Views
3 years ago

地域参画型公共交通の形成・持続メカニズム に関する研究 - 名古屋大学

地域参画型公共交通の形成・持続メカニズム に関する研究 - 名古屋大学

福 本 ・ 加 藤 :

福 本 ・ 加 藤 : 第 43 回 土 木 計 画 学 研 究 発 表 会 ( 春 大 会 ) を 設 けており 3) , 4) ,そういった 市 町 村 では, 他 に 比 べて 地 域 住 民 による 公 共 交 通 維 持 の 取 り 組 みが 盛 んに 行 われ ていることから, 支 援 制 度 の 有 効 性 が 示 唆 される. しかしながら, 地 域 参 画 型 公 共 交 通 の 実 現 にあたって 障 壁 となるのは, 資 金 面 やノウハウのみではない. 地 域 の 多 様 な 主 体 が 参 画 して 合 意 を 形 成 し,さらに 運 営 組 織 を 構 築 して 実 際 の 運 営 を 進 めていくに 至 るまでには 多 大 な 困 難 が 伴 う. 本 研 究 では, 地 域 参 画 型 公 共 交 通 運 営 の 組 織 化 の 過 程 に 存 在 する 障 壁 と,それを 解 消 し 組 織 化 を 促 し 得 る 方 策 について 検 討 する. 2. 地 域 参 画 型 公 共 交 通 運 営 の 障 壁 のようにして 意 識 啓 発 をするかは 根 本 的 な 問 題 である. (4) 「 口 」に 関 する 障 壁 地 域 で 公 共 交 通 に 関 する 取 り 組 みを 行 うとしても, 地 域 住 民 から 積 極 的 に 意 見 表 明 がなされることはまれであ る.その 理 由 としては, 多 くの 地 域 住 民 は 公 共 交 通 に 対 する 意 見 を 表 明 するほどの 知 識 を 持 ち 合 わせていないこ とが 挙 げられる.また, 議 論 に 参 加 するメンバーによっ ては, 主 体 的 な 意 見 表 明 ではなく 要 望 や 苦 情 に 終 始 する 場 合 もある.また, 積 極 的 に 意 見 表 明 をする 人 が, 必 ず しも 公 共 交 通 の 利 用 者 ではないという 点 にも 注 意 が 必 要 である.このため, 実 りある 議 論 を 実 現 するためには, (3)で 述 べた 意 識 啓 発 , 情 報 提 供 とメンバー 選 定 が 重 要 となる. 著 者 らは 既 報 5) において, 地 域 参 画 型 運 営 方 式 におけ る 関 係 主 体 の 役 割 分 担 ,すなわち 負 担 を 表 す 方 法 として, 「 人 」「 金 」「 心 」「 口 」の4つを 提 案 している.これ らに 関 する 役 割 分 担 と 連 携 が, 関 係 主 体 間 で 円 滑 に 行 わ れない 場 合 に, 運 営 が 行 き 詰 まるものと 考 えると, 地 域 参 画 型 公 共 交 通 運 営 の 障 壁 は 以 下 のようにまとめられる. (1) 「 人 」に 関 する 障 壁 地 域 において 公 共 交 通 問 題 に 取 り 組 む 人 材 の 不 足 であ る.この 場 合 , 人 材 の 持 つ 知 識 や 社 会 的 つながりといっ たSocial Capital 的 な 観 点 を 含 めてとらえる 必 要 がある. また, 一 部 の「 人 」が, 意 図 的 であるかないかに 関 わら ず, 取 り 組 みを 妨 害 する 場 合 が 存 在 することにも 注 意 が 必 要 である. (2) 「 金 」に 関 する 障 壁 実 際 に 地 域 公 共 交 通 を 運 行 するにあたっての 資 金 繰 り である. 地 域 参 画 型 公 共 交 通 の 取 り 組 みが 行 われる 地 区 のほとんどは, 運 賃 収 入 のみでは 運 行 経 費 がまかなえず, 企 業 や 個 人 からの 協 賛 金 や, 市 町 村 からの 補 助 金 が 必 要 となる.しかしながら, 取 り 組 みに 対 する 理 解 や 運 行 事 業 の 収 支 構 造 に 関 する 認 識 が 不 十 分 な 状 態 では, 協 賛 金 や 補 助 金 を 得 ることができないことから,(3)で 述 べる, 取 り 組 みに 対 する 意 識 の 幅 広 い 共 有 を 得 ることが 重 要 と なる. (3) 「 心 」に 関 する 障 壁 地 域 で 公 共 交 通 に 取 り 組 もうという 意 識 が 醸 成 されに くいことである. 今 や, 多 くの 人 が 自 家 用 車 を 利 用 でき, 公 共 交 通 機 関 が 生 活 に 必 需 のものではないことから, 地 域 住 民 の 多 くに 公 共 交 通 が 必 要 であるという 意 識 を 醸 成 することは 困 難 である. 地 域 住 民 が 意 識 を 持 つことは, 「 人 」や「 金 」を 集 めることにも 関 連 することから,ど 3. 事 例 に 見 る 地 域 参 画 型 公 共 交 通 運 営 の 障 壁 以 上 の4つの 負 担 に 関 する 役 割 分 担 がうまく 機 能 しな い 場 合 に, 一 部 の 主 体 に 過 度 の 負 担 がかかり, 立 ち 上 げ や 持 続 的 な 運 営 が 困 難 になることが 考 えられる. 以 下 に, a) 障 壁 により 運 営 が 頓 挫 した 例 ,b) 障 壁 を 乗 り 越 えつつ ある 例 ,c) 障 壁 をクリアし 持 続 している 例 ,を 説 明 する. a) 障 壁 により 頓 挫 した 例 K 市 には,バス 事 業 者 が 路 線 バスを 走 らせているほか, 同 社 が 市 のコミュニティバスを 受 託 して 運 行 している. また, 近 年 , 新 規 参 入 バス 事 業 者 が 空 港 アクセスバスや, 近 隣 市 のニュータウンへの 路 線 バスを 開 設 していた. K 市 西 部 の 駅 前 商 店 街 では, 近 隣 に 大 規 模 ショッピン グセンターが 開 店 することから, 顧 客 の 流 出 が 予 想 され た.これに 対 抗 するため, 商 店 街 連 合 会 は 商 店 街 へのア クセス 向 上 を 目 的 とした 循 環 バスの 導 入 を 計 画 した. 特 に, 飲 食 客 の 帰 宅 の 足 という 特 色 を 打 ち 出 し, 深 夜 時 間 帯 にも 運 行 するとした 点 が 特 徴 的 であった. 「 人 」の 面 に 関 しては, 商 店 街 連 合 会 という 既 存 の 組 織 の 中 に 専 門 部 会 を 設 けて 取 り 組 むことにより, 比 較 的 強 固 な 事 務 局 機 能 を 持 つことができた 上 , 市 の 商 工 業 部 局 との 結 びつきを 利 用 して, 国 の 支 援 プログラムを 得 る ことにも 成 功 した.また, 専 門 部 会 においてバスのサー ビスを 議 論 する 際 には,バス 事 業 者 ( 前 出 の 新 規 参 入 バ ス 事 業 者 )を 交 えることにより, 専 門 的 な 見 地 からの 「 口 」の 面 での 負 担 も 得 ることができた. しかしこの 事 例 で 問 題 となったのは「 心 」と「 金 」の 面 であった.まず,「 心 」の 面 では, 事 業 主 体 となる 商 店 街 連 合 会 と 運 行 主 体 となるバス 事 業 者 との 意 識 共 有 は できていたものの,そこから 外 への 広 がりがみられなか った. 当 初 , 市 の 交 通 担 当 部 署 やバス・タクシー 事 業 者 との 事 前 調 整 なしに, 運 行 事 業 者 も 含 めた 運 行 素 案 を 策 2

福 本 ・ 加 藤 : 第 43 回 土 木 計 画 学 研 究 発 表 会 ( 春 大 会 ) 定 したことから, 当 時 コミュニティバス 再 編 を 市 地 域 公 共 交 通 会 議 を 中 心 に 検 討 していた 市 の 交 通 担 当 部 署 から は,コミュニティバスと 競 合 する 存 在 と 見 なされた.さ らに,コミュニティバスを 運 行 しているバス 事 業 者 の 態 度 も 硬 化 させることとなり,これらの 支 援 を 一 切 受 ける ことができなくなってしまった. 一 方 , 深 夜 時 間 帯 の 運 行 に 対 するタクシー 事 業 者 からの 反 発 も 強 く, 運 行 開 始 はへの 同 意 を 得 ることは 困 難 となってしまった.そこで, 深 夜 運 行 は 断 念 し, 昼 間 運 行 のみで 開 始 することで 地 域 に 対 して 必 要 性 に 対 する 意 識 (すなわち「 心 」)を 浸 透 させ,それを 突 破 口 に 資 金 や 利 用 者 を 増 やすとともに, 市 の 交 通 担 当 部 署 やバス・タクシー 事 業 者 の 合 意 も 取 り 付 け, 徐 々に 運 行 時 間 帯 を 拡 大 するという 方 針 に 変 更 し た.しかしこの 時 点 で, 運 行 の 目 的 があいまいとなり, とにかくどんな 形 でも 良 いから 運 行 しようというスタン スになったことは 否 めない. 結 果 的 に 事 業 主 体 と 運 行 主 体 との 間 の 意 識 共 有 にもズレが 生 じた. 実 際 には, 運 行 開 始 前 ・ 後 とも, 商 店 街 連 合 会 から 地 域 住 民 に 対 する 具 体 的 な 働 きかけは 不 十 分 であり, 地 域 全 体 で 公 共 交 通 に 取 り 組 むという 意 識 を 醸 成 するに 至 ら なかったばかりか, 地 域 住 民 からは「 何 の 説 明 もない」 という 反 発 すら 招 く 結 果 となり, 協 力 を 得 ることが 不 可 能 となった. 事 業 ・ 運 行 主 体 が 勝 手 にやっている,とい う 受 け 止 められ 方 を 各 方 面 にされることとなり, 運 賃 や 協 賛 金 収 入 も 伸 び 悩 み, 結 果 として 運 転 資 金 ,すなわち 「 金 」が 底 をついたことによって, 運 行 開 始 から1 年 強 で 廃 止 へと 追 い 込 まれることとなった. b) 障 壁 を 乗 り 越 えつつある 例 T 市 には 公 営 バス 事 業 者 ・ 民 間 バス 事 業 者 が 路 線 バス を 運 行 しているものの,O 地 区 は 市 の 中 心 部 から 大 きな 河 川 によって 分 断 されている.O 地 区 は 東 西 に 細 長 いが, 幹 線 道 路 は 南 北 に 地 域 を 横 断 しており,バス 路 線 も 幹 線 道 路 を 通 っているため, 地 域 内 の 移 動 に 利 用 できる 公 共 交 通 機 関 は 存 在 しない. そこで, 当 初 は 公 営 バス 運 行 を 要 望 していた 地 域 の 一 部 住 民 が, 地 域 内 のスーパーへの 買 い 物 の 足 となるコミ ュニティバスを 地 域 主 体 で 運 行 する 取 り 組 みを 始 めた. ここで 問 題 となったのは,「 人 」「 金 」の 面 であった. 「 人 」の 面 に 関 しては,1O 地 区 において 公 共 交 通 を 必 要 としている 人 の 多 くが1 人 暮 らしの 高 齢 者 であり, コミュニティバス 運 行 の 事 務 局 を 引 き 受 ける 能 力 がない こと,2 積 極 的 に 活 動 していたメンバーが 特 定 の 政 党 に 所 属 していたため, 政 治 的 な 意 図 があるのではないかと いう 誤 解 を, 特 にO 地 区 を 地 盤 とする 他 政 党 の 市 議 会 議 員 や 自 治 会 役 員 から 受 けていたこと,の2 点 が 主 な 障 壁 であった.このうち2に 関 しては, 当 該 メンバーが 純 粋 に 地 域 の 公 共 交 通 に 関 する 活 動 を 行 っているという 理 解 を 得 てからは, 地 区 の 市 議 会 議 員 も 活 動 に 協 力 するよう になった.しかし1に 関 する 問 題 は 未 だ 解 決 しておらず, 運 行 開 始 になかなかこぎ 着 けることができない 原 因 とな っている. 「 金 」の 面 に 関 しても,「 人 」の 影 響 を 受 けている. 現 状 では 事 務 局 機 能 が 脆 弱 であり, 責 任 の 所 在 が 不 明 確 であることから, 市 や 沿 線 企 業 が 補 助 金 や 協 賛 金 を 拠 出 しづらい 状 況 にある. 一 方 で,「 金 」の 工 面 に 不 安 があ るために, 事 務 局 を 引 き 受 けようとする「 人 」が 現 れな いという 面 もあり, 一 種 のジレンマ 状 態 に 陥 っている. 一 方 で,「 心 」と「 口 」に 関 しては 十 分 な 負 担 が 行 わ れている.「 心 」の 面 に 関 しては 主 要 メンバーが, 買 い 物 を 目 的 とするコミュニティバスの 意 義 を 地 域 住 民 に 個 別 に 説 明 して 回 ることで, 地 域 全 体 にコミュニティバス の 賛 助 会 員 を 増 やし, 意 識 高 揚 が 図 られている.また, 主 要 メンバーは 運 輸 支 局 や 学 識 経 験 者 に 公 共 交 通 運 行 に 関 するアドバイスを 求 めた 上 で, 市 の 担 当 部 署 に 対 して 取 り 組 みに 対 する 支 援 と 状 況 報 告 ,すなわち「 口 」を 出 す 活 動 を 再 三 にわたって 行 い, 市 にも 地 域 の 意 識 を 共 有 してもらうとともに, 支 援 を 引 き 出 すことに 成 功 した. 地 域 が 主 体 となる 公 共 交 通 運 行 への 支 援 は, 市 が 策 定 し た 地 域 公 共 交 通 総 合 連 携 計 画 にも 明 記 され, 平 成 23 年 度 の 市 の 予 算 に 補 助 金 も 計 上 されている. 現 在 ,O 地 区 では 依 然 として「 人 」の 面 で 不 安 を 抱 え るものの,「 金 」の 面 の 不 安 が 改 善 されたことをきっか けとして, 本 格 運 行 を 目 指 した 活 動 が 行 われつつある. c) 障 壁 をクリアし 持 続 している 例 < 生 活 バスよっか いち> 三 重 県 四 日 市 市 羽 津 ・ 大 矢 知 地 区 において, 民 間 路 線 バスの 廃 止 をきっかけに, 地 域 住 民 とスーパー 等 の 沿 線 企 業 がコミュニティバス 運 行 を 計 画 し,バス 事 業 者 と 市 がそれに 支 援 をしているものである.その 際 , 単 なる 廃 止 代 替 バスという 位 置 づけではなく, 買 い 物 や 通 院 とい う 目 的 を 満 たす 路 線 ・ダイヤ 設 定 とすることに 重 点 が 置 かれた. 「 人 」の 面 では, 地 域 住 民 の 有 志 に 加 え, 交 通 事 業 者 ( 路 線 バスを 運 行 していた 事 業 者 )や 市 職 員 , 学 識 者 な どが 偶 然 ではあるが 集 まり,それぞれが 得 意 とする 分 野 の 仕 事 を 分 担 することができた. 運 行 目 的 がはっきりと していたため,「 心 」の 部 分 が 十 分 にメンバー 間 で 共 有 されており,それぞれが「 口 」の 面 でも 十 分 に 役 割 を 果 たすことができた.また,「 心 」が 共 有 されることによ り, 地 域 の 住 民 や 企 業 , 市 に 対 して 活 動 についての 理 解 を 得 る 活 動 が 行 え, 結 果 として 資 金 調 達 ,すなわち 「 金 」の 面 の 問 題 を 解 決 できた. 3

人口減少と持続的な都市の形 - 名古屋大学
地域公共交通への住民参画の 促進方策に関する検討 - 名古屋大学
地域公共交通運営組織への 地域住民参画促進方策 ... - 名古屋大学
地方部における住民の公共交通維持への負担意識の分析 ... - 名古屋大学
QOL 指標による中山間集落の持続可能性評価 - 名古屋大学
津波リスクを考慮した土地利用計画による被害費用低減 ... - 名古屋大学
専門科目II(前期、一般選抜・留学生特別選抜共通) - 名古屋大学
「環境にやさしい交通を考える市民フォーラムinなごや」発表 ... - 名古屋大学
広域圏における地域公共交通総合連携計画策定の役割と ... - 名古屋大学
都市域におけるインフラの維持管理・更新費用の将来予測 ... - 名古屋大学
商業事業者が主導するバスの現状と地域公共交通維持に ... - 名古屋大学
都心部回遊型乗合バスの乗降者数とバス運行遅れとの ... - 名古屋大学
徳島市応神ふれあいバスの試み - 名古屋大学
途上国における空間構造変化と 低炭素地域間交通 ... - 名古屋大学
工業集積地域における複数企業が協働したモビリティ ... - 名古屋大学
地域住民・交通事業者・行政の三位一体による 持続可能な ... - 名古屋大学
都市域における住宅地価とQOL指標との関係分析 - 名古屋大学
住替えインセンティブを組み込んだ自律型街区再構築 ... - 名古屋大学
住民主導型公共交通の運営に対して 自治体が果たす役割 ... - 名古屋大学
地域住民の検討過程にみる地域公共交通の 導入実証実験 ... - 名古屋大学
コミュニティ交通の事前・事後評価手法に関する一提案* A ... - 名古屋大学
交通カーボンフットプリントのための鉄道CO2排出量原単位 ... - 名古屋大学
アジア開発途上国における 地域ごとの低炭素旅客輸送 ... - 名古屋大学
中山間地域における集落再編策検討のための QOL指標 ... - 名古屋大学
参加型学習(総合的学習)の指導法 - 名古屋女子大学学術情報センター
居住地域特性を考慮した 住宅省エネ改修の導入可能性検討 - 名古屋大学
名古屋大学中文简介2011-2012 - 名古屋大学国際交流協力推進本部
交通起源CO2排出量を考慮した都市空間構造の将来 ... - 名古屋大学
EST実現のための交通施策の要件と日本における課題 ... - 名古屋大学
輸送密度と混雑率を考慮した地域内旅客交通機関のライフ ... - 名古屋大学