗 用 のないことを 確 認 した。ただし、 盲 検 化 していないのに 盲 検 化 していると 記 載 するなど、 不 適 切 な 表 現 が 見 られた。 (2) 論 文 2 の 検 証 論 文 2 の 検 証 では、まず 論 文 記 載 の 臨 床 試 験 計 測 症 例 数 の 推 移 、 欠 測 データの 補 完 方 法 について 検 証 し、 次 に Table 1~ 3 について、 作 成 過 程 について 検 証 した 1) 論 文 2 における 臨 床 試 験 継 続 症 例 数 の 推 移 について 本 研 究 では、 全 観 察 期 間 は1 年 間 であった。すなわち、0 週 ( 服 薬 開 始 前 )、8 週 、26 26

+М1 - Арктический и антарктический НИИ
מדד שקיפות ברשויות מקומיות 2015
Untitled - Арктический и антарктический НИИ
SJGREN'S
建構低碳家園之產業發展 - 桃園縣大學校院產業環保技術服務團> 首頁
見積りの10段階 - Galorath
(必着) TMT第2期観測装置提案はまだまだ募集中です。
QYResearch: The global market for Card Personalization Equipment is expected to reach about 507.32 million USD by 2022
CREATIVE ECONOMY EMPLOYMENT IN THE US CANADA AND THE UK
Unpublished
TAKE SIEM TO THE CLOUD