Pindorama vol. 185 2021年 11 月号

ed.kojiro


これから 年 末 年 始 ~ 年 明 け3 月 にかけて 引 越 繁 忙 期 を 迎 えます。

ご 帰 国 の 予 定 がみえてきましたら、ご 相 談 はお 早 めにどうぞ!

第 17 回 オンライン 引 越 説 明 会 !

11 月 23 日 ( 火 ): 9 時 ~10 時

コロナ 禍 のなか 最 新 情 報 をお 届 け 致 します!

ご 帰 国 がまだお 決 まりでなくても 大 丈 夫 。

いざというときのための 参 考 に 是 非 ご 参 加 ください。

お 申 し 込 みはこちらのQRコードからどうぞ→

リモート 下 見 !

お 時 間 のない 方 ぜひご 利 用 ください。

ブラジル 日 本 通 運 は、 日 本 とブラジルを 結 び 続 けて42 年 。

長 年 の 経 験 による 確 かなサービス、 豊 富 な 情 報 量 、

世 界 最 大 級 のグローバルネットワークで、

お 引 取 りから 配 達 まで、 安 心 ・ 安 全 のサポートを 提 供 します。

日 本 へのご 帰 国 手 配 、 第 3 国 への 異 動 、 国 内 引 越 、

トランクルームサービス、 事 務 所 移 転 など 様 々な

皆 様 の『 想 い』を 運 ぶ 日 本 通 運 です。

担 当 : カトリーニ 黒 鳥 / タチアネ 松 井 TEL.011-3583-3882 ( 日 本 語 でどうぞ!)

E-mail:removals@nipponexpress.com.br 引 越 しのお 問 い 合 わせはこちらから→

ブラジル 日 本 通 運 有 限 会 社


Finder

ファインダー

私 が 着 ていた 服 に 書 いてある「ウルトラマン」という 日 本 の 文 字 を 彼 が 読 んだことが 発 端 で

パンデミック 以 来 話 すことのなくなった 路 上 生 活 者 と 会 話 をした。

日 本 に 20 年 間 住 んでいたが 車 の 運 転 中 に 死 亡 事 故 を 起 こしてしまい、 強 制 送 還 された 日 系 人 と

ブラジル 人 のハーフの 男 性 。

「 自 分 はもうブラジルに 戻 る 気 はなかったんだ。 人 生 は 何 が 起 こるか 本 当 にわからない…」

流 暢 な 日 本 語 でそう 言 うと、タバコを 深 く 吸 いこみ、タメ 息 と 一 緒 に 煙 を 吐 く。

風 に 持 っていかれ 姿 を 消 した 煙 は 彼 の 内 心 を 象 徴 しているようだった。

少 しでも 穏 やかに 過 ごせるように

名 前 も 知 らないあの 男 性 にこの 写 真 を 贈 りたい。

鶴 田 成 美 (つるたなるみ)フリーカメラマン。 福 岡 県 出 身 、サンパウロ 育 ち。デモの 撮 影 をきっかけに 人 やそ

の 人 生 に 興 味 を 持 つようになり、 個 人 で 撮 影 ・ 取 材 している。

ピンドラーマの Youtube チャンネル→ www.youtube.com/user/editorakojiro/videos

3


い み ん しょう ぞ う

移 民 史

しゃしん ぶん

写 真 ・ 文

まつもと

松 本

こう じ

浩 治

せいさん こうけん

【ニンニク 生 産 に 貢 献 した 長 南 俊 (ちょうなん・たかし)さん】

しゅう

クリチ

なんぶ

ブラジル 南 部 のサンタ・カタリーナ 州

せいさん おこな ちょうなんたかし バーノスでニンニク 生 産 を 行 う 長 南 俊 さん(67、

やまがたけん

しゅっしん

ゆうりょう

ひんしゅ

かいりょう

形 県 出 身 )。ニンニクの 優 良 品 種 の 改 良 が 認

ちょうなんしゅ こくない ゆうめい

められた「 長 南 種 」はブラジル 国 内 でも 有 名 と

ねん のうぎょう はってん こうけんしゃ

なり、1995 年 にはブラジルの 農 業 発 展 貢 献 者

おく やまもとき よし しょう じゅしょう

に 贈 られる『 山 本 喜 誉 司 賞 』も 受 賞 している。

ねん さい とき たんしん

わた

58 年 、21 歳 の 時 に 単 身 ブラジルに 渡 ってき

みと

なんぶ

ちょうなん

た 長 南 さんは、サンパウロ 南 部 のサンベルナル

し きた へ

ド・ド・カンポ 市 、 北 パラナなどを 経 て、70

ねん かいし

おんたい かじゅ

年 に 開 始 された 温 帯 果 樹 プロジェクトのため、

しゅう てんじゅう

サンタ・カタリーナ 州 に 転 住 。リンゴ、アメイ

せいさん

かじゅ

シャ(スモモ)などの 果 樹 を 生 産 していたが、

きた じだい

しけんてき う

北 パラナ 時 代 から 試 験 的 に 植 えてきたニンニク

ゆにゅう

どうせんしゃ

について、 同 船 者 から「このニンニクは 輸 入 も

4 ピンドラーマのホームページ→ www.pindorama.info


移 民 史

ま い

のにも 負 けない」と 言 われたことが、ニンニク

せいさん ほんかくてき はじ ひと けい き

生 産 を 本 格 的 に 始 める 一 つの 契 機 になったとい

う。

こくない

とうじ

しかし、 当 時 のブラジル 国 内 でニンニクの

せいさんりょう

ゆにゅうりょう

はあく

産 量 、 輸 入 量 がどれくらいあるのかが 把 握 で

さんぎょうくみあい

にっけい

ちょうなん

きなかった。 長 南 さんはコチア 産 業 組 合 の 日 系

のうぎょう ぎし つう しゅう

農 業 技 師 を 通 じて、ミナス・ジェライス 州 に

す さいばい せんもんか

住 んでいたニンニク 栽 培 専 門 家 のセルジオ・マ

し めんかい どうし ちょうなん

リオ・レジーナ 氏 に 面 会 。 同 氏 は 長 南 さんのニ

み いち しなもの

ンニクを 見 て、「これはブラジル 一 の 品 物 にな

ちょうなん

す なんぶ

る 。( 長 南 さんの 住 む)ブラジル 南 部 でニンニ

じきゅう

たいせい

せいさん おこな しょくりょう

ク 生 産 を 行 えば( 食 糧 としての) 自 給 体 制 が

たいこばん お

できるかもしれない」と 太 鼓 判 を 押 した。

ちょうなんしゅ めいしょう え せいふ せいしき

「 長 南 種 」の 名 称 を 得 てブラジル 政 府 にも 正 式

ねんかん

せいさん

けいかく

にんか

に 認 可 されたニンニクは、5 年 間 の 生 産 計 画 に

ゆにゅうしゅ

せいげん

じっし

せいさんりょう

ばくはつてき

より 輸 入 種 制 限 も 実 施 され、 生 産 量 は 爆 発 的 に

ぞうか

加 した。

ちょうなん

はなし ねん とうじ やく まん

長 南 さんの 話 によると、80 年 当 時 、 約 1 万

せん めんせき

う つ

5 千 ヘクタールの 面 積 にニンニクの 植 え 付 けが

おこな ねん わり じきゅう たいせい かのう

行 われ、87 年 にはその 8 割 が 自 給 体 制 可 能 に

げんざい きかいか すす

なったという。 現 在 は 機 械 化 が 進 んだものの、

とうじ

たい

当 時 は「1 ヘクタールに 対 して、のべ 400 〜

にん ろうどうりょく ひつよう

500 人 の 労 働 力 を 必 要 としました」と 言 うから、

せいさん

じつげんか

こくない

ブラジル 国 内 でのニンニク 生 産 実 現 化 が 与

えいきょう そうとうおお 影 響 は 相 当 大 きかったようだ。

じもと

あた

えた

のうぎょう

ぞうさん

しかし、 増 産 すればするほど 地 元 の 農 業

せいさんしゃ くみあい せいじてき うご み

生 産 者 組 合 では 政 治 的 な 動 きも 見 られるように

わたし にほんじん

くみあい

なった。「 私 としては、 日 本 人 として 組 合 をで

きるだけ 良 くしようとやってきたわけですが、

くみあいいん

じん おお くみあい ぎゅうじ

組 合 員 にはブラジル 人 も 多 く 、『 組 合 を 牛 耳 れ

かね せいじてき か ひ りよう くみあい

ば 金 になる』と 政 治 的 駆 け 引 きを 利 用 して 組 合

かんぶ

ひと で

幹 部 になりたがる 人 も 出 てきました」

はな ちょうなん

みずか みと

と 話 す 長 南 さん。 自 らのニンニクが 認 められた

よろこ いっぽう

こくない くみあいかつどう

むずか

喜 びの 一 方 で、ブラジル 国 内 での 組 合 活 動 の 難

ま あた

しさも 目 の 当 りにしてきた。

なか ねんだい しょとう ちゅうごく

そうした 中 、90 年 代 初 頭 に 中 国 から、ブラ

はんね

あんか

ゆにゅう

こくないさん

ジル 国 内 産 の 半 値 という 安 価 な 輸 入 ニンニクが

たいとう ちょうなん

あたま いた

台 頭 し、 長 南 さんたちは 頭 を 痛 めた。

ころ ぜんこく

せいさんしゃ きょうかい かいちょう

その 頃 、 全 国 ニンニク 生 産 者 協 会 会 長 でも

ちょうなん

あった 長

ふとう

ピング( 不 当 廉

やく ねんご じつげん

約 1 年 後 、 実

南 さんはゴイアス 州

れんばい

売 ) 適

しゅう せいさんしゃ

の 生 産 者 からダン

じょげん う

用 の 助 言 を 受 け、その

てきよう

とうじ

現 にこぎつけた。 当 時 の 適 用 は、

はこ い

国 産 ニンニク 1 箱 (10 キロ 入 り)につき 4

ちゅうごくさん

ねんかん

ゆうこう

松 本 浩 治 (まつもと こうじ) 在 伯 25 年 。

HPサイト「マツモトコージ 写 真 館 」

http://www.100nen.com.br/ja/matsumoto/

てきよう

きげん

かぜい

ドルの 課 税 というもので、5 年 間 の 有 効 期 限 が

ねん ねんかん えんき てきよう

あり、2003 年 にはさらに 5 年 間 の 延 期 が 適 用

された。

ご ちゅうごくがわ

だいさんごく せいさん

その 後 、 中 国 側 ではニンニクを 第 三 国 で 生 産

かぜい

きせい

まぬが

ゆしゅつ

してブラジルに 輸 出 するなど、 課 税 規 制 を 免

さまざま てだ

おこ ちょうなん

ようと 様 々な 手 立 てを 行 なったが、 長 南 さんた

れんぽう ぜいちょう はたら こくないひん

ちは 連 邦 税 庁 への 働 きかけなどで、 国 内 品 の

かかく いじ たも

価 格 維 持 を 保 ってきたという。

こんご

さくもつ

せいさん

ちょうなん

後 のニンニク 生 産 について 長 南 さんは、

ほか ちが ねん へんどう なみ く

「 他 の 作 物 と 違 って 7、8 年 ごとに 変 動 の 波 が 来

てんじょう し の

る。これまでのように 天 井 知 らずのように 伸 び

ることがあってはならない」

さっこん

しょうひしゃがわ

じゅよう

いまし いっぽう

と 戒 める。 一 方 で、 昨 今 の 消 費 者 側 の 需 要 の

へんか おお くみあい

変 化 も 大 きく、 組 合 とスーパーマーケットとの

けいやく

かこうひん

せいさん

しんひんしゅ

さいばい

約 やニンニク 加 工 品 の 生 産 、 新 品 種 の 栽 培 な

あたら うご もと

ど、 新 しい 動 きが 求 められているそうだ。

ねん がつしゅざい

ねんれい とうじ

(2004 年 2 月 取 材 、 年 齢 は 当 時 のもの)

note.com でもピンドラーマ → note.com/pindorama 5


Pindorama vol. 185

4 移 民 移 民 の 肖 像

写 真 ・ 文 = 松 本 浩 治

7 ポルトガル 語 ワンポイントレッスン

文 =リリアン トミヤマ

12 医 療 開 業 医 のひとりごと

文 = 秋 山 一 誠

14 カメロー 万 歳

文 = 白 洲 太 郎

3

ファインダー

鶴 田 成 美

8

せきらら

難 民 レポート

おおうら ともこ

17

クラッキ 列 伝

下 薗 昌 記

18

簡 単 おいしい

ブラジルレシピ

おおうら ともこ

☆ 表 紙 写 真 : 撮 影 : 鶴 田 成 美 (つるたなるみ)フリーカメラマン。 福 岡 県 出 身 、サンパウロ 育 ち。デモの 撮 影 をきっかけに 人 やその

人 生 に 興 味 を 持 つようになり、 個 人 で 撮 影 ・ 取 材 している。

Pindorama(ピンドラーマ)とは、ブラジル 先 住 民 のトゥピー 語 が 起 源 で、「 椰 子 の 国 」という 意 味 です。1500 年 にポルトガ

ル 人 がブラジルを 発 見 した 当 時 、 現 在 のブラジルに 当 たる 地 方 は、アンデス(インカ 帝 国 )やパンパの 部 族 たちから「 椰 子 の 国

Pindorama」と 呼 ばれていました。

note.com でもピンドラーマの 記 事 が 読 めるようになりました !!

最 新 号 ほかバックナンバーの 記 事 も 続 々アップしています。

→ note.com/pindorama

月 刊 ピンドラーマのホームページ 開 設 !!

ピンドラーマ 掲 載 の 紙 媒 体 の 記 事 がそのまま 読 めます。

オンラインショップ 近 日 開 設 !!

弓 場 農 場 の 味 噌 、 鴻 池 さんの 深 谷 ネギ、 生 ハチミツ 他 多 数 用 意 しております。

→ www.pindorama.info

vol.185

2021 年 11 月 5 日 発 行

発 行 元 : コジロー 出 版

代 表 : 川 原 崎 隆 一 郎

編 集 長 :

布 施 直 佐

印 刷 : ファースト・プリンティング

Publicação : EDITORA KOJIRO LTDA.

Diretor Responsável : RYUICHIRO KAWARAZAKI

Editor Chefe : NAOSUKE FUSE

Impressão : Fast Printing Shop

Rua da Glória, 332 - 3ºand.- Sala 31 - Liberdade - São Paulo - SP - BRASIL

CEP : 01510-000 Tel : (11) 3277-4121 e-mail : ed.kojiro@gmail.com

6 ピンドラーマの Youtube チャンネル→ www.youtube.com/user/editorakojiro/videos


ポルトガル 語

リリアン・トミヤマ

Lilian Tomyama

~「もし 必 要 ならば」~

IBGE(ブラジル 地 理 統 計 資 料 院 )とイプソス

(​ 市 場 調 査 会 社 )によると、パンデミックのせい

でブラジル 人 は 太 ったとのことです。52%の 人 が

太 り、 平 均 で 6.5 キロ 太 りました。

そして、 読 者 のみなさんはパンデミックの 間 体

型 を 維 持 できましたか?もし 必 要 ならばダイエッ

トしますか?

ということで、「もし 必 要 ならば」をポルトガ

ル 語 でどう 言 うでしょうか?

「se for necessário」と 言 います。

もし 必 要 ならば = Se for necessário

いくつか 会 話 を 見 ていきましょう。 最 初 のもの

は 形 式 ばらない 場 面 です。

( 会 話 1)

A と B が Celpe-Bras( 外 国 人 のためのポルトガ

ル 語 検 定 試 験 )のために 勉 強 しています。

A: A data do exame está perto!

( 試 験 の 日 が 近 いね!)

B: Sim, eu sei. Eu estou estudando muito.

(うん、わかってる。 猛 勉 強 中 だよ)

A: Eu também!

( 私 も!)

B: Se for necessário, eu vou aumentar minhas

aulas de português.

( 必 要 ならポルトガル 語 の 授 業 の 回 数 を 増 や

すつもり)

D: Eu estou tentando, mas está difícil.

(トライしてるけど、 難 しいよ)

C: Se for necessário, vamos acionar o nosso

advogado.

( もし 必 要 ならばうちの 会 社 の 弁 護 士 に 話

を 通 そう)

今 月 のレッスンいかがでしたか? 冒 頭 で、パン

デミックの 影 響 でブラジル 人 が 太 った 話 をしまし

たが、パンデミックの 影 響 でなくなってしまった

ものがあります。それは 挨 拶 でキスする 習 慣 です。

この 習 慣 がフランスから 来 たものだということを

ご 存 知 でしたか?パリ 13 大 学 教 授 ドミニク・ピ

カール 氏 (Dominique Picard)によると、キスに

よってある 意 味 を 伝 えなければならないというフ

ランスの 事 情 があるとのことです。その 意 味 とは、

挨 拶 の 時 にキスすることによって、ふたりの 人 間

が 平 等 になることと、 社 交 性 とホスピタリティ

をメッセージとして 伝 えることです。ラテン 文 化

から 私 たちブラジル 人 はこの 習 慣 を 取 り 入 れてい

るのです。コロナウイルス 予 防 のために 顔 にキス

をしないというのがずっと 続 いていくのでしょう

か?

Se for necessário, eu acho que sim.

今 度 はフォーマルな 場 面 です。

( 会 話 2)

C と D は 職 場 の 同 僚 です。お 客 さんとトラブル

になっています。

C: Você falou com a empresa?

(あの 会 社 と 話 した?)

インターネットでもピンドラーマ→ issuu.com/pindorama06

リリアン・トミヤマ

USP(サンパウロ 大 学 ) 卒 、ポルトガル 語 学 ・ 言 語 学 専 攻 。

ナンシー 大 学 (フランス) 卒 、フランス 語 学 ・ 文 学 のスペシャ

リストでもある。

e-mail : lilidomi@uol.com.br

HP : www.pogotogo.blogspot.com

Facebook: www.facebook.com/liliansensei

7


難 民

2021 年 8 月 15 日 、タリバンがアフガニスタ

ン 全 土 を 支 配 下 に 置 いたと 宣 言 するニュースが

世 界 中 を 駆 け 巡 った。このニュースを 受 けて、

突 如 スポットライトが 当 たったのが、サンパウ

ロ 市 に 約 20 人 が 暮 らすアフガニスタン 人 たち。

9 月 に 入 って 半 月 までに 20 以 上 のインタビュー

を 受 けたという、アフマド・ファゼルさん(31

歳 、カブール 生 )に 話 を 聞 いた(2021 年 9 月

17 日 取 材 )。

■ 省 令 止 まりのブラジルの 人 道 配 慮 ビザ

「イスラマバード(パキスタン)のブラジル 大

使 館 には、 多 くのアフガニスタン 人 がブラジル

の 人 道 ビザを 求 めて 扉 を 叩 きましたが、ポルト

ガル 語 が 読 めないことや 新 型 コロナ 感 染 防 止 を

理 由 に、きちんと 応 対 してくれなかったとのこ

とです」

せきらら☆

難 民 レポート

難 民 レポート

文 =おおうらともこ

〜 第 23 回 アフガニスタン 編 〜

9 月 初 め、ブラジル 政 府 は 混 乱 するアフガニ

スタン 情 勢 に 配 慮 し、アフガニスタン 人 への

人 道 ビザを

発 給 する 省

令 を 出 した。

世 界 に 誇 れ

るブラジル

の 人 道 配 慮

に 見 えたが、

《アフマドさん》

省 令 はすぐに

は 機 能 しなかった。

アフマドさんによると、アフガニスタンにブ

ラジル 大 使 館 はないため、9 月 時 点 でブラジル

の 人 道 ビザを 申 請 できるのは、イスラマバード

以 外 に、テヘラン、アンカラ、アブダビ、モス

クワという 選 択 肢 があった。しかし、 陸 続 きで

もイランへの 入 国 にはビザが 必 要 で、 他 は 距 離

が 遠 すぎる。イスラマバードが 最 も 希 望 を 見 い

だせるブラジル 大 使 館 だったが、 前 述 の 状 況 に

多 くの 人 々が 直 面 した。

「アフガニスタンでは 皆 毎 日 おびえて 生 活 して

います。 私 の 義 妹 と 甥 は 20 日 前 、 急 に 消 息 不

明 となりました」

と、 現 地 の 目 を 覆 いたくなるような 動 画 を 見 な

がら 心 配 するアフマドさん。アフマドさんの 弟

は、 家 族 呼 び 寄 せでサンパウロに 暮 らすことが

できたが、その 妻 子 は 2017 年 から 4 回 、パキ

スタンのブラジル 大 使 館 に 家 族 呼 び 寄 せを 申 請

してきたが、 書 類 も 手 数 料 も 不 備 がないにもか

かわらず、 認 められないままだった。そして、

8 月 のタリバンの 宣 言 後 、 消 息 が 途 絶 えた。

8 サンパウロの 生 活 情 報 を 網 羅 !! 「 楽 々サンパウロ 2019-2020 年 版 」 絶 賛 発 売 中 !!


難 民

■ タリバンの 兵 役 を 逃 れ、トルコの 外

交 官 パスポートでブラジルに

アフマドさんは 2012 年 、サンパウロに 到 着

した。17 歳 から 英 語 教 師 として 働 き、それま

ではカブールで 両 替 商 の 父 親 や 家 族 とともに 穏

やかで 幸 せな 生 活 を 送 っていた。それが、18

歳 になったある 日 、 道 を 歩 いていると 突 然 タリ

バンの 車 に 連 れ 込 まれ、 軍 事 訓 練 所 に 連 れて 行

かれた。

「 私 の 心 は 打 ち 砕 かれました」

その 訓 練 所 では、 爆 弾 や 鉄 砲 の 使 用 法 を 教 え

ていた。いたたまれなくなったアフマドさんは、

その 場 から 逃 げ 出 した。その 後 、 父 親 がエージェ

ントにお 金 を 払 い、トルコの 59 歳 の 外 交 官 の

男 性 のパスポートを 入 手 し、 顔 写 真 をアフマド

さんに 取 り 換 え、どこでも 良 いからアフマドさ

んをアフガニスタンから 出 国 させるようにと 航

空 券 代 を 渡 した。そうして、ドバイを 経 由 して

到 着 したのがグアルーリョス 国 際 空 港 だった。

入 国 審 査 では、59 歳 と 記 されているのに 19

歳 のアフマドさんの 顔 立 ちは 明 らかに 不 自 然

で、 審 査 官 の 表 情 も 一 瞬 凍 りついたが、 何 も 審

問 されることなくすぐに 通 過 できた。

■ ボタン 付 け 一 個 50 センターボから

事 業 を 拡 大

無 事 、ブラジルに 入 国 できたものの、 持 参 金

もほとんどなく、ポルトガル 語 も 全 くわからな

い。 最 初 にメスキータがあると 知 ったブラス 地

区 に 向 かい、 英 語 で 付 近 の 人 に 助 けを 求 めた。

アフガニスタン 人 を 探 したが 出 会 えず、ウル

ドゥー 語 の 通 じるパキスタン 人 に 出 会 った。 約

1 週 間 、その 彼 が 自 宅 で 寝 食 をサポートしてく

れた。ブラジル 到 着 から 1 週 間 後 、 当 時 はサン

パウロに 連 邦 警 察 があることを 知 らず、そのパ

キスタン 人 が 航 空 券 代 を 払 って、ブラジリアま

で 飛 んで 難 民 申 請 を 行 った。そして、1 年 8 か

月 後 、ブラジルの 居 住 権 を 獲 得 した。その 間 、

メスキータで 祈 り 涙 を 流 していると、ぽんと 肩

を 叩 くムスリムのインド 人 が 現 れた。アフマド

さんはヒンディー 語 でもコミュニケーションが

できたため、その 後 、 約 2 年 間 、 縫 製 工 場 を 経

営 していた 彼 の 店 で 働 くことになった。

「 最 初 、1 か 月 900 レアルで 雇 うと 言 われまし

たが、 私 は、ボタン 付 け 1 個 50 センターボで

働 きたいと 交 渉 しました。 彼 は 笑 い、1 日 目 は

10 レアルの 収 入 でしたが、 仕 事 に 慣 れてくる

と、 翌 日 には 15 レアル、 夜 も 働 きたいと 頼 み、

やがて 1 日 60 レアル、その 内 に 1 か 月 6000

レアルの 収 入 を 得 るようになりました」

その 2 年 間 は、5 人 のシェアハウスで 1 か 月

寝 食 込 み 400 レアルで 生 活 し、 他 はすべて 貯

金 に 回 した。ポルトガル 語 を 覚 えるために、 英

語 教 師 も 行 った。2015 年 にはパキスタンに 一

時 帰 国 して 結 婚 。2017 年 までパキスタンで 暮

らし、そのまま 同 地 で 暮 らしたいとパキスタン

政 府 に 願 い 出 たが、ブラジルで 居 住 権 を 得 てい

たことが 理

由 で、パキ

スタンでの

居 住 は 認 め

られなかっ

た。そのた

めブラジ

ルに 戻 り、

《アフマドさんの 肉 屋 さん》

2018 年 に

は 妻 と 2 人 の 息 子 、2019 年 には 両 親 や 弟 を 呼

び 寄 せた。

その 後 、ボタン 付 けの 仕 事 で 独 立 し、さらに

仕 事 を 請 け 負 うようになり、 従 業 員 2 人 を 雇 っ

てさらに 事 業 を 拡 大 。 資 金 を 貯 め、パンデミッ

クが 始 まる 前 には、アフガニスタン 料 理 店 を

オープンし、 半 年 前 にはハラール(イスラムの

教 えに 則 った 方 法 で 屠 畜 ・ 加 工 された 肉 ) 専 門

の 肉 屋 をオープンした。

Pindorama の Facebook → www.facebook.com/pindorama06

9


難 民

■ アフガニスタンが 良 くなることはない

「20 年 前 には 米 国 、35 年 前 にはタリバン、40

年 前 にはソ 連 …。 世 界 各 国 がアフガニスタンを

かき 回 し、 私 たちは 親 子 3 世 代 以 上 にわたって

アフガニスタンが 良 い 土 地 になるという 希 望 を

失 ってきました。 米 国 もタリバンも 戦 いばかり。

アフガニスタンの 人 々がほしいのは 平 和 だけで

す」

親 戚 の 多 くはイギリスに 暮 らし、アフガニス

タンの 義 妹 と 甥 の 行 方 は 心 配 なものの、 家 族 も

呼 び 寄 せ、 堅 実 にサンパウロで 事 業 を 続 けるア

フマドさん。 今 、アフマドさんの 肉 屋 はサンパ

ウロのアフガニスタン 人 のたまり 場 になってい

る。 目 標 は、アフガニスタン 人 のメスキータや

NGO を 創 設 することである。

「 治 安 の 問 題 を 除 いてサンパウロは 気 に 入 って

います。 夢 は、アフガニスタン 人 の 子 供 の 学 校

を 作 ること。 私 たちは 両 親 を 敬 うことをとても

重 視 します

が、ブラジ

ルで 育 つ 子

供 たちにも

一 番 大 切 に

教 えたいで

す」

《アフマドさんの 肉 屋 に 集 まったアフガニ

スタン 人 の 仲 間 》

今 後 、ブラジル 政 府 が 実 際 に 人 道 ビザを 出 し、

アフガニスタン 人 がサンパウロに 到 着 した 後

は、アフマドさんたちはコミュニティで 最 初 の

世 話 をする 心 づもりでいる。

●インフォメーション

・アフマドさんのハラール 肉 店 「Halal Center」

住 所 : Praça Eduard Rudge, 36 - Pari

Tel: 11-98747-9854

・アフマドさんのアフガニスタン 料 理 店

住 所 : Av. Carlos de Campos, 69 - Pari

Tel: 上 記 と 同 じ。 行 く 前 に 電 話 確 認 必 要 。

おおうらともこ

1979 年 兵 庫 県 生 まれ。’01 よりサンパウロ 在 住 。ブラジル

民 族 文 化 研 究 センターに 所 属 。 子 どもの 発 達 に 時 々 悩 み、 励

まされる 生 活 を 送 る。

Clínica

ORTHOBITE

CROSP 57303

歯 のご 相 談 は オーソバイト クリニック

DR. EDUARDO KEITI ISHI (USP 卒 , 千 葉 大 学 医 学 部 留 学 研 修 )

診 療 科 目 : 矯 正 治 療 、セラミック 治 療 、レーザー 治 療 、インプラント、

上 顎 矯 正 治 療 、ホワイトニング など ( 含 大 人 、 子 供 )

診 療 時 間 : 月 ~ 金 曜 日 8:00~19:00 土 曜 日 9:00~13:00 ( 日 曜 日 休 診 )

日 本 語 で 応 対 いたします。

Tel. (11) 3289-1309 - Cel. 99853-6655( 電 話 での 予 約 受 付 いたしております。)

Av. Paulista, 2073 - HORSA 1 Cj. 910 - Cerqueira César - São Paulo – SP - CEP 01311-940

anuncie aqui

広 告 掲 載 のお 問 い 合 わせは

(11)

3277-4121

10

ピンドラーマの Youtube チャンネル→ www.youtube.com/user/editorakojiro/videos


⻑ 屋 クリニック

痛 みをとり、そして 予 防 までのトータルケア

整 形 外 科 | 理 学 療 法 ・リハビリ|カイロプラクティック| 鍼 灸 |RPG|ピラティス

⽇ 本 語 で

応 対

致 します

整 形 外 科 医

肩 ・ 肘 専 ⾨ 医 ⻑ 屋 豪 ⼈レオナルド

USP⼤ 卒 ・ 東 北 ⼤ 学 病 院 研 修 CRM144392

海 外 保 険 (プレステージ、 三 井 住 友 、 損 保 ジャパン)を、キャッシュレスで 扱 います。

CLÍNICA NAGAYA-Av. Divino Salvador, 706 - Moema - São Paulo/SP

HOSPITAL ALBERT EINSTEIN - Av. Albert Einstein, 627- Morumbi - São Paulo/SP

contato@nagaya.com.br (11) 5051-7734 (11) 96400-6459

Pindorama の Facebook → www.facebook.com/pindorama06

11


医 療

その 体 調 不 良 、 悩 んでないで 相 談 しましょう。

またコロナの 話 です…。ずっとコロナに 関 する

話 題 をほとんど 毎 月 提 供 してきました。 今 月 は 新

型 コロナウイルス 感 染 症 の 後 遺 症 や 感 染 症 に 関 連

する 疾 病 についてひとりごとさせていただきま

す。もうコロナ 禍 は 飽 き 飽 きですね。 現 時 点 でま

だまだ 世 界 的 にワクチンが 行 き 届 いたとは 言 えま

せんが、 我 々の 生 活 圏 ではワクチン 接 種 政 策 が 功

を 奏 してきています。 外 出 制 限 やマスク 使 用 など

が 解 除 された 国 も 多 くあり、 当 地 サンパウロや 日

本 でもいろんな 規 制 が 緩 和 され、「さあ 出 かける

ぞお、 飲 み 屋 行 くぞお」 状 態 になっています。

『この 原 稿 を 執 筆 している 直 前 の 土 曜 日 の 夜 、

サンパウロ 市 内 を 車 で 移 動 していたのだが、

飲 み 屋 、クラブなどが 大 繁 盛 していた。スゴ

イ 人 出 !まあこの “ 飲 み 屋 行 くぞお ” もコロ

ナ 関 連 の 疾 病 とも 言 えるのでは?ワクチンの

接 種 率 が 増 えた、コロナ 死 者 が 減 ったとは 言

え、サンパウロ 市 ではまだ 自 宅 内 以 外 ではマ

スク 使 用 義 務 が 適 用 されているし、 飲 み 屋 や

イベント 規 制 を 解 除 した 場 所 ( 国 )では 感 染

者 が 増 えている 事 実 があるのだが、「 自 分 は 大

丈 夫 、もう 大 丈 夫 」と 判 断 して 出 かけている

のだな。これは「 確 証 バイアス *1 のコロナ 拡

大 版 」と 言 えるだろう。 一 種 の 精 神 疾 患 ?』

コロナ 禍 も 間 もなく 2 年 になろうとしており、

最 近 は 各 所 で「 新 型 コロナウイルス 感 染 症 後 遺 症

外 来 」が 設 置 されています。この 後 遺 症 はまだ 確

定 した 定 義 が 認 知 されていないのですが、 概 ねコ

ロナ 感 染 から 4 週 間 以 上 経 過 しても 表 1 のような

【 表 1: 新 型 コロナウイルス 感 染 症 の 後 遺 症 で 現 れる 症 状 】

咳 倦 怠 感 味 覚 嗅 覚 異 常 脱 毛

睡 眠 障 害 動 悸 関 節 痛 ・ 筋 肉 痛 食 欲 不 振

呼 吸 困 難 思 考 力 ・ 集 中 力 の 低 下 下 痢 頭 痛

発 熱 立 ちくらみ うつ・ 不 安 胸 焼 け

症 状 が 続 く 場 合 、 後 遺 症 と 考 えられます。

これらは、コロナ 関 連 の 報 道 でもよく 取 り 上 げ

られているので、このコラムの 24 人 の 読 者 様 も

周 知 されていると 思 います。 新 型 コロナウイルス

感 染 症 は 基 本 的 には「 免 疫 系 統 かつ、 循 環 器 系 統

を 侵 す 疾 患 」なので、 全 身 のどこにでも 症 状 が 出

てもおかしくないわけです。 表 1 をみてみると、

器 質 的 疾 患 ( 身 体 の 不 調 、 例 : 下 痢 、 発 熱 )と 心

理 的 疾 患 ( 心 の 不 調 、 例 : 思 考 力 の 低 下 、 不 安 )

に 分 類 することができます。これらは 実 際 感 染 症

を 発 症 した 人 の 経 過 です。だから「 後 遺 症 」なの

です。ブラジルだけで、COVID-19 と 認 可 された

人 口 は 現 時 点 で 2 千 2 百 万 人 弱 、 全 人 口 の 約 一 割

です。つまり、 後 遺 症 そのものは 当 国 の 場 合 、こ

の 一 割 に 起 こりうる 状 況 です。 残 り 九 割 は 感 染 が

確 認 されていないけわけです。しかし、 発 症 した

人 と 同 じようにコロナ 禍 に 曝 されているので、い

ろんな 体 調 不 良 が 認 知 されるようになっていま

す。ストレスのたまる 外 出 規 制 、 人 との 接 触 制 限 、

慣 れないリモートワーク、ステイホームに 伴 う 家

族 のありかたやもめごと、 不 安 が 積 もり 続 ける 経

済 状 態 、 見 通 しが 不 透 明 な 仕 事 や 学 業 などなど、

健 康 を 脅 かす 状 況 がてんこ 盛 りです。

後 遺 症 の 他 にもよく 取 り 上 げられるのがコロナ

禍 による「 健 康 二 次 被 害 」です。これはステイホ

ーム( 外 出 控 えや 医 療 受 診 控 え)や 人 との 関 わり

が 減 ることで 引 き 起 こされます。この 状 況 は 免 疫

機 能 を 低 下 させることがわかっており、 免 疫 が 関

連 する 疾 病 の 発 症 や 悪 化 が 考 えられます。 社 会 生

活 で 一 番 怖 いのは 高 齢 者 の 筋 力 低 下 や 認 知 機 能 の

低 下 です。さらに 一 番 多 いのは 間 違 いなくストレ

スによる 心 の 不 調 でしょう *2。ステイホームでは

飲 酒 の 増 加 や 運 動 不 足 のため 肥 満 や 生 活 習 慣 病 の

悪 化 が 関 係 しています。ということで、「ステイ

ホーム( 家 にいろ)」とともに、「ステイアクティ

ブ( 活 動 しろ)」と「ステイヘルシー( 健 康 でいろ)」

12 ピンドラーマのホームページ→ www.pindorama.info


医 療

の 二 つのステイも 提 言 されています。

さらに 最 近 、「 新 現 代 病 」と 呼 ばれる 身 体 の 不

調 もでてきています。 長 引 くコロナ 禍 によるもの

で、 誰 に 現 れてもおかしくない 状 況 です。 次 の 表

に “ 病 名 ” と “ 筆 者 のコメント ” を 記 します。

このような 症 状 がコロナ 禍 と 関 係 している 可 能

性 があります。 居 酒 屋 に 行 けるまで 社 会 活 動 が 回

復 してきていますので、 医 療 機 関 へも 行 けます。

体 調 不 良 の 方 は 悩 んでいないで 受 診 しましょう。

『ちなみに、 秋 山 一 誠 診 療 所 ではスタッフ 全 員

(といっても 3 人 だけですが)コロナワクチン

2 回 接 種 済 です。 安 心 してご 来 院 いただけま

す 。』

註 1:

註 2:

註 3:

確 証 バイアスとは 自 分 が 信 じていることを 裏 付 ける 情 報

だけを 探 し、 自 分 に 不 都 合 な 情 報 を 無 視 する 傾 向 のこと

を 表 す 心 理 学 で 使 用 される 用 語 。

コロナ 禍 の 精 神 的 問 題 は 今 年 の 8 月 号 (“ コロナ 禍 で 頭

の 中 がグチャグチャです。”)でひとりごとしています

ので 合 わせてご 覧 ください。

狭 窄 性 腱 鞘 炎 。 手 の 親 指 を 外 側 に 動 かす 腱 の 腱 鞘 炎 。

秋 山 一 誠 (あきやまかずせい)。サンパウロで 開 業 ( 一 般

内 科 、 漢 方 内 科 、 予 防 医 学 科 )。この 連 載 に 関 するお 問 い 合

わせ、ご 意 見 は hitorigoto@kazusei.med.br までどうぞ。

診 療 所 のホームページ www.akiyama.med.br では 過 去 の「 開

業 医 のひとりごと」を 閲 覧 いただけます。

【 表 2: 新 現 代 病 の 病 名 と 筆 者 のコメント】

病 名

筆 者 のコメント・ひとりごと

マスク 皮 膚 炎

これは 説 明 不 要 でしょ。マスク 使 用 しなかったらおこらない。

マスク 依 存 症 マスクがないと 落 ち 着 かない、 他 人 がマスクしてないと 不 安 といった 状 態 。

スマホ 肘

肘 をついてスマホを 長 時 間 使 用 してるからだな。

手 洗 い 強 迫 性 障 害

手 洗 いに 過 度 に 過 敏 になり、 元 々 強 迫 性 障 害 の 傾 向 があったら、 強 度 に 発 症 するのでは。

ふれあい 拒 否 症 候 群

コロナのため、 他 人 との 接 触 恐 怖 だな。

デジタル 時 差 ボケ

これもスマホなどデジタル 環 境 と 関 連 。 深 夜 にスマホやパソコンをいじり、 朝 時 差 ボケする。

デジタル 認 知 症 世 の 中 デジタル 化 が 進 み、 自 身 の 思 考 力 が 低 下 するのだ。 以 前 からあったが、コロナ 禍 で 顕 著 に?

子 ども 腰 痛 コロナ 禍 のための 運 動 不 足 が 主 な 原 因 。

ドケルバン 病 *3

スマホの 使 いすぎだな。

急 性 内 斜 視 これもスマホの 使 いすぎ、パソコンなどの 画 面 を 見 る 時 間 が 長 いなどが 原 因 。

ドライアイ 急 性 内 斜 視 と 同 じ 原 因 。

近 視 急 性 内 斜 視 と 同 じ 原 因 。

突 発 性 難 聴

ストレスで 緊 張 し、 歯 ぎしりや 食 いしばりが 原 因 となることが 多 いようだな。

歯 痛

歯 ぎしりや 食 いしばりのため。

マスクを 使 用 することで 引 き 起 こされるマスク 頭 痛 と 呼 ばれるモノもある。 一 番 危 ないのはマスクのため

頭 痛

酸 素 不 足 になる 事 態 。よくあるのはマスクの 紐 がきついためおこるモノ。マスク 頭 痛 以 外 では 緊 張 で 肩 や

側 頭 筋 がこる 事 態 がほとんど。

インターネットでもピンドラーマ→ issuu.com/pindorama06

13


カメロー

14

2021 年 10 月 8 日 。

早 朝 というにはあまりにも 薄 暗 い 午 前 3 時 、

白 洲 太 郎 は 起 床 した。 世 界 を 恐 怖 と 混 乱 に 陥 れ

た 新 型 コロナウイルスの 大 流 行 も、ワクチンの

おかげか 集 団 免 疫 のおかげかは 知 らぬが、 徐 々

に 落 ち 着 きを 見 せはじめている。と 同 時 に、 世

の 中 の 動 きも 通 常 モードに 戻 りつつあり、それ

は 太 郎 の 住 む 田 舎 町 エリアも 例 外 ではなかっ

た。これまではパンデミックの 影 響 もあり、 自

分 の 住 む 自 治 体 の 市 場 でしか 仕 事 ができなかっ

た 白 洲 商 店 であったが、 近 隣 の 町 がよそ 者 の 受

け 入 れを 続 々と 解 禁 しているという 噂 を 聞 くに

つれ、 太 郎 も 重 い 腰 を 上 げざるを 得 なかったの

である。

気 楽 な 田 舎 暮 らしなので、 生 活 に 困 っている

というわけではない。これまでのように 週 2 回

程 度 の 仕 事 量 で 十 分 にやっていける 状 況 では

あったものの、やはり 金 があるにこしたことは

なく、 数 週 間 後 にはちゃぎのの 慰 安 も 兼 ねて、

リオ・デ・ジャネイロに 行 く 予 定 もあったため、

一 念 発 起 、 真 面 目 に 働 こうと 思 い 立 ったので

あった。

これから 向 かおうとしている 町 は 険 峻 な 山 道

を 数 時 間 かけて 運 転 せねばならぬ 過 酷 なロケー

ションに 位 置 しており、 車 のダメージや 高 騰 す

るガソリン 代 のことを 考 えると 行 く 気 が 揺 らい

白 洲 太 郎 の

カメロー 万 歳 !!

第 68 回 実 録 小 説 『 売 れるのか?それとも 売 れぬのか? 前 編 』

でくる。 現 に、 昨 夜 は 緊 張 からかあまり 眠 れず、

いつもなら 寝 起 きの 良 いはずの 太 郎 がなかなか

ベッドから 起 き 上 がることができなかったので

ある。 隣 のちゃぎのも 同 じような 表 情 をしてお

り、やはり 昨 夜 は 眠 れなかったらしい。おまけ

に 女 性 特 有 の 生 理 現 象 の 真 っ 只 中 ということ

で、 体 調 は 最 悪 の 様 子 であった。ちゃぎのの 調

子 次 第 で、 今 日 の 行 商 は 中 止 にもなり 得 る。 太

郎 は 彼 女 の 顔 色 を 窺 いながら、 遠 慮 がちに 問 う

た。

『もしキツイようだったら 来 週 に 行 くってこと

でもいいぜ?』

何 はともあれ、ちゃぎのの 体 調 が 第 一 である。

今 日 仕 事 をしなかったからといって、 明 日 の 生

活 に 困 るようなことはない。 今 までオレが 積 み

上 げてきた 基 盤 はそんなことじゃ 揺 るぎやしな

い。 安 心 して 休 んでよい。いや、 休 もう。とい

う 期 待 をこめてちゃぎのを 見 つめると、 予 想 に

反 して『 行 く!』という 力 強 い 言 葉 が 返 ってき

た。

『あたいのせいにしてサボろうったって、そう

はいきまへん』

と 疑 り 深 い 視 線 を 向 けてきたので、 太 郎 は 慌

てて 頭 を 振 った。

『 何 いってやがんでえ!よっしゃ、 覚 悟 はでき

てるようだな!』

というわけで、 白 洲 太 郎 ご 一 行 は 山 道 を 3 時

間 かけて 行 商 に 行 くことになったのである。

とにかく 険 しい 山 道 である。 未 舗 装 なのは 当

然 として、そこら 中 にある 穴 ぼこ、 土 中 に 埋 まっ

た 石 くれ、いつ 飛 び 出 してくるかわからぬ 野 生

動 物 、シャワーのように 降 り 注 いでくるホコリ、

その 他 もろもろをかいくぐって 進 まねばならな

い。その 見 返 りとして、 朝 日 に 照 らされた 雄 大

な 自 然 の 姿 を 仰 ぎ 見 ることができるが、 一 番 の

心 配 事 はやはり、 車 が 壊 れぬかどうかというこ

ピンドラーマの Youtube チャンネル→ www.youtube.com/user/editorakojiro/videos


カメロー

とで、 太 郎 は 細 心 の 注 意 を 払 いながらハンドル

を 握 る 手 に 力 をこめた。

3 時 間 後 。7 時 近 いとあって、すでに 町 の 市

場 には 活 気 が 満 ち 溢 れている。 約 2 年 ぶりに 訪

れたカンタガーロという 町 はすっかり 様 変 わり

していた。パンデミックの 間 に 市 長 が 代 わり、

広 場 を 新 設 したのを 皮 切 りに 様 々な 改 革 に 着

手 、その 余 波 は 市 場 にまで 広 がり、 白 洲 商 店 が

屋 台 を 開 いていた 場 所 は 野 菜 売 りの 商 人 たちで

埋 め 尽 くされていたのである。

せっかく 来 たのに 売 る 場 所 がない。 普 通 だっ

たら 途 方 に 暮 れるところであるが、 露 天 商 売 に

かけては 百 戦 錬 磨 の 白 洲 太 郎 である。 混 雑 を 極

める 市 場 のなかで、 一 瞬 のうちに 空 きスペース

を 見 定 め、 電 光 石 火 の 速 さで 屋 台 を 設 営 した。

メイン 通 りから 少 し 外 れてはいるものの、 悪 く

はないロケーションである。だが、このような

場 所 が 7 時 近 くになっても 空 いているのは 単 に

幸 運 だったからではない。なぜならそこは 人 ん

ちのどまん 前 、 正 確 にいえば 車 庫 の 目 の 前 であ

り、 他 の 露 天 商 たちはあえてその 場 所 を 避 けて

いたのである。 当 然 、 住 人 とのトラブルが 予 想

されるが、ここは 低 姿 勢 で『お 願 い』するしか

ない。 屋 台 設 営 前 に 交 渉 したのでは、 断 られる

可 能 性 が 大 である。ならば、と 先 に 既 成 事 実 を

作 っておき、そこから 誠 意 をこめて『お 願 い』

をするのが 太 郎 の 小 狡 い 作 戦 であった。それで

もダメなら 潔 く 他 の 場 所 を 探 すつもりである。

小 心 者 のちゃぎのはハラハラしていたが、オレ

に 任 せておけ、と 太 郎 は 一 顧 だにしない 様 子 で

あった。

設 営 が 終 わると 同 時 に、 家 の 住 人 が 顔 を 出 し

た。 明 らかに 怪 訝 な 表 情 をしているが、ダメで

元 々である。 誠 意 をこめて 事 情 を 説 明 し、もし

車 が 出 入 りするのであれば、その 時 だけ 屋 台 を

ずらして、 通 行 に 支 障 のないようにするから。

と、 子 犬 のような 目 で 住 人 を 見 つめると、 険 し

かった 表 情 がみるみる 笑 顔 になり、 太 郎 はその

場 所 で 商 いをすることを 許 されたのであった。

幸 い、 青 空 市 場 が 終 わるまでは 車 を 出 し 入 れす

る 予 定 はないとのことである。

ホッとした 太 郎 とちゃぎのはパンとモルタ

デーラとグァラナジュースで 腹 を 満 たし、あと

は 客 を 待 つだけであった。

売 れるのか?それとも 売 れぬのか?

リオ 旅 行 の 資 金 を 稼 ぐための、 白 洲 商 店 の 戦

いがついに 始 まったのである。

(つづく)

白 洲 太 郎 (しらす たろう)

2009 年 から 海 外 放 浪 スタート。 約 50 カ 国 を 放 浪 後 、

2011 年 、 貯 金 が 尽 きたのでブラジルにて 路 上 起 業 。 以

後 、カメローとしてブラジル 中 を 行 商 して 周 っている。

yutanky1102@gmail.com

taro_shirasu_brasil / You Tube →しらすたろう

anuncie aqui

広 告 掲 載 のお 問 い 合 わせは

(11)

3277-4121

Pindorama の Facebook → www.facebook.com/pindorama06

15


新 しくオープンしたパブカラオケに 是 ⾮ 遊 びにご 来 店 下 さい。

昔 ながらの 雰 囲 気 を 味 わえる 居 酒 屋

I Z A K A Y A O M O I D E S A K A B A

⽇ 本 式 のパブカラオケをモデルとして、⽇ 本 の 楽 曲 や

各 種 おつまみ、ボックス 席 なども⽤ 意 しております

パブカラオケ

P U B K A R A O K E

新 型 コロナウィルスの 影 響 による 営 業 時 間 が 変 更 する

場 合 がありますので、ご 了 承 のほどお 願 い 申 し 上 げます。

カラオケパブご 利 ⽤の 際 はお 問 い 合 わせ 下 さい。

【⽉〜⼟】18 時 〜23 時 【⽇】 休 み 【⽉〜⼟】19 時 〜01 時 【⽇】 休 み

(+55 11) 95674-1352 ☎(+55 11) 3459-3292 (+55 11) 95858-5103 ☎(+55 11) 2609-5990

Rua Luís Góis 1574, Mirandópolis - São Paulo (10 minutos a pé do Metro Santa Cruz) サンタクルス 駅 から 徒 歩 分

カオリ 眼 鏡 店

日 本 語 で 丁 寧 に 応 対 いたします。

最 新 タイプのフレーム・レンズを

取 り 揃 えております。

コンタクトレンズのご 相 談 も 承 っております。

Rua Galvão Bueno, 327 – Liberdade – São Paulo – SP

Tel/FAX: (5511) 3207-9518 / 3208-1628

email: opticakaori@terra.com.br

16 サンパウロの 生 活 情 報 を 網 羅 !! 「 楽 々サンパウロ 2019-2020 年 版 」 絶 賛 発 売 中 !!


クラッキ 列 伝

下 薗 昌 記

ブラジルのサッカー 界 には 実 に 様 々な 選 手 の 肩

書 きが 存 在 するものだ。

「 無 敗 記 録 の 死 刑 執 行 人 」

レナト・サーを 人 はこう 呼 ぶが、そんな 物 騒 な

肩 書 きとは 対 照 的 に、 彼 はごく 平 凡 な 勤 め 人 とし

て 人 生 を 終 えるはずの 男 だった。

1955 年 、レナト・ルイス・デ・サー・フィーリョ

はサンタ・カタリーナ 州 のトゥバロンで 生 を 受 け

た。

父 は 1940 年 代 にサンタ・カタリーナ 州 を 代 表

する 名 門 、アヴァイーでプレーしたサッカー 選 手 。

幼 きレナトも 自 ずとボールを 愛

し、ボールと 戯 れる 日 々を 過 ご

していたが、 父 は 息 子 をサッ

カー 選 手 にするつもりはなかっ

たという。

趣 味 でフットサルに 興 じてい

た 十 代 のレナトは 16 歳 にして

フロリアノポリスで 勉 強 をしな

がら、 銀 行 で 事 務 員 として 働 く

日 々を 過 ごしていたが、やはり

才 能 は 名 声 を 呼 び 寄 せるもので

ある。

パスセンスと 得 点 感 覚 を 兼 ね

備 えたレナトは 銀 行 のフットサ

ルチームに 誘 われ、あっという

間 にその 名 を 町 に 知 らしめた。

1975 年 12 月 27 日 、サンタ・カタリーナ 州 の

フットサル 選 手 権 でレナトが 所 属 する 銀 行 のチー

ムは 決 勝 に 進 出 。しかしレナトは 試 合 中 、 相 手 選

手 と 頭 をぶつけ、 意 識 を 失 うと 病 院 に 緊 急 搬 送 。

48 時 間 を 集 中 治 療 室 で 過 ごしたのだ。

一 命 を 取 り 留 め、 一 般 病 室 に 移 ったレナトに

とっては 散 々な 年 の 瀬 だったが、 数 日 遅 れのクリ

スマスプレゼントが 待 っていた。

見 舞 いに 訪 れたフットサルチームの 監 督 が 手 に

していたのは 大 会 得 点 王 のトロフィーと 準 優 勝 の

メダル。エースを 欠 いたチームは 決 勝 で 敗 れたの

だが、この 大 会 での 活 躍 を 見 たアヴァイーの 会 長

がオファーをしてきたのだ。

20 歳 でアヴァイーと 契 約 し、プロキャリアを

スタートさせたレナトだが、1977 年 にはサンタ・

〜 第 145 回 レナト・サー〜

Pindorama の Facebook → www.facebook.com/pindorama06

カタリーナ 州 選 手 権 で 準 優 勝 に 貢 献 。グレミオか

ら 誘 いを 受 け、1978 年 から 活 躍 の 場 をポルト・

アレグレに 移 すのだ。 当 時 、グレミオを 率 いてい

た 名 将 、テレ・サンターナがその 才 能 を 認 めたの

だ。

全 国 的 にその 名 を 売 ったのは 移 籍 一 年 目 のこと

だ。1978 年 7 月 、ブラジル 全 国 選 手 権 でグレミ

オはボタフォゴと 対 戦 。 当 時 ボタフォゴは 公 式 戦

52 試 合 無 敗 という 記 録 を 誇 っていたが、レナト

の 2 得 点 を 含 めてグレミオがマラカナン 競 技 場 で

3 対 0 と 快 勝 。ボタフォゴの 快 進 撃 をストップし

てみせた。

「 死 刑 執 行 人 」としての 活 躍 は

一 度 だけにとどまらなかった。

1979 年 にはボタフォゴに 移

籍 。そしてやはり 52 試 合 無 敗

が 続 いていたフラメンゴとマ

ラカナン 競 技 場 で 対 戦 すると、

レナトの 決 勝 ゴールで 1 対 0

の 勝 利 。ジーコ 擁 するフラメ

ンゴに 13 万 9 千 人 が 見 守 る 中

で 土 をつけたのだ。

流 浪 の 技 巧 派 は 再 びグレミ

オに 移 籍 し、1981 年 のブラジ

ル 全 国 選 手 権 ではグレミオの

初 タイトルにつながるアシス

トも 記 録 。ブラジル 代 表 には 縁 がなかったが、ビッ

グクラブを 点 々とし、32 歳 でスパイクを 脱 いだ。

かつて 銀 行 で 働 いたことがあるだけに「 人 生 設

計 」の 計 算 も 抜 かりなく、サンタ・カタリーナ 州

知 事 を 務 めた 大 物 政 治 家 の 娘 と 結 婚 し、 企 業 家 と

して 第 二 の 人 生 でも 成 功 を 収 めている。

もっともボタフォゴとフラメンゴのオールド

ファンにとって、レナトは 無 敗 記 録 をストップし

た 憎 き 存 在 であるのは 間 違 いない。

下 薗 昌 記 (しもぞの まさき)

大 阪 外 国 語 大 学 外 国 語 学 部 ポルトガル・ブラジル 語 学 科 を 卒 業

後 、 全 国 紙 記 者 を 経 て、2002 年 にブラジルに「サッカー 移 住 」。

約 4 年 間 で 南 米 各 国 で 400 を 超 える 試 合 を 取 材 し、 全 国 紙 やサ

ッカー 専 門 誌 などに 執 筆 する。 現 在 は 大 阪 を 拠 点 にJリーグの

ブラジル 人 選 手 ・ 監 督 を 取 材 している。

17


→ youtube.com/user/editorakojiro/videos


本 ページは、 日 本 政 府 支 援 事 業 に 基 づき、サンパウロ 日 伯 援 護

協 会 が 実 施 している『コロナ 感 染 防 止 キャンペーン』の 一 環 です。

ブラジル 全 土 で、 新 型 コロナウイルスの 感 染 は 今 も 予 断 を 許 しません。 特 に 変 異 株 は、 強 い 感 染 力 を 有

しています。ワクチン 接 種 を 終 えても、 引 き 続 き 感 染 対 策 を 徹 底 しましょう。

● 新 型 コロナウイルスに 対 する 感 染 対 策

マスク 着 用 、 手 洗 い、「 密 」の 回 避 など、 基 本 的 な 感 染 対 策 の 徹 底 。 引 き 続 き、テレワークの 実 践 。

● サンパウロでワクチン 接 種 が 受 けられる 年 齢 の 状 況

12 歳 以 上 。 子 供 は 通 学 する 学 校 からの 案 内 なども 参 照 にしてください。

● ワクチン 接 種 を 受 けられる 最 寄 りの 施 設

下 記 のサイトが 便 利 です。 住 所 と 行 列 待 ちの 状 況 や2 回 目 接 種 に 準 備 されているメーカーが 分 かります。

ファイザーとアストラゼネカの2 回 目 が 不 足 中 で、 特 定 の 曜 日 や 午 前 か 午 後 だけ 受 けられるような 場 合

もあります。 電 話 や 各 施 設 で 正 確 な 情 報 を 確 認 してください。

https://deolhonafila.prefeitura.sp.gov.br/

● 感 染 が 疑 われた 場 合 、 日 本 人 向 けの 緊 急 連 絡 先

・サンパウロ 日 伯 援 護 協 会 「 本 部 事 務 局 」

Tel: (11)3274-6483

午 前 8 時 から 午 後 5 時 まで。 日 本 語 対 応 可 。

・サンタクルス 病 院

「 新 型 コロナウィルス 感 染 症 の 救 急 外 来 受 診 の

ためのコールセンター」(24 時 間 )

Tel: (11)97572-4602 日 本 語 対 応 可

★ 新 型 コロナ 感 染 対 策 ウォッチング

和 食 レストラン&カフェテリア『エスパッソ 和 』

エスパッソ 和 では、 以

下 の 感 染 防 止 対 策 に 取

り 組 んできました。

マスクの 着 用 / フェイ

スシールドの 着 用 / ア

ルコール 消 毒 / レジや 寿 司 バーのアクリル 板 で

の 隔 離 / テーブルの2メートル 隔 離 / 体 温 計 の

設 置 / アルコール 飲 料 の 時 間 規 制 / 卓 上 の 調 味

料 の 撤 去 / メニューのデジタル 化

9 月 上 旬 から 規 制 が 緩 和 し 始 めましたが、 引 き

続 き 行 政 のガイドラインに 則 って 感 染 防 止 を

図 っています。

内 閣 官 房 新 型 コロナウイルス 感 染 症 対 策 推 進 特 設

サイト(https://corona.go.jp/proposal/)より 転 載


おかげさまでオープン3

おかげさまでオープン3

おかげさまでオープン3

おかげさまでオープン3

周 周

周 周

年 年

年 年

! !

! !

日 本 ・ブラジルで26 年 !

経 験 豊 富 な 日 本 人 が 経 営 する 新 しい 旅 行 会 社 です。

3RD

RD

日 日 本 本 ・ブラジルで26 年 年 !!

Anniversary

経 経 験 験 豊 豊 富 富 な な 日 日 本 本 人 人 が が 経 経 営 営 する する 新 新 しい しい 旅 旅 行 行 会 会 社 社 です。

⽇ 本 ⾏き 航 空 券

由 ⾏の ⾃

配 なら お⼿

FTS!

FTS! FTS!

由 ⾃ ⾏の 由 ⾃ ⾏の

お⼿ 配 なら なら 配 お⼿

3

Anniversary

かげさまでオープン3 周 年 !

かげさまでオープン3 周 年

Anniversary

ブラジル 国 内 ツアー

1 1 ⽉ 〜 2 ⽉ に お す す め の 旅

ブラジル 国 内 ツアー

1 ⽉ 〜 2 ⽉ に お す め の 旅

1 1 ⽉ 〜 2 ⽉ に お す す め の 旅

プロモーション 情 報

情 報

プロモーション 情 報

安 ⼼のサポート 体 制 !

安 ⼼のサポート 体 制 !

●コロナ 禍 での⼼ 配 な 急 な 運 休 やスケジュール 変 更 は

弊 社 で 常 時 ウォッチ!

●コロナ ブラジル 禍 での⼼ 禍 での⼼ 出 配 発 な 前 配 急 、⽇ な 急 本 運 な 滞 休 運 やスケジュール 在 休 中 も 含 めて、 変 更 変 は更 は

定 期 的 に 担 当 スタッフがメールにてご 弊 社 弊 で 社 常 で 時 常 ウォッチ! 時 案 内 しております。

ブラジル 出 発 出 前 発 、⽇ 前 、⽇ 本 滞 本 在 滞 中 在 も 中 含 も めて、 含 めて、

定 期 定 的 期 に 的 担 に 当 担 スタッフがメールにてご 当 案 内 案 しております。

内 カタール 航 空 ⽇ ⾏・ 売 り 切 れ

航 空 ⽇ ⾏・ 売 り 切 れ

エコノミー US$648∼ ビジネスUS$3388∼

航 空 カタール れ 切 り 売 ⾏・ ⽇

⾏ ⽇ 10⽉から

US$648∼

エコノミー ビジネスUS$3388∼

10⽉から ⽇ ⾏

エコノミー プレミアム

US$930∼ エコノミー US$1630∼ ⾏ ⽇ ルフトハンザ 航 空

航 空 ルフトハンザ 空 航 エコノミー プレミアム

US$930∼ エコノミー

ビジネス

ビジネス US$3792∼

US$1630∼

US$3792∼

(ANAとのコードシェア 便 も 利 発 ⽤ 便 可 ーフランクフルト)

(⽻⽥

東 ・ 2-3 便 ⾏ ーフランクフルト)

便 発 (⽻⽥ 可 ⽤ 利 も 便 (ANAとのコードシェア 便 発 (⽻⽥ 可 ⽤ 利 も 便 エミレーツ 航 空

航 空 エミレーツ 空 航 ※ 航 空 券 のプロモショーン 価 格 は、 空 席 状 況 、 販 売 期 限 等 の 条 件 が

ございません。 詳 しくはスタッフまでお 問 合 せください。

※ 航 ※ 空 航 券 空 のプロモショーン 券 価 格 価 は、 格 空 は、 席 空 状 席 況 状 、 販 況 売 、 販 期 売 限 期 等 限 の 等 条 の 件 条 が件 が

ございません。 詳 しくはスタッフまでお 詳 問 合 問 せください。 合 ・ 便 東 2-3 ⾏

2-3 東 便 ⾏

エコノミー US$738∼ ビジネス US$4000∼

US$738∼ ビジネス US$4000∼

エコノミー 清 流 の 地 を⼤ 満 喫 !

清 流 の 地 を⼤ 満 喫 !

ボニート4∼5⽇ 間

・ 日 本 語 ガイドがご 案 内 致 します。

・2022 年 2 月 27、28 日 に 開 催 決 定 の

リオデジャネイロのカーニバルチケ

・11 月 からベストシーズン! エコツーリズム ットの 階 段 席 からカマロッチ( 特 別

・ 日 ・ 本 日 語 本 ガイドがご 語 案 内 案 致 内 します。 致 します。

・2022 ・2022 席 年 )を 2 月 年 27、28 弊 2 月 社 27、28 で 手 日 に 配 日 開 いたします。

に 催 開 決 催 定 決 の定 の

リオデジャネイロのカーニバルチケ

・11 アルゼンチン ・11 月 からベストシーズン! 月 側 の 観 光 も 再 開 ! エコツーリズム

ットの ットの 階 段 階 席 段 からカマロッチ( 席 特 別 特 別

席 )を 席 )を 弊 2022 社 弊 で 社 手 で 配 年 手 いたします。 配 アルゼンチン 側 の 側 観 の 光 観 も 光 再 も 開 再 ! 開 !

リオのカーニバル!

2022 2022 2 年 年 ぶりに 開 催 決 定 。

リオのカーニバル!

眼 前 で 見 るパレードは 圧 巻 ! 大 興 奮 の

休 暇 をお 楽 しみ 頂 けます♪

2 年 2 ぶりに 年 ぶりに 開 催 開 決 催 定 決 。 定 。

眼 前 で 眼 見 前 るパレードは で 見 圧 巻 ! 圧 大 巻 興 ! 奮 大 の興 奮 の

休 暇 をお 休 暇 楽 をお しみ 楽 頂 しみ けます♪ 頂 けます♪

イグアス・アルゼンチン

側 の 国 境 も 再 開 し、 両 国

イグアス・アルゼンチン

側 の 観 光 が1 年 ぶりに 再 開 !

側 の 側 国

の 境

国 も

境 再 も

開 再

し、 開

し、

国 両

・ブラジル、アルゼンチン 側 の 両 国 から 観 光 をおこな 側 の 側 観 の 光 観 が1 光 が1 年 ぶりに 年 ぶりに 再 開 再 ! 開 !

います。・ 日 本 語 ガイドがご 案 内 いたします。

お 楽 しみ 頂 けます。

充 実 充 の 実 世 の 界 世 遺 界 産 遺 観 産 光 観 を光 を

・ブラジル、アルゼンチン 側 の 側 両 の 国 両 から 国 から 観 光 観 をおこな 光 をおこな

いたします。 配 ⼿ 別 なども 、 発 地 現 コース います。・ 日 本 日 語 本 ガイドがご 語 案 内 案 いたします。 内 お 楽 お しみ 楽 しみ 頂 けます。 頂 ※

流 の 地 を⼤ 満 喫 !

清 ボニート4∼5⽇ 間

! 喫 満 を⼤ 地 の 流 清 ! 喫 満 を⼤ 地 の 流 清

⽇ 本 ⾏き 航 空 券

始 め ま し た ! お う ち で !

始 始 めめま まし した た !! おおう うち ちで で !!

無 料 無

オンライン

オンライン

日 日

本 本

旅 旅 行 行 相 談

こんな⽅に

オススメです! こんな⽅に

オススメです!

本 時 国 詳 運 状

⽇ 本 に⼀ 時 したいけど、 しく ⽇ 本 に⼀ 時

しく

したいけど、

に⼀

詳 しく 運 ⾏ 状

、⼊ 国 などが 報 況 などが 、⼊ 知 国 情 況 報 、⼊ などが 国 知 情 りたい!

離 忙 ⼦ 供 から⼿が 離 せない、 忙 しくてお 店 に

店 に

から⼿が 供 ⼦ 供 ⼦

できない! 問 訪 問 訪 できない! 問 訪

※ コース 現 地 発 、 なども 別 ⼿ 配 ※ コース 現 地 発 、 なども ⼿ いたします。 配 別

★ 観 光 はもちろん、

レストラン、ホテル、お ★ 観 ★ 光 観 はもちろん、

光 土 産

レストラン、ホテル、お 旅 の 情 報 を 土 産 土 産

週 替 わりのテーマで 旅 の 旅 情 の 報 情 を報 を 掲 載 。

週 替 週 わりのテーマで 替 掲 載 掲 。 載 。

FTSインスタは

FTSインスタは

旅 の 情 報 の

宝 庫 です! です!

SNSで SNSで

⽿ 寄 り 情 報

お 得 な 航 空 券

情 報

要 チェック!

情 報 などを

情 などを 報 などを

配 信 !

配 信 配 ! 信 !

フォローしてね!

フォローしてね!

⽿ 情 寄 報 り

お 得

要 チェック!

お 得 な 航 な 空 航 券 空 券

ホテル 選 び、 旅 ⾏ 先 の 過 ごし⽅や 内 容 を

LINE/SKYPE

/ZOOM /ZOOM 等 のAPPを

等 ご 使 ご 用 使 ください。

用 利 ⽤⽅ 法

オンライン 利 ⽤⽅ 法

予 約 予 は、 約 は、 弊 社 弊 メール 社 メール

info@ftsturismo.com

へ、お へ、お 好 きな 好 きな 日 時 日 を時 を

お 選 お びいただき、ご

選 びいただき、ご

送 信 送

ください。

ください。 信 素 敵 素 敵 なラグジュアリーホテル&

ガストロノミー、 旅 に 旅 行 旅 に きたくなる に 行 行 きたくなる 情 報 情 、 報 情 、 報 、

FTSニュース FTSニュース 記 事 など 記 事 事 など 内 など 容 内 満 内 容 載 容 満 です! 載 満 です! 載 です!

DMでのご DMでのご 質 問 も 質 問 承 問 も ります。 も 承 承 ります。

FTSTRAVEL.

FTSTRAVEL.

FTS FTS TRAVEL TRAVEL

FTS TRAVEL

OFFICIAL OFFICIAL (TURISMO)

LINE LINE ID @446JIVJY

ID OFFICIAL (TURISMO) LINE ID @446JIVJY

ホテル 選 び、 旅 ⾏ 先 の 過 ごし⽅や 内 容 を

ホテル 選 び、 旅 ⾏ 先 の 過 ごし⽅や 内 容 を

しく 知 詳 しく 詳 しく 知 りたい! 詳

会 社 会 名 社 : 名 F.T.S. : F.T.S. Turismo Ltda. Ltda. (For (For Team'S Turismo Ltda.) Ltda.)

社 名 : F.T.S. Turismo Ltda. (For Team'S Turismo Ltda.)

法 ⼈ 法 税 ⼈ 番 税 号 番 (CNPJ): 号 31/147.315/0001-90

⼈ 税 番 号 (CNPJ): 31/147.315/0001-90

住 所 住 : 所 Av. : Av. Paulista, 808 808 - Conj - Conj 812 812 Bela - Bela Vista Vista

所 : Av.

CEP:

Paulista,

CEP: 01311-100 808 - Conj

São São Paulo

812

Paulo -

SP

Bela

- SP - Brasil

Vista

- Brasil

CEP: 01311-100 São Paulo - SP - Brasil

営 業 営 時 業 間 時 : 間 ⽉∼⾦ : ⽉∼⾦ 9:00∼18:00

業 時 間 : ⽉∼⾦

⼟ ⼟ 10:00∼13:00

9:00∼18:00

⽇・ ⽇・ 祝 休 祝 み休 み

⼟ 10:00∼13:00 ⽇・ 祝 休 み

⽇ 本 語 専 ⽤

TEL: TEL: 11-2386-7169

⽇ 本 語 専 ⽤ TEL: 11-2386-7169

ダイヤル

11-99311-5200 (⽇ 本 (⽇ 語 本 OK) 語 OK)

ダイヤル 11-99311-5200 (⽇ 本 語 OK)

11-2386-7179

ホームページ: www.ftsturismo.com

11-2386-7179 ホームページ: www.ftsturismo.com

スタッフ スタッフ 募 集 募 集

スタッフ 募 集

詳 しくは 詳 しくは

ホームページの

詳 しくは

求 ⼈・ 求 採 ⼈・ ⽤ 情 ホームページの

採 報 ⽤ を情 報 を

ご 覧 ください。 ご 求 覧 ⼈・ ください。 採 ⽤ 情 報 を

ご 覧 ください。

旅 ⾏のご 旅 ⾏のご 相 談 相 など、⽇ 談 など、⽇ 本 語 本 、ポルトガル 語 語 でお 語 でお 問 合 問 せいただけます。

合 旅 ⾏のご 相 談 など、⽇ e-mail: e-mail: 本 info@ftsturismo.com

語 、ポルトガル 語 でお 問 合 せいただけます。

*ブラジル *ブラジル 国 内 国 、 南 内 ⽶を 、 南 ⽶を 初 め、 初 e-mail: 世 め、 界 世 中 界 のお⼿ 中 のお⼿ info@ftsturismo.com

配 を⾏います。 配 無 料 無 にてお⾒ 料 にてお⾒ 積 もり 積 致 もり します。 致 します。

*ブラジル 国 内 、 南 ⽶を 初 め、 世 界 中 のお⼿ 配 を⾏います。 無 料 にてお⾒ 積 もり 致 します。

禍 電 話 でのお 問 い 合 わせを 推 奨 *コロナ 禍 につき、メールまたはお 電 話 でのお 問 い 合 わせを 推 奨 しております。

*コロナ

*コロナ 禍 につき、メールまたはお 電 話 でのお 問 い 合 わせを 推 奨 しております。

More magazines by this user
Similar magazines