Views
1 year ago

140120170213497869

140120170213497869

株 式 会 社

株 式 会 社 ゼネラル・オイスター(3224) 平 成 29 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 四 半 期 連 結 包 括 利 益 計 算 書 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 ( 単 位 : 千 円 ) 前 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 12 月 31 日 ) 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 ( 自 平 成 28 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 12 月 31 日 ) 四 半 期 純 損 失 (△) △372,513 △619,860 その 他 の 包 括 利 益 その 他 の 包 括 利 益 合 計 - - 四 半 期 包 括 利 益 △372,513 △619,860 ( 内 訳 ) 親 会 社 株 主 に 係 る 四 半 期 包 括 利 益 △372,513 △606,901 非 支 配 株 主 に 係 る 四 半 期 包 括 利 益 - △12,959 8

株 式 会 社 ゼネラル・オイスター(3224) 平 成 29 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 (3) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 に 関 する 注 記 事 項 ( 継 続 企 業 の 前 提 に 関 する 注 記 ) 当 社 グループは、 前 連 結 会 計 年 度 において 営 業 損 失 342,542 千 円 、 経 常 損 失 349,591 千 円 、 親 会 社 株 主 に 帰 属 する 当 期 純 損 失 486,303 千 円 を 計 上 し、 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 会 計 期 間 においても 営 業 損 失 369,714 千 円 、 経 常 損 失 380,939 千 円 、 親 会 社 株 主 に 帰 属 する 四 半 期 純 損 失 606,901 千 円 を 計 上 しております。 これらの 状 況 により、 継 続 企 業 の 前 提 に 関 する 重 要 な 疑 義 を 生 じさせるような 状 況 が 存 在 しております。 今 後 、 当 社 グループは 以 下 の 対 応 策 を 講 じ、 当 該 状 況 の 改 善 及 び 解 消 に 努 めてまいります。 1. 事 業 について (1) 店 舗 事 業 不 採 算 店 舗 の 閉 店 を 行 うとともに、 立 地 やターゲット 顧 客 層 に 応 じた2ブランド 体 制 (ハイエンド 店 舗 及 びローエン ド 店 舗 )を 早 期 に 確 立 し、 収 益 性 の 向 上 に 努 めます。 またコスト 高 になりつつある 現 状 を 鑑 みて、 牡 蠣 の 自 社 グループ 生 産 や 原 材 料 仕 入 方 法 の 見 直 しによる 原 価 低 減 、シ フト 管 理 の 徹 底 による 人 件 費 抑 制 、 備 品 消 耗 品 をはじめとした 経 費 削 減 にも 努 めてまいります。 (2) 卸 事 業 国 内 卸 に 関 しては、 取 引 先 の 開 拓 に 努 め 取 引 顧 客 数 を 継 続 的 に 増 加 させていくことに 加 え、 大 口 顧 客 の 開 拓 にも 尽 力 してまいります。 アジア 展 開 に 関 しては、 引 き 合 いをいただいている 企 業 との 取 引 開 始 を 急 ぐとともに 取 引 量 を 拡 大 させ 収 益 力 向 上 に 努 めてまいります。 (3) 浄 化 ・ 物 流 事 業 従 来 2 拠 点 ( 広 島 県 及 び 富 山 県 )にあった 浄 化 センターを 富 山 県 に 集 約 し、 費 用 削 減 を 行 いました。 富 山 県 の 浄 化 セ ンターにおいても 業 務 の 効 率 化 を 行 い、 費 用 削 減 を 図 ってまいります。 (4) 持 株 会 社 業 務 の 効 率 化 、 必 要 機 能 及 び 人 員 数 の 見 直 し 等 の 経 営 合 理 化 を 行 い、 費 用 削 減 を 行 ってまいります。 2. 財 務 基 盤 の 安 定 化 営 業 損 益 の 改 善 、 運 転 資 金 や 事 業 資 金 の 確 保 に 向 けて、 長 期 安 定 資 金 の 調 達 を 検 討 し、 投 資 家 等 と 協 議 を 進 めてまい ります。 しかし、これらの 対 応 策 の 効 果 の 発 現 については、 関 係 先 との 明 確 な 合 意 を 要 する 事 案 もあり、すべてを 確 定 するに 充 分 な 状 況 には 至 っておらず、 現 時 点 では 継 続 企 業 の 前 提 に 関 する 重 要 な 不 確 実 性 が 認 められます。 なお、 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 は、 継 続 企 業 を 前 提 として 作 成 されており、 継 続 企 業 の 前 提 に 関 する 重 要 な 不 確 実 性 の 影 響 を 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 に 反 映 しておりません。 9

Malagón
PORTFÓLIO Letra Fácil
Sladokusci dolaze! Estetika – i više Sa specijalnim dodatkom iz ...
AVANCE DA PROGRAMACIÓN
ENCUESTA
移民父母行動指導手冊
Centro de mesa
ВИЖ С ОЧИТЕ СИ - Информационен портал за НПО в България