Views
7 months ago

LAND ROVER マガジン – 第40号

  • Text
  • Tomorrowland
  • Agazine
  • Adventures
  • Limited
  • Alexander
  • Communications
  • Cedar
  • Defender
  • Vista
  • Rover
最新号では、南極探検を控えたふたりの若き冒険家が、DEFENDERを駆ってトレーニングに挑む様子を取り上げています。また、レンジローバー50周年を記念したドバイへの旅もご紹介。数々の発見が、あなたの好奇心をかきたてるでしょう。他、人類の未来を左右する先進テクノロジー開発者たちの話もお楽しみください。

特 別 短 編 Breathe(

特 別 短 編 Breathe( 呼 吸 ) 受 賞 作 家 クリス・リー は 短 編 集 『Drifting House( 漂 う 家 )』 と 小 説 『 How I Became a North Korean( 私 が 如 何 にして 北 朝 鮮 人 になったか)』 ( 発 行 元 :Viking/Penguin Random House 社 )の 著 者 です。 韓 国 の 延 世 大 学 校 で 創 作 文 の 助 教 授 を 務 めています。 完 璧 な 人 生 を 送 る 完 璧 な 娘 。 誰 しもがそう 思 っていた。 しかしユーニーは、 自 分 ではない 誰 かになりたいと 願 ってい る。この 願 いは、ある 意 味 すでに 叶 っていた。 彼 女 はほんの 数 日 前 に21 歳 になったのだ。そして、これは 彼 女 自 身 にとって 最 高 のプレゼントだった。やっと 逃 げられる。 バックパックがラゲッジベルトの 上 を 回 り、ツアーガイドたち が 出 迎 えのサインを 振 っているのを 見 ると、ユーニーの 耳 は 熱 くなった。 学 習 アプリで 勉 強 してきたスペイン 語 は、 彼 女 を 捕 ら えているガラス 瓶 のようだった。 駐 機 されている 飛 行 機 を 振 り 返 ると、どちらも 何 とも 慌 ただしい 動 きを 繰 り 返 した 後 、 今 は ぴたりと 止 まっている。ボストンを 後 にした 時 に 思 っていたこと にふと 疑 問 を 抱 き、 少 し 躊 躇 した。 そして 両 親 の 事 を 考 えた。ユーニーは、 痛 いほど 薄 いアンデ ス 山 脈 の 空 気 を、まるで 息 の 吸 い 方 を 一 から 学 ぶように 不 規 則 に、でも 肺 一 杯 に 吸 い、クスコ 空 港 を 後 にした。 でこぼこの 道 のりをタクシーで 揺 られたどり 着 いた 先 では、 ホームステイの 寮 母 がユーニー の 肩 をつかんで 部 屋 に 案 内 した。 まるでユーニーに 助 けが 必 要 だ っ た よ う に 。こ れ は ユ ー ニ ー に は もう 慣 れたことだった。 彼 女 の 大 きく、 少 し 驚 い た よう な 目 と ハ ート の 形 をした 顔 は、 主 体 性 のない 印 象 を 与 えた。 彼 女 自 身 が 意 図 して い た も の だ 。 「 し ば らくは の ん び りして て ね 」 と 家 主 が 言 う。「 消 化 に 悪 いものは 食 べないで、ソパ・デ・ポヨを 食 べ な さ い 。」 ユーニーは 反 射 的 に「ありがと うございます。ありがとうございま す 。」と 応 え た が 、 言 うこ と を 聞 くつ もりはなかった。 家 主 が 付 け 加 える。「 深 く 呼 吸 す る よ う に し な さ い ね 。」 ユーニーが 家 業 の 一 部 を 継 ぐこと は 常 に 変 えることのできない 事 実 だった。 韓 国 最 大 級 の 複 合 企 業 の 一 つだ。 彼 女 が 望 めば 一 生 働 く 必 要 もなかった。しかし 彼 女 は、その 選 択 肢 を 選 ぶことはないと 分 かっていた。 「お 前 には 何 もかも 与 えた。」と 父 がよく 言 っていた。それは 繰 り 返 されるリマインダーであり、 陰 険 な 警 告 でもあった。ベッ ドルームサイズのクロー ゼットにはカラーコ ーディネートされ た 洋 服 が 取 り 揃 えられ、 滑 らかなブラックの 自 動 車 には 学 校 への 送 迎 のための 運 転 手 が 付 いていた。そして 個 人 秘 書 が 子 供 の 頃 からユーニーの 学 校 とプライベートの 予 定 を 管 理 して いた。すべて、 彼 女 が 父 の 期 待 通 りに 振 舞 っていれば 与 えられ るものだった。 ユーニーは 短 期 間 で「あらゆること」を 学 んだ。 父 の 人 目 を 忍 んだ 情 事 を 見 てみぬふりする 無 表 情 の 装 いも、 家 族 が 公 の 場 に 出 る 際 の 演 出 された 振 る 舞 いも。それでも 彼 女 の「 新 し い」 鼻 が 癒 える 頃 には 夏 は 去 り、 彼 女 が 好 きだった 優 しい 話 し 方 をする 少 年 は、 彼 のことを 母 に 話 してから1 週 間 以 内 に 転 校 していった。 そして「 あ ら ゆ る こ と 」に は 、6 か 月 前 に 届 い た お ざ な り な E メ ールの 内 容 が 含 まれていた。それは 彼 女 がハーバード 大 学 を 卒 業 して、ソウルに 戻 ってくるのを 婚 約 者 が 待 っていると 知 らせ るものだった。 言 わずもがな 半 導 体 業 界 の 有 力 者 の 御 曹 司 だ 。 しかし、 完 璧 な 娘 でいるための 訓 練 にも 利 点 があった。 彼 女 が 仮 面 を 被 り 続 けている 間 は、 誰 もその 下 の 素 顔 を 暴 こうとは しなかったし、 彼 女 が 何 百 時 間 にも、 何 年 にも 渡 って 逃 走 を 企 てていたことを 誰 も 知 る 由 はなかった。そして、ついに 先 週 、 彼 女 の 幼 少 期 に 祖 母 が 秘 密 裏 に 用 意 してくれた 口 座 の 預 金 にア クセスすることができた。 逃 げ 出 す 時 が 来 たのだ。 「もう 何 年 もFBIに 追 われてるんだ。」 激 しく 揺 れるローカルバ スで 隣 に 座 ったアメリカ 人 の 男 が 囁 く。 野 性 的 な 目 をしたドレ ッドヘアの 男 だった。「 老 化 のさ、 治 療 法 を 発 見 したんだよ。 分 かるか?でもさ、 大 手 製 薬 会 社 のやつらはそれが 気 に 入 らない ん だ 。く そ っ 、あ い つ ら 。」 初 めの30 分 は 無 礼 にならない 程 度 に 彼 との 会 話 を 避 けていた が、 彼 の 非 現 実 的 な 被 害 妄 想 話 の 中 で 何 かが 引 っかかった。「 分 か り ま す 。」と 応 え る 。 嘘 は つ い て い ない。「 私 はいつも 新 しい 部 屋 に 入 ると 盗 聴 器 と 隠 しカメラを 探 し ます。」 初 めて 自 分 の 習 慣 を 認 め た 瞬 間 だった。 「それだよ! 近 頃 は 誰 も 信 用 で き ね ぇよ な 。」 叫 ぶ よ う に 言 って 彼 女 の 方 を 見 ると、 彼 は 初 めて 彼 女 の 様 子 に 気 付 いたようだった。 彼 はたじろいで 素 早 く 立 ち 上 がる と、2 羽 の チ キ ン が 入 っ た キ ャン バ スバッグを 何 とか 踏 まないように 避 けて、ブツブツ 独 り 言 を 言 いな がらバスの 後 方 の 席 に 移 動 してい った。 海 抜 3,000mでもワシが 頭 上 を 飛 び 回 り、 農 家 の 人 々は 雲 の 上 で ジャ ガ イ モ を 育 て て い た 。 聖 な る 谷 へ 降 りていくと、 四 方 に 絶 壁 が そびえ 立 つ。 道 を 曲 がる 度 にトウ モロコシの 段 々 畑 や 人 気 のない 教 会 、また、 別 のゴツゴツした 峰 が 姿 を 現 す。 ユーニーは、このままひたすら 登 り 続 けたら、いつかはこの 混 沌 から 逃 れて、 何 もない 青 色 の 中 に 辿 り 着 けるのではない かという 気 持 ちになっていた。 目 まいがする 度 に、ハイキングポールを 支 えにし、しゃがみ 込 ん で 息 を 整 えた。ラレスの 温 泉 まで 歩 いて 向 かうのは 常 に 険 しい 道 のりだった。ここは 平 地 より 空 気 中 の 酸 素 が4 分 の1 程 度 薄 い。それでも 歩 いていると 孤 独 を 紛 らわすことができた。 安 定 して、 深 く 呼 吸 できるように 練 習 した。もうすでに 酸 素 の 薄 さを 理 由 にギブアップできないところまで 来 てしまっている。 心 は 決 まっていたし、 前 に 続 く 道 は 一 点 の 曇 りもなく 見 えた。 決 められていた 未 来 から 離 れて、 穏 やかで 誰 も 知 らない 未 来 へと 歩 いて 行 くのだ。 細 い 道 が 山 の 奥 深 くに 入 り、やがてまた 戻 ってくる。インカの 石 を 再 利 用 して 建 てられた 家 が 景 観 の 中 に 点 在 している。そこ に 住 む 人 々の 顔 は 砂 漠 の 地 形 や 氷 河 の 峰 のように 長 い 時 68 69

 

LAND ROVER マガジン

 

最新号では、南極探検を控えたふたりの若き冒険家が、DEFENDERを駆ってトレーニングに挑む様子を取り上げています。また、レンジローバー50周年を記念したドバイへの旅もご紹介。数々の発見が、あなたの好奇心をかきたてるでしょう。他、人類の未来を左右する先進テクノロジー開発者たちの話もお楽しみください。。

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070

※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。